議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 雲南市

平成20年第3回臨時会 (第1日11月28日)




平成20年第3回臨時会 (第1日11月28日)





雲南市告示第258号


平成20年第3回雲南市議会臨時会を次のとおり招集する


   平成20年11月20日


                            雲南市長 速 水 雄 一


1 期  日  平成20年11月28日


2 場  所  雲南市役所議場


3 付議事件


(1)議会構成がえについて


(2)雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについて


(3)市営住宅入居者への債務履行請求等の提訴に関する専決処分の報告について


(4)工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告について


     ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


       佐 藤 隆 司            周 藤 正 志


       山 崎 英 志            高 橋 雅 彦


       西 村 雄一郎            細 木 和 幸


       土 江 良 治            安 井   誉


       福 島 光 浩            藤 原 政 文


       加 藤 欽 也            細 田   實


       藤 原 信 宏            山 ? 正 幸


       堀 江   眞            村 尾 晴 子


       周 藤   強            堀 江 治 之


       光 谷 由紀子            小 林 眞 二


       石 川 幸 男            吉 井   傳


       深 田 徳 夫            板 持 達 夫


     ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


      な し


    ───────────────────────────────





 



────────────────────────────────────────


   平成20年第3回(臨時)雲 南 市 議 会 会 議 録(第1日)


                           平成20年11月28日(金曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第1号)


                       平成20年11月28日 午前9時30分開会


日程第   1 仮議席の指定


日程第   2 議長の選挙


     ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第   1 仮議席の指定


日程第   2 議長の選挙


追加日程第 1 会議録署名議員の指名


追加日程第 2 会期の決定


追加日程第 3 副議長の選挙


追加日程第 4 議席の指定


追加日程第 5 常任委員会委員の選任


追加日程第 6 常任委員会委員長、副委員長の互選


追加日程第 7 議長の常任委員辞任


追加日程第 8 議会運営委員会委員の選任


追加日程第 9 議会運営委員会委員長、副委員長の互選


追加日程第10 ダム対策特別委員会の設置


追加日程第11 ダム対策特別委員会委員の選任


追加日程第12 ダム対策特別委員会委員長、副委員長の互選


追加日程第13 議会広報編集委員会の設置


追加日程第14 議会広報編集委員会委員の選任


追加日程第15 議会広報編集委員会委員長、副委員長の互選


追加日程第16 一部事務組合議会議員の選挙


追加日程第17 雲南広域連合議会議員の選挙


追加日程第18 各種委員等の選出


追加日程第19 同意第 3号 雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについて


追加日程第20 報告第14号 市営住宅入居者への債務履行請求等の提訴に関する専決


               処分の報告について


追加日程第21 報告第15号 工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告につい


               て


     ───────────────────────────────


               出席議員(24名)


      1番 佐 藤 隆 司       2番 周 藤 正 志


      3番 山 崎 英 志       4番 高 橋 雅 彦


      5番 西 村 雄一郎       6番 細 木 和 幸


      7番 土 江 良 治       8番 安 井   誉


      9番 福 島 光 浩      10番 藤 原 政 文


     11番 加 藤 欽 也      12番 細 田   實


     13番 藤 原 信 宏      14番 山 ? 正 幸


     15番 堀 江   眞      16番 村 尾 晴 子


     17番 周 藤   強      18番 堀 江 治 之


     19番 光 谷 由紀子      20番 小 林 眞 二


     21番 石 川 幸 男      22番 吉 井   傳


     23番 深 田 徳 夫      24番 板 持 達 夫


     ───────────────────────────────


              欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


議会事務局長 ──── 新   一 幸  書記 ──────── 森 山   康


議会事務局次長 ─── 加 納   昴


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


市長 ──────── 速 水 雄 一  副市長 ─────── 影 山 喜 文


教育長 ─────── 土 江 博 昭  政策企画部長 ──── 渡 部 彰 夫


総務部長 ────── 本 間 良 一  市民部長 ────── 周 藤 喜 好


健康福祉部長 ──── 安 部 幸 治  産業振興部長 ──── 小 林 健 治


建設部長 ────── 苅 田 好 雄  会計管理者 ───── 須 山 哲 好


水道局長 ────── 片 寄 邦 良  教育部長 ────── 坂 本 武 男


大東総合センター所長  高 橋 克 明  加茂総合センター所長  杉 原 佳 林


木次総合センター所長  周 藤 靖 之  三刀屋総合センター所長 名 原 圭 治


吉田総合センター所長  天 根 定 幸  掛合総合センター所長  松 村 千 弘


総務部次長 ───── 長谷川 和 男  財政課長 ────── 小 山   伸


    ───────────────────────────────


               午前9時30分


○事務局長(新 一幸君) おはようございます。議会事務局長の新でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 本臨時会は、一般選挙後、初めての議会でございます。議長が選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職務を行うこととなっております。


 年長の安井誉議員を御紹介いたします。


 安井誉議員、よろしくお願いいたします。議長席に御登壇ください。


               〔臨時議長着席〕


○臨時議長(安井 誉君) ただいま紹介をされました安井誉でございます。


 これから地方自治法第107条の規定によりまして、臨時に議長の職務を行います。どうぞよろしくお願いいたします。


 ここで、開議に先立ちまして御当選の栄誉により議席を得られました議員の皆様、続いて執行部の皆様、それぞれから簡単に自己紹介をいただき、その後、市長のごあいさつをお願いしたいと思います。いかがでしょうか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(安井 誉君) 御異議がないようでありますので、最初に議員の皆様に御着席順に、順次お願いしたいと思います。


               〔議員 自己紹介〕


○臨時議長(安井 誉君) 議員の皆様の自己紹介が終わりました。


 続きまして、執行部の皆様にお願いをしたいと思います。


              〔執行部 自己紹介〕


○臨時議長(安井 誉君) ありがとうございます。


 続いて、市長のごあいさつをお願いいたします。


 市長。


○市長(速水 雄一君) おはようございます。市長の速水でございます。


 本日、雲南市政2期目の任期初日に、第3回雲南市議会臨時議会が開会されるに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 まずもって、議員の皆様におかれましては、先般執行されました市議会議員選挙におかれまして多くの市民の皆様の負託を受けられ、当選の栄に浴されました。心からお喜びを申し上げます。どうか市民の皆様の負託にこたえるべく、市政発展のために全力を尽くされることを心から祈念をいたしております。


 また、私もこのたびの市長選挙におきまして市民の皆様を初め各方面の方々からの力強い御支援を賜りまして当選をさせていただきました。今後は、この私に課せられました重責を果たすべく、雲南市ならではこそのまちづくりに全力を尽くす所存でございます。


 市政を運営していく上での所信につきましては、12月定例会の場で詳しく述べさせていただきますけれども、これからの4年間は雲南市の発展にとりまして極めて重要な時期と認識いたしております。これまでの4年間に培ってまいりました市民の皆様との協働の精神によるまちづくりを進めるならば、必ずや市民の皆様が本当に雲南市になってよかったと心から思っていただけるまちづくりが実現できるものと確信いたしております。何とぞ議員の皆様におかれましては格別の御理解、御協力、御尽力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。


 今臨時会は、議会構成を決定されますことが主な内容でございますけれども、後ほど同意案件1件、報告案件2件の議案を提出させていただきたいと考えております。何とぞ慎重審議の上、御同意、御承認を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げまして、開会のごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。


    ───────────────────────────────


              午前9時40分開会


○臨時議長(安井 誉君) ただいまの出席議員は24名であります。定足数に達しておりますので、これより平成20年第3回雲南市議会臨時会を開会をいたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付いたしております。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 仮議席の指定





○臨時議長(安井 誉君) 日程第1、仮議席の指定を行います。


 仮議席は、ただいま御着席の議席といたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 議長の選挙





○臨時議長(安井 誉君) 日程第2、議長の選挙を行います。


 選挙は、地方自治法第118条第1項の規定により、投票で行うことといたします。


 議場の閉鎖を命じます。


                〔議場閉鎖〕


○臨時議長(安井 誉君) ただいまの出席議員は24名であります。


 次に、立会人を指名いたします。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番、佐藤隆司君及び2番、周藤正志君を指名いたします。


 投票用紙を配付いたします。


               〔投票用紙配付〕


○臨時議長(安井 誉君) 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、同姓の方がおられますので、姓だけではなく名前までお書きください。また、白票は無効とさせていただきます。


 投票用紙の配付漏れございませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(安井 誉君) 配付漏れはなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


                〔投票箱点検〕


○臨時議長(安井 誉君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順番に投票をお願いいたします。


             〔事務局長点呼、議員投票〕


    ───────────────────────────────


     1番 佐藤 隆司君   2番 周藤 正志君   3番 山崎 英志君


     4番 高橋 雅彦君   5番 西村雄一郎君   6番 細木 和幸君


     7番 土江 良治君   8番 安井  誉君   9番 福島 光浩君


    10番 藤原 政文君  11番 加藤 欽也君  12番 細田  實君


    13番 藤原 信宏君  14番 山? 正幸君  15番 堀江  眞君


    16番 村尾 晴子君  17番 周藤  強君  18番 堀江 治之君


    19番 光谷由紀子君  20番 小林 眞二君  21番 石川 幸男君


    22番 吉井  傳君  23番 深田 徳夫君  24番 板持 達夫君


    ───────────────────────────────


○臨時議長(安井 誉君) 投票漏れはありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○臨時議長(安井 誉君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。


 ただいまから開票を行います。1番、佐藤隆司君及び2番、周藤正志君の開票の立会をお願いいたします。


                〔開  票〕


○臨時議長(安井 誉君) 選挙の結果を報告します。


 投票総数24票、有効投票24票、無効投票、ありませんでした。


 有効投票のうち、堀江眞君23票、光谷由紀子君1票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。よって、堀江眞君が議長に当選をされました。


 議場の閉鎖を解きます。


                〔議場開鎖〕


○臨時議長(安井 誉君) ただいま議長に当選されました堀江眞君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 議長に当選されました堀江眞君のごあいさつをお願いいたします。


 堀江眞君。


○議員(15番 堀江 眞君) 堀江眞でございます。


 先ほどは、皆様方の清き一票を投じていただきまして、議長に当選をさせていただきました。心から感謝を申し上げたいと思います。ありがとうございました。また、ただいまは安井議長さんの方から当選の告知をいただきました。謹んで引き受けさせていただきたいと思います。


 今次選挙は、550平方キロという雲南市一本になった選挙でございまして、大変厳しい選挙戦でございまして、ここにこうしてお集まりの議員各位におかれましては、大変この厳しい選挙戦を勝ち抜いてこられた精鋭でございます。皆様方、前線でお一人お一人からさまざまな負託を受けてこの席にお座りのことと思いますけども、皆様方が存分に活躍されて、市民各位の負託に少しでもこたえられるように、議会運営の方も議長として精いっぱい努力していく覚悟でございます。この上とも御協力を賜りますように、心からお願いを申し上げたいと思います。


 また、終わりになりましたが、昨日まで前議会が継続しておりました。雲南市発足以来、雲南市議会の礎を築いていただきました吾郷廣幸前議長さん、深石広正前副議長さんを初め前任期で御勇退に相なりました議員各位に心から深甚なる敬意と感謝を申し上げ、またこれから御健勝にて御指導賜りますようにお願い申し上げ、大変粗辞でございますけども、就任のごあいさつにさせていただきたいと思います。ありがとうございました。(拍手)


○臨時議長(安井 誉君) これをもって臨時議長の職務を全部終了させていただきました。皆さんの御協力、まことにありがとうございました。(拍手)


 議長、議長席にお着き願います。


             〔臨時議長退席、議長着席〕


○議長(堀江 眞君) では、よろしくお願いをいたします。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(堀江 眞君) お諮りいたします。ただいまお手元に配付しましたとおり、追加日程第1、会議録署名議員の指名から、追加日程第6、常任委員会委員長、副委員長の互選までの6件を議事日程に追加し、議題にしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、追加日程第1、会議録署名議員の指名から、追加日程第6、常任委員会委員長、副委員長の互選までの6件を議事日程に追加し、議題とすることに決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(堀江 眞君) 追加日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、雲南市議会会議規則第80条の規定により、3番、山崎英志君、4番、高橋雅彦君を指名いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第2 会期の決定





○議長(堀江 眞君) 追加日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日間と決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第3 副議長の選挙





○議長(堀江 眞君) 追加日程第3、副議長の選挙を行います。


 選挙は、地方自治法第118条第1項の規定により、投票で行うことといたします。


 議場の閉鎖を命じます。


                〔議場閉鎖〕


○議長(堀江 眞君) ただいまの出席議員は24名であります。


 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に、1番、佐藤隆司君及び2番、周藤正志君を指名いたします。


 投票用紙を配付します。


               〔投票用紙配付〕


○議長(堀江 眞君) 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。なお、同姓の方がおられますので、姓だけでなく名前までお書きください。また、白票は無効といたします。


 投票用紙の配付漏れはありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 配付漏れなしと認めます。


 投票箱を点検いたします。


                〔投票箱点検〕


○議長(堀江 眞君) 異状なしと認めます。


 ただいまから投票を行います。


 事務局長が議席番号と氏名を読み上げますので、順番に投票願います。


○事務局長(新 一幸君) お名前を読み上げますので、順次御投票をよろしくお願いいたします。


             〔事務局長点呼、議員投票〕


    ───────────────────────────────


     1番 佐藤 隆司君   2番 周藤 正志君   3番 山崎 英志君


     4番 高橋 雅彦君   5番 西村雄一郎君   6番 細木 和幸君


     7番 土江 良治君   8番 安井  誉君   9番 福島 光浩君


    10番 藤原 政文君  11番 加藤 欽也君  12番 細田  實君


    13番 藤原 信宏君  14番 山? 正幸君  15番 堀江  眞君


    16番 村尾 晴子君  17番 周藤  強君  18番 堀江 治之君


    19番 光谷由紀子君  20番 小林 眞二君  21番 石川 幸男君


    22番 吉井  傳君  23番 深田 徳夫君  24番 板持 達夫君


    ───────────────────────────────


○議長(堀江 眞君) 投票漏れはありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 投票漏れなしと認めます。投票を終わります。


 ただいまから開票を行います。1番、佐藤隆司君及び2番、周藤正志君、開票の立会をお願いいたします。


                〔開  票〕


○議長(堀江 眞君) 選挙の結果を報告いたします。


 投票総数24票、有効投票24票、無効投票ゼロ。


 有効投票のうち、石川幸男君24票、以上のとおりであります。


 この選挙の法定得票数は6票であります。有効投票数の4分の1以上ということでございまして、よって、石川幸男君が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。


                〔議場開鎖〕


○議長(堀江 眞君) ただいま副議長に当選されました石川幸男君が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により当選の告知をいたします。


 副議長に当選されました石川幸男君のごあいさつをお願いいたします。


 石川幸男君。


○議員(21番 石川 幸男君) 大東町出身の石川幸男でございます。一言ごあいさつ申し上げます。


 ただいまは、本市議会副議長選挙におきまして、不肖私が議員各位の御支持によりまして副議長に選ばれましたことは、この上ない光栄に存じますとともに、責任の重大さを痛感しているところでございます。もとより浅学非才の身ではありますが、幸いにいたしまして議長には人格、識見ともに卓越した堀江眞氏が御就任になりました。議会が公正に、かつ円滑に運営されますよう、議長とともに誠心誠意努力する所存でございます。


 住民の代表として議会が信頼されるように尽力することをお誓いし、議員各位の御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げまして、就任のごあいさつとさせていただきます。どうも大変ありがとうございました。(拍手)


○議長(堀江 眞君) ここで暫時休憩といたします。この場でお待ちいただきたいと思います。


             午前10時09分休憩


    ───────────────────────────────


             午前10時12分再開


○議長(堀江 眞君) それでは、再開をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第4 議席の指定





○議長(堀江 眞君) 追加日程第4、議席の指定を行います。


 議席は、会議規則第4条の規定により、お手元に配付いたしました議席表によって指定いたします。


 それでは、ただいま決定いたしました議席にそれぞれお着き願います。


 ここで暫時休憩といたします。


             午前10時13分休憩


    ───────────────────────────────


             午前11時11分再開


○議長(堀江 眞君) それでは、再開をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第5 常任委員会委員の選任





○議長(堀江 眞君) 追加日程第5、常任委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りいたします。常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、常任委員会委員の選任は、議長が指名することに決定いたしました。


 お諮りいたします。常任委員会の委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を各常任委員会委員に指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 御異議なしと認めます。よって、常任委員会委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を各常任委員会委員に選任することに決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第6 常任委員会委員長、副委員長の互選





○議長(堀江 眞君) 追加日程第6、常任委員会委員長、副委員長の互選を議題といたします。


 常任委員会の委員長及び副委員長は、会議規則第9条第2項の規定により、委員会において互選することとなっております。それぞれの常任委員会において委員長、副委員長の互選をしていただき、決定次第、事務局まで御報告願います。


 ここで暫時休憩いたします。再開の時間は、追って御通知を申し上げます。休憩いたします。


             午前11時13分休憩


    ───────────────────────────────


             午後 1時25分再開


○議長(堀江 眞君) それでは、再開をいたします。


 お諮りします。各常任委員会の委員長及び副委員長は、お手元に配付した名簿のとおりであります。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 御異議なしと認めます。よって、各常任委員会委員長及び副委員長については、お手元に配付した名簿のとおり決定いたしました。


 ここで暫時休憩といたします。この場でお願いをいたしたいと思います。


              午後1時25分休憩


    ───────────────────────────────


              午後1時28分再開


○副議長(石川 幸男君) 本会議を再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第7 議長の常任委員辞任





○副議長(石川 幸男君) ただいま議長、堀江眞君から常任委員会委員の辞任願が提出されました。


 お諮りします。議長の常任委員辞任について、お手元に配付したとおり、日程に追加し、議題とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(石川 幸男君) 異議なしと認めます。よって、議長の常任委員辞任について日程に追加し、議題とすることに決定しました。


 追加日程第7、議長の常任委員辞任を議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、24番、堀江眞君の退場を命じます。


             〔24番 堀江 眞君退場〕


○副議長(石川 幸男君) 委員会条例第14条の規定により、委員が辞任しようとするときは議会の許可を得なければならないこととなっております。


 お諮りします。堀江眞議長の産業建設常任委員会委員の辞任について、これを許可することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○副議長(石川 幸男君) 御異議なしと認めます。よって、議長、堀江眞君の常任委員会委員の辞任について、これを許可することに決しました。


 堀江眞君の除斥を解除いたします。


             〔24番 堀江 眞君入場〕


○副議長(石川 幸男君) ここで暫時休憩いたします。


              午後1時31分休憩


    ───────────────────────────────


              午後1時31分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(堀江 眞君) お諮りします。ただいまお手元に配付しましたとおり、追加日程第8、議会運営委員会委員の選任と、追加日程第9、議会運営委員長、副委員長の互選の2件を日程に追加し、議題にしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、追加日程第8、議会運営委員会委員の選任と、追加日程第9、議会運営委員長、副委員長の互選の2件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第8 議会運営委員会委員の選任





○議長(堀江 眞君) 追加日程第8、議会運営委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りいたします。議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名することになっております。各常任委員会から委員長を含む2名ずつを選出していただき、議長が指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員の選任については、各常任委員会から委員長を含む2名ずつを選出することに決定しました。


 直ちに各常任委員会において議会運営委員会委員を選出していただき、事務局まで報告願います。


 暫時休憩といたします。


              午後1時34分休憩


    ───────────────────────────────


              午後2時30分再開


○議長(堀江 眞君) それでは、再び再開をいたします。


 議会運営委員会委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員の選任は、お手元に配付した名簿のとおり決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第9 議会運営委員会委員長、副委員長の互選





○議長(堀江 眞君) 追加日程第9、議会運営委員会委員長、副委員長の互選についてを議題といたします。


 議会運営委員会委員長及び副委員長の選任については、委員会条例第9条第2項の規定により、委員会で互選することとなっております。


 直ちに委員会を開き、正副委員長の互選を行い、その結果を事務局へ報告、お願いをいたします。


 暫時休憩といたします。


              午後2時31分休憩


    ───────────────────────────────


              午後2時42分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 議会運営委員会の委員長及び副委員長は、お手元に配付した名簿のとおりであります。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会運営委員会の委員長及び副委員長については、お手元に配付した名簿のとおり決定いたしました。


 ここで暫時休憩いたします。


              午後2時42分休憩


    ───────────────────────────────


              午後3時46分再開


○議長(堀江 眞君) お待たせいたしました。再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(堀江 眞君) お諮りいたします。ただいまお手元に配付しましたとおり、追加日程第10、ダム対策特別委員会の設置から、追加日程第18、各種委員等の選出までの9件を日程に追加し、議題にしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、追加日程第10、ダム対策特別委員会の設置から、追加日程第18、各種委員等の選出までの9件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第10 ダム対策特別委員会の設置





○議長(堀江 眞君) 追加日程第10、ダム対策特別委員会の設置を議題といたします。


 お諮りします。委員会条例第6条の規定により、尾原ダム対策に関する調査研究について、6名の委員をもって構成するダム対策特別委員会を設置し、これに付託の上、調査することとし、調査期間は調査終了までとしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、尾原ダム対策に関する調査研究については、6名の委員をもって構成するダム対策特別委員会を設置し、これに付託の上、調査することとし、調査期間は調査終了までとすることに決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第11 ダム対策特別委員会委員の選任





○議長(堀江 眞君) 追加日程第11、ダム対策特別委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りします。ダム対策特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、ダム対策特別委員会委員の選任は、議長が指名することに決定しました。


 お諮りします。ダム対策特別委員会の委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


 8番、安井議員。


○議員(8番 安井 誉君) けさからいろいろな委員会等々が決まりました。その中で私がお尋ねしてみたいことは、この文章の、配付のとおりであります、見てくださいということですけども、本会議において委員長、副委員長、やはり常任委員会も決定した段階で、議長が名前を読み上げてきちっとやるべきだと私は思うことが一つと、議事録の整理はいかがしてされますか。今、議長さんからおっしゃったことはテープにとられた。しかし、名前はとられておりません。そのときに、それは事務局がこれを見て書かれるかもしれませんけども、それではやはり本会議としては取り扱いがどうも私、合点がいかんと思っていますので、ちょっとお尋ねしてみたいと思います。


○議長(堀江 眞君) ただいま御意見をいただきましたけども、議事録的にはどうも問題はないようでございます。ですので、今後また議運等でも検討させていただきますけども、今議会についてはこれまでのとおり名簿配付でもってかえさせていただいて、こちらの整理的には問題ないということですので、これでやらせていただきたいと思います。よろしゅうございましょうか。


○議員(8番 安井 誉君) はい、了解。


○議長(堀江 眞君) よろしゅうございますでしょうか。


 それでは、どこまで行ったかということですけど、指名をいたしました。ということで、名簿の配付でお願いをさせていただいておりまして、名簿の配付のとおり異議はありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、ダム対策特別委員会委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を決定させていただきます。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第12 ダム対策特別委員会委員長、副委員長の互選





○議長(堀江 眞君) 続いて、追加日程第12、ダム対策特別委員会委員長、副委員長の互選を議題といたします。


 ダム対策特別委員会の委員長及び副委員長は、会議規則第9条第2項の規定により、委員会において互選することとなっております。


 ダム対策特別委員会において委員長、副委員長の互選をしていただき、決定次第、事務局まで御報告願います。


 ここで暫時休憩といたします。


              午後3時52分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時01分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 お諮りします。ダム対策特別委員会の委員長及び副委員長は、お手元に配付した名簿のとおりであります。御確認いただきまして、これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、ダム対策特別委員会委員長及び副委員長については、お手元に配付した名簿のとおり決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第13 議会広報編集委員会の設置





○議長(堀江 眞君) 追加日程第13、議会広報編集委員会の設置を議題といたします。


 お諮りします。委員会条例第6条の規定により、議会広報に関する調査研究について、議会運営委員長を含む7名の委員をもって構成する議会広報編集委員会を設置し、これに付託の上、調査することとし、調査期間は調査終了までとしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会広報に関する調査研究については、議会運営委員長を含む7名の委員をもって構成する議会広報編集委員会を設置し、これに付託の上、調査することとし、調査期間は調査終了までとすることに決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第14 議会広報編集委員会委員の選任





○議長(堀江 眞君) 追加日程第14、議会広報編集委員会委員の選任を議題といたします。


 お諮りします。議会広報編集委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長が指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会広報編集委員会委員の選任は、議長が指名することに決定しました。


 お諮りします。議会広報編集委員会の委員の選任については、お手元に配付した名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会広報編集委員会委員の選任については、お手元に配付した名簿の方に決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第15 議会広報編集委員会委員長、副委員長の互選





○議長(堀江 眞君) 追加日程第15、議会広報編集委員会委員長、副委員長の互選を議題といたします。


 議会広報編集委員会の委員長及び副委員長は、会議規則第9条第2項の規定により、委員会において互選することとなっております。


 議会広報編集委員会において委員長、副委員長の互選をしていただき、決定次第、事務局まで御報告願います。


 ここで暫時休憩いたします。


              午後4時05分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時12分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 お諮りします。議会広報編集委員会の委員長及び副委員長は、お手元に配付した名簿のとおりであります。御確認をいただきたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、議会広報編集委員会委員長及び副委員長については、お手元に配付したとおり決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第16 一部事務組合議会議員の選挙





○議長(堀江 眞君) 追加日程第16、一部事務組合議会議員の選挙を議題といたします。


 一部事務組合議会議員の選出については、地方自治法第287条第1項第5号の規定により、選挙により選出することとなっております。選出いただく議員については、雲南市・飯南町事務組合議会議員、公立雲南総合病院組合議会議員、雲南消防組合議会議員、雲南環境衛生組合議会議員、それぞれ6名ずつであります。


 選挙の方法として、各町代表者1名ずつの6名で構成された選考委員会において選出いただいた方をもって議長が指名するように扱いたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、一部事務組合議会議員の選挙については、各町代表者1名ずつの6名で構成された選考委員会において選出いただいた方を議長が指名することに決定いたしました。


 直ちに各町ごとに1名の選考委員を決定の上、選考委員会を開催し、一部事務組合議会議員の選出をお願いします。


 ここで暫時休憩いたします。


              午後4時14分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時24分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 お諮りします。一部事務組合議会議員の選挙については、お手元に配付しました名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、一部事務組合議会議員の選挙については、お手元に配付しました名簿の方を選出することに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第17 雲南広域連合議会議員の選挙





○議長(堀江 眞君) 追加日程第17、雲南広域連合議会議員の選挙を議題といたします。


 雲南広域連合議会議員の選出については、地方自治法第291条の4第1項第7号の規定により、選挙により選出することになっております。選出いただく議員については6名であります。


 選挙の方法として、選考委員会において選出いただいた方をもって議長が指名するように扱いたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、雲南広域連合議会議員の選挙については、選考委員会において選出いただいた方を議長が指名することに決定しました。


 直ちに選考委員会を開催し、雲南広域連合議会議員の選出を行い、事務局まで報告願います。


 ここで暫時休憩いたします。


              午後4時25分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時30分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 本日の会議は、あらかじめ時間を延長させていただきます。


 お諮りいたします。雲南広域連合議会議員の選挙については、お手元に配付しました名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、雲南広域連合議会議員の選挙については、お手元に配付しました名簿の方を選出することに決定いたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第18 各種委員等の選出





○議長(堀江 眞君) 追加日程第18、各種委員等の選出についてを議題といたします。


 各種委員会委員等の選出については、所管常任委員会で選出いただいた方を議長が指名するように扱いたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、各種委員会委員等の選出については、所管常任委員会で選出いただいた方を議長が指名することに決定しました。


 直ちに各常任委員会を開催し、委員を選出いただき、事務局まで報告願います。


 ここで暫時休憩をいたします。


              午後4時31分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時32分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


 各種委員会委員等の選出については、お手元に配付した名簿の方を指名したいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、各種委員会委員等の選出については、お手元に配付した名簿の方を議会推薦とすることに決定いたしました。


 ここで暫時休憩といたします。


              午後4時33分休憩


    ───────────────────────────────


              午後5時17分再開


○議長(堀江 眞君) 再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(堀江 眞君) お諮りいたします。ただいまお手元に配付いたしましたとおり、追加日程第19、同意第3号、雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについてから、追加日程第21、報告第15号、工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告についてまでの3件を日程に追加し、議題にしたいと思います。これに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 異議なしと認めます。よって、追加日程第19、同意第3号、雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについてから、追加日程第21、報告第15号、工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告についてまでの3件を日程に追加し、議題とすることに決定しました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第19 同意第3号





○議長(堀江 眞君) 追加日程第19、同意第3号、雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。


 ここで、地方自治法第117条の規定により、22番、板持達夫君の退場を求めます。


             〔22番 板持達夫君退場〕


○議長(堀江 眞君) 提出者から提案理由の説明を求めます。


 影山副市長。


○副市長(影山 喜文君) それでは、御説明を申し上げます。


 同意第3号、雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについて。雲南市監査委員に次の者を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意を求める。住所、雲南市木次町里方84番地42。氏名、板持達夫。昭和19年3月1日生まれ。議会選出でございます。平成20年11月28日提出。雲南市長、速水雄一。


 板持氏は、旧木次町職員を30年11カ月お勤めでございます。そして旧木次町議会議員を2期、また雲南市議会議員2期目でございます。どうか御選任につきまして同意をよろしくお願い申し上げます。


○議長(堀江 眞君) 説明が終わりました。


 これより質疑を行います。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) ないようですので、質疑を終わります。


 これより採決を行います。


 この採決は、起立によって行います。


 本件に同意することに賛成の方は、御起立をお願いいたします。


                〔賛成者起立〕


○議長(堀江 眞君) 起立全員であります。よって、同意第3号、雲南市監査委員の選任につき同意を求めることについては、原案に同意することに決定いたしました。


 ここで板持達夫君の復席を認めます。


             〔22番 板持達夫君入場〕


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第20 報告第14号





○議長(堀江 眞君) 追加日程第20、報告第14号、市営住宅入居者への債務履行請求等の提訴に関する専決処分の報告についてを議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) この報告事項につきましては、専決処分事項の指定についてということで、平成18年3月24日に議決をいただいております。その中の、地方自治法第180条第1項の規定により市長において専決処分することができる事項を次のとおり定めるという中の4項に「市営住宅の家賃その他市営住宅賃貸借契約から生ずる入居者の債務の履行の請求又は市営住宅の明渡しの請求に係る訴えの提起、和解及び調停に関すること」ということになっておりますので、これから報告をいたします。


 報告第14号、市営住宅入居者への債務履行請求等の提訴に関する専決処分の報告について。地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている事項について別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定により報告する。平成20年11月28日提出。雲南市長、速水雄一。


 専決処分書。地方自治法第180条第1項の規定に基づき、議会の議決において指定されている事項について、次のとおり専決処分する。平成20年10月9日。雲南市長、速水雄一。


 市は、市営住宅家賃等の長期にわたる滞納者であって、その滞納につき誠意ある履行を行わない下記の者に対し、市営住宅の明け渡し等を求め、訴えを提起するものとする。記。1、被告となるべき相手方の住所、氏名。雲南市三刀屋町三刀屋1222の33、基町団地65号、山野内美弘。2、市は訴訟の進行上に必要があると認める場合は、相手方と和解する。以上でございます。


○議長(堀江 眞君) 説明が終わりました。


 これより質疑を行います。質疑はありませんか。


 18番、光谷議員。


○議員(18番 光谷由紀子君) 先ほど説明がありましたけれども、二、三点伺っておきたいと思います。


 こうした滞納者に対する明け渡し訴訟というか、訴えの提起は、これで3度目ぐらいじゃないかなあというふうに思っておりますけれども、それで、納入につき誠意ある履行を行わない下記の者ということになっておりますけれども、何回本人と接触されてきたのかということと、それから連帯保証人との接触も何回行われてきているのか。その誠意といいますか、反対に自治体としての、市としての誠意といいますか、そういった点での接触なりが、この中で見ますと、電話とか、それから催告書の送付とか、そういうことでありまして、きちっと相談なり家庭の実態なり、そこらあたり、どのぐらい把握されてるのかなと。その接触の回数によって十分な滞納者に対しての接触が図られているのかどうなのか、その点、伺っておきたいと思います。


 それから、この家庭においては、病人ですとか高齢者ですとか子供等、弱者を抱えた家庭ではないのかどうなのか。そこらあたりをどのように考えられて、こうした明け渡しの訴えを起こされるのかどうなのか、その点、伺っておきたいと思います。以上です。


○議長(堀江 眞君) 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) 話し合いとしましては、督促の流れに沿いまして3回をやっております。状況としては、雲南市として必ずしもすぐに払っていただくというような話し合いはしておりません。できるだけその方の状況の中で家賃プラス幾らというようなことをお願いをしてきているわけでございますけれども、約束もしていただけないし、何回もそういう、電話等でも3回以上は、3回は確実にやっておりますけども、それ以上やっておりますが、誠意がないということで、今回訴訟に踏み切るということでございます。


 あと、家庭状況等については、今ちょっと把握をしておりませんので、今からちょっと連絡をして報告をいたします。以上です。


○議長(堀江 眞君) それでは、今すぐ連絡をとってみますので、ほかにこの間に質問がございますればお願いしたいと思います。


 18番、光谷議員。


○議員(18番 光谷由紀子君) やはりこうして報告を出されるということになりますと、きちっとやっぱり把握しておかれないといけない問題じゃないかなあというふうに思います。前回のときもそのような状況があったと思っておりますので、やはりきちっと把握して、ここへ報告を願いたいと思います。


 それと、連帯保証人さんですね、これとの接触がどうなのか。やっぱり連帯保証人になられたからには連帯保証人としての義務がありますね。そこらあたりが少しあいまいではないかなあというふうに思っておりますけれども、そこらあたりはきちっと連帯保証人を含めてこの話し合いの3回の接触が行われているのかどうなのか。突然連帯保証人に来たというのがこれまでも、議会の質問の中でもあったりしておりましたけれども、やはりきちっとした状況把握、そして連帯保証人に対してもきちっと誠意を求めていくということが私は一番大事なことではないかなあというふうに思っておりますが、その点についても伺っておきたいと思います。以上です。


○議長(堀江 眞君) 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) 先ほど光谷議員さんのおっしゃいました、きちっと状況を把握して報告をということですけれども、これからはそういうぐあいにしたいと思っております。


 連帯保証人さんについても、今詳しいことを把握しておりませんので、一緒に話してはおりますけれども、内容的には一緒に話して、その中でこういう状況なのでこうしてくださいということは言っております。ただ、なかなかその辺が履行していただけないということでこういう形になっております。


 今の何回とか、そういうことにつきましては、ちょっと時間をいただきたいと思います。


○議長(堀江 眞君) 先ほどの家庭状況については、連絡が来るまでもうしばらくお待ちいただきたいと思いますけど、これの件に関して、ほかに質問ございますればお願いしたいと思います。


 8番、安井議員。


○議員(8番 安井 誉君) 関連質問になろうかと思いますけども、これを本会議に、臨時会に提案されて、それで内容説明が、私は経過説明が不足しとると思うです。表の1ページを読んだら、それでさっと帰られる。それがこう聞きますわね。それで内容説明を十分して理解を求めていただきたいと思います。


 それから、提案に対しましては、わしは余り簡単に提案しておられると思う。議員さん方が聞かれても答えられん、休憩と、こうなる。そこあたりをちょっと今後どういうふうにやられますか。答弁をお願いしておきます。


○議長(堀江 眞君) 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) 先ほど御指摘をいただいた件につきましては、大変申しわけありませんでした。今後、皆さん方によくわかるように説明をしたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。


○議長(堀江 眞君) 8番、よろしいでしょうか。


 どうぞ、8番、安井議員。


○議員(8番 安井 誉君) 再度質問しますけども、内容のわからないものを専決して、これでいいですかということは、私は納得いかないと思いますが、その点、いかがでしょうか。


○議長(堀江 眞君) 説明をどこまで説明するかというところは、今までの前例があろうかと思いますけど、この問題については、ちょっと先ほどの光谷議員に対する質問が終わった後、ちょっと暫時休憩をさせていただいて、どこまで説明するかについて、議運の方でちょっともう一回検討させていただきたいと思います。


 じゃあ、苅田建設部長、先ほどの答弁できますか。家庭状況についてお願いしたの。まだですか。


 答弁の方ですけども、電話連絡でございまして、今、担当がこちらの方に向かっておるようでございますので、ここでちょっと暫時休憩をさせていただいて、その間に先ほどの説明についてを含めて議運の方を開催させていただいて、これからの説明について検討させていただきたいと思います。


 どうぞ、小林議員。


○議員(19番 小林 眞二君) 私もちょっと前に一般質問したという経緯もありまして、説明不足だいうこともありますけど、今の訴訟のあれで、さっきもあったと思いますが、保証人の関係ですよね。これ裁判で訴えて、確定した後に保証人に話を持っていかれるのか、やっぱりその前の段階で、ここまで行く前に保証人にずっと交渉された結果でされているのか、その辺大分違ってくると思うんですよ。それはどういうふうに、この訴訟に至るまで、経緯はどうなっていますか。これは大分前に一般質問でも結構いろんな形で取り上げているにもかかわらず、その辺があいまいで、保証人の位置づけですよね、その辺をきちっとやっぱり説明されないと、訴訟してしまって、これが例えば解消できないということであれば、もう保証人にも行かないということですか。その辺をちょっと説明していただきたい。


○議長(堀江 眞君) 答えられますか。


 ここで暫時休憩といたします。その間、議運の皆さん方、ちょっと議長室の横の会議室の方にお願いをいたしたいと思います。


 その間、執行部の方で先ほどの答弁についてきちんとまとめておいていただきたいと思います。


 休憩いたします。


              午後5時37分休憩


    ───────────────────────────────


              午後5時58分再開


○議長(堀江 眞君) 休憩前に引き続いて再開をいたします。


 答弁を保留しておりました先ほどの光谷議員の家庭環境の調査状況についてと、それから小林議員からの保証人等についての質疑について、苅田建設部長の方から答弁をいたします。


 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) 家庭状況でありますけれども、それは当然把握はしております。ただ、個人的なことでございますので、今回の場合は、答弁は控えさせていただきたいと思います。


 それから、小林議員さんの関係でございますけれども、基本的には本人さんに対しまして明け渡しの請求と滞納の家賃の請求を行います。そこで判決が出ますと、和解というところもございますし、その辺がないということになりますと、次、保証人さんというような段階でやっております。


 それから、光谷議員さんの保証人さんと何回というようなお話がありましたけども、基本的には、この前も答弁をしておりますけれども、合併前からの滞納のお方がほとんどでございます。したがいまして、合併前は督促状を出すというところ程度で、なかなか接触をしてこなかったということがございます。合併をして処理要綱ができましてからこうした訴訟を起こしておりますので、今回のケースでは保証人さんには3回連絡をしたり会ったりしてお話はしております。以上でございます。


○議長(堀江 眞君) 答弁が終わりました。


 この答弁について質疑がございますれば、お願いしたいと思います。


 よろしゅうございますでしょうか。


 光谷議員、18番。


○議員(18番 光谷由紀子君) 答弁いただきましたが、合併前のがこれまでに出てきているのもほとんどでございまして、合併前からのを引き続いて、雲南市となってそれを引き続いてやって、この雲南市になって要綱をつくってこういう形になっていったということでございますけれども、やっぱりこれまでの接触がなかった、それから連帯保証人さんについては明け渡しで、そのものが、提訴が終わってからではなくて、私はもっと連帯保証人さんとしての責務というのか、それらをやっぱり履行してもらわないといけないんじゃないかなあと。それでこそ連帯保証人さんじゃないのかなという思いもしますので、そこらあたりも含めて、今後、もう少し検討を要する問題ではないかなあというふうに思いますので、そこらあたりは担当の方できちっと、庁舎内のいろんな滞納、ものがあるわけですので、大方この家賃だけには限らない問題も多かろうと思いますので、そこらあたりを十分な論議をしていただきたいというふうに思います。以上です。


○議長(堀江 眞君) 苅田建設部長。


○建設部長(苅田 好雄君) 保証人さんにつきましては、先ほど光谷議員さんのおっしゃったとおりでございますけれども、本来ならば同時に提訴するという形が正当ではあろうかと思いますが、先ほど申しましたように、長い間、こちらとしてもそこまでのことをしてこなかったというところもございますので、その辺を配慮したという言い方はどうかと思いますけれども、含めて本人さんの方で先に誠意を持っていただいて保証人さんにというような形で現在やっておりますけれども、これからはこうした要綱ができましたので、半年以内ぐらいには本人さん及び連帯保証人さんについてもきちっとした形になろうかと思いますし、同時にというような方向もこれからはやっていきたいと考えておりますので、今後ともよろしくお願いしたいと思います。


○議長(堀江 眞君) なお、先ほど安井議員の方から説明が不足ではないかということで、先ほど議会運営委員会の方で検討をさせていただきました。その中で今回の、本日提案された中で、せっかく裏にあるにもかかわらず説明が飛んでおったということで、説明不足であったということでございまして、今後、こういった問題についてはきちんと説明をさせていただきたいということでございまして、先ほど建設部長の方からも答弁がございましたので、今後、同じような問題が出てきたときにはきちんと説明をさせていただくということで、きょうのところについては休憩時間等にもお読みいただいたということで、これについてこれ以上の説明はしないということでございますけど、このことで御了解いただけますでしょうか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) 御了解いただいたということで、ひとつ今後の、執行部の方としても、より丁寧な説明をお願いをしておきたいというふうに思います。


 ほかに質疑はありませんか。


                〔質疑なし〕


○議長(堀江 眞君) ないようですので、報告第14号、市営住宅入居者への債務履行請求等の提訴に関する専決処分の報告についてを終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎追加日程第21 報告第15号





○議長(堀江 眞君) 追加日程第21、報告第15号、工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告についてを議題といたします。


 提出者から提案理由の説明を求めます。


 本間総務部長。


○総務部長(本間 良一君) 報告第15号、工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告について。地方自治法第180条第1項の規定により、議会の議決により委任された事項について別紙のとおり専決処分したので、同条第2項の規定によりこれを報告する。平成20年11月28日提出。雲南市長、速水雄一。


 報告第15号と同じく、専決処分の指定をいただいております項目の中で、契約金額の増額または減額が当該請負契約の10分の1を超えず、かつ1,000万円以内の変更契約については、市長に議会の方から委任をいただいておりますので、この専決処分を行ったところでございます。


 次ページの方で専決処分書をつけております。専決処分書。地方自治法第180条第1項の規定により、議会の議決により委任された事項について、次のとおり専決処分する。1、工事名、三刀屋農村環境改善メインセンター・三刀屋総合センター建築工事(建築主体)。2、工事場所、雲南市三刀屋町三刀屋地内。3、契約の方法、一般競争入札。4、変更内容、契約金額の変更。5、契約金額、変更前3億7,989万円、変更後3億8,080万4,550円。変更額は91万4,550円の増額でございます。6、契約の相手方、名称、梅木建設・スヤマ建設・山根建設特別共同企業体。代表者住所、雲南市三刀屋町三刀屋122番地1。氏名、梅木建設株式会社。代表取締役、梅木秀昭。7、工期につきましては、着工、平成19年12月14日、完了、平成20年10月24日。平成20年10月8日、雲南市長、速水雄一。


 この増額の変更の主なものでございますけれども、1点は、図書室の書架の充実のため、子供さん用の低い書架2つを増設をいたしました。これが約50万円程度でございます。それから国道と反対側の方の住宅にお住みの方の方から要望事項で、プライバシーの保護のため、2階の窓につきまして目線の高さ程度まで見えない状況にしてほしいという要望がございまして、検討の結果、不透明フィルムを目線の高さまでガラスに張るということで理解もいただきましたので、これに関しまして20万等の増額工事を発注いたしました。その他、業務の内容等を精査しまして、最終的に91万4,550円の増額の変更契約をさせていただいたところでございます。以上で報告を終わらせていただきます。


○議長(堀江 眞君) 説明が終わりました。


 これより質疑を行います。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(堀江 眞君) ないようですので、報告第15号、工事請負契約金額の変更に関する専決処分の報告についてを終わります。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(堀江 眞君) 以上をもちまして本臨時会の日程は、ここにすべて終了いたしました。


 ここで市長から発言を求められておりますので、これを許します。


 速水市長。


○市長(速水 雄一君) 本議会閉会に当たりまして、一言お礼なりごあいさつを申し上げたいと存じます。


 まず、本日の議会におきましては、新しい議会ということで議会体制が改めて構築され、堀江議長をトップとする新しい体制が構築されたところでございます。これまでの4年間の雲南市政、市議会活動を踏まえられまして、新しい体制のもとに雲南市発展のために一層の御尽力を議会においてなされますことを心から御期待、御祈念する次第でございます。どうか今後ともよろしくお願いを申し上げます。


 また、本議会に同意、報告事項を上程いたしました。すべて御可決、御理解をいただいたところでございまして、心から御礼を申し上げます。この上は円滑な市政運営にさらに努めてまいりたい、かように思っております。


 また、この報告事項につきまして貴重な御提言、御指摘をいただきました。しかと受けとめまして、一層理解していただきやすい議案の上程に心がけてまいりたい、かように存じているところでございます。どうか今後とも御指導のほど、よろしくお願いを申し上げます。


 そして、この12月議会に上程いたします議案のうち、人事案件について一言触れさせていただきたいと存じます。


 12月議会の人事案件といたしましては、副市長が12月7日までの任期でございます。また永瀬教育委員長、土江教育長の任期が12月8日まで、谷戸監査役が12月8日まで、そしてまた公平委員会の若槻益雄氏、坂本暢子氏、古林修氏の任期が12月13日までということになっております。


 そこで、副市長人事についてでございますが、12月7日に任期が到来することを受けまして、影山副市長からは辞任の届けが出たところでございまして、これを受諾したところでございます。


 影山副市長におかれましては、これまで過去4年間、雲南市が目指してまいりました6町村からの引き続いての事業の早期収束、あるいは雲南市としての特徴のあるまちづくりの取り組みに多大なる御貢献をいただき、指導力を大いに発揮いただいたところでございまして、この間の御功績に対し、心から感謝申し上げるところでございます。任期満了後につきましては、御承知のとおり雲南総合病院が、私が掲げております大きな政治課題の一つでもあるという位置づけで、これから市立病院化、あるいは病院の経営健全化に取り組んでいかなければならない、そうした観点から統括副管理者としてその任を担っていただきたい、かように思っております。したがいまして、この雲南総合病院の12月議会にその旨、提案をさせていただき、その任に以後当たっていただきたく存じておりますので、どうかよろしくお願いをいたします。


 そこで、後任についてでございますが、12月3日付で、現在、人権センターの所長を務めていただいております藤井勤氏にその任に当たっていただきたいと思っているところでございまして、議会初日に提案をさせていただきたいと存じておりますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。


 また、監査委員、谷戸氏、教育委員のお二方、そしてまた公平委員会のお三方につきましては、引き続き再任をお願いしたいと、かように存じているところでございます。


 以上を申し上げ、本議会閉会に当たってのお礼と、今後のお願いのごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議長(堀江 眞君) これをもって平成20年第3回雲南市議会臨時会を閉会いたします。本当に御苦労さまでございました。


              午後6時14分閉会


    ───────────────────────────────