議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 浜田市

平成21年 6月定例会 06月22日−07号




平成21年 6月定例会 − 06月22日−07号







平成21年 6月定例会



        平成21年6月浜田市議会定例会会議録(第7号)





1. 日  時  平成21年6月22日(月)午前9時58分開議

2. 場  所  浜田市役所議場

        ──────────────────────────

 出席議員(35名)

 1番  佐 々 木  豊  治           2番  道  下  文  男

 3番  平  石     誠           4番  西  田  清  久

 5番  三  浦  保  法           6番  新  田  勝  己

 7番  三  浦  美  穂           8番  山  崎     晃

 9番  山  田  義  喜          10番  澁  谷  幹  雄

11番  田  村  友  行          12番  三  浦  一  雄

13番  西  村     健          14番  大  谷  弘  幸

15番  角  田  勝  幸          16番  西  田     平

17番  川  神  裕  司          18番  江  角  敏  和

19番  岡  田  治  夫          20番  島  本  鎌  利

21番  牛  尾  博  美          22番  鎌  原  ヤ シ ヱ

23番  吉  田  千  昭          24番  原  田  義  則

26番  ?  松  三  男          27番  向     惇  雄

28番  江  口  修  吾          29番  牛  尾     昭

30番  中  村  建  二          31番  小  川  泰  昭

32番  湯  浅     勝          33番  高  原  好  人

34番  高  見  庄  平          35番  美  浦  美  樹

36番  木  村  正  行

        ──────────────────────────

 欠席議員(1名)

25番  下  隅  義  征

        ──────────────────────────

 地方自治法第121条により説明のため出席した者

市長      宇 津 徹 男          副市長     大 谷 克 雄

収入役     佐々木 康 夫          教育委員長   梅 津 益 美

教育長     山 田 洋 夫          監査委員    水 野 文 雄

金城自治区長  澄 川 和 則          旭自治区長   花 本 博 文

弥栄自治区長  串 崎 法 之          三隅自治区長  泉 川 晋 作

総務部長    稲 葉 裕 男          企画財政部長  近 重 哲 夫

市民福祉部長  渡 部 恵 子          産業経済部長  三 浦 和 成

産業経済部参事 湯屋口 初 實          建設部長    勝 田 秀 幸

教育部長    仲 田 敏 廣          消防長     平 野 一 茂

水道部長    佐々木   章          旭支所長    岩 谷 欣 吾

弥栄支所長   三 浦 義 和          三隅支所長   中 島 良 二

総務部次長   牛 尾 祐 治          企画財政部次長 塙   邦 彦

市民福祉部次長 川 崎 功 二          産業経済部次長 中 村 俊 二

建設部次長   平 中 雅 孝          教育部次長   今 田   泰

消防本部消防次長加 戸   譲          総合調整室長  湯 浅   淳

人事課長    石 本 一 夫          総務課長    三 浦 直 生

財政課長    宮 崎 良 一

        ──────────────────────────

 事務局職員出席者

事務局長    山 崎   浩          次長      長 野 昭 三

議事係長    田 中 政 行          主任主事    勝 田   奨

        ──────────────────────────

 議事日程(第7号)

第1         諸般の報告

第2 委員長報告  (総務文教委員会、福祉環境委員会、産業経済委員会、建設都市委員会、予算審査委員会)

   市長提出議案(討論・採決)

第3 議案第 92号 浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例について

第4 議案第 93号 浜田市貸付金の返還債務の免除に関する条例の一部を改正する条例について

第5 議案第 94号 浜田市手数料条例の一部を改正する条例について

第6 議案第 95号 浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例について

第7 議案第 96号 浜田市波佐城山キャンプ場条例を廃止する条例について

第8 議案第 97号 浜田市立母子生活支援施設条例を廃止する条例について

第9 議案第 98号 浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例について

第10 議案第 99号 浜田市企業立地促進条例の一部を改正する条例について

第11 議案第100号 浜田市工場誘致条例の一部を改正する条例について

第12 議案第101号 浜田駅関連施設条例の制定について

第13 議案第102号 浜田市集落排水事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例について

第14 議案第103号 浜田市営住宅条例の一部を改正する条例について

第15 議案第104号 浜田市過疎地域自立促進計画の変更について

第16 議案第105号 平成21年度浜田市一般会計補正予算(第2号)

第17 議案第106号 財産の取得について(災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車)

   請願(討論・採決)

第18 請願第 23号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出に関する請願について

   議会提出案件

   委員長申し出(福祉環境委員長)

第19         委員会の閉会中の継続審査について

   一般事件

第20         議員派遣について

        ──────────────────────────

 本日の会議に付した事件

議事日程(第7号)及び下記の追加日程

   議会追加提出議案(説明・質疑・討論・採決)

追加日程第1 発議第3号 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書について

        ──────────────────────────

            会       議

            午前9時58分 開議



○議長(牛尾昭) おはようございます。

 ただいま出席議員は35名で定足数に達しております。これより本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付しておりますので、朗読は省略します。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾昭) 日程第1、諸般の報告をします。

 報告第9号専決処分の報告について報告がありました。お手元にその写しを配付してありますので、ご了承ください。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾昭) 日程第2、委員長報告です。

 各常任委員会に審査を付託した日程第3、議案第92号から日程第18、請願第23号までの16件を一括議題とし、各所管委員会における審査の経過並びに結果について、それぞれ委員長の報告を求めます。総務文教委員長、4番西田清久議員。

            〔西田清久総務文教委員長 登壇〕



◆総務文教委員長(西田清久) 総務文教委員会に審査を付託されました5件の案件について、6月12日に委員会を開催し、審査を行いましたので、経過及び結果を報告いたします。

 審査に当たっては、それぞれの議案等に関して執行部から補足説明を受けた後、委員から質疑等を行いました。

 まず、議案第92号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第95号浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査の中では、駅前駐車場と同様に、浜田医療センターに近い市営有料駐車場ということで、十分な駐車場台数が確保できているのかなど、現状について詳細な説明を求めながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第96号浜田市波佐城山キャンプ場条例を廃止する条例について及び議案第104号浜田市過疎地域自立促進計画の変更について審査を行い、それぞれ採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第106号財産の取得について(災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車)でありますが、審査を行う中で、取得方法等について詳しく説明を求めました。採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、総務文教委員長の報告といたします。



○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。福祉環境委員長、5番三浦保法議員。

            〔三浦保法福祉環境委員長 登壇〕



◆福祉環境委員長(三浦保法) 福祉環境委員会に審査を付託されました議案3件及び請願2件について、6月15日に委員会を開催し、審査を行いましたので、経過及び結果を報告します。

 審査に当たっては、それぞれの議案等に関して執行部から補足説明を受けた後、委員から質疑等を行いました。

 まず、議案第93号浜田市貸付金の返還債務の免除に関する条例の一部を改正する条例については、本会議でただされた事項も含め、更に詳細な説明を求めながら審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第97号浜田市立母子生活支援施設条例を廃止する条例について及び議案第98号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例については、執行部から条例廃止後の対応や改正条例の内容について詳しく説明を求めましたが、問題となる意見もなく、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、請願第23号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出に関する請願については、紹介議員から補足説明を求め、審査を行い、採決の結果、全会一致で採択すべきものと決しました。以上が結論を得た議案等の結果でありますが、請願第24号国保の資格証明書をめぐる請願につきましては、本定例会の会期中に結論を出すことは困難と認め、閉会中の継続審査とすることに決しました。以上、福祉環境委員長の報告といたします。



○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。産業経済委員長、8番山崎晃議員。

            〔山崎 晃産業経済委員長 登壇〕



◆産業経済委員長(山崎晃) 産業経済委員会に審査を付託されました議案2件について、6月16日に委員会を開催し、審査した結果を報告いたします。

 まず、議案第99号浜田市企業立地促進条例の一部を改正する条例についてであります。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第100号浜田市工場誘致条例の一部を改正する条例についてであります。審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、産業経済委員長の報告といたします。



○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。建設都市委員長、20番島本鎌利議員。

            〔島本鎌利建設都市委員長 登壇〕



◆建設都市委員長(島本鎌利) 建設都市委員会に審査を付託されました4件の議案について、6月17日に委員会を開催し、審査した経過並びに結果を報告いたします。

 まず、議案第94号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第101号浜田駅関連施設条例の制定についてでありますが、本会議でただされた事項などを含め、特に駅舎施設の管理について詳細な答弁を求めながら、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第102号浜田市集落排水事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例についてでありますが、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 次に、議案第103号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例についてでありますが、委員からは現入居者の状況、また建てかえに伴う今後の対応や使用料金の変更などについて質疑がありました。特に、使用料金については、緩和措置として、今後5年間で段階的に調整する方向で、既に関係者の了解を得ているとの答弁があり、審査を行い、採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。以上、建設都市委員長の報告といたします。



○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。予算審査委員長、17番川神裕司議員。

            〔川神裕司予算審査委員長 登壇〕



◆予算審査委員長(川神裕司) 予算審査委員会に審査を付託をされました議案第105号平成21年度浜田市一般会計補正予算(第2号)の1件について、6月18日に委員会を開催し、審査した経過及び結果をご報告いたします。

 審査に当たっては、9名の委員が質問に立ち、質疑が集中した項目は次のとおりであります。

 総務費では、浜田市自治会等輸送活動支援事業、UIターン基盤整備事業、民生費では障害者自立支援特別対策事業、子育て応援特別手当支給事業、農林水産業費では地域貢献型集落営農育成事業、生産拡大緊急対策出荷奨励事業、土木費では市営住宅火災報知機整備事業、教育費では小学校耐震診断事業でありますが、中でも浜田市自治会等輸送活動支援事業については、事業対象地区決定の経緯や事業団の負担について質疑があり、執行部から同地区は公共交通路線に挟まれた地域であり、新交通システムの路線外となっているため、島根県の支援モデル事業により事業実施となった、車両の任意保険等の保険料負担については自治会等で負担してもらうよう考えているとの答弁があったとこであります。

 また、緊急雇用創出事業の一つであるUIターン基盤整備事業については、事業内容、雇用体系、空き家調査後の情報発信について質疑があり、執行部からは人員は各支所に2名配置で、6カ月間ずつ20名を雇用し、調査情報はホームページにて情報発信していくとの答弁がありました。

 さらに、市営住宅火災報知機整備事業については、市営住宅以外への住宅に対して設置の周知徹底を実施すべきではないかとの質疑があり、執行部から市内各団体の集会、行事などにおいて、広報チラシにより積極的に周知していくとの答弁があったところであります。

 採決の結果、全会一致で原案のとおり可決すべきものと決しました。

 以上、予算審査委員長の報告といたします。



○議長(牛尾昭) ただいまの委員長の報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 これより市長提出議案の討論を行います。

 議案第92号から議案第106号まで討論の通告はありませんでした。よって、これら議案について討論なしと認め、討論を終わります。

 これより採決を行います。日程第3、議案第92号浜田市附属機関設置条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第92号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第92号は原案のとおり可決されました。

 日程第4、議案第93号浜田市貸付金の返還債務の免除に関する条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第93号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第93号は原案のとおり可決されました。

 日程第5、議案第94号浜田市手数料条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第94号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第94号は原案のとおり可決されました。

 日程第6、議案第95号浜田市有料駐車場条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第95号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第95号は原案のとおり可決されました。

 日程第7、議案第96号浜田市波佐城山キャンプ場条例を廃止する条例についてを採決します。

 議案第96号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第96号は原案のとおり可決されました。

 日程第8、議案第97号浜田市立母子生活支援施設条例を廃止する条例についてを採決します。

 議案第97号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第97号は原案のとおり可決されました。

 日程第9、議案第98号浜田市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第98号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第98号は原案のとおり可決されました。

 日程第10、議案第99号浜田市企業立地促進条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第99号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第99号は原案のとおり可決されました。

 日程第11、議案第100号浜田市工場誘致条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第100号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第100号は原案のとおり可決されました。

 日程第12、議案第101号浜田駅関連施設条例の制定についてを採決します。

 議案第101号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第101号は原案のとおり可決されました。

 日程第13、議案第102号浜田市集落排水事業受益者分担金徴収条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第102号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第102号は原案のとおり可決されました。

 日程第14、議案第103号浜田市営住宅条例の一部を改正する条例についてを採決します。

 議案第103号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第103号は原案のとおり可決されました。

 日程第15、議案第104号浜田市過疎地域自立促進計画の変更についてを採決します。

 議案第104号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第104号は原案のとおり可決されました。

 日程第16、議案第105号平成21年度浜田市一般会計補正予算(第2号)を採決します。

 議案第105号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第105号は原案のとおり可決されました。

 日程第17、議案第106号財産の取得について(災害対応特殊水槽付消防ポンプ自動車)を採決します。

 議案第106号について、委員長の報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。議案第106号は原案のとおり可決されました。

 これより請願について討論を行います。

 請願第23号について討論の通告はありませんでした。よって、討論なしと認め、討論を終わります。

 日程第18、請願第23号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出に関する請願についてを採決します。

 本請願に対する委員長の報告は採択であります。本請願第23号は委員長の報告のとおり採択とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。請願第23号は採択とすることに決しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾昭) 日程第19、委員会の閉会中の継続審査についてを議題とします。

 福祉環境委員長より審査中の請願について、委員会条例第40条の規定により、お手元の資料のとおり閉会中の継続審査の申し出がありました。

 お諮りします。福祉環境委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。よって、福祉環境委員長から申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに決定しました。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾昭) 日程第20、議員派遣についてを議題とします。

 お諮りします。地方自治法第100条第13項及び会議規則第77条の規定により、お手元に配付のとおり、島根県市議会議長会議員研修会に議員を派遣したいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。島根県市議会議長会議員研修会に議員を派遣することに決定しました。

 お諮りします。ただいま決定されました議員派遣の内容に今後変更を要するときは、その取り扱いを議長にご一任願いたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認め、そのように決定しました。

 ただいま発議第3号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書についてが福祉環境委員会から提出されました。

 お諮りします。発議第3号を追加日程第1として直ちに日程に追加し、議題としたいと思います。これにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。発議第3号を直ちに日程に追加し、議題とすることに決しました。

 職員に議案を配付させますので、しばらくお待ちください。

            〔職員、議案を配付〕



○議長(牛尾昭) これより提案説明を行います。

            〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(牛尾昭) 追加日程第1、発議第3号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書についてを議題とします。

 提案者の説明を求めます。福祉環境委員長、5番三浦保法議員。

            〔5番 三浦保法議員 登壇〕



◆5番(三浦保法) 発議第3号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書について提案説明を行います。

 本案は、先に福祉環境委員会において請願第23号肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書の提出に関する請願について全会一致で採択すべきものと決したことに伴い、意見書案を提出することについて議決を行いましたので、会議規則第13条第2項の規定に基づき、委員会から議案を提出するものであります。

 それでは、委員長の私から意見書を読み上げて、提案説明にかえさせていただきます。

 肝炎対策のための基本法の制定を求める意見書。

 我が国のB型、C型ウイルス肝炎患者、感染者数は350万人以上と推定され、国内最大の感染症として抜本的な対策が求められています。

 多くの患者は、輸血、血液製剤の投与及び針、筒連続使用の集団予防接種等の医療行為によって肝炎ウイルスに感染しています。その中には、医療、薬務、血液行政の誤りにより感染した患者も含まれており、まさに医原病と言えます。

 肝炎患者の中には、肝炎になっていることを気づかず治療を受けておられない人や、働けないため生活に困っておられる人もおられ、肝炎の患者が健康で安心して生きていくためには、検査、治療体制の整備、医療費助成や生活支援などの対策が必要であると考えられます。

 B型、C型肝炎は慢性肝炎から肝硬変、肝がんに移行する危険性の高い深刻な病気で、肝臓は沈黙の臓器と言われ、自覚症状が出にくいことから、早期発見が重要であり、適切な時期にインターフェロン等によって根治できれば、肝硬変、肝がんへの移行を予防することが可能な疾患です。

 肝硬変、肝がんの年間死亡者数は4万人を超え、その9割以上がB型、C型肝炎ウイルスに起因しております。また、既に肝硬変、肝がんに進展した患者は、長期の療養に苦しみ、生活基盤を失うなど、経済的にも多くの困難に直面しています。

 平成20年度から国の新しい肝炎総合対策がスタートし、医療費助成や検査、治療体制の整備、正しい知識の普及、研究の促進など、総合的な対策を取り組んではいましたが、法律の裏付けがない予算措置であるため、実施主体である都道府県によって施策に格差が生じています。適切なウイルス肝炎対策を全国的規模で推進するためには、肝炎対策に係る基本理念や、国や地方公共団体の責務を定めた基本法、根拠法の制定が必要です。

 特に、島根県は人口当たりのC型肝炎の感染者の割合が、平成18年度では全国で3番目に高いという結果も報告されており、救済の必要性がより高いと考えます。さらに、浜田市においては、全国や島根県と比べ、肝がん死亡率の増加割合やHCV抗体陽性者率が著しく高い地域があり、国や県の施策に先駆けて、市独自のウイルス肝炎疾患進行防止対策に取り組んでおり、この重大性を強く憂慮しております。

 このような情勢のもと、国民の、肝炎患者の立場に思いをいたされ、早急に協議を始め、一日も早く、よりよい法律を制定されることを望みます。

 よって、国においてはすべてのウイルス肝炎患者救済のため、下記事項について緊急に施策を講ずるよう強く要望します。

 一つ、ウイルス肝炎対策を全国的規模でひとしく推進するために、肝炎対策のための基本法を早期に成立させること。以上のとおり、地方自治法第99条の規定により意見書を提出するものであります。以上で発議第3号についての提案説明を終わります。



○議長(牛尾昭) これより質疑、討論、採決を行います。発議第3号について質疑はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 質疑なしと認め、質疑を終わります。

 発議第3号について討論はありませんか。

            〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) 討論なしと認め、討論を終わります。

 お諮りします。本意見書案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。

            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(牛尾昭) ご異議なしと認めます。発議第3号は原案のとおり可決されました。

 なお、可決されました意見書の取り扱いにつきましては、議長にご一任願います。

 以上をもちまして今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了しました。

 この際、市長から発言の申し出がありますので、これを許可します。市長。

            〔宇津徹男市長 登壇〕



◎市長(宇津徹男) 平成21年6月浜田市議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 提案いたしました諸議案につきましては、慎重にご審議の上、それぞれ可決をいただき、厚く御礼を申し上げます。

 今議会においては、引き続く経済不況の中で、国の追加経済対策における追加や変更を要する事業や、緊急雇用創出事業の追加の調整を行いました。現在、当市においても、いまだ明るい兆しは見えておりませんが、今後も積極的な雇用経済対策を継続して展開してまいります。

 また、一般質問において、それぞれ貴重なご提案やご意見をいただきました。その内容を真摯に受けとめ、できることから早急に取り組んでまいりたいと考えております。

 さて、浜田医療センターにPET−CTを導入することについてであります。

 本日開催されました島根県議会に、整備費の支援として1億円が提案されました。また、がん対策募金からの配分を期待しているところであります。今後、これを受けて浜田市においても、県と同様な支援を行いたいと考えております。このことにより、念願でありましたPET−CT導入への道筋ができましたので、ご報告させていただきます。これまでの議会の皆さん方のいろんな面でのご支援を心から感謝申し上げ、ご報告申し上げる次第であります。

 今年もいよいよ梅雨本番に入ったところであります。最近の梅雨時期の降雨は、地域的に短期間に集中する傾向にあると言われております。市民の皆さんに大きな被害が及ぶことがないよう、新型インフルエンザの対応とあわせて、万全の態勢を整えてまいります。

 最後に、梅雨明けまでに蒸し暑い日々が続きますが、議員の皆さん方におかれましては健康に十分ご留意いただき、ますますのご活躍を祈念いたしまして、お礼のごあいさつといたします。



○議長(牛尾昭) これをもちまして平成21年6月浜田市議会定例会を閉会します。

 皆様、どうもご苦労さまでした。

            午前10時33分 閉会

        ──────────────────────────

 地方自治法第123条第2項の規定により本会議の顛末を証するためここに署名する。

         浜田市議会 議 長







         浜田市議会副議長







         浜田市議会 議 員







         浜田市議会 議 員







        ──────────────────────────