議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 浜田市

平成21年12月定例会 12月16日−06号




平成21年12月定例会 − 12月16日−06号







平成21年12月定例会



        平成21年12月浜田市議会定例会会議録(第6号)





1. 日  時  平成21年12月16日(水)午前10時開議

2. 場  所  浜田市役所議場

        ──────────────────────────

 出席議員(28名)

 1番  笹  田     卓           2番  布  施  賢  司

 3番  岡  本  正  友           4番  芦  谷  英  夫

 5番  佐 々 木  豊  治           6番  道  下  文  男

 7番  田  畑  敬  二           8番  平  石     誠

 9番  西  田  清  久          10番  三  浦  保  法

11番  新  田  勝  己          12番  三  浦  美  穂

13番  山  崎     晃          14番  山  田  義  喜

15番  田  村  友  行          16番  三  浦  一  雄

17番  西  村     健          18番  大  谷  弘  幸

19番  川  神  裕  司          20番  江  角  敏  和

21番  岡  田  治  夫          22番  牛  尾  博  美

23番  原  田  義  則          24番  ?  松  三  男

25番  牛  尾     昭          26番  中  村  建  二

27番  高  見  庄  平          28番  美  浦  美  樹

        ──────────────────────────

 欠席議員(0名)

        ──────────────────────────

 地方自治法第121条により説明のため出席した者

市長      宇 津 徹 男          副市長     大 谷 克 雄

教育委員長   梅 津 益 美          教育長     山 田 洋 夫

監査委員    水 野 文 雄          金城自治区長  澄 川 和 則

旭自治区長   花 本 博 文          弥栄自治区長  串 崎 法 之

三隅自治区長  中 島 良 二          総務部長    稲 葉 裕 男

企画財政部長  近 重 哲 夫          市民福祉部長  渡 部 恵 子

産業経済部長  三 浦 和 成          産業経済部参事 湯屋口 初 實

建設部長    勝 田 秀 幸          会計管理者   田 野 正 幸

教育部長    仲 田 敏 廣          消防長     平 野 一 茂

水道部長    佐々木   章          金城支所長   岡 本 利 道

旭支所長    岩 谷 欣 吾          弥栄支所長   三 浦 義 和

三隅支所長   三 浦 博 美          総務部次長   牛 尾 祐 治

企画財政部次長 塙   邦 彦          市民福祉部次長 川 崎 功 二

産業経済部次長 中 村 俊 二          教育部次長   今 田   泰

消防本部消防次長加 戸   護          総合調整室長  湯 浅   淳

人事課長    石 本 一 夫          総務課長    三 浦 直 生

財政課長    宮 崎 良 一

        ──────────────────────────

 事務局職員出席者

事務局長    山 崎   浩          次長      長 野 昭 三

議事係長    田 中 政 行          主任主事    勝 田   奨

        ──────────────────────────

 議事日程(第6号)

第1         諸般の報告

   議会追加案件

第2 選挙第  5号 浜田市選挙管理委員の選挙について

第3 選挙第  6号 浜田市選挙管理委員補充員の選挙について

第4 委員長報告  (総務文教委員会、福祉環境委員会、産業建設委員会、予算審査委員会)

   市長提出議案(討論・採決)

第5 議案第131号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について

第6 議案第132号 浜田市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例について

第7 議案第133号 浜田市生活路線バス条例の一部を改正する条例について

第8 議案第138号 ラ・ペアーレ浜田条例の制定について

第9 議案第139号 浜田市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例について

第10 議案第140号 浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例について

第11 議案第141号 指定管理者の指定について(浜田市金城総合運動公園)

第12 議案第142号 指定管理者の指定について(浜田市今福スポーツ広場施設)

第13 議案第143号 指定管理者の指定について(浜田市三隅B&G海洋センター)

第14 議案第144号 指定管理者の指定について(浜田市やさかやすらぎの家)

第15 議案第145号 指定管理者の指定について(浜田市三隅中央公園及び田の浦公園運動施設)

第16 議案第146号 指定管理者の指定について(浜田市岡見スポーツセンター)

第17 議案第147号 財産の取得について(ラ・ペアーレ浜田)

第18 議案第148号 市道路線の廃止について(石見南49号線)

第19 議案第149号 市道路線の認定について(石見南61号線外)

第20 議案第150号 平成21年度浜田市一般会計補正予算(第6号)

第21 議案第151号 平成21年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)

第22 議案第152号 平成21年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

第23 議案第153号 平成21年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)

第24 議案第154号 平成21年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)

第25 議案第155号 平成21年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)

第26 議案第156号 平成21年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)

第27 議案第157号 平成21年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)

   請願(討論・採決)

第28 請願第  1号 改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書の提出について

   議員追加提出議案(説明・採決)

第29 発議第  8号 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書について

   議会追加案件

   委員長申し出(福祉環境委員長)

第30         委員会の閉会中の継続審査について

        ──────────────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程(第6号)及び下記の追加日程

   議会追加提出議案(説明・採決)

追加日程第1 発議第9号 改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書について

        ──────────────────────────

            会       議

            午前10時0分 開議



○議長(牛尾博美) おはようございます。

 ただいま出席議員は28名で定足数に達しております。これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第1、諸般の報告をします。

 報告第22号専決処分の報告について報告がありました。お手元にその写しを配付してありますので、ご了承ください。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第2、選挙第5号浜田市選挙管理委員の選挙についてを議題とします。

 これより選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議長が指名することに決しました。

 浜田市選挙管理委員に、お手元に配付した候補者一覧表に記載の天野孝氏、宮本文雄氏、岩倉初喜氏、矢冨俊春氏を指名します。

 お諮りします。ただいま指名いたしました4名の方を浜田市選挙管理委員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。ただいま指名しました4名の方が浜田市選挙管理委員に当選されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第3、選挙第6号浜田市選挙管理委員補充員の選挙についてを議題とします。

 これより選挙を行います。

 お諮りします。選挙の方法については、指名推選により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。選挙の方法は指名推選によることに決しました。

 お諮りします。指名の方法については、議長が指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議長が指名することに決しました。

 浜田市選挙管理委員補充員に、候補者一覧表のとおり第1順位に山代由香氏、第2順位に瓦田富子氏、第3順位に岡本正博氏、第4順位に藤川修司氏を指名します。

 お諮りします。ただいま指名いたしました4名の方を浜田市選挙管理委員補充員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。ただいま指名しました4名の方が浜田市選挙管理委員補充員に当選されました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第4、委員長報告です。

 各常任委員会に審査を付託した日程第5、議案第131号から日程第28、請願第1号までの24件を一括議題とし、各所管委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれ委員長の報告を求めます。総務文教委員長、8番平石誠議員。

            〔平石 誠総務文教委員長 登壇〕



◆総務文教委員長(平石誠) おはようございます。

 総務文教委員会に審査を付託されました6件の案件について、12月8日に委員会を開催し、審査を行いましたので、経過及び結果を報告いたします。

 審査に当たっては、それぞれの議案等に関して執行部から補足説明を受けた後、委員から質疑を行いました。

 まず、議案第131号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてですが、今回の条例改正対象の附属機関である浜田市図書館建設検討委員会について、委員の人選方法や委員会の開催回数及び時期について詳細な説明を求めました。また、質疑の中では、より広く市民の意見を聞く機会を設けるべきである、まず市が図書館建設場所を選定することが先なのではないか、生涯学習の拠点である図書館建設に当たっての、浜田市としての明確なビジョンが見えないといったご意見がございました。活発な質疑を行った後、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第132号浜田市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例についてですが、審査の中では、改正の目的及び概要などについて具体的な説明を求めながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第133号浜田市生活路線バス条例の一部を改正する条例についてですが、現状での利用状況、料金値上げに対する利用住民の声について執行部からの説明を求めながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第141号指定管理者の指定について(浜田市金城総合運動公園)及び議案第142号指定管理者の指定について(浜田市今福スポーツ広場施設)についてですが、施設の利用状況、今後の管理体制などについて説明を求めながら審査を行い、それぞれ採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 議案第143号指定管理者の指定について(浜田市三隅B&G海洋センター)についてですが、安全面での管理体制など本会議でただされた事項も含め、更に詳細な説明を求めながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務文教委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。福祉環境委員長、16番三浦一雄議員。

            〔三浦一雄福祉環境委員長 登壇〕



◆福祉環境委員長(三浦一雄) 福祉環境委員会に審査を付託されました案件のうち、議案4件について、12月9日に委員会を開催をし、審査を行い、結論を得ましたので、経過及び結果を報告します。

 審査に当たっては、それぞれの議案に関して執行部から補足説明を受けた後、本会議でただされた点を含め、委員から質疑等を行いました。

 まず、議案第138号ラ・ペアーレ浜田条例の制定については、今後の運営に関して多くの議員から質疑や意見がありました。具体的には、利用者数の減少や赤字補てんの予算措置が提案されていることを踏まえ、施設の取得後の活用方針に至る協議は十分であったか、収支の見込みが甘かったのではないか、約1万4,000人の署名による存続の陳情を重く受けとめ、幅広く市民のニーズを把握すべきであり、これまでどおりの開館日や講座の開設ではなく利用者本位の視点で改善すべき、今後指定管理を委託するに当たっては経営面での改善を真剣に考え、市も現在運営している団体に対し積極的な関与と指導を行う必要がある、今からすぐできる利用のPRや取得後のリハビリテーションの補完機能、健康づくり、介護予防のカリキュラムへの組み込みなどを含め、浜田医療センターや関係機関とも連携を密にして取り組むべき、市として今後の有効活用や経営改善に向けた方針を早急に示すべき等々の意見が出され、これに対して執行部からは、今年度は土地開発公社が落札した時期から運営スタートまでの期間がわずかであったことから、運営を依頼した事業団においても、市民への講座開設の準備やPRが十分できなかったことと、本年度は施設を引き続き存続させ利用できることを大前提とし、サービス低下を防ぐことを優先に取り組んだことで、利用者の拡大に向けた取り組みが十分でなかった点があった、今後PRや講座の開設、開館日の柔軟な対応、施設の有効活用など経営改善と市民ニーズに沿った運営に向け、指定管理者側や浜田医療センター等と連携を深めながら取り組んでいく、そして今年度取り組みが可能な収支の改善策等を検討し、今会期中に報告したいとの答弁がありました。以上のような審議の後、採決を行った結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第139号浜田市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例については、本会議で質疑のあった点についても再度説明を求めるとともに、土曜日の開所についての保護者の希望調査の方法やニーズ、運営方法の課題や運営主体の状況、近隣他市の状況等について審査を行い、委員からは今後も引き続きアンケート調査を行うべき、現在予定している月2回の土曜日の開所については、保護者の希望が多いところはすべての土曜日を開所できるようにすべきとの意見が出され、執行部から土曜日の開所については指導員の確保や増員など受け入れ態勢の整備が必要なため、土曜日の利用状況や保護者の皆さんのご意見を伺いながら、ニーズにこたえられるよう今後のあり方を検討したいという答弁がありました。以上のような審議の後、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第144号指定管理者の指定について(浜田市やさかやすらぎの家)は、施設の利用状況、利用案内の方法等について審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第147号財産の取得について(ラ・ペアーレ浜田)は、議案第138号の条例制定と一括して審議を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上が結論を得た議案についての審査結果です。なお、付託されました請願第2号後期高齢者医療制度を廃止し高齢者が安心できる医療制度創設を求める意見書の提出について及び請願第3号県の福祉医療費助成制度の定率(応益)負担を廃止・撤回し定額負担に戻すことを求める意見書の提出についての請願2件は、委員から、現時点では今後の地方の負担がどうなるのかなど国の政策の方向性が不透明であり、意見書を出す必要があるのかどうか、今会期中に結論を出すには時期尚早との意見が多く、閉会中の継続審査とすることに決しましたので、あわせて報告いたします。以上、福祉環境委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。産業建設委員長、13番山崎晃議員。

            〔山崎 晃産業建設委員長 登壇〕



◆産業建設委員長(山崎晃) 産業建設委員会に審査を付託されました議案5件及び請願1件について、12月10日に委員会を開催し、審査を行いましたので、経過及び結果を報告いたします。

 まず、議案第140号浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例についてでありますが、冒頭に担当課長から資料として配付された本条例の新旧対照表をもとに詳細な説明があり、5名の委員から質疑がありました。委員からは、昨今の景気動向をかんがみ、あらゆる分野の市場では値下げの傾向にあるが、なぜこの時期に至って本条例の一部改正案については、宿泊料金の割り増しなど値上げ案が上程されたのか、また先日の議案質疑の中で行われた本議案に対する答弁で、上程理由の1点目として当該施設の経営状況が芳しくないため、2点目として他の類似施設と均衡を図る意味での料金改定であると認識したが、本条例の改正点の趣旨等について相互理解を深めるためにも、そのあたりの理由を再度明確にしてほしい。さらには、当該施設の指定管理者の社名が変更になった背景や、社名変更に伴う申請書、役員の変動等々について質疑があったところです。これら各委員からの質疑に対し、執行部の答弁として、本条例案の上程時期が今日に至った経緯については、昨年度実績では昨今の経済不況のあおりを受け、利用客は減少し、売り上げも減収となったが、一方ではかなりの経営努力もされ、結果的に黒字に転じており、経営状況のみとらえて今回上程したわけではない、さらに今年については例年ならば年間を通して最も繁忙期である7月、8月の休日に限ってことごとく悪天候が続いたため、そうした気象条件的側面も踏まえた上で、来年度に向け安定的な収入を得る必要があることから、類似施設の料金体系について調査を行う中で、その結果として妥当性、合理性を真摯に受けとめ今回の上程に至った。また、当該施設の指定管理者の社名が変更になった背景等については、アセット・オペレーターズの親会社が昨年末からの経済不況の影響で、持ち株を持っておられた方々が交代され、MBKオペレーターズという社名に変更となった。それに伴う事務的手続等については既に完了しており、社名変更に伴う支障、問題等は生じていないという詳細かつ明確な答弁があり、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第145号指定管理者の指定について(浜田市三隅中央公園及び田の浦公園運動施設)及び議案第146号指定管理者の指定について(浜田市岡見スポーツセンター)の2件でありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第148号市道路線の廃止について(石見南49号線)及び議案第149号市道路線の認定について(石見南61号線外)の2件でありますが、現地の各路線を確認し、説明を受けた上で、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、請願第1号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書の提出については、委員から提出者の願意は十分理解でき、賛同するという意見が出され、審査を行い、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決しました。以上、産業建設委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。予算審査委員長、21番岡田治夫議員。

            〔岡田治夫予算審査委員長 登壇〕



◆予算審査委員長(岡田治夫) 予算審査委員会に審査を付託されました平成21年度浜田市一般会計補正予算等8件の案件について、12月11日に同委員会を開催し、審査を行いましたので、その経過及び結果をご報告いたします。

 まず、議案第150号平成21年度浜田市一般会計補正予算(第6号)については、主なものとしてラ・ペアーレ浜田の運営経費助成や今後の管理運営費などについて質疑があり、経営責任も含め、今年度赤字が見込まれる施設であるが、赤字圧縮のための経営改善計画の作成や外部委員を含めた検討会の設置、運営に当たる浜田市教育文化振興事業団と受講者を増やすための定期的協議が必要ではないか、また3年経過後の指定管理に対する考え方などの質疑があったところであります。それに対して、執行部からは市として責任を感じている、今後は今年度及び指定管理期間中の赤字圧縮に努めるとともに、経営改善計画の作成や外部委員を含めた検討会の設置について全庁で検討する、また事業団との定期的協議を行っていく、3年経過後の指定管理については原則公募するとの答弁があったところであります。

 また、緊急雇用創出事業、ふるさと雇用再生事業等の不用額について、県事業の採択に至らなかった理由及び今後の雇用創出や事業への影響についての質疑があったところです。執行部からは、県の基金を大幅に上回る市町村からの事業要望があった、浜田市の事業採択率及び金額は県内8市の中でも高い割合であり、今のところ影響は少ないと考える、平成22年度も継続して要望していくとの答弁があったところです。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第151号平成21年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、当初予算から見て今回の補正額の割合が大きい、原因についてどのように分析しているのかとの質疑がありました。執行部からは、療養給付費等が対前年比で月当たり大幅に伸びている、中でも入院と調剤が大きい、入院については詳細な分析はしていないが、5月診療分の疾病別費用額では統合失調症、がん、神経性疾患、腎不全等が多い、調剤の原因としては新型インフルエンザによる影響が大きかった、今後の流行も考慮して高目の見込み幅としたとの答弁があったところです。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第152号平成21年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)から議案第157号平成21年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)までの6件については、審査を行い、採決の結果、それぞれ全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、予算審査委員長の報告といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより市長提出議案の討論を行います。

 議案第131号から議案第157号まで討論の通告はありませんでした。よって、これら議案について討論なしと認め、討論を終わります。

 これより採決を行います。日程第5、議案第131号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第131号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第131号は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第132号浜田市移動通信用鉄塔施設条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第132号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第132号は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第133号浜田市生活路線バス条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第133号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第133号は原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第138号ラ・ペアーレ浜田条例の制定についてを採決します。

 議案第138号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第138号は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第139号浜田市放課後児童クラブ条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第139号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の方の挙手を求めます。

            〔賛成者挙手〕



○議長(牛尾博美) 挙手多数です。議案第139号は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第140号浜田市国民宿舎千畳苑条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第140号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第140号は原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第141号指定管理者の指定について(浜田市金城総合運動公園)を採決します。

 議案第141号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第141号は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第142号指定管理者の指定について(浜田市今福スポーツ広場施設)を採決します。

 議案第142号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第142号は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第143号指定管理者の指定について(浜田市三隅B&G海洋センター)を採決します。

 議案第143号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第143号は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第144号指定管理者の指定について(浜田市やさかやすらぎの家)を採決します。

 議案第144号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第144号は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第145号指定管理者の指定について(浜田市三隅中央公園及び田の浦公園運動施設)を採決します。

 議案第145号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第145号は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第146号指定管理者の指定について(浜田市岡見スポーツセンター)を採決します。

 議案第146号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第146号は原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第147号財産の取得について(ラ・ペアーレ浜田)を採決します。

 議案第147号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第147号は原案のとおり可決されました。

 日程第18、議案第148号市道路線の廃止について(石見南49号線)を採決します。

 議案第148号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第148号は原案のとおり可決されました。

 日程第19、議案第149号市道路線の認定について(石見南61号線外)を採決します。

 議案第149号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第149号は原案のとおり可決されました。

 日程第20、議案第150号平成21年度浜田市一般会計補正予算(第6号)を採決します。

 議案第150号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第150号は原案のとおり可決されました。

 日程第21、議案第151号平成21年度浜田市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第151号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第151号は原案のとおり可決されました。

 日程第22、議案第152号平成21年度浜田市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第152号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第152号は原案のとおり可決されました。

 日程第23、議案第153号平成21年度浜田市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第153号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第153号は原案のとおり可決されました。

 日程第24、議案第154号平成21年度浜田市漁業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第154号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第154号は原案のとおり可決されました。

 日程第25、議案第155号平成21年度浜田市生活排水処理事業特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第155号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第155号は原案のとおり可決されました。

 日程第26、議案第156号平成21年度浜田市簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第156号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第156号は原案のとおり可決されました。

 日程第27、議案第157号平成21年度浜田市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決します。

 議案第157号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。議案第157号は原案のとおり可決されました。

 これより請願について討論を行います。

 請願第1号に対する討論の通告はありませんでした。よって、討論なしと認め、討論を終わります。

 日程第28、請願第1号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書の提出についてを採決します。

 本請願に対する委員長の報告は採択です。請願第1号は委員長の報告のとおり採択することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。請願第1号は採択とすることに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第29、発議第8号電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書についてを議題とします。

 提出者の説明を求めます。18番大谷弘幸議員。

            〔18番 大谷弘幸議員 登壇〕



◆18番(大谷弘幸) 発議第8号について提案説明を行います。

 本案は、電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書(案)を会議規則第13条第1項の規定により提出するものであります。

 提出者は私大谷です。賛成者はお手元の議案にそれぞれ掲載のとおりです。

 それでは、以下意見書案を読み上げて、提案にかえさせていただきます。

 電源立地地域対策交付金制度の交付期間延長等を求める意見書。

 電源立地地域対策交付金の水力発電施設周辺地域交付金相当部分(水力交付金)は、水力発電ダムにかかわる発電用施設周辺地域住民の福祉向上と、電源立地の円滑化に資することを目的に創設されたものであり、関係市町村ではこの水力交付金を活用し、防火水槽や防災無線等の公共施設の整備、診療所や保育園の運営費等への充当による住民生活の利便性向上を図っているところである。しかしながら、現在の制度では交付対象市町村の多くが間もなく最長交付期間の30年を迎えることとなるが、その場合、水量発電施設の円滑な運転継続や新規の電源立地に支障を生ずることが危惧される。豊富な水資源に恵まれた我が国において、水力発電は原子力発電や火力発電に比べ環境への負荷が少なく、再生可能なエネルギーとして、これまで電力の安定供給に大きく寄与してきたが、その背景には水力発電施設の建設に協力してきた関係市町村の貢献があることを十分に認識すべきである。

 よって、国におかれては、平成22年度末をもって多くの関係市町村で交付期限を迎える水力交付金について、過去30年にわたる交付実績や、今後とも安定的な水力発電を維持する必要性があること等を考慮の上、平成23年度以降は恒久的な制度とすること、及び原子力発電交付金との格差を踏まえた交付金の最高限度額及び最低保証額の引き上げなど、交付条件の改善や事務手続の簡素化を図られることを要望する。以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成21年12月16日。浜田市議会。議員各位のご賛同をお願いし、提案説明といたします。



○議長(牛尾博美) ただいまの説明について質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 お諮りします。本意見書案は委員会付託、討論を省略し採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。本意見書案については委員会付託、討論を省略し採決することに決しました。

 発議第8号は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第8号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 日程第30、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。

 福祉環境委員長より審査中の請願について、委員会条例第40条の規定により、お手元の資料のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。福祉環境委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。よって、福祉環境委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

 ただいま発議第9号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書についてが産業建設委員会から提出されました。

 お諮りします。発議第9号を追加日程第1として直ちに日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第9号を直ちに日程に追加し、議題とすることに決しました。

 職員に議案を配付させますので、しばらくお待ちください。

            〔職員、議案を配付〕



○議長(牛尾博美) これより提案説明を行います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾博美) 追加日程第1、発議第9号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書についてを議題とします。

 提案者の説明を求めます。産業建設委員長、13番山崎晃議員。

            〔13番 山崎 晃議員 登壇〕



◆13番(山崎晃) 発議第9号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書について提案説明を行います。

 本案は、先に産業建設委員会において請願第1号改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書の提出について全会一致で採択すべきものと決したことに伴い、意見書案を提出することについて議決を行いましたので、会議規則第13条第2項の規定に基づき、委員会から議案を提出するものであります。

 それでは、委員長の私から意見書案を読み上げて、提案にかえさせていただきます。

 改正貸金業の早期完全施行等を求める意見書。

 経済、生活苦での自殺者が年間7,000人に達し、自己破産者も18万人を超え、多重債務者が200万人を超えるなどの深刻な多重債務問題を解決するため、2006年12月に改正貸金業法が成立し、出資法の上限金利の引き下げ、収入の3分の1を超える過剰貸付契約の禁止などを含む同法が完全施行される予定である。

 改正貸金業法成立後、政府は多重債務者対策本部を設置し、同本部は1、多重債務相談窓口の拡充、2、セーフティーネット貸し付けの充実、3、ヤミ金融の撲滅、4、金融経済教育を柱とする多重債務問題改善プログラムを策定した。そして、官民が連携して多重債務対策に取り組んできた結果、多重債務者が大幅に減少し、2008年の自己破産者数も13万人を下回るなど、着実にその成果を上げつつある。

 他方、一部には消費者金融の成約率が低下しており、借りたい人が借りられなくなっている。特に、昨今の経済危機や一部商工ローン業者の倒産などにより、資金調達が制限された中小企業者の倒産が増加しているなどを殊さら強調して、改正貸金業法の完全施行の延期や貸金業者に対する規制の緩和を求める論調がある。

 しかしながら、1990年代における山一証券、北海道拓殖銀行の破綻などに象徴される、いわゆるバブル崩壊後の経済危機の際は、貸金業者に対する不十分な規制のもとに、商工ローンや消費者金融が大幅に貸し付けを伸ばし、その結果、1998年には自殺者が3万人を超え、自己破産者も10万人を突破するなど多重債務問題が深刻化した。

 改正貸金業法の完全施行の先延ばし、金利規制などの貸金業者に対する規制の緩和は、再び自殺者や自己破産者、多重債務者の急増を招きかねず、許されるべきではない。今、多重債務者のために必要とされる施策は、相談体制の拡充、セーフティーネット貸し付けの充実及びヤミ金融の撲滅などである。そこで、今般設置された消費者庁の所管ないし共管となる地方消費者行政の充実及び多重債務問題が喫緊の課題であることも踏まえ、国に対し以下の施策を求める。

 1、改正貸金業法を早期に完全施行すること。

 2、自治体での多重債務相談体制の整備のため、相談員の人件費を含む予算を十分確保するなど、相談窓口の充実を支援すること。

 3、個人及び中小事業者向けのセーフティーネット貸し付けを更に充実させること。

 4、ヤミ金融を徹底的に摘発すること。以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。平成21年12月16日。浜田市議会。以上、議員各位のご賛同をお願いし、提案説明といたします。



○議長(牛尾博美) これより質疑、討論、採決を行います。発議第9号について質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 発議第9号について討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) 討論なしと認め、討論を終わります。

 お諮りします。本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾博美) ご異議なしと認めます。発議第9号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長に一任願います。

 以上をもちまして今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。

 この際、市長からの発言の申し出がありますので、これを許可します。市長。

            〔宇津徹男市長 登壇〕



◎市長(宇津徹男) 平成21年12月浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 今議会に提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決をいただき、厚く御礼を申し上げます。特に、図書館建設に当たっての考え方や、ラ・ペアーレ浜田の運営方針などについて、貴重なご指摘、ご提言を数多くいただいたところであります。また、熱心にご審議いただきまして、心から感謝しております。今後の執行に当たりましては、これらのご意見を十分に尊重し、真摯に取り組んでまいりたいと考えております。

 一般質問におきましても、安全で安心なまちづくりに向けた施策や地域経済活性化のための産業の振興など、多方面にわたっての貴重なご提言を伺ったところであります。このことにつきましては、各部に指示をして、可能なものについてはすぐに取り組みたいと考えております。また、来年度の施策に反映できるものは、積極的に取り入れてまいります。

 さて、本年を振り返りますと、皆さん方ご承知のとおり、県立大学1年生の平岡都さんが悲惨な事件に巻き込まれるという、余りにも残念な出来事がこの浜田市で発生いたしました。今はただ、平岡都さんのご冥福を心からお祈りするとともに、一刻も早いこの極悪非道な犯人の逮捕と事件の全容解明を願うばかりであります。今後は、二度とこのような事件が起きることのないよう、全市を挙げて、また全庁を挙げて万全の対策を講じてまいりたいと思います。

 なお、12月21日には、犯罪に強い島根県を実現するため、島根県犯罪のない安全で安心なまちづくり推進県民大会が県立大学で開催されます。議員の皆さんにもご出席をいただきますよう、お願いを申し上げます。

 また、この8月には新たに民主党政権が誕生し、政権交代による政策の転換が注目されております。今後は、こうした政策の転換によって市民生活に影響を及ぼすことのないよう、島根県当局を初め、関係機関と連携して、国に対して積極的な働きかけを行ってまいります。

 さて、来年におきましても、地方を取り巻く状況は依然として厳しいものが続くと考えております。浜田市においても多くの諸課題が山積しており、迅速な対応が求められております。これら諸課題の解決を図るために、私を初め、全職員が一丸となって職務に邁進する所存であります。議員各位の一層のご支援とご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。

 終わりに当たり、2010年が浜田市にとりましても明るく幸せな年となりますように、また議員の皆さん方におかれましても、健康に十分留意され、ご家族おそろいで新年をお迎えになりますよう心から祈念いたしまして、お礼のごあいさつといたします。



○議長(牛尾博美) これをもちまして平成21年12月浜田市議会定例会を閉会します。

 皆様、大変ご苦労さまでした。

            午前11時0分 閉会

        ──────────────────────────



 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。

         浜田市議会 議 長







         浜田市議会副議長







         浜田市議会 議 員







         浜田市議会 議 員







        ──────────────────────────