議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成18年 3月第 2回臨時会(第1日 3月 1日)




平成18年 3月第 2回臨時会(第1日 3月 1日)





────────────────────────────────────────


     第2回 伯 耆 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                          平成18年3月1日(水曜日)


────────────────────────────────────────


 
                        平成18年3月1日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 専決処分について


日程第5 伯耆町課設置条例の一部を改正する条例について


────────────────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 専決処分について


日程第5 伯耆町課設置条例の一部を改正する条例について


────────────────────────────────────────


                出席議員(16名)


         遠 藤 俊 寛        細 田   栄


         影 山 辰 雄        小 村 公 洋


         角 田   純        長谷川   盟


         野 坂 明 典        大 森 英 一


         勝 部 博 史        中 田 壽 國


         幅 田 千冨美        大 江   昇


         柳 清 茂 郎        入 江 正 美


         田 邊 公 教        西 郷 一 義


────────────────────────────────────────


               欠席議員


                なし


────────────────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 小 原 章 信   書記 ─────── 椎 木   慈


────────────────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 住 田 圭 成   助役 ─────── 石 田   保


 教育委員長 ──── 勝 部 馨 市   教育長 ────── 妹 尾 千 秋


 総務課長 ───── 岡 田 賢 治   教育員会次長 ─── 藤 井 好 文


 行政改革推進室長 ─ 斉 下 正 司   企画振興課 ──── 鞍 掛 宣 史


 地域情報室長 ─── 井 上 祥一郎   上下水道課長 ─── 白 根 弘 道


 住民課長 ───── 小 林 寿 子   福祉課長 ───── 杉 原 良 仁


 健康対策課長 ─── 永 見 文 夫   生活環境課長 ─── 石 原 邦 章


────────────────────────────────────────





              午前9時00分 開会


○議長(西郷 一義君)


 みなさんおはようございます。


 ただいまより、第2回の臨時会を開会させていただきます。


 ただいまの出席議員は15人であります。定足数に達しておりますので直ちに本日の会議を開きます。


 平成18年第2回伯耆町議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配布してあります別紙のとおりであります。


────────────────────────────────────────





◎日程第1 「会議録署名議員の指名」





○議長(西郷 一義君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、4番 小村 公洋議員並びに5番 角田 純議員を指名いたします。


────────────────────────────────────────





◎日程第2 「会期の決定」





○議長(西郷 一義君) 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。


 おはかりいたします。


 本臨時会の会期は、本日一日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日一日間と決定いたしました。


────────────────────────────────────────





◎日程第3 「諸般の報告」





○議長(西郷 一義君) 日程第3 「諸般の報告」を行います。


 本日の会議の遅参の届出者を報告いたします。6番、長谷川 盟議員から遅参の届出がありましたので報告いたします。


 伯耆町有線テレビジョンの撮影を許可しております。


 以上で諸般の報告を終わります。


────────────────────────────────────────





◎日程第4 「専決処分について」





○議長(西郷 一義君) 日程第4 議案第2号 専決処分についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 上程をいただきました、議案第2号、専決処分についてご説明いたします。交通事故による相手方への損害賠償額を104,009円とする専決処分をさせていただきましたので、ご報告するものであります。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


○議長(西郷 一義君)次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は、原案のとおり承認されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第5 「伯耆町課設置条例の一部を改正する条例について」





○議長(西郷 一義君) 日程第4 議案第3号 伯耆町課設置条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 上程をいただきました、議案第3号、伯耆町課設置条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。


 本案は、現在の14課を統廃合および新設により7課にすることに伴い、課の名称および事務分掌を改正するものであります。改正の主な内容は、総務課、企画振興課、住民活動推進課を統合し、自治振興課を設置して、住民との協働による町づくりと政策形成機能を強化します。


 出納室を会計課とし、その業務は「出納に関すること」「その他会計事務に関すること」とします。


 住民課、生活環境課、税務課を統合し、住民生活課を設置して、窓口事務の一本化を図ります。


 健康対策課、福祉課を統合するとともに、住民課の国民健康保険と医療費助成に関する事務を分掌する総合福祉課を設置して、福祉・健康の一体的な推進体制を確立します。


 上下水道課および建設課を統合して地域整備課とし、一体的な社会基盤整備体制を確立します。


 総合窓口課を分庁統括課とし、あらたに「分庁の管理、調整に関する」事務を分掌させます。


 産業振興課に商工観光課を統合して、異なる産業間の連携や協力体制を確立します。


 以上の新たな課による組織改変は、本年4月1日から行いたいと存じます。


 なお、人権政策課は、教育委員会事務局に人権政策室として設置し、教育委員会の人権教育業務と一体的な取り組みができるようにいたしたいと思います。


 よろしくご審議いただきますようお願いします。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 9番大森議員。


○9番(大森 英一君) 町長さんに機構改革でお尋ねしたいと思います。一年経過される中で、こういった機構改革ということで合併協議なりそういったものを受ける中で一年経過してこういう課ということでございます。町長さんとしてどういった今後の町づくりにこういった機構がどう有効的に働いて機能していくという目玉的な部分もあろうかと思います。そのへんを披瀝していただきたいのと、少し気になりますのが、町づくりという部分で当初住民活動推進課ということで、あるいは人権政策課ということで時代にあった仕組みを町長さん、考えられたなと思っていたわけです。特に活動推進課あたりにしては協働に精通されることを私は強く感じてますし、それが必要な時代であろうということでございますけど、協働のですね、町づくりのよりどころですよね。心のよりどころといいますか。合理化とか財政が苦しいからサービスも思うようにならないし、負担もしてもらわないといけないという時代の背景としてあるわけですが、協働でみなさんと町づくりをやっていきましょうということなんですけど、そこに裏づけされる心の部分ですよね。皆さんと一緒に町づくりをするのは合理化のためだけで町づくりをやっていくのか。そうじゃない。自分らの町をどうするのかという心の部分をですね、私は人権という視点といいますかそういう部分を織り込むことで町づくりが協働の裏づけとして働いていくんじゃないかと言う思いがずっとしておりましてして前回も機構については色んな意見もございますけど、そのへんを目玉として、住田町政として考えておられるんだろうと思っておりました。それが、まあ、このたび教育委員会ということで、まあ、教育委員会を否定するような発言ではありません。言いたいのは、教育委員会自身、今、教育問題でいろいろ教育のあり方が論議されているわけです。それと委員会の性格としてですね、教育の人権政策部門を教育委員会にもっていくということとなりますと、やはり本来の教育の力を入れていただくということが望まれますし、それから、まあ、やはりまだ課題を残す政策部門をですね教育委員会に持っていって教育啓発という部分では町長さんのご意向に気持ちをやむを得ないのかなということもありますけど、町長部局から一切政策部門を離すということについては如何なものかなと思うわけです。それで現在の機構の中でそういった部門を全然所管されないのか、所管される部署はないのか、政策的な部分ですね、そのへんをどういうふうにお考えになっているのかお尋ねしたいなと思います。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) 今回の機構改革につきましては、先般の全員協議会で詳しくご説明を申し上げたところでございまして、主な点は先ほど提案説明の中でも申し上げましたが、大体9項目ぐらい改正の概要、主要な点を考えているところでありまして、ただいま大森議員からご質問がございました人権政策の関係ですが、人権政策はひとつにはやはりこれからは啓発によって住民の意識を啓発しながらあらゆる差別のないまちづくりを進めていくうえの大きな柱だろうと思っております。それは男女共同参画もそうでありますし、あらゆる差別をなくしていくというのが人権政策の大きな柱でありますので今の教育委員会の体制の中で十分対応できると思っておりますし、また、協働のまちづくりを進めるうえからも今回まちづくり推進の関係、非常に大きなポイントとしてまちづくり推進部門の設置を考えているわけですが、これもやはりそうした人権的な部分を含めたいろいろな協働のまちを推進してまいらなければなりません。そういう協働のまちを推進するためにもっと整理をして、どういう部門でどういう形で住民の皆さんと協力し、住民のみなさんと協働してまちづくりが推進できるかという細かいところの検証をしながらやっていけるような体制を作っていきたいということで、今回政策部門とあわせてそういう課、担当を組織設置するようにいたしたところであります。


 従来の縦割り行政の弊害を廃止して役場業務が連携をとりながらやれるような体制を図るのが今回の組織の改変の目的でありますので、今回のご指摘の点は十分に留意しながら取り組んで参りたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 大森議員。


○9番(大森 英一君) そういった縦割りではなくて横断的にスタッフ制とかプロジェクト制というふうに町長さんからお聞きし取りまして、そのへんは強く期待したいと思うわけです。たとえば職員の教育とかですね、町民の模範とならなければならない職員の人権に関しての教育とか、それまでの課題、同和部分の国の責務であり、行政の責務であるというような課題をまだ引きずるなかで、やはりそこらへんを町長部局の役割を今後少しずつ、新しい体制でございますのでいろいろ試行錯誤しながらでも町長部局としての取り組みがしっかり役割があろうと思いますので、配慮なり取り組みをぜひお願いしたいと思います。答弁はいりませんので。


○議長(西郷 一義君) 幅田議員。


○11番(幅田 千富美君) 11番幅田です。3点ほどお聞きしたのでよろしくお願いします。


 第1点目は、課設置については合併協議の中でも屋上屋を重ねるようなことになりはしないか大変いろいろと意見も申し上げたわけでありますけれども、1年間の経験の中から整理されて提案されたことについては評価したいというふうに思っておりますが、第1点をお伺いいたしますのは、今大変な不況の中でですねどんどんとリストラされて地域へ帰っていらっしゃる国保の加入者が相当多くなってきているというような状況のもとで、この地域産業をどのようにしていくのか、そしてこれまで誘致企業を相当大きな支援もしながら誘致していただいているわけですけども、それへの定期協議を行ったり、所期の目的に達するような、契約に基づいた実施をどのようにしていくのかということを点検して、そして協力を求めていくと。たとえば地域の労働者の拡大とか、地域産品の納入のことだとか、契約に基づいた実施がどのようにされるのかという点が絶えず点検、協議される部門はどこにあるのか。そして、若い方々のニートという問題が大きく社会問題になっていますが、地域の若者たちの就職状況、雇用への援助、そういった点を協議していくような、推進していくような部局はいかがなところに、いわゆる労働部門ですね。その点がどこの部局でやられるのかをお伺いしたいと思います。


 2点目は、分庁舎について昨年の10月に機構改革があって分庁舎にかなりの人員が配置になっておりますけども、ここの管理ですね。全体で何人分庁舎には配置されるのかという点と、そこでの権限ですね。本庁舎に何もかにもお伺いをたてなければ進まないと、ちょっと待ってごしないよと待たされるというようなことを住民の皆さんから度々聞いているんですけども、その点はどのように改革されるおつもりなのかということと、課が少なくなりましたから課長さんの権限ですね。総務課長、助役そういった点での権限は大きいのですけども、本当に3万円の権限ということで金額的に言えばいちいち伺いをたてなければ決裁がいただけないという状況でしてね、それでもって、職員の管理監督になろうかという点でどのようにお考えになっているのかということ。


 そしてもう1点は、これは町長さんの人事権であるわけですけども、女性幹部の登用をね、どのようにお考えになっているのかなと。そして、職員の適材適所ということで100%が120%まで活用できるようにするにはやはり職場の民主主義が確立されなければならないわけですけども、そこらへんでの女性幹部の登用をこの時代の趨勢にあわせてどのようにお考えになっているのかなという点をお聞かせ願いたいと思います。以上です。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) まず、雇用の関係とかそういう問題について1点目はご質問がございましたが、総合的な政策部門の中で町政を推進するうえで調整なり、また町政の課題等は新しく設けました自治振興課の中で対応していくといことにいたしております。でありますから、必ずしもそこばっかりではないと思いますが、地域の課題等をやはり一体的に町政を進めるうえにおきましては政策部門合わせながら進めていかなければならないというふうに思っております。それから分庁舎の関係につきましては先ほども提案説明で申し上げましたように、分庁舎の管理、あるいは調整等、ある程度分庁舎の統括的な責任体制をとってやってくということで、ある程度の権限を持たせたところであります。


 それから、女性の登用ですが、やはり職員の関係でございますので新たに人事評価制度を導入して今試行を行っております。そういう中でそれぞれの職員の能力を伸ばし行政の事務が十分執行できるようにしていく中で、女性男性わけ隔てなく公平な事務の執行をやっていきたいと思っているわけであります。それから、一般的な審議会とか委員会とかそういうふうな行政委員会等におきましてはできるだけ女性の登用は図っていきたいと、これは今男女共同参画の条例を次の3月定例議会に提案する予定でございます。男女共同参画を進める中で当然女性の方々の能力を地域の振興発展に力として生かしていきたいというふうに思っているところでもありますのでご理解をいただきたいと思います。


○議長(西郷 一義君) 2番細田議員。


○2番(細田 栄君) 現行の町長部局14課体制が7課体制になりまして総合力が発揮できるのではなかろうかと期待しております。その中で、ほとんどが課の統合であるわけなんですが、会計課が新しく生まれております。従来出納室でございました。いわゆる室を課に昇格する理由ですね。業務が拡大していくのか、課長と室長の権限をかなり大幅に改正されるお考えなのか。統合が目立つ中で室から課に昇格になっているものですから、もう少し分かりやすくこのへんの理由を説明していただきたいと思います。


○町長(住田 圭成君) 総務課長から答弁させます。


○議長(西郷 一義君) 総務課長。


○総務課長(岡田 賢治君) 先ほどのご質問にお答えします。今回の機構改革で細田議員がおっしゃいますように、出納室を会計課というふうに、いわゆる格上げというふうにしました。その理由といたしましては、現在の出納室といいますか、旧収入役の担当する部署でして、現在では助役がその出納室の統括を行っているわけですけども、その中にですね、現在の出納室の機能、金銭の収受これが主な業務でございますけども、今回の改正では出納室を会計課にいたしまして、そこで財務事務の指導監査、指導監督という業務を新たに設けました。その理由といたしましては、助役が支出命令するわけですね。その支出命令の内容が正しく整理されているかどうか、それを見る業務も今の出納室の仕事となっています。色々支払命令が出てくるわけですけども、その支払いが本当に適正なものなのか。金銭的な間違いだけではなくて、コストの面とか色々仕事の内容についても財務的な指導を持たせるということを新たに加えて課ということにさせていただきました。職員体制も若干現在よりは増員をしてそのあたりの業務を進めてまいりたいという気持ちを反映した内容でございます。以上です。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は、原案のとおり可決されました。


 本臨時会の会議に付された事件は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


             (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会は、これをもって閉会することに決しました。


 以上をもって本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成18年第2回伯耆町議会臨時会を閉会いたします。


 ご苦労様でした。


              午前9時33分 閉会


     ───────────────────────────────