議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 益田市

平成22年第477回 9月定例会 09月21日−05号




平成22年第477回 9月定例会 − 09月21日−05号







平成22年第477回 9月定例会



                平成22年9月21日

                (議事日程第5号)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本日の議事日程

(議案審査報告)

第1 認定第 1号 平成21年度益田市一般会計歳入歳出決算の認定について

                      (一般会計決算審査特別委員長報告)

第2 議第 90号 平成22年度益田市一般会計補正予算第3号

第3 議第 91号 平成22年度益田市施設貸付事業特別会計補正予算第1号

第4 認定第 2号 平成21年度益田市施設貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について

                              (総務委員長報告)

第5 議第 96号 平成22年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第2号

第6 議第 97号 平成22年度益田市市有林事業特別会計補正予算第1号

第7 議第 98号 平成22年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第1号

第8 認定第 9号 平成21年度益田市国営土地改良事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第9 認定第10号 平成21年度益田市市有林事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第10 認定第11号 平成21年度益田市造林受託事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第11 認定第12号 平成21年度益田市匹見財産区特別会計歳入歳出決算の認定について

第12 認定第13号 平成21年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について

                              (経済委員長報告)

第13 議第 99号 平成22年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号

第14 議第100号 平成22年度益田市駐車場事業特別会計補正予算第1号

第15 議第101号 平成22年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号

第16 議第102号 平成22年度益田市水道事業会計補正予算第1号

第17 議第106号 益田市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例制定について

第18 認定第 7号 平成21年度益田市飲料水供給施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第19 認定第 8号 平成21年度益田市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第20 認定第14号 平成21年度益田市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第21 認定第15号 平成21年度益田市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第22 認定第16号 平成21年度益田市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第23 認定第17号 平成21年度益田市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第24 認定第18号 平成21年度益田市水道事業会計決算の認定について

                              (建設委員長報告)

第25 議第 92号 平成22年度益田市介護保険特別会計補正予算第1号

第26 議第 93号 平成22年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号

第27 議第 94号 平成22年度益田市老人保健特別会計補正予算第1号

第28 議第 95号 平成22年度益田市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号

第29 議第104号 益田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

第30 議第105号 秦佐八郎博士顕彰医学生奨学金貸付条例の一部を改正する条例制定について

第31 認定第 3号 平成21年度益田市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

第32 認定第 4号 平成21年度益田市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

第33 認定第 5号 平成21年度益田市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

第34 認定第 6号 平成21年度益田市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

                            (文教厚生委員長報告)

(請願・陳情案件審査報告)

第35 請願第 3号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について

第36 陳情第10号 益田市立学校給食センター(仮称)建設工事実施設計業務の発注に伴う、地元設計業者への優先発注について

                              (総務委員長報告)

第37 請願第 4号 「新たな保育制度」に反対する意見書の提出について

                            (文教厚生委員長報告)

(追加議案)

第38 報第 24号 健全化判断比率について

第39 報第 25号 資金不足比率について

第40 諮問第 2号 人権擁護委員候補者の推薦について

第41 議第108号 教育委員会委員の任命について

第42 議第109号 行政情報公開不服審査会委員の任命について

第43 議第110号 地方財政の充実・強化を求める意見書について

第44 議第111号 米価の大暴落に歯止めをかける緊急対策を求める意見書について

第45 諸報告

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議に付した事件

本日の議事日程のとおり

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(27名)

1 番   前 田   士 君          2 番   河 野 利 文 君

3 番   安 達 美津子 君          4 番   久 城 恵 治 君

5 番   中 島   守 君          6 番   松 原 義 生 君

7 番   井 藤 章 雄 君          9 番   永 見 おしえ 君

10 番   弘 中 英 樹 君          11 番   林   卓 雄 君

12 番   大久保 五 郎 君          13 番   福 原 宗 男 君

14 番   宮 内 智 士 君          15 番   野 村 良 二 君

16 番   寺 井 良 徳 君          17 番   山 根 哲 朗 君

18 番   平 谷   昭 君          19 番   澁 谷   勝 君

20 番   石 田 米 治 君          21 番   波 田 英 機 君

22 番   岡 田 正 隆 君          23 番   安 達 幾 夫 君

24 番   佐々木 惠 二 君          25 番   久 保 正 典 君

26 番   長谷川   昇 君          27 番   大 畑 茂三郎 君

28 番   山 崎 一 美 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欠席議員(0名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席した議会事務局職員

局長       三 浦 敬 司        次長       国 司   広

係長       澄 川 雄 司        主任       今 井 猛 之

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 説明のため出席した者

市長       福 原 慎太郎 君    副市長      石 川   保 君

教育委員長    尾 庭 昌 喜 君    教育長      三 浦 正 樹 君

会計管理者出納室長事務取扱         経営企画部長   折 笠 史 典 君

         大 畑   強 君

危機管理監    桂 木 正 則 君    総務部長     領 家 貞 夫 君

産業経済部長   堀 江 勝 幸 君    建設部長     斎 藤 幸 士 君

水道部長     篠 原 栄 次 君    美都総合支所長  斎 藤 清 一 君

匹見総合支所長  下 瀬 茂 美 君    教育部長     門 脇 幸 見 君

消防長      杉 原 寛 臣 君    政策企画課長   川 原 敏 之 君

地域振興課長   山 本 裕 士 君    総務管理課長   田 中 和 明 君

財政課長     藤 岡   寿 君    教育総務課長   林   秀 輔 君

農委事務局長   田 中 康 博 君    監査公平局長   桐 山 和 明 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







              午前9時0分 開議



○議長(前田士君) おはようございます。

 これより本日の会議を開きます。

 議案審査報告を行います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 認定第1号 平成21年度益田市一般会計歳入歳出決算の認定について



○議長(前田士君) 日程第1、認定第1号平成21年度益田市一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。

 本件につきましては、一般会計決算審査特別委員会委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 19番 澁谷勝君。

              〔一般会計決算審査特別委員長 澁谷 勝君 登壇〕



◆一般会計決算審査特別委員長(澁谷勝君) おはようございます。

 今期定例会におきまして一般会計決算審査特別委員会に付託となりました認定第1号平成21年度益田市一般会計歳入歳出決算の認定につきましては、去る9日及び10日の両日、委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付してあります委員会審査報告書のとおり認定とする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

           一般会計決算審査特別委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案1件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                    記

1 認定第1号 平成21年度益田市一般会計歳入歳出決算の認定について

       〇 本件については、認定すべきものと決した。

    平成22年9月21日

               一般会計決算審査特別委員会委員長 澁 谷   勝

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対して質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 ただいま委員長の報告は、認定第1号については認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 議第90号 平成22年度益田市一般会計補正予算第3号



△日程第3 議第91号 平成22年度益田市施設貸付事業特別会計補正予算第1号



△日程第4 認定第2号 平成21年度益田市施設貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について



○議長(前田士君) 日程第2、議第90号平成22年度益田市一般会計補正予算第3号、日程第3、議第91号平成22年度益田市施設貸付事業特別会計補正予算第1号、日程第4、認定第2号平成21年度益田市施設貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案3件を一括議題といたします。

 本件につきましては、総務委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 19番 澁谷勝君。

              〔総務委員長 澁谷 勝君 登壇〕



◆総務委員長(澁谷勝君) 今期定例会におきまして総務委員会に付託となりました議案3件につきましては、去る13日委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付してあります委員会審査報告書のとおり、3件いずれも原案のとおり可決及び認定とする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

               総務委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案3件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                    記

1 議第90号 平成22年度益田市一般会計補正予算第3号

2 議第91号 平成22年度益田市施設貸付事業特別会計補正予算第1号

       〇 本件については、2件いずれも原案のとおり可決すべきものと決した。

3 認定第2号 平成21年度益田市施設貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について

       〇 本件については認定すべきものと決した。

    平成22年9月21日

                       総務委員会委員長 澁 谷   勝

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 採決に当たっては、議案ごとにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 まず、議第90号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第91号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第2号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5  議第 96号 平成22年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第2号



△日程第6  議第 97号 平成22年度益田市市有林事業特別会計補正予算第1号



△日程第7  議第 98号 平成22年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第1号



△日程第8  認定第 9号 平成21年度益田市国営土地改良事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第9  認定第10号 平成21年度益田市市有林事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第10 認定第11号 平成21年度益田市造林受託事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第11 認定第12号 平成21年度益田市匹見財産区特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第12 認定第13号 平成21年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について



○議長(前田士君) 日程第5、議第96号平成22年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第2号、日程第6、議第97号平成22年度益田市市有林事業特別会計補正予算第1号、日程第7、議第98号平成22年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第1号、日程第8、認定第9号平成21年度益田市国営土地改良事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第9、認定第10号平成21年度益田市市有林事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第10、認定第11号平成21年度益田市造林受託事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第11、認定第12号平成21年度益田市匹見財産区特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第12、認定第13号平成21年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案8件を一括議題といたします。

 本件につきましては、経済委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 12番 大久保五郎君。

              〔経済委員長 大久保五郎君 登壇〕



◆経済委員長(大久保五郎君) おはようございます。

 今期定例会におきまして経済委員会に付託となりました予算議案3件、認定議案5件の計8件につきまして、去る14日に委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付しております委員会審査報告書のとおり、議案8件については、いずれも原案のとおり可決及び認定すべきものとする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

               経済委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案8件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                    記

1 議第 96号 平成22年度益田市国営土地改良事業特別会計補正予算第2号

2 議第 97号 平成22年度益田市市有林事業特別会計補正予算第1号

3 議第 98号 平成22年度益田市造林受託事業特別会計補正予算第1号

        〇 本件については、3件いずれも原案のとおり可決すべきものと決した。

4 認定第 9号 平成21年度益田市国営土地改良事業特別会計歳入歳出決算の認定について

5 認定第10号 平成21年度益田市市有林事業特別会計歳入歳出決算の認定について

6 認定第11号 平成21年度益田市造林受託事業特別会計歳入歳出決算の認定について

7 認定第12号 平成21年度益田市匹見財産区特別会計歳入歳出決算の認定について

8 認定第13号 平成21年度益田市益田駅前地区市街地再開発事業特別会計歳入歳出決算の認定について

        〇 本件については、5件いずれも認定すべきものと決した。

    平成22年9月21日

                       経済委員会委員長 大久保 五 郎

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 採決に当たっては、議案ごとにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 まず、議第96号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第97号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第98号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第9号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第10号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第11号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第12号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第13号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13 議第 99号 平成22年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号



△日程第14 議第100号 平成22年度益田市駐車場事業特別会計補正予算第1号



△日程第15 議第101号 平成22年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号



△日程第16 議第102号 平成22年度益田市水道事業会計補正予算第1号



△日程第17 議第106号 益田市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例制定について



△日程第18 認定第 7号 平成21年度益田市飲料水供給施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第19 認定第 8号 平成21年度益田市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第20 認定第14号 平成21年度益田市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第21 認定第15号 平成21年度益田市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第22 認定第16号 平成21年度益田市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第23 認定第17号 平成21年度益田市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第24 認定第18号 平成21年度益田市水道事業会計決算の認定について



○議長(前田士君) 日程第13、議第99号平成22年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号、日程第14、議第100号平成22年度益田市駐車場事業特別会計補正予算第1号、日程第15、議第101号平成22年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号、日程第16、議第102号平成22年度益田市水道事業会計補正予算第1号、日程第17、議第106号益田市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例制定について、日程第18、認定第7号平成21年度益田市飲料水供給施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第19、認定第8号平成21年度益田市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第20、認定第14号平成21年度益田市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第21、認定第15号平成21年度益田市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第22、認定第16号平成21年度益田市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第23、認定第17号平成21年度益田市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第24、認定第18号平成21年度益田市水道事業会計決算の認定について、議案12件を一括議題といたします。

 本件につきましては、建設委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 16番 寺井良徳君。

              〔建設委員長 寺井良徳君 登壇〕



◆建設委員長(寺井良徳君) おはようございます。

 今期定例会におきまして建設委員会に付託となりました議案12件につきまして、去る15日に委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付いたしております委員会審査報告書のとおり、議案12件はいずれも原案のとおり可決及び認定すべきものとする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

               建設委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案12件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                    記

1 議第 99号 平成22年度益田市公共下水道事業特別会計補正予算第1号

2 議第100号 平成22年度益田市駐車場事業特別会計補正予算第1号

3 議第101号 平成22年度益田市土地区画整理事業特別会計補正予算第1号

4 議第102号 平成22年度益田市水道事業会計補正予算第1号

5 議第106号 益田市道路占用料徴収条例等の一部を改正する条例制定について

        〇 本件については、5件いずれも原案のとおり可決すべきものと決した。

6 認定第 7号 平成21年度益田市飲料水供給施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について

7 認定第 8号 平成21年度益田市簡易水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

8 認定第14号 平成21年度益田市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について

9 認定第15号 平成21年度益田市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

10 認定第16号 平成21年度益田市駐車場事業特別会計歳入歳出決算の認定について

11 認定第17号 平成21年度益田市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

12 認定第18号 平成21年度益田市水道事業会計決算の認定について

        〇 本件については、7件いずれも認定すべきものと決した。

    平成22年9月21日

                       建設委員会委員長 寺 井 良 徳

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 採決に当たっては、議案ごとにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 まず、議第99号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第100号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第101号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第102号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第106号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第7号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第8号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第14号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第15号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第16号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第17号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

 次に、認定第18号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第25 議第 92号 平成22年度益田市介護保険特別会計補正予算第1号



△日程第26 議第 93号 平成22年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号



△日程第27 議第 94号 平成22年度益田市老人保健特別会計補正予算第1号



△日程第28 議第 95号 平成22年度益田市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号



△日程第29 議第104号 益田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について



△日程第30 議第105号 秦佐八郎博士顕彰医学生奨学金貸付条例の一部を改正する条例制定について



△日程第31 認定第 3号 平成21年度益田市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第32 認定第 4号 平成21年度益田市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第33 認定第 5号 平成21年度益田市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第34 認定第 6号 平成21年度益田市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について



○議長(前田士君) 日程第25、議第92号平成22年度益田市介護保険特別会計補正予算第1号、日程第26、議第93号平成22年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号、日程第27、議第94号平成22年度益田市老人保健特別会計補正予算第1号、日程第28、議第95号平成22年度益田市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号、日程第29、議第104号益田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について、日程第30、議第105号秦佐八郎博士顕彰医学生奨学金貸付条例の一部を改正する条例制定について、日程第31、認定第3号平成21年度益田市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第32、認定第4号平成21年度益田市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第33、認定第5号平成21年度益田市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、日程第34、認定第6号平成21年度益田市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、議案10件を一括議題といたします。

 本件につきましては、文教厚生委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 11番 林卓雄君。

              〔文教厚生委員長 林 卓雄君 登壇〕



◆文教厚生委員長(林卓雄君) 今期定例会におきまして文教厚生委員会に付託となりました予算議案4件、条例議案2件、認定議案4件、計10件につきまして、去る16日に委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付しております委員会審査報告書のとおり、10件いずれも原案のとおり可決及び認定するものとする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。

      ─────────────────────────────

              文教厚生委員会審査報告書

 本委員会に付託された議案10件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第101条の規定により報告します。

                    記

1 議第 92号 平成22年度益田市介護保険特別会計補正予算第1号

2 議第 93号 平成22年度益田市国民健康保険事業特別会計補正予算第1号

3 議第 94号 平成22年度益田市老人保健特別会計補正予算第1号

4 議第 95号 平成22年度益田市後期高齢者医療特別会計補正予算第1号

5 議第104号 益田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例制定について

6 議第105号 秦佐八郎博士顕彰医学生奨学金貸付条例の一部を改正する条例制定について

        〇 本件については、6件いずれも原案のとおり可決すべきものと決した。

7 認定第 3号 平成21年度益田市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

8 認定第 4号 平成21年度益田市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

9 認定第 5号 平成21年度益田市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

10 認定第 6号 平成21年度益田市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について

        〇 本件については、4件いずれも認定すべきものと決した。

    平成22年9月21日

                     文教厚生委員会委員長 林   卓 雄

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

 17番 山根哲朗君。



◆17番(山根哲朗君) 議第105号秦佐八郎博士顕彰医学生奨学金貸付条例の一部を改正する条例制定についてということでお尋ねをいたします。

 いわゆる内容が若干変わったということなんですけれども、これを変えるに当たって、周辺の市町村との、これを改正するに当たっての調整が若干必要であったかという懸念を持っておりますけれども、その辺はいかに審議をなさったでしょうか。



○議長(前田士君) 11番 林卓雄君。



◆文教厚生委員長(林卓雄君) 議第105号につきましては、そのことを含めて委員会で審議をしたとこでございます。

 実は、津和野町は全国から応募してらっしゃるということで、またこういう制度というのは周辺隣市、萩市、吉賀、浜田市にはないというような報告もしております。その上で、周辺の首長さんから話があり、市長も改めてお願いをし、また一部改正をする条例案を内容を変えて、市長が思いがあってということで議論をさせていただいたとこでございます。



○議長(前田士君) 17番 山根哲朗君。



◆17番(山根哲朗君) 今林委員長、改めてというお言葉をお使いになりましたけれども、やはり大事なことは、益田市のみならず、医療の問題、お医者様の不足する問題は全国的な大きな課題です。そのことに直接これからかかわっていこうとする重要な法律でありますから、やはり前もってのいわゆる協議というものが私は大きく欠けていたというふうに審議過程の中でとらえました。

 私は、これやはり、市長がどうしたということも大事でしょうが、そのことの前段をつくり上げる、いわゆる当局、原課、そこでのとらえ方が私は少し甘かったといえば言葉が過ぎるかもわかりませんけれども、そういう配慮が大いに不足したという点が、私は常任委員会の審査の中で指摘が少し足りなかったのではないか、もう少し厳しくそのあたりを追及すべきではなかったのかというふうに考えておりますが、いかがですか。



○議長(前田士君) 11番 林卓雄君。



◆文教厚生委員長(林卓雄君) 山根議員さんが御指摘されるとおりだったかもしれません。この問題につきまして、今の返還の問題が出てまいりました。それから、周辺地の益田市以外の学生がいるということの現状もお聞きしました。しかしながら、この益田市の医療というものを、基幹病院をどう支えていくかの中で、そのほうの議論ばかりはしておりましたけれども、慎重に、もうしばらくすべきではなかったかという御質問でございますが、そうおっしゃられれば、そのことについては深くは議論しておりませんでした。



○議長(前田士君) 17番 山根哲朗君。



◆17番(山根哲朗君) 委員長も私も周辺に住む人間であります。小さな自治体が抱える問題、そしてとりわけその中心にある益田市がこうした課題に対してどう向き合うかということは常に注目を得ている、そしてその重責を担っていかなければいけないという、そういう立場にある自治体、益田市であります。その辺を十分御認識の上、今後の議論を展開していただきたいと要望しておきます。

 以上です。



○議長(前田士君) ほかに質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 採決に当たっては、議案ごとにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 まず、議第92号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第93号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第94号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第95号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第104号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、議第105号について、委員長の報告は原案のとおり可決すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 次に、認定第3号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定されました。

 次に、認定第4号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定されました。

 次に、認定第5号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定されました。

 次に、認定第6号について、委員長の報告は認定すべきものとするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、本案は委員長の報告のとおり認定されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第35 請願第 3号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について



△日程第36 陳情第10号 益田市立学校給食センター(仮称)建設工事実施設計業務の発注に伴う、地元設計業者への優先発注について



○議長(前田士君) 続きまして、請願・陳情案件の審査報告を行います。

 日程第35、請願第3号、日程第36、陳情第10号、請願1件、陳情1件、計2件を一括議題といたします。

 本件につきましては、総務委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 19番 澁谷勝君。

              〔総務委員長 澁谷 勝君 登壇〕



◆総務委員長(澁谷勝君) 今期定例会におきまして総務委員会に付託となりました請願1件、陳情1件、計2件につきましては、去る13日、委員会を開催し、慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付してあります委員会審査報告書のとおり、2件いずれも採択とする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

               総務委員会審査報告書

 本委員会に付託された請願1件、陳情1件について審査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第131条の規定により報告します。

                    記

1 請願第3号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について

       〇 本件については採択すべきものと決した。

2 陳情第10号 益田市立学校給食センター(仮称)建設工事実施設計業務の発注に伴う、地元設計業者への優先発注について

       〇 本件については採択すべきものと決した。

    平成22年9月21日

                       総務委員会委員長 澁 谷   勝

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 採決に当たっては、議案ごとにいたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 まず、請願第3号について、委員長の報告は採択とするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、請願第3号については委員長の報告のとおり決しました。

 次に、陳情第10号について、委員長の報告は採択とするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、陳情第10号については委員長の報告のとおり決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第37 請願第4号 「新たな保育制度」に反対する意見書の提出について



○議長(前田士君) 日程第37、請願第4号を議題といたします。

 本件につきましては、文教厚生委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 11番 林卓雄君。

              〔文教厚生委員長 林 卓雄君 登壇〕



◆文教厚生委員長(林卓雄君) 今期定例会におきまして文教厚生委員会に付託となりました請願1件につきまして、去る16日に委員会を開催し、慎重に審査をいたしました結果、お手元に配付してあります委員会審査報告書のとおり、継続審査とする審査結果でございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願いを申し上げます。

      ─────────────────────────────

              文教厚生委員会審査報告書

 本委員会に付託された請願1件について調査の結果、次のとおり決定したので、会議規則第131条の規定により報告します。

                    記

1 請願第4号 「新たな保育制度」に反対する意見書の提出について

       〇 本件についてはさらに調査検討を要するため、継続審査と決した。

                     文教厚生委員会委員長 林   卓 雄

益田市議会議長  前 田   士 殿

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 討論はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 討論を終結し、採決いたします。

 請願第4号について、委員長の報告は継続審査とするものであります。

 委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手多数であります。よって、請願第4号については委員長の報告のとおり決しました。

 以上で請願・陳情案件の審査報告を終了いたしました。

 この際、暫時休憩いたします。

 10分休憩後、全員協議会を開きますので、大会議室にお集まりください。

              午前9時47分 休憩

              午後1時45分 再開



○議長(前田士君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより追加議案の上程を行います。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第38 報第24号 健全化判断比率について



△日程第39 報第25号 資金不足比率について



○議長(前田士君) 日程第38、報第24号健全化判断比率について、日程第39、報第25号資金不足比率についての2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました報第24号健全化判断比率について及び報第25号資金不足比率について、一括して御報告を申し上げます。

 平成21年度決算に係ります健全化判断比率並びに資金不足比率につきましては、去る8月9日から20日までの間、監査委員の審査を受けたところであります。

 お配りしております議案のとおり、健全化判断比率については、各比率とも早期健全化基準未満の比率と相なり、また資金不足比率におきましても、公営企業における資金不足はなく、いずれの会計も経営健全化基準未満と相なった次第でございます。

 つきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22項第1号の規定に基づき、監査委員の審査意見書を付しまして議会に御報告を申し上げる次第でございます。



○議長(前田士君) 以上で報第24号及び報第25号の報告を終わります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第40 諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について



○議長(前田士君) 日程第40、諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました諮問第2号人権擁護委員候補者の推薦について提案理由の御説明を申し上げます。

 人権擁護委員であります野村良友氏がこの5月31日をもって退任されましたことから、先般松江地方法務局長より、この後任の委員について候補者の推薦依頼がありました。

 ついては、人権擁護委員法第6条第3項の規定及び同局長の示す基準に従って選考いたしました結果、新たに青戸早苗氏、住所は益田市西平原町1327番地4を推薦いたしたく、議会の意見を求めるものでございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案のとおり適任と認めることに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(前田士君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり適任と認めることに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第41 議第108号 教育委員会委員の任命について



○議長(前田士君) 日程第41、議第108号教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました議第108号教育委員会委員の任命について提案理由の御説明を申し上げます。

 益田市教育委員会委員であります尾庭昌喜氏の任期がこの10月2日をもって満了いたしますことから、その後任の委員につきまして、新たに中島匡博氏、住所は益田市高津二丁目4番27号を任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、議会の同意を得ようとするものであります。よろしく御審議の上、同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案に同意することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(前田士君) 起立全員であります。よって、本案は原案に同意することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第42 議第109号 行政情報公開不服審査会委員の任命について



○議長(前田士君) 日程第42、議第109号行政情報公開不服審査会委員の任命についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました議第109号行政情報公開不服審査会委員の任命について提案理由の御説明を申し上げます。

 益田市行政情報公開不服審査会委員であります末永汎本氏の任期がこの9月30日をもって満了いたしますことから、その後任の委員につきまして、同氏を引き続き任命いたしたく、益田市行政情報公開条例第19条第2項の規定に基づき、議会の同意を得ようとするものでございます。よろしく御審議の上、同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案に同意することに賛成の方の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(前田士君) 起立全員であります。よって、本案は原案に同意することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第43 議第110号 地方財政の充実・強化を求める意見書について



○議長(前田士君) 日程第43、議第110号地方財政の充実・強化を求める意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 19番 澁谷勝君。

              〔19番 澁谷 勝君 登壇〕



◆19番(澁谷勝君) ただいま議題となりました議第110号につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 本件につきましては、今期定例会において採択いただきました請願に基づき、国に対し意見書を提出しようとするものであります。

 朗読は省略させていただきますが、内容につきましては、お手元に配付してあります意見書案のとおりでございます。よろしく御審議の上、御賛同を賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

            地方財政の充実・強化を求める意見書

 世界同時不況に端を発した経済状況は、深刻の度を増しており、地域の雇用確保、社会保障の充実など、地域のセーフティネットとしての地方自治体が果たす役割はますます重要となっている。

 特に、地域経済と雇用対策の活性化が求められる中で、介護・福祉施策の充実、農林水産業の振興、クリーンエネルギーの開発など、雇用対策と結びつけ、これらの政策分野の充実・強化が求められている。

 2010年度予算において、地方交付税が前年度比1.1兆円増加されたことは、三位一体改革で深刻な影響を受けた地方財政に対し、新政権が地方交付税の充実という地方の要望に応えたものとして評価できるものであり、来年度予算においても本年度の予算規模を地方財政計画・地方交付税措置に継続的に取り入れるなどの大胆な予算措置が必要である。

 このため、2011年度の地方財政予算全体の安定確保に向けて、次の事項について強く要望する。

                    記

(1) 医療、福祉分野の人材確保をはじめとするセーフティネット対策の充実、農林水産業の再興、環境対策など、今後増大する財政需要を的確に取り入れ、2011年度地方財政計画・地方交付税総額を確保すること。

(2) 地方財源の充実・強化を図るため、国・地方の税収配分5:5を実現する税源委譲と格差是正のための地方交付税確保、地方消費税の充実、国の直轄事業負担金の見直しなど、抜本的な対策を進めること。

(3) 2010年度予算において創設された「地域活性化・雇用等臨時特例費」などに相当する額を恒久的に地方財政計画・地方交付税措置に取り入れ、自治体が安心して雇用対策に取り組める環境整備を行うこと。

(4) 景気対策を通じて拡大する公共事業に対して、地方負担を増加させることの無いよう十分な財政措置を講じること。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

    平成22年9月21日

                               益 田 市 議 会

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第110号については、この際討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第44 議第111号 米価の大暴落に歯止めをかける緊急対策を求める意見書について



○議長(前田士君) 日程第44、議第111号米価の大暴落に歯止めをかける緊急対策を求める意見書についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 3番 安達美津子君。

              〔3番 安達美津子君 登壇〕



◆3番(安達美津子君) ただいま議題となりました議第111号につきまして提案理由の御説明を申し上げます。

 生産者米価の暴落は全国的な傾向になりました。島根県においても、21年産米コシヒカリの一等米の概算金は30キロあたり6,400円でしたが、ことしは5,350円と、1,050円も下落しています。また、ことしの夏の猛暑の影響により高温障害も心配され、農家にとって事態は深刻です。そのため、国に対し、米価の大暴落に歯どめをかける緊急対策を講じることを求める意見書を提出しようとするものです。

 朗読は省略させていただきますが、内容につきましては、お手元に配付いたしております意見書案のとおりでございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。

      ─────────────────────────────

        米価の大暴落に歯止めをかける緊急対策を求める意見書

 近年、米価は下落の一途をたどり、9月の相対取引は過去最低にまで落ち込んでいる。

 政府は、今年度から生産費を補填する新しい戸別所得補償政策のモデル対策を実施するが、米の需要減退に伴い2009年産と2010年産を合わせた米の供給過剰は60万トン以上となり、さらに今年の過剰作付による20万トンを加え過剰米は80万トンにも及んでいる。2010年産概算金は軒並み低く設定され、米農家においては今年の収穫時に大変不安感や危機感を抱いている。

 日本の食料自給率は40%と低迷し、農業人口は大幅な減少が続いている。過疎高齢化の農山村にあっては、主食である米の生産費は販売価格を上回り、さらに米価の下落が続けば、稲作農家は米の生産そのものが続けられなくなり、さらに過疎化が進行する。このことは、日本の稲作を根幹から揺るがす大きな問題である。

 国民の食生活を守るために生産と消費の需要調整を図り、直ちに過剰米を買い入れ、価格の回復と安定を図るため、米価の下落防止対策を直ちに講ずることを強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

    平成22年9月21日

                               益 田 市 議 会

      ─────────────────────────────



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第111号については、この際討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第45 諸報告



○議長(前田士君) 日程第45、諸報告を議題といたします。

 本件は、地方自治法第100条第13項及び会議規則第154条第1項のただし書きの規定により、議長においてその決定をしたので、お手元に配付の議員派遣実施報告書をもって報告にかえさせていただきます。

 この際、尾庭教育委員長より発言を求められておりますので、これを許します。

 尾庭教育委員長。

              〔教育委員長 尾庭昌喜君 登壇〕



◎教育委員長(尾庭昌喜君) 大変貴重な時間をいただきまして、退任のあいさつをさせていただきます。

 私は、教育委員として平成16年から6年半年、また委員長として3年半年、議会に初めて出席しましたのは昨年の9月議会なので、約1年間、都合5回出席させていただきました。私としては、大変貴重な体験をさせていただきました。議会への出席は、市長の強い思いであったと思います。

 ただ、個人として貴重であっただけということでしたら大変申しわけありませんので、若干の感想を述べさせていただきます。議会に関しましては素人同然ですので、聞き流してもらって結構です。

 ある議会のとき、平谷議員が、「議会の役割は2つある。1つはチェック機能を果たすべきである。事務局提案の議題について十分に議論すべきである。そして、住民の意思に沿っていく。もう一つは、政策立案能力を磨き、事務局といわば一緒になって政策の実行を目指す」、私は、お聞きしながら、そうだなというふうに感じました。そうした意味で、市長の政治姿勢を問うことはもちろん大切なことですが、もっと具体的な提案があってもよかったのではないかなと思っております。

 しかし、今議会においては、心を揺すぶられるものが幾つかありました。例えば、山崎議員のふるさとに対する切々とした思いは私の胸を打ちました。その上で、具体的にどうするかは大変悩ましいことだなと思いました。

 あるとき、高校生が議会を傍聴しました。その高校生の一人に「どうだった」というふうに感想を尋ねましたときに、彼は「質問の意味はわかったけれども、答弁でわかりにくいものがあった」とのことでした。時間の制約もあり、大変だとは思いますが、もっと丁寧でわかりやすい説明になるよう工夫すべきであろうかな、また質問の趣旨がもっとわかりやすいと答弁もしやすいのではないかというふうにも思いました。

 最後に、この議場には市の幹部職員の方しかいらっしゃいませんが、全職員が、市の職員になったこと、つまり原点を思い出して、自分が市長になったつもりで平素から職務に励んでいただければ、きっと市民の理解ももっと増すのではないかというふうに思いました。

 また、先ほどは、全協でもありましたように、学力の問題であるとか、給食センター、あるいは学校統合や中世のまちづくり等々数多くの課題を教育委員会は抱えております。どうか一緒になって取り組んでいただければ大変うれしく思います。

 以上、大変口幅ったいことを申し上げましたが、お許しください。大変ありがとうございました。



○議長(前田士君) 尾庭教育委員長、御苦労さまでございました。

 以上をもちまして本定例会の全日程を終了いたしました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(前田士君) これにて第477回益田市議会定例会を閉会いたします。

 大変御苦労さまでございました。

              午後2時2分 閉会







 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。



              益田市議会議長







              益田市議会副議長







              益田市議会議員







              益田市議会議員