議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成27年第1回定例会(第4日 3月27日)




平成27年第1回定例会(第4日 3月27日)





 
────────────────────────────────────


平成27年 第1回(定例)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第4日)


                       平成27年3月27日(金曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第4号)


                   平成27年3月27日 午前9時30分開議


 日程第1 議案第3号 奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第2 議案第4号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第3 議案第5号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について


 日程第4 議案第6号 奥出雲町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会条例制定について


 日程第5 議案第12号 奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第6 議案第13号 奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について


 日程第7 議案第14号 奥出雲町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第8 議案第15号 奥出雲町重要文化的景観整備事業分担金徴収条例制定について


 日程第9 議案第17号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について


 日程第10 議案第32号 公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第一集会所)


 日程第11 議案第33号 公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第二集会所)


 日程第12 議案第34号 公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)


 日程第13 議案第35号 公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)


 日程第14 議案第36号 公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)


 日程第15 議案第37号 公の施設の指定管理者の指定について(大市西集会所)


 日程第16 議案第53号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)


 日程第17 陳情第1号 高田小学校統合要望書


     (日程第1〜17 総務文教常任委員会委員長報告)


 日程第18 議案第7号 奥出雲町小集落改良住宅の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について


 日程第19 議案第8号 奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について


 日程第20 議案第16号 雲南広域連合規約の一部を変更する規約について


 日程第21 議案第18号 奥出雲町の特定の事務を取扱う郵便局の指定の一部取り消しについて


     (日程第18〜21 福祉厚生常任委員会委員長報告)


 日程第22 議案第10号 奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第23 議案第11号 奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定について


 日程第24 議案第38号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)


 日程第25 議案第39号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町玉峰交流施設)


 日程第26 議案第40号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町地域資源活用総合交流促進施設)


 日程第27 議案第41号 公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)


 日程第28 議案第42号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町奥出雲おろちループ道の駅施設)


 日程第29 議案第43号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農林漁業体験実習施設)


 日程第30 議案第44号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町佐白地区交流拠点施設)


 日程第31 議案第45号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)


 日程第32 議案第46号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)


 日程第33 議案第47号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町要害山交流拠点施設)


 日程第34 議案第48号 公の施設の指定管理者の指定について(横田農畜産物展示販売センター)


 日程第35 議案第49号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)


 日程第36 議案第50号 公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)


 日程第37 議案第51号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)


 日程第38 議案第52号 公の施設の指定管理者の指定について(農作業準備休憩施設)


 日程第39 議案第54号 奥出雲町町道路線の認定について


 日程第40 議案第55号 奥出雲町町道路線の変更について


 日程第41 陳情第2号 町道湯の原線の道路改良整備の早期実現を求める要望について


     (日程第22〜41 産業建設常任委員会委員長報告)


 日程第42 議案第56号 平成27年度奥出雲町一般会計予算提出について


 日程第43 議案第57号 平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について


 日程第44 議案第58号 平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について


 日程第45 議案第59号 平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について


 日程第46 議案第60号 平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について


 日程第47 議案第61号 平成27年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について


 日程第48 議案第62号 平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について


 日程第49 議案第63号 平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について


 日程第50 議案第64号 平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について


 日程第51 議案第65号 平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について


 日程第52 議案第66号 平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について


 日程第53 議案第67号 平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について


 日程第54 議案第68号 平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について


 日程第55 議案第69号 平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算提出について


 日程第56 議案第70号 平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について


     (日程第42〜56 予算特別委員会委員長報告)


 日程第57 議案第71号 農山漁村地域整備交付金(地域用水環境整備事業)阿井発電所水車発電機設計製作据付工事請負契約締結について


 日程第58 議案第72号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について


 日程第59 議案第73号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(機械設備)請負契約締結について


 日程第60 議案第74号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(電気設備)請負契約締結について


 日程第61 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


 日程第62 発議第1号 奥出雲町議会委員会条例の一部を改正する条例制定について


 日程第63 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


   ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第3号 奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第2 議案第4号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第3 議案第5号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について


 日程第4 議案第6号 奥出雲町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会条例制定について


 日程第5 議案第12号 奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第6 議案第13号 奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について


 日程第7 議案第14号 奥出雲町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第8 議案第15号 奥出雲町重要文化的景観整備事業分担金徴収条例制定について


 日程第9 議案第17号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について


 日程第10 議案第32号 公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第一集会所)


 日程第11 議案第33号 公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第二集会所)


 日程第12 議案第34号 公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)


 日程第13 議案第35号 公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)


 日程第14 議案第36号 公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)


 日程第15 議案第37号 公の施設の指定管理者の指定について(大市西集会所)


 日程第16 議案第53号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)


 日程第17 陳情第1号 高田小学校統合要望書


     (日程第1〜17 総務文教常任委員会委員長報告)


 日程第18 議案第7号 奥出雲町小集落改良住宅の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について


 日程第19 議案第8号 奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について


 日程第20 議案第16号 雲南広域連合規約の一部を変更する規約について


 日程第21 議案第18号 奥出雲町の特定の事務を取扱う郵便局の指定の一部取り消しについて


     (日程第18〜21 福祉厚生常任委員会委員長報告)


 日程第22 議案第10号 奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第23 議案第11号 奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定について


 日程第24 議案第38号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)


 日程第25 議案第39号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町玉峰交流施設)


 日程第26 議案第40号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町地域資源活用総合交流促進施設)


 日程第27 議案第41号 公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)


 日程第28 議案第42号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町奥出雲おろちループ道の駅施設)


 日程第29 議案第43号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農林漁業体験実習施設)


 日程第30 議案第44号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町佐白地区交流拠点施設)


 日程第31 議案第45号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)


 日程第32 議案第46号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)


 日程第33 議案第47号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町要害山交流拠点施設)


 日程第34 議案第48号 公の施設の指定管理者の指定について(横田農畜産物展示販売センター)


 日程第35 議案第49号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)


 日程第36 議案第50号 公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)


 日程第37 議案第51号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)


 日程第38 議案第52号 公の施設の指定管理者の指定について(農作業準備休憩施設)


 日程第39 議案第54号 奥出雲町町道路線の認定について


 日程第40 議案第55号 奥出雲町町道路線の変更について


 日程第41 陳情第2号 町道湯の原線の道路改良整備の早期実現を求める要望について


     (日程第22〜41 産業建設常任委員会委員長報告)


 日程第42 議案第56号 平成27年度奥出雲町一般会計予算提出について


 日程第43 議案第57号 平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について


 日程第44 議案第58号 平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について


 日程第45 議案第59号 平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について


 日程第46 議案第60号 平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について


 日程第47 議案第61号 平成27年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について


 日程第48 議案第62号 平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について


 日程第49 議案第63号 平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について


 日程第50 議案第64号 平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について


 日程第51 議案第65号 平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について


 日程第52 議案第66号 平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について


 日程第53 議案第67号 平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について


 日程第54 議案第68号 平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について


 日程第55 議案第69号 平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算提出について


 日程第56 議案第70号 平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について


     (日程第42〜56 予算特別委員会委員長報告)


 日程第57 議案第71号 農山漁村地域整備交付金(地域用水環境整備事業)阿井発電所水車発電機設計製作据付工事請負契約締結について


 日程第58 議案第72号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について


 日程第59 議案第73号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(機械設備)請負契約締結について


 日程第60 議案第74号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(電気設備)請負契約締結について


 日程第61 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


 日程第62 発議第1号 奥出雲町議会委員会条例の一部を改正する条例制定について


 日程第63 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


  ───────────────────────────────


             出席議員(14名)


    1番 内 田 雅 人君     2番 石 原 武 志君


    3番 藤 原 和 範君     4番 川 西 明 徳君


    5番 塔 村 俊 介君     6番 内 田   勇君


    7番 内 田 精 彦君     8番 藤 原 充 博君


    9番 村 尾 明 利君     10番 若 月 忠 男君


    11番 松 ? 正 芳君     12番 大 垣 照 子君


    13番 岩 田 明 人君     14番 景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(なし)


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 和久利 民 男君  局長補佐 ─── 安 部 陽 子君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 勝 田 康 則君  副町長 ──── 松 浦 士 登君


教育長 ──── 安 部   隆君  総務課長 ─── 川 本 健 二君


教育総務課長 ─ 糸 原   敬君  企画財政課長補佐 石 原 耕 司君


病院事務長 ── 内 田 久 貴君


健康福祉課長兼福祉事務所長 ───────────── 野 原 万寿老君


水道課長 ─── 稲 垣 和 利君  税務課長 ─── 堀 谷 智 樹君


建設課長 ─── 松 島 昭 雄君  社会教育課長 ─ 高 橋 安 典君


会計管理者 ── 吉 川 孝 司君  町民課長 ─── 石 原 啓 子君


環境政策課長 ─ 杠   康 彦君


健康づくり推進課長 ───────────────── 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ─ 舟 木   長君  地域振興課長 ─ 森 長 洋 二君


子育て支援課長  若 月 ゆかり君  債権管理課長 ─ 森 山 正 人君


農林土木課長 ─ 若 月 勝 久君  観光推進課長 ─ 本 山 宏 人君


  ───────────────────────────────


            午前9時26分開議


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 これより日程に入ります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 議案第3号 から 日程第17 陳情第1号





○議長(景山 孝志君) 日程第1、議案第3号、奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第2、議案第4号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第3、議案第5号、奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について、日程第4、議案第6号、奥出雲町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会条例制定について、日程第5、議案第12号、奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第6、議案第13号、奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について、日程第7、議案第14号、奥出雲町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第8、議案第15号、奥出雲町重要文化的景観整備事業分担金徴収条例制定について、日程第9、議案第17号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について、日程第10、議案第32号、公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第一集会所)、日程第11、議案第33号、公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第二集会所)、日程第12、議案第34号、公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)、日程第13、議案第35号、公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)、日程第14、議案第36号、公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)、日程第15、議案第37号、公の施設の指定管理者の指定について(大市西集会所)、日程第16、議案第53号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)、日程第17、陳情第1号、高田小学校統合要望書、以上の17議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月3日の本会議におきまして、総務文教常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条及び第95条の規定により、委員長から報告を求めます。


 9番、村尾明利総務文教常任委員会委員長。


○総務文教常任委員会委員長(村尾 明利君) それでは、委員長報告を行います。


  ───────────────────────────────


                         平成27年3月27日


         平成27年第1回奥出雲町議会定例会


          総務文教常任委員会委員長報告


 奥出雲町議会議長 景 山 孝 志 様


                       総務文教常任委員会


                        委員長 村 尾 明 利


 平成27年第1回奥出雲町議会定例会、3月3日の本会議において当委員会に付託されました議案第3号から6号、12号から15号、17号、32号から37号、53号、陳情第1号について、会議規則第77条及び95条の規定により報告いたします。


  ───────────────────────────────


 開催日、平成27年3月17日。出席委員7名。説明出席者、教育長、総務課長、企画財政課長、教育総務課長、会計管理者、社会教育課長、税務課長、債権管理課長、財産管理室長。


 審査案件及び審査の概要と審査結果を申し述べます。


 議案第3号、奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、特別職の職員の給料月額の特別減額及び島根県人事委員会勧告に基づく期末手当の支給割合について所要の改正を行う必要があると認めます。全会一致により、原案可決といたしました。


 議案第4号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について。島根県人事委員会勧告を受けて、一般職の職員等に対して支給する給料及び諸手当について所要の改正を行う必要があると認めました。賛成多数により、原案可決といたします。


 議案第5号、奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について。非常勤の職員の報酬について所要の改正が必要と認める。全会一致により、原案可決。


 議案第6号、奥出雲町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会条例制定について。まち・ひと・しごと創生法の制定を踏まえ、将来の町のビジョン及び総合戦略を策定し、人口減少に歯どめをかけ、将来にわたって活力のある町の形成に資することから、これを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第12号、奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について。地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行並びに教育委員会教育長の給料月額の特別減額及び島根県人事委員会勧告に基づく期末手当の支給割合について所要の改正を行う必要があると認める。賛成多数により、原案可決。


 議案第13号、奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について。地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、教育長の職務に専念する義務の特例を定める必要があると認める。賛成多数により、原案可決。


 議案第14号、奥出雲町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定について。奥出雲町内の幼稚園及び保育所の一体的な幼児教育の充実を図ることから、平成27年をもって全ての幼稚園を閉園し、幼児園に移行するため、一部の改正を行う必要があると認めました。全会一致により、原案可決。


 議案第15号、奥出雲町重要文化的景観整備事業分担金徴収条例制定について。町が実施する奥出雲町重要文化的景観整備事業に当たり、分担金の徴収を認める。全会一致により、原案可決。


 議案第17号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について。奥出雲町過疎地域自立促進計画の変更について、これを認める。全会一致、原案可決。


 議案第32号、公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第一集会所)。滝の上第一集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第33号、公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第二集会所)。滝の上第二集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第34号、公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)。三成団地集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第35号、公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)。林原団地集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第36号、公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)。佐白地区集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第37号、公の施設の指定管理者の指定について(大市西集会所)。大市西集会所を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 議案第52号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)。奥出雲町郷土芸能施設を指定管理者に管理させることを認める。全会一致により、原案可決。


 陳情第1号、高田小学校統合要望書。奥出雲町立高田小学校を奥出雲町立亀嵩小学校に統合する要望であり、教育環境悪化への懸念や地区住民の大多数の合意があることから、学校統合が必要であると認める。賛成多数により、原案可決。


 以上、議案審査の報告を終わります。


○議長(景山 孝志君) 村尾委員長、先ほど委員長報告の中で議案第52号を53号と……。(発言する者あり)53が52となっておるということについて訂正をお願いします。


○総務文教常任委員会委員長(村尾 明利君) 失礼しました。議案第53号の公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)、これを議案第52号と読み上げましたので訂正させていただきます。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 議案第3号から議案第17号までの9議案及び陳情第1号の質疑は1議案ずつ行い、議案第32号から議案第53号までの公の施設の指定管理者の指定関係7議案についての質疑は一括して行います。


 まず、議案第3号について質疑を行います。質疑はございますか。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第4号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第5号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第6号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第12号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第13号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第14号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第15号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第17号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、続いて、議案第32号から議案第53号までの公の施設の指定管理者の指定関係7議案について質疑を行います。質疑がございましたら、議案番号を示されてから質疑をお願いします。質疑はございますか。ありませんか。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 公の施設の指定管理者の指定について質問いたします。一つは集会所関係が揚げてございますけれども、集会所については基本的に自治会の所有としていますが、町所有で自治会の指定管理となっているものもあります。その違いは何なのかという議論はありましたでしょうか。またこの集会所の施設について、指定管理料や使用料等の議論はありましたでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 9番、村尾明利総務文教常任委員会委員長。


○総務文教常任委員会委員長(村尾 明利君) 先ほどの公の施設の指定管理者の指定についての質疑ですが、いわゆる集会所の施設について、どういった議論があったかということでございますが、基本的には町のほうの、例えば滝の上第一集会所、第二集会所、大市西集会所等は町営住宅を建設するというようなことで、町営住宅の建設に伴っての地域コミュニティーの促進を図るということでの集会所でございますので、団地での人の入れかえ大変多いという中で、町が建設したというふうな経緯があるということでございまして、また、あわせて三成とか林原、あるいは佐白、これは尾原ダム建設の移転に伴うというようなことで、それも町が建設したという経緯がございます。


 いずれもこの地域のコミュニティーを促進させるということですが、御承知のように団地でございますので、大変人の入れかえが激しいということで、町のほうでのこうした集会所施設については、町の町有の施設ということで地元に管理していただくというふうなスタイルでおります。こうした集会所は、今回6施設というふうなことで議論をしております。


 それから、先ほどの郷土芸能施設、これも利用の状況はどうだとかいうふうな議論をさせていただきました。若干お話しいたしますと、大体利用が70回ぐらいの使用というふうなことでございまして、ほとんどが神楽関係の使用ということですが、中にはそれ以外にいろいろな催しが2回とか、あるいは団体、あるいは銭太鼓の練習といったものが何件か利用が図られるということでございます。また、これについての運営経費も大体60万ぐらい出しているということでございまして、その中身は水道代とか、あるいは電気代というふうなものが主な内容ということでございます。若干公の施設の中では、郷土芸能施設は内容が他の6施設よりもちょっと異なるというふうな状況にございます。


 そういった議論をさせていただきました。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、続いて、陳情第1号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論につきましても、議案第3号から議案第17号までの9議案及び陳情第1号は1議案ずつ行い、議案第32号から議案第53号までの7議案についての討論は一括して行います。


 最初に、議案第3号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第3号についての討論を終わります。


 続いて、議案第4号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 議案第4号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、反対討論をさせていただきます。


 理由としまして、現在島根県内でも最も低い給与水準であるということ、そして島根県人事委員会勧告は県職員を対象とするものであり、奥出雲町職員を対象とするものではないということ、そして今回、行政職は2級の13号から改正の対象となっておりますけども、50代中心というものではなくて、30代など若い職員も減額の対象となるということ、そして医療職も減額の対象であるということを、以上を理由として反対いたします。


○議長(景山 孝志君) 次に賛成の方から発言を許します。ありませんか。


 次に、反対の方の発言を許します。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第4号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、反対の討論をいたします。


 委員長報告は原案可決であります。


 この条例は、今年度の人事院勧告の給与制度の総合的見直し、すなわち公務員給与を0%から4%、全体で2%下げるというものに従い、奥出雲町においては1%から2%引き下げるというものであります。これは働く者の所得をふやすという現政権の言ってることに逆行しています。


 また、職員の仕事の現状、職責、士気、地域経済への悪影響の点から問題があります。町では、公務員の給料が民間の給料より高いから下げるべきだという意見もありますが、公務員の給料が下げたからといって民間の給料が上がったというためしがありません。むしろ、さらに下がりました。


 公務員の給料は、公務員だけでなく公務員以外の会社員の賃金、パート、アルバイトなどの最低賃金、また年金額、生活保護費などの基準になります。合併以来、奥出雲町職員は職員数が減らされ、仕事の量はふえ、仕事の内容は質の高さを求められるなど、労働条件が悪化する中、町民の期待に応えるため一生懸命頑張っています。そして、この間、安倍政権の物価引き上げ政策、消費税増税によって物価が2.66%上昇するもとで実質賃金は19カ月連続で下がり続けています。退職年齢引き上げもある中で、55歳になったら昇給がないというのでは、30年以上勤め上げたベテラン職員に対し、行政のいじめと言われるものであります。昇給停止は道理がありません。町財政の悪化の中で、町の支出を削るために町職員の給料、臨時に削減してることとあわせ、ダブルパンチであります。削減はもうやめるべきであります。


 そもそも、給与削減の理由となった財政悪化は職員のせいで生じたものではなくて、政権の政策の誤りから生じたものであります。給与は本来の姿に戻すべきであります。地域経済活性化に充てるなどという、もっともらしい美名のもと、政権が不当にも地方のお金である交付税を削減して、給与削減を押しつけてきたことをのむことになります。多くの職員はよく頑張っています。平日の時間外勤務や休日出勤も多くなっています。超過勤務手当はきちんと支給されているのか、心配であります。それに対して、一律の強制的な減額で報いるのでは、職員の士気にもかかわります。したがって、この条例案に賛成することはできません。


 以上、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方から発言を許します。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 私は賛成の立場から少し話をさせていただきます。簡単に言いますと、現在の奥出雲町の給与水準を見てみると、やはり公務員の方の給与は非常に恵まれています。そして、ボーナスもちゃんと年2回支払われるという、一般の企業を見てみますと、昨年度だけでも倒産した会社が何社かあります。そして、賞与等が払われてない会社もいっぱいあります。そういうふうな町民感情から見れば、非常に役場の方は恵まれてるんじゃないかというふうな気持ちがすごくあると思います。


 また、島根県の場合、水準からいっても全国水準で賃金がA、B、C、Dと4段階に分かれてます。そのうちのDランクですから、当然国の指定に従ったり、県の流れに乗ってやっていかないといけない部分があると思います。まして、これは後でまた27年度の予算が出たときにお話しするようになると思いますけども、やはりことしの予算を見てみると、こういうことをしながらでも景気回復を目指してというふうなのがあらわれてると思います。


 私は、自分が事業をやってるからじゃないんですけども、なかなか賃金を上げるのは大変です。一般企業は非常に努力してます。そういう意味でも、こういう形で町の方も町職員の方ももう一歩努力をしていただきたいというふうに思います。以上です。


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありますか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第4号についての討論を終わります。


 続いて、議案第5号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。ありませんか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第5号についての討論を終わります。


 続いて、議案第6号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、議案第6号についての討論を終わります。


 続いて、議案第12号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第12号、奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について、反対の討論を行います。


 委員長報告は、原案可決であります。


 この条例は、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の施行に基づく改正ですが、そもそも戦後教育委員会制度創設は戦前、戦中に政治が教育に介入して戦争に引き込んでいきました。その反省に立って、教育を政治から独立させるためのものでありました。戦前の教育行政は、国家を頂点とした中央集権制度のもとに置かれ、地方の教育は国が派遣した地方長官のもとに置かれました。教育の自由や、自主性は厳しく抑圧され、教育勅語を中心に国民は天皇の家来、天皇のために命を投げ出すのが最高の美徳と教え、国民を戦争に疑問を抱かせずに駆り立てました。教育の政治的中立性は、政府、首長などが属する政治的党派の政治的考えによって教育を左右してはいけないという意味であります。


 新制度では、教育長、教育委員長を教育長と合体した新教育長を首長が任命するということで、教育委員会の首長からの独立性が大きく弱められることだと考えます。町長が国の教育計画をしんしゃくして町の教育大綱を制定する、町長と教育委員による総合教育会議で協議するというものであります。


 現在教育委員は、首長が議会の同意を得て任命します。しかし、町長の部下ではなく、あくまでも住民の代表であります。教育委員の独立性を保つために、委員の罷免は心身の故障、非行など、よっぽどの理由がない限りできないことになっています。教育委員会は、町長、教育長、教育委員会事務局の提案を無批判に承認するのではなく、住民の代表として子供たち、保護者、教育関係者の声、実態をつかんで、教育的な見地から自立的な判断をすることが求められます。


 新制度を危惧する国民の声、国会論戦などによって、教育委員会は独立した行政機関として残りました。このことを活用して、教育の政治的独立を堅持すべきだということを強く訴え、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方からの発言を許します。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 議案第12号、奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について、賛成の立場から討論いたします。


 本条例の一部を改正する条例の今回の条例は、教育長の期末手当、6月支給分を100分の130から100分の140に、12月支給分を100分の160から100分の150にと、6月と12月で差があるものを均等化するものであります。また、教育長の給料を月額56万円から2万8,000円減額するという、今、奥出雲町の財政の厳しい状況を踏まえ、教育長の給料も削減するものであります。給料の6月、12月の平準化、そして職員、町長も含め、給料を減額する中で、教育長にも給料を減額していただくという条例でございますので、何とか御納得いただきながら、賛成をしたいと思います。以上で賛成討論を終わります。


○議長(景山 孝志君) 次に、反対の方からの発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方からの発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第12号についての討論を終わります。


 続いて、議案第13号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第13号、奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について、反対の討論を行います。


 委員長報告は、原案可決であります。


 この条例は地方教育行政の組織及び運営に関する法律の施行に基づく特例でありますが、教育の独立に配慮し、奥出雲町の条例改正は最低限にすべきだと考えます。私は、首長や議員が教育について物を言うことを否定はしません。教育をともに支える者として、自由に語り合うべきであると考えます。


 しかし、教育現場を萎縮させるような政治的な圧力をかけるような言動は子供たちのためにならず、すべきでもありません。首長には教育の自主性に配慮しつつ、教育予算の確保を初め積極的な役割を果たすことを期待して、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方からの発言を許します。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 議案第13号、奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定について、賛成の立場から討論いたします。今回の条例制定は、教育長の職務に専念する義務の免除に関する条例でございます。教育長は常勤であり、基本的には教育委員会の職務に専念しなければなりません。しかし、以下の場合について職務の免除を規定しております。1つ、研修を受ける場合、2つ、厚生に関する計画の実施に参加する場合。そして、3つ目に前2号に規定する場合を除くほか教育委員会が定める場合の3つを規定しております。当然のことでありますが、今回の規定がございませんと教育長は研修にも参加することはございません。また、教育委員会が実施する厚生に関する計画の実施にも参加できず、教育長なしで教育委員会の厚生の計画を実施しなければなりません。当然必要な措置だと思い、賛成いたします。以上で賛成討論を終わります。


○議長(景山 孝志君) 次に、反対の方からの発言を許します。ありませんか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方からの発言を許します。ありませんか。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第13号についての討論を終わります。


 続いて、議案第14号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第14号についての討論を終わります。


 続いて、議案第15号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第15号についての討論を終わります。


 続いて、議案第17号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第17号についての討論を終わります。


 続いて、議案第32号から議案第53号までの7議案について討論を行います。討論がございましたら、議案番号を示されて、反対の方から発言をお願いします。討論はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第32号から議案第53号までの討論を終わります。


 続いて、陳情第1号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 私はこの陳情に採択反対の立場でちょっと意見を言います。


 今の教育環境を見ると、全町的に小学校統合しないといけないような状況がもう目の前に迫ってるような気がするんです。ましてや今回、高田小学校は亀嵩小学校、状況はわかります。けど、この2校だけを統合するような採択をしていくと、今後、全町を挙げての統合に支障が出てくるというふうな気持ちがあります。ぜひとも、今回こういうことを先行せずに全町での小学校の統合を考えていくべきだと私は思って、今回は不採択といたしました。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方からの発言を許します。ありませんか。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、陳情第1号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 採決につきましても、議案第3号から議案第17号までの9議案及び陳情第1号については1議案ずつ行い、議案第32号から議案第53号までの7議案については、討論がありませんでしたので、一括して採決をいたします。


 日程第1、議案第3号、奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり可決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第2、議案第4号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第3、議案第5号、奥出雲町非常勤職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第4、議案第6号、奥出雲町まち・ひと・しごと創生総合戦略審議会条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第5、議案第12号、奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第6、議案第13号、奥出雲町教育委員会教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第7、議案第14号、奥出雲町立学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 日程第8、議案第15号、奥出雲町重要文化的景観整備事業分担金徴収条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 日程第9、議案第17号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第10、議案第32号、公の施設の指定管理者の指定について(滝の上第一集会所)から日程日程第16、議案第53号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町郷土芸能施設)までの7議案について採決を行います。


 先ほど、討論がございませんでしたので、議案第32号から議案第53号までの7議案について、一括して採決いたします。これに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 御異議なしと認めます。


 議案第32号から議案第53号までの7議案については、一括して採決いたします。


 本7議案についての委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、議案第32号から議案第53号までの7議案については、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第17、陳情第1号、高田小学校統合要望書についてを採決いたします。本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 ここで休憩に入ります。10時35分の再開といたします。休憩。


           午前10時23分休憩


  ───────────────────────────────


           午前10時34分再開


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、休憩前に引き続きまして会議を開きます。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第18 議案第7号 から 日程第21 議案第18号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第18、議案第7号、奥出雲町小集落改良住宅の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について、日程第19、議案第8号、奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、日程第20、議案第16号、雲南広域連合規約の一部を変更する規約について、日程第21、議案第18号、奥出雲町の特定の事務を取扱う郵便局の指定の一部取り消しについて、以上の4議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月3日の本会議におきまして、福祉厚生常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条の規定により、委員長から報告を求めます。


 12番、大垣照子福祉厚生常任委員会委員長。


○福祉厚生常任委員会委員長(大垣 照子君) 平成27年3月27日。平成27年第1回奥出雲町議会定例会福祉厚生常任委員会委員長報告。奥出雲町議会議長、景山孝志様。福祉厚生常任委員会委員長、大垣照子。


 記。1、開催日、平成27年3月18日金曜日。2、出席委員数、8人。3、説明出席者、病院事務長、健康福祉課長、水道課長、町民課長、健康づくり推進課長。4、審査案件、4件。


 議案第7号、奥出雲町小集落改良住宅の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について。本議案は、土橋小集落改良住宅の建てかえ事業により更新住宅へ移行したため、町内の改良住宅がなくなるため廃止するものです。審査の内容、特に質疑はありませんでした。審査の結果、町内における改良住宅がなくなったため、条例廃止を妥当と認め、全員一致により原案可決としました。


 議案第8号、奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について。本議案は、小児慢性特定疾病を持つ児童等の医療費軽減を図るものです。審査の内容、児童福祉法第19条第3項の内容はという質問がございました。小児慢性特定疾病医療費のことで満6歳に達する日以降、満20歳に達する日までが該当、規則に定める疾病群の1から14番までで、医療機関に入院した者が疾病の該当者、ただし、既に公費を受けている者は除く、重度の方も町の助成の該当になる、当該児童は11人で、医療費の自己負担は償還払いで全てお返しするとの答弁がございました。審査の結果、改正条例制定の必要を認め、全員一致により原案可決としました。


 議案第16号、雲南広域連合規約の一部を変更する規約について。本議案は、低所得者への介護保険料を軽減し、高所得者には負担増とするもので、費用負担を見直す国の介護保険法の改正に伴うものです。審査の内容、特筆すべき質疑はありませんでした。審査の結果、国の法改正に伴い、所要の規約変更が必要と認め、全員一致により原案可決としました。


 議案第18号、奥出雲町の特定の事務を取扱う郵便局の指定の一部取り消しについて。本議案は、平成20年から町内旧郵便局において、住民票等発行事務を委託していたが、使用機器の製造停止により事業の見直しを行い、庁舎に近い仁多局と横田局の事業を取りやめるものです。審査の内容、仁多、横田局以外の郵便局での取扱量はとの質問に、平成26年度の集計は1月末現在、9局で230件、5万4,150円の利用があったとの答弁でした。審査の結果、提案理由を妥当と認め、全員一致により原案可決といたしました。


 以上、福祉厚生常任委員会に付託された議案の審査報告といたします。


○議長(景山 孝志君) 大垣委員長。訂正がありますか。


○福祉厚生常任委員会委員長(大垣 照子君) はい、訂正させてください。


○議長(景山 孝志君) それでは、大垣委員長より訂正の申し出がありました。これを許します。


○福祉厚生常任委員会委員長(大垣 照子君) 大変失礼をいたしました。3月3日の本会議で付託されたことを申し上げるのを忘れておりましたので、ここの部分、申し上げさせていただきます。平成27年第1回奥出雲町議会定例会、3月3日の本会議において、当委員会に付託されました議案第7号、8号、16号、18号について審査を行いましたので、会議規則第77条の規定により、審査結果の報告をいたします。


 あとは先ほど申し上げましたとおりでございます。大変失礼いたしました。


○議長(景山 孝志君) 以上で、委員長報告を終わります。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、議案第7号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第8号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第16号について質疑を行います。質疑はございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第18号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、議案第7号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第7号についての討論を終わります。


 続いて、議案第8号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第8号についての討論を終わります。


 続いて、議案第16号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第16号についての討論を終わります。


 続いて、議案第18号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第18号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第18、議案第7号、奥出雲町小集落改良住宅の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第19、議案第8号、奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第20、議案第16号、雲南広域連合規約の一部を変更する規約についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第21、議案第18号、奥出雲町の特定の事務を取扱う郵便局の指定の一部取り消しについてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第22 議案第10号 から 日程第41 陳情第2号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第22、議案第10号、奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第23、議案第11号、奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定について、日程第24、議案第38号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)、日程第25、議案第39号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町玉峰交流施設)、日程第26、議案第40号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町地域資源活用総合交流促進施設)、日程第27、議案第41号、公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)、日程第28、議案第42号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町奥出雲おろちループ道の駅施設)、日程第29、議案第43号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農林漁業体験実習施設)、日程第30、議案第44号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町佐白地区交流拠点施設)、日程第31、議案第45号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)、日程第32、議案第46号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)、日程第33、議案第47号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町要害山交流拠点施設)、日程第34、議案第48号、公の施設の指定管理者の指定について(横田農畜産物展示販売センター)、日程第35、議案第49号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲農産物加工施設)、日程第36、議案第50号、公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)、日程第37、議案第51号、公の施設の指定管理者の指定について(宝峰山森林総合利用施設)、日程第38、議案第52号、公の施設の指定管理者の指定について(農作業準備休憩施設)、日程第39、議案第54号、奥出雲町町道路線の認定について、日程第40、議案第55号、奥出雲町町道路線の変更について、日程第41、陳情第2号、町道湯の原線の道路改良整備の早期実現を求める要望について、以上の20議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月3日の本会議におきまして、産業建設常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条、第95条の規定により、委員長から報告を求めます。


 13番、岩田明人産業建設常任委員会委員長。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) それでは、報告をいたします。


  ───────────────────────────────


                         平成27年3月27日


         平成27年第1回奥出雲町議会定例会


          産業建設常任委員会委員長報告


 奥出雲町議会議長 景 山 孝 志 様


                       産業建設常任委員会


                        委員長 岩 田 明 人


 平成27年第1回奥出雲町議会定例会3月3日において、当委員会に付託されました議案第10号から議案第11号、議案第38号から議案第52号、議案第54号から議案第55号、陳情第2号から陳情第5号について、会議規則第77条及び第95条の規定により報告をいたします。


  ───────────────────────────────


 記。1つ、常任委員会の開催日でありますが、平成27年3月20日。出席委員、8名。説明出席者、地域振興課長、農業振興課長、農林土木課長、建設課長、観光推進課長、環境政策課長。


 審査案件の審査の概要でございますが、議案第10号、奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案可決。


 議案第11号、奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定について、原案可決。


 議案第38号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)、原案可決。


 議案第39号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町玉峰交流施設)、原案可決。


 議案第40号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町地域資源活用総合交流促進施設)、原案可決。


 議案第41号、公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)、原案可決。


 議案第42号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町奥出雲おろちループ道の駅施設)、原案可決。


 議案第43号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農林漁業体験実習施設)、原案可決。


 議案第44号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町佐白地区交流拠点施設)、原案可決。


 議案第45号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)、原案可決。


 議案第46号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)、原案可決。


 議案第47号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町要害山交流拠点施設)、原案可決。


 議案第48号、公の施設の指定管理者の指定について(横田農畜産物展示販売センターだんだん市場)、原案可決。


 議案第49号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)、原案可決。


 議案第50号、公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)、原案可決。


 議案第51号、公の施設の指定管理者の指定について(宝峰山森林総合利用施設)、原案可決。


 議案第52号、公の施設の指定管理者の指定について(川西地区農作業準備休憩施設)、原案可決。


 議案第54号、奥出雲町町道路線の認定について、原案可決。


 議案第55号、奥出雲町町道路線の変更について、原案可決。


 陳情第2号、町道湯の原線の道路改良整備早期実現を求める要望について、道路改良工事の要望であり、地域発展並びに通行障害の解消のため、早期改良の必要があると認め、採択。


 陳情第3号、農協改革など、「農業改革」に関する陳情、陳情第4号、米価対策の意見書を求める陳情、陳情第5号、TPP交渉に関する陳情、継続審査とする。


 質疑、応答について、若干のお話をしたいと思います。


 議案第10号、奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、横田肥育センターという文言を、横田第2繁殖育成センターに変えるというものでございます。


 議案第11号、奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定について。有害鳥獣による農作物被害を防止するために鳥獣被害対策実施隊を設置するものです。質問で、町内のイノシシの被害はどれくらいあるのかということでございましたが、答えとして、イノシシ被害は余り聞いていない。被害を減らすためには、緩衝地域の草刈りや耕作放棄地を出さない等の管理が必要であるということでございます。


 それから、議案第38号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)。玉峰山荘のことで、指定管理者はありませんという状況でした。


○議長(景山 孝志君) 管理料はありません。管理者じゃない。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) そうですね。失礼しました。玉峰山荘のことですが、指定管理料はありませんということで訂正させていただきます。


 議案第39号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町玉峰交流施設)。玉峰山荘に隣接するホールということで、例の蔵があったと思うんですけど、昔の、指定管理料はありませんということでございます。


 それから、議案第40号、公の施設の指定管理者の指定についてということでございまして、奥出雲町地域資源活用総合交流促進施設ということで、三成の仁多特産市です。指定管理料はありませんという状況です。


 議案第41号、公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)、指定管理料はありませんということです。


 議案第42号、公の施設の指定管理者の指定についてということで、(奥出雲町奥出雲おろちループ道の駅施設)ということで、これも指定管理料はありませんということでございます。


 議案第43号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農林漁業体験実習施設)ということで、道の駅おろちループの反対側の施設を管理をするものでございまして、指定管理料は432万円ということでございました。


 そして、議案第44号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町佐白地区交流拠点施設)ということで、いわゆる佐白温泉でございますが、佐白温泉長者の湯、指定管理料が565万7,000円です。質問として、含水率が高く燃えにくいという話を聞いているという状況でございますが、乾燥建屋を作り含水率の改善に取り組むということでございました。


 議案第45号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)。これはリハビリテーション学院の横にありますレストランパスカルです。指定管理料は上限を設けていまして、142万円ということになっておるようでございます。


 議案第46号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)。野呂山のトマトのハウスのところにあるグラウンドゴルフ場で、指定管理料はありませんということでございます。


 議案第47号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町要害山交流拠点施設)、これはみざわの館ですが、地元の有志の会でつくっているというとんぼの会で、引き続き3年間で提案しています。指定管理者は123万4,000円です。


○議長(景山 孝志君) 指定管理料ですね。管理者とおっしゃいました。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) ああ、そうかな。失礼。ごめんなさい。指定管理料が123万4,000円ということでございますので、訂正をいたしておきます。


 議案第48号、公の施設の指定管理者の指定について(横田農畜産物展示販売センターだんだん市場)。条例ではピオニと分かれており、今回はだんだん市場です。指定管理料はありませんということでございます。


 議案第49号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲農産物処理加工施設)仁多のもち加工所です。指定管理料はありませんということです。


 議案第50号、公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)であると。高尾ふれあいセンターで、指定管理料はありません。


 議案第51号、公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)。玉峰山キャンプ場及び休憩施設を初めとした公園を一体管理としています。77万7,600円の指定管理料が払われておるという状況です。


 議案第52号、公の施設の指定管理者の指定について(川西地区農作業準備休憩施設)ということで、これは川西そばの道場近辺で、水車、休憩施設、農村公園を管理していただいています。川西自治会の継続指定で指定管理料はないということでございます。


 議案第54号、奥出雲町町道路線の認定について、議案第55号、奥出雲町町道路線の変更について。町道の認定基準はどうかということでございましたが、橋の修繕のため町道認定する場合や、都市化区域の中で設道義務が生じるので、要望があるものについては、認定していくと、迂回路や代替路線の有無等も勘案しながら提案していくということでございました。そして、町道の舗装率ということでございますが、正確な数字はわからないが100%ではないということです。財政状況を見ながら事業化の道を探りたいということのようでございます。


 以上、議案審査の結果報告といたします。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。


 議案第10号、議案第11号、議案第54号、議案第55号、陳情第2号の5議案の質疑は1議案ずつ行い、議案第38号から議案第52号までの公の施設の指定管理者の指定関係15議案についての質疑は一括して行います。


 まず、議案第10号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に議案第11号について質疑を行います。質疑はございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、続いて議案第38号から議案第52号までの公の施設の指定管理者の指定関係15議案について質疑を行います。質疑がございましたら、議案番号を示されてから質疑をお願いいたします。質疑はございますか。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 議案番号はないんですけども、今回、第三セクターの指定管理者がかなり、また決まったということですが、従来のヴィラ船通山なんかの場合は、指定管理者を公募されてたことがあったはずです。今回の場合は、そういうふうな形がとられたかどうかですが。その辺の議論はございましたでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 13番、岩田明人委員長。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) その辺の話は、委員会ではなかったですけど。募集されておるというようなことも、ちょっと話としてはなかったですけど。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第54号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に議案第55号について質疑を行います。質疑はございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、続いて陳情第2号について質疑を行います。質疑はございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論につきましても、議案第10号、議案第11号、議案第54号、議案第55号、陳情第2号の5議案は1議案ずつ行い、議案第38号から議案第52号までの公の施設の指定管理者の指定関係15議案についての討論は一括して行います。


 最初に議案第10号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第10号についての討論を終わります。


 続いて、議案第11号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第11号についての討論を終わります。


 続いて、議案第38号から議案第52号までの15議案について討論を行います。討論がございましたら、議案番号を示されて反対の方から発言をお願いします。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、議案第38号から議案第52号までの15議案の討論を終わります。


 続いて、議案第54号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第54号についての討論を終わります。


 続いて、議案第55号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第55号についての討論を終わります。


 続いて、陳情第2号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、陳情第2号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。採決につきましても、議案第10号、議案第11号、議案第54号、議案第55号、陳情第2号の5議案については、1議案ずつ行い、議案第38号から議案第52号までの公の施設の指定管理者の指定関係15議案につきましては、討論がございませんでしたので一括して採決をいたします。


 日程第22、議案第10号、奥出雲町畜産振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手多数。あ、挙がっておりました、失礼しました。挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第23、議案第11号、奥出雲町鳥獣被害対策実施隊の設置に関する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第24、議案第38号、公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町亀嵩総合交流促進施設)から日程第38、議案第52号、公の施設の指定管理者の指定について(農作業準備休憩施設)までの15議案について採決を行います。


 先ほど討論がございませんでしたので、議案第38号から議案第52号までの15議案について一括して採決をいたします。これに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 御異議なしと認めます。よって、議案第38号から議案第52号までの15議案について、一括して採決をいたします。


 本15議案についての委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手多数、あ、全員。失礼しました。挙手全員と認めます。よって、議案第38号から議案第52号までの15議案については、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第39、議案第54号、奥出雲町町道路線の認定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 日程第40、議案第55号、奥出雲町町道路線の変更についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第41、陳情第2号、町道湯の原線の道路改良整備の早期実現を求める要望についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第42 議案第56号 から 日程第56 議案第70号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第42、議案第56号、平成27年度奥出雲町一般会計予算提出について、日程第43、議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について、日程第44、議案第58号、平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について、日程第45、議案第59号、平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について、日程第46、議案第60号、平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について、日程第47、議案第61号、平成27年度奥出雲町訪問看護ステーシヨン事業特別会計予算提出について、日程第48、議案第62号、平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について、日程第49、議案第63号、平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について、日程第50、議案第64号、平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について、日程第51、議案第65号、平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について、日程第52、議案第66号、平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について、日程第53、議案第67号、平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について、日程第54、議案第68号、平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について、日程第55、議案第69号、平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算提出について、日程第56、議案第70号、平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について、以上の15議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月3日の本会議におきまして予算特別委員会へ付託をいたしております。その審査結果につき、会議規則第77条の規定により、委員長から報告を求めます。


 11番、松?正芳予算特別委員会委員長。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) それでは、平成27年第1回奥出雲町議会定例会予算特別委員会審査報告。平成27年3月27日。奥出雲町議会議長、景山孝志様。予算特別委員会委員長、松?正芳。


 第1回奥出雲町議会定例会3月3日本会議において、予算特別委員会に付託されました15議案につきまして、会議規則第77条の規定により、審議経過及び審査の結果について下記に報告いたします。


 審査付託議案15案件。議案第56号、平成27年度奥出雲町一般会計予算、議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算、議案第58号、平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算、議案第59号、平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算、議案第60号、平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算、議案第61号、平成27年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算、第62号、平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算、議案第63号、平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算、議案第64号、平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算、議案第65号、平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算、議案第66号、平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算、議案第67号、平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算、議案第68号、平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算、議案第69号、平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算、議案第70号、平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算、以上、15案件でございます。


 出席委員数は、予算特別委員会委員13名。


 審議経過について。当委員会では、去る3月13日に執行部全課長出席のもと、平成27年度一般会計予算及び14事業特別会計予算の全体質疑を行い、その後、小委員会へ審査を付託いたしました。3月26日に再度予算委員会を開催し、小委員会委員長より分割審査結果の報告を受け、全体質疑、討論の後、予算特別委員会として15議案について採決いたしました。


 審査結果について。議案第56号、第57号、第58号については、賛成多数で原案可決。議案第59号、議案第60号、議案第61号、議案第62号、議案第63号、議案第64号、議案第65号、議案第66号、議案第67号、議案第68号、議案第69号、議案第70号については、全会一致、原案可決です。


 審査内容の概要を申し上げます。


 議案第55号、平成27年度奥出雲町一般会計予算。概要について。平成27年度一般会計当初予算は、町民要望の多い道路整備などの事業を中心に、定住対策、子育て支援など人口減少対策などの地方創生の推進に必要な経費に重点的に配分した予算となっております。この結果、平成27年度予算の総額は150億円で、前年度に対し3.9%、5億6,000万円の増額となっております。


 また、平成26年度予算のうち、道路新設改良事業、公共土木施設災害復旧事業のほか、プレミアムつき商品券発行や地方版の総合戦略策定などを行う地域住民生活等緊急支援のための交付金事業等総額で4億8,000万円の事業は次年度に繰り越すこととなっております。当初予算と一体となった切れ目のない予算となっております。


 全体質疑について申し上げます。全体質疑では、一般会計予算説明書、歳入及び歳出の款項目の順で質疑を行い、議員からは、予算資料「主要事業・施策一覧」記載の事業内容や予算説明書の歳入・歳出の科目の内訳等について、活発に質問がなされました。歳入では、町税収入の状況や、土地開発公社貸付金収入などについて質疑が行われました。歳出では、庁舎建設15億1,400万円、移動用通信鉄塔施設整備1億100万円、障がい者自立支援給付費扶助費3億1,300万円、中山間地域等直接支払事業3億2,000万円、土地開発公社貸付金7億9,000万円、道路整備事業6億6,200万円、保育所運営委託事業4億8,900万円、八川小学校普通教室棟・屋内運動場改築工事3,100万円の事業内容など多岐にわたり質疑が行われました。


 次に、小委員会報告について。26日の各小委員会の分割審査結果報告において、総務文教小委員会からは、一般管理費について、社会保障・税番号制度導入の目的の確認。ICT利活用促進事業費について、テレビ電話の利用状況の確認。公共交通費について、昨年度予算と比較して減額した理由の確認。児童福祉総務費について、三成地区の放課後児童クラブ施設整備に係る経費・活動内容・対象者、また中学年以上は授業時数や学校活動・習いごと等により参加者が減る傾向であることの確認をしました。また、おくいずも子育て応援事業所認定奨励事業は、地域全体で子育ての機運を図りワーク・ライフ・バランスのとれた事業所に対して10万円の奨励金を出す新規事業であり、平成27年度は3社を予定しており、子ども・子育て支援会議委員企画の事業であることの確認をしました。保育所費については、保育所運営委託事業に関連して、幼児園の経営状況や保育士の勤務状況チェック体制、保育士の残業代支払いや職員の勤務体制整備が適切に行われていることの確認。災害対策費については、島根県防災情報ネットワーク整備事業は、災害情報ネットワークを再整備するものであることの確認。災害対策備品購入では、備蓄食料は粉ミルクや乾パンなどであることの確認をしました。教育指導費については、運動好きな子どもを育てるプロジェクト事業の平成26年度の取り組みについての確認。小学校管理費については、小学校、中学校パソコンリースの台数・OSについての確認をしました。小学校教育振興費について、要保護準要保護児童生徒援助費の申請方法や申請状況の確認。また、各学校の備品の充実により理科備品整備予算が減額したことの確認。小学校施設整備費について、八川小学校普通教室棟・屋内運動場改築工事の財源である八川教育造林基金についての確認。保健体育総務費について、夏季巡回ラジオ体操の期日・場所等の確認等が行われました。また、議会費において、タブレット端末や議会議事録作成の音声認識装置の導入を議会内部で検討すること。一般管理費において、社会保障・税番号制度導入において、導入効果が最大限に生かせる取り組みを目指し、情報を適切に管理し、町民の情報保護に配慮をすること。テレビ電話の利用については、買い物サービスの利便性を上げること。公共交通について、町民のニーズに合ったバス利用ができるようにすること。災害対策について、消防団OBによる災害時の応援体制や備蓄食料の賞味期限1年前の海外援助物資利用などの提案。子ども読書推進事業において、学校図書の回覧体制づくりをすることや町立図書館の貸し出しについてシステムで蔵書検索等ができるようになっているが、司書の意見も取り入れること。また、関連して地区教育振興会の負担やそろばん教育の導入の提案等の意見が付され、詳細な審議の結果が報告されました。


 福祉厚生小委員会からは、戸籍住民基本台帳費について、郵便局窓口証明発行システム更新の内容を確認。縁結び活動支援事業について、開催件数と成果の確認。地域福祉コーディネーターについて、家計管理ができない人の担当部署の確認。地域支援事業委託料の内容を確認。生活保護の実態について、現状と支援の確認。保健衛生総務費について、対前年度比4,300万円の増額要因の確認。じんかい処理費について、対前年度比4,300万円余りの減額要因と修繕の確認。坪倉子育て基金事業について、利用状況の確認。住宅管理費について、若者定住住宅の空き家状況と公社からの買い上げと世帯向けへの改修状況確認等、詳細な審議の結果が報告されました。


 また、関連して健康福祉課長より、介護保険制度の見直しにより施設入所が不可能となる要介護度1、2の方の特例入所についての説明がありました。


 産業建設小委員会からは、定住奨励金について、定住の意志がない転勤で奥出雲町に転入した場合に該当するのか否かの確認を行いました。3年未満で帰られた方の把握の確認。木質バイオマスチップ製造施設整備事業については、毎年出される補正予算に関することの確認。農業体験実習管理費について、内訳を確認。山林地籍調査について、途中で地籍調査を中止したところがあるかの確認などの審査報告がありました。


 総括として、平成27年度当初予算150億円の歳入構成は、税収などの自主財源が37億円の24.7%。依存財源は75.3%で、内訳は、町債が22億円のほか、地方交付税や国・県支出金などが91億円です。歳出面では、投資的経費が29億円であり、投資予算は前年度対比で1億7,800万円の増額となっております。平成26年度末の町債残高見込み額は237億円で前年より減少し、また財政調整基金、減債基金の合計額は13億円以上であり、実質公債費比率も改善が進んで、総じて財政指標の健全性は確保されております。


 アベノミクスによるデフレ脱却と経済再生に向けた取り組みにより日本経済は明るさを取り戻しつつありますが、地方経済には十分に浸透していないというのが地方の実感です。


 また、低迷の続く町内景気や人口減少問題、公共施設の老朽化など山積する諸課題に対応すべく、景気回復の足取りを一層確かなものとし、その効果を地域の隅々にまで行きわたらせるためにも、国と地方が連携・協力して地域における内需振興や投資・消費・雇用の拡大に向けて積極的に取り組んでいかなければなりません。


 こうした環境のもと、奥出雲町は一丸となって、地域経済の活性化、住民生活福祉の充実、雇用の場の確保、人口減少への対応などに積極的に取り組む必要性を痛感するものであります。


 以上、平成27年度一般会計予算につきまして、予算特別委員会では、採決の結果、賛成多数で原案可決となりました。


 次に……。


○議長(景山 孝志君) 済みません。ちょっと、1カ所訂正をお願いしたいと思いますが、今、一般会計予算の冒頭の議案第56号となっておりますのを、55号ということで説明に入っていただいたように思います。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) はい、わかりました。


○議長(景山 孝志君) 56号が正しいということをお願いいたします。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) プリントミスですわ。


 ただいまの一般会計の予算は、議案の第55号でございます。


○議長(景山 孝志君) 56号、56が正しい。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) 56、56号、言わだったかいな。


○議長(景山 孝志君) いや、55号とおっしゃったから。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) 56号が正解でございます。56号でございますので、よろしくお願いいたします。


○議長(景山 孝志君) はい。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) それから、次に、特別会計予算14議案について簡潔に報告をいたします。


 議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算。19億1,900万円の歳入歳出予算で、対前年度比2億6,400万円増額であり、平成26年度末の基金保有見込み額は2億800万円です。平成27年度から保険財政共同安定化事業が拡大され、30万円以上の医療費が対象だったものが、1円以上の医療費が対象となったことから事業費が1億8,000万円の増となり、前年度比16%増となったこと。また、高校生以下の国保短期証の交付状況や退職者医療費の伸びている原因、国保の単位化による上納金の納付方法、単位化による本町の国保等についての審査報告がありました。


 議案第58号、平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算。3億7,954万円の歳入歳出予算で、対前年度比164万円減額しています。保険料については、前年度の実績により推計されており、平成26年度と同額であるとの報告がありました。ちょっと失礼します。失礼しました。


 議案第59号、平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算。3億6,015万円の歳入歳出予算で、対前年度比763万円の減額予算です。昨年度から入所待機者が減少し、ベッドの利用率が低下しているため、収入の減少を見込んでいるとの報告がありました。


 議案第60号、平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算。3億7,056万円の歳入歳出予算で、対前年度比2,232万円の増額予算となっています。予算額については、各施設の過去の利用率実績により推計しており、今回の積算は、あいサンホーム97%、ショートステイ70%、デイサービスセンター89%利用率によるものです。また、あいサンホーム増床による稼働状況についての審査報告がありました。


 議案第61号、平成27年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算、1,858万円の歳入歳出予算で、対前年度比166万円の減額予算です。これは利用者の過去の実績から30人の収入で積算し、事業収入の減額を見込んでいるためです。あわせて、訪問看護の職員数の動向などについて審査報告がありました。


 議案第62号、平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算。10億7,936万円の歳入歳出予算で、対前年度比3,104万円の減額となっています。これは支障移転工事費の減、事業認可など事業費の減によるものです。また、平成29年度からの公営企業化による水道料金や事業の必要性などの審査報告がありました。


 議案第63号、平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算。2億9,916万円の歳入歳出予算で、対前年度比556万円の増額です。これは、支障移転工事費及び維持管理費の増によるものであり、今後は、施設管理費抑制のため汚泥縮減策をとるものであること。あわせて、住宅リフォーム助成事業制度拡大や下水道料金見直し、施設管理費抑制など審査報告がありました。


 議案第64号、平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算。5億5,960万円の歳入歳出予算で、対前年度比293万円の減額です。これは、施設管理費における支障移転工事費の減によるものであること。また、施設整備費委託料の内容等についての審査報告がありました。


 議案第65号、平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算。1億6,382万円の歳入歳出予算で、対前年度比408万円の減額です。施設整備において平成26年度40基に対し平成27年度が35基となり、5基減による減額によるものであること。また、今後実施しなければならない事業量や将来的な課題等について審査報告がありました。


 議案第66号、平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算。1億458万円の歳入歳出予算で、対前年度比4億2,234万円減額です。これは、平成26年度に実施した仁多発電所改築事業及び三沢発電所調査費などの差額によるものであること。あわせて、今後の事業予定等の審査報告がありました。


 議案第67号、平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算。1,895万円の歳入歳出予算で、対前年度比412万円の増額です。これは、リフト支柱に設置してある劣化の進んだゴムライナーと呼ばれる車輪の取りかえ工事を行うなどの経費が発生したためであります。


 議案第68号、平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算。2,831万円の歳入歳出予算で、前年度と同額の予算額です。平成24年度以降は平準化事業が実施されており、平成29年度まで期間を繰り延べて負担金を償還しています。


 議案第69号、平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算。1億5,630万円の歳入歳出予算で、対前年度比3,080万円の減額です。これは、平成27年度における建設事業費を計上したものであることや、補償金内容確認等の審査報告がありました。


 議案第70号、平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算。平成27年度の収益的収支予算は、病院事業収益が21億5,008万円、事業費用が21億21万円で、純利益見込み額が4,987万円です。平成26年度予算から地方公営企業会計基準が46年ぶりに大幅に見直されたことにより、貸借対照表等の財務諸表の数値が厳しいものになると予測されますが、町と連携しながら経営改善を図り、医療技術者の確保に尽力をすること。また、修繕費の前年度比倍額の内容と、建物附属設備減価償却大幅減額や入院・外来収益減額要因などの審査報告がありました。


 以上、今期予算特別委員会に付託されました15議案の審査概要と審査結果を述べ、報告といたします。


○議長(景山 孝志君) ここで、しばらく休憩といたします。午後1時15分に再開をいたします。休憩。


           午前11時52分休憩


  ───────────────────────────────


           午後 1時12分再開


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、休憩前に引き続きまして会議を開きます。


 これより委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、議案第56号について質疑を行います。質疑はございますか。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第57号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第58号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第59号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第60号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第61号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第62号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第63号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第64号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第65号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第66号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第67号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第68号について質疑を行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第69号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第70号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、議案第56号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 私は、この平成27年度一般会計予算案に反対をいたします。


 理由は、教育費の削減です。今回の当初予算案、非常にいい事業も多くあると思います。その点は大いに賛成するところでありますが、私は12月の定例会に一般質問におきまして、県で最も低い教育費の予算配分をもっと上げるべきだと申し上げました。しかし、今回の当初予算案で教育費は前年よりさらに下がり、八川小学校の改築費を除きますと、小学校費で346万円の減、中学校費で328万円の減額という内容です。予算委員会で執行部に説明を求めましたが、納得のいく答弁は得られませんでした。これでは来年度も教育環境は改善されないいうことが目に見えております。この点において、賛成することができません。


 今回、新庁舎建設の費用が盛り込まれまして、削減しないといけない部分も多いわけですけども、教育費におきましては、子供たちの学力向上のみならず、若い世代のUターンやIターンにもつながってくることだと思います。まちづくりにおいて非常に大事な要素だと思いますので、削減すべきものではないと私は考えます。昨年視察しました豊後高田市の学びの学習塾でありますとか、独自の教育施策で成果を上げてる自治体も多くあることを考えますと、前年踏襲だけではなくて、逆に奥出雲町も新たな積極的な施策が今の現状から見れば必要なことだと思います。今まで常識としていたものを疑うことも必要ではないでしょうか。増額されることはあっても、決して教育費は削減されるべきものではないということを理由に反対をいたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方の発言を許します。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 私は、賛成の立場で話をします。


 今回の予算は、久方ぶりに総額150億円と大型予算が組まれ、庁舎改築、ふるさと創生や農業、商工業、そして子育て支援など、幅広く対応した内容になっております。まさに、町長初め職員の身を削った勝田町政渾身の予算内容となっており、この効果が奥出雲町の活性化に大いにつながると思い、この予算に賛成いたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、反対の方の発言を許します。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第56号、平成27年度奥出雲町一般会計予算について反対討論を行います。


 委員長報告は、原案可決であります。


 新年度予算を地方財政の財源としてみると十分確保されているとは言えませんが、2014年度補正予算と一体で見れば、不十分ながらも私たちの要求を実現させる財源も確保されています。地方団体の歳入歳出総額の見込み額と呼ばれる地方財政計画は、新年度の地方自治体の歳入歳出の見通しと財源不足額から明らかにして地方交付税の総額を決めるなど、必要な財源を保障することにあります。地方自治体の財政運営にとって重要なのは、自治体が基本的に自由に使うことができる一般財源の総額がどれだけ伸びたかです。自治体の財政運営に影響する合併算定替えの段階的終了を受けて行われている交付税算定の見直しについては、支所加算の増額もあり1割分の4,000万円減と見込まれ、健闘をしています。まち・ひと・しごと創生事業費で地方交付税は増額措置としていますが、財源を消費税増税を前提にしている問題があります。


 本来、地方交付税は地域による条件のよし悪しからくる格差を是正し、国民がどこに住んでいても標準的な行政サービスを受けられることを可能とする制度であります。地域の元気創造事業費は既存費目からの振り替えにより、算定方法も継承され、行革や地域活性化の成果で算定されようとしています。交付税が成果で加減されたら交付税の役割に逆行します。政府に成果による算定撤回と、全額を必要度に変更させることを求めるべきであります。


 また、予算案には私たちが提案し要求し続けてきた町民にとってよい内容もあります。例えば、子供医療費無料化を中学校卒業まで拡大です。子供を産み育てられる社会の早急な構築が求められている中、成長期にある子供の受診抑制が防げる上に、どの家庭に生まれても必要な医療が受けられるようになります。今、全国各地で中学卒業まで医療費無料の自治体は、およそ6割になっています。評価いたします。


 しかし、安倍政権の庶民、中小企業、地方のためにならない経済政策、社会保障は負担をふやし、給付は減らし、地方に回すお金を削っていく。そのもとでの厳しい町民生活を目の前にして、地方自治体は国に対してそれを正すよう強く求めるとともに、その悪政の防波堤になって住民の福祉を守ることが求められています。


 そして、高過ぎる国保料を下げるために、国保会計への法定外繰り入れが必要です。また、マイナンバー制度の導入は、国民の情報を全て国家が掌握して支配するとともに、諸外国で起こっている個人情報の流出のおそれがあります。米価暴落対策として、収入減少影響緩和対策移行円滑化対策を導入しましたが、米の直接支払い交付金の交付対象者のうち、ナラシ対策に加入していない者に対して国費相当分の5割支給をするというものですが、下落分の23.75%しか補填されず、全く不十分な措置であります。


 よって、この予算案に賛成することはできません。以上、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 私は、議案第56号、平成27年度奥出雲町一般会計予算に賛成の立場から討論いたします。


 平成27年度当初予算は先ほど皆様が申されたとおり、150億という久しぶりの大型予算になっております。その中でも新規事業として、地域おこし協力隊の配置、ソバの作付推進、空き家バンクの登録推進、商店の後継者育成事業、小学校・中学校の全台パソコン更新、繰り越し事業になりますが小中学生の全員の医療費無償化の事業が盛り込まれております。そもそも、財政で金額が大きければよいというものではなく、本来ならば少ない金額の中でいかに効果が得られるかというのが町民の皆様から問われていることだと思います。


 その中ではありますが、150億という予算を計上しながら着実に借金を減らし、歳入では町債の発行金額も全体で去年の当初予算144億4,000万から150億と、5億6,000万伸びてる中、町債の発行額はマイナス700万と押さえながら財政にも配慮した予算が組まれていると思います。町長は就任後半年でございますが、徐々に奥出雲に活力を与える勝田町政のカラーが出てくることを期待申し上げまして、賛成討論といたします。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第56号についての討論を終わります。


 続いて、議案第57号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算について、反対の討論を行います。


 委員長報告は、原案可決であります。


 奥出雲町が運営する国民健康保険では、所得300万円の40歳夫婦、中学生1人、小学生1人の4人家族で試算すると、この家族の国保税は53万1,895円になります。住民の支払い能力をはるかに超える国保税であります。この予算案は、大枠、国・県の負担が少ない現状追認の内容で、今の高過ぎる国保税を引き下げるものになっていません。奥出雲町の低所得高齢者の生活や中小零細業者の営業は厳しく、公務、民間とも非正規雇用がふやされ収入が下がり続けている中で、納めるのが苦しく、滞納が国保運営を厳しくしています。


 よって、この予算案に賛成することはできません。以上、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方の発言を許します。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算につきまして、賛成の立場で討論をいたします。


 奥出雲町国民健康保険の加入状況につきましては、平成27年1月1日現在で見ますと、町の世帯数4,904戸、人口は1万3,875人、国保加入世帯は1,910戸、加入率が38.9%、被保険者数が3,165人で人口比でいきますと22.8%になります。年齢構成では、60歳から74歳の方が2,083人で66%を占めている状況でございます。内訳は、一般被保険者数が2,874人でマイナスの1.9%、人口比でいきますと20.7%で、総被保険者数比が90.8%になります。退職被保険者数は291人でマイナスの10.5%、人口比で2.1%、総被保険者数比が9.2%となっております。1人当たりの医療費にしましても、平成26年度見込みでは前年度比一般で5.2%、39万9,498円、退職で60.2%、57万7,531円になると予想されております。


 また、国民健康保険制度につきましては、次のような改正等が予定されております。医療制度改革でございます。これは改革骨子でございますけども、まず国保財政支援の拡充、これ全体でございますが1,700億円。30年度からは都道府県が財政運営の中心になる。また、市町村は保険料の賦課徴収や資格管理、給付の決定、保険事業の実施等を担う。市町村から県へ分賦金の納付等が定められました。


 また、保険財政共同安定事業の対象が、1円以上全て医療費に拡大されました。これまでは、30万以上でございました。そして、低所得者の軽減措置の対象を拡大するため、国民健康保険税の5割軽減及び2割軽減の対象となる世帯の軽減安定所得の引き上げを行うとしております。


 次に、国民健康保険税の課税限度額について、基本課税分と後期高齢者支援等課税分が1万円、介護分が2万円の増、総限度額が81万円が85万円に変わるということでございます。


 そして、退職者医療保険制度は基本的には平成27年3月末で終了をいたします。新たに資格取得者が発生するわけではありませんが、既取得者は継続するということでございます。などが予定されております。


 このような中での特別会計でございます。奥出雲町国保基金の保有ガイドライン、保険給付費の3年平均の25%、2億6,300万円が下回ることが予定される中ではありますが、6月に本算定、6月議会も控えております。


 したがって、今議会提案の国民健康保険事業特別会計予算につきまして妥当とし、賛成するものであります。終わります。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第57号についての討論を終わります。


 続いて、議案第58号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。議案第58号、奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算について、反対の討論を行います。


 委員長報告は原案可決であります。


 そもそも後期高齢者医療制度には、根本的な欠陥があります。当事者の保険料で成り立たないので、保険制度が名乗れないものであります。そして、国保と後期高齢者医療制度の低所得者保険料軽減措置は、給与所得3人世帯の場合、公分の対象者を給与収入147万円から184万円に、2割軽減の対象者を223万円から274万円に引き上げ、今後介護保険料の軽減措置や、年金生活者支援給付金の支給を理由に軽減の特例を段階的に縮小するとしています。保険料が高く、この制度を廃止することを国に強く求めるとともに、保険料を下げるべきであります。


 よって、この予算案に賛成できません。以上、反対討論といたします。


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第58号についての討論を終わります。


 続いて、議案第59号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第59号についての討論を終わります。


 続いて、議案第60号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第60号についての討論を終わります。


 続いて、議案第61号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第61号についての討論を終わります。


 続いて、議案第62号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第62号についての討論を終わります。


 続いて、議案第63号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第63号についての討論を終わります。


 続いて、議案第64号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第64号についての討論を終わります。


 続いて、議案第65号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第65号についての討論を終わります。


 続いて、議案第66号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第66号についての討論を終わります。


 続いて、議案第67号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第67号についての討論を終わります。


 続いて、議案第68号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第68号についての討論を終わります。


 続いて、議案第69号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第69号についての討論を終わります。


 続いて、議案第70号について討論を行います。討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第70号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第42、議案第62号、平成27年度奥出雲町一般会計予算提出についてを採決いたします。(「ちょっと、議長」と呼ぶ者あり)


 はい。(「62号じゃなく、56」と呼ぶ者あり)はい、読み間違いました、失礼をいたしました。


 これより採決に入ります。


 日程第42、議案第56号、平成27年度奥出雲町一般会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第43、議案第57号、平成27年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第44、議案第58号、平成27年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第45、議案第59号、平成27年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第46、議案第60号、平成27年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第47、議案第61号、平成27年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第48、議案第62号、平成27年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第49、議案第63号、平成27年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第50、議案第64号、平成27年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第51、議案第65号、平成27年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第52、議案第66号、平成27年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第53、議案第67号、平成27年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第54、議案第68号、平成27年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第55、議案第69号、平成27年度奥出雲町農業用小水力発電事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第56、議案第70号、平成27年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第57 議案第71号 から 日程第60 議案第74号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第57、議案第71号、農山漁村地域整備交付金(地域用水環境整備事業)阿井発電所水車発電機設計製作据付工事請負契約締結について、日程第58、議案第72号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について、日程第59、議案第73号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(機械設備)請負契約締結について、日程第60、議案第74号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(電気設備)請負契約締結について、以上の4議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、若月農林土木課長。


            〔農林土木課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第71号 農山漁村地域整備交付金(地域用水環境整備事業)阿井発電所水車発電機設計製作据付工事請負契約締結について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 続きまして、川本総務課長。


            〔川本総務課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第72号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について


 議案第73号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(機械設備)請負契約締結について


 議案第74号 奥出雲町新仁多庁舎建設工事(電気設備)請負契約締結について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 まず、議案第71号について質疑を行います。質疑はございますか、71号。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 先ほど伺いましたが、入札日が、言われましたかいな、平成29年1月30日までだというふうな話が聞いたようなことを思いますが、入札された日にちがまだでしたら教えてください。


 それから、先ほど説明の中で、毎分何とか言われたような気がしましたが、毎分なのですか、毎秒じゃないんですか。ちょっとその辺のことを教えてください。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 済みません、最初の御質問、ちょっと聞き取りにくかったんですけれども、工期の関係。


○議員(7番 内田 精彦君) うん、入札日。


○農林土木課長(若月 勝久君) 入札日ですね。当初の入札予定日は3月12日でございました。これは入札会が中止になりましたので、3月16日に1社から見積もりを徴したところでございます。


 それと、水車の回転数ですが、これは毎分1,200回転でございます。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 要するに、0.30立米何とかSって書いてあるあのことなんですかね。もう一度お願いします。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 水車の最大使用水量、水量は毎秒0.3立米でございます。水車の回転数ですね、これは毎分。これは一般的な基準になっておりますので、そのように御承知おき願います。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) これは発電機設計製作据付工事ということでございますが、今後に至って、この後にまだ何か工事があるのか、ないのか。工期が一応、29年1月30日ということでございますが、29年の3月ぐらいからこれが稼働するのかどうか、伺います。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) 御質問にお答えいたします。


 これから後の工事の発注の予定でございますけれども、まず、新年度になりますと、発電所までの進入路、これの開設工事を予定しております。あわせまして、発電所施設の敷地の造成土木工事、それから川東水路からの発電所までの水圧鉄管等の工事、それと発電所施設の建屋の建築工事等を予定をいたしております。


 それと、水車発電機の工期が平成29年1月30日ということでございまして、その後に試験運転等行いまして、現在の予定では29年の4月からは営業運転に着手したいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) そうしますと、今、答弁をいただきました進入路とか、敷地の土木工事、それから水路から水圧工事とか、建屋の建築とかいうものがございましたですが、これはこの工事費の中には入ってないんじゃないかと思いますが、4月以降、またこういう工事費が出るんでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 御質問にありましたように、この契約金額につきましては、水車発電機の設計製作据付までの工事でございまして、先ほど申しましたその他の土木工事、建築工事等は入っておりません。


○議員(12番 大垣 照子君) 新年度で。


○農林土木課長(若月 勝久君) はい、新年度において発注を予定しております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 今の説明いただきましたが、据えつけ工事後、性能検査をする言われましたですね。それは、要するに29年1月30日までの工期ですので、そのちょっと前ぐらいにされると思いますが、それはこの緒元表でいきますと非かんがい期になるわけですね。その分で性能検査ができるいう意味なのかいうことと、この金額は2億2,680万いうことですが、予算的にはどこからこの金額のお金を出すいうことになるのか、教えてください。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 まず、契約の金額2億2,680万円でございますけれども、これはことしの第1回定例会で補正予算を提出させていただきまして、債務負担を27年度までだったものを27年、28年度の2カ年に延長させていただいております。その中での予算化ということでございまして、27年度におきましては、年度内出来高だということで、およそ6,000万円の支出を予定をいたしております。したがいまして、残りの1億6,600万余りにつきましては、28年度での支出、予算化して支出という形になります。


 それと、据えつけ工事が工期が1月30日としております。建築工事等の兼ね合いもございます。この1月30日以降で試運転等の調整を行うと思いますけども、確かにおっしゃいますように、非かんがい期になりますので、最大出力での試運転等ができるものというふうに考えております。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 2億2,680万円のことですが、債務負担で上がっとるけんいいということですが、要するに、予算的にはこれに対する金額いうのは今はないいうふうにとっていいんですかね。27年度予算、あるいは26年度から繰り越しされた金額を含めても、この金額にはなりませんが、債務負担でそれでいいっていうことなんですかね。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 債務負担の議決をとっておりますので、後年度における負担を約束していただいておりますので、現在26年度予算での執行でございますけれども、26年度にも支出はゼロ、先ほど申しましたように、27年度での支出予定はおよそ6,000万ということで、これは本日提出いたしました小水力発電事業特別会計の予算、1億5,000万余りだと思いますけども、その中での工事費の中から支出をするというものでございます。よろしいでしょうか。


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


○議員(7番 内田 精彦君) ちょっとごめんなさい。もう一回いいですか。


○議長(景山 孝志君) 一応、3回を目安にしておりますが。


○議員(7番 内田 精彦君) 質問ですよ、議案の。


○議長(景山 孝志君) どうぞ、お願いします。


○議員(7番 内田 精彦君) いいですか、済みません。何回も申しわけないですが、ちょっとわかりませんので、また聞きますが、要するに、平成27年度予算は請負費が1億4,128万円組んであると思います、ですね。単純にいきますと、その債務負担のこと、ちょっとはっきりわかりませんで申しわけないですが、予算的には1億4,128万円から平成26年度繰り越しが4,815万円、請負費にしますと4,814万4,000円組んであります。これで対応できるいう意味ではなくて、債務負担を組んであるからそれで対応できるっちゅう意味なんですか。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えいたします。


 債務負担行為をとったということは、複数年度にわたりまして支出を行うというものでございますので、各それぞれの単年度、単年度の金額の中での契約ではございません。それと、27年度予算で今の1億4,000万ばかりの工事費を予定しておりますけれども、その中での水車発電機にかかります年度内支出は6,000万円程度を予定しているということでございますので、そのように御理解いただきたいと思います。


○議長(景山 孝志君) ほかにありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第72号についての質疑を行います。質疑はございますか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 仁多庁舎の建設工事費ということで、72号は12億9,600万円という随意契約の提案でございます。これまで仁多庁舎との2庁舎を利用するということでお伺いをしておりまして、この関連づけをどうするのか、今回の新庁舎ですね、といいますのは、今ちょっと初めてこんな具体的な図面をいただきまして、随分、今の仁多庁舎と比較をすれば、建築面積としてはすごく広い。それから延べ床面積としても随分随分広い、いわゆる今までの庁舎の2倍以上の大きさになるものでございますが、これの横田庁舎との関連はどのようにお考えになってるのか。それと、横田庁舎の耐用年数の問題もあるでしょうが、そこらあたりをどういうふうにお考えになってるかということ。それから、この設計について、前聞いたかもしれませんが、ちょっと設計はどこがやられたのかということと、お伺いをいたしたいと思います。


 それと、すごく広いというのはいいかもしれませんが、1階、2階、3階につきましては、ちょうど庁舎の真ん中あたりに町民ロビーというのがございますけれども、これは大体、ちょっとイメージ的によくわからないんですけれども、どういうことでこういうものをたくさんつくられたのかというのがちょっと聞きたいと思っております。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) 御質問を大きく3点いただいたと思います。


 まず、大きさの件でございますが、大きさとそれから現庁舎利用というような話がございましたが、庁舎に関しては、これまでも議会特別委員会等で数年にわたってお話をさせていただいております。また、議員の皆様方にも説明をさせていただき、また町民の皆様にも基本設計ができたときにはこういうのを町の広報に載せましたり、また同じく実施設計ができた段階でこういうふうな形で今後進めていきますということで、庁舎に関しては建設をするということでこれまで話し合いがなされていたものと思います。


 仁多庁舎については、老朽化が激しくて延命化をすることができないというのが過去、話し合いがなされて、新しく新庁舎を建設するということで、予算もつけていただきながら、これまで説明をさせていただいたというように思っております。また、仁多庁舎に関しては、先ほどの説明で申し上げましたように、町民の皆さんが利用しやすいタウンホールであるとか、あるいは防災施設としての機能もあわせ持つということで、従来、今ある仁多庁舎よりも大きく、面積的には広がったというような要因でございます。ロビーにつきましては、庁舎の持ち方、あるいはどういうような活用の仕方をするかによってもいろんな考え方はあろうかと思いますけども、町民の皆様が役場においでになる、あるいはタウンホールというようなところを利用されるときに、やっぱりそういった町民ホールも一つの利用の場所としての活用できるのではないかというように思っております。2階、3階にも町民ホールというのを設けておりますが、せせこましい庁舎よりも、やっぱり町民の皆さんが来られて、相談室も設けた中でいろいろ御相談をさせていただくということで、ある程度ゆとりを持った庁舎としております。


 2点目は、横田庁舎の利用についてでございますが、これについても庁舎特別委員会でもお話もいただきましたし、またこれまでも議会の一般質問でもさまざまな質問をいただきました。そのほか、町政座談会においても地区からどういうふうな利用をするかという御質問もいただいておりました。横田庁舎について、また仁多庁舎について、奥出雲町は両庁舎でやっていくということを総合計画、平成23年の3月だと思いますが、その中でやっていくということでおりますので、今回の新仁多庁舎の建設の経費には入れておりませんが、横田庁舎も老朽化に対応するものは今後、仁多庁舎とほぼ同じ時期ぐらいのところで財政事情を勘案しながらやっていくというお約束をしておりますので、そのように進めていきたいというように思っております。


 3点目は、設計会社についての御質問でございました。馬庭建築設計事務所の島根本店でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 確認をさせていただきたいと思います。


 駐車場のほうはアスファルトでということでしたけども、コンクリートでという要望もあったと思いますが、その点、どういうふうに。


 それと、地熱を利用した融雪ですけど、その点もお聞きしたいと思います。


 それから3点目ですが、外観ですが、今まではまだ未定ですということでしたけども、景観も考えないといけないし、色とか決まったのかお聞きしたい。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) 3点御質問いただきました。


 まず、駐車場についてでございますが、コンクリでの舗装を考えております。今後の維持管理と長寿命化ということと、それから夏場の照り返し等々のことも考慮しまして、コンクリでやる予定にしております。


 それから、地熱利用については、先般、報告書が出まして、対応は可能だということですが、国の補助金等もございますけども、町の財源も必要になってきます。そのあたりを再度、検討しながら、最終的には判断していきたいというように思っております。


 また、外観上、色についてが大もとだったと思いますけども、奥出雲町にも景観条例がございますし、緑豊かなところへけばけばしい色はふつり合いだと思います。現在のところは、色はまだ決まっておりませんで、今後、そういった景観の審議会等もございますので、そのあたりとも協議をしながら、最終的な色は決定をしていきたいと。また、議会の特別委員会でも報告をさせていただきながら、あるいは相談をさせていただきながら、進めていきたいというように考えております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 3番、藤原和範議員。


○議員(3番 藤原 和範君) 先ほど総務課長のほうから横田庁舎の活用について伺ったところでございますが、分庁舎方式でやっていく、10年活用するというお考えだったと思います。改めて大変あれですが、総務課長で悪いわけではありませんが、町長さんにそこらあたりをもう一度お願いをいたします。


○議長(景山 孝志君) 勝田町長。


○町長(勝田 康則君) 御質問にお答えしますが、合併協議のときも話し合いがなされていたようでございますので、分庁方式で対応していきたいというふうに思っております。


○議員(3番 藤原 和範君) それは竣工の暁でもですね。


○町長(勝田 康則君) はい。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 2庁舎方式、新築ですけれども、横田庁舎は今、築後何年になりますかね、20年近くぐらいになりますかね。そうしますと、今の耐用年数の問題とかもあるでしょうが、2庁舎方式でいくんであれば、私、本当にこんなに大きなものが要るのかなというのが一つ疑問です。というのは、人口はふやしていかないといけないんですけれども、皆さん心の中にそういう思いを持っていらっしゃると思うんですが、なかなか人口がふえない、子供も生まれてこないというような中で、人口が減少していく中で、これほどのやっぱり大きなものが必要なのかなというのが私、今ちょっとすごい疑問に思っております。


 それと、もう一点伺いたいのは、当初、合併特例債を活用して大体25億円ぐらいで建設をするというお話だったと思いますけれども、そのものが果たして本当に25億円でできるものなのか。この間のいわゆる入札の関係もいろいろあったようでございまして、そうしますと、いわゆる金額で折り合いがつかなければ、金額を上げるか、あるいは中身、いわゆる材質を落とすとか、面積を狭くするとか、そういうことでその金額を合わせていくということがあると思うんですけれども、そのあたりのことはどのように考えられるのか、お聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) 2点御質問いただきました。


 最初は大きさの件ですが、先ほどお答えさせていただいたとおり、この新仁多庁舎を建設する上で住民の皆さんにさまざまな御意見をいただいた中で、最終的に防災とか、あるいはタウンホール等、皆さんが使うスペースも必要であるということで、本当、役場のオフィスだけであればそういった面積まで必要ないかもしれませんが、ああして災害がたくさん起こってくる、住民の皆さんに不安を与える、そういったときにいち早く対策本部等も設置しながら対応していくためには、こういうスペースも必要ではなかろうかという判断でございます。


 また、25億円につきましては、当初からこの金額の中でお話をさせていただいております。今後、この25億円が多くなることはないかという御質問というふうに受け取りましたが、現在、契約の中では予算の範囲内の中でもちろん進めております。不慮の内容の変わることがあれば、議会にお諮りし、今後進めていきたいというふうに考えております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 先ほどの質問と同じちょっと質問させていただきますが、庁舎の関係で。


 これからまた電気とか機械が出てきます。それも含めまして、ちょっと申しわけない、お金のことです。あれ3つ入れますと19億400万になると思います。庁舎関係の予算いうのは、10月補正でいきますと5億7,500万減額にされておりまして、20億9,925万2,000円、補正後は残っております。これでいきますと、最終できますが、これで対応する考えなのか。これからいきますと、来年度、27年度、28年度までかかるっちゅう話でしたが、大体ね、いうことになりますと、この補正金額を要するに繰り越しされるのかどうか。10月補正のときには庁舎整備事業で1,781万4,000円だけ繰越明許費として上がっておると思います。この辺のことについてはどういう対応されるのか、ちょっと伺います。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) 質問にお答えいたします。


 建築経費等についての御質問をいただきましたけども、建築主体については、解体とか外構も含めた金額で、全体的に先ほどお話にありましたように19億400万ばかしの金額になります。前議題と同じような形になりますが、債務負担行為と現年の予算の中で、これは財政上のルールで債務負担行為しているわけですので、その中で建築経費等は対応していきたい。そして、26からの繰り越しについては、現在引き続きやっているものについては、その繰り越しの中で対応していくということで、いずれにしても財政上のルールの中でやっているものですので、決して逸脱したというような形のものではございません。御理解のほう、よろしくお願いします。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 今、先ほど設計会社のお話を伺いましたが、このちょっと図面を見ますと、これとよく似た庁舎が島根県内にもございます。多分、恐らく一緒な業者さんだと思いますけれども、そこの庁舎、入ってみますと、外から見てもすごく整然とはしていますけれども、すごい冷たい感じがいたします。中に入ってもすごい冷たい感じで、ちょっと私、同じ業者さんだから同じ内容になるとは必ずしもならないと思いますが、余り庁舎に入って、こんなにいろいろなスペースはとってありますけれども、中に入ってみんなが冷たい感じがするような庁舎はやっぱりつくってほしくないなと。どうせつくるんであれば、本当にこの町民ロビーですか、各階にこうやってやってありますので、そういうものをつくってあるのならば、なおさら冷たい感じの庁舎は嫌だなあというふうに思います。そのことは、今もう設計図が出てきてますけれども、そういう話を十分聞いていただく中で、やっぱりつくるならつくっていただきたい。


 これの図面の中に真ん中に町民ロビーがありますが、その横、両サイドに事務スペースってあるんですけれども、これはカウンターだけになってるのか、何かつい立てみたいなものでも立ってるのか、ちょっとそのあたり聞きたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) お答えさせていただきます。


 先ほど出た建築設計事務所がどちらのほうで建築をしてるかっていうのは承知しておりませんが、今回、仁多庁舎の設計に当たっては、基本設計の段階で設計の方針というのを町民の皆様、あるいは議会の皆様にお話をさせていただいたところでございますが、5点ございまして、町民サービスの向上を実現する庁舎、防災拠点施設となる安全・安心な庁舎、全ての人に優しい庁舎、環境に配慮した庁舎、維持管理を考慮した経済的な庁舎とこういう視点の中で庁舎を今回入札を実施設計の中でさせていただいてます。こういった中での設計でございますので、住民の皆様の意見も何回もお話をいただいたりした中で、今回でき上がったものでございます。また、1階部分については、提案のときに説明を申し上げましたが、特に1階のタウンホールであるとか、1階のフロアについては、木材を利用したぬくもりのあるものとして考えております。


 また、2つ目の御質問のパネルといいますか、仕切りですね。これは横田庁舎と同じような形のカウンターで、これも高さが高くないように低い高さ、ちょっと今、高さをメモしたもの持っておりませんが、そういったことについても配慮しながら、設計事務所等とも十分に打ち合わせをしながらやっております。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 先ほどの説明で震度4でしたかいね。あっ、6まで。それはやっぱりそういう基準がこの、例えば庁舎、たくさん人が集まるとこにおいては震度6までは大丈夫だというふうな何か基準があるもんですかね、教えてください。


○議長(景山 孝志君) 川本総務課長。


○総務課長(川本 健二君) 明確な震度に対するところまでは把握しておりませんが、これまであった地震の中で震度6といいますと、神戸の大震災規模ではなかろうかと思います。そういった中で、建築法も改正になりまして、そこに入っておられる方が退去をする時間を与えたり、そう一遍に崩れるという内容の建物ではもちろんありませんし、今後、震度6まではどういう状態であっても倒壊等の心配はない。仮にもうちょっと上がった分でもひびが入る程度で、それについては補修も可能だというところまで設計事務所とも協議をさせていただいております。


○議長(景山 孝志君) ほかにはございませんね。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第73号についての質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第74号についての質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 最初に、議案第71号について討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論がございますか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 続いて、議案第72号について討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 議案第72号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について、反対の立場から討論をさせていただきます。


 先ほど幾つか質問をさせていただきました。横田庁舎との2庁を併用して使うということでございます。そうであるならば、先ほどから申し上げましたように、このような大きな庁舎が本当に要るのだろうかと。そして、人口もふえていってほしいんですけれども、なかなか人口がふえないで自然減が続いてるような環境の中で、これほど大きなものが本当に必要なのか、それが随分、私は疑問でございます。当然、合併債といえどもこれは借金でございますので、その中の約70%近くは町民負担になるということも含めて、町民の皆さんの中にもそんなに大きなものは要らんじゃないかという声もあります。ただ、仁多庁舎の現状は、先ほど提案説明の中にもありましたように、老朽化は本当に否めません。こういうことについては建てかえるなら建てかえないといけないという思いは私の中に随分ございますけれども、本当にこんなに大きなものが必要なのかと、そういう意味において、もう少しスリム化すべきじゃないか、お金の問題も含めて、そういう思いで反対をさせていただきます。


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 私は、議案第72号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結について、賛成の立場から議論いたします。


 まず、本工事は12億9,600万円と多大な予算がかかるものであり、地方にとって大変一番の大きな投資になります。しかし、この中で町の実質的な負担は4億円余りと3分の1の費用でできる。この機会は合併特例債が使える機会でしかありません。横田庁舎の話も話題になりましたが、横田庁舎も20年、30年すれば寿命が来ます。そのときにまた大きな庁舎を建てかえるというのは、そして、そのお金を全て町民の税金で賄うというのは、なかなか難しいものであるというふうに思ってます。庁舎の寿命の半分である今の横田庁舎が建って20年余りがたった今、仁多庁舎を建てかえることで大きな投資を真ん中の時期と真ん中の時期でできるという大変有利なものであるというふうに思っております。また、これは50年以上使えるものであり、後年にとっては大きな負担になりますが、決して単なる借金ではなく、財産として後年に残せるものだというふうに思っております。


 また、今回の契約につきましては、最初は不落ということで再入札もあり、そして、また不落で随意契約ということになりましたが、結果的にこの大きな12億余りの金額を地元の3社を中心とした共同企業体に発注できるという結果となりました。雲南市役所の建築工事を見ますと、ゼネコンが頭をとり、その工事金額のほとんどは町外、市外へと持っていかれます。今回の奥出雲町の新仁多庁舎建設工事は、全ての金が町内の企業に発注されるという点でも大変すぐれた結果であるというふうに思っております。


 また、さまざまの議員からも意見がございましたが、これまで町民の皆様には公募に応募いただき、町民ワークショップの中でさまざまな御意見もいただきました。また、議員の皆様方にも特別委員会のみならず、議員の皆様に直接課長から説明していただき、議員からも意見、質問を出し、その改善も行ったところでございます。


 大変大きな投資金額ではございますので、さまざまな意見があると思いますが、結果的に今、予算内におさまりながら、町内の3社へ発注できるこの工事にぜひ賛成したく、賛成討論といたします。(拍手)


○議長(景山 孝志君) 次に、反対の方の討論を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、賛成の方の討論を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第72号についての討論を終わります。


 続いて、議案第73号について討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第73号についての討論を終わります。


 続いて、議案第74号について討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、議案第74号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第57、議案第71号、農山漁村地域整備交付金(地域用水環境整備事業)阿井発電所水車発電機設計製作据付工事請負契約締結についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第58、議案第72号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(建築主体)請負契約締結についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第59、議案第73号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(機械設備)請負契約締結についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第60、議案第74号、奥出雲町新仁多庁舎建設工事(電気設備)請負契約締結についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第61 同意第1号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第61、同意第1号、奥出雲町名誉町民の選定同意についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 川本総務課長。


            〔川本総務課長説明〕


  ───────────────────────────────


 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。質疑はございますか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、同意第1号についての討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第61、同意第1号、奥出雲町名誉町民の選定同意についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、原案のとおり同意されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第62 発議第1号





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第62、発議第1号、奥出雲町議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 奥出雲町議会委員会条例(平成17年奥出雲町条例第261号)の一部を改正する条例を、地方自治法第112条及び奥出雲町議会会議規則第14条の規定により別紙のとおり提出する。平成27年3月27日提出。提出者、奥出雲町議会議員、藤原充博。賛成者、奥出雲町議会議員、大垣照子、同じく岩田明人、同じく若月忠男、同じく村尾明利、同じく内田勇。


 提案理由、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律が施行のためです。


 1枚おはぐりください。3行目、第19条中「教育委員会の委員長」を「教育委員会の教育長」に改める。


 附則、施行期日、この条例は平成27年4月1日から施行する。


 経過措置がございます。2、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の場合においては、この条例による改正後の第19条の規定は適用せず、この条例による改正前の第19条の規定は、なおその効力を有する。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただいまの発議第1号についての質疑を行います。質疑はございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて、発議第1号について討論を行います。


 討論がございましたら、反対の方から発言を許します。討論はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、発議第1号について討論を終わります。


 続いて、採決を行います。


 日程第62、発議第1号、奥出雲町議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第63 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第63、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出があっております。申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 御異議なしと認めます。よって、本委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で本定例会に付議されました議案の審議は全て終了いたしました。


 これにて平成27年第1回奥出雲町議会定例会を閉会といたします。御苦労さまでした。


            午後3時07分閉会


  ───────────────────────────────