議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成25年 3月定例会 02月25日−01号




平成25年 3月定例会 − 02月25日−01号







平成25年 3月定例会



                              平成25年3月津山市議会定例会

                                    (会期 23日間)





             3 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表



┌───────┬───┬────────────────┬──────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │    会      議    │   備      考   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │全員協議会(午前10時)    │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│ 2月25日 │(月)│本会議開会(午前11時)    │議案質疑・一般質問発言通告の│

│       │   │ 会期の決定について      │締切り           │

│       │   │ 議案一括上程         │(午後3時)        │

│       │   │  市長の施政方針の説明    │              │

│       │   │  副市長の提案理由の説明   │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 2月26日 │(火)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 2月27日 │(水)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 2月28日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月 1日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月 2日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月 3日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │(津山市土地開発公社解散関連│

│ 3月 4日 │(月)│議案質疑(午前10時)     │              │

│       │   │                │ 議案質疑)        │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 5日 │(火)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 6日 │(水)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │常任委員長会議       │

│ 3月 7日 │(木)│議案質疑・一般質問(午前10時)│    (昼食後)     │

│       │   │                │ 委員会日程、付託案件   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

│ 3月 8日 │(金)│                │              │

│       │   │議案委員会付託、請願委員会付託 │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 9日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月10日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│ 3月11日 │(月)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│ 3月12日 │(火)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │議会活性化(午前10時)  │

│ 3月13日 │(水)│特別委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │広報(午後1時30分)   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月14日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月15日 │(金)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月16日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月17日 │(日)│休     会         │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月18日 │(月)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議会運営委員会(午前10時)  │              │

│       │   │全員協議会(午前11時)    │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午後1時)     │委員長報告に対する発言通告の│

│ 3月19日 │(火)│ 委員長報告          │締切り           │

│       │   │  質疑・討論、採決      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │ 追加議案上程         │              │

│       │   │  市長の提案理由の説明、採決 │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議長あいさつ         │              │

│       │   │閉会              │              │

└───────┴───┴────────────────┴──────────────┘







                              平成25年3月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 〇平成25年2月25日(月)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第 87号 平成25年度津山市一般会計予算              │

│     │議案第 88号 平成25年度津山市磯野計記念奨学金特別会計予算      │

│     │議案第 89号 平成25年度津山市食肉処理センター特別会計予算      │

│     │議案第 90号 平成25年度津山市国民健康保険特別会計予算        │

│     │議案第 91号 平成25年度津山市公共用地取得事業特別会計予算      │

│     │議案第 92号 平成25年度津山市下水道事業特別会計予算         │

│     │議案第 93号 平成25年度津山市農業集落排水事業特別会計予算      │

│     │議案第 94号 平成25年度津山市奨学金特別会計予算           │

│     │議案第 95号 平成25年度津山市介護保険特別会計予算          │

│     │議案第 96号 平成25年度津山市簡易水道事業特別会計予算        │

│     │議案第 97号 平成25年度津山市土地取得造成事業特別会計予算      │

│     │議案第 98号 平成25年度津山市後期高齢者医療特別会計予算       │

│     │議案第 99号 平成25年度津山市土地開発公社清算事業特別会計予算    │

│     │議案第100号 平成25年度津山市吉見山財産区会計予算          │

│     │議案第101号 平成25年度津山市大崎財産区会計予算           │

│     │議案第102号 平成25年度津山市田邑財産区会計予算           │

│     │議案第103号 平成25年度津山市高田財産区会計予算           │

│     │議案第104号 平成25年度津山市東一宮財産区会計予算          │

│     │議案第105号 平成25年度津山市河辺財産区会計予算           │

│     │議案第106号 平成25年度津山市水道事業会計予算            │

│     │議案第107号 平成25年度津山市工業用水道事業会計予算         │

│     │議案第108号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)       │

│     │議案第109号 平成24年度津山市磯野計記念奨学金特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第110号 平成24年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第111号 平成24年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第1次) │

│     │議案第112号 平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第2次)  │

│     │議案第113号 平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第114号 平成24年度津山市奨学金特別会計補正予算(第1次)    │

│     │議案第115号 平成24年度津山市介護保険特別会計補正予算(第3次)   │

│     │議案第116号 平成24年度津山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1次) │

│ 第 3 │議案第117号 平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第118号 平成24年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第119号 平成24年度津山市水道事業会計補正予算(第3次)     │

│     │議案第120号 津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例   │

│     │議案第121号 津山市防災会議条例及び津山市災害対策本部条例の一部を改正す│

│     │        る条例                          │

│     │議案第122号 津山市特別会計条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第123号 津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第124号 津山市子ども・子育て審議会条例              │

│     │議案第125号 津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第126号 津山市新型インフルエンザ等対策本部条例          │

│     │議案第127号 津山市肉用牛群整備増殖事業基金条例を廃止する条例     │

│     │議案第128号 津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例 │

│     │議案第129号 黒木キャンプ場条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第130号 津山市地域交流センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第131号 津山市道路占用条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第132号 津山市建築基準法関係手数料条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第133号 津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する│

│     │        条例                           │

│     │議案第134号 津山市公民館条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第135号 津山市文化財デジタル公開事業基金条例           │

│     │議案第136号 津山市土地開発公社の解散について             │

│     │議案第137号 第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について  │

│     │議案第138号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第139号 津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について      │

│     │議案第140号 市道路線の認定について                  │

│     │議案第141号 市道路線の変更について                  │

│     │議案第142号 字の区域の廃止等の変更について              │

│     │議案第143号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第6次)       │

│     │議案第144号 平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第3次)  │

│     │〇一括上程                                │

│     │〇市長の施政方針の説明                          │

│     │〇副市長の提案理由の説明                         │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                              平成25年3月津山市議会定例会

                                   平成25年2月25日


監査結果報告一覧表
番号受付月日件         名
2924.11.28津山市水道事業会計平成24年10月分例月出納検査結果報告
3024.11.28津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成24年10月分例月出納検査結果報告
3124.12.26津山市水道事業会計平成24年11月分例月出納検査結果報告
3224.12.26津山市工業用水道事業会計平成24年10月分例月出納検査結果報告
3324.12.26津山市工業用水道事業会計平成24年11月分例月出納検査結果報告
3424.12.26津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成24年11月分例月出納検査結果報告
3525.1.25津山市水道事業会計平成24年12月分例月出納検査結果報告
3625.1.25津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成24年12月分例月出納検査結果報告






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 都市建設部長  │  村 上 祐 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  井 上 純 輔  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









○議長(西野修平君)

 市民憲章を斉唱いたしますので、御起立を願います。



△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 本日、平成25年3月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集をいただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は27名であります。全員出席であります。

 これより平成25年3月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(西野修平君)

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告8件が送付されております。また、津山地域振興開発株式会社から、第14期事業報告及び計算書類が送付されております。事務局に保管をいたしておりますので、随時ごらんをお願いいたします。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり3つの日程といたしております。



△日程第1  会議録署名議員の指名について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  1番  小椋  多君

  2番  津本 憲一君

の御両名にお願いをいたします。



△日程第2  会期の決定について



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、「会期の決定について」を議題とし、お諮りをいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において御内定となっておりますとおり、本日から3月19日までの23日間とし、会期中の日程は、お配りいたしております議会運営予定表のとおりとすることに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、今議会の会期は、本日から来る3月19日までの23日間とすることに決定をいたしました。



△日程第3  議案第87号〜議案第144号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、議案第87号「平成25年度津山市一般会計予算」から議案第144号「平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第3次)」までの議案58件を一括して上程議題といたします。

 この際、市長から施政方針の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 本日ここに3月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用中にもかかわりませず御出席を賜りまして、まことにありがとうございます。

 平成25年3月定例市議会の開会に当たり、私の政治姿勢並びに市政運営についての基本的な考え方を申し述べさせていただき、あわせて主要施策の一端を明らかにして、市民の皆様並びに議員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 私は、平成22年3月市長に就任以来3年間、対話と相互理解、心の通う信頼と責任の政治を政治信条に掲げまして、市民の皆様方が安心して住み続けたいと思うまちづくりのため、精いっぱい市政運営に取り組んでまいりました。

 特に、長年の課題でありました新クリーンセンターの建設事業におきましては、関係者の御協力により、敷地造成工事及び施設の実施設計に着手いたしました。25年度は施設の建設に着工し、平成27年12月の稼働に向け、大きく整備事業を前進させていきたいと考えております。

 また、長期にわたる懸案事項であります土地開発公社の整理につきましても、解散に向け第一歩を踏み出しました。

 来る新年度は、私にとりまして任期の総仕上げとなる年でございます。直面する多くの課題に真っすぐ向き合い、将来世代に負担を先送りすることのないよう全力を注ぐとともに、これまでどおり市民の皆様や議会との対話を重視しながら、市政に取り組んでまいります。

 国においては、政権奪還を果たした自民党による第2次安倍内閣が発足しました。新内閣は、デフレ脱却、経済再生、復興支援など迅速な課題の対応によりまして、経済成長率2%を目標とする重点施策を掲げ、動き出しました。低迷する日本経済に再び活力を与え、安心し信頼できる政治の実現を注視してまいりたいと思います。

 岡山県におきましては、昨年11月、伊原木新知事が誕生いたしました。企業トップとして培った経営感覚を生かし、経済の活性化と教育再生の重点施策が示されるなど、新しい県政が動き出しております。

 経済のグローバル化は、地域格差の拡大を生み、本市の経済振興においても深刻な影響を生じております。私はこの3年間、6次産業化の推進や企業誘致施策の拡充などにより、持続的に成長する地域産業の構築に向けて前向きに取り組んでまいりました。しかし、長引くデフレ経済が与える本市の地域経済への影響は余りにも大きく、私はこうした先行き不透明な状況に新しい光明を見出すために、本市がこれから目指すべき都市経営の基本的な考え方を取りまとめ、成長戦略の一端をお示ししたいと考えております。

 初めに、行財政改革の取り組みについて申し上げます。

 約150億円もの借入金と多くの未処分用地を抱える土地開発公社の問題は、市政運営を進めていく上で避けては通れない課題でございます。25年度が最終期限となる第三セクター等改革推進債の活用による債務の整理は、本市の将来負担を軽減する改革であると確信し、昨年11月、津山市土地開発公社の整理解散に向けて土地開発公社解散プランを公表いたしました。このプランにより115億円の起債を行い、公社の整理に取りかかってまいりたいと思います。

 近年の市の財政は、景気の低迷による市税収入の落ち込みなどから、厳しい状況が続いています。推進債の償還とあわせ、新クリーンセンターの建設事業に伴う起債償還、合併特例措置の終了による普通交付税の減額など、今後の長期的な財政見通しの中で、これまで以上に厳しい財政状況に直面することが予想されます。

 このことから、これまで3回実施してきた事業仕分けの市民評価による視点などを踏まえ、全事務事業と施設の総点検を行い、一定の集約、整理を進めております。今後、総人件費や職員数のさらなる削減、施設の廃止、未利用地の有効活用、外郭団体の運営改革など、不断の行財政改革に取り組んでまいります。

 長引く経済不況に加え、少子・高齢化と人口減少といった社会的課題はさらに深刻な状況を招いており、本市におきましても5年間で3,781人が減少いたしております。この現状を重く受けとめ、市民が生き生きと暮らすことのできるまちづくりを進めていかなければなりません。

 私は、地方分権が進展する中で、自立した地域経済圏の確立による安定した都市経営の基盤を次の世代に引き継ぐために、次の3つの分野をまちづくりの柱として取り組んでいきます。

 1つ目は、働く場づくりについてでございます。

 厳しい社会情勢の中であっても、市民の皆さんが希望を持ち、安心して笑顔で住み続けられる町にするためには、安定した雇用環境を創出することが重要でございます。そして、本市の地域特性を生かした、特色と具体性のある成長戦略の構築が急務と考えております。

 そのためには、まず本市の都市構造や産業構造の現状を分析、整理し、持続可能な自立した経済基盤の確立に向けて、真に成長可能な事業分野と取り組みの方向性を示し、地域間の交流と自主的な活動を活性化させ、地域みずからが動き出すことで、新たな産業の創造と雇用の創出を図っていきます。

 これからの人口減少に歯どめをかけるためには、まず企業誘致の戦略が柱の一つになると考えます。このため、県及び日本立地センター等関係機関と連携を図りながら、企業ニーズを的確に捉えるとともに、常に奨励制度を見直し、災害リスクの低さという地理的優位性と都市機能を有する町の魅力をPRし、積極的なトップセールスによる誘致を進め、産業・流通センターなどの分譲、販売促進に取り組みます。

 また、市内の企業に対しましても、販路拡大につながる支援制度を研究し、さらに定期的に企業訪問を行いながら、企業の動向やニーズの把握に努めます。

 次に、広大な山林と農地を有する本市といたしましては、農林業における独自性の高い6次産業化と地産地消を推進することが求められております。そのため、地域産材のブランド化、農地の集約化、耕作放棄地の活用、農林業への企業参入の促進など積極的な対策を検討し、持続可能な農林業基盤を強化し、働く場の拡大に結びつけてまいりたいと思います。

 その取り組みの一環として、農商工連携推進計画に基づき、関係団体と情報交換を行いながら地域資源を把握し、商品開発などにつなげてまいります。津山ロール、津山餃子に続き、新しく津山サンドの商品化に取り組み、幅広い津山産小麦商品の開発と普及促進に努めます。

 新しい政権は、実質国内総生産を約2%押し上げ、60万人の雇用創出を見込む緊急経済対策を打ち出しました。本市におきましても、長引くデフレ経済の影響で市民の所得は減少し、賃金も最低レベルまで落ち込んでいる現状に鑑みれば、何としても現在のデフレ基調に歯どめをかけて、経済を上向かせ、雇用の創出をしていかなければなりません。

 そのため、新年度は国の緊急経済対策予算を活用して、市民生活に直結する事業へ優先的に予算を配分し、市民の安全・安心のための公共事業を積極的に展開することで、地域経済の活性化と雇用の拡大を図ります。

 2つ目は、暮らしの安心づくりでございます。

 人と人とのきずな、地域のきずなが感じられ、全ての市民が笑顔で生き生きと元気に暮らせるまちづくりを進めます。

 中でも私は、子供の成長を地域で支え合い、子育て環境の充実を図ることが大変重要であると、このように考えております。そのため、子ども医療費助成制度の拡充により、現行小学校6年生までの通院分医療費助成を中学3年生まで拡大し、子供の健やかな成長を支えてまいります。

 そして、未来を担う子供が落ちついた環境で学習し、健全な生活習慣を身につけ、社会を生き抜く力を持てるよう取り組んでいきます。

 昨年実施された全国及び岡山県学力・学習状況調査や問題行動調査の結果を深刻に受けとめ、津山市教育振興基本計画の基本理念や目標に基づき、学校の教育力のさらなる向上を目指した学校力向上推進プランを策定し、児童・生徒の基礎学力の向上や学習習慣の定着などに努めます。

 また、安全・安心に学習できる環境づくりのため、10校の小・中学校の校舎や体育館の耐震化工事に着手いたします。

 次に、住みなれた地域で安心して暮らすための防災・減災対策についてであります。

 災害時における地域の防災活動の中心となる自主防災組織につきましては、連合町内会活動の一環として、地域町内で研修会、講習会が開催されるなど、組織の育成強化に向けた取り組みが進められております。そして、新たに自主防災組織活動支援事業を新設し、自主防災組織の設立や地域での活動を支援することで、組織率向上を目指して取り組んでまいります。

 東日本大震災による福島原発事故を目の当たりにし、原子力の安全神話の崩壊と今後の原発依存社会のあり方が問われております。将来のエネルギー政策を見据え、森林、水、太陽などの豊かな地域資源を活用した多様な再生可能エネルギーによる低炭素地域社会の実現に向けて、新エネルギー環境政策室を設置いたします。そして、エネルギーの地産地消を目指して、メガソーラーの立地を初めとする再生可能エネルギーの普及促進を図るとともに、小規模な水力発電、森林資源を生かしたバイオマスエネルギー利用について研究してまいります。

 過疎、高齢化が著しい中山間地域においては、阿波地域のエコビレッジ阿波の活動に代表されるように、地域の特性を生かした協働による地域づくりが重要になります。また、農山村に興味を持つ若者や地域外の人材を対象とした農林作業や地域イベントへの参画活動を通じまして、中山間地域の定住や交流の促進に向けた取り組みを支援いたします。

 3つ目は、にぎわいの創出でございます。

 ことしは美作の国建国1,300年を迎える記念の年でございます。美作地域に脈々と築き上げられた歴史や文化、豊かな自然を再認識し、地域に誇りと愛着を深める機会にするとともに、美作地域の一体感を醸成して、地域振興を図ります。そして、関係10市町村の実行委員会主催事業や本市独自の記念事業を実施し、全国に情報発信します。

 さらに、この期間中、5月には御当地グルメによるまちおこしとして、2013近畿・中国・四国B−1グランプリin津山が開催されます。全国的に盛り上がる食の祭典を通して、津山の魅力を広く発信することにより、交流人口をふやし、町のにぎわいづくりを進めます。

 また、県北の中心都市としての存在感を高め、活力のあるまちづくりを進めていくためには、中心市街地活性化基本計画を策定し、3月末の国の認定を目指して取り組んでおります。この基本計画は、本市の歴史や文化を継承し、中心市街地に新しい住環境を整備することにより、良好なコミュニティーの維持を図り、誰もが住み続けたくなる町に再整備するための計画でございます。本計画には、屋台村整備事業、まちなか健康サポート事業などの民間が実施する事業や、津山駅北口広場などの都市基盤整備など幅広い分野の事業を盛り込み、中心市街地のにぎわいの創出を目指します。

 本市の玄関口であります津山駅周辺整備につきましては、交通結節点機能の向上に加え、にぎわいやゆとりが感じられ、おもてなしの心が見える10万都市津山にふさわしい玄関口を目指した整備を行います。25年度は広場の詳細設計に着手するとともに、国道53号の歩道整備についても着手できるよう努めます。

 また、歴史的町並みの保存を推進するため、城東地区の重要伝統的建造物群保存地区の選定を目指します。あわせて、旧城下町地区の町並み保存の取り組みについても検討を進めまして、城下町の風情と景観の保全を図ります。こうした取り組みによりにぎわいを創出し、本市の都市機能の向上と観光産業の育成を図ることが将来の都市基盤の一端を担うものと確信し、着実に推進をしていきます。

 それでは次に、25年度に取り組む主な施策を、第4次総合計画の5つの大綱に沿って順次申し上げます。

 初めに、「子育て支援と健康福祉の充実」、福祉、健康、医療の分野についてでございます。

 子供が健やかに育つための環境や体制を整えるため、子ども・子育て審議会を設置し、現在の子育て支援施策への調査などを行い、保育ニーズに対応する津山市子ども・子育て支援事業計画の策定に取り組みます。

 また、児童相談所などの関係機関と連携し、児童虐待の早期発見と予防に取り組み、子育て家庭を支援します。

 一宮保育所の新築移転につきましては、幼保一体化施設として今後の保育園、幼稚園のモデルとなる先進的な施設を目指して検討、整備を進めます。

 生きていく上での食の大切さは言うまでもございませんが、特に乳幼児の食育は、その後の成長過程に大きな影響を与える取り組みでございます。また、近年増加しておりますアレルギーを持つ子供への適切な対応も重要でございます。これらに積極的に取り組んでいただいている保育現場の方を支援するため、食育推進補助制度を新設いたします。

 全ての子供が支え合い、健やかで幸せに暮らせる津山を目指して、第2次健康つやま21、第2次津山市食育推進計画に基づき、健康づくり、食育の推進に取り組みます。

 家庭や地域でお互いが支え合う相互扶助機能を維持強化するため、市民、関係機関と連携し支え合う仕組みづくりを目指して、地域福祉計画の策定に取り組むとともに、高齢者の課題を早期に発見をし、支援を行う地域ケアシステムの構築を進めます。

 障害者施策では、4月から施行される障害者総合支援法に基づく施策の推進に努めます。特に、障害のある方の社会参加の促進と、その家族の就労及び社会参加を支援する日中一時支援事業の充実を図ります。

 老朽化が進み、改築が求められていた養護老人ホームときわ園につきましては、26年度の開園を目指し、建築工事に着手をいたします。

 市民の健康づくりと増大する医療費を抑制していくため、専門職員を増員して訪問指導を初めとした健康教育の取り組みを強化し、国民健康保険財政の健全化を図ります。

 次に、「人づくりと文化の振興」、教育、人づくり、文化の分野についてでございます。

 落ちついた学習環境をつくり、問題行動の減少と学力向上を図ることが喫緊の課題と捉え、小学校が1クラス35人以下の学級となるよう、本市独自の学級編制を推進します。

 また、小学3年生を対象とした学力検査を実施し、学力状況を把握、分析し、学習指導の見直しと充実を図ります。

 ニーズが高まっている通級指導教室を、西小学校、津山西中学校に加えて、4月には北小学校に開設し、特別支援教育の充実に努めます。

 学校、教育施設などの整備につきましては、新しい学校給食センターの建設に着手し、あわせて戸島食育センターの施設改修も進めていきます。2つのセンターが、安全・安心な学校給食を安定的に提供していくための拠点となるよう取り組みます。

 公民館整備事業では、津山東公民館の建設工事に着手し、来春の開設を目指します。これにより公民館は本市全地域に設置され、より一層生涯学習活動の進展が図られると考えております。また、老朽化が進んでおります公民館の整備につきましては、整備改修方針により対応していきます。

 また、少子化、核家族化、地域コミュニティーの希薄化が著しい社会環境の中で、家庭、学校、地域との相互連携を深め、青少年の健全育成を図るとともに、子供の豊かな育ちと確かな学びを地域全体で支援していくため、学校支援ボランティアなどを活用した学校支援地域本部事業の拡充を図ります。

 男女共同参画社会の実現に向けては、第3次つやま男女共同参画さんさんプランに基づく施策を推進し、さまざまな啓発講座による意識づくりを促進します。

 史跡津山城の保存整備につきましては、史跡津山城跡保存整備計画に基づきまして、本丸、天守台、石垣などの整備工事や、冠木門跡の発掘調査を実施いたします。

 また、史跡美作国分寺跡につきましては、引き続き公有化を進めていきます。

 美作の国建国1,300年を機に、郷土の歴史を後世に伝えていくため、津山市史編さん室を設置し、合併後の市域を対象とした新津山市史の編さんに取り組みます。

 次に、「産業振興と雇用の創出」、産業、労働の分野についてでございます。

 農業につきましては、担い手農家の減少、農業従事者の高齢化や耕作放棄地の拡大が深刻な課題となっております。このため、昨年12月に作成をいたしました人・農地プランに基づき、地域において中核となる経営体への農地集積などを進めることで、農業経営基盤の強化を図り、持続可能な力強い農業の実現を目指します。

 また、市内東部地域における農産物の流通の核となる(仮称)勝北マルシェの整備を実施し、地域が主体となって事業運営を行うことで、6次産業化、地産地消の取り組みを推進します。

 林業につきましては、市域の約7割を占める森林を貴重な財産として捉え、森づくりを進めるために、昨年策定をいたしました津山市森づくり条例に基づき、循環型社会の構築と林業、木材産業の活性化や農山村地域の振興を図ります。

 昨年4月に定住推進室を設置いたしましたが、雇用なくして定住なしと言われることから、これまで以上の雇用創出を図るため、関係機関と連携を図り、求職者の実情に応じた就職相談やサポートを行います。

 また、津山商工会議所や津山市観光協会などの関係団体と連携し、実践型地域雇用創造事業を実施することで、企業の経営力強化や販路拡大を図るとともに、求職者の専門的な知識や技術力の向上を図るなど人材育成に取り組み、地域企業の雇用拡大を推進いたします。

 また、新たに太陽光等再生可能エネルギー設備を導入する事業者を対象とした再生可能エネルギー発電設備導入促進奨励金制度を新設し、地球環境に配慮した取り組みへの支援と、地域産業の活性化を図ります。

 観光施策につきましては、地域資源を生かした新しい観光ルートづくりに取り組み、年間を通じた誘客を目指すとともに、美作国建国1300年記念事業を契機として、広域観光による観光都市づくりを進めます。

 次に、「美しい自然と快適空間の形成」、環境の分野についてでございます。

 廃棄物処理につきましては、現在使用している焼却施設と資源化センター等の運用について、地元の皆さんの長年にわたる御理解と御協力をいただいておることに感謝申し上げますとともに、今後とも適切な維持管理に努めてまいります。

 本市は、市民、事業者、関係団体と連携して、ごみの減量やリサイクルを推進しておりますけれども、ごみ非常事態宣言は依然として継続いたしております。25年度は生ごみ処理機器設置に対する補助制度を拡充し、機器の普及促進を図るとともに、古紙回収ボックスの増設を行い古紙のリサイクルを進め、ごみ排出量の削減に取り組んでいきます。

 地球温暖化対策につきましては、個人を対象とした住宅用太陽光発電システム設置補助事業を継続することで、再生可能エネルギーのより一層の推進を図るとともに、一般家庭の温室効果ガスの排出量削減を目指します。

 さらに、補助対象者に対しましては、国内クレジット制度、津山環境倶楽部への加入をお願いし、クレジットの売却により得られた資金を環境施策の財源として広く活用いたします。

 また、私たちの暮らしに欠かすことのできない水道水を将来にわたって安心して利用いただくために、上水道第5次拡張事業として、27年度完了に向け小田中浄水場の更新事業を進めます。

 下水道につきましては、長年の懸案事項であります吉井川南岸地域の幹線汚水の整備に着手し、快適な生活環境の向上に努めます。

 次に、「安全な暮らしと都市基盤の整備」、防災、防犯と都市基盤の分野についてでございます。

 東日本大震災の教訓を踏まえ、県や関係機関と連携し、風水害、地震、原子力などの災害に対応するため、引き続き地域防災計画の見直しと防災対策の充実強化を図ります。具体的な取り組みといたしましては、災害時の情報伝達手段の一つとして新たにFM防災ラジオの活用を検討し、放送施設の整備や公共施設などへの導入を進めます。

 津山市緑の基本計画の中で、緑化重点地域として位置づけられた公園として、井口公園の整備に着手をいたします。災害時には避難場所とし、また被災者支援の活動拠点としての機能をあわせ持った整備を進めます。

 昨年、津山警察署との間で、津山市の事務事業からの暴力団排除に係る合意書を取り交わしました。暴力団排除に向けた協力体制をより一層強化し、犯罪のない明るいまちづくりに向けて取り組みます。

 道路整備につきましては、市街地の集中する交通の円滑な分散と誘導を図る総社川崎線の山北工区、沼林田工区の早期整備に向けて取り組みます。

 また、国や県と連携し、岡山市や岡山空港を結ぶ空港津山道路、津山中央病院へのアクセス道路でございます河辺高野山西線などの早期整備を図ります。

 陸上自衛隊日本原演習場の周辺整備につきましては、長年にわたって自衛隊との共存共栄に御理解をいただいております地元の皆様の御要望に応えることができるよう、事業を行っております。25年度は、民生安定化施設整備事業により、勝北地域全域における防災行政無線の整備を行い、26年度からの運用を目指しております。

 今、私たちは、少子・高齢化と人口減少という時代の転換期の真っただ中に置かれ、取り巻く環境は一段と厳しさを増しております。こうした環境にありましても、私たち地方公共団体は、激動する流れを適切に受けとめ、変化を変革のチャンスと捉え、自分たちの町は自分たちでつくるという気概を持って、新しい時代を切り開いていかなければなりません。

 「至誠にして動かざるものはいまだこれあらざるなり」という、明治維新の扉を開いた吉田松陰の言葉がございます。この教示を心にとどめ、熱意と誠実さを持って、市民の求めるぬくもりのあるまちづくりを進めていきたいと思います。市民の皆様、議員各位の一層の御理解と御協力を賜りますようお願い申し上げまして、私の施政方針といたします。ありがとうございました。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、副市長から提案理由の説明を求めます。

 副市長、登壇。



◎副市長(大下順正君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第87号「平成25年度津山市一般会計予算」から御説明を申し上げますが、予算議案につきましては金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承いただきたいと存じます。

 まず、平成25年度の予算編成についての考え方を申し上げます。

 国は、景気の下支えと早期デフレ脱却を目指した緊急経済対策としまして、平成24年度補正予算(第1号)と平成25年度当初予算を合わせまして15カ月予算として位置づけ、公共事業を中心とした大規模な財政支出を図ることといたしております。本市におきましても、国の緊急経済対策に対応して、地域経済の活性化を図るため、平成24年度3月補正(第6次)と平成25年度当初予算及び新年度の補正予算(第1次)を一体のものとして捉え、編成したいと考えております。

 また、市税の減収傾向が続くなど厳しい財政状況に対応するため、平成25年度の当初予算編成につきましては、従来の財政主導型を見直しまして、市民ニーズや課題を最も身近で把握している各担当部局が、主体を持って予算編成を行うことといたしました。このことによりまして、一層の事務事業の選択と集中を進め、限られた財源を最大限に有効に活用し、第4次総合計画後期実施計画に採択した主要事業や、新たな予算枠として設けました新規拡充枠事業を積極的に計上するなど、めり張りのある予算編成に努めたところでございます。

 それでは、平成25年度当初予算につきまして御説明申し上げます。

 平成25年度一般会計当初予算の総額は442億円と、平成24年度の当初予算と比較しまして22億8,000万円、率にして5.4%増の予算となりました。その主な要因といたしましては、中心市街地都市再生整備事業など普通建設事業を積極的に計上したことによりまして、投資的経費が対前年度7億円の増となったことなどによるものでございます。

 次に、歳出につきまして、性質別に主なものを御説明いたします。

 普通建設事業費は、第4次総合計画の後期実施計画で採択された事業を中心に計上しておりますが、津山駅周辺整備事業など中心市街地都市再生整備事業の増などによりまして44億9,043万円、対前年度比約7億5,000万円の大幅な増となっております。

 人件費は、前年度並みの74億7,631万円となっております。

 扶助費は、障害者介護給付事業の増などによりまして、約2億8,000万円増の92億7,809万円、公債費は、約1億5,000万円減の58億5,712万円で、これらの合計でございます義務的経費は226億1,152万円、予算総額に占める割合の義務的経費比率は51.2%と、昨年度より2.4%下がっております。

 そのほか、補助費等では、津山圏域資源循環施設組合の負担金の増などから、約2億9,000万円増の56億2,160万円、繰出金は、下水道事業特別会計繰出金の減などから、約6,000万円減の47億485万円、また積立金は、先行取得用地の事業化による財政調整基金への戻し入れなどから、約11億6,000万円増の12億1,110万円となっております。

 次に、歳出の費目別に主なものを御説明申し上げます。

 総務費では、東庁舎の空調設備の改修、日本原演習場周辺民生安定施設整備事業、緊急告知FMラジオの導入事業などで49億2,214万円を計上いたしております。

 次に、民生費では、障害者介護給付事業、放課後児童健全育成事業、保育所運営費、ときわ園建設事業、制度の拡充を行う子ども医療費などで159億4,705万円を計上いたしております。

 次に、衛生費では、救急医療対策事業、妊婦健診委託を初めとする母子保健推進事業、子宮頸がんや肺炎球菌ワクチン等の予防接種事業、津山圏域クリーンセンター環境整備事業などで32億6,756万円を計上いたしております。

 農林水産業費では、農作物の鳥獣害防止対策補助金、中山間地域等直接支払交付金、農地・水保全管理事業、地域材利用新築住宅助成補助金などで13億6,720万円を計上いたしております。

 商工費では、地方バス路線の運行維持や支所間バスの運行等に係る交通改善推進費、中心市街地活性化推進事業、美作国建国1300年記念事業などで7億7,325万円を計上いたしております。

 次に、土木費では、総社川崎線を初めとする緊急地方道路整備事業や街路事業、大谷踏切の改良など交通安全統合補助事業、津山駅周辺整備などの中心市街地都市再生整備事業、河辺高野山西線関連事業などの河辺・押入地区都市再生整備事業、街なみ環境整備事業などで52億5,344万円を計上いたしております。

 消防費では、津山圏域消防組合負担金、消防団の運営費、新基準による活動服の購入などで16億4,821万円を計上いたしております。

 次に、教育費では、小・中学校の大規模改造事業、津山城跡整備事業、戸島学校食育センターの改修事業、津山東公民館の整備事業、文化財のデジタル公開事業、津山スポーツセンター野球場の整備事業などで43億3,614万円を計上いたしております。

 以上、歳出予算につきまして御説明いたしました。

 続いて、歳入について御説明を申し上げます。

 まず、市税についてでございますが、市民税は約1億円の増が見込まれ、たばこ税は税率の改正によりまして約3,000万円の増となるものの、固定資産税は土地評価額の下落修正などで約1億9,000万円の減となっております。これらの結果、市税全体では約8,000万円減の123億8,107万円で計上いたしております。

 地方交付税は、約3億2,000万円増の124億4,881万円で計上いたしております。

 次に、国庫支出金は、中心市街地都市再生整備事業費や津山東公民館の整備事業費の増などから、約4億7,000万円増の57億7,871万円、県支出金は、ときわ園の整備事業費の増などから、約1億9,000万円増の32億4,775万円を計上し、それぞれの事務事業に充当いたしております。

 財産収入は、市有地の売り払い収入の減などから、約1億円減の3,690万円を計上いたしております。

 繰入金につきましては、公共用地取得事業特別会計の繰入金の計上などから、約11億3,000万円増の17億6,924万円を計上いたしております。

 また、市債は、普通建設の事業費の増などに伴いまして、約2億4,000万円増の44億8,030万円を計上いたしておりまして、発行におきましては合併特例債や過疎対策債など交付税措置のある有利なものになるよう配意いたしております。

 なお、歳入に占める一般財源の総額は290億3,515万円で、前年度と比較しまして約5,000万円の増となっております。

 このほか、債務負担行為といたしまして、小・中学校の大規模改造事業など29件を計上いたしております。

 また、地方債につきましては、老人福祉施設建設事業費など52件について、借入限度額などを計上いたしております。

 次に、議案第88号から議案第99号までの12件の特別会計の予算について、一括して御説明申し上げます。

 特別会計の総額は397億1,497万円でありまして、対前年度比で48.7%の増となっております。なお、新たな特別会計といたしまして、土地開発公社清算事業特別会計を設けております。

 議案第88号「磯野計記念奨学金特別会計」では、奨学貸付金などで734万円、議案第89号「食肉処理センター特別会計」では、運営管理費などで1億239万円、議案第90号「国民健康保険特別会計」では、保険給付費などで109億4,144万円、議案第91号「公共用地取得事業特別会計」では、一般会計への繰出金などで12億915万円、議案第92号「下水道事業特別会計」では、公共下水道施設の建設事業費などで52億1,927万円、債務負担行為といたしまして利子補給など3件及び地方債の借入限度額などをそれぞれ計上いたしております。

 次に、議案第93号「農業集落排水事業特別会計」では、農業集落排水施設の管理費などで2億2,362万円及び地方債の借入限度額などを計上いたしております。

 次に、議案第94号「奨学金特別会計」では、奨学貸付金などで637万円、議案第95号「介護保険特別会計」では、保険給付費などで90億4,447万円、議案第96号「簡易水道事業特別会計」では、簡易水道施設の建設費などで2億6,322万円及び地方債の借入限度額などを計上いたしております。

 次に、議案第97号「土地取得造成事業特別会計」では、予備費522万円、議案第98号「後期高齢者医療特別会計」では、広域連合納付金で11億9,242万円をそれぞれ計上いたしております。

 議案第99号「土地開発公社清算事業特別会計」は、土地開発公社の清算事業に係る経費を明確にするために新たに設置するものでございまして、公社借入金の金融機関への代位弁済115億円を計上いたしております。

 議案第100号から議案第105号までの6つの財産区会計につきましては、いずれも管理会費、林業費などでございまして、総額で1,140万円を計上いたしております。

 次に、議案第106号「平成25年度津山市水道事業会計予算」につきましては、49億5,283万円でありまして、前年度の当初予算対比で10.9%の増となっております。

 議案第107号「平成25年度津山市工業用水道事業会計予算」では、3,863万円でありまして、前年度の当初予算対比で14.8%の増となっております。

 続きまして、議案第108号から議案第118号までの平成24年度補正予算関係の議案11件につきまして御説明を申し上げます。

 これらの補正予算は、本年度最終予算としまして、事務事業の確定などに伴う経費を中心に編成いたしております。

 まず、議案第108号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第5次)」のうち歳出の主なものといたしましては、総務費では、早期退職に係る退職手当を増額したほか、都市基盤整備事業基金4,000万円の積立金をそれぞれ計上したことなどで、2億2,736万円の増額となりました。

 民生費では、国民健康保険特別会計への繰出金などを増額しましたが、小規模多機能の居宅介護事業所の施設整備補助金などを減額した結果、1億6,289万円の減額となっております。

 衛生費では、予防接種事業などを増額しましたが、簡易水道事業特別会計への繰出金などを減額した結果、7,571万円を減額いたしております。

 農林水産業費では、食肉処理センター特別会計への繰出金などを増額しましたが、小規模のため池補強事業などを減額した結果、3,067万円を減額いたしております。

 商工費では、循環バスの運行補助金、企業立地雇用促進奨励金などを増額した結果、1,328万円の増額となりました。

 土木費では、街路事業費、下水道事業特別会計への繰出金などの減額によりまして、2億1,036万円の減額となっております。

 消防費では、消火栓の設置負担金などで315万円の増額となりました。

 教育費では、文化財のデジタル公開事業基金への積立金などを増額しましたが、小・中学校の大規模改造事業などの減額によりまして、1億6,079万円の減額となっております。

 災害復旧費につきましては、事業費の確定によりまして3,361万円の減額となっており、諸支出金につきましては、土地開発公社の補助金で2,000万円を増額いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、市税では固定資産税などを減額する一方で、法人市民税は増額が見込まれることから、全体で3,306万円を増額いたしました。

 そのほか諸収入などを増額し、国庫支出金、県支出金、市債につきましては、事務事業の確定見込みによりまして減額いたしております。

 その結果、平成24年度一般会計補正予算(第5次)の補正予算額は、4億4,431万円を減額しまして、予算総額は446億9,384万円となります。

 このほか、繰越明許費につきましては、小・中学校の大規模改造事業など15件の計上を行い、債務負担行為では2件を追加し、1件を廃止いたしております。

 地方債の補正では、演習場の周辺障害防止対策事業など21件について限度額を変更いたしております。

 次に、議案第109号から議案第118号までの特別会計補正予算10件につきましては、いずれも事務事業の確定に伴う補正でございますが、下水道事業特別会計では繰越明許費、簡易水道事業特別会計では地方債の補正を計上いたしております。

 議案第119号「平成24年度津山市水道事業会計補正予算(第3次)」では、2億8,817万円を減額補正し、補正後の予算総額は41億9,421万円となっております。

 続きまして、議案第143号及び議案第144号の平成24年度補正予算議案2件について御説明を申し上げますが、これらの補正予算は、国の緊急経済対策等に対応して編成したものでございます。

 議案第143号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第6次)」のうち歳出の主なものといたしましては、総務費では、阿波地区の過疎集落等自立再生緊急対策事業で634万円を、農林水産業費では、農道の保全対策事業負担金、林道の保全対策事業などで1億4,045万円を増額いたしております。

 次に、土木費では、中心市街地都市再生整備事業、街路事業などで15億9,144万円を、教育費では、小・中学校の大規模改造事業、新学校給食センターの建設事業で39億6,674万円を増額いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、事業の財源としまして国庫支出金、県支出金、市債などを増額いたしております。

 その結果、平成24年度一般会計補正予算(第6次)の補正予算額は、57億498万円を増額しまして、予算総額は503億9,882万円となりまして、平成23年度の最終予算と比べまして6.9%の増となっております。

 このほか、繰越明許費につきましては、給食センターの建設事業など18件の追加と4件の変更を行い、地方債の補正につきましては、1件を追加しまして7件を変更いたしております。

 議案第144号「平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第3次)」では、1億4,080万円を増額しまして、繰越明許費、地方債の補正を計上いたしております。

 続きまして、条例議案について御説明申し上げます。

 議案第120号「津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例」につきましては、地方自治法の一部改正に伴いまして、附属機関である津山市特別職報酬等審議会の担任事務中に引用する字句を改正するとともに、新たに教育委員会の附属機関として、市史編さんの基本方針、編さん計画等を担任する津山市史編さん委員会を設置するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第121号「津山市防災会議条例及び津山市災害対策本部条例の一部を改正する条例」につきましては、災害対策基本法の一部改正に伴いまして、津山市防災会議条例に規定する所掌事務等の一部改正及び津山市災害対策本部条例に引用する法律の条項の移動に伴いまして、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第122号「津山市特別会計条例の一部を改正する条例」につきましては、津山市土地開発公社解散プランに基づき、同公社の解散に向け借入金の清算事業を実施することに伴いまして、土地開発公社清算事業特別会計を新たに設置するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第123号「津山市国民健康保険条例の一部を改正する条例」につきましては、国民健康保険施行令の一部改正に伴いまして、保険料の賦課総額に保険者独自の保険料軽減分の見込みを含めることができることとされたため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第124号「津山市子ども・子育て審議会条例」につきましては、子ども・子育て支援法の施行に伴いまして、子ども・子育て支援に関する施策の総合的な推進及び当該施策の実施状況を調査、審議する津山市子ども・子育て審議会を新たに設置し、組織及び運営に関する事項を規定するため、新規に条例を制定するものでございます。

 議案第125号「津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例」につきましては、子ども医療制度の充実を図るために、通院に係る子ども医療費の支給対象を15歳までに拡充することに伴いまして、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第126号「津山市新型インフルエンザ等対策本部条例」につきましては、新型インフルエンザ等対策特別措置法の制定に伴いまして、新型インフルエンザ等が発生し、国から緊急事態宣言が発令されたときに設置する津山市新型インフルエンザ等対策本部の組織に関する事項を規定するため、新規に条例を制定するものでございます。

 議案第127号「津山市肉用牛群整備増殖事業基金条例を廃止する条例」につきましては、国の家畜導入事業の終了に伴いまして、肉用牛の貸付期間の終了及び国県補助金等の清算事務の完了により事業が終了したため、条例を廃止するものでございます。

 議案第128号「津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、津山市肉用牛群整備増殖事業基金条例の廃止及び津山市文化財デジタル公開事業基金の新設に伴いまして、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第129号「黒木キャンプ場条例の一部を改正する条例」につきましては、キャンプ場の利用状況によりまして、平成26年4月から、第3キャンプ場につきましても第1、第2キャンプ場と同様の利用期間とするため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第130号「津山市地域交流センター条例の一部を改正する条例」につきましては、センター利用者の利便性を図るため、施設の増設に伴いまして施設の追加及び利用料金の設定等について、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第131号「津山市道路占用条例の一部を改正する条例」につきましては、道路法施行令の一部改正に伴いまして、道路の占用許可対象物件として、太陽光発電設備及び風力発電設備が追加されたため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第132号「津山市建築基準法関係手数料条例の一部を改正する条例」につきましては、都市の低炭素化の促進に関する法律の施行に伴いまして、低炭素建築物新築等計画の認定申請に対する審査手数料等を規定するとともに、関係条例である津山市手数料条例の一部改正をあわせて行うものでございます。

 議案第133号「津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、阿波小学校が平成26年4月1日に加茂小学校に統合しまして閉校となるため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第134号「津山市公民館条例の一部を改正する条例」につきましては、大崎公民館中原分館を地元町内会に譲渡することに伴いまして、同館を廃止するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第135号「津山市文化財デジタル公開事業基金条例」につきましては、津山郷土博物館の所蔵資料のデジタル化の事業を実施することに伴いまして、公益財団法人図書館振興財団からの助成金を財源としまして、津山市文化財デジタル公開事業基金を設置するため、新規に条例を制定するものでございます。

 続きまして、その他議案について御説明を申し上げます。

 議案第136号「津山市土地開発公社の解散について」につきましては、津山市の財政健全化に資することを目的としまして、津山市土地開発公社解散プランに基づき同公社を解散するため、公有地の拡大の推進に関する法律第22条第1項の規定に基づき、議会の議決をお願いをいたすものでございます。

 議案第137号「第三セクター等改革推進債の起債に係る許可の申請について」につきましては、津山市土地開発公社解散プランに基づき同公社の解散に当たりまして、借入金の償還に要する経費に充てることを目的とし、地方財政法第33条の5の7第1項第3号に規定する地方債を起こすことに伴いまして、その許可を申請するために、同条第3項の規定に基づきまして、議会の議決をお願いをいたすものでございます。

 議案第138号「指定管理者の指定について」につきましては、黒木キャンプ場の指定管理の指定について、津山市観光協会を指定することについて、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づきまして、議会の議決をお願いするものでございます。

 議案第139号「津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について」につきましては、津山市過疎地域自立促進市町村計画について、地域の活性化を図るための事業等を追加するため、過疎地域自立促進特別措置法の第6条第7項において準用する同条第1項の規定によりまして、議会の議決をお願いをいたすものでございます。

 議案第140号「市道路線の認定について」及び議案第141号「市道路線の変更について」につきましては、市道路線について、市内中島地内ほか3路線を認定し、市内皿地内ほか3路線を変更することについて、道路法の規定によりまして議会の議決をお願いするものでございます。

 議案第142号「字の区域の廃止等の変更について」につきましては、県営土地改良事業の換地処分の公告前に地番訂正が必要となったことに伴いまして、字の区域の廃止等についての変更をするため、議会の議決をお願いするものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 施政方針並びに提案説明は、ただいまお聞きのとおりであります。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は運営予定に従いこれをもって打ち切り、明2月26日から3月3日までは休会とし、次の会議は来る3月4日午前10時から本会議を開き、議案質疑、一般質問を行います。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承を願います。

 本日はこれをもって散会をいたします。

 大変御苦労さまでございました。

                                   午後0時04分 散会