議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成17年11月第11回臨時会(第1日11月22日)




平成17年11月第11回臨時会(第1日11月22日)





────────────────────────────────────────


     第11回 伯 耆 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                        平成17年11月22日(火曜日)


────────────────────────────────────────


 
                      平成17年11月22日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第365号 専決処分について


日程第5 議案第357号 伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第6 議案第358号 伯耆町索道事業の設置等に関する条例の一部改正について


日程第7 議案第359号 平成17年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)


日程第8 議案第360号 平成17年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第3号


             )


日程第9 議案第361号 平成17年度伯耆町水道事業会計補正予算(第3号)


日程第10 議案第362号 平成17年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号


             )


日程第11 議案第363号 平成17年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第


             3号)


日程第12 議案第364号 平成17年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)


────────────────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第365号 専決処分について


日程第5 議案第357号 伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正について


日程第6 議案第358号 伯耆町索道事業の設置等に関する条例の一部改正について


日程第7 議案第359号 平成17年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)


日程第8 議案第360号 平成17年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第3号


             )


日程第9 議案第361号 平成17年度伯耆町水道事業会計補正予算(第3号)


日程第10 議案第362号 平成17年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号


             )


日程第11 議案第363号 平成17年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第


             3号)


日程第12 議案第364号 平成17年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2


             号)


────────────────────────────────────────


                出席議員(16名)


         遠 藤 俊 寛           細 田   栄


         影 山 辰 雄           小 村 公 洋


         角 田   純           長谷川   盟


         野 坂 明 典           勝 部 博 史


         大 森 英 一           中 田 壽 國


         幅 田 千冨美           大 江   昇


         田 邊 公 教           入 江 正 美


         柳 清 茂 郎           西 郷 一 義


────────────────────────────────────────


               欠席議員 なし


────────────────────────────────────────


              事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 小 原 章 信   書記 ─────── 椎 木   慈


────────────────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 住 田 圭 成   助役 ─────── 石 田   保


 監査委員 ───── 遠 藤 政 明   教育委員長 ──── 中 野 喜 弘


 教育長 ────── 妹 尾 千 秋   総務課長 ───── 岡 田 賢 治


 建設課長 ───── 小 村 恵 吾   上下水道課長 ─── 白 根 弘 道


 住民課長 ───── 小 林 寿 子   産業振興課長 ─── 梅 原 久 義


 商工観光課長 ─── 上 田 博 文   住民活動推進課長 ─ 足 澤 秀 基


 人権政策課長 ─── 大 下 修 一   教育委員会次長 ── 相 見   厚


 行政改革推進室長 ─ 斉 下 正 司


────────────────────────────────────────


              午前9時00分 開会


○議長(西郷 一義君) みなさんおはようございます。


 大山の初冠雪、昨日は初霜が降りたようでございますが、大変寒い中、また早朝からご苦労様でございます。全員の出席でございます。ただいまから開会したいと思います。


 ただいまの出席議員は16人であります。定足数に達しておりますので直ちに本日の会議を開きます。


 ただいまから、平成17年第11回伯耆町議会臨時会を開会いたします。


 本日の議事日程は、お手元に配布してあります別紙のとおりであります。


────────────────────────────────────────





◎日程第1 「会議録署名議員の指名」





○議長(西郷 一義君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、13番 入江 正美議員並びに14番 柳清 茂郎議員を指名いたします。


────────────────────────────────────────





◎日程第2 「会期の決定」





○議長(西郷 一義君) 日程第2、「会期の決定」を議題といたします。


 おはかりいたします。


 本臨時会の会期は、本日一日間といたしたいと思います。


 これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は本日一日間と決定いたしました。


────────────────────────────────────────





◎日程第3 「諸般の報告」





○議長(西郷 一義君) 日程第3 「諸般の報告」を行います。


 伯耆町有線テレビジョンの撮影を許可しております。


 以上で諸般の報告を終わります。


────────────────────────────────────────





◎日程第4 「議案第365号 専決処分について」





○議長(西郷 一義君) 日程第4 議案第365号 専決処分についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第365号 専決処分について、所有権移転登記請求事件に関する和解についてでございますが、本案は、所有権移転登記請求事件に関する和解について、専決処分を11月21日にさせていただいたものでございまして、これを報告し、承認を求めるものであります。


 内容につきましては、二部公民館用地として賃貸借契約をしております土地に関して、その所有者と隣接地所有者との間で訴訟があり、その和解について利害関係人として同意するものでございます。


 よろしくご承認いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり承認されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第4 「議案第357号 伯耆町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について」





○議長(西郷 一義君) 日程第5 議案番号357号 伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 上程いただきました議案番号357号 伯耆町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてでございますが、本案は国の人事院勧告及び他町村の改正状況を考慮して、伯耆町職員の給与に関する条例の一部を改正するものであります。


 主な改正内容は、給料月額の0,3%引き下げ、配偶者の扶養手当月額500円の引き下げおよび勤勉手当の支給割合0.05月分の引き上げを、平成17年12月1日から実施するものであります。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。11番、幅田議員。


○11番(幅田 千富美君) 11番、幅田です。本条例の提案理由は人勧に基づくものだというふうにご説明ありましたけど、今回の人勧には給与構造の抜本的改革の実施というのも併せ持った内容というふうに聞いておりますが。それと今回、行政職の0.3%の減額ということでありますけど、お聞きしますのは、民間給与との逆格差の是正、解消ということがひとつの柱となっていますけども、この周辺地域の、特にこの伯耆町内での民間格差の給与という点での調査なり平均値などは出していらっしゃいますでしょうか、その点をお伺いしたいという点が第1点と。それから、他市町村との状況を勘案したということでありますけれども、特に西部地域ではいかがなような状況になっているのかという点が2点目と。それから、今回改正といいますのは、伯耆町にならない前に各町村で変更が、給与の減額があったというふうに聞いておりますけれども、どのような内容であったのかということを。私は溝口町であった場合には知っておるんですけど、いかがなものであったのかなということです。それと、特別職の場合については、合併前に減額して合併後、直後に増額をするということで批判にあって、また減額するという手続きをとったわけでありますけども、議員も含めましてのね、特別職の給与についてはいかがにお考えなのかという点を、4点お伺いします。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) 総務課長から答弁をさせます。


○議長(西郷 一義君) 総務課長


○総務課長(岡田 賢治君) 質問のございました4点につきましてご説明いたします。


 まず、民間格差についての伯耆町内の民間と本町の職員との給与の差を調査してあるかということですが、これは調査をいたしておりません。だいたいこれまでも国の国家公務員の人事院勧告、あるいは鳥取県の職員の鳥取県の人事院勧告、それに合わせまして周辺市町村の状況等を勘案して給与の改定を行っているというのがこれまでです。それぞれ、両町基本的にはそういう考え方で給与の改定を行ってきているところでございます。いずれにしましても、これまで旧町時代にあっても、国の国家公務員の人事院勧告の内容をおおむね受け入れた形で給与の額を決めているというのがこれまでの経緯でございます。


 2点目の他町村の状況ですけども、これにつきましては今回の人事院勧告によります各西部の町村の給与改定の取り組みの状況ですけども、一口に申し上げまして今回は色々とこれまでの給与カットの状況が違っております。おそらく人事院勧告がでるまでは鳥取県の人事院勧告にそった内容で給与を決めているのは大山町と伯耆町だけでございます。その他につきましてはいくらかの給与のカット、通称カットと言っておりますけども減額をして支給しているというのがこの西部の町村の状況でございました。そういうふうな状況がありますので今回の人事院勧告にそった内容で給与改定するというのは本町とそれからおそらく他町村につきましては半月前に西部の給与改定の考え方を情報交換という形で総務課長のほうで情報交換をいたしましたけれども、なかなかまだはっきりとした方向性がでていないというのが半月前の状況でした。おそらくこれまでカットしてきた町村につきましては、12月1日の給与の改正のみで、勤勉手当の調整をしないという町村があるかもしれません。これは先ほど言いましたように、給与をカットしてきた経緯もありますので、そのへんも考慮して改定される町村があるかもしれません。そのへんはまだ正確な情報は把握しておりません。ですから、一口で言いますとそれぞれ今回は違った対応をされるんじゃないかというのが今の状況でございます。


 それから、これまでの減額ということですが、ちょっと私意味がよくわかりかねますけども、これまでの改定の状況ということでしょうか。減額と言う意味がよくわからなかったんですが。


              (発言するものあり)


 わかりました。伯耆町になりましてからは給与カットしたということはございません。全員協議会でもご説明しましたが、合併いたしました時点で旧岸本町の職員と旧溝口町の職員との間でですね標準的な年齢、採用年度等を考慮いたしますと多少給与に差があったという状況でございました。新町になりましてからは新しい給与の運用表を新しく設けまして、それにそって標準的な給与の額を決めたわけです。その標準的な給与の額に対しまして、高い職員、低い職員がいたわけです。それは新しい運用の基準にそって運用したいということで、先にいったものは待ってもらう。延伸という形で給与の定期昇給をとめている。低い職員につきましては、2号といいますが、定期昇給でいえば2年分ですが、これを4年間かけて標準的な給与のラインまで引き上げていくと言うそういうような手当てをしているところです。


 4点目ですが、特別職と議員さんの報酬の件ですけれども、これは西部の報酬審議会で特別職、いわゆる町長の報酬の額が答申というかたちで出てまいります。それを受けまして各町村で額を決定しているわけですけども、議員さんにつきましてもだいたいそれに準じたような形で引き上げ率をこれまで変えてきたというのがこれまでの状況でございまして、基本的に特別職と議員の報酬につきましては、西部の報酬審議会の答申を考慮して決定させていただいているというのがこれまでの状況でございます。以上です。くが言ういううかもも、、特に西部地域ではいかがなような


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 幅田議員。


○11番(幅田 千富美君) 伯耆町の職員の給与に関する条例の一部改正する条例案について反対の討論をいたします。まず、第1点、地域の公務員労働者の賃金といいますのは、地域の経済に非常に大きな影響を与えています。特にこの地域は中小零細企業が多い。そういう状況のもとで、やはりその労働者の賃金は公務員の労働者の賃金を見本にしながら進んでまいりましたし、この不況の厳しい中でリストラされる状況の中で労働者の賃金は低くなっていく状況もありますけれども、この労働者の賃金水準というのはやはりそこを引き上げるような役目を果たしていかなければならないというふうに思うわけです。鳥取県の最低賃金は7年間も6百何十円台をさまよってきておりましたけど、やっと今年度1円引き上げられた。こういう状況のもとで公務員の労働者の賃金を引き下げることは相成らないと思うわけです。


 それと今回人勧によります、そのまま受けて条例改正するということでありますけども、この勧告の中身は給与構造の抜本改正、これも含んでいるわけです。そして人事評価制度を導入していく。その評価の状況に応じてプラスになったりマイナスになったりさせていく自由度があるような内容も含まれてきている。また、モデル給与をみますと若年者、確かに新入職員それは減額プラスマイナスゼロでありますけども、一番今問題になっている35歳40歳、子育て年代ですね。そこが一番大きな減額になっている。これは、これまで言っていることと随分違っている。子育て支援と言いつつもそうした状況がある。そして、また、国の方のモデルでありますけれども、課長、局長、次官こういうところが大幅に逆に引き上げになっているというような内容の人勧であります。そういうものを鵜呑みにそのまま実施するということについては相成らないというふうに考えます。特に合併いたしましてから、先ほど特別職の給与の問題を言いましたけども、そして人事評価制度も、そして50歳からの退職勧奨も行われると。しかも、議会にかけずにそしてマスコミのほうが先であったというふうな状況が続いてますけど、本当に新しいまちづくりをしていくことになれば、トップがしっかりと財政プランもしっかり示さない中でこういうことを次々行っていくということは、本当に町民をそして職員を団結させて苦難も乗り越えつつ新しいまちづくりをすると言うことに対して私はネックになってくると思いますので私は反対します。以上です。


○議長(西郷 一義君) 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第6 「伯耆町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について」





○議長(西郷 一義君) 日程第6 伯耆町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第358号 伯耆町索道事業の設置等に関する条例の一部改正についてでありますが、本案は、伯耆町索道事業の設置等に関する条例の一部改正することについて本議会の議決を求めるものでございます。


 改正の内容といたしましては、桝水高原スキー場のスキーリフト料金につきまして、1日券を大人4,600円から4,000円に、午前券と午後券を3,300円から3,000円にそれぞれ引き下げするものであります。


 施行日につきましては、平成17年12月1日とするものであります。


 よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 11番、幅田議員。


○11番(幅田 千富美君) 議案第358号 伯耆町索道事業の設置等に関する条例の一部改正についてお尋ねいたします。


 今回の改正は入客を増やしていこうという配慮からと伺っておりますけれども、この公営企業法に基づきまして独立採算、また経営の安定を図っていく、そして地域の向上に資していくこれがこの索道会計の眼目であろうと思いますけれども、近来の入場者数が大幅に減ってきているというこの原因についてどのように把握していらっしゃるのかという点が1点目と、そして特に平日ですね。平日の入場者が非常に少ない。むしろ、招待客、この人たちのほうが多いのではないかというような日もあるというふうに伺っているわけでありますけども、これに対する対策をどのようにお感じになっているのかという点です。そして、将来的展望といたしまして、索道の起債償還が終わってこれは非常によろしいことでありますが、機械の新規への変換というのがどの程度待たれるのか。もちろん、大幅な修理になるということになりますと多大な出費ということになりますけれども、この将来への展望ですね。いつまでもつというふうにお考えなのか。それと、この集客が減ってきているもとでの将来の索道事業をどのように検討されているのかどうなのか。この点をお伺いします。そして、また、これまでもずっと申してきてましたけども、このリフトは特に収益があがっているのは冬期のしかも夜間。近辺の勤労者の子弟、労働者、周辺の方々が利用する頻度が高いというふうに思うわけです。それは何故かと言うと夜間は駐車場料金がいらない。環境庁が駐車料金をとっておりますので、駐車料金がいらない、比較的安くなるということから入場者が多いと伺っているわけですけれども、この夜間の入場状況を勘案すればそう遠くの人たちとのお客さんということではなくって、この西部周辺の利用者が多いと思われるのですが、そういうことも含めて将来展望をどのように把握し発展させていくのか、維持していくのか、あるいは事業そのものの展望ですね。それと町内の子どもに対しましては無料にすべきではないかということをずっと言い続けてきました。大山町の場合なども、やはり子どもさんとおやごさん、一緒に行きますと相当高い料金になっていくわけでして、この利用者を増やしていくうえでも子どもさんの料金は、福祉の向上という点からも含めまして、せめて中学生までは無料にすべきではないかという提案をしてきましたけど、その点についてのお考えはどうか。以上を質問いたします。


○議長(西郷 一義君) 町長。


○町長(住田 圭成君) まず、どのスキー場もですが、最近の傾向としてはレジャーが多様化しておりまして、その中でスキー人口が減ってきておる環境は事実であります。したがってスキーヤーのニーズに応えたスキー場の運営が問われる状況であることは承知いたしております。特に最近は駐車場の一体的な運営、便利の良さというものを求められる中でありまして、特にそういう面からいたしますと本町が抱えているスキー場は国立公園地内でもありまして、色々な規制もあるわけでございます。そういう中で健全な運営を期していかなければならにことは十分承知しております。そこで、一番今スキー場の状況を見まして感じますのは、ご指摘のように平日のスキー人口が減ってきております。それはひとつにはレジャーの多様化であるとか社会環境の変化等も起因しているのではないかと思っております。桝水高原スキー場はスキー場としての魅力をどう発揮していくかという点になるわけでございますが、立地的な条件としましてはナイター、特に眺望のいいスキー環境でもありますし、また交通の面からいきまして勤めが終えられてからスキー場に来ていただくそういう立地的な要件もございますので、特にナイターの利用者を引き出せるように色々取り組みをいたしているところでございまして、今シーズンからロングナイターも毎週開催、実施していくような方向で行うように今計画をいたしているところでございます。いずれにしましても、将来展望という点からいきますと大変厳しい環境でありますので桝水高原スキー場のもっている魅力というものをどういう方向で発揮していくかという点について、色々皆さん方のご意見を聞きながら取り組んでまいらなければならないというふうに考えております。併せまして健全な運営をしていくためには経費の削減、健全運営を図ることに一番大きな要因はそこらにありますし、また、住民サービスの向上にスキーヤーのサービスの向上に努めていくこともやはりこうした観光事業の大きな要素でもありますので関わります職員一同接客の意識を高めながらサービスの向上に努めていきたいと考えております。また、町内の子どもの利用につきましてでありますが、学校行事とか色々な面では利用促進するようにいたしております。ただ、一般的な料金の関係につきますと、企業会計でありますので赤字にならないよう利用料の向上につながっていくこともひとつの方法であります。しかし、町内の子どもに対する減免とかそういう面では今後検討の余地もあろうかと思いますので、色々ご意見をいただきながら今後の運営に十分検討しながらあたっていきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(西郷 一義君) これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第7 「議案第359号 平成17年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第7 議案第359号 平成17年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第359号 平成17年度伯耆町一般会計補正予算(第4号)についてでありますが、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。


 歳入歳出予算の総額は変更することなく、歳出の補正額を予備費で調整いたしております。


 歳出の内容は、人件費358,000円の減、特別会計繰出金 7,000円の減、予備費365,000円の増としております。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第8 「議案第360号 平成17年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第8 議案第360号 平成17年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第360号 平成17年度伯耆町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。補正予算の額は、歳入歳出予算の総額からそれぞれ4,000円を減額し、補正後の予算総額を1,111,731,000円とするものです。歳入につきましては、一般会計繰入金4,000円減、歳出につきましては総務管理費4,000円減としております。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第9 「議案第361号 平成17年度伯耆町水道事業特別会計補正予算(第3号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第9 議案第361号 平成17年度伯耆町水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第361号 平成17年度伯耆町伯耆町水道事業特別会計補正予算(第3号)について、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。補正の内容につきましては、収益的収支の総額を替えることなく支出項目について変更するものです。営業費用1,000円増、予備費1,000円減であります。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第10 「議案第362号 平成17年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第10 議案第362号 平成17年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議議案第362号 平成17年度伯耆町簡易水道事業特別会計補正予算(第3号)について、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。補正予算の額は、歳入歳出の総額からそれぞれ1,000円を減額し、補正後の予算総額を505,822,000円とするものです。歳入につきましては一般会計繰入金1,000円の減、歳出につきましては水道総務費3,000円の減、予備費2,000円の増としております。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第11 「議議案第363号 平成17年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第11 議議案第363号 平成17年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議議案第363号 平成17年度伯耆町農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)について、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。補正予算の額は、歳入歳出の総額からそれぞれ1,000円を減額し、補正後の予算総額を987,680,000円とするものです。歳入につきましては一般会計繰入金1,000円の減、歳出につきましては集落排水総務費1,000円の減としております。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程第12 「議議案第364号 平成17年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)」





○議長(西郷 一義君) 日程第12 議議案第364号 平成17年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。町長。


○町長(住田 圭成君) 議議案第364号 平成17年度伯耆町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について、本案は、伯耆町職員の給与に関する条例の一部改正に伴います人件費について補正するものであります。補正予算の額は、歳入歳出の総額からそれぞれ1,000円を減額し、補正後の予算総額を209,485,000円とするものです。歳入につきましては一般会計繰入金1,000円の減、歳出につきましては下水道総務費1,000円の減としております。


 よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西郷 一義君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 原案に反対のかたの発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


 おはかりします。


 本臨時会の会議に付された事件は、すべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により閉会いたしたいと思います。


 これにご異議ございませんか。


            (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会は、これをもって閉会することに決しました。


 以上をもって、本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成17年第11回伯耆町議会臨時会を閉会いたします。


              午前9時40分 閉会


     ───────────────────────────────