議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成24年 3月定例会 03月08日−05号




平成24年 3月定例会 − 03月08日−05号







平成24年 3月定例会



                              平成24年3月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 5 号)



 〇平成24年3月8日(木)午前10時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 〇個人質問(議案質疑・一般質問)                    │

│ 第 1 │   議案第70号〜議案第122号(53件)               │

│     │  (末永弘之君、森岡和雄君)                      │

│     │ 〇委員会付託                              │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第123号 津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例    │

│     │ 〇上程                                 │

│ 第 2 │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇質疑                                 │

│     │ 〇委員会付託                              │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 請願第12号〜請願第18号(7件)                   │

│ 第 3 │ 〇一括上程                               │

│     │ 〇委員会付託                              │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                                     津議第1122号

                                    平成24年3月8日



   津 山 市 議 会 議 員 殿



                       津山市議会総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                         〃  厚生委員長   津 本 辰 己 印

                         〃  産業委員長   森 岡 和 雄 印

                         〃  建設水道委員長 岡 安 謙 典 印



                委 員 会 招 集 通 知



 下記により、それぞれ委員会を招集しますから御出席ください。

                      記

1. 日時及び場所

  ┌──────┬──────┬────────────┬─────────────┐

  │ 月  日 │ 時  刻 │ 委  員  会  名 │  場       所  │

  ├──────┼──────┼────────────┼─────────────┤

  │      │ 午前10時 │ 総 務 文 教 委 員 会 │ 第 1 委 員 会 室 │

  │ 3月12日 │   〃   │ 厚    生 委 員 会 │ 第 2 委 員 会 室 │

  │  (月)  │   〃   │ 産    業 委 員 会 │ 第 3 委 員 会 室 │

  │      │   〃   │ 建 設 水 道 委 員 会 │ 第 4 委 員 会 室 │

  ├──────┼──────┼────────────┼─────────────┤

  │      │ 午前10時 │ 総 務 文 教 委 員 会 │ 第 1 委 員 会 室 │

  │ 3月13日 │   〃   │ 厚    生 委 員 会 │ 第 2 委 員 会 室 │

  │  (火)  │   〃   │ 産    業 委 員 会 │ 第 3 委 員 会 室 │

  │      │   〃   │ 建 設 水 道 委 員 会 │ 第 4 委 員 会 室 │

  └──────┴──────┴────────────┴─────────────┘

2. 案    件

  付託議案及び閉会中継続調査事件







                                    津議第1123号

                                   平成24年3月8日



   津 山 市 議 会 議 員 殿



                   津山市議会広報調査特別委員長  末 永 弘 之 印

                    〃 議会活性化調査特別委員長 竹 内 靖 人 印



             特 別 委 員 会 招 集 通 知



 下記により、それぞれ委員会を招集しますから御出席ください。

                     記

1. 日時及び場所

  ┌──────┬──────┬────────────┬─────────────┐

  │ 月  日 │ 時  刻 │ 委  員  会  名 │  場       所  │

  ├──────┼──────┼────────────┼─────────────┤

  │ 3月14日 │ 午前10時 │広報調査特別委員会   │ 第 3 委 員 会 室 │

  │  (水)  │午後1時15分│議会活性化調査特別委員会│ 第 3 委 員 会 室 │

  └──────┴──────┴────────────┴─────────────┘

2. 案    件

  閉会中継続調査事件







                             平成24年3月津山市議会定例会

                                   平成24年3月8日



               審  査  付  託  表



  ┌───────┐

  │総務文教委員会│

  └───────┘



議案第 70号 平成24年度津山市一般会計予算のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第 71号 平成24年度津山市磯野計記念奨学金特別会計予算

議案第 74号 平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計予算

議案第 77号 平成24年度津山市奨学金特別会計予算

議案第 82号 平成24年度津山市吉見山財産区会計予算

議案第 83号 平成24年度津山市大崎財産区会計予算

議案第 84号 平成24年度津山市田邑財産区会計予算

議案第 85号 平成24年度津山市高田財産区会計予算

議案第 86号 平成24年度津山市東一宮財産区会計予算

議案第 87号 平成24年度津山市河辺財産区会計予算

議案第 90号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項

議案第 91号 平成23年度津山市磯野計記念奨学金特別会計補正予算(第1次)

議案第 96号 平成23年度津山市全本明正奨学金特別会計補正予算(第1次)

議案第102号 津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例

議案第103号 津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例

議案第111号 津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する条例

議案第112号 津山市公民館条例の一部を改正する条例

議案第113号 津山市立図書館条例の一部を改正する条例

議案第114号 津山郷土博物館条例の一部を改正する条例

議案第115号 津山洋学資料館設置条例の一部を改正する条例

議案第117号 指定管理者の指定について

議案第118号 指定管理者の指定について

議案第119号 津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について

議案第123号 津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

請願第 15号 人権侵害救済法案に反対する意見書提出についての請願

請願第 16号 「津山市学校給食施設等整備計画(案)」に関する請願

請願第 17号 衆議院の比例定数80削減に反対し、選挙制度の抜本改革の意見書提出を求める請願書



  ┌───────┐

  │厚 生 委 員 会│

  └───────┘



議案第 70号 平成24年度津山市一般会計予算のうち厚生委員会の所管に属する事項

議案第 73号 平成24年度津山市国民健康保険特別会計予算

議案第 78号 平成24年度津山市介護保険特別会計予算

議案第 81号 平成24年度津山市後期高齢者医療特別会計予算

議案第 90号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)のうち厚生委員会の所管に属する事項

議案第 93号 平成23年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第2次)

議案第 97号 平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第3次)

議案第100号 平成23年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)

議案第104号 津山市障害者施策推進協議会条例の一部を改正する条例

議案第105号 津山市介護保険条例の一部を改正する条例

議案第106号 津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例

請願第 12号 「総合福祉法」(仮称)制定に関する意見書の提出に関する請願書

請願第 13号 「こころの健康を守り推進する基本法(仮称)」の制定を促す意見書提出を求める請願書

請願第 18号 原子力推進政策を抜本的に見直し自然再生エネルギー推進を求める請願書



  ┌───────┐

  │産 業 委 員 会│

  └───────┘



議案第 70号 平成24年度津山市一般会計予算のうち産業委員会の所管に属する事項

議案第 72号 平成24年度津山市食肉処理センター特別会計予算

議案第 90号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)のうち産業委員会の所管に属する事項

議案第 92号 平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第2次)

議案第107号 津山市県営土地改良事業分担金徴収条例及び津山市土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例

議案第116号 指定管理者の指定について

請願第 14号 津山市のまちなかに映画館施設を誘致することに関する請願



  ┌───────┐

  │建設水道委員会│

  └───────┘



議案第 70号 平成24年度津山市一般会計予算のうち建設水道委員会の所管に属する事項

議案第 75号 平成24年度津山市下水道事業特別会計予算

議案第 76号 平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計予算

議案第 79号 平成24年度津山市簡易水道事業特別会計予算

議案第 80号 平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計予算

議案第 88号 平成24年度津山市水道事業会計予算

議案第 89号 平成24年度津山市工業用水道事業会計予算

議案第 90号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項

議案第 94号 平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第2次)

議案第 95号 平成23年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1次)

議案第 98号 平成23年度津山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1次)

議案第 99号 平成23年度津山市土地取得造成事業特別会計補正予算(第1次)

議案第101号 平成23年度津山市水道事業会計補正予算(第2次)

議案第108号 津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例

議案第109号 津山市営阿波公営住宅条例の一部を改正する条例

議案第110号 津山市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例

議案第120号 市道路線の認定について

議案第121号 市道路線の廃止について

議案第122号 市道路線の変更について







                            平成24年3月津山市議会定例会資料



                継続審査中の請願書一覧表



  (総務文教委員会)


平成23年度請願第 9号新大型給食センター建設反対の請願








           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │ 早退 │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 特別理事    │  田 口 順 司  │ 都市建設部長  │  高 山 文 秀  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  西 山 公 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  常 藤 勘 治  │ 加茂支所長   │  岡 田 邦 男  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  土 居   孝  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  岸 川 洋 一  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  杉 浦 良 久  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  村 上 祐 二  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  高 宮 歳 雄  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部次長 │  井 上 純 輔  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  金 島 真 一  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午前10時00分 開議



○議長(西野修平君)

 おはようございます。

 御着席を願います。

 皆様方には連日御苦労さまでございます。

 これより3月津山市議会定例会第5日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は27名であります。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり3つの日程といたしております。



△日程第1  個人質問(議案質疑・一般質問)



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「個人質問」を行います。

 昨日に引き続き順次質問を許可いたします。

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 まず、健全な財政運営という点でお尋ねしますが、国の社会保障と税の一体化政策の中、長期の景気低迷とあわせて津山市の将来の財政が不安でなりません。きょうまでの質疑の中で、32年度以降は予算措置ができなくなる、職員の知恵を絞ってもらうとの答弁などがありました。どんな知恵があると思いますか、具体的なことをお答えください。

 そして、出を制するということで、いわゆる行革路線が小泉改革以来続けられていますが、以前も質問しましたが、一体どこまで改革という名によって市民生活を支援する社会保障を削っていく気なのか、職員や議員を少なくしていく気なのか。際限もなくいくと、何もかもゼロになるまで行革路線が続くのかと疑問に思いますが、津山市の基本的な考え方をお聞かせください。

 施政方針で、国の政治、財政のあり方の分析は大切で必要ですが、それに対して市民の命、暮らしを守る責務がある地方自治体としてどう立ち向かうのか、国や県の悪政から市民を守るという気構えが大切と思います。このままでは政治はよくならない、悪くなる一方です。今、地方自治体が国に対してやるべきことは何かについてどう思われるか、抽象的な質問ですが、考えをお答えください。

 次に、施政方針の中にあります目指す町のイメージ、中心市街地の活性化などのあり方にマイナスイメージとなる事態が、アルネ裁判で起こりました。裁判所で認定された鑑定士が、正当な価格を言い渡しました。鑑定の結果は、ここにある図表と、議場の皆さんには資料を配付しておりますから、ごらんください。

 これは平成17年度の当時の価格でこうなるという意味です。物件1、ちょっと字がちっちゃいんですけども、駐車場、当時購入した価格は34億円で購入したわけです。これを15億5,000万円ということに認定されました。地域交流センター、この部分は津山が5,700万円で購入したんです。それが2億7,000万円と認定されました。失礼、5億7,000万円、失礼。それで、いわゆる商業床、床と言われている部分は22億2,000万円、これが14億2,000万円です。総トータルは、ちょっと見にくいかもしれませんけれども、62億円で津山市が購入しました。これが鑑定主文で32億7,666万9,000円と言われたわけです。29億円強高過ぎるという鑑定結果が出ました。これは判決では決してありません。

 しかも、今の時期の流れで価格を決めとるんじゃないんです。十何年当時、正しい価格はこれでしたと、こう言われたんです。したがって、裁判所の判断も多分これに似た数字が出されるだろうと私は思っております。

 裁判についての見通しを当局はどう思われますか。そして、約30億円の差損、一体この責任をだれがとるのか明らかにしていただきたい。

 次に、新クリーンセンター問題ですが、問題を先送りしないと言われておりますが、新クリーンセンター建設では申請書類の間違いの後始末と整理、これに関して地元あるいは周辺町内の共同申請者の問題、土壌汚染の不安、裁判の途中という問題など先送りして領家での事業推進を決意しましたが、理念と違うのではないか、市長の見解をお尋ねいたします。

 次に、DBO方式についてですが、全体の予算を見てみますと、工事費が84億6,000万円、20年間の運営委託費が116億8,000万円です。運営費が年平均5億8,000万円です。現在の1市4町で見てみますと、平成17年から平成21年度平均しますと8億7,000万円の中間処理費が必要となっております。単純に計算しますと2億8,000万円程度の経費削減ということになりますが、この運営費でSPCという新しい機構の会社が運営することになります。20年間、さて本当に大丈夫かとお聞きします。

 炉のメーカー、いわば元請あるいはSPCが倒産とか運営行き詰まりなどになったら、どういうことになるのか、どんな策があるのか、お答えください。

 そして、焼却灰の扱いについて、DBO方式の中には入っておりません。組合の責任で処理することになっております。100トンのごみを処理した場合、主灰で9.3トン、飛灰で2.4トンと想定しているようですが、主灰、飛灰の扱いはどうするのか、別々に答えてください。

 そして、セメント原料化への運搬費などは年間にどの程度必要と考えていますか、お答えください。

 仮にですけれども、ごみの質とか炉の性能によっては灰の量がふえていきます。運搬費などが高くなるわけです。組合の持ち出しがふえる、こういうふうに思いますが、その可能性はありませんか。また、極端にセメント原料化に適さない焼却灰が出たり、こうした可能性は考えられませんか、お尋ねします。

 次に、業者選定に政治家が関与して、既に特定の企業、メーカーの推薦なども行われているといううわさがありますが、事実関係をあれば教えてください。

 次に、周辺整備事業のあり方ですが、本来は申請者であるべき地域、そして共同申請者である周辺地域、どのように具体的に整理していきますか。それらの地域とこれから公害防止協定とか整備事業のあり方を検討することになるわけで、明確にしてください。

 そして、現在の焼却場、最終処分場の周辺対策事業のあり方を見ていますと、いわば永遠に周辺整備事業なるものを何でもやるという感じに思えて仕方がありません。そうした悪癖をなくするためには、周辺事業の枠が必要だと思いますが、お答えください。

 特に最近、この周辺整備事業にも累が及ぶかもしれないと示唆される、ある町内会長の逮捕劇が社会問題化しています。こんな苦い経験は新クリーンセンターでは繰り返してはいけないと思いますが、どんな対策を考えていますか、お答えください。

 もう一つ、利権絡みかともうわさされる問題、領家はかなり広い土地が残っております。草木が残ります。この草刈りなどの管理を地元の業者、町内会から地元特定業者にかなりの多額の仕事を出す、既に仕事をする人が決まっている、こういうこともうわさされます。前市長の時代には年間5,000万円の仕事だという話もあったようです。これもけじめが必要だと思いますが、いかがでしょうか。

 津山市の都市計画区域決定への手続につきまして、2度にわたって公聴会がありました。市民の意見は、都市計画区域には適当ではない、反対という意見しか出ておりません。この声をどうされますか、どうするつもりなのか。市民の側は意見を言うてみたけれども、結局は決められる、行政の側は聞いてみただけ、こういうふうになっていくんでしょうか。まさに形だけつくろうのが行政のやることかとお聞きします。

 次に、暴力団排除条例のその後のことです。どうなったのかお尋ねします。

 県警から資料をもらって暴力団の名前を公表しないと、つき合うな、利用するなといっても無理がある、そして指名業者とのかかわり合いも公表するように求めてきましたが、その後どのようになっておりますか。

 この条例の扱いは危機管理室が行うべきだと厚生委員会でも委員長報告でも指摘をしていますが、どのような検討をしていますか、お答えください。

 全体として、津山市として何をやったのか、条例ができたと宣伝はかなりやっているようですが、暴力団が少しでも少なくなったとか、成果が上がったのかどうか、答えてください。

 最近、不当請求事件として扱った事案ができたと聞きますが、どのようなことなのか、経過を教えてください。

 危機管理室のあり方と関連して、この事案は久米支所から悲鳴の声が危機管理室に届けられたと聞きます。その時点で早い段階で何で危機管理が整理しなかったのか、整理しておれば、だんだんエスカレートしていくことがなかったと思えて仕方がありませんが、どう思われますか。

 そして、圏域や一部事務組合の業務がこれらに関係していろいろと経過があったようですが、これを一つの教訓として、津山市と津山市が関係する広域行政、一組について、組合と津山市にお互いが必要な条例、規則をつくって、津山市危機管理室がすべて対応するという仕組みが必要ではないかと思いますが、お答えください。

 鑑定士の評価などもつけておりますので、よろしくお願いして、登壇での質問を終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 末永議員の御質問にお答えをいたします。

 まず、合併特例措置がなくなった以降の厳しい財政運営に対して、どのように知恵を絞って対応するのかとの御質問でございます。

 合併特例措置が終了する平成27年度以降、地方交付税は5年間で段階的に縮減され、最終的に平成32年度においては24億円を超える減額となります。このような状況の中、これまでのような手法ではこの難局を乗り切ることは困難であると考えており、職員全員が一丸となって立ち向かうことが必要であろうかと、このように思っておるところでございます。

 私を初めすべての特別職が先頭に立つことは当然でございますけれども、職員の知恵や考えが十二分に発揮できる環境づくりを行うことが不可欠と考えております。このため、全庁的な取り組みといたしまして、新年度の早い時期に中堅、若手職員を中心とした作業チームを立ち上げまして、事務事業全般について新たな視点と発想で見直しの検討を行っていきたいと、このように考えております。

 次に、行革路線について、津山市の基本的な考え方でございますけれども、第9次行財政改革の基本理念は、住民ニーズに的確に対応する行政経営システムの整備と健全な財政基盤の確立でございます。すなわち、限られた財源と人材を有効に活用していく持続可能な行財政運営を通じて、その時々のさまざまな市民ニーズにこたえていくことでございます。

 したがいまして、行革におきましては、既存の行政システムや事務事業は常に見直しの対象としますが、何もかもゼロとすることが目的ではございませんで、真に必要とされる行政サービスを提供するために行うものでございます。

 次に、地方自治体は市民生活を守る責務がある、国の悪政から市民を守るためにやるべきことは何かと、こういった質問でございます。

 現在、国と地方で推進をしております地域主権改革は、旧態依然の中央集権体質から脱却をし、住民に身近な行政は、地方公共団体が自主的かつ総合的に広く担うようにすることなどを目的といたしておるところでございます。本来の地方自治行政が担う役割の大部分は、住民生活に密着した分野であるにもかかわりませず、現状の地方における行政サービスは国の基準によるところが大きいため、地方自治体の裁量の幅は限られておるところでございます。

 私は、こうした国と地方との構造的な関係を改善するためにも、地域主権改革が円滑に推進されるよう、地方の首長として積極的にかかわっていきたいと、このように考えております。そして、市民サービスに悪影響が及ぶような国策などの動きに対しましては、全国市長会などを通じた指摘や働きかけなど、さまざまな機会をとらえて強い姿勢で国に臨んでいきたいと、このように思っておるところでございます。

 次に、クリーンセンター建設に関して課題を先送りをしないという政治姿勢を示されたが、申請書の問題などを先送りして領家で事業を推進するのは、理念とは違うのではないかとのお尋ねでございます。

 地元あるいは周辺町内におきましては、対応方法の検討を続けておりまして、土壌調査につきましても造成工事の前に実施予定とするなど、決して問題を先送りして事業を推進しているわけではございません。

 以上で私の登壇での答弁にかえさせていただきます。なお、他の答弁につきましては、それぞれ担当部のほうからさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 まず、アルネ津山の再建をめぐる住民訴訟についてでございます。

 この訴訟につきましては、平成17年3月に原告が岡山地裁に提訴して以来、7年近く審理が続いております。議員御指摘の鑑定価格は、先月29日の弁論準備におきまして、不動産鑑定士による鑑定結果を踏まえ示されたものでございます。この鑑定は、あくまで当該訴訟の審理過程における資料の一つでございます。しかし、裁判所に選任されました不動産鑑定士によるものでございまして、本市としては厳しく受けとめております。

 しかし、岡山地裁の判決が出ていない現時点におきましては、法的な判断がなされておりません。したがいまして、議員御指摘の責任の追及を含め、本市としてのコメントにつきましては、現時点におきましては差し控えさせていただきたいと、このように思っておりますので、どうか御理解をいただきたいと思います。

 なお、当該訴訟に対する今後の対応につきましては、代理人でございます弁護士等と十分相談しながら対応方針を整理してまいりたいと、このように考えております。

 次に、クリーンセンター関連の2点の御質問にお答えします。

 まず1点目でございますが、周辺整備事業のあり方について、共同申請であるべき地域とその周辺との具体的な区分及びこれからの公害防止協定、整備事業のあり方についてのお尋ねでございます。

 現在、津山圏域資源循環施設組合管理者会におきまして、公害防止協定を締結する地域、また周辺整備事業のあり方につきまして協議を始めておりまして、その中で地域の区分につきましても十分検討すると、こういうことになっております。

 次に、ある町内会の会長の逮捕劇をクリーンセンター周辺整備事業で繰り返してはいけないが、どのような対策を考えているのかと、こういったお尋ねでございます。

 このことにつきましては、その事案につきましては新聞で報道された以上のことは承知しておりません。しかし、公金の取り扱いにつきましては、チェック機能を高めながら、より透明性を確保してまいりたい、このように考えております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(土居孝君)

 議員から御質問のありました不当要求に関連します御質問にお答えをします。

 最近、本市が不当要求と認定して取り扱った事例についての御質問がまず第1点目でございました。

 本件につきましては、市内居住の特定の個人が、頻繁に久米支所の庁舎を訪問の上、職員の対応内容を取り上げて抗議をする、あるいは連日大量の行政情報の開示請求を行いまして、その対応に職員が困窮したという案件でございます。

 本市におきましては、平成22年10月に津山市行政執行適正化推進要綱を改正いたしておりますけれども、危機管理室におきましては、本件がこの改正要綱で新たに定義づけを行いました不当要求の典型的形態の一つであると判断をしており、支所の職員に対しまして具体的な指導を行ってきたところでございます。しかしながら、実際には事態の改善が一向に見られず、職員対応が長時間に及ぶ、あるいは業務に影響が出る、またその事態が長期に至るなどの問題に発展したものでございます。

 続きまして、職員からの悲鳴の声が危機管理室に届けられた時点で整理しておけば、問題がエスカレートしなかったのではないかとの御質問が2点目にございました。

 危機管理室に対しましては、早い時期に一般的な相談といたしまして、またその後事態が深刻化いたしましてからは、改めて具体的な相談として持ち込まれておりまして、これまで相談を受けるたびに不当要求対応について具体的に指導を行ってきたところであります。

 今回の事案は、平成22年度の行政執行適正化推進要綱の改正により、不当要求の定義や委員会開催レベルの見直し、そして職員研修の強化を確認し、行政執行適正化体制の強化を目指してきたにもかかわりませず、組織体制としていまだ定着するに至っていないことが改めて浮き彫りになったものと受けとめております。

 本市では、不当要求対応を組織的に行うために、その職場が管理職を中心に一丸となって不当要求をはねのけることを目的に、津山市行政執行適正化推進要綱を制定いたしております。こうした理念に基づいて、危機管理室を発生した事態に直接対応させるガードマンとしてではなく、全庁的なアドバイザーとして位置づけ、行政執行の適正化を推進しているところであります。どうぞ御理解をいただきたいと思います。

 最後に、行政執行適正化を推進させるため、一部事務組合と津山市にお互いを必要とする条例、規則をつくり、危機管理室がそれにすべて対応する仕組みが必要ではないかとの御質問がございました。

 本市の場合、行政執行適正化の推進を図る基本的な例規といたしまして、津山市情報公開条例、そして津山市行政執行適正化推進要綱などを制定いたしております。ただし、その実施機関には一部事務組合や本市が出資する法人等を含んでいないため、同様の問題に対応するためには、一部事務組合等でこれらを準用する内容の例規整備が必要となってまいります。

 ところで、不当要求等の諸問題に対応する場合、津山市ではさまざまな法令や条例、要綱に照らして独自に検討いたしますほか、必要に応じて警察や岡山県などの外部関係機関に対して相談を行い、または指導を受けるということを日常的に行ってまいっております。こうしたことからも、一部事務組合等が最寄りの外部機関の一つとして津山市に相談を行うということは極めて妥当なことでありまして、その場合に警察出向者の配置がある危機管理室が対応することにつきましては、改めて条例や規則等の整備をまつまでもなく機能できるものと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 暴力団排除条例に関します3点の御質問に順次お答えをいたします。

 まず、暴力団員の名前が公表されなければ、条例が遵守できないのではないかとの御指摘であります。

 暴力団の排除は、暴力団が社会に悪影響を及ぼす反社会的な存在であり、社会全体で一丸となって取り組む必要があります。警察や行政だけでなく、市民、事業者などそれぞれ緊密に連携し協力して、それぞれの立場でそれぞれの役割を果たしていく必要があります。津山市暴力団排除条例では、相手を暴力団あるいは暴力団員等と認識、わかった上で、暴力団運営に資する目的での利益供与や債権回収、紛争解決などに関しての暴力団等の威力利用を禁止しているものであります。

 市としては、具体的な状況、ケースに応じまして、市の事務事業の執行に必要とする範囲内の情報の提供を警察に依頼することになりますけれども、あらかじめ名簿などの資料提供を受けまして名前を公表することは困難であります。

 次に、暴力団排除条例は危機管理室が担当すべきと指摘したが、どうなっているのかというお尋ねであります。

 昨年4月の機構改革に伴いまして、防犯業務が市民生活の安全・安心に密接に関連する分野であることから、危機管理室から環境生活課へ移管されました。そして、暴力団排除につきましても、広く防犯に含まれるものとの考え方で、環境生活課が中心となりまして条例の制定などに取り組んでまいりました。厚生委員会などで危機管理室で担当すべきではないのかという御指摘や御意見などを受けまして、担当部署の検討をいたしましたが、引き続き環境生活課で担当することとなっておりますので、御理解をいただきたいと思います。

 最後に、暴力団排除に津山市として何を行ってきたのか、またその成果についてのお尋ねであります。

 条例の施行後において、啓発用のポスター、チラシなどを作成しまして、公共施設や民間事業者などに配布をいたしました。また、「広報つやま」や市のホームページなどを活用しまして、広く市民への周知に努めてまいりました。その成果につきましては、これは津山市の取り組みだけでは微力なものであるかもしれませんが、社会全体で取り組むことによって排除の機運が高まり、大きな成果につながってくるものと認識をいたしております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 暴力団排除条例に関係いたしまして、指名業者とのかかわりについて御答弁いたします。

 現在市が保有しております指名業者の書類により、暴力団排除条例に抵触するかどうかという判断とすることは困難であるため、そのチェックが容易にできるように様式を変更した上で、平成24・25年度の入札参加資格の申請書を受け付けることにしております。そして、指名業者から提出されました名簿を岡山県警に提示し、津山市暴力団排除条例に抵触していないかどうか調査の依頼をするというように進めておりますので、御理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(高山文秀君)

 新クリーンセンター建設における都市計画決定の手続についてお尋ねでございます。

 都市計画決定の手続は、住民の方に広く情報提供を行い、直接御意見を伺うものでございまして、公聴会での意見は都市計画審議会に報告をし、案の審議を経て結論が出されます。なお、公聴会で反対意見しかない場合でも、決定を行わないという結論になるとは限りませんが、お伺いした貴重な意見は、今後事業を進めていく上に当たりまして、可能な限り生かしてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(村上祐二君)

 私からは、5点お答えをしたいと思います。

 まず、施設を20年間運営する特別目的会社が倒産するようなことはないのかということでございます。

 特別目的会社は、津山圏域クリーンセンターを運営するために設立されるものでございまして、運営費用を組合から収入するなど事業の独立性が確保されておりまして、出資会社の経営の影響は受けない体制となっております。また、組合は特別目的会社の健全な経営体質保持のため、提案段階での審査はもとより、契約後は財務を含めた報告書で確認を行いたいと思っております。

 2点目、主灰、飛灰の扱いと運搬費用について。

 主灰は天蓋つきダンプカーで、飛灰についてはジェットパッカー車で、セメント原料化のための受け入れ施設に輸送するということになっております。運搬費用につきましては、現段階で受け入れ先が決定してないため、未定でございます。

 3点目、灰の量、これが増加したりすることはないのか、そしてセメント原料化に適さない灰が出てくるんではないかという心配についてでございます。

 灰の量は、ごみの質によって変動はしますが、焼却炉による大幅な増減はないものと考えております。また、灰について、セメント原料化受け入れ基準に適合するよう要求水準書で定めておりまして、そのように適さないものが出ることはないというふうに考えております。

 4点目です。周辺整備事業に一定の枠が必要ではないかということでございます。

 周辺整備事業は、関係町内会等と十分な調整をしながら対応してまいりますが、第4次総合計画の後期実施計画に基づいて実施を進めてまいりたいと考えております。

 最後でございます。地元業者、町内会等へ出す仕事にもけじめが必要ではないかということでございますが、今示しておりますDBO事業の範囲といいますのは、熱回収施設、リサイクル施設についてであり、敷地全体の管理については組合の業務となります。今後、敷地全体の管理方法については、議員の御指摘も十分に踏まえながら検討してまいりたいと考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君)

 それぞれ答弁をいただきました。

 まず、アルネ問題ですけれども、最終的な判断ではないと、弁護士とも相談するということです。一体この数字というのはだれが仕掛けた数字なのか、責任ある人がアルネではいまだ裁かれておりません。もし裁判所が29億円高過ぎると判決を出したらどうなっていくのか、もう一度聞きたいところです。

 県からの是正命令で29億円の不正流用が明らかになり、その後70億円の資金不足などへ発展し、その穴埋めに税金が使われた。アルネビルの本当の価値観を基礎から計算をして、購入価格が決まったんではないんです。不正流用をふたをするために初めからありきの金額を決めて、それに価格を合わせたんです。だから、正式な鑑定をしたらこういう結果が出たとしか言いようがありません。だれがこの責任をとるんですか。今の時点でわかる範囲で教えてください。

 この数字を議決した議員さんもおるんです。この議員さんも責任とってもらわにゃいけません。わしゃあ議員で議決しただけじゃがなと言よったんじゃあ、30億ですからね、市長、ごっついお金ですよ。どう思いますか、再度答えてください。

 クリーンセンター問題ですが、先送りはしていないと市長が答弁されました。領家での事業推進をやるという決意の前にいろんな問題を解決しておかないと、先送りにならんかと言っとんです。だとすれば、今事業推進を休んで、申請書類の間違いをどうするか、土壌汚染をどうするか、こういったことに一定の結論を出して、それからまた事業を推進すると、こうならんと先送りしないという論理にならない。どうされますか、お尋ねいたします。

 セメント原料化問題などの答弁がありました。余り数字は変わらんというような感じの答弁でした。

 周辺整備事業も、何で枠が必要だというふうに思えんのですか。総合計画でやるんじゃあ困るじゃないですか。私は、施設がある限り未来永劫に周辺整備が必要になるようなことになりゃしませんかとこう言っておるんで、もう一度答えていただきたい。

 さらに、焼却灰の持ち出し費用、答弁にもありました、検討するそうですが、場内の清掃委託料、これらを加えると、登壇で言ったかなり安いように見える運営費も、結局はもともとのようになってしまうんではないかと、こう思えるんですが、その点はどう考えておりますか。

 業者選定に政治家が関与しておらんかと言ったら、答弁がありません。私には全くわからないんですけれども、仮に関与があるとすれば、あなた方はだれがどこの業者を関与してきたかがわかっとるはずなんです、仮にあればですよ。だったらその業者を外せと言よんですがな、簡単なことですが。僕らに何にも言う必要ないんで、僕らがわからんのじゃから。聞いたあんた方はわかるはずじゃからとこう言っとんです。副市長、指名委員長としてどう思われますか、答えてください。

 周辺整備のあり方はさっきもちょっと言いましたけれども、別の観点で市長にお尋ねです。

 登壇でも言いました、周辺整備と称して地元に流れた各種の補助金、税金、この使い方に多少の課題が出てきとる。うわさではありますが、警察も今後そこに手を入れるかもしれんとも言われております。まあ恥ずかしい話ですが、彼の前任の仕事場の責任者であった私もちょっと尋ねられましたから、多少わかるんです。こういったことを二度と起こらない措置が必要と同時に、現在警察がどういう調査しているか、言えれたら、市長、わかる範囲で知っとられたら答えてください。

 新クリーンセンターの場内の清掃、先ほども言いました、確かに地元優先ということは必要な課題ではありますけれども、実は金額ははっきりしておりませんが、前の市長のときには5,000万円と言よった。これが弓引きになって、申請書の間違いも無視して強引に領家での事業推進を地元として図ってきたとするならば、黙っとくわけにはいかんじゃないですか。これも市長、見解をお尋ねいたします。

 都市計画区域のことですけれども、どうもすっきりせんのです。市民の意見は聞くと言いながら、結果的には何をどういうふうに聞くんですか。やめるわけでもなし、反対の意見しかなかったのも事実だし、どうするか、もう一遍わかるように教えてください。公聴会をして反対だという意見しかないのにから、賛成してしまう、やってしまうというのがおかしいと言っとんです。

 さて、暴力団排除条例のその後のことですけれども、結局は当局の答弁を聞いておりますと、相手が暴力団として名乗って、わかって、つき合うなと、こういうことを言ようるような感じがするんですね。そこがおかしいじゃないんですか、暴力団排除にならんがな。初めからつき合うなと、この人にはと言うべきでしょう。そう言っとんですよ。公表というのはそういう意味なんです。

 指名業者の答弁もありました。まあもう目の前ですから、来年度努力するということは一定評価しますが、本当言うたら指摘して、ことしの分からやるべきだったというぐらいのことは言っときます。

 市民に正確な情報が伝わらない、ずっと言っとんです。わからんのにつき合うというのはおかしい、相手が私は暴力団ですといって名乗ったらつき合うなではおかしいんじゃないかと言っとんです。ここのところをもう一遍整理して答えてください。

 さて、危機管理のあり方の答弁をいただきました。まあざっくばらんに言ったら、具体的な指導をしてきたが、なかなかうまくいかんという意味合いでしょう。対応する職員など組織体制に十分至ってないという答弁でもありました。言葉のあやもあるかもしれませんが、ちょっと実態と合ってない答弁だと思えて仕方がありません。

 危機管理室に各部局が相談するというのは、いよいよ困ったから相談するんだと思うべきではありませんか。普通のことなら、答弁でありました指導どおり職員は頑張れるんです。やっておるんです。困るから相談したんです。その困るから相談したら、危機管理室が頑張れということを言よっただけじゃいけませんが。私らに任しんさいと、ここまできたらと、これが危機管理室の仕事ではないんかとあっさりと聞いとんです。まあいろいろあるけど頑張れよと、今まで指導しとろうがな、こがんなことを言よったんじゃあ、だれも二度と相談する気になれませんがね。重大問題だと私は思うんです。

 一組に対する考えも聞きました。一定程度条例の整備化は必要だと言いながら、津山市に相談するのは構わんのじゃと言いながら、どうも現場の実態と違うような気がするんです。

 さらに、危機管理室はアドバイザーだと、とんでもないことだと言わにゃいけんでしょう。1人の正式な職員を警察官の身分のまま置いとんでしょう。何でこれがアドバイザーならな。何で全職員がガードマンにならにゃいけんのならな。警察官がガードマンでしょうがな。むちゃなことを言うたらいけませんで。

 職員が頼りがいのあるところが危機管理室でなかったらいけんでしょうがな。おめえらがガードマンになれと言よってどうするんか、もう一遍答弁してください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 末永議員の再質問にお答えをいたします。

 まず、申請書などの課題を解決してから領家での事業推進を方針化するのでなければ、先送りしたことになるのではないかとの再度のお尋ねでございます。

 申請書を白紙に戻しやり直すという結論に達することはできないため、地元あるいは周辺町内の対応方法について検討すること、また土壌調査は造成工事の前に実施を予定をしていること、また金員支出差しとめ等請求訴訟は、判決が出されましたら管理者会におきまして内容を十分協議して対応を図っていくことなど、課題の対応方法につきましては、これまでに回答いたしましたとおりでございます。

 ごみ処理施設建設予定地の再考を求める住民の会の方々の御意見は、十分承知をいたしております。地元及び周辺町内の理解を得まして、課題の解決に努めながら事業を推進しておりますので、決して問題を先送りにしているわけではないということを御理解をいただきたいと思います。

 続きまして、ごみ処理を一つの課題として、地元に流れた補助金あるいは税金の使用の仕方に問題があるといううわさで、警察も今後調査をするかもしれないとも言われております。どんな情報をつかんでいるか、これから二度と起こらない措置はどう講じるのかとの御質問でございます。

 警察の動きの情報についてでございますけれども、警察署長はこの種の問題が余りにも大きな公共工事である、こういうことから、非常に津山の動向を注目しておるということについては、私は理解をいたしておるつもりでございます。現時点でのコメントは十分できない部分がございますので、ひとつ御理解を賜りたいというふうに感じておるところでございます。

 御承知のように、今の署長は非常に元気な方でございまして、私自身にも就任当初、市長は暴力団にかかわっておるというふうにうわさを聞いておったけれども、決してそんな人じゃありませんなと、こういうようなお話もざっくばらんにさせていただいておりまして、これからもそういった署長との連携もとる必要があるのかなと、こういうふうに思っておるところでございます。

 次に、御指摘の補助金などの適正執行についてでございますけれども、市からの各種補助金交付につきましては、補助金交付規則や要綱に基づいて行われておりますけれども、透明性を高めるよう見直しを指示しているところでございます。

 次に、新クリーンセンターの場内清掃を含めた敷地全体の管理方法に関する御質問ではなかろうかと思いますけれども、これらの管理方法につきましては今後決定してまいりますけれども、適正な実施に努めてまいろうと、このように思っておるところでございます。

 次に、暴力団対策でございます。暴力団を利用するなということであれば、名前の公開が必要ではないかとの御指摘でございます。

 津山市暴力団排除条例におきまして、市民などの役割の規定は、相手を暴力団あるいは暴力団員等と認識している場合に適用されるものでございまして、確かに議員言われますように、議員の主張については一定の理解はいたしておるところでございます。

 津山市におきましては、事務処理上、必要な範囲内で情報提供を警察に依頼することになりますけれども、あらかじめ名簿などの資料提供を受けて、一般に公表することはできないということにつきましても御理解をいただきたいと思います。

 市といたしましては、市民などへの広報やあるいは啓発活動に努めまして、暴力団排除に対する意識の高揚を図るとともに、市の事務事業が暴力団を利することがないよう、警察などと密接に連携して暴力団排除に取り組んでまいろうと、このように思っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 アルネの住民訴訟について再度のお尋ねでございますが、この住民訴訟につきましては、先ほども御答弁申し上げたように、岡山地裁におきまして審理が現在続いております。また、本市といたしましても、代理人でございます弁護士等と相談しながら対応いたしているところでございます。議員御指摘の点につきましては、本市として当然深く受けとめなければならないと、このように思っておるわけでございます。

 しかし、現在は係争中でございますので、裁判結果への是非につきましては、大変申しわけございませんが、現時点で答弁を差し控えさせていただきたいと、こういうことを考えておりますので、どうか御理解をいただきたいというふうに思います。

 次に、再開発組合の不正流用の問題についてでございますが、この問題につきましては、中央街区の再開発組合内部の訴訟が平成18年に最高裁で結審をいたしております。また、平成19年にはこの組合自体も法に基づき解散をしておりまして、その後の清算手続におきましては債権債務の整理も終わっておりまして、一定の整理はできているものと、このように認識をいたしております。

 しかし、このアルネ問題につきましては、議員の御指摘のように長年にわたる市政の課題でございます。また、2つの第三セクターにつきましても再建途上と、こういう状況でございます。したがいまして、本市といたしましては、既存の都市機能であるアルネの利活用、それから中心市街地の活性化といった本市に求められる役割を果たすべく、引き続き真摯に取り組む考えでございますので、重ねて御理解をいただきたい、このように思います。

 次に、クリーンセンター建設事業の業者選定への政治家の関与についてのお尋ねでございます。

 関与の実態につきましては、私としては把握をいたしておりません。なお、この選定方法につきましては、技術と価格を総合的に評価いたします総合評価方式によるものでございまして、その評価の内容につきましてはすべて公表することから、公平性、透明性の高いものになっておりますので、どうか御理解をいただきたいというふうに思います。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(土居孝君)

 御質問にお答えをいたします。

 末永議員のおっしゃる危機管理室ガードマン論についてでございます。

 市役所の中の日常業務におきましてとんでもないことが起きましたときには、危機管理室が出ていったり、あるいは警察に通報したりということも当然行うことがございますけれども、原則といたしましては、不当要求を初めといたしまして市役所の各部署でもめごとが起きたときには、そこの該当職場あるいはその窓口で対応できるような力を個々の職員が身につけていくということが、大変大切であるというふうに認識をしておるわけでございます。

 当然、市の職員といたしましては、市民の声や意見に耳を傾けることは大切なことでございますけれども、行政ができないことあるいはすべきでないことなどについて、それを職員に強要するであるとか、あるいは不作為を求めるなどの不当要求に対しましては、毅然とした姿勢で対処することが極めて重要でございます。特に不当要求に対しては、初期対応を誤りますと大きな問題に発展しかねないケースも多ゆうございますから、職員を決して孤立させることなく、各職場に配置をしております行政執行適正化の推進責任者を中心にクレーマーに対応すると、そしてそれを上司がバックアップするという組織体制の確立が不可欠であると考えております。

 さらに、職場だけでの対処で難しいケースにつきましては、危機管理室との連携を図り、全庁的な行政執行適正化推進委員会で個別事案に対する方針を決めていく仕組みとしております。

 申し上げるまでもなく、行政としての公平性あるいは公正性を確保する上では、法令の遵守、コンプライアンスが極めて重要であると考えております。この具体的な方法といたしまして、個々の事案の火消し役、つまりガードマンとしての役割を危機管理室が果たすという考え方には立っておりません。むしろこうした不当要求に対抗し得る職員の意識改革、そして組織体制の確立を図るということが極めて重要であると認識しておりまして、そのために個別事案に対する相談や助言、あるいは職員に対する研修を繰り返し行ってきたところでありまして、今後ともさらに努力をしてまいりたいと考えておりますので、どうぞ御理解をいただきますようお願いいたします。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 都市建設部長。



◎都市建設部長(高山文秀君)

 クリーンセンター建設について、公聴会での意見により都市計画決定の変更は行わないのかと、こういうお尋ねでございます。

 公聴会での意見は、今後行われる都市計画審議会に、要約ではございますがすべて報告することとなります。新クリーンセンター建設に係る今回の都市計画決定につきましても、通常の手続と同じでございまして、この都市計画審議会で審議を行い、結論を出すこととなります。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 クリーンセンター所長。



◎クリーンセンター建設事務所長(村上祐二君)

 私からは、運営費について、新施設の運営費が現在の1市4町の運営費に対してどういうふうになるのか、安くなるのかということについてお答えいたします。

 現在、組合の1市4町では4施設が動いております。それに加えまして、美咲町の旧旭、旧柵原は別のところで処理をしておりまして、負担金を払っておる状況でございます。そういうことから考えますと、人件費については1カ所にするわけですから、これは安くなるということでございますが、その他につきましては、現時点で熱回収施設、リサイクル施設についての入札限度額が確定した状況である、そして最終処分場、リサイクルプラザを含む管理棟、還元施設等の管理計画はこれからでございますので、現時点での経費の比較ができないということになります。今後、それぞれ施設の詳細を決定しまして、全体運営費の抑制に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 28番、末永弘之君。



◆28番(末永弘之君)

 まず、置いとりました財政難の問題ですが、市長に見解をお尋ねします。

 過去、日本全国が大型開発事業一辺倒、津山でも流通センターやアルネ、その時々に私どもは単なる反対、批判をしただけではなくて、代替案、改善案を提案してきたわけです。しかし、その多くは共産党の言うことだと耳を傾けなかった。何でも賛成の多数の議員の力で押し切ってきた。この政治の基本の流れが、今日の津山市も含めて全国の財政難をつくり出してきた要因の一つ、こう思えて仕方がないんです。この反省が必要、ここにメスが入らないと、本当の意味の改革は難しいのではないかと指摘し、こういうことについての市長の見解をお聞きします。

 アルネ問題。考えてみれば、宮地さんがそこへ市長でおられるということは、リコール運動があって桑山さんが誕生して、そしてそれへの批判が強まって、あなたがそこへ座っておる。決して無縁ではないんですね、アルネと。アルネがなかったら、失礼ですが、ひょっと宮地さんは市長がなかったかもしれんとまで言えると思うんです。市長はこの鑑定の結果を見て、個人の意見で結構です、どのように思われますか。

 特に権利者は、答弁にもありました、いろんな結論が出たのは事実ですが、一部幹部のやった不正流用の後始末で権利を全部失ってしまった。そして、津山市民は税金でその権利を買って、不正流用の穴埋めをしたんです。こうした事態を市長どう思われますか、お尋ねします。

 暴力団排除条例、本当に実効力があるものにしないと、暴対法ができたけれども何にも変化が起こらんがなと、条例ができただけだがなと、これで時が流れたら、今度は暴力団のほうが楽になって、また勢力を伸ばしてくる可能性があります。名前など何で公表しないのか、どう答弁を聞いてもわからんわけです。それらしい人、うわさだけの人、相手が名乗った人だけわかっとってはいけんと思うんです。変な話ですけれども、それらしいんじゃないかというみょうちくりんなうそのうわさも含めてあった人があるとすれば、それはかえって迷惑じゃないかな。その迷惑を取り払うためにも、正式に県警から名前を発表させたら、そういう疑問が消えてしまうでしょうがな。すっきりとしてほしいんですが、だれか答弁をしてください。

 次に、危機管理室の問題。各部局に執行責任者を置いとると、窓口職員がもっと力を持ってほしいと。さっきも言いました、市の職員は皆それぞれ頑張っとんですよ。特に、部長、勘違いしたらいけんのは、あなたも含めて一般職は、目いっぱいかどうか知りませんが、それぞれ職務を持っておるんでしょうがな。これにガードマンの能力を身につけて、ガードマンの力つけさす、何ですか、それは。今の津山市の危機管理室の悪い体質がこの考えにあると言わなくてはいけません。

 アドバイザーとは、これは不思議でした、すべての辞書を引いてみられ、みんな帰って。忠告者、助言者、顧問、この3つの言葉しかないんです。大抵なら多少ニュアンスの違いを辞書によって書いとんですけど、これは5つ辞書を調べましたが、全部この3つの言葉しかありません。

 危機管理室がまさにその道の専門官であって、いざというときに職員の支えになってガードする必要があるんじゃありませんか。アドバイザーならば、市政アドバイザーと同じように必要なときに来てもらって、研修のコーチをしてもらやあよろしいがね。何をあんた方は考えとんならな。アドバイザー、よくぞ言えたね、そんなことが。

 一般職は、それぞれ割り当てられた職務が手いっぱいあると私は思っとんです。すべての職員が不当要求に直接対応するガードマンになれるような津山市の職員、とてもできりゃせんと私は思うんです。資質を身につけえという教育はええと思うんですよ。しかし、危機管理室が後ろへおるんだろうと思うて振り向いたら、部長、おまえ頑張れと、何ならな、これは。現に久米支所から相談があったときに、あんたらは何を言うとんならな。癖になるまで言うたんじゃないんかな。資料をここへ出されえや、久米に指導した文書を。何を書いとるか読んでみられ、市長。僕がくれと言ったらくれんから困っとんじゃ。話に聞いただけで。どうもお粗末きわまりないと言っとかにゃいけません。

 ガードマンの資質を職員が身につけるんじゃなくて、その力を持っとるのが警察官という現職を置いた危機管理室。現職の警察を何で置いたんならな、人件費まで出して。価値観が問われますよ。

 一組の場合も、組織が違うという認識をあなた方は言わなんだかもしれんけれども、3つぐらいの圏域の職員に聞いたら、大体そういうふうに思うとる。組織が違うけん、おまえらで頑張れと言われると。相談しょうにもしにくい、できん、こうなっとんです。

 こういった津山市が関与しておる一組も含めて、危機管理室がどうにもならないと判断をして、ここが肝心なんですよ、管理室に相談があった事案は全部管理室が受けると、これがないからおかしいと言っとんですよ。相談したら頑張れしか言わんのじゃけん、困ったもんじゃ、あんたらは。そんな組織があるもんかと言いたいんです。ガードマンの専門官、こうなっていくべきは危機管理室。アドバイザーだけではいけません。もう一遍答弁してください。

 さて、領家の問題。先送りの問題から言います。裁判はちょっと長期化するから別と思ってもいいと思うんですが、その他のことは市長、そういう問題が解決して、例えば申請書は白紙にはならんけれども、これにかわってこういうふうにしますという結論が出て、それから事業推進すべきだと言っとんですがな。事業を推進しながら、こっちでいろいろ考えようるけん、それでえかろうがなというような論理は成り立たん。これを先送りというんです。こう言っとんです。

 さて、どこまでがどうなのか、全く確証があるわけではありません。しかし、5年前に私が初めて領家に招かれたときは、20億円の地元還元金の話と、先ほど言った2,000万円、5,000万円の草刈りの話があったのは事実なんです。これを聞いて、利益誘導がそこにあると私は判断したんです。地元の人たちは、私が訪ねていったときにはその話を本当にしたんですから。利権絡みで個人が得をするような周辺整備事業であってはいけない、こう言うてみんなが嘆いとんですよ。答弁はこれから検討するということですから、ぜひ利権が絡まないような形というのをつくり出してもらいたい、このように言っておきます。特に、環境整備ということで、地元とのつながりなども危惧されております。

 さて、アルネについて、まああえて言えば判決が出るまで待たにゃいけんのかなという感じの答弁です。しかし、判決が出てからじゃ遅いことも私はあると思うとんです。例えばわかってることですけれども、国へ申請した書類の数字が問われてくる時期があるんですよ。そんなもの判決が出てからじゃ遅い、こう言っときますが、副市長、考えがあれば教えてください。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 末永議員の再々質問にお答えを申し上げます。

 流通センター、アルネなどを数の力で押し切ってきた結果が今日の財政難を生んだ、ここにメスを入れないと本当の改革にならないということでございます。

 私自身も議員の指摘のように、今日までの政治の基本的な流れがこのような負の遺産をつくってきたと、このように理解もいたしておるところでございます。

 それから、私が2年前に市長選挙に立候補を決意いたしましたのは、当時の市政のあり方について非常に大きな疑問を抱きまして、何としてもその市政の流れを変えたいと、こういう強い思いからでございました。その思いが対話と相互理解、心の通う信頼と責任の市政という私の政治信条でございまして、市長に就任して以降、これまでの間、市民の皆様や議会あるいは職員の声にしっかりと耳を傾け、対話によって理解を求めることで、それまでの強引な事業推進の手法を改めてきたつもりでございます。一口で言いますと、反面教師にいたしまして、私自身は努力をしてきたと、こういうふうに自負いたしております。今後につきましても初心を忘れませず、私の政治理念を全うすることで、市政に対する信頼を築いていきたいと、このように考えておるところでございます。

 また、鑑定結果についての私の思いはと、こういうことでございますけれども、実は正直言って大変びっくりしたというのが感想でございます。

 それから、アルネの住民訴訟における鑑定結果とこの問題についての私の見解をとのお尋ねでございます。

 当該住民訴訟につきましては、今回の鑑定結果を参考にしながら審理がなされまして、その上で司法の判断が出されることになると思っておりますので、先ほど来副市長が言っておりますように、現時点ではその判断を待ちたいというのが私の率直な気持ちでありますけれども、何とも言いがたい気持ちであるということもあわせて私の思いとして出させていただきたいと思います。

 それから、アルネの問題についてでございますけれども、十数年にわたります本市の重要な懸案事項でございまして、またそのことにつきまして住民訴訟が提起をされまして、当時の市長がリコールになった経過を踏まえれば、現職として非常にこのことを重く受けとめなければならないと、このように思っておるところでございます。

 さらに、本市を取り巻く状況を顧みますと、土地開発公社の整理を初め長年にわたる懸案が山積をいたしておりまして、これらの直面する課題を一つ一つ解決に導くことが、私に求められておる役割というふうに考えておるところでございます。

 したがって、アルネ問題につきましても、反省すべきは真摯に反省をし、今後の市政にその教訓を生かさなければなりませんけれども、アルネ自体につきましては、その機能をいかに発揮させていくかといった視点も、本市の将来展望を開くために一面では重要ということもございます。何とぞそういった面があるということも御理解をいただきたいと、このように思っておるところでございます。

 それから、迷惑施設の周辺整備事業に係る利権構造の排除についてということでございます。

 率直に言いまして、私は最近になりまして、5人ほどの方が一つのグループになりまして、非常に領家に介入してきたということがわかりました。これらがやっぱりそういった利権構造を持つ方々が起こした行動かなというふうに実は今感じておるところでございます。領家の方々につきましても、非常にそのことについては迷惑ではなかったのかなと、こういうふうにも思っておるところでございます。

 私自身は、事業を円滑に進めまして、周辺地域との協調を図るために周辺整備事業は必要な事業でございますけれども、利権が絡んだり、あるいは個人が得をすると言いましょうか、そういったものではいけないと、こういうふうに考えておりまして、事業の実施に当たりましては適正に対応してまいろうと、こういう気持ちでございます。

 それから、暴力団対策の質問でございます。

 名前などをなぜ公表しないのかということでございますけれども、先ほども答弁いたしましたとおり、あらかじめ名簿などの資料提供を受けて一般に公表するということはできませんけれども、今後も警察などと密接に連携をいたしまして、私自身も率先して暴力団排除に取り組んでまいる所存でございますので、どうぞよろしく御理解を賜りたいと、このように思っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 副市長。



◎副市長(大下順正君)

 アルネ住民訴訟でございますが、確かに議員が言われるように、アルネ津山につきましては国から補助をいただいております。したがいまして、先ほど議員の御指摘を踏まえまして、代理人であります弁護士と十分相談しながら適切に対応してまいりたいと考えております。

 以上であります。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(土居孝君)

 再々度の御質問にお答えをいたします。繰り返しに一部なるかもわかりませんけれども、御容赦いただきたいと思います。

 危機管理室は、相談の窓口だけではなく、ガードマンの専門官として全庁の苦情処理を扱うべきではないかと、こういう御趣旨での御質問だったというふうに思います。

 本市におきましても要綱整備、行政執行適正化推進要綱の整備や職員研修を軸に、これまで不当要求対応の体制強化を図ってまいったわけでございますけれども、最も重要なことは、職員による対応能力の底上げであるというように考えております。そのためには、不当要求の組織的対応はまず職場からという職員の意識の改革が必須でございまして、こうした対応能力の向上のために、職員みずからあるいは職場が研さんを積むように指導してきておりまして、個々の具体的な案件につきまして、まずは各職場の責任におきまして対応や処理をするべきものと考えております。

 最後に、本市の行政執行適正化の推進要綱の第1条で、この要綱の目的を掲げておりますけれども、少し紹介してみますと、本市の事務事業に対する不当要求行為等に組織的に対処し、その被害を未然に防止することにより、行政執行の適正化の推進、そして職員の安全を確保することを目的とするということを掲げておりまして、我々といたしましては、これまでどおりこの推進要綱の趣旨を十分職員が理解をし、さらに技術的な研修、研さんを積むことによって、この不当要求に対応する組織的な対応能力というのは向上していくものだと、こういうふうに確信をしているところでございまして、そういった努力を地道に積み上げてまいりたいと、こういうふうに考えております。以上、御理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 28番。



◆28番(末永弘之君)

 時間がありませんから簡単にいきますが、アルネ裁判について、指摘したように判決が出てから本格的な論議をしたいと思います。しかし、今から言えることは、裁判で述べておりますだれだれに損害賠償を求める、これだけで事がおさまらない。本当の意味の仕掛け人はまだ裁かれておらんのです。さらに、答弁にもありました国・県との関係、真水論までこれは発展する論議だと指摘をしておきます。

 クリーンの問題、厚生委員会でもうちょっと論議したいということだけ述べておきます。

 危機管理室の問題ですけれども、部長の答弁がありました。条例の1条の紹介もいただきました。職員の安全を確保する目的なんじゃ。自分がガードマンになって自分が確保せえと書いとんかな、そこに。職員の安全をだれが確保するんなら、危機管理室が確保してあげにゃいけんという、こう解釈はできんのかな。どうもおかしいんですよね。

 一般的に職員に能力を持たす、危機管理意識を高める、この研修をするなと言うとんじゃないんです。ちょっと延びますけどこらえてください、終わりますから。職員が窓口で対応できる限りしておると、この認識にまず立って、いよいよ困って危機管理室に相談したら危機管理室が出張れと、こう言っとんで、勘違いせんようにしてくださいよ。何もかも全部一からやれと言うたって無理なんじゃから、全部危機管理室に行くわけじゃないんですから。どうもあんたらの答弁聞きょったら、そういうふうに受けとめとるような気がしていけんのです。

 昨年の12月に、何遍も言います、久米支所から相談があったとき、君たちが対応能力を高めえと、それで対応するようにと、こういう方向で指導があったんじゃないんかな。資料をくれえと言よんじゃ、これを。

 一組は組織が違うからそっちで頑張れと、こういう機運をもたらしたんじゃないんかな。

 私が危機管理室の仕事は一体何だろうかと、横山問題をさばくために、調査するために、危機管理室と周辺整備事業と、括弧つき不当要求事件があるんじゃないかと思って調べた。その調べようる最中に警察が入ってきたから、ちょっと調査をとめにゃいけんようになった。資料をもろうた。そこからきょう問題にした久米の問題などがわかってきたんです。

 この動きで、職員の研修を深めることだけをあなた方は強調してきた。この話を聞いて、私は危機管理室は何様じゃと思うとんならというて、ここまで言葉を使うたんです。ほんまにあなた方は何様じゃと思うとんならな。職員が困りに困って相談して、その後ろ盾になってやるのが危機管理室じゃないんかなと私は言いたいんです。違うんじゃ、おまえらがガードマンになれと、こんなことが部長、市長、あるかな。

 いざというときに職員の支えになっていくのが危機管理室、こういうふうに指摘をして、市長にコメントがあれば答えていただいて終わります。済いません、長くなって。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 貴重な御意見を御質問をいただきました。端的に言いまして、ガードマンかアドバイザーかという話になっておるわけでございますけれども、この件につきましてはまた議員といろいろお話をすれば、話せばわかると、こういうふうなこともございますので、ひとついろいろとお話をさせていただきたいと、こういうふうに思います。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 以上で28番、末永弘之君の質問を終わります。

 次の質問を許可いたします。

 17番、森岡和雄君。



◆17番(森岡和雄君) 〔登壇〕

 失礼いたします。議長の許可をいただきましたので、通告に従いまして3点ばかり質問させていただきます。

 まず最初に、森林・林業行政についてお尋ねしてみたいと思います。

 森林の公益的機能の重要性が叫ばれてから久しく、特に京都議定書以来、二酸化炭素の排出を抑え、地球温暖化防止、低炭素社会の実現のために森林の再生を訴え、国、県、市も多くの予算をつけ森林整備に力を入れてまいりました。当津山市も平成23年度ベースで5,200万、24年度は5,800万の予算を組んでいます。厳しい財政の中で、国の補助に上乗せをしています。私は私なりに評価していますが、ことし4月1日より、今までとは全く違う法律が施行されます。

 昭和26年、森林計画制度が創設があり、昭和37年改正、昭和43年、森林施業計画制度の創設、昭和49年改正、昭和58年、知事が指定する市町村が森林整備計画を策定し、知事の承認を受ける制度を創設、平成3年、市町村森林整備計画の樹立対象を民有林を有する全市町村が策定、平成13年に改正があり、そしてことし4月の新制度であります。

 この制度は、森林整備地域活動支援交付金制度であります。今までの制度とは新制度は全く違うところは、国は森林経営計画並びに森林施業計画を向こう5年立て、それも30ヘクタールの団地化、大口林業家、認定森林所有者が属地的計画を立てた場合は特例で認める100ヘクタール以上、これら2例とも森林の所有者と森林施業委託契約書長期5年以上を締結しなければ、今後は一切国の補助は出さないということです。今までは雑駁に行政なり森林組合が計画を立てて国に提出していれば、枝打ち、間伐をした人が森林組合に頼み測量してもらって、半年後くらいに補助金が出てまいりましたが、今後は長期の委託契約書をとり、経営計画を立て、施業計画を30ヘクタールもしくは100ヘクタール立てなければ補助金は一切出ないという大変な新制度であります。不在村地主がふえ、今でも作業道がつけにくいときに、一体だれがこの新制度に対応した計画を立て山を守るのか、だれがこのことをしなければならないのか、見解と展望があれば答弁していただきたいと思います。

 2点目といたしまして、再生可能エネルギーについてお尋ねいたします。

 昨年の3月11日に起きた未曾有の東日本大震災までは、再生可能エネルギーは地球温暖化防止と低炭素社会実現という環境面から、京都議定書に基づき目指していたものが、震災後一変したように思います。原発の安全神話は崩れ、56基ある原発も、現在稼働しているのは原発2基と聞いております。ドイツは原発廃止を決め、世界の潮流もそのように進んでいくものと思います。

 私は、ここで原発廃止論を議論するものではなく、今日本を取り巻く経済状況、エネルギー事情を考えてみますと、日本のエネルギーはほとんどが外国に依存しています。3月1日からガソリンは8円上がり、電気代は中電が2円キロ当たり上げると申請を出しています。約1割に当たります。一般家庭も大変ですが、日本の中小零細企業の皆様は、今でも景気の低迷でなり行かず、円高で大企業は海外に移転し、その上消費税値上げという、日本はどうなるのかと心配していますが、心配もさることながら、津山市は生き残っていかなければなりません。津山市民は生き続けなければなりません。

 そこでお尋ねしますが、再生エネルギー、特に無限大にある太陽光発電について、津山市としての取り組みについてお尋ねいたします。

 昨年度は津山市は住宅用ソーラーパネルに対する補助が132件、1件キロ当たり3万円で、4キロを上限に補助し、ことしも1,320万円ほど予算を組んでいますが、私が提案、尋ねたいのは、国も県も事業として取り上げ、県は事業として1事業所当たり400万円を上限に、省エネルギー設備とセットで補助しています。効率がよい複層ガラスとかLED、ヒートポンプです。

 私は、津山市の経済を考えてみますと、今まで大企業の誘致ばかり望み、足元、つまり地元で代々頑張ってこられた中小零細の企業の皆様に頑張って生き抜いていただくために、行政として将来に向け今何ができるのか、どのように応援しなければならないのか。できることはいろいろあると思いますし、行政もできるだけのことはやっていると思います。しかし、今度の油と電気の大幅な値上げは、津山市の事業所はもたないのではないかと危惧し、地元企業が生き残るために、非住宅用ソーラーパネルの設置に、県と国と同じように補助をつけるべきではないかと思い、提案、質問させていただいております。いかがでしょうか。

 また、本年4月に国は太陽光発電の全量買い取り制度の料金と年数を決めると言っております。聞くところによりますと、キロ36円、10年間と聞いております。平成24年3月いっぱいに申請すれば、住宅用42円、非住宅用は40円と聞いておりますが、ぜひ補助制度を創設して地元企業を応援してみてはどうかと思います。

 また、津山市としては、他市に先駆け公共建物の屋根をメガソーラー企業に公募して、家賃で貸し出してはどうでしょう。税収をふやす意味でも大変よいことだと思います。小・中学校関係では教育委員会、財産管理では財政部ですか、税収の減少する中でどう思われますか、貸し出してはどうかと思います。答弁よろしくお願いいたします。

 3点目といたしまして、結婚支援について尋ねてみたいと思います。

 今、世界の大きな問題の2つは、環境問題と人口問題であります。世界全体で見れば人口は爆発的にふえる現象を起こし、食料不足が叫ばれ、アフリカでは飢餓と内乱で毎年何十万という子供たちが命をなくしています。反対に、我が国では逆に人口減少社会に突入し、明治維新のときには人口3,300万人、以後100年の間に高度成長とともに9,000万人がふえ、今日本の人口は1億2,800万人。人口問題研究所の推計によりますと、今後100年で日本の人口は9,000万人減り、明治時代に戻り3,000万人台になると予測されています。

 当津山市を考えてみますと、平成17年の合併時には11万1,000人いたものが、昨年の国勢調査では約3,781人減り10万7,000人、調査は5年に一度、これを10年で計算すると約7,662人で、管内で言えばほぼ勝北地区、久米地区がなくなる計算になります。10年で、1,300年続いた美作の国から町が一つずつ消えていく計算になります。本当に恐ろしいことです。人口減少社会は、他国の例を見ても衰退の一途をたどります。

 そのような中で、国も県も市も子育て支援に力を入れ、今当初予算を見ましても、また各種事業、窓口、本当に我々が育った30年代、40年代と比べ、よくもこんなに細部にわたってきめ細やかなサービスや制度ができているとある面感心もし、教育委員会、職員の皆様、教員の皆様に対して、その御苦労に対し心から感謝とお礼を申し上げなくてはならないのですが、教育に関し素人の私が素朴に思う疑問は、なぜ教育の専門家がこんなにいて、制度をつくり、窓口をつくり、サービスをし対応しても、なぜ今の現状なのか。問題行動全国一、学力ワーストスリー。家庭が悪いのか、社会が悪いのか、大変重い質問ですが、どこに、何に原因があるのかはっきりと答えていただきたいと思いますが、教育長いかがですか。答弁よろしくお願いいたします。

 また、国も市も子育て支援については本当に手厚く、今年度は小学校6年まで通院費助成と、財政厳しい中、本当によいことで評価しています。

 そこで、本題に入りますが、国も市も子育て支援に特化した政策ばかりで、子供ができる前の一番大切なことに結婚、出会いの部分で行政は無関心でいいのか、何もしなくてよいのか。子育てにしても教育にしても、手とり足とりきめの細かいサービスを行っているのに、一番大切な大もとに対して何もしないというのはどうかと思いますが、市長、関係部長、答弁よろしくお願い申し上げて、登壇での質問を終わり、あとは自席にて再質問させていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 森岡議員の御質問にお答えをいたします。

 結婚や出会いについての行政の取り組みはとの御質問でございます。

 2日目に公明党津山市議団の代表質問に担当部長から答弁させていただきましたように、1月29日に津山市主催によりまして、初めての結婚支援事業を実施をいたしたところでございます。参加者の皆さん方は非常に真剣に取り組まれていたという報告を受け、その姿に私も結婚支援事業はまさに切実な新しい行政課題であると、このことを再認識をいたしたところでございます。

 当日は、5組のカップルが成立をいたしまして、またその方々以外でもその後連絡を取り合っているカップルもおられるようでございまして、一定の成果があったものと、このように考えておるところでございます。

 今後につきましては、本市だけではなく、広域的な取り組みのほうがより一層効果があるのではないかと思っておりますので、開催内容等の検討も含めまして、津山広域事務組合の事業として提案をしてみたいと、このように考えておるところでございます。

 他の質問につきましては、それぞれ担当部のほうからお答えを申し上げます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 財政部長。



◎財政部長(西田秀之君)

 公共施設の屋根をメガソーラー企業に貸し出してはどうかという御質問でございました。

 現行の制度では、公共施設の敷地内でメガソーラー企業が売電事業を行うことにつきましては、電力会社の供給約款によりいろいろな制約がございます。しかし、市といたしましても財源確保対策といたしまして今後検討して、十分前向きなことを考えてみたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 森林法改正によります集約化を前提といたしました森林経営計画の立案に係る御質問でございます。

 御指摘のとおり、来年度より実施をされます新しい補助制度のもとでは、森林組合等の事業主体が森林所有者に施業の提案をして同意をいただいて、森林を面的にまとめて整備を行うという森林経営計画の樹立が必要となります。計画の樹立に際しましては、地元調整あるいは不在地主の調査など非常に多くの作業を必要といたします。材価の長期低迷による採算性の悪化から、森林組合等の事業主体も必要最小限の人員で運営をされているとお聞きもいたしております。人手不足による計画樹立のおくれから、森林整備の停滞あるいはそれに伴う地域経済の低迷などが非常に懸念をされると、そういったところでございます。

 津山市におきましては、森林経営計画の認定権者でございます。法に基づき計画作成に必要な助言あるいは指導、その他の援助を行うものとされております。計画の樹立に関し、森林組合等の事業主体に対し、本市としてどのような支援が可能か検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 教育長。



◎教育長(田村芳倫君)

 子供たちの現状につきまして、なぜ、そしてどこに、何に原因があるのかという大変重い御質問をいただきました。

 現在、昭和30年代あるいは40年代に比べまして都市化や核家族化が進行し、グローバル化、高度情報化、価値観の多様などが社会に大きく影響を与えております。これらを背景にして、人間関係や地域の連帯意識の希薄化、家庭や地域の教育力の低下などが指摘されるようになりました。これらすべて、社会全体に人と人とをつなぐ力が弱まったことのあらわれではないかというふうに考えております。

 このような社会の変化は、子供たちの学力低下や生徒指導上の諸問題にも色濃く影を落として、子供たちの自立や自己の確立が妨げられているのではないかというふうに考えられます。これらの事象は大人社会の反映でありまして、子供たちを点数だけで一面的に評価するというようなことではなく、子供の人格全体を受けとめて成長を支えてほしいと願っております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 環境福祉部長。



◎環境福祉部長(和田賢二君)

 太陽光発電システムの補助制度についてのお尋ねでありますが、津山市では地球温暖化防止、低炭素社会の実現に向けまして、市民アンケートでの導入意向が高かった住宅用太陽光発電システムについて、平成22年度から設置補助金制度を設けまして、家庭における温室効果ガス削減に努めておりまして、平成24年度でも継続実施する予定といたしております。

 また、国は、技術革新によるシステム価格の低下を受けまして、住宅用太陽光発電システムの余剰電力の買い取り価格を、1キロワットアワー当たり平成22年度48円から、平成23年度では42円に引き下げるとともに、設置補助金額も減額いたしております。一方、非住宅用の太陽光発電システムにつきましては、余剰電力の買い取り価格を、平成23年度に従来の1キロワットアワー当たり24円から40円に大幅に増額しまして、その普及が図られております。

 こうしたことから、再生可能エネルギー普及促進の観点からは、市単独での住宅用以外での補助制度は現状では考えておりませんけれども、議員からは中小零細企業の支援といった視点での御提案でありましたので、今後関係部署と十分連携を図って協議していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 17番、森岡和雄君。



◆17番(森岡和雄君)

 中島参与ね、先月の11日でしたか、市長も聞いといていただきたいんだけど、林野庁の課長が見えて、役所の人と久永議員と私と森林組合を含めた林業関係者で勉強をいたしました。その出席して新しい制度について学んだんですけど、事の重大さ、難しさを改めて感じたんですよ。そこで何を国が言ったか、林野庁の課長が。国は効果の上がらない施策はやめて、山の圃場整備をやる、ついてこれない自治体、森林組合、林家ははっきりと切ると申されました。私は、山がむちゃくちゃになってもかと質問したら、国がもたん、最後のチャンスだと、後がないとも申されていました。

 経営計画を立て、施業計画を向こう5年、林家をまとめて申請すれば、今まで以上にですよ、境界確認から立木調査、合意形成の活動費、路網整備費と、多岐にわたって交付されるんです。いわゆるあめとむちの制度です。

 私はこのことを学ぶにつけて、当市でもやるしかない。一体だれがやるのか。行政は責任があっても、現状ではやる力と体制はないと私は思っております。市長、部長、どう思われますか。

 それと、2番目の再生エネルギーですけど、初日に津本、中島議員の答弁、また津本憲一議員の答弁を聞いていまして、3月11日の前と今では全く状況が変わり、そのときの答弁は成長戦略という質問でした。成長戦略を飛び越えて、生き残り戦略にもうなっとんですよ。事を急ぐ重要重大課題になっていると私は思いましたね。

 油が8円上がって、電気代が大幅に上がって、個人向けが8%から10%、通るか通らんか別として、中小企業は17%、大手は20%以上、日本の電力会社10社がこういうふうなお話をされて、どこでおさまるかは別に、やっていけるのかどうか、津山の中小零細の企業がということを考えて、何も市長、ソーラー設備を私が行政にこう言うたからといって、全部負担じゃないんですよ。県や国の上に市が何ぼか上乗せをして、業者が生き残り、津山の業者が生き残り、雇用を守っていただき、税を納めていただく応援体制のことを私は言っとんであって、市長、その辺について、成長戦略を飛び越えて生き残り戦略になったと、この電気代、油代が上がって、津山の企業はもうもたん、ねえ。その辺のことを認識されて、関係部署と話をして、新たな制度、国や県の上に乗せてやっていただきたいということなんです。そして、地場産業の保護、育成と生き残り戦略として、早急な取り組みをお願いしたいということでございます。

 それと、結婚問題について、昨年結婚支援事業には50万円の予算をつけて、今も市長がおっしゃったように、ことし1月に行った会では50人ほどの参加を得て、結婚セミナー、自己紹介、交流会などの結果、5組のカップルが生まれたと、成立したと。大変すばらしいことで、このような事業を行政、広域事務組合、今市長も答弁の中で本当に広域でやったらもっと効果がある、そのとおりだろう。正面から市長取り組んで、最低、初めて1回やっただけでね、1回、そんなことじゃいけんです。私は、広域事務組合を中心にして、NPOも立ち上げたりして、年に6回、いいことを言やあ毎月、毎月結婚セミナーに特化した事業を来年から広域事務組合を中心にやっていただき、子供の声が絶えない津山にしていただきたいし、そして未来の津山を守っていただきたいと思うのです。

 多くの支援の中で雇用とか定住とか子育て、結婚というのは、厳しい財政の中で本当に努力を行政がしているというのは、私は評価しているんです。しかし、できた子供を大切にするのは当たり前でございますけど、子供ができなんだら大切にしようがないということで、一段の努力をお願いして、広域事務組合を中心に来年からはきちっと、できれば9月、ねえ、市長、行政は単年度決算ですけど、来年からと言わずに、急ぐことは、それで広域事務組合は大変お金を持っておりますので、よろしくお願い申し上げて、再質問にします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 森岡議員の再質問にお答えをいたします。

 山林・林業行政と施策について、森林経営計画はだれがやるのか、行政にはその力がないと思うがと、こういうような御質問でございます。

 森林経営計画につきましては、土砂災害防止などの森林の持つ公益的機能の発揮に寄与し、今後の津山市の森林整備における柱となるものと考えまして、その重要性は非常に強く認識をいたしておるつもりでございます。しかし、計画自体が森林組合などの事業体である以上、個々の事業体の責任で策定作業に取り組んでいただかなければならないこともございます。

 とは申せ、市は法に基づきまして助言、指導等の援助を行うように努めるものとされておるところでございます。現在の体制の中で可能な支援をしてまいりたいと、このように現在考えておるところでございます。

 続きまして、地場企業の保護、育成と生き残り戦略としての早急な取り組みをと、こういうお尋ねでございます。

 議員御指摘のとおり、非常に厳しい経済情勢の中、地元企業をいかに守っていくか、この課題については喫緊の課題でございまして、今回も議員の提案も含めまして、地元企業や雇用を支えるため最も有益な策は何かにつきまして早急な検討を行い、企業ニーズに適した策を講じてまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 また、CO2削減が地球的規模で論議をされております現在、環境配慮型の企業、特に経営基盤の強くない中小零細企業に対する支援策も検討課題であると、このように考えておるところでございます。

 結婚支援の問題につきましては、今議員のほうから非常に積極的なお話がございまして、毎月一遍というのはなかなか大変でしょうけれども、ひとつ先ほど申し上げましたように広域事務組合のほうで提案もしていきたいと、このように考えておるところでございます。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 産業経済部参与。



◎産業経済部参与(中島健君)

 私のほうからも、森林計画の策定に対する本市としての対応についてでございます。

 森林経営計画につきましては、津山市が本年度策定をいたしました津山市森林整備計画に基づき、森林組合等の各事業者が策定をするものとなっておりますが、本市は計画の認定権者でもございますので、その立場においてできる助成等を今後検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 17番、森岡和雄君。



◆17番(森岡和雄君)

 まあ、中島参与ね、まあ長期の委託契約をして、それから経営計画、施業計画、大変な仕事じゃわ、正直言うて。本当に1反や2反ある仕事を、本当に30町歩の面的にとらえて、不在村地主が半分、6割おる中で、それをもう任してくれという話はなかなか難しい、ねえ。行政にも指導責任じゃなくて責任があるんですよ。ある中で、ほんなら津山市の今の経営計画の中で、森林組合はこう言よんですよ、会うたら。もう今仕事が手いっぱいで、夜な夜な一軒一軒、東京、大阪まで出とる人を訪ねて判もらいに行くようなことはできん。なら、どうなるんならというたら、もうなるようにしかならんと言よんですよ。なるようにしかならんというて。それだったらもう、山が今もうがたがたになるでと、本当に。経営計画や施業計画を委託をとって出さなんだら、もう補助金が国は一切出さん、ついてこれんものは要らんというてはっきり課長が言うて、何とあんた、言いたいことを言う課長じゃなというて言うたんですよ。実際国がもたんと言よんですから。

 じゃから、津山市としては、私は市長にも申し上げるんだけど、やはり専門家というんですか、嘱託職員を本当に雇うて、森林組合に委託をして出向させて、とりあえず計画を立てて津山の山を守ってくれと、それしかないんじゃと。そうすればですよ、国から今まで以上の補助金は国はあめとむちで出すと、林野庁の課長がはっきり、すりゃあええがなと、出すがなと、せん者が悪いんじゃがなと、こういう極端に言うたらですよ、するしかないんです。

 真庭はことしの4月1日に向けて、もう全地区を回って合意形成の取りつけや計画の作成を準備をしょうります、もう済ませて。真庭は真庭でええんですよ。遅まきながらでも津山市も要するにですよ、中島参与を中心に森林組合と打ち合わせをさせて、いかにこの段取りをするかということが大切だということで、それで私はこう思うんですよ。そうすることが、この延長線上に、参与、信託制度というんがある、信託制度という。そういうふうになっていくんですよ。高齢者も不在村地主も安心して山を預けられ、団地化と集約作業によって収益を上げ、多面的機能と低炭素社会を実現し地球を守る、このような社会をつくっていかにゃいけん中で、本当に、これは本当に大切なことで、今までとはもう法律が全然違う。今までは今も言ったように、一応出しといて、後から申請したら銭くれよったんですよ、個人が、森林組合通して。それでよかったんじゃ。しかし、もう出さんと言よんですよ。

 それで、こんな計画がですよ、30町歩とか100町歩とかというようなものが個人でできるはずもないし、森林組合にお任せするしかないんです。お任せするに当たっては、人の派遣ぐらいせんと、森林組合もようせんし、できゃあせんと思うんです。早急にこの対応をしていただきたいというふうに思います。

 それと、ソーラーパネルの屋根の貸し出しね、今こう一定の制約があるというて財政部長言ようるけど、よう調べてみんさい。方法は何ぼでもある。私の友達が鹿児島で文化センターや図書館の上にしょうる、もう。しょうる、どんどん。貸して家賃を払うて。損じゃ。晴れの国おかやまでですよ、あいた屋根を貸す、遊休地を貸す、山を貸す、そして税収を上げる。早うせなんだら損じゃわ。調べてみんさい、あんたが知らんだけじゃ。ある。本当にあるんじゃから。あったらどうする。あったら減給するぞ、3割。

 それと、結婚支援ね。まあ、市長がもう申されたように、市長、今私がいろいろ歩き回るでしょう、いろんなところ、いろんな人の御相談受けたりして、御用聞きですから、ここへおられる27人は全部御用聞きですから。何と嫁がおらんのじゃと、婿がおらんのじゃと、おらんかと。あんたはいろいろ歩き回るんじゃけどというて、本当にまじめな人ほどなかなか出会いがない、本当に。津山高校行って、ええ大学行っておるんだけど、嫁がおらん、嫁の行き先がないんじゃと。それは大学へ出すけんじゃといって私はおもしろう言うたるんだけど、それはそれ、冗談として、本当に真剣に皆さん考えられとる。

 そういう中で、やはり津山広域の中で出会いの場をこしらえて、そこで本当に幸せになっていただきたいし、津山の将来を守る子供たちをどんどんつくって、その子供たちは、教育長はそのときにはおらんかもわからんけど、すばらしい子供にしてもらうというふうにしていただいたらええと。

 それと、もう一つ教育長ね、僕は教育長に、大変すばらしい人なんじゃけど、1つだけ思うことがある。何かというたら、ここへ答弁の中に、いろいろ諸問題、なぜなんならと言うたら、いろいろ諸問題があって原因がわからんと。いろんなこと上げた。しかし、市民全体が悪い、国全体が悪いと言やあしまいなんだけど、あなたと今井さんと行田さんは責任者なんじゃ。だから、要するに原因を特定をして、一つ一つ解決して結果を出すこと。細かいこと私わからんです。だから、一年一年やはり結果を出すことで、私自身もあれですよ、点数だけが子供のあれじゃないと思うて、それだったら私ら困るけんな、ほんま。いう中で、まあねえ、子供には、今の子供たちは夢や目標がないんじゃないんかな。そして、そのことを見つける教育をしていただきたいし、それから郷土愛をはぐくんだり、自分で物を考える教育なんか本当にどうなんかなと。

 例えば今回の議論でも、子供が今井さんが3日も休んだら大人がばたばたばたばたして、何でだろうか、何が原因があるんだろうか、ゆっくり子供に物を考えさす時間も要るんじゃないん。今時代が何ぼ速いとかスピードがあるというたって、もう子供が2日も休んだら、大の大人がみんな集まって右往左往してじゃ、何なら何ならとこう言うて。実際子供に、子供はどうしたいんかと、何が何でこうなんかということがゆっくり考える時間を、今井さん、あげなんだら、きょう休んだけん、あした結果を出せというて、そう簡単にはなかなかいかんで。ばたばたせえでもいいけん、ゆっくりしんさい、あんたも、なあ。

 そういう意味で、私は教育長には責任がございますから、一年一年結果を出していただきたい。どういう結果を出せとは私はわからんですけど、とりあえず結果を出す、そのことだけはお願いしときます。

 答弁を。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 森岡議員の再々質問にお答えをいたします。

 森林・林業の経験者が森林組合と協力をして計画策定などを行ったらどうかと、人的な派遣も含めてでございますけれども、先ほど申し上げましたように、市といたしましても計画策定に当たりまして可能な支援はしてまいりたいと、このように考えておるところでございます。必要な支援策でございますけれども、今後森林組合とこの対策につきまして協議をいたしまして、可能な方法を考えてまいりたいと、このようにも思っておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 17番、森岡和雄君。



◆17番(森岡和雄君)

 あのね、まあ財政部長ね、必ずあるから、この要するに屋根を貸して税収を上げて、教育であったりスポーツ施設、大会旅費、子供たちのですよ、そういうものに使うてやってください。今、大会、バス1台借り上げるの、皆さん皆困っとる。旧町村時代はやっぱり1校じゃから自由になったんよ。自由になって、頑張りなさいというて要るだけ出してあげよった。今はもう頭数でするでしょう。そしたら親御さんが一番困っとるから、早急に屋根をそういうふうにしていただきたいと。

 それから参与、そのことはもう十分わかってくれとるけんええんじゃけど、最後に僕は、私個人は平成2年に町会議員に出させてもろうて、私の町会議員時代というのはリゾートで明け暮れて、町を二分して、それで合併がまた二分して、ここで岡田支所長が、一緒に苦労した人が勇退される。一言言わせたって。



○議長(西野修平君)

 加茂支所長。



◎加茂支所長(岡田邦男君)

 議員には旧加茂町時代から本当にお世話になりました。ありがとうございました。

 私もここで満期定年を迎えるわけでございますけれども、退職後は市長が唱える笑顔あふれるふるさと津山というまちづくりの実現に向けて、一市民として何かお手伝いをしたいなというふうに思っております。大変ありがとうございました。



○議長(西野修平君)

 17番、森岡和雄君。



◆17番(森岡和雄君)

 ありがとうございました。

 まあ、支所長、私自身は要するに合併してから支所機能の充実と、そういうものを訴えてきた中で、本当言うたらやっぱりここで最後に本心を言うていただきたかったんだけど、上手なことを言うてどうならと、今の体制はということはあったけど、まあ、ああ言よんだからそれでよろしいけど。

 それと、最後に、私は今回の質問を通じて、市長、疲弊するふるさとの山や耕作放棄地を自然エネルギー、風力発電や太陽光発電によって再生したい、そして震災後、特に太陽光発電の必要性を感じ、無限にある太陽の恵みを皆で享受したらどうかなと。職員の皆様や市民の皆様と一緒に知恵と力を合わせてふるさとの再生を推進していきたいなと願って、今回の質問をさせていただいたんですけど、今回の質問で何もすべて市長、行政におんぶにだっこでよくなるはずがないというのは私はよくわかっているんです。

 市長は、関係者や市民の人に立ち上がっていただき、先導者になっていただきたいというふうな御答弁をどなたかのときにされてましたけど、市長がおっしゃる市民の盛り上がりを待つのではなくて、それも必要でしょうけど、市長、私は市長に思うのは何かというたら、市長の責任とか行政の仕事は、市民に火をつけることだと私は思うんですよ、市長。その気にさせて燃え上がらすことだろうと、そういうふうに私は市長や行政の、特に市長の仕事はそういうふうに考えております。市長がよいと思うこと、必要なら必要なこと、今やらなければならないことを熱く語り、また夢を語っていただいて、それを実現するための道筋と段取り、それが市長の仕事だろうというふうに私は思います。補助金はその水引きであって、入り口にすぎないと私は思っております。どうか市長、みずから熱く燃えて、津山の町も熱くしてくださることを最後に申し上げて、私の質問を終わります。市長、一言あったら。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 森岡議員から非常に私に対する思いといいますか、市長としてはこういうふうな心がけを持つべきだと、こういう非常に貴重な御意見をいただきました。私自身も3月2日でいよいよ折り返し点と、こういうようなことでございます。今議員が言われましたことを胸に刻みながら精いっぱい頑張ってまいろうと、こういう決意でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 以上で17番、森岡和雄君の質問を終わります。

 以上で個人質問は終わりました。

 これをもって通告による代表質問及び個人質問は終結といたします。

 ただいま議題となっております諸議案の審査につきましては、それぞれ所管の常任委員会に付託をいたします。

 この際、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は午後1時といたします。

                                   午後0時01分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後1時00分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。



△日程第2  議案第123号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」



○議長(西野修平君)

 これより日程第2に入り、議案第123号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」を上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第123号「津山市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、国家公務員の給与水準にかんがみ、津山市職員の給与の減額改定を行うための条例の一部改正でございまして、昨年の人事院勧告で示されました平均0.23%の引き下げ幅を拡大し、平均で約2%、給料表の減額改定を行うものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 質疑の通告がありますので、順次発言を許可いたしますが、当初の質問は登壇して行い、再質問及び関連質問は自席においてお願いいたします。

 なお、質問の持ち時間及び回数は、議会運営委員会での申し合わせを遵守するようお願いいたします。

 これより順次質疑を許可いたします。

 8番、山田誠君、登壇。



◆8番(山田誠君) 〔登壇〕

 御苦労さまでございます。

 私は昨日、私の心は冬景色という思いで立っておると申し上げましたが、きょうは日ごろお世話になっている職員さんの給与引き下げ、本当に断腸の思いでここに立ち、発言をさせていただきたいと思います。

 このるる皆さん方からも申し上げておられましたけれども、この政治経済情勢、本当に逼迫したものがございます。そうした中での提案、これも一つの世の流れであろうかと思うところでございます。この人の懐に手を突っ込んで話をするということは非常に心苦しい、ましてや職員の給料ということになりますと、生活権そのものにかかわることでございますので、私も慎重に言葉を選んで申し上げてまいりたいと思いますけれども、一方には税金ということもございまして、その向こうには市民の方々が控えておられる。先日も連合町内会から議員定数の削減、報酬5%以上の削減、そういう申し入れ書が来ておるような現状でございます。そういった裏には、相当厳しい市民感情も渦巻いているということを察知しながら、私たち議員は市民と議会、行政との間に立つものですから、その辺の御意見も入れながら質問、意見を申し上げていきたいと思います。

 何分にも残念なのは、この給与引き下げ、その前に私は、何回も重ねて申し上げますけれども、議員報酬の削減がまず一番にあるべきではなかったのではないかと思っているところでございます。そういう思いの中から、逐一質問を関連することも含めてさせていただきたいと思います。

 まず、当局は、こういった厳しい中、官民格差の現状をどのようにとらまえられておられるのでしょうか、お聞きをしておきたいと思います。

 それから、職員給与の引き下げ交渉経過、これにつきましてもう少し詳しくお聞きしておきたい。当局は何%引き下げの提案をされたのか、お聞きをしておきたいと思います。

 それから、それに伴いまして、先ほど説明もございましたけれども、職員給与の引き下げの根拠は何々があったのかをお聞きをしておきたいと思いますし、この条例については期限はついているのかもあわせてお聞きをいたしておきたいと思います。

 そしてまた、これを機会に、これまでも再三申し上げてきておることではございますけれども、能率給の導入をすべきではないんかということも改めてお聞きをしておきたいと思います。

 そしてまた、労働協約の見直しをする必要があるのではないか。この作州の現状から見てみましても、大きな企業でさえも50歳選択定年制、55歳、また58歳定年制、そういったことも次々と起きてきておる現状でございます。その辺からどういうお考えになっておられるのかもお聞きしておきたいと思います。

 そしてまた、これは関連することではございますけれども、職員の皆さん、仕事を通じてそれはまあよく頑張っていただいているとは思いますけれども、しかしいま一つこの社会貢献、こういったことに対する現状はどうなっているのでしょうか、お聞きもしておきたいと思います。

 さらには、関連団体、臨時職員の皆さん方との給与バランスについてもなかなか厳しいものがある中で、今回この給与減給はどのように波及するのかもお聞きをしておきたいと思います。

 最後に、今議会でも職員の意識改革、意識改革と頻繁に出ておりますけれども、その職員の能力向上策の一つは、私は議会委員会視察、会派の視察、政務調査費もあるというような中で、いろいろ議員は勉強されてきておられます。立派なことだと思います。けれども、職員の研修状態、こういったものがどうなっておるのか。

 私が1つだけ申し上げておきたいのは、議員研修等に議会事務局の職員が同行しなくても、その担当する部、課、ここらのまさに中堅若手職員、議員も成功例とか失敗例、そういった代表するようなところを選んで研修されておるわけでございますから、ぜひそういったところにも職員を同行し、刺激を与え意識改革を図る、そういったつもりはないでしょうか、お聞きをいたしまして、登壇での質問とさせていただきます。よろしくお願いします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(土居孝君)

 職員給与の問題につきましてお尋ねでございます。順次お答えをしてまいります。

 まず、官民格差の現状についてどのように考えているかとのお尋ねでございます。

 職員給与の官民格差の是正につきましては、人事院勧告に基づく国家公務員の給与改定に準拠しながら、岡山県や他都市の状況も勘案し、その都度見直しを行ってまいっております。昨年末の段階では、国が人事院勧告の実施を見送る方針であったために、本市といたしましてもその動向を見守ってまいりました。今回の職員給与の改定につきましては、人事院勧告による給料表の改定を含んだものとなっております。

 次に、職員給与の引き下げ交渉の経過についてのお尋ねでございます。

 職員給与に関する職員組合との交渉経過につきましては、1月13日の交渉におきまして副市長から提案をし、3回の交渉を重ねた後、2月22日に市長出席で5回目の最終交渉を行いまして妥結をいたしております。

 なお、提案内容につきましては、昨年の9月に人事院勧告で示されました基本給の0.23%の減額に加えまして、独自分として1.8%上乗せをし、合計平均2%の減額改定ということで提案をさせていただきました。今回は人事院勧告を上回る独自の削減を提案したところでございますけれども、職員の給与は生活給であることを考えれば、職員にとりましては大変厳しい内容であったわけでございますけれども、職員組合としても本市の置かれた状況を御理解いただきまして、妥結をいただいたものと考えております。

 3点目に、引き下げの根拠についてお尋ねでございます。

 この数年間、国家公務員の俸給表と比較をしたいわゆるラスパイレス指数が国より高い水準となっておりますことから、その解消に向けた削減を行うというものでございます。

 続いて、今回の条例案について、条例改正について、期限はあるのかというお尋ねでございます。

 今回の条例改正案につきましては、主に給料表を改定しようとするものでございまして、特例的なものではございませんので、期限等はありません。

 続きまして、職員の能力等に応じた処遇ということに関しまして、能率給を導入すべきではないかとの御質問でございます。

 他の自治体におきましても人事評価制度の一環として導入されていることは承知をいたしておりますけれども、導入する場合、職員の意欲を高め、また人材育成に結びつくものでなければならないと考えております。どういったやり方がよいのか、他都市の事例を含め現在研究を進めているところでございます。

 次に、職員の社会貢献の状況についての御質問がございました。

 これについては、それぞれの地域で町内会の役員あるいは消防団員として、またスポーツ少年団等の指導者などとして多くの職員が活躍をしております。また、ホルモンうどん研究会などにも職員がたくさんボランティアとして参加をいたしておりまして、まちおこしにも大きな成果を上げてくれているものと、大変ありがたく思っている次第でございます。

 続いて、関連団体や臨時職員とのバランスについてのお尋ねでございます。

 関連団体の中には、本市の職員給与を準用すると決めておられる団体もございます。これらの団体につきましては同様の措置がとられるものと考えております。また、臨時職員や非常勤職員の賃金、報酬につきましては、今回の改定の影響はございません。

 さらに、職員研修についてのお尋ねがございました。

 職員研修につきましては、本市の研修計画に基づきまして、基礎研修に加えて主任級、係長級などの階層別の研修、さらには技術職員、法制執務などの専門研修を実施しているところでございます。また、自治大学校や国土交通大学校、市町村アカデミーなどへの中・長期の派遣研修や、岡山県市町村職員研修センター、さらには岡山県の建設技術センター、全国市町村国際文化研修所などへの短期派遣研修に参加をさせております。また、社会福祉主事や社会教育主事など職務に必要な資格は、公費で取得をさせておるところでございます。さらに、自己啓発のための通信教育の受講費の補助を行うなど、職員の能力開発に努めております。

 最後に、議会の行政視察についての御質問でございました。

 これにつきましては、あくまで議会の場合は議会活動の一環で行われているというふうに理解しておりまして、職員が行政目的のために先進地視察を行うものとは趣旨が若干異なるのではないかと考えております。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 8番、山田誠君。



◆8番(山田誠君)

 ありがとうございました。ざっと御回答をいただいたわけでございますけれども、私は、市当局にとってこの官民格差とは、人事院勧告とラスパイレス指数だけを根拠に回答があったわけでございます。私は、この今の美作作州の置かれている状態からすると、まず言えることは、今回の回答は非常に大局観のない市役所内だけの論理で、市民への説明にはなっていないと思います。

 国のほうでは公務員改革による2割削減とか、公務員給与7.8%削減とか動いておりますけれども、この作州の現状から考えても、一つ深い配慮があるべきではないかと思います。津山圏域の賃金実態、ハローワークや経済団体のそういった調査を参考にしますと、年収は300万円を平均優に切っているというような状況もございます。2月の津山市広報を見ますと、職員の平均年収は612万円でしたか、600万円少々であったと思います。昨年よりは下がっておるのではございますけれども、余りにも差があり過ぎる。

 そしてまた、県職員、警察官、教員等のラスパイレス指数は91.9。少々変わっておるかもわかりませんが、県は財政非常事態宣言を発しておられますので、余計厳しいということでございましょう。けれども、40歳の職員の平均を比べると、月給で約3万円程度の開きがあります。そして、一般に言われていることに、職員の給与を下げると不平不満、働く意欲がなくなるということが申されております。そういうことになるかもわかりません。それでは、下げられた県の職員や警察官、教員がやる気をなくしておるのが現状でしょうか。私はその辺も見てみる必要があるのではないかと思います。

 それから次に、職員の社会貢献の状況でございますが、私の把握をしている範囲では、献身的に地域活動に貢献している職員も多数見受けられております。本当に頭の下がる思いでいっぱいではございますけれども、より大勢でのボランティア活動をいま一つ推進していただくことも願うところでございます。職員意識の改革を叫ばれております。学校を出て市役所に入り、職場の生活上、規律、規定、規範をもとに目の前の仕事をさばく、そういった毎日は大変であろうかと思いますが、ひとつ職場を離れた社会とのかかわりは、きっと変わった物の見方や考え方、また違った友達にも出会えると思うところでございます。

 こういったことを申し上げますと、能力のある職員の皆さん方は、もう既にやっとるよ、そういった例の中の一つがホルモンうどんではないんかとか、方々でPTAの役員さんとかスポーツ少年団の御指導とか大変お世話になっております。そういうこともある中で、なおこの場をかりてボランティア活動のお願いもしておきたいと思います。

 そしてまた、最後になりますけれども、連合町内会からも議会に対して定数削減、5%以上の報酬削減の申し入れも出ていることでございます。それらも勘案しながら、全体として市民に期待される議会、行政となるように、厳しい意見ではございますけれど、申し上げておきたいと思います。

 私は、2%はやや少ないというように感じているところでございますけれども、これまでが小数点以下の改定ばかりだったことに比べますと、整数が乗ってきた、そしてまた一気にやると生活権もかかっておるということで、まあしょうがない面もあるのかなということではございますけれども、なおこの先10年計画とかいろいろ立てていく中で、非常に厳しい状態が予想されておることも申し上げ、先ほど午前中の議員の言葉にもありましたが、成長戦略でなし、生き残り戦略の一つにも考えていただかなければいけない時代が来ているのではなかろうかと思います。ひとつ市民の携わることは5%の減額、またその他二十数%減額とかいろいろあるわけでございますけれども、市民は切る予算、そして使われている職員の給料は削る、しかし議会は残すと、こういうことにはならないことも強く申し上げて、質問を終わります。



○議長(西野修平君)

 総務部長。



◎総務部長(土居孝君)

 再質問にお答えをいたします。

 岡山県の職員給与などと比較をされながら、もう少したくさん下げるようにと、こういう御趣旨の質問であったように承っております。一般的に地方公務員の給与につきましては、職員の生計費と国や他の自治体の給与水準などを勘案しながら決定されることになっておりますので、岡山県内の他都市や類似団体も含め、幅広い団体を参考とさせていただいております。

 なお、今回の基本給平均2%という減額改定の率につきましては、昨年9月に出されました人事院勧告のマイナス0.23%に加えまして、津山市ではもちろんですけれども、岡山県内の団体でも初めての独自カット1.8%上乗せをさせていただいたものでございまして、その点については御理解を賜りたいと思います。

 岡山県の職員の給与カットについても触れられました。この県職員の給与カットにつきましては、御存じのとおりだと思いますけれども、これは県の財政構造改革の一環といたしまして、特例条例により期限を定めて実施されているものと承知しております。今回の本市の条例改正案とは趣旨が異なるものと考えておりますので、どうぞ御理解をいただきますようお願いいたします。

 以上です。



○議長(西野修平君)

 以上で8番、山田誠君の質疑を終わります。

 次の質疑を許可いたします。

 3番、秋久憲司君、登壇。



◆3番(秋久憲司君) 〔登壇〕

 議長の発言のお許しをいただきましたので、職員給与の削減について発言させていただきます。

 今回の職員給与の問題は、これまでの本会議でも触れられ、また先ほど山田議員からも御質問がございました。私自身は、職員の給与の今回の削減につきましては大いに不満が残る、このような考え方を持っておりますが、当局と職員組合との5回にわたる労使交渉の妥結の結果でございます。労使自治権は労働者の基本的な人権、生活権、生存権でございまして、これを尊重する立場に立ちますが、職員の身を削っての今回の協力の判断でございまして、これに対し市長が今後行財政改革にどのように真剣にこたえられていくのか、何点か見解をお伺いをいたします。

 まず、一般的な議論といたしまして、職員の給与は義務的経費でございます。雇用責任として雇用者が義務的にやはり確保する、そのような性質の経費でございます。また、民間の一般企業につきましても、民間の社長さんが経営努力を行って、やはり従業員の賃金はこれは守っていく、そしてもし経営困難に陥ったときは、これは職員の賃金に手をつけるというのは最後の最後の手段でございまして、いささか順番が違うのではないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。

 それから、先ほど部長答弁で、これはちょっと感想を述べておきますが、市の給与に準ずる市内の団体等、関連団体等非常に多ゆうございます。幾らかの影響があるというふうに答えられました。それから、本会議でも他の議員からも御指摘がありました。やはりこういった地域では、地場賃金、いろいろ中小零細の企業、福祉施設、農協等、やはり市の給与が水準が幾らかということを参考にいろいろ給料も決められているようでございます。簡単に市役所が2%減ったけん、うちも2%減じゃというような安易に相互に下げさえすればよいというような風潮になるのであれば、それが消費を冷え込ませ、そしてまた物価を下げ、そして労働強化を招く、このようなデフレスパイラルを助長するのではないかというふうに思います。

 もちろん適正な公務員の給与を議論することは、それは必要でございますけれども、やはり全国的な賃金体系、そして地方の賃金体系、そのような経済を大きく左右するような問題につきまして、下げさえすればいいんだというような安易な風潮はいかがなものかというふうに思います。

 さて、県下の市町村では初めての、また異例の職員給与の削減ではございますが、県内では岡山県職員の賃金カット、約10年間期限限定で行われております。その始めた当時の状況は、岡山県の財政調整基金の残金が20億円から30億円しかない、このような状況だったというふうに聞いております。また、禁じ手でもありますその他の基金にも手を出して、県は年度当初のもう予算が組めない、すれすれのせっぱ詰まった状態下での県の職員の賃金カットが行われました。

 一方、津山市は、今現在財政調整基金は残高が24億円、県のどうあがいても財源不足で予算が組めないといったような当時の状況ではないのではないかというふうに思います。

 一方、岡山県の当時の予算の、一般会計の予算規模は8,000億円、それに対しまして津山市は大体440億から450億ぐらいで推移していると思いますが、岡山県に比べて津山市の予算規模は約20分の1ぐらいではないかというふうに思います。当時、岡山県の財政調整基金が20億円から30億円しかなかったと、大変だったという当時の状況を津山に当てはめて考えますと、今津山市の財政調整基金が1億円か2億円しか残ってないんだというような状況に匹敵するというふうに思います。

 津山市は、先ほど述べたように財政調整基金が24億円あります。当時の県が職員の賃金カットを行った場合と比較すると、余裕があります。この段階で職員給与を真っ先に削減するというものではないでしょうか。岡山県はぎりぎりまで財政運営に努力し、最後に職員給与に手をつけました。このような県の給与削減の方法と比較して、津山市のとった職員給与の削減は著しく厳しい内容ではないのかと思いますが、いかがでしょうか。

 また、今回の給与削減によりまして、課長補佐級では在職中の給与削減額が約380万円、係長クラスでは概算でざっと300万円程度の削減になると思います。それに加えまして、退職金や退職後の年金に影響するなど、一生涯にわたる影響は大きいと思います。これが給与削減の真相だろうというふうに思います。

 人勧による削減に加え、このような独自の職員給与削減は、職員のモチベーションを著しく下げる要因になると思いますが、今以上職員が職務に邁進できる環境を市長はどのようにつくっていくおつもりか、お伺いをいたします。

 以上で登壇での質問を終わり、回答によりましては自席で再質問させていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 秋久議員の質問にお答えをいたします。

 職員給与に手をつけるのは最後の手段ではないか、また県の給与削減と比較して厳しいのではないかとのことでございます。

 今回の給与改定は、恐らく県下の市町村では例のない独自の削減を含むものでございまして、その意味では非常に重い内容の改定であったと、このように考えております。御指摘のように、県の状況と比較をすれば、現時点での削減は厳しいと言えるかもしれませんけれども、1月に発表いたしました財政計画が非常に厳しい見通しになったことなどを受けまして、まず職員が身を削ることをお願いをし、条例提案させていただいたものでございます。

 次に、今回のような削減は、職員のモチベーション低下につながるのではないかとのお尋ねでございます。

 議員御指摘のように、職員の生活への影響は大変大きいものがあると考えておりますけれども、多くの課題を抱えて行政運営を行っていくために、職員の一層の奮闘努力が必要であることは言うまでもございません。今後とも職員とは十分意思の疎通を図りながら、見直すべきところは見直すと、そういった立場で意見交換を図ってまいりたいと、このように考えておるところでございます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 御回答をいただきましたが、本当に県下の市町村では前例がないということで、私が心配しますのは、県下のほかの市町村に、津山もやったからよそも何かせにゃいけんのじゃないかというような安易な風潮が流れてくると、これがまたほかの県に広がるというような、経済に与える影響、また地域がやはり萎縮していく、そういうことを心配をいたします。

 しかしながら、職員もなお一層頑張れる環境を一生懸命市長がつくっていくということでございますので、ぜひとも頑張っていただきたいというふうに思いますが、職員は、先ほども話が出ましたが、日常的ないろんなイベントに職員ボランティアといたしまして、やはり市民の皆さんのいろんな活動を底辺で支える、そういったことを私は他都市の職員に比べ、長年地道にやっているというふうに評価を行っております。また、先ほども出ましたが、津山ホルモンうどん研究会に職員が一生懸命参加し、本当に遠くに行って雑魚寝して頑張ってくるというようなことで、津山市の知名度アップに一役買いました。また、そのことが経済効果も生みました。そして、津山を何とかしようというような市民的な盛り上がりも図っていったというように思いますし、本当に職員が情熱を持って市民と一緒に日々活動しているのではないかというふうに思います。

 今後は身を削って協力した市の職員の力を生かして改革に取り組んでいただきまして、当局の削減提案をじっと我慢し、ぐっとのみ込んだ職員の気持ちにこたえていただきたいというふうに思います。

 一方、岡山県は再来年、約束では再来年、職員の給与削減を復元する年が参ります。しかし、今の県の財政状況では難しいんではないかというふうに思います。しかしながら、県の職員の方々も、ここ10年ぐらいじっと我慢し、労使交渉で妥結し、協力を行ってきました。その結果、再来年を迎えるわけですけれども、非常に厳しい状況です。職員の給与を切るのはたやすい。しかしながら、それにこたえる当局の本当に性根の入った行財政改革をやっていただかないと、職員のそういった身を削っていった判断がやはり裏切られるのではないかというふうに思います。

 今、県の状態をよく見、そして今までの発想にないことをやはり真剣にやって、この津山市を元気な希望ある津山市にやっていただきたいというふうに思います。職員のこうした気持ちを肝に銘じまして、市長は体と命を10万人市民や職員に預けた気持ちで、誠心誠意、市政を全うしていただきたいと思いますが、決意のほどをお聞かせください。

 それからまた、市長は職員給与をカットした以上は、この財政について節目節目で、職員はもとより市民にも市の行財政の現状と取り組みについてわかりやすく説明をしていく必要があるというふうに思います。必要な場合は職員ともひざを交えて行財政改革について議論し合う必要があると思いますが、いかがでしょうか、お伺いをいたします。



○議長(西野修平君)

 市長。



◎市長(宮地昭範君)

 秋久議員の再質問にお答えをいたします。

 市政を全うする決意は、また市民への説明や職員の議論が必要ではないかとのお尋ねでございます。

 もとより私は、多くの市民の皆様の負託をいただきまして市政を担わせていただいたからには、いかなることもこの身に背負う覚悟で、皆様の御期待にこたえるべく取り組んできたところでございます。既に御案内のように多くの課題が山積いたしておりますが、その一つ一つに丁寧に取り組み、市民の皆様の声に耳を傾けながら、笑顔あふれるふるさと津山の実現に向けまして今後も全力を傾注する決意でございます。そのためには、市民の皆様方の御理解と御協力が不可欠でございますので、御指摘のように時宜を得た説明やあるいは情報提供により、本市の現状を理解いただきますことは大変重要であると、このように考えておるところでございます。

 なお、行革等の推進については、節目節目でというふうな御提案がございました。私自身もそうしたことを十分に心しながら頑張ってまいろうと、こういうふうに考えておるところでございます。

 重ねて職員とも前向きな議論を重ねまして、未来に向けまして夢と笑顔が持てるまちづくりに取り組んでまいろうと、このように思っておりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 以上でございます。



○議長(西野修平君)

 3番、秋久憲司君。



◆3番(秋久憲司君)

 今市長の決意をお伺いをいたしました。市長にはぜひとも全職員と一緒に手を携えて、一生懸命頑張っていただきたい、そして他都市にない行財政改革を遂行していただきたいということを述べさせていただきまして、質問を終わります。



○議長(西野修平君)

 以上で3番、秋久憲司君の質疑を終わります。

 以上で通告による質疑は終わりました。

 これをもって質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議案の審査につきましては、所管の常任委員会に付託をいたします。

 なお、議案第70号から議案第122号までの53件及びただいま議題となっております議案第123号の審査付託表は、お手元に配付のとおりであります。



△日程第3  請願第12号〜請願第18号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、請願第12号から請願第18号までの7件を上程議題といたします。

 これら請願書は、去る3月5日、今期定例会の会議の際配付いたしておりますとおりであります。

 この際、お諮りいたします。

 ただいま議題となっております請願7件の審査は、それぞれ所管の常任委員会に付託いたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よってさように決しました。

 審査付託表はお手元に配付のとおりであります。

 なお、審査付託表には議案及び請願をあわせて記載しておりますので、御了承をお願いいたします。

 これをもちまして本日の日程は終了いたしました。

 運営予定に従い、3月12日から14日までは委員会審査とし、お手元に配付いたしておりますとおり、各委員長の招集通知によって審査をお願いいたします。

 3月9日から11日まで、15日から20日までは休会とし、次の会議は、来る3月21日午前10時から議会運営委員会、11時から全員協議会、午後1時から本会議を開きます。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承を願います。

 本日はこれをもって散会いたします。御苦労さまでした。

                                   午後1時45分 散会