議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成19年 9月第 7回定例会(第3日 9月26日)




平成19年 9月第 7回定例会(第3日 9月26日)





────────────────────────────────────────


    第7回 伯 耆 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第3日)


                           平成19年9月26日(水曜日)


────────────────────────────────────────


 
                         平成19年9月26日 午前9時開議


日程第1 議案第79号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定


           について


日程第2 議案第80号 伯耆町職員の育児休業等に関する条例の一部改正について


日程第3 議案第81号 町道路線の認定について


日程第4 議案第82号 鳥取県後期高齢者医療広域連合の規約を変更する協議について


日程第5 議案第83号 平成19年度伯耆町一般会計補正予算(第3号)


日程第6 議案第84号 平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第7 議案第85号 平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第8 議案第86号 平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第9 議案第87号 平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


日程第10 議案第88号 平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第11 議案第89号 平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)


日程第12 議案第90号 平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第91号 平成19年度伯耆町索道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第14 議案第92号 平成19年度伯耆町地域交通特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第93号 平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会


           計補正予算(第1号)


日程第16 議案第94号 平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第17 議案第95号 平成18年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について


日程第18 議案第96号 平成18年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について


日程第19 議案第97号 平成18年度伯耆町水道事業会計決算認定について


日程第20 議案第98号 平成18年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第21 議案第99号 平成18年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第22 議案第100号 平成18年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第23 議案第101号 平成18年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第24 議案第102号 平成18年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定


            について


日程第25 議案第103号 平成18年度伯耆町農業集落排水事業特別会計決算認定について


日程第26 議案第104号 平成18年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計決算認定につい


            て


日程第27 議案第105号 平成18年度伯耆町公共下水道事業特別会計決算認定について


日程第28 議案第106号 平成18年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


日程第29 議案第107号 平成18年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


日程第30 議案第108号 平成18年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


日程第31 議案第109号 平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定について


日程第32 教育福祉常任委員会の行政調査報告について


日程第33 陳情について(陳情第10号)


日程第34 発議案第11号 総務常任委員会の行政調査について


日程第35 発議案第12号 産業建設常任委員会の行政調査について


日程第36 議員派遣について


日程第37 総務常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第38 産業建設常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第39 議会運営委員会の閉会中の継続調査について


        ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 議案第79号 郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定


           について


日程第2 議案第80号 伯耆町職員の育児休業等に関する条例の一部改正について


日程第3 議案第81号 町道路線の認定について


日程第4 議案第82号 鳥取県後期高齢者医療広域連合の規約を変更する協議について


日程第5 議案第83号 平成19年度伯耆町一般会計補正予算(第3号)


日程第6 議案第84号 平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第7 議案第85号 平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第8 議案第86号 平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第9 議案第87号 平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)


日程第10 議案第88号 平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)


日程第11 議案第89号 平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)


日程第12 議案第90号 平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第2号)


日程第13 議案第91号 平成19年度伯耆町索道事業特別会計補正予算(第1号)


日程第14 議案第92号 平成19年度伯耆町地域交通特別会計補正予算(第2号)


日程第15 議案第93号 平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会


           計補正予算(第1号)


日程第16 議案第94号 平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定について


日程第17 議案第95号 平成18年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第18 議案第96号 平成18年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について


日程第19 議案第97号 平成18年度伯耆町水道事業会計決算認定について


日程第20 議案第98号 平成18年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい


           て


日程第21 議案第99号 平成18年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定につ


           いて


日程第22 議案第100号 平成18年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第23 議案第101号 平成18年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算


            認定について


日程第24 議案第102号 平成18年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定


            について


日程第25 議案第103号 平成18年度伯耆町農業集落排水事業特別会計決算認定について


日程第26 議案第104号 平成18年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計決算認定につい


            て


日程第27 議案第105号 平成18年度伯耆町公共下水道事業特別会計決算認定について


日程第28 議案第106号 平成18年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


日程第29 議案第107号 平成18年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算認定について


日程第30 議案第108号 平成18年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定に


            ついて


日程第31 議案第109号 平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定について


日程第32 教育福祉常任委員会の行政調査報告について


日程第33 陳情について(陳情第10号)


日程第34 発議案第11号 総務常任委員会の行政調査について


日程第35 発議案第12号 産業建設常任委員会の行政調査について


日程第36 議員派遣について


日程第37 総務常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第38 産業建設常任委員会の閉会中の継続審査について


日程第39 議会運営委員会の閉会中の継続調査について


        ───────────────────────────────


                出席議員(16名)


      1番 遠 藤 俊 寛        2番 細 田   栄 


      3番 影 山 辰 雄        4番 小 村 公 洋 


      5番 角 田   純        6番 長谷川   盟 


      7番 野 坂 明 典        8番 勝 部 博 史 


      9番 大 森 英 一        10番 中 田 壽 國 


      11番 幅 田 千富美        12番 大 江   昇 


      13番 入 江 正 美        14番 柳 清 茂 郎 


      15番 田 辺 公 教        16番 西 郷 一 義 


        ───────────────────────────────


               欠席議員(なし)


        ───────────────────────────────


               欠  員(なし)


        ───────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 阿 部   泰   書記 ─────── 椎 木   慈


        ───────────────────────────────


            説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 住 田 圭 成   副町長 ────── 岡 田 賢 治


 教育長 ────── 圓 山 湧 一   監査委員 ───── 遠 藤 政 明


 自治振興課長 ─── 鞍 掛 宣 史   組織管理室長 ─── 岡 本 健 司


 住民生活課長 ─── 金 口 幸 子   総合福祉課長 ─── 小 原 章 信


 地域整備課長 ─── 小 村 恵 吾   分庁統括課長 ─── 森 田 俊 朗


 産業振興課長 ─── 白 根 弘 道   教育委員会次長 ── 藤 井 好 文


     ───────────────────────────────





◎午前8時58分開議





○議長(西郷 一義君) 皆さん、おはようございます。


 2分ほど早いようでございますが開会したいと思いますが、本日は9月定例議会最終日でございます。18年度決算認定議決を初めといたしまして各会計補正予算、また条例等、採決並びに議決でございます。きょうは全員御出席いただきましたが、賛成、反対はきちっと起立をいただきたい、そのように思います。よろしくお願いいたします。


 それと、教育委員長がちょっと都合できょうは欠席でございますので、あらかじめ御報告しておきたいと思います。


 それでは開会いたします。


 ただいまの出席議員は16人であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付してあります別紙のとおりであります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第79号





○議長(西郷 一義君) 日程第1、議案第79号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 議案番号79号の郵政民営化法に伴う施行条例の整備ということで上げてありますけれども、10月の1日から法が変わるということになっておりますけれども、この法の成立に当たっては大変な国の政治抗争があったわけでありますけれども、郵政の方から本町に対して絶対にサービスは下がらない、このことを言明して町の方にも説明があったというふうに思います。


 それで、その後の状況についてどのように把握していらっしゃいますのか、その点についてお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 住田町長。


○町長(住田 圭成君) 郵政民営化の議論はもう既にこれは終わった段階で、10月1日から民営化法が施行になるということでありますので、我々が一番懸念しておりましたのは、サービスの低下等いろんな面でこの民営化法が議論される段階でいろいろ懸念しておりましたが、法律が国の方で通りましたから、サービス低下しないようにということは要望してまいったところでありますけれども、それは一行政として要望は申し上げましたけども、これの議論というのはやはり国会の場で議論される問題であり、また郵政民営化の施行に当たっていろんな議論もあろうと思いますが、現実には法としてスタートいたしますから、これは法律のもとで地方自治体としてはそれに対応するということは当然だというふうに思っております。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 議案番号79号、郵政民営化法等の施行に伴う関係条例の整備に関する条例制定について反対の討論をいたします。


 先ほど町長にお尋ねいたしましたけれども、この郵政民営化が決まったので、しこしことその方向に従わなければならないということであります。がしかし、この国会の答弁でも絶対にサービスは下がらない、ますます向上するんだということをはっきりと言いつつ、首相も言明したという事実があるわけですね。がしかし、この地域の状況を見ますと、一体この間どのようなことが起きているのか。郵便局員は減って、そして郵便物は大事な保険証とか町が出してまいります郵便物がきちんとそのときに届かない。そして、留守であったならば電話をして来ていただく。あるいはとりに行く。非常に不便な状況になっています。そしてプライバシーも保護するということになると、それもなかなか難しい状況も生まれていますし、それからきちんと郵便物が本人のところに届かない、こういった状況があります。もう地域ではずたずたの状況が現に生まれてきている。こういう状況のもとで、この法は凍結すべし、中止すべき、これが国民の願いになっています。


 特に農村地域、鳥取県では、もう将来4カ所に集配局がなっていくというようなことが言われています。こういう状況のもとで、地方の自治を預かるこの町としてはきっちりと中止すべき、凍結すべし、このことを言っていく。そしてこの条例についてはストップさせていく、このことが必要と思います。以上です。


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することの賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 議案第80号





○議長(西郷 一義君) 日程第2、議案第80号、伯耆町職員の育児休業等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第81号





○議長(西郷 一義君) 日程第3、議案第81号、町道路線の認定についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決定することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第82号





○議長(西郷 一義君) 日程第4、議案第82号、鳥取県後期高齢者医療広域連合の規約を変更する協議についてを議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 議案番号82号、鳥取県後期高齢者医療広域連合の規約を変更する協議について反対の討論をいたします。


 まず第1点、鳥取県の広域連合によりますこの後期高齢者75歳以上、障害者においては65歳以上、この方々を今の保険から外して特別の医療保険体制を整えていく。そしてその医療内容においても上限を決めて、それ以上の医療を施すということになれば特別に自費で全額払わなければならないというような内容。そして、年間18万以上の年金者からは年金からその保険料を天引きしていく。介護保険料と高齢者医療の保険合わせますと1万円を超える、月々。年金が5万6万の国民年金の方々がそこから引かれていったなら、どうして暮らしていくことができるのか。生存権をも脅かすような内容のものであるということで批判してまいりましたけれども、この連合で議員を若干ふやすというような内容の議案でありますけれども、今、安倍首相が所信表明をした後に政権を投げ出す、首相の席を投げ出すということで、福田総理大臣が決まって内閣が改造されてきているわけでありますけれども、この福田首相自身がこの後期高齢者医療制度を凍結というようなことも言っているような状況でありますので、今この規約を変更することなく、凍結すべきというふうに思います。以上です。


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第83号





○議長(西郷 一義君) 日程第5、議案第83号、平成19年度伯耆町一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) この平成19年度の一般会計の補正、これは主に前年度の繰越金が2億2,800万あったということと、交付税が1億以上入ったというようなことから、それを減債基金3億積み立てるというような重立った内容にはなっておりますが、細かく見ていきますと、お尋ねしたいのは、15ページの商工費、繰出金で索道事業の特別会計に1,260万円繰り出すということになっています。この繰り出しに当たりまして、全協での説明では第3号機の索道、安全を守るために大改修するのだというふうにおっしゃっていますが、ほかの機種の方が古いわけでありまして耐用年数も過ぎているわけでありますけれども、今後幾らそれぞれがかかるというふうに踏んでいらっしゃるのか。次々と直し続けていかれるお考えなのか。それぞれの耐用年数と今後の見通し、これについて明確にお答えいただきたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 白根課長。


○産業振興課長(白根 弘道君) 1号機、2号機、3号機ございまして、今、1号機、2号機につきましては22年たっております。建設年次が1号機、2号機は1985年で、今運行年数で22年たっております。大体運転時間が1万9,000時間程度、1号機、2号機でございます。3号機になりますと、1993年で運行年数で14年、運転時間が2万4,500時間余りでございます。


 今後でございますが、仮に全部を直し、1号機、2号機、3号機も現在提案しています以外にも直さなければならない年が来ますので、あわせて直すとすれば、これ以外に4,000万程度はかかるという数字はいただいております。


○議長(西郷 一義君) 幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 町長にお尋ねしたいと思うんですけれど、これは指定管理に渡すときに将来の見通しやそういったことも含めて観光事業団閉鎖しないでそのままにしといて、指定管理にしないで今後の行く末についても検討しようではないかということを提案したんですけれども、そうならないであのような結果になったわけなんですけどね、1,260万つぎ込み、その後も4,000万円というふうにおっしゃっていますが、そのほかの機械、除雪機とかロータリー車とかさまざまなものがあそこの施設を運営していくためには要るわけでありまして、そういったものも含めてどのような検討を、次々つぎ込んでいかれるのかどうなのかということなのです。


 といいますのも、事業団を閉鎖するときに、それまで運営費の中というか、運営の中からきちんと退職積立金をしたり、それから減債に充てるようなものも積み立てたりとさまざまな会計処理が必要でありましたけれども、結局入場者が少なくてそのことはできないままで、全く借り入れたものをやらやっと返済する。それも町から借り入れを起こして返していくというような、非常に不健全な財政が数年続いているという状況のもとでそのようなことになったわけでありますけれど、どうでしょうか。


 そして、いっても安全を保つということからいたしましても、今後の見通しとそして町の責任、業者に委託はしているけれども、そこのところは問われるわけでありますけれど、どのような見通しをお持ちなのかという点についてお聞かせ願いたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 住田町長。


○町長(住田 圭成君) 指定管理者を導入する場合に、索道事業は町の観光の一つの目玉と申しますか、重要性を持っておりましたので、指定管理者制度を導入をして索道事業を継続するという基本的な考え方のもとで指定管理者制度を導入したわけでございます。


 そして、その応募要項の中に、特に資本的部分についてはやはり行政の方で設置者の責務としてこれはある程度考えていかなきゃいけないという考え方でございまして、管理運営から生じるものは指定管理者の責任の中で対応していただくということに基本的にはしているところでございまして、そういう方向に基づいて約1年たちますか、9月からでございますが、その中で特に第3リフトは冬ばかりじゃなく通年で運転をしておりますので、建設年数は浅いですけども1・2号リフトに比べますとかなり運転時間が経過をいたしておりまして、索道の本体の方にいろいろと問題点が生じてきているところでございまして、指定管理者の方も安全性の面からこれは早急な対応をしなければならないという話もありますし、町としても一度専門家に診断を仰いで、あちこちで遊園地等の事故が今発生をしておりますし、設置者としての責務の中でそういう懸念されるような問題については早急に対応して、3年間の指定管理者の契約ございますので、緊急的にやはり対応すべきことは対応していかなきゃならないというふうに思っております。


 今後の問題につきましては、この3年間の状況を見て、将来どういう展開をしていくかということは検討していかなきゃならないと思いますが、観光事業の面とそれに波及する全般的な波及効果等を考えますと、やはり索道事業は必要ではないかなというふうに思っておりまして、今後の経営の面で財政負担をできるだけ軽減できる方法の検討も必要かなという気がいたしております。それは一つにはこれからのスキーヤーのニーズなりそうした動向と、あるいは通年性での観光面での運転を図っておりますので、総合的に判断しながら今後のことについては検討してまいりたいというふうに思っております。


○議長(西郷 一義君) 2番、細田議員。


○議員(2番 細田 栄君) 予算書17ページの教育費でございますが、文化財保護費362万今回補正してあります。内容の説明をお聞きしましたところ4カ所の文化財調査をするということで、そのうち1カ所、こしきが丘団地の既に個人に分譲した土地を改めて文化財調査をするんだということだったわけなんですが、こしきが丘団地は40年ほど前に造成が既に終わっておりまして、そのとき恐らく旧岸本町の指導を受けられて、文化財の指導も受けられてそれなりの手続をして調査をして宅地造成がなされ、分譲されているというふうに理解をしておりました。


 40年たった今、なぜここを本調査しなければならなくなったのか、その辺の事情を御説明いただきたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 教育長。


○教育長(圓山 湧一君) では、先ほどのこしきが丘団地のところの発掘についてでございますが、昨年度5月だったでしょうか、中国電力の方の土地でして、そちらの方からここの場所を個人の方に販売すると。それでそちらの方の方が個人の家を建てられる。それについて、この土地を調べてほしいという問い合わせがあったと伺っております。それでそのときの担当者の方が現地を見たときに、以前に分譲されたときに出ているということは承知の上だったと思いますけども、そこのちょうど隣が古墳だということで、可能性としては大変高いということで試掘を昨年度いたしました。そうしましたら、中から遺物が出てきたということでございます。それで一たん昨年度の調査は試掘は終わっております。


 それで本格的に今年度になってから、その土地に建築される方がそこに建てたい。その工法はということで、下の方から出たということで、そうするとそこを国や県の方の方針としてはそれを埋めて行う。深さが20センチ下に遺物が残っておるという状況がわかっておりましたので、そのことについて掘って行うとすれば中の方をせんといけんので、一般的には埋めて行うということが進められてはおるようでございます。


 それで、実はそういうことで掘って行うということと、それから埋めて行うということで、ちょうどこの補正予算を組んでいく段階では掘ってそれで中の調査を終えて埋め立てて行うということで判断をされておりましたけども、あと施工業者の方と相談をされたら、掘って後に新しい土を入れて行うと転圧等でまた相当の経費がかかるということで、このまま埋めてしようかというようなことで、現段階状況がはっきりせん状態で今とまっておるようなことでございます。


 ただ、あと発掘、中を遺跡を調査する必要がある。いわゆる家を建てるのに下を掘って基礎をつくっていかれるという場合には本調査が必要ですけど、現段階ではまた状況が変わって今はっきりしていない。業者と今本人さんが相談をしておられるという状況でございます。以上ですので、報告を終わります。


○議長(西郷 一義君) 2番、細田議員。


○議員(2番 細田 栄君) 御存じのように、まだこしきが丘団地は未建築の宅地が四、五十あるわけでして、今回の事例をお聞きして、こしきで家建てるためには文化財調査を再度せにゃならんのかなということで非常に、私、今自治会長もしてるもんですから、率直に変なことだなと。我々買った者はそれなりの手続を終わって、文化財調査も終わって、家を建ててもいいですよという状態で買ってると思っておりますので、こういったことがそのほかの未建築の宅地にも広がっていくとなると、よその団地でも家建てるのに教育委員会に相談に行ったら全部試掘調査をせにゃならんということになりますともう経費的にも大変ですし、開発のときにやった手続は何なのかと。それなりに許可を得てやってるはずですので、ここのところは本会議で申し上げるのは非常にあれなんですが、教育長の方からそのほかの宅地については今のところ計画がないとか、取り扱いを明確にしていただきたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 圓山教育長。


○教育長(圓山 湧一君) そのことについてお答えいたします。


 私どもも図面を見まして、あそこの団地については調査は終わっておりますということでこれから先対応はしたいと思います。


 ただ、広い土地ですので、中から出たときということはそれはどういうことかわかりませんけど、一通り私どもとしては調査を終えている。それで、何か建設を進められる上であったときには知らせてくださいということはいずれどこで行う調査の場合にもつけておりますので、そういうことで調査は済んでおります。ということの回答はしていきたいというように話し合っておるところでございます。


 先ほどのただし書きといいますのは、あちこちから住居を建てたい、これについて下は遺跡ということはないだろうかという問い合わせが時々参ります。それについて担当者の方が現地を見たりしながら、ここについては終わっているとか、それから可能性がないというようなときに、そういうことは今考えられません。ただし書きとして、そういうものが出てきたときには教育委員会の方に連絡してくださいというただし書きはつけているのが一般的でございます。そういうような対応をこれからしていきたいと思っております。以上です。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 議案番号83号、平成19年度伯耆町の一般会計補正予算(第3号)に反対の立場から討論をいたします。


 この補正予算は、国の交付税が1億3,700万、それから繰越金ということで減債基金に3億円積み立てて、そしてさまざまな動きもあるということで、さまざまな動きにありますことについては住民のサービスの向上や生命を守るということから、国からの子育てプランに対する支援というような内容になっておりますから、そのことに対しては言いませんけれど、先ほど町長に質問いたしましたが、索道事業会計に1,260万、これを今回投資するということであります。この第3リフトの改善については、指定管理に移すときにはもう既にこの改善命令が出されていたというふうに思うんですよ。そうしたことも含めて総合的に検討して、将来の見通しを立てなさいというふうに言いましたけれども、先ほどのお答えでは今後4,000万円以上の改修が当面必要になってきているということもおっしゃいましたし、安全を守る上からも改善が緊急な課題になってきているということについてもおっしゃいました。


 しかし、今後の検討はその1,200万からの投資をした後に考えるというようなお答えであります。本来、本当に町民は2万円3万円の支出に困ってきている。そして自殺している人もいる。こういうような大変厳しい町民の暮らしぶりの状況の中で、このお金の支出というのは非常に真剣にならなければならない。どこを正して、そしてどこをぬくめていくのかということは、トップは絶えずそのことを心にとめなければならない。というのも、住民の生命と安全を守るのは町長の務めでありますので、この交付税がおり、そして財政が豊かになっている19年度のこの状況のもとで、どのような政策を展開していくのか。これまでも何度もお尋ねしたり提案をしたりしてきておりますけれども、国民健康保険の一般会計から繰り入れ、繰り入れなくても基金もたくさん積んでいるわけでありますから、減免申請、失業者、そういったことへの救済の方法を明確に提示していくとか、それから介護保険、これも本当に大変な状況になっています。負担がふえて、そして家族ともども心中したいような状況になってきている。これも規則や基準を整備して、そして町独自の政策、減免制度をつくっていく。低所得者のための上水道、下水道、この救済も必要になってきている。子供の教育にいたしましても就学援助、この状況をもっともっと知らせをして、そして減免基準、これも生活保護基準の1.2倍、3倍、4倍を基準にしていく。子供の医療費の助成も中学校までするというような、今、町長が考えて提示をしていけば十分に町民を救うことができる。そういったことに対してきっちりと手だてを尽くさないで、これから先どこまでお金が要るのかわからないというようなことに対してもぽんぽんとお金が出ていくというようなこの財政の運営のあり方に対して、私は非常に心配をいたしますし、こういうやり方はやっていては本当に片方ではお金が流れていくけれども暮らしが守れない、命が守れない。この立場から、この財政の運営に対して反対の討論をいたしました。


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第84号





○議長(西郷 一義君) 日程第6、議案第84号、平成19年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第85号





○議長(西郷 一義君) 日程第7、議案第85号、平成19年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第86号





○議長(西郷 一義君) 日程第8、議案第86号、平成19年度伯耆町小規模水道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第87号





○議長(西郷 一義君) 日程第9、議案第87号、平成19年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


 2番、細田議員。


○議員(2番 細田 栄君) 農業集落排水特別会計、今回の補正予算が消費税部分362万3,000円を一般会計から繰り入れするという補正でございますが、消費税の扱いについて非常に奇異に感じますので、遠藤監査委員にお尋ねをさせていただきたいんですが、本来、消費税というのは課税事業者が消費者からお預かりしてる税であるというふうに思います。そして課税事業者が支払った消費税、いわゆる工事に出したり品物を買って支払った消費税を差し引いて、結果、国に納める消費税が発生するかしないか判別するわけでして、今回収入としては消費税込みでいただいてるわけですから、そのいただいた消費税よりよけ払う、国に国税で払うということはあり得ないわけでして、それがないということは事業収益のように使ってしまったんではないか。預かり金ではなくて、一般歳出をしてしまってるんではないかという懸念がございます。通常、企業会計ですから民間企業も同じことなんですが、私は消費税というのはあくまでも預かり金、または預かり消費税としてプールしておく、担保しておくのが通常かなと思っておりましたんで、その辺の消費税の取り扱いについて、会計処理について御説明いただけたらというふうに思います。


○議長(西郷 一義君) 遠藤監査委員。


○監査委員(遠藤 政明君) 消費税の詳細な取り扱いについての細目についての御質問でございます。


 後日改めて、この件に関してだけの回答を差し上げたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 細田議員。


○議員(2番 細田 栄君) 後日では困りますので、担当課長の方から説明できればお願いしたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 小村課長。


○地域整備課長(小村 恵吾君) 水道、下水道料金につきましては、議員がおっしゃいますように消費税を含んだ料金で徴収させていただいております。その関係、特別会計で1,000万以上の収入がありますと確定申告をする必要がございます。その関係で18年度の決算が出ましたので、8月に税務署の方に確定申告をいたしました。18年度の農業集落排水事業につきましては、維持管理費あるいは大滝地区での工事請負費等の消費税の支払い額が、収入における消費税額、売り上げ消費税でございます、この方が少ない申告となりましたので、363万2,000円の納付が必要になりました。


 議員が御指摘のように、民間では売り上げ消費税引く仕入れ消費税、これによって納付税が変わってまいります。しかしながら、地方公営企業等におきましては特定収入消費税という項目がもう1項目出てまいります。これは民間の場合にはございません。これは具体的に申し上げますと、国の補助金あるいは一般会計からの繰入金がこの特定収入消費税の方に調整計算の方の項目の方に入ってまいります。これが課税対象に当てはまるのか、あるいは起債等の償還、あるいは人件費、課税の対象にかからないものに充てられるかによりまして、計算によりまして納付税の方がふえるという計算方法になっております。以上でございます。


○議長(西郷 一義君) 2番、細田議員。


○議員(2番 細田 栄君) ただ、結果的には消費者からいただいた以上の消費税が発生することは自治体においてもあり得ないわけでして、相殺する金額が少なくなるという特例はあるかもわかりませんが、現に料金と一緒に消費税をお預かりしてるわけです。それを超えて消費税を払いなさいということは、消費税法であり得ないことだと思います。


 そうしますと、現年であろうが過年度であろうが、消費者からお預かりした消費税が賄えないということを私は理解できないわけです。それも一般会計で消費税を賄うとなりますと、我々消費者は下水料金と一緒に消費税を払ってるわけです。その国に納めるべき税金をまた一般会計の税で賄うということは、非常に二重払いのような感覚持ちますし、施設条例には内税、消費税込みで料金が定めてございますので、消費者が払った消費税はどこに行ったんかいなということが私はどうしても理解できないわけです。


○議長(西郷 一義君) 地域整備課長。


○地域整備課長(小村 恵吾君) 一般会計からの消費税の繰り入れにつきましては、特別会計、下水の方は予備費等がございません。その関係で、赤字につきまして一般会計の方から繰り入れしていただいておりますので、その関係で一般会計から入れていただくようになっております。


 それで課税の対象外といいますのは、先ほど言いました人件費とか起債の償還費等についてはこれは課税対象外ですので、それにつきましては先ほど言いました特定収入の消費税にあります一般会計からの繰入金、これが入ってきますと前に工事請負費等におきましての国の補助金、それから一般会計から入れた事業費に対する補助残に対してはすべて消費税がかかっておるということで一たんもらっております。それに対してまた一般会計から繰り入れしていただいて、それをまた消費税の対象にするというのは、逆に税務署の方は二重に消費税を受け取るという考えを持っておりますので、先ほど言いましたように一般会計からの繰入金の使途の持っていく場所によって課税対象によりましてその還付が起こらないというのが発生してまいります。


○議長(西郷 一義君) はい。


○議員(2番 細田 栄君) 法制と予算の担当課長にお尋ねをしたいわけなんですが、先ほど言っておりますように施設条例には消費税を含めた利用料が定めてございます。当然消費者は消費税を含めてお支払いをするわけです。その道中の中で課税事業者が工事請負に出したときには、その工事請負費にも消費税がかかっておるわけです。それを差し引くのは当然でございます。別な業者が国に消費税を払うことになりますので。だから結果、今までは大きな工事をやっておったために施設事業者、今回の集落排水の事業者は直接国に納めなかった。しかし、これは間接的に請け負われた事業者、それから物を買った事業者を通じて納めてるわけでして、一般の利用者から集めた消費税はよその事業者が納めておるわけです。


 今回は、その事業費が少なくなったので直接この農業集落排水の事業者が国に納めなきゃいけなくなったということだと思うんです。そうしますと、お客様からお預かりした消費税はどうしたのか。事業収入のように使ってしまったんではないかというふうに私は思うわけです。


 それと、さらにその税を払うために一般会計から補てんする。本来、組み替えなきゃいけないと思うんですよ。収入を預かり消費税と事業収入とに分けて、支出も消費税は別個に経理していかないと、決算をしたときに何ぼ消費税払っていいかわけがわからんようになる。そんなずさんな経理がしてあるとは思えないんですが、これは法制担当、予算の担当課として私は非常に誤りというのか、消費税に対する認識が全く違うということで今驚いとるわけですから、その辺もう一回解説をお願いいたします。


○議長(西郷 一義君) ちょっと休憩します。


              午前 9時45分休憩


     ───────────────────────────────


              午前10時40分再開


○議長(西郷 一義君) 再開いたします。


 休憩前に細田議員から質問がありました件につきまして、執行部からの正式な本会議での答弁をお願いしたいと思います。


 小村地域整備課長。


○地域整備課長(小村 恵吾君) 消費税の納付税額の件でございますけど、地方公営企業法に必要な調整計算を行いますと、繰入金についても消費税がかかっていくという計算方法で今回消費税がふえたものでございます。以上でございます。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第88号





○議長(西郷 一義君) 日程第10、議案第88号、平成19年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第89号





○議長(西郷 一義君) 日程第11、議案第89号、平成19年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第90号





○議長(西郷 一義君) 日程第12、議案第90号、平成19年度伯耆町有線テレビ放送特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第91号





○議長(西郷 一義君) 日程第13、議案第91号、平成19年度伯耆町索道事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第92号





○議長(西郷 一義君) 日程第14、議案第92号、平成19年度伯耆町地域交通特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第93号





○議長(西郷 一義君) 日程第15、議案第93号、平成19年度鳥取県西部町村情報公開・個人情報保護審査会特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 本案につきましては既に提案理由の説明は終わっておりますので、直ちに原案に対する質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第94号 から 日程第31 議案第109号





○議長(西郷 一義君) 日程第16、議案第94号、平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから、日程第31、議案第109号、平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定についてまでの16議案を、審議の都合上一括議題といたします。


 議案第94号、平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから、議案第109号、平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定についてまでの16議案につきましては、会期中の審査を決算審査特別委員会に付託しておりますので、委員長の報告を求めます。


 田辺決算審査特別委員会委員長。


○決算審査特別委員会委員長(田辺 公教君) 決算審査特別委員会の審査報告をいたします。


        ───────────────────────────────


            決算審査特別委員会審査報告書


 平成19年9月10日第7回本町議会定例会において付託された案件を審査したので、会議規則第77条の規定によりその結果を次のとおり報告する。


 ?議案の名称


 議案第 94号 平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定について


 議案第 95号 平成18年度伯耆町国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について


 議案第 96号 平成18年度伯耆町老人保健特別会計歳入歳出決算認定について


 議案第 97号 平成18年度伯耆町水道事業会計決算認定について


 議案第 98号 平成18年度伯耆町簡易水道事業特別会計歳入歳出決算認定について


 議案第 99号 平成18年度伯耆町小規模水道事業特別会計歳入歳出決算認定につい         て


 議案第100号 平成18年度伯耆町丸山地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認定         について


 議案第101号 平成18年度伯耆町小野地区専用水道事業特別会計歳入歳出決算認定         について


 議案第102号 平成18年度伯耆町町営公園墓地事業特別会計歳入歳出決算認定につ         いて


 議案第103号 平成18年度伯耆町農業集落排水事業特別会計決算認定について


 議案第104号 平成18年度伯耆町小規模集合排水事業特別会計決算認定について


 議案第105号 平成18年度伯耆町公共下水道事業特別会計決算認定について


 議案第106号 平成18年度伯耆町浄化槽整備事業特別会計歳入歳出決算認定につい         て


 議案第107号 平成18年度伯耆町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算認         定について


 議案第108号 平成18年度伯耆町有線テレビ放送特別会計歳入歳出決算認定につい         て


 議案第109号 平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定について


 ?議案の内容  省 略


 ?審査の経過


 平成19年9月11日、12日、18日、19日、20日の5日間、本委員会を開いて慎重に審査を行った。


 ?決定及びその理由


 平成18年度は経常経費が削減され財政の健全化が見えてきている。付託された議案はいずれも適当と認め、別紙意見を付して、原案どおり認定すべきものと決定した。


 ?少数意見の留保の有無  な し


  平成19年9月26日


                   決算審査特別委員会委員長 田 辺 公 教


 伯耆町議会議長 西 郷 一 義 様


        ───────────────────────────────


             決算審査特別委員会審査意見


 1.町の財産(土地・有価証券・絵画・書など)価値の把握とこれらの管理を適切に処理されたい。また、絵画などを展示し有効活用を図られたい。


 2.工業用地などの早期売却に努め、経費の削減を図られたい。


 3.ゴミ収集ステーションを早期に設置し、収集費用の削減に努められたい。


 4.町税滞納処理に努力されたことは評価できる。今後も努力されたい。


 5.町医療費助成の周知徹底を行い、制度利用の促進を図られたい。


 6.住民検診の実施方法の拡充と介護予防・健康対策の充実を図られたい。


 7.テレビ電話システムのネットワークを他事業にも有効活用できるよう、各課で連携されたい。


 8.保育士を確保されたい。


 9.学校給食会計の見直しを検討されたい。


 10.植田正治美術館の運営の抜本的改革を図られたい。


 11.地籍調査の更なる事業推進に努力されたい。


 12.公共施設を含め、下水道の接続率向上に努力されたい。


 13.農業振興を図るため、農業委員会、農業振興公社、JA等と連携を行い、遊休農地及び耕作放棄地の実態を把握し、対策を検討されたい。


 14.農業の後継者、担い手の育成対策を図られたい。


        ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(西郷 一義君) 特別委員長の報告に対し質疑を許します。質疑は一括してお願いいたします。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論を行います。


 討論は、議案第94号から議案第109号までの16議案につきまして一括して討論を行います。


 まず、原案に反対の議員の発言を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 議案番号94号から109号まで一括審査ということになっておりますので、反対の討論をさせていただきます。


 まず、今会計は、合併後の1年目の会計決算でございました。歳入が一般会計で68億2,600万、そして歳出が65億5,400万円。特別会計合わせますと約111億8,900万円で、支出が108億3,200万円。合併前の一般会計見ますと、両町合わせて85億、これが68億円に減ってきている。約17億円の減であります。これはもろにこの伯耆町全域の経済に影響を来しています。地方財政疲弊の大きな原因がここにあらわれています。


 合併前に両町が怠ってまいりましたこのアメリカの構造協議、そして国の誘導によります景気浮揚対策やリゾート法に基づいた箱物、観光事業、これがちょうどピークになる。合併前の前倒し事業なんかも含めまして、大変な財政難を当初から言いました。借金の返済が13億4,000万、これは6億4,000万の借り入れを行ってしのぎましたけれども、公債費の負担比率は26.4%、国の示す危険ライン18%を大幅に上回ったものでありました。国は昨年の6月に財政健全化法を成立させまして、地方に金は出さずに口を出し、財政健全化の計画提出を求めています。地方分権と言いながら、国が指図をしてきている。自治体リストラをさらなるリストラを進めてきている。このツケは、挙げて住民負担に押しつけてきている。


 このような状況のもとで、合併後住民サービスは高く、そして負担は軽く、そういって進めてきたものが全部うそであったということがこの1年間の町民の体験ではっきりしてきています。皆さんは夕張なのか、伯耆町も夕張なのか、このような不安を抱いているのが現状であります。


 具体的に申しますと、住民税大幅引き上げに伴いまして、所得がふえませんのに国のさまざまな法の改正で住民負担がふえるもとで、地方もまた水道、下水、住民健診の有料化、保育料の引き上げ、あらゆる公共料金が引き上げられました。そしてさまざまなサービスカット、負担をふやしてこの急場をしのいでいるというのが現状であります。


 今、具体的に申し上げましょう。この美術館は1,100万円の入場料に対して5,340万円経費を負担していますし、この間、指定管理ということで公共施設が業者に指定管理に委託された。これも18年度の事業の結果であります。そして今、索道事業会計、職員を解雇して新たな事業に展開していったわけですけれど、その負担金、人件費、退職金も一般会計から出すということに相なりました。今回また施設の維持管理に1,260万円計上されておりますけれど、どんどんとそういうところ、始末すべきところをきちんとしないで、住民サービスカットでそれを補っていくというようなことになっています。この間の参議院選挙では、こうした地方いじめ、弱い者いじめ、国民がノー、町民もノー、この審判を下しました。本当に地方自治体の役割というのは、自治法に基づいて住民の生命、財産、安全を守る、ここにトップがその姿勢に立って、今、悲鳴を上げている町民、これを救う手だてをしていく、そしてむだは省いていく、こうした姿勢に立っていく。そして、国に対してはきっちりと物を言う。この防波堤の役割こそが求められていると思います。そこの是正を求めて、一般会計については指摘してまいりたいと思います。


 国保の特別会計でありますけれども、今回1億800万円の黒字が生まれています。この中で5,000万円からの未収金が生まれている。これも担当者の方々の御苦労のもとでありますけれども、なおかつ大変で払えない人から保険証を取り上げている。資格証にする、短期保険証にする。こういう状況になりますけれど、特別の印のついた保険証を持ってどうして子供が病院に通えるでしょうか。住民の困っている人の心に沿った対策こそが今求められています。1億800万からの黒字、基金も1億6,000万から積んでいます。今こそ払いやすい国保税にして、住民の生命を守る、その体制に転換すべきです。


 健診などの費用は、県下で比べても本当にわずかしか支出してありません。そして法定のものの一般会計からの繰り入れだけであって、一般会計から特別な援助がないという体系になっています。


 老人保健の特別会計も、これも世界に例を見ない年齢をずっと引き上げつつありますけれども、これも町独自の特別な体制はない、国の言いなりの会計になっております。


 そして上水道、下水道、これにつきましても一昨日一般質問で申し上げましたけれど、水道法においては弱者への救済が非常に大事になってきている。全国でも減免制度をつくって救済している。公平公正のために使った分だけ払ってもらう。このような姿勢では相ならないわけです。月収が1,000万円の人も、5万6,000円あるいは1万8,000円しかない人も同じように水道料金はかかっていく。公共料金でありますから、どういう状況の中でも弱者を救済していく。こうした施策が必要でありますが、そうなっておりません。


 そして新しく統合簡水していますけれど、これまで国の補助率が半分以上あったものが3分の1しかない。そして償還金やそれについても国の交付税で算入されるということになっておりますが、21年度に水道事業会計に統一するということになっておりますけれども、水道事業会計でしたら国が責任を持ってこの償還金についても費用についても責任を負うということになっているわけであります。そしてしかも職員の給与、償還金の半額、これは一般会計から繰り入れて補てんする。全部補てんして、水道料金にはね返らないこの施策こそ必要であるというふうに思います。


 以上をもって、簡単ではありましたけれど反対の理由を述べさせていただきます。


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の議員の発言を許します。


 7番、野坂明典議員。


○議員(7番 野坂 明典君) 18年度決算に対する賛成の立場で討論を行います。


 先ほど反対者の討論がございましたけれども、いささか数字に間違いがあるようなこともあったように感じておりました。


 18年度会計の委員長報告は、決算特別委員会を設置して全議員で詳細に審査したものであります。18年度は、総合計画による溝口駅周辺整備事業や給食センターの統合事業が実施されております。財政指標は、経常収支比率は前年度96.6%が94.4%に、公債費負担比率は前年度25.0が26.4に、実質公債比率は前年度17.3%が19.5%になっています。そのうち、財政構造の弾力性を示す経常収支比率が2.2ポイント下がっている。この要因は、起債償還のピークを迎える中で人件費、物件費などの経常経費を大幅に削減されており、その額はおよそ5,000万円に達しております。これは財政の健全化に全職員が痛みを感じながら努力されたことだと評価したいと思います。


 しかし、自治体の新たな財政健全化を示す実質公債比率が2.2ポイント上がり、危険ラインの18%を超えたため、起債の発行には起債償還計画を作成し県の許可が必要になるような状態になっています。


 一般会計においては、歳入総額は前年比1.3%増の68億2,648万270円、歳出総額は前年比1%増の65億5,379万2,670円であり、差し引き残額2億7,268万7,600円を次年度に繰り越している。実質単年度収支は、この厳しい財政運営の中で財政調整基金に1億1,094万円を積み立てているので、1億519万6,291円の実質的な黒字になっています。


 歳入について見ますと、収入済み額68億2,600万円であり、収入未済額は1億2,300万余りで、調定額に対して98.2%の収入状況になっております。収入未済額の大きなものは、町民税2,560万円余り、固定資産税8億930万円余りであります。町民税の滞納はごく少数の方の滞納が大部分を占めており、それを除けば99%の徴収済みになっておりました。滞納の解消に戸別訪問と分納の手続をするとかした結果、実績が徐々によくなってきたのが見えてきたと評価したいと思います。


 歳出においては、予算額68億5,240万円に対して支出額は65億5,379万円で、95.6%の執行率でありました。繰越明許費を計上した執行率は96.4%になっておりました。


 委員長報告の中にあるように、問題点もあります。例えば企業誘致を推進し、工業団地の早期売却を進め経費の削減に努めること。ごみステーションを早期に設置して収集費用の削減を努めること。介護予防、健康対策事業の充実を図り、その結果として保険料の軽減を図ること。学校給食会計の見直しをし、透明化を図らなければならないと思います。地籍調査のさらなる事業推進に努力すること。公共施設を含め下水道の接続率向上に努力することが住民の一般の接続率の向上にもつながることと思います。このほかいろいろ全般に及ぶ課題もあり、一層の努力はしなければならないことは言うまでもありません。


 しかしながら、この決算は溝口駅周辺事業や坂長9号線整備など町内活性化を図るインフラ整備が含まれている。また、給食センター統合事業など学校教育、保育所運営費、本町の基幹産業である農業の振興費、さらに国民健康保険、老人保健などに多額の繰出金を計上されておりますが、これは町民の命と安全を守る上で必要な事業である。歳出は予算内で適正に処理されていた。


 よって、この町民の生活に直結した決算は認定すべきものであります。議員諸氏の賛同を求めるものでございます。以上です。


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより議案第94号、平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから、議案第109号、平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定についてまでの16議案を一括して採決いたします。


 本案に対する委員長の報告は、原案のとおり認定であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、議案第94号、平成18年度伯耆町一般会計歳入歳出決算認定についてから、議案第109号、平成18年度伯耆町索道事業会計決算認定についてまでの16議案は、委員長の報告のとおり認定されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第32 教育福祉常任委員会の行政調査報告について





○議長(西郷 一義君) 日程第32、教育福祉常任委員会の行政調査報告についてを議題といたします。


 本件については、お手元に調査報告書の写しを配付しておりますが、この際、教育福祉常任委員長の調査報告を求めます。


 幅田委員長。


○教育福祉常任委員会委員長(幅田千富美君)


        ───────────────────────────────


          伯耆町議会教育福祉常任委員会調査報告書


 平成19年6月19日第5回本町議会定例会におきまして付託された事件を調査したので、会議規則第77条の規定により、その結果を次のとおり報告します。


 1.調査事件


  学校教育施策・子育て支援施策について


 2.調査の概要


  別紙のとおり


 3.調査の経過


 上記の事件について、7月31日から8月2日までの間、茨城県河内町を調査し、9月14日、本委員会を開いて別紙のとおり報告書を作成した。


 4.少数意見の留保の有無


  なし


   平成19年9月26日


                   教育福祉常任委員会委員長 幅 田 千富美


 伯耆町議会議長 西 郷 一 義 様


        ───────────────────────────────


            伯耆町議会教育福祉常任委員会行政調査報告書。


 1、調査地、茨城県河内町。


 2、調査日、平成19年7月31日火曜日から8月2日の木曜日まで。


 3、参加者、議会議員、幅田千富美、細田栄、柳清茂郎、入江正美、大森英一。


 4、調査内容。(1)茨城県河内町の概要。河内町は茨城県の南部の位置し、都心から50キロ圏にあり、成田国際空港、つくば学園都市に近接した平たんな純農村地帯で、人口が1万1,400人、65歳以上が21.2%、3,370世帯、面積44平方キロメートルの小さな町である。人口は毎年約100人ずつ減少しているが、平成の合併はしなかった。土地利用は、田が26.6平方キロメートル、60%、畑が2.3平方キロメートルで5.2%、宅地3.3平方キロメートルで7.5%となっている。山林はなく、原野もわずか0.35平方キロメートルで、水稲を中心とした平地農村である。主な作物は、米が2,320ヘクタール、麦が270ヘクタール、野菜類は105ヘクタール、豆類は48ヘクタールとなっています。ブランド米の「おかずのいらないかわちのお米」と都市近郊型の農業を目指しています。


 また、調査対象施設については、町の面積が小さい割には保育所が3施設、幼稚園が1園、小学校が4校、中学校2校があって、人口の減少と少子化のために各施設の統合を検討されています。


 平成15年度一般会計決算は40億7,627万円で、教育費が11.0%、民生費18.2%、衛生費15.3%となっています。


 (2)番目に学校運営の特徴ですが、まず?番が中学生海外派遣事業。平成10年度から中国の4泊5日、ヨーロッパの4泊7日に対して毎年派遣はしています。中学生毎年10人から14人、町補助金1人5万円から8万円、帰国後に見聞録を提出させています。派遣する生徒の選考は学校に依頼している。引率者は全額町費で負担しています。


 ?番目は小学校の英語外国人指導事業です。外国語の指導助手を毎週月曜日に小学校に派遣している。4校ありますためにおおむね月に1回の派遣となっていますが、指導の時間数をふやす予定となっておりました。


 そして、?点目は町内の統一テストの実施でありますが、町独自に統一テストを実施するきっかけになりましたのは、河内町の児童生徒の学力が県の平均以下であったために、児童生徒一人一人の学習意欲を高めて確かな学力をつける学習指導の改善を目的にして、平成16年度から小学校2年生から中学2年生までを対象に町の統一テストを一斉に実施しています。18年度から「読み・書き・計算」の向上を目指して河内町ののびのび学習推進委員会を結成し、伸び伸び学習を推進した結果、わずかずつであるけれども、学習レベルが上がっています。


 ?点目は小学生の放課後の対応ですが、スポーツ少年団7クラブあり、加入率は43%です。放課後児童クラブは小学校2カ所で実施しています。利用料は月5,000円とおやつ代1,000円、保険料として年4,000円を徴収していました。


 そして?番目が地域ふれあい事業です。平成14年と15年度は地域フォーラムを4地区で開催して、16年度から地域ふれあい事業として3地区で開催しています。事業の内容は、青少年育成河内町民会議が主催して地区のリーダー、指導者による竹トンボづくりや飛行競技大会、ごみ拾いと花火大会、火力発電所の見学などさまざまな活動を親子や地域の方と一緒に体験して楽しんでいます。


 (3)点目は学校給食センターの民営化であります。


 まず?点目として、現在の給食センターは平成12年度に新設された。面積685平方メートルで鉄骨平家建ての建築費2億9,487万2,000円で、幼稚園から小・中学校まで1,127食を1カ所の給食センターで調理していました。職員体制は事務職員が1名、栄養士、県の派遣です、1名、調理パートが9名、調理兼運転手で3人ということで、計14名でありました。給食センターの人件費、材料費で5,500万円から7,000万円要しておりました。


 平成19年1月から受託業者の自社工場調理方式による全面民間委託して、加工費が1食当たり254円から162円に減額となっています。


 しかしその反面、基準に基づいた衛生管理ができない。作業工程、食材検収の立ち会いなど監視ができずに不安がある。また、食材の地産地消や調理後の2時間以内の給食時間の確保、食数の変更が困難などの食の教育推進の上で非常に問題があると思われました。


 (4)点目は学校(小学校4校、中学校2校)の統合機運についてであります。


 ?点目は、昭和33年の河内町発足当時から中学校1校、小学校3校の計画でありましたが、いまだに統合に至っていない。小学校の保護者では50%が統合に賛成していますが、47%が反対でありました。中学校では、73%が反対でありましたために実現されていない。児童生徒数とも減少しており、財政的な視点からも引き続き統合に向けた話し合いを現在進めているということでありました。


 そして(5)番目は子育て支援事業についてです。


 ?番、若者定住のために町営住宅を平成12年に8棟建設して、今後増設の予定であるとしていました。


 そして、平成17年1月から次世代育成支援金として新生児第2子に50万円、出産時11万円と以降6歳まで毎年誕生日に6万5,000円ずつ支給しています。第3子からは100万円で、出産費に22万円、以降6歳まで誕生日に13万円ずつ支給しておりました。この子育て支援金を交付されています。前年の所得が700万円以下の者ということでありました。


 それから、?点目は幼保一貫体制についてですけれど、現在幼稚園が1園、保育園が3園、段階的に統合する計画であるということです。第1段階は、平成20年、長竿保育所27人を源清田保育所103人に統合する。2段階目としては、平成21年、第1幼稚園30人を源清田保育所に統合して認定こども園とする。金江津保育所は76人、これも認定こども園とする。第3段階の将来構想は、認定こども園を1カ所に統合する予定である。


 保育料の減免については、第2階層、住民税非課税世帯の母子、寡婦、父子家庭、在宅障害児のいる世帯については、徴収基準額表にかかわらずゼロ円とする。同一世帯から2人以上入所している場合は、第2子は基準額表の5割、第3子以降は9割減免するという手厚い保育料の減免の内容となっていました。


 まとめですけれども、?番は河内町では国際化に向けて対応して、小学生から英語に興味を持つよう外国人講師を派遣して中学生では海外研修を行っていました。本町においても、国際化に対応した実践教育が必要と思われています。


 それから?点目は、河内では幼稚園、小・中学校の給食を全面委託していましたが、監視体制に問題があるようです。本町においては給食センターを改修したばかりでありますが、安全性と効率的な運営に努めて、町内産の食材利用や食の教育を推進を推進していただきたい。


 それから?点目は、河内町の人口は本町とほぼ同じ規模でありますが、面積が44平方キロメートルと本町の3分の1以下と小さい割に保育所が3施設、幼稚園が1園、小学校4校、中学校2校もあり、具体的な統合計画が住民アンケートも含めて進めてられております。本町においても、住民参加による適正規模の検討も必要であります。


 ?点目は、本町には幼稚園がありませんが、これを補完するためと就学前教育のためには幼保一元化の検討が必要であります。特に保育に欠けない子供の受け皿がない地域では、町外の幼稚園に依存しておりますためにこしき保育所建設を契機に入所基準の緩和など受け入れ体制の整備が必要であります。


 ?点目は、本町の厳しい財政状況のもとでありますが、景気低迷の中で子育てする若い世代を支援するために保育料の減免や出産祝い金の増額、若者定住対策など伯耆町の将来を担う次世代の育成のために教育福祉予算の充実を図っていただきたいと思います。以上でございます。


○議長(西郷 一義君) 御苦労さんでした。


 これで教育福祉常任委員会の行政調査報告を終わります。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第33 陳情について(陳情第10号)





○議長(西郷 一義君) 日程第33、陳情について、第10号を議題といたします。


 陳情第10号、最低賃金法の抜本的改正と均等待遇の実現を求める陳情については、会期中の審査を総務常任委員会に付託しておりますので、委員長の報告を求めます。


 野坂総務常任委員長。


○総務常任委員会委員長(野坂 明典君) 総務常任委員会に付託された陳情審査の結果を報告いたします。


        ───────────────────────────────


             総務常任委員会審査報告書


 平成19年9月10日第7回本町議会定例会において付託された案件を審査したので、会議規則第77条の規定によりその結果を次のとおり報告する。


 ? 陳情の名称 陳情第10号 最低賃金法の抜本的改正と均等待遇の実現を求める陳情


 ? 陳情の内容 省略


 ? 審査の経過


 本陳情を付託されたので、平成19年9月14日、本委員会を開いて慎重に審査を行った。


 ? 審査の決定及びその理由


 近年、働いても生活保護水準の収入さえ得られないワーキングプア(働く貧困層)が社会問題となっている。これを打開するには最低賃金制度の抜本的改正が喫緊の課題と考える。


 しかし、陳情者が言う時給1,000円以上、すべての賃金・労働条件の均等待遇などは生活改善を図る上では必要だが、これだけの改善は難しいと考える。


 陳情者の願意は理解できるが、社会情勢を勘案し、国の政策の動向を見守る必要がある。


 よって、本陳情は「趣旨採択」するものと決定した。


 ? 少数意見の留保の有無 なし


   平成19年9月26日


                     総務常任委員会委員長 野 坂 明 典


 伯耆町議会議長 西 郷 一 義 様


        ───────────────────────────────


○議長(西郷 一義君) 委員長の報告に対し質疑を許します。


 11番、幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 委員長にお尋ねをいたします。


 陳情者の願意は理解できるが、社会情勢を勘案し国の政策の動向を見守るということで、意見書は上げないということのようでありますが、その中身についてどのような議論がなされたのか、教えていただきたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 野坂委員長。


○総務常任委員会委員長(野坂 明典君) 審査の中で議論したのは、いわゆる最低賃金法が地域によって格差があるのも事実なんです。大都会と地方とでは金額も異なります。それはいろいろと経済、物価状況も違うからそうなったんだろうと思いますが、そういうことが格差を生む原因にもなろうかという意見もありました。


 それと、すべての陳情書にはさほど厳しいことは書いてなかったですけど、意見書なんかを読みますると、案を見ますと、1,000円以上にしろとか、あるいは労働条件も普通の契約労働者と同じにせよとかいろいろなことがありまして、これはちょっと今の世の中では無理じゃないかなという意見が大勢を占めました。


 よって、その陳情者のいわゆる最低賃金ということが生活の実態を考えてそれが守られるという状況になるのはやはり必要なことだろうということで、願意は理解できるということでございます。


 そういうことがあって、いろいろとこれからの状況を見ながら判断しなければならないということで、趣旨採択と決したわけでございます。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 陳情10号について、委員長報告が趣旨採択でありますので、まず委員長報告に対し反対の方の発言を許します。


 幅田議員。


○議員(11番 幅田千富美君) 陳情第10号について趣旨採択ということになりましたので、これに対して私は趣旨採択で意見書を上げないというのではなくて、はっきりと採択をして国に意見書を上げて、この地域のワーキングプアと言われる方々の生活水準を引き上げる、地域経済を引き上げる、この立場から討論をいたします。


 まず、この最低賃金の抜本改正、均等待遇の実現を求める陳情の願意、これは憲法25条に即して文化的で健康な暮らしを保障していくということで、全国一律1,000円の最低賃金制度、これを国につくっていただきたい、この願意であります。


 今、働けど働けど我が暮らし楽にならざり、石川啄木の歌った状況が日本全国、伯耆町全域に広がっているのではないでしょうか。特に小泉基礎構造改革路線になりましてから全労働者の33.3%が11万円未満、そのうちパートや派遣やアルバイト、請負、非正規が3分の1、特に20代から30代の若い方々、次世代を担う方々が暮らせない、結婚もできない、子供も産めない。この現状を放置していくことは日本の未来を暗くしていきますし、何といっても地域経済を疲弊させていきますし、消費を落ち込ませていく。少子化が進行していく。そして企業の技術力、家庭や社会保障は崩壊していく。


            〔マイク不備によるテープ中断〕


 主要国の示す年収200万に達するためには、年間3,000時間働かなくてはその数字に達しない。過労死寸前まで働かなければならない。次代も次の生産力もつくり上げるというような賃金のもとになっていない。でありますから、そうした状況を脱していくために労働者の平均所得の半分、これを目標にいたしますれば当面全国一律に1,000円引き上げる。ワーキングプアの所得増、消費拡大になりますし、地域経済活性化しますし、中小企業の売り上げが何といってもふえてまいります。中小企業対策の充実、これも大企業もうけを一部下請に回したならば、中小零細企業で働く最賃制引き上げる、これは十分なことでありまして、国に対してこの対策を求めていく。もう本当に少ししか中小企業対策はありませんから。そして、町工場ではピンはねなどを含めて派遣会社に頼むのではなくて、直接雇用した方が賃上げにもなるし、親会社の下請単価を切り下げによって苦しむこの町工場や中小零細企業、むしろ最賃制をきちんとすることによって下請単価をきちんと要求することができるということで、中小企業の保護にもなるわけでありますので、こうした地域の経済の回復、持続的発展を図る、こういう立場からこの最低賃金を全国一律に引き上げろ、この声は地方から、隅々から上げていくべき。町民の代表である町議会がその方向をしっかりと受けとめて、若く未来のある人たちの悲鳴にも似た声にこたえていく、このことが必要と思います。賛同をお願いいたします。


○議長(西郷 一義君) 次に、委員長報告に賛成の方の発言を許します。


 3番、影山辰雄議員。


○議員(3番 影山 辰雄君) 私は、最低賃金法の抜本改正、均等待遇の実現を求める陳情の委員長の趣旨に賛成するものでございます。


 まず、確かに陳情の内容は社会の情勢を反映されているところもありますが、鳥取県の最低賃金621円が本当に正しいのかどうか、私も疑問を持っておりますが、一気に1,000円なりなんなり実現が本当にできる内容のものかどうか、なかなかこの陳情の趣旨では厳しい内容が指摘されております。委員長が先ほど審査の決定理由でまとめておられます。一気にここまでできる動向ではないということで、趣旨採択されたと思っております。私もその意見に賛成するものでございます。以上です。


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより陳情10号、最低賃金法の抜本的改正と均等待遇の実現を求める陳情を採決いたします。


 本件に対する委員長の報告は、趣旨採択であります。


 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長の報告のとおり決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第34 発議案第11号





○議長(西郷 一義君) 日程第34、発議案第11号、総務常任委員会の行政調査についてを議題といたします。


 本案について、提案者の説明を求めます。


 野坂明典総務委員長。


○総務常任委員会委員長(野坂 明典君)


        ───────────────────────────────


 発議案第11号


           総務常任委員会の行政調査について


 総務常任委員会において、下記の事件について調査を行いたいので提出します。


 なお、本調査は会議規則第75条の規定により、閉会中において行うよう申し出ます。


   平成19年9月26日提出


                    提出者 伯耆町議会議員 野 坂 明 典


                    賛成者 伯耆町議会議員 影 山 辰 雄


                    賛成者 伯耆町議会議員 大 江   昇


                    賛成者 伯耆町議会議員 長谷川   盟


                    賛成者 伯耆町議会議員 遠 藤 俊 寛


                   記


1 調査事件 議会の活性化への取組みについて


2 調査地和歌山県高野町周辺


3 調査期間 閉会中(11月7日〜11月9日)


4 経  費 予算の範囲内


(提案理由)


 和歌山県高野町では、住民に身近な議会を目指し、ホームページによる情報公開を積極的に行っている。


 また、住民意思を尊重し、住民参加と合意を基本理念としており、ここに住んでよかったと心から感じられる地域づくりに取組んでいる。


 本町においても、町民との協働のまちづくりに取組んでいることから、和歌山県高野町の取組みを調査するものである。


        ───────────────────────────────


 以上です。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより発議案11号、総務常任委員会の行政調査についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第35 発議案第12号





○議長(西郷 一義君) 日程第35、発議案第12号、産業建設常任委員会の行政調査についてを議題といたします。


 本案について、提案者の説明を求めます。


 中田委員長。


○産業建設常任委員会委員長(中田 壽國君)


        ───────────────────────────────


 発議案第12号


          産業建設常任委員会の行政調査について


 産業建設常任委員会において、下記の事件について調査を行いたいので提出します。


 なお、本調査は会議規則第75条の規定により、閉会中において行うよう申し出ます。


   平成19年9月26日提出


                    提出者 伯耆町議会議員 中 田 壽 國


                    賛成者 伯耆町議会議員 小 村 公 洋


                    賛成者 伯耆町議会議員 田 辺 公 教


                    賛成者 伯耆町議会議員 勝 部 博 史


                    賛成者 伯耆町議会議員 角 田   純


                   記


1 調査事件 地域特産品の販売施設及びリサイクルセンターの運営について


2 調査地佐賀県太良町周辺


3 調査期間 閉会中(11月13日〜11月15日)


4 経  費 予算の範囲内


(提案理由)


 本町と面積、人口規模が類似した佐賀県太良町の農産物、海産物等の地域特産品の開発と、販売施設「たらふく館」について調査し、本町の大山ガーデンプレイス、大山望の運営に資する。


 また、町営のリサイクルセンターの役割、廃棄物減量化等について調査する。


        ───────────────────────────────


 よろしくお願いします。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


                〔質疑なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


               〔反対討論なし〕


○議長(西郷 一義君) 次に、賛成の方の発言を許します。


               〔賛成討論なし〕


○議長(西郷 一義君) これにて討論を終結いたします。


 これより発議案第12号、産業建設常任委員会の行政調査についてを採決いたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


                〔賛成者起立〕


○議長(西郷 一義君) 起立全員であります。よって、本案は、原案のとおり可決されました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第36 議員派遣について





○議長(西郷 一義君) 日程第36、議員派遣についてを議題といたします。


 議員派遣については、会議規則第119条の規定により、お手元に配付いたしました別紙のとおり派遣したいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣については、別紙のとおり派遣することに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第37 総務常任委員会の閉会中の継続審査について





○議長(西郷 一義君) 日程第37、総務常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 総務常任委員長から、目下委員会において審査中の事件、平成17年陳情第15号、鳥取県人権侵害救済条例の修正、凍結を求める陳情書につきましては、審査日時不足のため、会議規則第75条の規定によって閉会中の継続審査の申し出がありました。


 よって、委員会の申し出のとおり閉会中の継続審査にすることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、総務常任委員会からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第38 産業建設常任委員会の閉会中の継続審査について





○議長(西郷 一義君) 日程第38、産業建設常任委員会の閉会中の継続審査についてを議題といたします。


 産業建設常任委員会委員長から、目下委員会において審査中の事件、陳情第11号、日豪FTA交渉、畜産酪農危機・地域農業の確立に関する陳情書につきまして、審査日時不足のため、会議規則第75条の規定によって閉会中の継続審査の申し出がありました。


 よって、委員長の申し出のとおり閉会中の継続審査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、産業建設常任委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決しました。


     ─────────────・───・─────────────





◎日程第39 議会運営委員会の閉会中の継続調査について





○議長(西郷 一義君) 日程第39 議会運営委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。


 議会運営委員長から、臨時会を含む次の議会の運営を円滑かつ効率的に行うため、閉会中において議会運営に関する事項を継続調査したい旨の申し出がありました。


 よって、委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、議会運営委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。


     ─────────────・───・─────────────


○議長(西郷 一義君) お諮りいたします。本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により閉会したいと思います。これに御異議ございませんか。


            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(西郷 一義君) 御異議なしと認めます。よって、本定例会はこれをもって閉会することに決しました。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって平成19年第7回伯耆町議会定例会を閉会いたします。皆さん、大変御苦労さんでございました。


              午前11時47分閉会


     ───────────────────────────────