議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成25年第1回臨時会(第1日 2月 6日)




平成25年第1回臨時会(第1日 2月 6日)





奥出雲町告示第2号


 平成25年第1回奥出雲町議会臨時会を次のとおり招集する。


   平成25年1月30日


                     奥出雲町長 井 上 勝 博


                 記


1.期 日  平成25年2月6日


2.場 所  奥出雲町議会議場


3.付議事件


(1)奥出雲町名誉町民の選定同意について


(2)専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一般会計補正予算(第8号))


(3)財産の取得について(三井野原地区景観保全整備事業用地)


  ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


     塔 村 俊 介君         内 田   勇君


     内 田 精 彦君         藤 原 友 征君


     村 尾 明 利君         若 月 忠 男君


     内 田 正 男君         松 ? 正 芳君


     吾 郷 益 已君         大 垣 照 子君


     景 山 孝 志君         岩 田 明 人君


     若 月 康 男君         千 原 祥 道君


     福 本   修君


  ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


     藤 原 友 征君


  ───────────────────────────────


 
────────────────────────────────────


平成25年 第1回(臨時)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第1日)


                       平成25年2月6日(水曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第1号)


平成25年2月6日 午前9時30分開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一


      般会計補正予算(第8号))


 日程第4 議案第1号 財産の取得について(三井野原地区景観保全整備事業用地)


 日程第5 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


  ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一


      般会計補正予算(第8号))


 日程第4 議案第1号 財産の取得について(三井野原地区景観保全整備事業用地)


 日程第5 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


  ───────────────────────────────


出席議員(15名)


    1番 塔 村 俊 介君     2番 内 田   勇君


    3番 内 田 精 彦君     5番 藤 原 友 征君


    6番 村 尾 明 利君     7番 若 月 忠 男君


    8番 内 田 正 男君     9番 松 ? 正 芳君


    10番 吾 郷 益 已君     11番 大 垣 照 子君


    12番 景 山 孝 志君     13番 岩 田 明 人君


    14番 若 月 康 男君     15番 千 原 祥 道君


16番 福 本   修君


  ───────────────────────────────


欠席議員(1名)


    4番 藤 原 友 征君


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ――――― 高 橋 安 典君  企画員 ―――難 波 輝 彦君


  ───────────────────────────────


説明のため出席した者の職氏名


町長 ――――― 井 上 勝 博君  副町長 ―――― 勝 田 康 則君


教育長 ―――― 安 部   隆君  総務課長 ――― 石 原 敬 士君


教育総務課長 ― 糸 原   敬君  企画財政課長 ― 藤 原   努君


病院事務長 ―― 内 田 久 貴君  生涯学習課長 ― 川 本 健 二君


健康福祉課長 ― 野 原 万寿老君  水道課長 ――― 稲 垣 和 利君


税務課長 ――― 吉 川 孝 司君  建設課長 ――― 松 島 昭 雄君


出納課長 ――― 堀 谷 智 樹君  町民課長 ――― 石 原 啓 子君


環境政策室長 ―――――――――――――――――――― 津 田   昇君


健康づくり推進室長 ――――――――――――――――― 内 田 裕 紀君


農業振興課長 ― 舟 木   長君  地域振興課長 ― 森 長 洋 二君


財産管理室長 ― 森 山 正 人君  農林土木課長 ― 若 月 勝 久君


観光推進室長 ― 本 山 宏 人君


  ───────────────────────────────


            午前9時30分開会


○議長(福本 修君)  それでは、ただ今の出席議員数は、15名であります。


 定足数に達しておりますので、これより平成25年第1回奥出雲町議会臨時会を開会いたします。


 ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 日程に入るに先立ち、諸般の報告をいたします。


 平成24年12月25日に、雲南広域連合議会定例会が開催され、議事の内容は別紙のとおりでありますが、それぞれ、原案のとおり可決されました。


 また、監査委員から、平成24年度、11月、12月分の例月現金出納検査の結果について別紙のとおり報告がありましたので、報告をいたします。


 庁舎建設特別委員会委員長より活動経過報告の申し出がありますので、これを許します。景山庁舎建設特別委員会委員長。12番。


 ………………………………………………………………………………


 〔庁舎建設特別委員会委員長報告〕


 ………………………………………………………………………………


○議長(福本 修君)  以上で諸般の報告を終わります。


 ―――――――――――――・――・―――――――――――――





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(福本 修君)  次に、日程第1 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第119条の規定により1番塔村俊介議員、2番内田勇議員を指名いたします。


 ―――――――――――――・――・―――――――――――――





◎日程第2 会期の決定について





○議長(福本 修君)  日程第2 会期の決定について、お諮りをいたします。


 今期、臨時会の会期は、本日1日間とすることにしたいと思います。


 これに、ご異議ございませんか。


 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(福本 修君)  異議なしと認めます。


 よって会期は、本日1日間とすることに決しました。


 ―――――――――――――・――・―――――――――――――





◎日程第3 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一般会計補正予算(第8号))





○議長(福本 修君)  続いて、日程第3 承認第1号 専決処分を求めることについて(平成24年度奥出雲町一般会計補正予算(第8号))を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。藤原企画財政課長。





 〔企画財政課長説明〕


 ………………………………………………………………………………


 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一般会計補正予算(第8号))


 ………………………………………………………………………………


○議長(福本 修君)  以上で、提案理由の説明を終ります。


 これより、ただ今の議案に対する質疑を行います。


 質疑がございますか。はい、5番藤原議員。


○議員(5番 藤原 充博君)  都市計画費の中で、無散水融雪装置燃料費の増額で120万円とでております。この装置の燃料費の増額ということですが、大体年間、トータルでどれくらい使われますか。


○議長(福本 修君)  松島建設課長。


○建設課長(松島 昭雄君)  ご質問にお答えいたします。無散水融雪装置の燃料費でございます。これについては、降雪の状況等によって変動いたしますけれども、昨年の実績は約180万円、一昨年の実績は約200万円となっております。今年度は1月末の状況で、現在、90万円の燃料費の執行を致しております。


○議長(福本 修君)  ほかにございますか。


 11番、大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君)  同じく今の都市計画総務費の燃料費の件ですけれども、ここ2、3年の燃料費の必要経費を今、御答弁いただいておりますけれども、今回に関しては、今円安になりまして、燃料費の高騰がありますけれども、その影響はどのくらいこの中に入っているのでしょうか。


○議長(福本 修君)  松島建設課長。


○建設課長(松島 昭雄君)  燃料費の高騰分につきましては、この中でいくらかということについては、把握をいたしておりません。ご承知のとおり、円安、それから原油高等の影響があるとは思いますけども、大きく何割というふうな変動までは現在のところきておりません。今後の円安の状況によって変わってくると思います。これまでのところで、大きくその影響を受けて、額がかさんだというような認識はもっておりません。


○議長(福本 修君)  質問がございませんか。


 〔質疑なし〕


○議長(福本 修君)  ないようでございますので、承認第1号の質疑を終わります。


 これより、討論を行います。討論がございますか。


 〔「ありません」と呼ぶものあり〕


○議長(福本 修君)  討論なしと認めます。


 引き続いて、採決を行います。


 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて(平成24年度奥出雲町一般会計補正予算(第8号))を採決いたします。


 本案は、原案どおり、承認することに賛成の方は、挙手を願います。


 〔賛成者挙手〕


○議長(福本 修君)  全員賛成です。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。


 ―――――――――――――・――・―――――――――――――





◎日程第4 議案第1号 財産の取得について





○議長(福本 修君)  次に、日程第4 議案第1号 財産の取得について


 (三井野原地区景観保全整備事業用地)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。森長地域振興課長。


 〔地域振興課長説明〕


 ……………………………………………………………………………………


 議案第1号 財産の取得について(三井野原地区景観保全整備事業用地)


 ……………………………………………………………………………………


○議長(福本 修君)  以上で、提案理由の説明を終わります。


 続いて、質疑を行います。質疑がございますか。


 はい。3番、内田議員。


○議員(3番 内田 精彦君)  今、説明いただきましたが、筆数が一筆ほど減になったという説明がございました。


 一筆ほど減になっておりますが、面積は5,466平方メートル。当初の予算の説明よりも増えているというふうなことになっていると思います。先ほど、実測ということでございましたが、その予算提案の時には、まだ実測していなかったのかどうか?ということと、立木については別途契約をしているということでございました。


 これまで定かでありませんが、鬼の舌震の山林取得等については、確か3人、下の土地と補償費と一緒に買収されたような気がしております。今回、別々にした理由がわかれば教えていただきたいと思います。


○議長(福本 修君)  森長地域振興課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  ただ今のご質問にお答えをいたしたいと思います。


 1つ目の当初の買収予定面積でございますが、これにつきましては当初は実測がされておりませんでしたので、登記簿の面積を考えておりました。これに、予算の計上する数字につきましては大体10%ぐらい伸びるだろうと予定をしておりまして、それをかけたものを予算計上させていただいたところでございます。


 2つ目の鬼の舌震との立木補償等の考え方でございますが、この地は、いわゆる造林をされた土地が約60%ぐらいを占めておりまして、ヒノキ、またスギの木等ございます。40年から50年かかっているということで、今まで色んな経費もかかっておりますので、この人工林のみの補償をさせていただいたところでございます。なお、補償の考え方につきましては、道路建設工事、一般の工業工事と同じような形で単価計上させていただいたところでございます。以上でございます。


○議長(福本 修君)  はい、3番内田議員。


○議員(3番 内田 精彦君)  今、答弁いただきましたが、立木補償は別途契約しているということですね。


 この景観整備事業で買収するということでございますので、もともとは立木があって見えにくいというふうなことから買収するということでございまして、立木が主流になって、下の土地はそれに付属したものというふうに考えていいのではないかと思うわけですが、そういうことになれば、この土地の金額等が議会議決が必要だということになって、今回あがっていると思いますが、当然、補償のことにつきましても、700万円以下いうことで議会議決になっていないとは思いますが、大体どのくらいの形でいつ契約、補償の契約をされたのか?これの土地の財産取得についての絡みのことについて、少し説明していただきたいと思います。


○議長(福本 修君)  はい。森長課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  確認でございますが、土地の立木の金額?…


○議員(3番 内田 精彦君)  あまりはっきり言えないことであればいいですが、大体どのくらいで700万以下だと思いますが、どのくらいで補償契約をいつされたのか?この土地買収との絡み、1ヶ月前とか1ヶ月後とかではおかしいわけですので、大体いつ契約されたのか?


○地域振興課長(森長 洋二君)  契約につきましては、先日土地と立木は同時に契約しなければなりませんので、契約を終わっております。


 当然、立木につきましても土地のこの議会議決が終わらないと契約が成立しないということにさせていただいているところでございます。以上でございます。


○議長(福本 修君)  はい、11番大垣君。


○議員(11番 大垣 照子君)  今、答弁聞きました。


 確認をいたしますけれども、12月議会の補正予算の中には、山林の取得価格としてですね、約7ヘクタール、735万円、それから立木補償費として715万6,000 円の合計1,450万6,000円が計上されました。


 今、内田議員が質問されたのは、山林と立木補償の立木を買うことの、それの同時契約ではないということなんですね。今回出されたのは722万7,900 円という金額ですので、この中には立木は入ってないということなんですね。     確認したいです。


○議長(福本 修君)  森長地域振興課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  今回の契約補償の中には立木補償は含まれておりません。以上でございます。


○議長(福本 修君)  11番、大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君)  そうしますと、改めて立木補償についての契約については、改めて議会に出されるということですか?


 そうなりますと、山林は取得したけれども、まだ立木は取得してないということになるとですね、景観を整備するということですので、問題はさっき言われたように立木が大きくなって、それを伐採しないといけないというのが、第一目的だと思いますので、そのあたりがなぜ今回、別々で出されたのか?そこのところお伺いを致します。


○議長(福本 修君)  森長地域振興課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  ただ今のご質問にお答えを致します。


 あくまでも、今回物件補償としてですね、立木については補償契約をさせていただくということでございますので、補償契約という形でやらしていただいておりますので、今回、上程はいたしていないところでございます。


 金額につきましては約720万円程度の伐採補償としてやっております。以上でございます。


○議長(福本 修君)  はい、11番大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君)  ということになりますと、立木については、ここには議会議決としては、数字として表さないということですか?


 それは、要するに山林を取得して、そこにある立木を伐採するわけですので、本来なら同時に出すべきではないかと思いますけど、山林の契約価格しかでてないので、ちょっとそこのところをわかるように答弁してください。


○議長(福本 修君)  ちょっと5分間休憩いたします。


            午前10時10分休憩


  ───────────────────────────────


            午前10時11分再開


○議長(福本 修君)  はい、再開いたします。森長課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  ただ今のご質問にお答えをいたします。第96条の中で、いわゆる5と6の中に補償につきましては、議会議決案件としてしなくてもいいということですので、そのように取り扱ったところでございます。


○議長(福本 修君)  ほかにございますか。


 はい。5番藤原議員。


○議員(5番 藤原 充博君)  こうやって、土地あるいは立木の伐採等もして、景観を非常に良くされるわけです。


 ここにはまた、オロチのモニュメントもできます。


 これをひとつ、最終的には形になるかという構想をですね、そういうものを出していただくと喜びます。


 そうすれば、町民も「あそこのところがああいう風になっていくんだ!だから良く見えるようになるんだ」と、「きれいになっていく」とか、ちょうど奥出雲町の入口ですので、わかる形でそういう構想案をですね、ぜひ何らかの形で町民の皆様に明示していただきたい、そういうふうに思います。


○議長(福本 修君)  これは、町長からお願いします。井上町長。


○町長(井上 勝博君)  藤原議員からご提案いただきましたことは、実は昨年の景観審議会の方でもある委員さんから、ご提案がありまして、せっかくですから、伐採だけでなくてループ橋の中の公園化も含めて検討したらどうかというご意見もいただいております。


 当面は、展望所から何も見えないというふうなことですので、伐採を主体に逐次整備していきたいと思っておりますが、先ほどのご提案・ご意見、わたくしも将来的にはそういうふうなこともぜひやりたいと思っております。 いろんなご意見を幅広く聞きながらですね、整備構想・整備計画についても検討をしてまいりたいと考えております。


○議長(福本 修君)  他にございますか?


 はい、11番大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君)  補償なので議会のほうには上程しないということですが、今、説明の中には、60年くらいたった良い木があるということで、造林地なのでということですが、伐採された木材についてですね、良い木であれば、その利用価値も含めてですね、どういうふうな使い方をするのか、あるいは売るのか、せっかく良い木を切り倒しても、そのままにしておくのは、とってももったいない話ですが、そこらあたりはどういうふうにお考えになっていますでしょうか。


○議長(福本 修君)  井上町長。


○町長(井上 勝博君)  伐採した木の利活用についてのお尋ねでございますが、最近搬出経費だけで赤字がでるような木材価格もあります。


 基本的には切り捨て間伐等ではなくて、全部搬出しまして、いい値段がつかないようなものはチップ材として加工したいと思っておりますし、用材として売れるようなものがあれば、市場に出して売っていくと。利益が出るようであれば、町の財源の一部として活用させていただきたいと。ただ切ってそのままということではなくて、活用については単価等のことも考えながら、充分に取り組みをさせていただきたいと思っております。


○議長(福本 修君)  はい、11番大垣君。


○議員(11番 大垣 照子君)  今、町長の方から利用できる価値あるものは有効活用したいという御答弁をいただきましたけれども、先ほども新庁舎建設の特別委員会からの報告がございました。


 今回、庁舎建設するにあたられてはですね、その鉄骨でされるのか、木造の部分があるのかどうか分かりませんけれども、もしそうであるのならば、いいものがあれば、庁舎の利用にも活用できれば、それだけは他所の木材を買わなくていいと、材料を買わなくていいということになりますので、利用価値としては、そういうこともあるので、充分いいものはそういう使い方も考慮していただきたいなというふうに申し上げておきます。


○議長(福本 修君)  はい。要望として受け止めておきます。


 他に質疑はありますか。9番。


○議員(9番 松? 正芳君)  この図面の中でございますけれども、今の取得地というのが、白いラインでしてある内側ですね、それで道の駅のおろちループのところは除外になっておりますので、取得には入らないわけですが、反対側北側のレストランMIKUNIのある側のあそこの上に、展望台とか遊歩道が作ってありますけれども、あの中の林が密林になって大きくなっております。あそこが景観も何も見えないということですが、ここら辺の伐採が同時平行で手がつけられるものかどうか?そこは全然今回の計画の中に入ってないものか?お伺いをしたいと思います。


○議長(福本 修君)  森長地域振興課長。


○地域振興課長(森長 洋二君)  ただ今のご質問にお答えをいたしたいと思います。


 買収範囲につきましては、お示ししておりますとおりでございます。


 議員のご質問の位置につきましては、今回の買収地に入っておりませんけれども、その位置につきましても、所有者等確認をしまして、せっかくそういった景観の整備を行いますので、お許しがいただければ、阻害されている立木等について景観がよくなるようにご協力できないか、また確認して一緒に事業に取り組めたらというふうに考えております。


 以上でございます。


○議長(福本 修君)  ほかにございますか。


 〔質疑なし〕


○議長(福本 修君)  ないようでございますので質疑を終わります。


 討論がございますか。


 11番、大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君)  わたしは今回、この議案につきまして反対の立場から討論をさせていただきます。


 わたしは、昨年12月議会の補正予算計上時に、この山林取得と立木補償についての1,450万6,000円につきまして、反対討論をいたしました。


 その内容につきましては、皆さんすでにご承知のとおりですので、詳しいことは申し上げませんけれども、まず1つ疑問に思いますことは、これは国道であるということでありまして、トンネルや橋脚はじめ、道路の安全点検や確認作業を急ぐことが必要であるというふうに申し上げておりましたが、国道でありますので、必要なことはやはり国の対応を中心としてやるべきではないかというふうに思います。


 ですので、今回これにつきましての反対討論をさせていただきます。周辺地域の町民の皆さんにこの景観整備がどれだけ有効に働くのか?メリットがあるのか?そういうことを疑問視しておりまして、この議案につきまして反対をいたします。


○議長(福本 修君)  ただ今、反対討論がございました。


 賛成の方の討論がございますか。


 はい、7番若月議員。


○議員(7番 若月 忠男君)  わたしは賛成の立場で討論させていただきます。


 議案第1号につきましては、第4回の定例議会におきましてそれぞれ承認をされておるところでございます。この中で、この景観整備事業を実施して山林を更に保全をすることができることや、展望を阻害している刈木等の樹木を切り除くことによって、展望の改善ができ、更に森林整備もされるというような、それぞれの奥出雲町のシンボル的な景観地として整備ができるということであるわけでございます。


 そういう中で、予算についても執行されておりますので、すみやかに予算執行を粛々とやっていただきたいという観点から賛成討論といたします。


○議長(福本 修君)  ほかに、討論がございますか。


 〔討論なし〕


○議長(福本 修君)  ないようでございますので、討論を終わります。


 続いて、採決を行います。


 議案第1号 財産の取得について(三井野原地区景観保全整備事業用地)を、採決いたします。


 本案は、反対討論もございましたので起立によって採決いたします。


 本案に賛成の方の起立を求めます。


 〔賛成者起立〕


○議長(福本 修君)  起立多数。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 ―――――――――――――・――・―――――――――――――





◎日程第5 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について





○議長(福本 修君)  続いて、日程第5 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意についてを、議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。





 石原総務課長。


 〔総務課長説明〕


 ………………………………………………………………………………


 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意について


 ………………………………………………………………………………


○議長(福本 修君)  以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の議案に対する質疑を行います。


 質疑がございますか。


 〔質疑なし〕


○議長(福本 修君)  質疑なしと認めます。


 討論がございますか。


 〔討論なし〕


○議長(福本 修君)  討論なしと認めます。


 続いて、採決を行います。


○議長(福本 修君)  日程第5 同意第1号 奥出雲町名誉町民の選定同意についてを、採決いたします。


 本案に賛成の方は挙手を願います。


 〔賛成者挙手〕


○議長(福本 修君)  全員賛成と認めます。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。





 以上で、本臨時会に付議されました議案の審議は全て終了いたしました。


 これにて、平成25年第1回奥出雲町議会臨時会を閉会といたします。


 ご苦労さまでした。


 午前10時28分散会