議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 浜田市

平成21年 9月 決算特別委員会 09月01日−01号




平成21年 9月 決算特別委員会 − 09月01日−01号







平成21年 9月 決算特別委員会



     平成21年9月浜田市議会決算特別委員会記録(第1号)





1. 日  時  平成21年9月1日(火)午前10時56分開議

2. 場  所  第4委員会室

        ──────────────────────────

 出席委員(11名)

 2番  道  下  文  男           3番  平  石     誠

 7番  三  浦  美  穂          10番  澁  谷  幹  雄

11番  田  村  友  行          13番  西  村     健

17番  川  神  裕  司          23番  吉  田  千  昭

27番  向     惇  雄          28番  江  口  修  吾

35番  美  浦  美  樹

        ──────────────────────────

 議長出席 なし

        ──────────────────────────

 欠席委員(0名)

        ──────────────────────────

 事務局職員出席者

次長      長 野 昭 三          主任主事    篠 原 美和子

        ──────────────────────────

 議事日程(第1号)

第1 委員長の互選について

第2 副委員長の互選について

第3 座席の指定について

第4 審査日程及び審査方法について

第5 資料閲覧要求等について

第6 その他

        ──────────────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程(第1号)のとおり

        ──────────────────────────

            会       議

            午前10時56分 開議



◎篠原主任主事 当委員会の担当書記の篠原です。よろしくお願いします。

 それでは、これから委員会を開催していただきたいと思いますが、設置されて最初の決算特別委員会ですので、浜田市議会委員会条例第11条第2項の規定により、年長の向委員に臨時委員長をお願いします。



○向臨時委員長 それでは、ただいま担当書記の篠原さんから説明がございましたようなわけで、私が年長ということでございますので、臨時委員長を相務めたいと思います。どうぞよろしくお願いします。私に与えられた職務は、決算特別委員長の選任まででございますので、しばらくの間、おつき合いをいただきたいと思います。

 それでは、早速議題に入りたいと思います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○向臨時委員長 議題1、委員長の互選についてを議題といたします。

 お諮りをいたします。委員長の互選は指名推選の方法と投票の方法がございますが、いかがいたしましょうか。

            (「指名推選の方法で」と呼ぶ者あり)

 ただいま指名推選の方法というご提案がございました。これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○向臨時委員長 それじゃあ、指名推選の方法ということに決定をいたしました。

 それでは、どなたかご指名をよろしくお願いいたします。

            (「澁谷幹雄委員にお願いしたいと思います」と呼ぶ者あり)

 ただいま澁谷幹雄委員を委員長にというご提案がございましたが、これにご異議ございませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○向臨時委員長 それでは、澁谷幹雄委員長が当選をされましたので、ここで交代をいたします。

            〔委員長交代〕



◎篠原主任主事 それでは、委員長のあいさつをお願いします。



○澁谷委員長 皆さん、こんにちは。

 ご指名いただきました澁谷です。決算委員会の委員長、いろいろの、最後の議会ということで諸般の事情がありまして、私も何度目かの委員長で、大変僣越でございますけれども、スピーディーな委員会の運営と内容の濃い委員会の運営につきまして、ご協力よろしくお願いを申し上げます。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○澁谷委員長 それでは、副委員長の互選についてを議題としたいと思います。

 お諮りいたします。副委員長の互選に指名推選の方法と投票の方法がございますが、いかがいたしましょうか。

            (「指名推選」と呼ぶ者あり)

 指名推選でというご意見がございますが、いかがでしょうか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 どなたをご推薦か、お願いいたします。川神委員。



◆川神委員 三浦美穂委員はいかがでしょうか。



○澁谷委員長 三浦美穂委員というご推薦がございますが、皆さんいかがでございましょうか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 それでは、三浦美穂委員に副委員長を決定いたしました。

 それでは、副委員長にごあいさつをお願いをいたします。



○三浦副委員長 では、失礼いたします。今回、大役を仰せつかりました。委員長をしっかりと補佐して、決算が正確にきちっと行われるように頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。



○澁谷委員長 ありがとうございました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○澁谷委員長 それでは引き続いて、座席の指定についてお諮りをいたしたいと思います。

 審査は全員協議会室で審査を行います。座席についていかがいたしましょうか。

            (「そのままでいいんじゃないん」と呼ぶ者あり)

 そのままでようございますか、皆さん、諸先輩。

            (「いいですよ」と呼ぶ者あり)

 このままでようございますか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 それでは、現在お座りの順番とさせていただきます。

 それでは、資料1に座席案として配られておりますが、委員会開催の当日には、委員の氏名が入った席次表を配付するようにいたします。それで副委員長よろしいでしょうか。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○澁谷委員長 それでは、審査日程及び審査方法について議題といたします。

 現在、審査日は9月10日から16日までの5日間を議会運営委員会で確保されておりますが、この審査日程について、審査の方法も含めて事務局案の説明をお願いをいたします。



◎篠原主任主事 説明いたします。

 資料2をご覧ください。

 まず、9月10日に委員会を開催し、監査委員にあいさつをしていただきます。例年ですと、議長、市長にもそれぞれあいさつしていただくのですが、今回は9月定例会開会中に委員会を行うことから、市長、議長のあいさつは省略したいと考えています。

 次に、昨年度の決算に対する指摘事項の対応について、各担当ごとに報告していただき、それに対する質疑を委員の皆様に行っていただきます。昨年は一般会計、国民健康保険特別会計など、四つの会計に意見が付されています。資料3のほうに、昨年度の決算認定に対する指摘事項を載せておりますので、後ほどご覧ください。

 昨年は、各担当部長からの報告の用紙を執行部から事前にもらい、配付しました。今年も同様に事前配付する予定となっております。その後、決算審査に入っていただきます。それから、審査の流れ、事前通告制、資料一覧の3点について説明します。委員の皆さんの意見等をお聞かせいただいて、決定していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 事務局での案をつくっておりますので、引き続き資料2をご覧ください。

 1点目として、審査の流れについてです。

 昨年は、審査が効率よく進み、各執行部の拘束時間が少なくて済むことから、常任委員会単位で審査を進めてみました。まず、総務文教委員会関係の一般会計の審査を行い、それが終わると総務文教委員会関係の特別会計の審査を行うというように、常任委員会ごとの審査ということです。そのため、例えば総務文教委員会関係の審査を行うときには、総務文教所管の執行部しか出席しておりませんので、そのほかの委員会の所管する内容のものは質疑できないことになりますので、ご承知ください。

 事務局案の日程としましては、資料2にありますとおり、9月10日から14日の午前中までの約3日間で各委員会の審査を行っていただき、14日の午後に各議案の採決と各委員の意見集約、附帯意見の取りまとめを行います。4日目の15日は予備日とし、最終日の16日に正副委員長が作成した審査のまとめ案を全員で協議して、委員会としての意見を決定して終了というものです。

 例年ですと、最終日に執行部に対して審査の結果を講評し、議長、市長、監査委員にそれぞれあいさつをいただいていましたが、今回はこれらも省略したいと考えています。定例会開会中に委員会が開催されることから、例年なら12月定例会にて行われる委員長報告が、9月定例会最終日の18日に行われるということになり、執行部もそこで審査の結果を聞くことが可能なためです。

 審査の日程ですが、もし総務文教委員会関係の審査が9月10日だけで終了した場合は、翌日11日の午前中があきますので、午後に予定している福祉環境委員会関係の審査を繰り上げて、行ってはどうかと考えています。逆に、審査が長引いた場合には、当日の時間を延長するか、日程を繰り下げて行うことも考えています。

 また、4日目の15日なんですが、予備日として提案していますのは、どこかの委員会の審査が長引いて決算審査がずれ込んだ場合に使用するためと、14日午後の予定として上げております委員のまとめの提出、意見集約、正副委員長での審査のまとめの検討というところに毎年かなり時間がかかっていることから、時間的に余裕を持つためです。もし、審査が予定どおり14日までにすべて終わり、14日の午後に正副委員長で審査のまとめを検討するところまで終了しておれば、15日は休会ということになります。

 次に2点目ですが、事前通告制についてです。

 それは昨年の委員会でも行っていただいたのですが、できる限り事前通告をしていただき、かつ通告以外の質問も委員会当日に受け付けるというものです。事前に通告していただくことによって、執行部側も資料などの準備がしやすいので、委員からの質問に的確、詳細に答えることができます。通告件数によって、大まかではありますが、審査の進行状況を予測できますので、正副委員長の運営がしやすいのではないかと思います。

 通告の方法ですが、お配りしている資料の一番最後に発言通告書の様式をつけております。これは事前にも配付しておりますが、この通告書に委員会単位ごとに質問事項を記載していただくというものです。

 事務局の案としましては、本日この委員会で事前通告制をとるということを了解していただきましたら、通告書の提出締め切りを9月7日月曜日の午後4時とさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 最後に、資料閲覧の日程についてです。

 資料2のとおり、9月7日の午後1時から9月9日までの約3日間を資料閲覧日としてご提示しています。通告書の締め切りが7日の午後4時となっておりますが、今回は開会中に委員会を行う都合上、余裕を持った日程がとれないことをご了承ください。

 なお、この資料閲覧の場で、執行部の担当者を呼んで尋ねたいことがあれば、担当課のほうに連絡をとって、可能であれば対応をしてもらうということを考えております。実際に担当者を呼んで聞いたらご理解いただける内容もあるかと思われます。もし、資料閲覧の結果、既に提出していた発言通告書の通告のうち、必要なくなった部分がある場合は取り消しも可能ですので、事務局までお知らせください。以上で事務局の説明を終わります。



○澁谷委員長 篠原さんから大変詳しい説明をいただきました。

 まず、発言通告についてですけども、これは数年前から、篠原さんから説明をいただいているような理由によりまして、前もってやったほうが詳しい答弁をいただけるということと、その問題について精査が詳しくできるというふうなことの理由によって、取り入れさせていただいておるところであります。今年もこの形をとって進めさせていただきたいと思いますが、よろしゅうございますか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 それでは……

            (「ちょっと質問があるんですが」と呼ぶ者あり)

 どうぞ。



◆田村委員 予算のときには、この発言通告との関係で、単独、一人でやりよるんだから重複質問してもらいよるんだから、一覧表をこさえて配付されますけれども、これ決算についてはどのようにお考えでしょうか。



◎篠原主任主事 決算についても一覧表はおつくりするんですが、まだ今回は締め切りが明日なので、皆さんから提出いただいてないので、ここの場でお配り……。



◆田村委員 今日としとるわけじゃないんですよ。



◎篠原主任主事 はい。また、一覧表をおつくりする予定にしております。



○澁谷委員長 毎年一覧表をつくっていただいておりますので。



◎篠原主任主事 明日は資料閲覧の締め切りなんです。7日の……。



○澁谷委員長 その日程を間違いのないようにお願いします。



◎篠原主任主事 7日の午後4時までにいただいた通告の一覧をつくらせていただきます。



○澁谷委員長 それで、今流れの説明がございましたけれども、できましたら総務文教委員会関係を、10日には延長してでも終わりたいと思います。そのほうがまた、執行部も午後になるか、午前になるかというふうなこと、時間の都合もあると思いますので、11日の午前中はもう福祉環境にお願いをし、これはちょっと2時間って時間も短い関係もあって、午後に延びるかもしれませんけども、そのあと終わってすぐに産業経済委員会をさせていただくという、それでこの産業委員会までは11日金曜日までには終了するということでいきたいと思います。それで、翌週の14日月曜日には建設都市委員会関係をやっていただきたいと思います。

 それで、先ほども説明がありましたように、附帯意見につきまして取りまとめをしなければなりません。通常、建設委員会の終わった後に、1時間ぐらいをめどに、各委員さんから提出をいただいております。大体この日程でいきますので、そのことについてはある程度、10日、11日が終わった段階におきましても、少々整理もしておいていただきまして、取りまとめの準備も進めていただきたいと思います。

 その分を全部いただいた後、皆さんにまた、それは終わってから2時間、3時間たってもいいわけですけども、皆さんお残りいただかなくてはなりませんので、それをある程度、1時間ぐらいの段階で、皆さんの提出の分を全部コピーして、見ていただきます。その中で、その意見を見ながら、附帯意見としてこの分を採用したほうがいいんじゃないかというふうなことを、大まかに教えていただく作業をしたいと思います。その分を、取りまとめにつきましては委員長、副委員長が取りまとめますが、どの分を、大体いつも四つか五つ、多くても五つまでというような形にしておりますので、取りまとめのご意見をちょうだいをしたいと思います。それから後に委員長、副委員長が取りまとめまして、16日に皆さんにその原案を提出して、またご意見をして修正をかけていくというふうなことの作業を進めてさせていただくこととします。この方法につきましてはここ近年、二、三回はずっとそういう方式にしておりますので、ご理解をいただきたいなと思っております。

 そのほか、委員の皆様からご意見ございますでしょうか。



◆西村委員 ちょっと確認だけしておきます。

 質疑は、基本的には事前通告をしとるわけですが、前年もその前もそうだったように、それが終われば余り拘束はなしに、自由に質疑できるわけですか。



○澁谷委員長 結構です。それに、その点については全く規制するものではありません。ただ、それについてはまた、執行部が資料がほとんどないような答弁もある程度覚悟していただいて、これがまた、例えば支所の方へ取りに帰ってとかなんとかということになるまでの時間を休憩にして待つというふうなことはお許しをいただきたいということはありますけども、一向に構いませんのでよろしくお願いいたします。

 そのほかございますか。

 ようございますか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 あと、漏れがございましたら、事務局、私のあれで、確認をしておかなければならないところの。



◎篠原主任主事 あとは、資料閲覧の日程についてということです。



○澁谷委員長 資料閲覧の日程、先ほど7日から9日というふうなことでございましたが、それでよろしゅうございますか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 これも、資料閲覧につきましてもご存じだと思いますけれども、以前はすべての資料、決算資料が運び込まれるという、特に各支所からも相当の量の決算資料を5階まで運んで、また持って帰らなくてはいけないというふうなことがございまして、要求した資料で、いい悪いという問題もあるかもしれませんけれども、そういう辺で見たい資料を要求するという形に変更をさせていただいておりますので、その分につきまして、見たい資料を閲覧要求をしていただきたいと思います。

 そのほか。



◎篠原主任主事 最初の日と最終日、市長、議長のあいさつをいただいてたんですけれども、それを省略してよろしいかということと、あと執行部に講評していたのを今回委員長報告がもう最終日にあるので、省略させていただきたいと。



○澁谷委員長 その点の事務局提案について、よろしゅうございますか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 そのような形で決めさせていただこうと思いますので。

 ただ、最後の講評については、翌年にはまたその間の講評をもらうようなことで。



◎篠原主任主事 はい。



○澁谷委員長 それでは、終わってよろしいですか。

            (篠原美和子主任主事「5番があります。議題5があるので」と呼ぶ)

 議題5は。

            (篠原美和子主任主事「5ページの次第を」と呼ぶ)

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○澁谷委員長 議題5は、資料閲覧要求等について。

 では、事務局のご説明をお願いします。



◎篠原主任主事 資料閲覧要求についてですけれども、あす2日の正午を締め切りとして、委員の皆様から資料閲覧要求書を提出していただき、要求のあった項目について一覧表を作成する予定です。もしも重複した要求があれば、一つにまとめさせていただきます。

 本来なら、作成した一覧表を委員会で見ていただいて、どの資料を委員会の要求資料とするかどうかを決めていただくところなのですが、今回は日程がないので、委員の皆さんから出た資料要求すべてを委員会の要求とさせていただきたいと思います。

 提出を求めた資料は、原則として初日の資料閲覧日の7日に全委員に配付することとし、閲覧資料は7日の午後1時から9日の午後5時までの間、第1委員会室において閲覧できるように準備してもらいたいと思っています。要求された委員さんはもちろんですが、その他の委員についても随時ご覧ください。

 なお、要求をされた資料については、現在ある資料のコピー等で対応したいと考えています。要求に基づいて、執行部は新たな資料は作成しないこととしていますので、ご理解いただきますようよろしくお願いします。また、執行部において提出できない資料や閲覧のみとする資料がありましたら、配付できない場合があるとのことですので、ご了解ください。以上です。事務局の説明を終わります。



○澁谷委員長 以上の説明につきましてご質問ございますか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○澁谷委員長 それでは、9月10日木曜日の午前からの開会ということでさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。

 それでは、以上をもちまして……

            (篠原美和子主任主事「すみません、その他を」と呼ぶ)

 その他。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○澁谷委員長 その他について、じゃあ事務局から。



◎篠原主任主事 決算審査については、昨年と同様に職員のパソコンで同時中継を行いたいと思いますので、ご承知ください。

 それから、先ほど日程が決定しましたので、時間的に余裕がなくて大変申しわけないんですけれども、あす2日の正午までに資料閲覧の要求書の提出を期限厳守でお願いします。なお、提出がなかった場合には、資料要求がないとみなさせていただきます。

 また、来週7日の午後4時を発言通告書の提出締め切りとしています。これも日がなくて大変申しわけないのですが、期限厳守で提出をお願いします。



○澁谷委員長 それでは、スピーディーな、内容の濃い決算特別委員会にしたいと思いますので、ご協力よろしくお願い申し上げます。

 以上で委員会を終了します。

 ありがとうございました。

            午前11時20分 閉議

        ──────────────────────────