議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成25年 3月第 1回定例会(第4日 3月22日)




平成25年 3月第 1回定例会(第4日 3月22日)





────────────────────────────────────────


    第1回 伯 耆 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)


                           平成25年3月22日(金曜日)


────────────────────────────────────────


 
                         平成25年3月22日 午前9時開議


日程第1 議案第1号 伯耆町地下水保全条例の制定について


日程第2 議案第2号 伯耆町暴力団排除条例の制定について


日程第3 議案第3号 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について


日程第4 議案第4号 伯耆町被災者住宅再建支援事業助成基金条例の制定について


日程第5 議案第5号 伯耆町水道事業審議会条例の制定について


日程第6 議案第6号 伯耆町水道事業の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定について


日程第7 議案第7号 伯耆町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定について


日程第8 議案第8号 伯耆町町道に設ける道路標識の寸法を定める条例の制定について


日程第9 議案第9号 伯耆町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定について


日程第10 議案第10号 伯耆町準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について


日程第11 議案第11号 伯耆町営住宅等の整備基準を定める条例の制定について


日程第12 議案第12号 伯耆町難病患者等ホームヘルプサービス事業の手数料徴収に関する条例の廃止について


日程第13 議案第13号 鬼ミュージアム条例の廃止について


日程第14 議案第14号 伯耆町企業等立地促進条例の一部改正について


日程第15 議案第15号 伯耆町特別職の職員の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第16 議案第16号 伯耆町教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第17 議案第17号 伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第18 議案第18号 伯耆町有線テレビジョン放送施設条例の一部改正について


日程第19 議案第19号 伯耆町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


日程第20 議案第20号 伯耆町分担金徴収条例の一部改正について


日程第21 議案第22号 伯耆町医療費助成条例等の一部改正について


日程第22 議案第23号 伯耆町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正について


日程第23 議案第24号 伯耆町道路占用料徴収条例の一部改正について


日程第24 議案第34号 平成25年度伯耆町一般会計予算


日程第25 議案第35号 平成25年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計予算


日程第26 議案第36号 平成25年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第27 議案第37号 平成25年度伯耆町地域交通特別会計予算


日程第28 議案第38号 平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算


日程第29 議案第39号 平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算


日程第30 議案第40号 平成25年度伯耆町水道事業会計予算


日程第31 議案第41号 平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算


日程第32 議案第42号 平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算


日程第33 議案第43号 平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算


日程第34 議案第44号 平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算


日程第35 議案第45号 平成25年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計予算


日程第36 議案第46号 平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算


日程第37 議案第47号 平成25年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計予算


日程第38 議案第48号 平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算


日程第39 議案第49号 伯耆町過疎とみなされる区域に係る過疎地域自立促進計画の変更について


日程第40 議案第51号 監査委員の選任について


日程第41 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第42 議案第52号 伯耆町営社会体育施設条例の一部改正について


日程第43 議案第53号 工事請負契約の締結について(岸本小学校前校舎耐震補強及び大規模改修工事)


日程第44 議案第54号 工事請負契約の締結について(岸本中学校校舎改修工事)


日程第45 陳情について(陳情第1号)


日程第46 陳情について(陳情第3号)


日程第47 総務経済常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第48 教育民生常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第49 議会運営委員会の閉会中の継続調査について


     ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第1 議案第1号 伯耆町地下水保全条例の制定について


日程第2 議案第2号 伯耆町暴力団排除条例の制定について


日程第3 議案第3号 地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について


日程第4 議案第4号 伯耆町被災者住宅再建支援事業助成基金条例の制定について


日程第5 議案第5号 伯耆町水道事業審議会条例の制定について


日程第6 議案第6号 伯耆町水道事業の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定について


日程第7 議案第7号 伯耆町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定について


日程第8 議案第8号 伯耆町町道に設ける道路標識の寸法を定める条例の制定について


日程第9 議案第9号 伯耆町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定について


日程第10 議案第10号 伯耆町準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定について


日程第11 議案第11号 伯耆町営住宅等の整備基準を定める条例の制定について


日程第12 議案第12号 伯耆町難病患者等ホームヘルプサービス事業の手数料徴収に関する条例の廃止について


日程第13 議案第13号 鬼ミュージアム条例の廃止について


日程第14 議案第14号 伯耆町企業等立地促進条例の一部改正について


日程第15 議案第15号 伯耆町特別職の職員の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第16 議案第16号 伯耆町教育長の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第17 議案第17号 伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正について


日程第18 議案第18号 伯耆町有線テレビジョン放送施設条例の一部改正について


日程第19 議案第19号 伯耆町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について


日程第20 議案第20号 伯耆町分担金徴収条例の一部改正について


日程第21 議案第22号 伯耆町医療費助成条例等の一部改正について


日程第22 議案第23号 伯耆町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正について


日程第23 議案第24号 伯耆町道路占用料徴収条例の一部改正について


日程第24 議案第34号 平成25年度伯耆町一般会計予算


日程第25 議案第35号 平成25年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計予算


日程第26 議案第36号 平成25年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


日程第27 議案第37号 平成25年度伯耆町地域交通特別会計予算


日程第28 議案第38号 平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算


日程第29 議案第39号 平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算


日程第30 議案第40号 平成25年度伯耆町水道事業会計予算


日程第31 議案第41号 平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算


日程第32 議案第42号 平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算


日程第33 議案第43号 平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算


日程第34 議案第44号 平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算


日程第35 議案第45号 平成25年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計予算


日程第36 議案第46号 平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算


日程第37 議案第47号 平成25年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計予算


日程第38 議案第48号 平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算


日程第39 議案第49号 伯耆町過疎とみなされる区域に係る過疎地域自立促進計画の変更について


日程第40 議案第51号 監査委員の選任について


日程第41 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第42 議案第52号 伯耆町営社会体育施設条例の一部改正について


日程第43 議案第53号 工事請負契約の締結について(岸本小学校前校舎耐震補強及び大規模改修工事)


日程第44 議案第54号 工事請負契約の締結について(岸本中学校校舎改修工事)


日程第45 陳情について(陳情第1号)


日程第46 陳情について(陳情第3号)


日程第47 総務経済常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第48 教育民生常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第49 議会運営委員会の閉会中の継続調査について


     ───────────────────────────────


               出席議員(14名)


      1番 篠 原   天        2番 渡 部   勇


      3番 勝 部 俊 徳        4番 幸 本   元


      5番 遠 藤 俊 寛        6番 細 田   栄


      7番 影 山 辰 雄        8番 小 村 公 洋


      9番 野 坂 明 典        10番 大 森 英 一


      11番 中 田 壽 國        12番 幅 田 千富美


      13番 入 江 正 美        14番 長谷川   盟


     ───────────────────────────────


              欠席議員(なし)


     ───────────────────────────────


              欠  員(なし)


     ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


事務局長 ───── 小 村 恵 吾   副局長 ────── 乾   さとみ


     ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


町長 ─────── 森 安   保   副町長 ────── 森 田 俊 朗


教育委員長 ──── 伊 藤   浩   教育長 ────── 後 藤   弥


総務課長 ───── 阿 部   泰   企画課長 ───── 小 原 章 信


商工観光課長 ─── 岡 田 安 路   住民課長 ───── 上 田 博 文


健康対策課長 ─── 小 林 寿 子   福祉課長 ───── 谷 口 仁 志


地域整備課長 ─── 井 本 達 彦   分庁総合窓口課長 ─ 足 澤 秀 基


産業課長 ───── 舩 橋 俊 幸   教育委員会次長 ── 斉 下 正 司


監査委員 ───── 井 上   望   総務課総務室長 ── 岡 本 健 司


    ───────────────────────────────


              午前9時00分開議


○議長(長谷川 盟君) おはようございます。


 ただいまの出席議員は14人であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付してあります別紙のとおりであります。


 伯耆町有線テレビ及び中海テレビ放送の撮影の許可をしておりますので、報告いたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第1号





○議長(長谷川 盟君) 日程第1、議案第1号、伯耆町地下水保全条例制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 町長にお伺いいたしますが、これに関連する県の条例は、いわゆる基本的には届け出に対する罰則規定等が盛り込んでございますけど、本町は許可に対する罰金とかの命令があります。その法的根拠の見解をお尋ねいたしたいと思います。


 それから、まず許可という言葉の一般法が上位にあるのかどうか、これも御確認を申し上げたいと存じます。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) まず最初に、届け出の関係の法的根拠という話でございますけれども、全員協議会でも申し上げたとおり上位法がないわけでして、それがないということですので、地方自治法第14条、法令に特別な定めがない場合に条例によらなければならないというところであって、私どもとすれば判断で届け出でも許可でも条例による規制が可能であると判断をして、今回の条例を出しているものです。


 県の場合は届け出をされておりますけれども、私の町については全協で申し上げましたとおり、届け出よりはより厳しいもともと禁止してあるものを許可によって採取していただくということで許可制にしたということでございますので、その法的に一般法が上位がどうかということはちょっとわかりませんけども、いろんなところと、県とか協議しながらやったもんですので、法的には問題はないというふうに理解をしております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 総務課長さん、ちょっとお尋ねしますけど、認識の仕方がかなりずれてるんじゃないかと思うんだけども、私は上位の日本国における一般法において、基本的には民法関係だと思いますけれども、いわゆる採取を禁じている法律がないので、だから許可という言葉は私は適さないので、県も届け出に対する違反については罰金を科しますよという表現になってるはずなんですよ。上位法で禁止されている条文がないにもかかわらずなぜそういう許可という言葉が、いわゆる条例といえどもこれもやっぱり一定の法令なんで、そういう言葉が実際になじむかどうか、その見解はどうでしょう。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 例えば民法でありますとか憲法でありますとか財産権であとか所有権の問題ですけれども、地下水に関して、法の見解では地下水というのはみんなが使うんだからみんなのものである、公共の福祉に供するというところがあるので条例でやってもいいじゃないかということで、いいんじゃないかというふうには考えておるところです。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 再度質問いたしますけれども、例えば許可を受けないで掘削した場合に、罰金刑を町が条例上科した場合、訴訟に持ち込まれた場合、町は間違いなく勝てるという自信があるかどうか、法的見解、それだけを伺います。それについて、この条例施行が適切であるかどうかということを判断をしたいと思います。その見解はどうでしょう。確たる、勝てると思いますか。


○議長(長谷川 盟君) 総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 今の御質問は、許可を受けないで水をとった場合という話ですね。この条例の中にも、例えば6条では許可を受けなければならないということにしていまして、18条のところで第2項で町長は6条1項の規定に違反して、違反というのは許可を受けないで井戸を掘削した人に対しては、その違反を是正するために必要な措置をとること、命ずることができるというふうにしていますので、それについてはどんなふうなことをさせるかということですけれども、この条例というのは水をとってはいけないということでありませんで、きちんと法的な手続をしていただいたらオーケーですよということが大前提ですので、裁判という話になったらしてみなければわからないというのが本音ですけれども、今、検察庁とかも協議して、この条例で罰金が取れるんじゃないかというお話も伺っておりますし、また私どもがこの条例を先駆けてやっているわけではありませんで、全国ではたくさん条例化しているとこもありますので、裁判になってみなわかりませんけれども、何とか戦えるのではないかというふうに思っております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 議長、ちょっと申しわけないけど、今のは勝てる確証があってやってるかどうか、その1点だけ。答えが余りはっきりしてないんだけど、肝心なところがはっきりしてない。


○議長(長谷川 盟君) もう一度答弁してください。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 要するに、罰金刑、6条なんかの許可しないで罰金を科された場合には、裁判に持ち込まれたら間違いなく勝てる自信を持って条例施行するかと聞いてるわけです。それにイエスかノーで答えてください。


○議長(長谷川 盟君) 総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 戦えるとは思いますけれども、そればっかりはやってみなければわからないというのが本当のところだと思っております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 議案第1号、この条例につきましては、基本的には反対の立場で討論を申し上げたいと存じます。


 この趣旨は、水を大事にしようという趣旨はこれは確かに理解はいたしますけれども、いわゆる条例といえどもこれは一つの町の日本国内法に基づきます法律であります。法律というのは、あいまいな表現とか適切でないものはやってはいけないというふうに私は思っております。こういう事例のものは、許可ということは、いわゆる民法におきまして国の方で国内法で水の採取は禁じられているというふうなことが前提にある法律があるから初めて許可ということが使えるわけでございまして、こういう許可という言葉を使うこと自体が私は基本的に条例としてはなじまないし、これは危ういもんだと思います。


 それから、例えば許可をしないで掘削した者に罰金刑を科するといった場合に、訴訟に持ち込まれたら必ず勝てるという確証はありません。間違いなく私は負けると思います。こういう条例を施行すること自体は本議会としてはふさわしくないと思いますので、御英断を願いたいと思います。


 以上、終わります。


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号1番、伯耆町地下水保全条例の制定について、賛成の立場で討論させていただきます。


 まず、第1点、これは待ちに待った住民の願いの実現であるということです。コカ・コーラウエストジャパンが旧溝口町に開発されるときに、水源法条例をつくって地下水保全をすべき、このように言いましたけれど、それは必要ないということで10年以上もこの状態が続きました。そして、増設増設で大きな地下水がくみ上げられている状況のもとで、周辺地域の方々も含めてこの地下資源は地域住民みんなのものだ、この声がほうはいとして起こってきました。


 そして、サントリーも入ってくる。地下水が世界からもねらわれているというような状況のもとで、この地下資源を何とかこの地域の皆さんの幸福のために守りたい、この中から専門家の方々の知恵も英知も結集しながら設置されようとしているものです。


 先ほどの討論の中で上位法ということがありましたけれど、環境を守る、これは何も増して大きな権限でありまして、人々が幸福に住み続けていく、生存をしていく、この大きなもとになりますものでありますので賛成であります。


○議長(長谷川 盟君) 次に、反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第1号、伯耆町地下水保全条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 議案第2号





○議長(長谷川 盟君) 日程第2、議案第2号、伯耆町暴力団排除条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第2号、伯耆町暴力団排除条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第3号





○議長(長谷川 盟君) 日程第3、議案第3号、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 12番、幅田です。


 この地域主権改革一括法は、日本国憲法の理念のもとに住民の身近な行政は地方公共団体で自主的かつ総合的に広く行うとともに、地域住民みずからの判断と責任において地域の諸課題に取り組むことができるようにするための改革、このように定義されておりますけれども、これまでの大企業本位の政治から国民本位の政治に仕組みが転換して財源が保障されるなら大いに評価されるべき、推進すべきと思いますけれども、現在の状況のもとでの町長はどのようにお考えなのでしょうか、お尋ねをいたします。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 今回のこの一括法でございますけれども、格付とか義務づけ、行う地域の主権に係る自治体の判断に任せるということが主でございますので、財源といいましてもほとんど財源は今回この今の条例については伴わないと思っておりますので、ちょっと幅田議員さんがおっしゃることはわかりませんけれども、この条例の趣旨にのっとって判断をしていきたいと思っております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 国の制度そのものを字句の変更程度で変えるというようなことのようなことをおっしゃっておりますけれども、もともと県がやっていた仕事を地方自治体が進めていくという責任になっていくという内容のものですね。そして専門職員が配置されて、それが検討されて、そしてしんしゃくできる。そして住民サービスを確保されるということになると、これは文面だけではなくて実際動かすときになりますと財源も必要になってくるのではないでしょうか。いかがでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 財源の話ですけど、今これができる前でも町の職員、例えば下水道あたりについてはきちんともうやっておりますので、移行して例えば県の下水道法でいいますと下水の計画なんかは計画出して許可が要ったわけですけど、今度は届け出しとったわけですけどそれが要らなくなったということ。実際問題、そういういろんな作業とかも今実際やっていますので、私の中ではそういうことで財源が必要になるということはないと思っております。同じような格好で仕事ができるものだと思っております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 自治体への権限移譲ということですけれど、本町の場合はもう既に合併当初からは40人からの正式な職員が減ってきています。そして非正規の職員に入れかわっているというような現状のもとで、事務事業を大幅に移譲される、これを受けとめる状況が本当に保障されているのかどうなのかという点ではいかがでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) さっきおっしゃいましたように、合併当時からは随分人が減りましたけれども、減った中でも今のこの条例の一部改正につきましては十分対応できると思っておるところでございます。一生懸命頑張りたいと思っております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 地域主権改革に係る一括法、この案について反対の立場から討論いたします。


 まず、第1点は、この日本国憲法では健康で文化的な最低限度の生活を営む権利、そして教育を受ける権利、すべての国民へ保障しています。この地域主権改革は、この国の責任を後退させるねらいです。国は社会保障や教育から撤退をしていくということです。


 そして、2点目には市町村合併から道州制への道を開いていこうということです。


 現在、3,232の自治体が今や941に減っています。今度は47の都道府県から10の道州制に変えようというねらいのもとにあります。


 そして、3点目は自治体への権限移譲ですけれど、合併で大幅に職員が減っている。臨時職員に置きかえられている。そして県からの事務事業は大幅に移譲されながら、受けとめるのはなかなか困難ということになっています。


 そして、4点目は一括法は十分に国民に審議されておらないということです。


 5点目は、民主党政権から自公政権に、さらに貧困と格差を拡大した構造改革、政治の転換をして安心して生活できる政治、これを求めておりました。けれども、地域主権改革は自公政権が進めておりました構造改革を、今、地方分権改革に看板をつけかえただけで中身は継承されています。憲法の25条の2項では、国はすべての生活部面において社会福祉、社会保障、公衆衛生の向上、増進に努めなければならないと明記されています。地方自治法の第2条では、地方自治体は住民の福祉の増進を図ることを基本として、地域における行政を自主的かつ総合的に実施する役割を広く担う、このことを明記しています。


 つまり、国と地方自治体が国民に対して責任を持って相共同しながら実施する課題であります。国と地方自治体が共同してともに暮らしを守る仕組みをつくることこそが大切です。これを国が仕組みを、水準、財源を保障して地方が住民自治を生かし適切な形で行政サービスを実施する、このことこそが憲法で求める仕組みではないでしょうか。


 ところが、この一括法というのは地方にすべての権限を移譲して、それこそ防衛とあれを国だけが握っていくということで、あらかた地方にやりなさいということを言いながら財源は切り捨てていくという内容のものであり、反対であります。


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第3号、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第4号





○議長(長谷川 盟君) 日程第4、議案第4号、伯耆町被災者住宅再建支援事業助成基金条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第4号、伯耆町被災者住宅再建支援事業助成基金条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第5号





○議長(長谷川 盟君) 日程第5、議案第5号、伯耆町水道事業審議会条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号5号、伯耆町の水道事業の審議会条例を制定するということでありますが、水道事業の統合に対応してということであろうというふうに思いますけれども、どのぐらいの頻度でどのような内容で審議されるのでしょうか。本来、議会で真剣にすべての資料を提出して議論していくということこそ大切であるというふうに思います。そして特別委員会を設置してでも審議していく、それが保障されていくということこそ大事だというふうに思うわけですけれども、どのような頻度と内容とスピードで、2年間かけてということでありますが、質問いたします。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、井本課長。


○地域整備課長(井本 達彦君) 現在考えておりますのは、委員数は7名以内ということで考えております。


 それから、頻度は今のところ年2回程度の会議予定にしております。


○議長(長谷川 盟君) 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 本当に水道事業というのは直接住民の生活に結びつく毎日毎日の命の水のことなのでして、それこそ水道料金値上げになるのではないかという住民の不安がある中で、そうならないために研究して提案して進めていくということになりますれば、専門家を加えてということですけれど、年に2回の頻度で2年間でそのような方向が出せるのでしょうか。28年度には統合事業を進めていくんだというふうな方向づけになっているわけでありますけれど、私は非常に不安があると思いますが、いかがでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、井本課長。


○地域整備課長(井本 達彦君) 今考えておりますのは年2回程度ですけど、必要であれば回数はふやしたいと思っております。


○議長(長谷川 盟君) よろしいですか。


 ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号5号、伯耆町水道事業審議会条例の制定についてということで提案されておりますけれど、2年間かけて年2回で7名の方でこの重大な事業が検討されて、提案までできるでしょうか。


 国は、多くの簡易水道を上水道に統合して独立採算でいけということを指示しています。これは住民の負担増になることが懸念されています。こういう状況の中で知恵を絞って、そして命のもとであります水道事業を安定的に供給する本当に安心の水道会計にするためには、あらゆる資料を議会に提出していただいて、そして真剣に議論する、研究する。特別委員会を設置してでも議論していくことこそ重要であります。水道事業審議会で認めてもらった、このようなことで進められてはたまりません。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第5号、伯耆町水道事業審議会条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第6号





○議長(長谷川 盟君) 日程第6、議案第6号、伯耆町水道事業の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第6号、伯耆町水道事業の布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例の制定についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第7号





○議長(長谷川 盟君) 日程第7、議案第7号、伯耆町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第7号、伯耆町町道の構造の技術的基準を定める条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第8号





○議長(長谷川 盟君) 日程第8、議案第8号、伯耆町町道に設ける道路標識の寸法を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第8号、伯耆町町道に設ける道路標識の寸法を定める条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第9号





○議長(長谷川 盟君) 日程第9、議案第9号、伯耆町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第9号、伯耆町移動等円滑化のために必要な町道の構造に関する基準を定める条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第10号





○議長(長谷川 盟君) 日程第10、議案第10号、伯耆町準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第10号、伯耆町準用河川に係る河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第11号





○議長(長谷川 盟君) 日程第11、議案第11号、伯耆町営住宅等の整備基準を定める条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第11号、伯耆町営住宅等の整備基準を定める条例の制定についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第12号





○議長(長谷川 盟君) 日程第12、議案第12号、伯耆町難病患者等ホームヘルプサービス事業の手数料徴収に関する条例の廃止についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第12号、伯耆町難病患者等ホームヘルプサービス事業の手数料徴収に関する条例の廃止についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第13号





○議長(長谷川 盟君) 日程第13、議案第13号、鬼ミュージアム条例の廃止についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 篠原議員。


○議員(1番 篠原 天君) 御質問申し上げます。


 提案理由の中で、普通財産とすることにより、より幅広い用途に使用できるというふうになっておりますが、これについて具体的に想定される用途についてちょっと御説明をいただきたいと思います。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、岡田課長。


○商工観光課長(岡田 安路君) ただいま行政財産ということで、特定目的、鬼に絡まる関係する事業ということでミュージアムがされておりますけれども、普通財産にすることによってさまざまな利用ができるんじゃないかということで今御質問あったところですが、例えば個人の写真展とか展示会。実は、昨年9月にやりましたまんが博に絡んだ展示コーナーも実際は鬼に絡んで係った事業でございませんので、ああいった感じ、イベントや展示会に使えるんじゃないかというふうに考えております。


○議長(長谷川 盟君) 篠原議員。


○議員(1番 篠原 天君) そうしますと、広く公営、規制ということは念頭に置きながらも広く民間にも貸し出すということになりますと、例えば規定として一定の使用料を徴収する等々、管理するのに一定の規則というものが必要になりますが、条例の廃止に伴いまして新たにそのようなものを設けられる御予定でございましょうか。


○議長(長谷川 盟君) 岡田課長。


○商工観光課長(岡田 安路君) 使用方法につきましては、規定なり要綱なりでお示しできるような格好で検討してはいきたいと思っております。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第13号、鬼ミュージアム条例の廃止についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第14号





○議長(長谷川 盟君) 日程第14、議案第14号、伯耆町企業等立地促進条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第14号、伯耆町企業等立地促進条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第15号





○議長(長谷川 盟君) 日程第15、議案第15号、伯耆町特別職の職員の給与の特例に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第15号、伯耆町特別職の職員の給与の特例に関する条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第16号





○議長(長谷川 盟君) 日程第16、議案第16号、伯耆町教育長の給与の特例に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第16号、伯耆町教育長の給与の特例に関する条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第17号





○議長(長谷川 盟君) 日程第17、議案第17号、伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 篠原議員。


○議員(1番 篠原 天君) 伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正について御質問いたします。


 既にこの措置は7年が経過しておりまして、その間、パーセントについては少しずつ減額されておりますが、私はこの特例についてはいわゆる緊急避難的な要素が非常に強いものだと思っておりまして、長期間にわたりまして恒久的に維持されていくようなものではないと思っております。


 特に、国におきましてもデフレ脱却のために大規模な財政出動にして国土強靱化計画なども実施されておりまして、インフレターゲットに向けて進んでいく中、我が町におきましても、我が町の全体の経済について一定の影響力のある町が職員の給与のカットを継続するということについては若干なじまないのではないかというふうに思っておりますが、この点についてお伺いいたします。


○議長(長谷川 盟君) 町長。


○町長(森安  保君) これは国家公務員給与の減額に基づく地方公務員給与もその特例法の中で実情に即して適切な対応をとることということを根拠に、いわゆる強い要請としてやっているものですので、これが別に26年度以降も続けるということはだれも言ってないわけで、26年度以降になれば恐らく給与構造をどうしていくかという抜本的な議論の中での話になるんでしょうから、25年度については東日本大震災からの復旧復興の一助となる、それから消費税増税前について公僕である公務員みずからがその土台をつくっていくという強い要請のもとに取り組むべきものであるということをお答えして、答弁とさせていただきたいと思います。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


 野坂議員。


○議員(9番 野坂 明典君) 先ほど篠原議員の言われたようなことなんですけれども、これ県内において町の職員の給与水準が非常に低い状況になっていると思うんです。現在はそういう国の状況で必要だとは思いますけれども、財政が回復すれば直ちにこれを給料を復元する考えはありますでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 町長。


○町長(森安  保君) 25年度の措置としてこれは提案しておりますので、26年度以降についてはまたその時点、公務員給与をどうしていくのかという大きな言動がありますので、その情勢を注意深く見ながら検討していくべきものと思っています。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 年間額、減額金額、延長金額は幾らになりますでしょうか。


 それと、国が交付税の減額措置をしてきているというふうに思いますが、それは幾らでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 職員の減額ですけれども、年の影響額が760万程度でございます。国に関してはちょっとわかりません、お答えできません。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号17号、伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正について、減額の1年延長条例であります。反対であります。


 伯耆町の職員は、合併よりも前から旧町それぞれ減額をしてきています。そして、10年を上回って年数が重なってきています。そしてこの間、ずっと実は少々の変動はあったものの延長してきているということです。このことがこの伯耆町の地域経済を疲弊させていく大きな原因になっています。公務員バッシングが相当ありますからそのような状況もあることはわかっておりますが、公務員の給与が民間のベースを決めていくというこの状況のもとであります。公務員は、スト権剥奪されています。そして、議会がこの給与水準は承認するという内容になっています。議会の役目も大きな責任がございます。


 ある人の給与水準を聞きましたならば、一番高かったときから比べますと、高い方の人ですけれど、70万円は減収になっているということであります。このことはどういうことを意味しているか。子供が高校生になり、大学に行き、そして社会人になるまでのこの間の責任があります。そして、住宅のローンを組んでいる。大きな生活の困窮につながってきているというこの現実は、しっかりと見届けなければなりません。


 そして、今、デフレ脱却からは賃金のアップこそ、このように大きな世論が動いています。そして、一部の大企業や大富豪のところに大きな収益がたまってきている。内部留保は260兆円を超えている。その片方で、若者には非正規、そして低賃金、ワーキングプア、このような状況が広がってきています。大きなもとにこのような政策があるわけでありますから、公務員のところからそれを変えていく。このことこそ英断が必要であります。


 国が今回、国家公務員をリストラと減額を言ってきています。そして、東日本の財源確保ということを言っていますけれども、災害に対する費用の減額補償は国の責任ですべきことであります。それを地方の公務員の給与を充ててするという、そして地方自治体というのは自治権があります。そこにまで首を突っ込んでやっていくというのは、法的にも違法であります。そうした襟を正していく意味からも、地方から町長やトップは遺憾である、このことをしっかりと言いつつも改善することが今求められていると思います。延長には反対です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第17号、伯耆町職員の給与の特例に関する条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第18号





○議長(長谷川 盟君) 日程第18、議案第18号、伯耆町有線テレビジョン放送施設条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 12番、幅田です。


 有線テレビジョン放送の施設条例を一部改正するということで、テレビジョンの運営審議会をやめるという内容のようでございますけれども、具体的にはどのような検討がなされたのでしょうかということと、その運営審議会が……(「運営委員会」と呼ぶ者あり)運営委員会が最終的な委員会はいつで、どのような議題で論議されたのかお知らせください。


○議長(長谷川 盟君) 企画課長。


○企画課長(小原 章信君) 運営委員会でございまして、その有線テレビジョン放送の業務の運営に関していろいろな御意見を伺ったり審議していただくということで、最後に開催いたしましたのはたしか昨年の3月ぐらいだというふうに思っております。


 なぜこれをやめるかということですが、一つには、前、特別会計で運営しておりましたが、今年度からは一般会計の方でやるということで、その会計自体のそういう業務の運営に関しては必要がないという判断でございますし、これにかわるという意味にとっていただいても結構だと思いますが、新年度からは一応番組モニターという形で一般の住民の方にお願いをして、その有線放送の番組についてのいろんな御意見を伺いたいというふうにも思っておりますので、この運営委員会についてはやっぱり会計廃止されたということで、今般なくすということでございます。


○議長(長谷川 盟君) 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 我が町は自主放送を持っておりまして、テレビジョン放送の運営をしているわけでありますが、私が申し上げたいのは、4年前に1億円もかけて施設を改修してレベルアップしてきている。そういう状況のもとで、そしてしかもこれまでに32億からの大きな公金をつぎ込んで施設をつくって、ほかの町にもない事業を先進的に取り入れてきたという経緯がありまして、そこではIP電話だとかそれからインターネットだとかそういったことも接続できるような放送の施設環境が整っているわけでありまして、中海放送に全面委託ということになっておりますけれど、これを議論をしていく、専門的な知見もいただいて議論をしていくということが今こそ必要なのではないでしょうか。どのようにお考えなのでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、企画課長。


○企画課長(小原 章信君) 番組審議会というのは条例上当然残っておりまして、そういう課題についてはその番組の審議会の中でいろいろ住民の方の御意見を伺っていこうというふうには思っておりますので、それで今後もやっていきたいというふうに思います。


○議長(長谷川 盟君) 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 番組をより住民の皆さんの要望にこたえて親しまれる放送にしていくということは、番組審議会の議論の材料だろうというふうに思いますけれど、この施設を持っているその施設の運営に関して、しかもより経営的にもよくなる方向での議論を積み重ねていくということになりますれば、こういったことこそ専門家の英知を結集した方向性をつくることこそ必要ではないかというふうに思うんですが、いかがでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 企画課長。


○企画課長(小原 章信君) 特別会計ならば、その会計の中でそういったことも必要だろうというふうに思いますが、既に廃止をされておりますし、施設自体も今一般会計というか、会計自体一般会計で対応しておりますので、その中で例えば議会の中でも御意見等いただけたらというふうには思いますし、特段あの放送施設に特化してそういった議論というのは今のところ必要はないのではないかというふうに思います。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第18号、伯耆町有線テレビジョン放送施設条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第19 議案第19号





○議長(長谷川 盟君) 日程第19、議案第19号、伯耆町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) これは条例提案者の町長に聞くのが正しいのか、教育委員会の教育長に聞くのがよろしいのか、いずれにしてもお答えいただければと思いますが、当初のこの予算説明におきましては、いわゆる非常勤の嘱託の溝口の公民館・図書館長を置いて、岸本も兼務させて、事業が円滑に遂行するようにして嘱託で月額15万6,000円と聞きましたけど、8,000円だったんでしょうか。いずれにしても15万6,000円か8,000円かの御説明だったと思いますけれども、それならばなぜ月額報酬ではなくて日額報酬条例改正をしなかったのか、その理由をお伺いいたします。どっちの金額だったかいな、まず。15万6,000円だなかったかいな。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、総務課長。


○総務課長(阿部 泰君) 金額は16万円ということで。


○議員(3番 勝部 俊徳君) ちょうどでしたかいな。


○総務課長(阿部 泰君) はい、ちょうどということで、公民館長さんとかと同じ16万円ということで御提案申し上げております、条例上。


○議員(3番 勝部 俊徳君) ちょっと議長、数字の確認だけど、週4日出ていただいて15万6,000円というふうに聞いたけど、それは聞き間違いだったんでしょうか。そういう説明はありませんでしたか。そういう説明があったと私は耳で記憶してますけど、違いますかな。それの確認。週4日という話をつけて、15万6,000円というふうな話だったと私、全協で聞きましたけど、違いましたか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、斉下次長。


○教育委員会次長(斉下 正司君) 一般会計の当初予算に関する主要事業等の調べの説明の中では、教育委員会といたしましては年間の総額として192万円ということで説明をさせていただいていると思います。


○議員(3番 勝部 俊徳君) その中でちょっと確認だけど、ちょっと休憩とって。


○議長(長谷川 盟君) 休憩します。


              午前9時53分休憩


    ───────────────────────────────


              午前9時54分再開


○議長(長谷川 盟君) 再開します。


○議員(3番 勝部 俊徳君) それでね、その15万6,000円は私の聞き違いだったらそれは訂正させていただきます。


 ただ、週4日に限定とか非常勤でそういうことを当事者、どういう方を想定されているかは知りませんけれども、そういう日数の限定をして嘱託とか非常勤の者を雇うという考え方自体がこれはかなり改めていただかないと、これはおかしいと思いますので、やっぱりやるだけはやって、極端に言うと週1日で月の30日分のことをこなすならばこれも非常勤なんで、その4日という約束なんかするともうとにかく4日さえ出ればいいみたいな逆に弊害を招くと思います。今後の一つの運用として、考え方は改めていただきたいと思います。その点、いかがでしょうか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、教育長。


○教育長(後藤 弥君) 説明のときに、確かに週4日と私もメモしていますので、多分そういう形で言ったんじゃないかと思うんですけれども、これはちょっと確定的なものではございませんでして、週4日に限定されたものではないということで確認していただければと思っております。(「うそうそ、週4日って言いなったで」と呼ぶ者あり)いや、その週4日と言ったのは確かだと思いますけれども、それをこの条例上で週4日というのは定めがないという判断だと思います。


○議長(長谷川 盟君) 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 教育長さん、一つの要望ですけど、質問じゃなくてちょっと外れるかもしれません、お酌み取りいただきたいんですが、とにかく週4日出ればもうそれでいいよとかそういうことではなくて、極端に言うと月に1回出ても30日分こなすとか、そういう気力を持った人の人選をして、実際の実務に当たっていただきたいというふうなことでこの質問を打ち切りたいと思います。以上です。よかったら一言。


○議長(長谷川 盟君) 答弁ありますか。


 教育長。


○教育長(後藤 弥君) 先ほど申しましたように、週4日といいますのはどうも今までの非常勤の特別職の方がそのような勤務の形態があったということを申し上げたということでございますので、議員おっしゃいましたように専門性が非常に高い職でございますので、適切に対応させていただきたいというふうに思っております。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第19号、伯耆町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 議案第20号





○議長(長谷川 盟君) 日程第20、議案第20号、伯耆町分担金徴収条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第20号、伯耆町分担金徴収条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第21 議案第22号





○議長(長谷川 盟君) 日程第21、議案第22号、伯耆町医療費助成条例等の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第22号、伯耆町医療費助成条例等の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第22 議案第23号





○議長(長谷川 盟君) 日程第22、議案第23号、伯耆町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第23号、伯耆町被災者住宅再建支援事業助成条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 議案第24号





○議長(長谷川 盟君) 日程第23、議案第24号、伯耆町道路占用料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第24号、伯耆町道路占用料徴収条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 ここで休憩いたします。


              午前10時00分休憩


    ───────────────────────────────


              午前10時10分再開


○議長(長谷川 盟君) 再開いたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第24 議案第34号 から 日程第38 議案第48号





○議長(長谷川 盟君) 日程第24、議案第34号、平成25年度伯耆町一般会計予算から日程第38、議案第48号、平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算までの15議案を審議の都合上一括議題といたします。


 議案第34号、平成25年度伯耆町一般会計予算から議案第48号、平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算までの15議案につきましては、予算審査特別委員会に審査を付託しておりますので、委員長の報告を求めます。


 入江予算審査特別委員会委員長。


○予算審査特別委員会委員長(入江 正美君)


    ───────────────────────────────


            予算審査特別委員会審査報告書


 平成25年3月7日第1回本町議会定例会において付託された案件を審査したので、会議規則第77条の規定によりその結果を次のとおり報告する。


 1.議案の名称


 議案第34号 平成25年度伯耆町一般会計予算


 議案第35号 平成25年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計予算


 議案第36号 平成25年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算


 議案第37号 平成25年度伯耆町地域交通特別会計予算


 議案第38号 平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算


 議案第39号 平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算


 議案第40号 平成25年度伯耆町水道事業会計予算


 議案第41号 平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算


 議案第42号 平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算


 議案第43号 平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算


 議案第44号 平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算


 議案第45号 平成25年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計予算


 議案第46号 平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算


 議案第47号 平成25年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計予算


 議案第48号 平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算


 2.議案の内容 省略


 3.審査の経過


 平成25年3月8日、11日、13日、14日の4日間、本委員会を開いて慎重に審査を行った。


 4.決定及びその理由


 付託された議案はいずれも適当と認め、別紙意見を付し、原案どおり可決すべきものと決した。


 5.少数意見留保の有無 あり


   平成25年3月22日


                   予算審査特別委員会委員長 入 江 正 美


 伯耆町議会議長 長谷川  盟 様


    ───────────────────────────────


          平成25年度予算審査特別委員会審査意見


 1.地区別懇談会は、活発な議論が交わされるよう、そのあり方並びに実施方法等を検討されたい。


 2.地域農業マスタープランを早急に作成し、さらなる農業振興を図られたい。


 3.分庁舎の空きスペースを有効に利用されたい。


 4.平成28年度に水道事業が一本化されるのに向けて、料金体系と適正な会計処理を検討されたい。


 5.可燃ごみの3割削減に向けて必要な施策を着実に実行するとともに、町民へのさらなる啓発を図られたい。


 6.検診事業は、内容を拡大し鋭意努力されているが、さらなる受診率の向上に努力されたい。


 7.保育所の園庭芝生化管理委託事業は、町内業者に発注されたい。


 8.岸本図書館の図書費を傾斜配分して蔵書を充実されたい。


 9.給食費の補助金支出は、他の町村との権衡をも考慮の上、実施されたい。


 10.町立写真美術館管理運営に関する議会決議を尊重して館の運営を行なわれたい。


 11.写真美術館管理運営事業は、その特定財源について充分な確保を図られたい。


    ───────────────────────────────


 以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、議案第34号について、予算審査特別委員会委員の渡部勇議員から、会議規則第76条第2項の規定によって、少数意見報告書が提出されています。


 少数意見の報告を求めます。


 渡部議員。


○議員(2番 渡部 勇君) 少数意見の報告をします。


    ───────────────────────────────


                             平成25年3月22日


 伯耆町議会議長 長谷川   盟 様


                提出者 予算審査特別委員会委員 渡 部   勇


                賛成者 予算審査特別委員会委員 大 森 英 一


                賛成者 予算審査特別委員会委員 幸 本   元


                賛成者 予算審査特別委員会委員 篠 原   天


                賛成者 予算審査特別委員会委員 勝 部 俊 徳


                賛成者 予算審査特別委員会委員 影 山 辰 雄


                少数意見報告書


 平成25年3月14日の予算審査特別委員会において、留保した少数意見を次のとおり、会議規則第76条の第2項の規定により報告します。


                   記


 1.件   名 議案第34号 平成25年度伯耆町一般会計予算


 2.意見の要旨


 植田正治生誕100年記念事業については、その特定財源の確保の見通しも大変厳しいものが予想される。


 本定例会に於ける伯耆町立写真美術館管理運営に関する決議の趣旨に鑑み、この事業の実施に当たっては、不要不急なものについて、その事業実施に十分な考慮をされたい。


    ───────────────────────────────


 以上、報告を終わります。


○議長(長谷川 盟君) 報告が終わりましたので、まず委員長報告に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、少数意見報告に対し質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより1案件ずつ討論、採決を行います。


 議案第34号、平成25年度伯耆町一般会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号第34号、平成25年度伯耆町一般会計予算に対して反対の討論をいたします。


 本年度予算は、前年比約1億2,000万円減の総額約73億円です。今年度新たに小・中学校の少人数学級や学校給食費1食10円を30円に引き上げたり、保育園へエアコンを設置し保育士を加配、防災体制整備充実と溝口中学校の校舎、プールの耐震や改修など、住民の要求を反映した新規事業はありますけれども、町長の予算説明はあらかたがこれまでの継続事業の拡大と充実事業です。根本的には、国の地方いじめ、弱い者いじめの予算編成となっています。


 具体的に申し上げます。


 第1番は、役場は住民の生命、財産を守るとりでです。そこで働く役場職員は大幅に減らされ、ことし6人も減員になっていますが、その増員計画も明らかでありません。給与も10年以上減らしたまんまです。国の言いなりに今年度も減額延長となっておりますし、臨時職員で対応され、その職員の賃金は全く引き上げられず、1年ごとの契約、不安定の雇用です。子育て、教育、福祉の現場が見直されています。


 このことが休日、夜間の危機管理をシルバー人材センターや今年度民間のケアつき高齢者住宅管理者に夜間の緊急時連絡、相談体制を月2万円で担わせるなど、もってのほかと言わなくてはなりません。国の言いなりにならず、地方自治の本旨に基づいて変更すべきです。


 防災計画の見直し作業が今終わり、立派な防災計画が策定の見込みでありますけれども、絵にかいたもちにならないようにするためには、そして防災、減災を実らせていくためには経験豊かな職員配置が絶対に必要であります。3・11東日本震災はそのことを示しています。


 2点目は、ゆうあいパルの温水プール利用促進はよいとしても、今回、大規模改修で今進めております紙おむつのペレット化、これは全国初の試みといいますけれども、4,516万8,000円予定されています。本来、介護や医療の事業活動から生まれる紙おしめ、家庭ごみではなくて産業系ごみであります。企業責任で処理すべきものであります。けれども、この実証実験が進み、いよいよボイラーが発注され、活用へということであります。非常に熱量が低いと言われています。この課題はどうなっているのでしょうか。木質・竹質ペレット、チップ、あるいは重油をあわせ利用が必要となるのではないでしょうか。その方向性は不明です。


 その上、今回、指定管理業者から利用料引き上げが提案されています。赤ちゃんからまで利用料を取り、中学生は大人並みに大幅な引き上げは許されません。


 3点目、町民の森整備事業です。4億1,373万5,000円、土地開発公社所有の大山正面工業団地、旧溝口時代にこの土地購入に反対しましたけれども、現在、固定資産評価額割で1,000平米当たりが1万5,000円のところを310万円、法外な価格で過疎債で買い上げて1億円をかけて開発するという予定となっています。開発公社を解散し、土地購入はやむなしといたしましても、町全体がドイツの森と言われている、どこにいても公園というような状況の中で開発など必要ありません。後に有効利用するので、そのままにしておいた方がよいでしょう。


 4点目は、植田正治美術館の運営事業です。6,544万1,000円、生誕100周年事業ということで昨年プレ100周年事業と合わせて4,143万2,000円計上されています。2年間というよりも、26年6月までその100周年が特別展が行われる計画となっています。財団移行最終期限は11月30日、6月ごろには方向性がはっきりしなければならないのでありますけれども、そのころにはロベール・ドアノーというフランスの写真家を迎えるという予定にもなっています。


 議会は特別決議を行いました。先ほど審査意見も出されておりますが、本当にその決議の上から検討された内容なのでしょうか。100周年といいますれば、本町出身の芸術家たちは池田亀鑑さんにしても辻晋堂さんにしても大江賢次さんにしても香田勝太さんにしても、どれほどの100周年がされたことでしょうか。植田家は、本人、植田正治さん御本人はもう既に亡くなっています。その権限は夫人から今、孫に移っています。すべてを寄附と言っておりますけれども、世界展や国内展、本の出版は自由にやっていらっしゃいます。これまで版権利用で250万利用料が入ったのみで、あとは不足はすべて町が持ち出しをしています。そして事業費は30億円を投入して、入館料が賄われた年は1年もございませんでした。今、ここで契約の全面改定、そして町民のアンケートは厳しいものでした。廃館にせよ、解体せよ、このような内容になっています。しかし、今、町立の美術館として権限を自由にできる状況に全面改定が望まれています。そして一般財団に移行などといいますが、とんでもない内容です。


 5点目、同和事業です。特別事業は平成7年で終了しています。しかし、約2,600万円の支出が予定されています。この事業は特別対策は終了して、一般施策に移行することこそ住民融合が一層進むことになります。


 6点目は基金、32億円ございます。そのうち10億円は国債を買っています。10年物、5年物です。今、アベノミクス、大量の国債発行をしています。戦後最大と言われています。そしてまた、大型開発事業や軍事拡大、大型予算がやられています。こういう状況のもとで、本当にまた紙切れ同然になる。これは識者からの指摘であります。今すぐ売って現金化し、借金返済に回し国に返済する。そして、ゴルフの会員権の二の舞どころか大変な苦労を町民に担わせることになります。それを予防することは必要です。


 最後になりますが、生活保護受給者、高齢者、公務員のバッシングが強まっています。その人たちだけの問題にとどまりません。あらゆる福祉の後退で、戦後築いてきた制度の崩壊につながるものです。そして、TPPは今まで築いてきた本町の子供の医療費無料化、3歳から小学生へ、中学生へと広げてきました。これも崩れてしまいます。そして、子供たちには安全安心の地元の食材、給食へと全国に誇れる学校給食を行っていますが、そして保育園へと広げる努力も行っていますが、これが根本から崩れることになります。農業のみならず、製造業があらたか撤退した本町にとりましては、医療や介護、保健の分野での福祉関連で働く人たちが多くありますけれども、この被害ははかり知れません。


 TPP反対、消費税増税反対、これを唱えて政権についてうそをつく、これはとても戦前のあのヒットラーや帝国主義の本質につながるものです。絶対に許すわけにはならない。このことを述べて、本年度の予算の反対討論といたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


 野坂議員。


○議員(9番 野坂 明典君) 平成25年度一般会計予算に対して、賛成の立場で討論いたします。


 昨年を顧みれば、ロンドンオリンピックではメダルが量産され、そのメダルの獲得数は過去最高の記録となりました。大変うれしいことでございましたが、私の関係するような伝統の柔道を見れば、金メダルは女子の1個だけでありました。これは最低の記録でございました。これはいろいろ原因が言われておりますけれども、私としては指導法が間違っていたのだろうと思います。そういうことは、指導することによって非常に恐ろしい結果が出たというふうに推測しております。


 町政においても、かじ取りを一歩間違えれば多くの住民に困難を来すおそれがありますので、十分注意を要することと考えております。


 前政権が政権運営に行き詰まり、国民が閉塞感に閉ざされ、特に若い方たちの将来の見えない状態では政権から人心が離れ、総選挙の結果としてこのような状況になったことと思います。選挙当時は、投票の対象相手がなくほかにないので自公を支持したというその調査が出ておりましたけれども、消極的な支持が多かったというその調査があったと聞いております。


 ところが、政権発足後3カ月で、いわゆるアベノミクスの期待から景気が一気に回復する予感があります。しかし、実態のないアベノミクスには相当の注意が必要と思います。特にTPP参加には、我が町農業に及ぼす影響は予断を許さないものがあり、十分注視していかなければならないと思います。


 さて、平成25年度一般会計を見ると、子育てを含んだ教育と合併の負の遺産の解消に重点が置かれているのではないかと考えております。4年前に森安町政が発足とともに、学校施設の耐震化が必要であるという結果が次々と表面化し、岸本小学校の体育館改修に1億3,000万円を投じて最初に事業に入った状況でございました。その後、多額の改修費が毎年支出されてきました。今回の補正予算でも、岸本小学校の前校舎耐震改修に3億5,000万円余り、岸本中学校改修に2億7,000万円、25年度予算で溝口中学校校舎及び体育館の耐震改修に8,800万円が予算計上されております。これで町内の学校施設の耐震化がほぼ完了し、危険施設の解消と学校統合に備えたハード事業が完成したものと考えております。


 子育てソフトとして、保育所の保育士配置基準の見直し、入所定員の見直し、保育料の適正基準による保育環境が整備されている。


 学校教育では、町内全部の学校で30人以下の少人数学級が導入してある。また、給食費補助が他町に先駆けて30円とする予算が計上されております。30万人以上の中核都市では学級編制は独自で決めることができるが、この小さな伯耆町において貴重な町費を割いて教職員の加配配置したことは、教育成果の充実が期待されます。まことに英断であり、高く評価するものであります。伯耆町教育は近隣から羨望のまなざしを受けており、これを続けることで教育は本町の顔となる可能性があります。


 ところで、一方、合併の負の遺産であります。3億円の土地開発公社所有の工業用土地の解消が図られ、町民の森には私も余り価値は認めるものではありませんが、形を変えた借金には変わらないが、いずれは解消するめどが立ったことは一定の評価ができると思います。


 写真美術館も、財団が不急不要の財産を持つことは厳しく制限する法改正を機をとらえて町直営方針を目指されたことは自分の手で運営することが可能となり、写真愛好者にも喜ばれると思います。


 また、同和対策においては、同和対策法はなくなりましたけれども、これは一般法の中で対策が図られており、心配はないと思います。


 歳入については、交付税が不確定でありむやみに公債に頼るのは危険である。よって、前年より1億1,800万円減の72億9,100万円に抑えられており、効果のある健全な予算が編成されていると評価いたします。


 最後に懸念のあることを二、三述べまして、賛成の討論といたします。


 アベノミクスが軌道に乗り税収がふえてきたときには、今抑えてある職員報酬を増額すべきでありますし、健康の源である体力の増強に必要な体育関係予算が減少傾向にあり、さらなるその増額をして体育を重点的にやっていただきたいと考えます。


 また、受診率が県下で3番目であるということで、大変うれしいことではありますけれども、受診率が2番でもよくありません。やっぱり1番にならないといけないと思います。だから受診率1番を目指して、将来も頑張っていただくことが必要だろうと思っております。


 以上をもちまして、この今年度予算、一般会計予算は全般に配慮されており、有用な予算であると思います。賛成いただきますように、御賛同いただきますようにお願いいたします。


 以上で賛成討論を終わります。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第34号、平成25年度伯耆町一般会計予算を採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第25、議案第35号、平成25年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第35号、平成25年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 日程第26、議案第36号、平成25年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第36号、平成25年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第27、議案第37号、平成25年度伯耆町地域交通特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第37号、平成25年度伯耆町地域交通特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 日程第28、議案第38号、平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号38号、平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算に反対の討論をいたします。


 歳入歳出総額13億5,603万円、64歳までの共済や健保などから外れるすべての人たちが加入する国保会計です。2,863人、そのうち40歳から64歳までは1,050人となっています。


 今回、人間ドック70歳まで引き上げや5歳刻みの途中ドックの方も支援するというような前進面はありますが、一般国保の1人平均は8万9,132円、退職国保の1人平均は10万7,710円にもなっています。モデル世帯で小・中学生の子供を持つ40歳夫婦の年所得300万で国保税額は42万3,900円、とても所得の1割を大幅に超える国保税です。悲鳴が上がるのは当然ではないでしょうか。支払い能力を超えています。払えない人に資格証、短期保険証を発行し、資格証は病院の窓口で全額支払わなければならないため、我慢に我慢を重ね、手おくれになり命を落とす人が相次いでいます。


 平均所得は、1990年240万から2009年では158万に激減しています。加入者の40.8%が無職、派遣、パートなど非正規雇用が問題でございます。


 一方、6万円台であったものが9万円台に引き上げられ、その原因は2009年、24.7%に国の負担が50%から引き下げられた。ここに大きな原因がございます。国保の危機を打開するためには、国の負担をもとの50%に戻すこと、そして2点目は正規雇用を原則として、非正規、臨時雇用も雇用保険に加入していただく、この制度が必要です。


 そして3点目は、当面保険料1万円引き下げる。そして減免制度を拡充していく。


 4点目は、生存権を奪う短期証や資格証は取りやめていく。


 5点目は、75歳高齢者の負担引き上げをやめる。国保に戻していくこと。


 そして、6点目は県が国の調整交付金肩がわり、今9%ですが、これをやめてそれを市町村国保の補助金に回していくこと。


 以上のことを国に求めていただきたい。本来、国や地方自治体は保険料を支払える世帯、支払えていない世帯、生活状態や勤労実態、健康状態、これを把握して改善する責任が町にはあるはずです。国保の会計が本当に住民の命を守る国保の会計になりますように、現状に反対いたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


 細田議員。


○議員(6番 細田 栄君) 議案第38号、平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算に賛成の討論をいたします。


 今後ますます高齢化が進行して、医療費は増大する一方です。それを支えます若年労働者の絶対数は減少して、世界的な経済不況の影響でまだ給与は伸びません。デフレ基調でございます。


 このような社会構造の中で、国民皆保険をいかに安定的に持続していくのか、大変重要な課題であります。ゼロ歳から高齢者まで、所得に応じた保険料を負担しながら、かかった医療費について原則3割負担でございます。しかし、6歳未満と70歳から75歳までは2割負担となっております。そういった国保事業が運営されているわけなんですが、伯耆町の国保の保険証は全国どの保険医療機関でも利用することができます。したがって、窓口負担につきましては一定のルールの中でやはりやっていく必要があるんではなかろうかというふうに思います。


 それから、保険料を下げるために一般会計からの繰り入れ、いわゆるかさ上げして負担することにつきましては、私は異議のあるところでございます。町民全員が国保の加入者ではないからです。国保の加入者は約3,000人、人口比率にいたしまして27%程度でございます。3分の1の方が国保に入っておられまして、あとの方は民間企業の健康保険とか公務員関係の共済組合などにそれぞれ加入しておられます。これら給与所得者の保険料の率ですけれども、給料から天引きされているわけですけれども、現在の政府管掌の健康保険料の乗率は標準報酬月額の11.5%でございます。こちらの方も給料の1割を超える高額な負担になっております。だれしも保険料は安い方がいいですし、医療費の窓口負担も少ない方がいいに決まっております。しかし、適正な負担があってこそ安定した医療保険が運営されるものというふうに私は思います。


 そこで、25年度の国保特別会計の予算内容を見てみますと、総額は13億5,600万円で前年対比420万円の微増となっております。しかし、保険料の国保税は2億2,500万円で、前年対比1,300万円余りの減額となっております。これは所得が伸びない、または加入者がそう多く伸びなかったということであろうかと思いますが、一方では一般の方の診療給付費、いわゆる医療給付費ですが、これは7億1,500万円で3,800万円の増額となっております。それから、入院等で高額になった医療費を上限カットするための給付費ですが、本年度は9,400万円で1,400万ほどの増額となっております。この財源不足を補うために、基金を5,000万円取り崩して保険料の上昇を防いでおります。私は、一つの工夫がなされているんではなかろうかというふうに思います。


 ただ、この基金の残りも残り5,300万円と少なくなってまいりました。国保税の負担区分は応能割と応益割でルールで定められているわけですが、病気とか失業、災害などで保険料が十分支払えない状況もありますが、事情を全く考慮せず資格証だと言ってるわけではないと思います。特に世帯主の死亡や長期の病気の場合、生活困窮世帯では全額減免とか7割減免など、国保税の減免規定が設けてあります。それから、病院を利用されたときに自己負担額を軽減する高額医療費の制度もありまして、住民税非課税世帯では70歳以下、月額上限3万5,400円、70歳以上では2万4,600円に所得階層によって抑えられております。こういった減免制度を活用しながら、負担の公平と持続可能な制度運用をされることを希望いたしまして、命を守る大事な予算として本案に賛成するものです。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第38号、平成25年度伯耆町国民健康保険特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第29、議案第39号、平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号39号、平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算に反対の討論をいたします。


 こんなに年金から天引きされて、あとどこを削ればいいのか。長生きするのは罪なのか。こんな声を聞かれます。75歳、年齢を重ねただけで今まで入っていた国保や健保から追い出され、年金天引き、支払えない人は保険証取り上げ、健康診断も外来、入院、終末期まであらゆる段階で安上がりの差別医療が押しつけられています。こんなひどい制度はありません。


 町内で約8,900万円集められて鳥取県一本で運営され、この連合議会に参加できるのは町長と議長だけです。高齢者の切実な声は届きません。


 高齢者医療削減のため高齢者差別であること、そして2点目は75歳の人口がふえたらふえるだけ自動的に保険料は値上がり、このシステムです。3点目は、差別医療の拡大と医療制限です。4点目は、すべての世代に重い負担が押しつけられる。このような内容になっています。


 民主党政権は、廃止と言って政権につきました。今、自公民で社会保障制度改革推進法が可決成立しています。消費税引き上げと制度改革のダブルパンチが待っています。日本の医療費、GDP比では8%、先進国では最低のラインです。医療を支える財源は、大企業や大富豪のもとに今ため込まれております260兆円、このごくごく一部を国民に還元するだけで、不要不急のむだや軍事費を削って、米軍思いやり予算、これを根本的にメスを入れる。その政治姿勢を変えたなら、年齢や地域、経済、差別されない医療に進むことができます。このことを求めて、反対討論といたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第39号、平成25年度伯耆町後期高齢者医療特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第30、議案第40号、平成25年度伯耆町水道事業会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号40号、平成25年度伯耆町水道事業会計予算に反対の討論をいたします。


 本事業は、旧岸本地区1,720戸を対象として歳入歳出総額は6,720万4,000円となっています。予備費に1,737万6,000円もの予算が組まれています。


 まず、第1点に、地方公営企業法第3条では、常に企業の経済性を発揮するとともに、その本来の目的である福祉を増進するように運営されなければならない、このようにうたっています。


 今回、国の指導に基づいて簡水と水道会計とを統合する。この準備のための新システムの導入と新地方公営企業会計の制度導入のための事業が準備され、水道事業の審議会の予算も準備されています。このために、住民の皆さんは企業会計であるから独立採算をということで、これまでの水道料金がはね上がるのではないか、このような不安を抱いていらっしゃいます。今でも高い水道料金、はね上がったらどうなるのか、これが皆さんの声であります。すべての資料を提出し、そして住民に納得のできる説明こそ必要でありますが、先んじてどんどん進むということはいかがなことでしょうか。


 この水道事業を円滑に進めていく上では、現在の企業債の高いものは借りかえ、繰り延べをしていく、設備投資には自治体が負担をする、地下水くみ上げ企業に対しては協力金を求める、料金は使用料が多くなるほど高くなる方式を取り入れていく、このような方法で本当に住民の皆さんの不安を払拭するような会計にしなくてはなりません。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第40号、平成25年度伯耆町水道事業会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第31、議案第41号、平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号第41号、平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算、反対の討論をいたします。


 歳入歳出総額2億6,264万1,000円です。水道事業の会計以外のすべての町民の命の水を安定的に供給する会計です。簡易水道は、中山間地域、僻地、そういったところの点在した過疎債なり優良な起債で整備されています。そして、職員の人件費、起債償還、そういったものを一般会計から繰り入れて運営してまいりました。


 今回、その給与の繰り入れはなくて、防火水栓の設置事業などの繰り入れが新たに設けられております。水道事業の統合に向けた準備が予定されております。この会計は、加入金において地域によって差別があるということです。そして、消費税が転嫁されているということです。命の水である水道水に対しては、消費税の転嫁を廃止するよう国に求めていただきたい。


 以上をもって討論といたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第41号、平成25年度伯耆町簡易水道事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。(「休憩しましょいや」と呼ぶ者あり)


 それじゃ休憩いたします。


              午前11時00分休憩


    ───────────────────────────────


              午前11時08分再開


○議長(長谷川 盟君) 再開いたします。


 日程第32、議案第42号、平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号42号、平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算に反対の討論いたします。


 歳入歳出総額922万円、大和ハウスのロイヤルホテルや別荘地内の事業用の水道を賄う特別会計であります。電気代、消毒、検査料は企業持ちといいましても、水道料金は住民の半額、芝用雑用水は無料、この低料金であります。企業の社会的責任を求め、適正な水道料金を改正し住民に還元すべきであります。


 今回、水道会計の統合、これからは外されている。このような状況でありますが、これも加えて、そして企業責任を果たしてもらうことこそ必要ではないでしょうか。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


 細田議員。


○議員(6番 細田 栄君) 今上程されております丸山地区専用水道の会計でございますが、少しちょっと思い違いがあるようですので私の意見を言わせていただきたいと思いますが、町が開発した水源を原水費として1立米当たり50円で大和ハウスに売ってるわけです。それに消費税がつきますけども。それを大和ハウスさんの方で電気代とか管理費とか消毒代とかを払って別荘、ホテルに給水しております料金は150円に消費税を加えたものです。したがいまして、一般このあたり私たちが利用させていただいている簡易水道は1立米当たり100円に統一されてるわけなんですが、別荘、森林住宅の住民、この方たちがお飲みになってる水道は150円に消費税を加えたものでございます。決して安い水ではなくて、むしろそれを住民の方もいらっしゃいますので、私は軽減をしていただきたいなというふうな意見ですが、とりあえずは900万何がしが一般会計に繰り入れられて、税のように一般財源で自由に使えるという結構な会計ではなかろうかというふうに思いますので、賛成いたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第42号、平成25年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第33、議案第43号、平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号43号、平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算、反対の討論をいたします。


 歳入歳出1,776万5,000円、総額。水道料金は、グリーンパーク大山のゴルフ場の専用水道となっています。電気代、消毒、検査手数料は企業持ちでありますけれども、料金は町民の半額、そして芝管理用の用水は無料。今回、新水源の確保のための基金繰り入れでボーリング調査が行われる予定になっています。水道事業会計の統合にはこれは外すということになっておりますけれども、企業の社会的責任を求めて利益を住民に還元すべきであります。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


 細田議員。


○議員(6番 細田 栄君) 議案第43号、平成25年度小野地区の専用水道の賛成討論を行います。


 この事業も、開発に伴いまして町が水源を取得しております。小野地区は湧水でございますので、水源を買うということは受益の水田もあわせて取得しているわけですが、それの開発費用は土地代も含めてすべて回収が終わり、既にここ数年間、年間二百数十万ずつ一般会計に繰り入れて、一般財源として使っておったという経過がございます。


 今回の予算には、新水源の開発費が1,500万見てございます。これは途中から新幡郷発電所の小野トンネルの水源が合流をして、一緒に今使われているわけなんですが、大雨が降ったときには水が濁る。芝散水だと全くそれは構わないんですけども、やはりおふろとか厨房とかトイレとか飲用水と同じ用途の水もあるわけでして、それを解消するために町が積み立てた1,500万の基金を取り崩して新水源を開発するものです。この1,500万の原資も、もともとはグリーンパークさんの水道代を積み立てたものということで、私は既に初期の数千万の水源取得に伴う経費の償還も終わり、1,500万はこういった新しい水源開発または水源補修のために積み立てた基金ですので、私は妥当な予算というふうに思います。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第43号、平成25年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第34、議案第44号、平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算に反対の討論をいたします。


 歳入歳出総額は2億9,668万9,000円で、8処理区の会計が一緒になっております。今回、集落排水施設の更新支援事業といたしまして、前年500万で今年210万円予定されています。同施設の長寿命化を図るため、最適化計画をもとに施設統合と施設更新を図る、将来計画を立てるということになっておりますが、この事業は国からの補助率は50%であり、あとの50%は町持ちということになります。何といいましても、まだ施設をつくってから20年、40年たっていない中での現在22億8,900万円からの起債残のある中でのこの計画実施であります。このことが住民負担の増につながらない施策こそ必要であり、国にその支援事業を求めていくことこそ大事であります。


 そして、消費税が970万7,000円上げられています。下水を流すその汚水に消費税をかける、これは世界では例がないことであります。こういった消費税は廃止を求めていただきたい。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第44号、平成25年度伯耆町農業集落排水事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第35、議案第45号、平成25年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第45号、平成25年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第36、議案第46号、平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 議案番号46号、平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算に反対の討論を行います。


 この事業にも、公共下水道施設の寿命化事業ということで計画がされています。そして、修繕計画と設備更新の計画を立てるということになっております。溝口は、供用開始してから13年しかたっていません。大殿地区も使用開始してから10年しかたっていません。起債残高は10億円を超えている。このような状況の中で、こうした事業を取り組まなければならないということはどういうことでありましょうか。補助率も50%、これも住民負担にはね返らないような施策がどうしても必要です。国にかさ上げの要望をしていくべきです。


 そして、消費税が693万6,000円かけられています。こうした下水道にまで消費税をかける。本来、税と民主主義といいますれば所得のあるところにかけて、そして広く住民の福祉の向上につなげていくことこそ大事でありますが、国に対して世界に例のない下水にまで消費税をかけるというようなことは廃止を求めていただきたい。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第46号、平成25年度伯耆町公共下水道事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第37、議案第47号、平成25年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第47号、平成25年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり可決されました。


 日程第38、議案第48号、平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算を議題といたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第48号、平成25年度伯耆町索道事業特別会計予算の採決をいたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり可決であります。


 委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案、委員長の報告のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第39 議案第49号





○議長(長谷川 盟君) 日程第39、議案第49号、伯耆町過疎とみなされる区域に係る過疎地域自立促進計画の変更についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 直接議案審議には該当いたしませんので、改めてその点はお断りして御質問申し上げますけれども、資料編の6ページ、町道籠原栃原線の道路改良事業の総事業費がこれは空欄になってますよね。全体で幾らになるかわかりますか。27年度までしか示してなくて、28年度以降、金額が入ってくると思いますけど、大体総額1億5,000万になるのか2億になるのかとか、総額ぐらいはある程度は入らないものか質問します。


○議長(長谷川 盟君) 答弁できますか。


○議員(3番 勝部 俊徳君) わからんかったら後でいい。


○議長(長谷川 盟君) 井本課長。


○地域整備課長(井本 達彦君) 済みません、後で正確な数字を提出いたします。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第49号、伯耆町過疎とみなされる区域に係る過疎地域自立促進計画の変更についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 休憩します。


              午前11時27分休憩


    ───────────────────────────────


              午前11時28分再開


○議長(長谷川 盟君) 再開します。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第40 議案第51号





○議長(長谷川 盟君) 日程第40、議案第51号、監査委員の選任についてを議題といたします。


 本案については既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第51号、監査委員の選任についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり同意されました。


 休憩します。


              午前11時28分休憩


    ───────────────────────────────


              午前11時29分再開


○議長(長谷川 盟君) 再開します。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第41 人権擁護委員候補者の推薦について





○議長(長谷川 盟君) 日程第41、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明が終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより人権擁護委員候補者の推薦についての採決をいたします。


 本案は、松本和三氏を適任と回答することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本件は、適任と回答することに決しました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第42 議案第52号





○議長(長谷川 盟君) 日程第42、議案第52号、伯耆町営社会体育施設条例の一部改正についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(森安 保君) 議案第52号、伯耆町営社会体育施設条例の一部改正について。本案は、大山帝京すこやか村が本町へ寄附されることにより、この施設を社会体育施設として管理運営するため、本条例の一部を改正するものであります。


 新たな施設の名称は、伯耆町すこやか村とするものです。よろしくお願いします。


○議長(長谷川 盟君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 野坂議員。


○議員(9番 野坂 明典君) 二、三お願いします。


 帝京すこやか村なんですけれども、帝京大学の方から本町が寄附を受けたわけでして、全協で説明がありましたけれども、その内容をもう一度本会議場で説明いただきたい。


 その結果を公表するかどうか、何らかの方法で公表されるのか、その辺のところをお聞きいたします。


 2番目、この帝京すこやか村が本町に体育施設として寄附されたわけですけれども、この使途について何か制限があるとか、必ずゲートボール場に何年間は使用するとか、何かそういう附帯的なものがあるかどうかをお聞きします。


 もう1点は、この施設をこれからどういう形で運営して、ゲートボールだけにするのか、あるいはこれからの運用の仕方はいわゆるスポーツ審議会とかそういうところで諮って改めてその使用方法を検討されるのか、それについて、以上3点についてお伺いいたします。


○議長(長谷川 盟君) 町長。


○町長(森安 保君) まず、公表するかどうかということですけれども、先方の意向にもよりますので、私、来週、理事長さんとお会いする予定がありますので、そのときに寄附の内容を公表すべきかどうかということについては伺ってみたいと思います。


 あと、使途について、現状がああいう施設ですので当然ある程度限られますし、もともとの設置された意図というのが健康増進、それから屋内ゲートボール場ということでありましたので、ただ、これについても競技人口の問題もありますし、新たな競技が出てきているということも踏まえれば、必ずしも固執されるものではないだろうと思いますけども、そこについてもまたその意見交換する場でお聞きをしてみたいと思っております。


○議長(長谷川 盟君) 教育長。


○教育長(後藤 弥君) 今後の運営ということでございますけれども、現在、ゲートボール場として利用していただいておりますけれども、これはもちろん継続していかなければいけないだろうというぐあいに思っておりますけれども、ちょうど今議員がおっしゃいましたようにスポーツ審議会の方でいろいろとスポーツ施設についても議論をしていただくようにしておりますので、そういった中で今後の運営について御意見があれば、それを聞きながら検討させていただきたいというぐあいに思っております。


○議長(長谷川 盟君) 野坂議員。


○議員(9番 野坂 明典君) 初めの1点目のときで、その寄附総額は例えばここの中ではちょっと言いにくいという形と理解していいんでしょうか。簿価幾らとか、あるいは時価幾らかとかということはここの場では差し控えられるんでしょうか、その辺のところ一つお願いします。


○議長(長谷川 盟君) 町長。


○町長(森安 保君) 若干先方の、公共の電波に乗るということもありますので、そこの事情は御賢察いただけたらと。お話としては伺ってみたいと思います。


○議長(長谷川 盟君) よろしいですか。


 ほかに。


 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) 2点お願いします。


 まず、1点目は最初のページの表、いわゆる改正後の表の一番下の欄に教養娯楽室が利用料が100円となってますけども、これは一つは前の上段の方の会議室その他の200円、いわゆる武道館なんかの会議室は200円、これとのバランス上、100円はなぜ100円にしたのか。バランスがとれないと思うんです。その辺の考え方。


 それともう1点、作表上まずいと思われる点は、改正のこの表のつくり方がいわゆる今までは下の方の会議室その他で一回は表は切れてましたよね。その下に今度は太線枠内を追加してるから、この会議室その他というのはこれはどっちにかかってくるのかこの表では読み切れないので、これはもうちょっときちっとこれ整備しないと、会議室その他というのは厳密に言うと多分意図は溝口武道館とか岸本武道館とかそれぞれ体育館のことの会議室などを言ってると思うんで、これはきちっと文章化しないとこの会議室その他は上の表にかかるのか下の表にかかるのか、これは読み切れない。その点の2点お伺いします。


○議長(長谷川 盟君) 答弁。


 斉下次長。


○教育委員会次長(斉下 正司君) まず利用料金、教養娯楽室100円につきましては、面積の関係でほかの会議室等よりもここは狭いということで100円にしております。


 それから、作表の関係ですけれども、会議室その他につきましては帝京すこやか村を除く施設の会議室その他という解釈でおるところです。


○議長(長谷川 盟君) 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) ちょっと聞き取れなかった。最後のところをもう一度。


○議長(長谷川 盟君) もう一度答弁してください。


○教育委員会次長(斉下 正司君) 帝京すこやか村の会議室等につきましては、帝京すこやか村の中に含めておりますので、その上段にあります会議室その他というのはそれを除く上記の武道館、体育館等の施設に附属する会議室というような解釈でおるところです。


○議長(長谷川 盟君) 勝部議員。


○議員(3番 勝部 俊徳君) まず1点、今の100円の使用料ですけれども、面積で決めるという発想は今まで聞いたことがないんだけど、これは面積で多い少ないとかで100円、200円、公民館もそういう考え方はあるにはあるにしても、いろいろといわゆる冷暖房のいろんなことと等も入ってるので、100円という考え方は一般的にはこれはあんまり関係ないように、面積はじゃ何を基準にどういう考え方でそれ条例つくって今後はいくのか。それはあしき前例だと私は思うんだけど、そういう考え方は今まで余り発想があったことがないと思うんだけど、面積は。どういう基準で今後そういう条例改正をしていくことになるのか、お伺いします。


 それと、くどいけれども、この会議室のことはこの条例としての表のつくり方というのは非常に、自分の意図することといわゆる表の条例上の作文としてはまずいと思うので、今後そういう改正があるときには一応考えられておかれた方がいいと私は思いますけれども、その面積基準はどういう考え方を今後するのか。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、斉下次長。


○教育委員会次長(斉下 正司君) 面積基準についての考え方ということですけれども、これは使用料等の改正を行った際に、これは公民館とかです。その際に面積当たりの費用、人件費ですとか電気代とかそういったものを費用単価を出しまして、公民館等の使用について改正を行いました。


 今回、伯耆町すこやか村につきましてもそれを準用いたしまして、1平米当たりの単価ということで計算しているところです。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第52号、伯耆町営社会体育施設条例の一部改正についての採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第43 議案第53号





○議長(長谷川 盟君) 日程第43、議案第53号、工事請負契約の締結について(岸本小学校前校舎耐震補強及び大規模改修工事)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(森安 保君) 議案第53号、工事請負契約の締結について。本案は、岸本小学校前校舎耐震補強及び大規模改修工事の工事請負契約の締結について議決を求めるものです。


 平成25年3月18日に12社の指名競争入札を行ったところ、美保テクノス株式会社が3億975万円で落札し、現在、仮契約を締結しておりますが、本議会の議決をもって本契約とするものです。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 大森議員。


○議員(10番 大森 英一君) お尋ねいたします。


 全協で地元業者の発注の可能性についてお伺いしましたところ、契約時でも再度業者の方に案内をするとの旨は全協で聞きましたですが、後押しの意味で、町内業者で受けれる可能性のある工事種目、これはどういったことになるかお願いしたいと思います。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、斉下次長。


○教育委員会次長(斉下 正司君) 工事種目につきましては、主に外構関係が対象になろうかと思います。建築関係も内部改修等もございますけども、これにつきましては落札した業者が建築業者でございますので、これは直接ここが行うというふうに考えておりますので、その周辺設備ということで外部の外構等が対象になるのではないかと考えているところです。


○議長(長谷川 盟君) 大森議員。


○議員(10番 大森 英一君) 積極的に折に触れてそういった町内業者を進めるように努力していただきたいということで、質問を終わりたいと思います。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 数点聞かせてください。


 まず、第1点目は公契約条例が本町にはございませんが、しかし公共事業を進める場合においては地域経済の発展ということ、貢献という点は視点が大事だろうというふうに思うんですけれど、落札業者の職員や技術者の労働条件はどのようでありましょうか。町内出身者がその中にいらっしゃるのかどうなのか、その点は目配りがあったのかどうなのかお聞かせください。


○議長(長谷川 盟君) これはちょっと質問を変えてください。それは会社のことですからね、町当局に聞いてもわからんと思います。この契約を認めるかどうかの提案ですから。質問を変えてください。


○議員(12番 幅田千富美君) 以上です。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第53号、工事請負契約の締結について(岸本小学校前校舎耐震補強及び大規模改修工事)の採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第44 議案第54号





○議長(長谷川 盟君) 日程第44、議案第54号、工事請負契約の締結について(岸本中学校校舎改修工事)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(森安 保君) 議案第54号、工事請負契約の締結について。本案は、岸本中学校校舎改修工事の工事請負契約の締結について議決を求めるものです。


 平成25年3月18日に12社の指名競争入札を行ったところ、株式会社フィディアが2億4,150万円で落札し、現在、仮契約を締結しておりますが、本議会の議決をもって本契約とするものです。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 大森議員。


○議員(10番 大森 英一君) 10番、大森です。


 議案第53号と同趣旨で、この54号についても可能性のある職種についてお知らせくださいませ。


○議長(長谷川 盟君) 答弁、斉下次長。


○教育委員会次長(斉下 正司君) 先ほどと同様でございますけども、ここのほかのところに入ってしまいますけども、外部の外構関係の工事、これが中心に地元業者への下請が期待されるところであると考えております。以上です。


○議長(長谷川 盟君) 大森議員。


○議員(10番 大森 英一君) 外構にかかわらず、可能性のある工事種目について、積極的な対応をお願いしたい旨の依頼を引き続きお願いしたいということを申しまして、質問を終わります。


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第54号、工事請負契約の締結について(岸本中学校校舎改修工事)の採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第45 陳情について(陳情第1号)及び日程第46 陳情について(陳情第3号)


○議長(長谷川 盟君) 日程第45、陳情について(陳情第1号)及び日程第46、陳情について(陳情第3号)の2案件を審議の都合上一括議題といたします。


 陳情第1号及び陳情第3号については、教育民生常任委員会に審査を付託しておりますので、委員長の報告を求めます。


 小村教育民生常任委員長。


○教育民生常任委員会委員長(小村 公洋君)


    ───────────────────────────────


            教育民生常任委員会審査報告書


 平成25年3月5日第1回本町議会定例会において付託された案件を審査したので、会議規則第77条の規定によりその結果を次のとおり報告する。


 1 陳情の名称 陳情第1号 妊婦健診と、ヒブ、小児用肺炎球菌・子宮頸がん予防3ワクチンへの2012年度と同水準の公費助成を国に求める意見書提出の陳情


 2 陳情の内容 省略


 3 審査の経過


 本陳情を付託されたので、平成25年3月8日、本委員会を開いて慎重に審査を行った。


 4 審査の決定及びその理由


 妊婦健診及びヒブ、小児用肺炎球菌、子宮頸がん予防の3ワクチンについては、同水準の公費助成を競争入札に求めるべきである。


 よって、本陳情は「採択」とすべきものと決した。


 5 少数意見の留保の有無 なし


   平成25年3月22日


                   教育民生常任委員会委員長 小 村 公 洋


 伯耆町議会議長 長谷川   盟 様


    ───────────────────────────────


            教育民生常任委員会審査報告書


 平成25年3月5日第1回本町議会定例会において付託された案件を審査したので、会議規則第77条の規定によりその結果を次のとおり報告する。


 1 陳情の名称 陳情第3号 年金2.5%の削減中止を求める陳情


 2 陳情の内容 省略


 3 審査の経過


 本陳情を付託されたので、平成25年3月8日、本委員会を開いて慎重に審査を行った。


 4 審査の決定及びその理由


 本陳情は、年金2.5%の削減を中止するよう求めたものである。


 この法案は、年金額を据え置いていた特例措置部分を3年間で解消するもので、年金物価スライド制度や給付と負担のバランスを考慮すれば、当然実施すべきものであり、本陳情は「不採択」とすべきものと決した。


 5 少数意見の留保の有無 なし


   平成25年3月22日


                   教育民生常任委員会委員長 小 村 公 洋


 伯耆町議会議長 長谷川   盟 様


    ───────────────────────────────


 以上で審査の結果を終わります。


○議長(長谷川 盟君) これより委員長報告に対し1案件ずつ質疑、討論、採決を行います。


 陳情第1号、妊婦健診と、ヒブ、小児用肺炎球菌・子宮頸がん予防3ワクチンへの2012年度と同水準の公費助成を国に求める意見書提出の陳情を議題といたします。


 これより委員長報告に対して質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 陳情第1号について、委員長報告が採択でありますので、まず原案に対し反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより陳情第1号、妊婦健診と、ヒブ、小児用肺炎球菌・子宮頸がん予防3ワクチンへの2012年度と同水準の公費助成を国に求める意見書提出の陳情を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、採択であります。


 本陳情は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立全員であります。よって、本陳情は、委員長の報告のとおり採択することに決しました。


 陳情第3号、年金2.5%の削減中止を求める陳情を議題といたします。


 これより委員長報告に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 陳情第3号について、委員長報告が不採択でありますので、まず陳情原案に対し賛成の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(12番 幅田千富美君) 陳情第3号、年金2.5%の削減中止を求める陳情、賛成の討論を行います。


 願意は、ことしの10月からの年金引き下げを中止することを求めたものです。


 本町の年金受給者は、平成24年3月現在で厚生年金が3,936人、総額でいえば25億6,626万1,000円にもなります。国民年金は3,639人で、24億7,819万1,000円にもなります。合計すれば50億4,445万2,000円でございます。これが2.5%削減されますと、合わせて12億6,177万8,000円減額になるということです。これは地域経済の大幅な引き下げにつながってまいります。


 モデル世帯で夫婦、厚生年金40年、妻は専業主婦の場合では厚生年金で8万100円、国民年金で1万7,700円減額になります。これから20年、15年にかけて厚生年金7万1,000円と国民年金2万1,000円でこれから9万1,100円減額になるという内容になっています。大変な地域経済の疲弊につながる内容でございます。


 削減法は、昨年の11月16日、衆議院解散直前にほとんど審議されないで自公民多数のもとで決定されました。今、灯油やガソリンを初め生活必需品の値上げ、復興税や各種控除によります縮小で増税や保険料の負担増など、高齢者の生活は大変厳しさを増している状況でございます。10年以上もかけ、年金を引き下げる理由はありません。来年4月から消費税の引き上げが重なるなら、その深刻さはより一層はかり知れません。その上に、TPP交渉参加、医療も農業もがたがた、事は高齢者のみならず地域経済への大打撃。特に本町は低年金者にとっては生存権が脅かされるもとになってまいります。見過ごすことはできません。


 本来、物価スライドと言うならば、物価高騰に対して目減りする、これを国が回避するために手だてをする。年金削減の試算とするのは本末転倒です。ヨーロッパの流れとは全く逆行方向です。不況打開のためにも、この10月からの年金削減中止、国に求めて賛成討論といたします。


○議長(長谷川 盟君) 次に、陳情原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) 次に、陳情原案賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(長谷川 盟君) これにて討論を終結いたします。


 これより陳情第3号、年金2.5%の削減中止を求める陳情の採決をいたします。


 本件に対する委員長の報告は、不採択であります。


 したがって、陳情原案について採決いたします。


 本陳情を採択することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(長谷川 盟君) 起立少数であります。よって、本陳情は、不採択することに決しました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第47 総務経済常任委員会の閉会中の継続審査について





○議長(長谷川 盟君) 日程第47、総務経済常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 総務経済常任委員長から、目下委員会において審査中の事件、陳情第2号、安倍内閣にTPP(環太平洋連携協定)への参加断念を求める意見書の提出を求める陳情につきましては、審査日時が不足のため、会議規則第75条の規定により閉会中の継続審査の申し出がありました。


 よって、委員長の報告の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) ほかに。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) 異議なしですね。


 賛成者がありませんので、異議は認められません。よって、総務常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第48 教育民生常任委員会の閉会中の継続審査について





○議長(長谷川 盟君) 日程第48、教育民生常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 教育民生常任委員長から、目下委員会において審査中の事件、平成23年陳情第11号、「社会保障と税の一体改革成案」に反対する陳情につきまして、審査日時不足のため、会議規則第75条の規定により閉会中の継続審査の申し出がありました。


 よって、委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議あり」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) ほかにありますか。


             〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) 賛成者がありませんので、異議は認められません。よって、教育民生常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第49 議会運営委員会の閉会中の継続調査について





○議長(長谷川 盟君) 日程第49、議会運営委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。


 議会運営委員長から、臨時会を含む次の議会の運営を円滑かつ効率的に行うため、閉会中において議会運営に関する事項を継続調査したい旨の申し出がありました。


 よって、委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


    ─────────────・───・─────────────


○議長(長谷川 盟君) お諮りいたします。本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により閉会いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(長谷川 盟君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会はこれをもって閉会することに決しました。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって平成25年第1回伯耆町議会定例会を閉会いたします。どうも御苦労さんでございました。


              午後0時00分閉会


    ───────────────────────────────