議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成25年第3回臨時会(第1日 7月23日)




平成25年第3回臨時会(第1日 7月23日)





奥出雲町告示第106号


 平成25年第3回奥出雲町議会臨時会を次のとおり招集する。


   平成25年7月12日


                       奥出雲町長 井 上 勝 博


                 記


1.期 日  平成25年7月23日


2.場 所  奥出雲町議会議場


3.付議事件


 (1)奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結について


  ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


     内 田 雅 人君         石 原 武 志君


     藤 原 和 範君         川 西 明 徳君


     塔 村 俊 介君         内 田   勇君


     内 田 精 彦君         藤 原 充 博君


     村 尾 明 利君         若 月 忠 男君


     松 ? 正 芳君         大 垣 照 子君


     岩 田 明 人君         景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


     な し


  ───────────────────────────────


 
────────────────────────────────────


平成25年 第3回(臨時)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第1日)


                       平成25年7月23日(火曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第1号)


                   平成25年7月23日 午前9時30分開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 議案第58号 奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結について


   ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 議案第58号 奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結について


  ───────────────────────────────


             出席議員(14名)


    1番 内 田 雅 人君     2番 石 原 武 志君


    3番 藤 原 和 範君     4番 川 西 明 徳君


    5番 塔 村 俊 介君     6番 内 田   勇君


    7番 内 田 精 彦君     8番 藤 原 充 博君


    9番 村 尾 明 利君     10番 若 月 忠 男君


    11番 松 ? 正 芳君     12番 大 垣 照 子君


    13番 岩 田 明 人君     14番 景 山 孝 志君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(なし)


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 和久利 民 男君  企画員 ──── 難 波 輝 彦君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 井 上 勝 博君  副町長 ──── 勝 田 康 則君


教育長 ──── 安 部   隆君  総務課長 ─── 川 本 健 二君


教育総務課長 ─ 糸 原   敬君  企画財政課長 ─ 藤 原   努君


病院事務長 ── 内 田 久 貴君  健康福祉課長 ─ 野 原 万寿老君


水道課長 ─── 稲 垣 和 利君  税務課長 ─── 吉 川 孝 司君


建設課長 ─── 松 島 昭 雄君  社会教育課長 ─ 高 橋 安 典君


出納課長 ─── 堀 谷 智 樹君  町民課長 ─── 石 原 啓 子君


環境政策室長 ─ 津 田   昇君


健康づくり推進室長 ───────────────── 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ─ 舟 木   長君  地域振興課長 ─ 森 長 洋 二君


子育て支援課長  若 月 ゆかり君  財産管理室長 ─ 森 山 正 人君


農林土木課長 ─ 若 月 勝 久君  観光推進室長 ─ 本 山 宏 人君


  ───────────────────────────────


            午前9時32分開会


○議長(景山 孝志君) ただいまの出席議員数は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第3回奥出雲町議会臨時会を開催いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。


 監査委員から、平成25年5月分の例月現金出納検査の結果について、別紙のとおり報告がありましたので、報告いたします。


 以上で諸般の報告を終わります。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(景山 孝志君) 次に、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第126条の規定によりまして、5番、塔村俊介議員、6番、内田勇議員を指名いたします。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 会期の決定





○議長(景山 孝志君) 日程第2、会期の決定についてお諮りをいたします。


 今期臨時会の会期は、本日1日間とすることにいたしたいと思います。これに異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日間とすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 議案第58号





○議長(景山 孝志君) 続いて、日程第3、議案第58号、奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 高橋社会教育課長。


            〔社会教育課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第58号 奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結について


  ───────────────────────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。質疑はございますか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) まず、この図面にはかかれておりませんが、ここには蔵が建っておりますけれども、現状、それはどういうふうにするのかということ、これの図面で見ますと入り口付近になりますので、多分取り崩しがされるんじゃないかと思いますが、はっきりしたことをお聞かせください。


 それから、設計業者の選定はどのようになされているのかということ。


 それから、議案の配付が、きょう臨時会で、けさみんなに配られました。私たち議員はしっかり見て、調査もしたり、いろいろする時間がございません。もっと早くに配付をしていただきたい。入札が7月18日ということですので、時間はあったはずでございます。


 それから、今説明がありましたけれども、木材について、鉄筋ですか、鉄骨建てですか、鉄骨ではあるけれども、壁面は木材を使用するというふうに書かれておりますけれども、この使用木材については、町内産の木材を使用するのか、ほかから持ってくるのか、それをお聞きしたいと思います。


 それから、工期についてはいつ完成なのか、お聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) ただいま4点御質問いただきました。お答えしたいと思います。


 まず、第1点目の蔵があるがどうかということでございます。


 この資料のところの1枚目の見取り図のところのちょうど右側の上にまだ蔵がございます。蔵は今、神楽の衣装等、その他のものが保管されております。蔵につきましては、今もですけども、社中の皆さん、この保管場所等もございますので、使用してもらっておりますし、工事期間中も使用してもらっております。一応ここの建設に当たりましては、ここを取り壊すという方向では考えておりますけども、神楽社中のニーズ等もございますので、そこら辺も調整しながらと思っております。これが1点目でございます。


 それから、設計でございますが、平成24年度の予算に基づきましてこの設計をつくっております。今回は設計監理ということで、これまた入札しております。入札は随意契約ということで、業者と契約をしております。随意契約といいますのは、入札を行いましたが、7業者行いましたけど、不落になりまして、それで突き合わせながら随意契約をしております。業者名はお手元の欄をごらんいただければと思います。


 3点目の木材の使用ということでございますが、設計仕様書におきましては、材料につきましては島根県産といったところで、本町といったところに限りませず、できるだけ地元産、島根県産といったところでの表現にしております。を使っていただく格好にしております。


 4点目は、議員さん、ちょっと……。


○議員(12番 大垣 照子君) 工期。


○社会教育課長(高橋 安典君) 工期でございます。工期は、大変失礼いたしました。平成25年度中を予定しております。2月いっぱいにできればと思っております。以上でございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 予算上では工事請負費が1億486万8,000円ということで予算が通っております。今回は7,402万5,000円ということでございますが、これには造成工事等がまだ残っておるとは思いますが、もう着工されておるのかどうかわかりませんが、この1億幾らと7,000幾らの間の金額の工事はどういうものがあるのかということが1点と、それから、この建物について、確認申請いうのがされておるのかどうか。されておられれば、いつされたのかということ。確認申請について、費用がかかるものかどうか。公用だから費用が要らないというものであればそれでいいわけでございますが、費用がかかっておれば、それは町が支出しておるのか、例えば確認申請を業者委託しておられれば、そこで費用を出しておるのか、その辺のことについて伺います。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 先般の7月1日、最終日に補正予算を議決いただきました。この工事費は、全部で予算額が1億920万円でございます。議会広報にも大きく記載されておりまして、1億920万円でございました。もろもろございますが、工事請負費が1億4,868万円でございます。その中で、今回の本体工事が、提案理由でも申し上げましたが、法令並びに条例に基づきまして、5,000万円以上となりましたので、本議決をお願いするものでございます。これが7,402万5,000円でございます。あと、電気設備と機械設備、それぞれ別個の入札工事となっておりまして、合わせまして2,500万近くの金額となっております。工事者につきましては、入札結果公表調書というものが作成されております。ホームページ等では公開しておりませんけども、ごらんいただけるようになっておりますので、財産管理室の方で閲覧していただければ、経過等がわかるかと思っております。


 あと、建築確認の関係でございますけども、最初に言いましたように、最初といいますか、平成24年度の設計がございます。基本設計がございまして、今回は監理という意味で設計屋を入札して、設計に関して監理をしていただきますが、その設計の中に盛られております。建築確認がちょっとずれるのではないかということが危惧されまして、それで繰越明許に690何万でしたか、それを繰り越しております。設計の中に盛り込まれておりまして、3月、期日は忘れました。ちょうどぎりぎり、3月末と4月、年度にまたがるところで建築確認は終了しております。その予算費、建築の委託料の中に含まれております。先般に行われました繰越明許の中に含まれている設計費の中に入っております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) この最初の図面のとこの左側の下のとこに断面図みたいなものがかいてございますが、これは造成工事みたいなものですか。ごめんなさい。みたいなものじゃありませんが、造成工事であれば、これはこの建築主体工事、今回の金額の中に入っておるのかどうか。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 議員がおっしゃいますとおり、こちらの1枚目の見取り図というところでは、境界ラインと、それから斜線部分がございます。この断面はナンバー0、1、2、3ございますけども、そこのところの切り土、土砂を取って処理をするところの範囲が明示されております。いずれも本体工事の中に造成工事は入っております。今の現状の地番が大体平地がちになっておりますので、雑種地ですが平地になっておりますので、そこからあと、そこのがけ、山側に向かいまして少し造成をさせてもらうといったことになります。以上です。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 7番、内田精彦議員。


○議員(7番 内田 精彦君) 用地買収費25万円、予算が組んでございます。ここの用地買収は終わったでしょうか。どうでしょうか。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 用地につきましては、先般19日、工事が始まる前にと思いましたので、地権者の方と協議いたしまして、契約を結びまして、その日に所有権の移転の方をやっております。したがいまして、用地の方は町有すべてになっております。以上です。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 12番、大垣照子君。


○議員(12番 大垣 照子君) 用地買収費、さっき質問がありましたですけれども、25万円ということで、この全体を25万円で買収されたのかどうか、お伺いをいたします。


 それから、先ほど申し上げましたが、議案の配付について、7月18日の入札なら時間があっておりますが、なぜ今朝になったのか、お聞かせいただきたいと思います。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 用地につきましては、平地のところで一部は町有の既に物がございます。それから、上の山手のところの山林部分がちょうど今の切り崩しをするところの山にひっかかりますので、その部分を買わせていただきました。200平米ばかりの山林の単価で購入しております。金額も乗じていただければおわかりになろうかと思います。


 それから、あわせまして、できるだけ今年度中にこの工事に着工したいという意味もございまして、それで予算が可決された後、2日に業者の入札手続に入って、現場説明を行いました。入札は1回で終わりましたけども、不落の場合もございますので、そういった準備もしておりまして、最終的に午後になりまして、それから議案をつくりましたのが19日で、こちらの方の議会事務局と調整をしていただきまして、一昨日の選挙等も重なった経過もございます。これは理由にならないかもしれませんが、そういったところで、きょうの議会事務局との調整の中で、本会議の設定と、議案の配付といったところをしていただきました。以上です。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) そうしますと、用地の件に関しましては、この平地の部分はもうとっくにじゃあ町が買ってたわけですか。これはいつ、幾らで買われたのか、お伺いをいたします。


 それから、今の議案配付の件につきましては、それは選挙もあって大変だったということはわかりますけれども、きのう22日、まだ1日あっております、先日。きのうでも配られたらよかったと思いますが、そこのところ、もう一度お聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 土地購入につきましては、ちょうど工事にかかわるというところで、地権者の方にお願いをして、今回は山林部分を購入いたしました。それで、ちょうど平地の一部分につきましては、既に24年度等で寄贈を受けております。そういった土地でございます。


 それと、入札の関係と、それから議案の作成の部分ですが、配付等につきましては、議会事務局の方とお話をし、それで調整をしておりますので、私のところで作成するところと、それから議案配付につきましては、事務局の方で調整していただくところといったところで御理解いただければと思います。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 5番、塔村俊介議員。


○議員(5番 塔村 俊介君) 契約の方法についてもう一度伺いたいんですが、書面の説明では指名競争入札ということで説明があったんですが、先ほどの課長の説明の中では指名競争入札が不落で、随意契約をしたというような説明をされましたが、正確にはどのような契約だったのか、もう一度説明をお願いいたします。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 設計の監理の部分が不落でございまして、随意契約となりました。最低入札者、自治法施行令の126条の第8号でございます。そこに基づきまして、最低入札者と随意契約させていただきました。最終的には設計屋さんが出された設計監理上の単価の計算、主には設計の監理の日数のところと私どもが積み上げました日数と若干の、ございましたですので、そこで調整させていただいて、随意契約といったところでございます。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 1番。最初の配置図を見させていただきまして、進入スロープですけども、左側から上がってくる形になっておりますが、居去神社の方からですけども、私も現地視察をさせていただきまして、こちら側の道路は非常に道幅が狭いと感じまして、この申請地の右側から上がる道路はかなり広いですけども、観光事業、文化交流ということで、搬入のトラックとか観光バスとか、もし大型車が進入する場合に、狭い方の道路から入る形になると思いますが、そこら辺はどのようにお考えでしょうか。お聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 施設への進入路でございますけども、図面の1ページ目の1枚目のところの左側からとなっております。高低差はそこにマイナス表示でしてございますが、ここの既存のスロープを使って進入するといったところで基本設定がされております。幅につきましては、現地を確認しておりますけども、右側から来て、中型車は入ります。ただ、右側から通行してここへ進入いうのはちょっと厳しいものがございますので、やはりバス等でお客様を連れて公演場へ入っていくといった場合には、左側からの進入といったところになります。基本的に進入路についての拡張とか、そういったところも大分協議いたしましたけども、一応現況のところで使用にたえ得るといったところで、用途、使おうと思っております。設計の方もそういった視点で設計されております。


○議長(景山 孝志君) ほかに質疑はございませんか。


 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) この前の予算委員会等でもいろいろ議論になっておりましたが、これの維持管理はどこでされるのか。そういうことも今後ということであのときは言われておりましたけれども、例えば文化協会の方に維持管理をしてもらうのか、これはどうも先ほどから説明聞いてますと、神楽だけではないということなので、神楽社中の人が維持管理するということでもないんだろうと思いますが、これほどの大きな建物ですから、そこら辺はきちんと明確にしておく必要があると思いますけど、どちらがやられるのか伺います。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 本議会で議決いただきましたら工事に着工できるわけでございますので、工事に入りましたら、和太鼓の団体、それから文化協会に所属していらっしゃいます諸団体、芸能団体等にもこういった施設を着工しているということで御紹介をかけ、利用の用途に入りたいと思っております。


 運営の関係でございますけども、この建設に当たりまして、予算委員会のときに申し上げましたが、さくらおろち湖のダムを下りました槻屋神楽の施設、ちょうどうちが模した施設でございます。ちょっと大きいんですけども、そこがございます。それから、山王寺神楽、ここも集会所を使って練習場も使っていらっしゃいます。ある程度非常にスペースもあるところでございました。日登社中の場合は、日登の交流センターの一室をお借りされております。12畳ぐらいのスペースですが、そこを拠点場として使っていらっしゃいます。施設管理につきましては、そういった意味がありまして、たくさんの方に使っていただくといった用途を考えますと、基本的にはやはり町なり教育委員会なりが管理権を持って関与していくべきではないのかなというふうには思っております。ただ、槻屋の神楽の場合は指定管理となっておりまして、あそこの場合は槻屋の地域振興会が指定管理者として運営していらっしゃいます。そういった意味で、直営の方向で指定管理ということも選択肢を持った公の施設の設置管理条例を検討したらという方向で考えております。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 指定管理ということになりますと、やはり一つの団体とかいうふうな形になりますが、さっき説明された趣旨からしますと、一つの団体で管理していくということも、またこれは困難じゃないかなと思いますが、言われましたように、そうであるならば、町とか教育委員会が管理する方がいろいろな団体の方が使いやすいというふうに思いますが、そこら辺はどうでしょう。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 先般の予算委員会の小委員会、総務文教小委員会の方でも管理のことについては使用料も含めましていろいろ御提案いただきました。大垣議員さんからもただいま御提案いただきましたので、できるだけそのことを踏まえながら、設置管理条例の制定につきましては、管理権につきましては検討していきたいなと思っております。


○議長(景山 孝志君) ほかに質疑はございませんか。


 1番、内田雅人議員。


○議員(1番 内田 雅人君) 1番。先ほどの答弁で、左側の道路から進入するということですけども、大きな予算で立派な建物が建つわけですので、本当に多くの方に利用していただきたいと思いますし、実際、県道からの誘導の道しるべというか、誘導路はどこになるんでしょうか。やっぱり細い道路から入ってもらうように誘導するんでしょうか。それをお聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) 県道横田線から入りまして、2つの道がございますが、手前の側の方からの進入になろうかとは思います。現場を見ておりますけども、幅的には中型車、大型車、工事車両も入るかなと思ってますから、右側からこのカーブは若干難しゅうございますけど、左側から入った場合では通行が可能になっておりますので、本当にこの状況を見ながら、どうしても難しいといった場合は設計の変更になってまいりますので、一応現況の状況の中で進めさせてもらえればと思っております。したがって、進入路は手前側の進入路、県道横田線ですか、三成横田線ですか、そこのところから入っていく道路を使う格好になろうかと思います。


○議長(景山 孝志君) 12番、大垣照子議員。


○議員(12番 大垣 照子君) 先ほど説明をいただきましたが、普通車で大体20台ぐらいが今の状態では駐車ができるということでございますが、人が集まったときには20台や何ぼじゃちょっと無理だと思いますが、その場合の駐車場の整備というのはまた改めてつくられるのか、この予算の中でやられるのか、お聞かせください。


○議長(景山 孝志君) 高橋社会教育課長。


○社会教育課長(高橋 安典君) いずれも今後の運営の視点からどうかといったところのお尋ねのように思います。たくさん使っていただいて、それで駐車場にも困ると、本当に常にこういう満杯の状態であるといったところを希望するものでございますが、駐車のスペースにつきましては、今後の運営等々を考えながら、再度また検討したいと思っております。ちょうど用地的にはいろいろ周辺にもございますので、そういったところを踏まえて、駐車スペースが今後拡大していける方向で運営が進めばと思っております。


○議長(景山 孝志君) ほかにございませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 続いて、討論を行います。


 討論は、初めに原案に反対の方から行い、次に賛成の方、そしてまた反対の方、賛成の方という順番に交互に発言を許します。また、反対討論、賛成討論がともに発言がなくなった場合で、討論を打ち切りをさせていただきたいと思います。これに異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(景山 孝志君) 異議なしということで、これから討論に入ります。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


             〔反対討論なし〕


○議長(景山 孝志君) ないようでございますので、討論を終わります。


 それでは、採決をいたします。


 日程第3、議案58号、奥出雲町郷土芸能施設新築工事(建築主体)請負契約締結についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(景山 孝志君) 挙手多数と認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(景山 孝志君) 以上で本臨時会に付議されました議案の審査はすべて終了いたしました。


 これにて平成25年第3回奥出雲町議会臨時会を閉会といたします。御苦労さまでした。


           午前10時10分閉会


  ───────────────────────────────