議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成27年第3回臨時会(第1日 8月 4日)




平成27年第3回臨時会(第1日 8月 4日)





奥出雲町告示第132号


 平成27年第3回奥出雲町議会臨時会を次のとおり招集する。


   平成27年7月24日


                       奥出雲町長 勝 田 康 則


                 記


1.期 日  平成27年8月4日


2.場 所  奥出雲町議会議場


3.付議事件


 (1)専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))


 (2)奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結について


 (3)専決処分の報告について(地方自治法第180条第2項に基づく報告)


  ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


     内 田 雅 人君         石 原 武 志君


     藤 原 和 範君         川 西 明 徳君


     塔 村 俊 介君         内 田   勇君


     内 田 精 彦君         藤 原 充 博君


     村 尾 明 利君         松 ? 正 芳君


     大 垣 照 子君         景 山 孝 志君


     岩 田 明 人君


  ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


     若 月 忠 男君


  ───────────────────────────────


 
────────────────────────────────────


平成27年 第3回(臨時)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第1日)


                       平成27年8月4日(火曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第1号)


                   平成27年8月4日 午前9時30分開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))


 日程第4 議案第82号 奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結について


 日程第5 報告第11号 専決処分の報告について(地方自治法第180条第2項に基づく報告)


   ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))


 日程第4 議案第82号 奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結について


 日程第5 報告第11号 専決処分の報告について(地方自治法第180条第2項に基づく報告)


  ───────────────────────────────


             出席議員(13名)


    1番 内 田 雅 人君     2番 石 原 武 志君


    3番 藤 原 和 範君     4番 川 西 明 徳君


    5番 塔 村 俊 介君     6番 内 田   勇君


    7番 内 田 精 彦君     8番 藤 原 充 博君


    9番 村 尾 明 利君     11番 松 ? 正 芳君


    12番 大 垣 照 子君     13番 景 山 孝 志君


    14番 岩 田 明 人君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(1名)


    10番 若 月 忠 男君


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 若 月 勝 久君  局長補佐 ─── 安 部 陽 子君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 勝 田 康 則君  教育長 ──── 安 部   隆君


総務課長 ─── 川 本 健 二君  教育総務課長 ─ 糸 原   敬君


企画財政課長 ─ 藤 原   努君  病院事務長 ── 内 田 久 貴君


健康福祉課長兼福祉事務所長 ───────────── 野 原 万寿老君


会計管理者 ── 吉 川 孝 司君  建設課長 ─── 松 島 昭 雄君


社会教育課長 ─ 高 橋 安 典君  税務課長 ─── 堀 谷 智 樹君


町民課長 ─── 石 原 啓 子君


健康づくり推進課長 ───────────────── 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ─ 舟 木   長君  地域振興課長補佐 谷 山 貴 宣君


子育て支援課長  若 月 ゆかり君  債権管理課長補佐 若 槻 拓 也君


観光推進課長 ─ 本 山 宏 人君  水道課長 ─── 安 部   誠君


財産管理室長 ─ 江 角   啓君  農林土木課長 ─ 千 田 嘉 久君


  ───────────────────────────────


            午前9時28分開会


○議長(岩田 明人君) おはようございます。


 それでは、これから会議を開きます。


 ただいまの出席議員数は13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成27年第3回奥出雲町議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程に先立ちまして、諸般の報告をいたします。


 先般、平成27年7月17日に雲南広域連合議会臨時会が開会され、出席をいたしました。議事の内容につきましては別紙のとおりでありますが、審議の結果、それぞれ原案同意、承認されました。


 また、監査委員から平成27年5月分、6月分の例月現金出納検査の結果について、別紙のとおり報告がありました。


 以上、諸般の報告を終わります。


 これより議事に入ります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(岩田 明人君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第126条の規定によりまして、9番、村尾明利議員、11番、松?正芳議員の両名を指名いたします。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 会期の決定





○議長(岩田 明人君) 次に、日程第2、会期の決定についてお諮りをいたします。


 本臨時会の会期は、本日1日間とすることにいたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岩田 明人君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日間とすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 承認第8号





○議長(岩田 明人君) 次に、日程第3、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 藤原企画財政課長。


            〔企画財政課長説明〕


  ───────────────────────────────


 承認第8号 専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))


  ───────────────────────────────


○議長(岩田 明人君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより承認第8号についての質疑を行います。質疑はございますか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) ただいま説明いただきました。提案理由が6月の豪雨災害いうことで、時間的に余裕がないためというふうな理由でございました。これはこの前、質問させていただいたときの、後で説明がございましたが、直していただきました。これはこれでいいですが、2ページ目の専決処分書の日付につきましては、27年6月25日専決ということになっておりますが、6月議会が6月11日から6月26日まで開催されました。その6月議会内の専決処分ということになるわけですね、この日にちからいきますと。専決処分書を出すには、いろいろ理由があって出されるわけですが、4つの理由があると思います。その4つの理由の中に、この本会議開催中の専決処分いうのが書いてないと思います。簡単に言いますと、本会議じゃない、普通のときにこういう専決処分をして、それがすぐ、本来であれば議会を開いて議決していただくのが当然であろうと思いますが、そのことについて、その時間的余裕がないために次の議会で専決処分したものを報告して承認を得るということになっておると思います。その辺からいきますと、先ほど話ししました6月の定例議会の最中の専決処分は、なぜこういうことにしたのか、また、これはいいのかどうか、まずその辺のことを伺います。


○議長(岩田 明人君) 藤原企画財政課長。


○企画財政課長(藤原 努君) ただいま内田議員のほうから専決処分の日付についての御質問がございました。


 今回の6月の災害につきましては、大雨が降った日というのが16日、21日、24日ということでございまして、専決の処分を25日としたところでございます。


 日付といたしまして、議員御指摘のように本会議の会期中であったということにつきましては、私どもの若干配慮が足らなかった部分であるというふうにもちょっと今、反省はいたしておりますけれども、ただ、日付として不適切であったということにつきましては、改めてちょっとおわびをいたしたいと思います。


 ただ、実際、補正の額を精査するに当たりまして若干日にちを要したということで、若干さかのぼったというところで配慮が足りなかったということでございます。大変申しわけございません。


○議長(岩田 明人君) 7番、内田精彦君。


○議員(7番 内田 精彦君) 企画財政課長から答弁いただきました。わからんことはありませんが、もう一つ聞きますが、これは有効なんですね、こういう専決処分は。それだけ教えてください。


○議長(岩田 明人君) 藤原企画財政課長。


○企画財政課長(藤原 努君) 専決処分の効力につきましては、長が専決をしたということをもちまして、予算としての効力は持っておりますので、その点については御了承いただきたいと思います。


○議長(岩田 明人君) ほか、ございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(岩田 明人君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて、承認第8号について討論を行います。


 討論がございましたら、本案に反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岩田 明人君) 討論なしと認めます。よって、承認第8号について討論を終わります。


 これより採決を行います。日程第3、承認第8号、専決処分の承認を求めることについて(平成27年度奥出雲町一般会計補正予算(第2号))を採決いたします。


 本案を承認することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(岩田 明人君) 挙手全員と認め、よって、本案は、承認されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 議案第82号





○議長(岩田 明人君) 次に、日程第4、議案第82号、奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 糸原教育総務課長。


            〔教育総務課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第82号 奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結について


  ───────────────────────────────


○議長(岩田 明人君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより議案第82号について質疑を行います。質疑はございますか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) まず、外観についてですけれども、木造ということですけども、亀嵩小学校のように奥出雲町らしいといいますか、亀嵩小学校は景観賞もとってるわけですけど、ああいった木主体の外観になるのかということと、あと、ちょっと屋内運動場の広さですね、今までと変わらないのかということ。それともう一つ、今後、太陽光の考えはあるのかということをお聞きしたいと思います。


○議長(岩田 明人君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) 御質問にお答えをいたします。


 先ほどの立面図をちょっとごらんをいただきたいと思います。外観につきましては、大きさ等も含めまして、ほぼ馬木小学校の屋内運動場をイメージしていただければと思います。ただ、この図面で?というふうに数字が打ってある壁面がございますけれども、馬木小学校の場合は全面杉板張りで施工されておりますが、この八川小学校につきましては、この?の部分につきましてはガルバリウム鋼板、右の下のところに表が出ておりまして、?ということで、角波スパンドレル、カラーフッ素、この「GL」というのがガルバリウム鋼板でございますけれども、馬木小学校の現在の状況も確認をいたしまして、やはり木ですと何年かに一遍は塗り直しも発生をすると。耐久性を考慮いたしまして、ここの部分はガルバリウム鋼板ということにしております。


 それから、大きさにつきましては、現在のもののフロアは2階のギャラリー部分にも床面積が入ってきておりまして847平米ぐらいございますが、今度の2階のギャラリー部分につきましては床面積が入りませんので、アリーナ、いわゆる運動をする部分の面積で比べますと約8割弱ぐらいの面積で、児童数も当時から大きく減ってきておりますので、先ほど申しますように、ほぼ馬木小学校並みの大きさで499平米余りというふうにしております。


 それから、太陽光の御質問がございましたけれども、八川小学校の向きを考えますと、いわゆる校舎側のほうが、どちらかというと日当たりがいい向きになりますので、ちょっと別事業で太陽光の設置のこともございまして検討いたしましたが、雪ずりの問題等がございましたので、現在のところ、こちらについては太陽光の施設は考えていないところでございます。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 今、総合戦略の策定が進んでいると思いますけども、奥出雲町はバイオマスの産業都市ということですが、その総合戦略の一つに、やはりバイオマスエネルギーの利用というのは入ってくるんじゃないかなというふうに思います。木質資源ということを考えますと、奥出雲町、そういうのはやはり奥出雲町らしさということになると思いますけども、景観的にもイメージ的にも、そういう木質資源を強調した建築というものは必要ではないかと思います。


 こういう大きな建物もそうですけども、小さな建築物、これからの建築物に対して、そういったことを反映させるということ、バイオマスタウンとして反映させるということに対して、これからの方向性に対しての質問をさせていただきます。これからどういうふうにされるのかというのをお聞きしたいと思います。


○議長(岩田 明人君) 藤原企画財政課長。


○企画財政課長(藤原 努君) ただいま内田議員から、今後の公共施設等につきましてのバイオマスの活用等についての御質問でございました。


 本件の議案につきましては契約案件で、直接はその話は契約には関係ないということだとは思いますけれども、総合戦略の策定の中では、当然そういった検討も行っております。奥出雲町の森林資源、これをできるだけ有効に活用していくということは当然、町として考えるべきことというふうに認識をしております。


 そういったこともございまして、今回の八川小学校につきましては木造という考えでございますし、ただ、全てのものについて木造でということは、これは不可能な面がございますので、物によりましては木造ということにはならないと。ただ、できるだけ町内産の木材を活用する等の配慮はしていきたいというふうに考えております。以上です。


○議長(岩田 明人君) 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) この建てかえ期間中の小学校やスポ少等の体育館の利用については、どのような代替措置になってますでしょうか。


○議長(岩田 明人君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) 御質問にお答えいたします。


 現在、学校の施設開放で、この体育館を利用されてる団体が3団体ほどございます。この期間中につきましては、ほかの学校施設等を御使用いただくよう、それぞれの関係団体へ御連絡を申し上げて、御理解を得ておるところでございます。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) ほか、ございますか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 入札率が99.2%ということでございますが、この間の本庁舎の仁多庁舎、あれも99.76%でしたか、ほぼ100%に近いような形の入札率ですけれども、ここらあたりについてはどういうふうな考えなのか。例えばもともとの町が思ってる金額が低いのか、それともそうじゃないのか、そこらあたり、ちょっとお聞かせいただきたい。


○議長(岩田 明人君) 江角財産管理室長。


○財産管理室長(江角 啓君) 先ほどの質問にお答えをしたいと思います。


 まず、入札に入る前に設計をするわけですけれども、その設計をした価格、それから入札の結果、応札をされた価格、これがともに適正な価格であったということで同額の率、100%に近い率で落札されたものというふうに考えております。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) 11番、松?正芳議員。


○議員(11番 松? 正芳君) この設計図ですけれども、外からの入り口の階段が北側へとってありまして、子供は校舎のほうから屋根伝いに行くからいいと思いますが、案外冬季のイベントというですか、大会とか何かやる場合に、石段のとこは吹きだまりというですか、北から吹き込むような感じになりますが、そっくりこれ、南と北と入れかえたら、何だやいい格好にならへんかと思うけど、何かあそこのランチルームへの給食車のぐあいとか何かで理由があるのかどうか、ちょっとこの階段を下側へとってあるというのの理由をちょっと聞かせてほしいと思います。


○議長(岩田 明人君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) 御質問にお答えをいたします。


 2枚目の平面図を添付しておりますからごらんをいただきたいと思います。現在の体育館は、このつま側に玄関がついております。今の時代でございます、足の不自由な方等に配慮した施設整備ということで、車椅子でも入ることが可能なようにスロープを設けておりまして、これが余り短い距離ですと急勾配になりますので、できるだけ勾配の緩いスロープをつくるということで、これをつま側に持ってまいりましたので、したがって、玄関を北か南かという、今御質問でございましたけれども、今現在は北側に健常な方の玄関を持ってきております。


 なぜ南側でないかというところでございますが、校舎と隣接して桜の木等もございますし、水路等もございますので、そこらあたりを考慮して北側のほうに設けさせていただくということでございます。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) 7番、内田精彦君。


○議員(7番 内田 精彦君) この八川小学校の屋体ですが、設計業者を教えていただきたいということと、トイレが男女2カ所、2人ずつとってあります。これはやっぱり人数的に考えて2人ずつ、2カ所いいますか、とってあるのかどうか。


 それから、先ほどちょっと同僚議員の質問と兼ねるかもわかりませんが、これ完成しましたら八川小学校が主体的に使うわけですが、小学校との協議といいますか、これでどうだろうかというふうな、そういう協議をされたのかどうか。されておられれば、どのぐらいされておるのか、わかれば教えていただきたい。


○議長(岩田 明人君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) 御質問にお答えをいたします。


 まず、トイレの器数という御質問でございましたけれども、これは生徒数勘案、他の学校のトイレ等の状況も勘案して、生徒数が現在、本年度で46名という状況でございますので、2器、2器ということで計画をさせていただいたところでございます。


 それから、小学校との協議ということでございますが、これにつきましては、昨年来からずっと八川地区には建設検討委員会というものもございまして、小学校ももちろん入っておいでになりまして、本設計に入る前にそこら辺についても学校行事上の支障のない大きさ、それから設備等につきまして協議をさせていただいています。


 その中で、特に先ほどありましたトイレにつきましては、これまでは和式がほとんどでございましたけれども、児童がけがをしたときに行きにくいというようなこともございまして、洋式のもので設計を組んだりした、十分といえばどうなのかわかりませんが、学校からも書面で、馬木小学校の状況も小学校側で見ていただいて、ほぼそれに近いものをイメージしていただいた中で施設を、設計上考慮すべき点を出していただいて反映をさせております。


○議員(7番 内田 精彦君) 設計会社は。


○教育総務課長(糸原 敬君) 失礼をいたしました。


 設計事務所は、松江市の坂本建築設計事務所でございます。


○議長(岩田 明人君) ほかはございませんね。


              〔質疑なし〕


○議長(岩田 明人君) 質疑を終わります。


 続いて、議案第82号について討論を行います。


 討論がございましたら、本案に反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(岩田 明人君) 討論なしと認めます。よって、議案第82号について討論を終わります。


 これより採決を行います。


 日程第4、議案第82号、奥出雲町立八川小学校屋内運動場改築工事(建築主体)請負契約締結についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(岩田 明人君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 報告第11号





○議長(岩田 明人君) 次に、日程第5、報告第11号、専決処分の報告について(地方自治法第180条第2項に基づく報告)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 江角財産管理室長。


            〔財産管理室長説明〕


  ───────────────────────────────


 報告第11号 専決処分の報告について(地方自治法第180条第2項に基づく報告)


  ───────────────────────────────


○議長(岩田 明人君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより報告第11号について質疑を行います。質疑はございますか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 後続の相手方車両に追突されたということだと思うんですけども、それ、追突されて過失割合80%というのはなかなかちょっと考えにくいと思いますが、よほどの急ブレーキだったのかと思いますけれども、そこら辺、もうちょっと詳しくお願いします。


○議長(岩田 明人君) 江角財産管理室長。


○財産管理室長(江角 啓君) 先ほどの御質問にお答えをしたいと思います。


 結果としては、先ほど議員おっしゃいますように、後続車に追突をされたという結果でございますけども、その後続車の追突を招いた経過といいますか、それが本町側に過失が大きいというふうな理由で、このような結果になったというふうに推察しております。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 今、私もその質問をしようと思ったところですけれども、答弁をお聞きいたしましたが、あそこはかなり、こちら側から行くと鋭角になっていると思います。後続車のほうが追突したんだけれども、過失割合が、それを招いたのがこちらのほうの過失割合が大きいという答弁だったと思いますけれども、ちょっとイメージができないんですよね、それが。例えば後続車のほうがスピードがある程度あって、あるいは例えば本町の公用車のほうが急に例えば左折をしたと、そういう形だったのかどうか、ちょっとそのあたり、もう一度お聞かせいただきたいと思います。


○議長(岩田 明人君) 江角財産管理室長。


○財産管理室長(江角 啓君) 先ほどの御質問にお答えをさせていただきたいと思います。


 本件につきましては、当初から双方の言い分が異なっております。一方は相手方の過失が大きい、一方は奥出雲町側の過失が大きいというふうなことで当初、その現場の目撃者もいないというふうなことでございました。このことから、双方の保険会社のほうが第三者機関を立ててその事故を検証するということで検証がなされた結果でございます。


 なお、この損害の第三者を入れるに当たりまして、その結果については双方異議の申し立てをしないと、それからこの会社がいろいろな調査をするわけですけども、そのことに関しては公表しないというふうなのが原則の中で、こういった第三者を入れての調査というふうになったわけでございます。これはあくまでも非公開ということでございましたので、こちら側の代理人であります損害保険の会社の推測というふうな前提でお話をさせていただきますと、まず、先ほどおっしゃいますように、かなり鋭角に曲がっているということで、本町側の車が一回右に膨らんで左折したのではないかというふうな結果になっております。そういったことから、一回右に膨らんだという行為が、後続車については右折するものだという誤解を与えたというふうなことから、そこからまた左に曲がったということで後続車が追突したということで過失が奥出雲町のほうが大きいというふうに判断されたというふうにお伺いしているところでございます。以上でございます。


○議長(岩田 明人君) 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) こうやって物損事故で済んだわけですけども、人身事故とか傷害事故とか、そういうものが発生したら大変だと思います。奥出雲町にもたしか安全運転管理者がいらっしゃいます。また、安全運転に関しての研修とか、そういうものはどういうふうになされているか。こういう事故がたびたび重なってくれば、金額よりも人身のほうが一番怖いですので、その辺、公用車を利用される場合、特に気をつけてほしいですけど、その辺の対応はされてますか。


○議長(岩田 明人君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) お答えいたします。


 役場も事業所として安全運転管理者は置いております。私が安全運転管理者、そして横田の庁舎につきましては税務課長が安全運転管理をしております。


 公用車につきましては、事前に点検、それから日誌等も毎日書くように、利用者についてはしております。なお、車自体の整備についても点検をしながらやっておりますが、こうした形で事故があるというのは非常に残念なことで、今後、さらに職員の研修等も進めていきたいというふうに考えております。なお、事故の度合いによりましては処分というようなことも考えながら進めていきたいというふうに考えております。


○議長(岩田 明人君) 以上で質疑を終わります。


 日程第5を終了いたします。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(岩田 明人君) 以上をもちまして、本臨時会に付託されました議案の審議は全て終了いたしました。


 これにて平成27年第3回奥出雲町議会臨時会を閉会といたします。御苦労さまでございました。


           午前10時14分閉会


  ───────────────────────────────