議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 江津市

平成26年12月(第5回)定例会 12月19日−04号




平成26年12月(第5回)定例会 − 12月19日−04号







平成26年12月(第5回)定例会



               平成26年第5回議会定例会

                 議事日程第4号



平成26年12月19日(金)午後2時開議

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本日の議事日程

第1 請願第 2号 中小企業振興条例の制定について

          建設厚生委員会委員長報告

第2 議案第62号 公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第63号 江津市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について

          総務文教委員会委員長報告

第3 議案第64号 江津市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について

   議案第65号 江津市国民健康保険出産費資金貸付基金条例及び江津市国民健康保険出産費資金貸付条例を廃止する条例制定について

   議案第66号 江津市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

   議案第67号 江津市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

   議案第68号 江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について

   議案第69号 江津市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例制定について

          建設厚生委員会委員長報告

第4 議案第70号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについて

   議案第71号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第72号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第73号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第74号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第75号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについて

          予算委員会委員長報告

第5 議案第76号 江津市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第77号 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

   議案第78号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

第6 議案第79号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについて

   議案第80号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第81号 平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第82号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第83号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第84号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第85号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて

第7 委員会継続審査調査付託について

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議に付した事件

本日の議事日程のとおり

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(15名)

1 番  坪 内 涼 二             2 番  鍛 治 恵巳子

3 番  小 林 博 昭             4 番  田 中 利 徳

5 番  多 田 伸 治             6 番  森 川 佳 英

7 番  藤 間 義 明             8 番  森 脇 悦 朗

9 番  島 田 修 二             10 番  石 橋 孝 義

11 番  河 野 正 行             12 番  藤 田   厚

13 番  土 井 正 人             14 番  田 中 直 文

16 番  永 岡 静 馬

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欠席議員(0名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 説明のため出席した者

市長      山 下   修          総務部長    小笠原   隆

危機管理監   藤 田   裕          市民部長    川 島 幸 雄

健康福祉部長  武 本   靖          健康福祉部参事 藤 井   彰

産業振興部長  釜 瀬 隆 司          産業振興部参事 土 崎 一 雄

建設部長    二 上 拓 也          上下水道部長  小 林   勉

桜江支所長   今 田 三 之          政策企画課長  石 原 和 典

財政課長    崎 間 茂 理          人事課長    林     徹

教育長     藤 田 和 雄          教育委員会委員長五十嵐 百合子

教育委員会参事 森 岡 眞寿美          監査委員・選挙管理委員会事務局長

                                 寺 本   仁

監査委員    森 崎 延 正          総務課長補佐  笠 井 裕 司

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席した議会事務局職員

事務局長    福 田   斉

事務局次長   飯 田 真 澄

事務局次長   横 田 龍 二

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







              午後2時0分 開議



○議長(藤田厚) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程により、これを進行いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 請願第2号 中小企業振興条例の制定について



○議長(藤田厚) 日程第1、請願第2号中小企業振興条例の制定についてを議題といたします。

 本請願に対する建設厚生委員会委員長の報告を求めます。

 8番森脇議員。

              〔建設厚生委員会委員長 森脇悦朗 登壇〕



◆建設厚生委員会委員長(森脇悦朗) 建設厚生委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました請願第2号について、去る12月15日、委員会を開催し審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 請願第2号中小企業振興条例の制定については、国が定めた小規模企業振興基本法を受け、地域経済の振興のため、地方自治体においても自然的、経済的諸条件に応じたビジョンを策定し、中小企業振興条例を制定してほしいというものです。

 審査の中で、紹介議員に対し、条例を策定するためには、まず産業振興等ビジョンを策定する必要があるということだが、説明をとの質疑に対し、紹介議員からは、基本法では地方自治体は地域振興のビジョンを示し、施策を策定し実施する責務を明確にしている。県内では雲南市だけが制定しているという説明がありました。

 また、執行部に対し、中小企業に対してこれまでもいろいろ補助や助成をしてきていると思うが、どういった支援策をしているかという質疑に対し、執行部からは、商業の活性化、創業支援、空き店舗活用など、中小企業を細かく支援する施策を行っている。融資制度については、利子補給制度を中心に活用していただいている。本市では、特に近年は創業支援制度を充実させているとの答弁がありました。紹介議員に対し、今ある制度の中で手厚い支援をしているのに、さらに条例で定める必要があるのかという質疑があり、全ての業者に希望がある地域をつくり、地域の中でお金を回す仕組みをつくるということがこの条例の趣旨。国の小規模企業振興基本法は地方再生の目玉となるもので、国会で全会一致で可決されていると説明がありました。

 討論の中で、本市では、ビジネスプランコンテストという産業振興の目玉となる事業や市内の関係機関11団体で構成する産業振興連絡会議を毎月定期的に開催して、解決策を検討し、産業の振興や発展に努力しておられるので、この上条例制定の必要はないという反対意見に対し、基本法は国会で決まったので、条例はどうしても必要。アベノミクスによる景気回復は大企業の話で中小の企業にまで支援の手が届いていない。今ある制度が体系的に中小企業の皆さんに届くような条例をつくっていく必要があるという賛成意見がありました。

 これに対し、条例があるにこしたことはないが、条例を制定するにはビジョンを策定する経費や労力、時間が必要となってくる。本市では、産業振興連絡会議も動いており、競争力強化支援事業、産業活性化事業などを展開しており、地道な活動の成果も出ている。こうした状況の中で今は条例を制定する段階ではないという反対意見がありました。

 採決の結果、賛成少数で不採択すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本請願に対する反対意見はありませんか。

 2番鍛治議員。

              〔2番 鍛治恵巳子 登壇〕



◆2番(鍛治恵巳子) 政友クラブの鍛治恵巳子です。

 請願第2号中小企業振興条例の制定についてへの反対討論を申し上げます。

 現在、江津市においては、市内外の11団体で構成する江津市産業振興連絡会議を設置しており、月1回、地域の経済状況及び市内産業の課題の認識を共有し、その解決策を検討することにより市内産業の振興、発展に努力をしておられます。さらに、中小企業等競争力強化支援事業補助金や産業活性化支援事業補助金など、産業振興のため手厚い支援も行っています。

 また、地域の課題解決、地域資源を活用する取り組みである本市独自の江津市ビジネスプランコンテストを2010年から継続して行っており、その成果が評価され、昨年過疎地域自立活性化事例表彰において総務大臣賞も受賞しております。

 そうした中、今回提出された請願の趣旨は、産業振興対策を十分に行っていない地域を対象とした内容となっており、江津市においてはなじまないと考えます。条例制定のためには、詳細な地域振興ビジョン等を策定しなければなりません。そのためには、多大な時間、経費、労力がかかってまいります。

 以上のことから、中小企業振興条例の制定については、現段階において多大な手間、時間をかけて策定する必要性がないことを申し上げ、反対討論といたします。よろしく御賛同のほどをお願いいたします。



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

 5番多田議員。

              〔5番 多田伸治 登壇〕



◆5番(多田伸治) 日本共産党江津市議会議員団の多田伸治です。

 請願第2号中小企業振興条例の制定についてへの賛成討論を行います。

 多くの国民からの反対や懸念の声を無視して安倍自公政権が消費税を5%から8%へと増税したことにより、国内経済は大きな打撃を受けています。実際に11月に発表されたGDP、国内総生産は8月に続きマイナスとなっており、地域経済、そしてそれを支える中小企業は深刻な状況に置かれています。そのため、安倍自公政権では、地域創生を掲げ、11月21日にまち・ひと・しごと創生法を制定しています。また、半年前になりますが、6月21日には、小規模企業振興基本法が国会で全会一致により可決されています。それほどに地方経済やそれを支える中小企業への対策は急がれるものです。

 この12月定例会へ市長が提案された補正予算案にも、まち・ひと・しごと創生法を受けての予算も計上され、再来年の3月をめどに総合戦略を策定するために動き出そうとしています。この地方創生の流れに乗っていくためには、江津市でも主体的に中小企業振興を支援し、地域経済を温めていく必要があります。

 建設厚生委員会での討論では、本市で既に中小企業への対策がとられている、そしてそれにより成果を上げつつあるという意見がありましたが、9月議会での決算審査での質疑では、市内経済がよくなっているというお話はありませんでした。これは、つまるところ、市内経済を支える中小企業の経営が苦しいままであることを示しています。現状を正しく捉えるなら、対策はあるものの十分と言える水準ではないというべきところです。実際にここにいるどなたかで市内の中小企業、商店を回って、経営されている方、働いている方に江津市は景気がよいですよ、中小企業対策はばっちりで皆さんの会社の経営も上向きますというようなことを胸を張って言える方がいらっしゃるでしょうか。私は、そんな空虚な話をすることはできません。だからこそ、中小企業振興条例を制定して、体系的に、そして全ての中小企業に行き渡るような支援をしていく仕組みが必要なのです。反対意見では、今はその段階ではないともされましたが、ではいつならその段階となるのでしょうか。江津市内の中小企業が何件潰れたらその段階となるのでしょうか。どれほどの働く場が失われたらその段階となるのでしょうか。これから始めても遅いくらいです。国が、安倍自公政権が地方経済や中小企業への対策に腰を上げているこのときに機を逃すことはできません。しかも、田中直文議員からは、条例について、あるにこしたことはないという意見もいただきました。そうであるなら、市議会で協力し、いち早く国の動きに呼応し、市内経済の立て直しに取りかかることができるはずです。そして、それが市民、市内中小企業に喜ばれることです。このことを申し上げまして、請願への賛成討論とさせていただきます。



○議長(藤田厚) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより請願第2号を採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本請願に対する委員長報告は不採択であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、請願第2号中小企業振興条例の制定については、委員長報告のとおり不採択と決定されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第62号 公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第63号 江津市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第2、議案第62号外1件を一括議題といたします。

 本案2件に対する総務文教委員会委員長の報告を求めます。

 7番藤間議員。

              〔総務文教委員会委員長 藤間義明 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(藤間義明) 総務文教委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第62号及び議案第63号の2件について、去る12月12日、委員会を開催しました。そして、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 まず、議案第62号公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例制定については、公募によらない指定管理者の候補者の選定において、現行では、市の出資法人及び公共団体、公共的団体のみ選定できることとなっていますが、民間事業者についても選定できるように所要の改正を行うものです。

 審査の中で、今公共施設のあり方が検討されているが、本議案はその時期に合わせたものかという質疑に対して、来年度10施設が更新を迎えるが、本議案は字句の訂正も含めて提案したという説明がありました。

 また、利用料金を使用料及び利用料金に改正した理由はとの質疑に対しては、字句の改正で、収入の取り扱いを指定管理者か市かを区別するためですとの説明がありました。

 審査の結果、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第63号江津市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定については、次代の社会を担う子どもの健全な育成を図るための次世代育成支援対策推進法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(平成26年政令第313号)の公布により引用している条にずれが生じたため、所要の改正を行うものです。

 議案第63号については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案2件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第62号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第62号公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第63号江津市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第64号 江津市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定について

      議案第65号 江津市国民健康保険出産費資金貸付基金条例及び江津市国民健康保険出産費資金貸付条例を廃止する条例制定について

      議案第66号 江津市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

      議案第67号 江津市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

      議案第68号 江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定について

      議案第69号 江津市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第3、議案第64号外5件を一括議題といたします。

 本案6件に対する建設厚生委員会委員長の報告を求めます。

 8番森脇議員。

              〔建設厚生委員会委員長 森脇悦朗 登壇〕



◆建設厚生委員会委員長(森脇悦朗) 建設厚生委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第64号から議案第69号までの6件について、去る12月15日、委員会を開催し審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 まず、議案第64号江津市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定については、健康保険法施行令の改正により、出産育児一時金の額並びに出産育児一時金に加算される産科医療補償制度の掛金の基準額が改められたことに伴い、所要の改正を行うものです。

 審査の中で、産科医療補償制度の掛金が下がったが、支給額の42万円が維持されている理由はとの質疑に対し、このたびの産科医療補償制度の掛金額の改正に伴い、出産育児一時金等の額の引き下げを求める意見もあったようだが、厚労省では、子育て支援の観点などから、出産育児一時金の充実を求める意見に配慮し支給総額42万円が維持されることになった。産科医療補償制度の掛金額を除く出産育児一時金の額が39万円から40万4,000円に引き上げられたことで、出産費用の全国平均の41万7,000円により近づくことになり、被保険者の負担軽減が図られているとの答弁がありました。

 次に、議案第65号江津市国民健康保険出産費資金貸付基金条例及び江津市国民健康保険出産費資金貸付条例を廃止する条例制定については、国の制度改正に伴い、既に出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度が開始され、出産費資金の貸し付け及び貸付基金が不要となったため廃止するものです。

 審査の中で、廃止された基金はどうなるのか、基金として積み立てたのだから出産関連として使うのかという問いに対し、もともと国保の財政調整基金を取り崩して積み立てた基金のなので、国保会計に繰り入れて出産育児一時金に充てていきたいと思うとの答弁がありました。

 次に、議案第66号江津市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定については、母子及び寡婦福祉法の一部改正及び難病の患者に対する医療等に関する法律の施行に伴い、所要の改正を行うものです。

 議案第67号江津市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定については、児童福祉法の一部改正及び難病の患者に対する医療等に関する法律の施行に伴い、所要の改正を行うものです。

 議案第68号江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定については、条文中に引用している中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の法律名が、中国残留邦人等の円滑な帰国の促進並びに永住帰国した中国残留邦人等及び特定配偶者の自立支援に関する法律に改正されたことに伴い、所要の改正を行うものです。

 次に、議案第69号江津市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例制定については、同じく条文中に引用している中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律の法律名の改正にあわせ、福祉事務所の事務などの規則委任について定めるものであります。

 審査の結果は、いずれも異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案6件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第64号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第64号江津市国民健康保険条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第65号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第65号江津市国民健康保険出産費資金貸付基金条例及び江津市国民健康保険出産費資金貸付条例を廃止する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第66号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第66号江津市福祉医療費助成条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第67号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第67号江津市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第68号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第68号江津市営住宅管理条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号を採決いたします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第69号江津市福祉事務所設置条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第70号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについて

      議案第71号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第72号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第73号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第74号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第75号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについて



○議長(藤田厚) 日程第4、議案第70号外5件を一括議題といたします。

 本補正予算案6件に対する予算委員会委員長の報告を求めます。

 13番土井議員。

              〔予算委員会委員長 土井正人 登壇〕



◆予算委員会委員長(土井正人) 予算委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第70号外5件の補正予算案について、去る12月16日、委員会を開催し審査を行いましたので、その結果を報告いたします。

 議案第70号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ2億1,630万4,000円を追加し、予算総額を176億3,401万4,000円としております。

 歳入の主なものとして、現予算より増額見込みにより、普通交付税を4,431万5,000円、観音寺住宅など、土地売り払いによる不動産売払収入が2,895万9,000円、当初より大幅増の見込みとなったふるさとづくり寄付金の2,073万2,000円などであります。

 次に、歳出の主なものとして、県事業により移転する渡津の小迫谷地区の緑地購入費が3,510万3,000円、教育指導書の購入による小学校教育振興費673万円、桜江町の渡田消防ポンプ庫の移設による安全・安心拠点整備事業400万円などであります。

 審査において、教育総務費の学力調査事業について、市が独自に小・中学校の学力テストを行うというものだが、学校の先生方の手間や負担がふえるのではないかとの質疑があり、今回の学力調査は、採点や分析も含め業者によるものとし、学校側の負担軽減を図っておりますとの説明がありました。

 次に、萩・石見空港利用促進対策事業について、東京線の往復利用に1万円補助するということだが、片道利用者を補助対象にすることはできないのかとの質疑があり、今回は往復利用により多くの方に使っていただきたいと考えておりますとの答弁がありました。

 採決の結果、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、特別会計であります。

 まず、議案第71号平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、決算見込みによる保険給付費などの調整により、歳入歳出ともに25万円を追加するものです。

 次に、議案第72号平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、人事異動に伴う人件費の調整、機器の修繕費などにより、歳入歳出それぞれ222万6,000円を追加するものです。

 議案第73号平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、施設改良工事と災害復旧工事の工事費調整により、歳入歳出それぞれ64万円を減額するものです。

 議案第74号平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、処理施設の維持管理費の増などにより、歳入歳出それぞれ129万6,000円を追加するものです。

 審査の結果、議案第71号から議案第74号までの4件については、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第75号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについては、会計基準の見直しによる財源の組み替えや決算見込みによるもの、修繕が緊急で必要なものなどについて補正計上するものであります。

 議案第75号については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 討論に入ります。

 本補正予算案6件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第70号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第70号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第71号から議案第74号までの4件を一括採決いたします。

 本補正予算案4件に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第71号から議案第74号までの4件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第75号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第75号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第76号 江津市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第77号 市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

      議案第78号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(藤田厚) 日程第5、議案第76号外2件を一括議題といたします。

 本案3件に対する提案理由の説明を求めます。

 小笠原総務部長。

              〔総務部長 小笠原 隆 登壇〕



◎総務部長(小笠原隆) 議案第76号から議案第78号までの条例議案3件について、提案理由の説明を申し上げます。

 議案第76号江津市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定について及び議案第77号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、平成26年人事院勧告及び島根県人事委員会勧告に準じ改正される職員の勤勉手当の改正に伴い、市議会議員、市長等の期末手当の支給割合の改正を行うものです。

 議案第78号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定につきましても、平成26年人事院勧告及び島根県人事委員会勧告に準じ、職員に対して支給する給料及び期末勤勉手当等について所要の改正を行うものです。よろしく御審議のほどをお願い申し上げます。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

 5番多田議員。



◆5番(多田伸治) 先日、市長は、市の厳しい財政状況、さらには市財政の破綻について答弁されています。その状況で、市の一番の責任者である市長やそのチェックの荷を負う議会の給与、報酬を引き上げることには矛盾が生じるのではないかと感じますが、その点についてどのようにお感じか、お答えください。



○議長(藤田厚) 山下市長。



◎市長(山下修) まず、市長等、並びに市議会議員の皆さんの報酬、これは報酬審議会の答申を踏まえて決定をいたしております。また、今議員御質問の期末手当、これらの改正に当たっては、これまで人事院勧告の内容を踏まえて支給割合の決定を行っておりまして、このたびもその例に倣うものであります。

 議員御指摘の財政状況との関係でございますけれども、この問題はもっともっと大局的な観点に立って考えていく必要がございますし、したがいまして今後の財政動向などをしんしゃくして、本当に必要があれば、これは人件費に限らずその他のあらゆる経費、これは社会保障費なんかも含めてですけれども、あらゆる経費を含めてこれは整理すべき問題であるというふうに考えております。したがって、基準は基準としてそのまま適用し、今後の財政見通しを踏まえながら別の考え方でやるのが本来筋ではないかなと、このように考えておりますし、またそうしなければ、これから期末手当を決定するに当たって何をよりどころにするのか、この根拠がなくなってしまいますんで、そうしたことはぜひ御理解をいただきたいと思います。

 そして、これまでも別のやり方でやってきております。職員の給与カットもそうでありますし、議員さんの期末手当も、もう今はやっておりませんけども一時期やっておりました。さらには、現在も今職員給与も多分全国的に一番高いカットをしておりますし、市長あるいは副市長、教育長の報酬もカットしております。こうしたこともあって、本市の私を含めた副市長の給与、あるいは市会議員さんの報酬については、御承知のことと思いますけれども、県内8市の中で最も低額でございますし、いろんなことをとにかくやっておりまして、これはこれとして私は整理していく問題ではないかなと思っておりまして、今回の場合は、人事院の勧告に従って粛々と提案をさせていただいておりますので、ぜひよろしく御理解のほどをお願いを申し上げます。



○議長(藤田厚) 5番多田議員。



◆5番(多田伸治) 先ほどありました全協では、市長や議会のところでは人事院からの勧告というところ、これは職員のところにあったもので市長や議会のところには余り関係ないというようなお話でした。そういうことと市内の経済状況、それと市財政の厳しい状況と、こういうものも踏まえた上で、市民の目にこういう給与、報酬を上げる、市長や議会の給与、報酬を上げるということが市民の目にどう映り、どう感じられるか、市長のお考えを伺います。



○議長(藤田厚) 山下市長。



◎市長(山下修) 多田議員、期末手当と報酬がごっちゃになって質問がなされてますが、今回は報酬については改定の提案は行っておりません。期末手当についてのみ、改定の提案を行っております。

 このことについては、粛々とこれまでも人事院勧告を踏まえてやってきておりましたので、それは今回粛々と提案をさせていただいたと、こういうことでございます。

 その上で、今後財政問題等、いろいろ検討していかなければなりませんが、全体的な姿を見る中で、必要とあるならば、それは上げる上げないんではなくてカットという形でやるのが本来の姿だと思っておりますし、またこれまでも江津市議会におかれては、そういう考え方のもとで何年間か期末手当をカットしてこられた経緯もございますんで、それとこれとは別問題として御理解をいただきたいと思います。



○議長(藤田厚) 5番多田議員。



◆5番(多田伸治) 私が伺ったのは、市民の目にどういうふうに映るか、さらにどう感じられるかということについて市長のお考えを伺っております。



○議長(藤田厚) 山下市長。



◎市長(山下修) さまざまな考え方があろうかと思いますので、上げるのはけしからんて思われる方もあるでしょうし、いやそうではないですよと、江津市の場合は、県下の今8市の例を申し上げましたけれども、19市町村の中でもどちらかというと低いほうでございますので、そこら辺を思って、いやそれはそうではなくてあくまで基準に従ってやっておられるんだからっていうような思いの方もあろうかと思います。さらには、多額の給与、報酬カットもやってるよねというような思いの方も私はいらっしゃるんではないかと思ってまして、考え方はいろいろあるんではないかなと。全ての人がよしとするものでないことはこれは私も承知しておりますが、多田議員のように全ての人がだめだというものでもないというふうに思ってます。



○議長(藤田厚) ほかに質疑はございませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案3件は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案3件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案3件に対する反対の御意見はありませんか。

 6番森川議員。

              〔6番 森川佳英 登壇〕



◆6番(森川佳英) 日本共産党江津市議団の森川佳英でございます。

 議案第76号江津市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例、議案第77号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例案について、反対の立場で討論を行います。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−討論を終わります。



○議長(藤田厚) 暫時休憩いたします。

              午後2時47分 休憩

              午後3時10分 再開



○議長(藤田厚) 会議を再開いたします。

 森川議員から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。

 6番森川議員。



◆6番(森川佳英) 先ほど私の討論の中で議題外の発言がありましたので、その部分を取り消しをいたします。大変迷惑かけました。済いません。



○議長(藤田厚) この際、お諮りいたします。

 森川議員から、先ほどの反対討論における発言について、江津市議会会議規則第65条の規定に基づき、議題外の発言があったとの理由により、その発言部分を取り消したい旨の申し出がありました。この取り消し申し出を許可することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、森川議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決定いたしました。

 討論に入ります。

 これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第76号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第76号江津市議会議員の議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第77号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第77号市長等の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第78号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第78号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第79号 平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについて

      議案第80号 平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第81号 平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第82号 平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第83号 平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第84号 平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第85号 平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて



○議長(藤田厚) 日程第6、議案第79号外6件を一括議題といたします。

 本補正予算案7件に対する提案理由の説明を求めます。

 小笠原総務部長。

              〔総務部長 小笠原 隆 登壇〕



◎総務部長(小笠原隆) 議案第79号から議案第84号までの予算議案6件について、提案理由の説明を申し上げます。

 それでは、補正予算書1ページをお開きください。

 議案第79号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ2,024万7,000円を追加し、予算総額を176億5,426万1,000円とするものです。この補正は、人事院勧告等に準じて改定する職員人件費等の補正であります。

 続きまして、特別会計です。

 特別会計におきましても同様に給与等の改定分人件費を計上しております。財源につきましては、各会計の基金または一般会計からの繰出金を充当しております。

 5ページをお開きください。

 議案第80号平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ46万8,000円を追加し、予算総額を31億1,410万9,000円とするものです。

 続いて、7ページです。

 議案第81号平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ23万1,000円を追加し、予算総額を7億4,917万5,000円とするものです。

 次に、9ページ。

 議案第82号平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ55万5,000円を追加し、予算総額を7億4,487万2,000円とするものです。

 続いて、11ページです。

 議案第83号平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ16万6,000円を追加し、予算総額を1億8,636万5,000円とするものです。

 次に、13ページです。

 議案第84号平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ9万2,000円を追加し、予算総額を2億5,602万4,000円とするものです。

 続きまして、一般会計について、事項別明細書により主なものの説明をいたします。

 17ページをお開きください。

 款の9地方交付税です。今回の補正の財源として、普通交付税2,024万7,000円を計上しております。

 18ページをお開きください。

 18ページ以降の歳出につきましては、議員人件費、特別職人件費、一般職人件費などを各款に計上しております。

 20ページをお開きください。

 款の3民生費、項の1社会福祉費、目の1社会福祉総務費、説明欄、国民健康保険事業特別会計繰出金46万8,000円は、同会計に対する人件費繰出金であります。

 同じ項のその下、目の7老人医療費、説明欄、後期高齢者医療事業特別会計繰出金23万1,000円も、人件費繰出金であります。

 次に、22ページ。

 款の6農林水産業費、項の2林業費、目の2林業振興費、説明欄、公社造林事業8万3,000円は、造林事業に従事する一般職人件費であります。

 続きまして、26ページから28ページまでの給与費明細書であります。お目通しをお願いし、説明を省略させていただきます。

 次に、29ページから48ページまでの国民健康保険事業特別会計、後期高齢者医療事業特別会計、公共下水道事業特別会計、簡易水道事業特別会計、農業集落排水事業特別会計につきましては、先ほど説明させていただきましたので、お目通しをお願いし、説明を省略させていただきます。

 以上で議案第79号から議案第84号までの予算議案6件について提案理由の説明を終わります。



○議長(藤田厚) 小林上下水道部長。

              〔上下水道部長 小林 勉 登壇〕



◎上下水道部長(小林勉) それでは、議案第85号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて、提案理由の説明を申し上げます。

 補正予算書の1ページをお開きください。

 補正予算第2条収益的収入及び支出のうち、支出について50万円増額し、補正後の予算額を7億5,201万2,000円とするものです。

 補正予算第3条資本的収入及び支出のうち、支出については15万6,000円増額し、補正後の予算額を3億8,502万円とするものです。その結果、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額が補正前の1億8,365万5,000円から、補正後は1億8,381万1,000円となり、不足額については過年度分損益勘定留保資金等で補填するものであります。

 補正予算第4条議会の議決を経なければ流用することのできない経費については、職員給与費を64万2,000円増額し、1億7,777万6,000円に改めるものです。

 次に、3ページをお開きください。

 3ページ以降は1ページから2ページに記載した補正予算の説明書となっております。

 3ページから4ページの補正予算実施計画は、補正予算の内容を目の科目別にあらわしたものです。詳細については後ほど補正予算実施計画明細書により御説明申し上げます。

 5ページをお開きください。

 5ページの予定キャッシュフロー計算書の補正につきましては、業務活動による資金の減少が50万円、投資活動による資金の減少が15万6,000円、財務活動による資金の増減なし、合計して65万6,000円の減少となり、年度末資金残高は3億8,867万8,000円となる見込みです。

 6ページから7ページの給与費明細書の補正については、お目通しをお願いし、説明を省略させていただきます。

 8ページ以降に記載しております補正予算実施計画明細書をごらんください。

 まず、8ページの収益的収入及び支出のうち、支出についてであります。

 項の1営業費用、目の2配水及び給水費15万7,000円の増、同じく項の1営業費用、目の4業務費7万3,000円の増、同じく項の1営業費用、目の5総係費18万9,000円の増、項の2簡易水道営業費用、目の1簡水費8万1,000円の増は、いずれも給料、期末勤勉手当及び法定福利費等の職員給与費の増額及び総係費における退職手当組合負担金の増額によるものです。

 9ページをお開きください。

 次に、資本的収入及び支出のうち、支出についてであります。

 項の1建設改良費、目の6資本勘定職員給与費15万6,000円の増は、給料、期末勤勉手当及び法定福利費等、職員給与費の増額によるものです。御審議のほどをよろしくお願いいたします。



○議長(藤田厚) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 質疑を終わります。

 本案7件は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、本案7件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本補正予算案7件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第79号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手多数と認めます。よって、議案第79号平成26年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第80号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第80号平成26年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第81号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第81号平成26年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第82号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第82号平成26年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第83号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第83号平成26年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第84号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第84号平成26年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第85号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(藤田厚) 挙手全員と認めます。よって、議案第85号平成26年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 委員会継続審査調査付託について



○議長(藤田厚) 日程第7、委員会継続審査調査付託についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員長、総務文教委員会委員長及び建設厚生委員会委員長から、調査を要する事件について江津市議会会議規則第111条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続調査を行いたいとの申し出がありました。

              ………………………………………

                   申 出 書

〇議会運営委員会

 次期会議の会期等に関する調査

〇総務文教委員会

 学校教育に関する調査

 地域コミュニティーに関する調査

〇建設厚生委員会

 駅前再開発事業に関する調査

 高齢者福祉(地域包括ケアシステム)に関する調査

 産業の振興に関する調査

              ………………………………………



○議長(藤田厚) お諮りいたします。

 委員長からの申し出のとおり、これを閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(藤田厚) 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤田厚) 以上をもちまして日程の全部を議了いたしました。

 なお、会議録作成に当たり、本会議における発言について一部字句等の修正を議長において行わさせていただきたいと思います。

 これをもちまして第5回議会定例会を閉会といたします。

              午後3時27分 閉会

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



              江津市議会 議 長





              江津市議会副議長





              江津市議会 議 員





              江津市議会 議 員