議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 安来市

平成14年第384回 3月定例会 03月04日−01号




平成14年第384回 3月定例会 − 03月04日−01号







平成14年第384回 3月定例会



             平 成 14 年 3 月 定 例 会



平成14年3月4日(月曜日)

            出 席 議 員 ( 2 2 名 )

 1番 勝部 幸治君      2番 岡田 麻里君      3番 永田 巳好君

 4番 葉田 茂美君      5番 金山 満輝君      6番 中村 健二君

 7番 嶋田 豊昭君      8番 田中 弘之君      9番 河津  清君

 10番 佐伯 直行君      11番 中島 隆夫君      12番 近藤 宏樹君

 13番 深田 富造君      14番 丸山 英司君      15番 飯橋 壹雄君

 16番 藤原 常義君      17番 遠藤  孝君      18番 河津 幸栄君

 19番 内藤 美雄君      20番 中尾  強君      21番 広野  糺君

 22番 山本 敏熙君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠 席 議 員 ( 0 名 )

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事  務  局  出  席  者

 事務局長 加納  実君   議事係長 近藤  隆君   庶務・調査係長

                                  飯塚  茂君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 市長      島 田  二 郎君      助役      福 田    敏君

 収入役     平 井  重 俊君      総務部長    石 川  隆 夫君

 市民生活部長  大 森    栄君      経済部長    井 上    進君

 建設部長    松 村  隆 郎君      消防事務局長  平 井  真 澄君

 水道部長    佐々木    弘君      教育次長    永 島  典 男君

 建設部次長   比 田  敏 夫君      総務課長    木 戸  修一郎君

 人事課長    永 見    太君      財政課長    安 達  武 敏君

 総合政策課長  真 野  善 久君      学校教育課長  成 相  二 郎君

 監査委員    石 橋  秀 雄君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程(第1号)

                        平成14年3月4日(月)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 市長の施政方針説明

第4 議第19号 平成14年度安来市一般会計予算

第5 議第20号 平成14年度安来市国民健康保険事業特別会計予算

第6 議第21号 平成14年度安来市老人保健特別会計予算

第7 議第22号 平成14年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算

第8 議第23号 平成14年度安来市駐車場事業特別会計予算

第9 議第24号 平成14年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

第10 議第25号 平成14年度安来市下水道事業特別会計予算

第11 議第26号 平成14年度安来市土地取得事業特別会計予算

第12 議第27号 平成14年度安来市農業集落排水事業特別会計予算

第13 議第28号 平成14年度安来市商品券事業特別会計予算

第14 議第29号 平成14年度安来市水道事業会計予算

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第14まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時25分 開会



○議長(内藤美雄君) 皆さんおはようございます。

 定足数に達しましたので、これより第384回安来市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1



○議長(内藤美雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第115条の規定により、13番深田富造議員、14番丸山英司議員を会議録署名議員に指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2



○議長(内藤美雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 このたびの定例会の会期につきましては、本日から来る3月19日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(内藤美雄君) 御異議なしと認めます。よって、このたびの定例会の会期は本日から来る3月19日までの16日間と決定されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3



○議長(内藤美雄君) 日程第3、市長の施政方針説明を求めます。

 島田市長。

            〔市長 島田二郎君 登壇〕



◎市長(島田二郎君) おはようございます。

 第384回安来市議会の開会に当たり、諸議案の説明に先立ちまして、安来市政運営の基本的な考え方と平成14年度の主要な施策について申し述べます。

 平成13年度は、「新・安来市総合計画〜みんなで創るやすらぎのまち〜」の初年度として新しいまちづくりがスタートし、また秋には市長、市議選挙が実施され、安来市にとっては名実ともに21世紀の幕あけにふさわしい節目の年でありました。

 まず、このまちづくりの進展と安来市を取り巻く状況についてであります。

 市内の道路整備につきましては、市道では、飯島荒島線、安来港西御幸線、県道の黒井田安来線が開通し、利便性が高まってきたものと考えております。

 また、先月26日には、継続事業として進めてきました南小学校校舎の改築工事が竣工いたしました。続いて、3月末までには、内代市営住宅、運動公園野球場スタンドの改修も完工することとなっております。「なかうみ農村公園」の風力発電施設やサイン整備計画に基づくモニュメントも、新たな安来の景観として定着してきたように感じています。

 また、安来市における新エネルギー導入の可能性を検討するための新エネルギービジョン策定につきましては、2月6日に最終の策定委員会が開催され、最終報告の骨子がまとまりました。新エネルギー導入には設備設置に多大の費用負担を伴いますが、今日的課題である環境問題、とりわけ環境保全を推進していく観点から、行政みずからが率先して施設導入をしていく必要性を感じています。最終報告がまとまり次第、公表する予定としております。

 このように新・総合計画のもとで、着実に新しいまちづくりが進展してる手ごたえを感じているところです。

 しかし、牛海綿状脳症(BSE)が国内で初めて発生したり、長引く経済不況による失業者の増加など、厳しい社会情勢が続いております。安来市内でも縫製工場の倒産や雇用調整が始まるなど、市民の間に不安感と閉塞感が広がっています。20世紀末の混迷がそのまま続いた1年でもありました。

 そのような中、小泉内閣は、いわゆる骨太方針に基づいた7つの重点プログラムを指定して、聖域なき構造改革の推進を政権の主軸に置き、施策の展開を図ってきました。特に注目すべきものに、自立した国、地方関係の確立があります。自己判断と自己責任の精神に基づいて、地方の自立を進めようとするものであります。

 私は、今の時代は、戦後の経済成長を支えてきた社会経済制度そのものが制度疲労を露呈してきており、現実に対応できる新たな枠組み、フレームづくりの時代であると考えており、小泉政権の方向性については、総論として理解できるものです。

 このような情勢をにらみ、全国での市町村合併に関する動きが一段と加速してきているとの感触を受けております。

 安来能義圏域につきましては、先月13日の安来市議会、14日の広瀬町、伯太町の町議会での全員協議会で御議論をいただき、翌15日に圏域内の考え方を澄田島根県知事に伝えました。これを受け、18日の県の合併支援会議において安来能義圏域が、邑南3町、隠岐島後と同時に、島根県内では最初の合併重点支援地域指定を受けることとなりました。早急に法定協議会を立ち上げ、個別の課題を整理し、市町村建設計画策定などの具体的なまちづくりの方向性を明らかにできるよう、作業を精力的に進めていきたいと考えております。

 また、合併に向けての作業を進める一方で、新・安来市総合計画に盛り込んだ安来市独自のまちづくりも進めていかなくてはなりません。

 しかし、国・地方を通じた厳しい財政状況のもと、公共投資関係費の大幅な削減や地方交付税の見直し、税収の落ち込みなどで平成14年度の予算編成作業は大変困難をきわめました。

 平成14年度は安来市の置かれている現状を踏まえて、限られた財源の中で、市民生活向上のためのさまざまな行政需要に対して、いかにして対応していくのか、行政手腕が試される年であると考えております。

 今後は、このように通常業務を行った上で、新たなまちづくりのための合併に関する事務処理とその方向づけという大変ハードな業務となりますが、職員ともども精力的に立ち向かっていく決意であります。

 次に、平成14年度の主要な施策について説明いたします。

 第1は、活発な交流と創造性豊かな産業によるにぎわいのまちづくりについてであります。

 安来市は、工業、農業を基幹産業とした町であります。厳しい雇用情勢や企業収益の減少により、個人消費は低迷し、政府もデフレ対策を緊急に打ち出すなど、景気の改善はなかなか見えてこない状況にあり、地場産業の活性化を図ることが求められております。

 そのため、次のような施策に取り組みたいと考えております。

 まず、産業技術フェア「コア・テック02・inやすぎ」の開催についてであります。

 安来市は日立金属安来工場を中心に、基盤的技術を有した中小企業が集積しております。これら工業関連企業も、IT不況による生産調整などにより厳しい状況にあります。行政が直接企業を支援することはできません。しかしながら、市内の企業が有する技術を補完し合い、競争力と企画力を高め、製品あるいは完成部品づくりが可能となる共同受注体を確立し、「産業集積のあるまち・安来」としてのイメージアップを図る必要があります。そこで、人材の育成と確保を目的に、情報発信と技術展示会である「コア・テック02・inやすぎ」を本年10月に開催します。これにより市内企業の活性化のきっかけになることを期待しております。

 次に、商品券事業についてであります。

 安来市内の小売商業は、近隣の大型店やディスカウントショップの進出、カタログ販売、通信販売などの影響、さらには景気の低迷により売り上げが激減している状況にあります。市民消費を市内の小売商店に目を向けさせる一つの方策として、安来市内のみで流通する共通の商品券を発行することとします。行政と商工会議所、各商店業者などが共同して事業を展開することにより、商業の活性化と市内消費拡大の一助となることを期待しております。

 さらに、商業の活性化のためには、人々の往来が不可欠であります。着実に利用者数が増加しているイエローバスの利便性を高めていくため、本年度から年次計画によりバス停の整備を進めていく計画であります。

 次に、農林業の振興についてであります。

 農業を取り巻く情勢は、輸入農産物の増加や牛海綿状脳症の発生による影響が深刻化するなど、一段と厳しさを増しております。

 農業生産基盤整備のため、宇賀荘第1地区の圃場整備を推進していくとともに、第2地区の採択に向けて、引き続き国、県に働きかけていきます。

 また、農業の担い手育成確保のため、島根県のがんばる島根農林総合事業を活用し、認定農業者への支援を行います。また、新規就農者の市内への定住促進するため、無利子の経営安定資金の貸付制度を創設いたします。

 林業につきましては、本年4月から安来能義郡の森林組合が一本化され、スケールメリットを生かした事業の展開を行うことで、より活性化するものと期待しております。

 第2に、魅力ある文化に根ざした生涯学習のまちづくりについてであります。

 まず、学校教育についてであります。

 本年4月から学校完全週5日制が始まり、小・中学校において新しい学習指導要領による教育が実施されます。

 子供たちの学校外の活動が促進できるよう、家庭や地域と連携した取り組みを行ってまいります。

 子供たちの問題行動や不登校の問題につきましては、引き続きスクールアドバイザーの配置や「あすなろ学級」において対応を行ってまいりますが、学校、家庭、地域が一体となった健全育成体制を確立することが重要であります。この体制整備、強化を図ってまいります。

 また、教育施設整備として、第二中学校、第三中学校の屋内運動場の改築に着手し、特に第三中学校につきましては、平成16年のインターハイ女子バレーボール会場としての整備を進めてまいります。

 次に、生涯教育についてであります。

 生涯教育の中核施設である図書館におきましては、平成11年度から3カ年かけて所蔵図書のデータベース化が完了いたしました。本年度は図書貸出業務を電算化し、利用者の利便性を図ることとしております。また、館内で御利用いただいておりましたインターネット接続のパソコン端末を増設することとしています。

 第3に、人と自然が結ばれた心安らぐまちづくりについてであります。

 21世紀は環境の世紀と言われております。ISO14001の認証、風力発電機の誘致、新エネルギービジョンの策定など、環境に配慮した施策を展開してきた安来市としては、環境対策は重要であると考えています。

 まず、ごみの分別細分化についてであります。

 排出されるごみを減量し、資源としていくことで、環境に配慮した施策展開が図れるものです。そのため、リデュース、リユース、リサイクルの3R社会を確立していく必要があり、ごみ分別細分化を行うこととしました。担当職員が本年1月から各町内会を単位として説明会を開催し、市民の理解をお願いしてきました。市民の皆様の御協力により、本年4月からの円滑な運用ができるものと考えております。

 次に、下水道の整備についてであります。

 農業集落排水事業につきましては、宇賀荘地区、大塚地区に引き続いて、本年4月から能義地区において供用を開始します。吉田地区においても処理施設の建設を行い、翌年からの供用に向けて事業を推進していきます。

 また、地域の実態に合わせ、公共、農業集落排水、合併処理浄化槽を効率よく導入していくため、安来市全体の生活排水処理計画を策定し、これまでの下水道計画の見直しを図る考えであります。

 次に、ハーモニータウン汐彩の販売促進についてであります。

 2月末時点で225区画中70区画が契約済みの状況であります。今後一層販売促進に向けた取り組みを行ってまいります。

 具体的には、昨年実施しました学生を対象とした住宅コンテストの入賞作品の住宅が、本年9月にはハーモニータウンに完成します。これを機会に、住宅建設希望者の関心を集めるフェアを開催するなどして、販売促進につなげたいと考えております。

 第4に、住みよく美しい快適なまちづくりについてであります。

 まず、道路整備についてであります。

 まちづくりの基盤となるのは、交通アクセスが確立されていることであると考えています。引き続き安来港福井線、和田南線を中心として、市内の道路整備を進めていく考えであります。さらに、合併重点支援地域の指定を受けましたので、県事業についても優先的な整備が進むよう県に対して要望を行い、市内の道路網のみならず、安来能義圏域全体の道路の整備を進めていく考えであります。

 次に、市庁舎等公共施設整備計画についてであります。

 いわゆる箱物の整備につきましては、今後設置予定の合併協議会で具体的な項目については検討されるものでありますが、その場での議論を行うには、安来としての方向性を確立していくことが重要であると考えております。そのために、市庁舎を初め各種の施設整備についての考え方を取りまとめるため、庁内にその検討組織を設置します。方向性が明らかになり次第、議会にも提示する考えでいます。

 第5に、多彩な市民が活躍する市民参加のまちづくりについてであります。

 広域バス事業を初めとする安来能義での広域の特性を生かしたソフト事業の展開は、合併を検討していく上で大変重要なものとなってきています。

 まず、介護保険についてであります。

 介護保険は制度開始から2年を経過いたしました。介護保険は5カ年事業計画を立案し、それに沿った運営を行っておりますが、3年ごとにその改定作業を行う規定となっております。本年度は広域行政組合を中心に改定作業を進めてまいります。

 次に、広域バスについてであります。

 広域バス・イエローバスの利用者は、平成12年度は当初35万人を見込んでおりましたが、38万人の実績を達成することができました。さらに、平成13年度は利用者が43万人を超える見通しが立ちました。平成14年度に車両を1台増車し、利便性の高い公共交通機関としての地位を確立できるよう努力していく考えであります。

 次に、国際交流についてであります。

 国際姉妹都市である韓国密陽市とは、アラン祭りへの訪問、刃物祭りへの招待などイベントを中心にして交流を重ねてきました。昨年、李密陽市長より、市職員の相互派遣研修を行ってはとの提案があり、実施に向けて同意したところであります。現在、細部にわたり調整を行っており、双方の条件が整い次第、職員の相互派遣を行うこととしております。これにより両市の相互理解が進み、友好関係がこれまで以上に増すものと期待しております。

 第6に、ぬくもりとやさしさが感じられる安心のまちづくりについてであります。

 町の活性化は、市民の地域活動がその起点であると考えております。平成14年度も地域の人たちが集う場所を確保、充実していくため、コミュニティー施設整備支援事業に引き続き取り組んでいきます。

 また、少子・高齢化、障害者への対応など保健・医療・福祉に係る事業はますます多様化し、予算全体に占めるウエートが大きくなってきております。住民にとって適切な行政サービスを提供していくためにも、地域保健体制の確立に努めてまいります。

 次に、新たな福祉関係業務についてであります。

 精神保健及び精神障害者に関する法律の改正により、新たに精神障害者居宅生活支援事業としてホームヘルプ事業、ショートステイ事業等が、市町村を実施主体として開始されることになりました。平成15年度には知的障害者、身体障害者に対する同様な事業が、市町村が事業主体となって対応することになります。

 さらに、8月から児童扶養手当給付事務が島根県から権限移譲されます。財源や人員など限られた中で、実効のある事業が展開できるよう創意工夫をしていく考えであります。

 次に、幼保一元化についてであります。

 決算特別委員会の指摘事項にもありましたように、就学前の子供たちに対する一貫性のある保育体制を確立することは重要であり、早急に具体的な施策を提示することが必要であります。今後、教育委員会を中心に関係部局との調整を図り、具体案が提示できるようにしたいと考えております。

 次に、平成14年度の一般会計当初予算案について御説明いたします。

 これまでも報告してきましたが、不況による税収の落ち込みや交付税の減額により、事業執行に必要な財源が不足する状況となりました。そのため、予算編成に当たっては、既存の事務事業の見直しを行い、政策効果が期待できる事業に重点的に予算配分を行いました。不足する財源については、財政調整基金の1億円を取り崩し、決算繰越金を1億円見込み、臨時財政対策債2億円の発行などで対処いたしました。

 その結果、平成14年度の一般会計当初予算規模は対前年度比7.5%減の123億円となりました。しかし、投資的経費は25億5,000万円、予算構成比では20.8%を確保でき、これまで述べました主要施策の実施に必要な予算は確保できたものと考えております。

 次に、特別会計の主なものについて説明いたします。

 まず、安来市国民健康保険事業特別会計予算についてであります。

 一般医療費や老人保健の拠出金の伸びなどを見込み、予算規模は22億8,733万8,000円、対前年度比5.3%の伸びとなりました。保険税だけでは対応ができず、国民健康保険事業基金から7,700万円余を繰り入れることとしております。本年度も歳入確保のため収納率の一層の向上、医療費の適正化に努め、国保会計の健全運営を図っていくこととしています。

 次に、安来市老人保健特別会計予算についてであります。

 高齢化の進行による受給対象者の増加と医療費の伸びを見込み、予算額は対前年度比12.4%増の37億3,799万2,000円となりました。

 次に、安来市下水道事業特別会計予算についてであります。

 予算額は対前年度比5.9%増の17億8,549万8,000円となりました。この伸びの大きな要因は、事業量は前年度並みの事業ベースとしておりますが、下水道高資本費対策借換制度を活用して、高利率の起債9,040万円を低利率のものに借りかえることによるものであります。

 次に、安来市農業集落排水事業特別会計予算についてであります。

 農業集落排水事業は、宇賀荘、大塚地区では既に供用を開始し、能義地区においても4月からの供用を開始できる進捗状況となっています。平成14年度では、残る吉田地区の処理場建設を行う計画で、予算額は9億298万5,000円、対前年度比20.2%減となっております。

 次に、安来市水道事業会計予算についてであります。

 水道事業における給配水の状況は、経済不況などの影響を受け、配水量、給水収益が落ち込む傾向にあります。

 また、施設整備につきましては、改良、更新の時代を迎えており、今後は財政的に厳しい状況にあると言えます。このような状況ではありますが、水道事業の使命である市民生活を支えるための安定、安全な給水を確保していくこととしています。

 収益的収入及び支出は、収入6億7,836万2,000円、支出は6億4,784万円、資本的収入及び支出は、収入2億3,916万7,000円、支出は3億7,931万5,000円となっております。いずれも対前年度比を大きく下回るものとなっております。

 次に、安来商品券事業特別会計についてであります。

 主要事業において説明いたしましたが、市内の商店街の活性化を目指して、安来市内で使用できる商品券を発行いたします。商品券の発行限度額を1億円とし、500万円を商工会議所の委託料とし、総額1億500万円の特別会計を創設いたします。

 終わりになりましたが、平成14年度は市町村合併について検討、議論を進めていく重要な年であります。

 今議会に法定合併協議会規約(案)を提出しております。安来市、広瀬町、伯太町、さらに島根県からの人的支援を受けて協議会の事務局を編成し、具体的な事務作業が円滑に進むよう協議を進めてまいります。

 協議会における検討内容については、住民に情報として提供し、安来能義地域の新しい地域づくりに向け議論が高まるように努めてまいります。

 議員各位を初め多くの市民の皆様の御理解、御協力をお願いいたします。

 なお、今議会には議決案件37件、報告案件3件を提出いたします。

 提案いたします案件の詳細につきましては、助役以下関係部課長に説明させますので、御審議の上、御議決いただきますようお願い申し上げます。

 以上であります。



○議長(内藤美雄君) 以上で施政方針説明を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4



○議長(内藤美雄君) 日程第4、議第19号平成14年度安来市一般会計予算を議題とし、執行部から説明を求めます。

 石川総務部長。

            〔総務部長 石川隆夫君 登壇〕



◎総務部長(石川隆夫君) おはようございます。

 議第19号平成14年度安来市一般会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 平成14年度安来市の一般会計予算につきましては、これまでお渡ししております予算の概要で、編成方針、歳入歳出の特徴、また主要事業等を掲げております。21世紀に入り、変革を求められる地方自治体の置かれている状況は、まさに厳しい社会経済情勢と構造改革路線における各種制度の変革など大きなうねりの中で、安来市の総合計画をより確かなものにするため、行政評価と説明責任をキーワードに編成を行ってまいりました。その結果、予算規模は対前年度7.5%減の123億円となっております。全体的な特徴でございますが、投資的経費については、対前年度19.7%の減、予算に占めます構成比は対前年度3.1ポイントダウンし、20.7%であります。また、人件費、扶助費、公債費など義務的経費は4.5ポイントの増となり、46.8%となっております。このようにますます厳しい財政状況が続く中ではありますが、引き続き健全財政に努め、明るい未来を切り開くべく諸課題に取り組んでまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、予算の説明に入らせていただきますが、今年も予算書と予算に関する説明書を別冊にしております。また、説明書の様式等を一部変更しておりますので、御了解いただきますようよろしくお願いをいたします。

 予算書の1ページをお願いをいたします。

 議第19号平成14年度安来市一般会計予算について御説明を申し上げます。

 平成14年度安来市の一般会計予算は、次に定めるところでございます。歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ123億円と定めるものでございます。2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は第1表歳入歳出予算によるものでございます。債務負担行為、第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は第2表債務負担行為によるものでございます。地方債、第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は第3表地方債によるものでございます。一時借入金、第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は20億円と定めるものでございます。歳出予算の流用でございます。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものでございます。各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用でございます。

 2ページから6ページまでの第1表の歳入歳出予算につきましては、説明を省略させていただきます。

 7ページをお願いをいたします。

 第2表の債務負担行為について御説明をいたします。

 この債務負担行為につきましては、今後の義務負担について、その期間と限度額を設定するものでございます。

 まず、宇賀荘第1地区県営圃場整備事業でありますが、これは市の負担分について農林漁業資金を借入して事業を進めていくというものでございまして、期間を平成14年度から38年度まで、限度額を1億8,984万8,000円とさせていただくものであります。

 次に、中小企業の特別融資損失補償でありますが、返済金の滞納等で損失額が出た場合、その10%を市が信用保証協会に対して補てんをするという内容のものでございます。

 災害復興住宅資金利子補給金でありますが、これは鳥取県西部地震で被害のあった市民の皆様が住宅の復興資金を借入した場合の利子の補給でございまして、償還の開始から6年間、県と市で2分の1ずつ利子補給をしていくというものでございます。現在40名余りの方が、この制度の融資を受けております。この融資の申し期限でございますが、平成15年4月までとなっております。

 8ページをお願いをいたします。

 第3表の地方債でありますが、平成14年度借り入れる地方債についてまとめたものであります。

 まず、県営農業農村整備事業負担金費でありますが、穂日島地区の畑地帯総合整備事業、安能地区広域営農団地能農道整備事業、宇賀荘第1地区、第2地区の圃場整備事業など県事業の負担金に対する地方債でありまして、限度額を6,550万円とさせていただくものであります。

 ふるさと農道整備事業は、島田地区の農道整備事業でございまして、これも県事業負担金でございます。

 道路整備事業費でありますが、安来福井線の道路新設改良事業、和田南線の道路新設改良事業、一般の市道の改良事業、県道事業の負担金などに対する地方債であります。

 街路整備事業費は、安来港飯島線の街路事業であります。

 地域活性化事業費でありますが、これは運動公園の便所の改築事業とサイン計画に対するものでございます。

 消防施設の整備事業は、防火水槽の設置や小型動力ポンプの購入、消火栓の新設等であります。

 中学校の施設整備事業費は、二中、三中の屋内運動場の改築事業に係るものであります。

 災害復旧事業費は、地震災害で被害のありました市道木戸川東線の復旧事業であります。

 次に、減税補てん債でありますが、これは恒久減税の補てん措置として借り入れを行うものでございます。

 最後に、臨時財政対策債でありますが、平成13年度に新たに設けられました地方債でございます。平成13年度から平成15年度までの間に限り地方財政における財源不足に対処するため、地方財政法第5条の特例として発行されるものであり、一般財源として起債をするものでございます。

 以上、あわせまして平成14年度の当初予算における地方債の総額は12億2,610万円となった次第であります。限度額、起債の方法、利率、償還の方法につきましてはごらんをいただきますようお願いを申し上げます。

 次に、歳入歳出の歳入歳出予算、事項別明細書に入らせていただきます。予算に関する説明書をお願いをいたします。

 まず、歳出の方から先に説明をさせていただきますのでよろしくお願いをいたします。

 50ページをお願いをいたします。

 50ページでございますが、1款の議会費でございます。前年と比較いたしまして、188万5,000円ほど減額しております。これは平成13年度におきましては、会議録システムの導入費が216万円ほどありましたため、今年度は減額となったものでございます。説明の欄でございますが、政務調査費の助成金、これは176万円ほど計上いたしております。

 52ページをお願いをいたします。

 2款の総務費でございます。1項の総務管理費、1目の一般管理費でございますが、この一般管理費につきましては、総合政策課、総務課、人事課、財政課に関係いたします事務的経費をまとめたものでございます。説明の欄で、下から2つ目の地域情報化の推進事業費でございますが、これは今まで企画費の方で計上いたしておりましたのを組み替えをいたしたものでございます。金額も今年度1,000万円を計上いたしたところでございます。

 続きまして、人事管理費でございますが、説明の欄で、嘱託職員の報酬でございますが、これは当直員の4名分の報酬が主なものでございます。それから、臨時雇い賃金でございますが、これは職員の育児休業とか産休代替え、こういったものに対する臨時雇い賃金が主なものでございます。一番下の職員の国際交流事業費でございます。先ほど市長の方からもお話がございましたが、職員の相互交流ということで、姉妹都市の密陽との今交流に関する話を進めているところでございます。予定でいきますと、5月から来年の3月いっぱい11カ月、相互1名ずつの交流を行うという、今予定が立っているところでございます。

 54ページをお願いをいたします。

 文書広報費でございます。これにつきましても2,879万3,000円を減額いたしております。大きなものは、先ほど申し上げましたように地域情報化の推進事業が組み替えになったということ、あるいは例規集の改訂版事業が、平成13年度行いまして、その関係で減ったというものでございます。節のところで、需用費の1,049万円でございますが、これは司法関係とか例規集の追録代、こういったものでございます。あとは委託料の関係で、ルネッサンスのやすぎ事業、こういったものが、計画しております。

 6目の財産管理費でございますが、この財産管理費につきましては、委託料が1,319万1,000円でございますが、これは清掃関係あるいは電気の保守、測量とか、あるいは登記関係の委託料でございます。その下の使用料、賃借料でございますが、これにつきましては元家畜市場の跡地の借地料、それから市役所の職員が使っております駐車場の借地料でございます。工事請負費につきましては、今年度は250万円、庁舎の雨漏り程度を直すということにしております。

 56ページをお願いをいたします。

 9目の諸費でございますが、説明の欄をごらんいただきたいと思いますが、コミュニティー施設の整備支援事業費でございます。これは前年どおりということで3,000万円を計上いたしたところでございます。新築につきましては300万円、改造につきましては100万円を限度とするものでございます。資料は5ページで詳細を記しておりますのでごらんをいただきたいと思います。それから、市税の過誤納還付金でございますが、これにつきましては前年度1,500万円を計上いたしておりましたが、今年度は500万円といたしております。

 10目の企画費でございます。まず、国際交流事業費でございますが、これは姉妹都市交流とか、あるいは日韓親善協会等の関連経費でございます。地域振興基金の運営事業と、その下の安来能義地域振興事業、1つ飛びまして、どじょうアカデミー事業費につきましては、説明資料に記載をいたしておりますのでごらんをいただきたいと思います。

 市の庁舎の建設促進事業費で120万円計上いたしております。このことにつきましては、合併協議会で具体的なことについては検討されていくべきというものでございますが、その前段といたしまして市の庁舎等の施設整備についてアドバイザーの設置とか、あるいは調査事業を行いまして、安来市としての考え方を策定していこうというものでございます。

 それから、安来能義合併研究事業費でございますが、これは負担金といたしまして1,000万円を計上させていただいております。

 58ページをお願いをいたします。

 58ページの電子計算事務費でございますが、これは合併に向けた電算システムの統合に対する、統合の準備作業あるいは住民基本台帳のネットワークシステム化、電算化の進展などにより、対前年度2,573万2,000円ふえまして7,611万8,000円を計上させていただいております。

 それから、12目の庁舎等の建設費でございますが、823万5,000円でございまして、対前年度から1億6,900万円余り減額となっております。この減額の理由でございますが、平成13年度におきましては、当初予算で庁舎等の建設基金に1億7,000万円の新規積み立てを計上いたしたものでございまして、今年度は大幅な減となったものでございます。

 60ページをお願いをいたします。

 60ページからは徴税費でございます。これにつきましては、内容的にはほとんど前年度と変わっておりませんので、経常経費でございます。説明を省略させていただきます。

 62ページをお願いをいたします。

 62ページの戸籍住民基本台帳費でございますが、これは先ほど申し上げましたように住民基本台帳の電算に係る事務経費を電子計算事務費の方に科目を組み替えましたので、3,587万2,000円ほど大幅な減額となったものでございます。

 あと選挙関係、統計調査の関係、監査委員費の関係、これにつきましては説明を省略させていただきます。

 68ページをお願いをいたします。

 68ページからは民生費でございます。1項の社会福祉費、1目の社会福祉総務費でございます。この社会総務費につきましては、予算額が15億1,000万円余りということで、非常にボリュームのある目でございます。今回6,405万3,000円ほど減額となっております。この減額の主なものでございますが、平成13年度におきましては、やすぎ福祉会の第2サービスの建設補助金が2,000万円余りございましたが、これが平成14年度からなくなったということ、それから介護保険関係組合、介護保険の関係で組合への分担金が1,300万円余り減額となったということ、それから国保会計への繰り出しを1,890万円余り減額をいたしたというものでございます。説明の欄をごらんをいただきたいと思いますが、国民健康保険事業の特別会計の繰出金でございますが、これは新しく島根県で国保会館の建設というものがございまして、この国保会館の建設費負担金も含んだものでございます。1億1,208万5,000円でございます。それから、社会福祉協議会補助金につきましては、平成13年度の95%分を予算化いたしております。安来能義広域行政組合の分担金1億7,306万5,000円でございますが、これは夢ランドしらさぎの建設費の償還金でございます。平成13年度よりこの償還につきましては元金分が加わっておりまして、1億円台の償還が平成18年度まで続くというふうに考えております。

 社会福祉施設の建設費の元利補給金でございますが、これはせんだん会の福祉工場の建設費でございます。債務負担行為でお願いをしたものでございます。平成15年度までとなっておるものでございます。

 身体障害者福祉費7,552万7,000円の主なものでございますが、障害者の社会参加促進事業、身体障害者の福祉施設への措置費、これは6施設に12人ほど措置をしているものでございます。それとか、新しい事業でございますが、養護学校等の放課後対策の事業補助金、100万円ほどでございますが、こういったもの、それから飯梨にございますさくら園の運営費の補助金で630万円、こういったものが主なものでございます。それから、知的障害者福祉費につきましては、障害者の措置費でございます。これにつきましては、20施設で83人措置をいたしております。入所、通所合わせまして83人ということでございます。この関係で2億2,399万2,000円でございます。

 福祉医療費につきましては、母子家庭、寝たきり、障害者の方あるいは70歳以上のお年寄りが対象でございます。医療費、医療扶助というものでございます。特別障害者手当につきましては、特別障害者手当、65人が主なものでございます。

 老人福祉施設の建設費元利補給金でございます。5,236万円でございます。これは、すべて債務負担でお願いをしているものにつきまして計上をいたしたというものでございます。個別に申し上げますと、せんだん会の特別養護老人ホームの用地取得と建設事業に合わせまして3,139万7,000円、やすぎ福祉会とせんだん会の老人デイサービスのB型の建設費に伴いますものが1,078万4,000円、せんだん会の軽費老人ホームのケアハウスやすぎの建設に係るものが1,017万9,000円でございます。これらの債務負担につきましては、平成21年ごろまで続くものでございます。

 次に、老人福祉総務費で4,195万8,000円でございますが、これも事業が多くございまして、主なものを申し上げますと、敬老会の関係で900万円、それから生きがい活動の支援通所事業委託料で590万円余り、在宅介護支援センターの委託料で890万円、老人クラブの補助金が500万円、それからホームヘルプサービスの関係で400万円、こういったような事業が主なものでございます。

 それから、安来能義広域行政組合の分担金2億5,258万4,000円でございますが、これは介護保険に関する安来市の分担金でございます。

 最後に、老人保健の特別会計繰出金でございますが、これにつきましては受診件数等の増によりまして1億8,643万3,000円、10%ほど伸びたものを計上させていただいております。

 以上、社会福祉費、福祉総務費につきまして説明を終わらせていただきます。

 国民年金費につきましては説明を省略させていただきます。

 70ページをお願いをいたします。

 老人福祉施設の運営費でございますが、これは老人ホームの鴨来荘の運営事業に係るものでございます。ほぼ前年度並みを予算計上いたしたものでございます。50人中25人が安来市内の方というふうに聞いております。

 隣保館費につきましては、説明を省略させていただきます。

 72ページをお願いをいたします。

 児童福祉費の方を説明させていただきます。

 1目の児童福祉総務費でございますが、この目も予算の規模が大きく、また事業の内容も非常に多岐にわたっているものでございます。2,600万円ほどふえた大きな理由でございますが、これは新規事業がございまして、児童扶養手当の給付費、これが新規事業で2,431万3,000円ほど計上いたしたということでございます。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、児童館の委託につきましては、吉田児童館の関係でございます。それから、放課後の児童対策費につきましては、金額的には多少伸びておりますが、赤江、社日、荒島、十神、この4カ所でございます。対象児童は90人から100人というふうに聞いております。

 それから、次の児童手当の給付費と子育て支援事業費、それから先ほど申し上げました、児童の扶養手当の給付費、これらにつきましてはそれぞれ説明資料の8ページから10ページに、その内容につきまして記載をしておりますので、ここでの説明は省略させていただきたいと思います。

 74ページをお願いをいたします。

 74ページ、児童福祉費で保育所の運営費でございます。説明欄を見ていただきたいと思いますけれども、事業費の約半分が人件費というものでございます。一般職が58人でございます。前年度は59名ということで1名の減となっております。事業内容につきましては、前年と余り変わったものはございませんが、市民の保育ニーズの高まりによる措置数の増とか、あるいは延長保育の広がりというようなことで7,284万1,000円、率にいたしまして8.6%増ということになっております。参考までに説明資料の11ページに、私立保育園への委託費の内訳を載せておりますので、ごらんをいただきますようにお願いをいたします。

 母子福祉費でございますが、これは母子家庭等の児童に対する高等学校の就学助成等、あるいは就職の支度金、こういったものに対する扶助費が主なものでございます。

 76ページをお願いをいたします。

 生活保護総務費でございますが、現在65世帯、約90名というものでございます。前年度並みを計上させていただいております。

 4款の衛生費に入らせていただきます。保健衛生総務費でございますが、2億407万8,000円の計上をさせていただいております。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、在宅当番医制の運営事業費330万3,000円でございますが、これは安来能義の医師会に委託するものでございます。祝日とか日曜日の当番制に係る委託料でございます。国、県から3分の2の補助を受けて行うものでございます。1つ飛びまして、保健医療施設の建設元利補給金1,197万6,000円でございますが、これにつきましては医療法人昌林会の保健医療センターの増築に係るものでございます。平成12年から平成22年までの債務負担行為に基づくものでございます。老人保健事業費の6,498万1,000円でございますが、これは40歳以上を対象といたしました検診委託が主なものでございます。基本健診の受検者数約6,000人を始め、6つの検診を行うというものでございます。母子保健事業は1歳半とか3歳児の健診でございます。それから、精神保健事業でございますが、1,533万2,000円、これは県からの事務移譲による新規事業でございます。精神障害者へのホームヘルプとショートステイあるいはグループホームへの補助金などが主なものでございます。説明資料は12ページでございます。

 78ページをお願いをいたします。

 予防費でございますが、伝染病予防費につきましては、日本脳炎、風疹などの法定伝染病の予防接種の委託料、それから結核予防費につきましては、ツベルクリン反応とかBCGの予防接種などでございます。

 環境衛生費でございますが、まず老朽管の更新事業でございます。これにつきましては債務負担によりまして水道会計に支払っていくというものでございます。ISOの推進費も上げておりますが、これはことしで3年目を迎えまして、新たな対象施設を本庁施設から幼稚園、保育所などの施設へ広げるということにしておるものでございます。生活排水処理の計画策定事業費300万2,000円でございます。これは平成13年12月議会で補正をさせていただいたものでございまして、平成13年度、14年度の2カ年をかけまして行うものでございます。公共下水道と農業集落排水事業、市町村の設置型処理浄化槽等の整備事業でございまして、下水道整備に係る全体の処理区域を検討し、今後の整備計画を策定していくというものでございます。その下の合併処理浄化槽につきましては例年どおりでございまして、6、7人槽を50基を予定をしたものでございます。

 80ページ、81ページをお願いをいたします。

 清掃総務費でございます。清掃総務費の中で、安来能義広域行政組合の分担金4億6,100万円でございます。火葬場、し尿処理場、焼却場等の施設の管理運営費と建設費の償還でございます。金額は前年度の同額を計上させていただいたものでございます。

 なお、安来市の負担割合につきましては、67%から85%ということでございます。

 2目の塵芥処理費でございます。1億5,301万8,000円でございます。内訳でございますが、まず塵芥処理費でございます。9,092万9,000円でございます。この主なものでございますが、定期ごみの収集委託料、これが8,000万円を計上いたしております。前年が6,500万円でございます。1,500万円ほど定期ごみの収集委託料を増額しております。それから、粗大ごみの収集の関係で400万円でございます。このことにつきましては特に分別収集の細分化ということで、6種類から15種類に細分化をしたということでございますが、これに伴う収集体制の整備を図ったということでございますが、経費の方もそれだけふえておるというようなことでございます。続きまして、ごみの減量化の資源化推進費でございますが、これは資源ごみの再生処理の委託に2,000万円、それから分別用のポリ袋代が700万円、それから生ごみの堆肥化装置の購入補助金と、こういったものに経費を充てておるというものでございます。粗大ごみの処理施設の運営費でございますが、これは高尾クリーンセンターの運営費でございます。前処理の業務委託料、それからプラントの整備工事等でございます。

 82ページをお願いをいたします。

 労働諸費の関係でございますが、ファミリーサポートセンターの関係は去年からの事業でございます。

 それから、その下の東部職業訓練センターの用地取得でございますが、これも債務負担でずっと来ておりましたものでございますが、今年度の569万6,000円でこの用地取得が終わるというものでございます。それから、安来地域の能力開発振興協会補助金でございますが、これは江畑にあります東部地域の職業訓練センターの運営費の補助というもので、前年度同額でございます。それから、勤労者の金融対策費1億2,066万円でございますが、これは勤労者のための住宅の新増改築資金の貸付金でございます。

 84ページをお願いをいたします。

 84ページで、3目の農業振興費について御説明をいたします。説明の欄で御説明をいたしますので、よろしくお願いいたします。

 農業振興費1,253万4,000円でございますが、これもこの農業振興費だけでもいろんな事業がございます。この事業の内容につきまして、資料15ページに記載をしておりますので、これもごらんをいただきたいというふうに思います。

 それから、その下の水田農業経営確立対策事業1,500万円でございますが、これは減反の割り当て事業ととも補償関連の経費でございます。1つ飛びまして、新規就農円滑化対策事業費でございますが、これも前年同様5名分を予定をいたしたものでございます。それから、その下のがんばる島根農林総合事業費でございます。7,485万2,000円でございます。これにつきましては、平成13年度当初予算では1億639万円を計上いたしておりました。3,000万円余り減額となったものでございます。この事業内容につきましては、説明資料の16ページをごらんをいただきたいと思っておりますが、この事業につきましては事業量が減ったというよりも、当初からこの内容等につきまして厳しく見積もりをした結果、当初段階で減額となったというものでございます。

 中山間地域の直接支払事業費でございますが、これにつきましては前年度と同様でございまして、岩舟と別所地区でございます。

 あとありますけれども、説明は省略させていただきます。

 86ページをお願いをいたします。

 5目の農地費について御説明をいたします。

 土地改良事業費で1,563万1,000円でございますが、これは事務事業の委託金でございまして、嘱託職員の報酬とか、あるいは宇賀荘地区の県営圃場整備事業に対する現場技術業務の委託料等でございます。それから、県事業の負担金費でございますが、これにつきましては前年度とほぼ同額でございます。穂日島地区の県営畑地帯の整備とか、あるいは県営ふるさと農道整備、安能地区の広域営農団地の農道整備とか宇賀荘の第1、第2地区の圃場整備、こういったものでございます。大体約10%の事業負担というものでございます。

 それから、農林漁業資金の償還金で1億3,000万円でございます。これにつきましては平成13年度が1億6,900万円でございますので、3,900万円ほど減ったわけでございます。これは農林漁業者の債務負担で農林漁業資金を借り入れていたものでございまして、これにつきましては年々減少してきておるというものでございます。

 国営造成施設の管理体制の整備促進事業費でございますが、これは中海干拓地の農業施設の維持管理費に係るものでございます。それから、農業集落排水事業の特別会計の繰出金を1,840万8,000円行うものでございます。

 土地改良事業費でございますが、市単土地改良事業費につきましては、中井手水路改良工事ほか8カ所の水路あるいはポンプ場の改良を行うものでございます。

 88ページをお願いをいたします。

 88ページの林業費の関係でございますが、林業総務費で735万3,000円ほど減額となっております。これは平成13年度におきまして、森林組合の合併に伴う出資金が700万円ほど前年度ありました関係で、今年度は減ったものでございます。

 90ページをお願いをいたします。

 90ページの商工費に入らせていただきます。2目の商工業の振興費でございます。説明の欄の商工業振興費で813万9,000円でございますが、これは企業の立地促進とか、あるいは東京安来会等の費用が含まれております。商工会議所の補助金につきましては、60万円増額いたしまして950万円でございます。商品券事業の特別会計の繰出金500万円でございます。これも先ほど説明ございましたように新規事業でございまして、説明資料の31ページに事業内容を記載しておりますのでごらんをいただきたいと思います。中小企業の金融対策事業費でありますが、これは中小企業の特別融資の貸付金が3,000万円、小規模育成資金の貸付金が1億2,000万円、中小企業の融資資金の利子補給金などでございます。

 なお、平成14年度から中小企業の盆と年末資金の貸付制度を廃止することといたしております。このため2億2,000万円ほど減額した予算計上となっております。

 また、利子補給にかわるものといたしまして、新たに保証料の補給制度を設けております。詳しい内容につきましては、資料20ページをごらんをいただきますようにお願いを申し上げます。

 92ページをお願いをいたします。

 観光費でございますが、安来能義広域行政組合の分担金、これバス事業でございますが、前年度より3,000万円ほど安い5,173万6,000円を計上いたしております。それから、ちょっと飛びまして、一番下のJRの山陰本線の高速化地元自治体負担金308万5,000円でございますが、これは平成13年3月補正でまたお願いをするものでございますが、12月の全員協議会で御報告いたしましたように、山陰本線の高速化に伴う沿線市町村の負担金でございます。

 自転車の駐車場の管理費は、安来駅前と荒島駅前の駐輪場の管理運営費でございます。

 94ページをお願いをいたします。

 道路橋りょう総務費でございますが、この中で道路台帳整備事業費2,000万円を計上いたしております。これは安来道路の側道分を市道台帳に登録させるための委託料が主なものでございます。これにつきましては平成13年度に予定をしておりましたが、その事業が多少おくれたということで、この台帳登録を平成14年度に行うということにしたものでございます。

 道路維持費は飛びまして、道路新設改良事業費でございますが、説明の欄で、道路新設改良費で2億3,958万9,000円を計上させていただいております。これは市道の舗装、改良あるいは用地買収、測量の委託費等、こういったものが主なものでございます。細かい説明は省略いたします。次に、安来港福井線の道路新設改良事業費3億1,050万円、和田南線の道路新設改良事業費1億60万円でございますが、これにつきましても資料の21ページ、22ページに事業の概要を載せておりますので、説明にかえさせていただきたいと思います。

 それから、県事業の負担金費でございますが、8,960万円、これにつきましては安来布部線などの道路改良事業とか、あるいは植田、赤崎地区の急傾斜地の崩壊防止対策事業など、市内の29カ所の県事業に対する地元負担金というものでございます。この負担割合でございますが、事業費の10%から20%というものでございます。

 96ページをお願いをいたします。

 用地管理費の関係でございますが、この中で法定外の公共物の譲与申請事業費1,349万3,000円を上げております。用地管理課の方で行うものでございますが、平成16年度までに国に対しまして法定外公共物の譲与申請をしていくというものでございます。主に事務的経費を計上させていただいたというものでございます。

 98ページをお願いをいたします。

 住宅費に入らせていただきます。住宅管理費の中で、家賃の納付指導員報酬213万7,000円でございます。これは未納者の対策ということで、平成13年度から取り入れたものでございます。

 それから、市営住宅の用地取得費1,634万円を計上いたしておりますが、これは柳団地の用地取得費でございます。これも債務負担行為によるものでございまして、平成11年から平成20年までとなっておるものでございます。

 100ページをお願いをいたします。

 100ページの2目の住宅建設費でございますが、3億8,600万円ほどこれは減額となっております。今年度は事業が、公営住宅の建設事業というものはないわけでございますが、建て替えに伴う入居者が再入居に当たっての移転補償費288万円等を計上させていただいたというものでございます。

 それから、その下の建設指導費でございますが、これは建築確認の申請事務とか、あるいは屋外の広告物の許認可等権限移譲による事務費でございます。

 5目の災害復興の住宅利子補給事業費でございます。これは平成12年の地震災害によります住宅復興資金の利子の補給でございます。平成14年1月現在で建て替えと補修合わせて40件余りの申請があって、これに対する利子補給を行っているというものでございます。

 102ページをお願いをいたします。

 都市計画費、1目の都市計画総務費の中で、下水道事業の特別会計の繰出金が6億1,395万2,000円ほど計上しております。昨年と比較いたしまして5,000万円余りの増額をいたしたところでございます。次の用地買収費でございますが、1,009万6,000円、これは東小路の駐車場の用地代というものでございます。平成11年から平成15年までの債務負担をお願いをしたものでございます。次の住宅団地の促進費でございます。5,978万円、汐彩の販売促進に関係する経費でございまして、住宅コンテストで採用いたしました3点のローコストの住宅建設費5,800万円を含んだものでございます。

 2目の都市下水路でございますが、6,910万円でございます。これは神塚下水路ほか15カ所を計画しているものでございます。

 次に、3目の公園費ございます。この公園費につきましては、うさぎ山公園とか安来公園あるいは運動公園、児童公園など、市内の公園の管理運営に関する経費をここでまとめて計上いたしておるというものでございます。1億8,877万4,000円ほど減額となっておりますが、これは野球場の整備費の関係で、今年度は減額となったというものでございます。説明の欄で、運動公園の整備事業費で5,300万円計上いたしておりますが、これは運動公園に水洗の便所を新築といいますか、改築といいますか、やる、行うということでございます。

 それから、6目の都市街路費でございますが、安来港飯島線の街路事業費でございまして、安来大橋の一中側の道路部分の改良、拡幅に伴う物件の移転補償費、用地買収費、工事請負費等でございます。資料の25ページに図面と概要を載せておりますのでごらんをいただきますようお願いをいたします。

 104ページをお願いをいたします。

 7目のサイン整備計画事業費でございます。サイン計画の整備事業費で3,500万円でございます。これは山陰道の東西に2基の看板、それと運動公園の中に施設誘導サインの施設を整備するということといたしたものでございます。

 続きまして、9款の消防費でございますが、1目の常備消防費につきましては4億9,242万2,000円でございます。金額的には前年とほぼ同額でございまして、組合の要求額の95%を本年度も計上させていただいたというものでございます。非常備消防費でございますが、消防団員の報酬でございます。これは759万8,000円でございますが、消防団員の数でございますが、全部で398名というものでございます。その下の退職報償金でございますが、26名を予定をしておるというものでございます。それから、1つ飛びまして、消防団の活性化事業200万円でございますが、これは2年目を迎えております。委託料でございますけれども、いわゆる地域のイベント等に消防団の皆様方の積極的な参加をお願いをしたり、あるいは研修、視察等消防団の活動の活性化を促していくというものでございます。

 106ページをお願いをいたします。

 消防施設でございますが、これにつきましては資料の26ページをごらんをいただきたいと思います。

 5目の防災費でございます。地域防災計画の策定事業費で250万円ほど計上いたしております。これは平成12年10月6日の鳥取県西部地震を教訓に、安来市の防災計画の見直しを行ったものでございまして、平成13年、14年の2カ年をかけまして新たな防災計画を策定をするというものでございまして、完成の暁にはダイジェスト版を全戸配布するという考えでございます。

 それから、108ページをお願いをいたします。

 108ページからは教育費でございます。義務的経費がほとんどでございますので、細かい説明は省略させていただきます。

 事務局費の中で1点だけ、総合的学習支援事業と120万円計上いたしております。これは1校当たり10万円を割り当てまして、それぞれ独自な学校運営をお願いをしていくという考えでございます。

 それから、3目の国際交流事業でございますが、英語指導助手の招致事業でございます。ことし3年目を迎えましたシャノンさんは7月に帰国されるということで、新たなAETが安来の方に来るというふうに思っているところでございます。

 適応指導事業でございますが、これにつきまして御説明いたします。

 あすなろ教室の関係でございますが、臨時雇い賃金4名分などでございます。それから、心の教室相談事業費でございますが、一中に1人派遣の予定でございます。それから、スクールアドバイザー事業費でございますが、一中に2人、三中に1人ということでございます。二中につきましては、県費のスクールカウンセラーが派遣をされるという予定でございます。

 110ページに、111ページは説明を省略させていただきます。

 112ページをお願いをいたします。

 小学校の教育振興費の中で、児童バスの通学費でございますが、これは吉田地区の児童バスの通学委託料と島田小学校のバス通学の補助でございます。それから、教師用のコンピューターの設置費書いておりますが、これはレンタル料でございます。それから、教師用の教科書及び教材用の備品購入費1,700万円ということにしております。これは教科書の改訂等に伴うものが主なものでございます。

 それから、学校建設費につきましては、今年度は0でございます。平成13年度は南小学校があったというものでございます。

 それから、済みません、114ページでございますが、114ページからは中学校費でございます。内容的には、小学校に準じた内容の経常経費を計上いたしております。

 3目の学校建設費でございますが、これは屋内運動場の改築事業費というものでございます。二中と三中の改築ということでございます。資料につきましては、27ページから29ページに記載をいたしておりますのでごらんをいただきますようによろしくお願いをいたします。

 116ページでございます。幼稚園費でございますが、この幼稚園費につきましては、十神幼稚園が廃園ということでございまして、園長報酬とか臨時雇い賃金、こういったものが多少前年度より落ちたというふうに考えておるところでございます。

 118ページからは社会教育費でございます。社会教育総務費の関係で、1目の社会教育総務費の関係で1,200万円余り減額となりましたのは、ITの講習会が今年度はなくなったということでございます。

 公民館費につきましては、ほぼ前年度並みを計上いたしております。

 文化財保護費の中で、説明の欄で、一番下の遺跡整備事業費2,711万7,000円でございますが、資料30ページをごらんをいただきたいと思いますが、これは仲仙寺古墳群の法面の修理とか、あるいは王陵の丘の遊歩道の設置、こういったようなことを行うものでございます。

 120ページから123ページにかけましては説明を省略させていただきます。

 124ページをお願いをいたします。

 和鋼博物館費でございます。和鋼博物館費につきましては5,768万9,000円ほど減額いたしております。これは和鋼博物館の管理運営費を体育文化振興財団に委託しておるわけでございますが、これを次の目の保健体育総務費へ科目移動したためでございます。説明の欄で、安来刃物まつりの開催事業費でございます。500万円でございますが、前年度と同額を計上させていただいております。

 126ページでございますが……。



○議長(内藤美雄君) 待って、ちょっと部長、この際しばらく休憩いたします。

 再開は午後1時30分といたします。

            午前11時53分 休憩

            午後1時30分 再開



○議長(内藤美雄君) 再開いたします。

 休憩前に引き続き、10款教育費、6項社会体育費を行います。

 石川総務部長。



◎総務部長(石川隆夫君) 引き続きまして、よろしくお願いをいたします。

 126ページをお願いをいたします。

 教育費の保健体育費でございますが、体育文化振興財団の委託料でございますが、1億6,000万円でございます。この中には体育館、運動公園、市民会館の管理委託に加えまして、和鋼博物館の管理運営費も含めたものでございます。

 それから、体育施設費の中で備品購入費400万円を計上いたしております。これは市民体育館のバレーボールの支柱二組と卓球台12台の更新をするものでございます。

 128ページをお願いをいたします。128ページからは災害復旧費でございます。上が農林関係、下が公共土木関係でございます。単独災害につきましては、一応見込みで計上させていただいたものでございます。

 公共土木施設の災害復旧費、これは補助事業でございますが、これは過年災害で木戸川東線の道路の災害復旧を行うというものでございます。

 130ページからは公債費でございます。

 132ページ、これは予備費でございます。前年と同額の1,000万円をお願いをするというものでございます。

 以上で歳出の説明を終わらせていただきます。

 続きまして、歳入の説明でございます。

 4ページをお願いをいたします。

 4ページは市税でございます。1項の市民税で1目の個人市民税でございますが、1億3,404万9,000円、率にいたしまして13.5%の減額したものを計上いたしております。現下の経済情勢では所得の伸びは期待できないというふうに考えておるものでございます。

 2目の法人市民税でございますが、これも前年度と比較いたしまして1億5,449万6,000円の大幅な減収見込みを立てたところでございます。前年度の当初におきましては、日立金属の関連企業からの税収見込みを計上いたしたところでございますが、今年度はそれも期待できず、企業城下町であります安来市にとりましては、まさに厳しい状況であると考えているところでございます。

 固定資産税でございますが、固定資産税も償却資産の減収を予測いたしまして、減収見込みを立てたところでございます。23億104万1,000円でございます。

 6ページ、軽自動車税でございます。軽自動車税につきましては、ほぼ前年度並み、市のたばこ税につきましては若干落ちぎみのものを計上させていただいております。

 8ページをお願いをいたします。

 特別土地保有税でございますが、これにつきましては5,000平米以上の遊休地を所有しているものにつきまして課税をするということでございます。現在6社が対象となっております。

 それから、入湯税でございますが、これは1回が150円徴収させていただいておるものでございます。日帰りの場合は徴収をせず、泊まりの場合のみ入湯税を徴収する。これは夢ランド、それから旅館すべて一緒でございます。

 以上で市税の説明を終わらせていただきますが、市税全体では37億円の予算計上でございます。これは前年度と比較いたしまして3億1,000万円余りの大幅な減収でございます。不況がますます深刻化する中、個人市民税や法人市民税の落ち込みが大きいということでございます。

 10ページをお願いをいたします。

 自動車重量税、それから地方道路譲与税でございます。前年度と同額を計上いたしております。

 12ページでございますが、利子割交付金でございます。この利子割交付金につきましては、郵便貯金の10年満期によるものでございます。近年、大幅にこれが伸びたものでございますが、平成14年度はピークが若干過ぎたということではなかろうかということで、1,700万円減額いたしまして6,300万円を計上いたしたところでございます。

 地方消費税の交付金でございますが、これは消費税の5%が導入になった際、平成9年度途中から地方に交付されるということになったものでございます。これにつきましても、消費の落ち込みやデフレ傾向の経済情勢の中、1,000万円の減額したものを計上いたしたところでございます。

 自動車取得税の交付金につきましては、前年並みでございます。

 地方特例交付金でございますが、これは国の恒久減税に係る財源措置として交付されたものでございます。前年度の決算見込みをもとに計上いたしたところでございます。これも地方税の代替え的な性格を有するものでございまして、これは交付税の交付、不交付にかかわらず、全団体に交付されるという内容のものでございます。

 16ページをお願いをいたします。

 地方交付税でございます。地方交付税でありますが、全体では対前年度比2億4,000万円減の39億円でございます。国の構造改革に伴います交付税制度の見直しによりまして、交付額の減収は避けられない状況でありまして、普通交付税は2億円、5.8%減の32億円、特別交付税は4,000万円、5.4%減の7億円を計上させていただいたところでございます。

 地方財政計画によります交付税の総額は19兆5,400億円ということで、国の財政計画では4.0%の減額というふうになっておるところでございます。

 交通安全対策特別交付金につきましては、50万円の減額でございます。

 18ページをお願いをいたします。分担金及び負担金でございます。

 まず、民生費の分担金で社会福祉分担金でございますが、これにつきましては老人ホームの入所者50人分に対する事務費と事業費の分担金でございます。

 農林水産業費の分担金は、市単土地改良事業の分担金でございまして、これは受益者からの分担金というものでございます。

 それから、2項の負担金で民生費負担金でございますが、2億8,813万5,000円でございます。これは保育所の入所児童に係る保護者の負担金と、それから身体障害者等の社会福祉施設への入所者等の負担金でございます。金額的に3,650万2,000円ほど伸びたものでございます。

 なお、参考までに保育所の児童の措置数でございますが、公立保育所は484人、私立保育所は280人を見込んでおります。

 それから、身体障害者の入所者の関係でございますが、これは6施設で144名、老人福祉の入所者の負担金の関係でございますが、これは28人を予定をしております。それから、知的障害者の関係でございますが85人、これは前後予定をしておるというものでございます。

 20ページをお願いをいたします。

 使用料及び手数料でございます。主だったもののみを御説明申し上げます。

 4目の商工使用料でございますが、自転車の駐車場の使用料でございます。前年が685万9,000円を計上いたしておりまして、35万円余り減額いたしました650万円を使用料として今回計上させていただいております。

 土木使用料の中で道路の占用料でございますが、これはNTTとか中電他からの占用料をいただくものでございます。

 住宅使用料でございますが、7,600万円でございます。前年と同額を計上いたしております。

 それから、教育使用料でございますが、幼稚園につきましては2,100万円、月額7,000円の250人分を見込んだところでございます。

 それから、5の体育使用料でございますが、1,130万円でございます。前年が954万5,000円ほどでございますので、170万円余り増額をさせていただいたというものでございます。

 なお、今回の条例改正によりまして、使用料の見直しを検討しております。これを考えますと、これよりまだ使用料がふえていくというふうに考えておるものでございます。

 市民会館の使用料でございますが、前年は750万円でございましたが、今年度650万円とさせていただいております。100万円の減でございます。

 和鋼博物館の使用料につきましても、前年は1,300万円でございました。今年度1,000万円とさせていただくものでございます。

 22ページでございますが、手数料の関係でございます。これも手数料につきましては、手数料の改定等はございませんので、ほぼ前年度並みを計上いたしております。

 24ページをお願いをいたします。

 24ページからは国庫支出金でございます。主だったもののみについて御説明申し上げますので、よろしくお願いをいたします。

 まず、1節の社会福祉費負担金でございますが、ほぼ前年度並みということになっております。

 説明の欄で身体障害者保護費、それから老人保護、知的障害者、それぞれ項目があるわけでございますが、これにつきましては措置費から入所者の負担金を引いた残りの2分の1を国庫補助としていただくというものでございます。

 特別障害者の給付費の負担金につきましては、4分の3の補助率でございます。

 それから、国民健康保険の基盤安定の負担金でございますが、これは国保税の減額分に対する国からの補助金でございます。補助率は2分の1でございます。

 児童福祉費の負担金でございますが、これは措置額と、それから措置数の増によりまして、これは大幅にふえております。保育所の運営費負担金で申し上げますと、2,566万6,000円ふえておりまして、1億7,860万4,000円の国からの負担金ということになっております。

 それから、児童扶養手当の給付費負担金でございますが、これは4分の3の補助率で1,817万8,000円ということでございます。これにつきましては新規の事業でございまして、これにつきましては今まで国がやっていた施策でありますが、平成14年8月より権限移譲でおりてくるというものでございます。内容は18歳までの子供に対する母子家庭への生活補助というものでございます。4分の3の補助率ということは、4分の1が新たに市が負担をしなければならないということでございます。

 それから、3から4、5につきましては、児童手当の関係でございます。

 それから、生活保護費につきましては1億2,075万6,000円、これは補助率が4分の3でございます。

 衛生費国庫負担金の関係でございますが、老人保健の関係、それから母子保健の関係、すべて補助率が3分の1でございます。

 公共土木施設の災害復旧費の関係は木戸川東線の関係でございますが、66.7%の補助率ということでございます。

 26ページをお願いをいたします。ここも主だったもののみを申し上げます。

 民生費の関係では社会福祉補助金、節の段階で社会福祉費の補助金の関係でございますが、269万7,000円でございます。前年が168万6,000円ということでございまして、これも大幅に伸びております。伸びた内容でございますが、身体障害者等のホームヘルプサービスとか新しい補助金の項目がふえております。こういったことで、節全体ではふえたというものでございます。

 それから、3の生活保護費の補助金でございますが、これは生活保護に関する事務費補助というものでございます。これにつきましては、補助率が10分の10というものでございます。

 土木費国庫補助金でございますが、道路橋梁費補助金で地方道路整備臨時交付金といたしております1億3,750万円でございますが、これは安来港福井線の事業でございまして、交付金事業2億5,000万円のうちの55%分でございます。

 それから、公営住宅の家賃収入の補助金でございますが、これは4,905万円、内代住宅の建て替えが終了したということでございまして、前年度より1,000万円余りふえております。

 それから、1つ飛びまして都市計画費の補助金でございます。これも地方道路の整備臨時交付金というふうになっております。これは安来港飯島線の事業でございます。7,000万円の事業に対するこれは2分の1の交付金でございます。

 小学校費補助金でございますが、これにつきましては経常的なものでございます。内容的には変わっていないわけでございます。本年度は南小学校の改築事業の補助金が、ことしはなくなったということでございます。

 中学校の補助金でございますが、中学校の補助金につきましては、今年度の新規事業として反対に屋内運動場の改築事業が加わっております。この関係が1億3,852万2,000円というものでございます。

 4の文化財保護費の補助金の関係で、史跡等の保存整備費補助金1,100万円でございます。2分の1の補助率でございますが、荒島古墳群の整備に関する補助金でございます。

 28ページをお願いをいたします。

 委託金でございます。これにつきましては、内容は変わったものはございませんので、説明を省略いたします。

 12款の県支出金でございます。県支出金につきましては、国庫支出金と連動したものが多くございます。これらにつきましては説明を省略いたしますので、よろしくお願いをいたします。

 30ページをお願いをいたします。

 30ページの一番最初の総務費の県補助金でございます。事務処理特例交付金という名前でございますが、これは法定外公共物の用途廃止等二十数項目の権限移譲事務に対する県からの交付金でございます。当初予算では一応概算で前年度と同額の500万円をのせていただいております。

 社会福祉費の補助金でございますが、国庫補助金にないものとして老人クラブの補助金とか福祉医療の補助金、普通自動車の訓練補助金、こういったものがございます。いずれも2分の1の、老人クラブにつきましては3分の2、福祉医療、普通自動車の運転訓練につきましては2分の1というものでございます。

 ちょっと飛びまして、真ん中あたりに障害者の社会参加促進事業費補助金につきましては、3分の2の補助率でございます。手話通訳者への補助とか、あるいは自動車の改造、免許取得、スポーツ大会等々の補助金でございます。

 それから、障害者の共同作業所の運営事業費補助金315万円でございますが、これにつきましては平成12年に開設されました飯梨町のさくら園に対する補助金でございます。

 それから、一番下の養護学校等の放課後対策事業費補助金でございます。これは新たな事業に対する、今年度新たに設けました補助金でございます。

 それから、児童福祉費補助金でございますが、内容的にはほぼ前年度と同じでございますが、中ほどの県単事業でございますが、乳幼児医療費の補助金2,261万8,000円というものがございます。これにつきましては、6歳までの入院助成も加わったものでございます。

 それから、延長保育事業補助金3,739万円でございますが、前年が1,413万9,000円でございまして、今年度非常にこれが大きく伸びたというものでございます。事業の内容が変わったというわけではございません。ただ単に、補助金がふえたということでございます。

 それから、衛生費の補助金の関係でございますが、これにつきましては前年が507万円ほどでございます。今年度が1,437万5,000円、これは精神障害者関係の補助金が新規事業といたしまして新たに加わったためでございます。

 32ページをお願いをいたします。

 32ページでございますが、説明の欄の上から3つ目が水田農業の関係でございます。これは転作面積の割り当てに関する事務費の交付金というものでございます。

 それから、がんばる島根の農林総合事業費補助金が6,151万5,000円でございます。前年が8,495万1,000円ということで、今年度大幅に減額となっております。

 それから、国営造成施設管理整備促進事業でございますが、これは島田干拓地の維持管理費に関するものでございます。

 それから、新たな補助金でございますが、一番下の新規就農者の経営安定資金の貸付金補助金112万5,000円が新たな補助金でございます。

 商工費の補助金でございますが、住んで幸せしまねづくりの補助金の関係400万円でございますが、これはさぎの湯温泉前と安来高校、情報高校にバス停の改築する事業費に対する2分の1の補助金でございます。

 それから、清水公園の施設整備の関係でございますが、これは便所整備を行うと、便所の改築を行うというものでございます。

 それから、都市計画の住んで幸せづくりの事業補助でございますが、これはモニュメントのサイン整備事業でございます。東西にPRの看板を2基つくるということに対する補助金でございます。

 それから、一番下のしまね市町村総合交付金というものがございますが、これは補助事業に係る事務の簡素合理化等の目的で平成10年度に新しい制度として創設されたものでございます。細かい補助金等を廃止いたしまして、ここで一本化するということでございます。

 それから、34ページ、35ページで、社会教育費の委託金で発掘調査事業の委託金、金額的には81万4,000円でございますが、これは県道安来インター線に係る県からの委託金でございます。

 36ページからは財産収入でございます。説明は省略させていただきます。

 38ページをお願いをいたします。

 基金の繰入金でございますが、今年度1億円ほど基金の繰り入れを増額いたしております。ここ数年は財源不足の補てんに基金からの繰入金ということは行ってまいりませんでしたが、今年度やむを得ずということで、財政調整基金を1億円取り崩しを行うというものでございます。よろしくお願いをいたします。

 40ページからは繰入金でございます。他会計からの繰入金615万円でございます。

 それから、繰越金でございますが、13年度の決算がどうなるかでございますが、財源不足への対応といたしまして当初予算から剰余金1億円を計上させていただいたというものでございます。

 42ページは説明を省略させていただきます。

 44ページをお願いをいたします。

 44ページの中小企業の融資資金の貸付金の元利収入でございますが、2億2,000万円ほど減額となっております。これは中小企業の盆・年末資金の貸付金の関係の元利収入がなくなったためでございます。

 それから、3の地域総合整備資金の貸付金の元金収入というものでございます。これは、ふるさと融資という貸付事業でございまして、昌林会の病院増築分に貸し付けを行ったものでございます。それに対する元金の返済分というものでございます。

 4項の雑入につきましては説明を省略させていただきます。

 48ページは市債、地方債でございます。これにつきましても当初説明いたしましたので、説明を省略させていただきます。

 以上で事項別明細書の説明を終わらせていただきます。

 次に、134ページをお願いをいたしたいと思います。

 134ページからは給与費の明細書でございます。

 まず、1の特別職でございますが、昨年と大きく違ったところがございますので、御説明いたします。

 職員数のその他の特別職のところでございますが、昨年までは年間を通じて勤務をしていただくような嘱託者や委員の数を記載しておりましたが、今年度より報酬の積算のもととなった人数を上げておりますので、御了解をいただきますようによろしくお願いいたします。

 平成14年度は2,279人という人数を記載しておりますが、これは消防団員に例えて申し上げますと、市の消防団員は約400名でありますので、団員報酬の算定人数は400人、そしてその団員が1人1回、仮に災害出動をいたしますと、その出動報酬の算定基礎の人数が400人ということで、これを合わせた800人がその他の特別職の人数に含まれるというようなことでございまして、実際はその他の特別職が2,700人もいるんだということではございませんので、よろしく御理解をいただきますようお願いを申し上げます。

 平成13年度との比較でございますが、比較の欄を見ていただきたいと思いますが、報酬の額で1,223万6,000円の減となっております。これは小学校の学校公務員、1校に1名ずつ配置しておりますが、小学校の学校公務員について報酬で支給をしていましたのを平成14年度より賃金で支払うように支出科目を変更したものでございます。週休2日制というようなことから、賃金の方に振りかえをしたというわけでございます。

 それから、期末手当の年間支給率でございますが、3.60月から3.55月に0.05カ月下がっております。

 それから次に、2の一般職の方でございますが、(1)の総括のところで説明をいたします。

 職員数は291人で1名の減となっております。給料は逆に742万8,000円ふえております。職員手当につきましては、期末手当が0.05月下がったこと、それから時間外勤務手当の総額を給料総額の3%にしたというようなことから、職員手当が1,336万4,000円ほど減額となっております。共済費につきましては、率の改正によりふえたものでございます。

 135ページから138ページにつきましては、説明を省略させていただきます。

 139ページから141ページにかけましても、債務負担行為の一覧表でございます。これにつきしても、ごらんをいただきますようにお願いを申し上げます。

 最後に、142ページでございますが、これは地方債の現在高についての調書であります。平成14年度末の地方債の現在高につきましては、表の最後のところに記載をしておりますが、141億4,823万7,000円となる見込みでございます。

 なお、先ほど説明を申し上げました中で、31ページで児童福祉費の補助金でございます。中ほどの乳幼児医療費でございますが、先ほど就学前というふうに申し上げておったようでございますが、これまでどおり3歳未満までの助成でありますので、訂正をさせていただきます。

 以上、雑駁な説明でございましたが、平成14年度安来市一般会計予算の説明を終わらせていただきます。よろしくお願い申し上げます。



○議長(内藤美雄君) 説明が終わりました。

 本予算案に対する質疑につきましては、あす5日の本会議において行うことといたしたいと思います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5から日程第14まで



○議長(内藤美雄君) 日程第5、議第20号平成14年度安来市国民健康保険事業特別会計予算から日程第14、議第29号平成14年度安来市水道事業会計予算まで、10件を一括議題とし、執行部から順次説明を求めます。

 まず、議第20号平成14年度安来市国民健康保険事業特別会計予算の説明を求めます。

 大森市民生活部長。

            〔市民生活部長 大森 栄君 登壇〕



◎市民生活部長(大森栄君) 予算書の9ページをお願いいたします。

 議第20号平成14年度安来市国民健康保険事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の国民健康保険事業特別会計予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ22億8,733万8,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 一時借入金。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は3億円と定めるものでございます。

 歳出予算の流用。第3条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおり定めるものでございます。

 1号、各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。2号、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における款内でのこれらの経費の各項の間の流用とするものでございます。

 初めに、最近の被保険者の状況なり予算編成の取り組み等につきまして御報告させていただきます。

 まず、最近の被保険者の動向でございますが、1月末現在被保険者は9,839人、前年同期と比べまして約4%の増となっております。内訳といたしまして、一般が4,628人、退職が1,613人、老人が3,598人となっており、引き続き老人の増加傾向は変わらず、老人加入率は36.6%となっております。また、近年の経済状況によりまして、若年の加入者の増加率が例年より多くなっておりますのが特徴的であります。

 一方、世帯数は4,819世帯で、前年と比べ5.3%の増となっております。

 次に、14年度予算の取り組みについてでございますが、現在国会において来年度からの医療制度改革に向けた議論がなされているところでありますが、国保財政にどのような影響があるのか、現段階ではわからない状況であります。しかしながら、予算編成に当たりましては医療費の伸び、老人保健拠出金の増などにより7,700万円余の不足が見込まれたところであります。しかし、長引く景気の低迷など昨今の社会状況を考慮した場合、保険税の引き上げは適切ではないと考え、この不足分につきましては基金を取り崩し、充当していきたいと考えております。

 このような状況をも踏まえ、健全な運営を図るため、引き続き国保3%運動を実施してまいります。そのためには、保険税収納率の向上、また適正な医療給付に努めるため医療費の現状を的確に把握し、医療費抑制を図っていきたいと考えております。さらに、市民の健康づくり、疾病予防のための保健事業の充実などに積極的に取り組んでまいりたいと思っております。

 以上申し上げましたことを踏まえまして、対前年比5.3%増の22億8,733万8,000円を計上させていただいたところであります。

 歳入歳出予算につきましては、予算書に関する説明書の事項別明細書により御説明させていただきますので、説明書の146ページをお願いしたいと思います。

 まず、歳入でございますが、1款国民健康保険税、1目の一般被保険者国民健康保険税6億5,490万2,000円でございますが、現年徴収率98%、滞納繰越分20%を見込みまして計上しております。1節の医療給付費分につきましては、年間医療費等に対し、国庫支出金及び一般会計繰入金等を控除した額を見込みまして、6億317万3,000円を計上しております。2節の介護納付金分につきましては、2号被保険者2,615人を見込みまして3,599万1,000円を計上しております。滞納繰越分として、3節及び4節の医療費分及び介護分合わせまして1,573万8,000円を計上しております。

 2目の退職被保険者等国民健康保険税1億5,787万2,000円でございますが、現年徴収率99%、滞納繰越分50%を見込みまして計上しております。1節の医療給付費分につきましては、退職被保険者1,613人を見込みまして、1億4,310万1,000円を計上しております。2節の介護納付金分につきましては、2号被保険者805人を見込みまして1,324万5,000円を計上しております。滞納繰越分といたしまして、医療費分及び介護分合わせて152万6,000円を計上しております。

 2款の使用料及び手数料、1項の手数料につきましては、納税証明35件及び督促手数料1,900件を見込みまして20万円を計上しております。

 148ページをお願いいたします。

 3款の国庫支出金、1目の事務費負担金23万8,000円を計上しております。これは介護保険2号被保険者に係る事務費として国から負担金として受け入れるものでございます。

 2目の療養給付費等負担金、1節の現年度療養給付費等負担金6億3,444万7,000円を計上しております。説明欄の一般療養給付費分でございますが、これは一般被保険者の療養給付費等から保険基盤安定繰入金の2分の1を除いた額の40%の助成を受けるものでございます。老人保健医療費拠出金分につきましては、歳出で計上しております老人保健医療費拠出金から退職者分に係る額を控除したものの40%、また介護納付金分につきましても、歳出の介護納付金の40%の助成を受けるものでございます。2節の過年度療養給付費等負担金につきましては、説明を省略させていただきます。

 2項国庫補助金、1目の財政調整交付金2億1,692万8,000円を計上しております。説明欄の普通調整交付金でございますが、これは市町村の財政力の均衡等を考慮し、交付されるものでございます。その他特別調整交付金につきましては、普通調整交付金のように画一的な算定方法では措置できない特別な事情や国保3%運動の保険事業を積極的に実施した場合など評価を受け交付されるものでございます。

 150ページをお願いいたします。4款療養給付費交付金4億444万8,000円を計上しております。説明欄の療養給付費交付金退職者分3億4,994万5,000円でございますが、これは退職被保険者1,613人の医療費に対し、保険税を差し引いた額に相当する額を診療報酬支払基金から交付を受けるものでございます。療養給付費交付金、老人保健拠出金5,450万3,000円でございますが、これは退職者が老人保健に移行した場合に、そのものに係る老人保健拠出金の2分の1を診療報酬支払基金から交付を受けるものでございます。

 152ページをお願いいたします。6款の共同事業交付金1,979万円を計上しております。これは高額医療費共同事業交付金として、県下各市町村が拠出いたしまして、1件80万円以上の高額医療の発生に対し、県国保連合会の規定に基づきまして交付を受けるものでございます。

 7款の繰入金、1目一般会計繰入金1億1,208万4,000円を計上しております。1節の保険基盤安定繰入金でございますが、これは低所得者に対しまして保険税の軽減額相当分として国2分の1、県4分の1、市4分の1の割合で保険税減額に対する補てん分を計上しております。2節の職員給与費等繰入金でございますが、これは国保担当職員5名の給与費等でございます。3節の国民健康保険財政安定化支援事業繰入金でございますが、これは国保財政の健全化を図る目的として、被保険者の年齢構成、所得の状況等により財政の安定化を支援するため交付されるものでございます。4節の出産育児一時繰入金でございますが、1件30万円を支給するものでございまして、その3分の2を繰り入れるものでございます。20件を見込んでおります。6節の島根県国保会館建設負担金繰入金でございますが、平成12年度に完成いたしました会館建設に伴う負担金として、国保分及び介護分合わせて繰り入れるものでございます。

 154ページをお願いいたします。2項の基金繰入金、1目の国民健康保険事業基金繰入金についてでありますが、冒頭申し上げましたように医療費等の増により7,765万6,000円の不足が見込まれましたので、基金繰入金で対応するものでございます。

 8款の財産収入、1目の利子及び配当金90万7,000円を計上しております。これは基金積立金の利子でございます。

 156ページをお願いいたします。9款の繰越金及び10款諸収入の1項、2項につきましては、説明を省略させていただきます。

 158ページをお願いいたします。3項の雑入でございますが、1目の一般被保険者第三者行為納付金600万円、2目の退職被保険者等第三者行為納付金100万円を計上しております。これは第三者行為によって交通事故等により保険給付を行った場合、国保連合会から賠償金として受け入れるものでございます。以下、説明を省略させていただきます。

 160ページをお願いいたします。歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目の一般管理費3,473万3,000円を計上しております。これは市民課の医療給付係の3名分の職員給与等並びにレセプト点検専門員報酬等の事務的経費が主なものでございます。12節の役務費364万9,000円でございますが、これは国保連合会データ作成及び入力手数料等でございます。14節の使用料及び賃借料でございますが、これは調整交付金算定システム及びコピーの借上料が主なものでございます。19節の負担金補助及び交付金でございますが、これは総合事務組合退職手当負担金187万9,000円が主なものでございます。

 2目の連合会負担金でございますが、国保連合会への保険者負担及び国保会館建設負担金でございます。

 162ページをお願いいたします。2項の徴税費、1目の賦課徴収費1,588万8,000円を計上しております。これは賦課徴収に当たっております税務課職員2名の職員給与等及び保険税賦課徴収に係る事務的経費が主なものでございます。7節の賃金につきましては、保険税賦課徴収事務補助の臨時職員賃金でございます。11節の需用費でございますが、納付書等の印刷製本210万円が主なものでございます。

 164ページをお願いいたします。3項の運営協議会費66万8,000円でございますが、これは運営協議会委員報酬等の経費でございます。

 2款保険給付費、1項療養諸費、1目の現年度一般被保険者療養給付費でございますが、これは一般被保険者4,628人にかかわる療養給付費でございます。今年度の実績を見込みまして7億2,242万8,000円を計上しております。国保連合会へ診療報酬分として支払うものでございます。

 2目は説明を省略させていただきます。

 3目の現年度退職被保険者等療養給付費でございますが、退職被保険者1,613人に係るものでございまして、4億5,889万9,000円を計上しております。これにつきましては、高額医療の受診者の減、長期入院者の減などにより、今年度の実績を踏まえまして計上させていただいたところであります。

 なお、今議会に13年度の補正予算といたしまして、実績に合わせた減額補正をお願いしているところでございます。

 4目は説明を省略させていただきます。

 5目の現年度一般被保険者療養費356万1,000円を計上しております。これは医療機関でコルセット等をつくられた場合に、一たん全額費用を支払っていただき、自己負担を除いた残りを償還するための経費でございます。

 6目は説明を省略させていただきます。

 7目の現年度退職被保険者等療養費264万5,000円ですが、5目で御説明いたしました同様の内容でございます。

 166ページをお願いいたします。8目は説明を省略させていただきます。

 9目の審査支払手数料498万円を計上しております。これは国保連合会へ委託しておりますレセプト点検7万3,240枚を見込みまして計上しております。

 2項高額療養費、1目の一般被保険者高額療養費1億958万2,000円を計上しております。これは健康保険法で定められました基準に基づきまして支払うものでございます。市民税の課税世帯あるいは非課税世帯により自己負担は異なりますが、1カ月ごとの支払い額が自己負担を超えた場合、その超えた部分を償還するものでございます。年間1,300件を見込みまして計上しております。

 2目の退職被保険者等高額療養費3,164万6,000円でございますが、450件を見込みまして計上しております。

 168ページをお願いいたします。3項葬祭諸費、1目の葬祭費240万円でございますが、これは被保険者死亡1件につき1万5,000円を支給するものでございまして、160件を見込みまして計上しております。

 4項出産育児諸費、1目の出産育児一時金600万円でございますが、これは出産に対しまして1件30万円を支給するものでございます。20件を見込みまして計上しております。

 170ページをお願いいたします。5項の移送費は説明を省略させていただきます。

 3款老人保健拠出金、1目の老人保健医療費拠出金7億5,156万2,000円でございますが、前年度比1億6,800万円余の増となっております。御承知のように老人保健医療費拠出金は診療報酬支払基金が、老人加入者や医療費を推計し算定する概算額と12年度の清算額を合わせたものを拠出するものでして、老人加入者及び医療費の増により、さらに平成12年度分は介護保険の移行を想定し、低目に設定したため、清算額が大幅に増となったものでございます。老人加入者数は3,598人を見込んでおります。

 2目の老人保健事務費拠出金883万円でございますが、これは老人保健の事務に係るものでございます。

 172ページをお願いいたします。4款介護納付金、1目の介護納付金でございますが、2号被保険者2,970人、1人当たり3万2,425円を見込みまして、9,630万3,000円を計上しております。

 5款共同事業拠出金、1目の共同事業医療費拠出金でございますが、これは13年度とほぼ同額の1,242万9,000円を見込みまして計上しております。

 2目は説明を省略させていただきます。

 174ページをお願いいたします。6款保健事業費、1目の疾病予防費867万5,000円を計上しております。これは国保3%運動の一つとして保健事業の推進を行うものでございます。主なものといたしまして、小児期からの生活習慣病予防教室、虫歯予防教室等各種教室、さらに引き続き脳ドックを管内の病院で実施することとしております。また、今年度から国の補助を受けまして、国保総合健康づくり支援事業として地域健康づくり組織の育成強化、糖尿病友の会の育成強化、さらに独居高齢者の交流等の事業を実施することとしております。このような事業を実施する経費を計上しております。

 7款基金積立金、1目の国民健康保険事業基金積立金90万8,000円でございますが、基金に対する利子を見込みまして計上しております。

 176ページをお願いいたします。8款公債費、1目の利子41万1,000円につきましては、一時借入金の利子でございます。

 2目は説明を省略させていただきます。

 9款諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目の一般被保険者保険税還付金120万円、2目の退職被保険者等保険税還付金30万円につきましては、被保険者の死亡、転出等により移動資格に伴う還付金でございます。

 3目は説明を省略させていただきます。

 178ページをお願いいたします。10款の予備費でございますが、13年度と同額の1,000万円を計上させていただいております。

 なお、180ページから給与費明細等につきましては、一般会計に準じて作成しておりますので、説明は省略させていただきます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第21号平成14年度安来市老人保健特別会計予算の説明を求めます。

 大森市民生活部長。

            〔市民生活部長 大森 栄君 登壇〕



◎市民生活部長(大森栄君) 先ほど説明いたしました中で若干の間違いがあったようですので、訂正させていただきます。

 3ページの中ほどに2号被保険者、私、「2,665人」と申し上げましたようですが、「2,165人」が正しいので、訂正をお願いしたいと思います。

 あ、済みません。間違えました。済みません。146ページでございます。4節の介護保険納付金分につきまして、2号被保険者のところでございます。2,165人を見込んでおりますので、よろしくお願いします。

 それでは、予算書の13ページをお願いいたします。

 議第21号平成14年度安来市老人保健特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ37億3,799万2,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 一時借入金。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、1億円と定めるものでございます。この老人保健特別会計事業は70歳以上、65歳以上の障害者の方で、1級、2級の人を対象に医療費を国民健康保険等の保険者と国、県並びに市で負担することにより、高齢者の経済的負担の軽減と疾病の早期治療を促進し、高齢者の保健の向上に資することを目的とした事業でございまして、受給者数5,800人、1人当たりの医療費を64万円を見込んでおります。

 事項別明細書により御説明させていただきますので、予算に関する説明書の188ページをお願いいたします。

 歳入でございますが、1款支払基金交付金、1目支払基金交付金、1節の医療費交付金26億796万9,000円でございますが、これは診療報酬支払基金から医療給付費及び医療費支給費の70%相当額を受け入れるものでございます。2節の審査支払手数料交付金1,216万7,000円でございますが、これはレセプト点検手数料でございまして、支払基金から10万7,770件分のレセプトを見込みまして計上しております。

 2目は説明を省略させていただきます。

 2款の国庫支出金、1目の国庫負担金、1節の医療費負担金7億4,513万4,000円を計上しております。これは国からの医療給付費及び医療費支給費の20%相当額を受け入れるものでございます。

 2目は説明を省略させていただきます。

 190ページをお願いいたします。

 3款の県支出金、1目の県負担金、1節の県負担金1億8,628万3,000円を計上しております。これは県から医療給付費及び医療費支給費の5%相当額を受け入れるものでございます。

 2目は説明を省略させていただきます。

 4款の繰入金、1目の一般会計繰入金、1節の一般会計繰入金でございますが、これは医療給付費及び医療費支給費の5%相当額及び一時借入金の利子を含めまして、1億8,643万3,000円を計上しております。

 192ページから195ページは説明を省略させていただきます。

 196ページをお願いいたします。

 続きまして、歳出でございますが、1款の医療諸費、1目の医療給付費37億3,783万9,000円を計上しております。12節の役務費1,216万8,000円でございますが、これはレセプト10万7,770件分の審査支払手数料でございます。19節の負担金補助及び交付金37億2,567万1,000円でございますが、その内訳といたしまして医療給付費37億735万円、コルセットなど補装具等医療費支給費1,832万1,000円でございます。

 2款の諸支出金、1目の償還金、23節の償還金利子及び割引料15万2,000円でございますが、これは一時借入金利子でございます。

 198ページの2項繰出金につきましては説明を省略させていただきます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第22号平成14年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算の説明を求めます。

 井上経済部長。

            〔経済部長 井上 進君 登壇〕



◎経済部長(井上進君) 予算書つづりの17ページをお願いいたします。

 議第22号平成14年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算について御説明いたします。

 平成14年度安来市のさぎの湯温泉利用事業特別会計の予算は次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ659万3,000円と定めるものでございます。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 初めに、平成14年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算は、昨年度4月から第2デイサービス福祉施設の新規供給、また6月から安来節屋の浴槽増築による利用料増等によりまして、前年度予算より190万7,000円の増額予算になっておるものでございます。

 予算につきましては、予算に関する説明書、事項別明細書で御説明いたします。

 予算に関する説明書の204ページをお願いいたします。

 歳入につきましては、204ページから207ページにかけて記載しておりますが、医療施設の温泉使用料、温泉維持料、前年度繰越金が主な歳入でありまして、本年度予算額659万3,000円でございます。

 208ページをお願いします。

 歳出につきましては、一般管理費といたしまして、さぎの湯温泉開発審議会委員報酬9万8,000円を主に12万円を、また施設管理費はポンプ動力費修繕料の需用費320万円を主に367万3,000円を、それから210ページに記載しております平成13年度の貯湯槽改修事業に伴います公債費、元金、利子合わせまして279万9,000円が主な予算になっております。

 以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第23号平成14年度安来市駐車場事業特別会計予算の説明を求めます。

 井上経済部長。

            〔経済部長 井上 進君 登壇〕



◎経済部長(井上進君) 予算書つづりの21ページをお願いいたします。

 議第23号平成14年度安来市駐車場事業特別会計予算について御説明いたします。

 平成14年度安来市の駐車場事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ300万3,000円と定めるものでございます。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 初めに、この特別会計予算につきましては、新町駐車場駐車区画42区画、東小路駐車場が駐車区画17区画の管理運営予算でありまして、対前年度予算より85万2,000円の増額予算でございます。

 予算につきましては、予算に関する説明書の事項別明細書で御説明いたします。

 予算に関する説明書の216ページをお願いいたします。

 歳入につきましては、新町・東小路駐車場駐車区画59区画の定期駐車、時間駐車、合わせまして使用料300万円が主で、総額300万3,000円でございます。

 220ページをお願いいたします。

 歳出につきましては、東小路駐車場の夜間警備委託料54万円、一般会計への繰出金216万8,000円が主な予算でございます。

 以上、まことに簡単ですが、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第24号平成14年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の説明を求めます。

 大森市民生活部長。

            〔市民生活部長 大森 栄君 登壇〕



◎市民生活部長(大森栄君) 予算書の25ページをお願いいたします。

 議第24号平成14年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算につきまして御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の住宅新築資金等貸付事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,055万2,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 本予算案につきましては、住宅新築資金等の貸付制度が平成8年度に終了しております。これまでの貸付金の徴収、公債費の償還業務に伴う予算でございます。

 事項別明細書で御説明させていただきますので、予算に関する説明書の226ページをお願いいたします。

 まず、歳入でございますが、1款の県支出金、1目の住宅新築資金等貸付助成事業費県補助金10万8,000円を計上しております。これは徴収事務費として県より4分の3の補助でございます。

 3款繰越金及び228ページの4款諸収入、1項の市預金利子につきましては説明を省略させていただきます。

 2項の貸付金元利収入、1目の住宅新築資金等貸付金元利収入1,044万2,000円でございますが、これは37件分の償還に伴う元利収入でございます。

 230ページをお願いいたします。

 歳出でございますが、1款住宅新築資金等貸付事業費、1目の住宅新築資金等貸付事業費415万2,000円でございますが、これは事務費及び一般会計への繰出金でございます。

 2款公債費、1目の元金及び2目の利子につきましては、償還元金と利子でございます。

 232ページは住宅資金貸付事業の地方債の調書でございますので、御高覧いただきますようお願いいたします。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) この際、しばらく休憩いたします。

 再開は午後3時といたします。

            午後2時45分 休憩

            午後3時3分 再開



○議長(内藤美雄君) 再開いたします。

 続きまして、議第25号平成14年度安来市下水道事業特別会計予算の説明を求めます。

 比田建設部次長。

            〔建設部次長 比田敏夫君 登壇〕



◎建設部次長(比田敏夫君) 予算書の29ページをお願いいたします。

 議第25号平成14年度安来市下水道事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の下水道事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ17億8,549万8,000円とするものでございます。

 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」によるものでございます。

 地方債。第3条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」によるものでございます。

 一時借入金。第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は11億円とさせていただくものでございます。

 歳出予算の流用。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものでございます。

 1、各項に計上した給料、職員手当及び共済費にかかわる予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用とするものでございます。

 30ページをお願いいたします。

 初めに、平成14年度の事業の概要を簡単に申し上げます。

 安来市の下水道は、昭和63年に49.5ヘクタールを供用開始して以来、14年を経過いたしました。平成14年4月には認可区域を434ヘクタールとして事業の拡大を図ってまいったところでございます。平成13年度末には汚水の整備面積約264ヘクタール、処理戸数3,970戸、水洗化率が76.73%となる見込みでございます。

 平成14年度事業といたしましては、引き続き荒島南処理分区、荒島東処理分区、神塚処理分区、飯島処理分区の汚水事業を実施して、整備面積約15ヘクタールの拡大を図る計画でございます。

 なお、平成14年度予算につきましては、13年度当初比5.9%の増となっております。

 30ページの第1表歳入歳出予算につきましては、予算に関する説明書の事項別明細書で説明させていただきますので、省略させていただきます。

 32ページをお願いします。第2表債務負担行為でございます。

 債務負担行為につきましては、公共下水道事業水洗便所改造資金融資あっせんに伴う損失補償でございまして、期間を平成14年度以降とし、限度額を3,750万円と定め、損失の補償を負うものでございます。

 33ページをお願いいたします。第3表地方債でございます。

 地方債の目的と限度額でございますが、公共下水道事業費といたしまして、公共下水道建設にかかわるものでございまして、限度額を4億220万円、流域下水道事業負担金といたしまして県の処理施設の負担金でございますが2,570万円、下水道事業元利償還金につきましては、平準化債といたしまして2億3,000万円、高資本費対策借換債といたしまして9,140万円、合計7億4,930万円をお願いするものでございます。

 起債の方法、利率、償還につきましては、記載のとおりでございます。

 それでは、別冊の予算に関する説明書の233ページをお願いいたします。

 また、予算関係説明資料の32ページから35ページにかけまして、今年度の事業一覧と箇所図を載せておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 233ページをお願いいたします。

 233ページから235ページにかけまして、総括といたしまして歳入歳出予算を載せておりますが、歳入歳出総額を17億8,549万8,000円とさせていただくものでございまして、前年比9,917万9,000円の増でございます。

 236ページをお願いいたします。歳入でございます。

 1款の分担金及び負担金でございます。1目の下水道事業受益者負担金でございますが、2,395万3,000円お願いしております。内訳でございますが、今年度供用開始面積9.5ヘクタール分にかかわるものと13年度の滞納分を343万9,000円を収入の予定をいたしております。

 2款の使用料及び手数料でございます。1目の下水道使用料でございますが、13年度末で接続戸数が2,878、14年度予定で約160戸ぐらいを予定をいたしておりますけども、現年賦課分といたしまして2億円、前年度の滞納繰越分の収入といたしまして300万円を予定をいたしているところでございます。

 238ページをお願いいたします。使用料及び手数料の1目下水道手数料でございますが、指定店の手数料でございまして、3社を予定いたしております。3万円を予定いたしております。

 3款国庫支出金でございますが、1目の国庫補助金、公共下水道建設事業に伴います補助事業3億円の2分の1補助の1億5,000万円を計上させていただいております。

 240ページをお願いいたします。4款繰入金でございます。1目の繰入金、これ一般会計より繰り入れをいただくものでございまして、6億1,395万2,000円を計上させていただいております。

 244ページをお願いいたします。6款諸収入でございまして、1目水洗便所改造資金貸付金元利収入2,507万6,000円を計上しております。これは水洗便所改修に伴います預託金の半期に1回ずつの収入分でございまして、件数といたしましては現在約82件を想定をいたしておるところでございます。

 6款の諸収入でございます。雑入でございます。1節の社会保険料は、臨時職員等の個人負担分でございます。2節の消費税還付金2,000万円を予定をいたしております。これは消費税にかかわります還付金を2,000万円ということでございます。

 246ページをお願いいたします。市債でございます。本年度分7億4,930万円を予定をいたしております。節でいきますと、1節の公共事業建設にかかわります公共下水道債が4億220万円、流域下水道の負担金にかかわるものが2,570万円、資本費の平準化債の起債分につきましてが2億3,000万円、下水道の高資本に対する借換債が9,140万円、これは今の予定では年利7%以上の高額利子の分が対象になる予定でございます。

 248ページをお願いします。歳出でございます。

 1款下水道費の1目総務管理費でございます。2,817万5,000円お願いをいたしておりますが、この主なものにつきまして御説明申し上げます。これは水洗便所の改造資金の融資あっせん事業に伴います預託金でございまして、預託金及び利子でございまして2,500万2,000円、受益者分担金と徴収業務といたしまして55万8,000円、これは起債システムの借上料等その他でございます。それと前納報奨金といたしまして200万円お願いしておりますが、これは受益者前納にかかわります報奨金の支出でございまして、約60戸を予定をいたしております。

 2項の維持管理費でございます。1目の雨水処理費でございますが、391万円をお願いしております。これにつきましては、雨水ポンプ場の維持管理費といたしまして184万円、同じく処理施設等雨水のしさ取り除き用といたしまして207万円をお願いするものでございます。

 2目の汚水処理費でございます。1億2,498万6,000円をお願いするものでございますが、2節給料から職員手当、共済費につきましては、職員4人分の人件費その他すべてを計上させていただいておるところでございます。11節の需用費でございますが、マンホールポンプの電気代等19基分を予定をいたしておるところでございます。役務費350万円ですが、これはマンホールポンプの緊急連絡用電話代、あるいは口座振込手数料、水質検査料等を予定をいたしておるところでございます。委託料1,050万円ですが、このマンホールポンプの点検委託料、水道に対しますメーターの検針委託料、あるいは下水道台帳の整備委託料を予定をいたしておるところでございます。

 250ページをお願いいたします。この中で19節負担金補助及び交付金でございますが、これは相互事務組合退職手当負担金あるいは互助会負担金、それと流域下水道維持管理負担金を計上させていただいておるところでございます。

 3項下水道建設費でございます。1目の下水道建設費でございますが、これにつきましては今年度公共下水道として工事いたします事業費について計上をさせていただいておるところでございまして、補助事業単独通常分、単独緊特分、あるいは起債対象外という格好で説明欄に記載させていただいておるところでございます。中でも委託料につきましては、説明資料の箇所図の位置を添付いたしておりますけども、御崎町枝線汚水管渠設置委託業務等その他の委託料でございますし、工事請負費につきましても4億2,225万4,000円ということで、飯島1号マンホールポンプ設置工事以下9件分の工事請負費を計上させていただいておるところでございます。

 252ページをお願いいたします。252ページの中で22節補償補てん及び賠償金でございますが2,785万3,000円、これは工事に伴います水道管の支障移転費でございます。

 2目流域下水道費2,669万3,000円をお願いしておりますが、これは流域下水道事業負担金ということでございまして、東部処理区の主ポンプ水処理施設、あるいは自家発電、耐震診断等による負担金分でございます。

 2款公債費でございます。1目元金で6億1,450万円、2目利子で3億4,887万2,000円ということで計上させていただいておりますが、元金は公共下水道整備事業債返還に伴うものでございますし、利息はそれに伴う利息、それと事業実施に伴います一時借入金300万円をお願いするものでございます。

 254ページから259ページまでの給与費から地方債の見込みに関する調書は、説明を省略させていただきます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第26号平成14年度安来市土地取得事業特別会計予算の説明を求めます。

 石川総務部長。

            〔総務部長 石川隆夫君 登壇〕



◎総務部長(石川隆夫君) 予算書の35ページをお願いをいたします。議第26号平成14年度安来市土地取得事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の土地取得事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ425万円と定めるものでございます。

 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 平成14年度の予算でありますが、土地取得資金の積立金の利子を積み立てるというものでございます。平成13年度末の積立金が6億960万3,596円ありまして、その利息424万9,578円と見込んだものでございます。

 以上、説明を終わらせていただきます。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第27号平成14年度安来市農業集落排水事業特別会計予算の説明を求めます。

 比田建設部次長。

            〔建設部次長 比田敏夫君 登壇〕



◎建設部次長(比田敏夫君) 予算書の39ページをお願いいたします。議第27号平成14年度安来市農業集落排水事業特別会計予算について御説明申し上げます。

 平成14年度安来市の農業集落排水事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ9億298万5,000円とさせていただくものでございます。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 債務負担行為。第2条、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、「第2表債務負担行為」によるものでございます。

 地方債。第3条、地方債、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第3表地方債」によるものでございます。

 一時借入金。第4条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は7億円とさせていただくものでございます。

 歳出予算の流用。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。1、各項に計上した給料、職員手当及び共済費にかかわる予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用とするものでございます。

 40ページをお願いいたします。初めに、平成14年度事業の概要を簡単に説明申し上げます。

 平成9年度から着手いたしました建設事業も順調に推移しておりまして、平成13年度末には事業費ベースで宇賀荘地区で約91%、大塚地区で約86%、能義地区で約93%、吉田地区で約48%の進捗の見込みでございます。また、本年4月には能義地区の一部供用開始ができる予定でございます。平成14年度事業といたしましては、宇賀荘地区、能義地区の14年度末完了、大塚地区、吉田地区の15年度完了を目指して、引き続き事業を進めてまいります。吉田地区におきましては、汚水処理施設の整備に今年度着手する計画でございます。なお、平成14年度予算につきましては、前年度当初比20.2%の減額となっております。

 40ページから41ページにつきましては、予算に関する説明書の事項別明細書で説明させていただきますので、省略させていただきます。

 42ページをお願いいたします。第2表債務負担行為でございます。

 債務負担行為につきましては、農業集落排水事業水洗便所改造資金融資あっせんに伴う損失補償でございます。期間を平成14年度以降といたしまして、限度額を3,566万1,000円と定めて損失の補償を負うものでございます。

 43ページをお願いします。第3表地方債でございます。

 4地区の農業集落排水事業の事業費といたしまして限度額4億1,670万円をお願いするものでございます。起債の方法、利率、償還の方法は記載のとおりでございます。

 予算に関する説明書の269ページをお願いいたします。また、予算関係説明資料の36ページから40ページにかけまして、事業一覧と箇所図を載せておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 269ページから271ページにかけまして、総括といたしまして歳入歳出予算を計上しております。歳入歳出総額9億298万5,000円とさせていただくものでございまして、前年比20.2%の減額とさせていただくものでございます。

 272ページをお願いいたします。歳入でございます。

 1款国庫支出金、1目国庫補助金でございます。3億186万2,000円を計上させていただいております。これは農業集落排水事業建設に伴います補助事業費の2分の1を計上させていただいております。

 3款繰入金でございます。1目繰入金1,840万8,000円をお願いしております。これは一般会計からの繰入金を計上させていただいております。

 276ページをお願いいたします。5款諸収入でございます。1目雑入でございます。2節雑入でございます。2,000万円計上しております。消費税の還付金を予定をいたしておるところでございます。

 278ページをお願いいたします。5款諸収入、1目の水洗便所改造資金貸付金元利収入でございます。2,377万4,000円を計画いたしておるところでございます。これは一応水洗便所改造資金27戸借りられる方がおられることを想定をいたしまして予算計上させていただいておるところでございます。

 5項受託事業収入、1目の県道改良関連工事受託事業収入でございますが、これは県道改良に伴います汚水升が支障になりますので、それの支障移転事業費として100万円を収入に上げておるところでございます。

 280ページをお願いいたします。6款市債、1目市債でございます。4億1,670万円をお願いしておるものでございます。これは宇賀荘、大塚、能義、吉田、4地区の事業費にかかわるものでございます。

 7款使用料及び手数料でございます。2目農業集落排水事業施設使用料でございます。これにつきましては1,427万7,000円を予定をしておるところでございます。使用料につきましては、現年賦課分を1,420万7,000円、前年度滞納分を7万円を予定をしておるところでございまして、現在使用料が徴収できるのが約317戸想定をいたしまして予算計上させていただいているところでございます。

 282ページをお願いいたします。8款分担金及び負担金、1目の農業集落排水事業受益者分担金でございます。1億674万8,000円をお願いするものでございまして、現年賦課分といたしまして372戸分を前納があるということで、前納していただくのを70%見込んだ予算とさせていただいておるところでございます。2節は滞納分でございますが、全期滞納分を12万円を計上させていただいておるところでございます。

 284ページをお願いします。歳出でございます。

 1款農業集落排水費、1目一般管理費でございますが、主なものにつきまして御説明申し上げます。水洗便所改造資金融資あっせん事業に伴います預託金でございまして、8月末目途で27戸を予定をいたしまして2,012万円お願いするものでございます。使用料受益者分担金及び徴収業務費でございますが、これにつきましては使用料及び受益者分担金の管理システムの借上料等でございます。それと受益者分担金前納奨励金でございますが、372戸を予定をいたしておりまして、70%を想定した金額で1,600万円を計上させていただいております。それと管路台帳整備ということで316万7,000円、これは現在までに工事が完了いたしました管路施設の台帳整備費用を計上させていただいておるところでございます。

 286ページをお願いいたします。2項農業集落排水施設建設費、1目の農業集落排水建設費でございます。7億8,083万1,000円お願いするものでございまして、説明の欄に4地区の建設費をこの中に計上させていただくものでございまして、人件費から主なものといたしまして、設計委託料2,344万円、工事請負費といたしまして4地区の工事請負費が6億5,994万1,000円をお願いするものでございます。22節の補償及び補てんでございますが、これも4地区の工事に伴います水道管の支障移転の委託費でございます。

 288ページをお願いいたします。3項汚水処理費、1目の汚水処理費でございますが、1,496万9,000円お願いするものでございます。これにつきましては、11節の需用費でございますが、マンホールポンプ等の施設の光熱費その他でございます。それと処理施設の薬品代、固形塩素でございますが、そういったものを予定をいたしておるものでございます。それと役務費134万4,000円は、これはマンホールポンプの緊急電話代その他でございます。水質検査分も含んでおります。それで委託料でございますが、2地区の処理施設の管理委託料をこの中に831万5,000円の中に処理施設の管理委託料、それから電気工作物の管理委託料、マンホールポンプの点検委託料、それと新しく発生します農集汚泥処理の処理委託料を計上させていただいているところでございます。工事請負費につきましては、先ほどの収入でお話ししました県道改良に伴う事業費と100万円と路面補修工事請負費を計上させていただいておるところでございます。

 2款公債費、1目の元金でございますが、農業集落排水事業債の元金2,312万3,000円分と2目の利子といたしまして、23節利子償還及び割引料で3,835万2,000円の利息分でございます。それと事業進捗推進に伴います一時借入金利息を180万円をお願いしておるものでございます。

 290ページから295ページの人件費から地方債の見込みにつきましては、説明を省略させていただきます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第28号平成14年度安来市商品券事業特別会計予算の説明を求めます。

 井上経済部長。

            〔経済部長 井上 進君 登壇〕



◎経済部長(井上進君) 予算書つづりの45ページをお願いいたします。

 議第28号平成14年度安来市商品券事業特別会計予算について御説明いたします。

 平成14年度安来市の商品券事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1億500万円と定めるものでございます。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 初めに、安来市の商業は大型店の進出等に伴いまして小売商が衰退し、以前から商店街活性化についていろいろ検討されてきましたが、近年特に小売商販売額、店舗数が減少している中、市内での消費拡大、安来市の商業活性化を図るため、安来商工会議所並びに安来市商店連合協同組合による諸施策が検討され、商品券事業施策が考えられます。平成13年11月、安来商工会議所会頭、安来市商店連合協同組合理事長の連名で要望された事業であります。安来市もこの事業に協力し、安来市商業の活性化を図るため、安来市商品券事業予算を計上したものであります。

 予算につきましては、予算に関する説明書の事項別明細書で御説明いたします。

 予算に関する説明書の300ページをお願いいたします。また、予算関係説明資料つづりの31ページに資料をつけておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 歳入につきましては、1枚500円の商品券20万枚の売却収入1億円、一般会計からの繰入金500万円であります。

 302ページをお願いいたします。歳出につきましては、商品券事業を公共的団体に委託をいたします費用500万円、商品券20万枚の換金代1億円であります。

 以上、まことに簡単ですが、説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 続きまして、議第29号平成14年度安来市水道事業会計予算の説明を求めます。

 佐々木水道部長。

            〔水道部長 佐々木 弘君 登壇〕



◎水道部長(佐々木弘君) 議第29号平成14年度安来市水道事業会計予算について御説明を申し上げます。

 お手元の別冊になっております水道事業会計の予算書をごらんいただきたいと思います。

 第1条、平成14年度安来市水道事業会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 初めに、現状と予算編成方針について若干お話をさせていただきたいと思います。

 安来市の水道事業につきましては、普及率が約99%となりました。施設拡張の時代から改良、更新の時代となってきているところでございます。一方、給排水の状況は長期化する経済不況や構造改革に伴います歳出抑制などの影響を受けまして、配水量給水収益が落ち込んできている状況にあります。平成14年度は、このような状況下でございますけども、水道事業の使命である安定した給水体制の確立、安全で良質な水の供給を基本に次の3つの事業を中心にやっていきたいというふうに考えております。1つは、施設設備の改良更新でございます。これは老朽管更新あるいは水源地等の整備でございます。2つには、公共事業の促進対応ということで、下水道事業あるいは農業集落排水事業、国県事業等の支障移転工事の促進でございます。それから3つ目には、健全経営の確立ということで、経常経費の節減でありますとか滞納整理の促進とか、そういうことを中心に取り組んで、市民生活を支える水道事業の充実に努める所存でございます。

 それでは、第2条でございます。業務の予定量でございますが、1、給水件数を9,800件ということで、前年度より100件多い件数と見込んでおります。それから2つには、年間総給水量でございますが、438万6,000トン、これにつきましては前年度よりも9万4,000トン少なくなっているということでございます。それから3には、1日平均給水量も同じく250トン少なくなりまして1万2,020トンを見込んでおります。それから4に、主な建設改良事業の概要でございます。ここでは水道部事業の単独事業の配水管改良事業6カ所、それから老朽管更新事業8カ所を掲げておりますが、お手元の予算説明資料をごらんいただきたいと思います。41ページをごらんいただきたいと思いますが、そこの41ページの右側の方に平成14年度の業務予定量としております。そこの中の(4)で主な建設事業ということで、受託工事5,221万円を掲げております。主なものといたしまして、公共下水道事業に伴う移転工事、以下農業集落排水事業、県道等の改良事業、受託修繕というものを掲げております。

 それから、資本的支出になりますが、建設改良事業といたしまして2億6,296万4,000円ということで、配水管改良工事6件、以下ずっと掲げておりますが、こういう事業を平成14年度取り組んでいくということでございます。この内容につきましては、この説明資料の43ページから45ページに掲げております。43ページから44ページにかけましては、この事業の概要について掲げております。それから、45ページは箇所表をつけておりますので、ごらんいただきたいと思います。

 それでは、もとへ戻りまして、予算書の1ページをお願いいたします。

 第3条の収益的収入及び支出でございます。予定額は次のとおり定めるということで、収入でございます。水道事業収益は6億7,836万2,000円で、前年度よりマイナス8.5%ということになっております。

 それから、第1項の営業収益でございますが、6億6,409万3,000円となっております。これは前年度よりもこれも減となっておりますが、主なものは先ほど申し上げましたが、給水収益が1,940万円余り、受託工事費が4,410万円余りの減となっているというものでございます。

 営業外収益1,426万8,000円、特別利益1,000円を見込んでおります。

 支出につきましては、水道事業費用6億4,784万円で、10.3%前年度より減となっております。

 第1項の営業費用でございますが、5億1,027万6,000円でございますが、これも前年度より減となっておりますが、主なものは農業集落排水事業等の受託工事が3,420万円余りの減というものでございます。

 第2項の営業外費用につきましては1億3,587万7,000円、特別損益は138万7,000円、予備費が30万円を見込んでいるものでございます。

 第4条は資本的収入及び支出でございます。資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めるものでございます。

 次ページをちょっとごらんいただきたいと思います。2ページの方に資本的収入と支出を書いております。資本的収入は2億3,916万7,000円ということで、前年度より48.7%の大幅減というふうになっております。支出につきましても、前年度より37%減の3億7,931万5,000円でございます。

 前のページにちょっと戻っていただきますと、この収入と支出の不足する額でございますが、括弧書きしております。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億4,014万8,000円は、過年度分損益勘定留保資金1,025万4,000円、当年度分損益勘定留保資金1億1,190万3,000円及び当年度消費税資本的収支調整額807万1,000円並びに繰越利益剰余金処分額988万円で補てんするものでございます。

 2ページに戻っていただきたいと思います。起債、企業債でございます。水道事業で行います建設改良工事に必要な資金に充てるためのものでございます。

 第5条といたしまして、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおり定めるということで記載しております。

 第6条でございます。一時借入金。一時借入金の限度額は5,000万円と定めるものでございます。

 第7条は議会の議決を経なければ流用することができない経費でございます。職員給与費を1億3,920万円、公債費を5万円としているものでございます。

 それから、第8条は棚卸資産購入限度額でございます。棚卸資産の購入限度額を696万5,000円とするものでございます。

 次、3ページをお願いいたします。3ページ以降は附属資料という位置づけになっておるところでございますけども、平成14年度の予算実施計画ということで、収益的収入及び支出でございます。

 3ページは収入を掲げておりますが、先ほど若干触れましたけども、水道事業収益は6億7,836万2,000円ということでございます。その水道事業収益の中の営業収益の1目の給水収益です。5億9,771万6,000円としておりますが、これは水道料金366万5,000トンでございます。

 それから、2番目は受託工事収益でございまして、水道管の支障移転、修繕受託工事収益を6,224万4,000円掲げております。

 3目は、その他の営業収益でございまして、メーターの検針データ提供に伴う手数料等でございます。413万3,000円でございます。

 2項の営業外収益1,426万8,000円でございます。1目の受取利息及び配当金は預金利息でございます。

 2目の分担金1,003万8,000円につきましては、加入者分担金9,800件分を見込んでおります。

 それから、3の雑収入は403万円でございますが、これは水道管破損事故等の賠償金を予定をしております。

 次、4ページをお願いいたします。水道事業費用でございます。予定額は6億4,784万円でございます。

 1項の営業費用でございますが、1目の原水及び浄水費1億7,254万4,000円でございます。この主なものは受水費、これ島根県からの受水で374万2,000トンを見込んでおりまして、金額にいたしますと1億164万2,000円としております。動力費につきましては、電気代あるいは燃料費等を2,856万9,000円を見込んでおります。

 2目の配水及び給水費でございます。6,661万6,000円としております。この主なものは、委託料といたしまして水質検査、修繕待機料、メーター取りかえの主な委託料は1,005万8,000円でございます。それから、配水管、メーター、ポンプ場等の修繕費を2,305万1,000円予定しております。

 3目の受託工事費でございます。これが39.7%ほど前年度より落ちておりますけども、5,221万円見込んでおります。工事請負費4,130万7,000円、修繕費を1,029万円見込んでおります。

 4目の業務費でございます。3,870万6,000円でございますが、主なものといたしまして料金システム等のリース料、メーター検針の委託料等を見込んでおります。

 5目の総係費でございます。6,821万円、この主なもの、賃借料が会計システムあるいはコピー等のリース料329万3,000円でございます。

 6目の減価償却費につきましては、前年度よりここは逆にふえておりますが、1億689万3,000円でございます。建物、構築物、機械器具等の減価償却費でございます。

 7の資産減耗費につきましては505万円ということで、受託工事の減に伴いますもので少なくなっておりますが、505万円としております。

 その他営業費用1万円見込んでおります。

 2項の営業外費用でございます。これも7.1%前年度より少なくなっておりまして、1億3,587万7,000円としております。

 1目の支払利息及び企業債取扱諸費につきましては1億2,136万3,000円、企業債利息を中心に見込んでおります。

 それから、消費税でございますが、1,051万3,000円、売り上げにかかる消費税を見込んでおります。

 雑支出でございます。400万1,000円、応急修繕の概算でございます。

 3項の特別損失138万7,000円につきましては、不納欠損額を見込んでおります。

 予備費といたしまして30万円としております。

 次、5ページをお願いいたします。資本的収入及び支出でございます。

 資本的収入でございますが、2億3,916万7,000円というもので、1項企業債、1目企業債でございます。水道部で行います老朽管更新事業、配水管改良事業に必要な資金に充てるために1億5,765万8,000円を見込んでおるものでございます。

 2項工事負担金、1目工事負担金につきましては7,616万円、消火栓新設工事ほか農業集落排水事業、あるいは国・県道等の改良に伴うものでございます。

 3項の出資金でございます。534万9,000円、これは老朽管更新、あるいは汐彩団地の布設工事、吉田地区の布設工事に伴う一般会計からの出資金でございます。

 次、6ページをお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) この際、時間延長いたします。



◎水道部長(佐々木弘君) 資本的支出でございます。3億7,931万5,000円でございます。建設改良費、1目の水源設備費ですが、1,312万5,000円、これは矢田水源地の深井戸ポンプの施設改良でございます。

 それから、2目の配水設備費2億3,105万円でございますが、そこに書いております配水管改良、道路改良、あるいは下水道等の設備費に係るものでございます。

 3目の営業設備費は量水器の購入費等で11万1,000円でございます。

 4目の建設事業管理費につきましては1,867万8,000円で、建設事業を管理するための人件費を中心としたものでございます。

 2項の企業債償還金、1目の企業債償還金1億1,635万1,000円につきましては、残金償還分でございます。

 次、7ページをお願いいたします。資金計画でございます。経営活動に必要な経営収支を維持するためのものでございます。事業収益あるいは事業費用などの執行率を95%と見込んで策定したものでございます。

 次、お願いいたします。8ページからは給与費明細書でございます。内容につきましては、一般会計等に準じて作成したものでございますが、総括をちょっと見ていただきたいんですが、職員数がここでは14年当初では1名減で、職員を15名としております。

 それから、右側の合計欄で見ていただきますと、前年度と比較しますと1,003万7,000円減ということになっております。

 14ページまで飛ばしていただきます。15ページをお願いをいたします。

 15ページから17ページにつきましては、14年度の予定貸借対照表でございます。前年度末と当該年度と比較して、次の傾向や収益率を判断するための表でございます。

 15ページでは、14年度末の保有する資産、負債及び資本を15ページから17ページに掲げておるところでございます。これによりますと、14年度末の資産合計は13年度末の資産合計よりも1億3,600万円余り多い46億5,836万7,138円と見込んでいるものでございます。

 その次、18ページをお願いいたします。

 18ページは予定損益計算書でございます。13年度末の予定される経営状況をあらわすものでございます。すべての収益をこれに対応するすべての費用を載せておりますが、これによりまして13年度の純利益を931万1,000円とするものでございます。

 19ページから21ページにかけましては、13年度末の予定貸借対照表でございます。先ほど説明いたしました15ページから14年度の予定貸借対照表と比較していただければ、資産状況の推移がわかるものと思っております。

 22ページから39ページにかけましては、実施計画明細書でございます。3ページから6ページにかけまして概要を説明させていただきましたので、明細説明につきましては省略をさせていただきたいと思います。

 以上で平成14年度安来市水道会計予算の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(内藤美雄君) 以上10件の説明が終わりました。

 ただいま議題となっております10件の予算案に対する質疑につきましては、あす5日の本会議で行うことといたします。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回本会議は、あす3月5日午前10時から開議いたします。

 本日はこれにて散会いたします。御苦労さんでございました。

            午後4時2分 散会