議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成24年12月定例会 11月26日−01号




平成24年12月定例会 − 11月26日−01号







平成24年12月定例会



                             平成24年12月津山市議会定例会

                                    (会期 23日間)





             12 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表



┌───────┬───┬────────────────┬──────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │    会      議    │   備      考   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │全員協議会(午前10時)    │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午前11時)    │初日採決議案に対する発言通告│

│       │   │ 会期の決定について      │の締切り          │

│11月26日 │(月)│ 決算議案委員長報告      │(全員協議会終了後速やかに)│

│       │   │  質疑・討論、採決      │決算議案委員長報告に対する発│

│       │   │ 議案上程           │言通告の締切り       │

│       │   │  市長の提案理由の説明    │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │  質疑・討論、採決      │議案質疑・一般質問発言通告の│

│       │   │ 議案一括上程         │締切り           │

│       │   │  市長の提案理由の説明    │(午後3時)        │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│11月27日 │(火)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│11月28日 │(水)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│11月29日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│11月30日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 1日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 2日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 3日 │(月)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 4日 │(火)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 5日 │(水)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │常任委員長会議       │

│12月 6日 │(木)│議案質疑・一般質問(午前10時)│    (昼食後)     │

│       │   │                │ 委員会日程、付託案件   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

│12月 7日 │(金)│                │              │

│       │   │議案委員会付託、請願委員会付託 │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 8日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月 9日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月10日 │(月)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月11日 │(火)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │広報(午前10時)     │

│12月12日 │(水)│特別委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │議会活性化(午後1時15分)│

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月13日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月14日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月15日 │(土)│休     会         │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月16日 │(日)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月17日 │(月)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議会運営委員会(午前10時)  │              │

│       │   │全員協議会(午前11時)    │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午後1時)     │委員長報告に対する発言通告の│

│       │   │ 委員長報告          │締切り           │

│12月18日 │(火)│  質疑・討論、採決      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │ 津山市選挙管理委員会委員及び同│              │

│       │   │ 補充員選挙          │              │

│       │   │ 追加議案上程         │              │

│       │   │  市長の提案理由の説明、採決 │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議長あいさつ         │              │

│       │   │閉会              │              │

└───────┴───┴────────────────┴──────────────┘







                             平成24年12月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 〇平成24年11月26日(月)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第35号〜議案第54号(20件)                   │

│ 第 3 │〇委員長報告(総務文教、厚生、産業、建設水道)              │

│     │〇質疑・討論                               │

│     │〇採決                                  │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第86号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)        │

│     │〇上程                                  │

│ 第 4 │〇市長の提案理由の説明                          │

│     │〇質疑・討論                               │

│     │〇採決                                  │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第56号 平成24年度津山市一般会計補正予算(第3次)        │

│     │議案第57号 平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第58号 平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)   │

│     │議案第59号 平成24年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)    │

│     │議案第60号 平成24年度津山市水道事業会計補正予算(第2次)      │

│     │議案第61号 平成24年度津山市工業用水道事業会計補正予算(第1次)   │

│     │議案第62号 津山市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第63号 津山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例 │

│     │議案第64号 津山市障害者自立支援審査会の委員の定数等を定める条例の一部を│

│     │       改正する条例                        │

│     │議案第65号 津山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関す│

│     │       る基準等を定める条例                    │

│     │議案第66号 津山市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運│

│     │       営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための│

│     │       効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例        │

│     │議案第67号 津山市営勝北バス条例                    │

│     │議案第68号 津山市営阿波バス条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第69号 津山市準用河川の河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例│

│ 第 5 │議案第70号 津山市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定め│

│     │       る条例                           │

│     │議案第71号 津山市道の構造の技術的基準等を定める条例          │

│     │議案第72号 津山市伝統的建造物群保存地区保存条例            │

│     │議案第73号 津山市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基│

│     │       準を定める条例                       │

│     │議案第74号 津山市都市公園条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第75号 津山市市営住宅等の整備に関する基準を定める条例       │

│     │議案第76号 津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第77号 津山市下水道条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第78号 久米ふれあい陶芸センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第79号 勝北陶芸の里工房条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第80号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第81号 岡山県広域水道企業団規約の変更について           │

│     │議案第82号 財産の取得について                     │

│     │議案第83号 財産の取得について                     │

│     │議案第84号 財産の取得について                     │

│     │議案第85号 工事請負契約について                    │

│     │〇一括上程                                │

│     │〇市長の提案理由の説明                          │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                             平成24年12月津山市議会定例会

                                  平成24年11月26日


監査結果報告一覧表
番号受付月日件         名
2324.9.28津山市水道事業会計平成24年8月分例月出納検査結果報告
2424.9.28津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成24年8月分例月出納検査結果報告
2524.10.26津山市水道事業会計平成24年9月分例月出納検査結果報告
2624.10.26津山市工業用水道事業会計平成24年8月分例月出納検査結果報告
2724.10.26津山市工業用水道事業会計平成24年9月分例月出納検査結果報告
2824.10.26津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成24年9月分例月出納検査結果報告






            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年10月2日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 35号平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 36号平成23年度津山市磯野計記念奨学金特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 39号平成23年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 42号平成23年度津山市全本明正奨学金特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 47号平成23年度津山市吉見山財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 48号平成23年度津山市大崎財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 49号平成23年度津山市田邑財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 50号平成23年度津山市高田財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 51号平成23年度津山市東一宮財産区会計歳入歳出決算〃  
議案第 52号平成23年度津山市河辺財産区会計歳入歳出決算原案認定  






             厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                  平成24年10月10日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              厚生委員長 津 本 辰 己 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 35号平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち厚生委員会の所管に属する事項原案認定賛成多数
議案第 38号平成23年度津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算〃〃
議案第 43号平成23年度津山市介護保険特別会計歳入歳出決算〃〃
議案第 46号平成23年度津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算〃〃






             産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年10月9日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                             産業副委員長 久 永 良 一 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 35号平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち産業委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 37号平成23年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算〃  






             建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年10月1日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            建設水道委員長 岡 安 謙 典 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 35号平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 40号平成23年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 41号平成23年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 44号平成23年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 45号平成23年度津山市土地取得造成事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 53号平成23年度津山市水道事業会計決算及び未処分利益剰余金の処分について〃  
議案第 54号平成23年度津山市工業用水道事業会計決算〃  






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 欠席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 都市建設部長  │  村 上 祐 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  井 上 純 輔  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 監査委員    │  中 尾 義 明  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 監査事務局長  │  米 井 章 憲  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









○議長(西野修平君)

 市民憲章を斉唱いたしますので、御起立を願います。



△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 本日、平成24年12月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集をいただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は26名であります。遅刻届が野村昌平君から出ております。

 これより平成24年12月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(西野修平君)

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告6件が送付されております。事務局に保管いたしておりますので、随時ごらんをお願いいたします。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり5つの日程といたしております。



△日程第1  会議録署名議員の指名について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  9番  田口慎一郎君

  10番  中島 完一君

の御両名にお願いをいたします。



△日程第2  会期の決定について



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、「会期の決定について」を議題とし、お諮りをいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において御内定となっておりますとおり、本日から12月18日までの23日間とし、会期中の日程は、お配りいたしております議会運営予定表のとおりとすることに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、今議会の会期は、本日から来る12月18日までの23日間とすることに決定をいたしました。



△日程第3  議案第35号〜議案第54号

         20件

            (委員長報告・採決)



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、現在閉会中の継続審査となっております議案第35号「平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算」から議案第54号「平成23年度津山市工業用水道事業会計決算」までの各会計決算議案20件を一括上程議題といたします。

 これらの議案につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨報告があり、審査結果報告書はお手元に配付のとおりであります。

 この際、各常任委員長から審査結果の報告を求めます。

 まず、総務文教副委員長、登壇、報告を求めます。

 9番、田口慎一郎君、登壇。



◆9番(田口慎一郎君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 それでは、総務文教委員会の審査結果報告を申し上げます。

 なお、本日総務文教委員長不在のため、津山市議会委員会条例第12条の規定により、副委員長の私から御報告を申し上げます。

 さきの9月定例市議会において、当委員会に付託されました平成23年度決算議案10件につきまして、去る10月2日に関係当局の出席を求めて委員会を開催し、審査をいたしましたので、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見を付したもののうち主な点につきまして御報告をいたします。

 初めに、議案第35号「平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち総務文教委員会の所管に属する事項についてを申し上げます。

 総務の所管に関する事項として、まず支所機能の充実を図るため、昨年度新たに予算配分された地域振興費の修繕料の効果について質問があり、各支所長から、支所管内の公共施設や道路などの緊急どきの修繕等に迅速に対応することができ、非常に有効であった、また地域住民からも大いに評価を得ているとの答弁がありました。

 次に、人件費に関して、合併後、人員の適正化により正規職員数が減るとともに、全体的に臨時職員、嘱託職員の占める割合が大きくなっている状況で、職場のモチベーションの維持について質問があり、職員は減員に伴って事務量がふえている中で、工夫をしながらやっていこうという意思を持って、積極的に職務に取り組んでいるとの答弁がありました。

 さらに、事務報告の中から、平成23年度に実績が少なかった職務業務改善提案の応募数について質疑応答があり、委員から、行財政改革の観点からも職員の提案をふやす必要があるため、職員のモチベーションを上げるよう、しっかりしたフォローアップを求める意見がありました。

 そのほか、岡山県電子自治体推進協議会負担金や、奈義勝北広域ネットワーク負担金の内容について、あるいは市有地の売却収入について質疑応答がなされました。

 次に、文教の所管に関する事項として、第8回津山国際総合音楽祭の総括について質問があり、津山国際総合音楽祭委員会総会において、親しみやすいプログラム構成や市民参加型の設定、市内各所での会場設置、低料金化により、出演者、入場者数などが大幅な増加を見せ、地域活性化につながったという結果報告がなされました。また、次回となる第9回の音楽祭は、平成26年度に開催することが決定されたとの答弁がありました。

 次に、昨年度リニューアルオープンしたグラスハウスの管理運営委託料に関して、施設の利用実績について質問があり、昨年4月29日にリニューアルオープン式を行い、実質的には5月からの営業となったことなどから、利用者数は当初の見込みより少なかったとの答弁がありました。

 委員から、グラスハウスの運営については、施設を存続することになったこれまでの経過を踏まえ、収支計画などを慎重に確認しながら、委員会として今後の予算審議に臨みたいとの意見が出されました。

 その他、学校図書館との共同調査研究委託の内容などについての質問や、決算の資料として提出された事務報告書のあり方について意見が出され、審査の結果、議案第35号のうち総務文教委員会の所管に属する事項については、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 続いて、総務の所管に属する議案のうち議案第39号「平成23年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算」及び議案第47号から議案第52号までの各財産区会計決算議案については、特段の質疑もなく、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしております。

 また、文教の所管に属する議案のうち議案第36号と議案第42号の各奨学金特別会計決算議案についても、採決の結果、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 その他として、都市整備公社の決算に関した市営駐車場の指定管理業務委託の方法について、またあるいは教育委員会議事録のあり方などについて質問や意見がありました。

 以上が当委員会に付託されておりました諸案件、その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。

 終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、厚生委員長、登壇、報告を求めます。

 20番、津本辰己君、登壇。



◆20番(津本辰己君) 〔登壇〕

 皆さんおはようございます。

 それでは、9月定例会において、厚生委員会に付託されました平成23年度会計決算認定議案4件について、閉会中に委員会を開催し、執行部の出席を求め説明を聴取いたしましたので、その審査結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第35号「平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち厚生委員会の所管に属する事項につきましては、慎重なる審査の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 なお、一部の委員から、一部事業の予算執行については認定できない旨の反対意見がございましたので、あらかじめ御報告をいたします。

 それでは、審査の過程において委員から要望並びに指摘事項が出されておりますので、主なものを順次御報告いたします。

 まず、要望事項ですが、就学前教育・保育への取り組みについてであります。この議場におきましても、市内小・中学校における学力問題が大きく取り上げられておりますが、当局では昨年度から就学前教育・保育を実施するに当たっての統一的なカリキュラムを作成しております。子供たち一人一人の個性を尊重し、また地域や家庭とのつながりを保ちながら、子供たちの育ちに対する必要な支援、援助、環境構成などを捉え、現在まで検討しているとのことであります。就学前教育・保育の充実のため、現場の意見をカリキュラムに吸い上げて、予算措置なども考慮するよう要望が出されております。

 続いて、生活保護の事務執行についてであります。稼働年齢の受給者を対象に就職指導を行っている就労支援員の実績についてでありますが、昨年度就職による受給廃止の割合が、全体の約11%であると当局から報告がございました。これを受けて委員からは、今後とも就労支援対策に力を入れるべきとの意見が出る一方、最終的な社会保障制度としてのあり方を忘れることなく、切に必要としている方々へきめ細かな対応を心がけるよう求めております。

 そのほかとして、ごみ減量、リサイクルの推進について、防犯灯の設置補助について、総合斎場の管理運営について、日中一時支援事業についてなどに対し、各委員からの要望が出されております。

 続いて、指摘事項ですが、まず収入未済の解消であります。執行部からは、それぞれの部局に該当する収入未済について、滞納の状況並びに滞納整理の取り組みについて聴取いたしました。多額の収入未済については毎年度指摘しているところであり、今後とも徴収体制の強化を図りつつ、適正な滞納整理を推進し、滞納額の縮減に努め、収入未済の解消と一層の歳入確保に取り組んでいただきたいと思います。

 次に、暴力団排除条例の施行に基づく市の事務執行についてであります。昨年度制定された当該条例の施行に伴い、関係する各部署では条例の趣旨を反映させ、事務事業がなされております。総括管理の環境福祉部としては、市民に対する暴力団排除の普及啓発や行政内部への趣旨徹底を図ったとのことでありました。これを受けて委員からは、各部署との連絡、管理体制や警察との連携なども含め実施している運用方法では、徹底した暴力団排除とならないのではないかとの指摘が出されております。

 次に、現焼却施設に関連する周辺環境整備事業補助金についてであります。適正な事務執行と交付申請等に対する透明性をより高めるため、昨年度補助金の交付手続の見直しを図ったとのことでありました。これを受けて委員からは、施設運営について、周辺町内会と協調していく観点だけでなく、最終処分場施設などの閉鎖を念頭に入れ、将来的な視点も持つべきではないかとの指摘が出されております。

 続いて、議案第38号「平成23年度津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算」であります。

 まず、決算状況でありますが、歳入決算総額107億3,515万円、歳出決算総額105億3,933万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は1億9,582万円となっております。

 当該会計は、平成21年度末に赤字決算となり、現在財政健全化に向けて取り組んでいるところであり、平成22年度には財政基盤の安定化を目的に、一般会計から法定外繰入金を歳入しておりましたが、医療費の伸びが当初の見込みよりも少なく、また想定していた交付金が増額された影響もあり、平成23年度については法定外繰入金を歳入することなく黒字決算となっております。

 なお、一部委員から、会計の健全化を積極的に推進するためにも、法定外繰入金を引き続き投入すべきであったとの理由で反対意見が出されましたが、審査の結果、次の要望を付し、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 要望事項は、特定健診事業についてであります。生活習慣病の予防など市民の健康づくりに資する事業であり、また年々増加する保険給付費を抑制するためにも、特定健診事業の推進は重要な役割を担っております。しかしながら、これまで20%を超えていた健診受診率が、平成23年度では20%台を切ったとの報告がございました。生活習慣病の予防には、若いときから定期的に健診を受診することが肝要であります。関係他部署との連携を一層深め、受診率の向上、市民の健康づくりを推進していくよう要望しております。

 次に、議案第43号「平成23年度津山市介護保険特別会計歳入歳出決算」であります。

 決算状況でありますが、歳入決算総額は83億6,720万円、歳出決算総額は83億3,220万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は3,500万円の黒字決算となっております。

 当該議案の審査では、介護保険料の収納状況と納付方法について質疑があり、一部委員から反対意見がございましたが、予算の執行、事業実施についてはおおむね適正になされているものと認め、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 最後に、議案第46号「平成23年度津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算」についてであります。

 まず、決算状況についてでありますが、歳入決算総額は11億353万円、歳出決算総額は11億269万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は84万円の黒字決算となっております。

 一部委員から制度運営自体に対し反対意見が出されましたが、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 以上が厚生委員会に付託されました平成23年度会計決算議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、産業委員長、登壇、報告を求めます。

 17番、森岡和雄君、登壇。



◆17番(森岡和雄君) 〔登壇〕

 失礼いたします。

 さきの9月定例市議会において、産業委員会に付託されました決算議案2件につきまして、去る10月9日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 それでは、議案第35号「平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち産業委員会の所管に属する事項について御報告申し上げます。

 本議案については、アルネ第3次再建計画に関係する決算について、アルネ破綻に関する責任問題の解決がなされていないとし、不認定とする意見がありましたが、採決の結果、全員一致で認定すべきものと決定いたしました。

 それでは、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見、要望を付したもののうち主な点について御報告申し上げます。

 最初に、委員から、勝北特産物直売所基本構想等作成委託料について質問があり、当局からは、現在勝北地域に農産物直売所を核とした施設の設置について、外部検討委員会を設けて協議しているところであるが、その検討資料としてその基本構想を作成したものである、また、この事業については、第4次総合計画後期実施計画に沿って進めてまいりたいとの答弁がありました。

 次に、パワーアップ商業振興事業補助金について質問があり、当局からは、空き店舗対策の補助金で、対象となる出店が城南商店街と新地商店街それぞれ1件あり、その改修費用と家賃の補助を行うものであるとの答弁がありました。

 これに対し委員からは、これまでの空き店舗対策事業の統括をしてほしいとの意見があり、当局からは、まとめた資料を作成し提供したい、また、23年度から25年度までの3年間の事業効果について検証を行うことにしているとの答弁がありました。

 次に、委員から、観光費の各種委託料及び補助金について多くの質問がありました。主なものとして、古建築調査委託料について、事業の成果を今後どのように生かしていくのかとの質問があり、当局からは、観光資源の資料としてだけではなく、文化財の分布状況の資料として、また城東地区以外での歴史的町並みを生かしたまちづくりなど、文化課、歴史まちづくり推進室とともに共有し、活用していきたいとの答弁がありました。

 次に、観光協会のあり方についての質問があり、当局からは、市内には4つの観光協会があり、それぞれ補助金が支出されている状況だが、平成21年度から合併に向けた協議を行っており、25年度から新しい観光協会としてスタートできるよう、協議を進めているところであるとの答弁がありました。

 次に、委員から、循環バスと支所間バスの運行経路と乗車料金についての質問があり、当局からは、平成22年度から地域公共交通総合連携計画に基づき取り組んでいるところで、加茂線、勝北線については津山中央病院のところで乗り継ぎとなっているが、1日2往復から3往復になり利便性が向上するなど、支所間ごんごと東循環線をトータルで見た場合、事業効果は発揮されていると考えている。料金については、距離に応じた料金が原則であるが、市民の方には均一料金という安心感から、利用しやすい部分もあるのではないかと考えているとの答弁がありました。

 これに対して委員から、交通弱者を支える仕組みづくりが基本であるが、受益者負担という観点からも検討する必要があるのではないかとの意見がありました。

 続きまして、議案第37号「平成23年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算」について御報告いたします。

 本議案については、全員一致で認定するものと決定いたしました。

 本議案に対して委員から、東日本大震災以降、放射能測定業務などで業務量がふえたと思うが、支障はないかとの質問があり、当局からは、通常業務に支障が出ないように、業務改善を図りながら対応しているとの答弁がありました。

 また、委員からは、一般会計からの繰入金が少なくなるよう、県、周辺市町村への協力を求めるべきではないかとの意見がありました。それに対して当局からは、24年度から3年間において経費の削減を図り、指定管理委託料を減額していく予定にしている、そういった自助努力を精いっぱい行った後に、関係市町村への負担のお願いや県への要望も行っていきたいとの答弁がありました。

 以上が産業委員会に付託されました決算議案についての審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告とさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、建設水道委員長、登壇、報告を求めます。

 13番、岡安謙典君、登壇。



◆13番(岡安謙典君) 〔登壇〕

 議長の許可をいただきましたので、建設水道委員会の審査結果の御報告を申し上げます。

 9月定例会において、建設水道委員会に付託されました決算議案7件につきまして、去る10月1日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程で特に論議された点、また意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告いたします。

 まず、都市建設部の所管に属する事項の審査結果について御報告いたします。

 議案第35号「平成23年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち建設水道委員会の所管に属する事項につきましては、慎重に審査した結果、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しました。

 その中で、道路の維持管理状況等について質問があり、当局からは、23年度は道路過失による事故の補償が4件あり、カーブミラーなど交通安全施設の点検を行っているとの説明がありました。通学路など重点的に点検を行い、安全な道路管理を要望しております。

 また、住宅新築資金貸付事業の償還状況について、償還率は60.8%で、滞納繰り越しが1.2%ということでありました。滞納督促事務に努力するよう要望しております。

 空港津山道路の整備促進事業と国道53号線のグレードアップ事業の関係性について質問が出され、それぞれの役割、重要性を認識し、今後とも国や県に要望を行い、岡山−津山間の道路の整備促進に取り組んでいきたいとの回答がありました。

 次に、議案第40号「平成23年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算」についてでは、津山駅前広場の整備と下水道の整備のスケジュールの整合性について、受益者負担の収入未済額の処理についての質問があり、駅前広場の整備の中では、下水道に関係ある施設は最終段階で整備する予定なので、下水道の布設後に整備するとのことでありました。

 受益者負担金や下水道使用料の滞納については、本人死亡や行方不明など不納欠損とせざるを得ない部分もあるが、今後も使用料の徴収を委託している水道局と協力するなど、収納に努めていきたいとの回答がありました。

 また、浄化センターの汚泥処理委託料について、現在随意契約で2社に委託していることが適正かどうかを、今後検討していくように要望しております。

 種々質疑がありましたが、議案第40号は全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 次に、議案第41号「平成23年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算」についてでございますが、適正妥当であると判断し、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しました。

 議案第45号「平成23年度津山市土地取得造成特別会計歳入歳出決算」につきましては、坪井駅前の住宅用地1件であり、広くPRをし、早期に売却できるよう要望し、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 続きまして、水道局の所管に属する事項の審査結果について御報告いたします。

 議案第44号「平成23年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、平成23年度において下津川簡易水道の上水道への統合が完了し、残る簡易水道は加茂、加茂郷の2つで、給水人口約5,300人であることの確認をし、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 次に、議案第53号「平成23年度津山市水道事業会計決算及び未処分利益剰余金の処分について」ですが、地方公営企業法の改正により、今年度から決算に加えて未処分利益剰余金の処分についても議決が必要となりました。内容は、平成23年度の未処分利益剰余金5,910万4,677円のうち5,000万円を小田中浄水場の更新事業等の工事のための建設改良積立金に積み立てをし、残額を24年度に繰り越すということでありました。

 質疑の中で委員から、小田中浄水場の更新事業のDBO方式による設計施工業者選定について質問が出され、当局からは、プロポーザル方式により技術力重視で選定を行い、適正な契約をしたいとの回答がありました。

 また、水道管からの漏水に対する水道料金の減免制度について質問が出され、減免制度の市民への広報を図り、よりよい制度の検討を要望して、議案第53号についても全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 議案第54号「平成23年度津山市工業用水道事業会計決算」については、大変厳しい社会情勢の中ではあるが、工業用水を使用する企業の誘致活動にさらに力を入れていただくよう要望し、水道局からは企業立地課と連携し取り組みたいとの回答がありました。

 議案第54号は、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定しております。

 以上が建設水道委員会に付託されておりました決算議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 各常任委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで議事運営の都合により、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は11時40分といたします。

                                   午前11時35分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午前11時40分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより各常任委員長の報告に対する質疑、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 発言通告に基づきまして、ただいまの決算に関する各委員会報告に対して、日本共産党津山市議団を代表して賛成、反対の討論を行います。

 まず、平成23年度を総体的に振り返ってみますと、新クリーンセンター建設に関係して前市長の行った行為を検証し、その結果を出して、領家の土地が購入をされているから領家での事業推進を図るとし、そして改めるべき点は改めるとも方針化しましたが、さて改めるべき点はどうも明確になっていない、このことを指摘をしておきます。

 後で子細を述べますが、アルネ津山で言いますと、平成24年2月23日に床、駐車場などの購入した費用63億円に対して、裁判所の任命した鑑定士が鑑定結果を出し、32億円とした年です。

 さらに23年度の年の瀬、3月末には、津山市総合卸売市場破産問題で、800万円の費用をかけて破産申立人になりました。400億円を超える全体の決算額から見てみますと、たかが800万円。しかし、私は、されど800万円だと思っております。取り返しのつかない事態をこれは生んでおる、このように指摘をしておきます。

 先日、津山市の平成25年から55年までの30年間の長期財政見通しが公表されました。30年間の中での累積赤字は、40億円を超える額です。財政調整基金を全て繰り入れても、実質赤字ということです。まさに財政的な危機です。現在でも厳しい財政運営であり、さらに来年度予算編成では、事業の大幅な削減により、必要な事業、津山市の未来に真に必要な事業実施にも困難を来し、市民の要望に十分に応えることが一層難しくなっている財政と言わなくてはいけません。

 今日の財政危機の原因は、将来も含めての問題点ですけれども、一つには国の地方自治体への予算のあり方が大きな問題です。もう一つは、津山市の財政問題として、大型公共事業のあり方、過去の公共事業のあり方に大きな問題点があったと言わなくてはいけません。

 その一つは、何といっても土地開発公社の無謀とも言える流通センターの造成工事、井口の卸センターの課題、綾部などのごみ処理場建設予定地の用地買収問題です。流通センターに加えてアルネ、街づくりの失策による膨大な税金投入も重大な事態を生んでおります。先ほど指摘しましたが、12月26日にはアルネ税金投入への最終判決、一審が下されます。

 産業委員長報告について、採決のとき、アルネ破産に関する責任問題の解決がなされていないとし、不認定とする意見がありましたが、採決の結果、全員一致で認定するという委員長報告がありました。これは日本共産党議員の久永議員が、委員長が欠席のために委員長席に着いて議事をつかさどった、そのために賛否の意思を表示することができなかった、結果として委員会では、取りまとめをした委員長役を外して全員一致と、こういうことになっておりまして、委員長報告が間違うとるわけではないんでありますけれども、日本共産党議員団とすれば、これから申し上げるようにアルネ決算に反対であります。

 23年度津山一般会計歳入決算にありますアルネ津山に関する決算、年々3億円を超える市税の負担が33年度まで続いてきます。23年度は商業基盤整備事業1億5,314万5,000円、商業基盤施設運営事業費1,700万円、施設管理委託料、地域交流センター部分2,685万円、土木費の中にあります津山地域振興開発株式会社株取得負担金637万円、津山地域振興開発株式会社出資金7,916万円、地域防災等管理運営1,234万円など決算、これらは中心市街地への影響が強まって津山の商業基盤を強め、商店街の活性に役立てると称したアルネのあり方とは全く別の現象であり、こうした決算を認めるわけにはいきません。

 また、図書館や音楽ホールなどいわゆる公共施設の管理負担金6,407万5,000円、これらの負担金はアルネがある限り永久に必要なわけです。アルネは商業者を中心とした経営陣が責任を持つべきです。津山の幹部が会社の役員になるべきではありません。役員になっているから、経営が行き詰まるとすぐ津山市に助けてもらう、こういう発想が生まれるんです。その点からも、津山市の幹部はアルネ関連の会社役員から身を引くべきだと、決算を通じても申し上げておきます。

 次に、新クリーンセンター、ごみ処理施設建設に関する決算ですが、23年度は津山圏域資源循環施設組合の負担金8,900万円を支出し、周辺整備事業など委託事業1億4,000万円などを支出しております。領家の土地を購入されているからと称して、問題が幾つか残されたまま領家での事業推進をする一連のこうした行為、施策のあり方に、私は大いなる疑問を持っております。

 その土地を買われた土地代が6分の1だと言われたことを忘れんようにしとってもらいたい。これがどう結論出るか、別問題ではありますけど。

 さらに、岡山県水道企業団運営負担金855万7,000円、同じく出資金1,479万2,000円は、苫田ダムを水源とするものです。苫田ダム建設の目的、利水計画は、無駄な過大な予測のもとで建設されたもので、これらに反対いたします。

 さらにこれと関係して、議案53号「平成23年度津山市水道事業会計」にあります岡山県水道企業団からの受水費3億6,746万円も同様のものです。無駄な大型公共事業のなれの果ての決算です。岡山県の悪政の尻拭いを地方自治体津山市がしている代物であって、到底認めることはできません。

 この受水費については、これまでも申し上げてきたとおり、過大な水利用計画に基づいてダムと水道企業団がつくられてきたことが基本的な課題です。専門家が指摘したように、今日の水需要は、節水とリサイクル、節水器具の普及、人口減少によって、昭和50年代と余り変わらない状況のままです。

 この水道企業団も、無駄な公共事業の一例であるだけではなく、現在も赤字経営に苦しんでいる実態です。津山市水道局は、当時6万1,000トンの取水権があった、将来の水需要に応えられる能力があった。しかし、取水権を放棄したり企業団依存してきた結果が、無駄な水を買うはめになったものです。当局も議会も、国、県の言いなりになってきた結果ではないでしょうか。必要のない企業団からの水の購入する決算などに反対します。

 平成23年度岡山県水道企業団は、決算数値がまだ明らかになっておりませんけれども、16億円前後の赤字推定。さらに大きな問題は、23年度になっても1日平均水量92トン前後と見込んでおり、利用率はわずか40%程度なんです。これが大きな問題だと言わなきゃいけません。すなわち、半分も水が売れてないところに、多額のお金をつぎ込んできておるんです。この反省なしに、ただ単に決算を認定したらよい、こんなものではないということを厳しく申し上げておきます。

 また、福祉会計決算にあります保育所費など、一連の民間委託が行われつつあります。私どもは、公立は公立のまま置くべきだ、こう思っておりまして、これらの決算にも反対いたします。

 さらに、一般会計決算と関係して、福祉、社会保障制度の施策のあり方と国の政治のあり方と決算についてですけれども、医療、福祉、年金、それぞれの社会保障制度について、国民泣かせの制度、悪政が続いております。国の政策をそのまま受け入れた一般会計であり、後期高齢者医療制度に代表されますように、そもそも制度そのものを廃止すべきものもあります。これらに関係する特別会計への一般会計からの繰り入れ措置について、低所得者に対する負担のあり方なども加えるべきであり、それらの措置のない決算に反対いたします。

 関係する特別会計、1つずついきます。

 議案38号「平成23年度津山市国民健康保険会計決算」ですけれども、国の医療制度における医療費の値上げに合わせて、23年度約3億円法定外繰り入れを予定しておりましたけれども、委員長報告の結果にもありましたように、やむを得ない措置だとはいえ、この繰り入れ措置をやめてしまいました。私どもは、将来の国保の会計を見て、せっかく予算化したものをやめるべきではない、このように考えて、これらの措置に反対いたします。

 議案43号「介護保険特別会計歳入決算」。一般会計のときにも申し上げたとおりですが、低所得者向け、社会的弱者については、介護が必要な人に、お金がないと介護が受けられないという仕組みになっておるんです。ここを地方自治体としても何とか少しでも援助すべきだと思っております。

 とりわけ23年度は、要支援1、2の枠組みをつくり出して、包括支援センターの役割を強め、軽度の介護必要者を介護保険対象外にしてしまいました。家族がおったら絶対に介護ができんというむちゃな制度にしてしまったわけです。そのくせ高い負担金とお金は取ります。この仕組みが間違っていると言わなきゃいけません。

 さらに、利用者の自己負担1割を今後2割にするとか、ケア計画そのものにも個人負担を求めるなど、さらなる制度の改悪を行おうとしております。これらの国のあり方に、単なる注視するのではなくて、地方自治体として、ますます地方自治体の負担がふやされ、利用者の負担がふえる、このことを厳しく国に意見として申し上げてもらいたいと思います。国の制度の改善を求めながら、低所得者を中心として介護保険の減額措置、1割負担の軽減措置など津山市独自の救済策を講じるべきだと意見を申し上げておきます。43号「介護保険特別会計決算」にそういう意味で反対いたします。

 続いて、46号「後期高齢者医療制度決算」についてですが、これも申し上げたとおりです。従来から述べております。民主党政権がいつまで続くかは知りません。しかし、民主党は明らかにこれを廃止すると言って政権をとったんです。ところが、政権をとったらナシのつぶて、何にもしてくれません。こういう、制度そのもののあり方もですが、政治のあり方自体が、やっぱり国民全体が政治に対する不信をつくり出していく、このことも考えていかなきゃいけません。したがって、46号「後期高齢者医療制度」の決算に反対します。

 以上、決算議案でいいますと20案件中5つの議案に反対いたします。その他15議案には賛成いたします。賛成率が、いつも言うことですが75%なんです。ここはよう考えてください。どうしても皆さん方は、共産党は何でも反対すると、言いやすいから言うんでしょうけど、違うとるんです。このことを申し上げておきます。

 そして、決算だから、もう使用したお金だとか、監査が目を通しているからという理由ではなくて、市民から負託を受けた議会、議員として、本当にこんなお金の使い方でよかったのか、財政的な危機がある、異常な状況と言われております。決算審査を含めても議会の役割、チェック機能を強めて、お金の使い方、政治のあり方を変えていくということもみんなで考えるべきだと思います。未来へ向けてどう財政をつくり出していくのか、財政運営をどうしていくのか、効果的な施策をどうつくっていくのか、これは決算に課せられた課題であると私どもは思っております。このことを申し上げて、賛成反対討論を終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で28番、末永弘之君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって質疑、討論を終結いたします。

 これより議案第35号から議案第54号までの各会計決算議案20件を一括して起立により採決をいたします。

 これら議案に対する各常任委員長からの報告は、原案のとおり認定であります。

 これらの議案をいずれも各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立多数であります。

 よって各会計決算議案20件は、いずれも原案のとおり認定することに決しました。



△日程第4  議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第4に入り、議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」を上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 本日、ここに12月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用中にもかかわりませず御出席を賜り、まことにありがとうございます。

 それでは、ただいま上程をされました議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」につきまして御説明を申し上げます。金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承をいただきたいと存じます。

 今回の補正予算は、今月16日の衆議院解散に伴いまして、12月16日に執行されます衆議院議員総選挙の執行費4,022万円を計上いたすものでございます。何とぞよろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第86号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 質疑、討論の申し出がございませんので、これより議案第86号について採決をいたします。

 議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」を原案のとおり可決することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」は原案のとおり可決されました。

 ただいま議案第86号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第4次)」が可決されましたが、今議会には議案第56号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第3次)」が提案されておりますので、補正予算額の計の数値が異なることになります。この数値等の整理につきましては、津山市議会会議規則第43条の規定に基づき、議長に一任していただきたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よってさように決しました。



△日程第5  議案第56号〜議案第85号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第5に入り、議案第56号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第3次)」から議案第85号「工事請負契約について」までの議案30件を一括上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。なお、予算議案につきましては、金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承いただきたいと存じます。

 まず、議案第56号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第3次)」についてでございます。

 今回の補正予算は、土地開発公社への先行取得依頼用地の買い戻し、土地開発基金保有用地の事業化など、平成25年度の土地開発公社清算に向けての公社解散プランに基づく関係経費を計上するとともに、福祉関係扶助費の追加、岡山県地域支え合い体制づくり事業の計上など、9月補正予算編成後における事情の変化に対応する緊急性の高い経費を中心に編成いたしております。

 歳出の主なものを性質別に申し上げますと、繰出金15億1,290万円、普通建設事業費4億5,655万円、扶助費3億7,830万円、維持補修費1億2,106万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 それでは、歳出について、費目別に主なものを御説明申し上げます。

 総務費では、公共用地取得事業特別会計繰出金、土地開発基金繰出金などで15億7,778万円を、民生費では、障害者介護給付事業、生活保護費などで3億9,052万円を、衛生費では、地域総合整備資金貸付金、ごみ処理場焼却施設修繕料などで1億7,580万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 商工費では、地域公共交通活性化・再生総合整備事業費の減額などにより2,178万円を減額計上いたしております。

 土木費では、武家屋敷長屋門整備事業、井口公園駐車場整備事業、鶴山公園駐車場整備事業の計上などで4億5,692万円を、教育費では、津山東公民館整備事業などで1,610万円を、公債費では、旧簡保資金の補償金免除繰上償還金で5,079万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、地方交付税1億4,387万円、国庫支出金1億9,462万円、県支出金1億852万円、繰越金5,348万円、市債5億9,996万円をそれぞれ増額するとともに、公共用地取得事業特別会計及び土地開発基金への繰出金の財源として、繰入金15億2,565万円を計上いたしております。

 この結果、平成24年度一般会計補正予算(第3次)の補正額は26億4,907万円を増額し、さきに一般会計補正予算(第4次)を御議決いただきましたので、予算総額は451億3,816万円となっております。

 このほか、債務負担行為補正として、演習場周辺民生安定施設整備事業の期間を変更し、地方債の補正として、中心市街地都市再生整備事業費など3件を追加するとともに、臨時財政対策債など10件の借入限度額を変更いたしております。

 次に、特別会計3件、水道事業会計及び工業用水道事業会計の補正予算について御説明申し上げます。

 議案第57号「平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、平成25年度の事業化に向けて、土地開発公社から市内井口地区用地の買い戻しを行うもので、11億9,682万円を増額計上いたしております。

 議案第58号「平成24年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、補助対象事業費の確定などに伴い4,231万円を減額したほか、地方債の補正として借入限度額を変更いたしております。

 議案第59号「平成24年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)」につきましては、介護サービス給付費などで2億1,867万円を増額計上いたしております。

 議案第60号「平成24年度津山市水道事業会計補正予算(第2次)」につきましては、下水道工事に伴う給水管移設の工事請負費などで113万円を増額計上し、補正後の予算総額は44億8,238万円となっております。

 議案第61号「平成24年度津山市工業用水道事業会計補正予算(第1次)」につきましては、水源ポンプ設備の動力費で92万円を増額計上し、補正後の予算総額は3,456万円となっております。

 続きまして、条例議案について御説明を申し上げます。

 議案第62号「津山市行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、電気事業の用に供する柱類などを設置する場合の使用料について、算定規定を変更するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第63号「津山市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、以下「一括法」と申し上げますが、同法の施行に伴う廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部改正によりまして、一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格基準を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第64号「津山市障害者自立支援審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例」につきましては、障害者自立支援法の一部改正に伴い、条例中に引用する同法の題名、審査会名などを変更するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第65号「津山市指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準等を定める条例」及び議案第66号「津山市指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準等を定める条例」につきましては、一括法の施行に伴う介護保険法の一部改正により、市が指定する事業者が行う地域密着型サービス事業及び地域密着型介護予防サービス事業の基準等を規定するため、新たに条例を制定をいたすものでございます。

 議案第67号「津山市営勝北バス条例」につきましては、勝北福祉巡回バスの有償運送を実施するため、地方自治法の規定に基づき新たに条例を制定するものでございます。

 議案第68号「津山市営阿波バス条例の一部を改正する条例」につきましては、運行区間の停留所に加茂小学校を新設すること等に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第69号「津山市準用河川の河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例」につきましては、一括法の施行に伴う河川法の一部改正により、準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を規定するため、新たに条例を制定するものでございます。

 議案第70号「津山市移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例」及び議案第73号「津山市移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例」につきましては、一括法の施行に伴う高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の一部改正により、移動等円滑化のために必要な道路の構造及び特定公園施設の設置に関する基準を規定するため、新たに条例を制定いたすものでございます。

 議案第71号「津山市道の構造の技術的基準等を定める条例」につきましては、一括法の施行に伴う道路法の一部改正により、市道の構造の技術的基準等を規定するため、新たに条例を制定いたすものでございます。

 議案第72号「津山市伝統的建造物群保存地区保存条例」につきましては、文化財保護法の規定に基づき、伝統的建造物群保存地区の現状変更の規制、保存のための措置等について規定するため、新たに条例を制定いたすものでございます。

 議案第74号「津山市都市公園条例の一部を改正する条例」につきましては、一括法の施行に伴う都市公園法の一部改正により、都市公園を設置する場合の基準を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第75号「津山市市営住宅等の整備に関する基準を定める条例」につきましては、一括法の施行に伴う公営住宅法の一部改正により、市営住宅及び共同施設の整備に関する基準を規定するため、新たに条例を制定いたすものでございます。

 議案第76号「津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例」につきましては、一括法の施行に伴う公営住宅法の一部改正により、入居者資格のうち入居収入基準を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第77号「津山市下水道条例の一部を改正する条例」につきましては、一括法の施行に伴う下水道法の一部改正により、公共下水道施設の構造の技術上の基準等及び都市下水路の維持管理に関する基準を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第78号「久米ふれあい陶芸センター条例の一部を改正する条例」につきましては、施設利用者の利便性を図るため、使用料算定区分の見直しに伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第79号「勝北陶芸の里工房条例の一部を改正する条例」につきましては、施設運営の安定化を図るため、会員制度の導入、使用料等の見直しに伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 続きまして、その他議案について御説明を申し上げます。

 議案第80号「指定管理者の指定について」につきましては、津山市地域交流センターの指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第81号「岡山県広域水道企業団規約の変更について」につきましては、企業団議員の定数の変更に伴い、岡山県広域水道企業団規約を変更することについて、地方自治法第286条第1項の規定により協議するため、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第82号から議案第84号までの「財産の取得について」の3議案につきましては、津山市土地開発公社が先行取得しております市内井口及び綾部地内の土地を取得するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第85号「工事請負契約について」につきましては、勝北地域防災行政無線施設整備工事について、工事請負契約を締結するため、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は運営予定に従いこれをもって打ち切り、明27日から12月2日までは休会とし、次の会議は来る12月3日午前10時から本会議を開き、議案質疑、一般質問を行います。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承願います。

 本日はこれをもって散会といたします。

 大変御苦労さまでございました。

                                   午後0時18分 散会