議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成21年第2回定例会(第4日 6月23日)




平成21年第2回定例会(第4日 6月23日)





────────────────────────────────────────────


 第2回奥出雲町議会定例会会議録(第4日)


 平成21年6月23日(火曜日)


────────────────────────────────────────────


議事日程・本日の会議に付した事件


                        平成21年6月23日 午前10時02分開会


 
────────────────────────────────────────────





 日程第1   議案第102号   奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条


                  例制定について


 日程第2   陳情第1号     肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の


                  提出について


 日程第3   陳情第3号     馬木地区の医療体制確立に関する要望書


 日程第4   陳情第2号     尾原ダム関連周辺整備事業等についての要望書


 日程第5   議案第97号    平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号


                  )提出について


 日程第6   議案第98号    平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正


                  予算(第1号)提出について


 日程第7   議案第99号    平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補


                  正予算(第1号)提出について


 日程第8   議案第103号   奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体


                  工事)請負契約締結について


 日程第9   発議第10号    肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書(


                  案)提出について


 日程第10  選挙第1号     奥出雲町選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙


                  について


 日程第11  閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


────────────────────────────────────────────


〇出席議員  (16名)





    1番  塔 村 俊 介     2番  内 田  勇


    3番  内 田 精 彦     4番  藤 原 友 征


    5番  藤 原 充 博     6番  村 尾 明 利


    7番  若 月 忠 男     8番  内 田 正 男


    9番  松 ? 正 芳    10番  吾 郷 益 已


   11番  大 垣 照 子    12番  景 山 孝 志


   13番  岩 田 明 人    14番  若 月 康 男


   15番  福 本  修     16番  千 原 祥 道





────────────────────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


────────────────────────────────────────────


                 欠  員(なし)


────────────────────────────────────────────


〇説明のため出席した者の職氏名





   町 長    井 上 勝 博   副町長    和 泉 一 朗


   教育長    安 部  隆    総務課長   佐佐木 幸 雄


   企画財政課長 小 倉 義 幸   病院事務長  横 田 和 男


   情報政策課長 坂 平  海    農林土木課長 石 原 敬 士


   町民課長   植 田 一 教   健康福祉課長 尾 方  豊


   農業振興課長 糸 原  敬    教育課長   川 本 健 二


   企業経営課長 野 原 万寿老   水道課長   稲 垣 和 利


   地域振興課長 堀 江 嗣 之   出納課長   藤 原  努


   税務課長   吉 川 孝 司   建設課長   松 島 昭 雄





〇事務局出席職員職氏名





   局  長   山 根 道 人   書  記   渡 部 恵 子


────────────────────────────────────────────


  午前10時02分開議


○議長(16番 千原 祥道議員) そういたしますと、ただ今の出席議員数は16名であります。


 定足数に達しておりますので、ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりであります。


 日程に入ります。


────────────────────────────────────────────





◎日程第1 議案第102号 奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について


 日程第2 陳情第1号   肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出について


 日程第3 陳情第3号   馬木地区の医療体制確立に関する要望書





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第1「議案第102号 奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について」、日程第2「陳情第1号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出について」、日程第3「陳情第3号 馬木地区の医療体制確立に関する要望書」、以上の3議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る6月11日、6月16日の本会議におきまして、福祉厚生常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条、第94条、第95条の規定によりまして、この際一括して委員長から報告を求めます。大垣照子福祉厚生常任委員会委員長。





○議員(11番 大垣 照子議員) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、大垣委員長。





 福祉厚生常任委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(11番 大垣 照子議員) 福祉厚生常任委員会委員長報告をさせていただきます。


 平成21年第2回奥出雲町議会において、去る6月11日及び16日付けにて福祉厚生常任委員会に付託されました、奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、及び陳情2件について、6月12日、16日の両日、担当課長をはじめ奥出雲病院事務長の出席を得て審議を行ないました。


 「議案第102号 奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について」、原案可決。


 この条例改正は、平成21年度奥出雲町国民健康保険税の本算定に関わり改正されるものです。


 平成21年6月1日現在の本町世帯数は、4,990世帯で、前年度年平均より35世帯の減となり、人口は15,255人で同じく244人の減となっています。国民健康保険加入状況は、平成21年6月1日現在2,046世帯で、前年比86世帯4.0%の減、総被保険者数は平成21年6月1日現在3,738人で185人、4.7%の減となっています。また、総人口に占める被保険者比率は24.5%となっています。


 平成21年度の国民健康保険の総医療費総額は、推計約13億1,900万円で、1人当たりの医療費推計は、年額約35万円となっています。国保税の算定方法は、応能、所得割50%と、応益、被保険者均等割35%、世帯別平等割15%で賦課されています。


 今回の本算定では、医療分は1人当たり平均年税額を前年度と同額の51,039円に据え置き、後期高齢者支援金分は19,651円、介護分については、19,263円となっています。この後期高齢者支援金分と介護分については、納付見込み額から、国、県支出金等を除いた額となっています。なお、年税額は同額ですが、所得割が0.47ポイント上昇しているのは、課税の基礎となる全体の所得が減少しており、また、加入者も減少しているため、必要な額を集めるためには税率が上昇するものです。また、60歳から74歳までの加入者が全加入者の55%となっており、軽減世帯が占める割合も医療分と後期高齢者支援金分で、それぞれ43.7%、介護分で37%です。これらの内、7割軽減が医療分と後期高齢者支援金分でそれぞれ25%、介護分で20.2%を超える高率となっています。


 医療費は、一般で平成21年度推計で約12億3,500万円となっており、前年度対比5.6%アップし、退職分は、平成21年度推計で約8,400万円、3.3%減ですが、合計約13億1,900万円となっており、ここ数年約1億1,800万円の増加傾向となっています。これらのことから試算していくと国保会計は、平成21年度当初予算に対し、約1億1,600万円が不足することから、医療分に基金を取り崩して同額を繰り入れるものです。


 基金の本算前年度末見込額、繰越金を含むは、約3億9,700万円ですが、今回、加入者負担を抑えるために1億1,600万円を取り崩すと、年度末の基金保有額は約2億8,100万円の見込みとなっています。基金について町のガイドラインは、2億5千万円で、今後の交付金等への影響を考えると、この残高は維持しなければなりません。


 また、景気が下降局面にあり、雇用失業情勢が厳しい環境下、解雇等により国民健康保険の被保険者になられた方については、収入が激減し前年所得を基準とした保険税が過重な負担となる場合も想定されるため、平成21年度の保険税に限り、緊急経済対策の一環として、臨時の減免制度が創設されています。


 また、夫のみが後期高齢者で妻が74歳以下の場合、妻の保険税額は、医療分、後期高齢者支援金分の平等割りにおいて、夫婦共に74歳以下の家庭の半額としています。


 国民健康保険税の収納率は、平成20年度現年度分で94.51%で前年度比0.84ポイント減、滞納分は24.23%で前年度比7.82ポイント減となっています。


 滞納額は、平成19年度の7,340万円から20年度は6,900万円となり、徴収への努力が伺われますが、約7千万円の滞納額は大きく、更に収納への努力が必要です。滞納の理由は様々ですが、国民健康保険税は相互扶助の意味からも、また、きちんと収めている加入者との公平性を堅持するため、回収活動の外注化をとの意見も出されました。


 景気状況が好転せず所得が上がらない中にあって、所得割税率の0.47%アップは厳しいものがありますが、誰もが安心して医療や治療を受けるためには、国民健康保険会計を維持していくことが重要で、この国民健康保険税の改正はやむを得ないものとしました。以上、奥出雲町国民健康保険税条例の一部改正について、審議状況と結果を報告いたしました。


 陳情第1号についてご報告いたします。


 陳情第1号、肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出について。提出者は、薬害C型肝炎しまね弁護団、代表、妻波俊一郎氏他1名。


 陳情の内容は、現在、日本にはB型C型肝炎感染者が350万人いると推定され、わが国最大の感染症となっています。その感染原因の大半は、血液、血液製剤、汚染した注射針などに由来する医原病であり、必要な対策をとらず感染させた国の責任は重大としています。


 島根県では、C型肝炎の感染率が全国平均の0.6%に対し1.0%。平成18年度節目検診での感染者率で、肝がん死亡率は全国の26.7人に対し34.6人、対人口10万人と高率になっており、早期発見、早期治療、生活支援な総合的な対策が急務としています。


 薬害C型肝炎については、昨年1月、特別措置法の制定により救済の道が拓かれましたが、救済対象の患者は全国1,500人程度と推定され、肝炎患者全員一律救済にはほど遠いのが現状となっています。


 これまで国会に提出されている救済に対する与党案、野党案ともに未審議状態で法案成立の目処は立ってなく、関係諸機関に意見書の提出を求めています。審議内容と結論は、肝炎患者の一日も早い救済が必要とし、採択としました。


 次に、陳情第3号についてご報告いたします。


 陳情第3号、馬木地区の医療体制確立に関する要望書。提出者は、馬木地区自治会長会会長、吉川光則氏他3名。


 陳情の要旨は、馬木地区に診療所を開設し、医師の確保を要望するものです。現在、高齢のドクターに支えていただいていますが、近い将来無医地区になることが懸念されることから、将来にわたり地域住民が、安心して暮らすことが出来るよう要望されているものです。


 主な審議内容。


 当面、奥出雲病院からの出張診療は出来ないか。他の開業医の先生にお願い出来ないか。医療機関への足の確保が必要等々、多くの意見が出ました。しかし、奥出雲病院の現状は、それを行えば病院内の体制が更に厳しくなり、医師の過重勤務となることや医師確保については奥出雲病院自体も困難を極めており、他の開業医の先生についても往診等熱心にされており、困難な状況となっている。


 全体の意見として現状や陳情の趣旨もよく理解出来るとし、地区の皆さんにも医師及び診療所の確保への努力を続けていただくことを付け加え、採択といたしました。以上、3点についてご報告いたしました。





───────────────────────────────────────────


 別紙:福祉厚生常任委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 最初に、日程第1、議案第102号についての質疑を行ないます。国保の改正です。ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、次、日程第2、陳情第1号について行ないます。ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、次、日程第3、陳情第3号について行ないます。ありませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 日程第1「議案第102号 奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第2「陳情第1号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第3「陳情第3号 馬木地区の医療体制確立に関する要望書」についての討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 これより、採決を行ないます。


 最初に、日程第1「議案第102号 奥出雲町国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第2「陳情第1号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり採択をされました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第3「陳情第3号 馬木地区の医療体制確立に関する要望書」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


────────────────────────────────────────────





◎日程第4 陳情第2号 尾原ダム関連周辺整備事業等についての要望書





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第4「陳情第2号 尾原ダム関連周辺整備事業等についての要望書」、この議案につきましては、去る6月11日の本会議におきまして、尾原ダム地域開発特別委員会へ付託をいたしております。


 その審査の結果につき、会議規則第77条、第94条、第95条の規定によりまして、この際、委員長から報告を求めます。


 内田正男尾原ダム地域開発特別委員会委員長。





○議員(8番 内田 正男議員) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、内田委員長。





 尾原ダム地域開発特別委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(8番 内田 正男議員) 尾原ダム地域開発特別委員会委員長報告をいたします。


 平成21年、第2回奥出雲町議会定例会において、去る6月11日、当尾原ダム地域開発特別委員会に付託になりました、尾原ダム関連周辺整備事業等について、審議の結果を会議規則第77条及び第94条、第95条の規定により報告します。


 当委員会の審査は6月17日、関係課長の出席を得て慎重に審議を行ないました。


 尾原ダム関連周辺事業等について要望提出者は、奥出雲町布勢地区自治会長会、布勢地区尾原ダム周辺整備活性化対策協議会、佐白地区活性化協議会からであります。3つの団体から要望書が提出された、尾原ダム関連周辺整備事業等の10事項について現地視察等を行ない、慎重審議の結果、全会一致で要望採択といたしました。


 採択にあたっては、全ての要望事項が実施出来るよう、引き続いて国及び県に対して強力な要請を行なうことが必要であるなどの意見が出されました。以上、尾原ダム地域開発特別委員会に付託になった要望審議の結果について報告とします。





───────────────────────────────────────────


 別紙:尾原ダム地域開発特別委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で、委員長報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 別段ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようでございますので、質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 日程第4「陳情第2号 尾原ダム関連周辺整備事業等についての要望書」についての討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、討論を終わります。


 採決を行ないます。


 日程第4「陳情第2号 尾原ダム関連周辺整備事業等についての要望書」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


────────────────────────────────────────────





◎日程第5 議案第97号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について


 日程第6 議案第98号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第7 議案第99号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第5「議案第97号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について」、日程第6「議案第98号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」、日程第7「議案第99号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」、以上の3議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る6月11日の本会議におきまして、予算特別委員会へ付託をいたしております。なお、内容審査につきましては、同日、予算特別委員会各小委員会において分割審査をお願いいたしております。


 その審査の結果については、会議規則第77条及び第94条と第95条の規定によりまして、委員長からの報告を求めます。


 福本修予算特別委員会委員長。





○議員(15番 福本 修議員) 議長。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、福本委員長。





 予算特別委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(15番 福本 修議員) 予算特別委員会へ付託になりました、議案第97号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)、議案第98号、平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)、議案第99号、平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)、各小委員会へ付託をいたしております。各小委員会において精査、また審議をいただいておりますので、その結果について小委員長から報告をしていただきますので、よろしくお願いを申し上げます。





───────────────────────────────────────────





○議長(16番 千原 祥道議員) それではそれぞれの小委員会委員長からの報告を求めます。最初に、松?正芳総務文教予算小委員会委員会。





○議員(9番 松? 正芳議員) 議長。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、松?委員長。





 総務文予算小委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(9番 松? 正芳議員) それでは、総務文教常任委員会予算小委員会委員長報告を行ないます。


 第2回奥出雲町議会定例会において、平成21年6月11日付けで総務文教予算小委員会に付託になりました、議案第97号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)について、会議規則第77条の規定により、審査の結果及び審査の状況を報告します。


 当委員会審議は6月11日に担当課長の出席を得て審議をしました。


 審査の結果、当小委員会に付託になりました、平成21年度、奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について(分割審査)は全会一致で原案可決としました。


 歳入について申し上げます。


 この度の歳入の主なものは国庫支出金6億5千5百万円、内、4億4千万円が地域活性化・経済危機対策臨時交付金でございます。及び町債の2億9千7百万円等により各整備事業を行なうものです。


 町債の内訳は自然公園整備事業債2,050万円、街路灯整備事業債7,150万円、一般廃棄物処理事業債940万円、特用林産債1,740万円、観光施設整備事業債2,290万円、観光資源活用事業債6,700万円、急傾斜地崩壊対策事業債940万円。道路整備については合併特例債事業が主で5,290万円、義務教育施設整備事業債は2,610万円、この内訳は亀嵩小学校が経済対策関係の補助金増額によって6,740万円減となりますが、小学校10校の耐震補強設計関係が6,270万円、仁多中学校耐震補強設計関係が3,080万円それぞれ増額となっています。


 歳出、総務一般管理費、備品購入費でございます1千万円は、庁用パソコン30台から40台、プリンターは15台程度、サーバーは1台の購入予定で、現在、庁舎全体でのパソコン数は200台、プリンターは40台程度でありまして、順次100%まで更新していく予定です。一概には言えないが、消費電力を比較すると、最近の機種に更新するとパソコンで74.3%ぐらい、プリンターは10%程度の省エネになります。また熱も出るので、エアコンの電気代もかかるので効果はあると考えます。


 また、財産管理費中の備品購入費2,061万円は、低公害車が7台、除雪車、ホイールローダーですが1台を購入するもので、特に町長車は、平成6年に買ったものでサスペンションやエンジンの故障もあり、現在の排ガス規制に合致しないことから順次更新するものです。7台中2台は普通車であとは軽自動車でございます。


 次に、鳥上公民館敷地登記料でございますが、旧鳥上公民館の敷地整理にあたり、調査後、分筆登記をするものです。


 それから企画費の地域新エネルギービジョン策定事業費633万8千円は、奥出雲町の資源としてどれくらいあるかまとめる業務で、電力消費はどれくらいか等をデータ化する業務で、コスト計算(竹林伐採の際の燃料費、人件費等)も全てやる専門的な業務であります。


 情報通信費の伝送路敷設費。情報通信費の伝送路敷設費は工事費で、その3ヶ所は馬木の大峠、横田の樋口、高畦団地の3ヶ所です。


 ICT利活用促進事業費。65歳以上の方へ対象を広げて配布します。秋口にコールセンターが出来る予定で、対象者を広げていけるようになったため追加するも


 のです。福祉面からも必要なところへは財政支援等あれば使っていきたいし、最終的には全戸に入っていければと思いますが、慎重にシミュレーションをして奥出雲町を成功事例にして欲しいと思います。


 災害対策経費。災害対策経費のハザードマップはどんなものかという質問に対して、これは洪水、土砂災害の危険箇所を図面化したものです。


 教育費。今回AEDの設置事業について、昨年度仁多、横田両中学校に設置されました。小学校は1校だけ緊急的に設置済みのため、今回残りの小学校10校分1,137万円と公民館9館に825万円を計上するものです。


 教育振興費。理科教育設備の購入は、理科の授業に使用する備品で、人体模型や発電機、顕微鏡等、各校で必要な物の全校分です。


 小学校の工事請負1億円あまりですが詳しく説明をしてくださいということで、説明は、1つ、主なものは亀嵩小学校の仮設校舎関係です。当初は体育館を使用の予定が、仮設校舎を寿山荘跡地に建設します。2つ目、布勢小の屋内運動場のガラスブロックの撤去。それと、鳥上小学校の外装の塗装、体育館のオートリフター、床面の補修等です。各学校の遊具の撤去。法律上の年3回の点検が必要で危険なものは撤去します。以上で4点でございます。


 亀嵩小学校の仮設校舎は約1億円であります。国、県の優遇措置だったり、木材利用の推進や、地元からの陳情等があってのことだと思うが、結局は有利だからではないのかという質問に対し、木材の方が工事費は高くても支援があれば結局は安くつくのではないかと、色々検討しましたが、有利ではありますが、国の補助率は決まっているので、木材でやれば結局は高くつくことになります。


 次に、文化財保護費でございます。文化財保護費の説明板設置費の優先度は高いかという質問でございますが、説明板は約30ヶ所あって、以前のが古くなって読めなくなったりで更新するものです。優先度は高いと考えます。遺跡地図は町内で30ヶ所近くある遺跡を地図化するものでございます。


 以上、総務文教常任委員会委員長報告といたします。





───────────────────────────────────────────


 別紙:総務文教予算小委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。次に、大垣照子福祉厚生予算小


 委員会委員長。





○議員(11番 大垣 照子議員) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、どうぞ。





 福祉厚生予算小委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(11番 大垣 照子議員) 福祉厚生予算小委員会委員長報告を行ないます。


 第2回奥出雲町議会定例会において、平成21年6月11日付けにて福祉厚生予算小委員会に付託されました一般会計補正予算(第1号)について、6月12日、担当課長はじめ奥出雲病院事務長の出席を得て審査を行ないました。また、16日の午後は、横田保育所、稲原住宅団地、仁多可燃物処理センター、仁多クリーンセンターを担当課長同行のもと調査、視察を行ないました。


 それでは、会議規則77条の規定により審査の結果及び審議状況について報告します。


 議案第97号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について(分割審査)、原案可決。


 当委員会に関連する今回の補正予算額は、民生費の中の社会福祉総務費177万9千円、老人福祉費1,350万円、障害者福祉費491万7千円、児童福祉総務費50万円、児童福祉施設費245万円、母子福祉費212万7千円、保健衛生総務費1,857万3千円、予防費270万円、斎場管理費28万4千円、塵芥処理費1,258万8千円、土木費の中の住宅管理費及び建設費882万3千円です。


 主な審議内容。塵芥処理費1,258万8千円は、可燃物処理センターの焼却炉の改修費ですが、工事については他の事業にも共通して技術的に可能であれば地元業者を優先的に発注を、また、時代の流れに対応するため企業努力も必要ではないかという質問に、業者選定については、往復費用等の削減を考え、技術内容等詳細は調査し出来る限り町内業者にもお願いしますという答弁でした。


 稲原団地は移転改築ですか、土地はどこですか、スペース的にはどうかという質問に、住宅管理、建築費882万3千円は、稲原団地が老朽化したため移転改築のための測量設計監理委託料です。現在地は町の土地ですが、スペース的にも問題があり移転改築します。移転後は、更地での対応を考えています。またこの件に関し、地元木材の利用をとの意見もありました。


 民生費の中で備品購入について不要の物があるのではないか、コスト的に短期間で変動する物もあり精査されたいという意見に、児童福祉施設費の245万円は、横田保育所の屋根の雨漏り修繕で、緊急を要するための予算。また、横田幼稚園と保育所を一元化し町有地への移転話しについては、進んでいません。この件については老朽化も進んでおり、早期移転の指摘もありました。


 老人福祉費の1,350万円はとの質問に、定住センターの模様替え費用で利用目的は、個人やグループなど様々な年代で利用出来るようにするもの。個人、団体使用の取り扱いの違いを検討中で、コンパクトでコストがかからないようにしたいという答弁でした。またこの件については、交流ホールの有効利用をとの意見もありました。


 そして予防費の270万円は、新型インフルエンザ対策として、マスク20万枚を備蓄。パンデミック、世界的大流行時の全町民2週間分で、各地区の拠点施設に備蓄、幼児用は幼稚園や小学校で備蓄し、使用者に買ってもらい、その代金で新たにまた補充するというものです。答弁です。


 高齢者の中には、テレビ電話の使用方法がなかなか理解出来ないという人が多いが、どのような対応をされているのかとの質問に、今後は相互に使用出来る体制を考えますという答弁でした。以上、一般会計補正予算についてご報告をいたします。





───────────────────────────────────────────


 別紙:福祉厚生予算小委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。次に、岩田明人産業建設予算小


 委員会委員長。





○議員(13番 岩田 明人議員) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。岩田委員長。





 産業建設予算小委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(13番 岩田 明人議員) それでは、報告書に基づいて報告をいたします。


 平成21年度、第2回奥出雲町議会定例会、予算特別委員会産業建設小委員会委員長報告をいたします。


 平成21年度、第2回奥出雲町議会定例会において、去る6月11日付けで、予算特別委員会産業建設予算小委員会に付託になった、町長提出の議案第97号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について、審査の結果を会議規則第77条の規定により報告をいたします。


 当委員会の審査は、6月12日と16日の両日、関係課長の出席を得て、慎重に審議を行ないました。その結果について報告をいたします。


 議案第97号、平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について、分割審査。内容審査の状況を報告します。


 このたびの補正予算額は、歳入、歳出それぞれ10億3,084万5千円の追加となり、産業建設常任委員会に付託による歳出額、農林水産費8,137万8千円、土木費1億8,911万6千円、総務管理費の部分公共交通費517万円、また地域振興費、街路灯事業の20年度繰り延べ分の7,150万5千円を含め、3億4,716万9千円となります。但し、所管の違いによりまして、多少の変動があります。


 主なものについての予算及び説明資料に従いまして、再度、説明と内容確認を行ないました。まず公共交通費の517万円は、八川駅屋根の外壁の改修ということで、10分の10の交付金によるものである。また町の物件としてはということで、八代駅、三成駅、亀嵩駅、八川駅、坂根駅、そして横田駅のトイレは町のものである、駅舎はJRのものであると。三井野原は全体がJRのものであるということでございました。


 そして地域振興費、街路灯についてでありますけれども、140基の予定であるということでございました。そして1基の工事費が87万円。そして皆さん方の意見が、カルチャープラザの周りが非常に暗いということで、このたびこれに対する調整の要望がございました。そして電気代の負担は今は定額でありメーターはないと、あとの電気料に関しましては自治会ごとであるということでございました。


 次に農業振興費、一般財源計上減ということで2,028万円は緊急雇用創出確定により減額。内訳は1,978万円減額と50万円の奥出雲ブランド振興事業増分ということでございました。


 次に備品購入費2,128万7千円とプラス70万5千円、占めて2,199万2千円は、亀嵩加工所、三沢加工所、阿井コミュニティーセンターの設備関係であるということでございました。


 次に負担金補助ということで2,500万円。元気回復助成事業、開パイ参入業者の活性化をはかる。5社の皆さんが模索しながらエントリーをするものであるということで、10分の10の予算であるということのようでございました。


 次に農地費600万円。農村公園、遊具点検整備の臨時交付金である。本会議でも説明があったと思いますけれども、10ヶ所の公園の整備ということでございます。


 次に林業振興費2,339万4千円。坂根、舞茸、これは臨時交付金ということでございます。そして外溝修繕、それから無菌室の整備であるという説明でございました。


 次に商工業の3,494万4千円。これは本会議でも説明があったと思いますけれども、第2弾のプレミア商品券、及び伝統産業館、これも10分の10の扱い。


 次に観光費1億15万5千円。鬼の舌震の駐車場設計委託料、工事請負、そして船通山の登山口のトイレ整備等であります、臨時交付金扱いということのようでございました。


 次に土木費、橋梁維持費。臨時交付金によりかなり工事、維持管理が出来るものとすると。


 次に河川費、河川浄化工事。県の割当が増え、当初予算550万円が700万円となった。そして1千万円は急傾斜地崩壊対策事業ということで、亀嵩の山崩れということで1千万円があてられると、こういうことでございます。


 次に教育費、1,160万円。これはサイクリングターミナルのカーペットの張り替え等の再確認をいたしました。


 観光費の船通山登山口谷コースのトイレ計画については、利用者が増加している船通山の状況からして、時機を得たものでありますが、計画は汲み取り方式、設置場所は夏場を中心に利用客の多いワクワクプール。今現在カセットトイレとそのまま使用されていますが、この付近に水洗トイレを設置するよう強い意見が出ました。


 次に牛の増頭対策についてでございますけれども、価格低迷、資材高騰により採算が取れない状況ということで、奥出雲町の基幹産業は、米、牛、野菜、林業であり、さらなる対策を講じる必要があると、強い意見が出ました。担当課で調整するよう要請。


 以上、補正予算説明と確認を終え、16日現地視察を行ない、企業参入各社5社でございますけれども、佐藤工務所、中村工務所、植田工務所、まるみ建設、島根ワイナリー等視察を、そして亀嵩加工所、三沢加工所、阿井コミュニティーセンター加工所と、各所を視察を行ない、そして三成公園も確認させていただきました。視察を行ない、採決の結果、全会一致で原案可決に決しました。


 以上、産業建設小委員会の報告を終わります。よろしくお願いいたします。





───────────────────────────────────────────


 別紙:産業建設予算小委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) ちょっと休憩をいたします。





              午前10時52分休憩


───────────────────────────────────────────


              午前10時53分休憩





○議長(16番 千原 祥道議員) では再開いたします。


 続きまして、大垣照子福祉厚生予算小委員会委員長。





○議員(11番 大垣 照子議員) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、大垣委員長。





 福祉厚生予算小委員会委員長報告


───────────────────────────────────────────





○議員(11番 大垣 照子議員) 福祉厚生予算小委員会委員長報告を行ないます。


 第2回奥出雲町議会定例会において、平成21年6月11日付けにて福祉厚生予算小委員会において付託されました2件の特別会計補正予算第2号について、6月12日担当課長はじめ奥出雲病院事務長の出席を得て審査を行ないました。それでは会議規則77条の規定により審査の結果、及び審議状況について報告いたします。


 議案第98号、平成21年度奥出雲町簡易水道特別会計補正予算(第1号)提出について、原案可決。


 この補正額は、一般会計補正予算第1号、保険衛生総務費からの繰入金2,613万3千円で、補正後の総額を10億1,061万円とするものです。これは、施設整備費で油流出によるフェンスの購入や、簡易的給水袋18Lポリ缶、ポリ袋6L用の購入、現在200備蓄、水道施設管理のシステム化、ステンレス製ポータブル式給水タンク2,000Lの購入、三井野原浄水場、予備施設の景観改善等の費用です。


 主な審議内容は、フェンスは油の種類に関係なく利用出来るのか、また、給水袋の耐久年数と長期保存による劣化したものはないのか、老人用の種類も揃える必要があるのではないかとの質問に、油の種類は何でもよく、給水袋の耐久年数は何回でも使用可能とされていますが調査します。阪神大震災時には6Lが利用され、背負うことも可能で、県下での採用は6Lが多いようですとの答弁でした。


 また、システム構築の業務委託料1,890万円は、この金額で全町賄えるのか、今までこういうものはなかったのかという質問に、これまではなく、竣工図と現地の照合確認作業に手間がかかるが、可能な限り町で調査し業者委託します。当課の試算ではこの程度と考えます。これは、水道施設タンクの状態等が把握できる


 システムで、漏水発生時に影響がどこに及ぶかなどを示すことが可能なものを


 考えていますとの答弁でした。


 議案第99号、平成21年度奥出雲町公共下水道特別会計補正予算(第1号)提出について、原案可決。


 この補正額は、一般会計補正予算第1号、保健衛生総務費からの繰入金2,353万円で、補正後の総額を3億6,674万3千円とするものです。この補正予算案は、議案第98号と同様に、下水道施設管理のシステム化を行なうためのものです。 以上、福祉厚生委員会予算小委員会からのご報告といたします。





───────────────────────────────────────────


 別紙:福祉厚生予算小委員会委員長報告書





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で、予算委員長、並びにそれぞれの小委員会委員長からの報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 なお、質問事項により、各小委員会委員長からの答弁といたします。


 最初に、日程第5、議案第97号一般会計補正予算についての質疑を行ないます。ございませんか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、吾郷議員。





○議員(10番 吾郷 益已議員) 総務委員長にお尋ねをしたいと思いますが、教育費関係になりますけれども、最近全国で遊具の事故が発生しておりまして、子どもが随分被害にあったというようなお話を聞いておりますけれども、当町の幼稚園、保育園、また公園とか、そうしたところにある遊具の点検について、何か議論があったのかどうなのか、お尋ねいたします。





○議長(16番 千原 祥道議員) ちょっと休憩をいたします。





              午前10時58分休憩


───────────────────────────────────────────


              午前11時00分休憩





○議長(16番 千原 祥道議員) では再開いたします。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。松?委員長。





○議員(9番 松? 正芳議員) ご質問の遊具につきましては、小学校、幼稚園の遊具、年3回の点検を行なっております。業者委託で3回やっているということでございます。それで点検で不具合が見つかれば修繕か、もう使えないものは撤去するということでございます。以上でございます。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、次参ります。日程第6、議案第98号、簡易水道事業特別会計補正予算についての質疑を行ないます。


 ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。次、日程第7、議案第99号、公共下水道事業特別会計補正予算についての質疑を行ないます。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 これより討論を行ないます。


 最初に、日程第5「議案第97号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





○議長(16番 千原 祥道議員) ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第6「議案第98号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」の討論を行ないます。


 反対の方の発言を許します。





○議長(16番 千原 祥道議員) ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第7「議案第99号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」の討論を行ないます。


 最初に反対の方の発言を許します。ございませんか。





            〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 これより、採決を行ないます。


 最初に、日程第5「議案第97号 平成21年度奥出雲町一般会計補正予算(第1号)提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第6「議案第98号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第7「議案第99号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





────────────────────────────────────────────





◎日程第8 議案第103号 奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体工事)請負契約締結について





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第8「議案第103号 奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体工事)請負契約締結について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) はい。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) 上程いただきました議案第103号につきまして、議案を朗読し、説明いたします。





 提案理由の説明


───────────────────────────────────────────


 議案第103号


  奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体工事)請負契約締結について


───────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の議案に対する質疑を行ないます。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、内田議員。





○議員(3番 内田 精彦議員) この契約のことについてお聞きしますが、今指名業者7社、入札率86.7%と説明がございました。何回目で落札したのか教えていただきたいと思います。


 それから、この福間工務店さんが受けられたわけですが、前回も確か福間工務店さんの、町営住宅建替え工事ではなかったかと思いますが、現在の福間工務店さんの受注高が分かりましたら教えていただきたいというふうに思います。


 それからこの建物は大きな、特別工法、工法の特別なものはないのか伺いたいと思います。木造建築ということだったと思いますが、この木造につきまして、地元産の材料を使う指示等がしてあるのか伺います。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えいたします。


 まず1つ目、何回目かということですが、1回目でございました。


 それから受注高につきましては、私の方では把握しておりません。


 3番目の特別な工法でございますけれども、梁とか重要なところについては集成材を利用して、それ以外の内壁、外壁等については、地元の杉材を利用するというように指定しております。なるべく地元の木材を利用するように、仕様書の中にも入れております。以上でございます。





○議長(16番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、福本議員。





○議員(15番 福本 修議員) 今度土地を1m50下げるということですが、周りが田んぼだと思います。結局、排水問題、そしてまた今度本校舎を建てる時も土地を下げられるわけですか。そこらあたりの問題はどうなりますか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えいたします。


 校舎につきましても1.5m低くしましてグラウンドと同じ高さにいたします。それから駐車場の場所につきましても、同じくグラウンドと同じ高さにします。


 排水等の問題につきましては、開発協議の中でも重要なテーマでございますので、田んぼ等の排水、それから工作物等については事前に全て協議をさせていただいております。以上でございます。





○議長(16番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、藤原友征議員。





○議員(4番 藤原 友征議員) 地元産木材というのは奥出雲町内なのか、それとも島根県なのか、そこらあたりの地元産という定義をお伺いいたします。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えいたします。


 地元産につきましては、先ほど申し上げました外壁、内壁等については町内産で出来るものは町内産でさせていただいて、それ以外については県内産というふうに考えております。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、塔村議員。





○議員(1番 塔村 俊介議員) 1点だけ確認させていただければと思います。


 今回体育館の関係の建築工事、そして今回補正で仮設校舎の建替えの予算をあげられておると思うのですが、この建築工事、その他の電気工事、あるいは第2期の建築工事、移転工事、今回の亀嵩小学校の改築の総予算、どのくらいを見込んでおられるのか教えていただければと思います。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えいたします。


 総予算につきましては、今後予定されております校舎等につきましては、まだ設計の額を積み上げておりません。ただし木造につきましては約2割高ぐらいになりますので、最終的に金額がどうなるのかというのは今現在のところお答えすることが出来ません。今年度につきましては、いま出しております金額と、それから仮設校舎の金額の総トータルでございます。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、吾郷議員。





○議員(10番 吾郷 益已議員) 設計図面が出ておりますけれども、将来の亀嵩小学校の生徒数の推計からしますと、本当にこのスペースが必要かどうかということで、この前私が質問したことがありましたが、その時にそういうことになれば、少なくなれば、やっぱり別な部分で使えるような多目的な設計をしていくという答弁があったというふうに思っておりますが、どこの部分がどういうふうに、そういうふうな思いがこの図面の中に込められているのか、お尋ねをいたします。








             〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えします。


 子どもさんの人数が少なくなった場合ということでございますけれども、体育館については、そういったことにつきましては具体的に詰める必要もございませんので、現在の人数の中で利用出来るかと。次、来年度以降出させていただきます校舎等については、それぞれ多目的スペース等を考えながら、そういった今後のことについても考慮したスペースをというように考えております。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、103号に対する質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 日程第8、「議案第103号 奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体工事)請負契約締結について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ないようですので、本案に対する討論を終わります。


 採決を行ないます。


 日程第8「議案第103号 奥出雲町立亀嵩小学校改築第?期工事(建築主体工事)請負契約締結について」、採決を行ないます。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。


────────────────────────────────────────────





◎日程第9 発議第10号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書(案)提出について





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第9「発議第10号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書(案)提出について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。11番、大垣照子議員。








○議員(11番 大垣 照子議員) 議長。





○議長(16番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(11番 大垣 照子議員) 発議第10号、肝炎対策のための基本法の


 制定を求める意見書(案)提出について。





 提案理由の説明


───────────────────────────────────────────


 発議第10号


  肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書(案)提出について


───────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の議案に対する質疑を行ないます。


 質疑はございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 ただ今の発議第10号についての討論はございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、討論を終わります。


 採決を行ないます。


 日程第9「発議第10号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書(案)提出について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                〔挙手全員〕





○議長(16番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。


 なお、案については削除いたします。


────────────────────────────────────────────





◎日程第10 選挙第1号 奥出雲町選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について





○議長(16番 千原 祥道議員) 次、日程第10「選挙第1号 奥出雲町選挙管理委員会委員及び同補充員の選挙について」を議題といたします。


 選挙を行ないます。


 本案につきましては、地方自治法第182条第1項及び第2項の規定によりまして、奥出雲町選挙管理委員会委員及び同補充員を4名選挙するものです。


 お諮りをいたします。


 選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項により、指名推薦にいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって、選挙の方法は、指名推薦で行なうことに決しました。





○議長(16番 千原 祥道議員) お諮りをいたします。


 被選挙人の指名の方法については、議長において指名することにいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって、議長において指名することに決しました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 奥出雲町選挙管理委員会委員に、奥出雲町三沢243番地4、糸原健二さん。奥出雲町竹崎91番地、長澤嘉昭さん。奥出雲町亀嵩2,089番地、重栖保久さん。奥出雲町下横田1,004番地2、植田生夫さん。以上の4名の方を指名いたします。


 ただ今、議長において指名いたしました4名の方を、奥出雲町選挙管理委員会委員の当選人と定めることにご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって、ただ今指名をいたしました糸原健二さん、長澤嘉昭さん、重栖保久さん、植田生夫さんが、奥出雲町選挙管理委員会委員に当選されました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、奥出雲町選挙管理委員会委員補充員には、奥出雲町下阿井240番地、長谷川庸雄さん。奥出雲町大馬木1,967番地2、戸屋暎子さん。奥出雲町八代738番地、石原重則さん。奥出雲町高尾198番地、藤原保雄さん、以上の4名の方を指名いたします。


 ただ今、議長において指名いたしました4名の方を、奥出雲町選挙管理委員


 会補充員の当選人と定めることにご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 従いまして、ただ今指名をいたしました方を、奥出雲町選挙管理委員会補充員の当選人と決定いたしました。





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、補充員の順序についてお諮りをいたします。


 補充員の順序は、ただ今議長が指名いたしました順序にいたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 従いまして、補充員の順序は、ただ今議長が指名をいたしました順序に決定いたしました。


 第1順位、長谷川庸雄さん。第2順位、戸屋暎子さん。第3順位、石原重則さん。第4順位、藤原保雄さん。以上の方が、順位のとおり、奥出雲町選挙管理委員会補充員に当選をされました。


────────────────────────────────────────────





◎日程第11 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について





○議長(16番 千原 祥道議員) 次に、日程第11「閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について」を議題といたします。


 お諮りをいたします。


 会議規則第75条の規定により、お手元に配布いたしました申出書のとおり閉会中の継続審査及び継続調査の申し出があっております。


 申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに、ご異議ございませんか。





            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(16番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに決しました。





───────────────────────────────────────────





○議長(16番 千原 祥道議員) 以上で、本定例会に付議されました議案の審議は、全て終了いたしました。


 これにて、平成21年第2回奥出雲町議会定例会を閉会といたします。


 ご苦労様でした。





            午前11時32分閉会


────────────────────────────────────────────





┌──────────────────────────────────────────────┐


│                                              │


│ 会議の経過を記載してその相違ないことを証するため、ここに署名する。            │


│                                              │


│   平成   年   月   日                             │


│                                              │


│議  長                                          │


│                                              │


│                                              │


│署名議員                                          │


│                                              │


│                                              │


│署名議員                                          │


│                                              │


└──────────────────────────────────────────────┘