議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 雲南市

平成18年9月定例会(第6日 9月22日)




平成18年9月定例会(第6日 9月22日)





 
────────────────────────────────────────


   平成18年 9月(定例)雲 南 市 議 会 会 議 録(第6日)


                           平成18年9月22日(金曜日)


────────────────────────────────────────


              議事日程(第6号)


                         平成18年9月22日 午後3時開議


日程第 1 各委員長報告


日程第 2 委員長報告に対する質疑


日程第 3 討論


日程第 4 表決


日程第 5 意見書の発議


日程第 6 特別委員会の設置


日程第 7 特別委員会委員の選任


日程第 8 特別委員会委員長、副委員長の互選


日程第 9 飲酒運転追放宣言に関する決議


日程第10 委員会継続審査調査の件


     ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第 1 各委員長報告


日程第 2 委員長報告に対する質疑


日程第 3 討論


日程第 4 表決


日程第 5 意見書の発議


日程第 6 特別委員会の設置


日程第 7 特別委員会委員の選任


日程第 8 特別委員会委員長、副委員長の互選


日程第 9 飲酒運転追放宣言に関する決議


日程第10 委員会継続審査調査の件


     ───────────────────────────────


               出席議員(37名)


      1番 藤 原 政 文       2番 足 立 昭 二


      3番 景 山 隆 義       4番 加 藤 欽 也


      5番 細 田   實       6番 藤 原 信 宏


      7番 山 崎 正 幸       8番 堀 江   眞


      9番 村 尾 晴 子      10番 周 藤   強


     11番 堀 江 治 之      12番 光 谷 由紀子


     13番 岡 田 盛 行      14番 小 林 眞 二


     15番 石 川 幸 男      16番 福 間 義 昭


     17番 吉 井   傳      18番 深 田 徳 夫


     19番 景 山 源 栄      20番 板 持 達 夫


     21番 岩 田 隆 福      22番 松 浦 保 潔


     23番 田 中   ?      24番 青 木 幸 正


     25番 金 山 寿 忠      26番 阿 川 光 美


     27番 安 原 重 隆      28番 高 尾   肇


     29番 深 津 吏 志      30番 内 田 郁 夫


     31番 日 野   守      32番 渡 部 彰 夫


     33番 加 藤 一 成      34番 星 野   智


     35番 佐 藤 嘉 夫      37番 深 石 広 正


     38番 吾 郷 廣 幸


     ───────────────────────────────


              欠席議員(1名)


      36番 伊 原 重 雄


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


   議会事務局長 ──── 景 山 英 好  書記 ──────── 森 脇 徳 江


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


   市長 ──────── 速 水 雄 一  助役 ──────── 内 田 孝 志


   助役 ──────── 影 山 喜 文  教育委員長 ───── 永 瀬 豐 美


   教育長 ─────── 土 江 博 昭  政策企画部長 ──── 渡 部 彰 夫


   総務部長 ────── 大 谷   忠  工事検査監 ───── 石 飛   悟


   市民部長 ────── 堀 江 正 治  健康福祉部長 ──── 本 間 良 一


   産業振興部長 ──── 細 木   勝  建設部長 ────── 福 間   昇


   水道局長 ────── 片 寄 邦 良  教育部長 ────── 藤 井 信 弘


   大東総合センター所長  堀 江 善 彦  加茂総合センター所長  岸 本 邦 夫


   木次総合センター所長  高 橋 幾 雄  三刀屋総合センター所長 名 原 圭 治


   吉田総合センター所長  藤 原 隆 弘  掛合総合センター所長  土 山 幸 延


   政策企画部次長 ─── 新   一 幸  総務部次長 ───── 坂 本 武 男


   市民部次長 ───── 周 藤 喜 好  市民部次長 ───── 須 山 哲 好


   健康福祉部次長 ─── 安 部 幸 治  産業振興部次長 ─── 小 林 健 治


   建設部次長 ───── 鳥 屋 耕 次  水道局次長 ───── 奥 田   武


   教育部次長 ───── 杉 原 佳 林  財政課長 ────── 長谷川 和 男


   代表監査委員 ──── 谷 戸 邦 夫


    ───────────────────────────────


              午後3時00分開議


○議長(吾郷 廣幸君) ただいまの出席議員は37名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 各委員長報告





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第1、委員長報告を行います。


 各委員会に付託された各議案、請願・陳情の審査結果について、各委員長からの報告を求めます。


 総務常任委員長、32番、渡部彰夫君。


○総務常任委員会委員長(渡部 彰夫君) 総務常任委員会からの審査報告をいたします。


 委員会は、昨日21日9時半から委員12名、執行部からは速水市長初め助役2名、各担当の部長、担当課長、各総合センターの所長をもって会議を進めました。


 平成18年9月22日、総務常任委員会委員長、渡部彰夫。雲南市議会議長、吾郷廣幸様。総務常任委員会審査報告。議案第177号、雲南市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例について。議案第178号、雲南市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例について。議案第179号、雲南市非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部を改正する条例について。議案第188号、雲南市駐車場条例の一部を改正する条例について。議案第189号、雲南市総合計画について。議案第190号、過疎地域自立促進計画の変更について。議案第191号、吉田民谷辺地外1辺地に係る総合整備計画について。議案第194号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第4号)であります。次に、議案第195号、平成18年度雲南市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)、人件費にかかわるものでございます。議案第197号、平成18年度雲南市生活排水処理事業特別会計補正予算(第2号)、人件費にかかわる分でございます。議案第202号、雲南市指定金融機関の指定について。議案第203号、町及び字の区域の変更について。以上の案件につきまして慎重審議いたした結果、原案を可決すべきものと決定いたしましたので、会議規則第104条の規定により報告をいたします。


 次に、請願・陳情審査の報告をいたします。


 平成18年9月22日、総務常任委員会委員長、渡部彰夫。雲南市議会議長、吾郷廣幸様。請願・陳情審査報告。付託された請願・陳情(請願、陳情文書表掲載)は審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。


 記。受理番号、第7号請願、件名、バイパス交差点へ感応式信号機設置について(請願)であります。審査結果は、採択であります。


 次に、第10号陳情、公契約条例制定に向けての陳情書。審査結果は、採択であります。


 以上、総務常任委員会からの報告を終わらせていただきます。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、教育民生常任委員長、17番、吉井傳君。


○教育民生常任委員会委員長(吉井 傳君) 教育民生常任委員会の委員長報告を行います。


 本委員会は、去る9月20日、市役所4階におきまして、市長、影山助役、教育長、そして所管部の部長並びにセンター長おのおの出席をいただきまして、所管の付託議案について説明を求め、慎重に審査をいたしました。その結果を御報告申し上げます。


 雲南市議会議長、吾郷廣幸様。教育民生常任委員会委員長、吉井傳。教育民生常任委員会審査報告。議案第180号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について。議案第181号、雲南市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例について。議案第182号、雲南市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例について。議案第194号、平成18年度雲南市一般会計補正予算(第4号)、以下所管委員会分であります。本委員会は、平成18年9月15日付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


 なお、審議の内容について少し触れておきますけれども、議案第180号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、反対の討論があったところでございます。市民の負担増につながり、また高齢化の中、特に故障や病気にかかりやすい高齢者は多額の負担増になり、生活への影響も心配されることとなり反対であるという意見が出たところでございます。


 次、陳情2件について報告をいたします。


 雲南市議会議長、吾郷廣幸様。教育民生常任委員会委員長、吉井傳。請願・陳情審査報告。付託された請願・陳情(請願、陳情文書表掲載)は審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。


 記。受理番号、件名、審査結果。第9号陳情、国の療養病床の廃止・削減計画の中止等の意見書採択等を求める陳情書、採択。第11号陳情、公立雲南総合病院精神科の充実を求める陳情書、採択であります。


 9号陳情について、審査の中での主な意見を申し上げますと、雲南圏域の中で医療型療養病床74、これは削減かそのままであります。介護療養型医療施設148床、現段階廃止という状況であり、介護施設入所待機者が多数おられる現状の中で、陳情の趣旨は大いに理解できるものであり、採択すべしとの意見が大半であったところでございます。


 次に、第11号陳情についてでありますが、特に精神障害の治療には担当医との信頼関係やコミュニケーションが最も重要で、同一担当医師の長期的治療が不可欠であり、雲南病院への常勤医配置は重要な課題であり、陳情の趣旨は大いに理解できるものであり、全会一致をもって採択すべしと決したところであります。


 以上、報告を終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、産業建設常任委員長、29番、深津吏志君。


○産業建設常任委員会委員長(深津 吏志君) それでは、産業建設常任委員会の審査報告を行います。


    ───────────────────────────────


                             平成18年9月22日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           産業建設常任委員会


                            委員長 深 津 吏 志


             産業建設常任委員会審査報告


 議案第183号 雲南市貸付金の返還債務の免除に関する条例の一部を改正する条例について


 議案第184号 雲南市リース牛舎設置及び管理に関する条例を廃止する条例について


 議案第185号 雲南市苅谷垣頭首工施設の管理に関する条例の制定について


 議案第186号 雲南市市民広場条例の制定について


 議案第187号 雲南市都市公園条例の一部を改正する条例について


 議案第194号 平成18年度雲南市一般会計補正予算(第4号)【所管委員会分】


 議案第196号 平成18年度雲南市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)


 議案第197号 平成18年度雲南市生活排水処理事業特別会計補正予算(第2号)【所管委員会分】


 議案第198号 平成18年度雲南市土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)


 議案第200号 平成18年度雲南市水道事業会計補正予算(第2号)


 議案第201号 平成18年度雲南市工業用水道事業会計補正予算(第1号)


 認定第  1号 平成17年度雲南市水道事業会計決算認定について


 認定第  2号 平成17年度雲南市工業用水道事業会計決算認定について


 本委員会は、平成18年9月15日付託された上記の議案を審査した結果、原案を可決及び認定すべきものと決定したから、会議規則第104条の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


                             平成18年9月22日


 雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸 様


                           産業建設常任委員会


                            委員長 深 津 吏 志


               請願・陳情審査報告


 付託された請願・陳情(請願、陳情文書表掲載)は審査の結果、下記のとおり決定したから、会議規則第135条第1項の規定により報告します。


    ───────────────────────────────


 記。受理番号、件名、審査結果。第8号陳情、雲南地域業者の優先指名について、採択。


 以上でございますが、若干口頭で報告をさせていただきます。


 本委員会は、審議は9月の19日と20日の2日間にわたりまして、委員12名全員の出席のもとで行いました。執行部からは、速水市長、内田助役以下各部局の部局長、課長の出席を求めて行いました。


 付託された条例5件、予算6件、認定2件について慎重審議の結果、すべての案件について全会一致で可決及び認定すべきものと決定をいたしました。


 また、第8号陳情につきましても、全会一致、採択すべきものといたしました。


 次に、市長に対する総括質疑の中で194号、一般会計の補正予算でございますが、災害復旧の職員体制についての質問がございました。職員2名を土木の方へ3月末まで内部異動をして行うということでございました。


 また、発注において、地元業者優先に対する考え方はどうかということでございまして、昨年の状況を踏まえて、市内全体の業者へ協力依頼し、早期復旧に向け弾力的に講じるとのことでございました。


 それから、企業誘致に関する点で、職員を県の東京事務所へ派遣し、情報収集や営業してはどうかという意見もございました。積極的に活用すべき対策で、有効であれば産業振興として積極的にやっていきたいということでございます。


 次に、認定第1号でございますが、これにつきましては平成17年度の雲南市水道事業会計決算認定でございます。


 まず、内部留保資金が11億4,762万3,000円がございますが、企業債の返済に回してはどうかという意見がございました。しかし、留保資金は次回更新時のために内部留保しておるので、起債に頼るような運営でいきますと利息が料金にも反映をするというようなことも起こりますので、水道事業の総合整備計画を立て、使途については考慮しながらやっていくという答弁でございました。


 また、4,592万2,000円の繰越利益剰余金があるわけでございますが、これだけのものが必要かどうかという意見がございました。これについては、18年度の経営状況を見きわめた上で対応していきたい、こういうことでございました。


 それから、企業債の借りかえはどのようになっているのかという意見に対しましては、平成17年度は1件で820万の借りかえが行われておりますけども、今年度18年度は要件に当てはまらないので申請ができないということでございました。


 また、平成18年度7月末の未収金が2,000万5,000円があります。前年度よりも361万7,000円ふえているわけでございますが、これについてどのような努力がされているかということでございましたが、平成17年度は16年度以前の未収金の徴収に力を入れた結果、17年度分の未収金がふえたということでございました。しかし、給水停止2件を含めて徴収に大変努力をされておりますので、今後さらに努力をされるよう求めたところでございます。


 以上、若干の報告を申し上げて報告とさせていただきます。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、ダム対策特別委員長、10番、周藤強君。


○ダム対策特別委員会委員長(周藤 強君) ダム対策特別委員会の審査報告を行います。


 付託された案件は、議案第199号、平成18年度雲南市ダム対策事業特別会計補正予算(第2号)であります。本委員会は、平成18年9月15日に付託された上記の議案を審査をした結果、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしましたから、会議規則第104条の規定により報告をいたします。


 なお、委員会開催日は、平成18年9月15日、出席者は委員全員と議長、執行部からは内田助役、渡部政策企画部長、福島ダム対策課長、安部グループリーダー、以上であります。


 以上でダム対策特別委員会の審査報告を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 委員長報告に対する質疑





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第2、これから委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、質疑を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 討論





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第3、これから討論を行います。


 最初に、付託された議案について行います。


 委員長報告に対する反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


 12番、光谷由紀子さん。


○議員(12番 光谷由紀子君) 先ほど、教育民生常任委員長の方から報告がありました議案第180号について反対討論をいたします。


 この議案第180号は、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてでございます。


 私は、教育民生委員会におきましても反対の立場を表明いたしております。今回のこの条例の一部改正は、医療制度改正によるものでございます。私は、この医療制度改正といいましても改悪の方向だと思っておりますけれども、この点から、10月1日より70歳以上の方の負担が、現役並みという方ですけれども、2割負担から3割負担になるということでございます。年を重ねるごとに、どうしても病気の罹患率は高くなってまいります。そういった中で、安心して本当に医療にかかれることが高齢期に入りますとやはり一番と思います。


 また、来年4月からは一般の方、また所得の低い方たちが、70歳から74歳までの方ですけれども、1割負担から2割負担となります。こうしたことになりますと、やはり受診抑制になると思っております。そうした点を考えますと、この改正案、認めることができないということでございます。


 以上で反対討論を終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) 次に、委員長報告に対する賛成者の発言を許します。賛成討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ほかに討論はありませんか。


 12番、光谷由紀子さん。


○議員(12番 光谷由紀子君) 先ほど、総務委員長から報告がありました議案第189号の雲南市総合計画について、私は賛成の立場で討論をいたします。


 議案第189号、雲南市総合計画についてでございます。この総合計画は、本市の基本となる計画でございます。合併して本当に雲南市が一体化していかなければならない、その基本となる計画でございますけれども、この計画には旧6町村のよさを引き継ぎ、まちづくりの資源を一層生かす取り組みが必要とし、市民が主役となった地域振興やコミュニティーの課題解決に取り組むことが求められるとあります。地域の資源と人材を生かし、市民の皆さんの知恵と行動によるまちづくりを進める指針とするとうたってあります。


 私は、こうした意義を掲げた本計画を推進するに当たって、3点の点を指摘して賛成といたします。


 一つには、やはり財政の問題です。実質公債比率が23.1%と発表されましたが、大変厳しい財政状況でございます。今回の9月議会の一般質問でも、この財政問題大きく取り上げられた問題でございます。今後、三位一体の改革によって財政厳しいですけれども、ますます新型交付税の導入も取りざたされておりますし、この小泉構造改革を引き継ぐ安倍総理決まりましたけれども……(発言する者あり)済みません、まだ国会が開かれておりません。総裁が決定しましたけれども、そういった中でますます地方には厳しい財政が進められるというような状況だと思っております。交付税に依存しております雲南市としても、本当に税金の使い方きちんとやっていかなければならない状況ですので、そうした中で財政計画をきちんと立てていかねばならない。この点を指摘しておきたいと思います。


 そして、2つ目には市民の生活、暮らし、福祉を最優先とした安心安全なまちづくりをしていくこと、このことが重要だと思っております。


 こうした点を踏まえて、3点目にはやはり市民に情報を本当に公開していって、そして市民の声に市長は十分耳を傾けて、時間をかけ、論議をし、推進に当たられることを求め、この点を指摘して賛成討論といたします。終わります。


○議長(吾郷 廣幸君) ほかに討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで付託された議案に対する討論を終わります。


 次に、請願、陳情についての討論を行います。


 委員長報告に対する反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで請願、陳情に対する討論を終わります。


 これで討論を終わります。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 表決





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第4、これから採決を行います。


 最初に、付託された議案について行います。


 反対討論がありました議案を起立によって採決を行います。


 議案第180号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について採決を行います。


 議案第180号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例について、賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、議案第180号、雲南市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま総務常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案各件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、総務常任委員会付託の議案各件は、委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま教育民生常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案のうち、議案第180号を除く各件は委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、教育民生常任委員会付託の議案各件は、委員長報告のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま産業建設常任委員長から審査結果の報告のあった付託議案各件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、産業建設常任委員会付託の議案各件は、委員長報告のとおり可決及び認定されました。


 お諮りいたします。ただいまダム対策特別委員会から審査結果の報告のあった付託議案は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、ダム対策特別委員会付託の議案は、委員長報告のとおり可決されました。


 次に、委員長報告のありました請願、陳情について行います。


 お諮りいたします。請願第7号、陳情第8号、陳情第9号、陳情第10号、陳情第11号は、委員長報告のとおり採択と決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、請願第7号、陳情第8号、陳情第9号、陳情第10号、陳情第11号は、委員長報告のとおり採択することに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 意見書の発議





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第5、意見書の発議についてを議題といたします。


 発議第8号、公契約条例制定にむけての意見書について、提出者の説明を求めます。


 32番、渡部彰夫君。


             〔32番 渡部彰夫君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第8号 公契約条例制定にむけての意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


 6番、藤原信宏君。


○議員(6番 藤原 信宏君) ただいま意見書が読み上げられましたけれども、「公契約条例」となっておりますが、「公契約法」が正しかろうと思いますので、条例は市等でつくるものでございます。国に対してでございますので、「法」と読みかえていただきたいと思います。


○議長(吾郷 廣幸君) 委員長、どうですか。ちょっと休憩をとりましょうか。


 ここで10分間休憩いたします。


              午後3時36分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時05分再開


○議長(吾郷 廣幸君) 本会議を再開いたします。


 日程第5、意見書の発議についてを議題といたします。


 発議第8号、公契約法の制定にむけての意見書について、提出者の説明を求めます。


 32番、渡部彰夫君。


             〔32番 渡部彰夫君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第8号 公契約法制定にむけての意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第8号を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第8号、公契約法制定にむけての意見書については、原案のとおり可決されました。


 発議第9号、療養病床の廃止・削減計画の中止を求める意見書について、提出者の説明を求めます。


 17番、吉井傳君。


             〔17番 吉井 傳君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第9号 療養病床の廃止・削減計画の中止を求める意見書


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質議に入ります。質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第9号を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第9号、療養病床の廃止・削減計画の中止を求める意見書については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第6 特別委員会の設置





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第6、特別委員会の設置についてを議題といたします。


 発議第10号、特別委員会の設置については、事務局長が説明をいたします。


 景山議会事務局長。


○事務局長(景山 英好君)


    ───────────────────────────────


 発議第10号


              特別委員会設置について


 雲南市議会委員会条例第6条の規定に基づき、次のとおり特別委員会を設置するものとする。


   平成18年9月22日提出


                        雲南市議会議長 吾 郷 廣 幸


    ───────────────────────────────


 記。名称、行財政改革調査特別委員会。設置の目的、行財政改革に対する調査。委員の定数、12人。調査期間、調査終了まで。以上でございます。


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 これより質疑、討論、採決を行います。


 質疑はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようですので、質疑を終わります。


 次に、討論を行います。


 まず、原案に反対者の発言を許します。反対討論はありませんか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) ないようでありますので、これで討論を終わります。


 お諮りいたします。発議第10号を原案のとおり決することに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、発議第10号、特別委員会設置については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第7 特別委員会委員の選任





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第7、特別委員会の委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。ただいま設置されました特別委員会の委員の選任については、委員の定数を12名とし、旧6町村から1名ずつ選出し、その後に各常任委員会より2名ずつを選出することにしたいと思います。これに御異議はありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。


 それでは、直ちに委員の選出をしていただき、事務局へ報告をいただきますようお願いいたします。


 ここで暫時休憩をいたします。


              午後4時21分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時29分再開


○議長(吾郷 廣幸君) 本会議を再開いたします。


 お諮りいたします。特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、お手元に配付した名簿のとおり指名したいと思います。これに御異議はありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、特別委員会の委員は、お手元に配付した名簿のとおり選任することに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第8 特別委員会委員長、副委員長の互選





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第8、特別委員会の委員長、副委員長の互選についてを議題といたします。


 ただいま特別委員会委員の選任に伴い、委員会条例第9条の規定により、委員長及び副委員長互選のためこれから委員会を開いていただき、互選の結果を御報告願います。


 ここで暫時休憩をいたします。


              午後4時30分休憩


    ───────────────────────────────


              午後4時34分再開


○議長(吾郷 廣幸君) 本会議を再開いたします。


 ただいま特別委員会において委員長、副委員長の互選が行われ、その結果、お手元に配付した名簿のとおり決定をいたしますので、御報告をいたします。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第9 飲酒運転追放宣言に関する決議





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第9、飲酒運転追放宣言に関する決議についてを議題といたします。


 発議第11号、飲酒運転追放宣言に関する決議について、提出者の説明を求めます。


 32番、渡部彰夫君。


             〔32番 渡部彰夫君説明〕


    ───────────────────────────────


 発議第11号 飲酒運転追放宣言に関する決議


    ───────────────────────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 説明が終わりました。


 質疑、討論は省略し、直ちに採決を行います。


 この採決は、起立によって行います。


 発議第11号を原案のとおり決することに賛成の諸君は起立を願います。


                〔賛成者起立〕


○議長(吾郷 廣幸君) 賛成多数であります。よって、発議第11号、飲酒運転追放宣言に関する決議については、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第10 委員会継続審査調査の件





○議長(吾郷 廣幸君) 日程第10、委員会の閉会中の継続審査及び調査の件を議題といたします。


 各委員長から、委員会において継続審査及び調査に付すべき案件について、会議規則第105条の規定により申し出がありました。


 お諮りいたします。各委員会の要求により、継続審査及び調査に付すべき案件については、お手元に配付したとおり閉会中の継続審査及び調査とすることに御異議ありませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(吾郷 廣幸君) 異議なしと認めます。よって、各委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査及び調査とすることに決定をいたしました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(吾郷 廣幸君) 以上をもって本定例会に提出の案件はここに全部終了いたしました。


 ここで、市長から発言を求められておりますので、これを許します。


 速水市長。


○市長(速水 雄一君) 9月定例議会閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 先ほどは、本議会に提案をいたしました議案すべてにつきまして可決いただき、まことにありがとうございました。この上は、この市政運営迅速に進みますように、誠心誠意努める所存でございます。


 また、今議会一般質問におきましては、保育所の業務委託問題、財政問題あるいは災害対策等を中心といたしまして、議会からさまざまな御意見、御指摘をいただいたところでございます。これらを真摯に受けとめ、今後の市政運営に生かしてまいりたい、改めて決意した次第でございます。


 また、先ほどは議会におかれましては飲酒運転追放の決議をなさいました。飲酒運転による事故が多発している中、まことに時宜を得た決議であったと存じます。市、役職員といたしましてもこれを真摯に受けとめ、改めて飲酒運転の絶対的追放を決意しているところでございます。そしてまた、市民の皆様にも広く呼びかけ、雲南市の安全安心な市政運営に尽力してまいりたい、かように思っているところでございます。


 本議会に賜りました議会におかれましての御指導、御意見、御提言、これに重ねて感謝を申し上げまして、お礼のごあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議長(吾郷 廣幸君) これをもって平成18年雲南市議会9月定例会を閉会いたします。御苦労さまでした。


              午後4時42分閉会


    ───────────────────────────────