議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 奥出雲町

平成21年第1回定例会(第4日 3月19日)




平成21年第1回定例会(第4日 3月19日)





────────────────────────────────────────────


 第1回奥出雲町議会定例会会議録(第4日)


 平成21年3月19日(木曜日)


────────────────────────────────────────────


議事日程・本日の会議に付した事件


                        平成21年3月19日 午前9時30分開会


 
────────────────────────────────────────────





 日程第1   都市計画推進特別委員会委員長報告について


 日程第2   議案第12号   奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例


                 の一部を改正する条例制定について


 日程第3   議案第15号   奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する


                 条例制定について


 日程第4   議案第37号   辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更につい


                 て


 日程第5   議案第38号   奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について


 日程第6   議案第16号   奥出雲町男女共同参画推進条例制定について


 日程第7   議案第17号   奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定


                 について


 日程第8   議案第18号   奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する


                 条例制定について


 日程第9   議案第19号   奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正


                 する条例制定について


 日程第10  議案第20号   奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関す


                 る条例の一部を改正する条例制定について


 日程第11  議案第21号   奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の


                 一部を改正する条例制定について


 日程第12  議案第22号   奥出雲町林業振興施設の設置及び管理に関する条例


                 の一部を改正する条例制定について


 日程第13  議案第23号   奥出雲町食と農の町民条例制定について


 日程第14  議案第24号   奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関す


                 る条例制定について


 日程第15  陳情第13号   商工業振興事業に係る補助金要望書


         (平成20年)


 日程第16  議案第39号   平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について


 日程第17  議案第40号   平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予


                 算提出について


 日程第18  議案第41号   平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別


                 会計予算提出について


 日程第19  議案第42号   平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提


                 出について


 日程第20  議案第43号   平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会


                 計予算提出について


 日程第21  議案第44号   平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予


                 算提出について


 日程第22  議案第45号   平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特


                 別会計予算提出について


 日程第23  議案第46号   平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提


                 出について


 日程第24  議案第47号   平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算


                 提出について


 日程第25  議案第48号   平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予


                 算提出について


 日程第26  議案第49号   平成21年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計


                 予算提出について


 日程第27  議案第50号   平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提


                 出について


 日程第28  議案第51号   平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特


                 別会計予算提出について


 日程第29  議案第52号   平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予


                 算提出について


 日程第30  議案第53号   平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算


                 提出について


 日程第31  議案第54号   奥出雲町職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び


                 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する


                 条例制定について


 日程第32  議案第55号   奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例


                 の一部を改正する条例制定について


 日程第33  議案第56号   奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部


                 を改正する条例制定について


 日程第34  議案第57号   奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他


                 の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定


                 について


 日程第35  議案第58号   奥出雲町職員の給与の特例に関する条例の一部を改


                 正する条例制定について


 日程第36  議案第59号   奥出雲町移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関す


                 る条例の一部を改正する条例制定について


 日程第37  議案第60号   町立奥出雲病院事業の設置等に関する条例の一部を


                 改正する条例制定について


 日程第38  議案第61号   平成20年度奥出雲町一般会計補正予算(第9号)


                 提出について


 日程第39  議案第62号   平成20年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特


                 別会計補正予算(第1号)提出について


 日程第40  議案第63号   公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第一


                 集会所)


 日程第41  議案第64号   公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第二


                 集会所)


 日程第42  議案第65号   公の施設の指定管理者の指定について(上三所西部


                 集会所)


 日程第43  議案第66号   公の施設の指定管理者の指定について(下三所集会


                 所)


 日程第44  議案第67号   公の施設の指定管理者の指定について(宮の町集会


 所)


 日程第45  議案第68号   公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集


                 会所)


 日程第46  議案第69号   公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集


                 会所)


 日程第47  議案第70号   公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集


                 会所)


 日程第48  議案第71号   公の施設の指定管理者の指定について(布勢高齢者


                 センター)


 日程第49  議案第72号   公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイク


                 リングターミナル)


 日程第50  議案第73号   公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふ


                 るさと交流センター)


 日程第51  議案第74号   公の施設の指定管理者の指定について(亀嵩総合交


                 流促進施設)


 日程第52  議案第75号   公の施設の指定管理者の指定について(玉峰交流施


                 設)


 日程第53  議案第76号   公の施設の指定管理者の指定について(地域資源活


                 用総合交流促進施設)


 日程第54  議案第77号   公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲おろ


                 ちループ道の駅施設)


 日程第55  議案第78号   公の施設の指定管理者の指定について(農林漁業体


                 験実習施設)


 日程第56  議案第79号   公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グ


                 ラウンド・ゴルフ運動場)


 日程第57  議案第80号   公の施設の指定管理者の指定について(だんだん市


                 場)


 日程第58  議案第81号   公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農


                 産物処理加工施設)


 日程第59  議案第82号   公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性


                 化施設)


 日程第60  議案第83号   公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林


                 総合利用施設)


 日程第61  議案第84号   町道佐白北原線2号橋梁下部工工事請負変更契約締


                 結について


 日程第62  議案第85号   町道佐白北原線道路改良工事請負変更契約締結につ


                 いて


 日程第63  議案第86号   町道佐白北原線道路改良工事第2期請負変更契約締


                 結について


 日程第64  議案第87号   町道佐白北原線2号橋梁上部工(床版)工事請負契


                 約締結について


 日程第65  議案第88号   奥出雲町立横田中学校屋内運動場大規模改修・耐震


                 補強工事(建築主体工事)請負契約締結について


 日程第66  議案第89号   平成20年度地域住宅交付金事業奥出雲町滝の上第


                 一団地第2期建替工事(建築主体工事)請負変更契


                 約締結について


 日程第67  発議第2号    奥出雲町議会議員の議員報酬及び費用弁償支給条例


                 の一部を改正する条例制定について


 日程第68  発議第3号    奥出雲町監査委員条例の一部を改正する条例制定に


                 ついて


 日程第69  閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について


────────────────────────────────────────────


〇出席議員  (21名)





    1番  山 根 里 美     2番  藤 原 友 征


    3番  藤 原 充 博     4番  村 尾 明 利


    5番  大 垣 照 子     6番  若 月 忠 男


    7番  高 橋 正 知     8番  景 山 孝 志


    9番  小早川 正 彰    10番  内 田 正 男


   11番  岩 田 明 人        欠   番


   13番  松 ? 正 芳    14番  吾 郷 益 已


   15番  渡 部 雅 男    16番  三 成 輝 夫


   17番  若 月 康 男    18番  目 黒  聰


   19番  福 本  修     20番  松 ? 幸 二


   21番  藤 原 ? 夫    22番  千 原 祥 道





────────────────────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


────────────────────────────────────────────


                 欠  員(なし)


────────────────────────────────────────────


〇説明のため出席した者の職氏名





   町 長    岩 田 一 郎   副町長    和 泉 一 朗


   教育長    若 槻 愼 二   総務課長   佐佐木 幸 雄


   企画財政課長 小 倉 義 幸   病院事務長  横 田 和 男


   情報政策課長 坂 平  海    農林土木課長 石 原 敬 士


   町民課長   植 田 一 教   健康福祉課長 尾 方  豊


   農業振興課長 糸 原  敬    教育課長   川 本 健 二


   企業経営課長 野 原 万寿老   水道課長   稲 垣 和 利


   地域振興課長 堀 江 嗣 之   出納課長   藤 原  努


   税務課長   吉 川 孝 司   建設課長   松 島 昭 雄





〇事務局出席職員職氏名





   局  長   山 根 道 人   書  記   渡 部 恵 子


────────────────────────────────────────────


  午前9時30分開議


○議長(22番 千原 祥道議員) そういたしますと、ただ今の出席議員数は21名であります。


 定足数に達しておりますので、ただちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配布したとおりであります。


────────────────────────────────────────────





◎日程第1 都市計画推進特別委員会委員長報告について





○議長(22番 千原 祥道議員) これより日程に入ります。


 日程第1「都市計画推進特別委員会委員長報告について」を議題といたします。


 都市計画推進特別委員会委員長より報告の申し出がありましたので、これを許可することにご異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって報告を許可します。三成輝夫特別委員会委員長。





○議員(16番 三成 輝夫議員) はい。議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、三成委員長。





 都市計画推進特別委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(16番 三成 輝夫議員) それでは、都市計画推進特別委員会の委員長報告を行ないます。


 平成17年6月定例議会において、都市計画推進特別委員会が設置され、閉会中の継続審査案件として都市計画事業推進等に関する視察及び調査、そして審査が付託になりましたので、今期4年が経過し、最後の議会でありますので、会議規則第77条の規定により審査の状況について報告いたします。


 当特別委員会の審議は、この4年間に審査及び調査を5回開催し、そして平成18年7月6日には、山口県柳井市、駅前門の前線街路事業を視察研修をいたしました。そこでこの4年間をまとめ、審査状況を報告いたします。


 横田中心市街地、大市地区の都市計画関係資料を調査してみますと、昭和48年に都市公園計画に始まり、昭和53年大市中心市街地を通る横田多里線を中心にした幹線道路を、都市計画法により便利で安全、快適な住環境を目指して基本計画が立案されました。


 そして、平成元年、横田多里線沿線関係住民約100名で構成する都市計画推進協議会が結成され、自分たちが住む町は自分たちの力でお互いに協力して、まちづくり活動を推進していくことが確認されました。この間、先進地視察、あるいは町民フォーラム、学習会、講演会等を開催し、啓蒙普及活動に力が入れられ、次第に事業実施への気運が高まり、平成3年島根県において横田多里線街路事業が採択されました。


 この事業のコンセプトは、公共公益施設を集約したシビックゾーン、閑静な住みやすい住宅ゾーン、そして商業集積を図り賑わいのある商業ゾーン、さらに国道314号沿線を新都市ゾーンに設定し、それぞれ特徴のあるまちづくりが動き出しました。


 まず西工区は、国道314号入り口から横田駅前広場まで350mを20億7,400万円、そして国道314号取り付け工事200mを6億4,900万円、東工区200mを11億5,700万円、そしてただ今工事が進んでおります第3工区260mを13億円、合計51億7,900万円の巨額を投じて、間もなく平成23年の春には完成の予定でございます。


 この間、家屋の移転店居宅として、国道314号沿線に農業基盤整備事業を導入し、7haの圃場整備事業により、この内2haを非農用地の認定を受けて国道沿いに出店を計画していた横田蔵市ショッピングセンターを誘導し、さらに横田多里線街路の家屋移転先として重国住宅団地を造成し、約24戸の新しい集落づくりが進められてきたのであります。


 この新都心構想により、国道314号沿線は見違えるように賑わいと都市的商業機能が高まり、ジュンテンドーの出店、あるいは蔵市、ガソリンスタンド、コンビニエンスストアー等、奥出雲町の玄関口として民間活力が発展して来たのでございます。また、大市市街地においては、旧ショッピングセンター跡地には合銀横田支店を誘致し、市街地の地盤沈下を防ぐと共に、商業集積により再び賑やかな商店街の再生を進める予定でありました。


 しかし中途、横田伯南線交差点改良事業が中止となり、商業集積が宙に浮き、心配されていましたが、合併後、奥出雲町へ地元関係者はもとより、我々特別委員会においても商業集積に留まらず、伯南線交差点は変則行き違い交差点であり、交通事故が多発してもおりますし、また事業再開を展望してきたところであります。


 幸い町執行部のご努力と、県当局の理解により、再び交差点改良事業の見通しが立ち、交通事故の減少と商業集積が進み、合銀横田支店、Aコープ、あるいはコンビニエンスストアポプラ等、相乗効果により賑やかな町並みが再現きると期待されます。


 しかしただ今、第3工区の工事が施工中でありますが、島根県の財政事情は急速に悪化して、大幅な公共事業費の削減により、電線の地中化はもとより、植栽、街路灯等の見直しにより中止、または規模が縮小されるのではないかと心配されます。都市計画事業は都市計画決定されており、同一路線、同一整備が原則であり、そのことによって風格のある町並み景観が生まれるのであります。


 視察した柳井市も、街路施行区間にあっては様々な障害があったようでありますが、当初通り事業が進められ、歴史町並み街道に相応しい景観を保ち、柳井市の中心賑わい街路となっております。


 都市計画は、まさに100年の大計でございます。町並み景観は後世に残されます。引き続き、同一規格の整備が進みますよう要望を申し上げ、この4年間の審査の状況の報告とさせていただきます。





────────────────────────────────────────────


 別紙:都市計画推進特別委員会委員長報告書





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、日程第1、都市計画推進特別委員


  会委員長報告を終わります。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第2  議案第12号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について


  日程第3  議案第15号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第4  議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について


  日程第5  議案第38号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第2「議案第12号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」、日程第3「議案第15号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第4「議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について」、日程第5「議案第38号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について」、以上の4議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月2日の本会議におきまして、総務文教常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査結果につき、会議規則第77条の規定によりまして、この際一括して委員長から報告を求めます。岩田明人総務文教常任委員長。





○議員(11番 岩田 明人議員) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、岩田委員長。





 総務文教常任委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(11番 岩田 明人議員) それでは、総務文教常任委員会の報告をいたします。報告書を朗読し、報告します。


 平成21年第1回奥出雲町議会定例会において、去る3月2日、当総務文教常任委員会に付託になりました町長提出4議案について、会議規則第77条の規定により報告をいたします。


 当委員会の審査は、3月4日、5日の2日間にわたり、若槻教育長、関係課長の出席を得て、慎重に審議を行ないました。


 議案第12号、奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について。近隣町村との比較による報酬改定及び農業委員会の会長職務代理項目を加える条例改正であり、全会一致で原案可決に決しました。


 議案第15号、奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について。横浜市と人事交流を行なうことに伴い、町条例に地域手当の一部を改正する条例制定であり、全会一致で原案可決に決しました。


 議案第37号、辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について。当該地域に存在する自然公園においてバリアフリー歩道及び吊橋の設置を実施し、観光の振興を進めるため、辺地に係る総合整備計画の財政上の特別措置に関する法律の規定により計画変更、地域活性化債を辺地債に変更するものであり、賛成多数で原案可決に決しました。


 議案第38号、奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について。事業計画の変更、町事業主体を島根県に変更する規定であり、全会一致で原案を可決いたしました。


 以上、総務文教常任委員会に付託になりました議案審議の結果について報告と  いたします。よろしくお願いします。


────────────────────────────────────────────


 別紙:総務文教常任委員会委員長報告書





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で委員長報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 最初に、日程第2、議案第12号について行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、日程第3、議案第15号について行ないます。








              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、日程第4、議案第37号について行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 1番。


辺地に係る公共施設の総合整備についての案件ですが、周辺道路整備に2億1,500万円。自然公園の周辺道路整備に2億1,500万円。バリアフリーの遊歩道や吊橋の建設で2億4千万円が盛り込まれております観光資源活用施設について、賛成多数でということでしたが、ここの中で本当にこういう施設が必要なのかという論議があったと思います。どういう論議がされたのか伺います。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。岩田委員長。





○議員(11番 岩田 明人議員) はい。


 37号についての、辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更についての質疑としましてでございますが、辺地計画の変更は観光資源活用施設が新たに加わるということで、その他はこれまで同様ですかという質問がありまして、そうでございますと。


 それから北川さんと、山根さんの土地についてどこからどこまで購入したのかというもう一度説明をということで、執行部から北側が全て山根さん、そして橋の少しかしら側が北川さんと。それから絲原さんはどこですかということで、右側というふうな話し。それから今回購入予定額820万円の辺地債でどういうことですかというような質問に対しまして、今まで購入したものは辺地債になる予定ですというようなお話でございまして、今おっしゃったようなお話は入っておりません。以上のような状況です。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) はい。


 すいません。今数字のちょっと言い間違いがあったと思います。山林購入費が8,270万円のところ、820万と言われたんじゃないでしょうか。





○議長(22番 千原 祥道議員) 委員長の答弁ですか。





○議員(5番 大垣 照子議員) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) じゃ、委員長さん。





○議員(11番 岩田 明人議員) 購入予定は8,200万円は辺地債ということでございます。





○議員(5番 大垣 照子議員) 8,270万円です。





○議長(22番 千原 祥道議員) ちょっと休憩をいたします。





                 午前9時49分休憩


────────────────────────────────────────────


                 午前9時50分再開





○議長(22番 千原 祥道議員) 再開をいたします。どうぞ。





○議員(11番 岩田 明人議員) 失礼をいたしました。8,200万円と申しましたが、8,267万円ということでございますので訂正の方ひとつお願いいたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他に質疑はございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、議案の37号を終わります。


 次、日程第5、議案第38号についての質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、委員長報告に対する質疑を終わります。


 これより討論を行ないます。


 日程第2「議案第12号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第3「議案第15号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第4「議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 議案第37号、辺地に係る公共的施設の総合整備計画について、反対の討論を行ないます。


 ここで示されております吊橋は必要な公共施設でしょうか。財政が厳しい時、一般財源でバリアフリー遊歩道、吊橋、周辺道路整備に9億7千万円かけて整備することは、町財政がもっと厳しくなり、町民負担が大きくなることは町民も喜びません。


 厳しい雇用情勢の中で安定した雇用と失業者の救済、社会保障の充実など、計画の方向性を変えるべきです。以上のことから、この辺地計画について反対をするものです。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、小早川議員。





○議員(9番 小早川 正彰議員) 私は議案第37号について賛成の立場で討論を行ないます。


 この案件は、名勝天然記念物である鬼の舌震を辺地計画に追加して、総合的な整備を行なうものであります。鬼の舌震は奥出雲町にとって最もメジャーな観光地で、貴重な自然公園であるということを、まず申し上げておきます。


 皆さんご存知のように、現在鬼の舌震は3年前の豪雪や強風によって区域内には倒木が多く、ワイヤーによって落下を防止しておりますが、根が腐る時期となって非常に危険な状態でもあります。


 また活気を呈していた頃の茶屋や休憩所もほとんど倒壊し、赤茶けたトタンの無残な情景で、中流部の一番見所の河川敷内には土砂が堆積し、竹や笹、そして木も大きくなって、空き缶やビニールなどのゴミも散見されるところであります。


 このように荒れた自然公園を、良好な状態で維持管理するために、平成19年9月、鬼の舌震保存管理計画策定委員会が設置になり、文化庁並びに島根県の自然環境課、あるいは文化財課から専門家に委員会のアドバイザーとして参画いただいて、現在総合整備計画策定に取り組んでいただいているところであります。この目的は、新たに開発するのではなく、目的は自然公園としての保存管理計画の策定であります。


 今日自然の大切さが大きく見直され、全国津々浦々、自然志向の時代となりました。私事になりますが、私も国の自然公園指導員になって30年を超えました。そうした立場上、近傍の自然公園には普通の方よりは多く足を運び、現地をよく承知をしていると思っております。時間があればどこか自然の中にいるというような状態であります。


 現在の無残な状態の鬼の舌震に対してどのような保存管理計画が策定されるのか、舌震の自然公園の良さと観光資源としての価値を認めるものにとっては発表が待ち遠しいものであります。


 現在、吊橋のことだけが大きく取り上げられて物議を醸していることは私も承知をしておりますが、あくまでも舌震の昔のきれいな景観を取り戻し、高齢者も自然豊かな清流や緑豊かな山林のまだ所々にある照葉樹、小馬木八幡宮の照葉樹はかなり有名でございますが、舌震の照葉樹もこのような意味から長く保存していかなければならない貴重なものと私は思います。その木が倒木や枝折れをして、しかも撤去がままならない状態であることを皆さんご存知でしょうか。このたび辺地計画に追加する計画内容は、専門家のアドバイスもいただいての方向性のもとで、事業規模9億7千万円を上限とする見積のもとで、年次計画で整備をするものであります。その概要は、山林取得に1億8千万円。元の良好な状態に復元する周景整備や休憩所、トイレの設置に7,500万円。新設の橋と約600mのバリアフリー歩道に4億4千万円。道路整備事業として姫子松線と穴ヶ峠林道の整備に2億1,500万円であります。


 また土地の公有地化は必要なことであると私は思います。ご存知の方もあると思いますが、国定公園吾妻山の登山道付近の山林の所有者は、大阪に本部があるといわれる自然保護団体の東京山水であると言われております。株主が500人ともあるいは600人ともいわれ、奥出雲町はその株主の1人に過ぎません。最終一の渡の駐車場付近は狭く、最初に奥に駐車した車が出られずに困ったというトラブルが時々起きます。こうしたことについても整備がままならない状態であります。問題が起きた時にどうにもならない混乱性をはらんでおりますので、未然に防止する手立てを講じることが必要と思います。


 土地に関する問題は、長い間に必ず起きるものと思わなければなりません。しかもこの登山道は、県道玉湯吾妻山線の入り口から約2.5kmで行き止まりとなっております。地元の者としては、町道五ノ畑線との振替えによる道路整備を要望しているところでもあります。あわせて県境域の10万人の登山客を当町に足を向けてもらい観光客増大の期待をもっているところでもあります。


 鬼の舌震の管理団体としての奥出雲町が、将来にわたって区域内を責任を持って大切な自然を保全していくための総合整備計画であり、高さや長さを競うために吊橋を作るものではないと私は思います。吊橋は対岸への水平移動のための最短の場所に計画してあります。この事業は、最も有利な辺地債を財源とするもので、100%の事業参入、80%は国からの交付税措置のある有利な起債事業でもあります。私はこの場合、最も有利な起債というよりは、この際、国が80%補助する事業と位置付けた方が町民の方の理解が早いと思います。当町の場合、過疎債や辺地債等、起債事業は国や県との事前協議の上、許可があったものであり、当町が独自に起債事業として決めることは出来ないものであります。


 また従前は、観光地の開発は非常に階段状のものが多くありましたが、高齢化が進行した現在は、高齢者や身体に障害を持つ方にやさしいスロープがその大勢を占めております。舌震の宇根からの進入路は入り口が急な階段状となっており、観光客から難儀な坂で困るという苦情は私も聞いております。高齢の方や、身体に障害を有する方の侵入を拒み続け、公園の入り口で豊かな自然に接する機会を拒んでいるという何とも情けない現状であります。公園の管理団体としての奥出雲町は、このような苦情に対しては解消を図る対策が求められるものであります。


 これが将来計画では、入り口から対岸の玉日女神社の上に長さ160m、水面からの高さ約60mの吊橋を新設することによって水平移動が可能となり、そこから新たなバリアフリーの歩道によって雨川側の入り口付近までに楽に歩くことが出来、奇岩、奇石の形成が一望出来る新たなか観光スポットになることは間違いありません。


 また姫子松線や穴ヶ峠林道、林道雨川から進入路も整備されることになり、県道玉湯吾妻山線から対岸の雨川への移動が出来るようになり、自然に恵まれた新たな自然散策コースや、サイクリングコースが可能となり、常設のパーマネントコースの設置も考えられるところであります。


 また鬼の舌震は奥出雲町の中心部に位置し、町内各観光地へのアクセスは非常に恵まれております。また山陽側と山陰側の中間地点に位置しての有利性を発揮出来れば、観光客増大の起爆剤ともなります。観光の振興は経済効果も大きいものがありますが、まず何よりも外部から来てもらわなければなりません。このたびの整備計画は、投資額を上回る経済効果が期待出来るものであります。したがいまして本案に賛成するものであります。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 反対討論。議案第37号、辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について、私は、次の理由によりこの議案に反対します。


 今回、観光振興を進めるとして、新たに鬼の舌震に吊り橋と新設遊歩道のバリアフリー化が、この辺地計画に追加をされました。


 この総事業費は、9億7千万円とされ、辺地債の利用を可能にしようとするものです。また、吊り橋さえ造れば多くの観光客が来るとされていますが、入園料などを設定する考えもないようであり、観光客は無料で景観の観賞が出来て良いかもしれませんが、そうであるならばかかった借金の原資をどこに求めようとされているのかも不明です。したがって、この借金返済は正味、住民負担となりますが、住民生活はそういうゆとりのある状況下にはありません。


 このような大型公共事業を行なう場合は、昨日の一般質問でも大分県の九重町の大吊橋の例を申し上げましたが、しっかりした計画を立て、そこに住民の意見を充分に尊重し、ボトムアップをしたものを組み込み、住民が一丸となって推進するものでなければ成功しないものと考えます。


 九重町は、町村合併を選択しないという住民の意思を確認した上で、日本一なるものを目指し、住民合意という地方自治にとってかけがえのない財産を手にし、また綿密な収支見通しを立てた上で天空の散歩道、九重夢大吊橋が実現したものです。宮崎県綾町の照葉大橋もしかりです。


 しかしこれらの実現までの道のりは、波乱万丈であったといわれています。このように住民の皆さんの意見を充分に取り入れ、その意思が反映されるものでなければ、住民が誇りに思うものにはなりません。またこのような計画には、誘客対策や連動できる施策が重要であり、こういうことへの方向性が全く見えません。その上にここを管理する文化庁の結論も出されてなく、多くの住民の皆さんも鬼の舌震の山林取得や吊橋構想等に反対されています。したがってこの辺地計画の追加は、現状では鬼の舌震の約46町歩を8,200万円で山林を取得するというのが目的のようにしか思えず、よってこの議案に反対をいたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に、本案に賛成の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第5「議案第38号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 これより、ただ今の4議案に対する採決を行ないす。


 最初に、日程第2「議案第12号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第3「議案第15号 奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第4「議案第37号 辺地に係る公共的施設の総合整備計画の変更について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





                  〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第5「議案第38号 奥出雲町過疎地域自立促進計画の一部変更について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第6 議案第16号 奥出雲町男女共同参画推進条例制定について


  日程第7 議案第17号 奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について


  日程第8 議案第18号 奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について


  日程第9 議案第19号 奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例制定について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第6「議案第16号 奥出雲町男女共同参画推進条例制定について」、日程第7「議案第17号 奥出雲町営住宅 管理条例の一部を改正する条例制定について」、日程第8「議案第18号 奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について」、日程第9「議案第19号 奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例制定について」、以上の4議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際、一括して議題といたします。


 本案につきましては、去る3月2日の本会議におきまして、福祉厚生常任委員会へ付託をいたしております。


 その審査の結果につき、会議規則第77条の規定によりまして、この際一括して委員長から報告を求めます。


 三成輝夫福祉厚生常任委員長。





○議員(16番 三成 輝夫議員) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、三成委員長。





 福祉厚生常任委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(16番 三成 輝夫議員) それでは、福祉厚生常任委員会委員長報告を行ないます。


 第1回奥出雲町定例議会において、平成21年3月2日付けで当委員会に付託になりました議案第16号、奥出雲町男女共同参画推進条例制定について、他3議案につきまして、会議規則第77条の規定により、審査の結果及び審議の状況について報告をいたします。


 当委員会は3月4日より担当課長の出席を得まして精力的に密度の高い審議を行なったところでございます。それでは順次報告をいたします。


 議案第16号、奥出雲町男女共同参画推進条例制定について。


 本条例は、男女共同参画社会基本法を受け、制定されるものでありますが、この条例は男女が性別に関わりなく個人として尊重され、その個性と能力を十分発揮する機会が補償され、なおまた社会の対等な構成員として自らの意思で社会のあらゆる分野の活動に参画し、共に責任を担うことが条文化されております。


 本町は既に町民アンケートが実施され、集計結果を参考にしながら本条例案が策定をされております。よって、原案を可決いたしました。


 続いて議案第17号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について、原案を可決。


 続いて議案第18号、奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、原案を可決。


 続いて議案第19号、奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例制定について。


 本議案は、昨年発足した後期高齢者医療制度は様々な論議がありましたが、中でも次々と軽減措置がとられ、保険税率の変更により複雑な制度になっており、高齢者には十分な説明が必要であろうと思われます。


 特に保険税納付については特別徴収と普通徴収がありますが、1年経過してみますと徴収方法が実に7通りもあり、一層複雑になっておりますので、今回普通徴収については、本算定後、税額が決定する7月から徴収するための条例の一部改正であります。よって原案を可決いたしました。以上、福祉厚生常任委員会、審査状況の報告を終わります。


────────────────────────────────────────────


 別紙:福祉厚生常任委員会委員長報告書





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、委員長報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 最初に、日程第6、議案第16号について行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 先ほどの報告によりますと、この議案第16号についてはアンケート調査結果をもとにして条例を策定したというふうに報告されましたが、そのアンケートの検討内容はどのように活かされているのか。そして計画が作られていない中で条例提案をなさっております。


 私は提案説明があった時にも随分質問いたしましたが、計画がない中で条例を作るということでは、今度後で条例を作るということですけれども、必ず差異が生じてくると思いますが、そのことについては私は指摘をしておりましたけれども、どのように議論をされたのかお伺いをいたます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、三成委員長。





○議員(16番 三成 輝夫議員) お答えをいたします。


 アンケート内容については、奥出雲町のホームページに詳しく掲載されておりますので、内容は十分ご覧をいただきたいと思います。


 本会議から引き続いての議論でございますが、計画がないのになぜ条例を作ったかと、こういうご意見でございますけれども、本条例をよくご覧になると、9条に広く町民の声を聞くということになっています。これを作るには。じゃどうして広く町民の声を聞くかということになりますと、適当に選ぶわけにいかない。当然、計画委員会、あるいは策定委員会というのを作らなくちゃなりません。その計画委員会や策定委員会をどうして作るかということには、これは何か決まりがないと。 ただ執行部の都合で、あなたとあなたは出てくれと、こういうことでは出来ないわけですから、当然それをどのような方を選ぶかということは、16条の最後の条項に、町長が別に定めるという、この条例の詳細なことは別の規約や要綱で定めますよと、こう決めてあるわけですから、そこで初めてじゃこうこうこういう方がお願いしましょう、場合によってはある一定枠は公募でお願いしましょうと、こういうことになるわけですから、したがってこの条例がないと計画が策定ならないと、私はそういう、また私どもの委員会ではそのような議論をしたところでございます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 答弁をいただきましたが、条例を作ってから計画を作るということになりますと、必ず私はずっと申し上げておりますが、差異が生じて参ります。県に聞きましても、あるいは計画を策定して条例を策定した、そういう順序を取ってきた自治体に伺いましても、何とも変わったやり方をされますねと、そういうお答えが返ってきております。何のために条例を作るのですか。計画があってはじめてそれを実現化するために条例を作っていくということにならなければならないと思います。そのあたりもう一度お願いいたします。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、三成委員長。





○議員(16番 三成 輝夫議員) 先ほど申し上げておりますように、計画を執行部、町長が独断で作って、それはまた問題になるんではないかと思います。それだからこそ広く町民の声を聞きましょうということで第9条にそれが謳ってあるわけです。広く町民の声を聞くには、もとより全員に聞くのが本意ですけれども、なかなかそういうわけにいかないわけですから、当然計画委員会、あるいは策定委員会を作って、そして町内の皆さんからご参加をいただいて、そこで十分に練ってはじめて実行計画が出来るというように私どもは理解をしているところでございます。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、他に。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。





○議員(15番 渡部 雅男議員) ここは意見じゃなく、あくまでも質疑ですから。





○議長(22番 千原 祥道議員) 今そのことを言おうと思っていました。


 各議員さんにおかれましては、委員会の経過はどうだったかということしか質疑はなりませんので、そのことをお聞き願うようよろしくお願いいたします。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 私は提案時に問題提起をしておりました。先ほどのご答弁では、計画を町長が勝手に作ってやるのは問題だとおっしゃいましたが、私はそういうことを申し上げているのではなくて、まず逆だということです。ですから計画を作るためにまず皆さんに、どなたに集まっていただくかということはそれぞれ選定をしないといけないと思いますが、それをやった上でその計画に基づいて条例を作るべきだということを申し上げておりますので。答弁は結構です。





○議長(22番 千原 祥道議員) 質疑を終わります。


 続きまして、日程第7、議案第17号についての質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか、質疑は。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に、日程第8、議案第18号についての質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に、日程第9、議案第19号についての質疑を行います。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、ただ今の4議案の委員長報告に対する質疑を終わります。


 これより討論を行ないます。


 まず最初に、日程第6「議案第16号 奥出雲町男女共同参画推進条例制定について」、討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 反対討論。議案第16号、奥出雲町男女共同参画推進条例制定について、私は、次の理由によりこの議案に反対します。


 この奥出雲男女共同参画推進条例は、やっとできたというのが実感です。しかし、この期待はすぐに失望に変わりました。


 問題はこの条例の中身です。提案説明時にも随分指摘をしましたが、男女共同参画計画の策定のための住民の意見のボトムアップや尊重、反映もせず、執行部が勝手に条例案を作成し、いきなり提案されたことに驚くというよりあきれています。計画も作らず何を根拠に条例案を作成されたのか。先ほどアンケート調査結果ということがありましたけれども、条例が先に出来、計画が後になれば、条例とのミスマッチ、合わないことが必ず発生します。そうなれば常に条例の改正が必要になってきますが、現実的ではありません。


 私は提案説明時にこのことについて質問しましたが、答弁は条例と計画は差異がないとの答弁でした。町行政の担当課がなぜそういう答弁をするのか、私には、甚だ不思議であり大いに不満です。町行政の担当課でありながら、なぜ今、男女共同参画なのかという本質が理解されていない。こういうことでよろしいのでしょうか。とにかく何でもいいから作って議会議決さえすればそれで良いという程度にしか考えられていないのではないのでしょうか。近隣の先進地、雲南市にでも行って学んでもらいたいと思います。


 先にも述べましたように、この条例案は、まず住民の皆さんからの意見や問題点等の検討と集約を行ない、計画策定を行なった上でその計画に沿った条例に作り直すべきです。


 よって砂上の楼閣のようなこの条例案には、賛成できず、反対します。議員各位におかれましても、以上述べましたことを十分にご理解いただき、意思決定をしていただきたく存じます。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、小早川議員。





○議員(9番 小早川 正彰議員) 私は議案第16号について、賛成の立場で討論をいたします。


 基本的に地方自治体は、国や法律に基づいて直接執行出来るもの以外、全て根拠となる条例に基づいて行なわなければなりません。このたびの計画を策定する委員も条例に基づいて選出し、条例に裏づけのある委員会を設置しなければなりません。条例の根拠がなければ全くの任意の委員会であり、策定した計画書も権威あるものとは言えません。


 また委員の日当も費用弁償も、正式に支払うことが出来ないことになります。費用弁償条例に載せるといってもその根拠はありません。


 本来議会は、行政執行が条例に基づいて正しく合理的に執行されているかどうかについて、チェックをする重要な役割があります。その議会、あるいは議員から条例に基づかないことをせよというのはいささか乱暴な話ではないかと思います。このように条例無視のやり方はいかがなものかと思います。


 もちろん年月の経過や、急激な社会情勢の変化で、条例が目的に添う実態を正しく反映しない、あるいはご指摘のあった差異を生ずるような結果があれば、条例を実効あるものに改正をすればよく、これからは条例は改正をするものであるという発想の転換と柔軟性が強く求められるものと思います。したがって議案第16号については賛成をいたすものであります。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に本案に反対の方の発言を許します。


 ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第7「議案第17号 奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について」、討論を行ないます。


 まず最初に、本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 議案第17号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について、反対の討論を行ないます。


 現在は物価が値上がりしているのに収入が増えず、また雇用情勢が急速に悪化し、誰もが生活に困っている状況です。そういう中で今回の改定は、入居基準を月収20万円以下から15万8千円に引き下げるもので、公営住宅の入居対象が国民の33%から25%に引き下げられてしまうものです。入りたくても入れない公営住宅になってしまいます。


 また今入居している方の28%は家賃が値上げになります。こういう条例は誰もが喜ばれるとは思いませんので、この条例制定に反対をするものです。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、若月大垣議員。





○議員(6番 若月 忠男議員) 私は議案第17号、奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について、賛成討論を行ないます。


 町営住宅、いわゆる公営住宅の家賃制度は、国の法令により定められており、このたびの条例改正は国の公営住宅法施行令改正に伴なって、町営住宅管理条例の一部を改正するものでございます。


 改正の目的は、近年世帯所得の変化や高齢者世帯の増加等により、公営住宅の応募倍率が上昇し、住宅に困窮する入居希望者が入居出来ない状況から、より住宅困窮度の高い人に、公平、適格に公営住宅を提供出来るように、入居基準や収入区分を見直しされたものでございます。


 本町の町営住宅既存入居者への影響については、推定から約72%が現状どおりで、家賃が上がると見込まれる方についても収入超過の上昇額が大半であり、規定内の入居者について大きな影響はないとされております。


 また急激な負担増を避けるため、施行後5年間で新しい家賃に段階的に持っていく傾斜家賃が採用されておるところでございます。また町営住宅の供給状況についてみますと、三成滝の上町営住宅の改築など、従来の住宅戸数に上乗せした戸数が計画されており、住宅困窮者に対する住宅不足が生じることはなく、新規の入居希望者にも十分対応出来るものであります。以上の理由によりまして、賛成討論といたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に本案に反対の方の発言を許します。


 ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第8「議案第18号 奥出雲町乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について」、討論を行ないます。


 まず最初に、本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第9「議案第19号 奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決を行ないます。


 日程第6「議案第16号 奥出雲町男女共同参画推進条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





                  〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。








○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第7「議案第17号 奥出雲町営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





   〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第8「議案第18号 奥出雲町


 乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第9「議案第19号 奥出雲町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────────


○議長(22番 千原 祥道議員) ここで、しばらく休憩をいたします。45分から再開をいたします。10時45分から再開します。





               午前10時33分休憩


────────────────────────────────────────────


               午前10時46分再開





○議長(22番 千原 祥道議員) そうしますと、会議を再開いたします。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第10 議案第20号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第11 議案第21号 奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第12 議案第22号 奥出雲町林業振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第13 議案第23号 奥出雲町食と農の町民条例制定について


  日程第14 議案第24号 奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について


  日程第15 平成20年陳情第13号 商工業振興事業に係る補助金要望書





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第10「議案第20号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条  例の一部を改正する条例制定について」、日程第


  11「議案第21号 奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第12「議案第22号 奥出雲町林業振興施設の設置及び管理に関する条例の一部


を改正する条例制定について」、日程第13「議案第23号 奥出雲町食と農の町民条例制定について」、日程第14「議案第24号 奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について」、日程第15「平成20年陳情第13号 商工業振興事業に係る補助金要望書」、以上の6議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際一括して議題といたします。本案につきましては、去る3月2日の本会議におきまして、産業建設常任委員会へ付託をいたしております。その審査の結果につき、会議規則第77条及び第94条と第95条の規定によりまして、この際、一括して委員長から報告を求めます。


 目黒聰産業建設常任委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、目黒委員長。





   産業建設常任委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(18番 目黒 聰議員) 産業建設常任委員会の委員長報告をいたします。


 第1回奥出雲町定例議会において、平成21年3月2日付けで産業建設常任委員会に付託になりました6案件につきまして、審査の結果及び審議の状況について報告します。


 当委員会の審議は、3月4日、5日の午前中に担当課長の出席を得まして審議を行ないました。また5日の午後からは船通山ヴィラ、竹崎きのこハウス、ワイナリーのぶどう園、三国の改修工事現場、坂根のきのこハウス、金川の圃場整備現地、餅加工所、町道佐白北原線、尾原ダムの9ヶ所を調査、視察をいたしました。


 それでは、審査の結果を、当委員会に付託になりました6案件につきまして報告いたします。


 委員会審査報告書。本委員会に付託された事件は、審査の結果、下記のとおり決定しましたから、会議規則第77条及び第94条と95条の規定により報告します。


 議案第20号、奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案可決であります。


 議案第21号、奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案可決であります。


 議案第22号、奥出雲町林業振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案可決であります。


 議案第23号、奥出雲町食と農の町民条例制定について。


 本条例の制定につきましては、昨年9月議会に仁多、横田農政会議から条例制定を求める陳情書の提出がありました。昨年12月議会で当委員会において採択したものであります。また、県内各市町村に対しても同様の陳情がなされており、雲南市、飯南町においても採択がなされております。一方、島根県においても平成19年2月定例県議会におきまして、議員発議により、しまね食と農の県民条例が制定、施行され、県民の貴重な財産である農業及び農村を健全な姿で次世代に継承していくため、県民に対し農業及び農村の果たす役割について理解を深めるための取組みを進めるとともに、生産から消費までの各段階において、県はもとより、農業者、農業団体、食品関連事業者、消費者等がそれぞれの役割を的確に果たし、県民の健やかで豊かな暮らしの根幹である食、環境等を支える農業及び農村の持続的な発展を、県民を一体となって推進することとされたところであります。


 雲南地域の1市2町では、合併前の平成7年より、当時の10町村とJA雲南とで雲南農業振興協議会が結成され、今日まで圏域の農業振興が図られてきましたが、去る2月に開催された役員会において、各市町とも今回提案になっております条例を制定し、圏域の一層の農業振興を図ることが確認されたところであります。


 提案になっております条例の内容でありますが、先に制定になっております県民条例に沿った内容となっておりまして、第2条で基本理念、第3条から第7条までそれぞれ町、農業者、農業者団体、食品関連事業者、町民の役割を定め、第9条から第14条において地産地消や食育の推進、食文化の維持保存、自然環境の保全等、町民理解の促進、安全、安心な農産物の生産及び提供、担い手の確保及び育成、耕作放棄地の防止等農地の適正な保全、環境と調和した農業の推進、農業生産基盤の整備及び生活環境の整備等、現在町が進めております農業及び農村地域の振興方策、あるいは今後重点的に推進すべき方向性に合致するものであります。


 執行部からは、条例制定後は各種生産団体の総会等で、条例制定の周知に努めるとともに、基本計画を策定し、施策の実施に努めたい旨の説明があり、委員会としては全会一致で可決となりました。


 議案第24号、奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について、原案可決であります。


 陳情第13号、商工業振興事業に係る補助金要望書、採択。以上であります。


────────────────────────────────────────────


 別紙:産業建設常任委員会委員長報告書





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、委員長報告を終わります。


 これより、ただ今の委員長報告に対する質疑を行ないます。


 最初に、日程第10、議案第20号について行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) 地場産業育成。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次参ります。日程第11、議案第21号についての質疑を行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、日程第12、議案第22号についての質疑を行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ありませんか、はい。次、日程第13、議案第23号についての質疑を行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に、日程第14、議案第24号についての質疑を行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 1番。


 24号の奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例では、餅加工施設の管理の条例ですが、使用料について、一番最後のページのとこで、奥出雲町農産物処理加工施設金額600万円、但し使用の場合、使用の割合、使用の月数に応じて計算した額とすることが出来るとは書いてありますが、これにこの600万円が年額なのか月額なのかという具体的な例が示されておりませんので、他の貸し工場の分では月額いくらというふうに書いてありますが、そこらへんのようになぜそういうはっきりしたことが入れてなかったか、ちょっとそこらへんが分からないので、委員会ではどういう審議があったのか伺います。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。目黒委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) お答えします。


 当局からの説明は年額600万円という表現がございました。ただ、1年間を通じて実際に作業をするということが前提になっておりますけども、使用を。なっておりますけれども、実際に始めて見られると、どういうふうな形で1年間が餅の加工所としての活用が出来るということについては、若干色々あると思います。そういうことで、その600万円という表現はしてありますけども、最終的にはそのへんについては協議の可能性も残っているというふうに、私は、委員会としては理解をしております。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) これまでの色々説明がなされた中で、指定管理者について明確になっておりませんけれども、委員会の中で、この指定管理者の先はどこになっているのか議論があったらお答えをお願いします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。目黒委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) お答えいたします。


 委員会では利用者はJA雲南、雲南農業協同組合という説明がありました。ただ指定管理者については、委員会では執行部の方からは何ら提示があっておりません。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので終わりまして、次、日程15の陳情第13号についての質疑を行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) はい。


 町の補助金の要望なんですけれども、非常に商工業、この不景気の中大変苦しんでおりますが、20年度の補助金の、あれは4,100万ばかり。で、今回が2,600万ばかりの要望なんですけども、ここらへん大きく、今年度苦しい割には減ってるわけなんでけども、何かそういうことについてのお話はなされたんでしょうか。お聞きします。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。目黒委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) お答えいたします。


 この商工業振興事業に係る補助金の要望書でございますけれども、これは昨年の12月時点に出ておりました関係で、実際のその予算計上は今度21年度で出たわけですね、今議員さんがおっしゃるように。それで、一応、要望書に基づいて町当局は予算計上をされたというふうに私は理解をしております。ですけど、ただ額につきましては、要望額に対してどうだったかということは言えませんけれども、私の委員会としては、21年度予算は要望書どおりに、尊重しながら予算計上されたというふうな理解を、委員会としてはいたしております。


 なお、指導員さんが現在仁多に2名、横田に2名いらっしゃるというようなこともお話はあっております。以上です。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、6議案に対する委員長報告に対する質疑を終わります。


 これより討論を行ないます。


 最初に、日程第10「議案第20号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行ないます。


まず最初に、反対の方の発言を許します。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第11「議案第21号 奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行ないます。


 最初に本案に反対の方の発言を許します。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第12「議案第22号 奥出雲町林業振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第13「議案第23号 奥出雲町食と農の町民条例制定について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第14「議案第24号 奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 1番。


 議案第24号、奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について、反対の討論を行ないます。


 先ほど質問をしましたとおり、使用料に年額とか月額が入っておらず、はっきり分からない条例内容となっております。分からないままの条例であいまいな使用料になることが懸念されますので、この条例制定について反対をするものです。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、松?議員。





○議員(20番 松? 幸二議員) はい。


 私はこの奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例に、賛成の立場で意見を申し上げます。


もちろんこの条例は、餅加工施設の管理に対する条例でございますが、ああいたしまして生産者の餅米に対する、非常に加工に対する要望が多い中での施策でございまして、こうしたことは本町の餅米生産にとって非常に有利になるという条件がございます。


 またこの料金に対する反対でございましたが、年額600万円、これは最初に委員長が申し上げましたように、使用する月、またはその時期によって多少変動がございますので、これに対する割合は月数に応じて計算するということでございますので、誠に不適格なものではないと信じておりますのでご報告申し上げ、賛成といたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 反対討論。議案第24号、奥出雲町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について、私は、次の理由によりこの議案に反対します。


 この議案は、JAの生産センター裏に建設中の餅加工場施設の利用料設定に関する条例案です。


 この条例案の第6条には、使用料について、施設の利用者は別表に定める使用料を納付しなければならないとし、第9条には、第6条の規定に関わらず、施設の管理を指定管理者に行なわせる場合には、前条各号に掲げる業務のほか、当該指定管理者に施設の利用にかかわる料金、以下利用料金という、を収受させることが出来る。2、利用料の額は、別表に定める額を上限として、指定管理者が町長の承認を得て定める額とする。3、指定管理者は、あらかじめ町長の承認を得て定めた基準により、利用料金の減免をすることが出来るとなっています。そして利用金額については600万円としていますが、使用の場合、使用の月数に応じて計算した額とすることが出来るとなっています。


 使用の月数に応じて計算した額ということは、年額600万円ではないということであり、また、支払い期限の設定もありません。


 このことは、他の2つの貸し工場の条例とは異なっています。事情に応じて利用料の調節が出来るということであり、明確な規定もなされてなく、将来、問題が起こるのではないのでしょうか。また指定管理者も決められてなく、大きな不安が残ります。


 そして当初、説明された計画内容とは異なっています。この内容では、過疎債適用分が完全に消化しきれません。なぜこのような条例案になっているのか、きちんとした説明が必要です。したがって、この内容では理解出来ず、この条例案には賛成出来ません。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第15「平成20年陳情第13号 商工業振興事業に係る補助金要望書」についての討論を行ないます。


   最初に、本案に反対の方の発言を許します。





○議長(22番 千原 祥道議員) ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 これより、ただ今の議案に対する採決をいたします。


 最初に、日程第10「議案第20号 奥出雲町地場産業育成貸工場の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第11「議案第21号 奥出雲町定住住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第12「議案第22号 奥出雲町  林業振興施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第13「議案第23号 奥出雲


 町食と農の町民条例制定について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第14「議案第24号 奥出雲


 町農産物処理加工施設の設置及び管理に関する条例制定について」を採決いた


 します。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





   〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第15「平成20年陳情第13号 商工業振興事業に係る補助金要望書」についてを採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、採択であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり採択をされました。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第16 議案第39号 平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について


  日程第17 議案第40号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について


  日程第18 議案第41号 平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について


  日程第19 議案第42号 平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提出について


  日程第20 議案第43号 平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について


  日程第21 議案第44号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について


  日程第22 議案第45号 平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について


  日程第23 議案第46号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について


  日程第24 議案第47号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について


  日程第25 議案第48号 平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について


  日程第26 議案第49号 平成21年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について


  日程第27 議案第50号 平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について


  日程第28 議案第51号 平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について


  日程第29 議案第52号 平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について


  日程第30 議案第53号 平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第16「議案第39号 平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について」、日程第17「議案第40号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について」、日程第18「議案第41号 平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について」、日程第19「議案第42号 平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提出について」、日程第20「議案第43号 平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について」、日程第21「議案第44号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について」、日程第22「議案第45号 平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について」、日程第23「議案第46号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について」、日程第24「議案第47号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について」、日程第25「議案第48号 平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計  予算提出について」、日程第26「議案第49号 平成21年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について」、日程第27「議案第50号 平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について」、日程第28「議案第51号 平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について」、日程第29「議案第52号 平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について」、日程第30「議案第53号 平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について」、以上の15議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。  本案につきましても、去る3月3日の本会議におきまして、予算特別委員会へ付託をいたしております。


 なお、内容審査につきましては、同日、予算特別委員会各小委員会において  分割審査をお願いいたしております。審査結果につきまして、会議規則第77条の規定により、委員長からの報告を求め  ます。福本修予算特別委員会委員長。





○議員(19番 福本 修議員) 19番。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。福本委員長。





○議員(19番 福本 修議員) ただ今提出されました議案39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出についてから、議案第53号、平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出についてまで、議案15案件につきまして各小委員会へ付託をなさされたところでございます。


 その結果、審議内容につきまして、各小委員長からの報告をしていただきますので、よろしくご審議、ご承認を賜りたいと思います。


 よろしくお願いを申し上げます。





○議長(22番 千原 祥道議員) それでは、それぞれの小委員会委員長からの報告を求めます。


 最初に、岩田明人総務文教予算小委員会委員長。





○議員(11番 岩田 明人議員) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、岩田委員長。





 総務文教予算小委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(11番 岩田 明人議員) それでは予算特別委員会総務文教予算小委員会の報告をいたします。


 平成21年第1回奥出雲町定例議会において、去る3月2日付けで予算特別委員会総務文教予算小委員会に付託になった町長提出の議案39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について、分割審査。議案第50号、平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について、審査を行ないました。


 当委員会の審査は、3月4日、5日の2日間にわたり若槻教育長、各担当課長の出席を得て審議を行ない、その結果について報告をいたします。


 議案第39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について、分割審査。予算内容及び審査の状況を申し上げたいと思います。


 本年度予算額は、歳入歳出それぞれ147億1千万円で、前年度当初予算の0.6%減の予算であります。


 歳入は、町税が11億4,802万4千円。地方交付税が63億2,300万円。国庫支出金10億2,141万8千円。町債が25億6,340万円等が主な歳入となっています。


 次のような質疑がありました。町税が落ち込むのではないかという質疑に対しまして、答弁として、均等割と法人税割の区分があります。均等割については会社が事業を廃止したいとあれば変わりますが、今のところ前年度並であろうという見込みをたてておると。問題は法人税割です。前事業年度の法人税額に税率をかけて出します。見通しが難しく、前年度を参考に出来ない状況ですが、県よりも厳しい見込みで計上していますという答弁がありました。


 続いて歳出の件でございますが、サイン整備事業。前年に要望したことをもう一度要望出さなきゃならんということはどうかということでございましたが、それに対する答弁として、担当者が代わるので再度出していただいて、緊急性等の検討をするという答弁がありました。


 次に質疑として、テレビ電話は今何台納め、利用状況はという質疑に対しまして、答弁として、700台程度設置。設置希望がどんどん来ておるということでございます。


 次に、操作方法が複雑と聞くがという質疑に対しまして、システムを変更して番号でかけることが出来るようにしていますという答弁でございました。


 続いて質疑に対しまして、ICT促進事業費5,500万円の内容についてということでございまして、答弁として、総務省のモデル事業5千万円がコールセンターオペレーター分であります。残りの500万はランニングコスト、いわゆるリース、保守料、システムの改修に充てる予定であるという答弁がございました。


 続いて、携帯電話鉄塔1億9,900万円で船通山に建設ですが、どの程度カバー出来るかという質疑に対しまして、答弁として、大幅に緩和。国道沿いは整備出来たが、全く通じないところは少ない。今回は3社が入ってくるということのようでございます。


 続いて質疑として、町長選挙、町議選挙の掲示板は何ヶ所あるかという質疑に対しまして、答弁。全町一区で198ヶ所ですという答弁でありました。


 続いて質疑として、雲南消防署の負担2億6,284万円の内訳はということでございますが、県のヘリコプターの運用費の負担金も含んでいますということでありました。


 続いて、雲南市は学力レベルを発表されたが奥出雲町はどうかということでございますが、今年は、公表を前提にテストはしていませんので聞かれれば説明します。来年度からは説明をしますという答弁でありました。


 続いて、青少年教育費の内訳についてどうかということでございましたが、


 答弁として509万7千円の内訳は、成人式と放課後子ども教室が主なもので


 あるという答弁でありました。


 続いて、給食費の9,600万円の内訳はということで、答弁として、仁多  、横田の調理場の職員の人件費、機械機器も含めますという答弁でありました  。続いて質疑として、亀嵩小学校の建替え計画はということの質疑に対しまして、答弁として、2年間の事業で考えています。初年度は体育館の解体、土地造成。3学期は仮設校舎の建設、解体。平成22年度には校舎の建設の予定でありますという答弁でありました。


 以上、審査状況の結果、賛成多数で原案可決に決しました。以上、議案39号についての報告を終わります。


 続いて議案第50号、平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について。


 歳入歳出予算は、4,489万5千円であり、基金繰入3,559万1千円。本年は発電所ランナ取替計画がある。審査の結果、全会一致で原案可決に決しました。 続いて現地視察をいたしまして、亀嵩小学校改築、鬼の舌震の視察を行ない、委員会を終了いたしました。


 以上、総務文教小委員会の報告を終わります。


 よろしくお願いいたします。


────────────────────────────────────────────


 別紙:総務文教予算小委員会委員長報告





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、三成輝夫福祉厚生予算小委員会委員長。





○議員(16番 三成 輝夫議員) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、三成委員長。





 福祉厚生予算小委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(16番 三成 輝夫議員) それでは福祉厚生予算小委員会委員長報告を行ないます。


 第1回奥出雲町議会定例会において、平成21年3月3日付けで福祉厚生予算小委員会に付託になりました一般会計予算をはじめ、特別会計予算11議案について、会議規則第77条の規定により、審査の結果及び審議の状況を報告いたします。


 当委員会の審議は、3月4日から9日まで、担当課長の出席を得まして精力的に密度の高い審議を行なうと共に、9日には雨川簡易水道、ふれあいプラザ、稲田住宅団地等、現地視察も行ないました。それでは順次報告いたします。


 議案第39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について、分割審査。


 まず、最初に、仁多福祉会傘下の事業所団体が実に12団体ございます。これらの組織はそれぞれ独立採算で、いずれも健全な経営が維持されております。しかし、合併後、幼保一元化の流れが加速し、旧横田町の保育所を仁多福祉会の組織下におき、その組織は肥大化しつつあります。ちなみにこの12事業所へ一般会計及び特別会計から、事業委託料及び補助金が年間10億5,300万円支出されております。


 また、職員、嘱託員合わせますと、実に232人雇用され、町内最大の事業所となっております。


 仁多福祉会が抱える事業は、大別して高齢者福祉と保育サービス事業であります。しかし、両事業は自ずと性質が異なり、事業分離の時期を迎えているのではないかと思われます。今後、横田幼稚園、保育所、三成幼稚園、保育所、そして阿井幼稚園、保育所の一元化を視野に入れるなら、早急に保育所専任の社会福祉法人の設立が必要ではないでしょうか。ご検討いただきたいと思います。


 次に、NPO法人ふきのとうは、組織改革後、受け入れ態勢も整備され、当初通所者が7名から8名程度でありましたが、法人設立後は一挙に通所者が20名を超え、施設が手狭になっております。


 ハンディーを持ちながらも懸命に通所される皆さんの思いに応えるためにも、規模の大きな施設の提供が急がれます。


 幸い執行部におかれましても、大市地内にあるふれあいプラザが予定されており、我々委員会も現地を視察し、施設の状況、広さ等、適当な施設であると判断したところでございます。


 3番目に、母子福祉費については、母子児童扶養手当支給世帯が64世帯、年額1人あたり約45万円支給されておりますが、一方父子児童扶養手当はひとりあたり34世帯、年額6万円が支給されております。もとより母子児童手当には、国庫補助金が交付され制度化されておりますが、父子児童手当には国の支援はなく、これまで町単独で支給されてきた経緯はありますけれども、余りにも少額で、むしろ父子家庭への手厚い支援こそ必要ではないかと思われます。今後、父子世帯への支援を一層充実していただきますよう要望いたします。よって原案を可決いたしました。


 次に議案第40号、平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について。


 本案件につきましては、国保に加入する被保険者の年齢構成は65歳以上74歳までの占める割合が43%で、しかも低所得者が多く、また病気にもかかりやすく、年間医療費も1人あたり平成18年度は70万8千円が、19年度には76万6千円に高騰しております。


 さらに歳入面では前年対比で見ると、特別交付金が3,300万円減、前期高齢者交付金が6,800万円減、さらに保険基盤安定繰入金が940万円減となり、合計1億1,040万円が歳入減となっております。


 このため本年度の暫定保険税額は、1人あたり11万9,600円となり、前年度より1万7,600円増額となっております。そのため可能な限り基金取り崩しにより保険税の軽減に努力はされておりますが、基金保有高のガイドラインは約2億5千万円であり、現在保有額は2億3,700万円であります。保有高に約1,300万円不足しているところでございます。


 今後、保険税の軽減を図るため、保険税滞納分の徴収率を上げなければなりません。幸い平成18年、19年、20年と徴収率が上がり、その取り組みを評価するところではありますが、20年度見込においても、医療分で6,040万円、介護支援分で625万円まだ滞納されており、今後一層滞納整理を進めるために、滞納整理専門職員の養成が急がれるのではないかと思われます。よって原案を可決いたしました。


 次、議案第41号、平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第42号、平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第43号、平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第44号、平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第45号、平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第46号、平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第47号、平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について。


 本議案につきましては、平成の時代に入り、農産集落においても住民生活の都市化が進むと共に、生活汚水、農業汚水が河川に流入し河川汚濁が顕著となり、そのため本町においては平成8年から農業集落排水が供用開始され、続いて公共下水道、合併処理浄化槽の整備が進み、住民生活においても清潔で快適な住環境も整い、また河川も次第に浄化されつつあります。


 しかし本年度予算においても一般会計からの繰出し金は、3特別会計とも年々増加し、本年度は総額で4億4,400万円、昨年対比で8,100万円増加をいたしております。今後この繰出し金が一般会計を圧迫すると予測されますが、その対策としては接続率の向上に努めなければなりません。そこで昨年度から、住環境リフォーム助成交付金制度を設け、新たに接続工事をする世帯には、工事費80万円以上の場合、1世帯10万円の助成交付金を支給することになり、本年は230世帯を予定されております。この制度を活用して、接続率が上がることを期待するものであります。よって原案を可決いたしました。


 議案第48号、平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 議案第49号、平成21年度奥出雲町合併浄化槽事業特別会計予算提出について。原案を可決。


 次に、議案第53号、平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について。


 本案につきましては、自治体病院を取り巻く環境は極めて厳しく、医師、看護師不足は奥出雲病院においても顕著で、平成17年からは内科医が不足し、さらに20年度から小児科医も他に転出し、現在は非常勤医師で対応されております。そのため、患者数は、入院は昨年同様約5万人確保されていますが、外来は、昨年より約4,800人減少いたしています。したがって医業収益が昨年より4,800万円減収の見込であります。


 一方、人件費をはじめ経常経費は、内部において徹底した合理化と経営努力 により7,300万円削減され、収益は落ちたものの、それ以上に昨年よりも約1.900万円の経費削減となっております。この結果、20年度内部留保  金は7,838万7千円を積み上げてトータルで4億1千万円となります。


 各市町村の自治体病院が軒並み内部留保金が枯渇して、市中銀行の一時借入  金で運転資金を何とか確保しておられますが、奥出雲病院の場合は内部留保資  金が十分確保されておりますので、安定した経営状況であります。


 また、一般会計からの繰出し金は3億5,286万6千円でありますが、内、地方交付税参入額が2億5,397万7千円となり、純然たる町費負担は9,880万9千円となります。自治体病院を取り巻く厳しい環境の中で、奥出雲病院の経営を安定させ、住民の医療を確保するには必要な町費負担であると判断したところででございます。よって原案を可決いたしました。以上、福祉厚生予算小委員会委員長報告を終わらせていただきます。


────────────────────────────────────────────


 別紙:福祉厚生予算小委員会委員長報告





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、目黒聰産業建設予算小委員会委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、目黒委員長。





 産業建設予算小委員会委員長報告


────────────────────────────────────────────





○議員(18番 目黒 聰議員) 産業建設予算小委員会の委員長報告をいたします。


 第1回奥出雲町定例議会におきまして、平成21年3月3日付けで産業建設予算小委員会に付託になりました3案件につきまして、審査の結果及び審議の状況について報告します。


 当予算小委員会の審議は、3月4日、5日の午前中に担当課長の出席を得まして審議を行ないました。それでは審査の結果を、当予算小委員会に付託になりました3案件につきまして、ご報告いたします。


 議案第39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について、分割審査。


 農林業、あるいは建設業、商工業等の事業につきましては、おおむね本町の基本計画等に沿って、継続的に事業が計画をされて実施をされるものでございます。21年度は特に農業、林業、道路、河川、観光の各分野におきまして、緊急雇用対策関連、ふるさと雇用対策予算確保として仁多米販売促進、酒蔵販売促進、高濃度トマト栽培技術者育成、農産加工品販路開拓、舞茸販売促進、製造業務、観光施設整備、観  光客誘致事業、道路環境整備、河川浄化について、賃金、委託料として県と協議中でありますが予算枠が確保されており、これが実施されることは奥出雲町の雇用創出と地域活性化に大きな役割を果たす事業となっておるところでござ


 います。よって、原案可決でございます。


 議案第51号、平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について。


 近年リフトの運行実績等に変更があっておりまして、現在はリフトが2基運行されております。運行時期は12月の23日から翌年の3月の第1土曜、日曜ということになっておるようでございます。


 特に学校等の利用状況は、町内の学校に加えて県内外から多くの学校、団体の予約、利用がありまして、広島、尾道、福山、山口、愛媛からの来場がございまして、このことはスキー場のPRパンフレット、あるいはリフト料金の格安等が多くのスキー客の人気上昇につながっておるものであります。


 今年度も収支の状況については、必ずしも決算的に状況はいいわけではありませんけれども、やはりこれからも三井野原地域の農産物等の生産を生かしていただいて、特に花の栽培に努力をされておるようでございますが、そうしたものをやはり地域の活性化に活かしていただいくとともに、スキー場としての役割に努めていただくことが大切ではなかろうかということの、委員会の皆さんが他のご意見を集約したところでございまして、これも原案のとおり可決をいたしました。


 議案第52号、平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出についてでございますが、ああして農地開発負担金の未集金が年々多くなってきている状況でございますけれども、この対策はなかなか大変ではございますが、徴収に一層努力をしていただきたいと。また農地につきましては、耕作者の高齢化等もございまして、なかなか活用に対する取組みは大変だと思います。厳しいと思いますが、今後も何とか地域の活性化のために農地の活用を十分していただくとともに、今後も引き続き企業参入に力を入れていただきたいという委員会のご意見が大勢でございました。よって原案可決でございます。以上でございます。


────────────────────────────────────────────


 別紙:産業建設予算小委員会委員長報告





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で各委員長の報告を終わります。


 これより、ただ今の各委員長報告に対する質疑を行ないます。


 なお、質問事項により、各小委員会の委員長からの答弁といたします。


 まず、最初に、日程第16、議案第39号、一般会計についての質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、議案の40号、国民健康保険事業特別会計について行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございます。次に参ります。議案第41号について行ないます。後期高齢者医療です。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に参ります。議案第42号について行ないます。老人保健事業です。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、次、議案第43号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に、議案第44号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、議案第45号について行ないます。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、議案第46号、簡易水道事業について行ないます。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、議案第47号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。そうしますと、次、議案第48号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、次、議案第49号について行ないます。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、議案第50号、仁多発電事業特別会計です。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、次、議案第51号、三井野原スキーリフト事業。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) この前、ジョーホーの方でやっておりましたが、若い人たちを集めて三井野原でボード関係の大会というか、催しものがあったということで、第1回は非常に盛大だったけど、2回目は良かったので2回目を計画をしたら雪がなくて猫山の方で行なったというふうなあれが出ておりました。非常にいいことですので、もうちょっと企画を早くして雪があるような時にやるような方法が必要だと思うのですけれども、委員会の方でそのへんのことはなかったでしょうか。事業に対する企画のスピードとか、内容とかいうものは。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。目黒委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) お答えします。


藤原議員さんおっしゃるように私も先般テレビの方でそうした事業が行なわれたということを拝見しまして、いい事業が行なわれたと思っておりましたけれども、どうも内容をお聞きしますと、何か雪がなくてよそのスキー場でやられたということで、残念だったな、せっかくこう外部から多くの皆さんが来ていただいたということは感じましたけれども、ただ委員会としてはその件について、あるいは雪等については、先ほど申し上げましたように3月の第1土曜、日曜までの期間だということでございますけれども、現実に雪がなければスキーが出来ないわけでございますので、そこのへんについては私の方からはどうこう言うことは出来ませんので、ご理解をお願いしたいと思います。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、次に参ります。議案第52号、国営農地開発事業特別会計です。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) 先ほど委員長の方から延滞金の回収のことがありましたが、物納というふうな方法というのは検討されましたでしょうか。ちょっとお聞きします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。目黒委員長。





○議員(18番 目黒 聰議員) お答えいたします。


委員会としては別にそうしたお話しはいたしておりません。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に参ります。議案第53号、奥出雲病院事業特別会計です。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、委員長報告に対する質疑を終わります。





○議長(22番 千原 祥道議員) ここで、しばらく休憩といたします。午後1時15分から再開をいたします。





               午前11時50分休憩


────────────────────────────────────────────


               午後1時15分再開





○議長(22番 千原 祥道議員) そうしますと、休憩前に続きまして、会議を開きます。





○議長(22番 千原 祥道議員) これより討論を行ないます。


 まず最初に、日程第16「議案第39号 平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) はい、1番。


 議案第39号、平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について、反対の討論を行ないます。


 昨年秋以降、日本経済はかつて経験したことのないスピードで悪化をしております。派遣切りや資金繰りの悪化、仕事の減少で、国民はまさに悲鳴を上げている状況です。


 21年度予算はこれに応えるものでなければなりません。今議会は骨格予算ですが、147億円の大型予算となっております。公債費には29億4千万円、歳出の20%になります。建設事業は30億円、予算の20.4%の構成比となっております。住民に期待される事業としては亀嵩小学校改築事業4億4,511万円。住環境リフォーム助成事業2,300万円。妊婦検診14回などに1,113万円等が計上されており、喜ばれる事業になると思います。


 問題があるのは、介護保険事業です。4月から要介護認定方式が変更され、状態が変わらないのに要介護度が下がり、必要な介護サービスが減らされる不安と批判が広がっております。また広域連合の介護保険料の基準月額が4千円から4,200円に上がり、全体的にも200円保険料が上がります。利用しにくくなるのに保険料が上がるという矛盾があります。


 道路新設改良事業、三津田大畑線他25路線に9億5,213万円計上されております。私も何回か質問しておりますが、具体的な工事内容の説明がありません。町の予算は本来町民のものです。町は分かりやすく説明する責任を持っていると思っております。


 鬼の舌震、山林購入46.4ヘクタール、8,270万円。延命水を活用したJR出雲坂根駅周辺整備1億4,700万円は、財政が厳しく、借金を出来るだけ減らさなくてはいけない時、住民合意がないままでの不要不急の予算となっております。以上のことからこの21年度一般会計予算には反対をするものです。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、小早川議員。





○議員(9番 小早川 正彰議員) 私は議案第39号について賛成の立場で討論をいたします。


 21年度の一般会計当初予算の特徴は、新規事業が少なくて投資事業の総額、約30億1,900万円ですが、そのほとんどは年次計画に基づくものや、あるいは継続事業にあると私は思います。もちろん新規事業がないわけではありませんが、そのほとんどは年次計画での事業や、継続事業、そして緊急性のある事業であり、その大きなものを少し拾い上げてみますと、情報通信施設整備事業としての高所作業車の購入に4,100万円。高所作業車は光ファイバーの維持、補修には必ず必要なものであり、例えば断線をした場合、普通の電線と違いまして光ファイバーの場合は高い場所で、いわゆる溶接による接続が必要であります。一日も早い高所作業者の取得が必要であると思います。その都度リース会社等から借り上げすれば、相当コスト高となるわけです。


 また、耐震性の防火水槽4基につきまして2,300万円。これは阿井や馬木地区等への新規のものでありますが、事業費の5%は地元負担があるものの、地元から強い要望を受けたものであります。


 また、仁多堆肥センターの機械整備事業として堆肥散布機、いわゆるマニアスプレッダーの購入費に2,800万円。これは堆肥施用米の振興を図り、仁多米の更なる差別化による有利販売を目指すもので、新規扱いとは言えないような内容であります。


 さらに八川公園のトイレ整備事業に1,100万円。これは地元から強い要望があったもので、総務文教常任委員会でも現地を視察した経緯がございます。


 投資事業の総額30億1,900万円の内、新規事業の扱いの事業費は概ね1億1千万円で、全体の3.7%であります。新規事業と言いましても、先ほど申し上げましたように、実質的には年次計画の事業、あるいは継続事業が多いのであります。いわゆる起債事業は奥出雲町が単独で決めることが出来ず、国や県と事前に事業計画のすり合わせを行なって、しかも許可があって初めて起債事業として日の目を見ることが出来るものです。いずれも相手があるものであり、決定権は国や県にあります。単年度で決まるものはごくわずかで、数年にわたって協議の結果事業化されるものであり、起債事業は継続扱いと言ってもいい内容のものと私は思います。


 先ほど反対討論がありましたが、議案は一体のものであり、条件付で賛成、あるいは反対するのは議会ルールの中にはありません。もし賛成をする部分をルール上生かすには、反対する部分、事業について対案を示して修正案を他の議員の賛同を得て、動議として提出するしかありません。参考にまで申し上げますと、常任委員会での少数意見も、他の賛同する議員がなければ担保されるものではありません。議会ルールの上では、他の賛同を得られない意見については異端な意見として議論の対象とはなり得ないものであります。


 したがって、当初予算に計上されている国の経済対策に伴う事業も、あるいは尾原ダム関連事業としての町道整備や、あるいは民生費に計上されている乳幼児等への医療扶助、母子生活支援や生活保護費の支給、預かり保育事業、県が補助金を出して小中学校に司書を配置する事業、そして国の補助率が大幅に上がった亀嵩小学校の耐震化対策としての新築工事、その他、義務的経費としてすぐにでも予算執行が求められるものがあります。特に今、入学を控え、経済的に苦しいお子様をお持ちのご家庭では、4月早々に予算執行をしてほしいものもあります。法に裏打ちされた扶助費等、1日も早くと待っている多くの町民の方もおられます。反対ということになれば、議員はともかく職員の給与も支給出来ないという異常な事態が発生するわけです。特に一般会計のみならず、各特別会計の当初予算は補正予算とは違いまして、扶助費、補助費、物件費、人件費等、4月から早速予算執行しなければならない義務的経費が計上されております。


 したがって、修正案を示さない反対討論は、当然、到底考えられません。地方自治体のルールとして議会の議決がなければ1円たりとも予算執行は出来ません。このことは議会のルールとして町民の皆さんにも理解をいただきたいことだと思っております。


 今、世界的な不況の中にあって、不況からの脱却を目指して国も次々と対策を打ち出していますが、疲弊した経済状況から考えれば、年度当初に予算計上していち早い事業執行をすることが奥出雲町の経済対策でもあります。町内業者やそこで働く多くの町民の皆さんも願っていることであると思います。以上のことから本議案に賛成するものであります。賢明なる議員諸氏におかれましては、このことをよくご賢察の上、賛成いただきますようお願いを申し上げて賛成討論といたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第17「議案第40号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 1番。


 議案第40号、平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について、反対の討論を行ないます。


 収入が増えず生活が苦しい時、異常に高い国保税が住民を苦しめております。2,137世帯の内、滞納世帯は今138世帯というふうに言われております。


1人当たりの保険税を見ますと、19年度は6万8,183円。20年度は税制がこの保険税の仕組みが変わりまして大きく上がって10万2,009円となっております。その上今回の21年度の予算では1人当たりの保険税は11万9,600円と、また17%もアップし、大きな値上げで支払がまた困難になるのではないかというふうに懸念をしているところです。


 国民皆保険を維持するために、基金残高2億3,699万円を取り崩して保険税を引き下げることが必要です。以上のことからこの国民健康保険税の予算には反対をするものです。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に賛成の方の発言を許します。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、若月議員。





○議員(6番 若月 忠男議員) 6番。


 議案第40号について賛成討論を行ないます。


今回提案されました当初予算は、先ほど委員長の報告にありましたように、現状での歳入、歳出それぞれが過剰なものとならないように推定し、提案されたものであります。したがいまして基金からの繰入については、現状では平成20年度末の基金保有残高が2億3,700万円と当初見込みを大幅に下回っており、適正な保有 額を下回る可能性があり、税を下げるための基金繰入は出来ないこととなっております。


 今後、最終的な基金残高や、歳入の状況を見ながら本算定が行なわれる予算であり、議会への提案に先立ち、被保険者の代表を含む国保運営協議会からも適正な当初予算である旨の答申と聞いており、また国民皆保険制度安定強化のためにも必要であり、私は当初予算としては適正な提案であると考え、賛成といたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 続きまして、日程第18「議案第41号 平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第19「議案第42号 平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第20「議案第43号 平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第21「議案第44号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第22「議案第45号 平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第23「議案第46号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第24「議案第47号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第25「議案第48号 平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第26「議案第49号 平成21年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第27「議案第50号 平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第28「議案第51号 平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第29「議案第52号 平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


 次に、日程第30「議案第53号 平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について」の討論を行ないます。


 最初に、本案に反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 続きまして、ただ今の議案に対する採決を行ないます。


 最初に、日程第16「議案第39号 平成21年度奥出雲町一般会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





                  〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第17「議案第40号 平成21年度奥出雲町国民健康保険事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は起立を願います。





                  〔起立多数〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 起立多数です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第18「議案第41号 平成21年度奥出雲町後期高齢者医療保険事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第19「議案第42号 平成21年度奥出雲町老人保健事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第20「議案第43号 平成21年度奥出雲町介護老人保健施設事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第21「議案第44号 平成21年度奥出雲町介護サービス事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第22「議案第45号 平成21年度奥出雲町訪問看護ステーション事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第23「議案第46号 平成21年度奥出雲町簡易水道事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第24「議案第47号 平成21年度奥出雲町公共下水道事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第25「議案第48号 平成21年度奥出雲町農業集落排水事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第26「議案第49号 平成21年度奥出雲町合併処理浄化槽事業特別会計予算提出について」を採決いたします。 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第27「議案第50号 平成21年度奥出雲町仁多発電事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第28「議案第51号 平成21年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第29「議案第52号 平成21年度奥出雲町国営農地開発事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第30「議案第53号 平成21年度奥出雲町奥出雲病院事業特別会計予算提出について」を採決いたします。


 本案に対する委員長報告は、原案可決であります。


 本案は、委員長報告のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、委員長報告のとおり可決をされました。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第31 議案第54号 奥出雲町職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第32 議案第55号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について


  日程第33 議案第56号 奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第34 議案第57号 奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第35 議案第58号 奥出雲町職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第36 議案第59号 奥出雲町移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


  日程第37 議案第60号 町立奥出雲病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次は、日程第31「議案第54号奥出雲町職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第32「議案第55号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」、日程第33「議案第56号 奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第34「議案第57号 奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第35「議案第58号奥出雲町職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第36「議案第59号 奥出雲町移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」、日程第37「議案第60号 町立奥出雲病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」、以上の7議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際一括して議題といたします。提案理由の説明を求めます。最初に、佐佐木総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、佐佐木課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) ただ今一括上程いただきました議案について、議案を朗読し、説明いたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第54号


  奥出雲町職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について





 議案第55号


  奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について





 議案第56号


  奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について





 議案第57号


  奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について





 議案第58号


  奥出雲町職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、坂平情報政策課長。





○情報政策課長(坂平 海課長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、坂平課長。





○情報政策課長(坂平 海課長) ただ今一括上程いただきました、第59


 号につきまして、議案を朗読して、説明をいたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


  議案第59号


   奥出雲町移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、横田病院事務長。





○病院事務長(横田 和男事務長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、横田事務長。





○病院事務長(横田 和男事務長) それでは、一括上程いただきました議案第60号について、説明申し上げます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


  議案第60号


  町立奥出雲病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の7議案に対する質疑を行ないます。


 まず最初に、議案第54号についての質疑を行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(2番 藤原友征議員) 今までのところでは、12時15分から1時までがお休み時間だということであったのが、12時から1時までだということになりますと、12時例えば10分に用事が会って来たという分の対応はどういうようにしていただけるのかお尋ねします。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) 休憩時間になりますけれども、その時間帯に町民のサービスが低下しないように職員には申していくつもりでございます。したがいまして今までの窓口も同じでございますが、12時15分から1時の間に来られても対応させております。そのことは続けて行なうと。したがいまして12時から1時の間にお客さんがおいでになっても対応はさせていただきます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(2番 藤原 友征議員) ひとつ徹底をお願いしたいと思います。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) まずひとつは、今流行りのワークシェアリングみたいな形になっているんじゃないかというふうに思いますけれども、まず15分減るわけですけども、その分を職員の皆さんで掛け算をしていくとおよそですけれども3人ぐらいほど時間が減るんじゃないかというふうに思います。その分の補充をされたらどうかとか。あるいは今こうやって仕事がなくて非常に不景気な時です。そういう考えとか。


 あるいは普通の会社ですと、勤務時間が減ると、当然その賃金給与も減るというようなことが発生してきます。そういうふうなやり方をします。今回の場合、そのへんのとこはどうなのか。奥出雲町の給与は非常に安いということはよく承知してますけれども、そのへんのことが逆に言えば職員さん、そのへんと話し合いがきちんと出来ているのかどうか。その辺を伺います。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) 15分減るから3人ぐらい減るではないかというお話でございますけれども、実は平成19年までは7時間30分で勤務をしておりました。執務時間がですね。したがいまして逆に平成20年1月からは人数が増えたと。逆に増えたという感じで、完全に元にはかえらないけれどもまだ15分余分があるというぐらいに私は考えておりますので、現状の職員を増やすとかいうことは今考えておりません。


 それからもう1点は、賃金につきましては、先ほど申し上げましたように、8時間が7時間45分になることで、基本的には時間単位が上がって参ります。そのことについては、国の人管、県の人事院、これもそのことを承知の上でこの15分短縮しております。したがいまして職員の方もこれを承知の上でやっているということでございます。ちなみに時間外単価が15分ぐらい上がりますと、年間で24、5万ぐらい今の超過勤務手当てのアップが出てくるかというように想定はしておるところでございます。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) そうしますとないようですので、次参ります。


 議案第55号について行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次、議案第56号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、57号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次、58号について行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) この内容では少し人数が減ることが分かりますけど、21年度は20年度に比べて職員さんは5人ぐらい減るのでしょうか。ちょっとその辺が資料で分かりにくいので伺います。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) 58号では職名を削っております。これは既に昨年の4月1日から行なっております。昨年の3月の最終日に課の変更を出しておると思います。その時に保育所がなくなった。それによる職名の削除でございます。


したがいまして昨年の4月から今年のまた4月に人が5人ぐらい減るかという話しでございますけども、基本的には退職分の補充がなければその部分だけは減ってくるというように考えております。なお、まだ退職職員の発表をいたしておりませんので、この場では差し控えさせていただきたいと思います。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に参ります。議案第59号について行ないます。移動通信用鉄塔設置です。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次に参ります。60号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、7議案の質疑を終わります。


 これより、討論を行ないます。


 まず、最初に、日程第31、議案第54号について反対の方の発言を許します。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第32、議案第55号の反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第33、議案第56号の反対の方の発言を許します。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、討論を終わります。


 次に、日程第34、議案第57号についての反対の方の討論を行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に参ります。


 日程第35、議案第58号についての反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、終わります。


 次に、日程第36、議案第59号についての反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 次に、日程第37、議案第60号についての反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決を行ないます。


 日程第31「議案第54号 奥出雲町職員の勤務時間、休暇等に関する条例及び奥出雲町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第32「議案第55号 奥出雲町非常勤の職員の報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第33「議案第56号 奥出雲町特別職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第34「議案第57号 奥出雲町教育委員会教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第35「議案第58号 奥出雲町職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第36「議案第59号 奥出雲町移動通信用鉄塔施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第37「議案第60号 町立奥出雲病院事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第38 議案第61号 平成20年度奥出雲町一般会計補正予算(第9号)提出について


  日程第39 議案第62号 平成20年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計補正予算(第1号)提出について








○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第38「議案第61号 平成20年度奥出雲町一般会計補正予算(第9号)提出について」、日程第39「議案第62号 平成20年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計補正予算(第1号)提出について」、以上の2議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。小倉企画財政課長。





○企画財政課長(小倉 義幸課長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、小倉課長。





○企画財政課長(小倉 義幸課長) ただ今一括上程いただきました、議案につきまして、議案を朗読し、ご説明いたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第61号


  平成20年度奥出雲町一般会計補正予算(第9号)提出について





────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、堀江地域振興課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、堀江課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) 議案第62号につきまして、議案を朗


  読し、ご説明申し上げます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第62号


  平成20年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計補正予算(第1号)提出について





────────────────────────────────────────────


別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の2議案に対する質疑を行ないます。


 関連がありますので議案61号、62号併せて質疑を行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、福本議員。





○議員(19番 福本 修議員) 62号についてちょっと伺います。


 ただ今説明がございました。いたって使用料が上がってこないということで、料金を格安にしたと。そして大変に喜ばれたということでございますが、今年の場合は致し方ないにしましても、来年度以降の、管轄としての担当課としてどういうふうに考えておられるか。子どもらが喜んで来年も来ようと、そしてまた各大会に参加しようというような気運が盛り上がればいいがと念じておるところでございますがいかがでございましょうか。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。堀江課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) ご質問にお答えいたします。


 まず三井野原の利用につきましては、まず遠方よりお子さん方がお越しになるようになったというのは、まずもって料金設定、これが徐々に浸透してきたということが一番大きな原因だと考えております。


 また併せまして、FTTH、光ケーブルが敷設されました関係で、昨シーズンよりインターネットでパソコンでスキー場の状況がリアルタイムに見れるような形になりました。これは地元の三井野原観光協会さんのご尽力が大変大きかったわけでございますけれども、最近の観光客のニーズとして、インターネット利用が非常に進んでおるという点もございますので、昨シーズンのそういった取り組みも功を奏したのではないかと思っております。


 また来シーズン以降につきましては、さらにそういった取り組みを浸透させていくということが第一でございますし、また運営のやり方につきましても色んな皆様方とご相談をしながら、より喜ばれる形で運行を行なっていきたいというふうに考えているところでございます。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、質疑を終わります。


 次は、討論を行ないます。


 最初に、日程第38、議案第61号について反対の方の発言を許します。ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕








○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わり


 ます。


 次に、日程第39、議案第62号についての反対の方の発言を許します。ございませんか。





   〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、討論を終わります。


 これより採決を行ないます。


 日程第38「議案第61号 平成20年度奥出雲町一般会計補正予算(第9号)提出について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第39「議案第62号 平成20年度奥出雲町三井野原スキーリフト事業特別会計補正予算(第1号)提出につい


  て」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





────────────────────────────────────────────


○議長(22番 千原 祥道議員) ここで、しばらく休憩をいたします。2時35分から再開をいたします。





              午後2時23分休憩


────────────────────────────────────────────


              午後2時37分再開





○議長(22番 千原 祥道議員) そういたしますと、会議を再開いたします。


────────────────────────────────────────────





 ◎日程第40 議案第63号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第一集会所)


  日程第41 議案第64号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第二集会所)


  日程第42 議案第65号 公の施設の指定管理者の指定について(上三所西部集会所)


  日程第43 議案第66号 公の施設の指定管理者の指定について(下三所集会所)


  日程第44 議案第67号 公の施設の指定管理者の指定について(宮の町集会所)


  日程第45 議案第68号 公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)


  日程第46 議案第69号 公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)


  日程第47 議案第70号 公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)


  日程第48 議案第71号 公の施設の指定管理者の指定について(布勢高齢者センター)


  日程第49 議案第72号 公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)


  日程第50 議案第73号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)


  日程第51 議案第74号 公の施設の指定管理者の指定について(亀嵩総合交流促進施設)


  日程第52 議案第75号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰交流施設)


  日程第53 議案第76号 公の施設の指定管理者の指定について(地域資源活用総合交流促進施設)


  日程第54 議案第77号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲おろちループ道の駅施設)


  日程第55 議案第78号 公の施設の指定管理者の指定について(農林漁業体験実習施設)


  日程第56 議案第79号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)


  日程第57 議案第80号 公の施設の指定管理者の指定について(だんだん市場)


  日程第58 議案第81号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)


  日程第59 議案第82号 公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)


  日程第60 議案第83号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第40「議案第63号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第一集会所)」、日程第41「議案第64号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第二集会所)」、日程第42「議案第65号 公の施設の指定管理者の指定について(上三所西部集会所)」、日程第43「議案第66号 公の施設の指定管理者の指定について(下三所集会所)」、日程第44「議案第67号 公の施設の指定管理者の指定について(宮の町集会所)」、日程第45「議案第68号 公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)」、日程第46「議案第69号 公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)」、日程第47「議案第70号 公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)」、日程第48「議案第71号 公の施設の指定管理者の指定について(布勢高齢者センター)」、日程第49「議案第72号 公の施設の指定管理者の指定について仁多サイクリングターミナル)」、日程第50「議案第73号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)」、日程第51「議案第74号 公の施設の指定管理者の指定について(亀嵩総合交流促進施設)」、日程第52「議案第75号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰交流施設)」、日程第53「議案第76号 公の施設の指定管理者の指定について(地域資源活用総合交流促進施設)」、日程第54「議案第77号公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲おろちループ道の駅施設)」、日程第55「議案第78号 公の施設の指定管理者の指定について(農林漁業体験実習施設)」、日程第56「議案第79号 公の施設の指定管理者の指定  について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)」、日程第57「議案第80号 公の施設の指定管理者の指定について(だんだん市場)」、日程第58「議案第81号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)」、日程第59「議案第82号 公の施設の指定管理者の指定につい  て(下高尾活性化施設)」、日程第60「議案第83号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)」、以上の21議案につきましては、会議規則第37条の規定により、この際、一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。最初に、佐佐木総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、佐佐木課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) ただ今、一括上程いただきました議案について、議案を朗読し、ご説明申し上げます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第63号


  公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第一集会所)





 議案第64号


  公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第二集会所)





 議案第65号


  公の施設の指定管理者の指定について(上三所西部集会所)





 議案第66号


  公の施設の指定管理者の指定について(下三所集会所)





 議案第67号


  公の施設の指定管理者の指定について(宮の町集会所)





 議案第68号


  公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)





 議案第69号


  公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)





 議案第70号


  公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)





 議案第71号


  公の施設の指定管理者の指定について(布勢高齢者センター)


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、堀江地域振興課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、堀江課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) 一括上程いただきました議案第72号から79号につきまして、議案を朗読し、ご説明申し上げます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第72号


  公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)





 議案第73号


  公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)





 議案第74号


  公の施設の指定管理者の指定について(亀嵩総合交流促進施設)





 議案第75号


  公の施設の指定管理者の指定について(玉峰交流施設)





 議案第76号


  公の施設の指定管理者の指定について(地域資源活用総合交流促進施設)





 議案第77号


  公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲おろちループ道の駅施設)





 議案第78号


  公の施設の指定管理者の指定について(農林漁業体験実習施設)





 議案第79号


  公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)





────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、糸原農業振興課長。





○農業振興課長(糸原 敬課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、糸原課長。





○農業振興課長(糸原 敬課長) 続きまして議案第80号について、ご説


  明をいたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第80号


  公の施設の指定管理者の指定について(だんだん市場)





 議案第81号


  公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)





────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、石原農林土木課長。





○農林土木課長(石原 敬士課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、石原課長。








○農林土木課長(石原 敬士課長) 議案第82号について、説明をさせていただきます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第82号


  公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)





────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の21議案ににつきましての質疑を行ないますが、それぞれ関連がございますので、この際、21議案につきましては一括して行ないますので、どの議案でもようございますので質疑を。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) 議案第81号です。先ほどの提案説明、仁多米株式会社が指定管理者ということですね。餅加工場の件ですけれど、ちょっとこのことがはっきり説明がこれまでになかったと思っておりましたので、質問をいたしておりますが、仁多米株式会社の方が指定管理者になるということですか。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、糸原課長。





○農業振興課長(糸原 敬課長) ご質問にお答えいたします。


 指定管理者は、先ほど議案に示しておるとおり、奥出雲仁多米株式会社でございます。JA雲南につきましては、施設を利用して餅の加工を行なう利用者という位置付けになります。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、大垣議員。





○議員(5番 大垣 照子議員) そうしますと、先ごろから随分議論をして参りましたが、いわゆる餅加工場のいわゆる家賃といいますか、年間600万という部分は、これはどういうふうな形になるんでしょうか。どちらがどちらへ払うのか、ちょっとお伺いをいたします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、糸原課長。





○農業振興課長(糸原 敬課長) ご質問にお答えをいたします。


 先ほどの施設の設置条例にございますように、指定管理者を置きました場合は、施設を利用するものは利用料を指定管理者に対して支払うという形になりますので、利用する側は指定管理者である奥出雲仁多米株式会社の方に利用料を支払っていただくという形になります。


 そして町の方につきましては、施設の管理等に要するものとして、使用料として指定管理者の方から収めていただくという形になります。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(2番 藤原 友征議員) 利用者というのは誰と利用契約を結ぶのでしょうか。指定管理者なのか、それとも町なのか、お伺いします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、糸原課長。





○農業振興課長(糸原 敬課長) ご質問にお答えします。


 利用の許可は、条例に基づきまして、指定管理者を置いた場合には指定管理者が町長に代わって利用の許可をするという形になりますので、指定管理者から許可をする形になります。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) 73号なんですけども、奥出雲町ふるさと交流センター、パスカルということですが、私がちょっと記憶が間違っているかも知れませんが、確かここは奥出雲振興の関連じゃなかったかと思いますが、何かあって学園の方へ動いたか、そのへんちょっとお聞きしたいのですが。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、堀江課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) ご質問にお答えいたします。


 ご指摘のとおりパスカルにつきましては、従来奥出雲振興を指定管理者としていたところでございます。


 が、このたびは新たにリハビリテーション学院へという点でございます。パスカルの利用実態を調べますと、主にリハビリの学生が大半あるということ、また場所的にもリハビリ学院に隣接するということから、運営管理上リハビリ学園が適切ではないかということで、このたび提案をしたところでございます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、藤原議員。





○議員(3番 藤原 充博議員) そうしますと、今後引き続き一般の方の利用も出来るわけですか。食堂等は。





○議長(22番 千原 祥道議員) 堀江課長。





○地域振興課長(堀江 嗣之課長) ご利用につきましては、これまでどおり一般の方もご利用出来るという形になっております。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、福本議員。





○議員(19番 福本 修議員) 集会所の問題でございます。


 ただ今、総務課長から話しがございました将来的に集落へ払い下げるということでの話し合いに入りたいということでございましたが、ああして合併以来、旧仁多町、横田町の方も70%の過疎債利用ということで、ほとんど立派に建てていただきました。この前からあった仁多町時代のこうして町独自で建設された集会所の問題。現在の運営費の問題ですね。どういうふうなことになっておりますか。それを伺ってみたいと思います。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) お答えいたします。


 運営費については、それぞれ引き受けられた自治会の方でお持ちになっているのが実情でございます。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、岩田議員。





○議員(11番 岩田 明人議員) 関連ですけれども、今、説明がありました例えばサイクリングターミナルとか云々ということについては割合に公の場ですけれども、今の自治会の公会堂として使われておるものが指定管理者になるということは、そのへんはどういう形で指定管理者にせにゃいかんのかということ。


 逆に今度は、指定管理者じゃなくて例えば宝くじの250万でもらって建てたというようなところもあると思うんですが、そのへんの区分け。


 それから修繕が入った時の区分け。ここらへんは何かきちっとした決め事があるのかないのか、若干お尋ねがしたいと思いますけれども。





○議長(22番 千原 祥道議員) 総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) ただ今の質問にお答えいたします。


まず指定管理を何故しなくてはいけないかということでございますけれども、町が設置をしておる、条例でですね、そのもの、今の宝くじとか、過疎債でやられたのは全て地元の自治会が事業主体で地元の物でございます。


 今ここにあげました集会所は、町が設置をしまして地元が持っているというところで縦分けが違います。


 公の施設の規定がございまして、住民の福祉厚生に役立つものということで、集会施設というのは全て公の施設という位置付けになっております。


 したがって、以前は委託という方法でございましたけれども、平成17年、法律が変わりまして、それによりまして指定管理が出てきたということでございます。


それから修繕の問題でございますけれども、大体には地元でやっていただくのが本意の姿でございますけれども、何分大きな修繕が出た場合、一応話し合いをさせて いただいて町の方でやったり、あるいは地元でやっていただいたりというようなことのお話し合いをさせていただいているところでございます。


その辺のところで幾らかの意見の食い違いがある場合もございますけれども、そのへんのところも地元の皆さんとお話し合いをしながらやっていく。実際これから地元に払い下げをするものに対しましては、幾分かの修繕を行なって払い下げをするようになろうというような気がしておりますけれども、そのへんもこれからの話し合いでということでご理解をいただきたいと思います。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、岩田議員。





○議員(11番 岩田 明人議員) すいませんけど、もうちょっと聞きたいですけど、例えば、これは71号ですか。この関係でいきますと既に座板が壊れているとか云々で取り替えてもらわにゃいかん、自治会にも金がない、こういう大きな高齢者センターというものについての関係は、どのような対応をされるのかというのは、やっぱり話し合いでやられるわけなのか。


 いっぱいそういうのが出てくると思うんですけれどもね。そうすると多少の見積とか云々というのが当然出てくる。あるいは座板が落ちて怪我をしたとかというようなことがあってはならんし。そのへんの絡みですね。これだけあるといろんな状態が出てくると思いますので。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、総務課長。





○総務課長(佐佐木 幸雄課長) ご質問にお答えします。


 基本的には話し合いをベースに進めていきたいというように考えております。





○議長(22番 千原 祥道議員) 他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、一括の質疑を終わります。


 これより、討論を行ないますが、同じ議案がたくさんございますので、最初申しまして、後は議案番号で申しますのでよろしくご審議のほどお願いいたします。


 まず、議案第63号についての討論の、本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、次に参ります。


 議案第64号について、同じく討論を行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 次、65号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 66号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 67号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 68号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 69号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。


 70号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 71号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 72号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 73号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 74号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 75号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 76号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 77号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 78号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 79号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 80号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 81号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 82号。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 83号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、議案第63号から議案第83号までの21議案に対する討論を終わります。


 採決を行います。


 日程第40「議案第63号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第一集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第41「議案第64号 公の施設の指定管理者の指定について(滝ノ上第二集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第42「議案第65号 公の施設の指定管理者の指定について(上三所西部集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第43「議案第66号 公の施設の指定管理者の指定について(下三所集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第44「議案第67号 公の施設の指定管理者の指定について(宮の町集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第45「議案第68号 公の施設の指定管理者の指定について(三成団地集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。


                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第46「議案第69号 公の施設の指定管理者の指定について(林原団地集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第47「議案第70号 公の施設の指定管理者の指定について(佐白地区集会所)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第48「議案第71号 公の施設の指定管理者の指定について(布勢高齢者センター)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第49「議案第72号 公の施設の指定管理者の指定について(仁多サイクリングターミナル)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第50「議案第73号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町ふるさと交流センター)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第51「議案第74号 公の施設の指定管理者の指定について(亀嵩総合交流促進施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第52「議案第75号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰交流施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第53「議案第76号 公の施設の指定管理者の指定について(地域資源活用総合交流促進施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第54「議案第77号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲おろちループ道の駅施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第55「議案第78号 公の施設の指定管理者の指定について(農林漁業体験実習施設)」を採決いたします。


   本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第56「議案第79号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町グラウンド・ゴルフ運動場)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第57「議案第80号 公の施設の指定管理者の指定について(だんだん市場)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第58「議案第81号 公の施設の指定管理者の指定について(奥出雲町農産物処理加工施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第59「議案第82号 公の施設の指定管理者の指定について(下高尾活性化施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第60「議案第83号 公の施設の指定管理者の指定について(玉峰山森林総合利用施設)」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





────────────────────────────────────────────





 ◎日程第61 議案第84号 町道佐白北原線2号橋梁下部工工事請負変更契約締結について


  日程第62 議案第85号 町道佐白北原線道路改良工事請負変更契約締結について


  日程第63 議案第86号 町道佐白北原線道路改良工事第2期請負変更契約締結について


  日程第64 議案第87号 町道佐白北原線2号橋梁上部工(床版)工事請負契約締結について


  日程第65 議案第88号 奥出雲町立横田中学校屋内運動場大規模改修・耐震補強工事(建築主体工事)請負契約締結について


  日程第66 議案第89号 平成20年度地域住宅交付金事業奥出雲町滝の上第一団地第2期建替工事(建築主体工事)請負変更契約締結について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第61「議案第84号 町道佐白北原線2号橋梁下部工工事請負変更契約締結について」、日程第62「議案第85号 町道佐白北原線道路改良工事請負変更契約締結について」、日程第63「議案第86号 町道佐白北原線道路改良工事第2期請負変更契約締結について」、日程第64「議案第87号 町道佐白北原線2号橋梁上部工(床版)工事請負契約締結について」、日程第65「議案第88号 奥出雲町立横田中学校屋内運動場大規模改修・耐震補強工事(建築主体工事)請負契約締結について」、日程第66「議案第89号 平成20年度地域住宅交付金事業奥出雲町滝の上第一団地第2期建替工事(建築主体工事)請負変更契約締結について」、以上の6議案につきましては、会議規則第37条の規定により、一括して議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。松島建設課長。





○建設課長(松島 昭雄課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、松島課長。





○建設課長(松島 昭雄課長) ただ今、一括上程いただきました議案につきまして、議案を朗読し、説明をいたします。








 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────





 議案第84号


  町道佐白北原線2号橋梁下部工工事請負変更契約締結について





 議案第85号


  町道佐白北原線道路改良工事請負変更契約締結について





 議案第86号


  町道佐白北原線道路改良工事第2期請負変更契約締結について





 議案第87号


  町道佐白北原線2号橋梁上部工(床版)工事請負契約締結について





────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、川本教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、川本課長。





○教育課長(川本 健二課長) 一括上程いただきました議案第88号につきまして、議案を朗読し、説明いたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


 議案第88号


  奥出雲町立横田中学校屋内運動場大規模改修・耐震補強工事(建築主体工事)請負契約締結について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 続きまして、植田町民課長。





○町民課長(植田 一教課長) 議長。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、植田課長。





○町民課長(植田 一教課長) それでは続きまして、議案第89号につきまして、朗読し、ご説明申し上げます。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


 議案第89号


  平成20年度地域住宅交付金事業奥出雲町滝の上第一団地第2期建替工事(建築主体工事)請負変更契約締結について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 提案理由の説明を終わります。


 これより、ただ今の議案に対する質疑を行ないます。


 最初に、議案第84号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、85号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、86号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、87号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようでございますので、次、議案第88号について行ないます。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、福本議員。





○議員(19番 福本 修議員) 今、課長さんから話がございましたが、ただ今まで中学校改修について大変なご努力をいただきました。約7億近くの費用がいったということでした。ちょっと概略でいいですが、詳細、補助金等、町費、その他一般財源、分かりましたらちょっと教えてください。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、教育課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えします。


 今年度の事業につきましては、耐震の特別補償によりまして補助金が3分の2でございます。大規模改修及び耐震補強、3分の2。残ったものにつきましては、合併特例債を充当しております。


 これまでにつきましては、そういった補助制度がございませんでしたので、大規模改修が3分の1、それから耐震補強工事は2分の1という補助率で交付をいただいております。細かい数字は持っておりませんで申し訳ございませんが。





○議員(19番 福本 修議員) あとで、それじゃあまた伺います。





○教育課長(川本 健二課長) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





               〔「議長」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、山根議員。





○議員(1番 山根 里美議員) 1番。


 完成までが10月末の工事だということですが、その間の利用は出来ないので外でするということになるのでしょうか。代替の施設みたいなことはどうなるのかと思ったのでお聞きします。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、川本課長。





○教育課長(川本 健二課長) お答えいたします。


 代替の施設につきましては、横田小学校と八川小学校の時間を調整させていただきまして、利用するように計画しております。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。他にございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、次、89号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 議案第84号に対する反対の方の発言を許します。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次、議案85号について討論を行ないます。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次、86号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、87号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、88号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。次、89号について行ないます。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、議案に対する討論を終わります。


 採決を行ないます。


 日程第61「議案第84号 町道佐白北原線2号橋梁下部工工事請負変更契約締結について」を採決いたします。


   本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第62「議案第85号 町道佐白北原線道路改良工事請負変更契約締結について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第63「議案第86号 町道佐白北原線道路改良工事第2期請負変更契約締結について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第64「議案第87号 町道佐白北原線2号橋梁上部工(床版)工事請負契約締結について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第65「議案第88号 奥出雲町立横田中学校屋内運動場大規模改修・耐震補強工事(建築主体工事)請負契約締結について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第66「議案第89号 平成20年度地域住宅交付金事業奥出雲町滝の上第一団地第2期建替工事(建築主体工事)請負変更契約締結について」を採決いたします。


   本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決をされました。





────────────────────────────────────────────





◎日程第67 発議第2号 奥出雲町議会議員の議員報酬及び費用弁償支給条例の


       一部を改正する条例制定について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次、日程第67「発議第2号 奥出雲町議


  会議員の議員報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」を議


  題といたします。


     提案理由の説明を求めます。15番、渡部雅男議員。





○議員(15番 渡部 雅男議員) はい。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、渡部議員。





○議員(15番 渡部 雅男議員) 発議第2号について、議案を朗読し、説明


  いたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


 発議第2号


  奥出雲町議会議員の議員報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について


────────────────────────────────────────────


 別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、提案理由の説明を終わります。


 これより、本案に対する質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) ございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 日程第67、発議第2号について討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようですので、本案に対する討論を終わります。


 これより採決を行ないます。


 日程第67「発議第2号 奥出雲町議会議員の議員報酬及び費用弁償支給条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。








   〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


     よって本案は、原案のとおり可決されました。





────────────────────────────────────────────





◎日程第68 発議第3号 奥出雲町監査委員条例の一部を改正する条例制定について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第68「発議第3号 奥出雲町監査委員条例の一部を改正する条例制定について」を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。9番、小早川正彰議員。





○議員(9番 小早川 正彰議員) 9番。





○議長(22番 千原 祥道議員) はい、小早川議員。





○議員(9番 小早川 正彰議員) 発議第3号について、提案理由の説明をいたします。





 提案理由の説明


────────────────────────────────────────────


 発議第3号


  奥出雲町監査委員条例の一部を改正する条例制定について


────────────────────────────────────────────


別紙:議案





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、提案理由の説明を終わります。


 これより、本案に対する質疑を行ないます。





○議長(22番 千原 祥道議員) 質疑はございませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ないようですので、質疑を終わります。


 討論を行ないます。


 日程第68、発議第3号について討論を行ないます。


 本案に反対の方の発言を許します。ありませんか。





              〔「ありません」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) はい。ないようでございますので、本案に対する討論を終わります。


これより採決を行ないます。


 日程第68「発議第3号 奥出雲町監査委員条例の一部を改正する条例制定について」を採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の方は挙手を願います。





                  〔挙手全員〕





○議長(22番 千原 祥道議員) 挙手全員です。


 よって本案は、原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────────





◎日程第69 閉会中の継続審査及び継続調査の申し出について





○議長(22番 千原 祥道議員) 次に、日程第69「閉会中の継続審査及び


 継続調査の申し出について」を議題といたします。


 お諮りをいたします。


 会議規則第75条の規定により、お手元に配布いたしました申出書のとおり閉会中の継続審査及び継続調査の申し出があっております。


 申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに、ご異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○議長(22番 千原 祥道議員) ご異議なしと認めます。


 よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び継続調査とすることに決しました。


────────────────────────────────────────────





○議長(22番 千原 祥道議員) 以上で、本定例会に付議されました議案の


 審議は、全て終了いたしました。


 これにて、平成21年第1回奥出雲町議会定例会を閉会といたします。


 ご苦労様でした。





              午後3時53分閉会


────────────────────────────────────────────





┌──────────────────────────────────────────────┐


│                                              │


│ 会議の経過を記載してその相違ないことを証するため、ここに署名する。            │


│                                              │


│   平成   年   月   日                             │


│                                              │


│議  長                                          │


│                                              │


│                                              │


│署名議員                                          │


│                                              │


│                                              │


│署名議員                                          │


│                                              │


└──────────────────────────────────────────────┘