議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 雲南市

平成19年3月定例会(第7日 3月23日)




平成19年3月定例会(第7日 3月23日)





 
────────────────────────────────────────


   平成19年 3月(定例)雲 南 市 議 会 会 議 録(第7日)


                         平成19年3月23日(金曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第7号)


                    平成19年3月23日 午後1時30分開議


日程第1 諸報告


日程第2 各委員長報告


日程第3 委員長報告に対する質疑


日程第4 討論


日程第5 表決


日程第6 雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例について


日程第7 雲南市議会会議規則の一部を改正する規則について


日程第8 意見書の発議


日程第9 委員会継続審査調査の件


     ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第1 諸報告


日程第2 各委員長報告


日程第3 委員長報告に対する質疑


日程第4 討論


日程第5 表決


日程第6 雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例について


日程第7 雲南市議会会議規則の一部を改正する規則について


日程第8 意見書の発議


日程第9 委員会継続審査調査の件


     ───────────────────────────────


               出席議員(36名)


      1番 福 島 光 浩       2番 藤 原 政 文


      3番 景 山 隆 義       4番 加 藤 欽 也


      5番 細 田   實       6番 藤 原 信 宏


      7番 山 崎 正 幸       8番 堀 江   眞


      9番 村 尾 晴 子      10番 周 藤   強


     11番 堀 江 治 之      12番 光 谷 由紀子


     13番 岡 田 盛 行      14番 小 林 眞 二


     15番 石 川 幸 男      16番 福 間 義 昭


     17番 吉 井   傳      18番 深 田 徳 夫


     19番 景 山 源 栄      20番 板 持 達 夫


     21番 岩 田 隆 福      22番 松 浦 保 潔


     23番 田 中   ?      24番 青 木 幸 正


     25番 金 山 寿 忠      26番 阿 川 光 美


     27番 安 原 重 隆      28番 高 尾   肇


     29番 深 津 吏 志      30番 内 田 郁 夫


     31番 日 野   守      33番 加 藤 一 成


     34番 星 野   智      35番 佐 藤 嘉 夫


     37番 深 石 広 正      38番 吾 郷 廣 幸


     ───────────────────────────────


               欠席議員(1名)


     32番 渡 部 彰 夫


     ───────────────────────────────


               欠  員(1名)


     ───────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


議会事務局長 ──── 景 山 英 好  書記 ──────── 森 脇 徳 江


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


市長 ──────── 速 水 雄 一  助役 ──────── 内 田 孝 志


助役 ──────── 影 山 喜 文  教育委員長 ───── 永 瀬 豐 美


教育長 ─────── 土 江 博 昭  政策企画部長 ──── 渡 部 彰 夫


総務部長 ────── 大 谷   忠  市民部長 ────── 堀 江 正 治


健康福祉部長 ──── 本 間 良 一  産業振興部長 ──── 細 木   勝


建設部長 ────── 福 間   昇  水道局長 ────── 片 寄 邦 良


教育部長 ────── 藤 井 信 弘  大東総合センター所長  堀 江 善 彦


加茂総合センター次長  末 次 忠 三  木次総合センター所長  高 橋 幾 雄


三刀屋総合センター所長 名 原 圭 治  吉田総合センター所長  藤 原 隆 弘


掛合総合センター所長  土 山 幸 延  政策企画部次長 ─── 新   一 幸


総務部次長 ───── 坂 本 武 男  市民部次長 ───── 周 藤 喜 好


市民部次長 ───── 須 山 哲 好  健康福祉部次長 ─── 安 部 幸 治


産業振興部次長 ─── 小 林 健 治  建設部次長 ───── 鳥 屋 耕 次


水道局次長 ───── 奥 田   武  教育部次長 ───── 杉 原 佳 林


財政課長 ────── 長谷川 和 男  代表監査委員 ──── 谷 戸 邦 夫


    ───────────────────────────────


              午後1時30分開議


○議長(吾郷 廣幸君) ただいまの出席議員は36名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 ここで暫時休憩をいたします。


              午後1時30分休憩


    ───────────────────────────────


              午後2時20分再開


○議長(吾郷 廣幸君) 本会議を再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 諸報告





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第1、諸報告を行います。


 お手元に配付したとおり、3月15日、議員定数等検討委員会を議会内の任意の検討委員会として設置をいたしました。委員会の名称は議員定数等検討委員会、設置の目的は次期改選時の議員定数・選挙区及び報酬のあり方、議会機能の充実強化であります。委員の定数は12名、委員名簿については裏面別表のとおりであります。お手元に配付した諮問事項の調査を平成19年12月末を目途として調査を行っていただくこととしましたので、御報告をいたします。


 以上で諸報告を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 各委員長報告





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第2、委員長報告を行います。


 各委員会に付託された各議案、請願・陳情の審査結果について各委員長からの報告を求めます。


 予算審査特別委員会副委員長、4番、加藤欽也君。


○予算審査特別委員会副委員長(加藤 欽也君) 委員長が病気欠席によりまして、かわりまして副委員長の加藤欽也が報告いたします。


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           予算審査特別委員会


                            委員長 渡 部 彰 夫


             予算審査特別委員会審査報告


 議案第63号 平成19年度雲南市一般会計予算


 議案第64号 平成19年度雲南市国民健康保険事業特別会計予算


 議案第65号 平成19年度雲南市老人保健特別会計予算


 議案第66号 平成19年度雲南市農業労働災害共済事業特別会計予算


 議案第67号 平成19年度雲南市簡易水道事業特別会計予算


 議案第68号 平成19年度雲南市生活排水処理事業特別会計予算


 議案第69号 平成19年度雲南市財産区特別会計予算


 議案第70号 平成19年度雲南市土地区画整理事業特別会計予算


 議案第71号 平成19年度雲南市ダム対策事業特別会計予算


 議案第72号 平成19年度雲南市清嵐荘事業特別会計予算


 議案第73号 平成19年度雲南市水道事業会計予算


 議案第74号 平成19年度雲南市工業用水道事業会計予算


  本委員会は、平成19年3月6日付託された上記の議案を審査した結果、付帯意見を付して、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


 付帯意見


  議案第63号 平成19年度雲南市一般会計予算中、教育費の公民館費における雲南市公民館職員協議会補助金及び図書館費における雲南市図書館職員協議会補助金の執行に当たっては、公民館、図書館の運営方針(組織体制、業務内容、任用形態、報酬等)を早急に確立の上実施することの意見を付す。


    ───────────────────────────────


 次に、予算審査特別会計の審査報告をいたします。


 本委員会は、平成19年3月6日に付託されました議案について慎重審議をいたしました結果、議案第63号、平成19年度雲南市一般会計予算及び議案第64号、平成19年度雲南市国民健康保険事業特別会計予算の2議案につきましては、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。


 議案第65号、平成19年度雲南市老人保健特別会計予算から議案第74号、平成19年度雲南市工業用水道事業会計予算まで10議案については、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。


 以上、予算審査特別委員会の報告を終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、総務常任委員長、14番、小林眞二君。


○総務常任委員会委員長(小林 眞二君) そういたしますと、総務常任委員会の審査報告をいたします。


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           総務常任委員会


                            委員長 小 林 眞 二


              総務常任委員会審査報告


 議案第 3号 雲南市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 4号 雲南市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 5号 雲南市国民健康保険掛合診療所の医師及び歯科医師の給与等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 6号 雲南市職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 7号 雲南市市長及び助役の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 8号 雲南市教育長の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第 9号 雲南市特別会計条例の一部を改正する条例について


 議案第10号 雲南市中山間地域元気な集落づくり基金条例を廃止する条例について


 議案第11号 雲南市阿用財産区財政調整基金条例を廃止する条例について


 議案第12号 雲南市財産区管理会条例の一部を改正する条例について


 議案第37号 島根県市町村総合事務組合規約の変更について


 議案第38号 過疎地域自立促進計画の変更について


 議案第54号 平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)【所管委員会分】


 議案第55号 平成18年度雲南市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)【所管委員会分】


 議案第58号 平成18年度雲南市財産区特別会計補正予算(第2号)


  本委員会は、平成19年3月15日付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 続きまして、請願・陳情の審査報告を行います。


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           総務常任委員会


                            委員長 小 林 眞 二


              請願・陳情審査報告書


 付託された請願・陳情(請願、陳情文書表掲載)は審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 記。受理番号、第3号請願。件名、安心・安全な公務・公共サービス拡充を求める請願。審査の結果、不採択。


 なお、若干審議内容を説明させていただきます。


 本委員会の審議は、3月20日、全委員出席のもと、執行部からは速水市長、内田助役以下各部局長、課長の出席を求めて行いました。


 付託された条例10件、補正予算3件、その他2件について慎重審議をいたしましたが、特に取り上げて皆様に報告すべき審議内容はありませんでした。


 したがいまして、すべての案件については全会一致で可決すべきものと決定した次第であります。


 また、第3号請願につきましては、数人の発言がありまして、国の借金は800兆円にも上り、行財政改革を断行している中、財源の確保があって公共サービスが可能と思っている。したがって、広範囲のサービスの拡充というだけでは現実味がないとの発言や、また文言的には偏っているが、基本的にはこのような方向を求めていかなければならないため趣旨には賛同するなどの意見があり、採決をいたしました結果、挙手少数であったため不採択となりました。以上、報告終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、教育民生常任委員長、15番、石川幸男君。


○教育民生常任委員会委員長(石川 幸男君)


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           教育民生常任委員会


                            委員長 石 川 幸 男


             教育民生常任委員会審査報告


 議案第17号 雲南市木次経済文化会館条例の一部を改正する条例について


 議案第26号 雲南市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について


 議案第27号 雲南市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例について


 議案第28号 雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について


 議案第29号 雲南市入間コミュニティセンター設置及び管理に関する条例の一部を改


        正する条例について


 議案第30号 雲南市学校給食費徴収条例の一部を改正する条例について


 議案第31号 雲南市立図書館条例の一部を改正する条例について


 議案第32号 雲南市公民館条例の一部を改正する条例について


 議案第33号 雲南市大東体育文化センター条例の一部を改正する条例について


 議案第34号 雲南市大東ドーム条例の一部を改正する条例について


 議案第35号 三刀屋町立学校児童生徒に係る通学助成費等の支給に関する条例を廃止


        する条例について


 議案第40号 公の施設の指定管理者の指定について(大東ねんりんセンター)


 議案第41号 公の施設の指定管理者の指定について(大東体育文化センター)


 議案第42号 公の施設の指定管理者の指定について(大東ドーム)


 議案第45号 公の施設の指定管理者の指定について(三刀屋町三刀屋公民館)


 議案第48号 公の施設の指定管理者の指定について(加茂健康福祉センター「かもて


        らす」)


 議案第49号 公の施設の指定管理者の指定について(特別養護老人ホーム「笑寿苑」)


 議案第50号 公の施設の指定管理者の指定について(養護老人ホーム「宇寿荘」)


 議案第51号 公の施設の指定管理者の指定について(掛合健康福祉センター及び掛合


        高齢者生活福祉センター)


 議案第52号 公の施設の指定管理者の指定について(特別養護老人ホーム「えがおの


        里」)


 議案第53号 公の施設の指定管理者の指定について(入間コミュニティセンター)


 議案第54号 平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)【所管委員会分】


 議案第55号 平成18年度雲南市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)


        【所管委員会分】


 本委員会は、平成19年3月15日付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 続いて、請願・陳情の審査報告をさせていただきます。


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           教育民生常任委員会


                            委員長 石 川 幸 男


              請願・陳情審査報告書


 付託された請願・陳情(請願、陳情文書表掲載)は審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 記。受理番号、件名、審査結果。第1号陳情、陳情書(地域生活支援事業に係る利用者負担の無料化等について他)。審査結果、採択。第2号陳情、リハビリテーション医療の日数制限撤廃の意見書採択を求める陳情書。審査結果、採択。第5号請願、脳脊髄液減少症の治療推進に関する請願書。審査結果、採択。


 以上でございますが、第2号陳情と第5号請願につきまして後ほど意見書を発議したいと思いますので、どうか御賛同いただきますようによろしくお願いをいたします。以上でございます。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、産業建設常任委員長、23番、田中?君。


○産業建設常任委員会委員長(田中  ?君) 


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           産業建設常任委員会


                            委員長 田 中   ?


             産業建設常任委員会審査報告


 議案第13号 雲南市久野生活改善センター条例の一部を改正する条例について


 議案第14号 雲南市大東農業構造改善センター条例の一部を改正する条例について


 議案第15号 雲南市海潮基幹集落センター条例の一部を改正する条例について


 議案第16号 雲南市健康の森運営審議会設置条例を廃止する条例について


 議案第18号 雲南市神楽の宿条例条例の一部を改正する条例について


 議案第19号 雲南市大東かみくの桃源郷条例の一部を改正する条例について


 議案第20号 雲南市大東健康ランドゆとりの里条例の一部を改正する条例について


 議案第21号 雲南市木次健康温泉センター条例の一部を改正する条例について


 議案第22号 雲南市道の駅さくらの里きすき条例の一部を改正する条例について


 議案第23号 雲南市建築協定条例の制定について


 議案第24号 雲南市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第25号 雲南市簡易水道条例の一部を改正する条例について


 議案第39号 公の施設の指定管理者の指定について(大東地域交流センター)


 議案第43号 公の施設の指定管理者の指定について(雲南市大東堆肥センター)


 議案第44号 公の施設の指定管理者の指定について(雲南市畑鵯森林公園)


 議案第46号 公の施設の指定管理者の指定について(雲南市三刀屋明石緑が丘公園)


 議案第47号 公の施設の指定管理者の指定について(雲南市繁殖和牛センター)


 議案第54号 平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)【所管委員会分】


 議案第56号 平成18年度雲南市簡易水道事業特別会計補正予算(第5号)


 議案第57号 平成18年度雲南市生活排水処理事業特別会計補正予算(第4号)


 議案第59号 平成18年度雲南市土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)


 議案第61号 平成18年度雲南市清嵐荘事業特別会計補正予算(第3号)


 議案第62号 平成18年度雲南市水道事業会計補正予算(第4号)


 本委員会は、平成19年3月15日付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 なお、本委員会の審議は、3月16日、委員全員出席のもと、執行部からは速水市長、内田助役以下各部局の部局長、課長の出席を求めて行いました。


 付託された条例12件、予算6件、その他5件について慎重審議の結果、すべて案件について全会一致で可決すべきものと決定いたしましたので、御報告いたします。終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次、ダム対策特別委員長、10番、周藤強君。


○ダム対策特別委員会委員長(周藤  強君) 平成19年3月23日。雲南市議会議長、吾郷廣幸様。ダム対策特別委員会委員長、周藤強。


 ダム対策特別委員会審査報告を行います。


 付託された案件は、議案第60号、平成18年度雲南市ダム対策事業特別会計補正予算(第3号)。


 本委員会は、平成19年3月15日に付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


 なお、委員会開催日は、平成19年3月22日。


 審査の状況は、全会一致であります。


 以上でダム対策特別会計の審査報告を終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、行財政改革調査特別委員長、33番、加藤一成君。


○行財政改革調査特別委員会委員長(加藤 一成君) 


    ───────────────────────────────


                             平成19年3月23日


 雲南市議会


  議長 吾 郷 廣 幸 様


                           行財政改革調査特別委員会


                            委員長 加 藤 一 成


           行財政改革調査特別委員会中間報告


 本委員会は、行財政改革に関する特定事件について審査したが、今後さらなる行財政改革を迅速かつ着実に実施していく必要に迫られている。


 そこで、平成19年度以降も引続き行財政改革の推進を図るため、現下の財政状況に鑑み、会議規則第45条第2項の規定により緊急的に中間報告を行う。


                   記


1.財政再建に向けた早期健全化の対策


 財政再建にあたっては、財政状況を充分に分析した上で事務・事業の見直しを行うことにより歳出全般の効率化と政策の選択と集中、行政の効率化とコスト削減など、財政健全化のための計画を策定し自主的かつ主体的に財政構造の改善に努めること。


2.平成19年度以降の行財政改革の推進と推進体制の強化


 行財政改革の推進に伴いさらなる行政運営の改善と充実を図り、行政の簡素化及び効率化に努めること。


 『雲南市行財政改革大綱』に基づき、具体的に実施すべき改革項目をまとめた『雲南市行財政改革実施計画』が示されたが、この実施計画については精査の上、真の行財政改革となるよう努めること。


3.市民への説明責任の明確化による市民協力と透明性の向上


 行財政改革の推進に伴う施策の推進にあたっては、住民サービスの立場を尊重し住民と密接に連携を図りながら市民の関心と理解をより深めるよう情報公開による透明性の向上を図ること。


    ───────────────────────────────


 以上であります。


○議長(吾郷 廣幸君) 以上で委員長報告を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 委員長報告に対する質疑





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第3、これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 討論





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第4、これから討論を行います。


 最初に、付託された議案について行います。


 委員長報告に対する反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


 12番。


○議員(12番 光谷由紀子君) 先ほどそれぞれの委員長から報告がありましたものについて、私は7件について反対討論を行います。


 まず、議案ごとに順番に従って反対討論を行います。


 議案28号、国民健康保険条例の一部を改正する条例について、議案30号、雲南市学校給食徴収条例の一部を改正する条例について、議案35号、三刀屋町立学校児童生徒に係る通学助成費等の支給に関する条例を廃止する条例について、議案第54号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)について、議案第63号、平成19年度一般会計予算について、議案第64号、平成19年度国民健康保険事業特別会計について、そして第3号請願、安心・安全な公務・公共サービスの拡充を求める請願、これについては不採択となっておりますので、それについて反対討論を行います。


○議長(吾郷 廣幸君) 発議まだしておりませんから。発議の段階で。


○議員(12番 光谷由紀子君) 発議じゃない。これは請願・陳情。


○議長(吾郷 廣幸君) 請願・陳情、後。


○議員(12番 光谷由紀子君) 後ですか。


○議長(吾郷 廣幸君) はい。


○議員(12番 光谷由紀子君) じゃあ、失礼しました。請願・陳情については後ということですので、各議案について順を追って反対討論を行います。


 まず、議案28号でございます。国保条例の一部改正について。


 国保料の賦課限度額を53万円から56万円に引き上げるものでございます。応能課税とするということですけれども、国保加入者は御承知のように自営業者、農業者、年金生活者等であって、健保加入者や共済組合加入者と比べれば本当に所得が低いのが現状でございます。こういった中で3万円の引き上げということは大変な負担増となるということで、私は認められません。


 それから2点目には、議案30号、学校給食費の光熱水費の値上げによる対応としての雑費2円の引き上げで4円にしていくというもので条例改正でございますけれども、学校給食は私は教育の一環であると思っておりますし、教育長も教育の一環であるということが明言されております。教育の一環であるならば雑費を保護者負担にすべきものではないと思います。雑費の負担ゼロのところも出雲市ですとか江津市ではありますし、また雑費の部分引き下げていっているところもあるわけです。そういった点をかんがみて私は、学校給食は教育の一環であるから光熱水費を保護者負担にするべきではないという立場で反対を述べております。


 そして3点目、議案35号、児童生徒の通学助成費等の支給を廃止する条例についてでございます。


 これは三刀屋町は条例化をしておりましたけれども、掛合町を除くあとの町はこれまで通学助成費を支給しておりました。これを全面的に廃止していくということと、それで吉田町については寄宿舎廃止に伴う措置とした経過上を22年の3月31日までは助成しますよということで、その後は廃止していくということになります。そして中学生のヘルメットについては1,000円ずつ助成をしていくけれども、あとのものについては全市統一を図って保護者負担となるという状況です。この見直しについては、学校へは見直し案を話したけれども、PTAですとか保護者等には話していないということで、入学前にして大きな負担増となってきております。よって、私は認められません。


 議案54号、平成18年度雲南市一般会計補正予算についてでございます。


 この予算案の中には、ゴルフ利用税の717万1,000円がクラシック島根への助成金として拠出する内容が含まれております。18年度より10年間、これから約束されているわけでございますけれども、先ほど申しましたように、市民には本当に細かい部分で負担増となっております。一方で、こうした支出は私は認められない、こういう立場でございます。


 そして、議案63号、平成19年度一般会計予算でございます。


 これは昨日の予算特別委員会の中でも申しましたけれども、本当に今年度の予算も市民負担増、サービス切り下げの内容です。市民からは悲鳴と落胆の声が出ているのは議員の皆様も御承知のことだと思っております。年度末になってぎりぎりの段階で今回は公民館職員協議会、図書館協議会の立ち上げ、こういった点が出されました。当事者に対して協議して理解していただいたと言われておりますが、まさに私は今回の措置は上意下達の取り組みと言えるのではないかというふうに受けとめております。公民館のあり方検討も9月には決定すると言われております。その時点で報酬は決定すべきです。勤務日数はふえるが、仕事量はふえるが報酬のみが引き下げられるのには納得できません。図書館の3館についても、現場からの声は1年かけて人事交流ができるよう3館での協議を図りたいという希望もある中で報酬引き下げが先行していると言える措置となっております。接遇日本一を目指す本市としては、臨時職員への接遇が余りにも極端な処遇と言えるのではないでしょうか。こうした点から見ても福祉、暮らし、生活の応援する予算となっていない、こういう状況でありますので、私は認められない、こういう立場でございます。


 議案64号、平成19年度国民健康保険特別会計についてでございます。


 この会計としましては、医療費の動向に左右される会計でございます。本算定時に保険料は確定しますけれども、予算は1人当たり、1世帯当たりそれぞれ引き上げ、そしてまた介護保険料もそれぞれの負担増であります。到底認められない状況でございます。そして、この国民健康保険には資格証明書が発行されております。今、全国的にもこの資格証明書では病院にかかれない状況が生まれていて、重症化になったり、そしてまた死亡する例も出ているという状況でございます。こういった保険滞納者へのペナルティーはやめるべきだというふうに思います。そういった点で今回の予算案認められない、こういう立場で反対討論をいたしました。以上でございます。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、委員長報告に対する賛成者の発言を許します。賛成討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで付託された議案に対する討論を終わります。


 次に、請願・陳情についての討論を行います。


 委員長報告に対する反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


 12番。


○議員(12番 光谷由紀子君) お疲れでしょうけれども、お聞きいただきたいと思います。


 第3号請願、安心・安全な公務・公共サービス拡充を求める請願についてでございますけれども、総務委員長の方からは不採択ということが発表されました。私は、原案に対して賛成の立場で討論をしておきたいと思います。


 構造改革の名のもとに推し進められてきましたが、本当に今、地方格差、住民格差が大きく生じていることは皆さんも御承知のとおりだと思います。そして三位一体改革の名で地方の財源が削減され、医療、教育、福祉、雇用の面で公共サービスが行えない状況も生まれてきているのが現実ではないでしょうか。本市にもそれは顕著にあらわれております。消費税の増税が今、国会で取りざたされております中、社会保障の充実を求め不公平税制を是正していくことが今、国民、市民の中でも求められております。


 よって、私は、この請願を認め、国に意見書を出すべきと思います。原案に賛成し、委員会での不採択に対し反対をいたします。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、委員長報告に対する賛成者の発言を許します。賛成討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで請願・陳情に対する討論を終わります。これで討論を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 表決





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第5、これから採決を行います。


 最初に、付託された議案について行います。


 反対討論がありました議案を起立によって採決を行います。


 議案第28号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について採決を行います。


 議案第28号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第28号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。


 議案第30号、雲南市学校給食費徴収条例の一部を改正する条例について採決を行います。


 議案第30号、雲南市学校給食費徴収条例の一部を改正する条例について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第30号、雲南市学校給食費徴収条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。


 議案第35号、三刀屋町立学校児童生徒に係る通学助成費等の支給に関する条例を廃止する条例について採決を行います。


 議案第35号、三刀屋町立学校児童生徒に係る通学助成費等の支給に関する条例を廃止する条例について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第35号、三刀屋町立学校児童生徒に係る通学助成費等の支給に関する条例を廃止する条例については、原案のとおり可決されました。


 議案第54号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)について採決を行います。


 議案第54号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第54号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第8号)については、原案のとおり可決されました。


 議案第63号、平成19年度雲南市一般会計予算について採決を行います。


 議案第63号、平成19年度雲南市一般会計予算について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第63号、平成19年度雲南市一般会計予算については、原案のとおり可決されました。


 議案第64号、平成19年度雲南市国民健康保険事業特別会計予算について採決を行います。


 議案第64号、平成19年度雲南市国民健康保険事業特別会計予算について、原案に賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第64号、平成19年度雲南市国民健康保険事業特別会計予算については、原案のとおり可決されました。


 ここで、地方自治法第117条の規定により、15番、石川幸男君、18番、深田徳夫君の退場を求めます。


         〔15番 石川幸男君・18番 深田徳夫君退場〕


○議長(吾郷 廣幸君) お諮りいたします。ただいま教育民生常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案のうち、議案第51号、議案第52号、議案第53号は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、教育民生常任委員会付託の議案のうち、議案第51号、議案第52号、議案第53号は、委員長報告のとおり可決されました。


 ここで、石川幸男君、深田徳夫君の復席を認めます。


         〔15番 石川幸男君・18番 深田徳夫君入場〕


○議長(吾郷 廣幸君) お諮りいたします。ただいま予算審査特別委員会副委員長から審査結果の報告のあった付託議案各件のうち、議案第63号、議案第64号を除く各件は、副委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、予算審査特別委員会付託の議案各件のうち、議案第63号、議案第64号を除く各件は、副委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま総務常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案各件のうち、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、総務常任委員会付託の議案各件のうち、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま教育民生常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案のうち、議案第28号、議案第30号、議案第35号、議案第51号、議案第52号、議案第53号、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、教育民生常任委員会付託の議案のうち、議案第28号、議案第30号、議案第35号、議案第51号、議案第52号、議案第53号、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま産業建設常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案各件のうち、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、産業建設常任委員会付託の議案各件のうち、議案第54号を除く各件は、委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいまダム対策特別委員長から審査結果の報告のあった付託議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、ダム対策特別委員会付託の議案は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、委員長報告のありました請願・陳情について行います。


 反対討論がありました請願・陳情を起立によって採決をいたします。


 請願第3号、安心・安全な公務・公共サービス拡充を求める請願について採決を行います。


 この請願に対する委員長の報告は、不採択であります。


 請願第3号、安心・安全な公務・公共サービス拡充を求める請願を採択することに賛成の方は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 起立少数であります。よって、請願第3号、安心・安全な公務・公共サービス拡充を求める請願は、不採択とすることに決定をいたしました。


 お諮りいたします。陳情第1号、陳情書(地域生活支援事業に係る利用者負担の無料化等について他)は、委員長報告のとおり採択と決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、陳情第1号は、委員長報告のとおり採択することに決定をいたしました。


 お諮りいたします。陳情第2号、リハビリテーション医療の日数制限撤廃の意見書採択を求める陳情書は、委員長報告のとおり採択と決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、陳情第2号は、委員長報告のとおり採択することに決定をいたしました。


 請願第5号、脳脊髄液減少症の治療推進に関する請願書は、委員長報告のとおり採択と決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、請願第5号は、委員長報告のとおり採択することに決定をいたしました。


 ここで10分間休憩をいたします。


              午後3時10分休憩


    ───────────────────────────────


              午後3時20分再開


○議長(吾郷 廣幸君) 本会議を再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第6 雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例について





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第6、発議第1号、雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 景山議会事務局長が説明をいたします。


 景山事務局長。


○事務局長(景山 英好君) 発議第1号、雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例について。雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例を別紙のとおり制定するものとする。平成19年3月23日提出。雲南市議会議長、吾郷廣幸。


 雲南市議会の委員会条例の一部を改正する条例の背景でございますけれども、これにつきましては第28次地方制度調査会の答申、平成17年12月9日を踏まえ、地方公共団体の自主性、自立性の拡大等のため所要の措置がなされてきました。


 平成18年6月7日に地方自治法の改正がありました。執行部でおかれましては出納長及び収入役制度の廃止等々がございますけれども、議会制度では大きく4つの大項目となっております。


 まず1つには、議長への臨時会の招集請求の付与。


 2つ目には、専決処分の所要を明確化。


 3つ目には委員会制度でありますが、この委員会制度ではさらなる3つの小分類となっております。その1つは、議員複数常任委員会への所属制度の廃止であります。これは常任委員会が議員が一つでありましたけれども、これをさらなる重複を兼ねてもよいという制度でございます。2つ目には、委員会の委員につき閉会中でも議長が指名することによって選任ができることとなっております。3つ目は、委員会の議案提出権を認める。以上であります。


 4項目といたしましては、専門的知見の活用を見、学識経験者等の知見を活用し、政策立案機能を評価するものであります。


 その改正を踏まえまして、雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例であります。


 第5条、第8条、第14条、また第30条第2項目中に1項を加えるものであります。また新旧対照表については、お目通しをいただきます。以上であります。


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第1号、雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第1号、雲南市議会委員会条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第7 雲南市議会会議規則の一部を改正する規則について





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第7、発議第2号、雲南市議会会議規則の一部を改正する規則についてを議題といたします。


 景山議会事務局長が説明をいたします。


 景山事務局長。


○事務局長(景山 英好君) 発議第2号、雲南市議会会議規則の一部を改正する規則について。雲南市議会会議規則の一部を改正する規則を別紙のとおり制定するものとする。平成19年3月23日提出。雲南市議会議長、吾郷廣幸。


 発議2号の件でございますけども、先ほど発議第1号で可決をいただきました、それに伴いまして雲南市議会会議規則の一部を改正する規則でございます。


 第14条には1項を加え、第19条、第37条第2項中にも1項を加えるものでございます。


 第77条第1項中には「記載する」を「記載し、又は記録する」ものと改めるものでございます。


 また、第78条は「印刷をして」、これを削り「配布する」に改めるものでございます。


 第80条中「会議録に署名する議員は」は、「法第123条第3項」に改めるものであります。


 第99条、第141条、第153条についても改めるものであります。


 なお、新旧対照表についてはお目通しを願います。以上であります。


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第2号、雲南市議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第2号、雲南市議会会議規則の一部を改正する規則については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第8 意見書の発議





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第8、意見書の発議についてを議題といたします。


 発議第3号、リハビリテーション医療の日数制限を早急に撤廃するよう求める意見書について、提出者の説明を求めます。


 15番、石川幸男君。


             〔15番 石川幸男君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第3号 リハビリテーション医療の日数制限を早急に撤廃するよう求める意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第3号を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第3号、リハビリテーション医療の日数制限を早急に撤廃するよう求める意見書については、原案のとおり可決されました。


 発議第4号、脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書について、提出者の説明を求めます。


 15番、石川幸男君。


             〔15番 石川幸男君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第4号 脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第4号を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第4号、脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書については、原案のとおり可決されました。


 発議第5号、全国森林環境税の創設を求める意見書について、提出者の説明を求めます。


 23番、田中?君。


             〔23番 田中 ?君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第5号 全国森林環境税の創設を求める意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


 12番。


○議員(12番 光谷由紀子君) 先ほど田中?議員の方から意見書を求める発議がなされました。この全国森林環境税の創設を求める意見書ということでございます。


 今、本当に森林の公益的機能、この点については私もこの意見書案の中に書かれているのはそのとおりだと思っております。これまで本当に森林を守り育ててきた林業、これが本当に今継続不可能となっているのは、今の地域の山を見てもその状況があらわれているというふうに思っております。


 こういった方向にした原因ですね、これがやはり木材価格の低迷によってということでございますけれども、これが国が輸入材を拡大してきた、この原因も大きな点でございます。そして林業の予算も削減してきている。こういった中で、地方の行政がいかにしていこうかということでも大変苦慮をしているのが今の地方の行財政の中でも大変な負担になっていく、こういう状況です。そのことはわかります。ですから、その財源を国民に求めるのではなくて、やはり国がきちっと林業政策を行っていく、そして地方の中山間地の行政を守っていく、このことが私は一番求められていると思っております。やはり国へきちんと森林保全を求める、きちっと財源を確保しなさい、こういった立場で国へ意見を上げていくことが本当のところではないかと思っております。これを市民、そして国民に求めて環境税の創設など本当に私は考えられない、こういった立場でございます。以上で反対討論といたします。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。賛成討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ほかに討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、これで討論を終わります。


 反対討論がありましたので、起立によって採決を行います。


 発議第5号を原案のとおり決することに賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、発議第5号、全国森林環境税の創設を求める意見書については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第9 委員会継続審査調査の件





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第9、委員会の閉会中の継続審査及び調査の件を議題といたします。


 各委員長から委員会において継続審査及び調査に付すべき案件について、会議規則第105条の規定により申し出がありました。


 お諮りいたします。各委員会の要求により継続審査及び調査に付すべき案件については、お手元に配付したとおり閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、各委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査及び調査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 以上をもって本定例会に提出の案件は、ここに全部終了いたしました。


 ここで市長から発言を求められておりますので、これを許します。


 速水市長。


○市長(速水 雄一君) 平成19年3月議会閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 先ほどは本議会に提案いたしました議案すべてにつきまして可決をいただき、まことにありがとうございました。


 この上は、一般質問等でお聞かせいただきました御意見等真摯に受けとめ、市民の皆様の負託にこたえるべく迅速、積極的に事業を進めていく所存でございます。


 また、予算審査に当たりまして示されました附帯事項につきましても深く協議を、検討を進めてまいらなければならない、改めて思った次第でございます。


 そしてまた、本日は、教育委員会所管の校区の設定のあり方につきまして御指導をいただきました。適切な校区となりますよう今後、広く理解をいただくための手続を進めていく所存でございます。


 改めて本議会に賜りましたさまざまな御協議、今後の施政運営にしっかりと生かしていくことを申し上げ、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議長(吾郷 廣幸君) これをもって平成19年雲南市議会3月定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。


              午後3時53分閉会


    ───────────────────────────────