議事ロックス -地方議会議事録検索-


島根県 松江市

平成17年第6回12月定例会 12月07日−01号




平成17年第6回12月定例会 − 12月07日−01号







平成17年第6回12月定例会



    平成17年第6回松江市議会定例会



議 事 日 程(第1号)

 平成17年12月7日(水曜日)午前10時開議

 第1 会議録署名議員の指名

 第2 会期の決定

 第3 委員長報告(陳情第2号外陳情2件)

 第4 表決

 第5 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について

 第6 市長提出案件(議第130号議案〜議第230号議案、報告第36号〜報告第46号)

 第7 休会について

─────────────────────────────────────────────────

本日の会議に付した事件

 会議録署名議員の指名

 会期の決定

 委員長報告(陳情第2号外陳情2件)

 表決

 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について

 市長提出案件(議第130号議案〜議第230号議案、報告第36号〜報告第46号)

 休会について

─────────────────────────────────────────────────

出 席 議 員(48名)

    1 番   田  中  明  子  君

    2 番   畑  尾  幸  生  君

    3 番   吉  金     隆  君

    4 番   森  脇  幸  好  君

    5 番   松  蔭  嘉  夫  君

    6 番   渡  部  美 津 子  君

    7 番   南  波     巖  君

    8 番   葉  山  泰  子  君

    9 番   朝  倉  弘 太 郎  君

    10 番   森  脇     賢  君

    11 番   津  森  良  治  君

    12 番   森  脇  勇  人  君

    13 番   宅  野  賢  治  君

    14 番   川  井  弘  光  君

    15 番   福  間  俊  夫  君

    16 番   桂     善  夫  君

    17 番   斎  藤  菊  市  君

    18 番   加  藤  富  章  君

    19 番   小  笹  義  治  君

    20 番   森  脇  敏  信  君

    21 番   板  垣     亨  君

    22 番   勝  部  加  代  君

    23 番   福  田  安  信  君

    24 番   太  田     薫  君

    25 番   田  村  昌  平  君

    26 番   篠  原     栄  君

    27 番   角  田  正  紀  君

    28 番   安  部  吉  輝  君

    29 番   加  本  市  郎  君

    30 番   林     干  城  君

    31 番   田  中  弘  光  君

    32 番   片  寄  直  行  君

    33 番   藤  田  彰  裕  君

    34 番   足  立  利  人  君

    35 番   三  島  良  信  君

    36 番   石  倉  茂  美  君

    37 番   山  本  勝 太 郎  君

    38 番   三  島     進  君

    39 番   飯  塚  悌  子  君

    40 番   田  中  豊  昭  君

    41 番   西  村  び  ん  君

    42 番   石  倉     幹  君

    43 番   後  藤  ?  一  君

    44 番   比  良  幸  男  君

    45 番   出  川  修  治  君

    46 番   中  村  晴  洋  君

    47 番   加  藤  滋  夫  君

    48 番   立  脇  通  也  君

───────────────────────

欠 席 議 員(なし)

───────────────────────

事務局職員出席者

   事務局長   中  島  秀  夫  君

   参事     富  田  豪  二  君

   書記     桔  梗  和  夫  君

   書記     遠  田     悟  君

   書記     野  津  真  一  君

   書記     和 田 守  晃  三  君

───────────────────────

説明のため出席した者

   市長     松  浦  正  敬  君

   助役     伊  藤  忠  志  君

   助役     片  山  重  政  君

   収入役    山  本  弘  正  君

   市長室長   友  森     勉  君

   総務部長   清  水  伸  夫  君

   総務部次長  松  浦  俊  彦  君

   財政部長   原        厚  君

   産業経済部長 能  海  広  明  君

   観光振興部長 木  村  和  夫  君

   市民部長   田  中  寛  美  君

   健康福祉部長 松  本  修  司  君

   環境保全部長 野  津  精  一  君

   都市計画部長 森     秀  雄  君

   建設部長   原     憲  二  君

   消防長    柳  原  知  朗  君

   教育委員会委員長

          吉  川  通  彦  君

   教育長    福  島  律  子  君

   副教育長   川  原  良  一  君

   副教育長   早  川     泰  君

   水道局長   小  川  正  幸  君

   水道局業務部長宅  和  勝  美  君

   水道局工務部長田  中  正  樹  君

   ガス局長   谷     正  次  君

   交通局長   渡  部  一  雄  君

   市立病院院長 今  村  貞  夫  君

   市立病院事務局長

          油  谷  健  一  君

───────────────────────

 〔午前10時06分開会〕



○議長(立脇通也君) おはようございます。ただいまより平成17年第6回松江市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

───────────────────────



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(立脇通也君) 日程第1「会議録署名議員の指名」を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第79条の規定により、議長において11番津森良治君及び12番森脇勇人君を指名いたします。

───────────────────────



△日程第2 会期の決定



○議長(立脇通也君) 日程第2「会期の決定」を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から12月22日までの16日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 御異議なしと認めます。

 よって会期は、本日から12月22日までの16日間と決定いたしました。

───────────────────────



△日程第3 委員長報告



○議長(立脇通也君) 日程第3は「委員長報告」であります。

 去る平成17年第3回定例会において継続審査となり、総務委員会、建設環境委員会及び島根原子力発電対策特別委員会の審査に付されておりました陳情3件を一括して議題とし、所管委員会における審査の経過並びにその結果について、それぞれ委員長の報告を求めます。

 総務委員長田村昌平君。

 〔25番田村昌平君登壇〕



◆25番(田村昌平君) おはようございます。9月定例会において閉会中の継続審査となっておりました陳情1件について、去る11月28日に委員会を開催し審査をいたしましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 陳情第4号「情報通信環境の早期改善について」を審査いたしました。審査に先立ちまして、その後の状況について執行部から、全国の情報として携帯電話の新規参入が大幅に認定され、料金の低価格化競争が始まり、不感地帯を解消するためのアンテナへ整備の投資を抑えながら携帯電話事業の拡大が進む傾向にある。また、NTTの再編により次世代ネットワークをつくろうという動きがあり、不感地帯でも高速インターネット回線が開通すれば送受信機などをつけると、自分のパソコンを使い電話の子機のようなことが携帯電話でできるような技術も開発されている。刻々と携帯電話を取り巻く環境が変化しており、技術的にも最も変化が激しい時期である。不感地帯をなくすための鉄塔を建てることは、財源的にも少し難しいのではないかと判断している。当面は、CATVとインターネットの接続環境整備に邁進していきたいとの説明がありました。

 質疑に入り、事業者が独自に小さなアンテナを建設されているが、市として用地の問題など側面的な支援をされるのかとあり、市民サービスの観点から努力していきたいとの答弁がありました。

 意見では、陳情された2地区においても積極的に地域の事情を説明し、業者と折衝を持っていきたいと考えておられる。行政の方でも積極的に応援していただきたいと思っているが、ケーブルテレビのネットが完成すれば、新たな事業展開ができると思っているので閉会中の継続審査をお願いしたいとありました。

 採決の結果、全員異議なく閉会中の継続審査とすべきものと決しました。

 継続審査となりました陳情1件につきましては、議長におかれましてよろしくお取り計らいをいただきますようお願い申し上げまして、総務委員会の報告を終わります。



○議長(立脇通也君) これより総務委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 質疑なしと認めます。

 これをもって総務委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 建設環境委員長加藤富章君。

 〔18番加藤富章君登壇〕



◆18番(加藤富章君) 去る11月16日建設環境委員会を開催し、付託となっておりました陳情1件を審査いたしましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 陳情第5号「松江市における自然エネルギー利用の拡大に関することについて」は、今後地球温暖化の防止対策等を考えていく上で、自然エネルギーの拡大ということは非常に重要であると考えているとの説明がありました。

 質疑の主なものとしては、国の補助制度がなくなっても市単独で補助するのかなどの質問があり、国は、今年度で廃止の方向であり、県は既に廃止をしている。しかし、こういった陳情趣旨を踏まえると、今後財政当局とも詰めていく必要があるが、市単独の補助制度も視野に入れて検討していかなければならないなどの答弁がありました。

 意見に入り、陳情の趣旨は妥当であり積極的に推進すべきものとの意見があり、採決の結果、陳情第5号は全員異議なく採択すべきものと決しました。

 以上で建設環境委員会の報告を終わります。



○議長(立脇通也君) これより建設環境委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 質疑なしと認めます。

 これをもって建設環境委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 島根原子力発電対策特別委員長田中豊昭君。

 〔40番田中豊昭君登壇〕



◆40番(田中豊昭君) 島根原子力発電対策特別委員会の委員長報告を行います。

 閉会中の継続審査となっておりました陳情第2号「島根原発におけるプルサーマル実施計画に関することについて」を去る11月11日委員会を開催し、審査をしましたので、その経過と結果について御報告いたします。

 質疑の主なものは、プルサーマルの受け入れに関する島根県の動きについては、島根県の委員会が立ち上げられようとしており、近々第1回が開かれる運びとなっている。市民の意見を聞く場を設けることについては、松江市原子力発電所環境安全対策協議会という組織がまず第一番であると思うが、一般の市民の方からの意見をいただく場を必要に応じて県と共催するというようなことも考えている。松江市の中に検討委員会を改めて設置するかどうかについては、県が同じ組織を持たれているので、松江市としては松江市原子力発電所環境安全対策協議会を中心にすることを考えている等の答弁がありました。

 意見に入り、一委員より、プルサーマル計画については、島根県に動きが出てくることと、まだしっかりと勉強したいと思うことから閉会中の継続審査とすべきとの意見がありました。

 採決の結果、陳情第2号は全員異議なく閉会中の継続審査とすべきものと決しました。

 閉会中の継続審査となりました陳情につきましては、議長においてよろしくお取り計らいいただきますようお願いを申し上げます。

 以上で島根原子力発電対策特別委員会の報告を終わります。



○議長(立脇通也君) これより島根原子力発電対策特別委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 質疑なしと認めます。

 これをもって島根原子力発電対策特別委員長の報告に対する質疑を終結いたします。

 討論の通告はありませんので、討論なしと認めます。

 これより表決に入ります。

 陳情第2号「島根原発におけるプルサーマル実施計画に関することについて」外陳情2件を一括して採決いたします。

 以上の案件に対する委員長の報告は採択1件、閉会中の継続審査2件であります。

 以上、委員長の報告のとおりそれぞれ決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

 〔賛成者挙手〕



○議長(立脇通也君) 挙手全員であります。

 よって陳情第2号外陳情2件は、委員長の報告のとおりそれぞれ決しました。

───────────────────────



△日程第5 諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について



○議長(立脇通也君) 日程第5、諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について」を議題といたします。

 職員に議案を朗読いたさせます。

 〔職員朗読〕

 諮問第3号

  人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について

 平成17年11月24日付人第532号をもって松江市長から本市議会の意見を聴かれた下記の者を人権擁護委員候補者として推薦することの可否について、別紙のとおり通知するものとする。

 平成17年12月7日 提出

       松江市議会議長 立 脇 通 也

           記

 松江市朝酌町76番地     吉 岡 由紀子

 松江市西津田五丁目19番20号 岡 坂 幸 子

 (別紙)

              平成17年12月7日

 松江市長 松 浦 正 敬 様

       松江市議会議長 立 脇 通 也

  人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について

 平成17年11月24日付人第532号をもって意見を聴かれた表題のことについて異議はない。

 上記のとおり通知する。



○議長(立脇通也君) お諮りいたします。

 ただいま議題となっております諮問第3号「人権擁護委員候補者の推薦に関する意見の通知について」は、原案のとおり推薦することに異議のない旨、市長に通知することに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 御異議なしと認めます。

 よって諮問第3号は、原案のとおり推薦することに異議のない旨、市長に通知することに決しました。

───────────────────────



△日程第6 議案等一括上程、提案理由の説明



○議長(立脇通也君) 日程第6、議第130号「地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について」から議第230号「平成17年度松江市病院事業会計補正予算(第1号)まで議案101件及び報告第36号「議会の委任による専決処分の報告について」から報告第46号「議会の委任による専決処分の報告について」まで報告11件を一括して議題といたします。

 提出者の説明を求めます。

 松浦市長。

 〔市長松浦正敬君登壇〕



◎市長(松浦正敬君) 本日、第6回市議会定例会に提案をいたしております諸議案について、その概要を御説明いたします。

 議第130号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定につきましては、地方自治法の一部を改正する法律の施行により指定管理者制度が導入され、管理委託制度が廃止されたことに伴い関係する29条例を整理するものであります。

 議第131号 指定管理者制度導入に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましては、平成18年4月1日から指定管理者制度を導入することに伴い関係する7条例を整備するものであります。

 議第132号 松江市指定管理者の管理する美保関ふれあいプラザの設置及び管理に関する条例の制定について、議第133号 松江市指定管理者の管理する八雲高齢者交流サロンの設置及び管理に関する条例の制定について及び議第134号 松江市指定管理者の管理する老人福祉センターの設置及び管理に関する条例の制定につきましては、平成18年4月1日から指定管理者制度を導入することに伴い、新たに指定管理者の管理するそれぞれの施設の設置条例を制定するものであります。

 議第135号 松江市職員の退職手当に関する条例の特例に関する条例の制定につきましては、合併後のスケールメリットを生かし適正な人事管理の推進を図っていくとともに、組織内部の新陳代謝の促進と活性化、団塊の世代の退職を踏まえた退職者数の年ごとの平準化等の観点から時限的に早期退職優遇制度を導入するものであります。

 議第136号 松江市地区納骨堂の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、ソフトビジネスパーク進入路建設に伴い、松江市菅田地区納骨堂の位置を変更することなど所要の改正を行うものであります。

 議第137号 松江市消防団員等公務災害補償条例の一部改正につきましては、水防法の一部改正に伴い条文の整理を行うものであります。

 議第138号 松江市火災予防条例の一部改正につきましては、近年、林野火災が増加傾向にある中、林野火災の主要な出火原因が喫煙であることから、山林、原野等の場所で市長が指定した区域での喫煙の制限を規定することなど所要の改正を行うものであります。

 議第139号 松江市市民活動センター設置及び管理に関する条例の制定につきましては、本市における市民活動を推進し、市民との協働を進める拠点施設として松江市市民活動センターの設置及び管理に関する条例を制定するものであります。

 議第140号 松江市公園墓地の設置及び管理に関する条例の一部改正につきましては、平成17年度新規に築造した墓所について、永代使用料を定めることなど所要の改正を行うものであります。

 議第141号 松江市児童クラブ条例の一部改正につきましては、本庄小学校区において、放課後保育に欠ける児童の健全育成を図るため本庄児童クラブを設置するものであります。

 議第142号 揖屋干拓地地盤沈下防止条例の制定につきましては、国営土地改良事業によって造成された揖屋干拓地について、地下水採取を禁止することにより地盤の沈下を防止し、揖屋干拓地内の農地及び農業用施設を保全し、農業の振興に寄与することを目的とするものであります。

 議第143号 松江市一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例の一部改正につきましては、新ごみ処理施設を建設するに当たり、事務の効率化と簡素化を図るため、環境影響評価法及び島根県環境影響評価条例による環境影響評価書に係る公告・縦覧手続が行われた場合は、松江市一般廃棄物処理施設に係る生活環境影響調査結果の縦覧等の手続に関する条例に規定する報告書等の公告・縦覧手続が行われたとみなすため、所要の改正を行うものであります。

 議第144号 松江市営住宅条例の一部改正につきましては、上乃木四丁目に建設中の西の原第2号アパート及び宍道町佐々布地内に建設中の荻田団地第2住宅を供用開始するに当たり、所要の改正を行うものであります。

 議第145号 松江市特定公共賃貸住宅条例の一部改正につきましては、土地区画整理法の一部改正に伴い条文を整理するものであります。

 議第146号 住居表示を実施すべき市街地の区域及び当該区域内の住居表示の方法につきましては、浜乃木町の一部の区域について街区方式により住居表示を実施するものであります。

 議第147号 財産の取得につきましては、松江市防災センター整備に伴い、情報の一元化を図るため防災情報システムとして映像機器等を取得するものであります。

 議第148号 財産の取得につきましては、松江市保健医療福祉ゾーン用地取得造成事業の完了に伴い、松江市保健福祉総合センター用地、史跡公園用地及び道路並びに水路用地として取得するものであります。

 議第149号 財産の取得につきましては、美保関町の3小学校が統合されることに伴い、通学が困難になった児童を送迎するためスクールバス4台を取得するものであります。

 議第150号及び議第151号 市道路線の廃止及び認定につきましては、島根県によるふるさと林道緊急整備事業に伴う工事着手により1路線、基盤整備促進事業に伴う農道改良工事着手のため1路線、都市計画事業に伴う市道整理再編によりまして1路線、合計3路線を廃止し、都市計画事業に伴う市道整理再編により1路線、開発行為による新設道路の市道編入により3路線、既存道路の市道編入により2路線、合計6路線を認定するものであります。

 議第152号から議第212号までの61議案につきましては、指定管理者の指定に関する議案でありまして、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。

 なお、指定管理者を指定する対象施設は90施設でありますが、指定する団体、指定する期間、公募・非公募の区分などにより整理した結果61議案となるものであります。

 議第213号 平成17年度松江市一般会計補正予算(第5号)につきましては、総額27億1,062万3,000円を追加し、予算の総額を1,028億3,158万4,000円といたすものであります。

 補正いたします主なものについて申し上げますと、総務費につきましては、地方鉄道整備促進対策事業といたしまして、一畑電鉄の運行維持に対する本市と出雲市との地元負担割合が35対65に決定いたしましたので本市の負担額を計上いたしたほか、地方財政法第7条第1項の規定により前年度繰越金を全額減債基金に積み立てる経費を計上いたしております。

 民生費につきましては、生活保護費において保護世帯数の増などに伴う増額補正をいたしたほか、介護予防を目的に地域介護・福祉空間等整備事業として市内5カ所の既設集会所のバリアフリー化に要する経費を新たに計上いたしております。また、アスベスト対策費といたしまして、9月補正以降判明したアスベスト使用の疑いがある施設について分析調査及び改修等の対策に要する経費、対象施設73施設分を民生費以下各該当費目に計上いたしております。

 農林水産業費につきましては、土地改良事業負担金・補助金において事業費の確定に伴い負担金を増額補正いたしたほか、宍道湖・中海淡水化中止に伴う代替水源対策事業の地元負担金拠出方式が確定したことにより財源更正をいたすものであります。

 商工費につきましては、観光客誘致宣伝事業として、松江ぐるりん協議会が本年12月中旬から翌年5月末まで行う松江探訪ツアーに対する負担金を計上いたし、また、松平直政公銅像再建に向けた基本設計等に要する経費を計上いたしております。

 土木費につきましては、堀川整備事業において、堀川遊覧船黒田発着場対岸の護岸修景を図る経費を計上いたしたほか、菅田比津線改良事業において、のり面工の増に伴う事業費の増額補正をいたしております。

 教育費につきましては、ボランティア団体が行う小学校の社会科副教材のDVD製作を助成する経費を計上いたし、また、総合運動公園内の県立プール用地の確定測量に係る経費を計上いたしております。

 公債費につきましては、合併に伴う電算統合のために借り入れておりました島根県振興資金及び旧野波小学校プールを建設する際に借り入れておりました簡易生命保険資金を繰り上げ償還する経費を計上いたしております。

 これらの財源といたしましては、国・県支出金、繰入金、繰越金、市債などの特定財源のほか地方交付税を充当いたしております。

 継続費補正につきましては、ソフトビジネスパーク進入路整備事業及び菅田比津線改良事業において、事業内容変更に伴い総額を変更いたすほか、あわせて菅田比津線改良事業において継続費の期間を1年延長いたすものであります。

 繰越明許費につきましては、役場深原線整備事業ほか4事業におきまして工程のおくれなどにより所要の設定をいたすものであります。

 債務負担行為補正につきましては、平成18年度から指定管理者制度を導入する施設につきまして、指定管理者と協定を締結するため、公募施設・非公募施設合わせて46事業の債務負担を設定いたすほか、平成18年度のごみ袋作成に係る債務負担など合計で49事業の設定をいたすものであります。

 地方債につきましては、歳出の補正に伴い所要の変更をいたすものであります。

 次に、議第214号から議第225号までの平成17年度各特別会計の補正予算について主なものを御説明申し上げます。

 国民健康保険事業につきましては、保険給付費において、一般及び退職被保険者ともに被保険者数・給付費が増加したため増額補正をいたすものであります。また、老人保健拠出金・共同事業拠出金・介護納付金につきましては、事業費の確定により補正をいたすものであります。

 宍道国民健康保険診療施設事業につきましては、受診者数の増が見込まれることから医業費を増額補正いたすとともに、前年度繰越金を基金へ積み立てる経費を計上いたしております。

 老人保健医療事業につきましては、医療諸費において1人当たりの医療費が増加したため医療給付費を増額補正いたすものであります。

 介護保険事業につきまして、介護保険制度が本年10月から一部変更になったことにより、保険給付費を減額補正いたしたほか、システム改修費を計上いたし、また前年度繰越金を基金へ積み立てる経費を補正いたしております。

 簡易水道事業につきましては、野波地区・美保関地区・八雲地区において、下水道工事等に伴う移設工事費などを増額補正いたしたほか、平成23年に予定しております尾原ダムからの受水に伴う施設等の基本設計費を計上いたしております。

 下水道事業につきましては、起債利子額の確定に伴い公債費を減額補正し、消費税の確定に伴う一般管理費を増額補正をいたしたほか、施設の維持補修費等を増額補正いたしております。

 繰越明許費につきましては、簡易水道事業において、大野地区の簡易水道施設整備の工程におくれが生じたため繰越明許費を設定いたすものであります。

 債務負担行為につきましては、駐車場事業において、平成18年度からの指定管理者制度の導入に伴い松江駅南口駐車場及び松江駅前地下駐車場の管理運営について指定管理者と協定を締結するために債務負担行為を設定いたすものであります。

 地方債補正につきましては、簡易水道事業及び公園墓地事業におきまして所要の廃止・変更をいたすものであります。

 次に、議第226号から議第230号までの平成17年度各公営企業の補正予算につきまして御説明申し上げます。

 水道事業につきましては、収益的収支において、収入では固定資産売却益を計上いたし、支出では職員の新陳代謝による人件費を減額補正いたすものであります。資本的収支においては、収入では固定資産売却代金を計上いたし、支出では職員の新陳代謝による人件費を減額補正いたすものであります。

 ガス事業につきましては、収益的収支の支出において、職員の配置がえによる人件費を補正いたすものであります。資本的収支の支出においては、職員の配置がえによる人件費を補正いたしたほか、向島工場解体に伴う企業債の繰り上げ償還に要する経費を計上いたしております。

 自動車運送事業につきましては、収益的収支において、収入では乗客数の減により貸切旅客運送収益を減額補正いたし、支出では職員の新陳代謝等による減額補正をいたしたほか、繰り延べ勘定償却の確定に伴う増額補正をいたしております。資本的収支の支出においては、バス停舗装改修に要する費用を計上いたしております。

 債務負担行為につきましては、財務会計システムに要する経費について設定いたすものであります。

 駐車場事業につきましては、収益的収支において、収入では駐車台数減による減額補正をいたし、支出では職員の新陳代謝等による人件費を減額補正いたすものであります。

 債務負担行為につきましては、財務会計システムに要する経費について設定いたすものであります。

 病院事業につきましては、収益的収支の支出において、職員の新陳代謝等による人件費を減額補正いたしたほか、病院移転に伴う固定資産除却費及び旧病院解体撤去工事の設計費を計上いたしております。資本的収支の支出においては、職員の新陳代謝等による人件費を減額補正いたしております。

 次に、諸般の報告について御説明申し上げます。

 報告第36号から報告第46号までの11件につきましては、議会の議決により委任された事項の専決処分に関するものであり、地方自治法第180条第2項の規定に基づき御報告申し上げるものであります。

 報告第36号から報告第40号までの5件につきましては、いずれも議会の議決を経て締結した請負契約について、その後の設計変更により契約を変更したものであります。

 続いて、報告第41号につきましては、市営住宅の長期滞納者に対し当該市営住宅の明け渡しと滞納家賃等の支払いを求める訴訟を提起したものであります。

 続いて、報告第42号から報告第46号までの5件につきましては、いずれも損害賠償の額を定めたものであり、報告第42号と報告第43号は交通事故によるもの、報告第44号と報告第45号は市道の管理瑕疵によるもの、報告第46号は松江駅前地下駐車場の管理瑕疵によるものであります。

 以上、概要を御説明申し上げましたが、何とぞよろしく御審議のほどお願い申し上げる次第であります。

───────────────────────



△日程第7 休会について



○議長(立脇通也君) お諮りいたします。

 議事の都合により、12月8日及び12月9日は休会といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(立脇通也君) 御異議なしと認めます。

 よって12月8日及び12月9日は休会とすることに決しました。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 本日は、これにて散会いたします。

 〔午前10時40分散会〕