議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成25年第4回臨時会(第1日10月15日)




平成25年第4回臨時会(第1日10月15日)





奥出雲町告示第124号


 平成25年第4回奥出雲町議会臨時会を次のとおり招集する。


   平成25年10月8日


                       奥出雲町長 井 上 勝 博


                 記


1.期 日  平成25年10月15日


2.場 所  奥出雲町議会議場


3.付議事件


 (1) 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 (2) 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出について


 (3) 財産の取得について(榾木センター)


 (4) 財産の取得について(教職員用パソコン)


  ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


     内 田 雅 人君         石 原 武 志君


     藤 原 和 範君         川 西 明 徳君


     塔 村 俊 介君         内 田   勇君


     内 田 精 彦君         藤 原 充 博君


     村 尾 明 利君         若 月 忠 男君


     松 ? 正 芳君         大 垣 照 子君


     岩 田 明 人君         景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


     な し


  ───────────────────────────────


 
────────────────────────────────────


平成25年 第4回(臨時)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第1日)


                       平成25年10月15日(火曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第1号)


                   平成25年10月15日 午前9時30分開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 議案第70号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第4 議案第71号 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出について


 日程第5 議案第72号 財産の取得について(榾木センター)


 日程第6 議案第73号 財産の取得について(教職員用パソコン)


   ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 議案第70号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


 日程第4 議案第71号 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出について


 日程第5 議案第72号 財産の取得について(榾木センター)


 日程第6 議案第73号 財産の取得について(教職員用パソコン)


  ───────────────────────────────


             出席議員(14名)


    1番 内 田 雅 人君     2番 石 原 武 志君


    3番 藤 原 和 範君     4番 川 西 明 徳君


    5番 塔 村 俊 介君     6番 内 田   勇君


    7番 内 田 精 彦君     8番 藤 原 充 博君


    9番 村 尾 明 利君     10番 若 月 忠 男君


    11番 松 ? 正 芳君     12番 大 垣 照 子君


    13番 岩 田 明 人君     14番 景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(なし)


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 和久利 民 男君  企画員 ──── 難 波 輝 彦君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 井 上 勝 博君  副町長 ──── 勝 田 康 則君


教育長 ──── 安 部   隆君  総務課長 ─── 川 本 健 二君


教育総務課長 ─ 糸 原   敬君  企画財政課長 ─ 藤 原   努君


病院事務長 ── 内 田 久 貴君


健康福祉課長兼福祉事務所長 ───────────── 野 原 万寿老君


水道課長 ─── 稲 垣 和 利君  税務課長 ─── 吉 川 孝 司君


建設課長 ─── 松 島 昭 雄君  社会教育課長 ─ 高 橋 安 典君


出納課長 ─── 堀 谷 智 樹君  町民課長 ─── 石 原 啓 子君


環境政策室長 ─ 津 田   昇君


健康づくり推進室長 ───────────────── 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ─ 舟 木   長君  地域振興課長 ─ 森 長 洋 二君


子育て支援課長  若 月 ゆかり君  財産管理室長 ─ 森 山 正 人君


農林土木課長 ─ 若 月 勝 久君  観光推進室長 ─ 本 山 宏 人君


  ───────────────────────────────


            午前9時31分開会


○議長(景山 孝志君) 出席議員数は、14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第4回奥出雲町議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(景山 孝志君) はじめに、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。会議録署名議員は、会議規則第126条の規定によりまして、9番、村尾明利議員、10番、若月忠男議員を指名いたします。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 会期の決定





○議長(景山 孝志君) 日程第2、会期の決定について、お諮りをいたします。


 今期、定例会の会期は、本日1日間とすることにいたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ご異議なしと認めます。よって会期は、本日1日間とすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 議案第70号





○議長(景山 孝志君) 日程第3、議案第70号、奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 森長地域振興課長。


            〔地域振興課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第70号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、質疑を行います。質疑はございますか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 今、説明いただきましたが、実質負担分の20年間の利息ということを言われましたが、具体的に金額で示していただきたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 森長地域振興課長。


○地域振興課長(森長 洋二君) ただ今のご質問にお答えをいたします。


 今回の第2工場に関わります基本的、いわゆる使用に関わる基本料でございます。これが利息と含めまして3,680万円ばかりになります。これを240ヶ月で割り返すと、15万4千ばかりということになるわけでございます。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) それでは、本案に賛成の方の発言を求めます。ありませんか。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 本案に反対の方ございませんか。


 本案に賛成の方ございませんか。


 賛否、いずれも発言の希望がございませんでしたので、以上で討論を終わります。


 続いて、採決を行います。


 日程第3、議案第70号、奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 議案第71号





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第4、議案第71号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。藤原企画財政課長。


            〔企画財政課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第71号 平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、質疑を行ないます。質疑はございますか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) ナラ枯れの処理ということでございますけれども、ああして提案説明の中にもありましたように、山林が大変荒れておりまして、松枯れから色々ありますけれども、大体151万ぐらいの金額でどの程度のことをされるのか、例えば松枯れもその中に入って処理されるのか、ナラ枯れだけではなくて、そこらへん事業の内容をもう少し詳しくお聞かせいただきたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) ただいまのご質問にお答えいたしたいと思います。ナラ枯れ被害についてでございますけれども、奥出雲町の状況といたしまして、昨年24年度には6本の発生を職員が確認いたしておりまして、その都度、処理をしたところでございます。これが今年度25年度になりまして261本の発生を確認させていただきました。この261本の範囲でございますけれども、国道314号から432号、三成の町の連担地の上、愛宕山から上三成の方にかけて、こうしたところでの発生が概ね90本、それから大きなところで申しますと、布勢地区の八代地内、上三所の東部の辺りでございますけれども、133本の発生の確認をいたしました。ですので現在確認をいたしておりますのは布勢地区の八代地内から三成の連担地、それから高尾方面にかけての発生を確認しているところでございます。


 ああしまして、景勝地、鬼の舌震への侵入を非常に懸念しておりまして、現段階では、こうした玉湯吾妻山線から国道沿い分での確認作業をしており、261本の発生をみております。


 これの処理の方法でございますけれども、立木への薬剤注入によりまして、原因となりますカシナガ、ナラ木の殺虫殺菌剤を樹幹注入いたしまして発生の拡大を防ぎたいというふうに思っております。これに要します経費が先ほど申しました対象木261本、m?73?;数にしますと、143m?73?;ばかりの数量になりますけれども、薬剤注入等の経費を積み上げまして150万1千円、それと単費もつけまして事務費等つけて151万円の事業費としております。


 ちなみに松食い虫につきましては、別の事業、保全松林事業等で対応して参ります。今回につきましてはナラ枯れ対策のみでございます。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) そうしますと今の答弁で聞きますと、殺虫剤・殺菌剤の注入ということですが、まだそんなにひどくならない状況の中で、この薬剤注入をやって倒れるまでのところ、倒れないようにするというかたちで、この予算が出ているということですね。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) 先ほどのご質問にお答えしたいと思います。


 ナラ枯れ被害の概要でございますけれども、原因となりますカシナガという虫がおります。これが年明けの概ね6月から7月にかけまして、被害木からカシナガが飛び立ちまして新たなナラの木を探して潜入をいたします。被害に遭いますナラ類ですけども、比較的大径木30cm以上の大きな木が好まれるようでございまして、そちらの方に飛散していくという状況でございます。木に潜入しましたカシナガですけれども、7月から8月頃にかけて木の中で線虫を集中的に潜入させまして、このことに感染することによりまして、樹木が下から水分を上部に送れなくなる状況が発生いたします。これによって、ナラ枯れが発生するわけでございます。その後、秋から冬に掛けましてカシナガの幼虫が樹木の中で成長して、翌年の6月になれば、次の木へ移っていくというサイクルが確認されております。そうしましたことから、秋から冬にかけまして幼虫が樹幹の中に居るうちにですね、殺虫殺菌を施すものでございます。作業の方法ですけれども、概ね地面から1m50cmぐらいまでの高さのところへ、1cm程度のドリルで穴を開けましてそこに薬剤を注入いたします。


 それと処理をした木でございますけれども、個体差はございますが、概ね枯損をしてしまうと思われます。枯損、枯れて倒れるものと思われます。本来ですと、伐倒処理ということで現地で木を伐採いたしまして、薬剤薫蒸処理をしたいところでございますけども、山の上部であるということ、木が大きいということ等で非常に危険を伴います。また作業経費も非常に高額になるというところ、それとあくまでも民有林の木でございますので、木材自体は所有者の方の財産であるという観点から、町といたしましてはナラ枯れの菌の拡大を防ぐということで薬剤注入で収めたいと思っております。


 一部、景観的に非常に損なう部分等発生してました場合には、又別途考慮したいと思いますけれども、基本的には被害木の処理、山の中で駆逐した木につきましては、所有者の方のほうで処理していただきたいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) そうしますと、民有林がほとんどということですけれども、薬剤注入をして枯らして伐倒して一応倒してその山においておくということなのか?注入して枯れたまま置いておくと逆に危険な部分もあるので、道路沿いは特に危険だと思いますが、ちょっとそのあたり聞かせてください。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) ただいまのご質問でございますけれども、現在調査して発生を確認しておる、先ほど申しましたように比較的大径木でございまして、山の上のほうに発生が集中しております。道路沿い等につきましては、所有者の方等で炭焼き用の材料でありますとか、あるいは焚き木用にといったようなことで、伐採が進んでおります。伐採が進んでおりますといいますか、利用されています。北部の木についてはなかなか利用がされていないという状況でございまして、そのせいで木の方も大きくなっている状況にございます。


 従いまして、今回確認させていただきました対象地域につきましては、概ね山の中腹あたりに集中しております。枯れて倒れても、比較的危険度が少ない部分のところが多ございましたので、今回は発生を確認した木についての薬剤注入、殺虫殺菌を行うと思っております。


 ただし、ナラ枯れに遭いました木が、全て枯れて倒れてしまうのかというところにつきましては、感染の状況等によると思いますけれども、全てが枯れて倒れてしまうということはないのではないかというふうに思っております。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) ナラ枯れのことばかりで申し訳ないですけれども、実はナラ枯れ病は4、5年前から島根県下のほうで色々問題になっておりました。どうも聞きますと、一昨年くらいに少し発生して、今年は非常に多く発生しているということですけれども、他の市町村はそこら辺の薬剤散布あるいは駆除されているとは思いますけれども、どういう状況でしょうか。ある程度の効果があるのか、ないのか、その辺のとこどうでしょうかね?


 今わからなければ後でも結構です。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) 他市町村での発生の状況ということでございます。わたくしが今、把握してますのは、雲南管内での状況資料を持ち合わせておりますのでお知らせしたいと思いますけれども、雲南市におかれましては平成21年ごろから、どうも発生したようでございます。掛合吉田あたりを中心に21年度は10本発生。22年度につきましては掛合を中心に木次、加茂の方まで広がりまして91本発生しているようです。さらに23年度では、全体的に増えてまいりまして186本。24年度が194本という発生の状況のようでございます。


 また飯南町につきましては、平成19年から発生の確認をされてらっしゃいます。平成19年度が3本。20年度が2本。平成21年度で急激に増えまして92本。22年度では295本の発生が確認されております。それが平成23年度では140本。24年では143本という発生の確認をしてらっしゃいまして、22年度以降では発生の拡大が比較的収まっているのではないかというふうに考えております。処分の状況等につきましては詳しく聞いておりませんので、伐倒処理の部材とかですね、薬剤処理がどの程度か、確認をいたしておりませんけれども、薬剤注入等によってもですね、効果はある程度期待できるものと捉えております。


 なお、このナラ枯れ対策につきましては雲南地域で被害対策協議会を組織しておりまして、毎年度発生状況等の連絡を交わしております。また県の補助金等の導入につきましても、本議会において承認を経て実証させていただくようにしております。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番内田 雅人君) 横田庁舎の修繕ということですが、現在どのような状況で必要なのか、もう少し詳しく教えていただけますでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 森山財産管理室長。


○財産管理室長(森山 正人君) ただいまのご質問にお答えいたします。


 今現在の状況でございますけれども、横田庁舎正面の車寄せの屋根でございますけれど、駐車場側、蒲鉾型の屋根になってる部分でございますけれども、そこの部分の水切り、及び目地材の経年劣化によるもの、また同じく車寄せの庁舎側の部分の屋根ですけれども、ここの部分につきましては、コンクリートの屋根になっておりまして、そちらの方にひび割れが入っている状況でございます。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて討論を行います。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 続いて、本案に賛成の方の発言を求めます。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 続いて、反対の方の発言を許します。ございませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 続いて、賛成の方の発言を求めます。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 賛否いずれも発言の希望はありませんでしたので、これで討論を終わります。


 続いて、採決を行います。


 日程第4、議案第71号、平成25年度奥出雲町一般会計補正予算(第4号)提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。


 よって本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 議案第72号 から 日程第6 議案第73号





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第5、議案第72号、財産の取得について、内容は榾木センターに関するもの。日程第6、議案第73号、財産の取得について、内容は教職員用パソコンに関するもの。


 以上の2議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。はじめに、若月農林土木課長。


            〔農林土木課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第72号 財産の取得について(榾木センター)


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 続きまして、糸原教育総務課長。提案理由の説明を求めます。


            〔教育総務課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第73号 財産の取得について(教職員用パソコン)


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。これより、質疑を行ないます。質疑は72号、73号を分けて行います。


 まず、議案第72号について質疑を行ないます。質疑はございますか。


 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原 充博君) 直接、この取得に関してのあれではないですけれども、これで奥出雲振興のほうへはお金が沢山入るわけです。


 実は、もう1年くらい前からですけれども、水耕栽培のところのハウスが非常に壊れたままになっております。今、色々損益等があって、難しい経営状況が悪化していて、なかなか直せないということがあったと思いますけれども、水耕栽培のほうも、売り上げを上げていく為には、そういうところを手入れしていかないと、やはり売り上げは上ってこないと思いますけれども。是非ともこのへんのとこ、どういうふうにされるかもちょっとお聞きしたいというふうに思います。


○議長(景山 孝志君) はい、若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) さきほど、ご質問いただきました水耕施設の修繕等についてでございますけれども、議員ご指摘のとおり、外部を被覆しておりますビニール等の破損がかなり大きくなってまいりました。本年度は今のところ、まだ予定はいたしておりませんけれども、また奥出雲椎茸の会社と協議をいたしまして、計画的な修繕等に努めてまいりたいというふうに思っております。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 8番、藤原充博議員。


○議員(8番 藤原充博君) あの施設は確か台風か何かで壊れたというふうに認識しておりますけれども、保険等の対応にはならなかったものでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) お答えしたいと思います。詳しくは把握しておりませんけれども、一般的にビニールにつきましては、消耗品扱いというふうに認識しております。当時、会社の方でそういった保険等をかけているかどうかにつきましては、再度確認をいたしまして、またご報告いたしたいというふうに思います。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 他にございませんか。12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 去年も2棟買いました。今年もこうやって2棟がでております。来年も、もう1度あると思うのですけれども、この価格設定ですよね、単価で去年の分と比べますと単価も随分違っておりますが、内容的に建物は外から見ればわかりますけれども、内容的にどういうことで単価の設定が高くなっているのか、お聞かせいただきたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 若月農林土木課長。


○農林土木課長(若月 勝久君) ご質問にお答えいたしたいと思います。価格につきましては、簿価価格でございます。従いまして、それぞれの建物によりまして内容が違うわけでございますけれども、特に今回、培養棟につきましては中の施設・機械等がかなりの部分を占めていると思いますが、ちょっと資料を持ち合わせませんで、詳しい具体な数字は申し上げられませんけれども、建物につきましても機械につきましても現在の簿価での買取りということでございます。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 72号について、他にございませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、次に議案第73号について質疑を行ないます。質疑はございますか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) この682万5千円では取得されるわけですが、この予算はどこからでておるのか、というのを聞きたいと思います。9月補正では小学校で192万5千円、中学校のとこで63万3千円ということで、パソコンソフト更新というふうな欄がありますが、このほか、どこの金額でこの682万5千円を買われるのか、ということが1つと。


 今回87台新しくされるということですが、小学校、中学校あわせて87台だと思うですが、小学校が何台、中学校が何台かということが解れば教えていただきたい。


 それから、入札するときに色々な仕様。こういうパソコンを何台というふうな注文をされて入札されていると思いますが、それによって契約、入札した結果がでておると思いますが、要するに簡単に言いますとどういうパソコン、例えばメーカー等がわかってこういうようなパソコンを、でこういう契約をします、こういうことがわかれば教えていただきたいというふうに思います。


○議長(景山 孝志君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) ただいまのご質問にお答えいたします。


 まず、パソコン本体についてでございますけども、中学校については平成23年度で全て新しい最新のOSに本体そのものは更新しております。従いまして今回、パソコン本体につきましては小学校の未更新分ということで、先般9月で補正予算を出させていただきましたが、本来当初予算にも組んでおりましたけれども、若干値上がり等もございます。


 それからOSの関係もございまして、少し予算不足をきたしましたので、9月で補正をさせていただいて、パソコン本体は小学校費、それから9月の補正の中学校費の中にもありますが、Officeというソフトの更新分を補正させていただいております。従いまして、今回導入するのは全ての小学校でございません。小規模校についてはすでに更新済みでして、今回87台につきましては、布勢小、三成小、亀嵩小、阿井小、横田小、八川小、鳥上小、馬木小学校のものについて更新をさせていただく予定でございます。


 それから、パソコンの仕様といいますか、スペックでございますけれども、基本的にメーカー指定ではなくて同等品指定ということで、例えば、ディスプレイであればTFTの液晶の15.6インチ以上。基本のOSはWindows7それからCPU、演算処理装置ですが、こういったものは、セレロン以上とか、あとメモリー、主なところではハードディスクのメモリー、そういったものを示しまして同等品、もしくはそれ以上という形で入札を実施しております。結果的に今回落札されたとこが納入されるパソコンは、富士通のノートパソコンという結果になっております。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 次は、2番目に取得の方法というのが書いてございます。指名競争入札による契約と書いてございますが、取得の方法、これまでは指名競争入札というふうなことで、ずっときておったと思います。今回、その…による契約というふうなことで、言葉で説明されてもいいじゃないかというふうに思いますが、9月補正のときも実はこういう表現でしておられました。一般廃棄物塵芥収集車を買われた時にも指名競争入札による契約ということが書いてありましたが、それまでは全部、取得の方法につきましては指名競争入札いうふうなことでございましたが、この同じ町内で契約するのに、表現が違うというふうなことでございますが、これは別にこれでどうということはないかもわかりませんが、そのへんのことにつきましては、どのように考えておられるのか、これは間違っておるようなことではないというふうには、わたしは思いますけれども、そのへんのことについて、担当課長はどのように考えておられるのか、お聞かせ願いたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) ただいまのご質問にお答えをいたします。表現の仕方そのものをこうでなければならないというような法律的な定めとか、そういったものはございませんが、議員の皆様方にご理解いただくのに、極力その都度あまり表現が違ってもどうかということで、先ほど、ご質問がございましたように、直近にごみ収集車の取得の案件がございましたので、その議案に合わせた表現をさせていただいたところでございます。


 以上でございます。


○議長(景山 孝志君) 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 直近に合わせたというふうなことでございましたが、全くその通りではございますが、9月補正の時のお話をさせていただきましたが、9月補正にも他のことが出ておりまして、仁多発電所の開設工事、こういうものも出ております。これは契約の方法は随意契約でございます。随意契約による契約というふうなことにはなっておりません。また財産の取得で消防自動車、そのときも変わりましたが、これは取得の方法、指名競争入札ということでございました。


 表現が同じ議会の中であっても、色んな表現をされております。このことについてどう考えておられるか…


○議員(藤原 充博君) それは9月で済んだ分で、出来てるやつをやっぱり出してもらっても、それは困るんじゃないですか。誰もがそれは認定した分ですからね。


○議長(景山 孝志君) 内田議員。先ほどのことについては、一応9月の議会で審議終了になっております。取り下げをお願いします。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) それでは、今後こういう契約案件がでた時には、ここんとこの表現どのような表現で今まで通りの、今日でてきました指名競争入札による契約、こういう表現で行かれるのかどうか、担当課長にお聞きしたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 糸原教育総務課長。


○教育総務課長(糸原 敬君) 先ほどのご質問にお答えをいたします。


 わたくしが答弁に立ちましたけれども、これは教育総務課だけの問題でございませんで、全ての課に係わる議案の体裁の問題でございます。総務課で所管しております法令審査会というのがございますので、いま一度その中で体裁を考えていくように今後、協議して統一を諮っていく様に協議したいと思っております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて討論を行ないます。最初に議案第72号について討論を行います。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 続いて本案に賛成の方の発言を許します。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 続いて反対の方ございませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 続いて本案に賛成の方の発言を求めます。


          〔「ありません」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 討論ございませんね。賛否いずれも発言の希望がございませんでしたので、これで討論を終わります。


 続いて議案第73号について討論を行います。本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。ございませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 次に反対の方の発言を許します。ございませんか。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 次に、本案に賛成の方の発言を求めます。


               〔な し〕


○議長(景山 孝志君) 賛否いずれも発言の希望がございませんでした。これで討論を終わります。


 続いて、採決を行います。日程第5、議案第72号、財産の取得について、榾木センターに関するものについてを採決といたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手をお願いします。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって本案は、原案のとおり可決されました。


 次に、日程第6、議案第73号、財産の取得について、教職員用パソコンに関するものについてを採決いたします。本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手全員と認めます。よって本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(景山 孝志君) 以上をもちまして本日の会議日程は全て終了いたしました。


 本日はこれにて散会といたします。御苦労さまでございました。


           午前10時31分閉会


  ───────────────────────────────