議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 江津市

平成25年 9月(第4回)定例会 09月20日−03号




平成25年 9月(第4回)定例会 − 09月20日−03号







平成25年 9月(第4回)定例会



               平成25年第4回議会定例会

                 議事日程第3号



平成25年9月20日(金)午後2時開議

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本日の議事日程

第1 同意第 4号 教育委員会委員の任命について

第2 議案第58号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について

          総務文教委員会委員長報告

第3 議案第60号 新市建設計画の変更について

          総務文教委員会委員長報告

第4 議案第62号 平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについて

   議案第63号 平成25年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第64号 平成25年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

   議案第65号 平成25年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

   議案第66号 平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

   議案第67号 平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第68号 平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

   議案第69号 平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについて

          予算委員会委員長報告

第5 議案第70号 激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業分担金徴収条例の制定について

第6 議案第71号 平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについて

   議案第72号 平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第73号 平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

   議案第74号 平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

   議案第75号 平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて

第7 委員会継続審査調査付託について

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議に付した事件

本日の議事日程のとおり

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(16名)

1 番  多 田 伸 治             2 番  横 田 省 吾

3 番  藤 間 義 明             4 番  山 根 兼三郎

5 番  森 脇 悦 朗             6 番  島 田 修 二

7 番  茅 島   昇             8 番  石 橋 孝 義

9 番  盆子原 民 生             10 番  河 野 正 行

11 番  藤 田   厚             12 番  土 井 正 人

13 番  田 中 直 文             14 番  山 本   誉

15 番  永 岡 静 馬             16 番  福 原 昭 平

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欠席議員(0名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 説明のため出席した者

市長      田 中 増 次          副市長     山 下   修

総務部長    小笠原   隆          危機管理監   古 川   豊

総務部参事   川 島 幸 雄          市民部長    西 谷 公巳夫

健康福祉部長  武 本   靖          産業振興部長  釜 瀬 隆 司

建設部長    二 上 拓 也          上下水道部長  小 林   勉

桜江支所長   今 田 三 之          財政課長    藤 田   裕

人事課長    藤 井   彰          教育委員会委員長森   奈々子

教育長     藤 田 和 雄          教育次長    松 田 明 信

監査委員・選挙管理委員会事務局長         監査委員    加 藤   哲

        寺 本   仁

総務課長補佐  笠 井 裕 司

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席した議会事務局職員

事務局長    福 田   斉

事務局次長   飯 田 真 澄

議事係長    横 田 龍 二

総括主任    田 平 弘 基

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







              午後2時0分 開議



○議長(河野正行) これより本日の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付しております議事日程により、これを進行いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 同意第4号 教育委員会委員の任命について



○議長(河野正行) 日程第1、同意第4号教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 職員に朗読させます。

              〔職員朗読〕



○議長(河野正行) 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

              〔市長 田中増次 登壇〕



◎市長(田中増次) 同意第4号教育委員会委員の任命について提案理由の説明を申し上げます。

 平成25年9月30日をもって任期満了となられます教育委員森奈々子氏の後任として、和木町の福田市子氏を任命いたしたく提案をするものであります。同氏は、教育における識見は非常に高く、教育委員としての適任者であると存じております。よろしく御同意のほどお願い申し上げます。

 なお、森教育委員におかれましては、3期12年間にわたり教育委員として、また後半は教育委員長として本市の教育行政に御尽力を賜り、この場をおかりして衷心より感謝を申し上げる次第であります。本当にありがとうございました。



○議長(河野正行) 質疑に入ります。

 1番多田議員。



◆1番(多田伸治) 福田氏の教育委員の同意なんですが、任命についてなんですが、全員協議会でも一定の説明がありましたが、適任と考えられたからこその提案だとは思います。ただ、特に教育委員としてどうしても福田氏でなければならないとされた理由というものが、先ほどの説明では少し足りないように思います。もう少し御説明いただければと思います。



○議長(河野正行) 田中市長。



◎市長(田中増次) ただいま多田議員の御質問でございますけれども、先ほど開催をしていただきました全員協議会において私の気持ち、教育委員としての適任者ということで御説明をいたしたところでございます。これ以上のものは何もございませんので、御理解のほどお願い申し上げます。



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより同意第4号を採決いたします。

 なお、起立されない方はこれを否とみなします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(河野正行) 起立全員と認めます。よって、同意第4号教育委員会委員の任命については、原案に同意することに決しました。

 この際、しばらく休憩いたします。

              午後2時3分 休憩

              午後2時5分 再開



○議長(河野正行) 会議を再開いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議案第58号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定について



○議長(河野正行) 日程第2、議案第58号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 本案に対する総務文教委員会委員長の報告を求めます。

 15番永岡議員。

              〔総務文教委員会委員長 永岡静馬 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(永岡静馬) 総務文教委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第58号について、去る9月9日、委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 議案第58号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、本年4月より3年間、職員給与について財政健全化のため減額措置を行い国の給料表に合わせており、今回期末勤勉手当についても国の支給率に合わせ100分の5引き上げ、所要の改正を行うものであります。

 審査の中で、4月に大きな減額をしたばかりなのに、この時期に若干でも上げるというのはちぐはぐではないかという質疑に対して、3月時点で同時に検討していたが、当面給与カットのほうを進め、期末勤勉手当についてはこれ以降に進めるという労使の協議があって今回の提案となりましたとの説明がありました。

 また、県内他市の状況はどうかという質疑について、本市のように3年間減額という例はなく、ほとんどが単年度限りの市で、中にはカットの取り組みがない市もありますとの答弁がありました。

 審査の結果、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(河野正行) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより議案第58号を採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第58号職員の給与に関する条例の一部を改正する条例制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議案第60号 新市建設計画の変更について



○議長(河野正行) 日程第3、議案第60号新市建設計画の変更についてを議題といたします。

 本案に対する総務文教委員会委員長の報告を求めます。

 15番永岡議員。

              〔総務文教委員会委員長 永岡静馬 登壇〕



◆総務文教委員会委員長(永岡静馬) 総務文教委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第60号について、去る9月9日、委員会を開催し、審査いたしましたので、その結果を報告いたします。

 議案第60号新市建設計画の変更については、東日本大震災の発生を受けた法改正により合併特例債の起債期限が5年間延長となったことに伴い、新市建設計画の計画期間を平成31年度まで延長することや、桜江の消防庁舎建てかえを想定した建設事業の追加などを行うものであります。

 審査において、消防庁舎建設事業の記載があるが、このたびの豪雨災害を受けた対応は今後盛り込まれていくのかとの質疑があり、計画の中にもともとある安全で快適な生活環境づくりという文言の中で解釈し、必要なものは取り組んでいきますとの答弁がありました。

 また、計画にある目標人口2万7,500人は修正しないのか。目標が達成できず財政破綻するような場合には誰が責任をとるのかとの質疑があり、今回の変更は法改正に係る起債期限延長や防災減災事業の記載にとどめ、目標人口は計画当初のもので、今回は混乱を招くため修正していません。目標を実現するしないは別として、さまざまな施策に取り組んでまいりますとの答弁がありました。

 討論の中で、目標も不明確な計画であり、誰も責任をとらないような計画であるので反対であるという意見がありました。これに対し、全体に納得できる説明がされ、防災、減災害についても柔軟に対応できるとされているので賛成であるとの意見がありました。

 採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(河野正行) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

 1番多田議員。

              〔1番 多田伸治 登壇〕



◆1番(多田伸治) 日本共産党の多田伸治です。

 議案第60号新市建設計画の変更についてへの反対討論を行います。

 これまでの新市建設計画では、目標人口は平成26年度に2万7,500人と設定とされていました。そして、今回の変更で計画期間が平成31年度まで延びることになりますが、目標人口についての記述は平成26年度のままという意味不明なものとなっています。

 そのため、目標人口をどうするのかと総務文教委員会で問うたところ、計画に何らの記述も変更もないのに、平成27年度も2万7,500人を目標にするとの答弁でした。しかも、実現するしないは別として目標として取り組むと、暗に実現を諦めたことを示唆する答弁までありました。新市建設計画がそのようないいかげんな認識のもとで変更されてよいとは思えません。

 加えて、市長からの、市の計画の基本は総合振興計画にあり、これでやっていくとの答弁も、せっかく御自身が策定した新市建設計画を軽視するかのような物言いであり、計画の責任者として軽率な発言であると言わざるを得ません。そして、それが計画の目標達成についての責任を問うた際の、責任をとるとかとらないとかの問題ではないとの無責任な答弁に凝縮されていると言えます。目標やそれについての責任のない計画は、計画とは言えません。

 一方で、委員会での質疑で目標人口について質問した私の意図を、市長は目標を下方修正するべきというように誤解されていたようですが、江津市の最大の課題が過疎、人口減少であることやそれに対抗する十分な施策が実施されておらず、合併時には2万8,000人近くいた人口を減らし続けていることを考えれば、目標の下方修正などしてよいわけがありません。私は目標を達成できていない不十分な取り組みこそ問題視しています。

 新市建設計画には財政計画も含まれています。人口が減り続ければ、市の税収や国からの交付税などにも悪影響が出るのは言うまでもないことです。そのような事態が起こらないように目標人口を目指して、過疎、人口減少への対策として有効な施策を打ち出すべきということが私の立場です。そのため、これまでのほかの地方自治体で取り組まれ、少なくない成果を上げている住宅リフォーム助成制度の導入や子供の医療費無料化などを一般質問などで提案してきました。新市建設計画を変更するのであれば、こういった積極的な施策を入れて、過疎にも立ち向かい、責任を持って人口増に踏み出せる計画とできるような変更を行うべきであることを申し述べまして、私の議案への反対討論とさせていただきます。



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

 6番島田議員。

              〔6番 島田修二 登壇〕



◆6番(島田修二) 市民クラブの島田修二です。

 市民クラブを代表して、議案第60号新市建設計画の変更について賛成の立場から意見を申し上げます。

 このたびの新市建設計画の変更は、東日本大震災の発生を受けた法改正により合併特例債の起債期限が5年間延長になったことに伴い、新市建設計画の計画期間をこれまでの平成26年度までを平成31年度までとする期間の延長と防災減災対策の推進に関する文言を追加し、桜江の消防庁舎建設事業を計画中に記載するものです。

 このたびの変更は、あくまでも期間の延長と防災減災対策の追加などであり、防災減災対策については執行部より、今後も柔軟に対応し、必要なものはしっかりと対応するとの答弁があり、それを評価し、議案第60号新市建設計画の変更について賛成をするところです。



○議長(河野正行) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより議案第60号を採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手多数と認めます。よって、議案第60号新市建設計画の変更については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議案第62号 平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについて

      議案第63号 平成25年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第64号 平成25年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

      議案第65号 平成25年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

      議案第66号 平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

      議案第67号 平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第68号 平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについて

      議案第69号 平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについて



○議長(河野正行) 日程第4、議案第62号外7件を一括議題といたします。

 本補正予算案8件に対する予算委員会委員長の報告を求めます。

 13番田中議員。

              〔予算委員会委員長 田中直文 登壇〕



◆予算委員会委員長(田中直文) 予算委員会委員長報告を行います。

 本委員会に付託されました議案第62号外7件の補正予算案について、去る9月11日、委員会を開催し、審査を行いましたので、その結果を報告いたします。

 議案第62号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについては、国の経済対策による地域の元気臨時交付金の交付額が確定したことから、これを活用した事業の追加を行ったほか、済生会江津総合病院への支援など、緊急を要し早急な予算措置が必要な経費について補正し、歳入歳出それぞれ3億8,576万8,000円を追加し、予算総額を154億882万9,000円としております。

 歳入の主なものとしては、地域の元気臨時交付金1億810万円は、国の経済対策による交付金で、交付額が確定したものであります。

 次に、歳出の主なものとして、地域介護・福祉空間整備等推進事業5,010万5,000円は、小規模多機能居宅介護施設、グループホーム等の整備費に対し補助を行うものであります。

 地域医療支援対策事業3,269万2,000円は、済生会江津総合病院の医師、看護師確保対策等に係る公的病院支援事業の補助であります。

 また、通学路整備事業5,060万円は、地域の元気臨時交付金を財源とする浅利中央線改良事業や、平成24年度に行った通学路調査に基づき緊急性の高い路線の改修工事を行うものであります。

 審査において、中山間地域商業機能維持・向上事業について、移動販売に必要な車両や設備取得への補助をするとのことだが、この移動販売には地区の制限がないため既存の小売店の生活を脅かすことにならないかとの質疑があり、現実として市内には日々の買い物に困っている地区があり、消費者サービスの観点から移動販売への補助は必要と考えます。ただし、既存商店を圧迫しないように指導はしてまいりますとの説明がありました。

 また、地域介護・福祉空間整備等推進事業の施設整備補助について、各施設の入居料など利用者の負担額が幾らなのかとの質疑に対し、極めて細かい数字のため、すぐには対応できかねます。後ほど提出いたしますとの答弁がありました。これに対し、委員から、正確な資料がないと審査に必要な判断はできないとの意見がありました。

 討論の中で、質疑に対し明確な答弁がなく、移動販売の補助については過疎対策に責任を感じてないように思える。また、スクールソーシャルワーカー活用事業の減額については、必要だが県が減らしたので減らしたという説明であり、とても賛成できないとの反対意見がありました。これに対し、この予算審査に当たっては、豪雨災害対応のため部長以上での対応であるが、この内容で理解できる。豪雨災害前に策定した補正予算案であるが、着実に進めていただきたいとの賛成意見がありました。

 採決の結果、賛成多数により原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、特別会計であります。

 まず、議案第63号平成25年度島根県江津市国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、本算定による保険給付費などの見直しや財政調整基金への積み立てにより、歳入歳出ともに2億6,473万円を追加するものです。

 次に、議案第64号平成25年度島根県江津市国民健康保険診療所事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについては、診療所の玄関スロープの修繕により、歳入歳出ともに20万3,000円を追加するものです。

 議案第65号平成25年度島根県江津市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについては、療養給付費に対する広域連合への負担金変更により、歳入歳出それぞれ1,473万2,000円を追加するものです。

 議案第66号平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについては、国庫補助金の内示による江津西処理区の建設費の減額により、歳入歳出それぞれ1億581万7,000円を減額するものです。

 議案第67号平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、平成24年10月、11月の落雷により被害を受けた施設に対する建物共済金とそれに伴う基金積み立てにより、歳入歳出それぞれ440万2,000円を追加するものです。

 議案第68号平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を定めることについては、桜江中央集落排水処理施設の集中監視システムの機能追加と、外壁の修繕により、歳入歳出それぞれ273万7,000円を追加するものです。

 審査の結果、議案第63号から議案第68号までの6件については、いずれも必要な予算措置と認め、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第69号平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについては、収益的収支について他会計補助金、職員給与費など、資本的収支については地域の元気臨時交付金事業等について、補正するものです。

 これについて、異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告を終わります。



○議長(河野正行) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 討論に入ります。

 本補正予算案8件に対する反対の御意見はありませんか。

 1番多田議員。

              〔1番 多田伸治 登壇〕



◆1番(多田伸治) 日本共産党の多田伸治です。

 議案第62号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについてへの反対討論を行います。

 今回の補正予算案では、高齢者用のグループホーム整備の補助金が計上されています。江津市では年金が少ないため、高額の利用料が必要となる施設に入れない高齢者が多くいます。また、所得に応じて料金が設定される特養ホームも待機者が多数で入れないため、多くの高齢者やその家族が不安を抱えています。

 その状況をただすための質疑を行うに当たり、まず前提となるグループホームの利用料金をただしたところ、予算委員会が終了した後で担当課に聞きに行けとの答弁でした。補正予算を判断するに足る情報が委員会での審査に提供されないのですから、賛成などできるものではありません。加えて、予算を判断する上で必要となる正確な情報を求める議員に対して、必要な情報を明らかにしないまま審査せよとしたこと自体も問題です。これは議員個人だけでなく、議会そのものを軽視していると断ぜざるを得ません。

 次に、中山間地での移動販売車購入への補助金についてですが、関連する中山間地域で過疎が進み、経営が困難になりつつある既存の小売店のあり方について、商業努力をしてもらわなければならない、攻めの商業をやってもらうなど、先ほど議案第60号への反対討論でも述べましたが、過疎への十分な対策をとってこなかった行政の責任を小売店の自己責任に転嫁する答弁がありました。中山間地への移動販売も必要な事業であることは言うまでもありません。ですが、その導入がこのような考え方に立脚していることは、行政として無責任です。

 そして、スクールソーシャルワーカー活用事業での予算減額については、市執行部自身が必要としているにもかかわらず、県が委託事業への補助金を減額したため事業費を減額したとの答弁でした。スクールソーシャルワーカー活用事業は不登校の児童・生徒へのケアを行う大事な事業であり、子供たちに当たり前に教育を受けてもらうために、執行部の言うとおり必要な事業です。必要であるなら、県が減額した場合には市が補填し、子供たちの教育を守る。この姿勢こそが、本来補正予算に求められるものではないでしょうか。

 これまでに3点について理由を申し上げましたが、これらの点で補正予算として適切でないと判断せざるを得ないため、補正予算案に反対いたします。



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

 3番藤間議員。

              〔3番 藤間義明 登壇〕



◆3番(藤間義明) 政友クラブの藤間義明です。

 議案第62号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについて、賛成の立場から意見を申し上げます。

 さきに執行部から説明がありましたように、今回の補正予算案は地域への元気臨時交付金を活用した事業や済生会江津総合病院への地域医療支援対策など、緊急を要し早急な予算措置が必要な補正予算となっています。

 予算委員会の審査の中で議論のあった商業活性化支援事業についてでありますが、その中の中山間地域商業機能維持・向上事業は、市内の移動販売に必要な車両及び設備の取得に要する経費を補助するものでありますが、中山間地域の市民の皆さんの生活の利便性の向上と既存商店とのバランスから考えても補助金の内容は妥当であると考えますし、特に空き店舗活用事業はさらなる商業活性化への布石となる補助金であると認識いたしております。

 スクールソーシャルワーカー活用事業の減額についても議論がありましたが、これも県の委託事業費の減額で、妥当な補正と考えます。

 また、地域医療等支援対策事業については、財源を過疎債とする財政支援でありますが、厳しい経営状況にある済生会江津総合病院がより一層の経営基盤の強化を図る上で不可欠なものと考えます。

 このほか、特別職及び職員の給与費減額や繰越金などについても計上されており、これらも今後の財政計画を考えますと重要な要素と考えます。

 したがいまして、このたびの補正予算は、財政状況が厳しい中ではありますが、このように地域の元気臨時交付金を財源とした事業や地域医療対策や産業支援に重点を置き、本年度中にどうしても対応しなければならないものであり、今後の市政推進のために必要な予算でありますので、本補正予算に対し賛成するものであります。御賛同のほどよろしくお願い申し上げます。



○議長(河野正行) これに反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) ほかに御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第62号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手多数と認めます。よって、議案第62号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第6号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号から議案第68号までの6件を一括採決いたします。

 本補正予算案6件に対する委員長報告はいずれも原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第63号から議案第68号までの6件は、いずれも原案のとおり可決されました。

 次に、議案第69号を採決いたします。

 本補正予算案に対する委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第69号平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第2号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議案第70号 激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業分担金徴収条例の制定について



○議長(河野正行) 日程第5、議案第70号激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業分担金徴収条例の制定についてを議題といたします。

 本案に対する提案理由の説明を求めます。

 小笠原総務部長。

              〔総務部長 小笠原 隆 登壇〕



◎総務部長(小笠原隆) 議案第70号激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業分担金徴収条例の制定について提案理由の説明を申し上げます。

 8月23日からの大雨による激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業に関し、受益者の分担金の賦課徴収について定めるものです。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(河野正行) 質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 本案は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 御異議なしと認めます。よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本案に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第70号激甚災害に伴う農地及び農業用施設の小災害復旧事業分担金徴収条例の制定については、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第6 議案第71号 平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについて

      議案第72号 平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第73号 平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについて

      議案第74号 平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについて

      議案第75号 平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて



○議長(河野正行) 日程第6、議案第71号外4件を一括議題といたします。

 本補正予算案5件に対する提案理由の説明を求めます。

 田中市長。

              〔市長 田中増次 登壇〕



◎市長(田中増次) 議案第71号から議案第75号の予算議案5件について提案理由の説明を申し上げます。

 今回提案をいたしました補正予算は、先般の8月23日からの大雨による災害に対する災害復旧のための経費であります。

 一般会計補正予算は、公共土木施設などの災害復旧事業費のほか、各部署それぞれの災害対策費などで、総額で23億9,007万6,000円の予算づけを行いました。このほか、公共下水道事業、簡易水道事業、農業集落排水事業の特別会計並びに水道事業会計につきましても災害復旧に関する補正をいたしました。

 このたびの昭和58年災害を上回る甚大な被害の発生を受け、国におかれては9月10日付で局地激甚災害の指定を閣議決定されました。これにより、災害復旧事業費に要する補助率が大幅にかさ上げされることとなり、今後の復旧に弾みがつくものであります。迅速な対応をしていただきました政府に対し心から感謝を申し上げるとともに、今後は一日も早い災害復旧に全力を傾注してまいる所存でありますので、市議会並びに市民の皆様の御支援、御協力をお願い申し上げます。

 なお、詳細につきましては担当部長より説明をいたさせます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(河野正行) 小笠原総務部長。

              〔総務部長 小笠原 隆 登壇〕



◎総務部長(小笠原隆) 議案第71号から議案第74号までの予算議案4件について補足説明を申し上げます。

 それでは、補正予算書1ページをお開きください。

 議案第71号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ23億9,007万6,000円を追加し、予算総額を177億9,890万5,000円とするものです。公共土木施設などの災害復旧事業費のほか、各款にそれぞれの災害対策費等を計上いたしております。

 5ページをお開きください。

 第2表債務負担行為補正です。

 平成25年度災害援護資金利子補給は、災害援護資金貸付金に係る利子補給について債務負担を行うものです。

 次に、6ページです。

 地方債補正です。

 災害復旧事業の追加などによるものです。

 続きまして、特別会計です。

 7ページをお開きください。

 議案第72号平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ300万円を追加し、予算総額6億8,251万1,000円とするものです。波子処理区内の管渠の復旧事業費であります。

 次に、10ページをお願いします。

 議案第73号平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ1,276万円を追加し、予算総額2億572万9,000円とするものです。桜江地区簡易水道施設の配水管等の復旧事業費です。

 次に、13ページをお開きください。

 議案第74号平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、歳入歳出それぞれ3,950万円を追加し、予算総額2億9,663万円とするものです。中継ポンプ制御盤や管路などの復旧事業費であります。

 16ページ以降の事項別明細書につきましては、先ほども申し上げました災害復旧事業費や被災者支援のための災害対策費等の明細であります。お目通しをお願いし、説明を省略させていただきます。

 以上で議案第71号から議案第74号までの予算議案4件について補足説明を終わります。



○議長(河野正行) 小林上下水道部長。

              〔上下水道部長 小林 勉 登壇〕



◎上下水道部長(小林勉) 議案第75号平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについて補足説明を申し上げます。

 今回の補正は、平成25年8月23日からの大雨による災害復旧事業に伴う補正であります。

 補正予算書の1ページをお開きください。

 第2条収益的収入及び支出のうち、収入については補正はありません。支出につきましては203万6,000円増額し、補正後の予算額を5億5,136万8,000円とするものです。

 第3条資本的収入及び支出のうち、収入については6,070万5,000円増額し、補正後の予算額を2億6,760万4,000円に、支出につきましては6,126万円増額し、補正後の予算額を4億6,184万3,000円とするものです。その結果、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額1億9,368万4,000円を1億9,423万9,000円に改め、不足する財源につきましては過年度分損益勘定留保資金等で補填するものです。

 次に、2ページをお開きください。

 第4条企業債につきましては4,480万円増額し、限度額を4,950万円に改めるものです。

 第5条議会の議決を経なければ流用することのできない経費につきましては、職員給与費を6,860万3,000円に改めるものです。

 次に、3ページ以降の補正予算実施計画、資金計画及び給与費明細書、補正予算明細書につきましては、お目通しをお願いし、説明を省略させていただきます。

 以上で議案第75号の補足説明を終わります。



○議長(河野正行) 一括質疑に入ります。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 質疑を終わります。

 本案5件は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 御異議なしと認めます。よって、本案5件は委員会付託を省略することに決しました。

 これより討論に入ります。

 本補正予算案5件に対する反対の御意見はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) これに賛成の御意見はありませんか。

              〔「省略」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 討論を終わります。

 これより採決いたします。

 なお、挙手されない方はこれを否とみなします。

 まず、議案第71号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第71号平成25年度島根県江津市一般会計補正予算(第7号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第72号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第72号平成25年度島根県江津市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第73号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第73号平成25年度島根県江津市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第74号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第74号平成25年度島根県江津市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

 次に、議案第75号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(河野正行) 挙手全員と認めます。よって、議案第75号平成25年度島根県江津市水道事業会計補正予算(第3号)を定めることについては、原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7 委員会継続審査調査付託について



○議長(河野正行) 日程第7、委員会継続審査調査付託についてを議題といたします。

 議会運営委員会委員長、総務文教委員会委員長、建設厚生委員会委員長及び決算特別委員会委員長から、審査及び調査を要する事件について江津市議会会議規則第104条の規定により、お手元に配付いたしております申出書のとおり、閉会中の継続審査調査を行いたいとの申し出がありました。

              ………………………………………

                   申 出 書

〇議会運営委員会

 次期会議の会期等に関する調査

〇総務文教委員会

 豪雨災害に関する調査

〇建設厚生委員会

 陳情第2号に関する審査

 議案第59号に関する審査

 所管に係る豪雨災害に関する調査

〇決算特別委員会

 議案第61号に関する審査

 認定第1号に関する審査

 認定第2号に関する審査

 認定第3号に関する審査

 認定第4号に関する審査

 認定第5号に関する審査

 認定第6号に関する審査

 認定第7号に関する審査

 認定第8号に関する審査

 認定第9号に関する審査

 認定第10号に関する審査

              ………………………………………



○議長(河野正行) お諮りいたします。

 委員長からの申し出のとおり、これを閉会中の継続審査調査に付することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(河野正行) 御異議なしと認めます。よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査調査に付することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(河野正行) 以上をもちまして継続審査となった事件を除き日程の全部を議了いたしました。

 なお、会議録作成に当たり、本会議における発言について一部字句等の修正を議長において行わさせていただきたいと思います。

 これをもちまして第4回議会定例会を閉会といたします。

              午後2時51分 閉会

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜





 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



               江津市議会議長





               江津市議会議員





               江津市議会議員