議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成24年 6月定例会 06月26日−07号




平成24年 6月定例会 − 06月26日−07号







平成24年 6月定例会



                              平成24年6月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 7 号)



 〇平成24年6月26日(火)午後1時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │ 津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について          │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第1号〜議案第16号(16件)                   │

│     │ 報告第1号(1件)                           │

│     │ 請願第1号(1件)(今議会のもの)                   │

│ 第 2 │ 請願第15号、請願第17号、請願第18号(3件)(平成23年度)    │

│     │ 〇委員長報告(総務文教、厚生、産業、建設水道)             │

│     │ 〇質疑・討論                              │

│     │ 〇採決                                 │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第17号 固定資産評価員の選任について               │

│ 第 3 │ 〇上程                                 │

│     │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇採決                                 │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について              │

│ 第 4 │ 〇上程                                 │

│     │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇採決                                 │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議員派遣について                            │

│ 第 5 │ 〇上程                                 │

│     │ 〇採決                                 │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇市長あいさつ

 〇議長あいさつ

 〇閉 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年6月18日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第  1号平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案可決賛成多数
議案第  2号津山市事務分掌条例の一部を改正する条例〃  
議案第  3号公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第  4号津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例〃  
議案第 12号岡山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び岡山県市町村総合事務組合規約の変更について〃  
議案第 13号工事請負契約について〃  
議案第 14号工事請負契約について〃  
議案第 15号工事請負契約について〃  
議案第 16号工事請負契約について〃  
報告第  1号市長が専決処分した「津山市税賦課徴収条例及び津山市都市計画税条例の一部を改正する条例」について原案承認  


 (継続審査中)


事件番号件          名審査結果摘  要
平成23年度請願第15号人権侵害救済法案に反対する意見書提出についての請願継続審査  
平成23年度請願第17号衆議院の比例定数80削減に反対し、選挙制度の抜本改革の意見書提出を求める請願書〃  






            厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年6月18日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              厚生委員長 津 本 辰 己 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第  1号平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち厚生委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第  5号津山市手数料条例の一部を改正する条例〃  
議案第  6号津山市印鑑登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第  7号津山市斎場条例の一部を改正する条例〃  
議案第  8号津山市心身障害者医療費給付条例の一部を改正する条例〃  
議案第  9号津山市ひとり親家庭等医療費給付条例の一部を改正する条例〃  


 (継続審査中)


事件番号件          名審査結果摘  要
平成23年度請願第18号原子力推進政策を抜本的に見直し自然再生エネルギー推進を求める請願書採択  






            産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年6月18日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              産業委員長 森 岡 和 雄 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第  1号平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち産業委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第 10号津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例のうち産業委員会の所管に属する事項〃  
議案第 11号工場立地法第4条の2第2項の規定に基づく準則を定める条例〃  






            建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成24年6月18日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            建設水道委員長 岡 安 謙 典 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第  1号平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第 10号津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例のうち建設水道委員会の所管に属する事項〃  
請願第  1号市営住宅小原団地の有効利用に関する請願趣旨採択賛成多数






                                     津総総第188号

                                   平成24年6月26日



 津 山 市 議 会 議 員 殿



                          津山市長  宮 地 昭 範







                追加議案等の送付について





 市議会6月定例会に提出する次の議案等を、別紙のとおり送付します。



                      記



議案第17号 固定資産評価員の選任について

諮問第 1号 人権擁護委員候補者の推薦について







                                       議案第17号





               固定資産評価員の選任について



 津山市固定資産評価員に次の者を選任したいから、地方税法(昭和25年法律第226号)第404条第2項の規定により、議会の同意を求める。



                      記



1 住  所  津山市院庄623番地10

2 氏  名  政 岡 大 介

3 生年月日  昭和30年6月11日



   平成24年6月26日提出



                             津山市長  宮 地 昭 範







                                        諮問第1号





              人権擁護委員候補者の推薦について



 人権擁護委員候補者に次の者を推薦したいから、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。



                      記



1 住  所  津山市山北760番地1

2 氏  名  山 田 拓 男

3 生年月日  昭和23年4月15日



   平成24年6月26日提出



                             津山市長  宮 地 昭 範







                                   平成24年6月26日



 津 山 市 議 会 議 員 殿



                        津山市議会議長  西 野 修 平







                  議員派遣について





 津山市議会会議規則第160条の規定により、別紙のとおり議員を派遣する。







                   議員派遣事項



┌───────┬───────┬───────┬────────────────┐

│  派遣議員  │  派遣期間  │  派遣場所  │    派 遣 目 的     │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│       │平成24年  │       │東日本大震災の被害状況と復興計画│

│       │       │宮城県 岩沼市│                │

│安 東 伸 昭│ 6月27日〜│       │について            │

│       │       ├───────┼────────────────┤

│       │  6月29日│埼玉県 川口市│議員提案の政策条例の策定について│

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│田 口 慎一郎│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│津 本 辰 己│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│中 島 完 一│   〃   │   〃   │       〃        │

└───────┴───────┴───────┴────────────────┘







           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 欠席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 都市建設部長  │  村 上 祐 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  植 月   優  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  西 山 公 二  │ 加茂支所長   │  原 田 幸 治  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  常 藤 勘 治  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  井 上 純 輔  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  政 岡 大 介  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  上 田 輝 昭  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  清 水   稔  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  目 瀬 陽 介  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午後1時00分 開議



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 これより6月津山市議会定例会第7日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は26名であります。欠席届が岡田康弘君から出ております。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり5つの日程といたしております。



△日程第1  津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について」を議題といたします。

 この際、お諮りいたします。

 議会活性化調査特別委員会委員長より、審査中の事項について中間報告をいたしたいとの申し出がございますが、これを許可することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議会活性化調査特別委員会の報告を許可することに決定しました。

 議会活性化調査特別委員会委員長、登壇、報告を求めます。

 14番、竹内靖人君、登壇。



◆14番(竹内靖人君) 〔登壇〕

 失礼いたします。

 それでは、津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告をさせていただきます。

 当特別委員会は、昨年6月定例会において、議会活性化の諸問題の調査研究を目的として設置をされました。およそ月1回、現在まで13回の委員会を開催し、各会派からの意見収集をもとに、委員会で調整を重ねながら調査研究を続けております。平成23年12月議会において中間報告をいたしましたが、今回はその後の調査項目の概要を御報告させていただきたいと思います。

 まず、設置当初に調査項目の絞り込みを行いました。その検討スケジュールを協議いたしまして、その調査項目は、1番、議会のあり方、2番、議員定数、3番、議員報酬、4番、議会運営、5番、その他の5つに分類して協議を行うこととしております。また、調査スケジュールにつきましては、議会の活性化が継続的な取り組みであることから、平成25年3月を一応の目途として、結論の出たものから順次実施していくことといたしております。

 なお、調査項目の3、議員報酬につきましては、昨年12月に中間報告をさせていただきましたので、ここでは割愛をさせていただきます。

 まず、4の議会運営の項目では、質問時における一問一答方式の導入、執行部への反問権の付与、対面式議会のための議場改修、議事録への賛否数の記載、議員間での自由討議、議員会議の開催、通年議会などの議会の開催方法についての7項目を調査検討いたしました。

 それらの検討の結果、一問一答方式については、事前に各議員が質問通告書を提出する際に、一問一答方式と一括方式かを選択できるようにするということで合意となっております。ただし、最初の質問は登壇して一括質問で行い、再質問から事前に通告している一問一答方式か一括方式かのどちらかにより、自席で行うというものであります。

 次に、執行部の反問権については、反問を許可する条件や反問する内容について一定の規定を設けた中で施行するということで合意に至っております。

 なお、質問方式や反問権については、当委員会の審議結果について議会運営委員会に報告をし、同委員会で施行に向けて協議をしていただくという方向としております。

 また、議場を対面式に改修するという項目につきましては、一問一答方式を採用する場合、対面式の質問席を設ける自治体が多く、議場の改修方法について検討いたしましたが、議場の改修につきましては経費を伴うことでもあり、経費縮減を進める議会として、議論の結果、再質問を一問一答方式で行うこととなりましても、従来どおり自席で対応できるとの結論に至っており、現状のまま行うこととしております。対面方式のための議場改修は、現時点では行わないことといたしております。

 次に、議事録に賛否の議員数を記載する件につきましては、賛否人数の確認方法等に課題があり、継続して審議することとしております。

 次に、自由討議と議員会議の扱いについてですが、議員間で政策などについて議論を深めるために行おうとするものでして、自由に討議をする場として議員会議を時期、方法、協議テーマなどを決めて開催する方向としております。

 本会議の開催方法については、定例会を年2回とすること、通年議会、夜間、休日の議会開催などの意見が出されましたが、協議の結果、現行どおりの年4回の開催とし、夜間、休日の開催につきましては、当委員会といたしましては、必要性や事案に応じ、その時点で開催を検討すべきものとしております。

 続きまして、議会のあり方という項目ですが、市民と議会との関係、議会活動の透明化などについて協議をいたしました。議会はその透明性を高めるとともに、市民に対する説明責任を果たすために、議会の活動に関する情報を積極的に市民に提供していくべきであり、市民との意見交換の場を多様に設け、市民の意見を議会の討議に反映させることができるよう努めるべきであるという議論がなされております。全国的には、議会報告会や市民との意見交換会と称し、それぞれ報告会等を行っている自治体も見受けられますが、開催についてはさらに調査研究を続けていくこととしております。

 また、今のところは従来から常任委員会などが開催をしております、市民団体の代表の方や関係者の方と意見交換をする懇談会など、今後も積極的に開催をし、多くの市民の方の御意見を市政に反映できるようにすることから始めていこうということで、合意をいただいております。

 また、同じ議会のあり方という項目の中では、議会基本条例については、条例策定は全国的に論議がなされ、策定をされている議会も見受けられますけれども、既に策定されている都市の実績、効果、問題点などをいま一度検証する必要があるとの意見も出されて、慎重に調査研究を重ねていくこととしております。

 なお、議会基本条例の必要性については、真に市民のための議会、議員であるために活動する指針とするものでなければならず、さらに調査研究を行いながら慎重に検討をすることとしております。

 なお、協議を進める中で、議会の機能や役割についてなど、議員活動とは何かという基本に立ち返って考えていく必要があるのではないか、また議員の政治倫理などについても再確認をしていくことが必要ではないかとの意見が出されております。

 次に、議員研修会につきましては、活力ある議会づくりや議員の資質の向上を図るためにも、テーマを決めて年2回程度を目標として開催し、当委員会設置期間中は当委員会が開催主体となるということで合意に至る中、昨年11月に続き7月13日に第2回議員研修会を開催することといたしました。研修内容は、議会に与えられている役割のかかわりなどから、予算・決算議案の審議のあり方についてであります。議員各位の御参加をお願いしたいと思います。

 また、その他の事項の中では、議会構成に関する申し合わせについて、策定の経緯経過を再確認し、内容に改正点などがないか検討が必要ではないかという意見があり、申し合わせが作成されました当時の選考委員会のメンバーと当特別委員会とで懇談会を開催をいたしております。

 以上がこれまで行ってまいりました調査の概要でございます。当特別委員会では、今後も議会の活性化に取り組むために継続して調査研究をしていくことといたしておりますので、より一層の御理解、御協力をいただきますようお願いいたしまして、中間報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 調査特別委員会委員長からの報告は、ただいまお聞きのとおりであります。



△日程第2  議案第1号〜議案第16号

        16件

       報告第1号

         1件

       請願第1号

         1件(今議会のもの)

       請願第15号、請願第17号、請願第18号

         3件(平成23年度)

            (委員長報告・採決)



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、今議会付託の議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から議案第16号「工事請負契約について」までの議案16件及び報告第1号「市長が専決処分した「津山市税賦課徴収条例及び津山市都市計画税条例の一部を改正する条例」について」の報告1件、請願につきましては今議会付託のもの1件、継続審査中のもの3件を一括上程議題といたします。

 これら議案等につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨報告があり、審査結果報告書はお手元に配付のとおりであります。

 この際、常任委員長から審査結果の報告を求めます。

 まず、総務文教委員長、登壇、報告を求めます。

 16番、野村昌平君、登壇。



◆16番(野村昌平君) 〔登壇〕

 それでは、総務文教委員会の審査結果報告を申し上げます。

 今期定例会において、当委員会に付託されました議案9件、報告1件、継続中の請願2件につきまして、6月18日に執行部の出席を求めて委員会を開催し、審査をいたしましたので、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見、要望を付したもののうち主な点につきまして御報告いたします。

 まず、補正予算議案として、議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち総務文教委員会の所管に属する事項を審査いたしました。

 このうち総務に関する事項として、地域振興関係費委託料として計上された地域資源調査事業の内容について質問がありました。この事業は、県の震災等緊急雇用対応事業補助金を受け、過疎、高齢化が進む地域を中心に生活機能維持調査、空き家調査等を行って、地域支援の仕組みづくりの基礎資料とするものであり、事業を委託して調査員1名の雇用を図り、調査員は住民自治協議会や町内会と協力しながら調査を進めていく予定との答弁がありました。

 委員から、モデル地域以外の地域では調査を行わないのかとの質問に対し、緊急雇用対策事業の活用という観点からモデル的な調査となるが、市として初めての取り組みであり、有効活用に資するような調査ができれば、事業の拡大を検討したいとの答弁がありました。

 また、文教に関する事項として、新給食センターの建設及び戸島学校食育センターの施設整備費にかかわる質問が出されました。

 まず、新給食センターの候補地選定の経過について質問があり、津山市学校給食施設等整備検討委員会からの意見書を受けた昨年の5月以降、候補地として市内東部を中心に14カ所を選定し、造成の難易度などの調査を行ってきた。11月に計画案を公表し、短期間で用地取得が望める公有地として対象を5カ所に絞り込んだ。最終決定に当たっては、学校教育部で協議を重ね、ことし4月から水道局と協議し、5月に正式決定し、水道局からの了解を得たものであり、5月28日に建設地を明記した津山市学校給食施設等整備計画を策定したとの説明がありました。

 また、当該用地の決定理由の主なものとして、必要面積の確保、配送が予定される学校のほぼ中心に位置すること、また幹線道路に近く、配送の利便がよいことなどとしました。

 次に、戸島学校食育センターの調理の作業ラインを2つにする施設改修について質問がありました。執行部から、施設設計業者との協議、栄養職員との調整の中で、よりよい施設を目指していきたいとの答弁がありました。

 また、食材の地産地消についての質問では、この課題に対応するため、現在全庁的な体制も整備されつつあり、今後必要な食材の搬入時期や量などを明確にし、契約栽培の可能性についても、JAや農家の方の意見も伺いながら調整を図りたいとの答弁がありました。

 次に、新給食センターにおいて各学校から出る給食残渣を集め、生ごみ処理を施してはどうかとの意見に対し、食育にもつながるよう今後処理方法を検討したいとの答弁がありました。

 そのほか、戸島学校食育センターについて、施設改修に及んだ事業方針の変更点や施設運営上の反省点を総括し、文章としてまとめてほしいとの要望もありました。

 その他、種々質疑応答を経て採決を行った結果、本案については賛成多数で原案のとおり可決としております。

 続きまして、条例議案の審査について報告いたします。

 まず、議案第2号「津山市事務分掌条例の一部を改正する条例」の審査を行いました。

 本案は住民基本台帳法の一部改正及び外国人登録法の廃止に伴い、条例中の規定を整備するもので、委員から変更された事務内容について質問があり、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としております。

 次に、議案第3号「公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例」については、公益法人制度改革関連三法の施行により、市から派遣が可能な団体のうち津山市都市整備公社が一般財団法人に、津山文化振興財団が公益財団法人に移行したことに伴い条例の改正を行うもので、特段の質疑もなく、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としております。

 また、議案第4号「津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」については、地方税法等の一部改正に伴い条例中の規定を整備するもので、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としております。

 続いて、その他議案の審査について報告いたします。

 まず、議案第12号「岡山県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び岡山県市町村総合事務組合規約の変更について」では、岡山県市町村総合事務組合から2つの組合が脱退することの承認と、これに伴う岡山県市町村総合事務組合規約の一部変更について議会の議決を求めるものであり、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としております。

 次に、文教に関する議案として、議案第13号から議案第16号の「工事請負契約について」は、すべて学校施設の耐震改修工事に伴う契約議案のため、一括しての審査を行いました。

 委員から、工事における注意点について質問があり、執行部から、同時期に多くの学校施設の工事を行うため、公平性を重視した工事内容とするように心がけているとの答弁がありました。

 そのほか契約に至るまでの流れなどについての質問があり、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としております。

 また、報告第1号「市長が専決処分した「津山市税賦課徴収条例及び津山市都市計画税条例の一部を改正する条例」について」は、地方税法等の一部改正に伴い、条例中の規定について所要の整備を行ったものであり、採決の結果、全員一致で原案のとおり承認としております。

 続いて、継続審査中の請願の審査について報告いたします。

 まず、請願第15号「人権侵害救済法案に反対する意見書提出についての請願」については、既に人権侵害を具体的に取り締まる多くの個別法が存在し、屋上屋を重ねることになる当該法案の制定には反対であるとする請願趣旨に賛成し、採択を求める意見と、さらに調査研究が必要であるとして継続審査を求める意見とに分かれ、継続審査を諮ったところ可否同数となり、委員長裁決により継続審査と決しました。

 また、請願第17号「衆議院の比例定数80削減に反対し、選挙制度の抜本改革の意見書提出を求める請願書」についても、国などの動向を注視し、さらに研究すべきとして継続審査を求める意見と、民意の反映を重視し、議員の削減に反対する請願に賛成として採択を求める意見が出され、採決の結果、継続審査といたしました。

 そして、執行部からの報告事項では、総務関係では、第3回津山市版事業仕分けについて、津山市地域防災計画の見直しについて、また文教関係では、平成24年度教育行政重点施策について、阿波小学校について、ペレットストーブについて、給食費の未納について、ふくしまっ子津山でのびのび元気事業の実施についての報告がありました。

 その中で、津山市版事業仕分けについては、候補事業抽出のために市民募集を行うことに対する質問や、事業選定に際してこれまでの事業の経緯等を十分に考慮し、しっかりと検討してほしいとの意見がありました。

 また、津山市地域防災計画の見直しについては、減災の考えを基本とする防災方針や、情報伝達手段としての防災ラジオの活用について質問があり、平成24年度教育行政重点施策については、教育基本目標を達成するために、具体的な対策を示しながら事業を進めてほしいとの意見がありました。

 特に、阿波小学校についての報告では、今後の生徒数の予測などから、教育環境や学校機能の維持に課題があるため、これまでPTAや地元地域の方々に説明を行い、教育委員会として将来加茂小学校へ統合する方針を示したとの説明がありました。

 これに対して一部委員から、このことは単なる報告事項ではなく、津山市の教育行政の方向性を示す重要な協議事項ではないのかとの質問が出されました。執行部から、今回はこれまでの経緯について報告を行ったものであり、将来的には学校の設置に関する条例等で議案として議会で審議されるようになるとの説明がありました。

 また、阿波小学校を統合するのであれば、統合する場合の明確な基準を定めるべきではないかとの質問に対し、対象となる学校ごとに適正規模、適正配置の基本方針に基づきデータを作成し、検討を行うこととしている。今回は阿波小学校が適正規模でないことを問題視し、これまで保護者の方や地域の方々にデータを示しながら協議を行い、御意見をいただいた中で、教育委員会として改善の方向を示したものであるとの説明がありました。

 委員から、他の自治体では生徒が少数である学校でも統合していない例が見受けられるがとの質問に対し、執行部から、学校としての機能が果たせるかどうか、また子供たちにとってのよりよい教育環境を重視し、保護者や地域の方々との話し合いを進めたいとの説明がありました。

 その他として、委員から、議会の議決を要しない委託契約等についても、議会に十分な説明を行ってほしいとする意見や、部局を越えた対応が必要な課題について、部局間の意思を統一した対応をしてほしいとの意見があり、執行部から、政策決定については種々の会議体を通して組織内の意思疎通を図っているが、さらに説明責任ということを念頭に、しっかりと説明を行いたいとの説明がありました。

 以上が当委員会に付託されておりました諸案件その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、厚生委員長、登壇、報告を求めます。

 20番、津本辰己君、登壇。



◆20番(津本辰己君) 〔登壇〕

 今期定例会において、厚生委員会に付託されました議案6件、継続審査中の請願1件に対する審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 まず、議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち厚生委員会の所管に属する事項についてであります。

 主な補正内容でありますが、岡山県地域医療再生計画に基づき、県の補助事業で実施する救急医療を考えるシンポジウムの開催等の救急医療適正利用普及啓発事業及び地域住民や医師会、行政等が将来の地域医療や救急医療のあり方を検討する地域医療ミーティング事業の実施に伴うものであります。当局の説明を聴取した結果、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 続いて、議案第5号「津山市手数料条例の一部を改正する条例」、議案第6号「津山市印鑑登録及び証明に関する条例の一部を改正する条例」、議案第7号「津山市斎場条例の一部を改正する条例」、これら3件につきましては、住民基本台帳法の一部改正及び外国人登録法の廃止に伴う所要の整備であります。審査の結果、いずれの議案も全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 続いて、議案第8号「津山市心身障害者医療費給付条例の一部を改正する条例」、議案第9号「津山市ひとり親家庭等医療費給付条例の一部を改正する条例」についてでありますが、国の法令改正または税制改正による受給資格喪失者の救済措置等を設けるための所要の改正であります。当局からの説明を聴取した結果、いずれの議案も適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 ここからは、請願の審査結果であります。

 継続審査中の「原子力推進政策を抜本的に見直し自然再生エネルギー推進を求める請願書」についてであります。

 去る3月定例会の厚生委員会において、委員会内での意思形成を図るため、意見書案の文言を精査すべきとの意見が各委員から出されました。これを受けて、請願者の意向等を確認する中で、請願者から新たに自然再生エネルギーの推進を優先する内容の意見書修正案が委員会へ提出されました。この修正案に基づいて審査を行った結果、委員会内でのコンセンサスを得るに至り、全員一致で採択すべきものと決定をいたしました。

 なお、当局からの報告事項でありますが、クリーンセンター建設経過について、津山市国民健康保険事業についての報告がありました。

 また、委員からは、障害者福祉施策の現状やし尿処理についてなど、種々の質問や意見がございました。

 報告の最後になりますが、今回の審査においては、各委員から健康づくりについての質問や意見、要望等が数多く出されました。市民の健康づくりに資する政策の実現に向けて、今後とも全庁挙げて鋭意研究し取り組んでいただくよう、委員会としても強く要望をいたしておきます。

 以上が厚生委員会に付託されました諸案件の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げまして、委員長報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、産業委員長、登壇、報告を求めます。

 17番、森岡和雄君、登壇。



◆17番(森岡和雄君) 〔登壇〕

 失礼いたします。

 今期定例会において、産業委員会に付託されました議案3件につきまして、去る6月18日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程において委員から出されました主な質問、意見などを含め、御報告させていただきます。

 まず、議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち産業委員会の所管に属する事項につきましては、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 委員から、本議案に関係する人・農地プランについて、市内を10地区に分ける計画だが、もう少し細分化したほうがよいのではないかとの意見が出され、当局からは、担い手など今後中心となる経営体を中心に、地域的なまとまりを基本とし、事務の効率化を図る観点からも、農協の支所単位に10地区でプランをつくる計画とさせていただいているとの答弁がありました。

 そのほか委員から、女性や若い人の知恵やアイデアがあると思うので、できるだけいろんな人が説明会に集まるように呼びかけ方を工夫してほしいとの意見がありました。

 次に、議案第10号「津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例」のうち産業委員会の所管に属する事項につきましては、特に質疑もなく、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第11号「工場立地法第4条の2第2項の規定に基づく準則を定める条例」につきましては、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 本議案については、当局より、地域性に即した工場立地法の運用を推進するため、設備投資や企業立地を促進し、経済活性化を図る目的で、工業専用地域等を対象に、敷地の緑地面積率等について基準を緩和する準則を定める条例であるとの説明がありました。具体的な内容につきましては、敷地に対する緑地や環境施設の必要面積を15%から10%に緩和するものである、また緑地として換算できる屋上緑地や壁面緑地の面積を25%から50%に引き上げるものであるとの説明がありました。

 また、本議案に関連し、委員から企業誘致から工場建設、操業開始までの期間が短縮できるような津山市独自の条例は制定できないかとの質問があり、当局からは、建築確認申請の手続に時間がかかると思われるが、そのほかの手続も含め、企業立地課が窓口を紹介するなど、できる限り企業の要望にこたえるよう努力しているとの答弁がありました。

 最後に、当局からは、公共交通の見直し等について、実践型地域雇用創造事業についてなどの報告がありました。

 公共交通の見直しに関して委員から、町内会や老人会に合わせて説明会を開催するなど、利用者の意見を聞きながら利便性の向上につなげてほしい、また快適に利用ができるよう中央病院に待合室の整備も必要ではないかとの意見がありました。

 実践型地域雇用創造事業に関しては、委員から、着地型観光商品の開発事業が行われているが、3年間の事業期間中に観光客数100万人を目指してしっかり取り組んでほしいとの意見があり、当局と議員が一丸となって取り組んでいこうとの確認をいたしました。

 以上が産業委員会に付託されました議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告とさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、建設水道委員長、登壇、報告を求めます。

 13番、岡安謙典君、登壇。



◆13番(岡安謙典君) 〔登壇〕

 それでは、建設水道委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 今期定例会において、建設水道委員会に付託されました議案2件、請願1件につきまして、去る6月18日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程で特に論議された点、また報告等、意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告いたします。

 まず、議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」のうち建設水道委員会の所管に属する事項についてですが、これは城東、城西まちづくり協議会の活動を支援するためのまちづくり活動員を1名配置するための予算であり、審査の結果、適正妥当であると判断し、全員一致で原案のとおり可決としております。

 続きまして、議案第10号「津山市執行機関の付属機関設置条例の一部を改正する条例」のうち建設水道委員会の所管に属する事項については、津山市下水道事業検討審議会をその所管する事務の終了により廃止するための条例整備であり、特に質疑もなく、全員一致で可決としております。

 次に、請願第1号「市営住宅小原団地の有効利用に関する請願」につきまして、審査結果を御報告いたします。

 これにつきましては、小原団地は政策空き家として平成14年から新規入居者の募集をとめており、入居者の方の転居等で空き家になった棟から順次取り壊しの方向が出されており、当局の方針からも請願提出者の方の趣旨に沿うものであります。しかしながら、現在60%の入居率があり、入居されている方々の心情を察すると、早期に強力に推し進めていくべきではないとの意見も出されました。

 以上のことから、入居者の方々の今後の動向に合わせた円滑な事業推進を要望し、採決の結果、賛成多数で趣旨採択と決しました。

 次に、当局からの報告事項につきまして御報告いたします。

 都市建設部からは、津山駅周辺整備について、都市計画公園井口公園の変更について、市営住宅使用料の未払い賃料請求事件に係る市長専決処分についての3件の報告がありました。

 その中で市営住宅の家賃の滞納について、どんなに低廉な家賃であっても、何年も滞納すれば巨額になり、ますます納付しにくくなるため、滞納金額が少ないうちに納めていただくよう早期に督促、支払い命令など収納事務を手順よく進め、滞納整理に精励するよう要望しております。

 その他として、全国的に通学路の交通事故が多発している現状について、道路を管理している都市建設部として、教育委員会等と連携して安心・安全な道路整備に努めるよう意見が出されました。

 報告のうち水道局の所管に属する事項につきましては、水道ビジョンの改定について、草加部浄水場未利用地の教育委員会への所管がえについて、中止届のあった借家、アパートの水道の取り扱いの変更についての3点の報告がありました。

 その中で草加部浄水場の未利用地の所管がえについては、教育委員会の計画する学校給食センター用地として津山市教育委員会に所管がえするという報告であります。当該用地を今後使用する予定のないことを確認する質問や、方針決定の手順に対する意見、また水道局にとって将来的に使用する予定がない土地の有効活用となり、大変有益な計画であるとの意見が出されました。

 以上が付託されておりました案件その他の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 各常任委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで議事運営の都合により、しばらく会議を休憩いたします。

 再開は1時45分といたします。

                                   午後1時43分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後1時46分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより各常任委員長の報告に対する質疑、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 15番、河本英敏君、登壇。



◆15番(河本英敏君) 〔登壇〕

 議長のお許しをいただきましたので、討論をいたします。

 私は、市民と歩む会を代表いたしまして、議案第1号平成24年度の一般会計補正予算のうち学校給食センター、新しいセンターの用地買収予算等が出ておりますが、これについてのみ反対する立場から、皆さんに訴えをさせていただきます。それ以外についてはすべて賛成という立場でございます。

 なぜかと申しますと、このセンターにつきましては、昨年検討委員会が立ち上げられまして議論をされました。その議論の経過の中で、多くの市民の皆さん、特に保護者の皆さん、PTAの皆さんからかなりの異論が出たというふうに私は感じております。また、3つのセンター、旧町のセンターの廃止も伴います。これらに対しても地域から多くの批判もあったし、何とか使えんもんかという話もあったというふうに考えております。こうした声がなかなか生かされてこなかった。

 それから、戸島の給食センターの運営に当たりまして、ここで生まれた多くの課題が十分議論をされてこないまま、新しいセンターに移行するという考え方が、ありきという部分を受けとめました。そういう意味では、やはりもう少し説明責任や課題の整理、そして市民の皆さんに説明責任があるんではないかということであります。

 それから、これはまた地産地消の関係でありますけれども、戸島のセンターで地産地消がいかにもできるように当初話がありました。ところが、地産地消と言いながら、なかなか、どこがどこに問題があるんかは別として、なかなか前向きにならなかった。どこに原因があったかも十分把握しないまま、新しいセンターということが出てきたわけでした。

 それから、現在使用されている施設の中には、平成になってからできた施設、特に2つの旧町の2つの施設も平成になってからの施設であります。これが位置的にどうかということは別として、使えるものは使っていく必要がある、私はそう考えるべきだろう。これだけ予算が厳しい現実の中で、多くの施設を簡単に切って捨てるというのは、私は矛盾があると、市民の皆さんも決してこのことについては喜んで聞いてはもらえんだろうというふうな気がします。

 最後に、この課題が生まれたときに合併特例債、つまり話をしていくうちに合併特例債が使えるうちにという話が出てきました。果たしてなあと、合併特例債も借金だという思いがあります、当然でありますけれども。まあこの平成17年で終わろうということだったわけですけれども、皆さんも御存じのように……。

              〔「27」と呼ぶ者あり〕



◆15番(河本英敏君)

 ごめんなさい、平成27年ということですけれども、これが6月20日、国会委員会のほうで通過したようであります。5年間延長がされたようであります。このことは情報として当局も入れておったわけでありますけれども、全くそれは保証の限りでないと、合併特例債が使えるじょうにやってしまわにゃいけんのじゃというのが多くの意見だったというふうに思います。

 ですから、5年間延びたということは、5年間だけでも古い施設を使いながらでも、節約しながらでも、そうすることによって、子供たちの数も減っているわけであります、そうすると節約ができるんではないかというふうな思いがあります。

 まあ、いろいろと申し上げても、皆さん方は一たん決めたらありきで、何があってもできる、しなければならない理由を山のようにこしらえられるわけですから、私どもはあえてこの土地取得に関する7,489万6,000円、この部分についてのみ反対を申し上げて、市民と歩む会の意思表示とさせていただきます。

 以上であります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で15番、河本英敏君の討論を終わります。

 次の討論を許可いたします。

 28番、末永弘之君、登壇。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 日本共産党津山市議団を代表して、ただいまの委員長報告に賛成、反対の討論を行います。

 今議会に提案されている案件17案件、その中で議案第1号「津山市一般会計補正予算(第1次)」分、その中にある新学校給食センター実施計画委託、平成24年から平成25年まで、限度額1億1,000万円の債務負担行為及び補正予算の中にあります給食センター新増改築事業費7,790万6,000円についてですが、これらに反対し、その他の案件には賛成いたします。

 この予算は、いわゆる第2の大型給食センター建設に関する予算であり、私たち日本共産党議員団は、単独調理場方式による給食こそ維持され、充実されるべきだと考えております。戸島に続いて今回2つ目の大型化給食センター、津山市学校給食施設等整備計画の中身を見てみましても、結論が先にありきの実態であり、現状と課題を分析され、必要論を唱えておりますけれども、その視点というのが間違っていると私は思っております。

 例えば施設の老朽化と学校給食衛生管理基準への適合問題では、単に老朽化だけではなく、衛生管理を行いにくい施設となっている、だからセンターへ、施設や敷地の狭さから現在地での個々の改善は困難であるというところが幾つか出てきます。給食設備の不均衡を是正して、例えば焼き物機が給食室の狭さから導入ができないという論法も組み立て、こうしたことにあらわれたように、現状分析がもっともらしく改善策を唱えております。

 しかし、これらはすべて現在の単独校方式をとっている学校自体、給食場自体に責任があるわけでは決してありません。歴代の教育行政のあり方、学校給食に対する行政の怠慢が招いたものであり、だから大型化が望ましいという結論にはなりません。むしろ、単独校方式でやっていけるように、その都度その都度改善をしてこなかったことに原因があり、単独校として改善を考えるべきであると私たちは考えております。

 焼き物ができるかできないかの論理の組み立て、とってもおもしろい論理を組み立てております。今の小学校の中で12の学校が焼き物機がない、導入したくても狭いから焼き物機が導入できない、そして最終的に結論を出して、だから給食センター、こうなっておるわけです。給食というのは不均衡ではあってはならないから、平等でなくてはならないという美辞麗句までそこには並べ立て、大型化を最優先しております。

 率直に申し上げて、焼き物機がないんならば、焼き物機を買えばいいんです。狭いんなら広げればいいんです。もう極めて単純なことなんです。この組み立てができていない。できていないどころか、大型化でなかったら矛盾点は解決しない、この理屈を組み立てております。これしかない、この考え方が間違っていると私は思えて仕方がありません。まさにそこには選択の余地を残してないんです。これだと決めつけておるということです。初めから大型化しかない、この結論だろうと思っております。ここの手法が私は違うと思っております。

 先ほども言いましたが、狭かったら広くしなきゃいけんのです。それをせずにおいて、狭いけんいけんのじゃという論理は絶対に間違うとる。これがあたかも正しい論理のように扱われるから、おかしいと言わなきゃいけません。

 結局はそこのところを言うと広くせえ、こう言うと、お金が幾らあっても足らんがなと、この論理に行き着くわけです。すなわち、合併特例債を利用しようとするこの気持ちも含めてお金が最優先し、そして先に大型化方針というのが結論としてある、これが今度の事態だと言わなくてはいけません。いわば教育委員会は自分たちが当然やらなくてはいけないこと、やるべきこと、やっておかなくてはいけないこと、これらを結局は大型化でしか解決しないと、まあ失礼ですがうそぶいているとしか言いようがありません。そして、我々議員や子供たちや保護者をおどしていると私には思えて仕方がありません。

 関係する給食の現場の皆さん、学校関係者の皆さん、子供たちや保護者の皆さんの意見も聞いた、こういうことをしきりに言います。検討してきたとも言います。しかし、それは私は言葉だけのような感じで受けとめております。率直に申し上げて、真剣に本当の意味でどちらがよいのか話し合った形跡は、私には見つけることができませんでした。すべてが大型化しかないんです、理解をしてください、このお願い方式の話し合いだったんではないかと思います。率直に言えば、それは押しつけ型の話し合い、このように私は位置づけ、疑問も持っております。これではせっかく宮地市長にかわったというんでしょうか、かえたというんでしょうか、市長みずからが言う市民の声、市民目線に立っての政治をやるという姿勢とは逆行している、このように思えて仕方がないんであります。逆行しているんではないのか、よくない方法であると私は危惧をしておるということを述べておきます。

 以上、議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」に反対ということを述べ、その他のことは賛成いたします。

 こっから以下、いつでも述べることですが、賛成・反対討論の最後、今回は結果として19案件中、あと2つ追加されますから、これには賛成しますから、19案件中1件だけが反対なんです。94.7%の賛成率なんです。何でも反対するんじゃ、末さんらはと言わんように。もういっつもここで言うんですけど、どうしてもこれをあんた方は言うんです。そういうことを思わんように、心からお願いを申し上げておきます。初めから日本共産党に対する偏見を捨てて、真摯に誤解がないようにしていただきますことを重ねて申し上げて、委員長報告への賛成・反対討論といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で28番、末永弘之君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって質疑、討論を終結いたします。

 これより採決に移ります。

 まず、今議会に付託されました議案第1号「平成24年度津山市一般会計補正予算(第1次)」から議案第16号「工事請負契約について」までの議案16件及び報告第1号「市長が専決処分した「津山市税賦課徴収条例及び津山市都市計画税条例の一部を改正する条例」について」の報告1件を一括して起立により採決をいたします。

 各常任委員長からは、これら議案16件につきましては原案のとおり可決、報告1件につきましては原案のとおり承認との報告であります。

 各常任委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立多数であります。

 よって議案第1号から議案第16号までの議案16件につきましては原案のとおり可決、報告第1号につきましては原案のとおり承認することに決しました。

 次に、請願につきまして、今議会提出のもの1件及び継続審査中のもの3件を一括して起立により採決をいたします。

 これらの請願を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立全員であります。

 よって請願につきましては、今議会提出の請願第1号は趣旨採択、継続審査中の平成23年度請願第15号及び第17号は継続審査、第18号は採択と決しました。



△日程第3  議案第17号「固定資産評価員の選任について」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、議案第17号「固定資産評価員の選任について」を議題といたします。

 本案は本日提出され、お手元に配付のとおりであります。

 この際、提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第17号「固定資産評価員の選任について」につきましては、市長の指揮を受けて固定資産を適正に評価し、かつ価格の決定を補助する固定資産評価員を兼ねておりました杉浦良久君が退職いたしましたことに伴い、その後任として財政部参与政岡大介君を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定に基づき議会の御同意をお願いするものでございます。何とぞよろしく御審議の上、御同意賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は人事案件であり、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議することといたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第17号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 議会運営委員会での申し合わせにより質疑、討論を省略し、お諮りをいたします。

 本案は原案のとおり同意することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 異議なしと認めます。

 よって議案第17号「固定資産評価員の選任について」は原案のとおり同意することに決しました。



△日程第4  諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第4に入り、諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。

 本案は本日提出され、お手元に配付のとおりであります。

 この際、提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 ただいま上程されました諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」につきまして御説明を申し上げます。

 津山市が推薦し法務大臣が委嘱する人権擁護委員15名のうち、市内山北の山田拓男氏の任期が満了となりますため、同氏を引き続き推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の御意見をお伺いするものでございます。

 山田氏は、弁護士として御活躍をされておりまして、人格、識見ともに高く、広く社会の実情に通じておられ、人権擁護に対する理解も深く、人権擁護委員としてふさわしい方であると確信いたしております。何とぞよろしく御審議の上、御同意賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は人事案件であり、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議いたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって諮問第1号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 議会運営委員会での申し合わせにより質疑、討論を省略し、お諮りをいたします。

 本案は原案のとおり同意することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって諮問第1号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案のとおり同意し、御異存のない旨を答申することに決しました。



△日程第5  議員派遣について



○議長(西野修平君)

 次に、日程第5に入り、「議員派遣について」を議題といたします。

 この際、お諮りをいたします。

 お手元に配付いたしておりますとおり議員を派遣いたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 異議なしと認めます。

 よってさように決しました。

 以上で津山市議会6月定例会の議事はすべて終了いたしました。

 この際、市長からごあいさつがあります。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 6月定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方には、23日間の長きにわたり終始御熱心に御審議を賜り、御提案申し上げました諸議案につきまして御決定、御同意を賜りましたこと、心より厚くお礼を申し上げます。

 議会審議の過程におきまして皆様方からちょうだいいたしました御意見や御提言につきましては、十分に尊重いたしまして、今後の市政推進に努めてまいりたいと存じます。

 さて、本年度は第4次総合計画後期実施計画の初年度でございます。非常に厳しい財政状況ではございますが、第9次行財政改革の着実な実施と財政計画との整合を図りながら、施策の確実な実施を通じ、笑顔あふれるふるさと津山の実現に全力投球で頑張ってまいりたいと決意をいたしておるところでございます。

 また、本市には数多くの課題が山積しておることも事実でございます。私は、その一つ一つの課題に目を背けることなく、常に初心を忘れず、一球入魂の思いで課題解決に当たり、住民福祉の向上にさらなる努力をいたしてまいる所存でございます。

 ここに改めまして議員の皆様方、市民の皆様方の一層の御理解、そして御協力を心からお願い申し上げる次第でございます。

 これから厳しい暑さを迎えます。議員の皆様方におかれましては健康に十分御留意の上、津山市政発展のため御尽力賜りますようお願いを申し上げまして、お礼のごあいさつにかえさせていただきます。大変ありがとうございました。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 閉会に当たりまして、私からもごあいさつを申し上げます。

 皆様には、去る6月4日の開会以来、本日まで23日間にわたり終始熱心に御審議を賜り、それぞれ適切な御決定により、ここに全議案を議了して閉会する運びとなりました。

 本会議中はもとより、平素から議員の皆さんを初め執行当局、報道関係者並びに市民各位の御協力に対し、心から感謝の意をあらわす次第であります。

 皆様方には今後とも健康に十分御留意をいただき、市政振興に一層の御尽力を賜りますようお願いを申し上げ、ごあいさつといたします。

 これをもちまして平成24年6月津山市議会定例会を閉会といたします。

 大変御苦労さまでございました。

                                   午後2時10分 閉会







     地方自治法第123条第2項の規定により、本会議の顛末を証するため、ここに署名する。





     平成24年6月26日





       津山市議会議長 西 野 修 平





       津山市議会議員 黒 見 節 子





       津山市議会議員 村 田 隆 男