議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 津山市

平成23年12月定例会 11月28日−01号




平成23年12月定例会 − 11月28日−01号







平成23年12月定例会



                             平成23年12月津山市議会定例会

                                    (会期 23日間)





             12 月 定 例 市 議 会 運 営 予 定 表





┌───────┬───┬────────────────┬──────────────┐

│ 月   日 │ 曜 │    会      議    │   備      考   │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │全員協議会(午前10時)    │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│11月28日 │(月)│本会議開会(午前11時)    │決算議案委員長報告に対する発│

│       │   │ 会期の決定について      │言通告の締切り       │

│       │   │ 決算議案委員長報告      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │  質疑・討論、採決      │議案質疑・一般質問発言通告の│

│       │   │ 議案一括上程         │締切り           │

│       │   │  市長の提案理由の説明    │(午後3時)        │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│11月29日 │(火)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│11月30日 │(水)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 1日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月 2日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 3日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月 4日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 5日 │(月)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 6日 │(火)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月 7日 │(水)│議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │常任委員長会議       │

│12月 8日 │(木)│議案質疑・一般質問(午前10時)│    (昼食後)     │

│       │   │                │委員会日程、付託案件    │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議案質疑・一般質問(午前10時)│              │

│12月 9日 │(金)│                │              │

│       │   │議案委員会付託、請願委員会付託 │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月10日 │(土)│                │              │

├───────┼───┤休     会         │              │

│12月11日 │(日)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月12日 │(月)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │                │総務文教、厚生、産業、建設水│

│12月13日 │(火)│常任委員会(午前10時)    │              │

│       │   │                │道             │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月14日 │(水)│特別委員会(午前10時)    │広報、議会活性化      │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│12月15日 │(木)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月16日 │(金)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月17日 │(土)│休     会         │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月18日 │(日)│                │              │

├───────┼───┤                │              │

│12月19日 │(月)│                │              │

├───────┼───┼────────────────┼──────────────┤

│       │   │議会運営委員会(午前10時)  │              │

│       │   │全員協議会(午前11時)    │              │

│       │   │ 議会運営委員長報告      │              │

│       │   ├────────────────┼──────────────┤

│       │   │本会議開会(午後1時)     │委員長報告に対する発言通告の│

│12月20日 │(火)│ 委員長報告          │締切り           │

│       │   │  質疑・討論、採決      │(委員長報告終了後速やかに)│

│       │   │ 追加議案上程         │              │

│       │   │  市長の提案理由の説明、採決 │              │

│       │   │ 市長あいさつ         │              │

│       │   │ 議長あいさつ         │              │

│       │   │閉会              │              │

└───────┴───┴────────────────┴──────────────┘







                             平成23年12月津山市議会定例会

                議 事 日 程(第 1 号)



 〇平成23年11月28日(月)午前11時開議

┌─────┬─────────────────────────────────────┐

│ 日程番号 │       会  議  に  付  す  る  事  件        │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 1 │会議録署名議員の指名について                       │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│ 第 2 │会期の決定について                            │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第20号〜議案第40号(21件)                   │

│     │〇委員長報告(総務文教、厚生、産業、建設水道)              │

│ 第 3 │                                     │

│     │〇質疑・討論                               │

│     │〇採決                                  │

├─────┼─────────────────────────────────────┤

│     │議案第43号 平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)        │

│     │議案第44号 平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1次)│

│     │議案第45号 平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)   │

│     │議案第46号 平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)    │

│     │議案第47号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一│

│     │       部を改正する条例                      │

│     │議案第48号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一│

│     │       部を改正する条例                      │

│     │議案第49号 津山市特別会計条例の一部を改正する条例           │

│     │議案第50号 津山市犯罪被害者等支援条例                 │

│     │議案第51号 津山市斎場条例の一部を改正する条例             │

│     │議案第52号 津山市墓地等の経営の許可等に関する条例           │

│     │議案第53号 津山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例  │

│     │議案第54号 津山市農業研修施設条例の一部を改正する条例         │

│     │議案第55号 阿波山村開発センター条例の一部を改正する条例        │

│ 第 4 │議案第56号 津山圏域雇用労働センター条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第57号 津山市下水道条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第58号 津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例     │

│     │議案第59号 津山市公民館条例の一部を改正する条例            │

│     │議案第60号 津山市奨学基金条例                     │

│     │議案第61号 津山市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例      │

│     │議案第62号 津山市簡易水道事業給水条例及び津山市水道事業の設置等に関する│

│     │       条例の一部を改正する条例                  │

│     │議案第63号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第64号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第65号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第66号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第67号 指定管理者の指定について                  │

│     │議案第68号 字の区域の廃止等について                  │

│     │〇一括上程                                │

│     │〇市長の提案理由の説明                          │

└─────┴─────────────────────────────────────┘

 〇散 会



本日の会議に付した事件

┌───────────────────────────────────────────┐

│ 議 事 日 程 と 同 じ                             │

└───────────────────────────────────────────┘







                             平成23年12月津山市議会定例会

                                  平成23年11月28日


監査結果報告一覧表
番号受付月日件         名
1923.9.28津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成23年8月分例月出納検査結果報告
2023.9.30津山市水道事業会計平成23年8月分例月出納検査結果報告
2123.10.31津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成23年9月分例月出納検査結果報告
2223.10.31津山市水道事業会計平成23年9月分例月出納検査結果報告
2323.10.31津山市工業用水道事業会計平成23年8月分例月出納検査結果報告
2423.10.31津山市工業用水道事業会計平成23年9月分例月出納検査結果報告
2523.11.25津山市水道事業会計平成23年10月分例月出納検査結果報告
2623.11.25津山市一般会計・特別会計及び財産区会計平成23年10月分例月出納検査結果報告






            総 務 文 教 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成23年10月4日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                            総務文教委員長 野 村 昌 平 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 20号平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち総務文教委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 21号平成22年度津山市磯野計記念奨学金特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 24号平成22年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 28号平成22年度津山市全本明正奨学金特別会計歳入歳出決算 〃  
議案第 33号平成22年度津山市吉見山財産区会計歳入歳出決算    〃  
議案第 34号平成22年度津山市大崎財産区会計歳入歳出決算     〃  
議案第 35号平成22年度津山市田邑財産区会計歳入歳出決算     〃  
議案第 36号平成22年度津山市高田財産区会計歳入歳出決算     〃  
議案第 37号平成22年度津山市東一宮財産区会計歳入歳出決算    〃  
議案第 38号平成22年度津山市河辺財産区会計歳入歳出決算原案認定  






             厚 生 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                   平成23年10月13日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                               厚生委員長 津 本 辰 己 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 20号平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち厚生委員会の所管に属する事項原案認定賛成多数
議案第 23号平成22年度津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算〃〃
議案第 27号平成22年度津山市老人保健特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 29号平成22年度津山市介護保険特別会計歳入歳出決算〃賛成多数
議案第 32号平成22年度津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算〃〃






             産 業 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成23年10月3日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                               産業委員長 森 岡 和 雄 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 20号平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち産業委員会の所管に属する事項原案認定賛成多数
議案第 22号平成22年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算〃  






            建 設 水 道 委 員 会 審 査 結 果 報 告 書



                                    平成23年10月7日

  津山市議会議長  西 野 修 平 殿

 本委員会に付託の事件は、審査の結果次のとおり決定したので報告します。

                             建設水道委員長 岡 安 謙 典 印

                      記


事件番号件          名審査結果摘  要
議案第 20号平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算のうち建設水道委員会の所管に属する事項原案認定  
議案第 25号平成22年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 26号平成22年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 30号平成22年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 31号平成22年度津山市土地取得造成事業特別会計歳入歳出決算〃  
議案第 39号平成22年度津山市水道事業会計決算〃  
議案第 40号平成22年度津山市工業用水道事業会計決算〃  






           出席・欠席または遅参・早退した議員の番号・氏名

┌───┬─────────┬───┬───┬───┬─────────┬───┬───┐

│ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │ 議席 │         │ 出席 │ 遅参 │

│   │  氏   名  │   │   │   │  氏   名  │   │   │

│ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │ 番号 │         │ 欠席 │ 早退 │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  1 │ 小 椋   多 │ 出席 │   │ 15 │ 河 本 英 敏 │ 出席 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  2 │ 津 本 憲 一 │ 〃 │   │ 16 │ 野 村 昌 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  3 │ 秋 久 憲 司 │ 〃 │   │ 17 │ 森 岡 和 雄 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  4 │ 原   行 則 │ 〃 │   │ 18 │ 松 本 義 隆 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  5 │ 黒 見 節 子 │ 〃 │   │ 19 │ 北 本 周 作 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  6 │ 村 田 隆 男 │ 〃 │   │ 20 │ 津 本 辰 己 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  7 │ 安 東 伸 昭 │ 〃 │   │ 21 │ 西 野 修 平 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  8 │ 山 田   誠 │ 〃 │   │ 22 │ 吉 田 耕 造 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│  9 │ 田 口 慎一郎 │ 〃 │   │ 23 │ 木 下 健 二 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 10 │ 中 島 完 一 │ 〃 │   │ 24 │ 川 端 恵美子 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 11 │ 近 藤 吉一郎 │ 〃 │   │ 25 │ 森 西 順 次 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 12 │ 竹 内 邦 彦 │ 〃 │   │ 26 │ 岡 田 康 弘 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 13 │ 岡 安 謙 典 │ 〃 │   │ 27 │ 久 永 良 一 │ 〃 │   │

├───┼─────────┼───┼───┼───┼─────────┼───┼───┤

│ 14 │ 竹 内 靖 人 │ 〃 │   │ 28 │ 末 永 弘 之 │ 〃 │   │

└───┴─────────┴───┴───┴───┴─────────┴───┴───┘



              説明のため出席した者の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 市長      │  宮 地 昭 範  │ 産業経済部参与 │  中 島   健  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 副市長     │  大 下 順 正  │ 都市建設部長  │  高 山 文 秀  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 教育長     │  田 村 芳 倫  │ 地域振興部長  │  西 山 公 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 特別理事    │  田 口 順 司  │ 加茂支所長   │  岡 田 邦 男  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 水道事業管理者 │  豊 岡 俊 介  │ 阿波支所長   │  保 田 知 良  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総合企画部長  │  常 藤 勘 治  │ 勝北支所長   │  河 本 誠 二  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 総務部長    │  土 居   孝  │ 久米支所長   │  田 村   修  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部長    │  西 田 秀 之  │ 会計管理者   │  野 上 二 郎  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 財政部参与   │  杉 浦 良 久  │ 監査委員    │  中 尾 義 明  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ クリーンセンター│  村 上 祐 二  │ 監査事務局長  │  米 井 章 憲  │

│ 建設事務所長  │           │         │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部長  │  和 田 賢 二  │ 水道局参与   │  長 森 健 樹  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部参与 │  高 宮 歳 雄  │ 学校教育部   │  絹 田 真 一  │

│         │           │ 教育総務課長  │           │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 環境福祉部次長 │  井 上 純 輔  │ 生涯学習部長  │  行 田 裕 美  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ こども保健部長 │  清 水 厚 子  │ 総務部総務課長 │  野 口   薫  │

├─────────┼───────────┼─────────┴───────────┘

│ 産業経済部長  │  光 井 俊 之  │

└─────────┴───────────┘



              職務のため出席した事務局職員の職氏名

┌─────────┬───────────┬─────────┬───────────┐

│  職   名  │  氏     名  │  職   名  │  氏     名  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 局長      │  坂 手 宏 次  │ 係長      │  平 井 広 隆  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 次長      │  金 島 真 一  │ 主査      │  山 崎   悟  │

├─────────┼───────────┼─────────┼───────────┤

│ 主幹      │  山 本 幸 江  │ 主任      │  美 若 辰 徳  │

└─────────┴───────────┴─────────┴───────────┘

   会議場所  津 山 市 議 会 議 場









○議長(西野修平君)

 市民憲章を斉唱いたしますので、御起立を願います。



△市民憲章斉唱

                                   午前11時00分 開会



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 本日、平成23年12月津山市議会定例会が招集されましたところ、皆様には御多用のところ御参集をいただき、御苦労さまでございます。

 ただいまの出席議員は全員であります。

 これより平成23年12月津山市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。



△報告



○議長(西野修平君)

 この際、報告をいたします。

 監査委員から監査結果の報告8件が送付されております。事務局に保管をいたしておりますので、随時ごらんをお願いいたします。

 次に、本日の議事日程は、お配りいたしておりますとおり4つの日程といたしております。



△日程第1  会議録署名議員の指名について



○議長(西野修平君)

 これより日程第1に入り、「会議録署名議員の指名について」を行います。

  7番  安東 伸昭君

  8番  山田  誠君

の御両名にお願いをいたします。



△日程第2  会期の決定について



○議長(西野修平君)

 次に、日程第2に入り、「会期の決定について」を議題とし、お諮りをいたします。

 今期定例会の会期は、議会運営委員会において御内定となっておりますとおり、本日から12月20日までの23日間とし、会期中の日程はお配りいたしております議会運営予定表のとおりとすることに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(西野修平君)

 御異議がございませんので、今議会の会期は本日から来る12月20日までの23日間とすることに決定をいたしました。



△日程第3  議案第20号〜議案第40号

            21件

               (委員長報告・採決)



○議長(西野修平君)

 次に、日程第3に入り、現在閉会中の継続審査となっております議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」から議案第40号「平成22年度津山市工業用水道事業会計決算」までの各会計決算議案21件を一括上程議題といたします。

 これらの議案につきましては、いずれも各常任委員会において審査終了の旨報告があり、審査結果報告書はお手元に配付のとおりであります。

 この際、各常任委員長から審査結果の報告を求めます。

 まず、総務文教委員長、登壇、報告を求めます。

 16番、野村昌平君、登壇。



◆16番(野村昌平君) 〔登壇〕

 議長のお許しをいただきましたので、総務文教委員会の審査結果報告を申し上げます。

 さきの9月定例市議会において、当委員会に付託されました平成22年度決算議案10件につきまして、去る10月4日に関係当局の出席を求めて委員会を開催し、審査をいたしました。審査の過程で特に議論された点、あるいは意見、要望を付したもののうち主な点につきまして御報告申し上げます。

 最初に、議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち総務文教委員会の所管に属する事項について申し上げます。

 総務に関する事項として、まず全庁的な電算委託料に関し、情報政策の取り組みとして、自前でサーバー等を保有せず、システムの利用料のみを支払うクラウドコンピューティングシステムに形態を変更したことによる節減効果について質疑がありました。執行部より、平成16年度に約3億4,000万円でサーバー等のシステムを購入したが、これは購入して5年後にはシステムの更新が必要となるため、更新時期の前年に当たる平成20年度にクラウドへ形態を変更した。それによって3億円程度の節減がなされたと考えているとの答弁がありました。

 次に、市税催告業務委託料に関して、納税コールセンター事業は、昨年の事業仕分けの中で事業効果が認められながら、事業費を削減しているのは矛盾しないかとの質問があり、事業仕分けの中で出された事業経費の節減について意見をもとに、呼びかけ効果の乏しい時間帯を削減するなど、より効率的な運営への取り組みを行いながら事業費の削減を行ったものであるとの答弁がありました。

 次に、増加した義務的経費への対応について質疑があり、義務的経費とされる人件費、公債費、扶助費のうち人件費と公債費については減少傾向にあるが、昨年度創出された子ども手当制度により扶助費が増加したことにより、全体的な経費が増加したものである。また、公債費については、通常分については減額が予想されるものの、今後土地開発公社の経営健全化を図る上で特別枠として起債を行うこととなり、公債費全体がふえることは免れないとの答弁がありました。委員から、来年度から実施される後期実施計画に期待したいとの意見がありました。

 そのほか、決算書と決算の参考資料である事務報告書との整合性についての質疑や、職員の育成のための研修費や書籍購入費の確保についての意見などがありました。

 次に、文教に関するものであります。

 まず、給食残渣堆肥化委託料に関し、事業期間と事業の成果を質問し、期間については県から2年間の許可があり、平成22年度と平成23年度で取り組んでいる。また、成果については、約80トンの残渣を堆肥化したとの答弁がありました。

 次に、9月定例会でも議論のあった学校内での重要な事故に対するための保険料について質問があり、平成24年度予算に向けて検討したいとの答弁がありました。

 そのほか、スポーツ少年団育成補助金や西東三鬼顕彰事業補助金などについて質疑応答がなされ、審査の結果、議案第20号のうち総務文教委員会の所管に属する事項については、全員一致で原案のとおり認定としております。

 次に、総務に関する議案のうち議案第24号「平成22年度津山市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算」では、特に質疑もなく、全員一致で原案のとおり認定としております。

 また、議案第33号から議案第38号までの各財産区会計決算議案についても、審査の結果、全員一致で原案のとおり認定としております。

 続きまして、文教に関する議案である議案第21号と議案第28号の各奨学金特別会計決算議案については、滞納者等への対応について質疑応答があり、審査の結果、全員一致で原案のとおり認定としております。

 以上が当委員会に付託されておりました諸案件、その他の審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、厚生委員長、登壇、報告を求めます。

 20番、津本辰己君、登壇。



◆20番(津本辰己君) 〔登壇〕

 さきの9月定例会において、厚生委員会に付託されました平成22年度会計決算認定議案5件について、閉会中に委員会を開催し、執行部の出席を求め説明を聴取いたしましたので、その審査結果を御報告申し上げます。

 まず、議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち厚生委員会の所管に属する事項につきましては、慎重なる審査の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。なお、一部委員から、特別会計への繰出金について、公立保育所の運営業務委託料に係る事務執行について、公募要項に基づく申請書類の是正や覚書の修正が行われる前に執行されたごみ処理施設建設費については認定できない旨、反対の意見がございましたので、あらかじめ御報告いたしておきます。

 審査の過程において委員から要望並びに指摘事項が出されておりますので、主なものを順次御報告いたします。

 まず、要望事項ですが、放課後児童健全育成事業についてであります。現在、市が作成した指針に基づき、クラブの運営等に関する指導を行っておりますが、これまでの長い経緯経過等の中で、クラブの運営環境に差異が生じた現状があります。子育て支援の重要な施策である当該事業の円滑な推進のため、政策調整室や財政課等とも連携協議の上、全体的な事業の再検討を求めております。

 続いて、生活保護費総務費の事業執行に関してであります。昨今の社会情勢、また経済環境の悪化等により、生活保護を受けられる方々は年々ふえ続け、昨年度は190件余りもの申請がなされ、ケースワーカーが抱える案件数も日々増加している状況とのことであります。また、公共職業安定所との共同事業である福祉から雇用へ推進5カ年計画に基づき、現在担当課において就労支援員を雇用し、就労意欲がある被保護者を対象に就職等の自立支援も行われているところであります。市民からの相談に対しては、福祉施策を真に必要としている方々のセーフティーネットとなるよう、その方に合ったきめ細かな対応を今後も引き続き心がけていただくよう求めております。

 次に、家庭ごみ処理手数料についてであります。平成9年のごみ袋の有料化以降、資源のリサイクル、環境及び資源問題に関する啓発活動並びに実践活動を推進するための施設整備を目的に、津山市エコプラザ整備基金条例が制定され、余った手数料の収益金をこの基金へ積み立て、現在は設定金額に達しているところであります。執行部からは、ごみの排出抑制、リサイクルの推進、住民負担の公平性の観点から、ごみ袋代については現状のままとしたいとの説明がありました。

 これを受けて委員から、基金については所期の目的が達成されており、販売価格については可能な限り値下げを実施していただきたいとの要望が出されております。

 そのほかとして、保育所並びに幼稚園の研修体制の充実、津山市営斎場の施設拡充、住宅用太陽光発電システム設置支援などに対する要望が出されております。

 続いて、指摘事項ですが、まず収入未済の解消であります。執行部からは、それぞれの部局に該当する収入未済について、滞納の状況並びに滞納整理の取り組みについて聴取いたしました。多額の収入未済については毎年度指摘しているところであり、今後とも徴収体制の強化を図りつつ、適正な滞納整理を推進し、滞納額の縮減や新規滞納者を出さない取り組みにも努め、収入未済の解消と一層の歳入確保に取り組んでいただきたいと思います。

 また、一般ごみ処理手数料の収入未済の問題については、発覚してから既に10年以上の期間が経過しており、滞納している事業者に対し執行部も徹底した納付指導を行っているとのことでありますが、決算ベースで未済額は1,335万円であり、依然高額なままであります。この事業者は、現在も津山市の一般廃棄物処理業の収集運搬の許可業者であります。この許認可の是非については、市の内部でも全庁的な協議検討が行われており、その結果を受け、事業者と対応していくとのことでありますが、これまでの滞納整理の進捗状況や許認可を付与してきた実態を踏まえ、今後収入未済が解消されない限り、許認可を与えないといった毅然たる措置を講ずるなど、早急な滞納の整理に向けて一定のめどをつけるべきではないかと厳しく指摘しております。市民や事業者はすべからく平等でなければなりません。一日も早く未済額を解消するために、議会としてもバックアップ体制の構築等、この問題の解決に向けて今後研究をしていきたいと思っております。

 そのほか、一部委員から、現有施設の周辺公共施設整備事業に関連して、領家地区でのクリーンセンター建設事業に付随した周辺対策事業の対象地域の基準については、施設に隣接する地域を対象とするなど、一定の基準を設けて行うべきとの指摘が出されております。

 また、審査において、不妊治療、妊婦健診の状況について、費目の名称について、社会福祉協議会に対する補助について、防犯灯のLED化について、暴力追放推進連合会についてなど種々の質疑がございました。

 続いて、議案第23号「平成22年度津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算」であります。

 まず、決算状況でありますが、歳入決算総額105億1,185万円、歳出決算総額103億4,331万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は1億6,854万円の黒字決算となっております。一部委員から、法定外の一般会計からの繰入金について、会計健全化を積極的に行うためにも、当初予算から計上すべきであったとの理由で反対意見が出されましたが、審査の結果、次の要望及び指摘事項を付し、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 まず、要望事項ですが、特定健診事業についてであります。年々増加する保険給付費の抑制が全国的な命題となっておりますが、その解決策の一つとして被保険者に対する健康づくりが上げられています。津山市でも特定健診事業に積極的に取り組んでおり、その受診率も対前年度比で2.1%の伸びとのことであります。しかしながら、当該会計は平成21年度決算で赤字となり、現在3カ年計画で財政の健全化に向けて取り組んでいるところであります。特定健診事業は、保険給付費の抑制と市民の健康づくりに資する事業の一つであり、他都市の成功事例等も参考に研究し、さらなる充実を求めております。

 続いて、指摘事項ですが、収入未済の解消についてであります。平成22年度の国民健康保険料・保険税の収納率は、対前年度と比べて1.21%改善しております。現在も収納担当課である納税課では、日々さまざまな収納対策を講じているところでありますが、全庁的な収納体制の強化と効率的な滞納整理を進めるためにも、現在納税課が一括して収納事務を行っている現状から一歩進み、賦課担当課の職員にも収納事務ができる体制とし、収入未済の解消に努め、一層の歳入確保に取り組んでいただきたいと思います。

 次に、議案第27号「平成22年度津山市老人保健特別会計歳入歳出決算」であります。

 決算状況でありますが、歳入決算総額614万円、歳出決算総額614万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額はゼロ円で、当該会計は平成22年度決算で廃止となります。慎重なる審査の結果、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第29号「平成22年度津山市介護保険特別会計歳入歳出決算」であります。

 決算状況でありますが、歳入決算総額は79億4,075万円、歳出決算総額は78億3,680万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は1億395万円の黒字決算となっております。

 審査結果でありますが、1人の委員から反対との意見が出されましたが、予算の執行、事業実施についてはおおむね適正になされているものと認められ、次の要望や意見等を付し、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定いたしました。

 まず、要望事項ですが、介護予防事業の充実であります。現在、津山市では、めざせ元気!!こけないからだ講座を初めとする各種の介護予防事業に取り組まれ、一定の効果があらわれております。現在、総給付費に対する介護予防事業費の割合は全体の0.6%とのことであり、制度の枠組みの中で関係者との協議を十分に踏まえた上で、介護予防事業のより一層の充実を求めております。

 次の事項は、介護従事者の処遇改善についてであります。介護の現場や各事業所の運営状況など、働かれている方々が日々苦労されている実態を耳にいたします。これらについて、介護従事者が生き生きと働ける就労の場となるよう、国、県と連携した処遇改善、指導や支援などを求めております。

 続いて、意見ですが、基金の運用についてであります。介護保険制度を持続可能なものとするためにも、保険料額の抑制等のためにも、基金を活用すべきではないかとの意見が出されました。これを受けて当局からは、福祉施設の整備が当初計画年より1年程度おくれて実施されている影響もあって基金額が増加しているものの、次期計画等において基金を活用せざるを得ない状況が到来すると想定しており、その際に基金を有効に活用したいとの説明がございました。

 最後に、議案第32号「平成22年度津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算」についてであります。

 まず、決算状況についてでありますが、歳入決算総額は10億9,059万円、歳出決算総額は10億8,934万円で、歳入から歳出を差し引いた実質収支額は124万円の黒字決算となっております。一部委員から、事業体制に対し反対との意見が出されましたが、採決の結果、賛成多数で原案のとおり認定すべきものと決定をいたしました。

 以上が厚生委員会に付託されました諸案件の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願いを申し上げます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、産業委員長、登壇、報告を求めます。

 17番、森岡和雄君、登壇。



◆17番(森岡和雄君) 〔登壇〕

 失礼いたします。

 さきの9月定例市議会において、産業委員会に付託されました決算議案は2件であります。これらについて去る10月3日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました結果、議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち産業委員会の所管に属する事項については、一部委員から反対意見がありましたが、賛成多数で可決となりました。議案第22号「平成22年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算」については、全員一致で認定すべきものと決定いたしました。

 それでは、審査の過程で特に議論された点、あるいは意見、要望を付したもののうち主な点について御報告いたします。

 まず、議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」についてでありますが、委員から新産業創出機構について質問があり、当局からは、平成8年から企業誘致によらない産業振興策として取り組みを進めている。現在、ステンレス産業に加え、食料産業クラスター、人材育成という3つの柱で取り組んできている。ステンレスネット関連企業においては、当初に比べ出荷額や雇用総数は倍増している。また、今後については、新産業創出機構が中心となって、情報収集や受注に関してもリーダーシップをとっていかなければならないと考えている。食料産業クラスターについては、美作大学などの協力を得ながら取り組んでいるが、成果としては、津山ロールのヒットにより、津山産小麦ふくほのかの作付面積が、25ヘクタールから来年は50ヘクタールを超えるところまで広がっている。また、プロジェクトの一環として津山餃子にも取り組んでいるところである。人材育成については、補助事業を活用し、多くの技術者、管理職の育成に取り組んでいるとの答弁がありました。

 これに対して委員からは、農業振興の観点からも、津山ロールや津山餃子だけでなく、幅広くふくほのかの活用について検討してほしいとの要望が付されております。また、インターネットを活用した販売や、市外への販路拡大についても検討すべきではないかという意見が出されております。

 次に、委員から中心市街地活性化基本計画の策定について質問があり、当局からは、平成21年度から計画策定に着手し、昨年度は国との協議の中で、民間活力を活用した事業が乏しいということで認定を受けられなかったが、現在新たな民間事業の具体化に向けて協議をしているところである。本年度中の計画策定に向けて、鋭意努力していくとの答弁がありました。

 これに対して委員からは、これから津山の将来を担う若者たちの意見も取り入れ、チャンスを与えられるようなことも考えていただきたいとの要望が付されております。

 次に、委員から観光費委託料について質問があり、当局から、観光案内所については、津山駅構内に移転し、利用者数は約30%ふえていると観光協会から報告を受けている。扇形機関車庫の見学者の受け付け業務も行っており、多くの方に利用していただいているとの答弁がありました。

 次に、古家建築調査については、津山市内全域において昭和20年以前の建物を調査するもので、観光資源として活用できる民家の分布状況や文化財としての価値、町並み保存の観点からも基礎資料として活用していきたいとの答弁がありました。

 次に、観光資源発掘、新規特産品開発については、岡山県の緊急雇用創出事業を活用し、津山市観光協会に委託している。内容は、城下町としてのイメージを発信できるようなものとして、津山城の天守を復元したペーパークラフトや城下町としての津山を紹介するDVDを企画するものであるとの答弁がありました。

 次に、委員から地域材を利用した新築住宅とリフォームに対する補助金が地域に与える経済効果及び今後の地域材利用促進のPRや事業方針についての質問があり、当局から、新築住宅については89件で、1件当たり約2,500万円程度、リフォームについては35件で、1件当たり約450万円程度の経済効果が地域に対してあったものと考えられる。今後のPRについては、広報紙での特集や、他の媒体も使って市民に広く地域材のよさを知ってもらうよう努力してまいりたい。また、来年度以降、若干の拡充も考えながら、地域材利用をさらに促進できればと考えているとの答弁がありました。

 次に、委員から農業振興費、負担金補助及び交付金についての質問があり、当局から、農地・水・環境保全向上対策事業については、平成22年度の実績として取り組み組織数が17組織、交付金の対象面積は1,553ヘクタールで、事業内容は、地域の農業者と非農業者が一緒になって、水路の清掃や環境整備などを行う事業であるとの答弁がありました。

 次に、中山間地域等直接支払交付金については、平成22年度の実績として、取り組んでいる集落数が128集落、参加農家数が2,118戸で、交付金の対象面積が1,138ヘクタールである。これは耕作放棄地の防止や農地の多面的機能を確保する活動に対し交付されるものであるとの答弁がありました。

 次に、議案第22号「平成22年度津山市食肉処理センター特別会計歳入歳出決算」についてでありますが、委員から使用料が減収となっている原因について質問があり、当局から口蹄疫の関係などで落ち込んだと考えられるとの答弁がありました。

 これに対し委員から、一般会計からの繰入金が少なくなるよう抜本的な改革が必要ではないかとの意見があり、当局から、利用者と連携をとりながら、処理頭数の増加と経費の削減に努めてまいりたい、また県や周辺市町村への協力も求めていきたいと考えているとの答弁がありました。

 また、津山市食肉処理センターの今後について、当局からは、本年1月に津山市食肉処理センターの今後のあり方に関する提言書を受け、津山市としてどのような方針で取り組んでいくのか、今年度中に確定することになっている。市としては、畜産振興に必要な施設であるとの観点で、今後さらに、今後についても指定管理者制度によって継続を図っていきたいと考えているとの答弁がありました。

 以上が産業委員会に付託されました決算議案についての審査結果報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な御決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 次に、建設水道委員長、登壇、報告を求めます。

 13番、岡安謙典君、登壇。



◆13番(岡安謙典君) 〔登壇〕

 議長の許可をいただきましたので、建設水道委員会の審査結果の報告を申し上げます。

 9月定例会において、建設水道委員会に付託されました決算議案7件につきまして、去る10月7日に委員会を開催し、慎重に審査いたしましたので、その審査の過程で特に論議された点、また意見、要望を付しましたもののうち主な点について御報告いたします。

 まず、都市建設部の所管に属する事項の審査結果について御報告いたします。

 議案第20号「平成22年度津山市一般会計歳入歳出決算」のうち建設水道委員会の所管に属する事項につきましては、慎重に審査した結果、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 その中で、事業の進捗について質問があり、当局からは、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業等の交付金事業の執行率は、いずれの事業も95%を超えており、住宅新築資金貸付事業の償還状況については、償還率は53.4%で、繰り越しが1.26%ということでありました。また、橋梁長寿命化点検の実施状況について、対象の橋梁は215件であり、平成22年度は35件調査しており、残る57件は本年度で終了予定との回答がありました。

 次に、議案第25号「平成22年度津山市下水道事業特別会計歳入歳出決算」については、今後の下水道の接続率を上げるために、排水設備接続奨励補助金の増額など新しい取り組みはできないかとの委員からの提案に、公共下水道の今後の方向性としては、下水道の布設が長期にわたって見込まれない地域は合併浄化槽への転換を考えており、公共下水道の事業区域の見直しによる将来計画に基づき今後の建設は進めていきたいことと、既に整備した地域への下水道接続の啓発に努めていきたいとの回答がありました。

 また、公共下水道総務費の償還金及び割引料の還付金は、国庫補助事業の不適切な処理に対しての還付金であるとのことで、委員会として、今後補助事業の適切な処理を行い、厳密な予算執行をするよう要望し、議案第25号は全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 次に、議案第26号「平成22年度津山市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算」については、適正妥当であると判断し、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 議案第31号「平成22年度津山市土地取得造成事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、特に質疑もなく、適切妥当と認め、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 続きまして、水道局の所管に属する事項の審査結果について御報告いたします。

 議案第30号「平成22年度津山市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算」につきましては、特に質疑もなく、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 次に、議案第39号「平成22年度津山市水道事業会計決算」については、委員から水道料金改定の見込みを含めた今後の経営方針などについて質疑があり、当局から、給水人口が減少している中、効率的な経営に努め、安心・安全、安定、安価を目標に健全経営に努めていきたいとの回答があり、今後も経営努力に一層取り組むよう要望して、議案第39号についても全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 議案第40号「平成22年度津山市工業用水道事業会計決算」につきましては、工業用水を使用する企業の誘致活動にさらに力を入れていただくよう要望し、水道局からは企業立地課と連携し取り組みたいとの回答がありました。議案第40号は、全員一致で原案のとおり認定と決しております。

 以上が建設水道委員会に付託されました決算議案の審査結果の報告であります。何とぞよろしく御審議の上、適切な決定を賜りますようお願い申し上げ、審査結果の報告といたします。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 各常任委員長からの審査結果の報告は、ただいまお聞きのとおりであります。

 ここで議事運営の都合により、会議をしばらく休憩いたします。

 再開は11時45分といたします。

                                   午前11時43分 休憩

─────────────────────────────────────────────

                                   午前11時47分 再開



○議長(西野修平君)

 御着席を願います。

 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

 これより各常任委員長の報告に対する質疑、討論に入ります。

 討論の通告がありますので、発言を許可いたします。

 27番、久永良一君、登壇。



◆27番(久永良一君) 〔登壇〕

 それでは、お許しをいただきましたんで、日本共産党議員団を代表して、先ほどの各常任委員会委員長の平成22年度決算審査報告に対しての討論を行います。

 まず、議案第20号「津山市一般会計歳入歳出決算」の中の商業基盤施設整備事業1億5,566万円、商業基盤施設運営事業補助金1,717万円、地域交流センター管理委託料2,578万円、津山地域振興開発株式会社株式取得負担金831万円、同社出資金7,916万円、共益費1,123万円は、平成17年津山街づくり会社の破綻処理に関する支出であります。私どもは、破綻処理をアルネの推進者、関係者で行うことを提案をしました。当時の市長は、これに反して61億円の税金投入で処理をいたしましたが、そのときの破綻処理のツケが現在も続いているわけであります。

 さらに、図書館や音楽ホールなどいわゆる公共施設の管理負担金6,407万円は、独立館でしたら要らないお金であります。アルネビルがある限り、半永久的に投入し続ける税金の無駄遣いの典型です。多くの市民のアルネ建設、アルネへの税金投入反対の声を無視して強行した結果、こういうことを生んでいるわけであります。

 アルネ問題は、津山市政の歴史の中で最悪の問題であったと思います。長期にわたって莫大な公金の投入が繰り返され、税金投入に業を煮やした市民が市長リコール運動を起こし、市長が解職に追い込まれました。アルネへの税金投入により、まさに政治の停滞と混乱を引き起こされたわけであります。

 アルネをつくった最大の目的は、中心商店街の活性化、商業近代化でしたが、アルネがオープンした前後の中心商店街の販売額を見ますと、オープン前の219億円からオープン後は107億円と半減、激減をしております。商店街はシャッターをおろす店がふえ、お客は減り、活気がなくなっています。莫大な税金投入したアルネ効果は全くありません。さらに、商店街だけでなく、アルネビルの中からも再開発事業の推進者、再開発組合の役員も次々と撤退しているではありませんか。

 平成17年度に、税金を投入すれば津山街づくり会社の再建はできる、再建計画実施後は黒字に転換するとしておりましたけれども、昨年度の決算を見ますと赤字であります。当時、再建ができる、黒字にするからと税金を投入したわけですが、見事に空手形を握らされたわけであります。今再び市民は、赤字になってアルネはどうなるのか、また税金を入れるようなことにならなければよいがと不安を抱いております。

 津山市の現在の硬直した厳しい財政にとって、このアルネ投入への3億6,000万円というお金はとても大きな金額であります。財政運営を厳しくする原因の一つとなっていますし、またさまざまな市民ニーズにこたえることを難しくしております。まさに市政を停滞させている大きな原因の一つであります。

 津山市も外郭団体との関係を整理することを言ってきましたけれども、津山街づくり会社役員への津山市の幹部公務員の就任を中止し、完全民営化するよう求めてまいりましたけれども、現在なお改善をされておりません。

 また、再建のためにアルネ駐車場を防災拠点としたことも問題です。

 以上の点でアルネへの無駄な税金支出決算の認定に反対します。

 次に、議案第20号の中の保育所費約6億円の中にあります約1億3,000万円の保育所運営業務委託料については、公立の保育所について、保育に欠ける子供は公が責任を持って保育すべきであり、公立として存在させるべきであります。この委託費は民間保育園の経営委託料であり、認めるわけにはまいりません。

 次に、新クリーンセンター、ごみ処理施設建設に関係する決算ですが、昨年度平成22年度は、宮地市長になっていわゆる領家問題で検証を行い、その後どうするのかが注目された年でありました。前市長が行った位置の決定に関する公募方式を不備があることは認めながら、適地選定委員会で特に異議もなく領家が決められたから問題はないとの結論を出すなど、宮地市長らしからぬ結果となり、平成23年度では土地買収をされているという事態の中で、領家での事業推進を再度決意するに至るわけであります。そのために平成22年度は津山圏域資源循環施設組合への負担金1億8,000万円を支出し、これは宮地市長みずからも批判してきた、また市民的にも今でも批判の強い、市長選挙直前になっての建設予定地領家の土地買収にかかわる津山市の負担分などであります。また、平成21年度から繰越事業、周辺事業1,000万円余りが主な決算ですが、申請書類の間違いをそのままにするなど、問題の解決に至っていない面であり、反対であります。

 次に、福祉、社会保障に関係する施策のあり方と決算についてであります。

 医療、福祉、年金それぞれの社会福祉全体の約58億4,600万円の中にあります国民健康保険特別会計繰出金約11億2,000万円、後期高齢者医療特別会計繰出金約3億3,000万円、介護保険特別会計繰出金約11億6,400万円、医療費について被保険者や利用者、市民の負担が図られ、住民泣かせの国の政策そのままを受けた一般会計決算になっています。後で個別の特別会計についてはそれぞれ意見を述べますが、国保会計、介護保険会計、また後期高齢者医療特別会計への弱者救済という意味での津山市独自の施策も行うべきであり、一般会計からの繰り入れのあり方について改善を求め、それらが取り入れられていない決算でありますから反対であります。

 議案第20号「平成22年度一般会計歳入歳出決算」の中の岡山県広域水道企業団運営費負担金1,125万円及び同企業団出資金2,072万円と、議案第39号「津山市水道事業会計決算」の中の受水費3億6,646万円に反対します。

 問題点は、9月議会の中でも明らかにしましたように、苫田ダムを水道企業団がつくったのは、理由は将来この流域において水不足が起きる、これでありました。国、県は、水利用計画で、昭和60年には吉井川流域での1人1日当たりの水需要量を624リットルとしておりました。また、給水人口も増加をするといたしておりました。しかし、実際は今日において、例えば津山市の水道局の受ける津山市の市民1人1日最大配水量は430リットルにとどまり、さらにこの給水量が減少傾向にあります。そして、さらに給水人口が減り続けておりますし、また企業、事業所においては水のリサイクルが進んできております。

 県は、水道企業団をつくり、40万トンの水の押し売りをやったわけでありますけれども、10万トンの水は引受手がないのが現状であります。そして、広域水道企業団は大きな借金をして水道設備を整えたわけでありますけれども、水需要は伸びず、そのために大きな赤字経営に陥っているのが今日の企業団の現状であります。経営再建のために受水団体に対してさらに水を買ってもらう、料金の値上げをするかなどが検討されている模様であります。

 この水道企業団も大きな失政の一つと言わなくてはなりません。政治のあり方が問われる重大問題です。初めにダム建設ありきで強引で無謀な計画が招いた結果であり、政治のあり方が厳しく問われる問題であります。

 次に、議案第23号「津山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算」であります。

 国の医療制度における医療費の値上げにあわせて、平成21年度約3億円の赤字を平成22年度繰り上げ充当をいたしました。3億円の一般会計繰り入れ処置という点では一定の評価はできますけれども、現在国の制度でありながら、地方自治体と被保険者の負担増で国保会計の赤字などの穴埋めが行われており、根本的対策を国の措置に求めるべきであり、また国保加入者の低所得者対策を中心として、国保料引き下げの津山市独自の対策も求められており、それらが改善されてない国保会計決算は認定することはできません。

 次に、議案第29号「津山市介護保険特別会計歳入歳出決算」ですが、一般会計のときに申し上げたとおり、低所得者層、社会的弱者については、介護が必要な人にお金がないと介護は受けられない制度になっております。にもかかわらず、今政府、民主党は、要支援1、2の枠組みをつくり、包括支援センターの役割を強め、軽度の介護必要者を介護保険対象外にしてしまい、ますます制度の改悪を進めました。さらに、今後は軽度の介護認定者を、選択制としながらも介護保険から外してしまう方向を打ち出し、利用料の自己負担を2割負担にするとか、ケア計画策定にも個人負担を求めるなど、さらに制度の改悪を行おうとしております。

 これらの国のあり方に、単に注視するのではなく、地方自治体としてもますます地方自治体の負担がふやされ、利用者にとってお金がないと介護を受けられないような制度の改悪には、正面から反対を唱えるべきだと申し上げておきます。そして、国の制度の改善を求めながら、低所得者を中心として介護保険料の軽減措置、減額措置、1割負担の軽減措置など、津山市独自で救済策を講じるべきであると申し上げておきます。

 次に、議案第32号「津山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算」についてであります。

 この制度は、そもそも民主党の選挙公約は、直ちに制度を廃止するべきでありましたけれども、選挙公約を投げ捨ててしまいました。そればかりか、さらに高齢者いじめの新しい制度をつくるとか、全くむちゃな方針を民主党は打ち出しています。平成22年度決算総額約13億円の後期高齢者医療制度そのものに反対をし、津山市一般会計からの約3億3,000万円等につきましては、制度そのものをつくるべきではなかったこともあり、反対であります。この制度は一日も早くなくして、もとの老人医療に戻すべきだと申し上げておきます。

 したがって、議案第20号、第23号、第29号、第32号、第39号に反対し、その他の議案については委員長報告に賛成を申し上げ、討論を終わります。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で27番、久永良一君の討論を終わります。

 次の討論を許可いたします。

 8番、山田誠君、登壇。



◆8番(山田誠君) 〔登壇〕

 おはようございます。

 昨晩は大阪秋の陣、冬の陣と申しますか、維新の会が大阪を牛耳ったわけでございます。しかしながら、選挙公約にはいろいろありまして、私も反省をいたしておる者の一人でございますけれども、民主党のマニフェストもなかなかに実現しない、そういう中で、大阪府、大阪市においても本当に公約が実現できていくもんだろうか、当分の間、賛否は別にしまして見させていただきたいと思いながら立たせていただいておるところでございます。

 きょうは私は、全体の議案に対しては、まあ消極的ではございますけれども賛成という中で、ピンポイント、1点だけ要望、御意見を申し上げておきたいと思います。

 と申しますのも、先般の代表者会議におきましても、平成24年度予算編成方針が説明をされたようにお聞きいたしておりますが、大変厳しい状態が予測されている中でございます。そういう中で、ぜひ私はこの未収金問題についてお願いをしておきたいと思います。これは各委員会にわたっておりますので、どの議案ということではございません。未収金に対して御意見を申し上げておきたいと思います。

 私もかつて経験はございますが、この未収金問題、例えば山田誠が水道料金を払っていない、例えばタヤマシが払っていないと、保育料を払っていないと、そういったことがある場合には、当局は山田個人がそれでは税はどうなっているのなら、保育料はどうなっているのだとか、そういったことをつぶさに取り上げていただきまして、この部分は払っている、こちらは払っていない、なぜそういうことが起きるのかということも十分吟味をしていただく、そういう中で徴収に励んでいただきたいと思います。

 非常に生活保護世帯もふえ、厳しい状況の中ではございますけれども、それはそれなりに救済措置もあるわけですから、それを手当てしていただくとしまして、未収金につきましては、私はいかに議員が、議会が職員に徴収をお願いしても、なかなかできないと思います。それは、職員が武器を持っていないからです。それでは、その武器は何になるのかといいますと、委員会でも申し上げましたが、条例、規則、そういったものを基準をつくって、そのとおりに職員は動いていただくということで、この辺の検討を当局、議会にも強く申し上げておきたいと思います。

 私があえてここに立って申すまでもなく、厚生委員長の報告でございました。しかし、まだまだ未収金が関係している委員会もあるやにお聞きいたしておりますので、どうぞその点、公平に納めるものは納めるという観点からひとつ取り扱いをよろしくお願いいたしまして、全体としては消極的な賛成討論といたします。

 以上です。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で8番、山田誠君の討論を終わります。

 以上で通告による討論は終わりました。

 これをもって質疑、討論を終結いたします。

 これより議案第20号から議案第40号までの各会計決算議案21件を一括して起立により採決をいたします。

 これらの議案に対する各常任委員長からの報告は、原案のとおり認定であります。

 これらの議案をいずれも各委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(西野修平君)

 起立多数であります。

 よって各会計決算議案21件はいずれも原案のとおり認定することに決しました。



△日程第4  議案第43号〜議案第68号



○議長(西野修平君)

 次に、日程第4に入り、議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」から議案第68号「字の区域の廃止等について」までの議案26件を一括上程議題といたします。

 この際、市長から提案理由の説明を求めます。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 本日、ここに12月定例市議会を招集いたしましたところ、議員の皆様方には御多用中にもかかわりませず御出席を賜り、まことにありがとうございます。

 それでは、ただいま上程されました議案につきまして御説明を申し上げます。なお、予算議案につきましては金額は万円単位で、以下切り捨てて申し上げますので、御了承をいただきたいと存じます。

 まず、議案第43号「平成23年度津山市一般会計補正予算(第2次)」についてでございます。

 本年度の本市の財政運営は、主要な一般財源でございます市税の落ち込みや地方交付税などの減額によりまして、大幅な収支不足の状況に陥っております。このため、さきの9月補正予算編成において財政調整基金から1億円の繰り入れを行うなど、予算化した事業の財源確保に努めているところでございますが、財源不足の圧縮が大きな課題となっており、これまで以上に限られた財源の効果的、重点的な配分を図る必要がございます。

 今回の補正予算では、国県補助事業の確定や扶助費の実質見込みに伴う所要の補正、台風12号災害復旧事業費の計上など、9月補正予算編成後における事情の変化に対応する緊急性の高い経費を中心に編成をいたしました。また、あわせて本年4月1日の組織機構の見直し並びに人事異動に伴う人件費の費目間調整を行っております。

 歳出の主なものを性質別に申し上げますと、扶助費4億3,749万円を初めとして災害復旧費3億9,488万円、補助費等9,444万円、普通建設事業費5,254万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 次に、費目別に主なものを御説明申し上げます。

 総務費では、特定防衛施設周辺整備事業、市税等還付金などで6,550万円を、民生費では、障害者介護給付事業、生活保護費などで4億6,317万円を、衛生費では、ごみ処理場焼却施設修繕料などで2,792万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 農林水産業費では、中山間地域等直接支払交付金、農道保全対策事業などを増額しましたが、人件費の調整により全体で648万円の減額となっております。

 商工費では、企業立地雇用促進奨励金などで6,020万円を、土木費では、道路補修費などで5,233万円を、消防費では、消防団員等公務災害等共済基金負担金の追加で5,125万円をそれぞれ増額計上いたしました。

 教育費では、八出天満宮本殿修理事業補助金、久米公民館整備事業費などを増額いたしましたが、人件費の調整によりまして4,808万円の減額となっております。

 災害復旧費では、農地・農業用施設、林業施設、公共土木施設の災害復旧事業費3億9,488万円を、公債費では、旧簡保資金の補償金免除繰上償還金で4,703万円をそれぞれ増額計上いたしております。

 一方、歳入の主なものといたしましては、国庫支出金2億9,308万円、県支出金3億6,080万円、市債9,720万円をそれぞれ増額するとともに、財源不足を補うため財政調整基金からの繰入金3億4,000万円を計上いたしております。

 この結果、平成23年度一般会計補正予算(第2次)の補正額は11億641万円を増額し、予算総額は451億5,320万円となっております。

 このほか、債務負担行為補正として家庭可燃ごみ収集業務委託ほか1件を追加いたしております。また、地方債の補正として借換債1件を追加し、清掃事業費など4件の借入限度額を変更いたしております。

 次に、平成23年度特別会計補正予算3件について御説明申し上げます。

 議案第44号「平成23年度津山市食肉処理センター特別会計補正予算(第1次)」につきましては、公債費の減などで4万円を減額しており、また債務負担行為として食肉処理センター管理運営事業を計上いたしております。

 議案第45号「平成23年度津山市下水道事業特別会計補正予算(第1次)」につきましては、補助対象事業費の確定などに伴い2億6,812万円を減額計上したほか、地方債の補正として借入限度額を変更いたしました。

 議案第46号「平成23年度津山市介護保険特別会計補正予算(第2次)」につきましては、居宅介護サービス給付金などで2億740万円を増額計上いたしております。

 続きまして、条例議案について御説明を申し上げます。

 議案第47号「特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、非常勤特別職の職員への報酬等の支給日を一般職員等に準じ毎月15日に統一するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第48号「議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、障害者自立支援法の一部改正に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第49号「津山市特別会計条例の一部を改正する条例」及び議案第60号「津山市奨学基金条例」につきましては、全本明正奨学基金に故富田泰司氏の寄附金を合わせ津山市奨学基金として一新することに伴い、基金や特別会計の名称等の変更を行うとともに、奨学基金の貸し付けを受けた若者の定住促進を図るため奨学金返還免除制度を導入するなど、関係条例の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第50号「津山市犯罪被害者等支援条例」につきましては、犯罪被害者等基本法の基本理念にのっとり、犯罪被害者等の支援のための施策を総合的に推進することで、安全で安心して暮らすことのできる地域社会の実現に寄与するため、新たに条例を制定するものでございます。

 議案第51号「津山市斎場条例の一部を改正する条例」につきましては、斎場に祭壇等を設置したことなどに伴い、条例中の使用料の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第52号「津山市墓地等の経営の許可等に関する条例」につきましては、墓地、埋葬等に関する法律の一部改正に伴い、墓地等の経営に係る許認可事務等が県から市へ移譲されるため、県条例に相当する市の条例を新たに制定するものでございます。

 議案第53号「津山市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、東日本大震災の被害の甚大さにかんがみ行われた災害弔慰金の支給等に関する法律の一部改正等に伴い、災害弔慰金の支給対象となる遺族の範囲を拡大するため、条例中の規定につきまして所要の整備を行うものでございます。

 議案第54号「津山市農業研修施設条例の一部を改正する条例」及び議案第55号「阿波山村開発センター条例の一部を改正する条例」につきましては、佐良山及び河辺の農業研修施設並びに阿波山村開発センターに使用料を導入するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第56号「津山圏域雇用労働センター条例の一部を改正する条例」につきましては、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律の施行に伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第57号「津山市下水道条例の一部を改正する条例」につきましては、下水道使用料の見直しに伴いまして、来年4月1日から従量制の範囲を拡大するとともに、料金単価を改正するため、条例中の規定につきまして所要の整備を行うものでございます。

 議案第58号「津山市農業集落排水処理施設条例の一部を改正する条例」につきましては、加茂町下津川区域が簡易水道から上水道へと切りかわること、並びに下水道使用料の改定に準じた使用料の見直しのため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第59号「津山市公民館条例の一部を改正する条例」につきましては、中央公民館の使用料の見直し並びにその他の公民館について使用料を規定するため、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第61号「津山市スポーツ振興審議会条例の一部を改正する条例」につきましては、スポーツ振興法の全部改正によるスポーツ基本法の施行により、条例中に引用する法律名の改正並びに条項等が移動することに伴い、条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 議案第62号「津山市簡易水道事業給水条例及び津山市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例」につきましては、来年4月1日、加茂町下津川簡易水道を廃止し、上水道へ統合することに伴い、関係する条例中の規定について所要の整備を行うものでございます。

 続きまして、その他議案について御説明を申し上げます。

 議案第63号から議案第67号までの「指定管理者の指定について」の5議案につきましては、それぞれ市の施設であります斎場、市営駐車場、中島病院旧本館、鶴山公園及び市営住宅等の指定管理者の指定について、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものでございます。

 議案第68号「字の区域の廃止等について」につきましては、県営土地改良事業の換地処分に伴いまして、久米地区内の字の区域の廃止等について、地方自治法第260条第1項の規定に基づき議会の議決を求めるものでございます。

 以上、何とぞよろしく御審議の上、御議決を賜りますようお願いを申し上げます。

 以上でございます。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 提案理由の説明は、ただいまお聞きのとおりであります。

 この際、市長から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 市長、登壇。



◎市長(宮地昭範君) 〔登壇〕

 議長から発言のお許しをいただきましたので、議員並びに市民の皆様に御心配をおかけいたしております新クリーンセンター建設事業につきまして、これまでの経過及び今後の事業方針について御説明を申し上げます。

 津山圏域資源循環施設組合は、去る10月29日、設計、建設、運営を包括的に行うDBO事業者の選定をするため、第1回施設建設・運営事業者選定委員会を開催し、いよいよ領家地区における新クリーンセンターの建設に向け事業推進の一歩を踏み出したところでございます。

 昨年3月、津山市長に就任以来、新クリーンセンターの建設は、津山市が構成団体の一員として取り組んでいかなければならない大事業であるとの認識のもと、それまでの事業の進め方について疑問がある項目について検証を行ってきたところでございます。検証では、新クリーンセンターは、組合を構成する5市町の住民生活に不可欠な施設でございまして、早期完成が求められておりますことから、領家地区での事業推進を図るべきと、このように判断をいたしたところでございます。

 しかし、公募申請の誤りなどこれまでの取り組みに問題点がなかったわけではなく、今後の取り組みについて改めるべきは改め、必要な修正を行うことといたしておりまして、以降、組合では地域を初め関係者の皆様から御意見をいただきまして、可能な限り意見を取り入れた上で事業の見直し、修正した事業方針を決定をいたしました。

 初めに、施設の完成時期についてでございますけれども、これまでの計画では平成26年4月としておりましたが、事業の見直しを行ったことによりまして、平成27年12月を目指してまいります。

 次に、これまでの計画におきまして修正した項目について御説明を申し上げます。

 まず1点目は、熱回収施設、いわゆる焼却施設の規模縮小を図ってまいります。関係者の皆様方からごみ減量化推進の御意見をいただいたことも参考にしながら、より一層のごみ減量化を進め、焼却施設の規模をこれまでの計画の1日150トンから128トンに縮小いたしまして、11億円の建設費削減を図ってまいりたいと、このように思っておるところでございます。

 2点目は、自然環境や住環境に最大限配慮した施設配置計画といたしました。最終処分場については、近隣住宅の方から可能な限り施設が目に入らないものとし、工期を2期に分けて建設することといたしました。さらに、地形の改変を最小限にとどめることによりまして、移動させる土の量を減少させるなど、これまで地域の皆様が守り受け継いでこられた里山の風景をできる限り保全する計画に努めてきたところでございます。また、熱回収施設とリサイクル施設については合築をいたしまして、その効果として土の量の削減と合わせ約4億円の経費削減を図ることといたしました。このことにより、先ほど申し上げました焼却施設の規模縮小と合わせ約15億円の経費削減を図っていきます。

 3点目といたしましては、事業推進に当たり、住民の皆様に少しでも安心してもらい、あわせて事業への御理解を深めていただくため、土壌の再調査を実施してまいります。初めに、組合が土地を取得する以前に行われた土壌調査で環境基準値を超える数値が検出をされまして、組合で安全性を確認できていなかった2カ所につきましては、今回土壌汚染対策法に準拠して調査を行いまして、すべての資料が環境基準値未満であるとの結果を得ました。このことから、安全性を確認できたことを御報告させていただきます。

 次に、建設予定地の未改変部分は、将来にわたる環境監視の視点から、現状把握のため事前調査を実施し、安心・安全に暮らせる環境整備に努めていきます。また、前所有者が公共工事の残土を受け入れた箇所についても、工事開始前には改めて必要な調査を行いまして、土壌の安全を確認した後、作業を進めていきます。

 4点目は、エネルギー活用の取り組みでございます。新クリーンセンターにおいては、これからの時代ニーズとして求められるごみ焼却発電による熱エネルギーの活用を図ってまいりたいと思います。あわせて、最終処分場の屋根を有効利用した太陽光発電にも取り組んでまいります。

 5点目は、覚書についてでございます。覚書は、公募条件に適合させるため、一度白紙に戻した上で新たな基本協定を締結いたしました。協定には公募条件でありました焼却施設、リサイクル施設、最終処分場の3施設を建設することを明記いたしました。

 次に、周辺対策事業についてでございます。新クリーンセンターは迷惑施設であるとの認識に立ちまして、施設の建設及び運営を円滑に推進していくとともに、周辺地域の皆様の御理解をいただくことを目的として、組合及び当該自治体が役割分担をしながら取り組んでまいります。周辺対策事業の実施に当たりましては、施設建設に伴う事業は組合負担において、その他の事業は建設予定地の津山市、隣接する鏡野町が分担することを原則としておりますが、周辺地域の位置づけなど整理すべき点も残されておりまして、今後管理者会の課題としていくことにいたします。

 最後に、この新クリーンセンター建設に伴い、建設予定地の領家地内の住民を含んだ反対の運動が生じておるところでございます。行政もこれまでの事業の進め方については反省をいたし、反対されている住民の会の方々の意見も取り入れながら、事業計画の見直しをしてまいりました。今後も今回お示しいたしました事業方針に沿う中で話し合いを継続し、御意見をいただき、少しでも心が和む事業推進を図っていきたいと、このように考えておるところでございます。

 改めましてこれまでの事業の見直しあるいは修正に時間を要しましたことにおわびを申し上げますとともに、これからの新クリーンセンター建設の事業推進に当たりましては、議員及び市民の皆様の御協力をいただく中で、施設の早期完成、稼働をしてまいりたいという決意とさせていただきたいと思います。ありがとうございました。〔降壇〕



○議長(西野修平君)

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 本日は運営予定に従いこれをもって打ち切り、明29日から12月4日までは休会とし、次の会議は来る12月5日午前10時から本会議を開き、議案質疑、一般質問を行います。

 本日御出席の皆様には別途通知はいたしませんので、御了承願います。

 本日はこれをもって散会といたします。

 大変御苦労さまでございました。

                                   午後0時30分 散会