議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成20年 9月第 7回定例会(第1日 9月10日)




平成20年 9月第 7回定例会(第1日 9月10日)





伯耆町告示第53号


 平成20年第7回伯耆町議会定例会を、次のとおり招集する。


   平成20年9月2日


                            伯耆町長 住 田 圭 成


1.期 日  平成20年9月10日


2.場 所  伯耆町議会議場


        ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


       遠 藤 俊 寛            細 田   栄


       影 山 辰 雄            小 村 公 洋


       長谷川   盟            野 坂 明 典


       大 森 英 一            中 田 壽 國


       幅 田 千富美            大 江   昇


       入 江 正 美            柳 清 茂 郎


       田 邊 公 教            西 郷 一 義


        ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


       角 田   純            勝 部 博 史


        ───────────────────────────────


────────────────────────────────────────


    第7回 伯 耆 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                           平成20年9月10日(水曜日)


────────────────────────────────────────


 
                         平成20年9月10日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第79号 伯耆町図書館図書整備基金条例の制定について


日程第5 議案第80号 伯耆町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正


           について


日程第6 議案第81号 町道路線の認定について


日程第7 議案第82号 平成20年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)


日程第8 議案第83号 平成20年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第9 議案第84号 平成20年度伯耆町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第10 議案第85号 平成20年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第11 議案第86号 平成20年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第12 議案第87号 平成20年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)


日程第13 議案第88号 平成20年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第1号)


日程第14 議案第89号 平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第15 議案第90号 平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第16 議案第91号 平成19年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について


日程第17 議案第92号 平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第18 議案第93号 平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第19 議案第94号 平成19年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認


           定について


日程第20 議案第95号 平成19年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認


           定について


日程第21 議案第96号 平成19年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定に


           ついて


日程第22 議案第97号 平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に


           ついて


日程第23 議案第98号 平成19年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計歳入歳出決算認定


           について


日程第24 議案第99号 平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第25 議案第100号 平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


日程第26 議案第101号 平成19年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第27 議案第102号 平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


日程第28 議案第103号 平成19年度伯耆町索道事業特別会計歳入歳出決算認定について


日程第29 議案第104号 平成19年度伯耆町地域交通特別会計歳入歳出決算認定について


日程第30 議案第105号 平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会


           計歳入歳出決算認定について


日程第31 議案第106号 平成19年度伯耆町水道事業会計決算認定について


日程第32 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第33 人権擁護委員候補者の推薦について


        ───────────────────────────────


              本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第79号 伯耆町図書館図書整備基金条例の制定について


日程第5 議案第80号 伯耆町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正


           について


日程第6 議案第81号 町道路線の認定について


日程第7 議案第82号 平成20年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)


日程第8 議案第83号 平成20年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)


日程第9 議案第84号 平成20年度伯耆町老人保健特別会計補正予算(第2号)


日程第10 議案第85号 平成20年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第11 議案第86号 平成20年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第12 議案第87号 平成20年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)


日程第13 議案第88号 平成20年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第1号)


日程第14 議案第89号 平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第15 議案第90号 平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第16 議案第91号 平成19年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について


日程第17 議案第92号 平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第18 議案第93号 平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第19 議案第94号 平成19年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認


           定について


日程第20 議案第95号 平成19年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認


           定について


日程第21 議案第96号 平成19年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定に


           ついて


日程第22 議案第97号 平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定に


           ついて


日程第23 議案第98号 平成19年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計歳入歳出決算認定


           について


日程第24 議案第99号 平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第25 議案第100号 平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


日程第26 議案第101号 平成19年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第27 議案第102号 平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定につ


            いて


日程第28 議案第103号 平成19年度伯耆町索道事業特別会計歳入歳出決算認定について


日程第29 議案第104号 平成19年度伯耆町地域交通特別会計歳入歳出決算認定について


日程第30 議案第105号 平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会


            計歳入歳出決算認定について


日程第31 議案第106号 平成19年度伯耆町水道事業会計決算認定について


日程第32 人権擁護委員候補者の推薦について


日程第33 人権擁護委員候補者の推薦について


        ───────────────────────────────


                出席議員(14名)


      1番 遠 藤 俊 寛        2番 細 田   栄


      3番 影 山 辰 雄        4番 小 村 公 洋


      6番 長谷川   盟        7番 野 坂 明 典


      9番 大 森 英 一        10番 中 田 壽 國


      11番 幅 田 千富美        12番 大 江   昇


      13番 入 江 正 美        14番 柳 清 茂 郎


      15番 田 邊 公 教        16番 西 郷 一 義


        ───────────────────────────────


               欠席議員(2名)


      5番 角 田   純        8番 勝 部 博 史


        ───────────────────────────────


               欠  員(なし)


        ───────────────────────────────


             事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 阿 部   泰   書記 ─────── 椎 木   慈


        ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 住 田 圭 成   副町長 ────── 岡 田 賢 治


 教育長 ────── 圓 山 湧 一   監査委員 ───── 遠 藤 政 明


 総務課長 ───── 鞍 掛 宣 史   地域再生戦略課長 ─ 斉 下 正 司


 住民課長 ───── 上 田 博 文   総合福祉課長 ─── 小 原 章 信


 地域整備課長 ─── 小 村 恵 吾   なのはな生活課参事監 森 田 俊 朗


 なのはな生活課長 ─ 足 澤 秀 基   産業課長 ───── 白 根 弘 道


 教育委員会次長 ── 可 児 弘 俊   教育委員会参事監 ─ 藤 井 好 文


     ───────────────────────────────





◎議長あいさつ





○議長(西郷 一義君) 皆さん、おはようございます。


 本日から9月補正予算議会、定例議会が26日まで17日間の会期をもって開催されるわけでございますが、御承知のように9月補正並びに条例あるいは陳情、そして大切な前年度、19年度の決算審査の認定と非常に盛りだくさんな議案が審議されるわけでございますが、いつも申し上げますように、濃密にしてまた慎重な審査をお願いしておきたいというふうに思います。大変長丁場となりますが、よろしくお願い申し上げます。


     ───────────────────────────────





◎午前9時00分開会





○議長(西郷 一義君) ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、平成20年第7回伯耆町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付してあります別紙のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(西郷 一義君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、2番、細田栄議員及び3番、影山辰雄議員を指名いたします。


    ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(西郷 一義君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から9月26日までの17日間といたしたいと思います。これに異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から9月26日までの17日間と決定いたしました。


 休憩いたします。


              午前9時03分休憩


     ───────────────────────────────


              午前9時05分再開


○議長(西郷 一義君) 再開いたします。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(西郷 一義君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 本日の会議の欠席の届け者を報告いたします。


 5番、角田純議員及び8番、勝部博史議員から欠席の届けが出ております。


 監査委員から、平成20年8月分の例月出納検査結果報告書が議長のもとに提出されたので、この際、御報告いたします。


 なお、詳細につきましては事務局に保管しておりますので、閲覧をお願いいたします。


 本日までに受理した請願・陳情は、議長においてお手元に配付の請願・陳情文書表のとおり所管の常任委員会に審査を付託しましたので、御報告いたします。


 本日までの会議等は、お手元に配付の諸報告書のとおりであります。資料等は議会事務局に保管しておりますので、閲覧をお願いいたします。


 法人の経営状況について、並びに平成19年度決算に係る健全化判断比率等について、お手元に配付のとおり町長から報告を受けております。


 伯耆町有線テレビジョン並びに中海テレビの撮影を許可しております。


 以上で諸般の報告を終わります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第79号 から 日程第13 議案第88号





○議長(西郷 一義君) 日程第4、議案第79号、伯耆町図書館図書整備基金条例の制定についてから日程第13、議案第88号、平成20年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第1号)までの10議案を審査の都合上一括議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 住田町長。


○町長(住田 圭成君) 本日から26日までの長期間にわたります9月定例会でございますが、特に本定例会には平成19年度の各会計の決算認定につきまして、監査委員の意見をつけて認定をいただくようお願いをいたしているところでございます。どうぞよろしくお願いをいたします。


 それでは、議案第79号から議案第88号まで一括上程をいただきましたので、順次提案説明を申し上げたいと思います。


 まず、議案第79号、伯耆町図書館図書整備基金条例の制定についてでございますが、本案は町内在住者から図書館のがんに係る医療関係図書の充実に寄与したいとの申し出により寄附金を受けており、これを有効に活用するための基金条例を制定することについて本議会の議決を求めるものでございます。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第80号、伯耆町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてでございますが、本案は地方自治法の改正により議員の報酬が他の行政委員会の報酬の規定から分離され、その名称を「議員報酬」と改められたことにより、本条例中にあります「報酬」を「議員報酬」と改正することについて本議会の議決を求めるものであります。


 また、伯耆町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例において引用しております条項に異動がありますので、あわせて改正をいたすものでございます。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第81号、町道路線の認定についてでございますが、本案は町道の路線を新しく2路線認定しようとするものであります。


 初めに、大殿地内において有限会社影山製材所が開発した住宅団地内の道路を町道に認定するものであります。起点につきましては町道坂長9号線との接点とし、終点を農道との接点とする区間で、延長79メートル、車道幅員6メートルの道路を町道殿河内13号線として新規に認定しようとするものであります。


 次に、溝口地区簡易水道の船福水源地と船福配水池を町で管理しているため、この施設に至る林道を町道に認定するものであります。起点につきましては町道下モ野上線との接点とし、終点を船福水源地の先とする間で、延長351メートル、車道幅員2.5メートルの道路を町道船越1号線として新規に認定しようとするものであります。


 位置及び概要につきましては、お手元の議案に添付しております参考資料のとおりであります。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第82号、平成20年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、本案は平成20年度伯耆町一般会計予算につきまして補正するものであります。


 補正予算の主な内容は、歳入では法人町民税の減収見込みによる町税の減、地方特例交付金、普通交付税、前年度繰越金の確定による増等でございます。


 歳出では、後年度の投資的経費の財源として公共施設等整備基金への2億3,000万円の積み立てのほか、小・中学校の耐震診断、防災行政無線統合整備に必要な調査設計、平成21年10月から始まる個人住民税の年金からの特別徴収に対応するためのシステム改修等によるものでございます。


 補正額は3億5,100万円の増額となり、補正後の歳入歳出予算総額は63億2,700万円となります。


 歳入の主な内容を申し上げますと、町税を2,540万3,000円の減、地方特例交付金を528万5,000円の増、地方交付税を1億450万1,000円の増、国庫支出金を938万5,000円の増、県支出金を1,232万5,000円の増、繰越金を2億4,170万6,000円の増としております。


 歳出の主な内容を申し上げますと、総務費を2億7,117万5,000円の増、衛生費を589万円の増、農林水産業費を478万9,000円の増、消防費を732万円の増、教育費を1,835万4,000円の増といたしております。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第83号、平成20年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、本案は医療費の増加に対応するため及び特定健診、特定保健指導等に要する諸経費を補正するものであります。


 補正の額は歳入歳出それぞれ903万4,000円増額し、予算の総額を12億3,440万1,000円とするものであります。


 主な内容を申し上げますと、歳入では国庫負担金51万6,000円の増、療養給付費等交付金781万8,000円の増、繰入金70万円の増であります。


 歳出では、保険給付費886万8,000円の増、保健事業費95万3,000円の増、予備費におきまして78万7,000円の減といたしております。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第84号、平成20年度伯耆町老人保健特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、本案は既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ416万4,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億9,923万2,000円とするものであります。


 補正予算の内容につきましては、歳入では支払い基金交付金145万7,000円の増、国庫支出金270万7,000円の増。歳出では、諸支出金416万4,000円の増とするものであります。これは平成19年度の交付金等の精算により、関係機関の概算負担額に超過交付が生じたため、平成20年度において返還するものでございます。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第85号、平成20年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、本案は7月23日、8月14日の落雷に伴う水道施設の修繕費用と、溝口地区統合簡易水道事業の焼杉水源のボーリング工事のための費用及び前年度繰越金の額の確定により補正を行うものでございます。


 補正の内容につきましては、歳入歳出の総額にそれぞれ2,016万8,000円を追加し、補正後の予算総額を2億8,275万7,000円とするものでございます。


 歳入につきましては、繰入金827万4,000円の増、繰越金298万3,000円の増、諸収入891万1,000円の増でございます。


 歳出につきましては、簡易水道費1,809万3,000円の増、予備費207万5,000円の増といたしております。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第86号、平成20年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第2号)についてでございますが、本案は前年度繰越金の額の確定により補正するものでございます。


 補正の内容につきましては、歳入歳出の総額にそれぞれ122万円を追加し、補正後の予算総額を1,029万5,000円とするものであります。


 歳入につきましては、繰越金122万円の増。歳出につきましては予備費において財源調整、同額でございまして122万円の増といたしております。


 議案第87号、平成20年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、本案は平成20年度に予定しております浄化槽の設置数の増加に伴う補正をするものでございます。


 補正予算の額は、歳入歳出の総額にそれぞれ414万9,000円を追加し、補正後の予算総額を2,870万1,000円とするものでございます。


 歳入につきましては、分担金及び負担金27万円の増、国庫支出金123万3,000円の増、繰入金54万6,000円の増、町債につきまして210万円の増でございます。


 歳出につきましては、事業費として414万9,000円の増といたしております。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第88号、平成20年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、本案は未整備地区への伝送路整備事業及び落雷による伝送路障害の復旧工事費、共架柱移転に伴う伝送路移転工事費などに要する費用について補正をするものでございます。


 補正額は、歳入歳出それぞれ1,539万6,000円を増額し、予算の総額を2億1,624万3,000円とするものであります。


 歳入につきましては、分担金及び負担金76万4,000円の増、繰入金150万4,000円の増、諸収入735万9,000円の増、町債において560万円の増といたしております。


 歳出につきましては、総務費1,539万6,000円としております。よろしくお願いをいたします。


 以上、一括上程いただきました議案第79号から議案第88号までにつきましての提案理由の説明といたします。どうぞよろしくお願いをいたします。


○議長(西郷 一義君) 以上、町長の提案理由の説明は終わりましたが、これらの10議案につきましては本日は以上のとおりにとどめ、これらに対する質疑は9月26日午前9時から行います。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第89号 から 日程第31 議案第106号





○議長(西郷 一義君) 日程第14、議案第89号、平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから日程第31、議案第106号、平成19年度伯耆町水道事業会計決算認定についてまでの18議案を審議の都合上一括議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(住田 圭成君) 一括上程いただきましたので、順次提案説明を申し上げたいと存じます。


 議案第89号、平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてでございますが、本案は平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算について、8月18日から21日までの4日間、監査委員により審査を受けたものを、その意見を添えて本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額69億897万2,499円、歳出総額66億4,709万9,311円、歳入歳出差し引き残高2億6,187万3,188円であります。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをしております。


 決算の詳細は、決算書並びに附属書類のとおりでございますので、よろしくお願いをいたします。


 議案第90号、平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、本案は平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額13億512万537円、歳出総額12億2,783万4,833円、歳入歳出差し引き残高7,728万5,704円でございます。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをいたしております。


 議案第91号、平成19年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額18億497万4,067円、歳出総額18億2,694万1,644円、歳入歳出差し引き不足額2,196万7,577円であります。この不足額は、平成20年度より繰り上げ充用いたしました。よろしくお願いをいたします。


 議案第92号、平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額4億4,965万3,688円、歳出総額4億1,877万5,296円、歳入歳出差し引き残高3,087万8,392円であります。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをいたしております。


 次に、議案第93号、平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額562万7,921円、歳出総額324万9,037円、歳入歳出差し引き残高237万8,884円であります。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをいたしております。


 次に、議案第94号、平成19年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額865万9,830円、歳出総額865万9,830円、歳入歳出差し引き残高ゼロでございます。よろしくお願いをいたします。


 議案第95号、平成19年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額197万4,450円、歳出総額197万4,450円、歳入歳出差し引き残高はございません。以上でございます。


 議案第96号、平成19年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額531万9,643円、歳出総額54万9,869円、歳入歳出差し引き残高476万9,774円でございます。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをいたしております。


 次に、議案第97号、平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、本案は平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額3億9,588万1,189円、歳出総額3億9,588万1,189円でございまして、歳入歳出差し引き残高はゼロでございます。


 次に、議案第98号、平成19年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額1,991万1,316円、歳出総額1,991万1,316円でございまして、歳入歳出差し引き残高はゼロ円でございます。


 次に、議案第99号、平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算について、本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額2億2,846万8,706円、歳出総額2億2,846万8,706円でございまして、歳入歳出差し引き残高はゼロでございます。


 次に、議案第100号、平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額2,257万4,955円、歳出総額2,257万4,955円でございまして、歳入歳出差し引き残高はゼロ円でございます。


 次に、議案第101号、平成19年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額376万1,244円、歳出総額3,834万4,605円、歳入歳出差し引き不足額3,458万3,361円であります。この不足額は、平成20年度より繰り上げ充用いたしております。よろしくお願いをいたします。


 次に、議案第102号、平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額1億7,652万3,572円、歳出総額1億7,652万3,572円でございまして、歳入歳出差し引き残高ゼロ円でございます。


 次に、議案第103号、平成19年度伯耆町索道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町索道事業特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、歳入総額1,990万975円、歳出総額4,267万9,862円、歳入歳出差し引き不足額2,277万8,887円であります。この不足額は、平成20年度より繰り上げ充用いたしました。以上でございます。


 議案第104号、平成19年度伯耆町地域交通特別会計歳入歳出決算認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町地域交通特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額1億4,004万705円、歳出総額、同額の1億4,004万705円でございまして、歳入歳出差し引き残高はゼロ円でございます。


 議案第105号、平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会計歳入歳出決算認定についてでございますが、本案は平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会計歳入歳出決算について本議会の認定を求めるものでございます。


 決算の状況は、歳入総額71万1,045円、歳出総額26万8,400円、歳入歳出差し引き残高44万2,645円であります。この余剰金は、平成20年度に繰り越しをいたしております。


 次に、議案第106号、平成19年度伯耆町水道事業会計決算の認定についてでありますが、本案は平成19年度伯耆町水道事業会計決算について本議会の認定を求めるものであります。


 決算の状況は、営業収益5,622万7,605円、営業費用5,334万697円、営業外収益840万524円、営業外費用1,464万8,366円、特別損失128万2,648円、収支差し引き464万3,582円の純損失で、累計の未処理欠損金は8,726万6,408円となりました。よろしくお願いをいたします。


 以上で一括上程をいただきました決算についての説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをいたします。


○議長(西郷 一義君) これで提案理由の説明を終わります。


 次に、監査委員に対して決算審査意見書の報告を求めます。


 遠藤代表監査委員。


○監査委員(遠藤 政明君) 平成19年度決算審査意見について、伯耆町長、住田圭成様。伯耆町監査委員、遠藤政明、同じく監査委員、入江正美。


 規定により審査に付された書類を審査した結果、別紙のとおりその意見を付して提出いたします。


 平成19年度伯耆町歳入歳出決算審査意見書。1、総論。地方自治法第233条第2項及び地方公営企業法第30条第2項の規定により審査に付された平成19年度伯耆町一般会計、各特別会計歳入歳出決算及び地方公営企業会計決算並びに地方自治法第241条第5項の規定により審査に付された基金の運用状況について、平成20年8月18日から21日までの4日間審査を実施いたしました。


 その状況は、一般会計、各特別会計歳入歳出決算及び企業会計決算並びに基金の運用状況について、関係の諸帳簿、証拠書類を照合し厳正に審査を行いました。計数はいずれも符合して正確であり、出納経理も的確に処理されており、適正な決算であることを認めました。


 各財政指標は、経常収支比率が93.5%、前年度94.4%、公債費負担比率が27.0%、前年度26.4%、実質公債費比率が21.1%、前年度19.5%となっています。このうち、財政構造の弾力性を示す経常収支比率が0.9ポイント下がっています。この要因は、起債償還などがピークを迎えているにもかかわらず職員給与のカットなどによる人件費抑制、及び補助金の見直しなどによる補助費の抑制などに取り組まれた結果であり、前年度に引き続き財政の健全化に全職員が一丸となって努力されたことがうかがえます。


 その反面、自治体の財政健全度を示す実質公債費比率が1.6ポイント上がっており、依然として危険ラインの18%を超えているため、起債の借り入れには許可が必要となっています。


 以下、各会計別に若干の見解を付して審査意見書とします。


 2、一般会計。平成19年度一般会計歳入総額は、前年度対比1.2%増の69億897万2,499円、歳出総額は前年度対比1.4%増の66億4,709万9,311円で、歳入歳出差し引き残額2億6,187万3,188円を翌年度に繰り越しています。繰越額2億6,187万3,188円には、予算執行上の正当な手続を踏んで措置された繰り越し事業の財源16万7,000円が含まれているため、実質2億6,170万6,188円であります。平成18年度実質繰越額2億4,184万3,600円を差し引くと、単年度収支は1,986万2,588円の黒字であります。財政調整基金として6,047万円を積み立てているので、実質単年度収支は8,033万2,588円の黒字となっています。


 (1)歳入。平成19年度一般会計歳入決算は、予算現額69億856万3,000円に対し調定額は70億4,118万5,397円、収入済み額69億897万2,499円で、不納欠損額は3万9,800円、収入未済額は1億3,217万3,098円であり、予算額に対して100%、調定額に対して98.1%の収入状況となっています。


 収入未済額の主なものは、町民税2,702万10円、固定資産税9,539万7,228円、軽自動車税105万4,320円、児童福祉費負担金180万6,530円、住宅使用料442万3,588円などであります。地方ではいまでに景気が低迷し、依然として滞納額は毎年増加の一途をたどっており、財源が不足する中で深刻な問題であります。徴収業務については努力の跡がうかがえるが、滞納の増加は町民の納税意欲の低下につながるおそれがあり、役場全体の問題としてとらえ、個々の状況をよく分析し、徴収に一層努力されることを期待いたします。


 (2)歳出。平成19年度の一般会計歳出決算は、予算現額69億856万3,000円に対し支出済み額は66億4,709万9,311円で、予算総額に対する執行率は96.2%であります。不用額2億5,090万5,689円のうち主なものは総務費3,887万4,410円、民生費7,891万5,261円、農林水産業費2,661万9,230円、商工費3,111万6,586円、土木費3,491万2,163円であります。


 なお、翌年度繰越額は農林水産業費の1,058万8,000円であり、これは繰越明許費として予算執行上の正当な手続を踏んで措置されております。


 翌年度繰越額を除く執行率は96.4%となり、予算の執行状況は良好であると認めました。


 3、国民健康保険特別会計。本会計は、歳入総額13億512万537円に対し歳出総額は12億2,783万4,833円であり、歳入歳出差し引き残額7,728万5,704円を翌年度に繰り越しています。


 国民健康保険特別会計の収入状況は、予算現額13億870万9,000円に対し調定額は13億5,724万3,161円、収入済み額13億512万537円で、収入未済額は5,212万2,624円となり、予算額に対して99.7%、前年度100.3%、調定額に対して96.2%、前年度95.5%の収入状況となっています。収入未済額のうち、滞納繰り越し分の収入状況は予算額817万7,000円に対して調定額5,037万9,469円、収入済み額897万8,525円であり、徴収率では17.8%、前年度20.2%であります。


 歳出の主なものは、保険給付費7億9,459万8,899円、老人保健拠出金2億594万3,746円などとなっています。


 引き続き団塊の世代の大量退職や景気の低迷による早期退職者、離職者が多く、加入者が増加しています。今後も納税義務の重要性を促し、町民の納税意欲の低下を招かぬよう一層の徴収努力を期待いたします。


 4、老人保健特別会計。本会計は、歳入総額18億497万4,067円に対し歳出総額18億2,694万1,644円で、歳入歳出差し引き不足額2,196万7,577円は翌年度歳入の繰り上げ充用がなされています。受給者は2,108人で、前年度より108人減少しています。しかし、入院の件数、医療費はともに毎年増加の一途をたどっています。要因は、受給者の年齢構成が上がったための加齢による病気罹患率の上昇と重病化によるものと思われます。今後も健康保持増進を図る事業を積極的に実施し、医療給付費の抑制に努力されることを期待いたします。


 5、簡易水道事業特別会計。本会計は、歳入総額4億4,965万3,688円に対し歳出総額4億1,877万5,296円で、歳入歳出差し引き残額3,087万8,392円を翌年度に繰り越しています。一般会計からの繰入金は3,252万5,968円であり、内訳は繰り上げ償還分補給206万4,000円、起債償還金補給3,014万1,632円、農村総合整備モデル事業資金償還金助成32万336円であります。農業集落排水事業にあわせて栃原、籠原地区の配水管の布設がえや大坂地区での配水管の布設をすることで安定した飲料水の供給、未普及地域の解消が図られています。今後もライフラインの基本となる水道事業の重要性をかんがみ、引き続き健全な事業運営がなされることを期待いたします。


 6、小規模水道事業特別会計。本会計の歳入総額は562万7,921円、歳出総額は324万9,037円で、歳入歳出差し引き残額237万8,884円を翌年度に繰り越しています。引き続き健全経営に努められたく思います。


 7、丸山地区専用水道事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに865万9,830円となっています。引き続き健全経営に努められたく思います。


 8、小野地区専用水道事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに197万4,450円となっています。引き続き健全経営に努められたく思います。


 9、町営公園墓地事業特別会計。本会計の歳入総額は531万9,643円、歳出総額は54万9,869円で、歳入歳出差し引き残額476万9,774円を翌年度に繰り越しています。


 なお、墓地利用の要望には繰越金等により新しく墓地を設置し、ニーズに対応するなどの検討を図られたく思います。引き続き健全経営に努められたく思います。


 10、農業集落排水事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに3億9,588万1,189円となっています。本年度は栃原地区で管路施設の整備を実施しています。平成20年3月末における各処理区の接続率は、須村処理区91.3%、旭処理区87.6%、吉定処理区89.7%、金岩処理区75.0%、久古処理区77.4%、二部処理区61.5%、遠藤処理区67.1%、大滝処理区16.7%となっています。全体の接続状況は、対象戸数1,768戸のうち1,282戸、72.5%の接続率となっています。今後も事業の目的に沿い接続率の向上に努力され、水質浄化、生活環境の改善を図られたく思います。


 11、小規模集合排水事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに1,991万1,316円となっています。平成20年3月末における各処理区の接続率は、半川処理区100%、小町処理区88.9%、小野処理区85.0%、小林処理区100%、林ケ原処理区59.1%となっています。全体の接続状況は、対象戸数82戸のうち68戸、82.9%の接続率となっています。今後も事業の目的に沿い接続率の向上に努力され、水質浄化、生活環境の改善を図られたく思います。


 12、公共下水道事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに2億2,846万8,706円となっています。平成20年3月末における各地の接続率は、大殿地区86.0%、溝口地区83.7%となっています。全体の接続状況は、対象戸数1,578戸のうち1,342戸、85.0%の接続率となっています。今後も事業の目的に沿い接続率の向上に努力され、水質浄化、生活環境の改善を図られたいと思います。


 13、浄化槽整備事業特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに2,257万4,955円となっています。本年度は、福岡地区を中心に13基の合併浄化槽を設置しています。平成20年3月末における接続率は、設置済み戸数195戸のうち接続戸数151戸、77.0%の接続率となっています。今後も事業の目的に沿い接続率の向上に努力され、水質浄化、生活環境の改善を図られたく思います。


 14、住宅新築資金等貸付事業特別会計。本会計は、歳入総額376万1,244円に対し歳出総額3,834万4,605円であり、歳入歳出差し引き不足額3,458万3,361円が生じています。この不足額は翌年度歳入繰り上げ充用金3,458万3,361円で補てんされています。貸付金元利収入未済額は228万7,318円、歳入欠陥補てん収入未済額3,229万6,043円で年々増加してきています。長引く景気の低迷で個人の実情は非常に厳しいが、回収に努力されたく思います。


 15、有線テレビ放送特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに1億7,652万3,572円となっています。


 歳入のうち主なものは、施設使用料3,925万4,003円、一般会計繰入金1億1,276万2,043円であります。なお、一般会計繰入金の中には地方交付税等7,060万4,000円が含まれており、実質の一般財源は4,215万8,043円であります。今後は平成23年度の完全デジタル化と、合併時からの懸案である旧町間におけるサービスと料金の格差などをアンケート結果に基づいた住民の意向を踏まえ、あらゆる角度から検討し、対処されたく思います。今後とも町民ニーズに対応した放送内容の充実を図られたく思います。


 16、索道事業会計。本会計の歳入総額は1,990万975円で、歳入の主なものは施設貸付収入607万4,000円と一般会計繰入金1,186万5,000円になっています。歳出総額は4,267万9,862円で、内訳は事業管理費1,587万9,862円、旧会計借入金返済金2,680万円となっています。今後、施設の突発的な修繕、耐用年数に達する大規模修繕、更新等が確実に予想されるので、根本的な対策を検討されたく思います。


 17、伯耆町地域交通特別会計。本会計は、歳入歳出総額ともに1億4,004万705円となっています。歳入のうち主なものは、バス等使用料351万5,900円、一般会計繰入金7,611万4,990円であります。なお、一般会計繰入金の中には地方交付税6,310万1,000円が含まれており、実質の一般財源は1,301万3,990円であります。本年度は車両購入事業によりスクールバス3台を日本宝くじ協会の補助金4,410万円で導入しています。前年度より導入した重点事業であり、今後も安全運行を遵守し、町民ニーズに対応した運営の充実を図られたく思います。


 18、鳥取県西部町村情報公開個人情報保護審査会特別会計。本会計の歳入総額は71万1,045円、歳出総額は26万8,400円で、歳入歳出差し引き残額44万2,645円を翌年度に繰り越しています。


 19、水道事業会計。本会計の営業収益は税抜き5,622万7,605円で、内訳は給水収益5,364万8,005円、受託工事収益114万4,500円、その他営業収益8万5,100円、加入金135万円で、営業外収益は840万524円となっています。営業費用は5,334万697円で、内訳は原水及び浄水費858万2,758円、配水及び給水費823万4,486円、総係費780万1,184円、減価償却費2,763万2,269円であります。営業費用と営業外費用の1,464万8,366円を加えた総費用は6,798万9,063円となっています。


 その結果、当年度純損失は464万3,582円となり、前年度繰越欠損金8,262万2,826円を加えると当年度未処理欠損金は8,726万6,408円となっています。ライフラインの基本となる水道事業の重要性をかんがみ、引き続き健全な事業運営がなされることを期待いたします。


 20、基金。主な基金は、財政調整基金3億6,280万円、減債基金7億5,664万円、公共施設等建設基金1億6,249万円などで、一般会計16基金の合計は16億7,264万4,246円であります。国民健康保険財政調整基金1億6,063万1,776円、ケーブルテレビ施設整備事業推進基金1億55万円など特別会計7基金合計3億9,543万8,735円を加えると、基金総額は20億6,810万2,981円であり、前年度より1億5,534万2,985円の増額となっています。基金の目的及び活用の状況は適正でありました。


 21、結論。?一般会計並びに各特別会計いずれも計数は正確であり、証拠書類も整備され、会計経理も適正であることを認めました。?平成19年度も前年度に引き続き人件費、物件費など経常経費が削減され、財政健全化に努力されています。合併後3カ年が経過し、合併協議会での決定事項も財政状況を勘案しながら慎重に進められており、引き続き町民のコンセンサスを得ながら進捗に努力されることを期待いたします。


 今後も政府の重要政策運営の基本方針、骨太の方針2008に引き続き歳出削減が盛り込まれていることから、地方交付税などの財源確保は非常に厳しい状況であります。また、町税の減収も既に予測されており、財源不足は確実で深刻な問題であります。今後も引き続き事業の見直し、廃止、施設の統廃合等による投資的経費の抑制、さらなる人件費や物件費等の経常経費の削減、各種補助金、負担金の見直し、また起債の抑制、高利率の地方債の繰り上げ償還、既に指定管理者に委託している事業についての見直しなど、あらゆる角度から徹底した検討を行う必要があります。引き続き全職員一丸となって行財政運営の健全化に努力し、「森と光が織りなすうるおいのまち 共生と交流の伯耆町」の実現を図り、町民の負託にこたえられるよう期待して、平成19年度決算審査の意見といたします。どうも失礼しました。


○議長(西郷 一義君) ありがとうございました。


 これで決算審査意見書の報告を終わります。


 これから18議案につきまして一括質疑をいただきますが、いつも言っておりますように所管常任委員会以外の関係決算についての質問をお願いします。


 11番。


○議員(11番 幅田千富美君) 総括的に質疑させていただきます。


 今、監査委員さんの方から19年度の監査意見書が出されました。そしてまた、添付されております資料を見ますと、平成19年度の決算に係る健全化判断比率等審査意見書もあわせて付されております。


 そこで、特別委員会で審査されますので細かいことについてはそこで聞かせていただきたいというふうに思いますけれども、何といいましても合併して3年目の決算ということになりますのでね、これで本当に町民の皆さんが合併に寄せて期待されておりました内容とこの決算の内容がどのようなものになっているのかということがとても大事だと思うんです。そして、しかもその理由は何だったのかという点については、明快な判断をしていかなきゃいけない。それから、今後の町づくりということも同時ですけれど、国づくりも含めて検討せざるを得ない内容があるというふうに思っています。


 それで特にお聞きしておきたいなというふうに思いますのは、健全化の審査意見でありますと、指摘されるのが公債比率18%を超えているということになって、今後、来年度予算を編成していく場合に、借金をする場合については許可が要る、お伺いを立てなければならないということになっているわけですが、直近の仕事として来年度には耐震化の診断、あわせて改修ということが求められておりますし、それから何といいましても大変厳しい、もうそれこそ経験したことがないような厳しい財政状況、経済状況という中で町民が暮らしているわけでしてね、そこで住民の生命や安全を守っていくということになりますと、どう展開していくのかという点については、この決算から酌み取る内容と未来への考え方、いかがなのかという点をお聞かせ願いたいというふうに思います。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) 合併後の状況等につきましては、議員御案内のとおり予想以上に大変厳しい環境になっておりまして、これまでにもお話ししておりますように町としては財政の健全化を最優先にしながら、財源の確保を図りつつ住民の皆さんのニーズにこたえていくという基本姿勢のもとに町の運営をやっているわけでございまして、その中で住民のニーズにこたえるためには、やはり事業なり要望等の優先順位をつけながら計画的な事業の推進を図っているところでもございます。


 厳しい状況の中でありますが、どうしても医療とか保健とかそうした福祉の関係、社会保障費関係はこれはふえてまいりますし、それから公債比率につきましては御案内のとおりでありまして、公債費負担適正化計画というものを策定をして、きちんとした財政指標を持って、この難局に取り組んでいくという基本姿勢のもとで運営をやっているわけでございまして、今のところ実質公債比率21.1%という決算が出ておりますが、これまでにもお話ししておりますように、平成24年度にはいわゆる許可制になります18%以下に持っていくという基本的な考え方で計画をつくっておりますが、今のところの歳入財源がこれからどうなるか若干わかりませんが、1年ぐらい繰り上げて18%以下に持ってくるような公債費負担適正化計画のもとで、今後の財政運営をしていかなきゃならないと思っております。と同時に、先ほどお話がありました非常に厳しい環境の中で、住民の要望というのは非常にいろんな多岐にわたっておりますので、今後も行財政改革を進めながら、見直しをしながら可能な限りの財源を確保して、そうした住民の皆さんの福祉向上につながるように努めてまいる。そのような考えで、基本的にそう思っているところでございます。


○議長(西郷 一義君) 11番。


○議員(11番 幅田千富美君) もう少し立ち入ったところでお聞かせ願いたいのは、監査意見書として、結論として、起債の借り入れには許可が必要となっていると。今後は学校耐震診断、CATVのデジタル化対応など避けて通れない事業も多いと。さらには、美術館、リフトなど町営施設の維持管理の費用の増大ということが指摘されているわけでしてね、これに対して明快な方向性というのがね。といいますのは、町民の皆さん今将来の学校のあり方検討会などで統廃合などというようなことなんかが議論になりまして、皆さん非常に不安になっているというもとでね、美術館なんかはどうしてるんだと。学校統合よりもそっちが先じゃないかというような厳しい意見を聞くわけなんですよ。そういうときに明快なこちらの方のスタンス、先ほど健全化のそれこそ7%や5%の金利のものは繰り上げて償還をしながらするというようなことをおっしゃったけれど、そうした明快なものを出していかないといけないというふうに思うんですけれども、町長さんはそこら辺でいかがにお考えなのかというところを、私たちが審議する前に聞かせといていただきたいと思うわけです。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) 今定例会に上程をしております補正予算の中でも、いわゆる繰り越し財源を公共施設等の基金に積み立てをすることにしております。それは一つには、これから計画として具体的に上げていかなければならない各学校の耐震補強の関係がございます。今年度耐震診断を補正でも増額させていただいて、その結果を踏まえて、いわゆる緊急性のある校舎等については速やかに補強をしていかなきゃならない。その財源として、繰越金を積み立てをして対応するようにしているところでもございます。


 具体的にそういう問題もありますし、それから今学校検討委員会でも検討いただいておりますが、それはそれとして将来の方向性についての答申をいただくようになっておりますので、いわゆる出たからといってすぐ即その翌年度からそれに対応できるかどうかというのは非常にいろんな問題がありますし、地域住民の皆さんの御理解が得られなければ、例えば統合の問題等についてはなかなか推進できないだろうと思っておりますが、いずれにしても耐震診断の結果、早急にその措置をしなきゃならないものについては当然補強工事と児童の安全を図って、教育環境の整備をしていくべきだというふうには思っております。


○議長(西郷 一義君) 9番、大森議員。


○議員(9番 大森 英一君) 9番、大森です。監査委員さんに解説をちょっとしていただきたいんですが、19番の水道事業会計で当年度未処理欠損金が8,700何がしということでございますが、各地区の専用水道あたりの積立金残金はそれぞれ1,500万とか1,000万とかいう積立金があります。これとの、欠損金が現実あるいうことに対してのこの積立金の扱いというものをどういうふうに検討されたのか、もしあればお答えいただきたいということが一つと、それからもう一つ監査委員さんに、農業集落排水なり公共下水なりの接続率の採算ラインというものの検討は表記がなかったようですけど、その辺の御検討がどうだったのかというところが2点目でございます。


 それから、町長さんに、先ほどの18%の問題なんですけど、基金を積んで24年度の予定を繰り上げてでも18%に数字を下げるということでございますが、これは18%に下げても、その年に事業を行えばその明くる年なりにその数字はまた18%を超えるということになってしまいます。それで優先順位の大型工事をやりたいがために18%に下げて、その年の事業計画に入れるために18%に下げるということの繰り返しをするようなことでございますが、例えば18%にこだわる必要がどこまであるのか。つまり学校施設なんかは、健全化なんかのことに関する予算なんかは18%を超えても国に堂々と借金の申し入れをしてできる項目でもあります。だけんそこら辺に余りに18%、数字でそれだけの説明ではやはり町民にしっかりとこたえたことにはならないわけでございます。その辺を今回の本議会定例会を通じて、また折を見てその辺をきちっと説明していただければなと、考え方を、というふうな気がしております。


 きょうこの場での答えが特にあるようでしたらよろしいですけど、今回の定例会を通じての中でお答えいただいても結構でございます。


 以上、3点をよろしくお願いします。


○議長(西郷 一義君) 休憩いたします。


              午前10時14分休憩


     ───────────────────────────────


              午前10時25分再開


○議長(西郷 一義君) 再開いたします。


 遠藤代表監査委員。


○監査委員(遠藤 政明君) 大森議員の質問に対して御説明させていただきます。


 水道事業の欠損金8,726万6,408円ということで、他会計からの繰り入れとか基金とかということがありますけど、それは特別会計でございますので、他会計からの基金とかそういったものは流用はできません。


 その八千七百何十万というのは、今までの大体減価償却費の累計、単年度ベースでは20ページに書いてございますが、これから御検討決算審査特別委員会でいただくと思いますけども、1,133万7,000円の現金ベースでは単年度では黒字が出ておりますので、ずっと償却が進んでいけば最後にうまくなっていくというぐあいに思いますけど、早急なこの繰越金の欠損を解消しようかと思えば経費のさらなる削減と、一番のあれが料金体系の見直し等に踏み込んでいかなければならないと思いますけど、今のところは減価償却で単年度ベースでは黒字となってますので、そう心配した要素というか、そういうものはないというぐあいに思います。


 それから、2番目の点で採算ラインの検討はしてあるかということ、これ立ち上げのときにいろんな資金を使って、国の資金を使うわけですからすべて採算ラインとか計画は綿密な計画がなされております。その当時で議会も通過して、予算もついて実行してあることと思いますので、このたびの監査に関してはそういうところまで詳細については立ち入った検討はしておりませんけども、単年度でやっぱり赤字になるということになれば、今はもう一般会計からの繰り入れがありますけども、ライフラインの重要性から見て多少の一般会計からの繰り入れはいたし方ないというぐあいに思われますし、それから経費の削減、それからさらに黒字化しようかと思えば料金体系の見直し等、これは住民のコンセンサス、議会の皆さんのコンセンサスがあってのことではございますけども、そういった検討がなされればそれは解消するというぐあいに思います。以上でございます。


○議長(西郷 一義君) 大森議員。


○議員(9番 大森 英一君) まだ時間がありますので、今定例会中にまたいろいろお聞きしたいというふうに思います。


 それで監査委員さん、ありがとうございます。ちょっと考え方をお聞きして、この後の議論にいろいろ反映させたいなというふうに思いましたもんでいろいろお聞きしましたが、ちょっと意見を言わせていただくと、これだけ厳しい状況でいろんなルールがあるわけですけど、それをどういうふうな努力をして、あの手この手でどうやって財政問題ということで町民のサービスなり負担が低下なりふえておるわけですので、どういった努力をしていかないけんかというこの切り口を模索していくということは当然だろうと思いますので、一つずつまたこの定例会中に質問をしていきたいというふうに思っております。ありがとうございました。


○議長(西郷 一義君) これで質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。議案第89号、平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第106号、平成19年度伯耆町水道事業会計決算認定についてまでの18議案につきましては、13人の委員で構成する決算審査特別委員会を設置し、これに会期中の審査を付託したいと思います。これに異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、議案第89号、平成19年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから議案第106号、平成19年度伯耆町水道事業会計決算認定についてまでの18議案につきましては、13人の委員で構成する決算審査特別委員会に会期中の審査を付託いたしました。


 お諮りいたします。ただいまの設置されました決算審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、田邊公教議員、柳清茂郎議員、入江正美議員、大江昇議員、幅田千富美議員、中田壽國議員、大森英一議員、野坂明典議員、長谷川盟議員、小村公洋議員、影山辰雄議員、細田栄議員、遠藤俊寛議員、以上13人を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名いたしました13人の議員を決算審査特別委員会の委員に選任することに決定いたしました。


 委員長、副委員長の互選をこれからしていただきたいと思いますが、それでは特別委員会委員の選任に伴います委員長、副委員長の互選のため、特別委員会をお開き願いたいと思います。


 この際、暫時休憩いたします。


              午前10時31分休憩


     ───────────────────────────────


              午前10時36分再開


○議長(西郷 一義君) 再開いたします。


 決算審査特別委員会の委員長、副委員長の互選結果の報告をいたします。


 休憩中に開かれました決算審査特別委員会におきまして、委員長、副委員長の互選が行われました。


 その結果、決算審査特別委員会委員長に田邊公教議員、副委員長に野坂明典議員がそれぞれ決定いたしましたので、御報告をいたします。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第32 人権擁護委員候補者の推薦について





○議長(西郷 一義君) 日程第32、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 町長に説明を求めます。


 町長。


○町長(住田 圭成君) 上程をいただきました人権擁護委員候補者の推薦についてでございますが、本案は人権擁護委員の山口仁志さんが平成20年12月31日をもって任期満了となることに伴い、人権擁護委員法第6条第3項の規定により再度候補者として推薦してよろしいか、本議会の意見を求めるものでございます。よろしくお願いをいたします。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本件は、適任と回答することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本件は、適任と回答することに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第33 人権擁護委員候補者の推薦について





○議長(西郷 一義君) 日程第33、人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。


 町長。


○町長(住田 圭成君) 上程をいただきました人権擁護委員候補者の推薦についてでございますが、本案は人権擁護委員の野口洵さんが平成20年12月31日をもって任期満了となることに伴い、人権擁護委員法第6条第3項の規定により新任候補者として光木環さんを推薦してよろしいか、本議会の意見を求めるものでございます。よろしくお願いをいたします。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより人権擁護委員候補者の推薦についてを採決いたします。


 本件は、適任と回答することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本件は、適任と回答することに決しました。


     ─────────────・───・─────────────


○議長(西郷 一義君) 以上で本日の日程は全部終了しました。


 本日はこれにて散会いたします。御苦労さんでございました。


             午前10時41分散会


     ───────────────────────────────