議事ロックス -地方議会議事録検索-


岡山県 倉敷市

平成14年第1回 2月定例会 03月15日−10号




平成14年第1回 2月定例会 − 03月15日−10号







平成14年第1回 2月定例会



     第1回倉敷市議会(第1回定例会)会議録(第10号)



開議・閉会年月日時

  開 議  平成14年3月15日  午前10時 2分

  閉 会  平成14年3月15日  午後 5時43分



出席議員(43名)

  1番 大 塚 俊 子 2番 大 月 満智子 3番 牧 野 規 子

  4番 森 分 敏 明 5番 三 村 英 世 6番 浜 口 祐 次

  7番 生 田   寛 8番 今 川 鉄 夫 9番 渡 辺 和 生

  10番 大 野   治 11番 木 村 圭 司 12番 津 崎   賢

  13番 田 辺 昭 夫 14番 梶 田 省 三 15番 斎 藤 武次郎

  16番 赤 木 裕 介 17番 平 井 弘 明 18番 原     勲

  19番 遠 藤 康 洋 20番 大 橋   賢 21番 倭   正 文

  22番 藤 川 武 正 23番 真 田   護 24番 秋 田 安 幸

  25番 小 山 博 通 26番 宇 野 一 夫 27番 今 井 仁 三

  28番 笹 田 富 夫 29番 原 田 健 明 30番 森     守

  31番 雨 宮 紘 一 32番 秋 山   正 33番 矢 野 秀 典

  34番 藤 原 秀 彦 35番 難 波 辰 史 36番 荒 木 俊 二

  37番 大 本 芳 子 38番 片 沼 靖 一 39番 佐 藤 憲 雄

  40番 北 畠 盛 喜 41番 岡   健太郎 42番 曽 根 房 夫

  43番 岡   良 夫



説明のため出席した者

  市長      中 田 武 志  助役      中 戸 哲 生

  助役      松 尾 武 司  収入役     中 田 友 楠

  総務局長    岡   武 夫  総務局参与   小 野 良 郎

  市民環境局長  池 田   昇  保健福祉局長  宇 野 音 平

  経済局長    浅 野 伸 夫  建設局長    武 林 修 已

  建設局参与   守 屋 政 幸  競艇事業局長  大 森 仁 志

  消防局長    原 田 洋一郎  市長公室長   高 尾 弘 之

  企画政策室長  長 久 捷 郎  財務部長    宇 野 邦 宏

  総務部次長   森 安   弘

 水道局

  水道事業管理者 小松原 慶 一

 教育委員会

  教育委員会委員長渡 辺 昭 子  教育委員会委員 仁 科 省 吾

  教育長     田 中 俊 彦  教育次長    千 田 穣 一

 選挙管理委員会

  選挙管理委員会委員長

          藤 原 健 補

 監査委員

  代表監査委員  守 谷   麗

 農業委員会

  農業委員会農地部会長代理

          味 野   操



出席した事務局職員

  局長      高 尾 明 義  次長      土 岐 孝 一

  議事調査課長  内 藤 知 明  議事調査課長補佐大 津 正 昭

  議事調査課主任 入 木   孝  議事調査課主任 浅 野 恭 子

  議事調査課主事 守 井 美奈子



本日の日程

 1. 開 議(午前10時)

 2. 委員会審査報告

  〇 総務委員会

  〇 市民環境委員会

  〇 保健福祉委員会

  〇 経済委員会

  〇 建設委員会

  〇 文教委員会

     質疑、討論、議決

 3. 追加議案上程

    議案第103号〜議案第106号

     提案理由説明、議決

 4. 閉 会



本日の会議に付した事件

 請願第 10号 公的年金制度を改革し,最低保障年金制度の創設を求める意見書の提出について

 請願第  9号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出について

 議案第103号 倉敷市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意を求めることについて

 議案第104号 倉敷市公平委員会委員の選任の同意を求めることについて

 議案第105号 倉敷市教育委員会委員の任命の同意を求めることについて

 議案第106号 人権擁護委員の候補者の推薦について

         倉敷駅周辺整備特別委員会委員の選任について

         中核市調査特別委員会の廃止について

         国体推進特別委員会の設置並びに委員の選任について

 発議第  1号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出について







            午前10時 2分  開 議





○議長(岡良夫君) 皆さんおはようございます。ただいまから本日の会議を開きます。

 ただいまの御出席は39名、会議は成立いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△委員会審査報告

    総務委員長      梶 田 省 三

    市民環境委員長    森     守

    保健福祉副委員長   今 川 鉄 夫

    経済委員長      真 田   護

    建設委員長      藤 川 武 正

    文教委員長      遠 藤 康 洋



○議長(岡良夫君) では、各委員会に付議されております日程第10 議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算から議案第46号 平成14年度倉敷市立児島市民病院事業会計予算まで予算案17件、日程第11 議案第47号 倉敷市公益法人等への職員の派遣に関する条例の制定についてから議案第70号 倉敷市児島モーターボート競走条例の改正についてまで条例案24件、日程第12 議案第71号 平成14年度包括外部監査契約の締結についてから議案第96号 モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についてまで事件案26件、日程第13 選挙第1号 湛井十二箇郷組合議会議員の選挙についてと選挙第2号 竹川組合議会議員の選挙についての選挙2件、追加日程第1 議案第97号 平成13年度倉敷市一般会計補正予算第7号から議案第100号 平成13年度倉敷市新倉敷駅南第二土地区画整理事業特別会計補正予算第3号まで予算案4件、追加日程第2 議案第101号 特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の改正についての条例案1件、追加日程第3 議案第102号 平成14年度倉敷市一般会計補正予算第1号の予算案1件、追加日程第4 請願第12号 事業所税免除についての請願1件及び前会からの継続審査の請願2件、以上都合78件を一括して議題といたします。

 各委員長の報告を求めます。総務委員長 梶田 省三君。

            (14番  梶田 省三君  登壇)



◆14番(梶田省三君) 皆さんおはようございます。それでは、総務委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案5件、条例案9件、事件案23件、請願1件の都合38件であります。これを審査するため、去る13日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。そのうち結論を得たものについて報告をいたします。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分につきましては、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第43号 平成14年度倉敷市財産区会計予算につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第45号 平成14年度倉敷市児島モーターボート競走事業会計予算につきましては、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第47号 倉敷市公益法人等への職員の派遣に関する条例の制定について、議案第48号 倉敷市議会の議員の報酬および費用弁償等に関する条例及び倉敷市職員等の旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第49号 倉敷市職員の給与に関する条例及び倉敷市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第50号 倉敷市職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例及び倉敷市職員の退職手当に関する条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の制定について、議案第51号 倉敷市の基金の処分の特例に関する条例の制定について、議案第57号 倉敷市職員の定年等に関する条例の改正について、議案第58号 倉敷市職員の勤務時間、休日および休暇に関する条例の改正についての条例案7件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第70号 倉敷市児島モーターボート競走条例の改正については、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第71号 平成14年度包括外部監査契約の締結については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第75号 モーターボート競走施行に関する事務の受託に関する協議については、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第76号 大阪府都市競艇組合から議案第94号 戸田競艇組合まで都合19件のモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議については、いずれも一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第95号 下関市外4施行者及び議案第96号 下関市外2施行者との都合2件のモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議については、いずれも一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第97号 平成13年度倉敷市一般会計補正予算第7号のうち、当委員会関係分につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第101号 特別職の職員で常勤のものの給与等に関する条例の改正については、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第102号 平成14年度倉敷市一般会計補正予算第1号につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 次に、市民環境委員長 森 守君。

            (30番  森  守君  登壇)



◆30番(森守君) 皆さんおはようございます。市民環境委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案2件、条例案2件、事件案1件の都合5件であります。これを審査するため、去る11日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分につきましては、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第35号 平成14年度倉敷市交通災害共済事業特別会計予算につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第52号 倉敷市西部ふれあい広場条例の制定について、議案第68号 倉敷市公害防止施設改善等助成条例の改正についての条例案2件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 最後に、議案第72号 倉敷市・資源循環型廃棄物処理施設整備運営事業委託契約については、一部委員の反対がありましたが、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、議案第30号のPFI手法による新ごみ処理施設整備に係る予算及び議案第72号の委託契約の審議の過程で、次の要望を付しております。

 1、本事業はPFIという全く新しい事業手法の導入であり、市の固有事務である一般廃棄物の処理に加えて、産業廃棄物を混合処理するものであり、またその処理をガス化溶融炉という新技術によって行うという新しいものずくめの事業であります。このことを考えれば、執行部はしかるべき早い時期から議会、市民に説明をし、協議を尽くす努力を行うべきであったと考えます。今後、中核市として本件以外にも先進的な取り組みを展開されることと考えますが、このことを十分に検討されますよう要請いたします。

 2、委託契約書等において、委託先の事業内容等について取り決めはされているものの、出資者としてさらにその適正な執行を監理することも必要であることから、監査役の就任など、行政としてのチェックを強化すべきであります。

 3、この事業は新しく、また複雑でもあることから、内容等についてまだまだ市民に対する説明が不十分ではないかとの懸念が出ております。今後は事業の節目ごと、機会あるごとに説明されますよう要望いたします。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 続いて、保健福祉副委員長 今川 鉄夫君。

            (8番  今川 鉄夫君  登壇)



◆8番(今川鉄夫君) 皆さんおはようございます。それでは、私の方から保健福祉委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案6件、条例案4件の都合10件であります。これを審査するため、去る12日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分につきましては、一部委員の反対がありましたが、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、民生費の障害福祉費のうち、障害者支援センター管理運営委託料につきましては、当委員会の了解が得られるまでその執行を留保するよう要望を付しております。

 次に、議案第33号 平成14年度倉敷市国民健康保険事業特別会計予算につきましては、一部委員の反対がありましたけども、採決の結果、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第38号 平成14年度倉敷市老人保健医療事業特別会計予算、議案第41号 平成14年度倉敷市介護保険事業特別会計予算及び議案第42号 平成14年度倉敷市母子寡婦福祉資金貸付特別会計予算の予算案3件につきましては、いずれも全員異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第46号 平成14年度倉敷市立児島市民病院事業会計予算につきましては、一部委員の反対がございましたが、採決の結果、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第53号 倉敷市小児慢性特定疾患等認定審査会条例の制定について、議案第60号 倉敷市老人憩の家条例の改正について及び議案第61号 児童福祉法第56条の規定による費用徴収条例の改正についての条例案3件につきましては、いずれも全員異議なく原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第62号 倉敷市国民健康保険条例の改正につきましては、一部委員の反対がございましたが、採決の結果、原案どおり可決すべきものと決定をいたしました。

 最後に、閉会中の継続審査となっておりました請願第9号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出につきましては、去る2月14日開催の委員会において、その趣旨を了として、趣旨採択すべきものと決定をいたしました。以上、委員会の報告を終わらせていただきます。



○議長(岡良夫君) 続いて、経済委員長 真田 護君。

            (23番  真田 護君  登壇)



◆23番(真田護君) 経済委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案3件、条例案3件、選挙2件の都合8件であります。これを審査するため、去る12日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分につきましては、一部委員の反対がありましたが、採決の結果、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、観光費のうち、倉敷・船穂夏まつり納涼花火大会、児島納涼花火大会、玉島花火大会にかかわる予算について市財政が非常に厳しく、生活関連予算も十分確保されているとは言えない現状で、14年度からは児島モーターボート競走事業会計からの補助でなく、一般会計から負担金として支出することになっているが、現在のあり方でいいのかどうか、費用対効果を十分精査しながら、今後の花火大会のあり方について鋭意検討するよう強く要望いたしております。

 次に、議案第39号 平成14年度倉敷市企業団地造成事業特別会計予算及び議案第40号 平成14年度倉敷市農業集落排水事業特別会計予算の予算案2件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 次に、議案第54号 倉敷市中小企業振興条例の制定について、議案第63号 倉敷市農業共同作業所条例の改正について及び議案第64号 倉敷市漁港管理条例の改正についての条例案3件については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。

 最後に、当委員会に選考を委任されました選挙第1号 湛井十二箇郷組合議会議員の選挙については、投票による選考を行い、また選挙第2号 竹川組合議会議員の選挙については、全員異議なくお手元に配付の委員会報告書に添付しております選考表の方々を選考いたしておりますので、よろしくお願いをいたします。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 続いて、建設委員長 藤川 武正君。

            (22番  藤川 武正君  登壇)



◆22番(藤川武正君) 建設委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案10件、条例案3件、事件案2件の都合15件であります。これを審査するため、去る11日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分、議案第31号 平成14年度倉敷市公共用地先行取得事業特別会計予算、議案第32号 平成14年度倉敷市下水道事業特別会計予算、議案第34号 平成14年度倉敷市住宅新築資金等貸付特別会計予算、議案第36号 平成14年度倉敷市新倉敷駅南第一土地区画整理事業特別会計予算及び議案第37号 平成14年度倉敷市新倉敷駅南第二土地区画整理事業特別会計予算の予算案6件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第55号 岡山県南広域都市計画事業倉敷駅周辺第二土地区画整理事業施行条例の制定について、議案第56号 岡山県南広域都市計画事業新倉敷駅南第一土地区画整理事業施行条例及び岡山県南広域都市計画事業新倉敷駅南第二土地区画整理事業施行条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第65号 倉敷市下水道条例の改正についての条例案3件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第73号 路線の廃止について及び議案第74号 路線の認定については、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第97号 平成13年度倉敷市一般会計補正予算第7号のうち、当委員会関係分、議案第98号 平成13年度倉敷市下水道事業特別会計補正予算第5号、議案第99号 平成13年度倉敷市新倉敷駅南第一土地区画整理事業特別会計補正予算第3号及び議案第100号 平成13年度倉敷市新倉敷駅南第二土地区画整理事業特別会計補正予算第3号の予算案4件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 続いて、文教委員長 遠藤 康洋君。

            (19番  遠藤 康洋君  登壇)



◆19番(遠藤康洋君) 失礼いたします。文教委員会の審査結果を報告いたします。

 去る8日の本会議におきまして、当委員会に付議されました案件は、予算案2件、条例案4件の都合6件であります。これを審査するため、去る13日委員会を開催し、慎重に審査いたしました。

 まず、議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算のうち、当委員会関係分につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第44号 平成14年度倉敷市水道事業会計予算につきましては、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第59号 倉敷市奨学基金の設置、管理および処分に関する条例の改正について、議案第66号 倉敷市公立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の改正について、議案第67号 倉敷市公民館条例の改正について及び議案第69号 倉敷市水道企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の改正についての条例案4件につきましては、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 以上で報告を終わります。

 暫時休憩いたします。



            午前10時31分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午前11時27分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほどの委員長の報告に対して御質疑はございませんか。13番 田辺 昭夫君。

            (13番  田辺 昭夫君  登壇)



◆13番(田辺昭夫君) 田辺 昭夫です。湛井十二箇郷組合議会議員選挙について、経済委員長にお尋ねをいたします。

 委員長の御報告では、投票により別紙の方が当選人となったとのことですが、立候補をされた方の氏名、住所及び投票結果がどのようになったのか、その内容についてすべてお示しいただきたいと思います。以上です。



○議長(岡良夫君) 経済委員長 真田 護君。

            (23番  真田 護君  登壇)



◆23番(真田護君) 田辺議員さんの質問にお答えをいたします。

 選挙第1号 湛井十二箇郷組合議会議員の選挙について、候補者として名前が挙がった方は、次の3名であります。氏名と住所を申し上げます。

 難波 三郎さん、倉敷市下庄527番の1、犬飼 剛さん、倉敷市山地912番地です。仙田 始さん、倉敷市矢部317番地の4であります。

 また、経済委員会で投票による選考を行ったその結果を申し上げます。

 投票総数7票、そのうち有効投票6票、無効投票1票であります。有効投票中、難波 三郎さん3票、犬飼 剛さん2票、仙田 始さん1票でありました。以上でございます。



○議長(岡良夫君) 質疑を終わります。

 討論を行います。1番 大塚 俊子君。

            (1番  大塚 俊子君  登壇)



◆1番(大塚俊子君) 大塚 俊子です。日本共産党倉敷市議会議員団を代表して討論を行います。

 まず、予算全体について申し上げます。

 今の深刻な市民生活を受けとめて、暮らしや福祉を守る予算が求められています。ところが、農業水路改修費や教育予算など、市民生活に密着した予算が削られ、PFI方式によるごみ処理施設やチボリなどに見られるような相も変わらぬ県、大企業追随、大型事業優先の予算配分になっていると指摘せざるを得ません。

 次に、各議案について申し上げます。

 議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算について反対をいたします。

 以下、具体的な内容について、費目ごとに申し上げます。

 総務費では、チボリ・ジャパン社への貸付金66億6,650万円については、相次ぐ第3セクター事業が失敗するもとで、累積赤字が75億円に達する破綻寸然のチボリに対して、これ以上の税金の投入は許されません。また、利子の軽減は新たな税金投入であり、認めるわけにはいきません。

 次に、民生費では、養護老人ホーム委託料、公立保育所運営委託料はいずれも民間委託にかかわるものです。本来これらは市が責任を持って行うべき事業であり、反対をいたします。

 次に、衛生費では、新ごみ処理施行監理委託料2,000万円及び特殊目的会社水島エコワークス株式会社出資金4億6,000万円、これらはいずれもPFI方式によるガス化溶融炉導入にかかわる予算です。我が党の一般質問でも指摘したように、出資金の根拠など不明確な点が多く、これらの判断材料となる資料の提出を求めましたけれども、納得できる資料は提出されませんでした。これでは到底認めるわけにはいきません。

 また、ごみ収集業務委託事業費は、児島環境センターを民間委託するものです。これは市が責任を持って行うべきであり、委託に反対をいたします。

 商工費では、日本液化石油ガス備蓄株式会社出資金については、かねてから申し上げているように、日本で3番目に危険物が集積をしている水島地区にこれ以上危険物を持ってくることは許されません。また、水島サロン運営等事業費は、水島サロンが本来県の施設であることから、県が責任を持って管理運営を行うべきもので、市が負担すべき理由はありません。

 土木費では、倉敷駅周辺第二土地区画整理事業費については、住民合意のない事業への支出は認められません。

 次に、議案第33号 平成14年度倉敷市国民健康保険事業特別会計予算、それと議案第62号 倉敷市国民健康保険条例の改正については、これはいずれも保険料値上げであり、厳しい市民生活のもとで滞納者が増加をしている今日、これ以上の値上げはすべきではありません。よってこの議案に反対をいたします。

 次に、議案第46号 平成14年度倉敷市立児島市民病院事業会計予算については、医療に貧富の差別を持ち込む個室料は徴収すべきではない、こういう立場から反対をいたします。

 次に、議案第55号 岡山県南広域都市計画事業倉敷駅周辺第二土地区画整理事業施行条例の制定についてと議案第102号 平成14年度一般会計補正予算債務負担行為の補正については、いずれも住民無視の区画整理にかかわるものであり、反対をいたします。

 次に、議案第45号 平成14年度倉敷市児島モーターボート競走事業会計予算についてと議案第70号 倉敷市児島モーターボート競走条例の改正についてと議案第75号 モーターボート競走施行に関する事務の受託に関する協議についてから議案第96号 モーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についてまで、競艇事業関連のこれら各議案については、いずれもこれ以上のギャンブルの拡大は認められないという、こういう理由から反対をいたします。

 次に、議案第67号 倉敷市公民館条例の改正について、これは児島公民館の使用料の値上げであり、反対をいたします。

 議案第72号 倉敷市・資源循環型廃棄物処理施設整備運営事業委託契約について、この議案はPFI方式によるガス化溶融炉の落札業者である川鉄が立ち上げた特殊目的会社水島エコワークス株式会社との契約議案です。我が党は、一般質問の中や、そして委員会で次のような問題点を指摘をしてまいりました。1つは、川鉄が落札した経過等についての疑問が解明をされていないこと、2つ目は、新しい手法について市民へのPRが不十分であること、3つ目は、安全性について確認がされていないこと、これらの問題点を指摘をし、資料を求めましたが、これらについて納得できる資料提供はありません。このような状況のもとで、委託契約を交わすことは到底認められません。よってこの議案に反対をいたします。

 次に、選挙第1号 湛井十二箇郷組合議会議員選挙について申し上げます。

 経済委員会の推薦者は難波 三郎氏と犬飼 剛氏でありますが、我が党は合併以来一度も当選していない地域、矢部、日畑から立候補している仙田 始氏を推薦しますので、難波氏、犬飼氏、この両名の当選に反対をいたします。

 最後に、意見を申し上げます。

 この議会に中小企業振興条例の制定議案が提案をされました。中小企業対策の充実を求める多くの市民から喜びの声が寄せられています。これを絵にかいたもちにしないために、中小企業の実態調査を行うなど、積極的政策をとるべきです。そのための職員増員と専門スタッフの配置を求めます。また、4月からのペイオフ解禁に伴って、これまでどおり市の責任で制度融資が行えるよう求めておきます。

 次に、4月から始まる障害者生活支援事業について申し上げます。

 我が党は、この事業実施に当たって、法人格も実績もない団体へ初めての事業を委託することは問題が多過ぎると指摘をしてまいりました。市長にも申し入れをし、たびたび議会でも取り上げてきました。このたびの保健福祉委員会では、委託先に問題ありとして、この事業の予算が執行凍結となりましたが、我が党初め関係者の指摘に対して、真剣な検討を行わず、このような事態を招いた市当局の責任は極めて重大だと言わなければなりません。市当局においては、今回の事態を真摯に受けとめて、委託先は総合福祉事業団も含めて再検討すること、そしてこの事業が円滑に運営され、このセンターが利用者、そして関係者にとってすばらしい施設になるよう、市が責任を持って対応することを強く求めるものです。

 今、市民は長引く不況の中で深刻な生活を余儀なくされています。国民に痛みを押しつける小泉内閣のもとで、国民は戦後経験したことのない不況に苦しんでいます。何とかしてほしいと日々待ったなしの相談が私どものところにも寄せられております。日本共産党倉敷市議会議員団は国、県言いなり、大企業優先でなく、国の悪政から住民を守り、住民が主人公の市政の実現を目指して頑張る決意を申し上げまして、私の討論といたします。以上です。(拍手)



○議長(岡良夫君) 討論を終わります。

 では、採決に入ります。

 日程第10 議案第30号 平成14年度倉敷市一般会計予算を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第10 議案第33号 平成14年度倉敷市国民健康保険事業特別会計予算を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第10 議案第45号 平成14年度倉敷市児島モーターボート競走事業会計予算を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第10 議案第46号 平成14年度倉敷市立児島市民病院事業会計予算を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第11 議案第55号 岡山県南広域都市計画事業倉敷駅周辺第二土地区画整理事業施行条例の制定についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第11 議案第62号 倉敷市国民健康保険条例の改正についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第11 議案第67号 倉敷市公民館条例の改正についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第11 議案第70号 倉敷市児島モーターボート競走条例の改正についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議案第72号 倉敷市・資源循環型廃棄物処理施設整備運営事業委託契約についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議案第75号 モーターボート競走施行に関する事務の受託に関する協議についてを起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議案第76号 大阪府都市競艇組合とのモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議についてから議案第94号 戸田競艇組合とのモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の受託に関する協議についてまで事件案19件を一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって事件案19件はいずれも委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、日程第12 議案第95号 下関市外4施行者とのモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についてと議案第96号 下関市外2施行者とのモーターボート競走施行に伴う場外発売事務の委託に関する協議についての事件案2件を一括して起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告はいずれも可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって事件案2件はいずれも委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、追加日程第3 議案第102号 平成14年度倉敷市一般会計補正予算第1号を起立により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

            〔賛成者起立〕



○議長(岡良夫君) 起立多数。よって本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 続いて、お諮りいたします。

 日程第10 議案第30号から議案第46号まで予算案17件、日程第11 議案第47号から議案第70号まで条例案24件、日程第12 議案第71号から議案第96号まで事件案26件、追加日程第1 議案第97号から議案第100号まで予算案4件、追加日程第2 議案第101号の条例案1件、追加日程第3 議案第102号の予算案1件、追加日程第5の請願1件、以上都合74件のうち、ただいま決定いたしました32件を除く42件は、いずれも委員長の報告のとおり決することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、いずれも委員長の報告のとおり決定されました。

 湛井十二箇郷組合議会議員選挙について協議するため、暫時休憩いたします。



            午前11時49分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 1時 4分  開 議



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△湛井十二箇郷組合議会議員の選挙について



○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより湛井十二箇郷組合議会議員の選挙を行います。

 議場の閉鎖を命じます。

            〔議 場 閉 鎖〕



○議長(岡良夫君) ただいまの出席議員は42名であります。投票用紙を配付させます。

            〔投票用紙配付〕



○議長(岡良夫君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 配付漏れなしと認めます。投票箱を改めさせます。

            〔投票箱点検〕



○議長(岡良夫君) 異状なしと認めます。

 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

 繰り返し申し上げます。氏名記載の上でございますので、姓と名前、両方お書き願います。

 点呼を命じます。

            〔氏 名 点 呼〕

            〔各 員 投 票〕



○議長(岡良夫君) 投票漏れはありませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 投票漏れなしと認めます。投票を終了いたしました。議場の閉鎖を解きます。

            〔議 場 開 鎖〕



○議長(岡良夫君) 開票を行います。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に5番 三村 英世君、38番 片沼 靖一君を指名いたします。両君の立ち会いをお願いいたします。

            〔投 票 点 検〕



○議長(岡良夫君) 選挙の結果を報告いたします。投票総数42票、これは先ほどの出席議員数に符合いたしております。

 そのうち有効投票41票、無効投票1票

 有効投票中

   難 波 三 郎 君   18票

   犬 飼   剛 君   15票

   仙 田   始 君   8票

 以上のとおりでございます。この選挙の法定得票数は6票であります。よって難波 三郎君と犬飼 剛君を当選人と決定いたしました。

 次に、選挙第2号 竹川組合議会議員の選挙についての選挙を行います。

 先ほどの委員長の報告のとおりお手元に配付の選考表の方々がそれぞれ選考されております。

 お諮りいたします。

 選考表の方々を指名し、当選人とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、選考表の方々が当選人と決定いたしました。

 続いて、各常任委員長から現在委員会において審査中の事件について、お手元に配付の一覧表のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、いずれも委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程第6 議案   4件



○議長(岡良夫君) ただいま議案第103号 倉敷市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意を求めることについて外3件が提出されました。これを日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、議案第103号 倉敷市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意を求めることについてから議案第106号 人権擁護委員の候補者の推薦についてまで人事案件4件を追加日程第6に追加し、直ちに議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。中田市長。

            (市長  中田 武志君  登壇)



◎市長(中田武志君) ただいま追加御上程いただきました諸議案につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 議案第103号 倉敷市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意を求めることについては、平成14年3月31日をもって任期満了となります横溝 元彦氏及び三宅 康雄氏の後任として、引き続き三宅 康雄氏、新たに寺田 育申氏の選任の同意をお願いするものであります。

 議案第104号 倉敷市公平委員会委員の選任の同意を求めることについては、平成14年4月24日をもって任期満了となります河合 秀直氏の後任として、新たに佐藤 洋子氏の選任の同意をお願いするものであります。

 議案第105号 倉敷市教育委員会委員の任命の同意を求めることについては、平成14年3月31日をもって任期満了となります仁科 省吾氏の後任として、新たに藤澤 太郎氏の任命の同意をお願いするものであります。

 議案第106号 人権擁護委員の候補者の推薦については、平成14年3月31日をもって任期満了となります植木 朋子氏及び柳井 登志夫氏の後任として、引き続き植木 朋子氏及び柳井 登志夫氏の推薦の同意をお願いするものであります。

 なお、お願いいたしております方々は、人格高潔で適任者と存じますので、何とぞ御審議の上、御議決を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(岡良夫君) 説明を終わります。

 暫時休憩いたします。



            午後 1時20分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 2時11分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 先ほど上程いたしました案件に対しまして御発言はございませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 発言なしと認めます。

 では、お諮りいたします。

 追加日程第6 議案第103号 倉敷市固定資産評価審査委員会委員の選任の同意を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本案は原案のとおり同意されました。

 次に、追加日程第6 議案第104号 倉敷市公平委員会委員の選任の同意を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本案は原案のとおり同意されました。

 次に、追加日程第6 議案第105号 倉敷市教育委員会委員の任命の同意を求めることについては、原案のとおり同意することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本案は原案のとおり同意されました。

 次に、追加日程第6 議案第106号 人権擁護委員の候補者の推薦については、原案のとおり推薦に同意することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本案は原案のとおり同意されました。

 この際、今期で退任されます教育委員会委員 仁科 省吾君からごあいさつがございます。仁科 省吾君。

            (教育委員会委員  仁科 省吾君  登壇)



◎教育委員会委員(仁科省吾君) 議長さんのお許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 私、このたび3月末をもちまして任期満了によりまして教育委員の職を退任さしていただくことになりました。至らぬ私でございましたけれども、2期8年間、どうにかその職責を全うすることができました。これはひとえに議会並びに議員の皆様方の格別の御指導と御支援のたまものと深く感謝申し上げる次第でございます。

 皆様御高承のとおり、21世紀を迎えまして社会環境が急速に変化していく中で、学校教育はもちろんのこと、社会教育等の果たす役割についての期待がますます高まっているところでございます。今後とも議員の皆さん方には、教育行政につきまして一層の御指導と御支援を賜りますようお願い申し上げますとともに、皆様方のますますの御活躍と倉敷市の限りない発展を祈念いたしまして、簡単でございますけれども、退任のあいさつとさしていただきます。長い間本当にありがとうございました。(拍手)



○議長(岡良夫君) 次に、ただいま教育委員会委員の選任に同意いたしました藤澤 太郎君からごあいさつがございます。藤澤 太郎君。

            (藤澤 太郎君  登壇)



◎教育委員会委員(藤澤太郎君) 議長様のお許しをいただきまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 先ほどは倉敷市の次期教育委員として議会の皆様方の選任の承諾を賜りまして、まことにありがとうございます。大役を仰せつかりまして、私自身、責任の重さを痛感しながらも大変戸惑っておりますが、私の愛するふるさと、世界に誇れる倉敷のあしたを担う子供たちとのかかわりについて、皆様とともに真剣に考えてまいりたいと思います。

 もとより浅学非才の私ではございますが、誠心誠意努めてまいります。どうぞ皆様方の厳しい御指導を賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、ごあいさつとさしていただきます。ありがとうございます。どうぞよろしくお願いします。(拍手)



○議長(岡良夫君) 暫時休憩いたします。



            午後 2時17分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 4時47分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△会議時間の延長について



○議長(岡良夫君) お諮りいたします。

 本日の会議時間を議事の都合により延長することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) では、会議時間は延長されました。

 暫時休憩いたします。



            午後 4時48分  休 憩



            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



            午後 5時35分  開 議





○議長(岡良夫君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△議会運営委員長報告



○議長(岡良夫君) 休憩中に議会運営委員会を開きましたので、委員長から報告をお願いいたします。笹田 富夫君。

            (28番  笹田 富夫君  登壇)



◆28番(笹田富夫君) 休憩中に議会運営委員会を開きましたので、その結果を報告いたします。

 まず、特別委員会の廃止及び設置についてでございますが、中核市調査特別委員会を廃止し、国体推進特別委員会を設置することになりました。

 次に、斎藤 武次郎議員から発言の申し出があり、これを許可しました。

 次に、発議についてでありますが、お手元に配付をしておりますとおり、食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出について提案することになりました。以上で報告を終わります。



○議長(岡良夫君) 報告を終わります。

 この際、斎藤 武次郎君より発言の申し出がありますので、これを許可いたします。斎藤 武次郎君。

            (15番  斎藤 武次郎君  登壇)



◆15番(斎藤武次郎君) 議長のお許しをいただきましたので、一言申し上げたいと思います。

 このたびの平成14年度の当初予算の委員会審議におきまして、私の不手際によりまして、委員長である私が委員会に出席できず、委員の皆さんを初め関係の皆さんに大変な御迷惑をおかけをいたしましたことを、まずもっておわびを申し上げたいと思います。

 この際、今後の委員会の運営をスムーズに行うため、委員長を辞することを決意をし、先ほど委員会の皆さんに御相談をさしていただき、御了解をいただきましたので、御報告をさしていただきます。

 1年1カ月にわたりまして多くの皆さんにお支えをいただき、また御支援をいただきましたこと、感謝を申し上げたいと思います。以上でございます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△報告 保健福祉委員長・副委員長の互選報告について



○議長(岡良夫君) この際、御報告いたします。

 先ほどの保健福祉委員会において、斎藤 武次郎君からの委員長の辞任願を許可し、委員長に今川 鉄夫君が選任されました。また、今川副委員長の委員長就任に伴い、副委員長に木村 圭司君が選任されました。

 なお、これに関係する協議会、審議会等の委員の変更については、現在手続を行っておりますので、あわせて御報告いたします。

 次に、保健福祉委員長就任に伴い、今川 鉄夫君から倉敷駅周辺整備特別委員会委員の辞任願が提出され、これを許可いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程 倉敷駅周辺整備特別委員会委員の選任について



○議長(岡良夫君) お諮りいたします。

 倉敷駅周辺整備特別委員会委員の選任の件を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本件を日程に追加し、議題といたします。

 倉敷駅周辺整備特別委員会委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、斎藤 武次郎君を指名することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、倉敷駅周辺整備特別委員会委員に斎藤 武次郎君を選任いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程 特別委員会の廃止及び設置について



○議長(岡良夫君) この際、お諮りいたします。

 特別委員会の廃止及び設置についてを、日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

 まず、特別委員会の廃止についてお諮りいたします。

 中核市調査特別委員会を本年3月31日をもって廃止することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたしました。

 続いて、特別委員会の設置についてお諮りいたします。

 お手元に配付のとおり、平成17年開催予定の国民体育大会に関して調査研究を行うため、11人の委員をもって構成する国体推進特別委員会を本年4月1日をもって設置し、これに付託の上、調査終了まで閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、さよう決定いたしました。

 続いて、委員の選任についてお諮りいたします。

 ただいま設置されました国体推進特別委員会委員の選任につきましては、委員会条例第7条第1項の規定により、お手元に配付の指名表のとおり指名することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、指名表のとおり選任することに決定いたしました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△追加日程 発議   1件



○議長(岡良夫君) ただいま笹田 富夫君外11名から発議第1号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出についてが提出されました。これを日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、発議第1号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出についての発議1件を日程に追加し、直ちに議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

            (「省略」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 説明省略の声がありますので、説明を省略させていただきます。

 御発言はございませんか。

            (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 発言なしと認めます。

 では、お諮りいたします。

 発議第1号 食品衛生法の改正と運用強化を求める意見書の提出については、原案のとおり決することに御異議ございませんか。

            (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(岡良夫君) 御異議ないものと認め、本案は原案のとおり決定いたしました。

 なお、字句の整理等につきましては、議長に一任をお願いいたします。

 ただいま市長から市税条例の改正に関する専決処分について発言の申し出がありますので、これを許可いたします。中田市長。

            (市長  中田 武志君  登壇)



◎市長(中田武志君) 倉敷市市税条例の一部を改正する条例の専決処分につきまして御了承を賜りたいと存じます。

 現在、地方税法の一部を改正する法律案が国会へ提出されております。その内容は、個人市民税所得割の非課税限度額の引き上げ、固定資産税における情報開示の推進、特別土地保有税の徴収猶予制度の拡充等であります。

 この法律案が国会で可決、公布され次第、倉敷市市税条例の一部を改正する条例を専決処分させていただきたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。



○議長(岡良夫君) 以上をもちまして今期定例会の日程をすべて終了いたしました。

 これをもって閉会といたします。



            午後 5時43分  閉 会







   地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



    平成14年3月15日





      倉 敷 市 議 会



        議   長





        副 議 長





        議   員





        議   員