議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成23年12月定例会 12月20日−07号




平成23年12月定例会 − 12月20日−07号







平成23年12月定例会



                             平成23年12月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 7 号)



 〇平成23年12月20日(火)午後1時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │ 津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について          │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第43号〜議案第68号(26件)                  │

│     │ 請願第6号〜請願第11号(6件)(今議会のもの)            │

│ 第 2 │ 請願第2号(1件)(6月定例会のもの)                 │

│     │ 〇委員長報告(総務文教、厚生、産業、建設水道)             │

│     │ 〇質疑・討論                              │

│     │ 〇採決                                 │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 議案第69号 公平委員会委員の選任について               │

│ 第 3 │ 〇上程                                 │

│     │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇採決                                 │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │ 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について              │

│ 第 4 │ 〇上程                                 │

│     │ 〇市長の提案理由の説明                         │

│     │ 〇採決                                 │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇市長あいさつ

 〇議長あいさつ

 〇閉 会



                本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                                  平成23年12月20日



 津 山 市 議 会 議 員 殿



                        津山市議会議長  西 野 修 平







              議員派遣(緊急・閉会中)について





 津山市議会会議規則第160条の規定により別紙のとおり、議員を派遣したので報告する。







                   議員派遣事項



┌───────┬───────┬───────┬────────────────┐

│  派遣議員  │  派遣期間  │  派遣場所  │    派 遣 目 的     │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│       │平成23年  │大分県 佐伯市│第5回全国水源の里シンポジウム │

│       │       ├───────┼────────────────┤

│川 端 恵美子│10月26日〜│       │ワンコインながいきサポートについ│

│       │       │熊本県 八代市│                │

│       │10月27日 │       │て               │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│原   行 則│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│       │       │北海道    │                │

│       │平成23年  │       │下水処理センターについて    │

│       │       │   北広島市│                │

│森 西 順 次│11月14日〜├───────┼────────────────┤

│       │       │北海道 帯広市│十勝産業振興センター・食品加工セ│

│       │11月16日 │       │                │

│       │       │       │ンターについて         │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│秋 久 憲 司│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│津 本 憲 一│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│野 村 昌 平│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│西 野 修 平│   〃   │北海道 稚内市│新エネルギーについて      │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│木 下 健 二│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│竹 内 靖 人│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│       │平成23年  │       │                │

│       │       │沖縄県    │                │

│津 本 辰 己│11月14日〜│       │環境モデル都市行動計画について │

│       │       │   宮古島市│                │

│       │11月15日 │       │                │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│       │       │沖縄県    │                │

│       │       │       │環境モデル都市行動計画について │

│       │平成23年  │   宮古島市│                │

│       │       ├───────┼────────────────┤

│安 東 伸 昭│11月14日〜│沖縄県    │                │

│       │       │       │バイオマスタウン構想について  │

│       │11月16日 │   うるま市│                │

│       │       ├───────┼────────────────┤

│       │       │沖縄県 糸満市│庁舎の太陽光発電について    │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│田 口 慎一郎│   〃   │   〃   │       〃        │

├───────┼───────┼───────┼────────────────┤

│中 島 完 一│   〃   │   〃   │       〃        │

└───────┴───────┴───────┴────────────────┘







            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                  平成23年12月20日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 43号平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第 47号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第 48号議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第 49号津山市特別会計条例の一部を改正する条例〃  
議案第 59号津山市公民館条例の一部を改正する条例〃  
議案第 60号津山市奨学基金条例〃  
議案第 61号津山市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例〃  
請願第  8号「総合屋内25mプール」建設に伴う請願書採択賛成多数
請願第  9号新大型給食センター建設反対の請願継続審査  
請願第 10号30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の採択要請について採択  






             厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                  平成23年12月12日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              厚生委員長 津 本 辰 己 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 43号平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)のうち厚生委員会の所管に属する事項原案可決賛成多数
議案第 46号平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)〃  
議案第 50号津山市犯罪被害者等支援条例〃  
議案第 51号津山市斎場条例の一部を改正する条例〃  
議案第 52号津山市墓地等の経営の許可等に関する条例〃  
議案第 53号津山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第 63号指定管理者の指定について〃  






             産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                  平成23年12月12日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                              産業委員長 森 岡 和 雄 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 43号平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)のうち産業委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第 44号平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1次)〃  
議案第 54号津山市農業研修施設条例の一部を改正する条例〃  
議案第 55号阿波山村開発センター条例の一部を改正する条例〃  
議案第 56号津山圏域雇用労働センター条例の一部を改正する条例〃  
議案第 68号字の区域の廃止等について〃  
請願第  6号「姫新線坪井駅のトイレ設置」に関する請願趣旨採択  






            建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                  平成23年12月12日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            建設水道委員長 岡 安 謙 典 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 43号平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案可決  
議案第 45号平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)〃  
議案第 57号津山市下水道条例の一部を改正する条例〃賛成多数
議案第 58号津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例〃〃
議案第 62号津山市簡易水道事業給水条例及び津山市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例〃  
議案第 64号指定管理者の指定について〃  
議案第 65号指定管理者の指定について〃  
議案第 66号指定管理者の指定について〃  
議案第 67号指定管理者の指定について〃  
請願第  7号津山駅前地区に「公共下水道を早期に設置することを求める」請願採択  
請願第 11号市営住宅小原団地の解体撤去と跡地の有効利用に関する請願不採択  




 (継続審査中)


事件番号件          名審査結果摘  要
請願第  2号南部第一中継ポンプ場の伏見町地内設置予定の変更を求める請願書不採択  






                                     津総総第513号

                                  平成23年12月20日



 津 山 市 議 会 議 員 殿



                          津山市長  宮 地 昭 範







                 追加議案等の送付について





 市議会12月定例会に提出する次の議案等を、別紙のとおり送付します。



                      記



議案第69号 公平委員会委員の選任について

諮問第 3号 人権擁護委員候補者の推薦について







                                       議案第69号





                公平委員会委員の選任について



 津山市公平委員会委員に次の者を選任したいから,地方公務員法(昭和25年法律第261号)第9条の2第2項の規定により,議会の同意を求める。



                      記



1 住  所  津山市福田85番地8

2 氏  名  池 田 富 夫

3 生年月日  昭和19年8月17日





   平成23年12月20日提出



                             津山市長  宮 地 昭 範







                                        諮問第3号





               人権擁護委員候補者の推薦について



 人権擁護委員候補者に次の者を推薦したいから、人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定により、議会の意見を求める。



                      記



┌─────────────────┬─────────┬─────────────┐

│   住        所    │  氏   名  │   生 年 月 日   │

├─────────────────┼─────────┼─────────────┤

│ 津山市加茂町中原47番地    │ 真 木 健 一 │ 昭和22年11月 4日 │

├─────────────────┼─────────┼─────────────┤

│ 津山市安井902番地      │ 安 井 勝 也 │ 昭和17年 8月12日 │

└─────────────────┴─────────┴─────────────┘

   平成23年12月20日提出



                             津山市長  宮 地 昭 範







           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │ 北 本 周 作 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



           説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 特別理事    │  田 口 順 司  │ 都市建設部長  │  高 山 文 秀  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 地域振興部長  │  西 山 公 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  常 藤 勘 治  │ 加茂支所長   │  岡 田 邦 男  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  土 居   孝  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部参与   │  岸 川 洋 一  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  杉 浦 良 久  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  村 上 祐 二  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 学校教育部長  │  今 井 元 子  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  高 宮 歳 雄  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部次長 │  井 上 純 輔  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘



           職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  金 島 真 一  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場







                                   午後1時01分 開議



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 これより12月津山市議会定例会第7日目の本会議を開きます。

 ただいまの出席議員は28名であります。



△報告



○議長(西野修平君)

 この際、報告をいたします。

 地方自治法第100条第13項の規定による議員の派遣について、津山市議会会議規則第160条の規定に基づき、議長において別紙のとおり決定をいたしましたので、御報告いたします。

 本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり4つの日程といたしております。



△日程第1  津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告について」を議題といたします。

 この際、お諮りをいたします。

 議会活性化調査特別委員会委員長より、審査中の事項について中間報告をいたしたいとの申し出がございますが、これを許可することに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議会活性化調査特別委員会の報告を許可することに決定いたしました。

 議会活性化調査特別委員会委員長、登壇、報告を求めます。

 14番、竹内靖人君、登壇。



◆14番(竹内靖人君) 〔登壇〕

 議長よりお許しがありましたので、それではただいまから津山市議会議会活性化調査特別委員会の中間報告をいたします。

 当特別委員会は、本年6月定例会において、議会活性化の諸問題の調査研究を目的として設置をされ、おおよそ月1回、現在まで7回の委員会を開催し、各会派からの意見収集をもとに、委員会で調整を重ねながら調査研究を続けております。今回は、これまでの調査内容の概要について御報告をさせていただきたいと思います。

 まず、設置当初に調査項目の絞り込みを行い、その検討スケジュールを協議いただいたところであります。その調査項目は、1、議会のあり方、2、議員定数、3、議員報酬、4、議会運営、5、その他として、調査スケジュールについては、議会の活性化が継続的な取り組みであることから、平成25年3月を一応の目途として、結論の出たものから順次実施していくことといたしております。

 協議を進める中で、議会や議員を取り巻く風潮に対し、議会の機能や役割、議員活動とは何かという基本に立ち返って考えていく必要があるのではないかと、そういう意見が多く出されております。

 そこで、去る11月21日に議会改革等の現状と課題についてというテーマで、講師を全国市議会議長会の本橋謙治法制参事をお招きいたしまして議員研修会を開催いたしました。研修会では、議員多数の御参加をいただいた中で、地方議会に対する住民の評価、議会の改革、活性化に対する考え方について総合的な観点で講演を受け、議会基本条例や議会の改革、活性化について、具体的な他都市の事例ももとに、熱心な質疑応答も行いました。今後の調査研究に大いに参考になる研修会であります。

 次に、調査項目のうち議員報酬については、早期に結論が得られればと、条例改正などの法的手続を経て、新年度からの議員報酬に反映できるということで、他の項目に優先して協議をしてまいりました。

 議員報酬については、多様な意見を議会に反映させるために、相応の議員活動が可能となる報酬を最低限保障する必要もあるのではないか、また昨今の社会情勢などを勘案すると、議員報酬についても削減をするべき、さらには議員報酬ということではなく、議会費全体で検討するべきではないかなどさまざまな意見がありましたが、慎重に審査を行った結果、現在の議員報酬は現行どおりとするということで、当委員会では合意に至っております。

 なお、その議員報酬につきましては、議会の機能や役割などがその報酬の額と見合うものであるか、市民の皆様の視点で判断していくべきものであり、まず我々議会の活動を市民の皆様によりよく理解していただける方策や活動について、速やかに協議、実施していく必要があるとの意見も多々出されております。このことにつきましては、議会報告会や市民懇談会などといった議会の広聴広報機能の充実という観点で、今後議会のあり方という項目の中で検討してまいりたいと考えております。

 なお、参考としまして、本年の選挙から議員定数を4名減らしており、議員報酬では年間約3,000万円、そのほか旅費、政務調査費で年間約380万円、4年間の任期中における議員に対する削減効果額は、少なくとも約1億3,500万円となっております。議会費における議員報酬など経費の削減に取り組んでいるところであります。

 次に、その他という調査項目の中に含まれております議会費の内訳の分析と検討、旅費のあり方について協議をいたしました。このことについては、新年度の議会費について、議長室に調整もお願いをしておりましたところ、議会費の削減や旅費のあり方についても会派間で御協議いただくことができましたので、その結果についてこのたびの報告とさせていただくことといたしました。

 その中で、旅費についてですが、議員の活動には調査旅費、陳情旅費という旅費は必要不可欠なものと考えておりますが、津山市の厳しい財政状況をかんがみ、来年度予算の編成に当たっては、常任委員会、特別委員会の視察旅費を半減して、約270万円を削減することといたしました。また、議会交際費についても、実績等を勘案して30%カットとし、50万円を削減することと決しております。

 次に、議会運営についての項目では、当特別委員会で調査研究をすべき課題と、議会運営委員会等で検討いただく課題とに振り分けをいたしました。その検討項目として、従来からある仕組みの改善などは議会運営委員会、議長室に検討をお願いをし、当委員会では今までの議会運営にはなかった対面方式での質問や一問一答方式について、あるいは行政からの反問権など新規の課題について調査研究をすることといたしております。今後さらに、市民にわかりやすい議会運営を目指して、調査研究を順次進めてまいります。

 なお、政務調査費関係の項目につきましては、政務調査費経理責任者会議で調査検討をお願いしたことも申し添えておきます。

 当特別委員会では、今後も議会の活性化に取り組むために、継続して調査研究をしていく所存でありますので、皆様方にはより一層の御理解、御協力をいただきますようお願いいたしまして、中間報告といたします。

 以上です。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 調査特別委員会委員長からの報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで議事運営の都合により、しばらく会議を休憩いたします。

 再開は午後1時15分といたします。

                                   午後1時10分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後1時13分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより調査特別委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑の通告がありますので、順次発言を許可いたします。

 8番、山田誠君、登壇。



◆8番(山田誠君) 〔登壇〕

 議長の御指名をいただきましたので、質問、意見等を述べさせていただきたいと思います。

 まず、議会活性化調査特別委員会の皆さん方には、お骨折りをいただきまして、大変御苦労さまでございます。委員長さんもまとめが大変であったろうと思いますが、まずこの中間報告におきましては、本年度の選挙から議員定数を4名減らし、そしてまた議員報酬では年間約3,000万円、そのほか旅費、政務調査費で年間約380万円、4年間の任期中における議員に対する削減効果は、少なくとも約1億3,500万円となることはお伺いをいたしたところでございます。そしてまた、調査旅費、陳情旅費、そういうことにもメスを入れていただいておるところは評価をいたすところではございますけれども、さてそこで私は、どういった点が検討されていたのか、いま少し詳しくお聞きをしてみたいと思います。

 まず第一に、市長の報酬は30%カット、この提案に対しまして全員当時異議なしということでございました。であるならば、市長がみずから身を切られるのであれば、議会もそれに対して応じると、みずからの身を正すということは考えられなかったのか、お聞きしたいと思います。

 それから、この議会活性化調査特別委員会、この報酬等を審議する場合でも市民意見のアンケートをとっておられます。しかし、私どもの委員会では、ややもするとベテラン議員さんだけが構成委員になっておられます。私は、時期を逸しましたので、新人議員も入れるべきじゃということを時期を逸しましたので言えませんでしたが、アンケートはとるべきじゃ、またこの中間報告をするまでに、全議員の集まりで意見も聞くべきだということも申してきたところではございますが、まあその気はなかったのか、中間報告に一気に進んだわけでございますけれども、今後ともこのアンケート、市民意見、十分お聞きをして生かしていくという気がおありなのかないのかをお聞きしたいと思います。

 それから、岡山市では報酬、定数削減をしておりますが、その場合、委員長報告をお聞きしましたが、市民の意向が現下の厳しい情勢の中からそうであるならば、市民代表である議員こそがその意見に耳を傾けるべきだということで、定数、報酬削減を実施しております。

 そういう中で、さきの選挙におきましては、選挙公報、こういった中にも選挙公約や、またその他の場での選挙活動では、議員報酬の削減を十数名の方が訴えられておられます。10%あるいは私のような30%、そしてまた50%でもいいと言われておる議員さんもおられたと思います。そういった意見はどこまで委員会に出て届いているのかをお聞きしたいと思います。

 それから、活動費の削減が報告されましたが、御承知のように民間企業では旅費、宿泊費は実費支給となっている職場が多いようです。これらを参考にして、私は議員、職員ともに、この厳しい時代、再考する時期に来ているのではないか、その辺も検討されたのかどうか、お聞きしたいと思います。

 それから、これはちまたの話ではございますけれども、市民の皆さんからは、議員報酬の使途を明確にするため、何に使われているか、収支報告書の開示も必要ではないかという強い意見も寄せられてきます。収支報告書の開示、そういう御意見もあります。

 それからまた、報酬が少なくなれば出手がいないということも言われますが、次世代を担う若い市民からは、報酬が安くても、先輩が卒業されればあとは任せてください、そういう声も多数寄せられます。皆さん方も恐らく聞いてください、そういうこともあろうかと思います。

 そして最後に、先般の一般質問でも申し上げましたが、類似都市の佐久市では議員報酬34万9,000円。しかもその佐久市が、長寿都市日本でナンバーワン、さらには世界一の健康都市宣言をしておられます、そして目指しておられます。そういう立派な市の市議の報酬が34万9,000円、議員の最長の方は6期ということですから、私はやっぱし新しいまちづくりは若い者に任す、新しい人がやらないと、旧態依然とした状態が続くのではなかろうかとも危惧しながら、以上、四、五点、質問にかえさせていただきます。よろしくお願いします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 ただいまの質疑に対する答弁を求めます。

 14番、竹内靖人君、登壇。



◆14番(竹内靖人君) 〔登壇〕

 8番、山田議員さんの御質問にお答えをいたします。

 まず、本日、議会活性化調査特別委員会の中間報告をさせていただきましたが、特別委員会は6月に設置をされて、半年間に7回開催をいたしております。先ほど述べたとおりであります。その間、精力的に審議をさせていただいたと思っておりますけれども、まだまだ検討課題が残されておることも確かであります。今後も引き続き調査検討をしていくことというふうになっております。

 さらに、それぞれの課題については、各会派に持ち帰りということで御審議をいただいたものについて、整理をさせていただいたものというふうに理解をしているところであります。

 議員報酬については、先ほども申し上げましたけれども、各会派の意見を持ち帰り、種々議論がされておるというふうに思います。委員会の検討項目の中でも、一番時間を割いて検討した項目であります。議員から御指摘のありましたさまざまなことにつきましては、慎重に検討を進めてまいりたいと思いますけれども、類似都市との報酬の比較等もいたしましたし、報酬に見合う議会活動のあり方という点でも、根本に立ち返る議論をいたしているところであります。その結果が、本日の中間報告のとおりとなったわけでありますので、中間報告につきましてはそれ以上でもそれ以下でもございません。

 なお、山田議員から御指摘のありました市民アンケートや市民との意見交換会など、それぞれ今後の検討課題ということで当委員会で取り組んでまいりたい項目にも入っておりますので、今後とも議会活性化調査特別委員会に御支援、御協力賜りたいというふうに思っております。

 さて、市長の報酬につきましては、私どもで論議をすることにはなっておりませんので、申し添えておきます。

 以上です。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で通告による質疑は終わりました。



△日程第2  議案第43号〜議案第68号

         26件

       請願第6号〜請願第11号

         6件(今議会のもの)

       請願第2号

         1件(6月定例会のもの)

            (委員長報告・採決)



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、今議会付託の議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」から議案第68号「字の区域の廃止等について」までの議案26件、請願につきましては、今議会付託のもの6件、継続審査中のもの1件を一括上程議題といたします。

 これら議案等につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨報告があり、審査結果報告書はお手元に配付のとおりであります。

 この際、各常任委員長から審査結果の報告を求めます。

 まず、総務文教委員長、登壇、報告を求めます。

 16番、野村昌平君、登壇。



◆16番(野村昌平君) 〔登壇〕

 議長の指名がございましたので、総務文教委員会に付託されました議案7件及び請願3件について審査をいたしましたので、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見、要望を付したもののうち主な点につきまして御報告いたします。

 初めに、補正予算議案について申し上げます。

 議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」のうち総務文教委員会の所管に属する事項につきましては、全般的に4月の組織機構の見直しや人事異動に伴う人件費の調整、あるいは国県補助事業の額の確定など、予算編成後の事情の変化に対応する経費を中心に予算計上を行っているとの説明がありました。

 審査の過程において、総務関係では、まず非常備消防費のうち消防団員公務災害補償等掛金につきましては、東日本大震災により殉職された消防団員など253人の遺族に対する補償金等を確保するため、必要となる全国の加入市町村の追加負担金に係る予算であるとの説明がありました。

 委員から、当市の負担割合について質問があり、執行部からは、負担金の積算根拠と、この負担については特別交付税として地方自治体に全額交付されるものであるとの説明がなされました。

 次に、諸費のうち防災備品として購入する放射能測定器の役割について質疑がなされ、機器の購入は原子力災害による放射能汚染被害に備えるためであり、今後岡山県の測定体制も参考にしながら、測定方法、体制など運用について検討していきたいとの答弁がありました。

 そのほか、演習場対策費に関し、国からの補助基準等についての質疑応答がありました。

 また、文教関係では、文化保護費のうち八出天満宮の修繕に伴い必要となる追加予算の内訳などについて質疑応答があり、採決の結果、本案は全員一致で原案のとおり可決としました。

 次に、条例議案について申し上げます。

 まず、議案第47号「特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」については、本年度から常勤特別職を含む職員及び市議会議員への給与や報酬の支給日を毎月15日に統一したことに伴い、非常勤特別職の職員への報酬等の支給日を毎月15日に統一するため、関係する条例について所要の改正をするもので、特段の質疑はなく、全員一致で原案のとおり可決としました。

 続いて、議案第48号「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」については、障害者自立支援法の一部改正等に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うことに伴い、条例に所要の改正を行うもので、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としました。

 次に、議案第59号「津山市公民館条例の一部を改正する条例」について申し上げます。

 これについては、中央公民館の使用料を見直し、その他の地区公民館については新しく使用料を導入する、また使用料の免除団体の規定も設けるとの説明がありました。

 委員から、公民館の利用に係る大きな改革だと考えるが、使用料徴収に当たり、当初は混乱も予想されるため、公民館職員の過重な負担とならないように十分な配慮を求める意見や、使用料の免除団体についての判断基準を明確にすべきとの意見などが出されました。

 さらに、財政が厳しい折、公共施設においても公平に応分の負担をいただくという趣旨を利用者に理解していただくよう努めてほしいという要望も出され、採決の結果、全員一致で可決としました。

 続いて、議案第60号「津山市奨学基金条例」については、従前からの全本明正奨学基金に故富田泰司氏の寄附金を合わせ、津山市奨学基金と名称変更し、定住促進策としての奨学金返還免除制度を導入するなどして、条例の全部を改正するものとの説明がありました。

 これについては、現在2つある奨学基金のうち残る基金についても、一本化に向け御遺族に対して理解を得るため誠意を尽くすべきとの要望などが出され、採決の結果、全員一致で原案のとおり可決としました。

 また、この基金の名称が変更したことに伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものである議案第49号「津山市特別会計条例の一部を改正する条例」についても、全員一致で原案のとおり可決としております。

 次に、議案第61号「津山市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例」については、スポーツ振興法の全部改正によるスポーツ基本法の施行により、条例中の規定について所要の整備を行うもので、特に質疑もなく、全員一致で原案のとおり可決としました。

 続いて、請願の審査について申し上げます。

 まず、請願第8号「「総合屋内25mプール」建設に伴う請願書」については、津山市でしっかりとした大会を開催するためには、過去に採択した請願の50メートルプールの建設が必要ではないかとの意見もありましたが、賛成多数で採択といたしました。

 次に、請願第9号「新大型給食センター建設反対の請願」の審査について御報告いたします。

 この請願については、報告が予定されていた津山市学校給食施設等整備計画案に関係するため、審査に入る前に執行部に同計画案の説明を求めました。執行部から、この計画案は、学校給食施設等整備検討委員会の意見書をもとに、当市の財政状況が厳しい中で、将来津山市を担う子供たちのために、ぜひ給食の施設整備を充実させたいという思いでまとめたものであるとの説明がありました。

 委員からは、給食を実施する上で一番大切なことは、子供たちに平等な食事を提供することや、食に関する感謝の念を子供たちにわかってもらうことであり、給食施設の大小に関する議論には同調できないとする意見や、請願事項の中で単独調理校を維持し、大型給食センターの建設を中止することとされていることについて、単独調理校には相当の年数を経過しているものもあり、早い時期の施設改修などの検討をしなければならない。また、建設中止を決めつけてしまっていることに疑問があるとする意見がありました。さらに、議員としてこの建設反対の請願に賛成してしまうと、事業自体ができなくなるため、この請願には賛成できないとする意見も出されました。

 また、本会議の一般質問でも取り上げられた給食センター建設反対の請願にかかわる署名にかかわり、教育委員会から全小・中学校長に対して行われたメールの指示について、その経緯の説明を求めました。これについては、PTA会長から学校長に対して、請願の署名について、学校から保護者へ通知してほしいという相談があり、教育委員会としては、その案内を学校という組織を通じて子供が家に持ち帰るというのはふさわしくないとして、PTAに対して協力できない旨の返事をするよう学校長に指示したとのことでありました。

 委員から、PTA活動を妨害することにならないのかとの質問に対して、執行部より、PTAの方が個人的に署名することに反対したものではなく、学校という組織を通じて署名について案内をするということには疑問があり、その旨を学校長からPTAに伝えたものであるとの答弁がありました。

 委員から、市が進める方針に反対する内容であるという文面で学校長に対して行われた指示について、表現の自由を阻害していると受け取られないためにも、内容をよく吟味して慎重に指示を出してほしいとの意見がありました。

 また、今回の津山市学校給食施設等整備計画案の発表については、きっちりとした議論を尽くした後に行うべきであり、運営経費の節減に関する積算根拠資料などをPTAに早い時期に公表すれば、このような混乱はなかったのではないかとの意見がありました。

 執行部から、今後とも市民の方、PTAの方には丁寧に説明をし、理解を得るように努めたい。また、議会に対してもしっかりと説明責任を果たしていきたいとの答弁がありました。

 次に、戸島学校食育センターには地産地消や給食の残菜の問題もあり、これらへの対策ができないまま新しい施設を建設することには疑問があるとする意見や、大型施設の建設は、現在働いている方々の失職にもつながりかねないため、センター給食方式のメリット、デメリットを十分把握して、子供たちのために何が一番大切なものかを考えながら、慎重に議論すべしとの意見がありました。

 執行部から、戸島学校食育センターは、稼働後3年がたち、さまざまな課題が出てきた。食指導についても不十分な点もあるが、残菜などの問題も子供たちに理解してもらうため、しっかりと食育を推進していきたい。また、地産地消に伴う地場産食材の確保の問題については、戸島学校食育センターと新センターで4つの献立とするなどの工夫を凝らし、1日に必要となる地場産食材を分散して、地産地消の拡大を図りたいとの答弁がなされました。

 さらに、センター建設に当たっては、災害を想定して、調理に使うガス、電気等について、短時間に復旧できるような施設整備を図りたいとの答弁がありました。

 以上のように慎重な審議がなされる中、一部の委員から、学校給食施設等整備計画案が保護者に十分理解されていないこと、戸島学校食育センターの課題が未解決であること、食育の推進に疑問があることについてさらに研究する必要があるという観点から、継続審議を求める意見がありました。

 しかし、委員会としては採決を求める意見が多く、これにより採決を行った結果、当該請願については不採択となりました。

 しかし、その後、一部新聞に請願団体から学校給食についての折り込みが入り、学校施設整備方針について保護者の理解を十分に得られていないのではないかとの意見もあり、委員会としてより慎重な審査が必要と判断して、再度委員会を開催いたしました。そして、再審査について採決を行った結果、全員一致で再審査を行うことに決定しました。

 審査では委員から、学校給食施設等整備計画案について、学校給食施設等整備検討委員会にPTAの代表者が参加しているにもかかわらず、PTA組織内で周知できていない現状があるのではないか、また問題は津山市全体で議論を行う必要もあるため、広報に努力すべきとの意見が出されました。

 執行部からは、学校給食施設等整備計画案については、保護者一人一人に文書を配付し、新聞や津山市のホームページにて市民への広報を行ってきた。PTAという組織内の連絡方法については確認をとっていないが、今後ともPTA、市民には丁寧に説明を行っていきたいとの答弁がありました。

 また、請願書の2番目の項目にある大型給食センターの建設を中止することとある文面については、現在稼働している戸島学校食育センターを否定するのではないか、中止するとの言葉は不適切ではないかとの意見がありました。

 その他、請願の文面についても審査すべきとの意見が多数出されるなど種々議論がなされ、採決を行った結果、全員一致で継続審査となりました。

 続きまして、請願第10号「30人以下学級実現、義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の採択要請について」の審査では、異議がなく、全員一致で採択としました。

 そして、執行部からの報告事項があり、総務関係では、震災等緊急雇用対応事業について、国土調査事業完了に伴う固定資産税の賦課について、文教関係では、国登録文化財、登録記念物の新登録についての報告がありました。

 その他、委員からは、第8回津山国際音楽祭でのチケットの取り扱われ方や学校耐震化の今後の工程などについての質問や、学校の施設整備に関する要望等がなされましたことを報告いたします。

 以上が当委員会に付託されておりました諸案件、その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、厚生委員長、登壇、報告を求めます。

 20番、津本辰己君、登壇。



◆20番(津本辰己君) 〔登壇〕

 ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、今期定例会において、厚生委員会に付託されました議案7件に対する審査の経過並びに結果について御報告を申し上げます。

 まず、予算議案2件について御報告いたします。

 議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」のうち厚生委員会の所管に属する事項についてであります。

 主な補正内容でありますが、国県補助事業の確定や扶助費等の実績見込みに伴う所要の補正、小桁のごみ処理場焼却施設の定期修繕に要する経費の計上、また津山地域において予定されている家庭可燃ごみ収集業務委託に伴う債務負担行為補正などであります。

 審査の過程において各委員から出されました主な意見や要望並びに質疑についてでありますが、まず障害者福祉費が2億7,900万円の高額な増加補正となった理由について質疑があり、当局から、旧体系事業所から新体系事業所への移行に伴うものや、新規事業所の開設でサービス利用者が増加したためとの説明がございました。

 次に、生活保護費の質疑に関連し、当市の実態について質問が出されました。昨年度と本年11月末の状況を比べ、受給者数は増加しているとの現状が報告されました。これを受けて委員から、若年層の保護受給者が増加している実態があるのならば、働ける場の確保や技術の養成等、積極的な就労支援施策が必要との意見が出されております。

 続きまして、家庭可燃ごみ収集業務委託に係る債務負担行為補正についてであります。

 まず、業務委託の概要でありますが、第9次行財政改革や定員適正化計画等により、現在環境事業所では順次民間委託を導入、実施しており、このたび直営のパッカー車4台分について、平成24年度から5年間民間委託を実施するものであります。

 委員からは、今後の事業者選定のスケジュールや委託による効果額、収集体制の内容などについて質問が出されました。事業者選定については、来年2月をめどに一般競争入札による選定を計画しているとのことであります。効果額でありますが、当局の試算では1年当たり約三千数百万円を見込んでおり、市が求めている事業の適正な履行と、民間事業者の創意工夫により、直営と同等以上のサービス提供を期待しているとの答弁でございました。

 委員からは、労働安全衛生上の観点や事業者が適正に業務を行うためにも、収集体制については明確にしておく必要があるとの意見が出されております。

 また、民間委託の導入に際し、仕様書の中身に関しては明確な運用基準を設定することで、委託元である行政が今後も責任を持って業務の遂行を管理し、市民サービスの基本であるごみ収集のサービス低下を招くことなく、今後も安定したものとなるよう要望を付しております。

 なお、一部委員から、当該事業については民間委託すべきではないとの理由で、反対の意見がございました。

 その他として、全国在宅障害児・障害者等実態調査結果について、ひとり親家庭医療費についてなど種々の質疑や意見がございました。

 以上の議論を経まして、議案第43号のうち本委員会の所管に属する事項については、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 続いて、議案第46号「平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)」についてでありますが、主な補正内容は、サービス給付費等の実績見込みに伴うものであります。当局からの説明を聴取した結果、適切妥当あるいはやむを得ない措置と判断し、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 続いて、条例議案4件についてであります。

 まず、議案第50号「津山市犯罪被害者等支援条例」であります。

 当局からの説明を聴取し、質疑応答を重ねました。条例には市の相談体制の整備や市民等の責務など、犯罪被害者が安全で安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与する規定が盛り込まれております。

 委員からは、条例の運用に当たり、犯罪被害者が弱い立場に追いやられることのないよう、市と市民全体で被害者をどのように配慮、援護していくことができるのか、十分な検討を行うよう要望が出されております。

 審査の結果、当該議案は全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 続いて、議案第51号「津山市斎場条例の一部を改正する条例」、議案第52号「津山市墓地等の経営の許可等に関する条例」、議案第53号「津山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例」についてでありますが、これら3件の議案については、当局からの説明を聴取し、それぞれ適切妥当あるいは必要やむを得ない措置と判断し、いずれの議案も原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 最後に、議案第63号「指定管理者の指定について」についてであります。

 候補者選定に係るこれまでの経過等について質疑がなされ、慎重なる審査の結果、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 また、当局からの報告事項として、高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画について、震災等緊急雇用対応事業について、津山市第2次ごみ減量新行動計画答申について、クリーンセンター建設経過について、勝北風の子こども園の運営について、結婚支援事業「津山市婚活セミナーと交流会」の実施についての報告がございました。

 また、委員からも、平成24年度当初予算編成について、ペットボトルのリサイクル処理について、太陽光発電の推進について、公立保育所臨時保育士の確保について、保育ニーズ、現場の実態把握など意見や質問等が出されました。

 以上が厚生委員会に付託されました諸案件の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げ、委員長報告とさせていただきます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、産業委員長、登壇、報告を求めます。

 17番、森岡和雄君、登壇。



◆17番(森岡和雄君) 〔登壇〕

 失礼いたします。今定例市議会において産業委員会に付託されました議案6件、請願1件につきまして、去る12月12日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の結果について御報告いたします。

 まず、議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」のうち産業委員会の所管に属する事項につきましては、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 それでは、審査の過程において各委員から出されました主な質問、意見について御報告させていただきます。

 まず、委員から、中山間地域等直接支払交付金事業について説明を求めたところ、当局から、4集落の新規取り組み、38集落の農用地拡大などによって補正予算を計上している。その結果、現在132集落が取り組み、交付対象農用地は1,195ヘクタール、交付金の総額は1億9,495万2,000円となっているとの答弁がありました。

 これに対し委員から、今後もこのような国、県の補助事業を上手に活用し、より一層の成果が上がるよう指導にも力を入れていただきたいとの意見がありました。

 次に、委員から、美作の国建国1300年記念事業負担金について説明を求めたところ、当局からは、この事業については11月9日に実行委員会が設立され、本年度については県民局を初め美作地域10市町村がそれぞれ負担し、津山市としては100万円の予算を計上している。また、来年度以降は人口割を基本に負担金を考えていくと確認されているとの答弁がありました。

 これに対し委員から、実行委員会のメンバーには女性の参画をぜひふやしてほしいとの要望がありました。

 次に、委員から、地域農業システム化事業補助金についての説明を求めたところ、当局から、今回は集落営農組織のコンバインの導入に対する補助金であるとの答弁がありました。

 これに対し委員から、耕作放棄地の増加や担い手不足などさまざまな課題がある中、集落営農組織の拡大に向け、財政状況の厳しい中ではあるが、何らかの支援策を考えていただきたいとの意見がありました。

 次に、委員から、企業立地雇用促進奨励金について説明を求めたところ、当局からは、津山市中村に工場を建設した新興製作所と久米産業団地に立地したウッドプラスチックテクノロジーに対する奨励金であるとの答弁がありました。

 これに対し委員から、今後の企業誘致活動に対する考えをただしたところ、当局からは、津山市の最重要課題という認識のもとに、組織を挙げて鋭意取り組んでいくとの答弁がありました。

 次に、議案第44号「平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1次)」については、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 この議案に関連し、委員から、食肉処理センターの今後の事業方針についての説明を求めたところ、当局からは、今後3年間で市の委託料を約20%削減するなど、収支の見直しによる運営経費の削減を目指している。また、指定管理者である津山市食肉処理公社においても、改革検討委員会を立ち上げ経営改善の検討を行っている。委員から提案のあった周辺市町への負担金についても、運営状況や経営改善努力に対し理解を求めながら、今後要請していきたいとの答弁がありました。

 次に、議案第54号「津山市農業研修施設条例の一部を改正する条例」、議案第55号「阿波山村開発センター条例の一部を改正する条例」、議案第56号「津山圏域雇用労働センター条例の一部を改正する条例」、議案第68号「字の区域の廃止等について」、これら4議案について当局から説明を聴取し、慎重に審査した結果、すべて全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願第6号「「姫新線坪井駅のトイレ設置」に関する請願」について審査結果の報告をいたします。

 この請願については、駅のトイレはJRの施設であるので、地元町内会として引き続き整備に向けた協議をJR西日本としていただくこととして、市としてもJR西日本に対し働きかけをしてほしいとの意見が出され、全員一致で趣旨採択といたしております。

 以上が産業委員会に付託されました議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、建設水道委員長、登壇、報告を求めます。

 13番、岡安謙典君、登壇。



◆13番(岡安謙典君) 〔登壇〕

 それでは、建設水道委員会の審査結果の御報告を申し上げます。

 12月定例会において、建設水道委員会に付託されました議案9件、請願2件、継続審査中の請願1件につきまして、去る12月12日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしましたので、その審査の過程で特に論議された点、また意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告いたします。

 まず、都市建設部の所管に属する事項の審査結果について御報告いたします。

 議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」のうち建設水道委員会の所管に属する事項につきましては、主に4月の機構改革や人事異動に伴う人件費の予算措置と、台風12号による災害の復旧のための道路維持費、公共土木施設災害復旧費の事業費に伴う予算措置であります。

 委員から、公共土木施設災害復旧事業で23件の災害のうち、本年度は19件の計画だが、残り4件を次年度に繰り越す理由についての質問に対し、当局から、4件は河川に関連しており、稚魚等の放流時期が工事時期と重なるため、工事を見合わせているとの説明がありました。

 種々質疑の結果、適正妥当であると判断し、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 次に、議案第45号「平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、主なものは汚泥処分委託と下水道施設建設の事業費の確定に伴う予算措置であります。また、市債の償還金の返済ペースが上がってきており、このまま維持していくためにさらなるコスト削減を努めるよう要望し、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 次に、議案第57号「津山市下水道条例の一部を改正する条例」につきましては、平成23年8月に出された津山市下水道事業検討審議会からの意見書により、独立採算制を前提としながら一般会計繰入金に依存する現状は、下水道を利用できない市民に対しての負担を強いるものであるため、下水道料金の適正な改定を行うものであります。

 委員から、下水道料金の改定については、従量制より単身高齢者等へ配慮した定額制にすべきであり、賛成できないとの反対意見が出され、当局から、単身者や節水型社会への配慮をし、月1立方メートルからの従量制を導入し、5立方メートル以下の世帯は値下げとなるなど、単身世帯、核家族世帯への軽減を図っていること、また下水道事業が単独採算を目指すためにも、その過程として料金改定は必要であり、今後さらに経費を削減し、経営努力をしていくとの説明がありました。

 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 次に、議案第58号「津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例」については、前議案と同じく反対意見があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 次に、「指定管理者の指定について」という同名の4議案ですが、議案第64号は駅前駐車場と城下駐車場、議案第65号は中島病院旧本館、議案第66号は鶴山公園、議案第67号は市営住宅の管理を行わせる指定管理者の指定の議案であり、これら4つの議案につきましては一括して御説明いたします。

 指定管理者の指定については、一般公募と昨年の実績も勘案しての非公募という、施設によって業者を選定する方法は違いますが、いずれの施設も昨年と同じ業者に指定したいとのことでありました。市民サービスの低下とならないよう指導、管理に努めるよう要望し、議案第64号、議案第65号、議案第66号、議案第67号の4議案とも適正・妥当と判断し、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 次に、継続審査中の請願第2号「南部第一中継ポンプ場の伏見町地内設置予定の変更を求める請願書」について審査結果を御報告いたします。

 これにつきまして、このたび見直しして縮小した下水道計画区域により、ポンプ場としての建屋が必要なくなり、マンホール型の施設に変更したため、地上ににおいや騒音等の影響が出にくくなったとのことです。また、マンホールポンプについては、津山市内に121カ所設置している一般的な施設とのことです。

 9月議会以降で、地元説明としては10月17日に城南支部長に、10月31日、城南支部内の町内会長8名、伏見町役員3名に、11月14日に再度城南支部長に、11月18日、ポンプ場周辺町内会長4名と伏見町の役員1名、区域見直しによりマンホールポンプに変更したことを説明したとのことで、その結果、一定の容認をいただいたとの当局からの説明がありました。

 委員会としては、公共下水道事業の推進には欠かせない施設であり、建設地の変更は考えられないことと、建屋をマンホール型施設に変更したことで、地元の方に一定の御理解をいただいたこととして、請願の趣旨は淘汰できたものと判断しました。

 あわせて、当局へこの請願が出された背景などを十分理解し、今後も一部反対者がおられることから、地元との親密な調整をお願いし、本請願については全員一致で不採択とすべきものと決定しております。

 次に、請願第7号「津山駅前地区に「公共下水道を早期に設置することを求める」請願」につきましては、下水道計画に上げられている区域であり、津山駅前地区に早期に事業実施できるよう努めることは、下水道計画に整合しているとの見解から、全員一致で採択すべきものと決定しております。

 次に、請願第11号「市営住宅小原団地の解体撤去と跡地の有効利用に関する請願」につきまして、老朽化した市営住宅は転居などを促し政策空き家にして、建てかえや解体撤去を図っているとのことであり、今後小原団地も用途廃止していくとの当局からの説明がありました。

 委員から、請願文書に不適切な表現があり、訂正を求めたい、また当該市営住宅には現在60軒の居住があり、早期に取り壊すことはできないなど反対意見が多く出され、全員一致で不採択とすべきものと決定しております。

 また、当局からの報告事項として、津山圏域クリーンセンターに関する都市計画決定について報告がありました。

 続きまして、水道局に関する議案につきまして御報告いたします。

 議案第62号「津山市簡易水道事業給水条例及び津山市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」につきまして、これは加茂町下津川地区を簡易水道から上水道に変えるための条例整備と、工業用水の1日最大給水量の変更をする条例改正であります。

 下津川地域の方には十分説明をして御理解をいただいているとのことであり、また工業用水については給水能力に見合う企業誘致を推進するよう要望し、全員一致で原案のとおり可決すべきものと決定しております。

 また、報告事項として、岡山県広域水道企業団の受水料金について、適正化のため平成24年4月から基本料金、使用料金の改定を予定し、来年3月の企業団議会で条例改正がされるとの報告がありました。改定の理由としては、現行の料金が平成5年の一部供用開始時に決定された料金であり、現在の水量や費用が全く反映されておらず、構成団体間の公平性を欠くものとなっていることに加えて、企業団の財政収支を著しく悪化させているためとのことであります。

 これにより津山市水道局の負担が2,000万円増加することになりますが、これについては水道局として一層のコスト削減に努めることにより、全体経費の吸収が可能と判断しており、津山市の水道料金の改定はないとのことであります。

 なお、あわせて責任水量を基本水量の40%に引き上げる改定も予定されていることですが、津山市は既に基本水量2万トンの40%に当たる日量8,000トンを受水しており、この部分の影響はないとのことでした。

 岡山県広域水道企業団に対して、さらなる支出削減、経営健全化を強く要望するよう意見を付しております。

 以上が建設水道委員会に付託されておりました議案の審査結果の御報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 各常任委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで、議事運営の都合によりしばらく会議を休憩いたします。

 2時15分といたします。

                                   午後2時12分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午後2時17分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより各常任委員長の報告に対する質疑、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 28番、末永弘之君、登壇。



◆28番(末永弘之君) 〔登壇〕

 ただいまの委員長報告に対して、日本共産党津山市議団を代表して賛成、反対の討論を行います。

 議案第43号、この案件1件だけに、内容は後で申し上げますが、反対をし、それ以外の議案はすべて賛成という意見を申し上げます。

 議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」についてですが、この中にあります債務負担行為、債務負担行為の中に2つありますが、そのうちの一つ、家庭可燃ごみ収集業務委託、平成23年度から平成28年度までの2億1,894万7,000円についてですが、市民生活に直結しております生ごみの収集は、現在直営で行われており、財政的な視点、行革という視点での民間委託ということでしょうが、私たちは民間委託は市民サービスの低下につながり、何よりも民間企業で働く労働者の低賃金によって行政が行うべきことを民間にやってもらうという妙な現象になっており、今、日本じゅうが率直に申し上げて景気が悪い、長引く不況、こういうことが言われております。この不況を打開できる道筋の一つは、国民が購買力を持つこと、物を買うという意欲が生まれるということ、それは所得、収入が保障されるということと結びついております。民間委託というのは、これに逆行するやり方だと言わなくてはいけません。民間活力導入と言われますが、民間の人たちの低賃金で公のすべきことが賄われるという今の日本の悪矛盾、津山だけではどうにもなるものではありませんが、それでも一つ一つ地方で頑張っていくこと、これが今大切だと思います。公が責任持つべきところは公が責任を持つべき、このように申し上げておきます。

 今回の民間委託は、委託料の計算根拠に、運転手が1人、助手が1人を原則として試算していると言われておりますが、パッカー車には常に2人と義務づけているのかと聞きますと、必ずしもそうなっていない。お金の上では2人が計算されるんですけれども、状況判断によるという内容です。委託費、いわゆるパッカー車に2人乗りを委託費の根拠にしておりながら、実際は2人乗っても乗らなくてもよいというような中身になっております。一体これはどういうことなんでしょうか。おかしいと言わなくてはなりません。そんな委託料の試算の上に成り立っている今回の債務負担行為の金額もおかしいと指摘をし、反対を申し上げます。

 その他のことについては、先ほども言いましたが賛成を申し上げます。

 なお最後に、今回の本会議では、補正予算4件、条例が16件、その他6件、26案件と、請願が6件と継続中の請願が1件、7件、合計35件が審議されます。私どもは、たった1つだけ、賛成率は97.14%です。時々言うんですが、何でも共産党は反対するんでというようなおかしい間違ったことを言わんようにこの場をかりてお願いをして、私の討論を終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で28番、末永弘之君の討論を終結いたします。

 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって質疑、討論を終結いたします。

 これより採決に移ります。

 まず、今議会に付託されました議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」から議案第68号「字の区域の廃止等について」までの議案26件について、一括して起立により採決をいたします。

 これらの議案に対する各常任委員長からの報告は、原案のとおり可決であります。

 これらの議案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立多数であります。

 よってこれらの議案26件につきましては、原案のとおり可決することに決定いたしました。

 次に、請願につきまして、今議会提出のもの6件及び継続審査中のもの1件を一括して起立により採決をいたします。

 これらの請願を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立多数であります。

 よって請願につきましては、今議会提出の第7号、第8号及び第10号は採択、第6号は趣旨採択、第9号は継続審査、第11号は不採択、継続審査中の平成23年度第2号は不採択と決しました。



△日程第3  議案第69号「公平委員会委員の選任について」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、議案第69号「公平委員会委員の選任について」を議題といたします。

 本案は本日提出され、お手元に配付のとおりであります。

 この際、提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。

 議案第69号「公平委員会委員の選任について」につきましては、公平委員会委員3名のうち池田富夫氏の任期が満了となりますため、同氏を引き続き選任いたしたく、地方公務員法第9条の2第2項の規定により議会の御同意をお願いいたすものでございます。

 池田氏は、長年市職員として勤務され、現在は家事調停委員を務められるなど幅広く御活躍でございます。人格高潔であり、豊富な行政経験を通じて、地方自治の本旨はもとより、民主的で能率的な事務処理への十分な御理解と識見を有しておられ、公正かつ的確な判断が求められる公平委員会委員としてふさわしい方であると確信をいたしております。何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は人事案件であり、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議することといたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 異議なしと認めます。

 よって議案第69号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 議会運営委員会での申し合わせにより、質疑、討論を省略し、お諮りをいたします。

 本案は原案のとおり同意することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって議案第69号「公平委員会委員の選任について」は原案のとおり同意することに決しました。



△日程第4  諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦について」



○議長(西野修平君)

 次に、日程第4に入り、諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦について」を議題といたします。

 本案は本日提出され、お手元に配付のとおりであります。

 この際、提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 ただいま上程されました諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦について」につきまして御説明を申し上げます。

 津山市推薦の人権擁護委員15名のうち真木健一氏及び安井勝也氏の2名が任期満了となりますため、両氏を引き続き推薦いたしたく、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の御意見をお伺いするものでございます。

 真木氏は、長年にわたり加茂町職員として勤務され、加茂町収入役及び助役を、また安井氏は、長年にわたり勝北町職員として勤務され、勝北町収入役を歴任しておられます。以上2人の方は、いずれも人格、識見ともに高く、広く社会の実情に通じておられ、人権擁護に対する理解も深く、人権擁護委員としてふさわしい方々であると確信いたしております。何とぞよろしく御審議の上、御同意を賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明はただいまお聞きのとおりであります。

 この際、お諮りをいたします。

 本案は人事案件であり、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略し、直ちに本会議において審議いたしたいと思いますが、これに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって諮問第3号は委員会付託を省略し、本会議において審議することに決しました。

 議会運営委員会での申し合わせにより、質疑、討論を省略し、お諮りをいたします。

 本案は原案のとおり同意することに御異議はございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議なしと認めます。

 よって諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦について」は原案のとおり同意し、御異議のない旨を答申することに決しました。

 以上で津山市議会12月定例会の議事はすべて終了いたしました。

 この際、市長からごあいさつがあります。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 12月定例市議会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方には、23日間の長きにわたり終始御熱心に御審議を賜り、御提案申し上げました諸議案に対し御決定をいただきましたこと、心より厚くお礼申し上げます。

 審議の過程におきまして皆様からちょうだいいたしました御意見や御提言につきましては、十分に尊重し、また検討いたしまして、今後の市政推進に努めてまいりたいと考えております。

 さて、ことしも余すところあと10日余りとなりました。思えば市政のかじ取りという重責を担うこととなりまして、はや1年9カ月が経過いたしました。この間私は、本市の抱える数々の諸課題に対しまして、常に市民目線での政治を心がけ、真摯に向き合ってまいったつもりでございます。

 特に、大きな課題であります新クリーンセンター建設事業につきましては、今定例市議会冒頭に、これまでの経過並びに今後の事業方針についての私の決意を述べさせていただきました。事業推進につきましては、今後とも議員並びに市民の皆様方の御理解と御協力をいただく中で、施設の早期完成、稼働に向けて最大限の努力をいたしてまいりたいと考えております。

 本市には、このほかにも多くの課題が山積をいたしておりますけれども、心の通う信頼と責任の市政の実現という初心を決して忘れることなく、住民福祉の向上にさらなる努力をいたしてまいる所存でございます。

 また、新年度は極めて厳しい財政状況になることが予測されますが、第4次総合計画後期実施計画の初年度に当たり、私の公約でもございます笑顔あふれるふるさと津山の具現化に向けまして、限られた財源を最大限に有効活用いたし、今後も全力投球で頑張ってまいりたいと決意を新たにいたしているところでございます。

 ここに改めまして議員の皆様を初め市民の皆様方の一層の御支援と、そして御協力を心からお願い申し上げる次第でございます。

 終わりになりましたけれども、議員の皆様方におかれましては、寒さ非常に厳しい折、健康には十分に御留意をされまして、幸せで希望に満ちた新年をお迎えくださいますよう、また東日本大震災による未曾有の被害に遭われた地域の一刻も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げまして、閉会に当たりましてのごあいさつといたします。大変ありがとうございました。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 閉会に当たりまして、私からもごあいさつを申し上げます。

 皆様方には、去る11月28日の開会以来、本日まで23日間にわたり終始御熱心に御審議を賜り、それぞれ適切な御決定によりここに閉会する運びとなりました。

 本会議中はもとより、年間を通じまして議員の皆様を初め執行当局、報道関係者並びに市民各位の御協力に対し、心から感謝の意をあらわす次第であります。

 さて、本年もあとわずかとなりましたが、皆様方には今後とも御健康に十分留意され、よりよき新年を迎えられますよう心からお祈りを申し上げますとともに、市政振興に一層の御尽力を賜りますようお願いを申し上げ、ごあいさつといたします。

 これをもちまして平成23年12月津山市議会定例会を閉会といたします。

 御苦労さまでございました。

                                   午後2時35分 閉会







     地方自治法第123条第2項の規定により、本会議の顛末を証するため、ここに署名する。





     平成23年12月20日





       津山市議会議長 西 野 修 平





       津山市議会議員 安 東 伸 昭





       津山市議会議員 山 田   誠