議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 浜田市

平成23年 3月定例会 03月17日−08号




平成23年 3月定例会 − 03月17日−08号







平成23年 3月定例会



        平成23年3月浜田市議会定例会会議録(第8号)





1. 日  時  平成23年3月17日(木)午前9時59分開議

2. 場  所  浜田市役所議場

        ──────────────────────────

 出席議員(26名)

 1番  笹  田     卓           2番  布  施  賢  司

 3番  岡  本  正  友           4番  芦  谷  英  夫

 5番  佐 々 木  豊  治           6番  道  下  文  男

 7番  田  畑  敬  二           8番  平  石     誠

 9番  西  田  清  久          10番  三  浦  保  法

11番  新  田  勝  己          12番  三  浦  美  穂

13番  山  崎     晃          14番  山  田  義  喜

16番  三  浦  一  雄          17番  西  村     健

18番  大  谷  弘  幸          19番  川  神  裕  司

20番  江  角  敏  和          22番  牛  尾  博  美

23番  原  田  義  則          24番  ?  松  三  男

25番  牛  尾     昭          26番  中  村  建  二

27番  高  見  庄  平          28番  美  浦  美  樹

        ──────────────────────────

 欠席議員(1名)

15番  田  村  友  行

        ──────────────────────────

 地方自治法第121条により説明のため出席した者

市長      宇 津 徹 男          副市長     大 谷 克 雄

教育委員長   梅 津 益 美          教育長     山 田 洋 夫

監査委員    水 野 文 雄          金城自治区長  岡 本 利 道

旭自治区長   岩 倉 初 喜          弥栄自治区長  三 浦 義 和

三隅自治区長  中 島 良 二          総務部長    稲 葉 裕 男

企画財政部長  近 重 哲 夫          健康福祉部長  渡 部 恵 子

市民環境部長  小 澤 孝 子          産業経済部長  冨 田 晋 司

建設部長    勝 田 秀 幸          会計管理者   田 野 正 幸

教育部長    仲 田 敏 廣          消防長     平 野 一 茂

水道部長    佐々木   章          金城支所長   吉 永 靖 司

旭支所長    岩 谷 欣 吾          弥栄支所長   山 根   貢

三隅支所長   三 浦 博 美          総務部次長   牛 尾 祐 治

企画財政部次長 塙   邦 彦          健康福祉部次長 三 浦 直 生

市民環境部次長 川 崎 功 二          産業経済部次長 中 村 俊 二

建設部次長   平 中 雅 孝          教育部次長   今 田   泰

消防本部消防次長加 戸   護          総合調整室長  湯 浅   淳

人事課長    植 田 和 広          財政課長    宮 崎 良 一

        ──────────────────────────

 事務局職員出席者

事務局長    山 崎   浩          次長      江 木   弘

議事係長    外 浦 和 夫          主任主事    勝 田   奨

        ──────────────────────────

 議事日程(第8号)

第1 委員長報告 (総務文教委員会、福祉環境委員会、産業建設委員会、予算審査委員会)

   市長提出議案(討論・採決)

第2 議案第 1号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について

第3 議案第 2号 浜田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例について

第4 議案第 3号 浜田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び浜田市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

第5 議案第 4号 浜田市職員の給与の支給に関する条例の一部を改正する条例について

第6 議案第 5号 浜田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について

第7 議案第 6号 浜田市税条例の一部を改正する条例について

第8 議案第 7号 浜田市手数料条例の一部を改正する条例について

第9 議案第 8号 浜田市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例について

第10 議案第 9号 教育施設に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定について

第11 議案第10号 浜田市東公園運動施設条例の一部を改正する条例について

第12 議案第11号 浜田市金城総合運動公園条例の一部を改正する条例について

第13 議案第12号 浜田市今福スポーツ広場施設条例の一部を改正する条例について

第14 議案第13号 浜田市三隅B&G海洋センター条例の一部を改正する条例について

第15 議案第14号 福祉施設に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定について

第16 議案第15号 浜田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例について

第17 議案第17号 産業振興施設及び公営住宅に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定について

第18 議案第18号 浜田市ふるさと体験村施設条例の一部を改正する条例について

第19 議案第19号 浜田市運動広場施設条例の一部を改正する条例について

第20 議案第20号 浜田市旭公園運動施設条例の一部を改正する条例について

第21 議案第21号 浜田市岡見スポーツセンター条例の一部を改正する条例について

第22 議案第22号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について

第23 議案第23号 浜田市営地域定住住宅条例の一部を改正する条例について

第24 議案第24号 浜田市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例について

第25 議案第25号 浜田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例について

第26 議案第26号 指定管理者の指定について(浜田市縁の里地域振興施設)

第27 議案第27号 浜田市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定について

第28 議案第28号 財産の無償譲渡について(浜田市旭森林研修交流センター)

第29 議案第29号 市道路線の廃止について(青川長見線外)

第30 議案第30号 市道路線の認定について(青川長見線外)

第31 議案第31号 美又辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について

第32 議案第32号 井川辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について

第33 議案第33号 平成22年度浜田市一般会計補正予算(第6号)

第34 議案第34号 平成22年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

第35 議案第35号 平成22年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)

第36 議案第36号 平成22年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

第37 議案第37号 平成22年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

第38 議案第38号 平成22年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)

第39 議案第39号 平成22年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)

第40 議案第40号 平成22年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)

第41 議案第41号 平成23年度浜田市一般会計予算

第42 議案第42号 平成23年度浜田市国民健康保険特別会計予算

第43 議案第43号 平成23年度浜田市駐車場事業特別会計予算

第44 議案第44号 平成23年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算

第45 議案第45号 平成23年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算

第46 議案第46号 平成23年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算

第47 議案第47号 平成23年度浜田市公共下水道事業特別会計予算

第48 議案第48号 平成23年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算

第49 議案第49号 平成23年度浜田市漁業集落排水事業特別会計予算

第50 議案第50号 平成23年度浜田市生活排水処理事業特別会計予算

第51 議案第51号 平成23年度浜田市簡易水道事業特別会計予算

第52 議案第52号 平成23年度浜田市後期高齢者医療特別会計予算

第53 議案第53号 平成23年度浜田市水道事業会計予算

第54 議案第54号 平成23年度浜田市工業用水道事業会計予算

第55 議案第55号 工事請負契約の変更について(熱田町地区調整池築造工事)

第56 議案第56号 平成22年度浜田市一般会計補正予算(第7号)

   請願(討論・採決)

第57 請願第 9号 「交通基本法」制定を求める意見書の提出について

第58 請願第10号 TPP交渉に参加しないことを求める意見書の提出について

第59 請願第11号 医療費の窓口負担軽減を求める意見書の提出について

第60 請願第12号 TPP交渉参加反対に関する意見書の提出について

第61 請願第13号 安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書の提出について

   議会追加提出議案(説明・採決)

第62 発議第 2号 子ども手当の地方負担に反対する意見書について

   議会追加案件

   委員長申し出(福祉環境委員長)

第63        委員会の閉会中の継続審査について

   一般事件

第64        議員派遣について

        ──────────────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程(第8号)及び下記の追加日程

   議会追加提出議案(説明・質疑・討論・採決)

追加日程第1 発議第3号 TPP交渉参加反対に関する意見書について

追加日程第2 発議第4号 安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書について

        ──────────────────────────

            会       議

            午前9時59分 開議



○議長(牛尾博美) 皆さんおはようございます。

 ただいま出席議員は26名で定足数に達しております。これより本日の会議を開きます。

 議事に入る前に、去る3月11日に発生しました東日本大地震で亡くなられた方、また被害に遭われた方々のために、謹んで黙祷をささげたいと思います。ご協力お願いいたします。

 それでは、ご起立お願いします。

            〔黙  祷〕

 黙祷を終わります。ご協力ありがとうございました。

 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第1、委員長報告です。

 各常任委員会に審査を付託した日程第2、議案第1号から日程第61、請願第13号までの60件を一括議題とし、各所管委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれの委員長の報告を求めます。総務文教委員長、8番平石誠議員。

            〔平石 誠総務文教委員長 登壇〕



◆総務文教委員長(平石誠) 皆さんおはようございます。

 総務文教委員会に審査を付託された案件17件について、3月7日に委員会を開催し、審査を行いましたので、経過及び結果を報告いたします。

 審査に当たっては、それぞれの議案等に関し、必要に応じて執行部から補足説明を受けるなどして、委員から質疑等を行いました。

 まず、議案第1号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてですが、委員からは新たな附属機関として設置される浜田市奨学金貸与審査委員会の委員の定数に対する考え方や、審査方法などについて説明を求め、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第2号浜田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてと議案第3号浜田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び浜田市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてですが、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第4号浜田市職員の給与の支給に関する条例の一部を改正する条例についてですが、執行部からは補足説明と島根県や県内8市の状況などが記載された、更に詳しい資料が提出されたところです。委員からは、改正の趣旨や定率支給から定額支給に変わることによる人件費の影響額について質問があり、説明を受けました。執行部からは、今回の改正はこれまでに国や県から指導もなされており、管理職手当の本来の趣旨から考えると、経験年数や職級にかかわらず、管理職としての職務、職責による手当を支給することが望ましいという考えによるものであるとの答弁があり、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 続いて、議案第5号浜田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例について及び議案第6号浜田市税条例の一部を改正する条例についての2件と、議案第8号浜田市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例についてから議案第11号浜田市金城総合運動公園条例の一部を改正する条例についてまでの4件について、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第12号浜田市今福スポーツ広場施設条例の一部を改正する条例についてですが、最近の施設ごとの利用者数についての質問や、近年利用実績のないターゲットバードゴルフ場を廃止することについて、委員からは、グラウンドゴルフの利用が多いようなので、グラウンドゴルフ場として整備する考えはないのかといった質問があり、利用者からの声も踏まえ、検討中であるとの答弁がありました。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 続いて、議案第13号浜田市三隅B&G海洋センター条例の一部を改正する条例についてですが、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第25号浜田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例についてですが、委員からは、県内8市の支給状況や、今回の改正による1回当たりの支給単位について質問があり、鎮火までに相当な時間を要し、長時間の出動となる場合もあり、時間単位での支給の検討が必要ではないかという意見がありました。執行部からは、例外的な措置として、長時間にわたる出動に従事した場合などは、別途協議して支給することとしている旨の答弁がありました。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第28号財産の無償譲渡について(浜田市旭森林研修交流センター)についてですが、委員からは、譲渡後の課税措置について質問があったところです。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第31号美又辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定について及び議案第32号井川辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定については、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 最後に、請願第9号「交通基本法」制定を求める意見書の提出についてですが、前回、継続審査として国の動向を見守っておりましたが、いつまでも継続審査とするべきではないとして、結論を出すことになりました。審査の中では、委員からは中山間地域を抱え、次々に地域路線バスが撤退する状況にある当市において、交通権を確保し、環境に配慮した交通体系を意識した交通基本法の制定は望まれるという意見、交通体系における都会地との格差を是正し、財政的支援も含めて、国が法整備することは必要であるという賛成の意見がある一方、昨今の地域路線バスの撤退を含む交通体系等に関する問題は、中山間地域を多数有し、急激に過疎、高齢化が進む当市において非常に深刻な問題であり、持続可能な総合交通体系を確立すべきであるという請願者の趣旨は十分に理解でき、交通基本法の制定に反対するものではない。しかし、請願項目に上げてある交通権の概念に関する国民的合意や交通権の保証については、交通権の言葉の明確な定義付けがなされておらず、現段階で権利の保障をうたうことは、財政的な措置等、さまざまな問題の推測が懸念されるため反対あるという意見がありました。以上のような意見を踏まえ、採決の結果、賛成者少数で不採択とすべきものと決しました。以上、総務文教委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。福祉環境委員長、16番三浦一雄議員。

            〔三浦一雄福祉環境委員長 登壇〕



◆福祉環境委員長(三浦一雄) 福祉環境委員会に審査を付託されました案件について、3月8日に委員会を開催し、審査を行い、議案3件、請願1件について結論を得ましたので、経過及び結果を報告します。

 審査に当たっては、それぞれの議案に関して執行部から補足説明を受けた後、委員から質疑等を行いました。

 議案第14号福祉施設に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定について、議案第15号浜田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例について及び議案第27号浜田市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定については、特に問題となることもなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、請願第11号医療費の窓口負担軽減を求める意見書の提出については、昨年12月定例会において継続審議となっておりましたが、今回、改めて審査を行いました。執行部からは、国の医療施策の動向、国民健康保険の運営、財政状況、市民の窓口負担の状況、国保の広域化などについて説明を求めながら審査を行いました。委員からは、窓口の負担については、市民全員に負担軽減ができるかといえば考えにくいのではないか、また本来、社会保障の保険制度の改正を行わないと保険制度の中で決まっているので、制度全体を考えていかないといけない問題であり、そこを抜本的に見直しをしないことには、負担軽減だけをとらえることは問題の解決にはならないのではないかという意見がありました。その結果、賛成者なしにより不採択とすべきものと決しました。

 次に、請願第14号「子ども・子育て新システム」に基づく保育制度改革の撤回と現行保育制度の拡充を求める意見書の提出についてですが、執行部から、この度の子ども・子育て新システムの概要や、現在の国の子育て施策の動向などについて説明を求めながら審査を行いました。委員から、今、この問題は政治的な問題、全体の問題を考えたときに、もう少し研究、調査をしなくてはならないという意見や、システムとして直接契約とか、自治体の責任分野がどうなるのかや、商業ベースになっていってはいけないということ、例えば待機児童などの数も違い、都会と地方とでは状況も差異があって、全国一律のシステムについては不安があるといった意見や、国の情勢がまだまだ方向性が見えないこともあり、十分国の動向を見ながら、我々も研究する必要があるという意見などが出され、閉会中の継続審査とすることに決しましたので、あわせて報告いたします。以上、福祉環境委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。産業建設委員長、13番山崎晃議員。

            〔山崎 晃産業建設委員長 登壇〕



◆産業建設委員長(山崎晃) 産業建設委員会に審査を付託されました議案13件及び請願2件について、3月9日に委員会を開催し、審査を行い、結論を得ましたので、その経過及び結果をご報告いたします。

 まず、議案第7号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第17号産業振興施設及び公営住宅に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定についてから議案第24号浜田市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例についてまでの8件でありますが、審査を行い、それぞれ採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第26号指定管理者の指定について(浜田市縁の里地域振興施設)でありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第29号市道路線の廃止について(青川長見線外)及び議案第30号市道路線の認定について(青川長見線外)の2件でありますが、現地の各路線を確認し、説明を受けた上で、審査を行い、それぞれ採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第55号工事請負契約の変更について(熱田町地区調整池築造工事)でありますが、本議案は本会議でも複数の議員から質疑があったように、当該委員会の審査においても、3名の委員から質疑があったところです。各委員からは、積算の甘さや不測の事態に陥った最大の要因について、また今回実施される調査の詳細や入札制度のあり方などについて質疑がありました。所管部の見解として、調査の初段階で時間と予算をかけて、精密な地質調査を実施すべきであったと反省しており、今回の事案を今後の教訓として、このような事態が二度と発生しないよう十分留意していくとの見解が示され、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、請願第10号TPP交渉に参加しないことを求める意見書の提出については、前回から継続審査とされた請願でもあり、委員からは、議論する材料が国から明確に提示されていない段階で、賛否の結論を出すのは時期尚早であり、最新の情報など収集しながら更に議論を深めるべきで、継続としてはどうか、他の委員からは、TPPに関するさまざまな情報が交錯している中、日本の農業の将来を大きく左右する苦渋の選択を迫られており、その見極めが非常に難しいが、議論に要する時間的なことを勘案すれば、今議会で賛否を判断をせざるを得ないのではないか、また一方で、国は農業政策を明確かつ具体的に打ち出すべきであり、それがなされていない現状では、TPPに参加しないといった、より強固な態度を今議会で表明すべきといった意見が、複数の委員から出されたところです。これらの意見に対し、所管の部長から、現在議論されているのはその交渉に参加するかどうか、政府はその選択肢を今年6月までを目途に決めたいとしており、あわせて農業に関する再生の基本方針についても6月には提示をし、理解を求めたいとしている、参加になるかどうかは、アメリカが今年11月という目標を定め、協定を締結するとされているなど、錯綜している情報を整理する意味で、少しでも審査の参考にしていただきたいといった今後の流れ、概要等についての補足説明もあり、審査を行い、採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。

 次に、請願第12号TPP交渉参加反対に関する意見書の提出については、既に議決されました請願第10号と同一趣旨であることから、議決不要とし、採択すべきものとみなすこととしました。

 次に、請願第13号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書の提出については、審査を行い、採決の結果、賛成多数で採択すべきものと決しました。以上、産業建設委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。予算審査副委員長、5番佐々木豊治議員。

            〔佐々木豊治予算審査副委員長 登壇〕



◆予算審査副委員長(佐々木豊治) 予算審査委員会に審査を付託をされました予算議案23件の審査経過及び結果をご報告をいたします。

 審査は、3月10日、3月11日及び3月14日の3日間行い、常任委員会関係ごとに執行部から説明を求め、平成23年度浜田市一般会計予算を中心に質疑を行い、審査をいたしました。

 最初に平成22年度一般会計補正予算を、続いて平成22年度特別会計補正予算及び平成22年度企業会計補正予算を審査をし、引き続いて平成23年度一般会計予算、平成23年度特別会計予算及び平成23年度企業会計予算を審査をいたしました。

 まず、議案第33号平成22年度浜田市一般会計補正予算(第6号)について、質疑が集まった住宅リフォーム助成事業では、事業の経済効果や、予算枠をオーバーした場合の対応などの質疑があり、執行部からは、事業費の10倍程度の効果を期待をしている、枠をオーバーした場合は一般財源で対応するとの答弁がありました。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第34号平成22年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)から議案第39号平成22年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)までの6件については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第40号平成22年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)については、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第41号平成23年度浜田市一般会計予算については、所管の部長から事業概要について詳しい説明を受けた後に審査を行いました。以下、常任委員会関係ごとに、特に質疑が集まった事業をご報告いたします。

 産業建設委員会関係では、まず地産地消プロジェクト事業について、地産地消での効果や生産者と流通者、市と給食会の関係がどうなっているかなどの質疑があり、三國氏に浜田の農産物を知って今後PRしてもらいたい、農林課が間に入って、教育委員会、学校給食、生産者のJA等と円滑に行っていきたいなどの答弁がありました。また、石見神楽伝承施設調査検討事業では、事業費の積算根拠や、石見神楽に公費投入をする祭政一致に対する考え方などについて質疑があり、仮に建設した場合の運営状況などを調査するコンサル料である、また石見神楽は伝統芸能、大衆芸能として定着してきているところであるが、神事としての行事には公費負担はないよう配慮したいなどの答弁がありました。その他、合宿誘致事業に対する質疑もありました。

 福祉環境委員会関係では、養護老人ホーム施設整備支援事業について、貸付金5,000万円に対する担保がどうかや事業費の財源内訳、負担のあり方など多数の質疑があり、担保としての土地の評価額は約1,000万円であり、法人と市との信頼関係を確約する意味での担保設定という形にさせていただきたい、また財源内訳や負担の根拠などについて答弁がありました。その他、ごみ処理対策事業、扶助費などについて質疑がありました。

 次に、総務文教委員会関係では、まちづくり総合交付金事業について、まちづくり計画書の策定スケジュールの取り組みや組織づくりの進め方、また地域住民への理解、周知の推進などについて質疑があり、計画書については、組織を立ち上げた後じっくり練り上げてもらいたい、まちづくり推進委員会が難しいところは、まずは複数自治会から立ち上げてもらいたい、説明に出向いたり、マニュアルなども賛成したいなどの答弁がありました。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第42号平成23年度浜田市国民健康保険特別会計予算から議案第52号平成23年度浜田市後期高齢者医療特別会計予算までの11件について、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第53号平成23年度浜田市水道事業会計予算及び議案第54号平成23年度浜田市工業用水道事業会計予算の2件について、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第56号平成22年度浜田市一般会計補正予算(第7号)について、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、予算審査委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの副委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより市長提出議案の討論を行います。

 議案第1号から議案第56号まで討論の通告はありませんでした。よって、これらの議案について討論なしと認め、討論を終わります。

 これより採決を行います。

 日程第2、議案第1号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第1号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第1号は原案のとおり可決されました。

 日程第3、議案第2号浜田市職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第2号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第2号は原案のとおり可決されました。

 日程第4、議案第3号浜田市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例及び浜田市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第3号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第3号は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第4号浜田市職員の給与の支給に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第4号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第4号は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第5号浜田市職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第5号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第5号は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第6号浜田市税条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第6号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第6号は原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第7号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第7号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第7号は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第8号浜田市公の施設の指定管理者の指定の手続等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第8号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第8号は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第9号教育施設に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定についてを採決します。

 議案第9号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第9号は原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第10号浜田市東公園運動施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第10号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第10号は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第11号浜田市金城総合運動公園条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第11号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第11号は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第12号浜田市今福スポーツ広場施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第12号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第12号は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第13号浜田市三隅B&G海洋センター条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第13号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第13号は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第14号福祉施設に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定についてを採決します。

 議案第14号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第14号は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第15号浜田市乳幼児等医療費助成条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第15号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第15号は原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第17号産業振興施設及び公営住宅に係る指定管理者の管理の期間の変更に関する関係条例の整備に関する条例の制定についてを採決します。

 議案第17号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第17号は原案のとおり可決されました。

 日程第18、議案第18号浜田市ふるさと体験村施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第18号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第18号は原案のとおり可決されました。

 日程第19、議案第19号浜田市運動広場施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第19号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第19号は原案のとおり可決されました。

 日程第20、議案第20号浜田市旭公園運動施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第20号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第20号は原案のとおり可決されました。

 日程第21、議案第21号浜田市岡見スポーツセンター条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第21号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第21号は原案のとおり可決されました。

 日程第22、議案第22号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第22号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第22号は原案のとおり可決されました。

 日程第23、議案第23号浜田市営地域定住住宅条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第23号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第23号は原案のとおり可決されました。

 日程第24、議案第24号浜田市特定公共賃貸住宅条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第24号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第24号は原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第25号浜田市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第25号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第25号は原案のとおり可決されました。

 日程第26、議案第26号指定管理者の指定について(浜田市縁の里地域振興施設)を採決します。

 議案第26号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第26号は原案のとおり可決されました。

 日程第27、議案第27号浜田市の特定の事務を取り扱わせる郵便局の指定についてを採決します。

 議案第27号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第27号は原案のとおり可決されました。

 日程第28、議案第28号財産の無償譲渡について(浜田市旭森林研修交流センター)を採決します。

 議案第28号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第28号は原案のとおり可決されました。

 日程第29、議案第29号市道路線の廃止について(青川長見線外)を採決します。

 議案第29号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第29号は原案のとおり可決されました。

 日程第30、議案第30号市道路線の認定について(青川長見線外)を採決します。

 議案第30号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第30号は原案のとおり可決されました。

 日程第31、議案第31号美又辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定についてを採決します。

 議案第31号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第31号は原案のとおり可決されました。

 日程第32、議案第32号井川辺地に係る公共的施設の総合整備計画の策定についてを採決します。

 議案第32号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第32号は原案のとおり可決されました。

 日程第33、議案第33号平成22年度浜田市一般会計補正予算(第6号)を採決します。

 議案第33号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第33号は原案のとおり可決されました。

 日程第34、議案第34号平成22年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を採決します。

 議案第34号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第34号は原案のとおり可決されました。

 日程第35、議案第35号平成22年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第35号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第35号は原案のとおり可決されました。

 日程第36、議案第36号平成22年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第36号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第36号は原案のとおり可決されました。

 日程第37、議案第37号平成22年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第37号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第37号は原案のとおり可決されました。

 日程第38、議案第38号平成22年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第38号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第38号は原案のとおり可決されました。

 日程第39、議案第39号平成22年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を採決します。

 議案第39号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第39号は原案のとおり可決されました。

 日程第40、議案第40号平成22年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第40号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第40号は原案のとおり可決されました。

 この際、暫時休憩します。なお、再開は11時ちょうどとします。

            午前10時48分 休憩

            午前10時59分 再開



○議長(牛尾博美) 会議を再開します。

 休憩前に引き続いて市長提出議案の採決を行います。

 日程第41、議案第41号平成23年度浜田市一般会計予算を採決します。

 議案第41号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第41号は原案のとおり可決されました。

 日程第42、議案第42号平成23年度浜田市国民健康保険特別会計予算を採決します。

 議案第42号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第42号は原案のとおり可決されました。

 日程第43、議案第43号平成23年度浜田市駐車場事業特別会計予算を採決します。

 議案第43号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第43号は原案のとおり可決されました。

 日程第44、議案第44号平成23年度浜田市住宅新築資金等貸付事業特別会計予算を採決します。

 議案第44号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第44号は原案のとおり可決されました。

 日程第45、議案第45号平成23年度浜田市公設水産物仲買売場特別会計予算を採決します。

 議案第45号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第45号は原案のとおり可決されました。

 日程第46、議案第46号平成23年度浜田市国民宿舎事業特別会計予算を採決します。

 議案第46号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第46号は原案のとおり可決されました。

 日程第47、議案第47号平成23年度浜田市公共下水道事業特別会計予算を採決します。

 議案第47号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第47号は原案のとおり可決されました。

 日程第48、議案第48号平成23年度浜田市農業集落排水事業特別会計予算を採決します。

 議案第48号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第48号は原案のとおり可決されました。

 日程第49、議案第49号平成23年度浜田市漁業集落排水事業特別会計予算を採決します。

 議案第49号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第49号は原案のとおり可決されました。

 日程第50、議案第50号平成23年度浜田市生活排水処理事業特別会計予算を採決します。

 議案第50号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第50号は原案のとおり可決されました。

 日程第51、議案第51号平成23年度浜田市簡易水道事業特別会計予算を採決します。

 議案第51号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第51号は原案のとおり可決されました。

 日程第52、議案第52号平成23年度浜田市後期高齢者医療特別会計予算を採決します。

 議案第52号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第52号は原案のとおり可決されました。

 日程第53、議案第53号平成23年度浜田市水道事業会計予算を採決します。

 議案第53号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第53号は原案のとおり可決されました。

 日程第54、議案第54号平成23年度浜田市工業用水道事業会計予算を採決します。

 議案第54号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第54号は原案のとおり可決されました。

 日程第55、議案第55号工事請負契約の変更について(熱田町地区調整池築造工事)を採決します。

 議案第55号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第55号は原案のとおり可決されました。

 日程第56、議案第56号平成22年度浜田市一般会計補正予算(第7号)を採決します。

 議案第56号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第56号は原案のとおり可決されました。

 これより請願について討論を行います。

 請願第9号「交通基本法」制定を求める意見書の提出について及び請願第11号医療費の窓口負担軽減を求める意見書の提出について討論の通告がありましたので、討論を行います。4番芦谷英夫議員。

            〔4番 芦谷英夫議員 登壇〕



◆4番(芦谷英夫) 市民連合の芦谷でございます。

 昨年、議会に提出され、審査が行われております「交通基本法」制定に関する請願について、本3月議会で請願が付託された総務文教委員会での審査の結果は不採択であります。私は、不採択に反対の立場、交通基本法などきちんとした法整備を求める立場から討論を行います。

 この請願は、交通機関間を有機的に結びつけ、経済、社会、効率的な、持続可能な交通体系を構築していくため、我が国において交通基本法を早期に制定することを求めるものであります。

 国民だれもが人並みに、どこへでも移動でき、その人に合った移動の手段を選ぶことができ、いわば交通の権利を保障するとともに、それに対する社会的な認知と国民の理解を深めることが必要であります。そのため、持続可能な相互交通体系を確立し、公共交通に対する行政、事業者、国民の役割分担や権利義務などを明確にしていくことを切望するものであります。

 具体的には、国民の移動する権利である交通権について国民的合意を図ること、総合交通体系確立のため交通基本法を早期に制定すること、交通基本法に基づいて現行交通体系を総合的に見直し再編などに取り組むことなどを柱としております。

 近年、日常生活圏や市民の行動圏の拡大やモータリゼーションの進展に伴い、市民の交通の便の確保が求められている反面、過疎化、高齢化が進行し、買い物、通院、通勤、通学など支障のある市民、いわば移動制約者が増えてきております。交通の便の確保は喫緊の課題であり、行政の大きな責務でもあります。このため、国においては3月8日、交通基本法案を閣議決定し、衆議院へ提出されました。今、交通基本法制定に向けた動きが進められてきております。

 これらの動きに呼応し、先取りする形で、この度の請願と同様の内容で行われた、11月16日の浜田市への要望に対して、宇津徹男市長は、国土交通省及び県知事に対して、交通基本法の早期制定と関連施策の充実を要望していると答弁されています。

 浜田市では、市民の交通の便の確保に向けて、多くの事業を展開しており、平成23年度予算で見ても、路線バス利用促進事業9,500万円、生活路線バス運行事業3,000万円、新交通システム運営事業2,900万円、路線バス廃止対策事業2,300万円など、合わせて1億7,700万円の財政負担をしております。加えて、スクールバスの運行、萩・石見空港利用促進事業、JR利用促進事業や浜田駅舎改築支援など、公共交通に対する積極的な支援を行っております。

 一方、同請願については、島根県、鳥取県の31自治体に対して行われ、情報によると、採択14、不採択2、継続審査中15となっており、山陰両県の多くの地方議会が採択をしているところであります。中山間地域を有する浜田市であるがこそ、また市の隅々まで地域活力の維持、増進を図るためにも、このような法の枠組みの確立を国に求めることは市民の利益につながり、まさしく市民目線にかなうものであり、地方自治体として行うべき最も重要な任務であると思います。どうか、議員各位のご理解を賜りたいと思います。以上、交通基本法制定に関する請願の不採択に対して反対し、交通基本法の制定を強く訴えるものであります。議員各位におかれては、浜田市の置かれている状況、浜田市のこれまで取り組んできた施策などに思いをいたすとともに、市民の生活の現場に目をやり、市民の切なる声に耳を傾け、そして賢明なご判断を賜りたく、ここに再度のお願いをして討論を終わります。ありがとうございました。



○議長(牛尾博美) 17番西村健議員。

            〔17番 西村 健議員 登壇〕



◆17番(西村健) 17番西村健でございます。

 請願第11号医療費の窓口負担軽減を求める意見書の提出について、不採択とする委員長報告に対する反対討論を行います。

 本請願の請願者は、県内の開業医の約7割を組織する島根県保険医協会であり、請願の趣旨は、原則3割という高い窓口負担が、受診抑制の大きな要因となっている事実を、昨年6月、県内の医師、歯科医師を対象に自ら行った実態調査結果に基づいて示しながら、国に対して全世代にわたる医療費の窓口負担軽減の意見書を、提出を求めるものであります。

 医療費の窓口負担軽減は、請願者だけの願いではありません。昨年11月2日、日本医師会は、国民の安心を約束する医療保険制度と題する提案の中で、患者一部負担割合について次のように述べています。

 患者一部負担割合についての日本医師会の提案。

 ?原則として一般2割、高齢者1割とする。現在、一般は3割であるが、所得格差による受診抑制が生じないよう、財政影響を勘案しつつ、できる限り引き下げる。高齢者を何歳以上と定義するかについては、今後の議論を踏まえて判断する。

 ?低所得者の一部負担割合は軽減する。

 ?中学校卒業までの小児は無料とする。

 ?高額医療費の上限についても、財政影響を勘案しつつ、できる限り引き下げる。以上の4点です。

 医療費の窓口負担が、財政面でも、また理念の上でも、医療制度の根幹をなすものであることは言うまでもありません。ましてや、開業医で組織する団体から提出された本請願が、窓口負担の軽減を含め、医療制度自体の再検討を求めるものであることは、論をまちません。

 したがって、委員長報告にあるような、負担軽減だけをとらえることは問題解決にならない、制度全体について考えていく必要があるとの採択理由は、そもそも理由としての合理性を欠いていると言わなければなりません。経済的理由と思われる治療中断や受診抑制が広がり、健康保険法がうたう福祉の向上、社会保障及び国民保険の向上という崇高な目的が損なわれる現実が広がりつつある今、私は紹介議員として、本請願の趣旨に全面的に賛同するものであることを改めて表明し、委員長報告に対する反対討論、本請願に対する賛成討論といたします。



○議長(牛尾博美) 以上で請願第9号及び請願第11号についての討論を終わります。

 請願第10号及び請願第13号の2件について討論の通告はありませんでした。よって、討論なしと認め、討論を終わります。

 これより請願について採決を行います。

 日程第57、請願第9号「交通基本法」制定を求める意見書の提出についてを採決します。

 請願第9号について、委員長の報告は不採択ですが、採決の方法は会議規則第65条第1項の規定により問題を可とすることをもって諮ります。請願第9号について採択とすることに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手少数です。よって、請願第9号は不採択とすることに決しました。

 日程第58、請願第10号TPP交渉に参加しないことを求める意見書の提出についてを採決します。

 本請願に対する委員長の報告は採択です。請願第10号は委員長の報告のとおり採択とすることに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手多数です。よって、請願第10号は採択とすることに決しました。

 日程第59、請願第11号医療費の窓口負担軽減を求める意見書の提出についてを採決します。

 請願第11号について、委員長の報告は不採択ですが、採決の方法は会議規則第65条第1項の規定により問題を可とすることをもって諮ります。請願第11号について採択とすることに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手少数です。よって、請願第11号は不採択とすることに決しました。

 日程第60、請願第12号TPP交渉参加反対に関する意見書の提出についてを申し上げます。

 既に、同一趣旨の請願が採択とされておりますので、本請願は議決不要とし、採択されたものとみなします。

 日程第61、請願第13号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書の提出についてを採決します。

 請願第13号について、委員長の報告は採択です。請願第13号は委員長の報告のとおり採択とすることに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手多数です。よって、請願第13号は採択とすることに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第62、発議第2号子ども手当の地方負担に反対する意見書についてを議題とします。

 提案者の説明を求めます。18番大谷弘幸議員。

            〔18番 大谷弘幸議員 登壇〕



◆18番(大谷弘幸) それでは、提案説明いたしますので、よろしくお願いいたします。

 本案は、先の議会運営委員会において全会一致を議決を行いましたので、会議規則第13条第1項の規定により、所定の賛成者とともに議案を提出するものであります。

 提出者は、私、大谷で、賛成者は議案に掲載のとおりです。

 それでは、以下意見書案を読み上げて提案にかえさせていただきます。

 子ども手当の地方負担に反対する意見書。

 政府は、子ども手当について、全額国庫負担で実施するとの方針を繰り返し表明してきたが、平成22年度にあっては、地方に十分な説明もないまま、地方負担を一方的に導入した。さらに、平成22年度限りとした地方負担の暫定措置を、平成23年度も継続することとして法案が提出されたところであり、浜田市においても平成23年度当初予算で、1億357万円の地方負担が見込まれている。

 子ども支援については、地域の実情に応じ、地方自治体が創意工夫を発揮できる分野を地方が負担すべきであり、子ども手当のような全国一律の現金給付については国が担当し、全額負担すべきである。こうした内容について、地方との十分な協議もないままに、来年度予算においても地方負担を継続されることは極めて遺憾である。よって、国においては地方の声を真摯に受けとめ、早急に現行の地方負担を廃止し、全額国庫負担で行うよう強く求める。以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成23年3月17日。浜田市議会。議員各位のご賛同をお願いし、提案説明といたします。よろしくお願いいたします。



○議長(牛尾博美) お諮りします。ただいま提案されました発議第2号については、会議規則の規定により質疑、委員会付託、討論を省略して、採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第2号については、質疑、委員会付託、討論を省略して、採決することに決しました。

 これより採決を行います。日程第62、発議第2号子ども手当の地方負担に反対する意見書についてを採決します。

 発議第2号は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第2号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第63、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。

 福祉環境委員長より審査中の請願について、委員会条例第40条の規定により、お手元の資料のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。福祉環境委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。よって、福祉環境委員長からの申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第64、議員派遣についてを議題とします。

 お諮りします。地方自治法第100条第13項及び会議規則第77条の規定により、お手元に配付のとおり、関係機関への意見書要請のため、及び平成23年度春期島根県市議会議長会定期総会、第128回中国市議会議長会定期総会に議員を派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議員を派遣することに決しました。

 お諮りします。ただいま可決されました議員派遣の内容に今後変更を要するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思いますが、ご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認め、そのように決定いたします。

 ただいま発議第3号TPP交渉参加反対に関する意見書について及び発議第4号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書についてが産業建設委員長から提出されました。

 お諮りします。発議第3号を追加日程第1とし、発議第4号を追加日程第2として直ちに日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第3号及び発議第4号を直ちに日程に追加し、議題とすることに決しました。

 職員に議案を配付させますので、しばらくお待ちください。

            〔職員、議案を配付〕



○議長(牛尾博美) これより提案説明を行います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 追加日程第1、発議第3号TPP交渉参加反対に関する意見書についてを議題とします。

 提案者の説明を求めます。産業建設委員長、13番山崎晃議員。

            〔山崎 晃産業建設委員長 登壇〕



◆産業建設委員長(山崎晃) 発議第3号TPP交渉参加反対に関する意見書について提案説明を行います。

 本案は、先に産業建設委員会において、請願第10号TPP交渉に参加しないことを求める意見書の提出については賛成多数で採択とすべきものと決し、また請願第12号TPP交渉参加反対に関する意見書の提出については、先の請願第10号とその内容が同一趣旨、同一目的であるため、議決不要とし、採択とみなしたことに伴い、意見書案を提出することについて議決を行いましたので、会議規則第13条第2項の規定に基づき、委員会から議案を提出するものでございます。

 それでは、委員長の私から意見書を読み上げて、提案にかえさせていただきます。

 TPP交渉参加反対に関する意見書。

 政府は、昨年11月9日、新成長戦略を実現する観点から、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について、関係国との協議を開始すると明記した包括的経済連携に関係する基本方針を決定した。

 政府が参加を検討しているTPPは、原則、すべての品目の関税を撤廃し、例外なく自由化させる協定である。既に、農林水産省が試算しているように、国内農産物の生産額は4兆5,000億円減少し、我が国の食料自給率は40%から14%に急落し、米の生産量は90%減、砂糖、小麦はほぼ壊滅する。

 このように、日本における米や乳製品、牛肉、砂糖、小麦などの重要品目が例外なしに関税撤廃となれば、中山間地域農業を初め日本の農業は壊滅する。我が国1億2,000万人の国民の食料安全保障を担保し、安全・安心な食料の安定供給とあわせ、農林水産業が果たしている地域経済、社会、雇用の安定を確保することが、我が国の強い経済を実現することにつながり、未来を開くことになる。日本農業を破壊するだけでなく、疲弊する地域経済の壊滅と、国民生活に多大な犠牲を負わせるTPPへの参加は、農業政策が明確かつ具体的に打ち出されない状況下では、断じて許すことはできない。

 経済連携協定(EPA)は、交渉参加国の相互発展と反映を目的とすべきであり、我が国がTPP交渉に参加しても、この目的は達成することはできない。したがって、我が国の食料安全保障と両立できないTPP交渉への参加を行わないよう強く要望する。以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成23年3月17日。浜田市議会。以上、議員各位のご賛同をお願いし、提案説明といたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 追加日程第2、発議第4号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書についてを議題とします。

 提案者の説明を求めます。産業建設委員長、13番山崎晃議員。

            〔山崎 晃産業建設委員長 登壇〕



◆産業建設委員長(山崎晃) 発議第4号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書について提案説明を行います。

 本案は、先に産業建設委員会において、請願第13号安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書の提出について、賛成多数で採択とすべきものと決したことに伴い、意見書案を提出することについて議決を行いましたので、会議規則第13条第2項の規定に基づき、委員会から議案を提出するものであります。

 それでは、委員長の私から意見書案を読み上げ、提案にかえさせていただきます。

 安心・安全な公共事業を推進するため、地方建設業界の存続・発展と国土交通省の事務所・出張所及びダム管理所等の拡充・存続を求める意見書。

 公共事業の予算配分を、防災、生活関連、維持管理に重点配分をするとともに、地方の災害時に市町村民の生命と財産、生活基盤を守り、社会資本の整備、維持を推進するため、次のとおり地方建設業の存続、発展と国土交通行政の執行体制の強化を求めます。

 1、地方の建設業界は、災害発生時に被災者の救出のためのインフラ確保や復旧の重要な役割を果たしており、また地域経済における重要な産業でもあり、地域社会の安心・安全のために、これ以上衰退することなく、存続し、発展するよう配慮した施策を行うこと。

 2、一般国道9号の改修事業や維持管理は、引き続き国の責任において直轄で行うこと。

 3、山陰道の整備事業は、引き続き国の責任において行うこと。以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成23年3月17日。浜田市議会。以上、議員各位のご賛同をお願いし、提案説明といたします。



○議長(牛尾博美) これより質疑、討論、採決を行います。

 追加日程第1、発議第3号について質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより発議第3号の意見書案について討論を行います。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 討論なしと認め、討論を終わります。

 お諮りします。本意見書案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手多数です。発議第3号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

 追加日程第2、発議第4号について質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより発議第4号の意見書案について討論を行います。討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 討論なしと認め、討論を終わります。

 お諮りします。本意見書案は原案のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手多数です。発議第4号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

 以上をもちまして今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了しました。

 この際、市長からの発言の申し出がありますので、これを許可します。市長。

            〔宇津徹男市長 登壇〕



◎市長(宇津徹男) 平成23年3月浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 まず、3月11日に発生いたしました東北地方太平洋沖大地震は、世界最大級の巨大地震と大津波、そのことにより想像を絶する甚大な被害をもたらしております。そして、それにあわせて福島第一原子力発電所事故により、周辺住民の皆様を初め、多大な不安が広がっております。心からお見舞いを申し上げたいと思います。また、お亡くなりになりました方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被害を受けられました皆さん方に、心からお見舞いを申し上げます。いまだ多くの皆さんが行方不明のまま安否が確認できない、そのような状態となっております。一人でも多くの皆さんのご無事を心からお祈り申し上げる次第であります。浜田市といたしましても、早速、消防緊急援助隊として消防職員を、給水支援として水道職員を派遣するとともに、市役所及び各支所、市立公民館に義援金の募金箱を設置し、募金活動を開始いたしております。引き続き、関係機関と協議し、調整し、できる限り被災地への支援を行ってまいります。

 さて、今議会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決をいただき、厚く御礼を申し上げます。今後の執行に当たりましては、本会議においてのご意見、さらに委員長報告を尊重し、適正な行政運営に取り組んでまいります。

 会派代表質問及び一般質問においては、安全・安心のまちづくり、地域資源を生かした地域経済活性化、教育方針及び今後の行政運営についてなど、多岐にわたって貴重なご意見やご提言を伺ったところであります。これらにつきましては、可能なものはすぐに取り組み、また新年度の施策に反映できるものは積極的に取り入れてまいります。

 今年度は、今後の市政運営の柱となります総合振興計画後期基本計画を初め、過疎計画、国土利用計画など、市勢発展に向けた重要な諸計画を策定いたしました。また、財政健全化に向け、新たな行財政改革大綱及び実施計画の策定も行ったところであります。これら計画は、来年度以降5年間の浜田市政の運営において根幹となるものであり、住民の福祉の増進に向け、一層の各種施策の推進を図ってまいります。

 国会におきましては、来年度予算及び予算関連法案の動向が不透明な状況にあります。いかなる状況になりましても、事務の混乱が生じない対応ができるよう、準備をしてまいりたいと存じます。例年、この時期には特別交付税額が確定しておりますが、今回の大震災により、特別交付税の決定は明日以降にずれ込む見込みでありますので、ご報告いたします。

 終わりに当たり、猛暑でありました昨年の夏とは一転して、この冬は記録的な寒い冬となりましたが、ようやく春めいてまいりました。まだまだ寒暖の差が激しい日々が続きます。議員の皆さん方におかれましては、健康に十分ご留意をいただき、ますますご活躍いただきますよう祈念いたし、ごあいさつといたします。



○議長(牛尾博美) これをもちまして平成23年3月浜田市議会定例会を閉会します。

 皆様大変ご苦労さまでした。

            午前11時49分 閉会

        ──────────────────────────



 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。

         浜田市議会 議 長







         浜田市議会副議長







         浜田市議会 議 員







         浜田市議会 議 員







        ──────────────────────────