議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 倉敷市

平成15年第2回 2月臨時会 02月05日−01号




平成15年第2回 2月臨時会 − 02月05日−01号







平成15年第2回 2月臨時会



     第2回倉敷市議会(第2回臨時会)会議録(第1号)



開会・散会年月日時

  開 会  平成15年2月5日  午後 1時 3分

  散 会  平成15年2月5日  午後10時38分



会議の場所

  倉敷市議会議場



出席議員(42名)

  1番 大 塚 俊 子 2番 大 月 満智子 3番 牧 野 規 子

  4番 森 分 敏 明 5番 三 村 英 世 6番 浜 口 祐 次

  7番 生 田   寛 8番 今 川 鉄 夫 9番 渡 辺 和 生

  10番 大 野   治 11番 木 村 圭 司 12番 津 崎   賢

  13番 田 辺 昭 夫 14番 梶 田 省 三 15番 斎 藤 武次郎

  16番 赤 木 裕 介 17番 平 井 弘 明 18番 原     勲

  19番 遠 藤 康 洋 20番 大 橋   賢 21番 倭   正 文

  22番 藤 川 武 正 23番 真 田   護 24番 秋 田 安 幸

  25番 小 山 博 通 26番 宇 野 一 夫 27番 今 井 仁 三

  28番 笹 田 富 夫 29番 原 田 健 明 30番 森     守

  31番 雨 宮 紘 一 32番 秋 山   正 33番 矢 野 秀 典

  34番 藤 原 秀 彦 35番 難 波 辰 史 36番 荒 木 俊 二

  37番 大 本 芳 子 38番 片 沼 靖 一 39番 佐 藤 憲 雄

  40番 北 畠 盛 喜 42番 曽 根 房 夫 43番 岡   良 夫



欠席議員(1名)

  41番 岡   健太郎



説明のため出席した者

  市長      中 田 武 志  助役      中 戸 哲 生

  助役      松 尾 武 司  収入役     中 田 友 楠

  総務局長    岡   武 夫  市民環境局長  渡 邉 二 郎

  市民環境局参与 赤 澤 正 巳  保健福祉局長  宇 野 音 平

  経済局長    浅 野 伸 夫  建設局長    武 林 修 已

  建設局参与   守 屋 政 幸  競艇事業局長  大 森 仁 志

  消防局長    佐 藤 達 海  市長公室長   高 尾 弘 之

  企画政策室長  長 久 捷 郎  総務部長    国 重 満 夫

  財務部長    三 宅 賢 一  総務部次長   藤 田 秀 徳

 水道局

  水道事業管理者 小松原 慶 一

 教育委員会

  教育委員会委員長小 林 好 学  教育長     田 中 俊 彦

  教育次長    千 田 穣 一

 選挙管理委員会

  選挙管理委員会委員長職務代理者

          新 井   一

 監査委員

  代表監査委員  守 谷   麗

 農業委員会

  農業委員会会長 三 宅   通



出席した事務局職員

  局長      溝 手 浩 藏  次長      土 岐 孝 一

  議事調査課長  内 藤 知 明  議事調査課長補佐大 津 正 昭

  議事調査課主任 宮 原 直 美  議事調査課主任 浅 野 恭 子

  議事調査課主事 守 井 美奈子



本日の日程

 1. 開 会(午後1時)

 2. 会議録署名議員の指名

 3. 議会運営委員長報告

 4. 会期の決定

 5. 議案上程

    議案第2号・議案第3号

    報告第1号・報告第2号

     提案理由説明、質疑、討論、議決

 6. 常任委員会委員の選任

 7. 議会運営委員会委員の選任

 8. 散 会



本日の会議に付した事件

 議案第2号 土地の確認及び同地の区域について

 議案第3号 路線の認定について

 報告第1号 損害賠償に係る専決処分の報告について

 報告第2号 工事請負契約の変更に係る専決処分の報告について

       広域行政調査特別委員会の設置について

       倉敷市議会議長の辞職について

 選挙第1号 倉敷市議会議長の選挙について

       倉敷市議会副議長の辞職について

 選挙第2号 倉敷市議会副議長の選挙について







            午後 1時 3分  開 会





○議長(岡良夫君) ただいまから平成15年第2回倉敷市議会第2回臨時会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 ただいまの御出席は41名、会議は成立いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名について



○議長(岡良夫君) 会議録署名議員は10番 大野 治君、33番 矢野 秀典君を指名いたします。よろしくお願いいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議会運営委員長報告



○議長(岡良夫君) この際、議会運営委員長から報告をお願いいたします。笹田 富夫君。

            (28番  笹田 富夫君  登壇)



◆28番(笹田富夫君) 皆さん本日は大変御苦労さまでございます。

 今臨時会の運営などにつきまして協議するため、去る1月29日に委員会を開きましたので、その結果を報告いたします。

 まず、会期でございますが、本日から明6日までの2日間とすることにしております。

 次に、市長提出議案は既にお手元に配付されておりますとおり、事件案2件、報告2件の都合4件であります。

 次に、議会の役員改選につきましては、市長提出議案を議決後、行うことにしております。

 次に、特別委員会の設置についてでありますが、現在の3つの特別委員会に加えて、広域行政の調査・研究に関することを審査するため、定数9名で構成する広域行政調査特別委員会を設置することにいたしております。

 次に、一部事務組合議会議員の選挙、農業委員会委員の推薦についてでありますが、所管の常任委員会に候補者の選考または推薦を委任することにいたしました。

 なお、一部事務組合議会議員の候補者の選考に当たっては、慣習を尊重していただくことになりました。

 次に、各種協議会、審議会等の委員の選出については、各常任委員会で選任していただくことになりました。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 報告を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 会期の決定について



○議長(岡良夫君) では、会期についてお諮りいたします。

 今期臨時会の会期は、ただいまの委員長の報告のとおり、本日から明6日までの2日間とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、会期は本日から明6日までの2日間とすることに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案   2件



△日程第5 報告   2件



○議長(岡良夫君) それでは、議事に入ります。

 日程第4 議案第2号 土地の確認及び同地の区域についてと議案第3号 路線の認定についての事件案2件、日程第5 報告第1号 損害賠償に係る専決処分の報告についてと報告第2号 工事請負契約の変更に係る専決処分の報告についての報告2件、以上都合4件を一括して議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。中田市長。

            (市長  中田 武志君  登壇)



◎市長(中田武志君) 提案理由の説明に先立ちまして御報告を1件さしていただきます。

 ごみの処理につきましては、かねてから岡山市に処理のお願いを行ってまいりましたところ、本日の岡山市議会におきまして萩原岡山市長から受け入れ表明がありました。私といたしましても、本市の窮状をお察しいただいた岡山市長並びに岡山市議会の英断に大変感謝している次第でございます。しかし、岡山市の受け入れ量にも施設の処理能力から限界があり、本市としましても現有処理能力の向上に努め、あわせて市民の御協力をいただき、ごみの発生抑制や分別の徹底によって、より一層ごみの減量化に取り組んでいく必要があると考えております。市議会並びに市民の皆様におかれましては、御理解と御協力のほどよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、提案理由を申し上げます。

 本日は、皆様方には御多忙の中を御参集いただきまして、まことにありがとうございます。

 ただいま御上程いただきました諸議案につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 議案第2号 土地の確認及び同地の区域については、倉敷市大畠2丁目地先の公有水面埋め立てにより新たに生じた土地を確認し、倉敷市大畠2丁目に編入するものであります。

 議案第3号 路線の認定については、西富井54号線の路線を認定するためのものであります。

 次に、報告議案につきまして御説明申し上げます。

 報告第1号 損害賠償に係る専決処分の報告については、平成14年11月28日から本年1月28日までの間に、公用車の事故により損害賠償したもので、1件を議会の委任に基づく専決処分の範囲内で、私において措置させていただいたものであります。今後とも職員の安全運転意識を徹底させ、事故減少のため努力してまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

 報告第2号 工事請負契約の変更に係る専決処分の報告については、平成14年11月28日から本年1月28日までの間に2件の契約金額等の変更をいたしましたもので、法の定めるところにより御報告申し上げます。

 以上、御上程いただきました諸議案につきまして、その概要を御説明申し上げましたが、何とぞ御審議の上、適切なる御議決を賜りますようお願い申し上げます。ありがとうございました。



○議長(岡良夫君) 以上で説明を終わります。

 暫時休憩いたします。



            午後 1時12分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 1時38分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど上程いたしました案件に対して御質疑はございませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 質疑なしと認めます。

 討論を行います。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 討論なしと認めます。

 では、お諮りいたします。

 日程第4 議案第2号 土地の確認及び同地の区域についてと議案第3号 路線の認定についての事件案2件は原案のとおり決することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、事件案2件は原案のとおり可決されました。

 次に、日程第5 報告第1号 損害賠償に係る専決処分の報告についてと報告第2号 工事請負契約の変更に係る専決処分の報告についての報告2件は原案のとおり了承することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、報告2件は原案のとおり了承されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程 特別委員会の設置について



○議長(岡良夫君) この際、お諮りいたします。

 特別委員会の設置を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

 では、お諮りいたします。

 お手元に配付のとおり、広域行政の調査・研究を行うため、9人の委員をもって構成する広域行政調査特別委員会を設置し、これに付託の上、審査及び調査終了まで閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたしました。

 では、役員改選のため、暫時休憩いたします。



            午後 1時40分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 4時51分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△会議時間の延長について



○議長(岡良夫君) お諮りいたします。

 本日の会議時間を議事の都合により延長することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、会議時間は延長されました。

 暫時休憩いたします。



            午後 4時52分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 8時 2分  開 議





○副議長(津崎賢君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△議長の辞職について



○副議長(津崎賢君) ただいま議長 岡 良夫君から議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(津崎賢君) 御異議ないものと認め、議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 岡 良夫君の議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(津崎賢君) 御異議ないものと認め、岡 良夫君の議長の辞職を許可することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△前議長あいさつ

            〔43番  岡 良夫君  入場〕



○副議長(津崎賢君) この際、前議長 岡 良夫君からごあいさつがございます。

            (43番  岡 良夫君  登壇)



◆43番(岡良夫君) 議長退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

 顧みますと、平成13年2月の議会におきまして、議員各位の御推挙をいただきまして、はえある市議会議長の要職につかしていただきました。自来2年間、私自身、浅学非才の身でありますが、一意専心、市民皆さん方の心を心として、市民福祉の向上と円滑な議会運営にひたすら精進してまいったつもりでありますが、何分にも力及ばず、皆様方の御期待に十分沿い得なかった点もあったことと存じます。しかしながら、幸いにいたしまして、先輩、同僚議員各位から力強い御支援、御協力を賜りますとともに、中田市長初め執行部の方々並びに報道関係の皆様から手厚い御指導を賜り、おかげをもちまして本日まで大過なくその職責を果たせましたことは、まことに感慨深く、衷心より厚く御礼申し上げる次第であります。

 この間、中核市への移行を初め、最近では水島港の特定重要港湾への昇格や近隣4町との合併問題研究会の設立に携わることができましたことは、私にとって大きな喜びとするところであります。

 今後は一議員として、本市の発展と市民生活向上のため、微力ながら力を尽くしてまいる所存であります。どうか皆さん方におかれましては、お体を御自愛の上、倉敷市政のさらなる飛躍のために、なお一層御尽力くださいますようお願い申し上げ、あわせて今後一層の御交誼を賜りますよう切に念願いたしまして、まことに簡単でございますが、私のお礼のあいさつとさしていただきます。2年間大変お世話になり、ありがとうございました。(拍手)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△議長の選挙について



○副議長(津崎賢君) ただいま議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、議長の選挙を日程に追加することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(津崎賢君) 御異議ないものと認め、議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 これより議長の選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

            〔議 場 閉 鎖〕



○副議長(津崎賢君) ただいまの出席議員数は42人であります。投票用紙を配付させます。

            〔投票用紙配付〕



○副議長(津崎賢君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(津崎賢君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

            〔投票箱点検〕



○副議長(津崎賢君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

            〔氏 名 点 呼〕

            〔各 員 投 票〕



○副議長(津崎賢君) 投票漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(津崎賢君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたしました。議場の閉鎖を解きます。

            〔議 場 開 鎖〕



○副議長(津崎賢君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番 大野 治君、32番 秋山 正君を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。

            〔投 票 点 検〕



○副議長(津崎賢君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数42票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票41票、無効投票1票

 有効投票中

   矢 野 秀 典 君   37票

   大 本 芳 子 君   4票

 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は11票であります。よって矢野 秀典君が議長に当選されました。

 ただいま議長に当選されました矢野 秀典君が議席におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

 矢野 秀典君、ごあいさつをお願いいたします。

            (議長  矢野 秀典君  登壇)



○議長(矢野秀典君) このたび、不肖私、議員の皆さん方の御推挙によりまして市議会議長の要職につくことになりました。まことに身に余る光栄に存ずる次第でございます。衷心から感謝感激いたす次第でございます。

 私は、みずからの浅学非才を省みず、責任の重さを一層痛感しておりますが、ここに皆様方の御推薦を受けました以上、本市の発展、また市民福祉の推進に誠心誠意努力いたす所存でございます。何とぞ先輩、同僚の皆様方の力強い御協力、また理事者各位には何かとお力添えをいただかなければいけないと思う所存でございます。

 また、報道機関の各位におかれましては、御支援、御鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさしていただきます。本当に皆さんありがとうございました。(拍手)



○副議長(津崎賢君) 矢野議長、議長席にお着き願います。

            (副議長退席、議長着席)



○議長(矢野秀典君) 暫時休憩いたします。



            午後 8時23分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後10時20分  開 議





○議長(矢野秀典君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△会議録署名議員の追加指名について



○議長(矢野秀典君) この際、会議録署名議員の追加指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員として私、矢野 秀典が指名されましたが、議長のほかに2人の署名議員が必要となりますので、新たに会議録署名議員に32番 秋山 正君を指名いたします。よろしくお願いいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△副議長の辞職について



○議長(矢野秀典君) ただいま副議長 津崎 賢君から副議長の辞職願が提出されました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(矢野秀典君) 御異議ないものと認め、副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。

 お諮りいたします。

 津崎 賢君の副議長の辞職を許可することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(矢野秀典君) 御異議ないものと認め、津崎 賢君の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△前副議長あいさつ

            〔12番  津崎 賢君 入場〕



○議長(矢野秀典君) この際、前副議長 津崎 賢君からごあいさつがございます。

            (12番  津崎 賢君 登壇)



◆12番(津崎賢君) 副議長を退任するに当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げたいと思います。

 岡議長、そして私、2人を41名の皆さん大変力強くお支えをいただきましてありがとうございました。おかげをもちましてきょうに至りました。振り返りますと2年間、たかが2年、されど2年という心境であります。本当に勉強をさしていただいたというのが本音じゃなかろうかと思います。本当に2年間の私たちの議会活動におきまして、議員の皆さん方の力強い御支援があったからこそということを痛感しておりますし、中田市長初め執行部の皆さんにも、この若輩者がいろんな御意見申し上げましたが、真摯な態度で受けとめていただきまして、多分こんちくしょうと思われたことかもわかりませんが、本当にある意味では温かく御指導もいただきました。本当に心から御礼申し上げたいと思います。

 私は基本として、公平、公正、そして納得性のある行政運営、これを今まで基本にしながら、この2年間も全うしてまいりました。私たち、岡前議長と私を、もう一つは議会事務局の皆さん、1年前は高尾局長、そしてことしは溝手局長でありますが、本当に私たちの活動を陰に陽に支えていただきました。本当に議会事務局はありがたいなあと痛感した一人であります。本来、やっぱり議会事務局は、43名の議員の皆さん方が円滑な議会活動するためにサポートしてくれるわけであります。新しく矢野議長、そして今度選出されます副議長さんに私たちと同様のサポートをしていただければ幸いかと思います。

 本当に今、大変厳しい21世紀の現状であります。諸課題は山積をしておりますが、いわゆる執行部と議会、車の両輪であります。私たちが43万市民の幸せを願ってお互いが車の両輪として競い合いながら、議論し合いながら円滑に進めていけば、中核都市として、そして瀬戸内の拠点都市として大きく発展する、このことを私は確信をしております。

 本当に2年間支えていただいたその御恩を、あと残り2年任期あるわけでありますが、皆さん方にお返しすべく全力で頑張ってまいりたい、こう思っております。本当に皆さん方に対しては力強い、そして温かい御支援をいただきましたこと、心から改めて御礼申し上げまして、退任に当たりましての一言御礼の言葉にさしていただきたいと思います。本当にありがとうございました。お世話になりました。(拍手)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△副議長の選挙について



○議長(矢野秀典君) ただいま副議長が欠員となりました。

 お諮りいたします。

 この際、副議長の選挙を日程に追加することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(矢野秀典君) 御異議ないものと認め、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。

 これより副議長の選挙を行います。議場の閉鎖を命じます。

            〔議 場 閉 鎖〕



○議長(矢野秀典君) ただいまの出席議員数は42人であります。投票用紙を配付させます。

            〔投票用紙配付〕



○議長(矢野秀典君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(矢野秀典君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

            〔投票箱点検〕



○議長(矢野秀典君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 点呼を命じます。

            〔氏 名 点 呼〕

            〔各 員 投 票〕



○議長(矢野秀典君) 投票漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(矢野秀典君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたしました。議場の閉鎖を解きます。

            〔議 場 開 鎖〕



○議長(矢野秀典君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に10番 大野 治君、32番 秋山 正君を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。

            〔投 票 点 検〕



○議長(矢野秀典君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数42票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票41票、無効投票1票

 有効投票中

   宇 野 一 夫 君   37票

   小 山 博 通 君   4票

 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は11票であります。よって宇野 一夫君が副議長に当選されました。

 ただいま副議長に当選されました宇野 一夫君が議席におられますので、本席から会議規則第32条2項の規定により告知をいたします。

 宇野 一夫君、ごあいさつをお願いいたします。

            (副議長  宇野 一夫君  登壇)



○副議長(宇野一夫君) ただいま副議長という大任を、皆様方に御推挙いただきました宇野 一夫でございます。大変にありがとうございます。もとより力はございませんし、若輩ではございますが、矢野議長ともども円滑な議会運営と、また43万倉敷市民の福利の向上のために副議長という立場で頑張ってまいりたいと思います。また、執行部の皆様におかれましても、今後とも何とぞよろしくお願いをいたします。

 簡単ではございますが、一言御礼と今後の決意にかえさせていただきます。ありがとうございました。よろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(矢野秀典君) 本日はこれにて散会し、次会は明6日午前10時から再開いたします。



            午後10時38分  散 会