議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 安来市

平成13年第377回 3月定例会 03月05日−01号




平成13年第377回 3月定例会 − 03月05日−01号







平成13年第377回 3月定例会



             平 成 13 年 3 月 定 例 会



平成13年3月5日(月曜日)

            出 席 議 員 ( 2 2 名 )

 1番 河津  清君      2番 佐伯 直行君      3番 中島 隆夫君

 4番 近藤 宏樹君      5番 深田 富造君      6番 丸山 英司君

 7番 飯橋 壹雄君      8番 藤原 常義君      9番 遠藤  孝君

 10番 河津 幸栄君      11番 内藤 美雄君      12番 中尾  強君

 13番 永田 正己君      14番 加藤 和憲君      15番 広野  糺君

 16番 山根 良雄君      17番 長島  望君      18番 清山  薫君

 19番 山本 敏熙君      20番 田川  豊君      21番 大和 道男君

 22番 ?見 武正君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            欠 席 議 員 ( 0 名 )

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            事  務  局  出  席  者

 事務局長 大森  栄君   庶務係長 近藤  隆君   書記   門脇 直哉君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            説 明 の た め 出 席 し た 者

 市長      島 田  二 郎君      助役      福 田    敏君

 収入役     平 井  重 俊君      教育長     市 川  博 史君

 総務部長    石 川  隆 夫君      市民生活部長  酒 井  照 雄君

 建設部長    井 上    進君      消防事務局長  平 井  真 澄君

 水道部長    松 村  隆 郎君      総務部次長   佐々木    弘君

 建設部次長   岩 崎  守 之君      総務課長    木 戸  修一郎君

 人事課長    永 見    太君      財政課長    安 達  武 敏君

 学校教育課長  嶋 田  豊 昭君      監査委員    石 橋  秀 雄君

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            議  事  日  程(第1号)

                        平成13年3月5日(月)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 市長の施政方針演説

第4 議第14号 平成13年度安来市一般会計予算

第5 議第15号 平成13年度安来市国民健康保険事業特別会計予算

第6 議第16号 平成13年度安来市老人保健特別会計予算

第7 議第17号 平成13年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算

第8 議第18号 平成13年度安来市駐車場事業特別会計予算

第9 議第19号 平成13年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

第10 議第20号 平成13年度安来市下水道事業特別会計予算

第11 議第21号 平成13年度安来市土地取得事業特別会計予算

第12 議第22号 平成13年度安来市農業集落排水事業特別会計予算

第13 議第23号 平成13年度安来市水道事業会計予算

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件

日程第1から日程第13まで

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

            午前10時20分 開会



○議長(広野糺君) おはようございます。

 定足数に達しましたので、これより第377回安来市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1



○議長(広野糺君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第115条の規定により、12番中尾強議員、13番永田正己議員を会議録署名議員に指名いたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2



○議長(広野糺君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 このたびの定例会の会期につきましては、本日より来る3月19日までの15日間といたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(広野糺君) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日より来る3月19日までの15日間と決定されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3



○議長(広野糺君) 日程第3、市長の施政方針演説を求めます。

 島田市長。

            〔市長 島田二郎君 登壇〕



◎市長(島田二郎君) おはようございます。

 第377回安来市議会定例会の開会に当たり、市政運営の基本的な考え方と平成13年度の主要な施策について申し述べます。

 平成9年11月、市長に就任以来、早いもので任期の最終の年を迎えることになりました。私は、この間選挙公約として掲げてまいりました安来市の行財政の健全化と職員の意識改革を中心に、諸施策の実現に向けて努力してまいりました。特に、市政の着実な発展を図るためには、何よりも財政再建が最重要と考え、平成9年度から公債費負担適正化計画を柱に、新規事業や職員給与の抑制あるいは補助金の見直しなどに取り組んできました。その結果、平成11年度決算で起債制限比率が12.9%となり、当初の計画を2カ年短縮して目標達成し、国の終了承認を受けることができました。このことは、市民の皆様の理解と協力のたまものと改めてお礼申し上げます。

 また、職員の意識改革については提案制度、プロジェクトチームの調査研究や出前講座などを行ってきました。特に、ISO14001の認証取得は環境保全を目的とするものでありますが、それと同時に取得に向けての行動が職員の意識改革につながるものと思い、積極的に取り組んだものです。認証を受けたことは、意識改革の成果のあらわれと受けとめています。しかし、これで十分ということではなく、これからもさまざまな形で市民の信頼にこたえられる職員づくりを進める必要があると考えています。

 さて、国の財政状況は景気対策として公共事業などを積極的に行ってきた結果、国、地方を通じた公債費残高は650兆円に達しようとしています。これに加え、需要の低迷や法人税の伸び悩みなど、依然として厳しい様相で、今なお明るい展望が見えない状況です。

 また、地方分権が進み市町村間の競争が激化していく時代となり、行政は限られた財源の中で効率的で個性的なまちづくりを進め、市民福祉の向上を図ることが求められています。このような中で、本市は先般市民の声をベースとした「新・安来市総合計画」を策定し、新世紀に発展を目指す安来市づくりを進めることとしています。この中で、将来都市像を「みんなでつくるやすらぎのまち」と定めています。このことは、市民の皆さんと行政がパートナーシップのもとにまちづくりを進めることが諸施策の実現に不可欠という強い思いが背景にあります。

 新年度は、厳しい財政状況下にありますが、総合計画の実現化、とりわけ社会基盤整備を重点に、着実な市政推進を図っていく考えです。

 まず、主要施策の説明に入る前に、特に防災対策について申し述べます。

 昨年の鳥取県西部地震を歴史の教訓とし、総合的な防災体制を整備するとともに、速やかな災害復興関連事業を進めてまいります。新年度において、地震災害報告書を作成し、地震の経過と被災への対応状況や復興支援対策などを取りまとめるとともに、地域防災計画を新たに策定してまいります。さらに、今後の的確な地震情報収集のため、震度計を増設し、災害に強い、安全で安心なまちづくりの体制を整備してまいります。

 また、一日も早い復旧を図るため、災害復興住宅利子補給事業により被災住宅の建てかえや補修を支援してまいります。

 それでは、平成13年度の主要な施策について申し上げます。

 第1に、住みよく美しい快適なまちづくりについてであります。

 初めに、道路整備についてであります。

 来る3月24日、安来市から宍道町までの山陰道が開通することになり、本格的な高速交通時代の到来となりました。今後一層、人や物、情報など活発な交流が進展するものと期待をしています。こうした中、本市の道路整備に当たっては、安来道路、国道9号など東西を貫く幹線と有機的に連携し、利便性の向上や産業の発展と防災、そして渋滞の緩和に役立つ道路を中心に整備してまいります。新年度は、引き続き安来港福井線、和田南線及び都市計画道路の安来港飯島線など緊急性のある基幹道路の整備を重点的に進めてまいります。

 また、安来道路の側道や安来木次線バイパス、安来インター線などについても早期着工と開通に向けて、関係機関に働きかけをしてまいります。

 次に、景観に配慮したまちづくりについては、安来市サイン整備計画に基づき整備を図っていく考えです。新年度は、市の東西及び汐彩団地入り口にモニュメントを設置いたします。

 また、施設誘導サイン、車両及び歩行者用の誘導サインについても、今後計画的に整備をしてまいります。

 新市庁舎の建設については、総合的なまちづくりの拠点施設として整備をしなければならないと考えています。新年度においては、改めて建設計画の方向づけを行うため、調査検討を進めていく考えです。

 また、これらの都市基盤整備に合わせ、公共事業の円滑な推進と市民の利益保護を図るため、地籍調査の実施に向け調査検討を進めてまいります。

 第2に、魅力ある文化に根差した生涯学習のまちづくりについてであります。

 教育環境整備についてであります。

 南小学校校舎の改築は、新年度に竣工を目指し工事を進めてまいります。

 また、第二中学校体育館については築後45年が経過し、老朽化と震災により傷みが激しく、改築に向け実施設計を行います。

 また、第三中学校校舎の耐震診断を実施いたします。

 情報化の進展の中で、国の「次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業」を導入し、すべての小・中学校に情報機器などの設置を行い、ネットワーク化やインターネットの活用など教育環境の充実を図ってまいります。

 また、小・中学校における不登校、問題行動などに対応した適応指導教室、中学校における心の教育相談員及びスクールアドバイザーの設置を引き続き実施いたします。

 なお、本市においては少子化による児童・生徒の減少により、幼稚園、小学校の施設の統廃合等について検討する時期に入っております。特に、十神幼稚園については、施設の老朽化とともに地域の対象児童の減少などが見受けられますので、安来幼稚園との統合を検討してまいります。

 生涯学習については、地域コミュニティーの拠点である公民館を中心に、主体的な活動を尊重しながら、幅広い学習、交流の機会を提供してまいります。特に、すべての公民館でIT講座と名づけてコンピューター教室を開催し、情報化時代に対応してまいります。

 次に、スポーツの推進についてでありますが、整備を進めてまいりました運動公園野球場、スタンド等の改修工事が完了いたします。また、総合型地域スポーツクラブの育成を図るなど、各種スポーツ団体等の育成と連携を促進してまいります。

 芸術、文化の振興については、市民の自主的で創造性豊かな芸術文化活動を支援してまいります。和鋼博物館事業については、「第6回やすぎ刃物まつり」を開催するとともに、年間を通じて各種の企画展や講座を開催し、身近で魅力ある施設として活用を図ります。また、仲仙寺古墳群法面整備事業を行うなど、文化財の保護と活用を推進いたします。

 人権が尊重される社会の実現を目指し、さまざまな差別の解消に向け、関係諸団体との連携を密にし、同和教育の充実や啓発活動の推進を図ります。

 第3に、ぬくもりとやさしさが感じられる安心のまちづくりについてであります。

 保健衛生の向上については、生活習慣病対策事業、伝染病対策事業及び母子保健事業などを実施するとともに、健康教育や相談、検診の充実を図り、家庭や地域における健康づくり活動を推進いたします。

 核家族化、少子化の進行に伴い、乳幼児の発達環境が変化する中、母親の子育てに対する不安の解消など、健診の充実と子育て支援を図っていきます。また、乳幼児、小学生に対し予防接種を実施し、感染症の罹患と蔓延の防止を図ります。

 次に、高齢社会の対応についてであります。高齢社会に対応した諸施策の充実は、市政の重要な課題です。このため、高齢者の自立的支援の理念に基づいて、地域介護体制の確立と各種の生きがい対策事業、生活支援事業及び介護予防事業などに取り組んでまいります。

 介護保険事業については、昨年4月からの事業開始以来、おおむね順調に推移してまいりました。サービス体制については、量的なものは当分の間は対応できる体制が整っています。今後は、広域行政組合を中心に利用者の立場に立ったケアプランやサービスの質的向上を図ります。

 少子社会への対応として、安心して出産や育児ができる環境の整備に努めるとともに、保育事業の充実や児童の健全育成体制の強化を図り、保健・教育・福祉分野との連携のもとで、総合的な子育て支援への取り組みを展開します。

 第4に、活発な交流と創造性豊かな産業によるにぎわいのまちづくりについてであります。

 観光振興については、島根県が実施する大型観光キャンペーン「しまね神話から新話へ」に参画し、各種イベントや観光宣伝を行い、観光客の誘致拡大と情報の発信を図ります。また、観光パンフレットを作成、配布するとともに、どじょうの振興事業とあわせ、広瀬町、伯太町との広域事業で特産品の開発発掘や物産展出店などにより、観光産業の振興に努めます。

 また、創立90周年を迎える安来節保存会を中心に、安来節の普及、宣伝に努めます。なお、本年は安来市で「全国民謡サミット及び民謡の祭典」を開催し、全国へ情報を発信してまいります。

 次に、安来能義広域生活バスの運行については、利用者の声を聞きながら、広域行政組合との連携を密にし、きめ細かなサービスを図っていく考えです。

 次に、農林業の活性化対策については、島根県のがんばる島根農林総合事業を導入し、総合的な支援を進めます。また、担い手の育成については、効果的な営農基盤の整備と生産力の拡大を図るため、集落営農組織づくりを推進し、引き続き認定農業者の育成や新規就農者の受け入れ支援に努めます。環境に優しい農業の推進については、有機農産物の生産を支援するとともに、堆肥供給施設の整備を検討いたします。また、農業用廃プラスチックの適正処理のため、JA等関係機関と一体となった組織的回収システムの確立を進めます。

 畜産業の振興については、肥育センターの平成14年度建設に向け、1市2町の広域的な事業として取り組んでまいります。

 林業の振興については、森林整備計画に基づき、積極的に造林事業に取り組むとともに、間伐、保育の計画的実施を推進し、森林資源の確保に努めます。また、森林組合の組織強化を目指し、平成14年4月の広域合併に向け、支援に努めます。

 続いて、農業基盤整備についてであります。

 能義第1地区担い手育成基盤整備事業については、最終事業年度として換地処分や幹線排水路用地の買収を行います。宇賀荘地区担い手育成基盤整備事業は、第1地区の平成17年度の完了に向け推進します。また、第2地区については引き続き新規採択に向け作業を進めます。

 次に、県営ふるさと農道については島田地区と能義中央地区の事業を進めてまいります。また、安能地区広域営農団地農道整備事業は広域の農畜産物の流通改善と生活の利便性の向上及び地域の活性化のための重要な路線であり、関係機関とともに整備を促進します。なかうみ農村公園については、4月から憩いと学習の場として活用に努めてまいります。

 続いて、商工業の振興についてであります。

 中小企業の金融対策については、引き続き国、県の各種融資制度を活用するとともに、本市独自で金融機関と協調し、盆、年末の運転整備貸付金の資金需要に対応してまいります。企業の人材育成支援については、多様なニーズに対応すべく職業能力開発のため、島根東部地域職業訓練センターの運営支援を引き続き行います。商業振興対策については、関係団体と連携を取りながら商店街の活性化を図ります。特に、中心市街地の活性化対策として、空き店舗の活用や新たなにぎわいづくりに向け、検討協議してまいります。

 次に、勤労者福祉対策についてであります。

 勤労者が仕事を継続していく上で、仕事と育児の両立は大きな課題となっています。これを支援するため、新年度から育児サービスの仲介を行うファミリーサポートセンターを設置いたします。また、勤労者の持ち家を支援するため、引き続き貸付預託金を確保し、資金需要に対応してまいります。

 第5に、人と自然が結ばれた心やすらぐまちづくりについてであります。

 21世紀は、環境の世紀と言われています。市では、ISO14001に準拠した環境管理システムの維持、改善に努めるとともに、今後とも継続的な環境行政の推進に努めます。廃棄物処理については、引き続き廃棄物集積所設置整備補助や電気式生ごみ堆肥化装置の購入補助を実施いたします。

 次に、家電リサイクル法の対応についてであります。

 本年4月からエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の4品目の家電製品を対象として、廃棄物の減量化や資源の有効利用が図られることになりました。この実施に当たり市民に対しPRを行い、不法投棄の防止など適切な運用に努めてまいります。

 次に、潤いのある生活空間の整備については、安来市緑地の保全及び緑化の推進に関する基本計画を策定し、今後緑と潤いのある空間整備を推進いたします。公営住宅の建設については、公共賃貸住宅総合再生計画に基づき整備を進めてまいりました。内代住宅建てかえ事業は、県営内代住宅建てかえ計画と協調しながら進めてまいりましたが、新年度は第2期工事として18戸の建てかえを行い、事業を完了いたします。また、ハーモニータウン汐彩の一角に公営住宅用地を確保し、今後の居住の場づくりに対応する計画です。なお、汐彩団地の分譲については、県土地開発公社と共同で引き続き分譲を促進してまいります。

 公共下水道事業については、第8次7カ年計画に基づき、安来処理分区、荒島東処理分区及び神塚処理分区の面整備を実施します。また、雨水については引き続き浦ケ部雨水幹線の整備を進めます。

 次に、農業集落排水事業については、現在宇賀荘、大塚、能義、吉田の4地区において事業を進めており、引き続き整備を推進いたします。なお、新年度から宇賀荘、大塚両地区において一部供用を開始します。また、合併処理浄化槽設置についても推進してまいります。

 続いて、安全、安心な市民生活の確保についてであります。

 災害に強い安全で安心なまちづくりを推進するため、冒頭で説明いたしました防災体制の整備のほか、消防施設整備計画に基づき消防救急体制の充実を図ってまいります。また、消防団地域交流事業を実施し、消防団の活性化を促進いたします。

 第6に、多彩な市民が活躍する市民参加のまちづくりについてであります。

 各種施策の実現のためには、多彩な市民のまちづくりへの積極的な参加が不可欠となっています。このような視点に立って、新年度から(仮称)まちづくり協議会を設置し、市民の声を行政に反映させていく考えであります。また、地域住民の主体的な活動を促し、個性豊かな地域社会を創造していくためには、活動の場づくりが重要であります。新年度からコミュニティー施設支援事業を創設し、集会所整備の支援に努めます。

 次に、広報・公聴事業については、「広報やすぎ」の充実を図るとともに、新聞、テレビ等を活用した情報の発信事業を積極的に行います。また、引き続き市政見学会やこんにちは市長室などを実施してまいります。

 国際交流の推進については、国際化時代にふさわしい人材育成を主眼とし、市民が主体となった幅広い国際交流の支援に努めます。また、韓国密陽市との姉妹都市交流を円滑に推進するため、国際交流推進アドバイザー制度を新設し、交流の促進を図ってまいります。

 次に、効率的な行財政運営の推進についてであります。

 地方分権の進展のもとで、これまで以上に自治体経営の力量が問われています。限られた財源の中で、多様化する行政需要に対応するため、行政改革の推進と職員の意識改革、政策形成能力の向上を図っていくことが必要であります。その一環として、浜田市とともに若手職員の共同研修会を設け、行政評価システムや企業会計システム、PFI手法など新しい行政スタイルの調査研究を行っていくこととしています。また、平成14年8月から全国一斉に運用が開始される住民基本台帳ネットワークシステムの整備を進めます。これは、市町村や都道府県を超えて、住民票の写しの広域交付や転入・転出手続の簡素化ができ、住民サービスにつながるものであります。

 次に、広域行政の推進についてであります。

 安来市能義消防組合及び安来能義広域行政組合の効率的な事業運営を1市2町の連携により進めてまいります。広域連携を推進する安来能義地域振興協議会の活動についても、相互の理解と協力により充実に努めてまいります。なお、1市2町の一体感と住民サービスの向上を図るため、本年4月から体育館、野球場などのスポーツ施設を中心に、公共施設の使用料の均一化を進めていくこととしております。

 次に、市町村合併についてであります。

 地方分権の進展と逼迫する国、地方財政の中で、市町村合併は地域発展に向けての重要な選択肢の一つであると考えています。時限立法である合併特例法を見据え、新年度から庁内において合併検討プロジェクトを設置し、調査検討作業を進めてまいります。合併は、関係住民の総意により判断されるものであります。そのため、積極的な情報の収集と公開に努め、市民の皆さんの判断材料となるよう努めてまいります。

 次に、平成13年度一般会計予算案について説明いたします。

 本市は、冒頭申し上げましたように、公債費負担適正化計画を予定より2年早めて終了することができました。しかし、経常収支比率の改善など、引き続き効率的な財政運営に努めていかなければならないと考えています。

 一方、国においては厳しい財政事情により、公共事業の抑制を初め交付税等の財源配分の見直しなどが進められ、地方には一層の厳しい財政運営が要求されています。このような状況の中ではありますが、新年度予算の編成に当たっては「変革、総意、責任」を掲げ、21世紀を展望した新・安来市総合計画の実現を目指し、都市基盤整備に重点を置いた積極型予算として取りまとめてきたところです。その結果、平成13年度の予算総額は133億円となり、対前年度比5.1%の増となりました。

 次に、特別会計の主なものにつきまして御説明いたします。

 まず、安来市国民健康保険事業特別会計予算でありますが、被保険者の高齢化に伴い医療費が増加し、厳しい事業運営を余儀なくされています。予算編成に当たっては、国保3%運動を実施し、歳入の確保のため、収納率の一層の向上、医療費の適正化に努め、国保事業の健全運営を図っていくこととしています。その結果、予算額は21億7,052万7,000円となり、対前年度比6.0%の伸びとなっております。

 次に、安来市老人保健特別会計予算でありますが、高齢化による受給対象者の増加と医療費の伸びなどの要因があるものの、措置費等の一部が介護保険に回るため、予算額は前年度と比較し0.5%増の33億2,592万8,000円となりました。

 次に、安来市下水道事業特別会計予算につきましては、周辺水域の水質保全と生活環境整備に引き続き取り組んでまいります。予算額は16億8,631万9,000円と、対前年度比25.4%の減となりました。

 次に、安来市農業集落排水事業特別会計予算につきましては、現在宇賀荘、大塚、能義、吉田の4地区において事業を進めています。予算額は11億3,128万2,000円で、対前年度比16.5%の減となっております。

 安来水道事業会計予算につきましては、収益的収入7億4,150万円、支出7億2,226万9,000円となりました。資本的収支については、収入4億6,665万円、支出は6億217万3,000円となり、今津水源地施設改良工事、老朽管更新工事及び受託事業などを進め、水の安定供給に取り組んでまいります。

 以上、平成13年度の施政方針並びに予算案の概要について申し上げました。

 終わりになりましたが、地方分権の推進は地域に新たな自立と変革、そして責任が求められています。2001年は新・安来市総合計画のもと、新生安来が始動するまちづくり元年であります。市民の皆さんとのパートナーシップのもとに、夢と希望に満ちあふれるまちづくりを推進していきたいと考えております。21世紀の安来の未来創出に向け、御理解、御協力をお願いする考えであります。

 なお、今議会には議決案件30件、同意案件1件、諮問案件1件を提出いたします。この諸議案につきましては助役以下関係部課長に説明させることにしておりますので、審議の上、御議決いただきますようお願いいたします。

 以上であります。



○議長(広野糺君) 以上で施政方針演説を終わります。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4



○議長(広野糺君) 日程第4、議第14号平成13年度安来市一般会計予算を議題として、執行部より説明を求めます。

 石川総務部長。

            〔総務部長 石川隆夫君 登壇〕



◎総務部長(石川隆夫君) おはようございます。

 議第14号平成13年度安来市一般会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 平成13年度一般会計予算につきましては、これまでお渡ししております予算の概要で編成方針、歳入歳出の特徴、また主要事業等を掲げております。21世紀に入り、新たに始まります安来市の総合計画をより確かなものにするため、変革、総意、そして責任をキーワードに編成を行ってまいりました。その結果、予算規模は対前年度比5.1%増の133億円となっております。全体的な特徴でございますが、投資的経費が対前年度16.6%の増、予算に占めます構成比は対前年度比2.3ポイントアップし、23.9%までになっております。そして、人件費、扶助費、公債費など義務的経費は1.3ポイントの減となり、42.3%となっております。しかしながら、依然として厳しい財政状況には変わりはなく、引き続き健全財政に努める中で、明るい未来を切り開く諸課題の推進を行っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。

 それでは、予算の説明に入らせていただきますが、ことしも予算書と予算に関する説明書を別冊にしております。また、説明書の様式等を変更しておりますので、御了解いただきますようよろしくお願いをいたします。

 予算書の1ページをお願いをいたします。

 議第14号平成13年度安来市一般会計予算について御説明を申し上げます。

 平成13年度安来市の一般会計予算は、次に定めるところによるものでございます。歳入歳出予算、第1条歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ133億円と定めるものでございます。

 2項でございます。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表歳入歳出予算によるものでございます。債務負担行為、第2条地方自治法第214条の規定により、債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は第2表債務負担行為によるものでございます。地方債第3条地方自治法第230条第1項の規定により、起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は第3表地方債によるものでございます。一時借入金、第4条地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は20億円と定めるものでございます。歳出予算の流用、第5条地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものでございます。各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用でございます。

 2ページから6ページにかけましては、説明を省略させていただきます。

 7ページをお願いをいたします。

 第2表の債務負担行為でございます。平成13年度は、非常に債務負担行為の項目が少なくなっております。今年度の債務負担行為につきましては、損失補償が3件、それから災害復興に係る利子補給につきまして1件でございます。説明は、省略させていただきます。

 8ページをお願いいたします。

 第3表の地方債でございます。起債の目的、限度額、起債の方法、利率、償還の方法についてそれぞれ述べさしていただいております。

 まず、防災まちづくり事業でございますが、これは島田町内に設置する地震計の設置事業に対するものでございます。1,500万円の事業に対します90%の充当率でございます。

 県営農業農村整備事業負担金費5,090万円でございますが、これは能義地区の圃場整備、宇賀荘地区の圃場整備あるいは穂日島地区の県営畑地帯の総合整備事業、安能地区の広域営農団地農道、これらに対する県事業の負担金に対する地方債でございます。充当率が95%となっております。

 ふるさと農道整備事業費でございますが、これは島田と能義のふるさと農道の整備事業費の負担金に係るものでございます。これの充当率は90%でございます。

 次に、道路整備事業費でございますが、5億6,900万円を計上いたしております。安来港福井線、和田南線、安来荒島線、長谷津利弘線、一般の起債分、それから布部安来線等の県道事業の負担金等でございます。充当率でございますが、補助事業の補助裏につきましては40%、そのほかはそれぞれ事業によりまして90%から95%の充当率となっております。

 下水路整備事業費は、市内14カ所の下水路の改良でございます。95%の充当でございます。

 街路整備事業費でございますが、これは安来港飯島線に関するものでございます。事業の内容で、交付金事業と地方特定事業というふうに分かれておるものでございますが、75%から90%の充当率で4,420万円でございます。

 地域総合整備事業費2億820万円でございますが、これは野球場の改築事業、それとサイン計画に対するものでございまして、90%の充当でございます。

 公営住宅の建設事業は、内代の公営住宅の建てかえ事業に係るものでございます。1億6,890万円、充当率100%でございます。

 消防施設整備事業につきましては、消火栓の新設とか、ポンプ車庫あるいは防火水槽、小型動力ポンプの購入、こういった消防施設の整備に関するものでございます。充当率は90から95%、1,530万円でございます。

 小学校の整備事業費でございますが、これは南小学校の改築に係るものでございます。充当率は、事業の内容によって75から90ということでございます。1億7,700万円でございます。

 災害復旧事業費280万円でございますが、これは平成12年の地震災害による道路の災害復旧いわゆる過年度事業の災害復旧費でございます。木戸川東線の災害復旧工事を行うというものでございます。充当率は100%でございます。

 次に、減税補てん債でございますが、3,750万円、これは景気対策に関しまして恒久減税というものが行われたわけでございますが、この恒久減税分の補てん措置に係る地方債というものでございます。3,750万円でございます。

 最後に、地方財政対策債1億2,000万円でございますが、これにつきまして説明を申し上げます。

 この地方債でございますが、これは平成13年度新たに設けられました地方債でございまして、平成13年度から平成15年度までの間に限り地方財政における財源不足に対処するため、地方財政法第5条の特例として発行されるものであり、一般財源として起債をするものでございます。言葉をかえて申し上げますと、本来は地方交付税で措置されるべきであるものが、交付税会計におきまして財源不足が生じたため、これを地方債いわゆる赤字地方債によって補うこととしたものでございまして、この元利償還分については100%後年度普通交付税で措置されるということになっておるものでございます。

 以上で第3表の地方債の説明を終わらせていただきます。

 次に、別冊の一般会計、特別会計予算に関する説明書の説明に入らせていただきます。

 事項別明細書でございますが、1ページから3ページまでは説明を省略させていただきます。

 また、説明は歳出の方からさせていただきたいと思います。

 恐れ入りますが56ページをお願いをいたします。

 56ページからは歳出でございます。

 1款の議会費でございますが、これにつきましては説明を省略させていただきます。

 58ページ、59ページをお願いをいたします。

 2款の総務費でございます。1項の総務管理費、1目一般管理費でございますが、これは今まで細目で秘書課一般管理費あるいは総務課一般管理費、人事課一般管理費、財政課一般管理費と、こういったような格好で細目に分けて予算を組んでいたものを全部一般管理費ということで、すべてを統合したものでございます。

 なお、これは経常経費についての計上でございます。説明を省略させていただきます。

 人事管理費でございますが、3,632万1,000円を計上いたしております。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、嘱託職員の報酬でございますが、これは当直員報酬等に4名分に係るものでございます。それから、臨時職員の賃金を1,028万1,000円計上いたしております。これは、育児休業2名分とかあるいは短期雇用を含む7名程度の臨時職員を計上しております。職員研修費でございますが、これは職員の研修旅費あるいは研修会の負担金、自治研修所の委託金等でございます。それから、職員の福利厚生費でございますが、これは職員の健康診断、互助会の負担金、こういったものでございます。

 60ページ、61ページをお願いをいたしたいと思います。

 文書広報費でございます。5,727万7,000円を計上いたしております。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、広報事業費で1,800万6,000円でございます。これは、市報の印刷とかあるいは町内会長への文書配布の委託料等でございます。次に、例規集の改版事業費850万円を計上いたしております。これは、現在の例規集の縦書きを横書きにいたしたいと、あわせてCD化をも可能にしていきたいと思っております。そして、大きさもA5判にして読みやすい例規集に改定をしていくという考えでございます。他市もそういったところが非常に多くなっているようでございまして、この例規集を改版をしていくというものでございます。それから、ルネッサンスやすぎ事業費615万円でございますが、これは前年に引き続いて行うものでございまして、安来市のPRビデオの作成とか放送あるいは新聞広告、こういったものを行っていきたいというふうに考えております。それから、地域情報化推進事業費でございます。これにつきましては、平成12年から14年の3カ年事業で行っておるというものでございまして、12年に始めた事業でございまして、BSとかCS等衛星放送のチューナー、アンテナ等の購入者への補助でございます。補助率は2分の1で、上限は1軒当たり2万5,000円ということで、平均2万円の1,000世帯を見込んで2,000万円を計上させていただいているところでございます。

 財政管理費でございますが、365万4,000円となっております。前年と比較いたしまして1,631万円ほど減となっておるわけでございますが、これは平成12年度におきましては当初予算で減債基金の積み立てを新規に1,500万円積み立てたためでございます。

 6目の財産管理費でございますが、3,300万4,000円と、これも2,294万円ほど減額となっております。この原因は、庁舎の工事費が減額したためでございます。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、嘱託員報酬は駐車場の管守人の報酬等でございます。財産管理費が2,850万2,000円ほど組んでおりますが、これはボイラーや電気機器の管理委託あるいは元家畜市場や職員駐車場の借り上げ、庁舎等の火災保険料、それから庁舎の清掃委託など、もろもろの経費でございます。

 62ページ、63ページをお願いをいたしたいと思いますが、公平委員会とか交通安全対策費につきましては前年並みでございます。

 諸費でございますが、5,016万5,000円でございます。これは、今までの細目でいきますと、総務課諸費と税務課諸費を合わせたもんでございます。説明の欄をごらんをいただきたいと思いますが、地域人権啓発活動活性化事業費120万円を計上をいたしております。男女共同参画社会に関する講演会でございまして、県からの事業委託を受けて講演会を行うものでございます。コミュニティ施設整備支援事業費3,000万円でございますが、これは町内の公会堂あるいは集会所の改築、改修に係る助成金でございまして、補助率は3分の1でございまして、上限を新築の場合は300万円、改修の場合は100万円としているものでございます。その下の町内会とか防犯灯、市税過誤納還付金につきましては前年並みでございます。

 10目の企画費で1,102万円でございまして、前年と比較いたしまして7,511万1,000円ほど大幅な減額となっております。これにつきましては、バス事業に係る分担金を平成12年度はここで組んでおりましたけれども、今年度から商工費の方で組ましていただくということになりました。それと13年度は総合計画の策定委託料がなくなったということで、減額となっているものでございます。

 それから、64ページをお願いをいたしたいと思いますが、12目の庁舎等の建設費でございますが、1億7,784万8,000円でございます。前年と比較いたしまして1億7,500万円余りふえております。これにつきましては、庁舎等の建設基金積立金新規積み立てを1億7,000万円ここで計上させていただいておるところでございます。

 66ページ、67ページは、前年度並みを計上をいたしておりますので、説明を省略させていただきます。

 68ページ、69ページをお願いをしたいと思います。

 1目の戸籍住民基本台帳費でございますが、これは3,000万円余りふえております。これは、ふえた要因でございますが、先ほど説明は市長の方からありましたが、これも新規事業でございまして、新たに全国の地方自治体が取り組んでいくものでございまして、住民基本台帳ネットワークシステムの導入事業2,559万9,000円を計上いたしたためでございます。説明資料の6ページに、このネットワークシステムの概要を載せておりますので、ごらんをいただきたいと思います。

 次に、選挙費の選挙管理委員会費でございますが、これは1,000万円余り減額となっておりますが、これは主な原因は職員1名分の人件費が減となったものが主な要因でございます。

 衆議院議員の選挙執行費は、平成13年度は0ということでございます。

 70ページをお願いをしたいと思いますが、70ページ今年度行われる新たな選挙執行費でございます。参議院議員の通常選挙執行費、それから市長・市議会議員の一般選挙執行費、農業委員会委員選挙執行費でございます。

 72ページをお願いをしたいと思います。

 72ページの2目の指定統計調査費でございますが、219万4,000円でございます。943万円ほど減となっておりますが、平成12年度におきましては国勢調査費がありまして、今年度は減額となっておるものでございます。

 74ページ、75ページにつきましては、説明を省略させていただきます。

 76ページ、77ページをお願いをいたします。

 76ページからは民生費でございます。1項の社会福祉費、1目の社会福祉総務費でございますが、15億7,512万2,000円非常に金額的にも大きいものがここに入っております。比較いたしますと2億888万3,000円ほどの今年度増額ということになっております。説明の欄の項目につきまして御説明を申し上げます。

 国民健康保険税の特別会計への繰出金、それと社会福祉協議会の補助金でございますが、国保税の関係と社会福祉協議会、これ補助金ですが、ほとんど前年度並みということでございます。それから、安来能義広域行政組合分担金、これ夢ランドの建設償還金でございます。平成12年度が8,804万8,000円でございまして、今年度は1億7,712万5,000円と、これは大幅に上がっております。これは、平成7年から平成8年度の建設に伴う、これの償還金でございますが、平成11年度までは県からの補助金がございまして、これを繰り越して財源補てんをしてまいってきたわけでございますが、平成12年度からは金額が増大してきております。それで、平成13年度以降でございますが、県からの補助金の財源補てんが全くなくなりまして、1億7,712万5,000円と大幅な増となったものでございます。1億円台の償還でございますが、これが平成18年度ぐらいまで、この夢ランドの関係は続くものと考えているところでございます。

 次に、社会福祉施設の建設費の元利補給金でございますが、これはせんだん会の福祉工場に対する元利償還金、債務負担でお願いをしたものでございます。

 次に、身体障害者福祉費でございますが、これにつきましては6施設で13人分の措置ということでございます。身体障害者の福祉施設等の措置費あるいは生活用具の支給補助、こういった事業内容でございます。知的障害者福祉費でございますが、これはほぼ前年並みを計上いたしております。知的障害者のグループホームの関係が2名、それから知的障害者の福祉施設の措置費でございますが、入所が47名、通所が36人を措置しているものでございます。福祉医療費につきましては、前年度並みでございます。特別障害者手当等の給付費につきましても、前年度並みでございます。

 次に、老人福祉施設の建設費の元利補給金でございます。これは、すべてが債務負担行為に基づくものを計上させていただいております。せんだん会の特別養護老人ホームの建設用地取得費1,139万2,000円、特別養護老人ホーム建設事業長期借入元利補給金、これは広域でやっておるものでございますが、2,056万7,000円、やすぎ福祉会の老人デイサービスB型131万2,000円、せんだん会の老人デイサービスB型の元利補給金が972万2,000円、せんだん会の軽費老人ホームケアハウスやすぎの元利補給金1,037万円、合わせて5,336万3,000円でございます。これにつきましては、今後も負担が続くものであります。

 続きまして、老人福祉総務費でございます。これにつきましては、前年度並みでございます。6,872万3,000円計上いたしておりますが、主な事業を簡単に申し上げますと、敬老会の委託が900万円、在宅介護支援センターの委託が899万2,000円、生きがい活動の通所事業委託が666万円、老人クラブの補助金が503万9,000円、ホームヘルプサービスが700万円、やすぎ福祉会の第2デイサービスの建設補助金が2,279万4,000円、こういったことになっております。

 続きまして、2つほど飛ばしていただきまして、安来能義広域行政組合の分担金、これ介護保険の関係でございますが、前年度は暫定予算を2億1,000万円ほど組んでおりまして、今年度5,500万円ほどアップの2億6,587万8,000円を計上いたしたところであります。内訳でございますが、保険の給付費、これが一番大きいものでございまして、給付費が2億2,261万5,000円ほどでございます。あと事務費が4,326万円ほどでございます。

 老人医療費、それから老人保健特別会計繰出金でございますが、これにつきましてはほぼ前年度並みを計上させていただいております。

 2目の国民年金費につきましては、説明を省略させていただきます。

 78ページをお願いをいたします。

 3目の老人福祉施設運営費でございますが、これは老人ホームの運営事業に係るものでございます。対前年度325万3,000円ほど減額をさせていただいております。

 隣保館費については、説明を省略させていただきます。

 80ページをお願いをいたします。

 老人福祉センター運営費については、前年と同額でございます。

 2項の児童福祉費総務費でございますが、2億173万4,000円でございます。これも対前年度と比較いたしまして、6,220万4,000円ほど大幅な増となっております。これは、平成12年度補正で追加等をお願いをしたものでございますが、3歳以上6歳未満までの児童手当が今回ふえた要因でございます。

 説明のところを見ていただきたいと思いますが、児童館の委託事業費、これは2,895万3,000円でございますが、500万円ほど減額をさせていただいております。放課後児童対策事業費でございますが、これは今まで赤江、社日、荒島地区にあったものが平成13年当初予算では十神地区が加わったということでございます。90人余りの放課後児童対策を行っているというものでございます。なお、5名ほどの障害児もここで措置をしておるということでございます。乳幼児医療費につきましては、前年度並みでございます。児童手当給付費は、先ほど申し上げましたように1億283万7,000円で、対前年度5,300万円余りの増額となっております。子育て支援事業費でございますが、1,397万3,000円、事業内容でございますけれども、これは地域活動事業費とか、地域子育て支援センター事業とか、一時保育事業、こういったものでございます。詳しくは説明資料で8ページに載せておりますので、ごらんをいただきたいと思います。

 82ページ、83ページでございますが、児童福祉費の中の2目の保育所運営費でございます。これにつきましては、半分以上が人件費でございまして、職員の人件費59名分4億7,263万4,000円を計上させていただいております。全体的にはほぼ前年度並みの予算額でございますが、1,600万円ほど減額となりましたのは平成12年度において地震災害復旧費にあわせて行ったものでございますが、公立保育所の施設の改修工事を13年度は減額したためでございます。参考までに説明資料の9ページに、私立の保育園への委託費の内訳を載せておりますので、ごらんをいただきたいというふうに考えております。よろしくお願いをいたします。

 84ページをお願いをいたします。

 生活保護総務費でございます。生活保護の対象者でございますが、65世帯90名でございます。2,800万円ほどの増額でございますが、これは扶助費の増によるものでございます。

 次に、4款に入らせていただきます。1項の保健衛生費でございますが、保健衛生総務費2億47万4,000円を計上させていただいております。主な項目について説明を申し上げます。

 説明の欄の上から4番目の精神障害者共同作業所運営事業費でございます。330万円、これはワークルームあさひの運営費に対するものでございます。それから、保健医療施設建設元利補給金1,218万5,000円、これは医療法人昌林会保健医療センターの増築に係るものでございます。平成12年から平成22年までの債務負担行為に基づくものでございます。老人保健事業と母子保健事業につきましては、ほぼ前年度並みでございます。

 87ページにつきましては、説明を省略させていただきます。

 88ページをお願いをいたします。

 清掃費の中の清掃総務費でございます。主なものでございますが、安来能義広域行政組合の分担金、これ保健衛生事業でございますが、4億6,100万円を計上させていただいております。これは、対前年度5,600万円余りの減額ということになっております。

 続きまして、塵芥処理費でございますが、主な項目の説明でございますが、まず説明の欄で塵芥処理費8,022万1,000円を計上させていただいております。この主なものでは、定期ごみ収集の委託料が6,500万円余り、それから粗大ごみの収集委託が500万円、こういったものでございます。ごみ減量化・資源化推進費が2,050万4,000円でございますが、これは資源ごみの再生処理の委託料が1,200万円余り、それから分別用のポリ袋代が460万円とか、あるいは生ごみの堆肥化装置の購入費補助、こういったものでございます。粗大ごみの処理施設の運営費2,870万5,000円は、高尾クリーンセンターの運営費でございまして、前処理業務の委託料が1,260万円、それから施設の整備工事が700万円、こういったものでございます。

 なお、この清掃費に関しましては、今後分別収集のあり方の検討とか、リサイクルの方法等検討を要する事項も多く、今後予算的にも膨らんでくるというふうに考えているところでございます。

 90ページ、91ページをお願いをいたしたいと思います。

 労働者福祉費でございますが、この中で新しいものが1つございます。説明の欄でファミリーサポートセンターの事業運営費787万円を計上させていただいております。これは、新規事業でございます。説明資料の10ページをごらんをいただきたいと考えておりますが、社会福祉協議会にこれは事業を委託するものでございまして、吉田児童館にこのサポートセンターの事務所を置くというものでございます。そして、児童館の職員をアドバイザーとして雇用し、この事業運営を行っていくということにしております。事業の内容等につきましては、申しわけございませんがごらんをいただきたいと、よろしくお願いをいたします。

 その下の島根東部職業訓練センター用地取得事業、これも債務負担行為に基づくものでございまして、平成14年度まででございます。1,925平米ほど購入したものでございます。

 92ページ、93ページをお願いをいたしたいと思います。

 農業委員会費と農業総務費は、説明を省略いたします。

 農業振興費でございますが、1億5,362万4,000円でございまして、1,800万円余りの減額をお願いをしております。がんばる島根農林総合事業費が平成12年度より2億2,500万円余り減額となったものが主な原因と考えておるところでございます。説明の欄でございますが、農業振興費でございますが、これには3つの新規事業がございます。説明資料の12ページから14ページに、この新規事業の内容について説明をしておりますので、ごらんをいただきたいと思いますが、安能地区農業用の廃プラスチック適正処理推進事業で協議会への負担金82万4,000円、それから重点消費地販売展開支援事業補助金60万円、それから地域内農産物の流通支援事業補助金50万円でございます。

 水田農業経営確立対策事業費でございますが、減反対策でとも補償1,000万円、こういったものを含んだものでございます。農業経営基盤強化促進対策事業費でございますが、これは認定農家の経営基盤強化のための経費でございます。新規就農円滑化対策事業でございますが、これは農業研修生5名分の受け入れの経費でございます。がんばる島根農林総合事業費につきましては、説明資料が15ページでございます。

 それから、一番下の中山間地域等直接支払事業費120万円でございますが、これは新規の事業でございます。今年度は、対象地域を調査特定をいたしまして、該当する集落の農家に交付金を交付していくということにしているものでございます。説明資料は、16ページでございますので、申しわけございませんが、ごらんをいただきますようによろしくお願いをいたします。

 94ページをお願いをいたします。

 農地費の関係でございます。重立ったものを説明をいたしますと、まず県事業負担金費が1億1,420万5,000円ございます。主な事業でございますが、能義第1地区の県営担い手育成基盤整備事業の負担金178万5,000円、それとか穂日島地区の県営畑地帯総合整備事業費1,050万円、それから県営ふるさと農道の整備事業の負担金、これが4,850万円、宇賀荘地区の圃場整備事業調査委託金が100万円、安能地区の広域営農団地農道整備事業負担金が1,000万円、宇賀荘の第1地区の基盤整備事業の負担金が3,150万円、それから二軒茶屋の農業用河川工作物の応急対策事業、これが1,092万円、こういったものでございます。一応、総事業費の約10%を地元の安来市が負担金として支払うというものでございます。なお、事業費が最終的に確定したものではございませんので、後でこれもまた補正をお願いをするということになろうかと思っております。

 次に、農業集落排水事業の特別会計の繰出金でございますが、9,169万8,000円で、対前年度5,000万円余りの減額としております。農林漁業資金の償還金1億6,903万8,000円でございます。対前年度と比べますと2,680万円ほど減少しております。農林漁業資金の償還金が年々減少をしておるところでございます。

 1つ飛びまして、国営造成施設の管理体制の整備促進事業費517万7,000円でございますが、これは平成12年度の補正の段階で出てきたものでございますが、中海干拓地の農業施設の維持管理費と計画策定の経費というものでございます。

 6目の土地改良事業費でございますが、これは前年度と比較いたしまして3,400万円余り減額となっておりますが、平成12年度は赤江地区の大型農道の基盤整備事業があったためでございます。今年度は、中井手水路改良事業費ほか12カ所の水路、ため池等の改良工事費でございます。

 96ページ、97ページをお願いをいたします。

 林業総務費でございますが、森林組合の出資金700万円を計上させていただいております。これは、安来、広瀬、伯太森林組合の合併に伴う出資金の調整を行うための増額分というものでございます。

 99ページまで説明を省略させていただきたいと思います。

 100ページをお願いをいたします。

 商工振興費でございますが、2目の商工振興費でございますが、企業立地促進事業費でございますが、今年度は3社でございます。前年は800万円余り計上いたしておりますが、今年度は339万6,000円でございます。それから、商工会議所の補助金は前年度と同額でございます。それから、中心市街地の調査事業費でございます。これ50万円ほど計上いたしておりますが、これは新規事業でございまして、事業の実施主体は一応商工会議所と地元商店街ということでございます。商店街の活性化に向けての調査事業を行うというものでございます。それから、金融対策の関係はほぼ前年度並みでございます。

 続きまして、3目の観光費でございます。8,948万6,000円でございます。対前年度が2,500万円余り増額となっております。バス事業をここに設けたということも原因の一つでございます。説明の欄を見ていただきたいと思いますが、バス事業の関係は5,445万9,000円、この金額につきましては平成12年度も現在の状況等をにらみながら、これは予算計上をさせていただいたというものでございます。それから、観光総務費でございますが、1,045万7,000円でございます。主に観光関係のパンフレットの印刷とか、月の輪祭りの協賛会に対するそういった事業費でございます。公園管理費264万5,000円ですが、これは鷺の湯公園と清水公園の管理費でございます。どじょうのまちの振興事業でございます。平成12年度は400万円でございましたが、今年度は300万円、これは県の3S事業として取り組むものでございます。安来節振興事業は、ほぼ前年度並みでございます。最後の全国民謡サミット・民謡の祭典開催事業1,000万円でございます。これも3S事業で行わさしていただくというものでございます。全国の民謡38団体、これが集ってどうしたら民謡が発展するかをサミットのテーマといたしまして、各民謡の優勝者の披露をして、お互いの交流を図るとともに、安来からの情報発信を行うというものでございます。2,000人以上の観客の動員を予定しておりまして、今年度安来市の一大イベントとして考えておるものでございます。

 102ページ、103ページをお願いをいたしたいと思いますが、商工費の関係でございます。

 商工費の自転車駐輪場の管理費でございます。180万円ほど増額となっておるわけでございますが、これは荒島駐輪場ができましたため予算額がふえたものでございます。

 8款の土木費に入らせていただきますが、道路橋りょう総務費につきましてはほぼ前年度並みでございます。

 104ページ、105ページをお願いをいたしたいと思います。

 道路新設改良費でございますが、9億3,237万円でございまして、対前年度4億3,794万円と大幅に増額となったものでございます。説明の欄をごらんをいただきたいと思いますが、まず一番上の道路新設改良費でございますが、これは2億9,751万円でございます。長谷津利弘線の広域分の事業、それとか道路舗装の関係が5路線、道路改良が26路線、そのほか市道の測量委託、こういったものを含めたものでございます。交通安全施設整備事業費でございますが、これはガードレール、カーブミラー等の関係の事業でございますが、これは前年度と比較いたしまして100万円ほど減額しております。3番目の安来港福井線の道路新設改良事業費でございます。3億6,030万円でございます。なお、説明資料は19ページでございますので、ごらんをいただきたいと思います。吉田川から日立の海岸工場の先まで約700メートルの間でございますが、用地買収とかあるいは用地測量、一部工事を行うというものでございます。和田南線の道路新設改良事業費でございますが、6,001万円でございます。総延長が1,800メートルでございます。説明資料がこれも20ページに掲げております。主な事業は、測量関係が主な事業でございます。

 次に、安来荒島線の道路改良事業7,500万円としております。これは飯梨川、赤江小学校の前の飯梨川の橋りょうの補修工事でございます。これだけの事業でございます。それから、県事業の負担金でございますが、1億3,255万円でございます。これは、安来布部線など道路整備事業あるいは急傾斜地の崩壊防止事業等に係るものでございまして、市内の13カ所に道路とか、そういう急傾斜地の関係でございますが、こういったものに対する県事業の負担金でございます。負担割合でございますが、事業によりまして10%から20%ということになっております。これも農業費の県事業と同じでございまして、今後事業費の進みぐあい、こういったようなことで負担金が違ってくるということでございます。橋りょう維持費でございますけれども、422万円ほど計上いたしております。これは、吉田川の加茂橋の塗装と修繕を行うというものでございます。

 106ページ、107ページをお願いをいたします。

 河川総務費でございますが、これは河川浄化対策事業費2,650万円計上さしていただいております。市内の14河川、主に飯梨川と伯太川の草刈り等を委託をするというものでございます。

 108ページ、109ページをお願いをいたします。

 住宅費の住宅管理費に入らせていただきます。住宅管理費の中で、説明の欄をお願いをしたいと思いますが、上から2番目の家賃納付の指導員報酬219万8,000円でございます。これは、新たなものを計上さしていただくものでございまして、松江市とかあるいは県の方でも実施しておりまして、これを参考にいたしまして安来もお願いをしたいというふうに考えているところでございますが、いわゆる家賃の滞納整理に、こういう人を雇って、滞納整理というか、家賃の徴収、こういったようなこともお願いをしたらというようなことで、今回新たに計上さしていただいたものでございます。

 それから、1つ飛びまして市営住宅の用地取得費1,666万4,000円でございますが、これは市営の柳団地の用地取得でございまして、平成11年から平成20年までの債務負担に基づくものでございます。

 次に、住宅建設費3億8,945万1,000円でございますが、これは内代住宅の建てかえ事業に係るものでございます。1億4,000万円余り前年度と比較いたしますと減額となっております。平成12年度は、22戸、今年度が18戸、それから平成12年度はそのほかに集会所の建築とかあるいは浄化槽の設置と、こういったようなことをやっておったためでございます。

 110ページをお願いをいたします。

 3目の建築指導費でございますが、説明の欄をごらんをいただきたいと思いますが、建築指導費、これは建築確認事務等に関する費用でございます。それから、景観形成策定事業費150万円でございますが、これはサイン計画のパンフレットをつくるというものでございます。

 今年度は、がけ地の近接危険住宅の移転費はございません。

 5目の災害復興住宅の利子補給事業費でございますが、1,400万円でございます。これにつきましては、年利2.1%を上限といたしまして、県と市が2分の1ずつ利子を補給をしていくということでございます。1,400万円ほど、ここで計上さしていただいております。

 112ページ、113ページをお願いをいたします。

 都市計画総務費でございます。説明の欄で下水道事業特別会計の繰出金5億6,358万円でございます。これにつきましては、前年度3,290万円余り減額とさしていただいております。それから、用地買収費で1,032万1,000円を計上さしていただいております。これは、東小路の駐車場の用地代でございます。これも債務負担でお願いをしたものでございます。平成15年度まで続くものでございます。

 2目の都市下水路でございますが、下水路改良5,300万円、これは市内16カ所の下水路改良でございます。

 3目の公園費でございますけれども、都市公園管理費が1,322万6,000円でございます。これは、運動公園と安来公園の維持管理費等でございます。緑の基本計画策定事業費でございますが、これは新しいものでございまして、この策定計画をつくらないと汐彩の都市公園とか、こういったものが補助採択されないとか、今後の都市公園整備に当たっての指針となるというものでございます。説明資料の22ページをごらんをいただきたいと考えておりますので、よろしくお願いをいたします。運動公園のリフレッシュ事業2億2,340万円でございます。これは、23ページ、24ページに概要を載せておりますが、野球場の改修工事でございます。平成12年度当初は、1億5,350万円余りを計上さしていただいておるところでございます。公園緑地の管理費でございますが、十神山市民広場、古川の公園、児童遊園施設等、一元化をして公園管理をするというものでございます。

 それから、都市街路費の9,001万4,000円でございます。安来港飯島線の街路事業でございまして、平成13年度は十神大橋の前後の用地取得と一中までの道路設計、こういったものを主にやっていく事業でございます。

 その下のサイン計画整備事業費でございますが、3,800万円ほど計上さしていただいております。説明資料の25ページもごらんをいただきたいと思いますが、安来市のPRモニュメント2基、拠点施設のモニュメント、これは汐彩住宅の入り口に掲げるものでございます。それと、施設誘導サイン及び案内板の設置、こういったものを予定をしておるところでございます。

 9款の消防費に入らせていただきます。常備消防費の関係でございますが、これは4億9,000万円余りでございまして、前年度並みでございます。非常備消防もほぼ前年度並みの計上をしておるところでございます。この中で、説明の欄の中で、一番下の消防団活性化事業と200万円を計上さしていただいております。これも新規事業でございます。この事業でございますが、一応3年間の期限をつけておりますが、団とか、消防団とか、組織の活性を図りまして、消防団の持つ潜在的な組織を安来市のまちづくり事業に生かしていきたいということでございます。具体的には、これから決定することになりますが、今年度は調査研究ということでございまして、消防団がまちづくり事業にどうかかわっていくかなどについて研修会とか、他市の視察等を行っていくというものでございます。

 116ページ、117ページをお願いをいたします。消防施設費でございますが、これは26ページに説明をしておりますが、防火水槽、ポンプ車庫、あるいはホースの乾燥塔などの工事費でございます。

 5目の防災費でございますが、説明の欄をごらんをいただきたいと思いますが、地震報告書の作成事業費400万円を計上いたしております。平成12年10月6日起こりました地震災害につきましての報告書、これA4判で考えておりますが、これを今年度中につくりたいと、できるだけ早い期間にこれをつくっていきたいというふうに考えております。

 それから、地域防災計画策定事業費200万円でございますが、この報告書の作成を待って、地域防災計画も策定をしていきたいと考えております。この防災計画につきましては、民間等の取り組み等いろいろと調査事業をもとに計画を考えているところでございます。平成13年度、平成14年度、2カ年をかけて、この防災計画を作成していきたいというふうに考えております。地震計の設置事業費でございますが、これは島根県東部の震源地というようなことが、よくテレビ等で報道されるわけでございますが、そういったことも考えまして、島田町内に1基地震計を設置をしたいというふうに考えているところでございます。



○議長(広野糺君) この際、しばらく休憩いたします。

            午前11時52分 休憩

            午後1時32分 再開



○議長(広野糺君) 再開いたします。

 石川総務部長。



◎総務部長(石川隆夫君) 引き続きよろしくお願いをいたします。

 昼からの教育委員会からの説明に入ります前に、午前中の説明の中でどうも間違えて説明をしたところが2点ほどございますので、申しわけございませんが、訂正方お願いをいたします。61ページの関係で、例規集の改定事業の例規集を変えると、様式を変えるというようなことを説明申し上げましたが、その中でA4判というふうに言ったようでございますが、これはA5判の間違いでございますので、えらい大変申しわけございませんが、よろしく訂正方お願いいたします。

 それと、105ページの関係でございますが、安来荒島線の道路改良事業費、これ飯梨川の橋梁の補強工事でございますが、これを75万円とどうも申し上げたようでございまして、7,500万円の間違いでございますので、ひとつ訂正方よろしくお願いをいたします。

 それでは、118ページの教育費から御説明を申し上げます。教育委員会の関係でございますけれども、118ページから121ページまでにつきましては、経常経費に係るものでございます。説明を省略さしていただきます。

 122ページをお願いをいたします。上の方の18の備品費が800万円ほど計上いたしておりますが、これは児童用のいすの更新、これ310万円ほどでございますが、これもこの備品の中に含まれておりますので御報告さしていただきます。

 2目の教育振興費でございますが、これにつきましては3,896万円ということでございまして、733万9,000円ほど減額となっております。これは本年度減額したというものではございませんで、たまたま平成12年度は教科書の改訂に伴う備品購入が1,200万円ぐらいございまして、それが含まっておりまして700万円あたりの減額となっております。実質的には増額をしておるものでございます。説明の欄の学校教育高速ネットワーク事業費500万円でございますが、これが新規事業でございまして、校内パソコンとインターネットを結ぶ接続の工事費でございます。小学校全校を対象としておるものでございます。市長の施政方針にもございましたが、次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業の指定を受けまして、情報化教育の充実を図っていくというものでございます。

 3目の学校建設費でございますが、これは南小学校2期工事でございます。鉄筋2階建て、延べ面積2,909平米でございます。

 124ページをお願いをいたします。中学校費でございますが、1目の学校管理費の説明のところで、耐震診断事業費300万円計上さしていただいております。これは校舎内に亀裂が入っているというようなことで、三中の校舎の耐震診断を行うものでございます。教育振興費の説明の欄にも下から3つ目のところで学校教育高速ネットワーク事業200万円、これも中学校全校を対象に行うものでございます。学校建設費700万円でございますが、屋内運動場の改築設計事業費でございます。これは二中の講堂の改築を平成14年度行いたいということで、設計費を上げてるものでございます。文部省補助で行いたいというものでございます。地質調査を80万円、それから実施設計が600万円でございます。

 126ページ、127ページは幼稚園費、説明を省略さしていただきます。

 128ページから社会教育費でございます。この1目の社会教育総務費の中で、説明の欄でITの講習会推進事業費1,355万6,000円計上いたしております。これも新しい事業でございまして、70講座を開催するというものでございまして、高齢者や主婦層を初め20歳以上の成人者を対象に中央公民館、各地区の公民館、あるいは小・中学校において講習会を開催するというものでございます。

 それから、ゆうゆうアカデミー事業費75万円でございます。これは平成12年度補正で取り上げたものでございまして2年間の指定事業でございます。島根県長寿社会振興財団からの助成を受けまして、高齢者向けの各種講座を開催するというものでございます。公民館費でございますが、前年度並みでございます。説明の欄の地区の公民館活性化事業2,000万円、これも前年と同額でございます。

 3目の文化財保護費でございますが、131ページをお願いをしたいと思います。説明の欄の埋蔵文化財の出土遺物保存処理事業費200万1,000円でございますが、これは現在まで発掘したものを保存処理をしていくというものでございまして、国、県合わせて4分の3の補助を受けて行うというものでございます。

 それから、その下の遺跡発掘調査費99万6,000円でございますが、県からの委託事業でございます。安来インター線の試掘調査を行うというものでございます。それから、古墳整備事業費4,533万4,000円でございますが、これは荒島古墳群の中の大成古墳の用地買収、測量委託、それと仲仙寺古墳の保存整備事業を行うというものでございます。これにつきましては、10分の9が国と県の補助金でございます。安来市の負担は1割ということになっております。

 次に、4目の図書館費でございますが、図書館情報システム事業費500万円を計上さしていただいております。これは平成11年度から平成13年度まで予定をしておったものでございまして、今年度が最終年度となるものでございますが、図書館のOA化に向けまして本のデータベースの作成、こういったものを3年間かけて行ったというものでございます。13年度で終了するものでございます。

 132ページをお願いをいたします。社会教育費の中の9目文化振興費でございますが、鋼で結ぶ地域間交流事業費、こういうものを上げております。これは平成12年度安来で第1回目の刃物サミットを行ったわけでございますが、平成13年度の第2回は三条市で行われるものでございます。今年度は、これに関連した行事といたしまして、鉄に関連した子供たちの写生大会とか、あるいは一般の写真コンテスト、こういったものを行うとともに、三条市へ市民を派遣し交流を図りたいと、こういう考えで行うものでございます。県の3S事業の指定を受けまして行いたいと考えております。

 次の文化祭の開催事業費150万円でございますが、前年度並みを計上さしていただいております。

 134ページをお願いをいたします。古代出雲王陵の丘の管理費、和鋼博物館でございますが、ほぼ前年度並みを計上さしていただいております。説明を省略さしていただきます。

 136ページ、137ページをお願いをいたします。保健体育費でございますが、この中で生涯スポーツ振興事業400万円でございます。これは平成12年度は補正で計上いたしておりましたが、今年度は当初予算から計上さしていただくというふうにしたものでございます。国の2分の1事業でございます。それから、ドイツスポーツユーゲント交流事業50万円でございますが、これは平成11年度、12年度に引き続きまして、ことしが3回目となるものでございます。その他、体育文化振興財団の委託料につきましては、ほぼ前年度並みを計上さしていただいております。それから、体育協会の補助金692万8,000円ですけども、100万円ほど、これは増額となっているものでございます。

 138ページ、139ページの方をお願いをいたします。単独災害復旧費につきましては、農林と公共土木とも応急復旧、こういったようなことを上げております。工事請負費を100万円ずつ計上さしていただいております。

 2目の公共土木施設災害復旧費868万6,000円でございますが、これは平成12年度の過年災害補助というものでございまして、地震災害によるものを今年度行うというものでございまして、木戸川東線の道路災害復旧工事、距離が42メートルほどでございます。アスファルト舗装とか、石積み工とか、ガードレールの立て込み工事、こういったものを行う予定でおるところでございます。

 140ページをお願いをしたいと思います。公債費でございますが、1項の公債費の中で、元金でございますが、11億4,130万9,000円、前年度比較いたしまして1億2,677万2,000円ほどふえております。これは借入先等が国の長期の借入先であります国の資金、大蔵とか郵政の資金、これを平成11年度におきまして繰上償還を行うために農協等から借り入れたわけでございますが、これらにつきましては、元金が入ってまいったために、元金部分につきましては増額となっておるところでございます。利息につきましては、3,800万円余り減額となっております。元利合わせまして、今年度の公債費15億7,762万9,000円でございます。

 142ページをお願いをいたします。142ページは予備費でございます。前年度は500万円の計上でございましたが、今年度予備費500万円追加をお願いをいたしまして、1,000万円とさしていただきたいと思っておりますので、よろしくお願いをいたしたいと思います。

 歳出の方は以上で終わらしていただきたいと思います。

 続きまして、4ページをお願いをいたしたいと思いますが。4ページからは歳入に関してでございます。

 まず、1款の市税でございますが、1個人は、これは個人市民税でございます。前年と比較いたしまして1,958万3,000円ほど減額したものを出しております。地震とか、あるいは現下の社会情勢等で所得が伸びないということで10億円を割った数字を計上さしていただいております。

 2の法人でございますが、4億3,537万7,000円でございます。今年度も日立金属からは法人税割を前年度と同様0円と見込んだ中での予算でございます。ただ、日立金属は分割法人でありますが、安来工場自体の業績はそれほど悪くないと聞いております。このため、安来製作所等の関連企業の業績が好調でございまして、こういったことを背景にいたしまして、4億3,500万円余り、対前年度4.4%増を計上したところでございます。ほぼ平年度並みの法人税となったというふうに考えてるところでございます。

 2項の固定資産税でございますが、23億1,905万6,000円、4.9%アップでございます。節の内訳の方をごらんをいただきたいと思いますが、土地につきましては2.9%アップを見込んでおります。それから、家屋につきましては汐手が丘などふえる要素を加味いたしまして、6%増で見込んでおります。それから、償却資産につきましては、平成12年度日立金属安来工場では70億円余りの償却資産が投資されたというようなこともございまして、5.6%増で見込んだところでございます。2の交付金納付金につきましては、前年度並みを計上さしていただいております。

 6ページをお願いをいたします。軽自動車税でございますが、これにつきましては軽四乗用車の売り上げ好調ということを背景に、9%増を見込んだところでございます。たばこ税につきましては、1億7,300万円で、この金額につきましては、過去7年間の平均値を今回計上さしていただいております。平成12年度より5.6%増と、当初予算との比較がなっておりますが、平成12年度も1億7,300万円余りのたばこ税が確定をしておるところでございます。

 8ページをお願いをいたします。8ページの特別土地保有税でございますが、これは812万5,000円と、前年度と比較いたしまして60.5%ほど減額となっておりますが、これは日立金属の飯島工区が建物が建ちまして、特別土地保有税の対象外となったことが大きいものと考えております。

 10ページをお願いをいたします。自動車重量譲与税は前年並みでございます。

 地方道路譲与税も前年度と同額でございます。

 12ページ、利子割交付金でございますが、これは前年度が2,600万円でございましたが、今年度8,000万円を計上さしていただいたところでございます。郵便貯金の10年満期によるものと考えてるところでございます。郵便貯金の10年満期のピークは、平成12年度でございまして、今のところ平成12年度は1億5,400万円を見ておるところでございます。当初予算は2,600万円でありましたけども、決算見込みは1億円を超えておるものでございます。13年度もこれに引き続いて8,000万円という金額を計上さしていただいております。

 続きまして、消費税の交付金でございます、地方消費税交付金でございますが、2億8,000万円、前年と同額を計上いたしております。これは消費税5%導入により平成9年度から交付されることとなったものでございます。

 14ページでございますが、自動車取得税は前年度並みでございます。

 続きまして、地方特例交付金でございますが、1億250万円でございます。12年度の決算見込みのもとに今回計上さしていただいたものでございます。地方特例交付金でございます、1億250万円でございます。前年度決算見込みをもとに今回計上さしていただいております。これは国の恒久減税に係る財源措置として交付されるものでございます。

 16ページをお願いをいたします。地方交付税でありますが、この当初予算につきましては、4,000万円アップ、ほぼ前年度並みを計上いたしております。決算見込みにおきましては、普通交付税を36億円としておりまして、現在34億円を計上さしていただいて、2億円余りの保留財源を考えているところでございます。ただ、普通交付税につきましては5%削減の国の方針等もございまして、大変厳しい状況が考えられるというふうに考えてるところでございます。特別交付税でございますが、前年度当初計上額が6億円でございまして、1億4,000万円余り増の7億4,000万円を計上したところであります。この特別交付税につきましては、決算見込みをそのまま計上したということでございます。交通安全対策交付金につきましては、50万円の減額でございます。

 18ページ、19ページをお願いをいたします。分担金及び負担金でございます。9款の分担金及び負担金でございます。1項の分担金で、1目の民生費分担金でございますが、これは社会福祉費分担金ということで、老人ホーム入所者50人分に対する事務費と事業費の分担金でございます。

 農林水産業費の分担金は、下の土地改良事業に対する分担金でございます。赤江農道が去年はありました関係で分担金が減っております。

 それから、その下の2項の負担金でございますが、民生費負担金としております。対前年度2,614万2,000円ほど減額となっております。これは保育所の入所に係る保護者負担と、それから社会福祉費負担金で、身体障害者等の入所者あるいは通所者の負担金でございます。減額となった理由でございますが、これは国の補助基準の見直しとか、あるいは例年年度途中での減額補正を行っておるわけでございますが、こういった減額補正がないよう当初予算から前年度より減額したものを今回計上さしていただいたということでございます。

 20ページをお願いをいたします。使用料でございますが、農林水産業費の使用料90万円は農業研修生の滞在施設の使用料でございます。

 商工使用料でございますが、この中で自転車駐輪場の使用料685万9,000円でございます。内訳でございますが、安来の駅前の駐輪場を485万9,000円、荒島の駐輪場の使用料を200万円を計上いたしておるところでございます。

 土木使用料でございますが、前年度並みを計上さしていただきます。

 それから、教育使用料でありますが、これにつきましては平成13年度は野球場の使用料がないということとか、あるいは幼稚園の入所児童が前年は240で計算しておりましたが、230人に落ち込んだこと、こういったようなことで228万円の減となっております。市民会館の使用料と和鋼博物館の使用料は、前年度並みを計上いたしております。

 22ページ、23ページでございますが、手数料につきましてはほぼ前年度並みを計上いたしておりますので、説明を省略さしていただきます。

 24ページをお願いをいたします。24ページからは国庫支出金でございまして、まず国庫負担金で、民生費の国庫負担金が5億6,971万6,000円。5,017万9,000円、このふえた主な理由でございますが、これにつきましては平成12年の途中からではございますが、児童手当が3歳以上6歳未満まで支給範囲が広がったためと考えているところでございます。節の説明に入らしていただきますが、1節の社会福祉費負担金でございますが、身体障害者保護費から知的障害者まで、この3つでございますが、これにつきましては補助率は2分の1でございまして、措置費から入所者の負担金を引きまして、その残りに対して2分の1の負担金と、国からの負担金をもらうということでございます。特別障害者手当給付費の補助率は4分の3でございます。それから、国民健康保険の基盤安定負担金、これ2分の1の補助率でございますが、これは国民健康保険のいわゆる減額分に相当するものに対する国からの負担金でございます。それから、3から5の関係は、これは児童手当の関係でございます。被用者分、非被用者分、特例給付費分、それぞれ説明をしておりますので、ごらんをいただきたいと思います。生活保護費の負担金でございますが、これは4分の3の補助率でございますが、前年度と比較いたしまして1,200万円余り増額となっておるものでございます。

 2目の衛生費国庫負担金につきましては、母子保健事業と、それから老人保健事業、3分の1の補助率でございますが、前年度と比較いたしまして194万2,000円ほど、これは減額となっております。災害復旧費の国庫負担金でありますが、579万円でございます。歳出の方で説明をいたしました木戸川東線の道路災害復旧工事に係るものでございます。事業費の3分の2の補助率でございます。

 26ページ、27ページをお願いをいたします。国庫補助金でございます。1目の民生費国庫補助金でございますが、481万8,000円ということでございまして、906万8,000円ほど減額となっております。この減額の理由でございますが、社会福祉費補助金におきまして延長保育事業の補助金とか、あるいは生きがい活動支援、通所事業費補助金、こういったものがまとめて県補助金へ組み替えられたということがございまして、減額となったものでございます。

 2目の衛生費国庫補助金でございますが、685万円でございます。500万円ほどこれも減額となっております。これは平成12年度におきましては、地域保健推進特別事業補助金と、こういったものがございまして、これが平成13年度はなくなったということでございます。

 それから、労働費の国庫補助金でございますが、393万5,000円、これは新たな事業でございますが、ファミリーサポートセンターの運営費補助金でございます。補助率は2分の1でございます。事業費が787万円でございまして、この2分の1の補助ということになっております。

 農林水産業費の国庫補助金でございますが、平成12年度は赤江農道の関係の補助金がございましたけども、今年度はこれがないということでございます。

 土木費の国庫補助金でございますが、3億9,355万6,000円でございます。節の方で説明を申し上げたいと思いますが、道路橋梁費補助金1億5,000万円でございます。地方道の改修費補助金としておりますが、これは安来港福井線の道路新設事業でございます。事業費3億円に対する2分の1ということでございます。

 それから、公営住宅の家賃収入補助金でございます、3,750万円ほど計上いたしておりますが、これは内代住宅の建てかえによりまして、平成12年度より1,200万円余り、これはふえております。4節の住宅建設費の補助金で、1億7,105万6,000円でございますが、これは内代住宅の建てかえによるものでございます。補助率は2分の1でございます。5節の都市計画費補助金3,500万円でございますが、これは安来港飯島線の関係でございます。補助対象事業費が7,000万円でございます。その2分の1でございます。

 8目の教育費国庫補助金でございます。主なものについて御説明をいたしたいと思いますが、まず1節の小学校費補助金の中で、下から2つでございますが、教育施設等騒音防止対策事業費補助金7,183万4,000円、これは南小学校の改築に係るもので、防衛からの補助金でございます。その下の公立学校施設整備補助金1億1,600万円余りでございますが、これも南小学校に係るものでございまして、文部省からの補助金というものでございます。それから、2の中学校、幼稚園は省略いたします。4節の文化財保護費補助金でございますが、施設等の保存整備事業費、補助率は2分の1でございます。それから、施設等の買い上げ補助金、これは補助率が80%でございます。荒島古墳群の史跡等の買い上げ事業でございます。それから、埋蔵文化財の遺物保存処理の関係でございますが、これも補助率が2分の1でございます。次の保健体育費補助金は、生涯スポーツ振興事業費の関係でございます、2分の1でございます。6節の社会教育費補助金でございますが、社会参加促進費補助金、これも2分の1の補助率でございます。それから、情報通信技術講習推進特例交付金、これは先ほど歳出で説明いたしましたが、IT関連の講習会等の推進事業でございます。補助率は、これは10分の10、全額補助ということでございます。

 28ページ、29ページにつきましては、説明を省略さしていただきます。

 30ページからでございますが、30ページからは県支出金でございます。内容的には国の補助金と負担金に連動した県の負担金補助金と、こういうものが多くございますので、その項目についての説明は省略さしていただきます。

 1項の県負担金でございますが、民生費負担金から土木負担金まで計上いたしております。1目の民生費負担金から3目の農林水産業費負担金につきましては、ほぼ前年度並みでございます。

 4目の土木費の負担金が今年度は0となっております。これにつきましては、これは平成12年度におきまして、内代住宅の建てかえに伴う集会所の建設の建てかえ、これに係る県からの負担金、こういうものが平成12年度ございました。今年度はなくなったというものでございます。

 2項の県補助金に入らせていただきます。

 1目の総務費補助金でございますが、2節の総務管理費補助金で150万円、住んで幸せしまねづくり事業ということで掲げております。これはルネッサンス安来事業として歳出を組んでおるわけでございますが、新しい安来の魅力をテレビ放送するという事業でございます。3S事業として2分の1の補助をつけて行うというものでございます。

 それから、その下の事務処理特例交付金と、500万円でございますが、これは平成12年度までは権限移譲事務交付金と、こういう言い方でしておりましたけれども、今年度からは事務処理特例交付金という名前に変わっております。金額は前年度と同額を計上いたしております。

 2目の民生費補助金でございますが、1節の社会福祉費補助金、これも非常に多くの補助金の項目がございますので、重立ったものだけを紹介をさせていただきます。老人クラブ助成事業費、それと福祉医療費の補助金でございますが、老人クラブは3分の2、老人医療は2分の1の補助率でございます。ほぼ前年度並みを計上させていただいております。中ほどのところで、在宅介護支援センター運営事業費補助金674万4,000円でございます。補助率が4分の3でございますが、これは福祉会と昌林会にある介護支援センターに対するものの、2つの介護支援センターの事業費に対する補助金でございます。それから、障害者の社会参加促進事業補助金3分の2の補助率でございます。これは手話通訳者の補助とか、あるいは自動車の改造とか、障害者の免許取得の関係とか、あるいはスポーツ大会、歳出ではいろんなところに出てくる事業でございます。

 それから、知的障害者の短期入所保護でございますが、これは11万円ほどでございますけれども、補助率は10分の10でございます。

 それから、その下の緊急通報体制整備事業でございますが、これは歳出の方での事業は今まであったわけでございますが、平成13年度新たにこれを補助対象として認めてもらうということになったもんでございます。補助率が4分の3でございまして、ひとり暮らしの緊急通報の電話の管理の委託料とか、あるいは新たに電話機等を購入すると、こういうものに対する補助金でございます。

 それから、1つ飛ばしていただきまして、下から2つ目の生きがい活動支援通所事業補助金4分の3でございます。これにつきましては、介護保険の認定外になった方のデイサービス事業でございます。いわゆる介護予防的な事業に対するものでございます。

 33ページをお願いをいたします。説明の欄の一番下のところでございますが、障害者共同作業所運営事業費補助金315万円でございます。これは2分の1の補助率でございますが、これは平成12年開設されました植田町の櫻苑の運営費に関する補助金でございます。630万円の2分の1ということでございます。2節の児童福祉費でございますが、ここも項目があるわけでございまして、下から4番目の放課後児童対策事業費補助金462万6,000円でございますが、これは今までの、去年の当初の段階では社日と赤江と荒島、この地区に3つあったわけでございますが、平成13年度、今度当初からは十神校区もこれに入れております。90名余りの児童がこれを受けているということでございます。なお、5名分の障害者の方も入っておられるというふうに聞いておるところでございます。

 それから、下から2つ目のところで、延長保育事業でございますが、これにつきましては、この延長保育につきましては、全保育所がことしからやっておった対象になったと、補助金の対象となったというようなことでございまして、前年度は267万8,000円ほどの補助金しかなかったわけでございますが、今年度は1,413万9,000円と、大幅に補助金が伸びております。補助率は4分の3でございます。乳児保育事業費補助金605万7,000円でございますが、これにつきましては、今まで年度途中の入所対策事業費とか、あるいは産休、育休明け入所モデル事業、こういったような名前でいろいろございましたが、これを名称を一本化したというところでございます。この乳児保育事業をやっておるところは安来保育所と、それから私立の保育所3園でございます。補助率は3分の2でございます。

 衛生費の補助金の中で、在宅当番医制の関係が220万2,000円、これは前年度と同額でございます。それから、障害者の共同作業所運営事業165万円につきましては、ワークセンターあさひの運営費の2分の1でございます。

 労働費の補助金で196万7,000円は、ファミリーサポートセンターの運営費で、これは4分の1の県からの補助率でございます。

 農林水産業費の補助金に入らせていただきます。前年度対比1,496万4,000円ほど減額となっております。主な理由は、がんばる島根農林総合整備事業補助金が事業費の減によって減額となったというものでございます。下から4つほど説明をしたいと思いますが、まず国営造成施設管理整備促進事業費補助金、これは補助率が4分の3でございます。これも名称が平成12年度の補正で出てきたもんでございますが、中海干拓の維持管理費に係るものでございまして、国、県で4分の3、市が4分の1を出すということになっておるものでございます。

 それから、地域内農産物の流通支援事業補助金、補助率2分の1でございます。これは新しい事業でございまして、農産物の流通とか販売促進、生産者の研修とか消費者交流、直販所のPR等、JA主体で行うものに対する2分の1の補助金というものでございます。

 それから、中山間地域の関係が出ておりますが、中山間地域の直接支払い交付金でございます。これにつきましては、大塚とか吉田地区の一部が対象見込みとなるという見込みのもとに一応90万円を計上いたしております。この90万円の3分の2の60万円の補助金をここに計上させていただいております。その下の中山間地域の直接支払い推進事業費補助金20万円でございますが、これは事務費に相当する県からの補助金というものでございます。

 それから、6目の商工費補助金でございますが、住んで幸せしまねづくり事業費補助金でございます。これは全国民謡サミットの関係で1,000万円の2分の1の500万円、それとドジョウの町振興事業費が300万円事業でございます。これの2分の1の150万円、これを2つ足したものでございます。それから、都市計画費の補助金の中でも、住んで幸せづくり事業補助金と、1,500万円が計上されております。これはサイン整備計画、東西に2つ、汐彩に1つ、ああいったモニュメントとか、施設案内誘導の施設でございますが、こういったものに対する3S事業での補助金でございます。

 それから、次の住宅費補助金の中で、景観づくり事業費補助金75万円でございますが、これはサイン計画のパンフレットをつくるものに対する2分の1の補助でございます。それから、災害復興住宅費補助金700万円でございますが、これは地震災害の利子に係るものでございまして、1,400万円の2分の1を県から補助をいただくというものでございます。

 34ページ、35ページをお願いをしたいと思います。一番上の社会教育費補助金でございますが、住んで幸せづくり事業費補助金でございます。これは鋼で結ぶ地域間交流事業というものでございます。事業費150万円の2分の1でございます。1つ飛びまして、しまね市町村総合交付金でございますが、5,442万6,000円でございます。これは平成10年度からの新しい制度でございまして、補助事業に係る事務の簡素合理化等の目的で創設されたものでございます。前年度並みを計上いたしております。

 3項の委託金でございますが、総務費委託金で、前年度と比較いたしまして1,062万5,000円ほど減額となっておりますが、これにつきましては平成12年度国勢調査があったためでございます。説明の欄のところで、地域人権啓発活動活性化事業委託金120万円、これは講演会等を行うものでございますが、今年度新たに出てきたものでございます。

 それから、農業費の委託金の中でございますが156万8,000円、水田農業経営確立対策業務委託金というのがございますが、これは転作確認のための事務費を委託金でいただくというものでございます。

 36ページ、37ページをお願いをいたします。教育費の委託金でございますが、社会教育費委託金で発掘調査の委託金、これは一般県道安来インター線の試掘調査でございます。

 それから、13款の財産収入に入らしていただきますが、まず初めに、財産貸付収入、土地、建物の貸付収入でございますが、これにつきましては建物が2件、土地が45件分でございます。

 それから、利子及び配当金のところでございますが、株式配当が34万2,000円でございます。日立製作所、山陰放送、第一勧銀の株式配当でございます。

 それから、基金利子の関係でございますが、それぞれ基金からの利息の見込みを今回計上さしていただいております。その中で、庁舎等の建設基金利子については、784万8,000円ほど、これだけが突出して金額が高いわけでございますが、ほかの基金につきましては、銀行の方に預けて、銀行からの利息というわけでございますが、この庁舎建設基金の中で6億円余りを汐手が丘の建設に係る費用を県の土地開発公社が銀行から借りておったわけでございますが、これを銀行にかわりまして、うちの方から直接資金をこちらの、県の土地開発公社に提供するということで、利率を1%の条件で貸し出しをしてるというようなことで利息が高いわけでございます。

 38ページから39ページは、説明省略いたします。

 40ページ、41ページでございますが、これは基金の繰入金でございます。地域振興基金の繰入金はイベント助成のための基金運用でございます。

 15款の繰入金、特別会計からの繰入金でございますが、特に住宅新築資金等の貸付事業特別会計からの繰入金471万円でございます。これは平成11年度に住宅資金の関係でも、7%以上の定時償還につきましての繰り上げを行っておりまして、これらに対する個人からの返還金を一般会計へ繰り入れるというものでございます。

 繰越金、42ページから45ページ、47ページまでは説明を省略さしていただきます。

 49ページを、雑入に関しましては、重立ったもののみを説明をさしていただきたいと思いますが、49ページの総務費雑入の中で、市役所の駐車場目的外使用負担金298万円でございますが、これは職員からの駐車料金を徴収したものでございます。月額1,800円を徴収しているものでございます。

 それから、その下の元家畜市場の敷地の転貸料115万8,000円でございますが、これは松江農林振興センターと東部共済、それと南城谷町からいただいておるものでございます。

 8節の民生費雑入の中でございますが、一番下から2番目の定着促進奨励金というものでございます。これは、この奨励金でございますが、シルバー人材に対しまして市からの委託事業をいたしますと、それに対しまして全国シルバー人材センター連合会というとこから奨励金がもらえるということでございまして、現在シルバー人材センターの方に市が委託しておりますのは、市道の樹木管理とか、あるいは市民広場の緑地維持管理等、これらをシルバー人材センターの方で委託をしておるわけでございますが、この委託料の3分の1を、この連合会の方から奨励金としていただくというようなものでございます。これも3年間に限っての奨励金ということでございます。

 それから、衛生費雑入の中の資源化物の売払収入でございますが、これは鉄、アルミ等でございます。

 50ページ、51ページでございますが、上から2つ目のふるさと島根定住支援事業助成金300万円でございますが、これはふるさと島根定住財団からの助成金でございます。農業研修生5名分に対する1カ月当たり5万円の助成金というものでございます。

 それから、14の教育費雑入の中でゆうゆうアカデミー助成金でございますが、これは平成12年度の途中から出てきたものでございますが、高齢者教室等の助成金というものでございます。

 その下の公債費の雑入でございますが、これは毎年出てくるものでございますが、寺谷線の道路水路改良負担金、これは平成14年度まであるものでございますが、これは飯生町の斎場への道路水路事業に係る衛生組合からの負担金でございます。事業を行ったのは、昭和55年から56年に事業を行った分でございます。それから、新設高校関連の道路水路改良費負担金、これは広瀬、伯太町からの分担金をもらうというものでございます。平成21年度まで続くものでございます。

 52、53ページでございますが、県の林業公社からの受託事業収入は、市の森林組合へトンネルで渡すものでございますが、上吉田、柿谷地区の県有林の枝打ち等でございます。

 18款の市債につきましては、説明を省略させていただきます。

 54ページ、55ページをお願いをしたいと思いますが、ここの中で下の方の特別消費税交付金というものが載っております。款、項、目の番号が打ってはございません。これは平成13年度から消えてなくなった補助金の項目でございます。いわゆる料理飲食税に相当するものを安来市の方に分配があったわけでございますが、これは平成12年3月末をもちまして、消費税5%導入によりなくなったものでございまして、平成13年度から項目を外したということでございますので、よろしくお願いをしたいと思います。

 以上で事項別明細についての説明を終わらせていただきたいと思います。

 次に、144ページをお願いをしたいと思います。144ページからは給与費の明細書でございます。まず、1の特別職でございますが、これにつきましては比較の欄を見ていただきたいと思いますが、特別職につきましては、平成12年度は4月から10月まで、長につきましては5%カット、議員の皆様方につきましては3%カットをお願いをしてきたわけでありますが、平成13年はもとに戻ったということでございまして、たまたま今年度は期末手当が0.15カ月下がるわけでございますが、それぞれこれは増額となっておるというものでございます。

 それから、その他の特別職のところで人数が1人ふえておりますのは、農業委員会の委員さんを予算上1名ふやしたということでございます。現在1名の欠員があるわけでございますが、予算上は1名もとに戻したということでございます。それから、その他の特別職の括弧書きでございますが、これは嘱託職員の報酬でございまして、平成13年度は732万2,000円の減ということになっております。

 次に、2の一般職の方でございますが、まず、(1)総括の説明でありますが、これは平成13年1月1日現在でございまして、職員数は292名でございます。前年度と比較いたしますと、5名の減ということでございます。この理由でございますが、9名の退職者に対しまして4名の採用を行ったということでございます。給料につきましては、2,054万7,000円の減ということでございます。職員手当につきましては、期末勤勉手当が合わせて0.2カ月のカットがあったことと、あるいは職員数の関係で3,227万6,000円の減額となっております。共済費につきましては、率の改定がございまして1,063万円、これは増となっております。内訳についてはごらんをいただきたいと思います。この中で、特に時間外勤務手当でございますが、これは約4%分を見込んでおりまして、前年度並みとなっておるところでございます。

 145ページから148ページにかけましては、説明を省略させていただきたいと思います。よろしくお願いをいたします。

 以上、人件費関係の説明を終わらせていただきます。

 149ページから151ページにかけましては、債務負担行為のこれは一覧表でございます。これにつきましても、ごらんをいただきますようよろしくお願いを申し上げます。

 最後に、152ページでございますが、これは地方債の現在高について一覧にしたものでございます。平成13年度末の地方債の現在高につきましては、142億5,496万円の見込みとなった次第でございます。

 以上、雑駁な説明でございましたが、私からの説明を終わらせていただきたいと思います。御審議、御議決を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



○議長(広野糺君) 説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 本予算案に対する質疑につきましては、6日、7日に開催予定の全員協議会において行うことといたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(広野糺君) 御異議なしと認めます。よって、本件に対する質疑はそのように決定されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5から日程第13まで



○議長(広野糺君) 日程第5、議第15号平成13年度安来市国民健康保険事業特別会計予算から日程第13、議第23号平成13年度安来市水道事業会計予算まで、9件を一括議題とし、執行部より順次説明を求めます。

 まず、議第15号平成13年度安来市国民健康保険事業特別会計予算の説明を求めます。

 酒井市民生活部長。

            〔市民生活部長 酒井照雄君 登壇〕



◎市民生活部長(酒井照雄君) よろしくお願いをいたします。議第15号平成13年度安来市国民健康保険事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 予算書の9ページをお願いをいたします。

 平成13年度安来市の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ21億7,152万7,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 一時借入金。第2条、地方自治法235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は3億円と定めるものでございます。

 歳出予算の流用。第3条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定めるものでございます。

 (1)各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。2、保険給付費の各項に計上された予算額に過不足を生じた場合における款内でのこれらの経費の各項の間の流用するものでございます。

 初めに、最近の被保険者の状況なり、また予算編成の考え方を少し触れさせていただきまして進みたいというふうに思っております。最近の被保険者の動向でございますけど、被保険者は9,520人、対前年2.61%の増加となっておりまして、内訳といたしましては若人は減少しておりますが、退職被保険者は1,694人、5%の増加となっておるところでございます。

 一方、老人では増加傾向が見られ、3,413人で、3.61%の増となっておりまして、老人加入率が35.9%になる見込みで、高齢者を多く抱える状況になっております。また、世帯数は4%増を推移をしておりまして、1世帯平均2.03人の加入でございます。独居老人が増加しておりますので、資格の適正化を図りながら適正加入の推進に努めてるところでございます。近年、景気の低迷により経済不況を背景にいたしました保険税の収納率低下の防止を図りながら、健康、環境、家族の3つの柱を中心にした保険事業の推進、さらには健康診査の結果と医療費分析との突合による地区別疾病への予防対策を初め、当市の三大疾病、糖尿病、高脂血症、高血圧症の予防を図るための糖尿病予防対策等の円滑な推進と医療費の抑制に努めるとともに、第三者行為等の適正な求償事務による適正給付を供給し、国保の3%運動を積極的に推進し、健全運営を期したいと考えているところでございます。平成13年度の予算編成は、保険基盤安定、財政安定化支援事業、職員給与等の一般会計からの繰り入れを受け、医療費の伸びを前年当初に比べ、若人1%、退職被保険者7%の増を見込んで、予算総額対前年比6%増の21億7,527万円としたところでございます。

 予算書の10ページをお願いをいたします。歳入歳出予算につきましては、予算書に関する説明書の事項別明細書により御説明をさせていただきますので、説明書の156ページをお願いをいたします。

 まず、歳入でございますが、1款の国民健康保険税、1目の一般被保険者につきましては、6億2,699万4,000円、現年徴収率96%、滞納繰越分20%を見込んで計上をいたしております。節の欄をごらんをいただきたいと思います。1節医療給付費分につきましては、年間医療費に対し、国庫支出金、一般会計繰入金等を控除した額を見込んで、5億7,623万9,000円を計上をいたしております。2節の介護納付金3,693万8,000円につきましては、2号被保険者2,129人を見込み、計上をいたしたところでございます。滞納繰越分は医療費、介護分合わせまして1,381万7,000円計上いたしております。

 2目の退職者被保険者につきましては、1億6,021万円、現年徴収率99%、滞納繰越分20%を見込んで計上をいたしております。節をごらんをいただきたいと思いますが、1節の医療給付費につきましては、一般被保険者の考え方をもとにしまして1億4,619万3,000円を計上をいたしております。2節の介護納付金1,374万1,000円につきましては、2号被保険者792人を見込み、計上をいたしております。滞納繰越分、医療費、介護分合わせて27万6,000円を計上したところでございます。

 2款の使用料及び手数料、1項の手数料につきましては、納税証明書15件及び督促手数料1,600件を見込んで、16万4,000円を計上をいたしたところでございます。

 158ページをお願いをいたします。

 3款の国庫支出金、1目事務費負担金23万1,000円につきましては、介護保険2号被保険者に係る事務費として全額国から入ってくるものを計上したところでございます。

 2目の療養給付費等負担金の5億6,252万9,000円でございますが、内容は右側の説明欄をごらんをいただきたいと思います。1節の現年度療養給付費等負担金の一般療養給付分につきましては、一般被保険者の療養給付費等から福祉医療費の助成に係るもの、また保険基盤安定繰入金の2分の1を除いた部分に対しまして、国から40%の補助を受けるものでございまして、3億900万8,000円を計上をいたしております。また、老人保健医療費拠出金分2億1,297万7,000円につきましては、歳出の3款で計上しております老人保健医療拠出金の40%を国から補助を受けるものでございます。また、介護納付金4,054万3,000円につきましても、歳出の4款で計上しております介護納付金の40%を国から補助をしていただくものでございます。2節は説明省略をさせていただきます。

 それから、2項の国庫補助金、1目財政調整交付金1億9,068万7,000円を計上いたしておりますが、節欄の方をお願いをいただきたいと思います。1節の普通調整交付金でございますけど、これは市町村の財政力の均衡を調整するというもので、国から交付されるものでございまして、1億5,840万9,000円を計上いたしております。その他の特別調整交付金につきましては、国の測定方法によりまして特別の事情がある場合に交付されるものでございまして、内訳といたしましては国保3%運動の推進に対する国保事業の経営姿勢等による成績を勘案していただくものとして、国の総枠の中での配分を考慮し、3,227万8,000円を計上いたしたところでございます。

 160ページをお願いをいたします。4款療養給付費交付金につきましては、4億6,387万4,000円を計上いたしております。右側の説明欄をごらんをいただきたいと思います。1節療養給付費交付金の療養給付費交付金退職分4億1,343万2,000円につきましては、退職被保険者1,694人の医療費に対し、保険税を除いた部分につきまして社会保険診療報酬支払基金から交付を受けるものでございます。療養給付費交付金、老人保健拠出金5,044万2,000円につきましては、退職者が老人保健に移行した場合に、社会保険診療報酬支払基金から2分の1の交付を受けるものでございます。

 5款の連合会支出金、1項連合会補助金、1目の介護円滑導入給付金につきましては、579万2,000円を計上いたしております。これは昨年度介護保険導入に伴いまして、国民健康保険中央会より財政支援ということで給付を受けるものでございます。

 162ページをお願いをいたします。6款の共同事業交付金、1目共同事業交付金2,333万8,000円につきましては、国保連合会の規定に基づいて交付されるものでありまして、歳出4款の共同事業拠出金と関係がございます高額療養費の支払いに係る相互扶助を目的としたものでございます。

 7款の繰入金、1目一般会計繰入金1億3,100万2,000円を計上いたしております。内容は節の方を見ていただきたいと思います。1節の保険基盤安定繰入金につきましては、保険税賦課の際に、低所得者に対しての7割、5割、2割の軽減措置をとっておりますが、この軽減補てん分の繰入分を5,589万3,000円計上いたしております。2節の職員給与繰入金3,811万9,000円につきましては、国保担当職員5名の給与費でございます。3節の国民健康保険財政安定化支援事業繰入金3,250万7,000円につきましては、国保財政の健全化を図ることを目的とした国の制度でございますけど、保険税負担能力の不足分、医療費の増嵩等によります調整分でございます。4節の出産育児一時繰入金400万円につきましては、20件を見込み、1件30万円の3分の2を繰り入れしていただくものでございます。5節のしまね市町村総合交付金繰入金48万3,000円につきましては、これは県が単独で福祉医療を実施しておりますが、そのため医療費が増嵩する部分につきまして、県が2分の1を補てんをするものでございます。

 164ページをお願いをいたします。2項の繰入金は説明省略をさせていただきます。

 8款の財産収入で、1目利子及び配当金でございますが、86万6,000円につきましては基金積立金利子を計上いたしております。元金は3億7,232万5,000円余となっておるところでございます。

 166ページをお願いをいたします。9款の繰越金、10款諸収入につきましては、説明を省略をさせていただきます。

 168ページをお願いをいたします。2項の預金利子につきましては、説明を省略させていただきます。

 3項の雑入でございますけど、1目一般被保険者第三者行為による損害賠償金400万円につきましては、医療給付以外の交通事故等による賠償金が国保連合会から入ってくるものを計上いたしております。

 2目の退職被保険者第三者行為による損害賠償金100万円も同じ内容のものでございます。

 3目、4目は説明省略させていただきます。

 5目の雑入は、賃金に係る社会保険料でございます。

 170ページをお願いをいたします。歳出でございますが、1款総務費、1目一般管理費3,427万9,000円につきましては、市民課の医療給付係3名分の職員給与等、そして関係経費が主なものでございます。右側の節の欄をごらんをいただきたいと思いますが、7節の賃金はレセプト点検専門員の賃金でございます。

 2目の連合会負担金につきましては、国保連合会へ支払う負担金で333万5,000円を計上いたしております。

 172ページをお願いをいたします。1款総務費、2項徴税費、1目賦課徴収費で1,820万6,000円につきましては、賦課徴収に当たっております税務課職員2名の職員給与関係経費が主なものでございます。節の欄をひとつごらんをいただきたいと思います。7節の賃金は、保険税賦課事務補助の臨時賃金163万円を計上をいたしております。

 174ページをお願いをいたします。3項の運営協議会費66万3,000円でございますが、これは国保運営協議会の関係経費を計上をいたしております。

 次に、176ページをお願いをいたします。2款の保険給付費、1項療養諸費、1目の現年度一般被保険者療養給付費でございますが、これは一般被保険者4,413人に係る療養費で、医療費の伸びを前年度当初比2%増といたしまして、7億867万円を計上し、国保連合会診療報酬分として支払うものでございます。

 2目は説明を省略させていただきます。

 3目現年度退職被保険者等療養給付費5億1,494万3,000円は、退職者被保険者1,694人に係る療養給付費を前年度当初比7%を見込んで計上しております。

 4目は説明を省略させていただきます。

 5目現年度一般被保険者療養費につきましては、医療機関でコルセット等をつくられた人が一たん費用全額を支払った際、個人負担を除いた残りを償還するための経費でございまして、378万5,000円を計上をいたしております。

 6目は説明省略させていただきます。

 7目現年度退職被保険者等療養費は5目で御説明いたしました内容の経費で、294万6,000円を計上をいたしております。

 8目は説明を省略させていただきます。

 9目の審査支払手数料は国保連合会へ委託しておりますレセプト点検審査手数料で、年間6万9,000件を見込んで、470万3,000円を計上をいたしております。

 178ページをお願いをいたします。2項の高額療養費、1目の一般被保険者高額療養費1億307万円でございますが、これは健康保険法で定められました基準に基づきまして支払うもので、市民税の課税世帯、非課税世帯により金額は異なりますが、1カ月ごとの支払い額が自己負担限度額を超えた場合、その超えた部分を償還をするものでございまして、対象者を年間1,200件と見込んで計上いたしております。

 2目の退職被保険者高額療養費4,298万5,000円につきましても、430件を見込んで計上をいたしております。

 3項の葬祭諸費でございますが240万円、1件1万5,000円で年間160件を見込んで計上をいたしております。

 180ページをお願いをいたします。4項の出産育児諸費600万円でございますが、1件30万円の20件を見込んで計上をいたしております。

 5項の移送費は説明省略させていただきます。

 182ページ、お願いをいたします。3款の老人保健拠出金、1項老人保健拠出金の1目老人保健医療費拠出金でございますが、老人3,413人を対象にした医療費を社会保険診療報酬支払基金へ支払う拠出金として5億8,288万6,000円を計上いたしております。

 2目の老人保健事務拠出金770万円でございますが、これは老人保健の事務に係るものでございます。

 4款の介護納付金、1目介護納付金でございますが、昨年の介護保険導入に伴いまして2号保険者、被保険者に係ります介護納付金が社会保険診療報酬支払基金より通知がございまして、被保険者1人当たり3万4,700円、対象者が2,921人を見込んで、1億135万9,000円を計上をいたしております。

 184ページをお願いをいたします。5款の共同事業拠出金、1目の共同事業医療費拠出金でございますが1,152万3,000円、これは国保連合会へ支払うものでございます。

 2目は省略をいたします。

 6款の保健事業費907万円でございますが、国保3%運動の一つとして保健事業推進を行うものでございます。節の欄をごらんをいただきたいと思いますが、8節の報償費は健康祭りの実施、また虫歯予防、エイズ予防の講演会等を計画いたしまして、324万6,000円を計上いたしております。12節の役務費につきましては、医療費通知等375万7,000円を計上をいたしたところでございます。

 186ページをお願いをいたします。7款の基金積立金、1目の国民健康保険事業基金積立金86万7,000円でございますが、基金3億7,232万5,000円に対する利子を見込んで計上をいたしております。

 8款の公債費、1目の利子54万8,000円につきましては、一時借入金利子を計上をさせていただいております。

 2目は省略をさせていただきます。

 188ページをお願いをいたします。9款の諸支出金、1項償還金及び還付加算金、1目の一般被保険者保険税還付金120万円、それから2目の退職分35万円、これにつきましては健康保険の加入や死亡、転出等に伴う資格移動の保険税還付金を計上をいたしておるところでございます。

 3目は省略をいたします。

 10款の予備費でございますけど、昨年と同じ1,000万円を計上させていただいております。

 190ページからの給与明細書につきましては、一般会計に準じて作成をしておりますので、説明は省略をさせていただきます。

 以上、まことに簡単で、説明でございましたが、御審議、御議決賜りますようよろしくお願いをいたします。



○議長(広野糺君) この際、しばらく休憩いたします。

            午後2時54分 休憩

            午後3時21分 再開



○議長(広野糺君) 再開いたします。

 続きまして、議第16号平成13年度安来市老人保健特別会計予算の説明を求めます。

 酒井市民生活部長。

            〔市民生活部長 酒井照雄君 登壇〕



◎市民生活部長(酒井照雄君) 議第16号平成13年度安来市老人保健特別会計予算の御説明を申し上げます。

 予算書の13ページをお願いをいたします。

 平成13年度安来市の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ33億2,592万8,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 一時借入金。第2条、地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は、1億円と定めるものでございます。御承知のとおり、この老人保健特別会計事業は70歳以上の人、65歳以上の寝たきりの人を対象に医療費を保険者と国、県並びに市で負担することにより、高齢者の経済的負担の軽減と疾病の早期治療を促進し、高齢者の保健の向上に資することを目的とした事業でございます。

 それでは、予算書の14ページをお願いいたします。

 歳入歳出予算につきましては、予算に関する説明書の事項別明細書で御説明いたしますので、説明書の198ページをお願いをいたします。

 初めに、歳入でございますが、1款支払基金交付金、1目支払基金交付金23億3,118万6,000円でございますが、内容は右側の節の欄をごらんをいただきたいと思います。1節の医療交付金23億1,857万2,000円につきましては、7割を社会保険診療報酬支払基金から交付を受けるものでございます。2節の審査支払手数料交付金は、これはレセプト点検手数料でございまして、国保連合会、社会保険診療報酬支払基金から11万3,000件のレセプトを見込んで、1,261万4,000円を計上をいたしております。

 2款の国庫支出金、1目の国庫負担金6億6,305万7,000円につきましては、これは国から2割入ってきますので、これを計上をいたしております。

 続きまして、200ページをお願いをいたします。

 3款の県支出金、1目の県負担金でございます。1億6,576万4,000円につきましては、これは県から0.5割の負担で入ってまいりますので計上をいたしております。

 4款の繰入金、1目の一般会計繰入金でございますが、これも0.5割分の負担、それから一時借入金の利子を含めまして1億6,591万5,000円を計上をいたしております。

 202ページから205ページまでは説明を省略をさせていただきます。

 206ページの歳出でございます。

 1款医療諸費、1目医療給付費33億2,577万5,000円につきましては、右側の節の欄をごらんをいただきたいと思いますが、12節の役務費1,261万5,000円でございます。これは年間のレセプト11万3,000の審査支払手数料でございます。それから、19節の負担金につきましては、医療給付費32億9,959万円、またコルセットの補装具代医療費支給1,357万円を合わせまして計上をいたしております。

 2款の諸支出金の1目の償還金でございますが、これは一時借入金利子15万2,000円を計上させていただいております。

 208ページの繰出金につきましては説明を省略させていただきます。

 以上、まことに簡単ですが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをいたします。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第17号平成13年度安来市さぎの湯温泉利用事業特別会計予算の説明を求めます。

 福田助役。

            〔助役 福田 敏君 登壇〕



◎助役(福田敏君) 議第17号の平成13年度安来市鷺の湯温泉利用事業特別会計予算について説明申し上げます。

 17ページでございます。歳入歳出予算につきましては、それぞれ歳入歳出とも468万6,000円を計上しております。内訳につきましては、予算に関する説明書の211ページをごらんいただきたいというふうに思います。事項別明細につきましては、214ページから御説明申し上げたいというふうに思ってます。

 まず、第1款の温泉使用料でございますけども、それぞれの使用者の方から温泉使用料を、7者の方からいただくことにしておりまして、昨年度と同額を計上しております。

 第2款の2項の温泉維持料ですけども、これにつきまして安来苑以下夢ランドしらさぎまで温泉維持費として、これは浴槽の容量に応じた金額を昨年と同様にいただいております。

 歳出につきまして、あと216ページと17ページは省略させていただきまして、218ページと219ページ、これが事業費でございます。一般管理費につきましては昨年と同様に計上しておりまして、第2項の営業費につきまして昨年と変わったところは、402万3,000円で50万円の減ですけども、それ以外の項目は同じでございまして、昨年はポンプのモーター購入ということで計上しておりましたけども、ことしの場合はこれはございませんので、これ以外については昨年と同額のことでお願いしております。

 それから、220ページは繰り越し等を入れました、最終的な余りの部分を予備費として計上しております。

 以上、簡単でございました。温泉の利用事業特別会計についての説明を終わらせてもらいます。よろしくお願いいたします。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第18号平成13年度安来市駐車場事業特別会計予算の説明を求めます。

 福田助役。

            〔助役 福田 敏君 登壇〕



◎助役(福田敏君) 議第18号平成13年度安来市駐車場事業特別会計予算について説明申し上げます。

 歳入歳出予算でございますけども、21ページ。歳入歳出総額それぞれ215万1,000円と定めております。内訳は第1表以下でございます。一時借入金については100万円を予定しております。

 内容でございますけども、予算の説明資料の223ページをごらんいただきたいというふうに思ってます。総括223ページでございますけども、これにつきまして歳入の方から、226ページをごらんいただきたいというふうに思っております。

 駐車場の使用料でございますけども、214万9,000円を使用料として上げてございます。これにつきましては、新町につきましては4,000円の駐車料金、35区画で積算しております、169万6,000円。それから、東小路は時間駐車ということで17区画分、45万3,000円で計上しております。昨年と違いますのは、62万3,000円だけ減額になっているわけでございますけども、これは新町の時間駐車をここでは計上しておりません。

 それから、歳出につきまして、230ページから、まず一般管理費でございます。231ページに項目それぞれ書いてございますけども、東小路の駐車場管理運営費、新町、それから一般会計繰出金ということで計上させていただいております。基本的に、ここに人件費が上がっておりませんけども、基本的には人を置かないということで維持管理等々進めてまいりたいというふうに考えております。

 以上、簡単でございますけども、駐車場会計の予算について説明いたしました。よろしくお願いいたします。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第19号平成13年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の説明を求めます。

 酒井市民生活部長。

            〔市民生活部長 酒井照雄君 登壇〕



◎市民生活部長(酒井照雄君) 議第19号平成13年度安来市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の御説明を申し上げます。

 予算書の25ページをお願いをいたします。

 平成13年度安来市の住宅新築資金等貸付事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ1,132万8,000円と定めるものでございます。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 本予算につきましては、住宅新築資金等の貸付制度が平成8年度に終了しております。これまでの貸付金の徴収、公債費償還の業務に伴う予算でございます。

 事項別明細書で御説明をさせていただきますので、予算書の236ページをお願いをいたします。

 まず、歳入でございます。1款の県支出金、1目の住宅新築資金等貸付助成事業費県補助金10万6,000円でございますが、これは徴収事務費として県の4分の3の補助をいただくものを計上をしております。

 3款の繰越金は説明省略させていただきます。

 238ページをお願いをいたします。4款の諸収入、預金利子につきましても説明を省略させていただきます。

 2項の貸付金元利収入でございますが、これは41件分の償還に伴う元利収入金1,122万円をお願いをするものでございます。

 240ページをお願いをいたします。1款住宅新築資金等貸付事業、1目の住宅新築資金等貸付事業486万円を計上をいたしておりますが、節の欄をごらんをいただきたいと思います。11節、12節については事務費でございます。28節につきましては一般会計へ繰り出すもので、471万円を計上をいたしております。

 2款の公債費につきましては、1目の元金並びに2目の利子につきましては昭和53年度から平成7年度までの41件分の償還元金と利子でございます。

 242ページをお願いします。これは住宅資金貸付事業の地方債の調書でございます。12年度末現在見込み高5,764万7,000円、当該年度で償還が368万2,000円で、13年度末現在高は5,396万5,000円になる見込みでございます。

 以上、まことに簡単でございますけど、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをいたします。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第20号平成13年度安来市下水道事業特別会計予算の説明を求めます。

 岩崎建設部次長。

            〔建設部次長 岩崎守之君 登壇〕



◎建設部次長(岩崎守之君) 大変長丁場でお疲れのところでありますが、よろしくお願いいたします。

 予算書の29ページをお願いをいたします。

 議第20号平成13年度安来市下水道事業特別会計予算につきまして御説明を申し上げます。

 初めに、平成13年度の事業概要を簡単に申し上げます。安来市の下水道は昭和63年に49.5ヘクタールを供用開始をして以来13年を経過し、12年4月には認可の変更を行い、434ヘクタールとして事業の拡大を図ってまいったところであります。平成12年度末には汚水の整備面積約246ヘクタール、処理戸数3,840戸、水洗化率が74.38%になる見込みであります。平成13年度事業といたしましては、汚水の整備面積約24.7ヘクタールを計画し、荒島処理区を重点的に行うとともに、加茂、城谷、切川の整備に向けた飯島1号幹線を精力的に進めていく計画としております。また、雨水整備事業といたしましては浦ケ部雨水幹線を引き続き行うとともに、他に4カ所の水路工事を実施する計画といたしております。なお、13年度予算につきましては、今年度当初費の25.4%の減であります。

 それでは、お願いをいたします。平成13年度安来市の下水道事業特別会計予算は、次に定めるところであります。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ16億8,631万9,000円とさせていただくものであります。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表によるものであります。

 債務負担行為。第2条であります。債務を負担する行為にかかわりますものにつきましては、第2表であります。

 地方債。第3条であります。地方債に係りますもの、第3表であります。

 一時借入金。第4条、一時借入金の借り入れの最高額は11億円とさせていただくものであります。

 歳出予算の流用であります。第5条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することのできる場合は、次のとおり定めるものであります。各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用とするものであります。

 30ページをお願いをいたします。第1表の歳入歳出予算につきましては、別冊の予算に関する説明書の事項別明細書で説明をさしていただきます。

 続きまして、32ページをお願いいたします。第2表債務負担行為であります。債務負担行為につきましては、水洗便所改造資金融資あっせんに伴う損失の補償であります。期間を平成13年度以降とし、限度額7,346万1,000円と定め、損失の補償をするものであります。

 33ページをお願いいたします。第3表地方債であります。公共下水道事業費につきましては、汚水、雨水に係るもの、流域下水道事業負担金につきましては東部浄化センターの負担分であります。下水道事業債元利償還金につきましては資本費平準化債といたしまして、限度額7億1,340万円をお願いするものであります。起債の方法、利率、償還の方法につきましては記載のとおりであります。

 それでは、別冊の予算に関する説明書の243ページをお願いをいたします。

 これからは事項別に説明をさせていただきますが、別冊の予算関係説明資料の28ページから31ページにかけて事業一覧と箇所図をつけておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 説明書の243ページから245ページにかけまして、総括として歳入歳出予算を載せておりますが、これにつきましては省略させていただきまして、246ページからお願いをいたします。

 歳入であります。1款の負担金及び分担金、負担金であります。1目の下水道事業受益者負担金であります。3,571万1,000円を計上させていただいております。1節の現年賦課分として260件分を見込みまして3,173万円、2節の滞納繰越分といたしまして398万1,000円を見込んでおります。

 2款の使用料及び手数料であります。下水道使用料であります。公共下水道使用料に係ります本年度使用量といたしまして95万8,700トンを見込んでおりまして、1億7,400万7,000円を計上いたしております。

 248ページをお願いいたします。使用料及び手数料であります。手数料3万円でありますが、これは指定業者の登録に係るものであります。

 3款の国庫支出金、国庫補助金であります。補助事業費3億円の2分の1に係ります1億5,000万円を計上いたしております。

 250ページをお願いいたします。4款の繰入金であります。一般会計からの繰り入れ5億6,358万円をお願いをいたしております。

 5款繰越金につきましては、説明を省略さしていただきます。

 続きまして、252ページをお願いいたします。6款諸収入、1項の延滞金であります。説明を省略さしていただきます。

 2項の市預金利子であります。説明を省略さしていただきます。

 254ページをお願いをいたします。3項の貸付金元利収入であります。水洗便所改造資金貸付元利収入であります。本年度150件を見込みまして、2,448万6,000円を計上さしていただいております。

 4項の雑入であります。2,510万2,000円を計上さしていただいておりますが、1節の社会保険料個人負担金、2節の消費税還付金に係りますものであります。

 256ページお願いいたします。7款の市債であります。7億1,340万円をお願いをいたしておりますが、公共下水道債、流域下水道債、資本費平準化債等に係りますもの7億1,340万円をお願いするものであります。

 続きまして、258ページをお願いいたします。歳出であります。

 1款の下水道費、1目の総務管理費2,892万9,000円をお願いをいたしております。8節の報償費、これは受益者負担金の前納報奨金であります。21節の貸付金です、水洗便所改造資金に係りますものであります、150件分であります。説明といたしまして係わりますものをまとめております。水洗便所改造資金関係が2,474万7,000円、受益者負担金、前納報奨金に係りますもの300万円、総務管理費といたしまして118万2,000円を載せて内訳といたしております。

 260ページをお願いをいたします。2項の維持管理費であります。雨水、汚水に係ります維持管理費であります。雨水処理費484万円を載せております。雨水処理費に係るもの184万円、納屋川、新十神ポンプ周辺のしさ処理費といたしまして300万円載せております。

 2目の汚水処理費であります。1億2,056万円につきましては、2節、3節、4節、給料に係りますもの。11節の需用費であります150万円、マンホールポンプの動力、電話等に係るものであります。13節の委託料であります、漏水調査、検針、点検業務に係ります809万5,000円を見ております。14節の使用料及び賃借料であります。料金調定システムのリース代であります。15節の工事請負費100万円、これは管路、マンホールポンプ、道路等の補修工事等に係るものであります。19節の負担金補助及び交付金であります8,212万9,000円、これは流域下水道の維持管理負担金といたしましての95万8,700トン余りの処理費であります。説明の方に丸めて載せております一般職人件費4名分といたしまして2,584万6,000円、退職手当203万円、汚水処理維持管理費といたしまして8,665万9,000円、下水道使用料徴収経費であります602万5,000円を内訳といたしております。

 263ページをお願いいたします。3項の下水道建設費であります。1目の下水道建設費6億5,340万9,000円を計上させていただいております。2節の給料7名分の人件費であります。3節の職員手当1,765万3,000円、4節の共済費829万8,000円、13節の委託料であります5,556万4,000円、これは測量設計に係るものであります。14節の使用料及び賃借料であります。これは工事に係ります敷地の借上料であります。15節工事請負費4億9,700万円は管路工事9カ所、加圧施設2カ所等に係ります工事請負費であります。17節公有財産購入費であります400万円、浦ケ部汚水幹線に係ります80平米の用地買収に係るものであります。19節の負担金及び交付金であります454万5,000円につきましては、退職手当負担金であります。22節の補償補てん及び賠償金であります2,800万円、物件移転費であります。

 2目の流域下水道費2,781万1,000円をお願いをいたしておりますが、これは東部浄化センターに係る負担金であります。

 264ページをお願いいたします。公債費であります。元金、利子合わせまして8億5,077万円をお願いをいたしております。元金につきましては4億7,777万円。元金、利子とも長期債の償還金利子に係りますものであります。公共下水道債、流域下水道債、財政健全化債、資本費平準化債、等々に係るものであります。

 266ページ給与費の明細書であります。266ページから271ページ、地方債の見込みに関する調書につきましては説明を省略をさしていただきたいと思います。

 以上、まことに簡単で申しわけありませんが、説明を終わらしていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第21号平成13年度安来市土地取得事業特別会計予算の説明を求めます。

 石川総務部長。

            〔総務部長 石川隆夫君 登壇〕



◎総務部長(石川隆夫君) 予算書の35ページをお願いをいたします。議第21号平成13年度安来市土地取得事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 平成13年度安来市の土地取得事業特別会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ448万3,000円と定めるものであります。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表歳入歳出予算」によるものでございます。

 平成13年度の予算でありますが、これは土地取得資金の積立金の利子を積み立てるというものでございます。平成12年度末の積立金が6億515万2,743円でありまして、利息を448万2,645円と見込んだものでございます。事項別明細書の説明は省略させていただきます。

 以上、説明を終わらしていただきます。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第22号平成13年度安来市農業集落排水事業特別会計予算の説明を求めます。

 岩崎建設部次長。

            〔建設部次長 岩崎守之君 登壇〕



◎建設部次長(岩崎守之君) 予算書の39ページをお願いいたします。議第22号平成13年度安来市農業集落排水事業特別会計予算について御説明を申し上げます。

 初めに、平成13年度事業の概要を簡単に申し上げます。平成9年から着手いたしました事業も順調に推移し、12年度末には宇賀荘地区で60%、大塚地区で63%、能義地区で69%、吉田地区で29%の進捗率を見る見込みであります。13年度事業といたしましては、引き続き4地区の管路工事を重点的に整備を行ってまいります。また、宇賀荘、大塚地区の一部を供用開始することから、水洗化率40%を見込んだ予算といたしております。なお、新年度予算につきましては、今年度当初費の16.5%の減となっているところであります。

 それでは、お願いをいたします。平成13年度安来市の農業集落排水事業の予算は、次に定めるところであります。

 歳入歳出予算。第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ11億3,128万2,000円と定めるものであります。

 2項、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、第1表によるものであります。

 債務負担行為であります。第2条、債務を負担する行為にかかわりますものは、第2表によるものであります。

 地方債であります。第3条、地方債に係りますもの、第3表であります。

 一時借入金。第4条、一時借入金の最高額は8億円と定めさしていただくものであります。

 歳出予算の流用。第5条であります。地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により、歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおり定めるものであります。各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く)に係る予算に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用であります。

 40ページをお願いいたします。第1表歳入歳出予算につきましては、別冊の予算に関する説明書で説明をいたします。

 42ページをお願いをいたします。第2表債務負担行為につきましては、水洗便所改造資金融資あっせんに伴う損失補償であります。期間を平成13年度以降とし、限度額6,817万4,000円と定め、損失の補償を負うものでございます。

 43ページをお願いいたします。第3表地方債につきましては、4地区の農業集落排水事業費といたしまして限度額5億2,840万円をお願いをするものであります。起債の方法、利率、償還の方法につきましては記載のとおりであります。

 それでは、別冊の予算に関する説明書の281ページをお願いをいたします。



○議長(広野糺君) この際時間延長いたします。



◎建設部次長(岩崎守之君) 同じような説明で申しわけありません。これから事項別に説明をいたしますが、別冊の予算関係説明資料の32ページから36ページにかけて、4地区に係ります工事の一覧と位置図をつけておりますので、あわせてごらんいただきたいと思います。

 284ページからお願いをいたします。歳入であります。

 国庫支出金、国庫補助金であります。4億2,793万7,000円を計上させていただいておりますが、事業費8億5,587万5,000円の2分の1補助費といたしまして計上さしていただいております。

 3款繰入金、一般会計からの繰入金9,169万8,000円をお願いをいたしております。

 286ページをお願いいたします。繰越金であります。説明を省略さしていただきます。

 5款の諸収入、1項の預金利子であります。説明を省略さしていただきます。

 288ページをお願いをいたします。2項雑入であります。2,141万4,000円であります。1節の社会保険料の個人納付金に係るものであります、18万4,000円。2節の雑入であります、2,123万円を計上いたしておりますが、これは消費税還付金2,000万円と、農業集落排水建設負担金であります。これは伯太町大字西母里の一部を大塚処理施設に取り込むための建設負担金であります。

 続きまして、3項の延滞金であります。説明を省略さしていただきます。

 290ページ4項の貸付金元利収入であります。水洗便所改造資金貸付元利収入に係ります2,395万6,000円を計上さしていただいております。

 6款市債であります5億2,840万円、農業集落排水事業債といたしまして計上さしていただいております。

 292ページをお願いいたします。7款使用料及び手数料、1項の使用料であります。1目の農林水産業使用料であります1,000円と、それから2目の農業集落排水施設の使用料であります390万5,000円。1節の農業集落排水使用料であります。これは行政財産使用料といたしておりますが、宇賀荘処理施設に西日本電話所有の柱2本に係るものであります。390万5,000円に係りますもの、前年度賦課分といたしまして2万2,190トンの使用水量を見込んだものであります。

 8款の分担金及び負担金であります。農業集落排水事業受益者負担金といたしまして3,394万9,000円、これは大塚、宇賀荘地区が一部供用開始に伴いますもの222戸を対象といたした受益者負担金であります。

 294ページをお願いいたします。歳出であります。

 1項管理費の1目管理費であります。水洗便所改造資金融資あっせん事業にかかわります2,419万7,000円、使用料受益者分担金徴収経費であります。あわせまして受益者分担金の前納報奨金等が内訳であります。2,948万4,000円をお願いをいたしております。

 続きまして、296ページをお願いをいたします。2項の農業集落排水建設費であります。10億4,446万5,000円を計上させていただいております。2節の給料1,753万1,000円、職員手当1,053万9,000円。共済費に係りますもの、4節であります、494万6,000円。13節の委託料であります2,100万円、4地区の設計委託料に係るものであります。15節工事請負費といたしまして8億5,000万円計上いたしております。19節であります。負担金補助及び交付金に係りますもの975万8,000円は、JR出向職員の負担金であります。22節の補償補てん及び賠償金1億1,861万5,000円につきましては、物件移転補償費であります。

 続きまして、298ページをお願いいたします。3項の汚水処理費、1目の汚水処理費であります532万5,000円、説明の欄をごらんいただきたいと思います。汚水処理施設の維持管理費であります。これは施設に係ります維持管理費といたしまして332万5,000円、汚水、それから汚水管渠に係ります維持管理費であります180万円、それから水質測定業務に係ります20万円が内訳であります。

 2款1項公債費であります。元金、利子に係りますもの5,200万8,000円を計上させていただいております。いずれも長期債償還元金、利子に係るものであります。

 300ページから給与費明細書、305ページの地方債の見込みにつきましては、説明を省略をさせていただきます。

 以上、まことに簡単でございますが、説明を終わらせていただきます。



○議長(広野糺君) 続きまして、議第23号平成13年度安来市水道事業会計予算の説明を求めます。

 松村水道部長。

            〔水道部長 松村隆郎君 登壇〕



◎水道部長(松村隆郎君) 議第23号平成13年度安来市水道事業会計予算につきまして御説明をさしていただきます。

 まず最初に、お断りをしたいと思います。予算書の1ページに記載をしております収益的収入及び支出の欄でございますが、予定額を定めております金額の欄が1行ずつずれております。大変申しわけございません。今後このようなことがないように十分注意して作成したいと思います。大変申しわけございません。

 それでは、まず予算書の1ページをごらんいただきたいと思います。

 第1条、平成13年度安来市水道事業会計の予算は、次に定めるところによるものでございます。

 今年度水道事業におきまして予定をいたしております事業概要につきまして、まず説明をさしていただきたいと思います。清浄な水の安定供給を継続するため将来に向けた強固な施設づくりを目指して、経年化が進む施設の更新を初め、渇水や地震に強い施設整備を目的として作成をいたしました更新計画に基づき、新規事業といたしまして今津水源地、浦ケ部、布部系ポンプ施設改良工事、それから老朽管の更新工事及び緊急対応のための施設整備等を実施してまいりたいと思っております。

 それでは、もう一度予算書の1ページをお願いいたします。

 業務の予定量でございます。第2条、業務の予定量は、次のとおり定めるものでございます。給水件数につきましては9,700件、年間の総給水量は448万トンを予定いたしております。1日の平均給水量は1万2,270トンでございます。主な建設事業の概要でございます。予算書の説明資料の39ページをごらんいただきたいと思います。39ページ、40ページにわたりまして13年度の工事箇所の一覧表を掲げております。この箇所には、大きくは2つに分けることができます。下水道工事等によります水道管の支障移転工事、それから水道部のプロパー事業でございます配水管、水源地等の整備工事に分けることができます。39ページの配水管の改良工事、特に13年度におきましては老朽管の更新事業工事を10カ所予定をいたしております。特に10番目になります神田町の配水管の改良工事、これはプラーナの裏にございます木戸川の左岸堤防を兼用いたしました市道部に入っております300の石綿管、これは昨年度発生いたしました地震に伴いまして、護岸の一部に損壊等が見られ、今後の給水に支障が出るというふうな判断のもとに300メーターの、これは山陰本線までの区間になりますが、この区間の配水管の改良工事を実施したいというふうに計画をしたものでございます。

 それから、次の40ページをごらんいただきますと、水源地の改良工事、38番に今津水源地改良工事、これは布部系のポンプ施設が今津水源地の正面に入りましてすぐ右側にございます。37キロワットのポンプが3台座っておりますが、これが既に27年を現在経過をいたしておりまして、今までに一度も更新工事を実施していないということから、13年度、来年度に全面的な改良工事を実施したいと、約2億1,000万円の予定をいたしております。それから、その下にございます調査設計委託料、矢田水源地の水源調査委託料でございます。この15カ所が私どもの水道部で実際に企業債を借入して実施する改良工事でございます。それ以外の工事箇所につきましては、事業課等の受託に伴います支障移転工事等でございます。

 あと41ページから42ページにかけましては、その箇所の一覧を示しております。ごらんいただきたいと思います。

 それでは、もう一度予算書の1ページに戻っていただきたいと思います。主な建設改良の事業概要につきましては、先ほど御説明をした内容でございます。これは特に配水管、老朽管等の金額を表示いたしております。

 続いて、収益的収入及び支出でございます。

 第3条、収益的収入及び支出の予定額を次のとおり定めるものでございます。

 第1款の水道事業収益7億4,150万円と定めたものでございます。第1項から第3項まで営業収益、特別収益までの金額の内訳を記載をいたしております。特に営業収益につきましては、給水収益を昨年度より8万トン多い381万トンと計画をいたしております。それから、受託工事収益といたしまして1億637万8,000円、25件分を予定をいたしておるところでございます。営業外収益につきましては、加入者分担金970万円余の予定をいたしております。

 それから次に、支出でございます。

 第1款の水道事業費用7億2,226万9,000円、営業費用といたしまして1年間の経営活動の費用として原水及び浄水費から総係まで、それに資産の償却費等を含めた金額を予定をいたしております。

 それから、第2項の営業外費用でございます。企業債の利息、消費税の支払い等に充てる経費でございます。

 第3項の特別損失ですが、不納欠損として103万4,000円を予定しているところでございます。なお、第4項にしまして予備費として30万円でございます。

 それから次に、資本的収入及び支出で、第4条資本的収入及び支出の予定額は、次のとおり定めたものでございます。資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額1億3,552万3,000円は、過年度分損益勘定留保資金1,336万円、当年度分の損益勘定留保資金1億609万1,000円及び当年度消費税資本的収支調整額1,607万2,000円で補てんをするものでございます。

 続いて、2ページをお願いいたします。収入でございます。第1款の資本的収入4億6,665万円、第1項企業債から第4項の出資金までの内訳になっております。企業債につきましては、先ほど工事箇所等で御説明をした工事箇所に財源として充てるものでございます。第2項の工事負担金でございますが、これは受託工事の実施にあわせて事業課において御負担をいただく金額でございます。なお、第3項の補償金が今年度0にしておりますが、昨年度まではこの補償金につきましては公共下水道の支障移転工事の経費を補償金として受け、その他の受託事業につきましては工事負担金で受けておりましたけども、13年度より同じような工事の実施状況でございます。すべて工事負担金一本で受けるということで、13年度におきましては0という表示に変えさしていただいております。

 続いて、支出につきまして、第1款の資本的支出6億217万3,000円、第1項の建設改良区4億9,186万2,000円、企業債の償還金として1億1,031万1,000円を予定しているところでございます。

 企業債。第5条、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、次のとおり定めるものでございます。

 配水管の改良事業から老朽管の更新事業、それとこの配水管の改良事業に含めておりますが、水源地の改良工事も含めたものでございます。起債の限度額を3億2,910万円と定めたものでございます。なお、起債の方法、利率、償還の方法については、この記述のとおりでございます。

 第6条、一時借入金でございます。不測の事態に対応するため、一時借入金の限度額を1億円と定めたものでございます。

 第7条、流用してはならない経費をそこでは記載をしております。職員給与費につきましては1億4,925万7,000円、交際費につきましては10万円というふうに決めております。

 第8条、棚卸資産の限度額を定めております。752万8,000円と定めたものでございます。

 3ページ以降につきましては、附属資料になっております。3ページ収益的収入をそこでは記載をいたしております。7億4,150万円の内訳を営業収益から特別利益まで記載をしたものでございます。

 続いて、4ページをお願いいたします。支出でございます。水道事業費用の内訳をそこでは記載をいたしております。7億2,226万9,000円でございます。この中で1目の原水及び浄水費1億7,775万2,000円、この中で主なものは、県からの受水費を374万2,000トンと見込み、経費を1億164万2,000円と計画をしているものでございます。動力費につきましては電力料等でございます。

 それから、2目の配水及び給水費9,568万5,000円を予定いたしておりますが、その中で主なものは修繕費4,058万1,000円、この主なものは配水管の修繕工事1,008万円、それから量水器の1,151個の修繕、それから各増圧施設、配水池等の修繕工事に充てるものでございます。

 それから、3目の受託工事8,650万6,000円でございますが、この主なものは先ほど御説明いたしました工事請負費7,560万円でございます。それから、業務費3,627万6,000円、この主なものは委託料564万6,000円でございます。これは私どもの方が検針員さんにお願いしております検針委託料5万7,600カ所の予定をしたものが主なものでございます。

 それから、5目の総係費6,909万円でございます。この中で主なものはリース料372万5,000円、これは事業会計等のシステム料を含めたリース料でございます。それから、減価償却費といたしまして1億123万9,000円、資産減耗費といたしまして805万円を予定いたしております。

 それから、営業外費用につきまして1億4,632万7,000円でございます。これは1目から3目までの内訳をそこに載しております。

 続いて、5ページをお願いいたします。資本的収入及び支出の各財源ごとの金額を表示いたしております。先ほど説明をさしていただきましたので、ここでは省略をさしていただきます。

 続いて、6ページをお願いいたします。資本的支出でございます。建設改良費として4億9,186万2,000円を予定いたしております。水源設備2億2,465万8,000円、これは先ほど御説明しました布部系のポンプ施設の改良工事2億1,000万円が主なものでございます。4目の建設事業管理費194万9,700円につきましては、これはこの建設改良に要します職員の給与費等をここでは記載をいたしております。

 それから、企業債の償還金1億1,031万1,000円、これは元金の支払い予定でございます。

 続いて、7ページをお願いいたします。資金計画表でございます。予算の執行率を95%見込みまして計画をしたものでございます。次年度への繰越金を4億2,595万7,000円と見込みを立てたものでございます。

 続いて、8ページをお願いいたします。8ページから14ページにつきましては給与費明細書でございます。内容につきましては、一般会計にほぼ準じたもので作成をいたしております。説明は省略さしていただきます。

 16ページをお願いいたします。13年度末におきます予定貸借対照表でございます。これは平成4年3月31日時点において保有すべき資産、負債、資本を16ページから18ページにわたりまして総括的に表示したものでございます。予算による経営活動を実施した場合に13年度末に予想される財政状況を示したものでございます。13年度末の資産合計が12年度末より3億6,284万4,000円増加いたしました46億5,598万1,484円と見込みを立てたものでございます。

 続いて、19ページをお願いいたします。12年度中の損益計算書でございます。12年中に予定される経営成績表であり、すべての収益と、それに対応しますすべての費用をここでは記載をいたしております。純利益と、その発生の由来を示し、12年度の純利益を873万5,000円と見込んだものでございます。

 続いて、20ページをお願いいたします。12年度末の予定貸借対照表でございます。これと、先ほど御説明いたしました13年度と対比していただきますと、資産状況がどういうふうに変化するかということがおわかりいただけるんじゃないかと思います。12年度の財政状況でございまして、資産合計を昨年度より1億6,057万2,704円増加いたしました42億9,313万7,484円と見込みをしたものでございます。

 続いて、24ページをお願いいたします。実施計画明細書でございます。水道事業収益につきましては、先ほど御説明いたしましたように昨年度より4,310万8,000円、率といたしまして6.2%多い7億4,150万円と見込みを立てたものでございます。この中で25ページの節の方で今説明しました以外のもので説明をいたしますと、他会計の負担金376万7,000円がございます。これは下水道の方に水道部で検針をいたしました下水道の使用料金のデータとして水道部が差し上げておる件数でございまして、1万4,416件、金額として376万7,000円を負担をしていただく経費でございます。

 それから、加入者分担金につきましては、そこに、説明の方に書いておりますように、157件を見込みを立てております。

 続いて、26ページをお願いいたします。水道事業費用でございます。昨年度より5,066万5,000円、率として75%増の7億2,226万9,000円を見込みを立てたものでございます。1目の原水及び浄水費、この中で特に13年度に新たに予定をしましたものについて説明をいたしますと、通信運搬費39万5,000円を予定しております。この中で清瀬と神庭の配水池に現在故障がした場合に職員が出かけていかないと、その故障がなかなかわからないというような経緯がございまして、これを今津の本管と、その故障が電話回線を使って連絡をつけれるというようなことで電話回線の使用料7万1,000円、これは新しい、13年度の新規事業として実施をしたいと思っております。それから、修繕費でございますが、1,806万円、これは昨年度より62.3%多い693万円の増を見込んでおります。これは山佐系のポンプの分解整備、制御盤の点検整備、それから矢田水源地のポンプ制御盤の点検整備等1,350万円等を予定したものが主なものでございます。

 それから、受水費につきましては、先ほど御説明いたしました水量の経費を見込んでおります。

 続いて、28ページをお願いいたします。配水及び給水費559万9,000円、率として6.2%の増を見込んでおります。この中で新規として予定をしておりますのは、委託料1,155万5,000円、その中で水道施設管理図の複製ということで105万円、水道施設の管理図を現在持っておりますけども、これが古くなりました関係で新たに作成をしたいということで経費を見込んだものでございます。それから、またここでは修繕費でございます。4,058万1,000円、昨年度より428万8,000円、11.8%の増でございます。内容につきましては、そこに、説明の欄に書いておりますが、その他の修繕の中の2,581万3,000円、これは清水の低区増圧ポンプの修繕等を実施し、また昨年度は修繕引当金として2,000万円を当初予算で見込んでおりましたけども、これを1,000万円見込んで今回減額し、予算化したものでございます。

 続いて、30ページをお願いいたします。受託工事費の内訳でございます。工事請負費として7,560万円、これは右に書いておりますような受託工事の工事請負費でございます。

 それから、4目の業務費でございます。これは昨年とほぼ同額を計上いたしておりますが、この中で特に私どもの方が先ほどお話ししました新規として予定しておりますのは、備消耗品費118万8,000円の中に緊急用の配水バックを1,000個購入したいと、経費として37万8,000円を予定をいたしております。

 続いて、32ページをお願いいたします。総係費、昨年度より184万4,000円増でございますが、この中で通信運搬費として139万3,000円予定しております。これは地震発生後に現場の方に携帯電話の連絡を入れましたところ、この携帯電話が使えなくて、実際に現場の方の状況が把握できないというような結果が出まして、これを何とかしなくてはいけないということから、この通信運搬費の中に中国移動無線システム使用料18万2,000円を見込んでおります。それから、手数料でございますが、5万円、これはこの後資本的支出のところへ出てまいります。新たに2トン車を購入して、緊急事態の対応をしたいということで、その経費を見込んでおります。それから、賃借料につきまして372万5,000円見てございますが、この中に先ほどお話ししました無線システムのリース料、現在私どもの方で考えておりますのは5機、各車に1機ずつ配車して緊急事態に対応していきたいということで62万4,000円を計上いたしております。

 続いて、34ページ、35ページをお願いいたします。2項の営業外費用でございます。1億4,632万7,000円、40万6,000円の増を見ておりますが、この中で消費税1,705万4,000円、昨年度より560万9,000円増額になっております。本来13年度は、先ほどお話ししましたようにプロパー事業が多くなりますと消費税の支払いというものが下がってまいります。実は計算の上では200万円程度になったわけでございますけども、消費税の支払い自体が12年度の実績をもとに第4回で支払いをするということで、200万円予算を計上していた場合に、その支払いができないということから、昨年度の支払い実績等を加味しながら費用化をさしていただいております。そういう意味で1,700万円の金額の計上をさしていただいておりますけども、恐らくこのまま予定どおりこれを実施いたしますと、約1,500万円の消費税の還付を受けれるんじゃないかというふうに考えておるところでございます。

 続いて、36ページ予備費でございます。説明は省略さしていただきます。

 38ページから39ページにつきましては、資本的収入及び支出の内訳を示しております。39ページの一番最後にございます委託料525万円、これは先ほど御説明しました老朽管、配水管、全体で12カ所ございましたけども、そのうちに設計委託として3カ所程度を発注したいという設計委託料でございます。

 続いて、40ページ、41ページをごらんいただきたいと思います。41ページの方に車両購入費252万円を予定をいたしております。先ほど御説明いたしました緊急事態に対応するため、現在は本庁の方から2トン車の必要があれば、そのとき借用しておりましたけども、やはり広範囲の緊急事態が発生した場合になかなか対応がし切れないということから、13年度、2トン車の普通トラックを購入したいということで計画をしたものでございます。以上の内容によりまして、緊急対応といたしまして総額380万5,000円を緊急事態対応の予算として計上をさしていただいております。

 なお、企業債の償還金でございます。13年度末の企業債残高25億9,479万円余の企業債償還金として1億1,031万1,000円を計画したものでございます。

 以上で13年度の水道事業の予算書の説明は終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(広野糺君) 以上9件の説明が終わりました。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております9件の予算案に対する質疑につきましては、6日、7日開催予定の全員協議会で行うことといたしたいと思います。これに御異議はありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(広野糺君) 御異議なしと認めます。よって、そのように決定されました。

 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次回本会議は3月8日午前10時から開議いたします。なお、あす6日は午前10時から全員協議会を開催し、本日説明がありました各予算案の質疑を行いますのでよろしくお願いいたします。

 本日はこれにて散会いたします。御苦労さまでした。

            午後4時37分 散会