議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 出雲市

平成17年度第1回臨時会(第2号 5月12日)




平成17年度第1回臨時会(第2号 5月12日)





 
     平成17年度(2005)第1回出雲市議会(臨時会)会議録





     開 会 平成17年(2005)5月11日午前10時00分


     閉 会 平成17年(2005)5月12日午後 2時15分





〇議事日程第2号


       平成17年(2005)5月12日 午前10時開議


第1.選第  3号 常任委員会委員の選任について


第2.選第  4号 議会運営委員会委員の選任について


第3.推第  1号 出雲市農業委員会委員の推薦について


第4.諸報告


第5.承第1号乃至承第76号


 承第  1号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予


        算)


 承第  2号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険事


        業特別会計暫定予算)


 承第  3号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険乙


        立里家診療所事業特別会計暫定予算)


 承第  4号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険橋


        波診療所事業特別会計暫定予算)


 承第  5号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市老人保健医療事


        業特別会計暫定予算)


 承第  6号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市介護保険事業特


        別会計暫定予算)


 承第  7号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市休日診療所事業


        特別会計暫定予算)


 承第  8号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市簡易水道事業特


        別会計暫定予算)


 承第  9号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市下水道事業特別


        会計暫定予算)


 承第 10号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市農業・漁業集落


        排水事業特別会計暫定予算)


 承第 11号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市浄化槽設置事業


        特別会計暫定予算)


 承第 12号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市風力発電事業特


        別会計暫定予算)


 承第 13号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市ご縁ネット事業


        特別会計暫定予算)


 承第 14号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市北部第二土地区


        画整理事業特別会計暫定予算)


 承第 15号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市中ノ島土地区画


        整理事業特別会計暫定予算)


 承第 16号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市企業用地造成事


        業特別会計暫定予算)


 承第 17号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市駐車場事業特別


        会計暫定予算)


 承第 18号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市サイクリング・


        ターミナル事業特別会計暫定予算)


 承第 19号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市住宅新築資金等


        貸付事業特別会計暫定予算)


 承第 20号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市高野令一育英奨


        学事業特別会計暫定予算)


 承第 21号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市廃棄物発電事業


        特別会計暫定予算)


 承第 22号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市一般会計暫定予


        算)


 承第 23号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険事


        業特別会計暫定予算)


 承第 24号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険乙


        立里家診療所事業特別会計暫定予算)


 承第 25号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険橋


        波診療所事業特別会計暫定予算)


 承第 26号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事


        業特別会計暫定予算)


 承第 27号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市介護保険事業特


        別会計暫定予算)


 承第 28号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市休日診療所事業


        特別会計暫定予算)


 承第 29号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市簡易水道事業特


        別会計暫定予算)


 承第 30号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市下水道事業特別


        会計暫定予算)


 承第 31号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市農業・漁業集落


        排水事業特別会計暫定予算)


 承第 32号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市浄化槽設置事業


        特別会計暫定予算)


 承第 33号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市風力発電事業特


        別会計暫定予算)


 承第 34号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市ご縁ネット事業


        特別会計暫定予算)


 承第 35号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市北部第二土地区


        画整理事業特別会計暫定予算)


 承第 36号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市中ノ島土地区画


        整理事業特別会計暫定予算)


 承第 37号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市企業用地造成事


        業特別会計暫定予算)


 承第 38号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市駐車場事業特別


        会計暫定予算)


 承第 39号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市サイクリング・


        ターミナル事業特別会計暫定予算)


 承第 40号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市高野令一育英奨


        学事業特別会計暫定予算)


 承第 41号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市廃棄物発電事業


        特別会計暫定予算)


 承第 42号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市水道事業会計暫


        定予算)


 承第 43号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市水道事業会計暫


        定予算)


 承第 44号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市病院事業会計暫


        定予算)


 承第 45号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市病院事業会計暫


        定予算)


 承第 46号 専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)


 承第 47号 専決処分の承認について(出雲市の字の区域を廃止し、及び新たに町の


        区域を画することについて)


 承第 48号 専決処分の承認について(島根県市町村総合事務組合を組織する地方公


        共団体の数の減少及び同組合規約の変更について)


 承第 49号 専決処分の承認について(出雲地区ふるさと市町村圏協議会設置につい


        て)


 承第 50号 専決処分の承認について(出雲市及び斐川町斐伊川用水対策協議会設置


        について)


 承第 51号 専決処分の承認について(出雲市・斐川町南神立橋区間管理協議会設置


        について)


 承第 52号 専決処分の承認について(出雲市の職員の研修に関する事務の事務委託


        について)


 承第 53号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 54号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 55号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 56号 専決処分の承認について(し尿・浄化槽汚泥処理事務の委託について)


 承第 57号 専決処分の承認について(消防に関する事務の委託について)


 承第 58号 専決処分の承認について(湖西斎場に関する事務の委託について)


 承第 59号 専決処分の承認について(指定金融機関の指定について)


 承第 60号 専決処分の承認について(公の施設の区域外設置及び他の団体の公の施


        設の利用について)


 承第 61号 専決処分の承認について(出雲市土地開発公社の定款の変更について)


 承第 62号 専決処分の承認について(出雲市公有林採石変更契約の締結について)


 承第 63号 専決処分の承認について(島根県市町村総合事務組合を組織する地方公


        共団体の数の減少について)


 承第 64号 専決処分の承認について(出雲市税条例の一部を改正する条例)


 承第 65号 専決処分の承認について(出雲市都市計画税条例の一部を改正する条例


        )


 承第 66号 専決処分の承認について(出雲市幼稚園条例の一部を改正する条例)


 承第 67号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予


        算第1回補正予算)


 承第 68号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 69号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 70号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 71号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 72号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 73号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 74号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 75号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 76号 専決処分の承認について(損害賠償額の決定について)


第6.議第  6号 平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定


          予算第1回補正予算


第7.同第1号及び同第2号


同第 1号 出雲市助役の選任について


同第 2号 出雲市助役の選任について





会議に付した事件


第1.選第  3号 常任委員会委員の選任について


第2.選第  4号 議会運営委員会委員の選任について


第3.推第  1号 出雲市農業委員会委員の推薦について


第4.諸報告


第5.承第1号乃至承第76号


 承第  1号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予


        算)


 承第  2号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険事


        業特別会計暫定予算)


 承第  3号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険乙


        立里家診療所事業特別会計暫定予算)


 承第  4号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市国民健康保険橋


        波診療所事業特別会計暫定予算)


 承第  5号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市老人保健医療事


        業特別会計暫定予算)


 承第  6号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市介護保険事業特


        別会計暫定予算)


 承第  7号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市休日診療所事業


        特別会計暫定予算)


 承第  8号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市簡易水道事業特


        別会計暫定予算)


 承第  9号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市下水道事業特別


        会計暫定予算)


 承第 10号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市農業・漁業集落


        排水事業特別会計暫定予算)


 承第 11号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市浄化槽設置事業


        特別会計暫定予算)


 承第 12号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市風力発電事業特


        別会計暫定予算)


 承第 13号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市ご縁ネット事業


        特別会計暫定予算)


 承第 14号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市北部第二土地区


        画整理事業特別会計暫定予算)


 承第 15号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市中ノ島土地区画


        整理事業特別会計暫定予算)


 承第 16号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市企業用地造成事


        業特別会計暫定予算)


 承第 17号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市駐車場事業特別


        会計暫定予算)


 承第 18号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市サイクリング・


        ターミナル事業特別会計暫定予算)


 承第 19号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市住宅新築資金等


        貸付事業特別会計暫定予算)


 承第 20号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市高野令一育英奨


        学事業特別会計暫定予算)


 承第 21号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市廃棄物発電事業


        特別会計暫定予算)


 承第 22号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市一般会計暫定予


        算)


 承第 23号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険事


        業特別会計暫定予算)


 承第 24号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険乙


        立里家診療所事業特別会計暫定予算)


 承第 25号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市国民健康保険橋


        波診療所事業特別会計暫定予算)


 承第 26号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事


        業特別会計暫定予算)


 承第 27号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市介護保険事業特


        別会計暫定予算)


 承第 28号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市休日診療所事業


        特別会計暫定予算)


 承第 29号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市簡易水道事業特


        別会計暫定予算)


 承第 30号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市下水道事業特別


        会計暫定予算)


 承第 31号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市農業・漁業集落


        排水事業特別会計暫定予算)


 承第 32号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市浄化槽設置事業


        特別会計暫定予算)


 承第 33号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市風力発電事業特


        別会計暫定予算)


 承第 34号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市ご縁ネット事業


        特別会計暫定予算)


 承第 35号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市北部第二土地区


        画整理事業特別会計暫定予算)


 承第 36号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市中ノ島土地区画


        整理事業特別会計暫定予算)


 承第 37号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市企業用地造成事


        業特別会計暫定予算)


 承第 38号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市駐車場事業特別


        会計暫定予算)


 承第 39号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市サイクリング・


        ターミナル事業特別会計暫定予算)


 承第 40号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市高野令一育英奨


        学事業特別会計暫定予算)


 承第 41号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市廃棄物発電事業


        特別会計暫定予算)


 承第 42号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市水道事業会計暫


        定予算)


 承第 43号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市水道事業会計暫


        定予算)


 承第 44号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市病院事業会計暫


        定予算)


 承第 45号 専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市病院事業会計暫


        定予算)


 承第 46号 専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)


 承第 47号 専決処分の承認について(出雲市の字の区域を廃止し、及び新たに町の


        区域を画することについて)


 承第 48号 専決処分の承認について(島根県市町村総合事務組合を組織する地方公


        共団体の数の減少及び同組合規約の変更について)


 承第 49号 専決処分の承認について(出雲地区ふるさと市町村圏協議会設置につい


        て)


 承第 50号 専決処分の承認について(出雲市及び斐川町斐伊川用水対策協議会設置


        について)


 承第 51号 専決処分の承認について(出雲市・斐川町南神立橋区間管理協議会設置


        について)


 承第 52号 専決処分の承認について(出雲市の職員の研修に関する事務の事務委託


        について)


 承第 53号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 54号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 55号 専決処分の承認について(可燃性一般廃棄物処理事務の委託について)


 承第 56号 専決処分の承認について(し尿・浄化槽汚泥処理事務の委託について)


 承第 57号 専決処分の承認について(消防に関する事務の委託について)


 承第 58号 専決処分の承認について(湖西斎場に関する事務の委託について)


 承第 59号 専決処分の承認について(指定金融機関の指定について)


 承第 60号 専決処分の承認について(公の施設の区域外設置及び他の団体の公の施


        設の利用について)


 承第 61号 専決処分の承認について(出雲市土地開発公社の定款の変更について)


 承第 62号 専決処分の承認について(出雲市公有林採石変更契約の締結について)


 承第 63号 専決処分の承認について(島根県市町村総合事務組合を組織する地方公


        共団体の数の減少について)


 承第 64号 専決処分の承認について(出雲市税条例の一部を改正する条例)


 承第 65号 専決処分の承認について(出雲市都市計画税条例の一部を改正する条例


        )


 承第 66号 専決処分の承認について(出雲市幼稚園条例の一部を改正する条例)


 承第 67号 専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予


        算第1回補正予算)


 承第 68号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 69号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 70号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 71号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 72号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 73号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 74号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 75号 専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)


 承第 76号 専決処分の承認について(損害賠償額の決定について)


第6.議第  6号 平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定


          予算第1回補正予算


第7.同第1号及び同第2号


 同第  1号 出雲市助役の選任について


 同第  2号 出雲市助役の選任について


追加日程


第1.各常任委員会の所管事務調査のための閉会中の議員派遣の件


第2.議会運営委員会の所掌事務審査のための閉会中の継続審査の件





                 出 席 議 員


              1番  大 国 陽 介 君


              2番  松 村 豪 人 君


              3番  遠 藤 力 一 君


              4番  山 根 貞 守 君


              5番  萬 代 輝 正 君


              6番  板 倉 一 郎 君


              7番  多々納 剛 人 君


              8番  川 上 幸 博 君


              9番  石 川 寿 樹 君


             10番  曽 田 盛 雄 君


             11番  福 代 秀 洋 君


             12番  高 野 成 俊 君


             13番  広 戸 恭 一 君


             14番  小 汀 英 久 君


             15番  直 良 昌 幸 君


             16番  西 尾   敬 君


             17番  長 岡 幸 江 君


             18番  坂 根   守 君


             19番  板 倉 明 弘 君


             20番  萬 代 弘 美 君


             21番  勝 部 順 子 君


             22番  米 山 広 志 君


             23番  牛 尾 尚 義 君


             24番  山 代 裕 始 君


             25番  宮 本   享 君


             26番  原   隆 利 君


             27番  今 岡 一 朗 君


             28番  多久和 康 司 君


             29番  荒 木   孝 君


             30番  長 廻 利 行 君


             31番  古 福 康 雅 君


             32番  珍 部 全 吾 君


             33番  杉 谷 寿 之 君


             34番  寺 田 昌 弘 君





                 欠 席 議 員


                な   し





               説明のために出席した者


           市   長        西 尾 理 弘 君


           教育委員長        渡 部 邦 男 君


           教 育 長        加 藤 武 行 君


           政策企画部長       渡 部 英 二 君


           総務部長         荒 木   隆 君


           財政部長         原 田 恭 平 君


           文化企画部長       米 田 拓 朗 君


           市民福祉部長       児 玉 進 一 君


           環境事業部長       永 岡 博 之 君


           産業振興部長       中 尾 一 彦 君


           建設事業部長       吉 井 貴 史 君


           都市整備部長       布 野 勝 己 君


           下水道部長        田 中 敬 耕 君


           教育次長         黒 目 俊 策 君


           教育次長         杵 築   伸 君


           水道局長         青 木   博 君


           消 防 長        大     茂 君


           総合医療センター事務局長 荒 木 光 延 君


           政策課長         槇 野 信 幸 君


           秘書課長         福 間   浩 君


           財政課長         伊 藤   功 君





               議会事務局出席者


           局  長         栗 原 俊 雄


           次  長         杉 谷   茂


           次  長         吉 田 美智子


           係  長         北 村 高 明


           書  記         曽 田 浩 司





               午前10時00分 開会


○議 長(寺田昌弘君) これより本日の会議を開きます。


 ただいまの出席議員は34名、全員であります。


 本日の議事日程は、お手元に配付した日程表のとおりであります。


 日程第1、選第3号、常任委員会委員の選任を行います。


 お諮りいたします。


 常任委員会委員は、委員会条例第8条第1項の規定により、議長においてお手元に配付した各常任委員会委員名簿に記載のとおり指名いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、各常任委員会委員はお手元に配付した名簿のとおり選任することに決定いたしました。


 日程第2、選第4号、議会運営委員会委員の選任を行います。


 お諮りいたします。


 議会運営委員会委員は、委員会条例第8条第1項の規定により、議長においてお手元に配付した議会運営委員会委員名簿に記載のとおり指名したいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員会委員はお手元に配付した名簿のとおり選任することに決定いたしました。


 日程第3、推第1号、出雲市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となりました推第1号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決をしたいと思います。これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) ご異議なしと認めます。よって、推第1号につきましては、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決をすることに決定いたしました。


 これより採決をいたします。


 推第1号、出雲市農業委員会委員の推薦につきましては、お手元に配付した議案書に記載のとおり、推薦することに賛成の方の起立を求めます。


             (起 立 全 員)


○議 長(寺田昌弘君) 起立全員であります。よって、推第1号、出雲市農業委員会委員の推薦につきましては、竹田重一氏、西尾 敬議員、牛尾尚義議員、多久和康司議員の4名を推薦することに決定いたしました。


 この際、しばらく休憩します。


 直ちに、全員協議会を開会しますので、議会委員会室にお集まりください。


               午前10時03分 休憩


               午前11時35分 再開


○議 長(寺田昌弘君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第4、諸報告を行います。


 先ほど、各常任委員会、議会運営委員会が開会され、互選により正副委員長が選任されましたので、報告いたします。


 総務常任委員会委員長 牛尾尚義議員、副委員長 坂根 守議員。文教厚生常任委員会委員長 山代裕始議員、副委員長 勝部順子議員。環境経済常任委員会委員長 杉谷寿之議員、副委員長 高野成俊議員。建設水道常任委員会委員長古福康雅議員、副委員長 曽田盛雄議員。議会運営委員会委員長 広戸恭一議員、副委員長 西尾 敬議員。


 以上のとおりであります。


 この際、しばらく休憩いたします。


 直ちに、全員協議会を開会しますので、委員会室にお集まり願います。


               午前11時38分 休憩


               午後 1時00分 再開


○議 長(寺田昌弘君) 休憩前に引き続き会議を開きます。


 日程第5、承第1号、専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予算)から承第76号、専決処分の承認について(損害賠償額の決定について)まで76件及び日程第6、議第6号、平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算第1回補正予算についてを一括議題といたします。


 各議案等について、提案理由の説明を求めます。


 荒木総務部長。


○総務部長(荒木 隆君) 登壇 それでは、ただいま上程されました承認案件のうち、承第46号からの条例関係等の専決処分について、ご説明申し上げます。


 お手元に配付しております議案書は46ページからとなっております。また、資料として事前に配付しております専決処分条例集並びに条例等関係資料もご参照いただきたいと存じます。


 初めに、承第46号、議案書は46ページから57ページでございます。出雲市条例の制定についてであります。


 新出雲市の円滑な行政運営を進める上で必要な専決処分書に掲げております出雲市役所の位置を定める条例をはじめとする、合わせて314の条例について専決処分をさせていただいたものでございまして、新市設置時に即時施行する必要がある条例、すなわち法令により必ず設置すべきもの、新市の組織及びその運営に関するもの、市民の権利、利益の保護、権利を制限し、もしくは義務を課すものなど、市民の生活に影響を及ぼし空白期間の許されないものなどについてでございます。


 合併日であります平成17年(2005)3月22日に地方自治法第179条第1項の規定により職務執行者において専決処分をさせていただきましたので、同条第3項の規定により、これをご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第47号、議案書58ページから61ページでございます。出雲市の字の区域を廃止し、及び新たに町の区域を画することについてであります。


 新出雲市の設置に伴い、専決処分書に掲げております町の区域の設定及び字の名称の取り扱いの変更について、地方自治法の規定により3月22日に専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第48号、議案書は62ページから65ページでございます。及び条例等資料集1ページであります。島根県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び同組合の規約の変更についてであります。


 平成17年(2005)3月31日の合併による新松江市の発足に伴い、島根県市町村総合事務組合を構成している自治体数が減少するため、市町村の合併の特例に関する法律第9条の2第1項の規定により議会の議決が必要でありますが、同じく3月22日に地方自治法第179条第1項の規定により、その専決処分を行いましたので、同条第3項の規定に基づきご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第49号、議案書は66ページから72ページでございます。出雲地区ふるさと市町村圏協議会設置についてであります。


 合併まで出雲市外6市町広域事務組合において、共同処理を行っておりましたふるさと市町村圏事務について、出雲市と斐川町とで出雲地区ふるさと市町村圏協議会を設置し、共同して実施することについては地方自治法の規定により議会の議決が必要でありますが、前号同様、3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第50号、議案書は73ページから80ページでございます。出雲市及び斐川町斐伊川用水対策協議会設置についてであります。


 合併まで出雲市外3市町斐伊川水系水利組合において事務の共同処理を行っておりました斐伊川の農業用水に関する事務を斐川町と共同して処理することについて、地方自治法の規定により議会の議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第51号、議案書81ページから88ページでございます。出雲市・斐川町南神立橋区間管理協議会設置についてであります。


 合併まで旧出雲市と斐川町で設置しておりました同名のこの管理協議会は、合併に伴い3月21日をもって廃止しております。3月22日に新市において南神立橋区間の管理に関する事務を斐川町と共同して処理することについて、地方自治法の規定により議会の議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第52号、議案書は89ページから92ページでございます。出雲市の職員の研修に関する事務の事務委託についてであります。


 市町村職員の研修は、島根県が県内の全市町村から委託を受けて、自治研修所において実施しております。引き続き新市において職員の研修に関する事務を島根県に委託することについて、地方自治法の規定により議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第53号から承第55号についてであります。議案書は93ページから104ページとなります。出雲市外6市町広域事務組合において、処理をしておりました可燃性一般廃棄物処理事務を出雲エネルギーセンターにおいて、承第53号は大田市外2町広域行政組合から、承第54号は雲南市飯南町事務組合から、承第55号は斐川町からそれぞれ委託を受けて行うことについて、地方自治法の規定により議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第56号、議案書は105ページから108ページでございます。し尿・浄化槽汚泥処理事務の受託についてであります。


 出雲市外6市町広域事務組合において、処理をしておりましたし尿・浄化槽汚泥処理事務を斐川町から委託を受けて行うことについては、地方自治法の規定により議会の議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第57号、議案書は109ページから113ページでございます。消防に関する事務の受託についてであります。


 出雲市外4市町広域消防組合において共同処理しておりました消防事務を斐川町から委託を受けて行うことについて、地方自治法の規定により議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第58号、議案書は114ページから117ページでございます。平田市斐川町火葬場組合において共同処理しておりました湖西斎場に係る事務を斐川町から委託を受けて行うことについて、地方自治法の規定により議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第59号、議案書は118ページ及び119ページでございます。指定金融機関の指定についてであります。


 地方自治法第235条第2項の規定により、指定金融機関をいずも農業協同組合に指定することについて、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第60号、議案書は120ページから122ページでございます。公の施設の区域外設置及び他の団体の公の施設の利用についてであります。


 出雲市見々久町地内の3世帯の飲料水につきましては、平成14年度(2002)から雲南市の簡易水道施設から給水を受けております。この給水を受けるためには、地方自治法第244条の3第1項及び第2項の規定により、協議書を交わすことについて議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第61号、議案書は123ページから127ページとなっております。あわせて条例等関係資料の2ページから7ページもあわせてご覧いただきたいと存じます。


 出雲市土地開発公社の定款の変更についてであります。合併関係市町の土地開発公社を統合し、出雲市土地開発公社を存続公社として同公社に他の4つの土地開発公社の事業のすべてを委譲する定款を変更することについて議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第62号、議案書128ページ及び129ページであります。出雲市公有林採石変更契約の締結についてであります。


 株式会社共栄採石から工事等の減少に伴い平成17年度(2005)の採石量を減量したい旨の申し出を受け、同社と変更契約を締結するもので議決が必要でありますが、同じく3月22日にその専決処分を行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第63号、議案書は130ページから132ページであります。島根県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についてであります。


 さきに承第48号により松江市の合併に伴う場合をご報告申し上げましたが、本件は平成17年(2005)3月31日の奥出雲町の合併に伴うものでございます。島根県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数が減少するため、市町村の合併の特例に関する法律の規定により議決が必要でありますが、その専決処分を平成17年(2005)3月29日に行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第64号及び承第65号であります。議案書は133ページから141ページでございます。出雲市税条例の一部を改正する条例及び出雲市都市計画税条例の一部を改正する条例についてであります。


 いずれも平成17年(2005)3月末に可決成立し、平成17年(2005)4月1日から施行された地方税法等の一部を改正する法律に伴う個人住民税及び固定資産税関係条例の改正でありまして、その専決処分を平成17年(2005)3月31日に行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第66号、議案書は142ページから144ページであります。出雲市幼稚園条例の一部を改正する条例についてであります。


 湖陵町内に設置しております出雲市立西幼稚園及び同南幼稚園を平成17年(2005)3月31日に廃止し、保育ニーズに対応した出雲市立湖陵幼稚園を新設したことに伴い、幼稚園条例の一部を改正する条例を平成17年(2005)3月31日に専決処分しましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第68号から承第75号、議案書は148ページから163ページであります。大社町内の公の施設、大社文化プレイスうらら館、大社健康スポーツ公園、ご縁広場、みせん広場、大社町公民館、湊原体験学習センター及び大社図書館の指定管理者を大社まちづくり振興公社に、また大社ご縁ネットの指定管理者を大社ご縁ネットワークにそれぞれ指定するものでございます。


 これらの指定については、平成17年(2005)2月28に大社町議会において議決されておりますが、管理運営の施行期日が平成17年(2005)4月1日でありますことから、新市において再度の議決を行うことが必要であり、その専決処分を平成17年(2005)3月31日に行いましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 次に、承第76号、議案書は164ページ及び165ページであります。損害賠償額の決定についてであります。


 これは救急出動中の救急車が県道鰐淵寺線で出雲市東福町の南目幹夫さん所有の軽自動車と接触したことに伴う物損事故につきまして示談が整い、損害賠償の額を10万7,762円と決定することにつきまして、平成17年(2005)4月15日に専決処分しましたので、ご報告し承認を求めるものでございます。


 以上、条例等の専決処分についての説明といたします。よろしくお願い申し上げます。


○議 長(寺田昌弘君) 原田財政部長。


○財政部長(原田恭平君) 登壇 ただいま上程されました議案のうち、予算に関係いたします承第1号から承第41号まで、承第67号及び議第6号についてご説明をいたします。


 議第6号を除く案件は、いずれも地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したものを報告し、ご承認をお願いするものでありますが、説明に入ります前に暫定予算の編成に関する基本的な考え方を申し上げたいと存じます。


 平成17年(2005)3月22日に旧出雲市、平田市、佐田町、多伎町、湖陵町及び大社町の2市4町が合併し、新たに出雲市が設置されました。これを受けて地方自治法施行令第2条の規定に基づき、予算が議会の議決を経て成立するまでの間、必要な収支について暫定予算を編成したものであり、平成16年度(2004)暫定予算は3月22日から3月31日までの期間の予算、また平成17年度(2005)暫定予算はその後開催される定例市議会などの日程を考慮し、4月1日から3カ月間の期間の予算としたものであります。


 なお、平成17年度(2005)暫定予算は、本予算が成立するまでのつなぎ予算的な性格であることから、給与費や物件費などの経常経費、緊急を要する災害復旧費、公債費のほかに今般の地域経済の状況を勘案し、継続費や債務負担行為の設定されている普通建設事業などを計上したところであります。


 それでは、お手元にございます平成16年度(2004)一般会計・特別会計暫定予算書、これは空色の予算書でございます。その3ページをご覧いただきたいと思います。


 平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予算については、先ほどご説明いたしましたように、3月22日からの10日間の期間の予算であり、旧2市4町及び一部事務組合などの当該年度に計上された歳入歳出予算のうち、9団体で支出未払い及び収入未済のものを計上するとともに、合併記念事業であります出雲ブランド食の祭典開催補助、また新市発足PR事業を計上しております。第1条は、歳入歳出の総額を定めるものであり、歳入歳出それぞれ409億2,000万円でございます。第1表歳入歳出暫定予算、第2表継続費、第3表繰越明許費、第4表債務負担行為、第5表地方債につきましては、6ページから18ページに掲げております。19ページから242ページにかけては予算事項別明細書及び予算説明であり、後ほど参考にしていただきたいと存じます。


 以上、簡単でございますが、一般会計に関する説明といたします。


 次に、特別会計について、これから順次ご説明申し上げますが、いずれも一般会計と同様に10日間の期間で計上しております。243ページをお開きください。出雲市国民健康保険事業特別会計暫定予算に関するもので、第1条歳入歳出それぞれ30億6,500万円であります。


 277ページをお開きください。出雲市国民健康保険乙立里家診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1,100万円であります。


 289ページをお開きください。出雲市国民健康保険橋波診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ200万円であります。


 301ページをお開きください。出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算第1条歳入歳出それぞれ24億3,500万円であります。


 317ページをお開きください。出雲市介護保険事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ14億8,200万円であり、第2条地方債については保険給付費を目的とするものでございます。


 345ページをお開きください。出雲市休日診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ300万円であります。


 355ページをお開きください。出雲市簡易水道事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ11億7,900万円であります。第2条繰越明許費については第2表、第3条地方債については第3表をご覧ください。


 375ページをお開きください。出雲市下水道事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ57億6,500万円で、第2条繰越明許費については第2表、第3条地方債については第3表のとおりでございます。


 399ページをお開きください。出雲市農業・漁業集落排水事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ16億1,700万円で第2条債務負担行為については第2表、第3条地方債については第3表のとおりでございます。


 419ページをお開きください。出雲市浄化槽設置事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1億8,900万円で、第2条地方債については第2表のとおりであります。


 433ページをお開きください。出雲市風力発電事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1,900万円でございます。


 445ページをお開きください。出雲市ご縁ネット事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ9,000万円で、第2条債務負担行為については第2表のとおりであります。


 459ページをお開きください。出雲市北部第二土地区画整理事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1億100万円で、第2条繰越明許費については第2表のとおりでございます。


 471ページをお開きください。出雲市中ノ島土地区画整理事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ4億1,000万円であります。


 483ページをお開きください。出雲市企業用地造成事業特別会計算定予算、第1条歳入歳出それぞれ8,000万円でございます。


 493ページをお開きください。出雲市駐車場事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ8,180万円であります。


 505ページをお開きください。出雲市サイクリング・ターミナル事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ790万円でございます。


 515ページをお開きください。出雲市住宅新築資金等貸付事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ900万円でございます。


 525ページをお開きください。出雲市高野令一育英奨学事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ100万円でございます。


 535ページをお開きください。出雲市廃棄物発電事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1,500万円であります。


 以上で平成16年度(2004)一般会計・特別会計暫定予算書の説明を終わります。


 次に、平成17年度(2005)一般会計・特別会計暫定予算書、これはオレンジ色の予算書でございますが、このオレンジ色の予算書の3ページをご覧いただきたいと思います。


 第1条は、歳入歳出の総額を定めるものであり、歳入歳出それぞれ225億2,000万円でございます。第1表歳入歳出暫定予算、第2表債務負担行為、第3表地方債につきましては、4ページから9ページに掲げております。11ページから266ページにかけては予算事項別明細書及び予算説明であり、後ほど参考にしていただきたいと存じます。


 以上、簡単でございますが、平成17年度(2005)出雲市一般会計暫定予算についての説明といたします。


 次に、特別会計について、これから順次ご説明申し上げますが、いずれも一般会計と同様に3カ月の期間で必要な予算を計上しております。


 267ページをお開きください。国民健康保険事業特別会計暫定予算に関するもので、第1条歳入歳出それぞれ25億9,100万円であります。


 305ページをお開きください。出雲市国民健康保険乙立里家診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ810万円であります。


 317ページをお開きください。出雲市国民健康保険橋波診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ270万円でございます。


 327ページをお開きください。出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ32億9,500万円であります。


 341ページをお開きください。出雲市介護保険事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ27億1,200万円でございます。


 371ページをお開きください。出雲市休日診療所事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ500万円であります。


 383ページをお開きください。出雲市簡易水道事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ5億2,980万円で、第2条地方債については第2表のとおりでございます。


 401ページをお開きください。出雲市下水道事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ19億5,810万円で、第2条地方債については第2表のとおりであります。


 421ページをお開きください。出雲市農業・漁業集落排水事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ4億3,850万円で、第2条地方債については第2表のとおりであります。


 441ページをお開きください。出雲市浄化槽設置事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1億3,500万円で、第2条地方債については第2表のとおりであります。


 455ページをお開きください。出雲市風力発電事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ790万円でございます。


 467ページをお開きください。出雲市ご縁ネット事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ2,500万円であります。


 479ページをお開きください。出雲市北部第二土地区画整理事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ720万円でございます。


 489ページをお開きください。出雲市中ノ島土地区画整理事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ4,100万円であります。


 501ページをお開きください。出雲市企業用地造成事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ140万円であります。


 511ページをお開きください。出雲市駐車場事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ1,050万円でございます。


 521ページをお開きください。出雲市サイクリング・ターミナル事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ820万円でございます。


 531ページをお開きください。出雲市高野令一育英奨学事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ150万円でございます。


 541ページをお開きください。出雲市廃棄物発電事業特別会計暫定予算、第1条歳入歳出それぞれ190万円でございます。


 続きまして、お手元にございます赤のフラットファイル、これの第1回の出雲市の臨時会議案をご覧いただきたいと思います。赤のフラットファイルでございます。


 146ページ、147ページをお開きいただきたいと思います。平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予算第1回補正予算でございます。


 平成16年度(2004)における起債対象経費の増減及び一般公共事業債調整分の追加配分による地方債補正について、3月31日に地方自治法第179条第1項の規定により専決処分したものを報告し、ご承認をお願いするものでございます。


 次に、167ページをお開きをいただきたいと思います。議第6号、平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算第1回補正予算でございます。


 平成16年度(2004)の同特別会計について、国庫負担金支払基金交付金の一部が予算枠により平成17年度(2005)歳入となることから、平成16年度(2004)決算見込みにおいて3,890万8,000円の歳入不足を生ずるため、平成17年度(2005)暫定予算から補てん、すなわち繰上充用するものであります。


 以上、簡単でございますが、承第1号から承第41号、承第67号及び議第6号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。


○議 長(寺田昌弘君) 青木水道局長。


○水道局長(青木 博君) 登壇 それでは、ただいま議題となっております承第42号及び承第43号について説明を申し上げます。


 いずれも合併に伴いまして平成16年度(2004)及び平成17年度(2005)の出雲市水道事業会計暫定予算を編成し専決処分をしておりますので、報告し承認を求めるものでございます。基本的な考え方は、先ほどの一般会計及び特別会計と同様でございます。


 それでは、まず、承第42号、専決処分の承認について、これは平成16年度(2004)出雲市水道事業会計暫定予算でございます。別冊の薄い冊子があろうかと思いますが、こちらの方をご覧いただきたいと思います。


 1ページをお開きいただきたいと思います。第1条は総則でございます。


 第2条は業務の予定量を定めたものでございます。


 第3条で収益的収入及び支出を計上しております。事業収益は7,013万9,000円でございます。2ページをお開きいただきたいと思います。事業費用に1億8,653万5,000円を計上しております。


 第4条は、資本的収入及び支出でございます。資本的収入は総額20億1,156万3,000円を計上しております。資本的支出につきましては、総額25億1,488万2,000円でございます。なお、資本的収入が支出に不足する額につきましては、損益勘定内部留保資金等で補てんをすることとしております。


 第5条は、継続費でございます。


 第6条は、債務負担行為を設定するものでございます。


 3ページをお開きいただきたいと思います。第7条は企業債の借り入れ条件等を定めるもの、第8条は一時借入金の限度額を定めるものでございます。


 第9条、第10条につきましては、経費の流用について定めるものでございます。


 第11条はたな卸し資産の購入限度額を定めたものでございます。


 なお、5ページ以降に予算に関する説明を添付しておりますので、後ほどご覧をいただきたいと思います。


 続きまして、別冊承第43号、専決処分の承認についてでございますが、平成17年度(2005)出雲市水道事業会計暫定予算についてご説明をいたします。


 それでは、1ページをお開きいただきたいと思います。第1条は総則でございまして、第2条は業務の予定量を定めるものでございます。


 第3条は収益的収入及び支出でございます。事業収益総額5億5,728万6,000円を計上しております。2ページをお開きください。支出でございます。事業費用3億1,855万5,000円を計上しております。


 続きまして、第4条資本的収入及び支出でございます。収入総額は13億6,150万5,000円を計上しております。資本的支出の総額は19億9,311万2,000円でございます。第2項の開発費につきましては、平田地区における水道管路管理システム構築費でございます。


 なお、第4条において収益的収入が支出に不足する額につきましては、当該年度損益勘定内部留保資金などで補てんすることとしております。


 第5条は企業債の借り入れ条件等でございます。


 次に、3ページでございます。第6条は一時借入金の限度額を定めるもの、第7条、第8条は経費の流用について規定するものでございます。


 第9条はたな卸し資産の購入限度額を定めたものでございます。


 なお、5ページ以降に予算に関する説明書を添付しておりますので、後ほどご覧をいただきたいと思います。


 以上、簡単ではございますが、承第42号及び承第43号についての提案理由とさせていただきます。よろしくご審議をいただきますようお願いいたします。


○議 長(寺田昌弘君) 荒木総合医療センター事務局長。


○総合医療センター事務局長(荒木光延君) 登壇 それでは、ただいま議題となっております出雲市病院事業会計暫定予算についてご説明を申し上げます。


 薄いピンク色の表紙の出雲市病院事業会計暫定予算、16年度(2004)からご覧いただきたいと存じます。


 承第44号、専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市病院事業会計暫定予算)について、ご説明を申し上げます。


 予算の編成につきましては、先ほど一般会計、特別会計、水道会計でご説明がありましたことに準じて病院会計も編成をいたしております。


 1ページからご覧いただきたいと思います。第1条は総則でございます。


 第2条では病院事業で病床202床、介護療養事業で60床、介護老人保健施設事業で入所50人、通所20人での業務を行っております。それの予定量を定めておるところでございます。


 次に、収益的収入及び支出で収入合計を4億2,340万円といたしております。


 2ページをご覧いただきたいと思います。次に、支出でございます。支出合計を3億3,000万円といたしております。


 次に、第4条の資本的収入及び支出についてでございます。収入合計1億8,550万円を定めております。次に、支出合計は1億2,420万円といたしております。


 第5条では借入金の限度額を、第6条では経費の金額を流用ができる範囲を、第7条で議会の議決を必要とする経費について、第8条でたな卸し資産の購入限度額を定めております。


 4ページ以降には予算に関する説明を資料添付いたしておりますので、ご覧いただきたいと存じます。


 続きまして、承第45号、専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市病院事業会計暫定予算)についてでございます。


 これにつきましても第1条は総則でございます。


 第2条は病院事業、介護療養事業、介護老人保健施設事業の業務の予定量を定めております。


 第3条で収益的収入及び支出でございますが、まず、収入合計を9億7,100万円といたしております。次に、支出につきましても収入合計と同額の9億7,100万円といたしております。


 次に、資本的収入及び支出についてでございますが、収入につきましては、暫定期間中による収入予定がないために計上いたしておりません。支出では、1,100万円予定いたしておりますが、これは過年度分損益勘定留保資金で補てんするものであります。


 第5条で借入金の限度額、第6条で経費の金額を流用できる範囲、第7条で議会の議決を必要とする流用経費、第8条でたな卸し資産の購入限度額をそれぞれ定めております。


 4ページ以降に予算に関する説明資料を添付いたしておりますので、ご覧いただきたいと思います。


 以上、簡単でございますが、説明を終わります。よろしくお願いいたします。


○議 長(寺田昌弘君) これより質疑を行います。


 議事の整理上、承認案件は区分して質疑を行います。


 まず、承第1号、専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予算)から承第45号、専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市病院事業会計暫定予算)まで、議案書1ページから45ページ及び別冊平成16年度(2004)・17年度(2005)暫定予算書について、ご質疑はありませんか。


             (「なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 質疑なしと認めます。


   これをもって承第1号から承第45号までについての質疑を終了いたします。


   次に、承第46号、専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)から承第76号、専決処分の承認について(損害賠償額の決定について)まで及び議第6号、平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算第1回補正予算まで、議案書46ページから173ページについてご質疑はありませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 質疑なしと認めます。


 これをもって、承第46号から承第76号及び議第6号までについての質疑を終了いたします。


 以上で承第1号から承第76号及び議第6号までの質疑は、すべて終了いたしました。


 お諮りいたします。


 ただいま議題となっております承第1号から承第76号までの76件及び議第6号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これに異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) ご異議なしと認めます。よって、承第1号から承第76号までの76件及び議第6号につきましては、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより承第1号から承第76号まで及び議第6号について一括討論を行います。


 討論はありませんか。


 20番、萬代弘美議員。


○20番(萬代弘美君) 登壇 日本共産党の萬代弘美でございます。私は日本共産党を代表いたしまして、ただいま上程をされました新市発足にあたっての多くの議案のうち、承第46号、専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)、承第64号、専決処分の承認について(出雲市税条例の一部を改正する条例)、承第72号と第74号の専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)討論を行います。


 まず、最初に承第46号、専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)討論を行います。


 本承認案件は、地方自治法で義務づけられ、また合併後の新市で欠くことのできないもの、さらに合併協議会で整ったものとして314件の条例が一括で提出をされたものです。私は合併による実務処理に反対するものではありませんが、今回の合併でサービスは高い方に、負担は低い方に合わせるということがどこの自治体でも強調されてまいりました。現に、旧出雲市の場合、市の週報で基本的にサービスは高いところに合わせ、負担は低いところに合わせることについては、法定協議会で具体的に検討されることになりますが、サービスが今より下がらないことが基本だと考えています。現状維持はもちろんのこと、さらに向上させることを目指します。それに伴う負担は現在の水準を上回らないことを目標に法定協議会で協議することになります。サービスは高い方に負担は低い方にの説明がなされてきたところです。この基本方針に照らしますと、多くの条例に問題点が少なからずあります。特に合併によって市民の負担増につながるものや、今後の負担増を示唆するもの、旧市町で問題を指摘して反対してきたものなど、6つの条例について意見を述べ、反対を表明いたします。


 第1に、条例第77号、出雲市税条例第2節第40条で固定資産税率は100分の1.5とすると定められております。これによりまして税率の上がる旧佐田町、多伎町、湖陵町、大社町の4町は合併による特例で平成17年度(2005)から19年度(2007)までの3年度分に限り、これまでどおりの100分の1.4とするとなっておりますが、今後において大幅な負担増となるものであり、現時点で将来の税率を規定することは到底容認できるものではありません。


 第2に、条例第89号、出雲市介護保険条例第3章の8条では、第1号被保険者、いわゆる65歳以上の高齢者の保険料が定められておりますが、国の定める見直し時期の先取りを行い、平成17年度(2005)から見直しを行って統一した保険料の設定がされているものです。その結果、新出雲市の高齢者の介護保険料は基準額が年額4万7,832円に統一をされ、旧出雲市、佐田町、湖陵町、多伎町は7,632円、19%の値上げとなり、大社町は1万2,000円、33.4%の値上げ、平田市は1万3,632円、39.8%の値上げになります。こうした高齢者への大幅な負担増を求める本条例を承認することはできません。


 第3に、第168号、出雲市廃棄物の処理及び清掃に関する条例についてです。第13条において、市が処理を行う一般廃棄物手数料がそれぞれに定められておりますが、合併前まで無料であった多伎町の破砕ごみ、埋め立てごみ、粗大ごみ、資源ごみの手数料が旧他市町にあわせてすべて有料になるなど、一部地域の住民とはいえ、大幅な負担増になります。旧出雲市でも有料化すればごみの減量につながるなどの理由で、平成12年度(2000)に可燃ごみの全面有料化、不燃ごみの指定ごみ袋制の導入による有料化を促進してまいりました。日々の暮らしに欠かせないごみ袋代は直接家計に響き、住民の関心の高い問題でもあります。安易に住民負担に頼るべきではなく、市民の総意でごみの減量、資源化の抜本的対策の推進を行うべきです。


 以上の立場から、当面は負担が最も低い多伎町の不燃ごみの無料に統一すべきであると考えます。


 第4に、第237号、出雲市市営住宅の設置及び管理に関する条例についてです。本条例の重大な問題は、附則の3項で合併による調整で大幅な家賃の引き上げを想定した新家賃を前提にして、平成18年度(2006)から22年度(2010)までの負担調整率を決め、5年間で調整を行うことを定めていることです。負担は低い方に調整を行うとした基本を全く無視をして、大幅な家賃の引き上げを押しつける本条例は承認できません。


 第5に、第278号、出雲市立幼稚園条例についてです。第4条において幼稚園の保育料を年額7万2,000円とすると定められております。これは旧2市4町の保育料がそれぞれ異なっていたものを調整されたことによって旧出雲市、平田市では安くなりますが、旧多伎町、湖陵町、大社町では値上げとなるものです。負担は低い方へ合わせるという基本に立って、一番低い多伎町、湖陵町に合わせて年額6万6,000円に抑えるべきです。これまで合併によって少子・高齢化を克服すると言われてきたことからしても、特段の配慮が必要なことは言うまでもありません。


 第6に、第80号、出雲市都市計画税条例についてです。本条例は、旧出雲市で平成7年(1995)に導入されたもので、今回この条例を引き継いだものです。本条例の附則13項において、対象地域を当分の間、都市計画税を課する用途地域の範囲は合併前の出雲市用途地域に限るものとするとされてはおりますが、合併協定では旧平田市、大社町をはじめまだ用途地域指定がなされていない佐田町、多伎町、湖陵町においても導入の是非について、今後検討するとなっており、これまでの合併協議の経緯からすれば、導入されることは容易に考えられることです。今回の合併で旧平田市を除くこれらの地域では、3年後に固定資産税の引き上げが既に確定をしており、その上に都市計画税と二重の負担増を強いることになります。


 旧出雲市では出雲ドーム建設に代表されるような大型公共事業が優先される中で、立ち遅れた下水道整備を促進させるために都市計画税が導入をされた経過がありますが、市民の中には都市計画税を払っているが一向に下水道の整備が進まないといった不満の声も聞かれます。こうした中で合併による新市建設計画では、普通建設事業が合併前の6割程度に縮減されるなど、厳しい財政状況のもとで、周辺地域や住民の生活、環境、福祉、教育など住民に身近で切実な最も必要な公共事業が後退しないかと心配をされております。今こそ大型の公共事業を精査し、不要不急なものは縮減、見直し、下水道整備など住民生活に密着した公共事業を最優先にする思い切った財政運営の転換を図ることこそ重要であり、新出雲市での都市計画税廃止に向けての検討を行うべきです。


 次に、承第64号、専決処分の承認について(出雲市税条例の一部を改正する条例)について討論を行います。


 今回の改正は、国の地方税法等の一部を改正する法律案が3月18日に可決成立したことにより、関係条例の改正を行うものです。2005年度の地方税法改正は、あるべき税制の構築に向けた改革の一環として消費税増税路線の一部を担うものとして実施を行われます。こうした国の改正を受けて改正される条例の主な内容の1つは、人的非課税の範囲の見直しで、現行の65歳以上の者のうち前年の合計所得金額が125万円以下の者に対する個人住民税の非課税措置が段階的に廃止をされます。担税力がない、または著しく薄弱である住民にその税負担を求めることは、租税政策上適当でないことから、これまで非課税とされてきたものであり、現役世代との税負担の公平を確保するとして非課税措置を廃止するのは適当ではありません。この影響は国民健康保険料、介護保険料などの負担増につながり、公営住宅の家賃にもはね返るなど、雪だるま式の負担増となって、高齢者の生活を直撃をするものです。


 改正の2つ目に、給与支払い報告書提出対象者の範囲の見直しが挙げられておりますが、このことによってフリーターだけではなく,アルバイトや短期パートなどで働く者の所得が把握できることになり、こうした人たちへの課税強化につながりかねないという問題があります。


 以上の意見を述べ、出雲市税条例の一部改正について反対を表明いたします。


 次に、承第72号、承第74号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)一括討論を行います。


 この条例は、いずれも公の施設の管理運営について、指定管理者を指定するもので、第72号では大社公民館、荒木公民館、瑤堪公民館、日御碕公民館、鵜鷺公民館について、第74号では出雲市立大社図書館について、いずれも財団法人大社まちづくり振興公社理事長、田中和彦氏に指定管理を行わせようとするものです。


 私たちは、指定管理者制度そのものに反対するものではありませんが、公の施設は住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設であり、特に公民館、図書館など、個別法で縛りのある施設については、指定管理者制度になじまないものであり、対象外であると考えております。公民館は社会教育法で管理者を国、地方公共団体に限定をされており、個別法で管理主体、権限が限定されている場合には、指定管理者制度をとることができないと、自治行政局通達が出されているものです。また、図書館は、図書館法で入館料、利用料無償規定が設けられ、この規定が優先するなど、個別法で管理権限の制限があります。今回の指定管理者は財団法人であり、営利を目的とする団体ではありませんが、将来個別法の規制が緩和されることをねらって、さらなる市場化が懸念をされます。


 以上、意見を述べ、この2つの専決処分の承認に反対を表明いたします。


 以上ですべての議案の討論を終わります。


○議 長(寺田昌弘君) 他に討論はございませんか。


               (「なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 他に討論もないようでありますので、これをもって討論を終了します。


 これより、採決を行います。


 まず、承第46号、専決処分の承認について(出雲市条例の制定について)を採決いたします。


 お諮りいたします。


 承第46号は、これを承認することに賛成の方の起立を願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、承第46号は承認することに決定いたしました。


  次に、承第64号、専決処分の承認について(出雲市税条例の一部を改正する条例)の採決を行います。


  お諮りいたします。


  承第64号は、これを承認することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、承第64号は承認することに決定いたしました。


 次に、承第72号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)を採決いたします。


 お諮りいたします。


 承第72号は、これを承認することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、承第72号は承認することに決定いたしました。


 次に、承第74号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)を採決いたします。


 お諮りいたします。


 承第74号は、これを承認することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、承第74号は承認することに決定いたしました。


 続いて、承第1号、専決処分の承認について(平成16年度(2004)出雲市一般会計暫定予算)から承第45号、専決処分の承認について(平成17年度(2005)出雲市病院事業会計暫定予算)まで及び承第47号、専決処分の承認について(出雲市の字の区域を廃止し、及び新たに町の区域を画することについて)から承第63号、専決処分の承認について(島根県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について)まで、承第65号、専決処分の承認について(出雲市都市計画税条例の一部を改正する条例)から承第71号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)まで及び承第73号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)、承第75号、専決処分の承認について(公の施設の指定管理者の指定について)、承第76号、専決処分の承認について(損害賠償額の決定について)を一括採決いたします。


 お諮りいたします。


 承第1号から承第45号まで及び承第47号から承第63号まで、承第65号から第71号まで並びに承第73号、承第75号、承第76号については、これを承認することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 全 員)


○議 長(寺田昌弘君) 起立全員であります。よって、承第1号から承第45号まで及び承第47号から承第63号まで、承第65号から承第71号まで並びに承第73号、承第75号、承第76号については、承認することに決定いたしました。


 続いて、議第6号、平成17年度(2005)出雲市老人保健医療事業特別会計暫定予算第1回補正予算を採決いたします。


 お諮りいたします。


 議第6号は、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


                (起 立 全 員)


○議 長(寺田昌弘君) 起立全員であります。よって、議第6号は原案のとおり可決されました。


 日程第7、同第1号、出雲市助役の選任について及び同第2号、出雲市助役の選任についてを一括議題とします。


 お諮りいたします。


 同第1号及び同第2号については、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、同第1号及び同第2号については、提案理由の説明、質疑、委員会付託、討論を省略して採決を行うことに決定しました。


  これより採決します。


  お諮りいたします。


  まず、同第1号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、同第1号は、出雲市東福町416番地、長岡秀人氏の選任に同意することに決定しました。


   続いて、同第2号を採決します。


   お諮りいたします。


   同第2号は、これに同意することに賛成の方は起立願います。


             (起 立 多 数)


○議 長(寺田昌弘君) 起立多数であります。よって、同第2号は、出雲市東神西町408番地、野津邦男氏の選任に同意することに決定しました。


 次に、先ほど議長に対し、総務常任委員長をはじめ各常任委員長から特定事件等についての所管事務の調査のため、閉会中の議員派遣の申し出と議会運営委員長から所掌事務の審査のための閉会中の継続審査の申し出がありました。


 お諮りいたします。


 ただいま各常任委員会委員長から申し出のありました所管事務調査のための閉会中の議員派遣の件と議会運営委員会委員長から申し出のありました閉会中の継続審査の件を日程に追加し、各常任委員会委員長から申し出の件を追加日程第1、議会運営委員長から申し出の件を追加日程第2とし、直ちに議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議  長(寺田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、各常任委員会委員長から申し出のありました閉会中の議員派遣の件を追加日程第1、議会運営委員会委員長からの申し出のありました閉会中の継続審査の件を追加日程第2とし、直ちに議題とすることに決定しました。


 追加日程第1及び追加日程第2の2件を一括議題とします。


 お諮りいたします。


 追加日程第1及び追加日程第2の2件につきましては、各委員長の申し出のとおり決定することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」と言う者あり)


○議 長(寺田昌弘君) 異議なしと認めます。よって、追加日程第1、各常任委員会の所管事務調査のための閉会中の議員派遣の件及び追加日程第2、議会運営委員会の閉会中の継続審査の件につきましては、申し出のとおり決定いたしました。


 この際、本臨時会の閉会にあたり、西尾市長から発言の申し出がありますので、これを許可します。


 西尾市長。


○市 長(西尾理弘君) 登壇 本日ここにおいて平成17年度(2005)の第1回出雲市議会臨時会の閉会となるわけでございますが、一言ごあいさつを申し上げます。


 新市の初議会となりましたこの臨時会に提出いたしました諸案件は、昨日から議会の新しい構成メンバーでございます新議員の皆様方、ご熱心に本当に一生懸命ご審議いただきまして、議会におかれましては、議会運営関係議案等、また執行部からは専決処分の承認、予算案件、条例案件、そして助役を2人とする人事案件など必要最小限のものをご審議いただいたところでございますが、すべてご趣旨をお酌み取りいただき、慎重なるご審議の結果、いずれも原案のとおりご決定いただきましてまことにありがとうございました。


 議会におかれましては、議席の決定はもとより、新出雲市の初代となる議長、副議長が選挙によりご就任されました。また、各常任委員会の委員、議会運営委員会委員等もご決定になり、執行部ともども、いよいよ新出雲市の発展のための体制がここに正式に発足したわけでございます。まことにご同慶の至りでございます。我々議会の皆様方、執行部の諸氏、それぞれ一致団結、新たな職責に向かって邁進せんとするものであります。


 私も市長就任以来、1カ月未満でございますけど、毎日分刻み、時には秒刻みのような生活となっておりますが、間もなく開会されます次回の第1回定例議会にお諮りすべく新出雲市の施政の方針、予算案、連日、時には朝方までいろいろ戦略、戦術を練っているところであります。


 ただいま萬代議員からのお話でご指摘いただいたところで、1つだけ申し上げますと、普通建設事業の規模、これは現在16年度(2004)決算見込みベースによりますと大体同水準のものを確保せんとしておりまして、合併前の6割程度の水準とおっしゃいましたことについては、そういう状況でないということをまず申し上げておきたいと思います。今、一生懸命算定しているところでございます。また、出雲市の都市計画税も平成8年度(1996)からの導入でございまして7年度(1995)ではないわけでございます。その点も修正申し上げたいと思うわけでございます。いずれにいたしましても、新市における諸課題、予算の裏づけのある政策の展開、次回議会でまたよろしくお願い申し上げる次第でございます。


 いよいよ出雲市も新しい市となって、特に何が変わるかと言われれば、やはり観光政策が大きく変わらなきゃならないということでございます。一昨日以来、報道されているがごとく、この出雲圏域挙げての観光戦略、「神話の国、縁結び観光協会」という名称についても私も参画させていただき、こういう名称にさせていただきました。いよいよこのような名称にふさわしい観光事業を整うべく予算の面、組織の面、さらに検討を加えてまいりたいと思うわけでございます。


 議員の皆様方におかれましては、これからが本当に忙しい毎日だと思いますけれど、どうかともどもに健康に留意し、前進、前進また前進を遂げたいと思うわけでございます。どうかよろしくお願い申し上げまして、本議会の閉会のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。


○議 長(寺田昌弘君) 以上で本日の議事日程は、すべて終了いたしました。


 これをもって、平成17年度(2005)第1回出雲市議会臨時会を閉会します。


 ありがとうございました。


 直ちに、全員協議会を開会しますので、委員会室にお集まりください。


                午後2時15分 閉会





 地方自治法第123条の規定により、ここに署名する。








          出雲市議会議長    寺 田 昌 弘





          出雲市議会議員    松 村 豪 人





          出雲市議会議員    杉 谷 寿 之