議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成21年第4回定例会(第3日12月18日)




平成21年第4回定例会(第3日12月18日)





 
────────────────────────────────────


平成21年 第4回(定例)奥 出 雲 町 議 会 会 議 録(第3日)


                       平成21年12月18日(金曜日)


────────────────────────────────────


            議事日程(第3号)


                   平成21年12月18日 午前9時30分開議


 日程第1 議案第 127号 奥出雲町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に


             関する条例の一部を改正する条例制定について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第2 議案第 134号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第3 議案第 135号 公有財産の取得について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第4 議案第 136号 公有財産の取得について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第5 陳情第 10号 布勢地区幼児教育振興に関する要望書


                             (総務文教常任委員会)


 日程第6 陳情第 15号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書提出に関する


             陳情書


                             (総務文教常任委員会)


 日程第7 陳情第 18号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見


             書の提出についての陳情


                             (総務文教常任委員会)


 日程第8 議案第 128号 奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響


             調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第9 陳情第 16号 後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創


             設の意見書採択を求める陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第10 陳情第 17号 県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し


             定額負担に戻すことを求める意見書採択の陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第11 陳情第 6号 国保の資格証明書をめぐる陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第12 陳情第 7号 後期高齢者医療制度をめぐる陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第13 陳情第 9号 町道郡三成線道路改良工事についての要望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第14 陳情第 11号 一般県道木次横田線道路改良工事についての要望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第15 陳情第 12号 一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事についての要


             望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第16 陳情第 13号 椿坂周辺総合改良に関する陳情書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第17 陳情第 14号 公共工事における電気工事に関する陳情書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第18 議案第 129号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第5号)提出につい


             て


                               (予算特別委員会)


 日程第19 議案第 130号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             2号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第20 議案第 131号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計補正予算(第


             1号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第21 議案第 132号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号


             )提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第22 議案第 133号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第23 議案第 138号 財産の取得について


 日程第24 議案第 139号 財産の取得について


 日程第25 議案第 140号 財産の取得について


 日程第26 議案第 141号 財産の取得について


 日程第27 発議第 13号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)提出に


             ついて


 日程第28 発議第 14号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見


             書(案)提出について


 日程第29 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


  ───────────────────────────────


           本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第 127号 奥出雲町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に


             関する条例の一部を改正する条例制定について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第2 議案第 134号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第3 議案第 135号 公有財産の取得について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第4 議案第 136号 公有財産の取得について


                             (総務文教常任委員会)


 日程第5 陳情第 10号 布勢地区幼児教育振興に関する要望書


                             (総務文教常任委員会)


 日程第6 陳情第 15号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書提出に関する


             陳情書


                             (総務文教常任委員会)


 日程第7 陳情第 18号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見


             書の提出についての陳情


                             (総務文教常任委員会)


 日程第8 議案第 128号 奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響


             調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第9 陳情第 16号 後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創


             設の意見書採択を求める陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第10 陳情第 17号 県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し


             定額負担に戻すことを求める意見書採択の陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第11 陳情第 6号 国保の資格証明書をめぐる陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第12 陳情第 7号 後期高齢者医療制度をめぐる陳情


                             (福祉厚生常任委員会)


 日程第13 陳情第 9号 町道郡三成線道路改良工事についての要望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第14 陳情第 11号 一般県道木次横田線道路改良工事についての要望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第15 陳情第 12号 一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事についての要


             望書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第16 陳情第 13号 椿坂周辺総合改良に関する陳情書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第17 陳情第 14号 公共工事における電気工事に関する陳情書


                             (産業建設常任委員会)


 日程第18 議案第 129号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第5号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第19 議案第 130号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第


             2号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第20 議案第 131号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計補正予算(第


             1号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第21 議案第 132号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号


             )提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第22 議案第 133号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)提出について


                               (予算特別委員会)


 日程第23 議案第 138号 財産の取得について


 日程第24 議案第 139号 財産の取得について


 日程第25 議案第 140号 財産の取得について


 日程第26 議案第 141号 財産の取得について


 日程第27 発議第 13号 改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)提出に


             ついて


 日程第28 発議第 14号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見


             書(案)提出について


 日程第29 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


  ───────────────────────────────


             出席議員(16名)


    1番 塔 村 俊 介君     2番 内 田   勇君


    3番 内 田 精 彦君     4番 藤 原 友 征君


    5番 藤 原 充 博君     6番 村 尾 明 利君


    7番 若 月 忠 男君     8番 内 田 正 男君


    9番 松 ? 正 芳君     10番 吾 郷 益 已君


    11番 大 垣 照 子君     12番 景 山 孝 志君


    13番 岩 田 明 人君     14番 若 月 康 男君


    15番 福 本   修君     16番 千 原 祥 道君


  ───────────────────────────────


             欠席議員(なし)


  ───────────────────────────────


             欠  員(なし)


  ───────────────────────────────


            事務局出席職員職氏名


局長 ───── 山 根 道 人君  書記 ───── 田 辺 綾 子君


  ───────────────────────────────


          説明のため出席した者の職氏名


町長 ───── 井 上 勝 博君  副町長 ──── 和 泉 一 朗君


教育長 ──── 安 部   隆君  総務課長 ─── 佐佐木 幸 雄君


企画財政課長 ─ 小 倉 義 幸君  病院事務長 ── 横 田 和 男君


情報政策課長 ─ 坂 平   海君  農林土木課長 ─ 石 原 敬 士君


町民課長 ─── 植 田 一 教君  健康福祉課長 ─ 尾 方   豊君


農業振興課長補佐 若 月 勝 久君  教育課長 ─── 川 本 健 二君


企業経営課長 ─ 野 原 万寿老君  水道課長 ─── 稲 垣 和 利君


地域振興課長 ─ 堀 江 嗣 之君  出納課長 ─── 藤 原   努君


税務課長 ─── 吉 川 孝 司君  建設課長補佐 ─ 森 長 洋 二君


  ───────────────────────────────


           午前10時02分開議


○議長(千原 祥道君) そういたしますと、ただいまの出席議員数は16名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


 それでは、日程に入ります。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第127号 から 日程第7 陳情第18号





○議長(千原 祥道君) 日程第1、議案第127号、奥出雲町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、日程第2、議案第134号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について、日程第3、議案第135号、公有財産の取得について、日程第4、議案第136号、公有財産の取得について、日程第5、陳情第10号、布勢地区幼児教育振興に関する要望書、日程第6、陳情第15号、改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書提出に関する陳情書、日程第7、陳情第18号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出についての陳情、以上の7議案につきましては、会議規則の規定によりまして、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る12月7日の本会議におきまして、総務文教常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則77条、94条、95条の規定により、一括して委員長から報告を求めます。


 松?正芳総務文教常任委員長。


○総務文教常任委員会委員長(松? 正芳君) それでは、委員会の審査報告をいたします。


 平成21年12月18日、奥出雲町議会議長、千原祥道様。総務文教常任委員会委員長、松?正芳。


 総務文教常任委員会委員長報告。第4回奥出雲町議会定例会において、平成21年12月7日付で総務文教常任委員会に付託になりました7議案につきましては、会議規則第77条の規定により、審査の結果及び審査の状況を報告します。


 当委員会審議は、12月10日、教育長、担当課長の出席を得て審議いたしました。審査の結果は、いずれも全会一致で原案可決としました。


 議案第127号、奥出雲町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案可決。


 議案第134号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について、原案可決。


 議案第135号、公有財産の取得について、原案可決。


 議案第136号、公有財産の取得について、原案可決。


 陳情第10号、布勢地区幼児教育振興に関する要望書、採択。


 陳情第15号、改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書提出に関する陳情書、採択。


 陳情第18号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出についての陳情、採択。


 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更については、一応3年間の計画でこれ以降はまだわかりません。今回の3年間は、法整備までの暫定措置であると考えられます。基本的には、今年度いっぱいの計画しか今のところありません。今回は過疎計画にのせる林道整備、小森板敷線、それから舗装整備と堆肥供給体制強化整備事業(自走式マニアスプレッダー4台)の更新を過疎計画にのせるものです。


 続いて、公有財産でございますが、公有地財産の取得については、鬼の舌震関係の3筆の土地を購入するもので、第2種の指定区域は全部取得が終わります。一番保護すべき部分が入りましたし、泥を取るための道の部分も含め町有地となりました。


 それから、布勢地区幼児教育振興に関する要望書でございます。要望の趣旨は、布勢地区の子供は布勢地区で育てたいということであります。布勢地区の場合、今年は幼稚園児6名で、20数名は他地区の保育所に通っています。要は保育所と幼稚園を兼ね備えたようなものを布勢地区に整備の要望だと思います。町内の各地区幼稚園のほとんどが、このような問題を抱えていると思います。行政としても、今、幼保一元化プロジェクトの中で検討されておりますが、まだ結論は見えておりません。今後、各地区でさまざまな要望が出ると思われますが、各地区にそれぞれ幼稚園をつくった場合、将来的に経営が成り立つかどうかの心配もあります。この思いは学校も同じことが言えますが、地域の皆さんと保護者の皆さんとの思いにギャップもあります。地域で話し合いを深めるとともに、行政としても早急に幼児教育に関するプロジェクトを立ち上げて、一体化した奥出雲町の子供たちを育てていくスタンスを含めて結論を出していくことが必要だと思います。要望の趣旨は十分理解できますので、採択としました。


 次に、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出についての陳情は、当町では奥出雲町仁多発電所が該当します。年間450万円の交付金を受けております。これが本年度末で終わりとなりますので、それの継続をするよう要望していかねばなりません。


 以上のとおり原案可決、採択、7件の報告をいたします。以上でございます。


○議長(千原 祥道君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 まず最初に、議案第127号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、議案第134号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、続きまして、議案第135号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ありませんか。ないようですので、続きまして、136号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、陳情第10号について行います。


 大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君) 先ほどの委員長報告の中に、この陳情書の中にも書かれておりますが、平成21年には6人の在籍ということで、このままいけば幼児教育の灯が消えることになるということで、最後に申されていることは、幼児教育の重要性というふうに書かれておりますけれども、先ほどの委員長報告では、幼児園的なことを考えておられるんじゃないかというふうな説明でしたけれども、幼児教育という形の中で、今の幼稚園のパターンでこれは陳情されているのか、それからそこのところの今、幼児園という形の中で陳情されているのか、ちょっとそこのところがはっきりわかりませんので、どのような審議内容があったかお伺いをいたします。


○議長(千原 祥道君) 松?委員長。


○総務文教常任委員会委員長(松? 正芳君) 状況をお伝えします。


 ただいまの質疑の件でございますけども、最初のとこの方で要望の趣旨を見ますと、ちょっと最初は保育所の方へ余計人が行って、布勢地区の幼稚園が少なくなるので、できれば何かの施設をつくって、布勢で統合したような大人数が集まれるような施設をやっぱり要望があるんじゃないかなと議論をしておりました。将来的には、地域としては皆さんどこもこのような思いをお持ちだと。どこの地区も人数はどこも減るという課題がありますので、やはり幼保を集めて、幼稚園で残すじゃなしに、幼児園的なものの要望じゃないかなというふうに判断しております。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次参ります。


 陳情第15号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、陳情第18号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 最初に、日程第1、議案第127号についての討論を行います。


 反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第2の議案第134号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。公有財産の取得、ございませんか。


 大垣議員。(発言する者あり)失礼しました。134号でございます。私、言い間違えました。134号についての討論はございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) では次、日程第3の135号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


 大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君) 私は、議案第135号、公有財産の取得について、次の理由により反対討論を行います。この鬼の舌震の山林取得について議会へ提案されたのは今回で3回目となりますが、私は2回とも反対をしてまいりました。


 理由は、長きにわたって経済情勢の回復が果たされない中で、仕事を失い、所得が大きく低下し、住民生活はその厳しさから解放されず、それどころではないというのが実態です。そして一般的には、このような社会情勢なのに、まだつり橋をかける考えですかという声が多く聞かれます。これまでにも指摘をしてまいりましたが、町民の皆さんにとって、この山林取得がどのような利益をもたらすのか、費用対効果も示されず、計画そのものも、ただつり橋をかけてバリアフリーの遊歩道をつくるというのみで、それ以外の具体策は示されていません。また、取得単価についても、もっと詳細なデータを明らかにすべきで、提案説明時には土地代の単価は1平米140円で、これまでと同じ立木補償等については明細もなく、総額での説明しかありませんでした。


 このような状況の中、ここの開発費は辺地債を借りて行うというものです。辺地債といえども、その借り入れ規模はおよそ10億円。この御時世にこれほど大きな税金、借金を投入してやらねばならないこととは思いません。政権がかわり、予算配分の方法も変わります。そのあたりのことも考える必要があります。


 本町の標準財政規模は75億円ですが、今議会での補正後の一般会計予算規模は178億6,000万円、基金残高は8億5,000万円です。今、行政がやらねばならないことは、このような大きなことよりも、まずは行財政改革です。そして、住民生活の現状に目をやり、厳しい生活環境が少しでも改善できるような施策を打つこと、当面住民負担をこれ以上ふやさないことです。そのほか、これまでにもるる述べてきております。


 よって、私はこの奥出雲の舌震の山林を公有財産として取得することに反対をいたします。以上です。


○議長(千原 祥道君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 景山議員。


○議員(12番 景山 孝志君) 私は、議案第135号、公有財産の取得について、賛成の立場から討論を行います。


 鬼の舌震の森林地区の公有財産取得、この問題でございますが、鬼の舌震、名勝及び天然記念物といたしまして、古くからこの仁多郡、あるいは新生奥出雲町になりましても、大きな観光財源でございます。この観光財源につきまして、将来的な町への来町、入り込み客の動員等々も考える中で、何といたしましても今の町民といたしましても保存管理の徹底を図る、この上ではこの公有財産の山の取得は必要でございます。


 また、この森林の取得につきましての計画につきましては、先ほども討論にありますように3回目の御提案でございますが、それぞれ計画を以前から示され、議会としても計画を承知をしてきておったところでございます。鬼の舌震の保存管理計画の徹底した綿密な計画を進行させるが上で、大きな一つの段階であると、このように考えるものでございます。


 よって、本案に賛成をし、賛成討論といたします。


○議長(千原 祥道君) ほかに討論はございませんか。


 ないようでございますので、討論を終わります。


 次に参ります。


 日程第4の議案の136号についての討論を行います。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。


 大垣議員。


○議員(11番 大垣 照子君) 議案第136号、公有財産の取得について反対討論を行います。


 先ほど反対討論を行いました135号と同じ趣旨、同じ内容のものでございます。


 以上をもちまして私の反対討論といたします。


○議長(千原 祥道君) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。


 景山議員。


○議員(12番 景山 孝志君) 本案につきましても、先ほど135号で賛成の討論いたしました内容に基づいて賛成といたします。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


 ないようですので、136号についての討論を終わります。


 次に、日程第5、陳情第10号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 続きまして、日程第6の陳情第15号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 次、日程第7の陳情第18号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決を行います。


 日程第1、議案第127号、奥出雲町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第2、議案第134号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第3、議案第135号、公有財産の取得についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(千原 祥道君) 起立多数です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第4、議案第136号、公有財産の取得についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。


              〔賛成者起立〕


○議長(千原 祥道君) 起立多数です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第5、陳情第10号、布勢地区幼児教育振興に関する要望書についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第6、陳情第15号、改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書提出に関する陳情書についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第7、陳情第18号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書の提出についての陳情についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第128号 から 日程第12 陳情第7号





○議長(千原 祥道君) 次に、日程第8、議案第128号、奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について、日程第9、陳情第16号、後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創設の意見書採択を求める陳情、日程第10、陳情第17号、県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し定額負担に戻すことを求める意見書採択の陳情、日程第11、陳情第6号、国保の資格証明書をめぐる陳情、日程第12、陳情第7号、後期高齢者医療制度をめぐる陳情、以上の5議案につきましては、会議規則の規定により一括して議題といたします。


 本案につきましても、去る9月定例会から付託になっている案件も含め、去る12月7日の本会議におきまして、福祉厚生常任委員会へ付託をいたしております。その審査結果につき、会議規則77条、94条、95条の規定により、この際、一括して委員長から報告を求めます。


 大垣照子福祉厚生常任委員長。


○福祉厚生常任委員会委員長(大垣 照子君) 平成21年12月18日、平成21年第3回奥出雲町定例議会、奥出雲町議会議長、千原祥道様。福祉厚生常任委員会委員長、大垣照子。福祉厚生常任委員会委員長報告を行います。


 平成21年第4回奥出雲町議会において、去る12月7日付にて福祉厚生常任委員会に付託をされました奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について、12月10日、担当課長を初め、奥出雲病院事務長の出席を得て、審議を行いました。


 それでは、会議規則第77条及び94条、95条の規定により、審議状況及び審査の結果について報告をします。


 第3回定例議会で継続審査とした陳情2件とあわせ、陳情4件について、審議状況及び審査の結果について報告します。


 議案第128号、奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定について。この条例制定は、廃棄物処理や清掃に関する法律、廃棄物処理法の改正によるもので、生活環境影響調査の結果等の縦覧と利害関係者に意見書の提出の機会を与えるためのものです。主な審議内容としまして、町の該当する施設はクリーンセンターと焼却場ですかということについて、今後対象になるのは、それと最終処分場です。それから、昨年冬から調査しています四季の調査結果の報告書添付が義務づけられており、現在その調査報告書を作成中です。そして、縦覧場所に町民課が示されておりますが、町民からの質問があったときの対応については、質問項目を記入できる様式を設けて、規則に準じて行いたい。また、尾原ダムはつくってあるかという質問に、自然保護の関係などでつくってありますとの答弁でした。この議案は、法改正によるもので、審査の結果、全員の賛成により原案可決としました。


 次に、陳情第16号、後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創設の意見書採択を求める陳情。この陳情書の趣旨は、後期高齢者医療制度を廃止し、高齢者が安心できる医療制度の創設を求める意見書の採択とその意見書を国や関係機関に提出を求めるものです。


 この陳情書には、この制度の廃止を訴える国民の運動の高まりの中で、民主党、社民党、国民新党3党の連立政権は廃止の方向で合意し、長妻厚生労働大臣は、その旨を表明と書かれています。厚生労働省は、11月6日、高齢者医療改革会議を設置し、既に後期高齢者医療制度廃止後の新制度設計に着手しており、したがって今、意見書の採択については、状況を見ての判断をとの結論に至りました。よって、全員一致により不採択と決しました。


 陳情第17号、県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し定額負担に戻すことを求める意見書採択の陳情。この陳情は、県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し、定額負担に戻すことを求める意見書を採択し、島根県に提出を求めています。その内容は、2005年10月、島根県の県単独福祉医療費助成制度は、それまでの1カ月500円の定額負担から定率(応益)1割負担を導入、これによって医療費負担が最大4万200円に負担増になった対象者もいるとされています。一方で、民主党、社民党、国民新党3党の連立政権は、障害者自立支援法の廃止で合意し、長妻労働大臣が同制度の廃止を表明しているとされています。陳情第16号と同様に、国が廃止の方向で動いており、意見書採択への賛意は得られませんでした。よって、全員一致により不採択と決しました。


 陳情第6号、国保の資格証明書をめぐる陳情。陳情第7号、後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創設の意見書採択を求める陳情。この2件の陳情は、第3回の前定例議会で当委員会に付託されましたが、継続審査としていたものです。今回、提出された陳情書と内容的には同様のものであり、この審議経過から全員一致により不採択といたしました。


 以上、報告いたします。


○議長(千原 祥道君) 以上で委員長報告を終わります。


 これから、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 最初に日程第8、議案第128号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次参ります。


 日程第9、陳情第16号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第10、陳情第17号について行います。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第11、陳情第6号について行います。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次、日程第12、陳情第7号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 最初に、日程第8、議案第128号についての討論を行います。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 次、日程第9、陳情第16号についての討論を行います。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次参ります。


 日程第10、陳情第17号につきましての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次参ります。


 日程第11、陳情第6号について行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第12、陳情第7号についての討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決を行います。


 最初に、日程第8、議案第128号、奥出雲町が設置する一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続きに関する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第9、陳情第16号、後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創設の意見書採択を求める陳情を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、不採択でありますので、原案についてお諮りをいたします。陳情第16号を採択することに賛成の方は挙手を願います。


              〔挙手なし〕


○議長(千原 祥道君) 挙手がありませんので、本案は不採択とされました。


 次、日程第10、陳情第17号、県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し定額負担に戻すことを求める意見書採択の陳情についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、不採択でありますので、原案についてお諮りをいたします。陳情第17号を採択することに賛成の方は挙手を願います。


              〔挙手なし〕


○議長(千原 祥道君) 挙手がありませんので、本案は不採択とされました。


 次、日程第11、陳情第6号、国保の資格証明書をめぐる陳情についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、不採択でありますので、原案についてお諮りをいたします。陳情第6号を採択することに賛成の方は挙手を願います。


              〔挙手なし〕


○議長(千原 祥道君) 挙手がございませんので、本案は不採択とされました。


 次、日程第12、陳情第7号、後期高齢者医療制度をめぐる陳情についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、不採択でありますので、原案についてお諮りをいたします。陳情第7号を採択することに賛成の方は挙手を願います。


              〔挙手なし〕


○議長(千原 祥道君) 挙手がございませんので、本案は不採択とされました。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 陳情第9号 から 日程第17 陳情第14号





○議長(千原 祥道君) 次に、日程第13、陳情第9号、町道郡三成線道路改良工事についての要望書、日程第14、陳情第11号、一般県道木次横田線道路改良工事についての要望書、日程第15、陳情第12号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事についての要望書、日程第16、陳情第13号、椿坂周辺総合改良に関する陳情書、日程第17、陳情第14号、公共工事における電気工事に関する陳情書、以上の5議案につきましては、会議規則の規定により一括して議題といたします。


 本案につきましても、去る12月7日の本会議におきまして、産業建設常任委員会へ付託をいたしております。その審査結果につき、会議規則77条、94条、95条の規定により、一括して委員長から報告を求めます。


 岩田明人産業建設常任委員長。


○産業建設常任委員会委員長(岩田 明人君) それでは、報告をいたします。


 平成21年第4回奥出雲町議会定例会産業建設常任委員会委員長報告をいたします。


 奥出雲町議会議長、千原祥道様。産業建設常任委員会委員長、岩田明人。


 平成21年第4回奥出雲町議会定例会において、去る12月7日、当委員会に付託になりました陳情第9号、陳情第11号、陳情第12号、陳情第13号、陳情第14号について、会議規則77条及び94条、95条の規定により報告をいたします。


 当委員会の審査は、12月10日、11日の両日、慎重に審議を行いました。その結果について報告をいたします。


 陳情第9号、町道郡三成線道路改良工事についての要望書、採択。


 陳情第11号、一般県道木次横田線道路改良工事についての要望書、採択。


 陳情第12号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事についての要望書、採択。


 陳情第13号、椿坂周辺総合改良に関する陳情書、採択。


 陳情第14号、公共工事における電気工事に関する陳情書、採択。


 現地視察も行い、審査の結果を報告し、審議を終わったところでございます。


 以上、報告を終わります。


○議長(千原 祥道君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 最初に、日程第13、陳情第9号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次参ります。


 日程第14、陳情第11号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次、日程第15、陳情第12号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第16、陳情第13号について行います。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次、日程第17、陳情第14号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 日程第13、陳情第9号について討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次参ります。


 日程第14、陳情第11号について行います。


 反対の方の発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第15、陳情第12号について行います。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第16、陳情第13号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第17、陳情第14号について討論を行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第13、陳情第9号、町道郡三成線道路改良工事についての要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第14、陳情第11号、一般県道木次横田線道路改良工事についての要望書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第15、陳情第12号、一般県道木次横田線(亀嵩地内)道路改良工事についての要望書についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第16、陳情第13号、椿坂周辺総合改良に関する陳情書を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


 次、日程第17、陳情第14号、公共工事における電気工事に関する陳情書を採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第129号 から 日程第22 議案第133号





○議長(千原 祥道君) 次、日程第18、議案第129号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第5号)提出について、日程第19、議案第130号、平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出について、日程第20、議案第131号、平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)提出について、日程第21、議案第132号、平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について、日程第22、議案第133号、平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について、以上の5議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際一括して議題といたします。


 本案につきましても、去る12月7日の本会議におきまして、予算特別委員会へ付託をいたしております。審査結果につきまして、会議規則の規定により、委員長から報告を求めます。


 福本修予算特別委員長。


○予算特別委員会委員長(福本 修君) 委員会審査報告を行います。


 本委員会に付託されました事件は、審査の結果、下記のとおり決定いたしましたので、会議規則第77条の規定により報告をいたします。


 平成21年12月18日、予算特別委員会委員長、福本修。奥出雲町議会議長、千原祥道殿。


 議案第129号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第5号)提出について。審議結果、原案可決。


 議案第130号、平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出について。審議結果、原案可決。


 議案第131号、平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)提出について。審議結果、原案可決。


 議案第132号、平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について、原案可決。


 議案第133号、平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)提出について。審議結果、原案可決。


 以上でございます。


○議長(千原 祥道君) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、委員長報告に対する質疑を行います。


 まず最初に、日程第18、議案第129号について行います。一般会計補正予算です。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第19、議案第130号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第20、議案第131号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第21、議案第132号について行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第22、議案第133号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 これより、ただいまの各議案に対する討論を行います。


 最初に、日程第18、議案第129号につきまして討論を行います。


 最初に、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、終わります。


 次、日程第19、議案第130号についての反対の方の発言を許します。ありませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第20、議案第131号についての反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第21、議案第132号についての反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第22、議案第133号について、反対の方の発言を許します。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第18、議案第129号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第5号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決とされました。


 次、日程第19、議案第130号、平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第20、議案第131号、平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計補正予算(第1号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第21、議案第132号、平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


 次、日程第22、議案第133号、平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)提出についてを採決をいたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 議案第138号 から 日程第26 議案第141号





○議長(千原 祥道君) 次に、日程第23、議案第138号、財産の取得について、日程第24、議案第139号、財産の取得について、日程第25、議案第140号、財産の取得について、日程第26、議案第141号、財産の取得について、以上の4議案につきましては、会議規則の規定により、一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 最初に、坂平情報政策課長。


            〔情報政策課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第138号 財産の取得について


 議案第139号 財産の取得について


 議案第140号 財産の取得について


  ───────────────────────────────


○議長(千原 祥道君) 次に、野原企業経営課長。


            〔企業経営課長説明〕


  ───────────────────────────────


 議案第141号 財産の取得について


  ───────────────────────────────


○議長(千原 祥道君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより質疑を行います。


 最初に、日程第23、議案第138号について行います。


 藤原議員。


○議員(5番 藤原 充博君) このテレビ電話ですけども、今まで累計で何台、これで何台になったでしょうかね。


 それと、今までの電気製品で93%なんていうのは、今の物価の流れからいうと非常に高く感じるんですけども、今、おっしゃったようにこのメーカーさんでないと使えないと、ほかのものが使えないというお話、よくわかります。わかりますから、逆に言うと、これからもずっとふやしていけば、このメーカーさんしか使えないということですよね。ということになれば、やっぱりそれだけの単価交渉しないと、コストダウンしないといけないと思うんですよ。その辺どういうふうな対応があったか、ちょっとお聞かせ願いたいです。


○議長(千原 祥道君) 坂平課長。


○情報政策課長(坂平 海君) ただいまの御質問にお答えをいたします。


 台数につきましては、今回120台購入するというところでいきますと、大体合計で880台ぐらいになります。


 次に、ちょっとなかなかお値段が高いですので、コストダウンに向けてということですが、今回、購入するに当たりまして、一応交渉いたしまして、前回、去年購入したときよりも1台当たり大体1万円ぐらいのダウンというところで交渉をしておりますが、おっしゃるようにそれでも結構高いものです。今後、やはりなかなか汎用品ではないということで、コスト、1台当たりの価格というのは、やっぱり高くなってしまう傾向はありますが、製造会社の方にも大量生産をいろいろするようにということで、注文とってきていただいたりというところの話も加えてしておりますので、今後は台数が出ることによるコストダウンというところも見込めるのではないかと思っております。今後は、もしまた追加でどんどん購入するというようなことがあるときは、当然価格交渉というところは厳しくやっていきたいというふうに思っております。以上です。


○議長(千原 祥道君) 藤原議員。


○議員(5番 藤原 充博君) 私、電気の関係のものをつくっておりますので、価格的なことをあんまり責められないんですけども、大体工場出荷価格いうのは、35%か40%ぐらいのものです。それから今回の分は、新規につくったものじゃなくて、初期投資はほとんど終わってるわけです。新しい図面とか設計図とかそういうものも含めてですね。ですから、かなりコストダウンができると思います。これから奥出雲町、だんだん高齢者が多くなってきます、75歳以上の方がどんどんふえてくるわけですから、そういう方に対応していくということになれば、当然もっとコストダウンをしていかないといけないし、当初の分がまた買いかえとかですね、そういうことも出てくるわけですから、その辺の価格にもっと敏感になっていただきたいというふうに思います。以上です。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


 ないようですので、次、参ります。


 次は、日程第24、25、議案の139号と140号合わせて質疑を行います。


 藤原議員。


○議員(5番 藤原 充博君) これ、先ほど一括して説明を受けましたが、高いところに設定すればするほど高いというお話だったみたいですけども、ちょっと随時契約に入らないから話はないということですが、KDDIの方、もしよろしければ、大まかな金額でも教えていただけますか。


○議長(千原 祥道君) 坂平課長。


○情報政策課長(坂平 海君) ただいまの御質問にお答えします。


 KDDIさんにつきましては、約500万円ということで、見積もりとの率も99%ということになっております。以上です。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


 ないようでございますので、次参ります。


 次は、日程第26、議案第141号について行います。


 塔村議員。


○議員(1番 塔村 俊介君) 今回の路線バスの購入、今あるものと同様のものということなんですが、10年ぐらい前と比べると、ことし1年だけでも1割ぐらいの乗客の方が減っている中で、10年前と同じお客さんが乗っているとは思えないんですが、その辺、今の路線の中で、乗客等の検討をされたのか、その上で今と同じ29人乗りが必要なのかということを判断されたのか、その辺をお聞きしたいと思います。


○議長(千原 祥道君) 野原課長。


○企業経営課長(野原万寿老君) 塔村議員さんの御質問にお答えいたします。


 実は、購入、更新につきましては、今後5カ年計画を立てておりまして、後に購入した小型車以外をできれば5年間で更新したいということで、今回が手始めで、中型バスの2台の更新でございますけど、今後おっしゃるように、乗客が少なくなってる路線の見直し等ありまして、今後については大型車がほとんどでございまして、大型車を逆に中型車にする、していくということで、順次計画変更をして、見直しをする予定にしております。中型車については3台しかございませんので、この台数は確保したいということで、今回は中型車2台、今後の大型車の更新を大型車、あるいは中型車の方で更新をしていくと、見直しをしていくということでございますので、よろしくお願いします。


○議長(千原 祥道君) 塔村議員。


○議員(1番 塔村 俊介君) よくわかるような質問なんですが、大型車を中型車にするという買いかえならわかるんですが、それならば中型車ももっと少なく、今使ってるとこは少なくなって小型車になる可能性があるのではないのでしょうか。今回は中型車を中型車に買いかえるということですよね。今後の計画で、大型車が小型車になるということはないわけですよね。そういう実際にどの路線で使っとるかわかりませんが、中型車じゃないと乗れないぐらいの乗客がおられるということでいいんでしょうか。


○議長(千原 祥道君) 野原課長。


○企業経営課長(野原万寿老君) 御質問にお答えいたします。


 今のとこ、中型車は3台しかございませんで、これを小型車にしますと、今度は中型車が足りないということになります。小型車については、8台ございますので、今度逆にこれをふやしますと大型、今の中型車が足りなくなって、バランスが悪くなるということでございます。今後は、大型車を更新でございますので、この大型車を中型車にかえていくということで、今後大きくするということはちょっと考えられませんので、現在のところ小型車が8台という台数がございますので、中型車については3台ですから、これ以上中型車を、例えば1台小型車にしますと、中型車が2台しか出せなくなりますので、それはちょっと不便だということで、中型車だけはこのままで更新をしていく。大型車を中型車にしていくという計画でございます。朝晩については、小型車を出してる路線はまずないと思いますので、学生が多いですので、昼間が小型車、中型車を運行しておりますので、バランス的には中型車は現状維持は最低必要だと思っております。御理解いただきますようよろしくお願いします。


○議長(千原 祥道君) ほかに。町長。


○町長(井上 勝博君) 若干、補足をさせていただきたいと思いますが、奥出雲交通は、路線バスの系統も随分やっておりますが、それだけでなくて町民の皆さんの多様なバスに対する需要にもおこたえしております。貸し切りバス事業も随分多うございます。収入の面でも、路線バスに匹敵するような大きな額も出ておりますので、町内会なりスポ少等のいろんな貸し切り事業に対応するためにも、この中型車の3台というのは必要だということでございます。路線バスについては、先ほども課長が言いましたような地域の交通事情をよく見ながら、逐次最も合理的な形の更新をしていきたいと思っております。以上でございます。


○議長(千原 祥道君) 塔村議員。


○議員(1番 塔村 俊介君) 今回の件とはちょっと外れるかもしれませんが、以前、松江市のあるバス業者さんの方から奥出雲交通のバスの件についてちょっと1点聞かれたことがございまして、今、路線バスとしての購入ということで、現状シートベルトがないバスというふうに聞いておるんですが、その辺を貸し切りバスに使うということについては、法律上問題がないかどうか把握されてるっていうことはわかりますでしょうか。これは路線バスですので、シートベルトがついてないと、座席に、貸し切りバスであるとシートベルトがないと使ってはいけないんじゃないかっていうことをほかのバス業者さんに指摘されました。そのことについては問題ないということでよろしいでしょうか。もし把握されてなければ、その点のことは考えずに今と同じものを購入してるということです。


○議長(千原 祥道君) 野原課長。


○企業経営課長(野原万寿老君) 貸し切りバス仕様で購入しておりませんので、ちょっとその件について私は予備知識もありませんので、もし必要なら後で調べまして回答いたしたいと思います。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


              〔質疑なし〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、質疑を終わります。


 討論を行います。


 最初に、日程第23、議案第138号につきまして討論を行います。


 反対の方の発言を許します。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次参ります。


 日程第24、議案第139号についての討論を行います。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、次、日程第25、議案第140号についての討論を行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、次参ります。


 日程第26、議案第141号について行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決をいたします。


 日程第23、議案第138号、財産の取得についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。


 次、日程第24、議案第139号、財産の取得についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。


 次、日程第25、議案第140号、財産の取得についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。


 次、日程第26、議案第141号、財産の取得についてを採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第27 発議第13号





○議長(千原 祥道君) 次、日程第27、発議第13号、改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)提出についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 9番、松?正芳議員。


○議員(9番 松? 正芳君)


  ───────────────────────────────


 発議第13号


  改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)提出について


 改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)を会議規則第14条の規定により、別紙のとおり提出する。


   平成21年12月18日提出


               提出者 奥出雲町議会議員 松 ? 正 芳


               賛成者  〃       景 山 孝 志


                〃   〃       村 尾 明 利


                〃   〃       内 田   勇


                〃   〃       塔 村 俊 介


  ───────────────────────────────


     改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)


 経済・生活苦での自殺者が年間7000人に達し、自己破産者も18万人を超え、多重債務者が200万人を超えるなどの深刻な多重債務問題を解決するため、2006(平成18)年12月に改正貸金業法が成立し、出資法の上限金利の引き下げ、収入の3分の1を超える過剰貸付契約の禁止(総量規制)などを含む同法が完全施行される予定である。


 改正貸金業法成立後、政府は多重債務者対策本部を設置し、同本部は?多重債務相談窓口の拡充、?セーフティネット貸付の充実、?ヤミ金融の撲滅、?金融経済教育を柱とする多重債務問題改善プログラムを策定した。そして、官民が連携して多重債務対策に取り組んできた結果、多重債務者が大幅に減少し、2008(平成20)年の自己破産者数も13万人を下回るなど、着実にその成果を上げつつある。


 他方、一部には、消費者金融の成約率が低下しており、借りたい人が借りられなくなっている。特に昨今の経済危機や一部商工ローン業者の倒産などにより、資金調達が制限された中小企業者の倒産が増加しているなどを殊更強調して、改正貸金業法の完全施行の延期や貸金業者に対する規制の緩和を求める論調がある。


 しかしながら、1990年代における山一証券、北海道拓殖銀行の破綻などに象徴されるいわゆるバブル崩壊後の経済危機の際は、貸金業者に対する不十分な規制の下に商工ローンや消費者金融が大幅に貸付を伸ばし、その結果、1998(平成10)年には自殺者が3万人を超え、自己破産者も10万人を突破するなど多重債務問題が深刻化した。


 改正貸金業法の完全施行の先延ばし、金利規制などの貸金業者に対する規制の緩和は、再び自殺者や自己破産者、多重債務者の急増を招きかねず許されるべきではない。今、多重債務者のために必要とされる施策は、相談体制の拡充、セーフティネット貸付の充実及びヤミ金融の撲滅等である。


 そこで、今般設置された消費者庁の所管乃至共管となる地方消費者行政の充実及び多重債務問題が喫緊の課題であることも踏まえ、国に対し、以下の施策を求める。


 1 改正貸金業法を早期に完全施行すること。


 2 自治体での多重債務相談体制の整備のため相談員の人件費を含む予算を十分確保するなど相談窓口の充実を支援すること。


 3 個人及び中小企業者向けのセーフティネット貸付をさらに充実させること。


 4 ヤミ金融を徹底的に摘発すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


   平成21年12月18日


                島根県奥出雲町議会議長 千 原 祥 道


 (提出先)


  衆議院議長


  参議院議長


  内閣総理大臣


  金融・郵政改革大臣


  消費者・少子化大臣


  ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(千原 祥道君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただいまの発議13号に対する質疑を行います。


 景山議員。


○議員(12番 景山 孝志君) 先ほど委員長の方から意見書の案が提案をされたということなんですが、ごらんをいただきますように、「改正賃金業法」ということで意見書がすべて印刷されております。これを「貸金業法」ということに置きかえて、ひとつお諮り願いたいと思います。


○議長(千原 祥道君) 先般、差しかえを行っておるはずですが。


○議員(12番 景山 孝志君) 取り下げます。失礼しました。


○議長(千原 祥道君) ほかにございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので終わります、質疑を。


 次、討論を行います。討論はございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようですので、討論を終わります。


 採決を行います。


 日程第27、発議第13号、改正貸金業法の早期完全施行等を求める意見書(案)提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。なお、「案」は削除いたします。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第28 発議第14号





○議長(千原 祥道君) 次に、日程第28、発議第14号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)提出についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 9番、松?正芳議員。


○議員(9番 松? 正芳君)


  ───────────────────────────────


 発議第14号


     電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める


     意見書(案)提出について


 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)を会議規則第14条の規定により、別紙とおり提出する。


   平成21年12月18日提出


               提出者 奥出雲町議会議員 松 ? 正 芳


               賛成者  〃       景 山 孝 志


                〃   〃       村 尾 明 利


                〃   〃       内 田   勇


                〃   〃       塔 村 俊 介


  ───────────────────────────────


  電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)


 電源立地地域対策交付金の水力発電施設周辺地域交付金相当部分(水力交付金)は、水力発電ダムに関わる発電用施設周辺地域住民の福祉の向上と電源立地の円滑化に資することを目的に創設されたものであり、関係市町村では、この水力交付金を活用し、防火水槽や防災無線等の公共施設の整備、診療所や保育園の運営費等への充当による住民生活の利便性向上を図っているところである。


 しかしながら、現在の制度では、交付対象市町村の多くが、まもなく最長交付期間の30年を迎えることとなるが、その場合、水力発電施設の円滑な運転継続や新規の電源立地に支障を生ずることが危惧される。


 豊富な水資源に恵まれた我が国において、水力発電は、原子力発電や火力発電に比べ、環境への負荷が少なく、再生可能なエネルギーとして、これまで電力の安定供給に大きく寄与してきたが、その背景には水力発電施設の建設に協力してきた関係市町村の貢献があることを十分認識すべきである。


 よって、国におかれては、平成22年度末をもって多くの関係市町村で交付期限を迎える水力交付金について、過去30年間にわたる交付実績や、今後とも安定的な水力発電を維持する必要性があること等を考慮の上、平成23年度以降は恒久的な制度とすること、及び原子力発電交付金との格差を踏まえた交付金の最高限度額及び最低保証額の引き上げなど交付条件の改善や事務手続きの簡素化を図られることを要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出します。


   平成21年12月18日


                島根県奥出雲町議会議長 千 原 祥 道


 (提出先)


  経済産業大臣


  財務大臣


  総務大臣


  ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(千原 祥道君) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただいまの発議14号の質疑を行います。ございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) 格別ないようですので質疑を終わりまして、討論を行います。


 討論はございませんか。


           〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) ないようでございますので、討論を終わります。


 採決を行います。


 日程第28、発議第14号、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)提出についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


              〔賛成者挙手〕


○議長(千原 祥道君) 挙手全員です。よって、本案は、原案のとおり可決をされました。なお、案については削除をいたします。


  ─────────────・───・─────────────





◎日程第29 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について





○議長(千原 祥道君) 次に、日程第29、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出についてを議題といたします。


 お諮りをいたします。会議規則第75条の規定により、お手元に配付いたしました申し出書のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査の申し出が来ております。申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに御異議ございませんか。


          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(千原 祥道君) 御異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに決しました。


  ─────────────・───・─────────────


○議長(千原 祥道君) 以上をもちまして、本定例会に付議された議案の審議はすべて終了をいたしました。


 これにて、平成21年第4回奥出雲町議会定例会を閉会といたします。御苦労さまでした。


           午前11時40分閉会


  ───────────────────────────────