議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成25年第4回定例会(第4日12月18日)




平成25年第4回定例会(第4日12月18日)





 
────────────────────────────────────


平成25年 第4回(定例)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第4日)


                       平成25年12月18日(水曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第4号)


                   平成25年12月18日 午前9時30分開議


 日程第1 議案第75号 奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第2 議案第76号 奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について


 日程第3 請願第4号 奥出雲町立三成小学校校舎改築に関する請願書


 日程第4 陳情第8号 小学校入学時体育衣料購入助成の陳情書


     (日程第1〜4 総務文教常任委員会委員長報告)


 日程第5 議案第74号 奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について


 日程第6 陳情第12号 横田簡易水道の改良を求める要望書


     (日程第5〜6 福祉厚生常任委員会委員長報告)


 日程第7 陳情第6号 一般県道木次横田線道路改良工事の要望書


 日程第8 陳情第7号 一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事の要望書


 日程第9 陳情第9号 奥出雲木材利用促進の要望書


 日程第10 陳情第10号 経営改善普及事業及び地域振興事業に係る補助金要望書


 日程第11 陳情第13号 町道金原線道路改良工事に関する要望書


     (日程第7〜11 産業建設常任委員会委員長報告)


 日程第12 議案第77号 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出について


 日程第13 議案第78号 平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第14 議案第79号 平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について


 日程第15 議案第80号 平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について


 日程第16 議案第81号 平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第17 議案第82号 平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第18 議案第83号 平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第19 議案第84号 平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第20 議案第85号 平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出について


     (日程第12〜20 予算特別委員会委員長報告)


 日程第21 陳情第11号 仁多新庁舎建設における要望書


     (日程第21 庁舎建設特別委員会委員長報告)


 日程第22 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


   ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第75号 奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第2 議案第76号 奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について


 日程第3 請願第4号 奥出雲町立三成小学校校舎改築に関する請願書


 日程第4 陳情第8号 小学校入学時体育衣料購入助成の陳情書


     (日程第1〜4 総務文教常任委員会委員長報告)


 日程第5 議案第74号 奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について


 日程第6 陳情第12号 横田簡易水道の改良を求める要望書


     (日程第5〜6 福祉厚生常任委員会委員長報告)


 日程第7 陳情第6号 一般県道木次横田線道路改良工事の要望書


 日程第8 陳情第7号 一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事の要望書


 日程第9 陳情第9号 奥出雲木材利用促進の要望書


 日程第10 陳情第10号 経営改善普及事業及び地域振興事業に係る補助金要望書


 日程第11 陳情第13号 町道金原線道路改良工事に関する要望書


     (日程第7〜11 産業建設常任委員会委員長報告)


 日程第12 議案第77号 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出について


 日程第13 議案第78号 平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第14 議案第79号 平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について


 日程第15 議案第80号 平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について


 日程第16 議案第81号 平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第17 議案第82号 平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第18 議案第83号 平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第19 議案第84号 平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第20 議案第85号 平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出について


     (日程第12〜20 予算特別委員会委員長報告)


 日程第21 陳情第11号 仁多新庁舎建設における要望書


     (日程第21 庁舎建設特別委員会委員長報告)


 日程第22 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


  ───────────────────────────────


             出席議員(14名)


    1番 内 田 雅 人君     2番 石 原 武 志君


    3番 藤 原 和 範君     4番 川 西 明 徳君


    5番 塔 村 俊 介君     6番 内 田   勇君


    7番 内 田 精 彦君     8番 藤 原 充 博君


    9番 村 尾 明 利君     10番 若 月 忠 男君


    11番 松 ? 正 芳君     12番 大 垣 照 子君


    13番 岩 田 明 人君     14番 景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(なし)


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 和久利 民 男君  企画員 ──── 難 波 輝 彦君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 井 上 勝 博君  副町長 ──── 勝 田 康 則君


教育長 ──── 安 部   隆君  総務課長 ─── 川 本 健 二君


教育総務課長 ─ 糸 原   敬君  企画財政課長補佐 杠   康 彦君


病院事務長 ── 内 田 久 貴君


健康福祉課長兼福祉事務所長 ───────────── 野 原 万寿老君


水道課長 ─── 稲 垣 和 利君  税務課長 ─── 吉 川 孝 司君


建設課長 ─── 松 島 昭 雄君  社会教育課長 ─ 高 橋 安 典君


出納課長 ─── 堀 谷 智 樹君  町民課長 ─── 石 原 啓 子君


環境政策室長 ─ 津 田   昇君


健康づくり推進室長 ───────────────── 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ─ 舟 木   長君  地域振興課長 ─ 森 長 洋 二君


子育て支援課長  若 月 ゆかり君  財産管理室長 ─ 森 山 正 人君


農林土木課長 ─ 若 月 勝 久君  観光推進室長 ─ 本 山 宏 人君


  ───────────────────────────────


            午前9時29分開議


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第4回奥出雲町議会定例会を開会いたします。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 これより日程に入ります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 議案第75号 から 日程第4 陳情第8号





○議長(景山 孝志君) 日程第1、議案第75号、奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第2、議案第76号、奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について、日程第3、請願第4号、奥出雲町立三成小学校校舎改築に関する請願書、日程第4、陳情第8号、小学校入学時体育衣料購入助成の陳情書、以上の4議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る12月5日の本会議におきまして、総務文教常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条、第94条及び95条の規定により、委員長から報告を求めます。


 9番、村尾明利総務文教常任委員会委員長。


○総務文教常任委員会委員長(村尾 明利君) それでは、総務文教常任委員会委員長の報告をいたします。


 平成25年12月18日、平成25年第4回奥出雲町議会定例会総務文教常任委員会委員長報告。奥出雲町議会議長、景山孝志様。総務文教常任委員会委員長、村尾明利。


 平成25年第4回奥出雲町議会定例会12月5日本会議において、当委員会に付託になりました議案第75号、76号、請願第4号、陳情第8号について、会議規則第77条、第94条及び第95条の規定により報告いたします。


 常任委員会開催日、平成25年12月11日。出席委員7名。説明出席者、教育長、総務課長、教育総務課長、企画財政課長、税務課長、社会教育課長、出納課長、子育て支援課長、財産管理室長。


 審査案件及び審査の概要について申し述べます。


 議案第75号、奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について。幼稚園及び保育所の一体的な幼児教育の充実を図ることを目的に、本町では逐次幼児園の開設を進めてきた。本条例制定は、来春の亀嵩幼児園の開設に伴い、亀嵩幼稚園、高田幼稚園を廃止する条例制定である。これに至るまでの経緯を確認した。保護者や地域と意見交換会を重ねることで御理解をいただいているとのことであった。民営ありきで進むこのないよう等を意見といたしました。賛成多数により原案可決といたしました。


 議案第76号、奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について。現三成保育所の園舎が非常に狭いという保護者や地区民からの要望に対し、幼児教育の充実を図るために、児童館との一体的な施設整備、環境を整えるために、改修することとした。これに伴い、児童館を廃止する条例制定である。これまで児童館を活動拠点としていた放課後児童クラブの扱いや三成幼児園開設への今後のスケジュールについて説明を受け、子供たちが健やかに育つような環境整備の必要性を確認した。また、三成幼児園開設に向けて実施したアンケートや説明会で出た質問等の結果は、1月中に回答及び情報提供する予定で準備を進めているとのことであります。賛成多数により原案可決といたしました。


 請願第4号、奥出雲町立三成小学校校舎改築に関する請願書。児童の安全を守るため、また、まちづくりの核となるようなよりよい教育環境を創造する観点から、三成小学校校舎及び周辺環境の整備を行うことについて、賛成とする。全会一致、採択といたしました。


 陳情第8号、小学校入学時体育衣料購入助成の陳情書。子供の体力向上及び保護者の負担軽減のため、小学校入学時の体育衣料の助成について、賛成とする。賛成多数により採択といたしました。


 以上、議案審査の報告を終わります。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、議案第75号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第76号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、請願第4号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、陳情第8号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、議案第75号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第75号、奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、反対の討論を行います。委員長報告は採択であります。


 本条例案は、奥出雲町立幼稚園の亀嵩幼稚園、高田幼稚園を廃止しようとするものです。


 まず初めに、幼稚園の条例廃止について申し上げます。奥出雲町の幼稚園は公立園が幼児教育を担ってきました。公立園は公の責任として、教育の機会の保障、幼児教育発展のための研究などを担ってきており、その役割は大きなものがありました。しかし、今後の幼児教育の計画案発表当初から、民営化ありきの拙速な進め方への懸念があります。公教育への責任放棄になるなし崩し的公立幼稚園廃止は認められません。


 その理由の第1は、多様な幼児教育を町民が選択することができなくなるからです。町立幼稚園の教育内容を選びたい、小さな声はあります。幼小連携でスムーズに小学校生活に入っていける、経験を積んだ教員が教育してくれるなど、公立幼稚園の教育内容に共感して選んでいるという意見もあり、公立でしかできない中身であり、公立幼稚園がなくなれば、これらの選択肢は失われます。


 また、奥出雲町立幼稚園は、教育実践に基づく研究を長年にわたり行ってきました。町は、公でなければできない教育内容はないという立場ですが、公立だからこそできていることは大きく、重要な役割を果たしています。


 第2に、支援を要する児童の受け入れ、セーフティーネット機能を積極的に発揮してきた公立幼稚園を廃止すれば、その機能が低下することは明らかであります。説明会では、町が町民の声を聞いて決定すると信じて意見を言った町民は、町が決めたことだから仕方ないか、民営化ありきでこちらの意見を聞く気が見受けられない、やりましたよというパフォーマンスにつき合わされたという声が上がりました。幼稚園の廃止提案は、地方版子ども・子育て会議を開く一方で、規制づくりであり、大義を形骸化するものではないでしょうか。


 さらに重大なのは、子ども・子育て支援法の新制度の導入に乗じて公立幼稚園の廃止などが加速させられていることであります。政府は新制度で全ての問題が解決するかのような宣伝をしていますが、このままでは公的幼児教育制度の解体は必至であります。何より子供の権利を最優先に、幼児教育の公的保障と予算の大幅増額で、子供たちによりよい子育て支援がなされるよう求めて討論を終わります。


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 私は、この案件について賛成の立場で少しお話をしたいと思います。


 まず、これは亀嵩地区について、これは地区の方からぜひとも幼児園化を進めてほしいという意見交換あるいは要望書も出ているということで始まったことです。それで、この条例も、そういうふうな民営化といいますか、幼児園化に向けて、幼稚園の廃止というふうな条例が今回出たわけです。


 次に、幼児教育のことで今、共産党のほうからいろいろお話がございました。確かにいろいろありますけども、親の要望どうのこうのあります。ただ、一番大事なのは、子供たちはやっぱりある程度たくさんの人数の中で鍛えられて、学んでやっていくのが一番ベターだと思うんです。それは、個々の話はあると思いますけども、そういう意味でも、今後この少子化の中では、奥出雲町において幼児園化をしていくのはやむを得ない選択ではないかと思います。以上です。


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。ありませんか。


              〔討論なし〕


 討論なしと認めます。よって、議案第75号について討論を終わります。


 続いて、議案第76号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。


 4番、川西明徳議員。


○議員(4番 川西 明徳君) 4番、日本共産党、川西明徳でございます。


 議案第76号、奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について、反対の討論を行います。委員長報告は採択であります。


 学童保育は、家庭と同じように過ごせる生活の場です。2012年に全国学童保育連絡協議会の実態調査では、学童保育数も入所児童数も毎年増加し、84万6,967人の子供たちが利用していると言われています。2012年8月に成立した子ども・子育て関連3法は、保育の分野ではこれまでの公的責任や最低基準、財政措置が後退するなど、大きな問題になっています。学童保育については、制度が大きく変わることになりました。国としての学童保育の基準を初めて法令で定め、市町村も2015年4月から条例で学童保育の基準を定め、本格施行になります。


 学童保育は、1998年に児童福祉法に位置づけられて以降、14年間で入所児童数は2.5倍にふえています。学童保育には、子供たちが毎日安全で安心して生活できる環境が必要です。厚労省は、放課後児童クラブガイドライン、2007年10月策定で、放課後児童クラブにおける集団の規模については、おおむね40人程度までとすることが望ましいとしています。2007年度から、国は入所児童数が71人以上の学童保育への補助金を打ち切るという方針だったために、71人以上の施設は2011年度まで減少し続けました。しかし、補助金は継続され、分割の動きは弱まり、2012年は増加に転じました。学童保育には、生活の場にふさわしい規模、定員、指導員の配置基準、子供1人当たりの施設面積などを定めた最低基準がないことが大規模を生み出す要因となってきました。1960年代から、学童保育の国の制度化を求める運動があって、1998年に児童福祉法に基づく事業として学童保育は法制化されました。しかし、その内容は公的な責任が努力義務で曖昧、最低基準が定められていない、財政措置が奨励的な予算補助である、補助金の金額も実態からも乖離していることなどの問題がありました。そのため、国は学童保育の制度の見直しの検討を始めました。


 2012年8月、子ども・子育て関連3法が成立、そして子ども・子育て支援法の制定と、児童福祉法の改定によって学童保育は大きく変わることになりました。具体的にはどのように変わるのでしょうか。1つに、学童保育を地域子ども・子育て支援事業として位置づけ、2つに、学童保育の整備計画を地域子ども・子育て支援事業計画の策定を市町村に義務づける。3つに、学童保育への補助金は市町村の地域子ども・子育て支援事業計画に基づいて支出される交付金として出される。4つに、財源となる交付金は、国から市町村への直接補助となり、県は予算の範囲内で補助する仕組みとなる。5つに、市町村にも子育て支援にかかわる重要事項を検討する努力義務の地方版子ども・子育て会議を設置し、子育て支援を推進する。6つに、法律の附則に指導員の処遇の改善、人材確保の方策の検討が盛り込まれ、所要の措置を講ずることとなります。現在、国は2015年4月施行を目指して制度の具体化を検討しています。学童保育にかかわる国の制度の変更によって、今後市町村が学童保育の量的、質的な拡充を図る事業計画を立て、学童保育の質的拡充を図れる基準を定め、十分な財政措置を行っていくことが求められます。


 よって、三成幼稚園廃止が先にありきの奥出雲町児童館の廃止ではなく、共働き、ひとり親家庭等の子供たちの毎日の生活の場である学童保育、働きながら子育てする家庭を支える学童保育の一層の充実を目指し、さらに進めていくことを求めて討論を終わります。


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 議案第76号について、私は賛成をいたします。


 この議案は、三成の児童館の設置と管理に関する条例を廃止するというものですが、決して児童館の機能をなくすというものではないと申し上げます。


 背景として、130人以上の園児が通う三成保育所の園舎が非常に狭く、保護者や地区から改善要望が出ておりますが、併設する児童館の、町の施設であり、今まで補助金の縛りもあって保育所は使えなかったわけです。来年その縛りが解けるにあわせて、この条例を廃止することで使うことが可能になる。園舎の狭さを多少なりとも解消ができるわけです。いわば前向きな、発展的な廃止であると考えます。


 そして、児童館の2階にある小学生が集う放課後児童クラブの機能を小学校の近くでもある教室のあいている幼稚園舎に移すことで、幼児教育の一体的な充実を目指すものだと考えます。


 先ほど反対討論にあったような子ども・子育て支援法の問題となるような案件ではありません。議員の皆様の適正なる判断を望みます。


 以上で私の賛成討論を終わります。


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第76号について討論を終わります。


 続いて、請願第4号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、請願第4号について討論を終わります。


 続いて、陳情第8号について討論を行います。


 本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第8号について討論を終わります。


 続いて、採決をいたします。


 日程第1、議案第75号、奥出雲町立幼稚園の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) 起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第2、議案第76号、奥出雲町児童館の設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立をお願いします。


              〔賛成者起立〕


○議長(景山 孝志君) ただいまの起立は、起立多数と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第3、請願第4号、奥出雲町立三成小学校校舎改築に関する請願書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 続いて、日程第4、陳情第8号、学校入学時体育衣料購入助成の陳情書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は……(発言する者あり)ただいまの小学校入学時体育衣料購入助成の陳情書の採決につきましては、失礼をいたしました。もといでございますが、挙手多数によって採択と訂正をさせていただきます。失礼をいたしました。挙手多数で、委員長報告のとおり採択をされました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 議案第74号 及び 日程第6 陳情第12号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第5、議案第74号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について、日程第6、陳情第12号、横田簡易水道の改良を求める要望書、以上の2議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る12月5日の本会議におきまして、福祉厚生常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条及び第95条の規定により、委員長から報告を求めます。


 12番、大垣照子福祉厚生常任委員会委員長。


○福祉厚生常任委員会委員長(大垣 照子君) 平成25年第4回奥出雲町定例議会。平成25年12月18日。奥出雲町議会議長、景山孝志様。福祉厚生常任委員会委員長、大垣照子。


 平成25年第4回奥出雲町議会定例会12月5日本会議において、福祉厚生常任委員会に審議付託された下記議案につきまして、審査を行いました。


 それでは、会議規則第77条及び第95条の規定により、審議状況及び審査の結果について報告します。


 記。1、開催日、平成25年12月12日木曜日。2、出席委員7人。3、説明出席者、健康福祉課長、水道課長、病院事務長、健康づくり推進室長、町民課長、環境政策室長。4、審査案件2件。


 議案第74号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について。本議案は、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律の一部改正に伴って適用範囲が拡大されることにあわせて、町営住宅への入居者の優先入居や単身での入居の対象範囲を拡大するため、条例改正を行うためのものです。主な審議内容。本町における実態の確認がありました。昨年は1件、一昨年は把握ができていないということでした。審議結果。全員の賛成により、可決すべき案件と認め、原案可決としました。


 陳情第12号、横田簡易水道の改良を求める要望書。主な審議内容。水道課長に横田簡易水道について、昭和30年の整備からこれまでの経過や現状についての説明を求め、抜本的な改修となると何年ごろの計画となるのか、また概算でどれぐらいの費用がかかるのか、平成29年には公営企業化となる中で、どの時期に改修を行うかなどの審議をしました。審議結果。さきの審議を経て、老朽化の問題や公営企業化等も見据え、この要望内容は重要と認め、全員の賛成により採択としました。


 以上、当委員会に付託された議案についての審議結果の報告といたします。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、議案第74号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、陳情第12号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、議案第74号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第74号について討論を終わります。


 続いて、陳情第12号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第12号について討論を終わります。


 続いて、採決をいたします。


 日程第5、議案第74号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第6、陳情第12号、横田簡易水道の改良を求める要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第7 陳情第6号 から 日程第11 陳情第13号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第7、陳情第6号、一般県道木次横田線道路改良工事の要望書、日程第8、陳情第7号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事の要望書、日程第9、陳情第9号、奥出雲木材利用促進の要望書、日程第10、陳情第10号、経営改善普及事業及び地域振興事業に係る補助金要望書、日程第11、陳情第13号、町道金原線道路改良工事に関する要望書、以上の5議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る12月5日の本会議におきまして、産業建設常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第95条の規定により、委員長から報告を求めます。


 13番、岩田明人産業建設常任委員会委員長。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) それでは、報告をいたします。


 平成25年第4回奥出雲町議会定例会産業建設常任委員会委員長報告。平成25年12月18日。奥出雲町議会議長、景山孝志様。産業建設常任委員会委員長、岩田明人。


 平成25年第4回奥出雲町議会定例会12月5日本会議において、当委員会に付託になりました陳情第6号、陳情第7号、陳情第9号、陳情第10号、陳情第13号について、会議規則第77条、第94条及び95条の規定により報告をいたします。


 記。開催日は、平成25年12月13日。出席者、議員7名、そして、課長5名、建設課長、農業振興課長、地域振興課長、農林土木課長、観光推進室長であります。


 陳情第6号、一般県道木次横田線道路改良工事の要望書。幅員拡張等改良工事の要望であり、地域居住住民の生活道として改良が必要であると認め、全会一致、採択。


 陳情第7号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事の要望書。幅員拡張等改良工事の要望であり、地域居住住民の生活道として改良が必要であることを認め、全会一致で採択。


 陳情第9号、奥出雲木材利用促進の要望書。奥出雲木材の積極的利用が地域経済の活性化につながる観点から、町内の木造住宅建設の促進が必要と判断します。全会一致で採択。


 陳情第10号、経営改善普及事業及び地域振興事業に係る補助金要望書。商工会が取り組む経営改善普及事業及び地域振興事業については、各商工会員、事業所の経営改善に向けた補填並びに新規要望項目のプレミアム商品券の発行や商工まつりの開催などの地域活性化のために必要な提案であると認めます。全会一致で採択。


 陳情第13号、町道金原線道路改良工事に関する要望書。町道金原線については、町道郡三成線と国道314号を結ぶ地域住民の生活道で、現在、未舗装の区間が400メートル程度あります。町として、過去より路肩の木々伐採に関して該当住民のたび重なる折衝も持ったものの、まだ、いまだ折り合いがつかず、周辺住民の生活に支障を来す切実な問題となっていることから、舗装が必要であると認め、全会一致で採択。


 以上、報告を終わります。


○議長(景山 孝志君) 以上で、委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、陳情第6号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、陳情第7号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、次、陳情第9号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、陳情第10号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、次、陳情第13号について質疑を行います。質疑はございますか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、陳情第6号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第6号について討論を終わります。


 続いて、陳情第7号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第7号について討論を終わります。


 続いて、陳情第9号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。


 ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第9号について討論を終わります。


 続いて、陳情第10号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第10号について討論を終わります。


 続いて、陳情第13号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第13号について討論を終わります。


 続いて、採決をいたします。


 日程第7、陳情第6号、一般県道木次横田線道路改良工事の要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 続いて、日程第8、陳情第7号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事の要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 続いて、日程第9、陳情第9号、奥出雲木材利用促進の要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 続いて、日程第10、陳情第10号、経営改善普及事業及び地域振興事業に係る補助金要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 続いて、日程第11、陳情第13号、町道金原線道路改良工事に関する要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


 ここでしばらく休憩といたします。10時35分から再開をいたします。10時35分から再開します。休憩。


           午前10時21分休憩


  ───────────────────────────────


           午前10時34分再開


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、休憩前に引き続きまして会議を開きます。


 それでは、会議に入ります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第12 議案第77号 から 日程第20 議案第85号





○議長(景山 孝志君) 日程第12、議案第77号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出について、日程第13、議案第78号、平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第14、議案第79号、平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について、日程第15、議案第80号、平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について、日程第16、議案第81号、平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第17、議案第82号、平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第18、議案第83号、平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第19、議案第84号、平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第20、議案第85号、平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出について、以上の9議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る12月5日の本会議におきまして、予算特別委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条の規定により、委員長から報告を求めます。


 11番、松?正芳予算特別委員会委員長。


○予算特別委員会委員長(松? 正芳君) それでは、平成25年第4回奥出雲町議会定例会予算特別委員会委員長報告をいたします。


 平成25年12月18日。奥出雲町議会議長、景山孝志様。予算特別委員会委員長、松?正芳。


 第4回奥出雲町議会定例会12月5日本会議において、予算特別委員会に付託されました議案の審議経過及び審査の結果について、会議規則第77条の規定により、報告いたします。


 審査付託議案。以下の9議案でございます。議案第77号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出について、議案第78号、平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について、議案第79号、平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について、議案第80号、平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について、議案第81号、平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について、議案第82号、平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について、議案第83号、平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について、議案第84号、平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出について、議案第85号、平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出について。


 出席委員数は13名でございます。


 1、審議の経過について。当委員会では、去る12月6日に執行部全課長出席のもと全体質疑を行い、その後各小委員会へ審査を付託いたしました。昨日12月17日に再度委員会を開催し、小委員会委員長より分割審査の結果報告を受け、全体集約の後、予算特別委員会として本議案について採決いたしました。


 2、審査結果について。議案第77号、議案第78号、議案第79号、議案第80号、議案第81号、議案第82号、議案第83号、議案第84号、議案第85号は、いずれも全会一致、原案可決の審議結果でありました。


 3、審査内容の概要でございます。議案第77号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出について。1、本議案の一般会計補正予算額は、8,400万円であり、補正後の予算総額は152億1,000万円となっております。2、主な補正内容について。全体質疑では、8,400万円の主な歳出である災害復旧費が2,820万円、橋梁工事県事業負担金1,438万8,000円、木質チップ供給体制整備事業1,000万円、子ども・子育て支援システム構築920万2,000円、生活保護扶助費850万円、農地・水保全管理支払交付金事業737万6,000円、新農林水産振興がんばる応援総合事業556万4,000円などの事業費の概要並びにその財源構成についての補足説明を受け、その後、各議員から各事業内容等についての多岐にわたる詳細な質疑がなされました。


 2、12月17日に招集いたしました予算特別委員会では、各小委員会から審査報告がありました。総務文教予算小委員会からは、電子自治体推進費のグループウエア業務委託料148万7,000円の内容、企画費のふるさと応援寄附金456万9,000円の使途、小学校管理費と小学校教育振興費については、来年度、阿井小学校の特別支援学級新設に備えた設備修繕46万2,000円及び備品購入の内容と現状、また意見として、ソフトウエアの更新や電算関係の変更などにかかわる予算要求は全体金額、委託業者、入札の有無の把握、経費のあり方の検討が必要であること、また、委託契約切りかえ時における見直しの対応も必要であること、ふるさと応援寄附金については目的ごとの管理、年度終了後の議会への詳細結果報告の必要性など意見が付され、詳細な審議の結果が報告されました。


 福祉厚生予算小委員会からは、環境政策費1,000万の事業内容について審議されました。意見として、木質チップ供給体制整備事業における皮剥ぎ機械設備製造据えつけ工事追加の経緯や事業内容について、皮剥ぎ機導入に当たっては、チップの含水率を低くするため、露天設置でなく、生産システムと生産コストを考慮した効率的な機械の配置を設置先の森林組合と協議することについてそれぞれ指摘し、また、執行部からは再度森林組合と協議するという答弁を受けたことなど、詳細な審議の結果が報告されました。


 産業建設小委員会からは、農林水産業費の中山間地域等直接支払関連事業費81万6,000円、農地・水保全管理支払交付金事業費737万6,000円及び農地費の川西水車小屋ポンプ修繕料13万7,000円の事業内容、商工費の商工業振興費、観光費の都市農村共生・対流総合対策事業補助金123万6,000円及びヴィラ船通山施設修繕118万9,000円の事業内容、土木費の道路新設改良費の橋梁工事費事業負担金1,438万8,000円の事業内容、災害復旧費、公共土木施設災害復旧事業2,820万円の事業内容などが報告されました。また、意見として、中山間地域等直接支払関連事業費及び農地・水保全管理支払交付金事業費については、山間いの環境保全や生産条件不利地域を保護する観点から、今後も継続的に地域一体となった取り組みを期待すること、また農地費の川西水車小屋ポンプについては、町有施設であるが償還等終了後は地元への払い下げも検討すること、都市農村共生・対流総合対策事業補助金については、現在、県や旅行業者と一体になってモニターツアーなどが実施されているが、町の魅力を発信する新たな旅行商品づくりの設計を今後も継続して行われるよう期待すること、ヴィラ船通山施設修繕については、過去に修繕歴があり、今後、印賀奥出雲線が開通する中で、顧客サービスが低下しないよう必要な修繕箇所の早期計画、協議を確認したこと、橋梁工事費事業負担金については、町内2つの橋かけかえ負担金であり、工事に伴う幅員や基礎部分の改善、早期完成が実現されるよう確認をしたこと、災害復旧費、公共土木施設災害復旧事業費については、9月の長雨被害に伴う事業であり、早期復旧を目指した事業実施と完工を確認したこと、そのほか意見が付され、詳細な審議の結果が報告されました。


 今回の補正額8,400万円の財源は、公共土木災害復旧事業に伴う国庫負担金1,800万円などを含む国県支出金が4,100万円、町債が2,200万円、一般財源などが2,100万円であります。一般財源等については、財政調整基金1,300万円、寄附金400万円、諸収入300万円などがあり、財政調整基金は今回の取り崩し後も8億8,800万円が確保されています。


 このたびの補正は、上記に述べた主要項目のほか、道路改良、定住対策、施設改善、人件費補正など多項目でありますが、いずれも必要な補正要因と認め、質疑の後討論を行い、本予算特別委員会としての可否を採決し、全会一致で原案可決しました。


 続いて、議案第78号、平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出について。補正額2,952万1,000円は、療養給付費の不足、介護納付金確定、繰越金処理、給与費改定などによる補正であり、財源については療養給付費交付金、繰入金などをもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第79号、平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出について。補正額423万7,000円は、嘱託職員増に伴う車両購入、基金積み立てによる補正であり、財源については訪問看護事業収入、県補助金をもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第80号、平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について。補正額156万1,000円は、施設維持費等の不足による補正であり、財源については、繰越金をもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第81号、平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について。補正額164万4,000円は、下水道管路用地土地購入費などによる補正であり、財源については繰越金等をもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第82号、平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出について。補正額40万8,000円は、消費税確定申告に伴う不足額、過年度公債費、金利見直しなどに伴う補正であって、財源については繰越金などをもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第83号、平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出について。補正額84万4,000円は、合併処理浄化槽設備修繕などに伴う補正であり、財源については繰越金等をもって措置されており、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第84号、平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出について。補正額3万3,000円は、受給契約の延長に伴う売電収入と繰入金との財源振替、修繕料の計上による補正であり、適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 議案第85号、平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出について。補助金の減額に伴う起債の増額補正のほか、建設改良費の減額補正であり、資本的収支の差し引きは13万4,000円の減額となっている。適正な補正と認め、全会一致、原案可決。


 以上、今期予算特別委員会に付託されました9議案の審査概要と審査結果を述べ、報告といたします。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑は1議案ずつ行います。


 まず、議案第77号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第78号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第79号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第80号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第81号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第82号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第83号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次、議案第84号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、議案第85号について質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。討論も1議案ずつ行います。


 最初に、議案第77号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第77号について討論を終わります。


 続いて、議案第78号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に、本案に賛成の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。


 ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第78号について討論を終わります。


 続いて、議案第79号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第79号について討論を終わります。


 続いて、議案80号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


             〔賛成討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案80号について討論を終わります。


 続いて、議案第81号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第81号について討論を終わります。


 続いて、議案82号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第82号について討論を終わります。


 続いて、議案第83号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第83号について討論を終わります。


 続いて、議案第84号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございます。


 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第84号について討論を終わります。


 続いて、議案85号について討論を行います。


 まず、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ありませんか。


 それでは、ほかに討論はありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、議案第85号について討論を終わります。


 続いて、採決をいたします。


 日程第12、議案第77号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第6号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第13、議案第78号、平成25年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第14、議案第79号、平成25年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第15、議案第80号、平成25年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第16、議案第81号、平成25年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第17、議案第82号、平成25年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第18、議案第83号、平成25年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第19、議案第84号、平成25年度奥出雲町仁多発電事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


 続いて、日程第20、議案第85号、平成25年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第21 陳情第11号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第21、陳情第11号、仁多新庁舎建設における要望書を議題といたします。


 本案につきましては、去る12月5日の本会議におきまして、庁舎建設特別委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第95条の規定により委員長から報告を求めます。


 5番、塔村俊介庁舎建設特別委員会委員長。


○庁舎建設特別委員会委員長(塔村 俊介君) それでは、報告をいたします。


 平成25年12月18日。平成25年第4回奥出雲町議会定例会庁舎建設特別委員会委員長報告。奥出雲町議会議長、景山孝志様。庁舎建設特別委員会委員長、塔村俊介。


 平成25年第4回奥出雲町議会定例会12月5日本会議において、当委員会に付託になりました陳情第11号について、会議規則第95条の規定により報告いたします。


 特別委員会開催日、平成25年12月6日。出席委員、岩田明人委員、若月忠男委員、藤原充博委員、塔村俊介委員、藤原和範委員、内田雅人委員、以上6名。審査案件及び審査概要。陳情第11号、仁多新庁舎建設における要望書でございます。


 審査概要を報告いたします。町内の製品や施工業者をより活用することにつながること、また夏場における路面温度やライフサイクルコストの低減につながることが期待され、必要と認めます。今後、景観面やデータによるアスファルト舗装との比較、防火水槽における補助金の活用の検討を進める必要があります。


 審査結果。全会一致、採択でございます。


 以上、陳情審査の報告を終わります。


○議長(景山 孝志君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。質疑はございますか。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようですので、次に、本案に賛成の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ほかに討論はありませんか。


              〔討論なし〕


○議長(景山 孝志君) 討論なしと認めます。よって、陳情第11号について討論を終わります。


 続いて、採決をいたします。


 日程第21、陳情第11号、仁多新庁舎建設における要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって、本案は、委員長報告のとおり採択されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第22 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第22、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしましたとおり、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出があっております。申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 御異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査をすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で本定例会に付議されました議案の審議は全て終了いたしました。


 これにて平成25年第4回奥出雲町議会定例会を閉会といたします。御苦労さまでした。


           午前11時11分閉会


  ───────────────────────────────