議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 益田市

平成22年第476回 6月定例会 06月07日−01号




平成22年第476回 6月定例会 − 06月07日−01号







平成22年第476回 6月定例会



              第476回益田市議会定例会会議録



                         招集年月日 平成22年6月7日

                         招集場所  益田市議会議場

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 本日の議事日程

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 議第77号 平成22年度益田市一般会計補正予算第1号

第4 議第78号 益田市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例制定について

第5 議第79号 市道路線の廃止について

第6 議第80号 市道路線の認定について

第7 報第 9号 繰越明許費繰越計算書について

第8 報第10号 益田市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

第9 報第11号 益田市造林受託事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

第10 報第12号 益田市匹見財産区特別会計繰越明許費繰越計算書について

第11 報第13号 益田市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

第12 報第14号 益田市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について

第13 報第15号 益田市水道事業会計予算繰越計算書について

第14 報第16号 平成21年度株式会社きのこハウス実績状況及び平成22年度事業計画について

第15 報第17号 平成21年度株式会社エイト実績状況及び平成22年度事業計画について

第16 報第18号 平成21年度株式会社ひきみ実績状況及び平成22年度事業計画について

第17 報第19号 平成21年度益田市土地開発公社実績状況及び平成22年度事業計画について

第18 議第81号 議員定数調査に関する審査について

第19 諸報告

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 会議に付した事件

本日の議事日程のとおり

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席議員(27名)

1 番   前 田   士 君          2 番   河 野 利 文 君

3 番   安 達 美津子 君          4 番   久 城 恵 治 君

5 番   中 島   守 君          6 番   松 原 義 生 君

7 番   井 藤 章 雄 君          9 番   永 見 おしえ 君

10 番   弘 中 英 樹 君          11 番   林   卓 雄 君

12 番   大久保 五 郎 君          13 番   福 原 宗 男 君

14 番   宮 内 智 士 君          15 番   野 村 良 二 君

16 番   寺 井 良 徳 君          17 番   山 根 哲 朗 君

18 番   平 谷   昭 君          19 番   澁 谷   勝 君

20 番   石 田 米 治 君          21 番   波 田 英 機 君

22 番   岡 田 正 隆 君          23 番   安 達 幾 夫 君

24 番   佐々木 惠 二 君          25 番   久 保 正 典 君

26 番   長谷川   昇 君          27 番   大 畑 茂三郎 君

28 番   山 崎 一 美 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 欠席議員(0名)

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 出席した議会事務局職員

局長       三 浦 敬 司        次長       国 司   広

係長       澄 川 雄 司

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 説明のため出席した者

市長       福 原 慎太郎 君    副市長      石 川   保 君

教育委員長    尾 庭 昌 喜 君    教育長      三 浦 正 樹 君

会計管理者出納室長事務取扱         経営企画部長   折 笠 史 典 君

         大 畑   強 君

危機管理監    桂 木 正 則 君    総務部長     領 家 貞 夫 君

福祉環境部長兼保健センター長        産業経済部長   堀 江 勝 幸 君

         田 中   敦 君

建設部長     斎 藤 幸 士 君    水道部長     篠 原 栄 次 君

美都総合支所長  斎 藤 清 一 君    匹見総合支所長  下 瀬 茂 美 君

教育部長     門 脇 幸 見 君    消防長      杉 原 寛 臣 君

政策企画課長   川 原 敏 之 君    総務管理課長   田 中 和 明 君

財政課長     藤 岡   寿 君    人事課長     福 原   司 君

教育総務課長   林   秀 輔 君    農委事務局長   田 中 康 博 君

監査公平局長   桐 山 和 明 君

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







              午前9時0分 開会



○議長(前田士君) おはようございます。

 これより第476回益田市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(前田士君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則の規定により、議長において2番河野利文君、3番安達美津子君を指名いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第2 会期の決定



○議長(前田士君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

 本件につきましては、議会運営委員長の報告を求めます。

 委員長、報告願います。

 18番 平谷昭君。

              〔議会運営委員長 平谷 昭君 登壇〕



◆議会運営委員長(平谷昭君) おはようございます。

 第476回益田市議会定例会の会期につきましては、去る5月28日に議会運営委員会を開催し、執行部出席のもと慎重に協議をいたしました結果、本定例会の会期は、本日6月7日から24日までの18日間とするものであります。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 委員長の報告に対し、質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 ただいま委員長の報告は、今期定例会の会期は、本日7日から24日までの18日間とするものであります。委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認めます。よって、今期定例会の会期は、本日7日から24日までの18日間と決しました。

 この際、暫時休憩いたします。

 全員協議会を開きますので、議案書を持って大会議室へお集まりください。

              午前9時3分 休憩

              午前10時35分 再開



○議長(前田士君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第3 議第77号 平成22年度益田市一般会計補正予算第1号



○議長(前田士君) 日程第3、議第77号平成22年度益田市一般会計補正予算第1号を議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました議第77号平成22年度益田市一般会計補正予算第1号につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。

 今回の補正につきましては、萩・石見空港の利用率向上のための緊急支援とともに、本年4月からの派遣職員にかかわる経費、さらに県などから追加補助認証を受けたもので、早期対応を要する事業について補正をいたそうとするものでございます。

 まず、歳出につきましては、総務費におきまして、派遣職員等にかかわります一般職給与費などと定住対策事業費を合わせまして2,057万5,000円、商工費におきましては、萩・石見空港利用拡大特別推進費などといたしまして4,562万5,000円、教育費におきましては、派遣職員にかかわります一般職給与費などと子どもの体力向上支援事業費を合わせ2,269万8,000円を計上するものであります。

 また、歳入につきましては、それぞれの事業に伴う特定財源として、県支出金及び諸収入を合わせまして903万8,000円を計上し、不足する財源を財政調整基金からの繰入金7,986万円により調整いたした次第でございます。

 その結果、補正予算の総額は、歳入歳出それぞれ8,889万8,000円となり、補正後の予算の総額は、歳入歳出それぞれ245億6,689万8,000円と相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑は歳出から款ごとに行います。後戻りのないよう議事進行に御協力をお願いいたします。

 なお、質問に当たっては、ページをお知らせの上、質問を願います。

 款2総務費について、10ページから13ページ、質疑ありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 以上で総務費を終わります。

 款7商工費について、14ページから15ページ、質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 以上で商工費を終わります。

 款10教育費について、16ページから19ページ、質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 以上で教育費を終わります。

 これにて歳出の質疑を終わります。

 次に、歳入につきましては一括して行います。

 8ページから9ページまで、質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議第77号については、総務常任委員会に付託をいたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第4 議第78号 益田市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例制定について



○議長(前田士君) 日程第4、議第78号益田市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました議第78号益田市職員の育児休業等に関する条例等の一部を改正する条例制定について、提案理由の御説明を申し上げます。

 本案につきましては、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律の施行に伴い、育児休業をすることができる職員の範囲等について所要の改正を行う必要があることから、条例改正をするものでございます。

 条例の内容といたしましては、配偶者が育児休業をしている職員についても育児休業をすることができるなど、育児休業をより取得しやすいものとし、また職員から請求があれば時間外勤務の免除をするなど、子育て期間中の働き方の見直しをしようとするものでございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議第78号については、総務常任委員会に付託をいたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第5 議第79号 市道路線の廃止について



△日程第6 議第80号 市道路線の認定について



○議長(前田士君) 日程第5、議第79号市道路線の廃止について、日程第6、議第80号市道路線の認定について、議案2件を一括議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました議第79号市道路線の廃止について及び議第80号市道路線の認定について、一括して提案理由の御説明を申し上げます。

 まず、市道路線の廃止につきましては、県道久城インター線に関連する2路線を廃止いたそうとするものでございます。

 また、市道路線の認定につきましては、益田道路、県道久城インター線に関連するものが4路線、国県道移管によるものが2路線、自治会申請によるものが1路線及び住宅団地造成によるもの2路線、合計9路線を認定いたそうとするものでございます。

 この認定がなされますと、市道路線の総数は7路線増の1,610路線、総延長は3,776.4メートル増の92万1,466.63メートルと相なる次第でございます。よろしく御審議の上、可決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 ただいま議題となっております議第79号、議第80号の2件については、建設常任委員会に付託いたします。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第7  報第 9号 繰越明許費繰越計算書について



△日程第8  報第10号 益田市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について



△日程第9  報第11号 益田市造林受託事業特別会計繰越明許費繰越計算書について



△日程第10 報第12号 益田市匹見財産区特別会計繰越明許費繰越計算書について



△日程第11 報第13号 益田市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について



△日程第12 報第14号 益田市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について



○議長(前田士君) 日程第7、報第9号繰越明許費繰越計算書について、日程第8、報第10号益田市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、日程第9、報第11号益田市造林受託事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、日程第10、報第12号益田市匹見財産区特別会計繰越明許費繰越計算書について、日程第11、報第13号益田市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、日程第12、報第14号益田市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書について、報告6件を一括報告願います。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました報第9号繰越明許費繰越計算書について及び報第10号から報第14号までの各特別会計繰越明許費繰越計算書について、一括して御報告を申し上げます。

 平成22年度に繰り越して使用することといたしておりますものにつきましては、それぞれ早期完成を目指し鋭意努力をいたしているところでありますが、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づきまして、平成22年5月31日をもって繰越明許費繰越計算書を調製いたしたところでございます。

 まず、益田市一般会計に係ります繰越明許費繰越計算書につきましては、総務費における地域情報通信基盤整備事業費を初めとする57事業に係るもので、総額は70億733万1,000円となり、この繰越明許費に係る特定財源といたしましては68億2,108万8,000円、一般財源といたしましては1億8,624万3,000円と相なった次第でございます。

 次に、益田市簡易水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、簡易水道施設整備事業費に係るもので、繰越額は3,100万9,000円となり、繰越明許費に係る特定財源は3,078万6,000円、一般財源は22万3,000円と相なった次第でございます。

 次に、益田市造林受託事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、水源林整備事業費を含めた4事業に係るもので、総額といたしましては1,086万3,000円となり、この財源内訳といたしましては、同額の特定財源といたした次第でございます。

 続いて、益田市匹見財産区特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、造林受託事業特別会計繰出金に係るもので、繰越額は746万3,000円となり、繰越明許費に係る財源内訳としましては、同額の特定財源といたした次第でございます。

 次に、益田市公共下水道事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、下水道整備事業費に係るもので、繰越額は2,370万円となり、繰越明許費に係る財源内訳としましては、同額の特定財源といたした次第でございます。

 続いて、益田市土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書につきましては、土地区画整理事業費のほか1事業に係るもので、総額といたしましては1億230万円となり、繰越明許費に係る特定財源は1億188万4,000円、一般財源は41万6,000円と相なった次第でございます。

 以上、地方自治法施行令の規定に基づきまして、議会に御報告を申し上げる次第でございます。



○議長(前田士君) 以上で報第9号、報第10号、報第11号、報第12号、報第13号及び報第14号の報告を終わります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第13 報第15号 益田市水道事業会計予算繰越計算書について



○議長(前田士君) 日程第13、報第15号益田市水道事業会計予算繰越計算書について説明願います。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました報第15号益田市水道事業会計予算繰越計算書につきまして御報告を申し上げます。

 益田市水道事業会計において、平成22年度に繰り越して使用することといたしております国、県が施工する道路関連工事、街路事業関連工事、公共下水道関連工事及び土地区画整理事業関連工事の上水道事業11件につきまして、国、県及び益田市の施工する工事の遅延等により繰越施工となりましたため、地方公営企業法第26条第2項ただし書きの規定に基づき、営業費用1,196万2,650円及び建設改良費5,587万7,850円を平成22年3月31日をもって調製いたした次第であります。

 繰り越しに係る財源としましては、工事負担金996万1,271円、受託工事収益888万6,150円、損益勘定留保資金4,899万3,079円と相なったところでございます。

 したがいまして、同条第3項の規定に基づきまして、議会に御報告を申し上げる次第でございます。



○議長(前田士君) 以上で報第15号の報告を終わります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第14 報第16号 平成21年度株式会社きのこハウス実績状況及び平成22年度事業計画について



△日程第15 報第17号 平成21年度株式会社エイト実績状況及び平成22年度事業計画について



△日程第16 報第18号 平成21年度株式会社ひきみ実績状況及び平成22年度事業計画について



△日程第17 報第19号 平成21年度益田市土地開発公社実績状況及び平成22年度事業計画について



○議長(前田士君) 日程第14、報第16号平成21年度株式会社きのこハウス実績状況及び平成22年度事業計画について、日程第15、報第17号平成21年度株式会社エイト実績状況及び平成22年度事業計画について、日程第16、報第18号平成21年度株式会社ひきみ実績状況及び平成22年度事業計画について、日程第17、報第19号平成21年度益田市土地開発公社実績状況及び平成22年度事業計画について、報告4件を一括報告願います。

 福原市長。

              〔市長 福原慎太郎君 登壇〕



◎市長(福原慎太郎君) ただいま議題となりました報第16号から報第19号までの株式会社きのこハウス、株式会社エイト、株式会社ひきみ、益田市土地開発公社の平成21年度の実績状況及び平成22年度の事業計画について、その概要を御報告申し上げます。

 初めに、株式会社きのこハウスにつきましては、平成21年度の実績といたしまして、生産収量が465.7トン、売上高が2億2,562万896円と、いずれも昨年度を上回り過去最高となりました。経常収支も2期連続で黒字を記録しましたことから、損益計算書におきまして3,892万4,919円の当期純利益を計上したところでございます。

 平成22年度の取り組みといたしましては、引き続き安定した品質保持と生産収量の確保に努め、取引先の信頼の醸成と単価の安定に向け努力を重ね、経常収支の黒字の継続とあわせて、就労継続支援A型事業所として各関係機関や福祉関係者との連携を図り、協力関係の構築に努めることとしております。

 次に、株式会社エイトにつきましては、平成21年度の実績といたしまして、美都温泉、みと自然の森の指定管理者として管理運営を行いますとともに、物産館サンエイト及びお食事処ゆのやを経営いたしております。厳しい経済状況の影響を受け、一部の施設においては利用者の減少が続き、経営環境は厳しい状態が続いております。そのような中で、美都温泉につきましては、昨年の8月に開館以来の入浴者数が250万人に達し、お食事処ゆのやにおきましても、3年目にして初めて単年度黒字を達成することができました。その結果、損益計算書におきまして180万5,694円の当期純利益を計上したところでございます。

 平成22年度につきましては、この4月から向こう5年間の指定管理者として選定いただきましたので、気持ちを新たにして、利用者の増を図るためのサービスの徹底、経営体制や販売促進対策の強化を図り、さらなる経営改善と地域の振興に貢献していくこととしております。なお、先般の取締役会において、任期満了に伴う役員改選が行われ、前常務取締役でありました青木正美氏が新たに代表取締役社長に就任されましたので報告させていただきます。

 続いて、株式会社ひきみにつきましては、平成21年度の実績といたしまして、匹見峡温泉、匹見峡レストパーク及び匹見中央公園の指定管理者として施設の運営管理を行いますとともに、人材派遣事業を行い、駅前ビルEAGAにいわみ野を出店していたところですが、いわみ野の売り上げが改善しなかったことなどの影響により、経営状況は厳しいものとなっております。その結果、損益計算書におきまして168万4,676円の当期純損失を計上したところでございます。

 平成22年度の事業計画といたしましては、匹見峡温泉周辺及び匹見中央公園の活用による年間を通じてのイベントを企画するなど、さまざまな話題を提供して、もう一度訪れていただけるようなサービス提供に努めるとともに、地域の魅力を高めていく施策を関連部門と連携をとりながら行いつつ、利用者の確保と経営改善を行っていくこととしております。

 次に、益田市土地開発公社につきましては、平成21年度事業実績といたしまして、競馬場跡地整備事業として競馬場跡地全体の測量、概略設計及び調整池設計を行うとともに、競馬場跡地8万602平方メートルのうち5,049.03平方メートルを更地で売却いたしております。それにより、平成21年度損益計算におきましては、過年度受託事業に対する益田市からの負担金収入2,500万円などを含め、収益1億2,910万5,012円に対しまして、費用1億2,903万5,282円となりまして、差し引き6万9,730円の当期利益を生じたところであります。

 次に、平成22年度事業計画といたしましては、完成土地等として湯の香団地4区画、合計1,737.16平方メートル及び競馬場跡地7,689平方メートルを売却することとしております。

 以上、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づきまして、議会に御報告を申し上げます。



○議長(前田士君) 以上で報第16号、報第17号、報第18号及び報第19号の報告を終わります。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第18 議第81号 議員定数調査に関する審査について



○議長(前田士君) 日程第18、議第81号議員定数調査に関する審査についてを議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 18番 平谷昭君。

              〔18番 平谷 昭君 登壇〕



◆18番(平谷昭君) ただいま議題となりました議第81号議員定数調査に関する審査について、提案理由の御説明を申し上げます。

 本件につきましては、地方自治法第110条及び益田市議会委員会条例第6条の規定により、特別委員会を設置しようとするものであります。

 審査を行う理由、名称及び構成、審査期限は、いずれも議案内容に掲載してありますとおりでございます。よろしく御審議の上、御賛同賜りますようお願い申し上げます。



○議長(前田士君) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

              〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) これにて質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 ただいま議題となっております議第81号については、直ちに採決いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認め、採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

              〔賛成者挙手〕



○議長(前田士君) 挙手全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 ただいま設置されました議員定数調査特別委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において13番福原宗男君、14番宮内智士君、16番寺井良徳君、20番石田米治君、21番波田英機君、22番岡田正隆君、28番山崎一美君、以上7名を指名いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(前田士君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました7名を議員定数調査特別委員会委員に選任することに決しました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



△日程第19 諸報告



○議長(前田士君) 日程第19、諸報告を議題といたします。

 本件は、地方自治法第100条第13項及び会議規則第154条第1項のただし書きの規定により、議長においてその決定をしたので、お手元に配付の議員派遣実施報告書をもって報告にかえさせていただきます。

 以上で本日の日程を終了いたしました。

              〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(前田士君) 本日はこれにて散会いたします。

 大変御苦労さまでした。

              午前11時3分 散会