議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 出雲市

平成21年度第4回定例会(第1号11月30日)




平成21年度第4回定例会(第1号11月30日)





 
     平成21年度(2009)第4回出雲市議会(定例会)会議録





     開 会 平成21年(2009)11月30日午前10時00分


     閉 会 平成21年(2009)12月21日午後 0時08分





〇議事日程第1号


         平成21年(2009)11月30日 午前10時開議


第1.会議録署名議員の指名


第2.会期の決定


第3.諸般の報告


   (1)専決処分の報告


   (2)財政援助団体等監査結果報告書


   (3)例月出納検査結果報告書


第4.出雲・斐川合併特別委員会の設置について


第5.議第 37号 平成21年度(2009)出雲市一般会計第4回補正予算


   議第 38号 平成21年度(2009)出雲市国民健康保険事業特別会計第2回補正


          予算


   議第 39号 平成21年度(2009)出雲市下水道事業特別会計第1回補正予算


   議第 40号 平成21年度(2009)出雲市農業・漁業集落排水事業特別会計第1


          回補正予算


   議第 41号 平成21年度(2009)出雲市病院事業会計第1回補正予算


   議第 42号 出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例


   議第 43号 出雲市立保育所設置条例の一部を改正する条例


   議第 44号 出雲市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


   議第 45号 出雲市山村住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


   議第 46号 出雲市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正


          する条例


   議第 47号 出雲市小集落改良住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する


          条例


   議第 48号 出雲市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する


          条例


   議第 49号 出雲市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例


   議第 50号 財産の無償譲渡について(出雲市立大社保育所)


   議第 51号 公の施設の指定管理者の指定について(出雲ゆうプラザ)


   議第 52号 出雲市土地開発公社の定款の変更について


   議第 53号 工事請負契約の締結について(出雲市トキ分散飼育センター(仮称)


          建築工事)


   議第 54号 新たに生じた土地の確認について


   議第 55号 町及び字の区域の変更について


   議第 56号 市道路線の廃止について


   議第 57号 市道路線の認定について


第6.諮第  7号 人権擁護委員候補者につき意見を求めることについて





会議に付した事件


第1.会議録署名議員の指名


第2.会期の決定


第3.諸般の報告


   (1)専決処分の報告


   (2)財政援助団体等監査結果報告書


   (3)例月出納検査結果報告書


第4.出雲・斐川合併特別委員会の設置について


第5.議第 37号 平成21年度(2009)出雲市一般会計第4回補正予算


   議第 38号 平成21年度(2009)出雲市国民健康保険事業特別会計第2回補正


          予算


   議第 39号 平成21年度(2009)出雲市下水道事業特別会計第1回補正予算


   議第 40号 平成21年度(2009)出雲市農業・漁業集落排水事業特別会計第1


          回補正予算


   議第 41号 平成21年度(2009)出雲市病院事業会計第1回補正予算


   議第 42号 出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例


   議第 43号 出雲市立保育所設置条例の一部を改正する条例


   議第 44号 出雲市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


   議第 45号 出雲市山村住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例


   議第 46号 出雲市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正


          する条例


   議第 47号 出雲市小集落改良住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する


          条例


   議第 48号 出雲市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する


          条例


   議第 49号 出雲市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例


   議第 50号 財産の無償譲渡について(出雲市立大社保育所)


   議第 51号 公の施設の指定管理者の指定について(出雲ゆうプラザ)


   議第 52号 出雲市土地開発公社の定款の変更について


   議第 53号 工事請負契約の締結について(出雲市トキ分散飼育センター(仮称)


          建築工事)


   議第 54号 新たに生じた土地の確認について


   議第 55号 町及び字の区域の変更について


   議第 56号 市道路線の廃止について


   議第 57号 市道路線の認定について


第6.諮第  7号 人権擁護委員候補者につき意見を求めることについて





                 出 席 議 員


              1番 飯 塚 俊 之 君


              2番 板 垣 成 二 君


              3番 狩 野 正 文 君


              4番 木 佐   宏 君


              5番 西 村   亮 君


              6番 小 村 吉 一 君


              7番 大 国 陽 介 君


              8番 松 村 豪 人 君


              9番 遠 藤 力 一 君


             10番 山 根 貞 守 君


             11番 萬 代 輝 正 君


             12番 板 倉 一 郎 君


             13番 多々納 剛 人 君


             14番 川 上 幸 博 君


             15番 曽 田 盛 雄 君


             16番 福 代 秀 洋 君


             17番 高 野 成 俊 君


             18番 広 戸 恭 一 君


             19番 直 良 昌 幸 君


             20番 坂 根   守 君


             21番 板 倉 明 弘 君


             22番 萬 代 弘 美 君


             23番 勝 部 順 子 君


             24番 米 山 広 志 君


             25番 山 代 裕 始 君


             26番 宮 本   享 君


             27番 原   隆 利 君


             28番 多久和 康 司 君


             29番 荒 木   孝 君


             30番 長 廻 利 行 君


             31番 古 福 康 雅 君


             32番 珍 部 全 吾 君


             33番 杉 谷 寿 之 君


             34番 寺 田 昌 弘 君





                 欠 席 議 員


                  な   し





               説明のために出席した者


          市長           長 岡 秀 人 君


          副市長          黒 目 俊 策 君


          副市長          河 内 幸 男 君


          教育長委員長       水 谷   勲 君


          教育長          中 尾 一 彦 君


          総合政策部長       伊 藤   功 君


          総務部長         児 玉 進 一 君


          財政部長         荒 木   隆 君


          地域振興部長       梶 谷 基 雄 君


          文化企画部長       吉 井 貴 史 君


          健康福祉部長       井 上 明 夫 君


          環境政策部長       児 玉 俊 雄 君


          産業観光部長       槇 野 信 幸 君


          建設事業部長       森 山 健 治 君


          都市整備部長       岸   和 之 君


          教育次長         吉 田 純 二 君


          教育次長         春 日 仁 史 君


          上下水道局長       大 田   茂 君


          消防長          板 倉   優 君


          総合医療センター事務局長 林   誠 治 君


          会計管理者        山 本 文 夫 君


          監査委員事務局長     影 山 雅 夫 君


          政策企画課長       鎌 田 靖 志 君


          秘書課長         鐘 築 健 治 君


          財政課長         板 倉 勝 巳 君





                議会事務局出席者


          局  長         永 岡 博 之


          次  長         高 橋 直 樹


          次長補佐         佐 藤 恵 子


          係  長         村 尾 幸 紀


          書  記         小 村 和 恵





              午前10時00分 開会


○議 長(山代裕始君) おはようございます。


 これより、平成21年度(2009)第4回出雲市議会定例会を開会いたします。


 ただいまの出席議員は全員であります。


 直ちに、本日の会議を開きます。


 開会にあたり、市長から発言の申し出がありますので、これを許可いたします。


 長岡市長。


○市 長(長岡秀人君) 登壇 おはようございます。


 平成21年度(2009)第4回出雲市議会の開会にあたり、一言ごあいさつを申しあげます。


 全国的に感染が広がっている新型インフルエンザについて、出雲市内においても感染が拡大しており、今月13日には流行警報宣言を行ったところでございます。こうした状況を踏まえ、市としても対策をさらに強化していきたいと考えておるところでございます。


 また、新たにワクチンの接種助成事業として、ワクチンの優先接種者のうち、生活保護世帯と住民税非課税世帯の接種費用について助成を行うこととし、本議会に所要の予算を提案しているところでございます。これから本格的な寒さに向かう中、引き続き感染防止対策に努めていきたいと考えておるところでございます。


 さて、先週11月28日には、山陰自動車道の斐川インターチェンジと出雲インター間の13.6キロが開通し、本市もようやく高速交通網に接続することになったところでございます。開通イベントでは、多くの市民の皆さんにご参加をいただき、ともにこの開通を祝うことができました。一方では、出雲以西については、いまだ未整備の区間も多く残されております。


 そうした中、新政権においては、平成22年度(2010)予算概算要求の見直しの中で、道路整備費を大幅に減らすとの方針が示されたところでございます。新規事業を原則として行わず、事業の休止や予算の削減に伴い、優先順位が付けられることになるようでございますが、未着手や整備の遅れといった観点で判断されるとすれば、都市部に比べて大幅に整備が立ち遅れている県内の高速道路などの基盤整備が一層遅れることが懸念されるところでございます。


 さらに、ガソリン税などの暫定税率廃止、子ども手当の支給、農家の戸別所得補償制度の導入などの制度の変更などが実施されてくる見込みでございまして、本市としても今後の動向を注意深く見守っていく必要があると考えているところでございます。


 市の財政見通しについて少し触れたいと思いますが、地方財政全般としては、地方交付税については年末に向けての予算編成に委ねられ、先行きが不透明であることなど、地方の予算編成も予測が困難な状況にございます。


 本市においては、平成17年(2005)3月の合併以来、集中投資を行ってきた結果、今後さらに公債費の負担が重くなるほか、扶助費の伸びも財政への大きな負担となってまいります。地方交付税についても、合併算定替えとして特別加算がされていたものが、合併後10年後を経過する平成27年(2015)からは、段階的に減額され、平成32年度(2020)には一本算定となることから、将来を見据えて今の段階から大幅なスリム化を図る必要があると考えておるところでございます。


 これまで、本市においては、平成17年度(2005)の12月に21世紀出雲市財政改革大綱を策定し、その方針を踏まえた実施計画に基づいて具体的な行財政改革の取り組みを実施してまいりましたが、さきにも述べましたように、政権交代をはじめとした地方公共団体を取り巻く環境は大きく変化し、本市の財政についても極めて厳しい状況にあることから、これまでの行財政改革への取り組みについて検証し、将来にわたって市民ニーズに応えることができるよう、より実効的な行政改革のあり方についてご審議をいただくため、先般11月24日に出雲市行財政改革審議会を設置したところでございます。第2期計画策定に向けて、来年2月を目途に答申を目指して審議いただくようお願いをしているところでございます。


 斐川町との合併については、10月2日に斐川町の勝部町長と岡田議長からそろって法定協議会設置についての依頼があったところでございます。これを受けまして、10月20日に自治会連合組織代表者への説明会を、11月4日にはコミュニティセンター長会で説明したほか、10月の29日から11月の17日までの間で市内10か所で市民説明会を開催いたしました。市民説明会の参加者は低調でございましたが、全説明会を通して参加者の皆様からは協議の先行きへの心配の声はあったものの、合併協議自体に対する反対はなく、合併協議のテーブルに着くことについては基本的にご賛同いただけるという感触は得たところでございます。斐川町では12月議会の初日であります12月4日に法定協議会設置についての議案を提案されると伺っております。本市としても、これを受けて12月7日の本会議において追加提案をしたいと考えておるところでございます。


 法定協議会の設置をお認めいただければ、十分な議論をつくし、出雲市民の皆さんにも、斐川町民の皆さんにも納得いただけるような結果を目指して努力をしてまいりたいと考えておるところでございます。


 本議会でお諮りする案件についてでございますが、予算案件としては、平成21年度(2009)出雲市一般会計第4回補正予算と3つの特別会計の補正予算並びに出雲市病院事業会計の第1回補正予算など5件ございます。また条例案件として、出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例、出雲市立保育所設置条例の一部を改正する条例など8件ございます。単行議決案件としては、財産の無償譲渡について、公の施設の指定管理者の指定についてなど8件ございます。人事案件としては、人権擁護委員候補者につき意見を求めることについての1件等ございますが、それぞれ詳細については、担当部長から説明いたさせますので、本議会における議員の皆様方の適切なるご審議、ご決定をいただきますようお願いを申しあげまして、開会にあたってのごあいさつとさせていただきます。


○議 長(山代裕始君) 本日の議事日程は、お手元に配付いたしました議事日程のとおりであります。


 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第78条の規定により議長において、6番、小村吉一議員、29番、荒木 孝議員を指名いたします。


 日程第2、会期の決定の件を議題といたします。


 お諮りいたします。


 本定例会の会期は、お手元に配付いたしました会期日程案のとおり、本日から12月21日までの22日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ご異議なしと認めます。


 よって、本定例会の会期は、本日から12月21日までの22日間とすることに決定いたしました。


 日程第3、諸般の報告を行います。


 本日市長から、地方自治法第180条第1項の規定による専決処分の報告がありました。


 また、監査委員から同法第199条第7項の規定による財政援助団体等監査結果報告書及び、同法第235条の2第1項の規定による例月出納検査結果報告書の提出がありました。いずれも、写しを配付いたしておりますのでご覧ください。


 以上で、諸般の報告を終了いたします。


 日程第4、出雲・斐川合併特別委員会の設置についてを議題といたします。


 お誇りいたします。


 本市と斐川町との合併問題に関する調査を行うため、12人の委員で構成する出雲・斐川合併特別委員会を設置いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ご異議なしと認めます。


 よって、12人の委員で構成する出雲・斐川合併特別委員会を設置することに決定いたしました。


 また、同特別委員会の調査期限は、その審査が終了するまでとし、閉会中も審査を行うものといたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ご異議なしと認めます。


 よって、同特別委員会の調査期限は、審査が終了するまでとし、閉会中も審査を行うものと決定いたしました。


 また、同特別委員会の委員につきましては、お手元に配付いたしました名簿のとおり、議長において指名いたします。


 日程第5、議第37号から議第57号までを一括議題といたします。


 各案に対する提案者の説明を求めます。


 児玉総務部長。


○総務部長(児玉進一君) 登壇 おはようございます。


 ただいま上程されました議案のうち、予算関連案件を除く議案につきまして、ご説明を申しあげます。


 お手元に配付いたしております議案書の目次をご覧いただきたいと思います。


 議第42号から49号までが条例案件、議第50号から57号までが単行議決案件であります。


 最初に、議第42号、出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例でございます。議案書1ページから16ページをご覧ください。


 これは、人事院勧告及び島根県人事委員会勧告の趣旨を踏まえ、1つには、出雲市一般職の職員の給与に関する条例、2つ、出雲市特別職の職員に対する期末手当の支給に関する条例、3つ、出雲市上下水道局企業職員の給与の種類及び基準を定める条例、4つ、一般職の任期付き職員の採用等に関する条例、5つ、出雲市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例の5つの条例につきまして、期末手当の支給月数の引き下げなど所要の条例改正を行うものであります。


 次に、議案書17ページ、議第43号、出雲市立保育所設置条例の一部を改正する条例であります。


 これは、出雲市立大社保育所を平成22年(2010)4月1日から民営化するに伴い、所要の条例改正を行うものであります。


 次に、議案書18ページから20ページ、議第44号、出雲市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例であります。


 これは、現在直営で管理しております公営住宅について、21世紀出雲市行財政改革実施計画に基づき、平成22年(2010)4月から管理代行制度を導入するのに伴い、所要の条例改正を行うものであります。


 次に、議案書21ページから24ページ、議第45号、出雲市山村住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例、25ページから28ページ、議第46号、出雲市特定公共賃貸住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例及び29ページから32ページ、議第47号、出雲市小集落改良住宅設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例であります。


 これらは、山村住宅特定公共賃貸住宅及び小集落改良住宅については、現在直営で管理しておりますが、同じく行財政改革実施計画に基づき、それぞれの管理運営を平成22年(2010)4月から指定管理者制度を導入することに伴い、所要の条例改正を行うものであります。


 次に、議案書33、34ページ、議第48号、出雲市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例であります。


 これは、山陰自動車道出雲インターチェンジ供用開始により予想される高速道災害への対応や西部地域における消防体制の充実強化を図るため、新たに消防署を設置することに伴い、新消防署の名称や位置等を定めるため、所要の条例改正を行うものであります。また、新消防署の設置に伴い、消防組織体制の見直しもあわせて行うものであります。


 次に、議案書35ページ、議第49号、出雲市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例であります。


 これは、消防法の一部を改正する法律の施行により、同法の条項がずれたことに伴い、この条項を引用する条例について、所要の条例改正を行うものであります。


 以上が条例案件でございます。


 なお、条例案件につきましては、条例等関係資料に改正の要旨、新旧対照表を載せているところでございます。


 続いて、単行議決案件の説明をいたします。


 議案書36ページ、議第50号は、財産の無償譲渡についてであります。


 これは、出雲市立大社保育所を民営化するに伴い、施設を社会福祉法人に無償譲渡することについて議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案書37ページ、議第51号は、公の施設の指定管理者の指定についてであります。


 これは、出雲ゆうプラザの指定管理者を指定することについて、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案書38ページ、議第52号、出雲市土地開発公社の定款の変更についてであります。


 これは、公有地の拡大の推進に関する法律の一部が改正され、従来民法で規定されていた土地開発公社の監事の職務の規定が同法に規定されたこと、また、土地開発公社経理基準要綱の一部が改正され、財務諸表の作成書類が追加されたことに伴い、出雲市土地開発公社が定款を変更することについて、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案書39ページ、議第53号は、工事請負契約の締結についてであります。


 これは、出雲市トキ分散飼育センター(仮称)建築工事の工事請負契約の締結について、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案書40ページ、41ページ、議第54号、新たに生じた土地の確認について及び42ページ、議第55号、町及び字の区域の変更についてであります。


 これは、島根県が宇龍漁港地域水産物供給基盤整備事業を施工し、公有水面を埋め立てたことにより、新たに土地が生じたことを確認すること。また、この土地を既存の町及び字に編入することについて、議会の議決を求めるものであります。


 次に、議案書44、45ページ、議第56号は、市道路線の廃止についてであります。


 これは、市道が道路としての機能を逸し、公共性を喪失したことに伴い、1路線を廃止しようとするものであります。


 最後になりましたが、議案書46、47ページ、議第57号は、市道路線の認定についてであります。


 これは、一般県道矢尾今市線道路改良工事及び宅地開発に係る寄附に伴い、2路線を認定しようとするものでございます。


 以上、提案理由の説明といたします。どうぞよろしくお願いいたします。


○議 長(山代裕始君) 荒木財政部長。


○財政部長(荒木 隆君) 登壇 おはようございます。


 それでは、ただいま上程されました議案のうち、予算に関係をいたします議第37号から議第40号までについて、ご説明申しあげます。


 お手元に配付いたしておりますびわ色の補正予算書1ページ、平成21年度(2009)出雲市一般会計・特別会計予算総括表をご覧いただきたいと存じます。


 今回の補正額は、一般会計5億9,100万円の追加、特別会計では3会計の補正がございまして、国民健康保険事業3,880万円の追加、下水道事業1,700万円の追加、農業・漁業集落排水事業につきましては、8,000万円の減額を行うものであります。


 3ページをご覧ください。議第37号、平成21年度(2009)出雲市一般会計第4回補正予算であります。


 第1条は歳入歳出予算の補正として、それぞれ5億9,100万円を追加し、予算の総額を684億3,650万円とするものでございます。


 第1条第2項並びに第2条から第4条につきましては、次ページ以降で順次ご説明申しあげます。


 それでは4ページをご覧ください。予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額を「第1表歳入歳出予算補正」に掲載しております。


 歳入をご説明申しあげます。


 地方交付税につきましては、普通交付税について、今年度分の交付見込み額の一部を追加して計上しております。


 分担金及び負担金につきましては、農地有効利用支援整備事業の受益者分担金などを計上いたしております。


 国庫支出金につきましては、障がい者自立支援サービス給付、保育所運営費負担金、生活保護費など社会保障費関係の国庫負担金のほか、国の一時補正による防災情報伝達システム整備事業、地域ICT利活用推進事業に伴う補助金を計上するとともに、国の一時補正見直しにより廃止することとなりました。子育て応援特別手当支給事業の減額を計上いたしております。


 また、県支出金につきましては、国庫支出金と同様に社会保障費関係の県負担金のほか、新型インフルエンザワクチン接種助成事業、国の一時補正に伴う農地有効利用支援整備事業、松くい虫対策事業の補助金などを計上いたしております。


 繰入金につきましては、防災行政通信施設整備事業基金繰入金の減額を計上いたしております。


 また、繰越金につきましては、平成20年度(2008)決算に基づきます剰余金の一部を計上いたしております。


 諸収入につきましては、農地有効利用支援整備事業助成金について、計上いたしております。


 市債につきましては、農林水産業債及び消防債に所要額を計上いたしました。


 5ページの歳出につきましては、後ほどご説明申しあげます。


 次に、6ページをご覧いただきたいと存じます。「第2表繰越明許費補正」でございます。出雲市生活バス施設整備事業外3事業につきましては、いずれも本年度中に支出が終わらない見込みとなりましたので、地方自治法の規定に基づき設定をするものでございます。


 次に、「第3表債務負担行為補正」でございます。追加として、農業経営基盤強化資金利子補給及び漁業近代化資金利子補給について、いずれも資金借入れに伴う償還利子に対し補助を行うものであり、それぞれの期間及び限度額を設定するものでございます。


 次に、「第4表地方債補正」であります。県営土地改良事業負担及び防災情報伝達システム整備事業について、事業規模の変更により限度額を補正するものであります。


 続く7ページから9ページは、今回の補正予算の事項別明細書でございますので、後ほどご覧いただきたいと存じます。


 次に、歳出についてご説明申しあげます。


 22ページをご覧いただきたいと存じます。総務費につきましては、本市は来年3月に合併5周年を迎えることから、市政功労者の皆さんの表彰式を開催する経費として750万円計上をいたしております。


 民生費につきましても、同じく22ページからでございますが、障がい児デイサービスの事業所が開設されるにあたり、備品整備に対する補助として500万円、障がい者自立支援サービス給付の追加分として3億500万円、24ページでは乳幼児医療費助成の追加分1,300万円、9月補正予算に計上をいたしました子育て応援特別手当については、国の一次補正予算見直しに伴う事業廃止によりまして、1億5,110万円の減額をいたしております。


 また、26ページでは、生活保護費の追加分6,000万円など、民生費合計では3億6,410万4,000円を計上いたしております。


 同じく26ページの衛生費につきましては、新型インフルエンザワクチン接種について、非課税世帯など優先接種者への経費助成5,700万円など、7,000万円を計上いたしております。


 次に、農林水産業費につきましても同じく26ページからでございますが、県営土地改良事業負担金の追加として、1,335万2,000円、28ページでは、農業用施設等の簡易整備工事経費として2,000万円、松くい虫対策として樹幹注入を行う経費4,500万円など、農林水産業費合計で5,499万6,000円を計上いたしております。


 次に、商工費は30ページをご覧ください。コンベンション開催支援補助金の追加分として220万円を計上いたしております。


 同じく30ページの土木費につきましては、下水道事業特別会計への繰出金として1,700万円を計上いたしております。


 次に、消防費であります。同じく30ページでございますが、防災情報伝達基盤の整備を促進するため、デジタル式防災行政無線整備について、佐田地域内の工事の一部を前倒し実施するなどの経費1,120万円、コミュニティFMのエリア拡大と高速無線IP網の整備経費として5,900万円など、消防費合計で7,020万円を計上いたしております。


 次に、教育費でございますが、32ページをご覧ください。部活動での全国大会、中国大会等へ出場する際の補助金の追加として500万円を計上いたしております。


 続きまして、特別会計についてご説明申しあげます。


 35ページをご覧いただきたいと存じます。議第38号、平成21年度(2009)出雲市国民健康保険事業特別会計第2回補正予算であります。


 第1条は、歳入歳出予算の補正として、それぞれ3,880万円を追加し、予算の総額を139億560万円とするものであります。第1条第2項につきましては、36ページの「第1表歳入歳出予算補正」をご覧ください。歳入につきましては、国庫支出金1,126万3,000円、前期高齢者交付金2,738万5,000円、県支出金15万2,000円を計上いたしております。また、歳出につきましては、後期高齢者支援金等の追加253万8,000円、療養給付費負担金等の平成20年度(2008)分返還金など、3,626万2,000円を計上いたしております。


 次に、45ページをご覧ください。議第39号、平成21年度(2009)出雲市下水道事業特別会計第1回補正予算であります。


 第1条は、歳入歳出予算の補正として、それぞれ1,700万円を追加し、予算の総額を71億3,900万円とするものでございます。第1条第2項及び第2条につきましては、46ページの「第1表歳入歳出予算補正」をご覧ください。歳入につきましては、一般会計からの繰入金1,700万円の計上であります。歳出につきましては、下水道工事に伴い影響のあった箇所の補償工事費として1,700万円を計上いたしております。「第2表繰越明許費」では、公共下水道事業において、本年度中に支出が終わらない見込みとなりましたので、地方自治法の規定に基づき設定をするものでございます。


 次に、53ページをご覧ください。議第40号、平成21年度(2009)出雲市農業・漁業集落排水事業特別会計第1回補正予算であります。


 第1条は、歳入歳出予算の補正として、それぞれ8,000万円を減額し、予算の総額を20億4,100万円とするものであります。第1条第2項につきましては、54ページの「第1表歳入歳出予算補正」をご覧ください。歳入では、一般会計繰入金につきまして3,200万円、諸収入は移転補償など4,800万円の減額といたしております。また、歳出につきましては、農業集落排水事業において、県施行の関連工事が延期になったことに伴い8,500万円の支障移転事業費の減、漁業集落排水事業において、水洗便所改造資金貸付の融資あっせんに伴う預託金の追加500万円を計上いたしております。


 以上、簡単でございますが、一般会計及び特別会計の予算の提案説明とさせていただきます。何とぞよろしくお願い申しあげます。


○議 長(山代裕始君) 林総合医療センター事務局長。


○総合医療センター事務局長(林 誠治君) 登壇 議第41号、平成21年度(2009)出雲市病院事業会計第1回補正予算について、ご説明いたします。


 白色の病院事業会計補正予算書の1ページをご覧ください。今回の補正は、債務負担行為に係る補正のみでございます。第1条は総則です。第2条に示すとおり債務負担行為として、当初設定をしました総合医療センター機械備品等整備事業に加えまして、清掃業務の委託に要する経費についての支出負担行為、医療廃棄物の収集運搬及び処理業務の委託に要する経費についての支出負担行為、給食業務の委託に要する経費についての支出負担行為及び医事業務及び診療報酬請求業務の委託に要する経費についての支出負担行為の4件を設定し、期間及び限度額をそれぞれ定めるものでございます。


 これらの案件は、病院の管理運営上、4月1日からの業務開始のためには、一定の期間を要する入札から契約までを3月中に終えて体制を整える必要があるため、今回議決を求めるものです。


 2ページには、その調書を掲げておりますので、ご覧いただきたいと思います。


 以上、病院事業に関します補正予算の説明といたします。よろしくお願いいたします。


○議 長(山代裕始君) 以上で、提案理由の説明を終了いたします。


 続いて、議第42号、出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、質疑を行います。


 ご質疑はありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ないようでありますので、これをもって質疑を終了いたします。


 ただいま議題となっています議第42号につきましては、総務常任委員会に審査を付託いたします。


 この際、しばらく休憩いたします。


 直ちに総務常任委員会が開催されますので、関係者は委員会室へお集まりください。


 その後、出雲・斐川合併特別委員会及び全員協議会が開催されます。


              午前10時34分 休憩


              午前11時18分 再開


○議 長(山代裕始君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 先ほど開催されました出雲・斐川合併特別委員会において、委員長に34番、寺田昌弘議員が、副委員長に16番、福代秀洋議員が互選されましたので報告いたします。


 ただいま議題となっております議第42号につきまして、休憩中に開催されました総務常任委員会の審査結果の報告を求めます。


 曽田総務常任委員長。


○総務常任委員長(曽田盛雄君) 登壇 総務常任委員会の報告をいたします。


 本日、本委員会に審査の付託を受けました案件は、議第42号、出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例であります。


 本会議休憩中に委員会を開催し、黒目副市長をはじめ執行部関係職員に出席をいただき詳細な説明を受け、慎重に審査を行いました。ここにその審査結果を報告いたします。


 本案は、国の人事院勧告及び島根県の人事委員会勧告の趣旨を踏まえ、「出雲市一般職の職員の給与に関する条例」「出雲市特別職の職員に対する期末手当の支給に関する条例」「出雲市上下水道局企業職員の給与の種類及び基準を定める条例」「一般職の任期付職員の採用等に関する条例」「出雲市議会の議員の議員報酬、費用弁償及び期末手当に関する条例」の5条例について、本年12月1日より給料月額の引き下げや自宅に係る住居手当の廃止、期末手当及び勤勉手当の引き下げを行うものであります。


 内容審査の結果、原案のとおり可決すべきものと決しました。


 なお、一部委員から、このような職員の給与等の引き下げが地域の活性化や職員のやる気の低下など、与える影響が大きいなどの理由により否決すべきとの意見がありましたことを申し添えます。


 以上で総務常任委員会の審査結果の報告を終わります。


○議 長(山代裕始君) ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。


 ご質疑はございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) 質疑なしと認めます。


 これをもって質疑を終了いたします。


 これより、議第42号に対する討論を行います。


 討論はありませんか。


 7番、大国議員。


○7 番(大国陽介君) 登壇 7番、日本共産党の大国陽介でございます。日本共産党を代表して議第42号、出雲市一般職の職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例について、委員長報告に反対の討論を行います。


 本条例改正案は、主に市職員の給与、手当を引き下げるものであります。相次ぐ公務員給与の削減は職員の士気や行政能力の低下、組織の活性化への逆行につながりかねず、公務員労働者の生活だけでなく、広く市民生活に影響を与えるものです。


 さらに、公務員給与の削減は、民間賃金に波及し、賃下げの悪循環を招くものであり、地域経済に大きな影響をもたらしかねません。特別職の手当等の引き下げは、その責任の重さからやむを得ないものと考えますが、何の責任もない一般職員の安易な給与引き下げは容認できるものではありません。


 よって、本議案には賛成できません。


 以上でございます。


○議 長(山代裕始君) ほかに討論はありませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ないようでありますので、これをもって討論を終了いたします。


 これより、議第42号について、採決を行います。


 出席ボタンを押してください。


               (出 席 確 認)


○議 長(山代裕始君) 本案に対する総務常任委員長の報告は原案可決であります。


 委員長報告のとおり決定することの賛否について、投票ボタンを押してください。


                (投  票)


○議 長(山代裕始君) これにて投票を終了いたします。


 投票結果を報告いたします。


 投票総数33人、賛成28人、反対5人。


 よって、議第42号は、原案のとおり可決されました。


 なお、ただいま議題となっております他の議案につきましては、後日改めて議事日程に上げることといたします。


 日程第6、諮第7号を議題といたします。


 お諮りいたします。


 諮第7号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決を行いたいと思います。これにご異議ございませんか。


              (「なし」と言う者あり)


○議 長(山代裕始君) ご異議なしと認めます。


 よって、諮第7号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決を行うことに決定いたしました。


 これより、採決を行います。


 出席ボタンを押してください。


               (出 席 確 認)


○議 長(山代裕始君) 諮第7号、人権擁護委員候補者につき意見を求めることについては議案書に記載のとおり、これに同意することの賛否について、投票ボタンを押してください。


                (投  票)


○議 長(山代裕始君) これにて投票を終了いたします。


 投票結果を報告いたします。


 投票総数33人、賛成33人。


 よって、諮第7号は、出雲市多伎町久村906番地、齋藤雅信氏の推薦に同意することに決定いたしました。


 以上で、本日の議事日程はすべて終了いたしました。


 本日は、これをもって散会いたします。


 なお、11時30分から出雲・斐川合併特別委員会が開催されますので、委員会室にお集まりください。その後、全員協議会が開催されます。


              午前11時27分 散会








 地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








              出雲市議会議長    山 代 裕 始





              出雲市議会議員    小 村 吉 一





              出雲市議会議員    荒 木   孝