議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 江津市

平成27年 3月(第1回)定例会 03月20日−04号




平成27年 3月(第1回)定例会 − 03月20日−04号







平成27年 3月(第1回)定例会



               平成27年第1回議会定例会

                 議事日程第4号



平成27年3月20日(金)午後2時開議

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本日の議事日程

第1 同意第 2号 公平委員会委員の選任について

第2 同意第 3号 副市長の選任について

第3 同意第 4号 教育長の任命について

第4 請願第 1号 TPP交渉に関する意見書の提出について

   請願第 2号 米価対策を求める意見書の提出について

   請願第 3号 農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出について

          建設厚生委員会委員長報告

第5 議案第 3号 江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第 4号 地域審議会の設置に関する協議書に定められた事項を変更する条例の制定について

   議案第 5号 江津市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第 6号 江津市松平地域防災拠点施設の設置に関する条例の制定について

   議案第 7号 江津市課設置条例の制定について

   議案第 8号 教育長の勤務時間その他勤務条件に関する条例の制定について

   議案第 9号 教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について

   議案第10号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第11号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

   議案第12号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第13号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第14号 職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第19号 江津市奨学基金条例の一部を改正する条例制定について

   議案第20号 江津市立幼稚園保育料条例の制定について

   議案第21号 江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定について

   議案第22号 江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第23号 市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第24号 江津市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例制定について

          総務文教委員会委員長報告

第6 議案第15号 江津市保育所条例の一部を改正する条例制定について

   議案第16号 江津市子育て支援に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第17号 江津市手数料条例の一部を改正する条例制定について

   議案第18号 江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について

          建設厚生委員会委員長報告

第7 議案第25号 江津市過疎地域自立促進計画を変更することについて

   議案第26号 辺地に係る総合整備計画を定めることについて

   議案第27号 公の施設に係る指定管理者の指定について

          総務文教委員会委員長報告

第8 議案第28号 市道の路線の認定について

          建設厚生委員会委員長報告

第9 議案第37号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第8号)を定めることについて

   議案第38号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

   議案第39号 平成26年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第40号 平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第41号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

   議案第42号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

   議案第43号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

   議案第44号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第4号)を定めることについて

   議案第45号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについて

          予算委員会委員長報告

第10 議案第29号 平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについて

   議案第30号 平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについて

   議案第31号 平成27年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計予算を定めることについて

   議案第32号 平成27年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計予算を定めることについて

   議案第33号 平成27年度島根県江津市公共下水道事業特別会計予算を定めることについて

   議案第34号 平成27年度島根県江津市簡易水道事業特別会計予算を定めることについて

   議案第35号 平成27年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計予算を定めることについて

   議案第36号 平成27年度島根県江津市水道事業会計予算を定めることについて

          予算委員会委員長報告

第11 議案第46号 江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

第12 委員会継続審査調査付託について

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議に付した事件

本日の議事日程のとおり

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(15名)

1 番  坪 内 涼 二             2 番  鍛 治 恵巳子

3 番  小 林 博 昭             4 番  田 中 利 徳

5 番  多 田 伸 治             6 番  森 川 佳 英

7 番  藤 間 義 明             8 番  森 脇 悦 朗

9 番  島 田 修 二             10 番  石 橋 孝 義

11 番  河 野 正 行             12 番  藤 田   厚

13 番  土 井 正 人             14 番  田 中 直 文

16 番  永 岡 静 馬

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欠席議員(0名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 説明のため出席した者

市長      山 下   修          総務部長    小笠原   隆

危機管理監   藤 田   裕          市民部長    川 島 幸 雄

健康福祉部長  武 本   靖          健康福祉部参事 藤 井   彰

産業振興部長  釜 瀬 隆 司          産業振興部参事 土 崎 一 雄

建設部長    二 上 拓 也          建設部参事   藤 田 佳 久

上下水道部長  小 林   勉          桜江支所長   今 田 三 之

政策企画課長  石 原 和 典          財政課長    崎 間 茂 理

人事課長    林     徹          教育長     藤 田 和 雄

教育委員会委員長五十嵐 百合子          教育委員会参事 森 岡 眞寿美

監査委員・選挙管理委員会事務局長         監査委員    森 崎 延 正

        寺 本   仁

総務課長補佐  笠 井 裕 司

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席した議会事務局職員

事務局長    福 田   斉

事務局次長   飯 田 真 澄

事務局次長   横 田 龍 二

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







              午後2時0分 開議



○議長(藤田厚) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程により、これを進行いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 同意第2号 公平委員会委員の選任について



○議長(藤田厚) 日程第1、同意第2号公平委員会委員の選任についてを議題といたします。

 職員に議案を朗読させます。

              〔職員朗読〕



○議長(藤田厚) 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 山下市長。

              〔市長 山下 修 登壇〕



◎市長(山下修) 同意第2号江津市及び江津邑智消防組合公平委員会委員の選任について提案理由の説明を申し上げます。

 江津市及び江津邑智消防組合公平委員会委員の佐々木良二氏は、平成27年3月31日をもって任期満了となりますので、その後任として野海修二氏を選任いたすものであります。よろしく御同意のほど申し上げます。

 なお、佐々木良二氏は、これまで2期8年にわたり江津市及び江津邑智消防組合公平委員会委員として、本市の公平公正な人事行政のために御尽力を賜り、衷心より敬意を表す次第です。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより同意第2号を採決いたします。

 なお、起立されない方はこれを否とみなします。

 本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立全員と認めます。よって、同意第2号公平委員会委員の選任については、原案に同意することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 同意第3号 副市長の選任について



○議長(藤田厚) 日程第2、同意第3号副市長の選任についてを議題といたします。

 職員に議案を朗読させます。

              〔職員朗読〕



○議長(藤田厚) 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 山下市長。

              〔市長 山下 修 登壇〕



◎市長(山下修) 同意第3号副市長の選任について提案理由の説明を申し上げます。

 昨年より空席でありました副市長として、現教育長であります江津市渡津町の藤田和雄氏を選任いたしたく提案いたします。

 同氏は、行政経験が豊富であると同時に人望も厚く誠実な方であり、副市長として適任者であると存じます。

 4月1日付で選任したいと考えていますので、よろしく同意のほどをお願い申し上げます。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより同意第3号を採決いたします。

 なお、起立されない方はこれを否とみなします。

 本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立全員と認めます。よって、同意第3号副市長の選任については、原案に同意することに決しました。

 この際、しばらく休憩いたします。

              午後2時5分 休憩

              午後2時7分 再開



○議長(藤田厚) 会議を再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 同意第4号 教育長の任命について



○議長(藤田厚) 日程第3、同意第4号教育長の任命についてを議題といたします。

 職員に議案を朗読させます。

              〔職員朗読〕



○議長(藤田厚) 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 山下市長。

              〔市長 山下 修 登壇〕



◎市長(山下修) 同意第4号教育長の任命について提案理由の説明を申し上げます。

 藤田教育長の後任として、地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴い、新たな制度による教育長として現総務部長であります江津市嘉久志町の小笠原隆氏を任命いたしたく提案をいたします。

 同氏は、豊かな行政経験がある上に、教育における識見が高く、教育長として適任者であると存じます。

 4月1日付で任命したいと考えていますので、よろしく御同意のほどをお願い申し上げます。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより同意第4号を採決いたします。

 なお、起立されない方はこれを否とみなします。

 本案はこれに同意することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立多数と認めます。よって、同意第4号教育長の任命については、原案に同意することに決しました。

 この際、しばらく休憩いたします。

              午後2時10分 休憩

              午後2時11分 再開



○議長(藤田厚) 会議を再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 請願第1号 TPP交渉に関する意見書の提出について

      請願第2号 米価対策を求める意見書の提出について

      請願第3号 農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出について



○議長(藤田厚) 日程第4、請願第1号外2件を一括議題といたします。

 本請願3件に対する建設厚生委員会委員長の報告を求めます。

 8番森脇議員。

              〔建設厚生委員会委員長 森脇悦朗 登壇〕



◆建設厚生委員会委員長(森脇悦朗) 建設厚生委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました請願第1号から第3号までの3件について、去る3月12日、委員会を開催し審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 請願第1号TPP交渉に関する意見書の提出については、TPP交渉に関する国会決議を遵守し、守れない場合は交渉から撤退するよう国に対して意見書を提出していただきたいというものであります。

 審査の中で、TPPは農業分野だけを見て交渉離脱を論じるのではなく、多分野のメリット、デメリットを視野に入れ交渉を続けていくべきであるとの反対意見に対し、当時の与党選挙公約どおり農産品5品目関税撤廃を除外できなければ交渉を撤退すべきである。また非関税障壁が撤廃されれば、これまで本市が行ってきた農業施策が無になる。農業を守るために意見書提出に賛成であるとの意見がありました。

 採決の結果、賛成少数により不採択すべきものと決しました。

 次に、請願第2号米価対策を求める意見書の提出については、需給と価格の安定に責任を持つ米政策を確立するとともに、米直接支払交付金の半減措置と米価変動補填交付金の廃止を撤回し、農家の経営安定対策を図ることなどを求める意見書を国に対して提出していただきたいというものであります。

 審査の中で、既に国においては補正等により支援や下落対策を行っている状況の中で、本請願の意見書を提出するべきではないとの意見や、以前より米の消費が減少している中で、米価安定のためにこれ以上税金を投入すべきでないとの反対意見に対し、国の対策は十分ではなく、さらなる支援が必要である。また、水田を守ることは防災、治水、環境を守ることにもつながるため、この意見書を出すべきであるとの意見がありました。

 採決の結果、賛成少数により不採択すべきものと決しました。

 次に、請願第3号農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出については、農政改革に当たっては食料自給率の向上を目指すものとし、農地法改正や農業委員会の公選制の廃止をやめること及び農協のあり方に法的な措置による強制をやめることを求める意見書を国に対して提出していただきたいというものであります。

 審査の中で、請願事項に農協自身の改革を尊重し、法的な措置による強制はやめることとあるが、既に島根県においてはこの3月に統合され、みずから改革を図っておられ、請願趣旨は本市においてはなじまないとの反対意見に対し、国から一方的に農協を解体するといった農業改革をするべきでなく、本請願に賛成であるとの意見がありました。

 採決の結果、賛成少数により不採択すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 まず、請願第1号に対する賛成の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党の江津市議団の森川佳英でございます。

 請願第1号TPP交渉に関する意見書の提出について賛成の立場から討論を行います。

 安倍自公政権は、TPP環太平洋連携協定への参加を目指してアメリカなど参加国との交渉を進めております。TPP交渉参加は、日本の農林漁業、食の安全、医療制度、保険など国民生活に広く悪影響が及びます。さらに問題なのは、TPP交渉に含まれるISD条項であります。これは、自由貿易協定を結んだ国同士の貿易で相手国の規制などにより企業や投資家が不利益をこうむった場合、賠償しなければならないという取り決めです。ISD条項により関税だけでなく貿易の邪魔になるあらゆる規制や施策が例外なく排除されることとなり、国家の主権が脅かされます。

 安倍自公政権は一連の選挙公約で、農産品、米、麦、牛肉、豚肉、乳製品などが関税撤廃の例外とできない場合は交渉から離脱すると国民に約束してきました。しかし、実際の交渉では、全面譲歩を要求するアメリカに国益を売り渡す譲歩を国民には隠して進めております。TPP交渉から撤退しなければ、国内の農業を守ることもできませんし、国益を守ることもできません。ISD条項で江津市の農業振興が排除されれば、これまでの取り組みが無駄になってしまいます。ぜひこの意見書を提出して国益を守るために協力をお願いして賛成討論を終わります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

 4番田中利徳議員。

              〔4番 田中利徳 登壇〕



◆4番(田中利徳) 政友クラブの田中利徳です。

 請願第1号TPP交渉に関する意見書の提出について反対の立場から意見を申し上げます。

 今、日本の農業政策は大転換期を迎えており、農業を繁栄させ、将来の日本の食料生産や産業としての農業を目指すためにプロ農家を育成しなければならないと考えます。農家の平均年齢が73歳を超える現在、10年後の日本の農業の姿を考えれば、今とは全く異なる状況になっていることを想定しなくてはなりません。

 政府は、TPP環太平洋経済連携協定への参加で、日本の農産品を海外に輸出していく可能性まで考えれば市場開放の意義は大きくなると想定しています。中国を除くアジアの近隣諸国は人口密度が高く、国民1人当たりの農業面積が小さいので、産業の発展とともに農業輸入国になり、将来は多くの食料を海外からの輸入に依存せざるを得ないことも想定されます。さらにこうした国々は、国民の所得水準が上がってくれば、安全でより品質の高い食品を求めるようになるだろうし、距離的に近い日本は食料輸出という意味では非常に有利であります。そのためにも農業政策を保護から競争力促進に転換し、市場開放を進めていくことが求められようとしております。

 また、農業以外の分野においても、関税による保護は輸出産業にとって大きな打撃をこうむることになり、経済界は総じてTPP推進の立場であることから、TPPは農業だけの話ではありません。

 今後の進め方については、国政の判断に委ねざるを得ず、本市議会からTPP交渉に関する意見書を提出することに対して反対します。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、請願第2号に対する賛成の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党江津市議団の森川佳英です。

 請願第2号米価対策を求める意見書の提出について賛成の立場で討論を行います。

 昨年の平成26年度産米価価格についての推移が異常な低価格、相対価格が1万1,261円となっており、この価格では労賃、物財費さえも確保できず、どんな営業努力を講じても経営は維持できないことは明らかです。そのしわ寄せが集落営農組織の担い手層の経営に集中してることや、さらには安倍自公政権が米直接支払交付金を半減し、米価変動補填交付金を廃止したために、生産者は二重、三重、四重に苦難に陥ってることは現在の状況でございます。

 価格の暴落と流通の停滞の原因は、過剰米にあることは明らかであります。過剰米の市場隔離を官民挙げて実施するなど米穀の需要調整に直ちに乗り出し、米価の回復を図ることや米直接支払交付金の半減措置と米価変動補填交付金の廃止を撤回をして、農家の経営安定対策をとることは、需給と価格の安定に責任を持つ安倍自公政権がとるべき米政策ではないでしょうか。農家の経営ができなくなれば、国土、環境を守っている水田が荒れて耕作放棄地もふえるのではないでしょうか。農家の経営、国土を守るために、どうか協力をお願いして賛成討論を終わります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

 2番鍛治議員。

              〔2番 鍛治恵巳子 登壇〕



◆2番(鍛治恵巳子) 政友クラブの鍛治恵巳子です。

 請願第2号米価対策を求める意見書の提出について反対の立場から意見を申し上げます。

 米の生産量は、少子・高齢化と人口減少、食生活の多様化により年間消費量が半減し、今後もさらに消費量の減少が予測されます。そういったことから、市場経済に準じた生産に転換する必要に迫られています。

 政府は、これまでにも需給バランスが崩れたいわゆる過剰米を市場隔離し、過剰在庫を買い入れ、外米に比較して高価な米を海外への援助や家畜の餌に処分するという手法では、財政的にこれ以上の継続は困難であると決断し、米価は市場に任せる方向に転換したものであります。

 本市にとっては、米価下落による影響は大きいものの、これを機に採算ベースに合わない水稲生産から畑作物等への転換を促すとともに、付加価値の高い農業経営に誘導する施策が重要と考え、本市議会から政府に対する米価対策を求める意見書を提出することに対しては反対といたします。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、請願第3号に対する賛成の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党の江津市議団の森川佳英です。

 請願第3号農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出について賛成の立場で討論を行います。

 安倍首相は、日本を世界で一番企業が活躍しやすい国にするという成長戦略の一環として、医療、健康分野、保険と並んで農業をも企業の自由競争の場に開放しようとしております。その最大の障害となるのが農地法や農協、農業委員会を岩盤規制と称して、その解体を目指すのが目標となっています。

 農業改革の名による農協、農業委員会改革は、地域農業や農協のあり方にとどまらず、国民の食料や地域の将来、そして協同組合そのもののあり方にかかわる重大な問題であるので、その中止を求めるのがこの請願書の内容でございます。農協の皆さんからも農協解体につながる農業改革については反対してほしいとの書面も送られてきております。また、農家からは農協解体の要望は出ておりません。農業協同組合のあり方は農協自身で自主的に行うもので、国が上から強制的に法律をつくってまで農協を解体することはあってはならないと考えます。全ての農家が安心して家族農業経営を営むことができる援助をお願いをして賛成討論を終わります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

 7番藤間議員。

              〔7番 藤間義明 登壇〕



◆7番(藤間義明) 政友クラブの藤間義明です。

 請願第3号農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出について反対の立場から意見を申し上げます。

 安倍政権は、競争力ある農業、農業の成長産業化を目指し、今回の農業改革は農業政策上の大転換をするラストチャンスであるとしています。現在、農地集積、農業者所得、農業規則の3分野で農政改革を進めており、それには主食用米の生産調整、農業委員会、農業協同組合の抜本的な見直しが焦点となっております。

 今回の改定は、一つ、農業委員会、農業生産法人、農業協同組合のあり方を一体的に見直すことで、生産現場である地域において自主性の発揮とスピード感のある農業経営を可能とすること、2つ目として、流通とマーケティング、6次産業化を含めた国内のバリューチェーンを再構築すること、3つ目として、バリューチェーンを国際市場ともしっかりと連結するとともに新たな国内市場を開拓することに総合的に取り組むこととしております。

 これら3点により、高い付加価値と強固なブランド力を伴いつつ、地域経済の牽引役として攻めの農林水産業を展開するとしており、日本農業の成長産業化に向けた効果を期待するものであり、本市議会から農協改革など農業改革に関する意見書を提出することに対しては反対といたします。御賛同のほどよろしくお願いいたします。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、請願第1号を採決いたします。

 本請願に対する委員長報告は不採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、請願第1号TPP交渉に関する意見書の提出については、委員長報告のとおり不採択と決定されました。

 次に、請願第2号を採決いたします。

 本請願に対する委員長報告は不採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、請願第2号米価対策を求める意見書の提出については、委員長報告のとおり不採択と決定されました。

 次に、請願第3号を採決いたします。

 本請願に対する委員長報告は不採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、請願第3号農協改革など「農業改革」に関する意見書の提出については、委員長報告のとおり不採択と決定されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第 3号 江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第 4号 地域審議会の設置に関する協議書に定められた事項を変更する条例の制定について

      議案第 5号 江津市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第 6号 江津市松平地域防災拠点施設の設置に関する条例の制定について

      議案第 7号 江津市課設置条例の制定について

      議案第 8号 教育長の勤務時間その他勤務条件に関する条例の制定について

      議案第 9号 教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について

      議案第10号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第11号 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について

      議案第12号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第13号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第14号 職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第19号 江津市奨学基金条例の一部を改正する条例制定について

      議案第20号 江津市立幼稚園保育料条例の制定について

      議案第21号 江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定について

      議案第22号 江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第23号 市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第24号 江津市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第5、議案第3号外17件を一括議題といたします。

 本案18件に対する総務文教委員会委員長の報告を求めます。

 7番藤間議員。

              〔総務文教委員会委員長 藤間義明 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(藤間義明) 総務文教委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第3号から議案第14号及び議案第19号から議案第24号までの18件について、去る3月11日、委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 まず、議案第3号江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、平成27年4月1日より江津市地域コミュニティ交流センターに新たに波積、二宮、長谷、川越の4カ所を追加するものであります。

 次に、議案第21号江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定については、先ほどの地域コミュニティ交流センターへ移行となる4地区の公民館について条例から削除するものです。

 次に、議案第22号江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、地域コミュニティ交流センターへ移行となる長谷及び川越の生涯学習センターを条例から削除するものです。

 次に、議案第23号市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、地域コミュニティ交流センターへ移行となる二宮交流館を条例から削除するものです。

 議案第3号、議案第21号、議案第22号及び議案第23号の4件については、関連があるため一括で審査を行いました。

 討論の中で、住民は別に公民館をなくさなくてもいいと思っているし、コミュニティーに名前を変える必要もなく、従来の公民館をなくすべきではないという反対意見に対して、コミュニティーについては既に長い期間をかけて議論し、各地域で動き出している。これまでの公民館活動より自由度が大きくなり、一刻も早く全市でコミュニティーに移行すれば問題もなくなるので、本条例には賛成であるとの意見がありました。

 審査の結果、議案第3号、議案第21号、議案第22号及び議案第23号の4件については、賛成多数によりいずれも原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第4号地域審議会の設置に関する協議書に定められた事項を変更する条例の制定については、江津地域審議会及び桜江地域審議会について、新市建設計画の計画期間を5年間延長したため、同審議会の設置期間の変更を行うものです。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第5号江津市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定については、消防団員の入団要件を市内居住者に限定せず、在勤者や学生も加えるように改正をするものです。

 審査の中で、入団要件に江津市に勤務しとあるが、どのような内容なのかという質疑に対して、市外から本市に勤めておられ、消防団活動に協力したいと言われる方や協力的な事業所があり、改正によって団員の増加も期待でき、消防本部から遠い場合にも迅速な初期対応が可能となりますという説明がありました。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第6号江津市松平地域防災拠点施設の設置に関する条例の制定については、松平地域の防災拠点施設の名称及び位置、施設の内容等について定めるものです。

 議案第7号江津市課設置条例の制定については、部制を廃止して課制とした組織体制とするため、所要の改正を行うものです。

 審査の結果、議案第6号及び議案第7号の2件については、いずれも異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第8号教育長の勤務時間その他勤務条件に関する条例の制定については、常勤の特別職となる新教育長について、勤務時間や勤務条件について市の一般職に準ずるよう定めるものであります。

 議案第9号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定については、特別職となる新教育長の職務専念義務について免除等の特例を定めるものです。

 議案第10号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定については、教育委員長廃止に伴い、教育委員長の報酬規定の削除と子ども・子育て会議委員を追加するものです。

 次に、議案第11号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、新教育長の給与等に関する条例を一括して改正するものです。

 審査の結果、議案第8号から議案第11号の4件については、いずれも賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第12号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、平成26年人事院勧告及び島根県人事委員会勧告に準じ、職員の給料月額等の改正及び地域手当、広域異動手当について定めるものです。

 議案第13号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定については、平成18年の給与の構造改革の際の経過措置である現給保障を廃止するものです。

 審査の結果、議案第12号及び議案第13号の2件については、いずれも賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第14号職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定については、減額対象の給料月額を経過措置として現給保障される給料月額とするものです。

 討論の中で、労使で合意したといえども労働者の士気は低下する。世間では賃上げが多い状況の中で本案は逆行しており、また消費の減少も懸念され、条例改正するべきではないという反対意見がありました。

 審査の結果、議案第14号については賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第19号江津市奨学基金条例の一部を改正する条例制定については、当該基金が保有する土地の一部が江津駅前地区再生整備事業及び県が実施する県道江津港線拡幅工事に伴い、事業用地として移管がえあるいは売り払いの対象となったため、所要の改正を行うものです。

 審査の結果、議案第19号については異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第20号江津市立幼稚園保育料条例の制定については、公立幼稚園の保育料をこれまでの一律料金から保護者の所得に応じた応能負担とする保育料に改め、一時預かり保育についても保護者の所得等を勘案して、世帯に応じた保育料を設定するものです。

 議案第24号江津市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例制定については、児童福祉法の改正により条項の改正をするものです。

 審査の結果、議案第20号及び議案第24号の2件については、いずれも異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 まず、議案第3号から議案第7号及び議案第21号から議案第23号の8件に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第3号江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第21号江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第22号江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第23号市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定についてへの反対討論を行います。

 一連の議案は、公民館を地域コミュニティセンターへ置きかえていくための条例案です。公民館は社会教育法に規定された施設であり、地域の社会教育に資するための施設です。これを条例で地域コミュニティセンターへかえてしまえばどうなるか。市は地域コミュニティ事業を進めるため、これまでと変わらないと説明していますが、法律に裏打ちされた公民館とは異なり、将来的に市長の考え方、例えば財政難などで行政から切り離すというようなこともあり得ます。実際、地域コミュニティ事業そのものがとりあえず10年やって、それから先のことはそのときに考えるという事業であり、現在の山下市長が突然そのようなことをされるとは私も思いませんが、次、あるいはその次といった将来の市長がもうやめたと地域切り捨ての判断を下せば、コミュニティーは立ち行かなくなり、施設の維持そのものが困難となってしまいます。そうなれば、当然社会教育のための活動もままならなくなってしまいます。

 各地域で住民の皆さんが地域のためにとコミュニティーづくりへ取り組まれていることは大事なことだと思います。ただ、その取り組みの中に、これまで地域の方たちが大事にされてきた公民館をなくす施策を組み込むことはあってはならないことです。

 このような将来へ禍根を残す条例案に明確に反対しなければならないということを申し述べまして討論とさせていただきます。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 3番小林議員。

              〔3番 小林博昭 登壇〕



◆3番(小林博昭) 政友クラブの小林博昭です。

 議案第3号江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について賛成の立場から意見を申し上げます。

 この条例制定については、昨年度既に8地区がコミュニティ交流センターに移行しておりますが、このたび新たに4地区の公民館が地域コミュニティ交流センターに移行されるもので、所要の改正を行うものであります。

 この交流センターは、地域コミュニティーの主体となる組織の活動拠点であり、いわゆる箱物としての公民館を地域コミュニティ交流センターに移行することによって、これまでの公民館の枠を取り払い、これまで行ってきた社会教育活動などに加えて新たに経済活動など幅広い活動を可能とするものです。

 そもそも地域コミュニティーの組織化については、少子・高齢化や人口減少で地域の担い手不足から地域力の低下が懸念されている中、地域を将来にわたって守り続けるための新たな仕組みづくりとして推進しているものであります。そして、このたび提案いたします4地区のほか、昨年度に既に組織がえした8地区を除く地区については、全て準備委員会が立ち上がっており、平成28年度内にコミュニティ組織の移行を目指してそれぞれ協議を重ねていることであります。

 以上のことから、このたびの条例制定については賛成するものであります。

 続いて、関連して議案21、22、23号についても賛成の立場から討論します。

 議案第21号江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定について、議案第22号江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第23号市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について賛成の立場で討論します。

 先ほど賛成討論を行いました議案第3号江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について賛成いたしますので、この3件の条例についても賛成をお願いします。御賛同のほどよろしくお願いします。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、議案第8号から議案第11号までの4件に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第8号教育長の勤務時間その他勤務条件に関する条例の制定について、議案第9号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定について、議案第10号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第11号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてへの反対討論を行います。

 一連の議案は、行政から独立した組織である教育委員会を市長の指揮下へ入れてしまう制度変更にのっとったものです。しかし、このような改定を行う前に、なぜ教育委員会が行政から独立しているのかを考えなければなりません。現在の教育委員会制度は戦後につくられたものです。その際の基本理念として、戦前の教育が国家権力の言いなりに教育勅語で「一旦緩急あれば、義勇公に奉し、以て天壌無窮の皇運を扶翼すべし」と国家に都合のよい思想を子供たちへたたき込み、戦場へと送り出す役割を担ったことへの反省を踏まえて、権力に対して自由、自主、中立であることをかなめとしました。そのため、教育委員会は地方において、議会や市長とは異なる立場で住民の教育に関する政治的意思を集約する組織であり、教育において独立した権限を持つ組織として実際に教育行政を担ってきました。

 しかし、市長の指揮下へ入ってしまえば、その自主性、中立性は限界が生じます。先日、国会で政権与党の国会議員が、かつて当時の中曽根首相でさえも国会答弁で失敗のもととした八紘一宇という戦前のスローガンを大切な価値観であると発言する出来事がありました。教育委員会が自主性、中立性を保っていなければ、こういう政治家が市長になった場合に、70年前の反省もなく誤った教育への道に進んでしまう可能性が大いにあるのです。

 そのような教育を復活させないためにも、教育委員会は権力から独立し、これまでどおり教育委員長が教育行政に責任を持つべきです。このことを理由として申し上げまして、条例改定に反対いたします。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 1番坪内議員。

              〔1番 坪内涼二 登壇〕



◆1番(坪内涼二) 政友クラブの坪内涼二です。

 議案第8号、議案第9号、議案第10号、議案第11号について賛成の立場から意見を申し上げます。

 このたびの教育委員会制度改革については、教育の政治的中立性、継続性、安定性を保ちつつ、教育行政における責任体制の明確化、迅速な危機管理体制の構築、地方公共団体の長と教育委員会との連携の強化などが図られる内容となっています。

 また、首長と教育委員会の基本的な権限関係は変わらないということを前提として、その上で首長と教育委員会とがより密接に連携していくための協議の場として、総合教育会議の設置がされます。これにより、首長が教育行政に果たす責任、役割が明確なり、両者が教育施策の方向性を共有し、一致して執行に当たるという体制がつくれると考えられています。

 新制度を十分活用していただくことによって、より活性化した教育行政が進められると期待しており、このたびの教育委員会制度改革に伴う条例制定については賛成するものであります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、議案第12号から議案第14号及び議案第19号、第20号、第24号の6件に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第12号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について、議案第13号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定について、議案第14号職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定についてへの反対討論を行います。

 議案第12号、第13号、第14号は、職員給与を全体で2%引き下げるものです。市民の中には、公務員は高給取りだから給料を下げろという方もいらっしゃいます。しかし、この引き下げの影響は市内の経済に悪影響をもたらします。2%の給与引き下げは約3,000万円に相当します。この3,000万円の多くは、市職員が市内で消費者として使うお金です。つまり、市内経済での消費が3,000万円分も減ることになります。答弁によれば、3年間の現給保障があるため、当面は大きな影響はないとされましたが、あくまで当面であり、保障が終われば影響は免れません。

 また、今回の引き下げは若手職員に配慮しており、むしろ上がるとされています。確かに若い世代への配慮は必要です。しかし、そうでない世代はどうでしょうか。今回の上げ下げの境界は40歳とのことでした。40歳といえば子育て真っ最中の世代です。先日の一般質問でも取り上げましたが、子育て世帯での悩みとして一番多かったのは、子育てで出費がかさむことでした。さらに40歳どころか50代ともなれば、子供の進学でむしろ負担がふえるという方もいるでしょう。市は子ども・子育て支援事業計画で子育てコストの軽減をうたいながら、事業は継続ばかりで、負担軽減の取り組みを前進させていません。であるのに、この給与引き下げです。これでは、みずから立てた計画から逆行してしまうことになります。

 先日来、春闘でのベースアップが報道で取り沙汰されています。しかし、現状でその動きは一部の大企業に限られています。地方の経済は、依然厳しい状態にあります。これを打開していくには、賃金アップが必須であることは政府も認めています。であるなら、その足を引っ張るような給与引き下げは行うべきではありません。

 以上の理由から、議案第12号、第13号、第14号に反対させていただきます。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 3番小林議員。

              〔3番 小林博昭 登壇〕



◆3番(小林博昭) 政友クラブの小林博昭です。

 議案第12号から議案第14号までの3件の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例制定について賛成の立場から討論します。

 議案第12号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、国の人事院勧告に準じ、職員の給料を給料表水準で平均2%引き下げて改定するものであります。また、激変緩和措置として、平成29年度まで3年間現給保障をするものであります。

 人事院勧告は、公務員の労働基本権制約の代償措置として、職員に対して適正な給与を確保する機能を持つものであります。人事院は、平成26年度も企業規模50人以上かつ事業所規模50人以上の全国の民間事業所約5万5,000のうちから、層化無作為抽出法によって抽出した約1万2,400の事業所を対象に、平成26年度職種別民間企業給与実態調査を実施し、4月分給与を官民比較して給料表を決定されたものであります。妥当な勧告であると判断いたします。引き下げの勧告でありますが、当事者であります職員の労働組合がこの勧告による条例改定を受け入れたことを決定されたことに敬意をあらわしたいと思います。

 また、議案第13号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定につきましては、このたびの3年間の新たな激変緩和措置により、平成18年度の激変緩和措置を廃止するものであり、議案第14号職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定につきましては、このたびの現給保障により、給料月額を減額対象に変更するものです。いずれも議案第13号の改正に関連して改正するものであると考えます。

 以上のような判断に従って、これらの条例制定については、従前より人事院勧告に準拠して改定されてきた経緯を踏まえ、県内においてもこの改定内容に従って実施されることと思い、妥当なものであると考え賛成します。御賛同のほどよろしくお願いします。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第3号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第3号江津市地域コミュニティ交流センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第4号地域審議会の設置に関する協議書に定められた事項を変更する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第5号江津市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第6号江津市松平地域防災拠点施設の設置に関する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第7号江津市課設置条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第8号教育長の勤務時間その他勤務条件に関する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第9号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第9号教育長の職務に専念する義務の特例に関する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第10号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第10号特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第11号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第11号地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正に伴う関係条例の整備に関する条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第12号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第12号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第13号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第13号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第14号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第14号職員の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第19号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第19号江津市奨学基金条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第20号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第20号江津市立幼稚園保育料条例の制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第21号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第21号江津市公民館設置管理条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第22号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第22号江津市桜江生涯学習施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第23号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第23号市民交流施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第24号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第24号江津市放課後児童クラブ設置条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第15号 江津市保育所条例の一部を改正する条例制定について

      議案第16号 江津市子育て支援に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第17号 江津市手数料条例の一部を改正する条例制定について

      議案第18号 江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第6、議案第15号外3件を一括議題といたします。

 本案4件に対する建設厚生委員会委員長の報告を求めます。

 8番森脇議員。

              〔建設厚生委員会委員長 森脇悦朗 登壇〕



◆建設厚生委員会委員長(森脇悦朗) 建設厚生委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第15号から議案第18号までの4件について、去る3月12日委員会を開催し審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 まず、議案第15号江津市保育所条例の一部を改正する条例制定については、子ども・子育て支援新制度の開始に伴い、施設型給付の対象施設となる公立保育所について保育料の基準や延長保育、一時保育などの特別保育の利用に係る保護者負担の基準等について改正するものです。

 審査の中で、平成27年度からは国の制度改正により所得税課税額から市民税課税額により保育料が決定することになるが、階層区分が変わると保育料はどうなるかとの質疑に対し、140名の方の保育料が下がり、50名の方の保育料が上がる見込みです。しかし、増額の場合には、9月の保育料改定時まで前年度の金額に据え置く経過措置を設けています。また、低所得者層には引き下げる配慮をしていますとの答弁がありました。

 討論の中で、子育てに関するアンケートで、3割が子育てに関する支出に悩んでおり、回答した6割以上が軽減すべきであると答えている。今後、低所得者に配慮するということだが、低所得者層だけに配慮するのでは足りない。実際、上がる世帯もあるので反対するとの反対意見に対し、保育料の予算額は前年度と比較して500万円下がっているということ、また保育料が上がる人が50人で、下がる人が140人でバランスのいい配慮がしてあるということから賛成するとの意見がありました。

 採決の結果、賛成多数で可決すべきものと決しました。

 次に、議案第16号江津市子育て支援に関する条例の一部を改正する条例制定については、子ども・子育て支援制度の開始に伴い、第3子以降の3歳未満の子供の保育料の軽減について、対象施設等所要の改正を行うものであります。

 次に、議案第17号江津市手数料条例の一部を改正する条例制定については、長期優良住宅建築等計画の認定等の手数料について、新たな申請方法が加わることに伴い、所要の改正をするものです。

 審査の結果、いずれも異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第18号江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定については、現在直営で管理している江尾1号棟団地及び江尾2号棟団地について、指定管理者による管理ができるように新たに規定を追加するものです。

 審査の中で、昨年住宅供給公社に管理を委託した際、これまで同様市役所でも手続ができるということだったが、住民の方から入居の手続は浜田へ行くように言われたと聞いた。対応についてどうかとの質疑に対し、原則は浜田に行っていただくようだが、都市計画課でこれまでどおり何ら変わるものではなく、窓口では柔軟な対応をしていますとの答弁がありました。

 討論では、以前の条例改正の際の対応がされていないから、今回江尾の住民の方に不便をかけるわけにはいかないので反対するとの意見がありました。

 採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 まず、議案第15号に対する反対の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党江津市議団の森川佳英です。

 ただいまから、議案第15号江津市保育所条例の一部を改正する条例制定について反対の立場から討論を行います。

 この条例改正は、安倍自公政権が掲げる子育て支援、女性の活躍の名目に子ども・子育て支援新制度がこの4月から実施されるのに伴ってされるものでございます。

 国や江津市の公的な支援を後退させる内容となっており、新制度の給付や財政支援の内容が決められたのはことしの2月に入ってからであります。保護者や職員には、制度の十分な説明がないまま行われようとしており、いろいろな疑問点が解決しないまま進められています。市内でも待機児童はないようでございますけれども、昨年問題になった入所待ち決定保留者はどうなるのか、入所待ち決定保留者は絶対につくらない、こういう措置をとるべきです。保護者の希望に基づく保育を必要とする入所希望者数を正確に掌握し、保育実施義務を果たしてほしいと思います。また、保育士確保のために抜本的な処遇改善が求められ、正職員化へ行政が責任を持って取り組むことも重要と考えます。

 保育料額については、国が定める基準よりも低く設定されておりますが、延長保育などの年額については値上げになりそうであります。子育て支援計画案の意見募集の中でもあった保育所利用における経済的負担の軽減は、保護者の皆さんの強い願いでもあります。保育料を貧困ライン以下の家庭では、月1万円以下が妥当と言われております。保育料の階層区分をふやして、収入に応じた細やかな対応などが考えられ、今回の保育料設定については今後どうなるのか、不明確な部分がたくさんあります。

 最後に、保育士の確保や施設整備計画の課題にも解決しなければならない中で、保育料、利用料の増額を含んだ条例制定に改正すべきではないことを述べて、反対討論を終わります。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 4番田中利徳議員。

              〔4番 田中利徳 登壇〕



◆4番(田中利徳) 政友クラブの田中利徳です。

 議案第15号江津市保育所条例の一部を改正する条例制定について賛成の立場から意見を申し上げます。

 本条例は、子ども・子育て支援法の施行に基づき、公立保育園に入所している児童に対する保育料の基準及び延長保育、一時保育などの特別保育の利用に係る保護者負担の基準等について改正を行うものです。

 新制度における保育料は、階層区分が所得税額から市民税課税額に変更になることに伴い、約140人が減額、約50人が増額となるものの、増額の場合には9月の保育料改定時まで前年度の金額に据え置くとする経過措置を設けています。また、保育料の軽減措置により、保育料総額が約500万円減額になるとされています。

 これらのことから、子ども・子育て支援新制度の施行に合わせて保育サービスの充実が図られていると判断でき、本議案について賛成するものです。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、議案第16号から議案第18号までの3件に対する反対の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党江津市議団の森川佳英です。

 議案第18号江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について反対の立場から討論を行います。

 この条例は、現在直営で管理している江尾1号棟団地及び江尾2号棟団地について、島根県住宅供給公社浜田住宅管理事務所に管理を委託するものです。

 市営住宅の管理業務は、入居者の公募や選考、入居の事務手続、家賃等の徴収、撤去の際の修繕業務から、入居者からの日常対応業務、防火管理や各種整備の保守点検などかなり幅広いものがございます。指定管理者制度の導入は、多様する市民ニーズに応え、効果的、効率的に対応するために行うものとされてきました。市民サービスの向上が大きな目的でございますけれども、ひとり暮らしの方々や高齢者の方々が、交通の便が悪いところにも、幾度にも行くことが対応できていますでしょうか。これらができていない事実もございます。また、顔が見えない、冷たい対応になるのではないのか、個人情報の取り扱いもどうなるのかなど住民サービスが本当によくなるのか疑問が残ります。いろいろな住民要望に対する対応や機敏な予算措置などもおくれ、江津市の責任が不明確になると考えます。市営住宅における指定管理者制度の導入は、メリットよりもデメリットのほうが大きいのではないでしょうか。

 市営住宅の管理は直営として続けることを指摘をして反対討論を終わります。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第15号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第15号江津市保育所条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第16号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第16号江津市子育て支援に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第17号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第17号江津市手数料条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第18号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第18号江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 議案第25号 江津市過疎地域自立促進計画を変更することについて

      議案第26号 辺地に係る総合整備計画を定めることについて

      議案第27号 公の施設に係る指定管理者の指定について



○議長(藤田厚) 日程第7、議案第25号外2件を一括議題といたします。

 本案3件に対する総務文教委員会委員長の報告を求めます。

 7番藤間議員。

              〔総務文教委員会委員長 藤間義明 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(藤間義明) 総務文教委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第25号から議案第27号までの3件について、去る3月11日委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 議案第25号江津市過疎地域自立促進計画の変更については、過疎対策事業の対象とするため、平成26年度分を1事業、平成27年度実施予定の6事業の追加をする過疎対策事業の変更を行うものです。

 審査の結果、議案第25号については、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号辺地に係る総合整備計画を定めることについては、辺地区域を見直しにより、新たに波積辺地、谷住郷辺地を定めるものであり、林道岩瀧寺線のつけかえ工事と市道長戸路線の改良工事を対象事業とするものです。

 審査の中で、辺地対策事業債を使うことで具体的にどれぐらいメリットがあるのかという質疑に対して、過疎対策事業債については、地方交付税から7割の措置があり、辺地対策事業債では8割の交付税措置となりますという説明がありました。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第27号公の施設に係る指定管理者の指定については、平成27年3月31日をもって指定期間の満了を迎える江津中央公園ほか9施設について、現行の指定管理者を引き続き指定管理候補者として選定され、これを指定管理者として決定するため、議会の議決が求められたものであります。

 議案第27号については、審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案3件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第25号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第25号江津市過疎地域自立促進計画を変更することについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第26号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第26号辺地に係る総合整備計画を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第27号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第27号公の施設に係る指定管理者の指定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第8 議案第28号 市道の路線の認定について



○議長(藤田厚) 日程第8、議案第28号市道の路線の認定についてを議題といたします。

 本案に対する建設厚生委員会委員長の報告を求めます。

 8番森脇議員。

              〔建設厚生委員会委員長 森脇悦朗 登壇〕



◆建設厚生委員会委員長(森脇悦朗) 建設厚生委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第28号市道の路線の認定について、去る3月12日、委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 議案第28号市道東部工業団地6号幹線については、江津工業団地内の環境整備に伴う新規道路建設により路線認定するものであります。

 また、市道八神線については、八神・太田地区の県営農地環境整備事業の実施に伴い、事業区域内の土地利用のための進入道路の建設が必要となり、この道路と接続する既存農道とあわせて一体管理していくため、路線認定するものであります。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより議案第28号を採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第28号市道の路線の認定については原案のとおり可決されました。

 この際、しばらく休憩いたします。

 再開は午後3時50分といたします。

              午後3時37分 休憩

              午後3時50分 再開



○議長(藤田厚) 会議を再開いたします。

 本日の会議時間は、議事の都合により、これを延長いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第9 議案第37号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第8号)を定めることについて

      議案第38号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

      議案第39号 平成26年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第40号 平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第41号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算

(第4号)を定めることについて

      議案第42号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

      議案第43号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについて

      議案第44号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第4号)を定めることについて

      議案第45号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについて



○議長(藤田厚) 日程第9、議案第37号外8件を一括議題といたします。

 本補正予算案9件に対する予算委員会委員長の報告を求めます。

 13番土井議員。

              〔予算委員会委員長 土井正人 登壇〕



◆予算委員会委員長(土井正人) 予算委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第37号外8件について、去る3月16日委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果を報告いたします。

 議案第37号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第8号)を定めることについては、基本的には各事業の実績及び決算見込みを算定したもので、歳入歳出それぞれ6億3,387万8,000円を減額し、予算総額を170億2,038万3,000円としております。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、特別会計であります。

 議案第38号平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)を定めることについては、実績見込みに準じ、保険給付費等の増により、歳入歳出それぞれ4,431万円の増額補正を行うものであります。

 このほか議案第39号から議案第43号までの6件の各特別会計につきましては、それぞれ事業の実績及び決算見込みによる補正であります。

 いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第44号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第4号)を定めることについては、決算見込みによる編成がされております。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第45号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについては、この補正予算は地方創生、地域消費の喚起、また多子世帯支援などの事業で構成されており、全事業を平成27年度へ繰り越すものであります。

 歳入歳出それぞれ3億7,027万円を増額し、予算総額を173億9,065万3,000円としております。

 討論において、そもそも消費税の増税によってこのような補正が必要になってしまった。それは国がやったことで、市としては言いようがないとの説明があったが、そのような観点ではいけない。プレミアム商品券についても前回の地域振興券との違いに疑問があるとの反対意見がありました。

 これに対し、本補正予算は多子世帯支援事業や地域消費喚起事業など3つの事業を中心に行われ、この中でも3億円分のプレミアムつき商品券で市内の消費喚起を促し、まち・ひと・しごと創生費では12事業を行うこととなっていて、市民に好ましい補正となっているとの賛成意見がありました。

 採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本補正予算案9件に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第45号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについてへの反対討論を行います。

 安倍自公政権の進める地方創生を受けての補正予算案ですが、この地方創生は昨年4月に国民の大きな反対の声を無視して、安倍自公政権が強行した消費税の8%への増税により、国内経済、特に地方の経済が大きな打撃を受けたことに端を発しています。実際に、平成27年度当初予算案審査での答弁によれば、江津市が支払わなければならない消費税のうち約1億2,000万円が消費税増税分であり、この地方創生での交付金1億355万円を上回っています。これが地方経済を疲弊させている明確な事実です。このような実態がある地方創生にもろ手を挙げて賛成することはできません。

 さらには、江津市としての取り組みにも問題があります。地方創生でのメニューには、多子世帯へ負担軽減など日本共産党として求める子育て支援の充実にも合致する、評価できる取り組みもあります。しかし、プレミアム商品券はいっときのばらまきにすぎません。そのことは近年の地域振興券で既に実証されています。答弁では、現在は地域振興券の当時より経済状態がよく、予算も倍であり効果があるとされましたが、予算審査を通じて市内経済が厳しい状態であることは明確となっています。このような状態で商品券がばらまかれても、結局はプレミアム分だけ貯蓄に回るのが落ちではないでしょうか。

 そのような場当たり的な施策ではなく、市民への負担軽減や生活交通の充実、中小零細の事業所が通常の営業の中で利用できる補助や農林水産業での安定した生産につながる支援など本当に市民が必要としている施策こそ実施すべきであるということを申し述べて、議案第45号への反対討論とさせていただきます。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 9番島田議員。

              〔9番 島田修二 登壇〕



◆9番(島田修二) 島田修二でございます。

 議案第45号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについて賛成の立場から討論します。

 このたびの補正予算は、地方創生、地域消費の喚起、多子世帯支援の3つの事業で構成されており、財源については国の交付金を活用し、平成27年度当初予算と一体編成し、地方創生と地域消費の喚起などを主眼としています。

 地方創生については、まち・ひと・しごと創生費として出産、育児の支援、6次産業の推進、林業の振興、UIターンの支援、若者、女性の就職支援など12の事業を実施するもので、本市の最重要課題である人口減少対策や雇用対策を目的とした予算編成となっています。

 また、地域消費の喚起については、地域経済の活性化のために総額で3億円分のプレミアム商品券を発行することにより、短い期間で少なくとも3億円以上の経済効果も期待できます。

 この補正予算は、本市の創生に向けた一歩であり、経済対策もあわせ今後も着実に実行することが必要であると考え、議案第45号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについて賛成いたします。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第37号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第37号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第8号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第38号から議案第43号までの6件を一括採決いたします。

 本補正予算案6件に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第38号から議案第43号まで6件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第44号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第44号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第4号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第45号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第45号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第9号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第10 議案第29号 平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについて

       議案第30号 平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについて

       議案第31号 平成27年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計予算を定めることについて

       議案第32号 平成27年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計予算を定めることについて

       議案第33号 平成27年度島根県江津市公共下水道事業特別会計予算を定めることについて

       議案第34号 平成27年度島根県江津市簡易水道事業特別会計予算を定めることについて

       議案第35号 平成27年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計予算を定めることについて

       議案第36号 平成27年度島根県江津市水道事業会計予算を定めることについて



○議長(藤田厚) 日程第10、議案第29号外7件を一括議題といたします。

 本予算案8件に対する予算委員会委員長の報告を求めます。

 13番土井議員。

              〔予算委員会委員長 土井正人 登壇〕



◆予算委員会委員長(土井正人) 予算委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第29号外7件について、去る3月13日及び16日に委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 審査はまず、新年度予算にかかわる事業について現地調査を行いました。

 来年度から3カ年で計画されている汚泥共同処理施設整備事業について、敬川のし尿処理場や平成25年8月豪雨で浸水被害が発生し、その対策が予定されている市道敬川試験場線の現場など4カ所の現地調査を行いました。

 そのうち、企業立地推進事業に係る江津工業団地の現地においては、発電プラントや工場の建設ラッシュで短期間に大きくさま変わりしており、委員から驚きの声が上がったところです。戻ってからの委員会審査でも活発な質疑が行われました。

 次に、新年度予算審査に入る前に、昨年決算特別委員会が平成25年度決算審査において付した要望事項について、どのように対応し新年度予算を編成されたのか個々に説明を受けました。

 続いて、予算書による審査に入りました。

 議案第29号平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについては、地方創生、定住促進、災害復旧、地域コミュニティーの推進、中心市街地活性化などに重点を置いた予算編成で、予算規模は156億6,500万円で、前年度当初予算対比では3億8,200万円、2.4%の減となっております。

 歳入につきましては、地方交付税は、予算額56億1,000万円で、国において前年度並みの交付額が確保されたため、本市の額も前年度と同額を見込んだ額となっております。

 次に、固定資産税、予算額13億6,626万9,000円は、評価替えの影響で前年度当初比で約660万円の減収となっています。

 次いで、災害復旧費国庫負担金5億2,800万円は、平成25年8月災害の復旧費負担金で、工事進捗状況により交付され、前年度比較で3,625万円の増額となっています。

 歳出の主なものとして、災害復旧費8億7,434万1,000円、江津駅前整備に係る中心市街地整備事業6億6,534万1,000円、地域医療支援対策事業1億8,551万7,000円などが計上されております。

 審査において、地域医療支援対策事業について、済生会江津総合病院の医療機器を更新するということだが、病院が独自に整備すべきものであって、本市が要望を全て聞いていたのでは切りがないのではないかという質疑があり、基本的には済生会江津総合病院が整備するべきもので、要望を全て聞いているわけではありませんが、病院の経営状況が厳しいため、診療科目を維持するためには支援が必要と考えていますとの答弁がありました。

 次に、商工振興費について、中小企業への対策事業費に比べ、企業立地推進事業費はかなり大きく、中小企業に対して不公平ではないかとの質疑に対し、今回の企業立地推進事業費の中では、新たに本市に来ていただく企業に対しての土地取得補助金というものが主になっています。土地取得時の最初1回の補助であり、他自治体に比べても大きいものではありませんが、大きな設備投資と雇用を生むことから、重要な補助と考えています。中小企業に対しましては、小規模企業育成事業ほか別の補助事業や企業を回って要望を聞いたり、商工会議所等と連携して引き続き支援してまいりますとの説明がありました。

 次に、討論において、中小企業対策は十分でなく、駅前再開発にも疑問があるという意見や、済生会江津総合病院には毎年多額の補助をしているのに改善が見られず、有効な使い方を求めるとの反対意見がありました。これに対して、厳しい財政状況の中、国、県の補助事業など有利な財源確保をされている。歳出についても新規の建設事業を抑え、事務費なども削減され、適切な予算編成と思われるとの賛成意見がありました。

 採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第30号平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出総額35億390万9,000円、対前年度比11.3%の増であります。

 審査の中で、来年度の保険料の見通しはどうかとの質疑に対し、下げるということはなく、据え置きか上げることも検討しなければなりませんとの答弁がありました。

 次に、討論において、医療給付費が上がっており、予防対策は十分でない。特定健康診査事業についても、計画では目標受診率55%に対して、予算上は48%の計上でしかなく十分な予算となっていないとの反対意見がありました。これに対して、緊急性、必要性を考慮して適正な予算編成であるとの賛成意見がありました。

 採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第31号平成27年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出331万円、前年度比で2.5%の減額であります。

 議案第32号平成27年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出7億4,580万6,000円、前年度比5.1%の減額であります。

 議案第33号平成27年度島根県江津市公共下水道事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出8億9,826万8,000円、前年度比7.9%の増であります。

 議案第34号平成27年度島根県江津市簡易水道事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出1億8,399万4,000円、対前年度比1.5%の減額であります。

 次に、議案第35号平成27年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計予算を定めることについては、歳入歳出2億5,533万6,000円、前年度比で3.3%の増額であります。

 以上、議案第31号から議案第35号の特別会計予算5件につきましては、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第36号平成27年度島根県江津市水道事業会計予算を定めることについては、収益的収支の収入総額を6億7,054万5,000円、支出総額を6億4,788万9,000円としております。

 次に、資本的収支につきましては、収入総額を1億6,414万9,000円、支出総額を4億573万6,000円としております。

 議案第36号につきましては、必要な予算措置と認め、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 まず、議案第29号に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第29号平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについてへの反対討論を行います。

 これまでの討論でも述べてきましたが、市内経済は依然厳しい状況にあります。そうであるなら、市内の経済や雇用を下支えする中小零細企業へ当たり前の経営、営業が続けられる対策を講じなければなりません。しかし、市民から、大きいところや新しいところにばかり手厚いと、こういった声に示されるように、誘致企業への補助である企業立地推進事業には1億円以上の予算計上があるのに、地元の中小、零細の事業所への予算はその半分の5,000万円にすぎません。企業立地推進事業の対象企業は7つです。これに対し、江津市内には事業所が約1,000あるとされています。公平な支援となっていないのは明白です。

 さらには、同様の不公平な予算計上として江津駅前ホテルへの無利子融資4億円が上げられます。江津駅前にホテルを建てる。民間での事業ですので、これにとやかく言うつもりはありません。しかし、ここに貸すとはいえ、市民の税金を投入するとなれば話は違ってきます。貸したものがちゃんと返ってくるようにいろいろ言わなければならないということもありますが、なぜホテルにだけ貸すのかということが問題となるためです。市内の中小業者の多くも、無利子で借りられるならうちも借りたいと考えられているでしょう。しかし、平成27年度予算案ではホテル以外そのように対応してはいません。これまでの説明では、公共性が高いことが融資の理由とされていますが、では経済を支え、雇用を支えている市内の中小業者に公共性がないというのでしょうか。

 私は、一律に誘致企業やホテルへ税金を投入するのが悪いと言っているわけではありません。確かな雇用創出や返済計画があれば、そういう税金の使い方も一定認められるべきと思います。しかし、いつも市執行部が答弁する公平性も担保した産業振興が求められているのではないでしょうか。

 また、江津駅前再開発については、本体である複合公共施設の建設費も計上されています。既に請負契約が結ばれているので、余り多くは申し上げませんが、巨額の建設費にもかかわらず、いまだに市民の中に何をつくるのかといった声やそんなもので人が来るのかといった声が多くあり、得心がいっていないという状況であります。税金の使い方として問題があります。

 もう一点、反対理由として、済生会江津総合病院への税金投入が上げられます。9日の森川市議の一般質問に対し、過去10年で済生会へ18億5,754万円もの税金がつぎ込まれていることが示されました。しかし、先日の記者会見でも明らかとなったように、また医師が減り、診療科の運営がままならず、看護師不足のために50床もの病床が閉鎖されます。莫大な税金をつぎ込みながら、市民の期待に応えられない病院運営を続けさせ、平成27年度もこれまで同様の支援を行おうとしています。病院自身の経営もそうですが、市として全く過去への反省がないと言わざるを得ません。そして、そのような税金の使い方に市民の中に大きな不満が渦巻いていることは、市執行部も議会も認識されているはずです。財政難を言いながら、このような野方図と言っても過言ではない税金の使い方をする、これを認めるわけにはいきません。さきに上げた公平性の問題とあわせて、平成27年度一般会計予算案に反対させていただきます。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 7番藤間議員。

              〔7番 藤間義明 登壇〕



◆7番(藤間義明) 政友クラブの藤間義明です。

 政友クラブを代表して、議案第29号平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについて賛成の立場から意見を申し上げます。

 新年度予算は、市長施政方針にありましたように、本市の最重要課題であります地方創生、人口減少問題に対応するための予算とし、定住促進、中心市街地の活性化、地域医療の維持などの事業を計上されております。

 このうち、地方創生につきましては、平成26年度補正予算と一体編成し、子育て支援、6次産業の推進、企業立地支援などを取り組むとのことでありました。また、平成25年8月災害の復旧事業も最重要課題の一つとして取り組んでおられ、本予算にも復旧費の計上をされております。さまざまな困難の中、一日も早い復旧を目指し努力しておられるところでありますが、そして私は市民が安心して暮らしていけるまちづくり、また新たな雇用の場の創出など本市にとって必要な事業、予算であると考えております。

 ここで、一つ一つの予算は申し上げませんが、いずれも本市の発展には重要なものと考えております。

 また、財政難の中、経費のゼロベースからの見直し、経常経費の3%削減、災害復旧を優先し通常事業も抑制していることなど財政の健全化にも努めておられます。

 こうしたことから、新年度予算案は市長の施政方針にもありますように持続可能な市政運営を着実に実行し、また地方創生や人口減少問題に真正面から取り組むものとなっており、私はその方向性、考え方にも賛同するものであり、今後の本市の発展に必要なものと考えております。そして、山下市政にも大いに期待しております。

 以上のことから、平成27年度島根県江津市一般会計予算案につきましては、いずれも必要な予算であることから賛成するものであります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 次に、議案第30号から議案第36号までの7件に対する反対の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議団の多田伸治です。

 議案第30号平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについてへの反対討論を行います。

 これまでも厳しい国民健康保険事業での会計を立て直すには、医療給付費を抑制することが必要であり、そのためには病気予防で症状を重篤化させない取り組みが重要と何度となく申し上げてきました。そのことは市執行部も認識した上で取り組みを展開されており、年々特定健診、いわゆるメタボ健診の受診率が上がっていることからもそれが伺われます。

 しかし、江津市でみずから立てた実施計画では、平成27年度の受診率は55%であるのに、実際の予算での目標は48%と大きく乖離しており整合性がありません。そのような予算案に議会としてお墨つきを与えるわけにはいかないと考えます。よって、議案第30号には反対させていただきます。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 1番坪内議員。

              〔1番 坪内涼二 登壇〕



◆1番(坪内涼二) 政友クラブの坪内涼二です。

 議案第30号平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについて賛成の立場から意見を申し上げます。

 厳しい財政状況の中、今回提案されている予算を見てみますと、特定健康診査を初め、がん検診や人間ドックへの助成、24時間電話相談などの各種保健事業やジェネリック医薬品の普及啓発などさまざまな取り組みが盛り込まれております。特に特定健康診査については、近年担当課の努力により、受診率が向上傾向にあり、県平均を常時上回っている状況にあります。

 今後は、平成26年度時点で2年以上未受診の方1,600人を対象にアンケート調査を実施し、受診されない理由を調査するなどの実態の分析を行い、さらなる受診率向上に努めていきたいとの説明がありました。こうした新たな受診率向上へ向けた取り組みも今後成果が期待されるところです。

 平成27年度のさまざまな取り組みについては、限られた予算の中で被保険者の皆さんの健康づくりや保健予防にも十分配慮された予算内容であると認められますので、議案第30号平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについて賛成するものであります。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、起立されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第29号を採決いたします。

 本予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立多数と認めます。よって、議案第29号平成27年度島根県江津市一般会計予算を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第30号を採決いたします。

 本予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立多数と認めます。よって、議案第30号平成27年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計予算を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第31号から議案第35号までの5件を一括採決いたします。

 本予算案5件に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立全員と認めます。よって、議案第31号から議案第35号までの5件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第36号を採決いたします。

 本予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(藤田厚) 起立全員と認めます。よって、議案第36号平成27年度島根県江津市水道事業会計予算を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第11 議案第46号 江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第11、議案第46号江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

議案第46号

   江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について

 上記の議案を別紙のとおり地方自治法(昭和22年法律第67号)第112条及び江津市議会会議規則第14条第1項の規定により提出する。

  平成27年3月20日  提 出

江津市議会議員   河 野 正 行    藤 間 義 明    土 井 正 人

          森 脇 悦 朗    多 田 伸 治

(別 紙)

江津市条例第  号

   江津市議会委員会条例の一部を改正する条例

 江津市議会委員会条例(諸和56年江津市条例第13号)の一部を次のように改正する。

 第2条第2項第1号中「総務部の所管に関すること。」を

  「政策企画課の所管に関すること。

   総務課の所管に関すること。

   財政課の所管に関すること。

   人事課の所管に関すること。

   税務課の所管に関すること。」

に改め、同項第2号を次のように改める。

 (2)建設厚生委員会 8人

  社会福祉課の所管に関すること。

  子育て支援課の所管に関すること。

  健康医療対策課の所管に関すること。

  市民生活課の所管に関すること。

  保険年金課の所管に関すること。

  人権啓発センターの所管に関すること。

  農林水産課の所管に関すること。

  商工観光課の所管に関すること。

  土木建設課の所管に関すること。

  都市計画課の所管に関すること。

  水道課の所管に関すること。

  下水道課の所管に関すること。

  農業委員会の所管に関すること。

 第7条第2項中「7人」を「6人」に改める。

 第21条中「教育委員会の委員長」を「教育委員会の教育長」に改める。

   附 則

 (施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

 (経過措置)

2 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律(平成26年法律第76号)附則第2条第1項の場合においては、この条例による改正後の第21条の規定は適用せず、この条例による改正前の第21条の規定は、なおその効力を有する。



○議長(藤田厚) 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 11番河野議員。

              〔11番 河野正行 登壇〕



◆11番(河野正行) 議案第46号江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定について、提案理由の説明を申し上げます。

 まず、常任委員会の所管について、平成27年4月1日の機構改革に伴う江津市課設置条例の制定にあわせ、所要の改正をするものであります。

 次に、資格審査特別委員会及び懲罰特別委員会の委員の定数については、平成22年に議員定数を24人から16人に改正したことにあわせた改正で、現在の特別委員会の委員定数にあわせ、7人を6人に改めるものであります。また、委員会への出席説明の要求については、さきの186回通常国会において教育委員長と教育長を一本化した新たな教育長を置くことなどを内容とする地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部を改正する法律とあわせ、地方自治法121条(長及び委員長の出席義務)が改正されたため、教育委員会の委員長を教育委員会の教育長に改めるものであります。御賛同のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより議案第46号を採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第46号江津市議会委員会条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第12 委員会継続審査調査付託について



○議長(藤田厚) 日程第12、委員会継続審査調査付託についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員長、総務文教委員会委員長及び建設厚生委員会委員長から、調査を要する事件について江津市議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査を行いたいとの申し出がありました。

              ………………………………………

                   申 出 書

〇議会運営委員会

 次期会議の会期等に関する調査

〇総務文教委員会

 学校教育に関する調査

 地域コミュニティーに関する調査

〇建設厚生委員会

 子育て支援に関する調査

              ………………………………………



○議長(藤田厚) お諮りいたします。

 委員長からの申し出のとおり、これを閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

 暫時休憩します。

              午後4時31分 休憩

              午後4時38分 再開



○議長(藤田厚) 会議を再開いたします。

 申出書の配付につきましておくれて配付いたしましたが、議員の皆様に御了承願います。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤田厚) 以上をもちまして日程の全部を議了いたしました。

 なお、会議録作成に当たり、本会議における発言について一部字句等の修正を議長において行わさせていただきたいと思います。

 これをもちまして第1回議会定例会を閉会といたします。

              午後4時38分 閉会

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



              江津市議会議長





              江津市議会議員





              江津市議会議員