議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 浜田市

旧浜田市議会 平成 8年第362回(12月)定例会 12月20日−05号




旧浜田市議会 平成 8年第362回(12月)定例会 − 12月20日−05号







旧浜田市議会 平成 8年第362回(12月)定例会



     第362回(平成8年12月)浜田市議会定例会会議録(第5号)





1. 日  時  平成8年12月20日(金)午前10時開議

2. 場  所  浜田市役所議場

        ──────────────────────────

 議事日程(第5号)

第1 議第20号 平成7年度浜田市水道事業会計決算認定について

第2 議第39号 平成7年度浜田市歳入歳出決算認定について

第3 議第41号 浜田市公告式条例の一部を改正する条例について

第4 議第42号 浜田市行政手続条例の制定について

第5 議第43号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について

第6 議第46号 浜田地区広域事務組合規約の変更について

第7 議第47号 浜田那賀環境衛生事務組合の解散について

第8 議第48号 浜田那賀環境衛生事務組合の解散に伴う財産処分について

第9 議第49号 浜田那賀消防組合の解散について

第10 議第50号 浜田那賀消防組合の解散に伴う財産処分について

第11 議第51号 市道路線の認定について

第12 議第52号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第7号)

第13 議第53号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

第14 議第54号 平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

第15 議第55号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

第16 議第58号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

第17 議第59号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第8号)

第18 議第60号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

第19 議第61号 平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)

第20 議第62号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

第21 議第63号 平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

第22 議第64号 平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)

第23 請第8−3号 消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について

        ──────────────────────────

 本日の会議に付した事件

第1 議第20号 平成7年度浜田市水道事業会計決算認定について

第2 議第39号 平成7年度浜田市歳入歳出決算認定について

第3 議第41号 浜田市公告式条例の一部を改正する条例について

第4 議第42号 浜田市行政手続条例の制定について

第5 議第43号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について

第6 議第46号 浜田地区広域事務組合規約の変更について

第7 議第47号 浜田那賀環境衛生事務組合の解散について

第8 議第48号 浜田那賀環境衛生事務組合の解散に伴う財産処分について

第9 議第49号 浜田那賀消防組合の解散について

第10 議第50号 浜田那賀消防組合の解散に伴う財産処分について

第11 議第51号 市道路線の認定について

第12 議第52号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第7号)

第13 議第53号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

第14 議第54号 平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)

第15 議第55号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)

第16 議第58号 浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について

第17 議第59号 平成8年度浜田市一般会計補正予算(第8号)

第18 議第60号 平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)

第19 議第61号 平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)

第20 議第62号 平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)

第21 議第63号 平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)

第22 議第64号 平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)

第23 請第8−3号 消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について

        ──────────────────────────

            会       議

            午前10時0分 開議



○議長(三明忠君) 皆さんおはようございます。

 これより本日の会議を開きます。

 ただいま出席議員は27名で議会は成立しております。

 本日の議事日程はお手元に配付してありますので、朗読は省略をいたします。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第1、議第20号平成7年度浜田市水道事業会計決算認定について、これを議題といたします。

 本案は水道事業会計決算特別委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。23番大屋俊弘君。



◆水道事業会計決算特別委員長(大屋俊弘君) 第361回浜田市議会定例会において特別委員会を設置され、継続審査になっておりました議第20号平成7年度浜田市水道事業会計決算認定について、審査をいたしました経過及び結果を報告をいたします。

 まず、7年度の給水状況でありますが、給水戸数1万8,042戸、年間総配水量655万6,851立方メートル、有収率は88.4%と昨年より1%減となっております。

 次に、決算の状況でありますが、収益的収支においては収益の総額が9億9,792万7,000円に対し、費用の総額が8億8,702万4,000円となり、差し引き1億1,090万3,000円の純利益となっております。資本的収支においては、収入総額6億3,904万2,000円に対して、支出総額9億2,380万3,000円となり、収支の不足額2億8,476万1,000円は当年度分損益勘定留保資金等で補てんをされております。

 また、事業の主なものとしては第4期拡張事業として、福井、原井及び熱田地区送水管新設工事、配水施設新設改良事業として上府、久代地区配水施設新設工事及び原井地区送配水施設新設工事などでございます。老朽管の更新事業として、下府地区、東福井団地へ配水管改良及び新設工事などを施工されております。以上が本決算の概要であります。

 委員会といたしましては、監査委員から提出の意見書を参考に、去る11月14日、15日の両日にわたり6年度の決算委員会からの指摘事項の対応等も含め、決算について効率的な予算執行や将来の財政予測等について執行部から説明を求めながら慎重に審査をいたしました。

 その結果、給水収益は前年度に続く猛暑と大型小売店の進出、公共施設の開設等により前年度と同程度の収益で、前年度に引き続き黒字決算となっていますが、給水原価の上昇、資本的収支における企業債の依存度の上昇等今後の経営を圧迫することが懸念されるところであり、さらに厳しい経営環境となることを予想する中で、要望として、1つ、有収率の向上にさらに努められたい。2、水質管理の徹底と老朽管及び鉛管の早期改良に取り組まれたい。3、未給水地区については早期解消と今後給水区域外の未普及地域について、簡易水道も含め市長部局とも一体となって強く取り組んでほしい。4、水道料金の徴収については、年々徴収率が低下しているため、法的措置も含め収納管理の一元化を検討されたい。

 以上、4点を特に申し添えますが、委員会の中で個々に指摘した点についても配慮され、企業としての健全経営化を要望するとともに、なお一層の企業努力と良質で安定した水の供給に努められることを期待し、委員会としては平成7年度水道事業会計決算を全会一致で認定することに決した次第であります。以上、水道決算特別委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの委員長報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本決算は水道事業会計決算特別委員長の報告のとおり認定することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本決算は水道事業会計決算特別委員長の報告のとおり認定することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第2、議第39号平成7年度浜田市歳入歳出決算認定について、これを議題といたします。

 今案は決算特別委員会に付託してありますので、委員長の報告を求めます。16番小川泰昭君。



◆決算特別委員長(小川泰昭君) 決算特別委員会に審査を付託されました平成7年度浜田市歳入歳出決算認定について、審査いたしました結果をご報告いたします。

 今議会で決算特別委員会委員に選任されました8名は、審査に先立ちまして正・副委員長の互選と審査日程の協議を行いました。その結果、委員長に私小川が、副委員長に湯浅議員が選任され、審査の日程を12月17日と18日の2日間とし、現地調査も行うことといたしました。

 初日の午前中は、市営緑ケ住宅、浜田勤労者総合スポーツ施設サンビレッジ浜田及び温泉の泉源掘削工事現場に出向きまして説明を受け、さらに午後から翌日の午前中は書類審査とし、歳入歳出の執行状況、行政執行の結果、財政構造の変化等についてそれぞれ審査いたしました。審査に当たりましては、監査委員から提出された決算審査意見書を中心に決算書、実績報告書、その他の関係書票を調査するとともに、執行部から詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました。

 その結果、決算特別委員会といたしましては、次のとおり要望を付して全会一致で平成7年度浜田市歳入歳出決算を認定することと決しました。

 第1点としまして、財政状況は年々硬直化し、極めて憂慮すべき状況にあり、財政の健全化を進めるためには全職員を挙げて厳しい実情を認識し、計画的、効率的な運営が図られるよう職員の意識改革に努められたい。

 第2点としまして、職員給与のラスパレイス指数が前年度を上回っており、その抑制を図るために事務事業全体の見直しを進め、職員の適正配置を図られたい。特に、職員の慢性的な時間外勤務の実態、保育園及び幼稚園における職員の配置状況から見ても適正な定員確保の見直しがぜひとも必要である。

 第3点は、市税、保育料、住宅使用料、国民健康保険料の滞納繰越額及び収入未済額の収納については、より一層努力されるとともに、使用料、手数料並びに財産の賃貸についても見直しを図り、収入向上に努められたい。

 第4点としまして、国民健康保険特別会計、老人保健医療事業特別会計における医療費が年々増大し、それに伴って一般会計からの繰出金が増え、一般会計を圧迫している。この対策については、制度改善が強く望まれるが、そのほか有効的方策の考察についても鋭意努力されたい。

 第5点は、公設水産物仲買売り場特別会計については、昨年の決算特別委員会において赤字解消を要望し、その後かなり改善されたが、なお一層現有施設の有効利用を図り、引き続き赤字解消に努力されたい。

 第6点は、県営事業の負担金については、改善が見受けられるが、なお引き続き負担率の軽減に向けて努力されたい。

 第7点としまして、諸団体等に対する補助金及び助成金については削減に努力をされているが、今後は諸団体等において事業の拡大化あるいは事業の効率的運営について強力に指導され、補助金等の軽減を図られたい。

 以上、各会計の歳入歳出について要望いたしましたが、当市の置かれている厳しい財政状況を打開するためには、自主財源の確保が絶対的要因でありますので、この対策については最大の努力を払われますとともに、一層行財政改革を推進され、最大の行政効果を得られるよう提言して、委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの決算特別委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本決算は決算特別委員長の報告のとおり認定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本決算は決算特別委員長の報告のとおり認定することに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第3、議第41号浜田市公告式条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第41号浜田市公告式条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。

 本条例改正の趣旨は、浜田市公告式条例に定める掲示場のうちいわみ中央農業協同組合佐野支所前の掲示板が腐食したため、これを新設しその設置場所を佐野小学校前に変更しようとするものであります。

 附則といたしまして、本条例は平成9年1月1日から施行するものであります。

 審査いたしました結果、特に問題もなく全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第4、議第42号浜田市行政手続条例の制定について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第42号浜田市行政手続条例の制定について、審査いたしました結果を報告いたします。

 本条例の制定趣旨は、行政手続法が平成6年10月1日から施行されたのに伴い地方公共団体が行う行政手続のうち、同法の適用除外とされる処分、届け出、行政指導については必要な措置を講ずるとされ、これを受けて新しく条例を制定しようとするものであります。

 内容といたしましては、行政手続における市民の権利、利益を保護するため申請に対する処分、不利益処分、届け出及び行政指導に関する手続について共通事項を定め、行政運営における公正の確保と透明性の向上を図ることを目的とするものであります。

 附則といたしまして、本条例は平成9年4月1日から施行するものであります。

 審査に当たりましては、執行部に詳しい説明を求めるとともに、本会議でただされた内容を含め、質問等を行いながら慎重に審査いたしました。

 その結果、本条例が施行されるまでに詳細なマニュアルが作成されることから、別に問題もなく全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第5、議第43号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第43号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について、審査いたしました経過並びに結果について報告いたします。

 本改正案は、現在建て替え中の緑ヶ丘住宅に伴い、新たにできた高齢者向けの住宅の入居条件の規定及び家賃月額の決定、緑ヶ丘集会所及び緑ヶ丘倉庫の解体による削除、新たに建設した緑ヶ丘生活相談室の追加を行うものであります。

 審査に当たりましては、本会議でただされた点などについて、執行部に対し詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、建設委員会といたしましては、今回の改正は公営住宅法及びシルバーハウジングプロジェクトの事業計画に基づく改正に伴うものが主なもので、やむを得ないものと全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について、質疑ございませんか。10番。



◆10番(藤原芳男君) 今回の家賃の改正が出ておる中で、特に傾斜家賃制度を5年間でもとへ戻すという傾斜家賃制度もありますが、このことについてどのような論議がされたか、あるいはされなかったのかお伺いをしたいと思います。

 特に、私の方へ市民からこの間寄せられまして、今まで入っとった人がたまたまくじ運がよくて、比較的安い家賃で次第に上がるんだ。今度新しく入る人は、すぐ隣に住んどって3万8,000円、あるいは5万何がしの家賃にいきなりなると。極めて不合理で、私は差別を受けているような気がするというような意見がありまして、この意見に対しまして専門の建設委員会ではどのような論議をされたのか。あるいは、全くされなかったのか、その辺について極めて深い関心を持っているという声が寄せられておりますので、いま少し傾斜家賃制度のあり方について、議論がされなかったのか、全く。あるいはされたのか、されたとすればどういう議論があったのか、いま少し詳しくお伺いしたいと思います。



○議長(三明忠君) 18番。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会では、特に家賃の傾斜家賃については特に問題のそうした論議はなかったんですが、特に市営住宅を解体して新たに建てる場合には、現在居住しておられる方の全員の賛同が伴うということで、そうした問題を了解して新しい市営住宅を建てるということが主なねらいになるものと思いますが、そうした場合にどうしても入っておられた人の、要するに既得権というものが非常に重要視されるというふうに思います。

 それから、特に改築して家賃が高くなるということで、市営住宅からほかの住宅へ替わるというようなことは、今まで一度もなかったということでもあります。そうした点で今回の傾斜家賃については、平成7年度の公営住宅法で新たに法的に決定をされたということでございますので、藤原議員のお答えになるかどうかわかりませんが。以上です。



○議長(三明忠君) ほかに質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第6、議第46号浜田地区広域事務組合規約の変更について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第46号浜田地区広域事務組合規約の変更について、審査いたしました結果を報告いたします。

 本規約変更の趣旨は、浜田地区広域事務組合の一元化を図ることによって、圏域全体の活性化を促進するため、浜田那賀環境衛生事務組合と浜田那賀消防組合を解散して、浜田地区広域事務組合へ統合、複合化し、平成9年4月1日から新しく名称を浜田地区広域行政組合とするため現行の規約を変更しようとするものであります。

 改正の内容としては、現行の規約全部を改め、新しく名称、組織、事務、議会、執行機関、基金等の条項を定めるものであります。

 審査に当たりましては、執行部に詳しい説明を求めながら慎重に審査いたしました結果、県の指導もあり特に問題となる点もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第7、議第47号浜田那賀環境衛生事務組合の解散について、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第47号浜田那賀環境衛生事務組合の解散について、審査いたしました結果について報告いたします。

 本案は、浜田地区広域事務組合の規約変更に伴い、平成9年4月1日より新たに設置する浜田地区広域行政組合に統合するため、平成9年3月31日を限り解散するものであります。

 審査いたしました結果、圏域の一体的整備促進を図ろうとするもので、特に問題もなく全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第8、議第48号浜田那賀環境衛生事務組合の解散に伴う財産処分について、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第48号浜田那賀環境衛生事務組合の解散に伴う財産処分について、審査いたしました結果について報告いたします。

 本案は、浜田地区広域事務組合の規約変更に伴い、平成9年4月1日より新たに発足する浜田地区広域行政組合に統合するため、平成9年3月31日を限り解散する浜田那賀環境衛生事務組合の財産を処分しようとするもので、処分財産は土地11万1,079.66平方メートル、建物9,136.72平方メートル、基金3,470万1,204円、公債費残高32億8,948万6,359円、及び患者輸送車等の施設に属する一切の物品と、平成9年3月31日までに新たに取得するすべての財産を浜田地区広域行政組合に帰属させるものであります。

 審査いたしました結果、本案は議第46号及び議第47号に基づき関係市町村の協議の上定められるもので、特に問題もなく全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第9、議第49号浜田那賀消防組合の解散について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第49号浜田那賀消防組合の解散について、審査いたしました結果について報告いたします。

 本組合解散の趣旨は議第46号でご説明いたしましたように、浜田那賀消防組合を浜田地区広域事務組合に整理統合し、再編成するために平成9年3月31日をもって解散しようとするものであります。

 審査いたしました結果、この解散は広域事務処理体制の一元化による効率的行政運営を図るための発展的解散であり、別に問題となる点もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第10、議第50号浜田那賀消防組合の解散に伴う財産処分について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第50号浜田那賀消防組合の解散に伴う財産処分ついて、審査いたしました結果を報告いたします。

 財産処分の趣旨は、議第49号でご説明いたしましたように、浜田那賀消防組合の解散に伴って、平成9年4月1日から本組合の事務を継承いたします浜田地区広域行政組合に、平成9年3月31日までに処分する財産を除き、この間に新たに取得するすべての財産を帰属させようとするものであります。

 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第11、議第51号市道路線の認定について、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第51号市道路線の認定について、審査いたしました結果について報告いたします。

 本案は、道路法第8条第2項の規定により、団地14号線以下9路線を市道認定しようとするものであります。

 審査の結果、石央物流団地そばの造成工事により整備されたものと、住宅団地等宅地開発により整備されたもので、いずれも生活関連道路でやむを得ないものと認め、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について、質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第12、議第52号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第7号)、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第52号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第7号)について審査いたしました結果を報告いたします。

 今回の補正は、今までの歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4億222万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ190億9,673万5,000円とするもので、あわせて債務負担行為の追加並びに地方債の変更をしようとするものであります。

 補正の主な内容としては、1点目は事業費の確定と変更に伴うもの。2点目は、光熱水費や郵便料等の経常経費でやむを得ないもの。3点目は、施設修繕費等緊急を要する経費であります。

 補正の主な財源といたしましては、市税、地方交付税、分担金、負担金、国庫支出金、県支出金、諸収入等の追加をもって充当しようとするものであります。

 審査に当たりましては、執行部に詳しい説明を求めるとともに、本会議でただされた内容を含め、質問等を行いながら慎重に審査をいたしました。

 その結果、やむを得ないものと認め、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について、質疑ございませんか。10番。



◆10番(藤原芳男君) 総務委員長の報告を聞いておりまして、本会議でただされた点についてもとありますが、本会議でただされた点につきましてもう少し、どのような議論がされたのかお聞きをしたいと思うんですが、私も総務委員会傍聴しようと思ったんですが、同時開催でありましたので傍聴できませんでしたので、特に市長公用車の問題で、本会議で私も質問しておりましたけれども、この問題につきまして委員会の中でどのような論議がなされたか、いま少し詳しい内容をお聞かせ願いたいと思います。



○議長(三明忠君) 15番。



◆総務委員長(中村建二君) ただいま10番議員の質問でございますけれども、市長車のことで、事務費のことでございますが、当委員会におきましてもやはり本会議で出ました内容を含めまして議論が出ました。しかし、それも委員の皆さんの賢明なるご判断によりまして、この問題に関しましてはやむを得ないものというふうな判断をされたところでございます。以上で終わります。



○議長(三明忠君) ほかに質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(三明忠君) 挙手多数であります。よって、本決算は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第13、議第53号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生務委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第53号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、退職被保険者にかかわるこの1年間の高額療養費が半年間の実績から推計して、支出において当初予想より増え、予算の不足が見込まれるため歳入歳出予算の総額にそれぞれ960万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ31億8,870万1,000円とするものであります。この高額療養費はなお増大の一方にあり抜本的対策が望まれるところでありますが、担当所管において鋭意努力されており、審査の結果、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第14、議第54号平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生務委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第54号平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、老人保健の受給者の伸びとともに医療費が伸び続け、予算の不足が見込まれるため歳入歳出予算の総額にそれぞれ6億8,795万7,000円を追加し、歳入歳出の予算総額をそれぞれ50億4,231万5,000円とするものであります。

 高齢化がますます進む中、保健予防への対策と制度改正が強く望まれるところでありますが、審査の結果、やむを得ないものと全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第15、議第55号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第55号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、保留地整地工事費等の追加補正によるものであり、審査に当たりましては工事の進捗状況、今後の作業工程について執行部から説明を受けました。慎重に審査いたしました結果、特に異議もなく全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第16、議第58号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第58号浜田市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、審査いたしました結果を報告いたします。

 本条例改正の趣旨は、本年8月1日に行われた国家公務員の給与改定に関する人事院勧告に基づき、国家公務員の給与が本年4月1日にさかのぼって改定されました。これに伴って浜田市においても国家公務員に準じて職員の給与を改定しようとするものであります。

 審査に当たりましては、執行部に説明を求めながら質問等行い、慎重に審査いたしました結果、国家公務員の改定率0.95%に対し浜田市は0.96%、その他手当関係はこれに準じて改正するもので、問題となる点もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第17、議第59号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第8号)、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました議第59号平成8年度浜田市一般会計補正予算(第8号)について、審査いたしました結果を報告いたします。

 この補正予算は議第58号でご説明いたしましたように、職員の給与改定等に伴うもので、その主なものは、1つ、人事院勧告に伴う給与等の改定、所要額の追加。2、退職職員の給与減額。3、育児休業職員の給与減額。4、他会計との人事異動に伴う給与増額。5、職員共済組合費の負担率改正に伴う共済費の増額等であります。

 これらの事項を総合して補正額は2,241万4,000円の追加となり、総予算総額を歳入歳出それぞれ191億1,914万9,000円とするものであります。審査いたしました結果、人事院勧告に伴う給与改定と減額要因の確定に伴うもので、問題となる点もなく、全会一致で原案どおり可決すべきものと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は総務委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第18、議第60号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第60号平成8年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 この補正予算は、給与改定並びに職員の異動に伴う給与費の補正を行うものであります。

 第1条第1項、事業勘定においては給与改定による増額分より職員異動による減額分が多く、事業勘定の歳入歳出予算の総額からそれぞれ488万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ31億8,381万4,000円に。

 第2項、直営診療施設勘定において給与改定分13万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ2,522万2,000円とするものであります。

 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第19、議第61号平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)、これを議題といたします。

 本案は文教厚生委員会に付託してありますので、文教厚生委員長の報告を求めます。17番湯浅勝君。



◆文教厚生委員長(湯浅勝君) 文教厚生委員会に審査を付託されました議第61号平成8年度浜田市老人保健医療事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 この補正予算も、給与改定並びに職員の異動に伴い給与費の補正を行うものであります。

 歳出において、給与改定による増額分より職員異動による減額が多く、総務管理費を81万1,000円減額、歳入において一般会計からの繰入金を同様に81万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ50億4,150万4,000円とするものであります。

 審査いたしました結果、特に問題もなく、全会一致で可決すべきものと決しました。以上、文教厚生委員長報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの文教厚生委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は文教厚生委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第20、議第62号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第62号平成8年度浜田市浜田駅前西部土地区画整理事業特別会計補正予算(第3号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、職員異動及び給与改定に伴う給与費を補正するもので、歳入歳出それぞれ1,261万7,000円を減額するものであります。

 審査の結果、人事院勧告に基づく給与の改定によるものが主なもので、特に問題となる点がなく全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第21、議第63号平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第63号平成8年度浜田市伊甘土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、職員の異動並びに給与改定に伴う給与費を補正するもので、歳入歳出それぞれ250万4,000円を減額するものであります。

 審査の結果、人事院勧告に基づく給与改定によるものが主なもので、特に問題となる点がなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第22、議第64号平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)、これを議題といたします。

 本案は建設委員会に付託してありますので、建設委員長の報告を求めます。18番高原好人君。



◆建設委員長(高原好人君) 建設委員会に審査を付託されました議第64号平成8年度浜田市水道事業会計補正予算(第2号)について、審査いたしました結果について報告いたします。

 今回の補正は、人事院勧告に基づく給与改定によるものと職員の異動によるもので、特に問題点もなく、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの建設委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 これより本案を採決いたします。

 本案は建設委員長の報告のとおり決することにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本案は原案のとおり可決されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(三明忠君) 日程第23、請第8−3号消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について、これを議題といたします。

 本案は総務委員会に付託してありますので、総務委員長の報告を求めます。15番中村建二君。



◆総務委員長(中村建二君) 総務委員会に審査を付託されました請第8−3号消費税の税率引き上げ中止を求める決議と政府への意見書提出を求める請願について、審査いたしました結果を報告いたします。

 本請願の趣旨は、国民の所得を豊かにし、消費不況を打開するために消費税の税率引き上げ中止を求め、その旨の意見書を提出していただきたいというものであります。

 審査に当たりましては、請願の趣旨を尊重しつつ慎重に審査いたしました。その結果、不採択にすべきという意見もありましたが、消費税の税率引き上げは現在国会で審議中でもありますことから、なお慎重に検討を要するものと認め、全会一致で継続審査にすべきと決しました。以上、総務委員長の報告といたします。



○議長(三明忠君) ただいまの総務委員長の報告について質疑ございませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) 質疑なしと認めます。

 お諮りいたします。

 本請願は総務委員長の報告のとおり継続審査とすることにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(三明忠君) ご異議なしと認めます。よって、本請願は総務委員長の報告のとおり継続審査とすることに決しました。

 これにて今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。

 この際、市長より発言の申し出がありましたので、許可をいたします。市長、どうぞ。

            〔市長 宇津徹男君 登壇〕



◎市長(宇津徹男君) 第362回浜田市議会定例会に提案いたました諸議案につきましては、慎重ご審議の上、それぞれ承認、可決を賜り、厚く御礼申し上げます。

 執行に当たりましては、ただいまの委員長報告を尊重し、取り組んでまいりたいと存じます。

 今後とも議員各位にはご支援、ご指導を賜りますようよろしくお願い申し上げ、ごあいさつといたします。大変ありがとうございました。



○議長(三明忠君) 引き続きまして助役より発言の申し出がございました。皆さんご承知のとおり、現在助役は体が少々ご不自由でございます。そういうことで自席から発言を許可いたしますので、皆さん方、その点ご了解を願いたいと思います。助役、どうぞ。



◎助役(徳富鞆之君) 自席から失礼を申し上げます。

 ただいまは貴重な時間を割いて辞任の御礼を申し上げる機会を与えていただき感謝申し上げます。

 健康上の理由とはいえ、任期を全うできず大変ご迷惑をかけ申しわけなく残念に存じます。昭和60年4月、議会のご同意を得て助役に就任以来11年余、ちょうど21世紀に向かう過渡期に当たりまして、この間浜田市が21世紀にふさわしい都市になるための都市基盤の整備や工事、都市機能の集積にかかわる重要なプロジェクト、すなわち駅前西部の開発、大学並びに企業の誘致などにかかわり、微力を傾注することができまして、自分なりに納得して今日を迎えることは本当に幸せに存じます。これもひとえに議員の皆様のご指導と温かいご厚情のたまものと厚く御礼を申し上げます。

 退任後は市役所OBとして、Jリーグのサポーターではありませんが、サポーターという立場でお役に立てれば幸いだというふうに思っておりますので、これまでどおり議員の皆さんのご厚情をよろしくお願い申し上げます。

 最後になりましたが、議員の皆様のご健勝とますますのご活躍、そして浜田市の限りなき発展を祈念を申し上げまして、甚だ措辞でございますが、お礼のごあいさつといたします。どうも大変ありがとうございました。



○議長(三明忠君) これをもちまして第362回浜田市議会定例会を閉会をいたします。皆さん方、大変ご苦労さまでございました。

            午前11時3分 閉会

        ──────────────────────────

  出席議員(27名)

 1番  川  神  裕  司 君       2番  江  角  敏  和 君

 3番  牛  尾  博  美 君       4番  横  田  善  雄 君

 5番  下  隅  義  征 君       6番  ?  松  三  男 君

 7番  佐 々 木  喜  久 君       8番  山  本  富  彦 君

 9番  向     惇  雄 君      10番  藤  原  芳  男 君

11番  牛  尾     充 君      12番  徳  原  繁  一 君

13番  江  口  修  吾 君      14番  牛  尾     昭 君

15番  中  村  建  二 君      16番  小  川  泰  昭 君

17番  湯  浅     勝 君      18番  高  原  好  人 君

19番  土  井     博 君      20番  高  見  庄  平 君

21番  坂  田  幸  男 君      22番  本  田  正  人 君

23番  大  屋  俊  弘 君      24番  遠  藤  公  輝 君

25番  三  明     忠 君      27番  花  手  政  勝 君

28番  河  上  佳  典 君

        ──────────────────────────

  欠席議員(1名)

26番  佐 々 木  悦  淨 君

        ──────────────────────────

  地方自治法第121条により説明のため出席した者

市長      宇 津 徹 男 君      助役      徳 富 鞆 之 君

収入役     福 重 照 正 君      教育委員長   山 崎   彬 君

教育長     古 原 忠 雄 君      監査委員    牛 尾 公 介 君

総務部長    竹 中 弘 忠 君      企画財政部長  小 谷 典 弘 君

経済部長    島 津   博 君      市民環境部長  佐々木 達 男 君

福祉部長    佐々木 康 夫 君      水道部長    倉 本 昇 明 君

教育部長    信 田 久 樹 君      総務課長    中 山 長 久 君

人事課長    濱 岡 靖 昭 君      財政課長    篠 原 英 臣 君

企画振興課長  齋 藤   實 君      消防庶務課長  木 鷺 正 勝 君

学校給食センター所長             教育総務課長  伊 津 浩 季 君

        畑 岡 正 弘 君

世界子ども美術館室長             生涯学習課長  宮 本 延 寿 君

        三 浦 陸 雄 君

        ──────────────────────────

  事務局職員出席者

事務局長    吉 田   滋        事務局次長   高 橋 正 弘

議事係長    吉 田 康 秀        主任書記    大 塚 隆 信

主任書記    篠 原   修

        ──────────────────────────





 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。

         浜田市議会 議 長







         浜田市議会副議長







         浜田市議会 議 員







         浜田市議会 議 員







        ──────────────────────────