議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成24年 3月定例会 02月27日−01号




平成24年 3月定例会 − 02月27日−01号







平成24年 3月定例会



                              平成24年3月津山市議会定例会

                                    (会期 24日間)





             3 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表





┌───────┬───┬────────────────┬──────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │    会      議    │   備      考   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │全員協議会(午前10時)    │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│ 2月27日 │(月)│本会議開会(午前11時)    │議案質疑・一般質問発言通告の│

│       │   │ 会期の決定について      │締切り           │

│       │   │ 議案一括上程         │(午後3時)        │

│       │   │  市長の施政方針の説明    │              │

│       │   │  副市長の提案理由の説明   │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 2月28日 │(火)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 2月29日 │(水)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月 1日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月 2日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月 3日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月 4日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 5日 │(月)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 6日 │(火)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月 7日 │(水)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │常任委員長会議       │

│ 3月 8日 │(木)│議案質疑・一般質問(午前10時)│    (昼食後)     │

│       │   │                │委員会日程、付託案件    │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

│ 3月 9日 │(金)│                │              │

│       │   │議案委員会付託、請願委員会付託 │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月10日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月11日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│ 3月12日 │(月)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│ 3月13日 │(火)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │広報(午前10時)     │

│ 3月14日 │(水)│特別委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │議会活性化(午後1時15分)│

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月15日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月16日 │(金)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│ 3月17日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月18日 │(日)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│ 3月19日 │(月)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│ 3月20日 │(火)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議会運営委員会(午前10時)  │              │

│       │   │全員協議会(午前11時)    │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午後1時)     │委員長報告に対する発言通告の│

│ 3月21日 │(水)│ 委員長報告          │締切り           │

│       │   │  質疑・討論、採決      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │ 追加議案上程         │              │

│       │   │  市長の提案理由の説明、採決 │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議長あいさつ         │              │

│       │   │閉会              │              │

└───────┴───┴────────────────┴──────────────┘







                              平成24年3月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 〇平成24年2月27日(月)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 3 │選挙第13号 津山圏域西部衛生施設組合議会議員選挙            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 4 │選挙第14号 津山圏域消防組合議会議員選挙                │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 5 │選挙第15号 津山圏域資源循環施設組合議会議員選挙            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第 70号 平成24年度津山市一般会計予算              │

│     │議案第 71号 平成24年度津山市磯野計記念奨学金特別会計予算      │

│     │議案第 72号 平成24年度津山市食肉処理センター特別会計予算      │

│     │議案第 73号 平成24年度津山市国民健康保険特別会計予算        │

│     │議案第 74号 平成24年度津山市公共用地取得事業特別会計予算      │

│     │議案第 75号 平成24年度津山市下水道事業特別会計予算         │

│     │議案第 76号 平成24年度津山市農業集落排水事業特別会計予算      │

│     │議案第 77号 平成24年度津山市奨学金特別会計予算           │

│     │議案第 78号 平成24年度津山市介護保険特別会計予算          │

│     │議案第 79号 平成24年度津山市簡易水道事業特別会計予算        │

│     │議案第 80号 平成24年度津山市土地取得造成事業特別会計予算      │

│     │議案第 81号 平成24年度津山市後期高齢者医療特別会計予算       │

│     │議案第 82号 平成24年度津山市吉見山財産区会計予算          │

│     │議案第 83号 平成24年度津山市大崎財産区会計予算           │

│     │議案第 84号 平成24年度津山市田邑財産区会計予算           │

│     │議案第 85号 平成24年度津山市高田財産区会計予算           │

│     │議案第 86号 平成24年度津山市東一宮財産区会計予算          │

│     │議案第 87号 平成24年度津山市河辺財産区会計予算           │

│     │議案第 88号 平成24年度津山市水道事業会計予算            │

│     │議案第 89号 平成24年度津山市工業用水道事業会計予算         │

│     │議案第 90号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)       │

│     │議案第 91号 平成23年度津山市磯野計記念奨学金特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第 92号 平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第2 │

│     │        次)                           │

│     │議案第 93号 平成23年度津山市国民健康保険特別会計補正予算(第2次) │

│     │議案第 94号 平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第2次)  │

│     │議案第 95号 平成23年度津山市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│ 第 6 │議案第 96号 平成23年度津山市全本明正奨学金特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第 97号 平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第3次)   │

│     │議案第 98号 平成23年度津山市簡易水道事業特別会計補正予算(第1次) │

│     │議案第 99号 平成23年度津山市土地取得造成事業特別会計補正予算(第1 │

│     │        次)                           │

│     │議案第100号 平成23年度津山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第101号 平成23年度津山市水道事業会計補正予算(第2次)     │

│     │議案第102号 津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例 │

│     │議案第103号 津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第104号 津山市障害者施策推進協議会条例の一部を改正する条例    │

│     │議案第105号 津山市介護保険条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第106号 津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第107号 津山市県営土地改良事業分担金徴収条例及び津山市土地改良事業│

│     │        分担金徴収条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第108号 津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第109号 津山市営阿波公営住宅条例の一部を改正する条例       │

│     │議案第110号 津山市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第111号 津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する│

│     │        条例                           │

│     │議案第112号 津山市公民館条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第113号 津山市立図書館条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第114号 津山郷土博物館条例の一部を改正する条例          │

│     │議案第115号 津山洋学資料館設置条例の一部を改正する条例        │

│     │議案第116号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第117号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第118号 指定管理者の指定について                 │

│     │議案第119号 津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について      │

│     │議案第120号 市道路線の認定について                  │

│     │議案第121号 市道路線の廃止について                  │

│     │議案第122号 市道路線の変更について                  │

│     │〇一括上程                                │

│     │〇市長の施政方針の説明                          │

│     │〇副市長の提案理由の説明                         │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                              平成24年3月津山市議会定例会

                                   平成24年2月27日


監査結果報告一覧表
番号受付月日件         名
2723.12.26津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成23年11月分例月出納検査結果報告
2823.12.26津山市水道事業会計平成23年11月分例月出納検査結果報告
2923.12.26津山市工業用水道事業会計平成23年10月分例月出納検査結果報告
3023.12.26津山市工業用水道事業会計平成23年11月分例月出納検査結果報告
3124.1.25津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成23年12月分例月出納検査結果報告
3224.1.25津山市水道事業会計平成23年12月分例月出納検査結果報告






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │         │   │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 欠席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 都市建設部長  │  高 山 文 秀  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  西 山 公 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  常 藤 勘 治  │ 加茂支所長   │  岡 田 邦 男  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  土 居   孝  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  岸 川 洋 一  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部税制課長 │  福 島 康 弘  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  村 上 祐 二  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  高 宮 歳 雄  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部次長 │  井 上 純 輔  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

├─────────┼───────────┼─────────┴───────────┘

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │

└─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  金 島 真 一  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









○議長(西野修平君)

 市民憲章を斉唱いたしますので、御起立を願います。



△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 本日、平成24年3月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集をいただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は26名であります。遅刻届が岡田康弘君から出ております。

 これより平成24年3月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(西野修平君)

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告6件が送付されております。また、津山地域振興開発株式会社から第13期事業報告及び計算書類が送付されております。事務局に保管をいたしておりますので、随時ごらんをお願いいたします。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり6つの日程といたしております。



△日程第1  会議録署名議員の指名について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  3番  秋久 憲司君

  4番  原  行則君

の御両名にお願いをいたします。



△日程第2  会期の決定について



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、「会期の決定について」を議題とし、お諮りをいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において御内定となっておりますとおり、本日から3月21日までの24日間とし、会期中の日程は、お配りいたしております議会運営予定表のとおりとすることに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、今議会の会期は本日から来る3月21日までの24日間とすることに決定いたしました。



△日程第3  選挙第13号「津山圏域西部衛生施設組合議会議員選挙」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、選挙第13号「津山圏域西部衛生施設組合議会議員選挙」を行います。

 この選挙は、組合規約に基づき、津山市議会において欠員補充のため1名を選挙するものです。

 議会運営委員会及び全員協議会での申し合わせにより、選挙の方法は地方自治法第118条第2項の規定に基づき指名推選とし、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、さように決しました。

 この際、お諮りいたします。

 津山圏域西部衛生施設組合議会議員に山田誠君を指名することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって山田誠君を津山圏域西部衛生施設組合議会議員選挙の当選人と決定いたしました。

 当選人は議場におられますので、本席から口頭により会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。



△日程第4  選挙第14号「津山圏域消防組合議会議員選挙」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第4に入り、選挙第14号「津山圏域消防組合議会議員選挙」を行います。

 この選挙は、組合規約に基づき、津山市議会において欠員補充のため1名を選挙するものです。

 議会運営委員会及び全員協議会での申し合わせにより、選挙の方法は地方自治法第118条第2項の規定に基づき指名推選とし、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、さように決しました。

 この際、お諮りいたします。

 津山圏域消防組合議会議員に竹内靖人君を指名することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって竹内靖人君を津山圏域消防組合議会議員選挙の当選人と決定いたしました。

 当選人は議場におられますので、本席から口頭により会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。



△日程第5  選挙第15号「津山圏域資源循環施設組合議会議員選挙」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第5に入り、選挙第15号「津山圏域資源循環施設組合議会議員選挙」を行います。

 この選挙は、組合規約に基づき、津山市議会において欠員補充のため1名を選挙するものです。

 議会運営委員会及び全員協議会での申し合わせにより、選挙の方法は地方自治法第118条第2項の規定に基づき指名推選とし、議長において指名することにいたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、さように決しました。

 この際、お諮りをいたします。

 津山圏域資源循環施設組合議会議員に安東伸昭君を指名することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって安東伸昭君を津山圏域資源循環施設組合議会議員選挙の当選人と決定いたしました。

 当選人は議場におられますので、本席から口頭により会議規則第32条第2項の規定による当選の告知をいたします。



△日程第6  議案第70号〜議案第122号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第6に入り、議案第70号「平成24年度津山市一般会計予算」から議案第122号「市道路線の変更について」までの議案53件を一括して上程議題といたします。

 この際、市長から施政方針の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 本日ここに3月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用中にもかかわりませず御出席を賜り、まことにありがとうございます。

 平成24年津山市議会3月定例会の開会に当たりまして、新年度におけるまちづくりの基本的な考え方と主要施策の一端について申し述べ、引き続き議員各位並びに市民の皆様方の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 私は、平成22年3月の市長就任以来、政治信条として掲げました対話と相互理解、心の通う信頼と責任の市政を常に心がけてきました。就任後の8月から17の会場に出向いて市民と市長との地域懇談会を実施するなど、市民の皆様との対話を通じまして私なりに行政課題を整理し、市民目線のまちづくりに全力で取り組んだつもりでございます。この間、皆様方からいただきました多大な御支援や御協力のもとで職務に邁進できたことにつきましては、改めて感謝申し上げる次第でございます。

 市政をお預かりして3年目となる平成24年度は、任期の折り返し地点でもあります。初心を忘れることなく、笑顔あふれるふるさと津山を目指しまして課題の解決に正面から取り組んでいく覚悟でございます。

 今般策定いたしました第4次総合計画後期実施計画は、こうした私の決意をお示しする取り組みとして、子供たちや将来世代に大きな負担を先送りせず、夢をつなぐことができるよう、直面する課題に対処するための事業や、未来への投資につながる事業を盛り込むよう努めました。子育て世代の負担軽減など子育て支援に関する施策のほか、小・中学校施設の耐震化など安心・安全のまちづくり、先人から受け継いできた歴史文化を生かしたまちづくり方策など、重点的に取り組む分野を設けることで、選択と集中を意識した計画となっております。

 この後期実施計画は、第4次総合計画の仕上げとなります平成24年度から平成27年度までの4年間に取り組む主要な事業の実施計画であり、第5次総合計画につながる重要な計画となりますので、市民の皆様との協働のもと、笑顔あふれるふるさと津山の実現に向かう道しるべとして着実に実行してまいります。

 さて、昨年3月に東日本で多くの方が犠牲となりました未曾有の大地震は、重大な原発事故を引き起こすという、我が国の歴史上、類を見ない規模の甚大な被害をもたらしました。震災から1年が経過した現在もなお、多くの方々が避難生活を強いられていることを考えれば、一日も早い被災地の復興に向けて国を挙げて取り組まなければなりません。もとより厳しい国の財政状況の中にあっても、人、物、資金を最優先で被災地に集中させる必要がありますので、この復興に伴う地方財政への一定の影響は覚悟しなければなりません。

 さらに、長引く景気低迷下における今後の経済動向につきましても、欧州債務危機問題が世界経済に与える影響が懸念される中、少なくとも日本経済の急速な回復が期待できない現状から、地方都市の運営はますます厳しいものになることが予想されます。

 また、昨年10月に発表されました国勢調査の確定値や、先般発表されました国立社会保障・人口問題研究所による人口予測の内容を見ますと、地方だけでなく都市部においても人口減少が進む傾向が明らかとなっております。本市におきましてもこうした傾向が顕著となっておりまして、国勢調査の結果が前回から3,781人もの減少という非常に深刻な局面を迎えているため、子育て支援や定住促進などの対応が急務だと感じております。

 このように市政を取り巻く環境は一段と厳しい状況にございますが、より一層の選択と集中によりまして、夢のあるまちづくりに取り組んでまいります。

 私は、市長就任直後から、本市の最重要課題の一つであります新クリーンセンター建設事業に向かい合ってまいりました。関係住民の皆様との対話や、あるいはまた事業の検証を経て、施設の配置や規模などの見直しを行い、改めて領家地区で事業を推進することといたしました。平成27年12月の稼働に向けて、新年度は敷地の造成に着手するほか、熱回収施設やリサイクル施設の設計、建設、運営を包括的に行う事業者の選定に取り組んでまいります。

 また、150億円もの負債と多くの未処分用地を抱える土地開発公社の整理につきましては、自分の家庭の家計であればとても放置できない状態でございます。私は、将来を担う子供たちに課題を先送りすることを避けるために、国の時限措置であります第三セクター等改革推進債を活用して、抜本的な整理に取り組むことといたしました。国、県を初めとする関係機関との協議を経て、年内を目途に関連議案を提案できるよう鋭意取り組んでまいります。

 こうした大きな財政出動を伴う課題を整理しながらまちづくりを進めていく上で前提となるのが、健全で持続可能な財政運営でございます。そのためにトップとして実行を求められているのが、行財政改革でございます。平成22年度から平成27年度までの6年間を計画期間として取り組んでいる第9次行財政改革では、将来に責任を持てる持続可能な行財政基盤の確立を目指しております。

 公約として掲げ、平成22年度と23年度の2回実行いたしました津山市版事業仕分けでは、市民評価委員の皆様による判定結果の大半が要改善、一部については廃止という非常に厳しいものでありましたが、結果を最大限尊重して、対象事業や類似事業の見直しを行うとともに、職員の意識改革に取り組み、市民感覚を養うよう努めてまいります。

 また、市有施設の総点検を行うなど歳出の見直しに取り組むほか、遊休地の売却やあるいは企業誘致などへの取り組みによる自主財源の確保に努めます。

 私は常々、目指すまちづくりの将来像を笑顔あふれるふるさと津山と申し上げてきました。その町の姿を次のとおりイメージし、まちづくりを進めます。

 市民の皆様が先人のたゆまぬ努力によりはぐくまれてきた津山の歴史と文化を誇りとして後世に引き継いでいく、そこには人と人とのつながり、いわゆるきずながあり、温かみを感じながら暮らすことができる津山があります。その津山に住み続けたいと思い、津山を訪れた方がいい津山だなと感じ、この津山に住んでみたいと思うような町、すなわち歴史・文化を感じ、住み続けたい、住んでみたい津山であります。

 私は、このようなイメージを描きながら、次にお示しする3つのテーマをまちづくりの柱として掲げ、子供から高齢者まですべての市民が笑顔で活力を持ち、安心して暮らすことができる町を目指し、笑顔あふれるふるさと津山の実現に向けて取り組みます。

 1つ目は、働く場づくりであります。

 住み続けたい、住んでみたい町にするためには、雇用なくして定住なしと言われますように、雇用環境の充実が重要な要素の一つです。これまでにも雇用の場の確保に向けた企業誘致への取り組みとして、津山産業・流通センターや久米産業団地のインフラ整備、進出企業の立地に対する奨励制度の拡充などを行ってきたところであります。今後も引き続き災害が少ないなどの地域特性をセールスポイントとして、私自身のトップセールスを含めた企業誘致への積極的な働きかけを行います。

 また、4月から岡山県東京事務所へ職員を派遣することで、より一層の体制強化を図り、有益な情報収集に取り組みます。

 さらに、新産業の創出や農商工連携といった産業振興への取り組みを通じまして、雇用環境の充実を図ります。県下初となります津山市農商工連携推進計画を策定をし、地域の特産品や農産物の販路拡大、新商品の開発などにおける各産業分野の力を結集し、本市独自の施策を展開してまいります。

 具体的な取り組みといたしましては、つやま新産業創出機構におきましてつやま夢みのり認証商品の販路拡大とブランド化の推進、既存商品の改良や新しい認証商品の開発を進めていきます。また、製造業では、津山地域で高い技術力を有するステンレス産業が、太陽光パネルや液晶などの製造分野に生かされる取り組みを促進します。

 2つ目は、暮らしの安心づくりです。

 市民の皆様の身近な暮らしを支援し、安全で安心できる生活環境を確保することで、住み続けたい、住んでみたい町にしていきます。そのためには、子育て家庭への支援や福祉行政の充実など、日々の暮らしにかかわりのある施策に目を向けるとともに、防災機能の強化や防犯体制の充実により、災害に強く、そして犯罪のない明るく住みよいまちづくりを進めていかなければなりません。

 子育て支援の取り組みでは、子ども医療費助成制度を拡充し、これまで小学校3年生までを対象としていた通院分の医療費助成を小学校6年生まで拡大するほか、不妊症治療に対する助成に加えて、新たに不育症の治療に対する助成制度を創設いたします。

 また、県北における初めての取り組みとして、家庭の事情で児童の養育が一時的に困難となった場合に、保護者にかわって養育を行う子育て短期支援事業を実施いたします。

 防災機能の強化につきましては、東日本大震災を契機に全国で防災意識が高まる中、本市においても風水害や地震など災害に対する備えを怠ることなく準備しておく必要がございます。岡山県との連携を図りながら地域防災計画の見直しに取り組み、避難施設や災害対応物資の確保など物的な準備を含め、自然災害に加えて原子力災害などさまざまな災害に迅速に対応する組織体制と被災者支援システムの整備充実に努めます。

 さらに、災害による被害を最小限に軽減をするため、減災対策として町内会や自主防災組織との連携を強化することで、地域の防災意識を高め、災害に強いまちづくりを目指してまいります。

 また、子供たちにとりまして安全で安心できる教育環境を確保するため、小・中学校の耐震化事業を可能な限り早期に完了するよう、計画の前倒しを行います。

 テーマの3つ目は、にぎわいづくりでございます。

 本市の豊かな自然と歴史、魅力ある観光資源、そして県北の拠点都市における特色ある産業構造を生かした取り組みにより、歴史文化を感じることのできる文化的で豊かなにぎわいのある町にしてまいります。

 平成25年に美作の国建国1300年の節目を迎えますので、この100年に一度の機会をとらえて、美作地域全体の振興を図るため、記念事業を開催したいと考えているところでございます。平成24年度は、美作地域10市町村が一丸となって企画や準備に取り組み、地域内外に向けた情報発信を積極的に行うことで、機運の盛り上げを醸成してまいります。

 あわせて、B−1グランプリの誘致や本市の観光資源などの情報発信に努め、観光客100万人に向けた観光振興への相乗効果を上げるよう取り組みます。

 また、本市の玄関口でございます津山駅周辺の整備にぜひとも取り組みたいと考えております。津山を訪れる方を迎える空間としてふさわしい景観の創造と、往時のにぎわいや活力の再現に向けて、市民の皆様や関係機関の方々の協力を得ながら、国道53号の線形改良とあわせて早期の事業化を目指してまいります。

 同時に、元気で活力ある町なか再生に取り組むための中心市街地活性化基本計画につきましても、平成24年度中には国の計画認定を受けられるよう、関係機関との連携を強化し、計画内容や推進体制を見直します。

 それでは、第4次総合計画後期実施計画における主要事業を中心に、平成24年度に取り組む主な施策を第4次総合計画の5つの大綱に沿いまして順次申し上げます。

 初めに、「子育て支援と健康福祉の充実」、子育て、福祉、健康、医療の分野についてであります。

 将来世代を担う本市の子供たちが健やかに成長するよう、子育て家庭の支援に取り組み、乳幼児の健康を守るための各種予防接種事業や乳幼児健診、訪問指導による育児支援などを実施してまいります。

 また、関係各機関との連携を強化することで児童虐待の予防を図り、子育て家庭を支援いたします。

 さらに、幼稚園や保育園における子供たちの健やかな成長を支援するため、就学前における共通の教育・保育カリキュラムの作成や幼・保一元化、一体化施設の整備などを検討します。現在、国におきましても子ども・子育て新システムについて検討がなされており、こうした動向を注視しながら、よりよい環境の整備を目指します。

 成人の健康対策につきましては、うつ病予防など心の健康づくりを啓発するほか、生活習慣病やがんなど疾病の早期発見・早期治療の促進に向けて、各種健診の受診率向上を図ります。また、健康づくり推進地区を拡大して疾病動向を分析し、疾病の重症化を予防する取り組みを促進することで、市民の健康づくりと医療費の抑制に努めます。

 また、地域医療における救急医療体制に関しましては、医療機関、市民の皆様、行政それぞれの役割に沿った連携に努め、引き続き安心できる体制を確保してまいります。

 障害者施策につきましては、平成24年度以降の施策の基本となります障害者計画及び障害福祉計画に沿った施策の実行に努めます。具体的には、障害者相談支援センターの充実や訪問入浴サービス事業、障害者虐待防止に関するセンター機能の整備充実などに取り組んでまいります。

 高齢者施策につきましては、平成24年度から26年度を計画期間とする津山市高齢者保健福祉計画及び介護保険事業計画を定め、地域包括ケアシステムの構築を進めてまいります。

 さらに、市内168カ所で約4,000人もの高齢者の方が取り組んでおられるこけないからだ体操を拡大充実し、介護予防を促進いたします。また、高齢者の総合相談窓口であります地域包括支援センターについても、相談体制などの充実を図ります。

 老朽化が著しい養護老人ホームときわ園につきましては、井口地区への移転新築に着手し、高齢者を虐待から保護するための一時入所機能の整備や、災害時の福祉避難所としての指定を目指します。

 次に、「人づくりと文化の振興」、教育、人づくり、歴史文化、スポーツの分野についてであります。

 本市では、平成24年度から5年間に取り組む重点的な施策の方向性を盛り込んだ教育振興基本計画を新たに策定し、将来を担う子供たちが豊かな人間性を持って、人とのつながりを大切にする力を養うための教育を目指してまいります。

 教育環境の充実につきましては、小・中学校の耐震化事業とあわせまして大規模改修に取り組むとともに、少人数指導の充実を図るなど、質の高い教育環境の確保に努めます。

 また、障害がある子供の教育につきましては、北小学校の耐震改修にあわせて通級指導教室の整備に取り組み、平成25年度の開設を目指すほか、将来の社会参加と自立を目指した療育や医療関係者との連絡会を定期的に行い、就学前から義務教育終了までの継続的な指導と支援を引き続き行ってまいります。

 学校給食に関しましては、安全・安心で安定的に提供していくことができるよう、施設や運営面の課題整理に取り組み、計画的な整備を進めるとともに、食育の推進を図ってまいります。

 また、私学の振興につきましては、地域と共生する大切な教育機関として、引き続き支援してまいります。

 国際社会における人材の育成につきましては、友好交流都市でありますアメリカのサンタフェ市に中学生を派遣し、ホームステイや現地の中学生との交流を通じて異文化を体験することにより、将来世代が国際的な視野を養う取り組みを行います。

 青少年の健全育成につきましては、関係機関や健全育成団体との相互連携を図りながら、地域単位のあいさつ運動や清掃活動に取り組み、青少年が心豊かで健やかに成長するための環境づくりを推進します。

 男女共同参画社会の実現に向けましては、平成24年度中に第3次つやま男女共同参画さんさんプランの策定に取り組むとともに、地域の団体や企業への出前講座、女性の活躍の場を確保するための進路選択や就職支援のための講座などの啓発活動に努めます。

 生涯学習活動の推進につきましては、このたび久米公民館が完成をし、4月にオープンの運びとなりましたので、以前にも増して御活用いただけるものと期待しておるところでございます。また、平成24年度は、市内で唯一の公民館空白区域となっております市街地東部地区におきまして、新たな公民館の整備に着手をいたします。

 スポーツの振興につきましては、スポーツライフの充実と競技力の向上に向けまして、第20回の記念大会となる加茂郷フルマラソンや市民スポーツ祭などに取り組みます。また、ターゲットバードゴルフ場の18ホールへの拡張整備によりまして、公認大会の誘致などにも努めます。

 史跡津山城跡の保存整備につきましては、本丸を中心とした整備に継続して取り組みます。また、史跡美作国分寺跡につきましても、美作の国建国1300年を迎える古代史の学習拠点として、引き続き保存整備事業に取り組んでまいります。

 続いて、「産業振興と雇用の創出」、商工業や農林業などの産業と雇用に関する分野でございます。

 商工業の振興につきましては、厳しい経済情勢を背景に重要性が高まっております。先ほど触れました企業誘致やあるいは中心市街地の活性化に向けた取り組み、またセーフティーネット対策など本市の施策を効果的に活用し、商工会議所など関係機関との連携を図りながら、取り組みの強化を図ってまいります。

 農業政策についてでございますけれども、農地は農業生産のみならず、国土保全やあるいは洪水防止などの大きな役割を担っております。しかし、その一方で、農業従事者の高齢化が進み、担い手不足の問題が顕在化しているため、本市といたしましては、こうした問題を解消するため、集落営農組織による取り組みの支援を行うとともに、就農促進事業やつやま援農塾などの取り組みにより、認定農業者と意欲ある新規就農者の確保、育成を図ってまいります。

 また、平成23年度から戸別所得補償制度が本格実施されておりますけれども、農家の経営安定や農業の体質強化に向けた本市独自の自給率向上対策事業などにより、さらに効果を高めてまいります。

 さらに、深刻化しているイノシシやヌートリアなどの鳥獣による農産物の被害の軽減を図るため、引き続き防護さくの設置や鳥獣駆除に対する助成を行います。

 こうした継続的な農業政策の取り組みに加えて、平成24年度から農業用水路事業に対する地元負担率の軽減や、農業基盤の整備を推進し、基幹産業である農業の本格的な強化方策を実施してまいります。

 林業の振興につきましては、木材自給率向上と山林保全を目的といたしました搬出間伐に対する助成制度を創設いたします。また、引き続き地域産材を使用した新築木造住宅やリフォームへの助成を実施し、木材産業や住宅建設に関係する多くの地場産業の支援と地域経済の活性化を進めてまいります。

 次に、「美しい自然と快適空間の形成」、環境の分野についてでございます。

 東日本大震災で露呈をいたしました地震や津波など自然災害に対する原子力発電の脆弱性は、それまでの安全神話の崩壊につながりました。このことを契機として、全国で太陽光を初めとする再生可能エネルギーが一層注目されることとなり、民間事業者を中心とした積極的な発電事業の展開が各地で見られるようになりました。本市におきましても、五輪原地区で計画をされております風力発電事業の早期着手が実現できるよう、関係各方面への働きかけを行ってまいります。

 また、住宅用太陽光発電システム設置補助事業を継続し、一般家庭における温室効果ガスの排出削減の促進と、こうした取り組みの必要性の啓発に努めます。

 飲料水や生活水に関する取り組みとしましては、重要なライフラインである上水道の安定的な供給を図るため、平成27年度までの4年間で小田中浄水場の老朽施設を更新します。

 また、上水道が普及していない地域における水供給問題の解消を図るため、平成24年度は上横野の奥谷地区と峪地区で小規模飲料水供給施設設置事業に取り組むとともに、新たに一般家庭用浄水設備等設置補助事業を創設し、良質な生活水の確保を支援してまいります。

 ごみ処理施策につきましては、新クリーンセンター建設事業を平成27年12月の稼働に向けまして推進しておりますけれども、現在使用している焼却施設と資源化センターなどにつきましては、地元の方々の御理解と御協力のもとで円滑な施設運営を行うことができております。改めて、関係する町内会の皆様に感謝申し上げ、今後も適切な維持管理に努めてまいります。

 また、平成24年度から28年度までの5年間を計画期間とする第2次ごみ減量行動計画を策定し、平成28年度までの10%のごみ減量を図るため、市民、事業者、市民団体の皆様との協働により、目標達成に取り組んでまいります。

 最後に、「安全な暮らしと都市基盤の整備」、防災と都市基盤の分野についてであります。

 犯罪被害者の支援につきましては、犯罪被害者等支援条例が4月1日に施行されることに伴いまして、総合相談窓口を環境福祉部に設置し、相談者の心情に配慮してワンストップでの相談業務に当たるほか、関係機関と連携して市民の皆様の理解を深めるための情報提供や啓発活動などに取り組んでまいります。

 都市公園の整備につきましては、吉井川以南の市街地における拠点的な緑地として井口公園の整備に着手をし、あわせて一定の防災機能を持たせることで、地域の安全・安心の確保に努めます。

 また、鶴山公園の景観を復元をするため、老朽化した管理棟の撤去、雑木の伐採、北面の無電柱化を実施いたします。

 城東地区の町並み保存につきましては、より一層の景観の維持向上と観光振興を図るため、国の重要伝統的建造物群保存地区への選定を目指し、地元の皆様の合意が得られるよう取り組んでまいります。

 都市計画道路の整備につきましては、市街地へ集中する交通の円滑な分散と誘導を図る重要な中環状道路として、総社川崎線の山北工区、沼林田工区の整備を推進します。

 また、県北地域の保健・福祉・医療の拠点づくりに欠くことのできない重要な道路であります河辺高野山西線の南工区につきましても、関係機関並びに地元の皆様の御理解、御協力を得ながら早期整備を図ってまいります。

 空港津山道路につきましては、都市間交通の基幹路線として早期整備が図られるよう、関係機関に強く働きかけていきます。

 陸上自衛隊日本原演習場の周辺整備につきましては、長年にわたって騒音などに苦しみながらも、自衛隊との共存への御理解をいただいている地元住民の皆様の御要望にこたえることができるよう、引き続き関係機関による特段の配慮を要請し、良好な生活環境が確保できるよう努めます。

 地域公共交通につきましては、小循環線バスの運行やデマンド乗り合いタクシーの試行に加えまして、新年度は西循環線バスや久米ごんごバス、福祉バスの運行についての見直しに取り組み、市民の皆様の利便性確保に努めながら、持続可能な地域公共交通体系の構築を図ります。

 以上、平成24年度の市政運営に当たりまして、まちづくりの基本的な考え方と主要施策の一端について御説明申し上げました。

 現在の社会経済情勢は、景気回復の道筋が不透明な厳しい状況にありますけれども、将来世代に課題や負担を先送りせず、夢と笑顔を継承できるよう、初心を忘れず、誠心誠意市民目線で市政に取り組んでまいります。

 5月22日に開業予定の東京スカイツリーの展望台に、江戸時代の津山藩松平家のお抱え絵師鍬形?斎が描きました「江戸一目図屏風」が複製展示されることになり、全国的に注目を集めております。また、スカイツリーの開業にあわせまして、江戸東京博物館や大阪歴史博物館の特別展に「江戸一目図屏風」の実物展示が行われることとなりました。先人が私たちに残してくれた財産が、今このような形で津山の情報発信に一役買っているさまもまた、夢と笑顔の継承でございます。

 私は引き続き、市民の皆様が夢を持って笑顔で暮らすことのできる町を目指しまして、全力で市政に取り組んでまいります。議員各位並びに市民の皆様により一層の御支援と御協力を賜りますよう心からお願いを申し上げ、平成24年度の施政方針といたします。ありがとうございました〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、副市長から提案理由の説明を求めます。

 副市長、登壇。



◎副市長(大下順正君) 〔登壇〕

 それでは、ただいま上程されました議案等につきまして御説明申し上げます。

 まず、議案第70号「平成24年度津山市一般会計予算」から御説明を申し上げます。予算議案につきましては、金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承いただきたいと存じます。

 さて、地域経済は、円高等の影響により企業の業績悪化、依然として厳しい雇用情勢が続くなど好転の兆しが見えず、本市の財政状況も市税、地方交付税などの一般財源収入が大幅な減額見込みとなる一方で、福祉関係の扶助費の増加などにより極めて厳しい収支不足の状況となっております。

 また、今後も土地開発公社の改革プランの実施や新クリーンセンターの建設事業など、多額の財源を必要とする事業が予定されていること、さらに合併特例期間が終了する平成27年度以降につきましては、地方交付税が5年間で段階的に縮減されまして、最終的には24億円以上の減額となることなどから、財政状況はますます厳しさを増すものと考えられます。

 したがって、今後の財政運営につきましては、これらの問題に適切に対処し、また第4次総合計画の後期実施計画の円滑な推進が図られるよう、行財政改革の取り組みを一層強めるとともに、財政構造の抜本的な見直しを行うことにより、財政収支の均衡を図ることが喫緊の課題であると認識いたしております。

 平成24年度一般会計当初予算の総額は419億2,000万円と、平成23年度当初予算と比較しまして14億円、率にして3.2%減の予算となりました。その主な要因としましては、小・中学校施設耐震化事業を平成23年度に前倒ししたこと、また市税、地方交付税など一般財源の減収見込みに対応するため、物件費等の経常経費の削減と事務事業の選択と集中により歳出総額の抑制に努めたことによるものでございます。

 なお、平成24年度は第4次総合計画の後期実施計画の初年度に当たり、厳しい財政状況ではございますが、主要事業として採択された事務事業につきましては、できる限り予算化を図るよう努めております。

 次に、歳出につきまして性質別に主なものを御説明いたします。

 普通建設事業費は、第4次総合計画の後期実施計画で採択された事業を中心に計上しておりますが、小・中学校施設の耐震化事業を平成23年度3月補正で前倒しして計上したこともあり、37億3,561万円、対前年度比約6億4,000万円の大幅減となっております。

 人件費は、職員給与費、議員共済費が減になったことなどから、約1億2,000万円減の74億7,701万円となっております。

 扶助費は、障害者介護・訓練給付費などが大幅な増額となりましたが、子ども手当が制度改正により約4億9,000万円の減となったため、約9,000万円減の90億337万円、公債費は約3,000万円増の60億20万円で、これらの合計でございます義務的経費は224億8,059万円、予算総額に占める割合でございます義務的経費比率は53.6%となっております。

 そのほか、物件費では、ふるさと雇用再生特別交付金事業の終了や緊急雇用創出事業の縮小、また経常経費全般について賃金、旅費、食糧費を中心に厳しく抑制を図ったことなどから、約4億5,000万円減の50億8,335万円、繰出金では国民健康保険や介護保険などで増額となりましたが、下水道で約1億5,000万円の減となったため、約5,500万円減の47億5,816万円となっております。

 次に、歳出の費目別に主なものを御説明いたします。

 議会費では、厳しい財政状況に配慮して議会運営費の自主的な削減を図っていただいたこともあり、約8,000万円減の4億909万円となっております。

 総務費では、すこやか・こどもセンターの空調設備の改修、日本原演習場周辺の民生安定施設整備事業、被災者支援システム整備及び県知事選挙の執行費などで33億6,289万円を計上いたしております。

 次に、民生費では、障害者介護・訓練給付費、地域生活支援事業、放課後児童健全育成事業、ときわ園の建設事業、子ども手当、また制度拡充を行う子ども医療費、生活保護費などで155億6,552万円の計上をいたしております。

 次に、衛生費では、救急医療対策事業、妊婦健診委託を初めとする母子保健推進事業、子宮頸がんやインフルエンザワクチン等の予防接種事業、焼却灰及び埋立ごみの処理委託、小規模飲料水供給施設整備費補助金などで34億674万円を計上いたしております。

 農林水産業費では、農作物の鳥獣害防止対策補助金、中山間地域等直接支払交付金、農地・水・環境保全向上対策事業、地域材利用新築住宅助成補助金などで13億7,648万円を計上いたしております。

 商工費では、地域公共交通活性化・再生総合事業、地方バス路線の運行維持、支所間バス運行等に係る交通改善推進費、企業立地雇用促進奨励金、商業基盤施設整備事業、美作国建国1300年記念事業負担金などで8億2,973万円を計上いたしております。

 次に、土木費では、総社川崎線を初めとする緊急地方道路整備事業、街路事業、津山駅周辺整備計画策定費、史跡津山城跡景観復元事業、井口公園整備基本計画作成費などで47億8,640万円を計上いたしております。

 次に、消防費では、津山圏域消防組合負担金、消防団運営費などで15億8,059万円を計上いたしております。

 教育費では、スクールヘルパー配置事業、学級安心サポート事業、小・中学校大規模改造事業、史跡美作国分寺跡公有化事業、津山東公民館整備事業、戸島食育センター改修事業などで42億3,340万円を計上いたしております。

 以上、歳出予算につきまして御説明いたしました。

 続いて、歳入について御説明いたします。

 まず、市税についてでございますが、市民税は個人分について年少扶養控除の廃止等により約5,000万円の増額としておりますが、法人分が企業収益の落ち込みや法人税率の引き下げから約1億1,000万円の減額となり、合計では約6,000万円の減額となります。

 固定資産税は、評価がえに伴う土地価格の下落などから、約4億円という大幅な減額となり、連動する都市計画税も約5,000万円の減額となりました。

 これらの結果、市税全体では約4億1,000万円減の124億5,622万円で計上いたしております。

 次に、地方特例交付金は、年少扶養控除の廃止に伴う地方税増収分の国と地方の負担調整措置により、子ども手当分など1億7,500万円が減となり、1,500万円で計上いたしております。

 地方交付税は、国勢調査の人口減少の影響などによる普通交付税の減額により、約3億2,900万円減の121億3,116万円で計上いたしております。

 国庫支出金は、小・中学校の施設の耐震化事業費の減などから、約6億4,000万円の減の53億1,304万円、県支出金は約2億2,000万円減の30億5,931万円を計上し、それぞれの事務事業に充当いたしております。

 財産収入は、市有地の売り払い収入の計上などから、約1億円増の1億3,795万円を計上し、繰入金につきましては、約4億8,000万円増の6億4,142万円を計上いたしております。

 なお、基金繰入金約6億1,000万円のうち4億3,000万円は、財政調整基金からの繰入金でありまして、市税や地方交付税などの一般財源の減収に伴う財源不足を補てんするものでございます。

 また、市債は、普通建設事業費の減などに伴い、1億4,500万円減の42億3,840万円で計上いたしておりますが、事業の財源として充当する通常分は約1億3,000万円減の約20億4,000万円、臨時財政対策債は約19億9,000万円となっております。

 なお、発行においては、合併特例債や過疎対策事業債など交付税措置のある有利なものにするよう配意いたしております。

 歳入に占める一般財源の総額は289億8,989万円となっておりますが、財政調整基金の繰入金4億3,000万円を除けば285億5,989万円となり、前年度と比較して約10億円の大幅な減となっております。

 このほか、債務負担行為といたしまして、ときわ園の整備事業、小・中学校の大規模改造事業など14件を計上いたしております。

 また、地方債については、義務教育施設整備事業費など42件について借入限度額などを計上いたしております。

 次に、議案第71号から議案第81号までの11件の特別会計の予算につきまして一括して御説明をいたします。

 特別会計の総額は267億189万円でございまして、対前年度比3.7%の増となっております。

 議案第71号「磯野計記念奨学金特別会計」では、奨学貸付金などで653万円、議案第72号「食肉処理センター特別会計」では、運営管理費などで1億595万円、議案第73号「国民健康保険特別会計」では、保険給付費などで108億2,711万円、議案第74号「公共用地取得事業特別会計」では、公共用地取得費で1,233万円、議案第75号「下水道事業特別会計」では、公共下水道施設の建設事業費などで53億9,766万円、債務負担行為として利子補給など2件及び地方債の借入限度額などをそれぞれ計上いたしております。

 次に、議案第76号「農業集落排水事業特別会計」では、農業集落排水施設の管理費などで2億2,667万円及び地方債の借入限度額などを計上いたしております。

 次に、議案第77号「奨学金特別会計」では、奨学貸付金などで911万円を計上しておりますが、当会計につきましては、平成24年度当初において全本明正奨学基金に富田氏からの寄附金を加え、新たに津山市奨学基金とすることに伴い、会計名を従来の「全本明正奨学金特別会計」から「津山市奨学金特別会計」に変更いたしております。

 次に、議案第78号「介護保険特別会計」では、保険給付費などで86億9,882万円、議案第79号「簡易水道事業特別会計」では、簡易水道施設の建設費などで2億2,262万円及び地方債の借入限度額を計上いたしております。

 なお、下津川簡易水道については、統合事業の完了により、平成24年度から上水道事業に移管されることとなっております。

 次に、議案第80号「土地取得造成事業特別会計」では、予備費522万円、次に議案第81号「後期高齢者医療特別会計」では、広域連合納付金などで11億8,983万円をそれぞれ計上いたしております。

 議案第82号から議案第87号までの6つの財産区会計予算につきましては、いずれも管理会費、林業費などでございまして、総額で1,166万円を計上いたしております。

 次に、議案第88号「平成24年度津山市水道事業会計」につきましては、44億6,566万円であり、前年度の当初予算対比で2.5%の増となっております。

 次に、議案第89号「平成24年度津山市工業用水道事業会計予算」では、3,364万円であり、前年度の当初予算対比で17.2%の増となっております。

 続きまして、議案第90号から議案第100号までの平成23年度補正予算関係議案11件につきまして御説明を申し上げます。

 今回の補正予算は、本年度最終予算として、事務事業の確定などに伴う経費を中心に編成いたしております。

 まず、議案第90号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第3次)」のうち歳出の主なものは、総務費では、早期退職などに係る退職手当を増額したほか、都市基盤整備事業基金4,016万円の積立金をそれぞれ計上いたしたことなどで、2億8,650万円の増額となっております。

 民生費では、国民健康保険会計への繰出金などを増額しましたが、子ども手当費などを減額した結果、1億6,315万円の減額となっております。

 次に、衛生費では、母子保健推進事業などを減額した結果、3,079万円を減額いたしております。

 農林水産業費では、肉用牛群整備増殖事業返還金などを計上する一方で、中山間地域総合整備事業などを減額した結果、1,275万円を減額いたしております。

 次に、商工費では、企業立地雇用促進奨励金などを増額し、中心市街地活性化協議会補助金などを減額した結果、2,286万円の増額となりました。

 次に、土木費では、交通安全施設整備等の道路整備事業などの減額により1億2,397万円の減額となり、消防費では、消火栓設置負担金などで397万円の増額となりました。

 教育費では、小・中学校の校舎等の耐震化事業について、国の第3次補正予算への対応として、北小学校の改築工事など新年度実施予定分を前倒しして計上したことなどから、19億4,468万円の増額となっております。

 諸支出金につきましては、土地開発公社の経営健全化支援のための補助金で2億4,600万円を増額いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、市税では市民税を減額する一方で、たばこ税は増額が見込まれることから、337万円を増額いたしました。

 地方特例交付金は、子ども手当制度の見直し等により2,896万円を減額、地方交付税は、臨時財政対策債との振りかえ調整により1億8,915万円を増額しました。

 そのほか、小・中学校の施設の耐震化事業の計上などにより、国庫支出金3億1,420万円、市債11億340万円などを増額して計上いたしております。

 なお、市債のうち臨時財政対策債については、地方交付税との振りかえ調整によりまして1億8,749万円を減額いたしております。

 また、財源不足を補うため、財政調整基金から繰入金3億9,000万円を計上いたしております。

 この結果、平成23年度一般会計補正予算(第3次)の補正予算額は20億80万円を増額し、予算総額は471億5,401万円となり、平成22年度の最終予算と比べて5.9%の増となっております。

 このほか、繰越明許費については、小・中学校改築事業など20件の計上を行い、債務負担行為では、社会福祉施設の整備等の補助制度に係る2件を追加いたしております。

 地方債の補正では、地域イベント支援事業費など17件を追加し、義務教育施設の整備事業費など13件について限度額を変更をいたしております。

 次に、議案第91号から議案第100号までの特別会計補正予算10件については、いずれも事務事業の確定に伴う補正でございまして、下水道事業特別会計及び介護保険特別会計では、繰越明許費を計上いたしておるところでございます。

 議案第101号「平成23年度津山市水道事業会計補正予算(第2次)」では、1,443万円を減額補正し、補正後の予算総額は43億4,082万円となっております。

 続きまして、条例議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第102号「津山市の基金の処分の特例に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、介護報酬の改定に伴う介護保険料の増加額の軽減を図るため時限的に設けられました津山市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の失効に伴いまして、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第103号「津山市税賦課徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、地方税法の一部改正に伴い、平成26年度から平成35年度まで個人市民税に500円を加算すること、及び市町村たばこ税の税率の割合見直し等について、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第104号「津山市障害者施策推進協議会条例の一部を改正する条例」につきましては、障害者基本法の一部改正に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第105号「津山市介護保険条例の一部を改正する条例」につきましては、介護保険法の一部改正及び第5期津山市介護保険事業計画の策定による保険料の改定に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第106号「津山市子ども医療費給付条例の一部を改正する条例」につきましては、津山市第4次総合計画の後期実施計画に基づき、本市の子供医療制度の充実を図るため、通院に係る子ども医療費の支給対象年齢を12歳へ引き上げるものでございます。

 次に、議案第107号「津山市県営土地改良事業分担金徴収条例及び津山市土地改良事業分担金徴収条例の一部を改正する条例」につきましては、土地改良法等の一部改正に伴い、条例中に引用する法の条項の移動について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第108号「津山市市営住宅管理条例の一部を改正する条例」につきましては、権限移譲に係る一括法による公営住宅法の一部改正に伴い、単身入居の制限について公営住宅法の規定が廃止されるため、同じ内容の制限を条例中に規定をいたすものでございます。

 次に、議案第109号「津山市営阿波公営住宅条例の一部を改正する条例」及び議案第110号「津山市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例」につきましては、阿波公営住宅及び特定公共賃貸住宅の管理に係る事務の円滑な遂行を図るため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 次に、議案第111号「津山市立小学校及び中学校の設置に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、障害者等の地域生活を支援するための関係法律の整備に関する法律による児童福祉法の一部改正等に伴い、知的障害児通園施設を廃止するものでございます。

 次に、議案第112号「津山市公民館条例の一部を改正する条例」につきましては、権限移譲に係る一括法による社会教育法の一部改正に伴い、公民館運営審議会委員の委嘱基準を定めるとともに、分館2館を廃止するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第113号「津山市立図書館条例の一部を改正する条例」、議案第114号「津山郷土博物館条例の一部を改正する条例」及び議案第115号「津山洋学資料館設置条例の一部を改正する条例」につきましては、権限移譲に係る一括法による図書館法及び博物館法の一部改正に伴い、それぞれの施設の協議会委員の任命基準を条例において定めるものでございます。

 続きまして、その他議案につきまして御説明申し上げます。

 議案第116号から議案第118号までの「指定管理者の指定について」につきましては、津山市食肉処理センター、音楽文化ホールベルフォーレ津山及び津山市立文化展示ホールの指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 次に、議案第119号「津山市過疎地域自立促進市町村計画の変更について」につきましては、平成22年度に策定した同計画と津山市第4次総合計画の後期実施計画との整合性を図るための計画変更に伴い、過疎地域自立促進特別措置法第6条第7項において準用する同条第1項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 議案第120号から議案第122号までの議案につきましては、市道路線について、高野山西地内路線ほか9路線を認定し、川崎地内路線1路線を廃止し、坪井上地内路線ほか13路線を変更することについて、道路法の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 施政方針並びに提案説明はただいまお聞きのとおりであります。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は運営予定に従いこれをもって打ち切り、明2月28日から3月4日までは休会とし、次の会議は来る3月5日午前10時から本会議を開き、議案質疑、一般質問を行います。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承願います。

 本日はこれをもって散会をいたします。

 大変御苦労さまでした。

                                   午後0時11分 散会