議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 伯耆町

平成17年 2月第 2回臨時会(第1日 2月18日)




平成17年 2月第 2回臨時会(第1日 2月18日)





────────────────────────────────────────


     第2回 伯 耆 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                          平成17年2月18日(金曜日)


────────────────────────────────────────


 
                       平成17年2月18日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教


     育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について


日程第5 教育委員会委員の任命について


日程第6 教育委員会委員の任命について


日程第7 教育委員会委員の任命について


日程第8 教育委員会委員の任命について


日程第9 教育委員会委員の任命について


日程第10 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第11 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第12 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第13 監査委員の選任について


日程第13 監査委員の選任について


日程第14 助役の選任について


────────────────────────────────────────


             本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教育


     長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について


日程第5 教育委員会委員の任命について


日程第6 教育委員会委員の任命について


日程第7 教育委員会委員の任命について


日程第8 教育委員会委員の任命について


日程第9 教育委員会委員の任命について


日程第10 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第11 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第12 固定資産評価審査委員会委員の選任について


日程第13 監査委員の選任について


日程第13 監査委員の選任について


日程第14 助役の選任について


────────────────────────────────────────


               出席議員(27名)


      1番 安 田 直 之        2番 田 渕 章 人


      3番 影 山 一 郎        4番 竹 仲   満


      5番 角 田   純        6番 高 塚 禮 二


      7番 長谷川   盟        8番 野 坂 明 典


      9番 勝 部 博 史        10番 大 森 英 一


      11番 大 松 稔 明


      13番 景 山 隆 範        14番 奥 野   弘


      15番 小笠原 義 雄        16番 長谷川 和 幸


      17番 幅 田 千冨美        18番 大 江   昇


      19番 田 邊 公 教        20番 森 谷   淳


      21番 西 村   忠        22番 入 江 正 美


      23番 柳 清 茂 郎        24番 箕 矢 静 人


      25番 浦 部 要 右        26番 田 中   宏


      27番 西 郷 一 義        28番 下 村 有 象


────────────────────────────────────────


               欠席議員 12番 中田 壽國


────────────────────────────────────────


               事務局出席職員職氏名


 事務局長 ───── 小 原 章 信   書記 ─────── 椎 木   慈


     ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


 町長 ─────── 住 田 圭 成    教育長 ───── 妹 尾 千 秋


 総務課長 ───── 岡 田 賢 治    住民課長 ──── 小 林 寿 子


 税務課長 ───── 金 田 政 雄    企画振興課 ─── 鞍 掛 宣 史


 福祉課長 ───── 杉 原 良 仁    健康対策課長 ── 永 見 文 夫


 生活環境課長 ─── 石 原 邦 章    上下水道課長 ── 白 根 弘 道


 商工観光課長 ─── 上 田 博 文    産業振興課長 ── 梅 原 久 義


 建設課長 ───── 小 村 恵 吾    総合窓口課長 ── 森 田 俊 朗


 人権政策課長 ─── 森 田 俊 朗    住民活動推進課長  足 澤 秀 基


 地域情報室 ──── 井 上 祥一郎    教育委員会次長 ─ 藤 井 好 文


 教育委員会次長 ── 相 見   厚    教育委員長 ─── 中 野 喜 弘


     ───────────────────────────────





              午前9時00分 開会


○議長(西村 忠君) ただいまの出席議員は27名であります。


 定足数に達しておりますので、平成17年第2回伯耆町議会臨時会を開会いたします。


 本臨時会は伯耆町誕生に伴います町長選挙の結果、住田町長が誕生いたしまして初めての議会であります。住田町長の町長就任を心からお祝い申し上げ、改めて町長として、町民の福祉向上のためにご尽力いただきますように心からお願いを申し上げご祈念を申し上げます。


 そういたしますと、直ちに本日の会議を開きます。


 本日の日程は、お手元に配布してあります別紙のとおりであります。


────────────────────────────────────────





◎日程1 「会議録署名議員の指名」





○議長(西村 忠君) 日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。


 会議録署名議員は、3番、影山 一郎議員並びに4番、竹仲 満議員を指名いたします。


────────────────────────────────────────





◎日程2 「会期の決定」





○議長(西村 忠君) 日程第2、会期の決定を議題とします。


 お諮りします。


 本臨時会の会期は、本日1日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。


             (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会の会期は、本日1日間と決定いたしました。


────────────────────────────────────────





◎日程3 「諸般の報告」





○議長(西村 忠君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 12番、中田議員より欠席届が出ましたのでご報告いたします。


 次に、本日までの会議等は、お手元に配布の諸報告書のとおりであります。


 資料等は、議会事務局に保管しておりますので閲覧をお願いいたします。


 なお、伯耆町有線テレビジョンから撮影の申し出があり撮影の許可をしておりますのでご報告いたします。以上で諸般の報告を終わります。


────────────────────────────────────────





◎日程4 「議案第192号 伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教育長の給与、


      勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について」








○議長(西村 忠君) 日程第4、議案第192号、伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 提案に先立ちまして議会の皆様、また町民の皆様にご挨拶を申し上げたいと思います。過般執行されました町長選挙におきまして、不肖、私、町政付託の重責を担うことになりました。


 合併時の極めて大切な時期の町政を担うわけでございます。町民の皆様の付託に応えるよう、一生懸命頑張って参りたいと、このように決意を新たにいたしているところでございます。


 議員各位におかれましては、課題山積の中の町政運営でございます。格別のご支援、ご理解、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願いを申し上げまして、提案に先立ちましてのお願いのご挨拶に代える次第であります。どうぞよろしくお願いをいたします。


 それでは、上程いただきました、議案第192号、伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてでございますが、本案は町長、助役、教育長の給料月額を町長給料月額79万円を73万円に、助役給料月額63万2千円を60万円に、教育長給料月額59万3千円を56万3千円にそれぞれ引き下げるものでございます。


 施行期日は平成17年3月1日といたしております。よろしくご審議いただきますよう、お願いをいたします。以上で説明を終わります。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 13番、景山議員。


○13番(景山 隆範君) 議案第192号、伯耆町特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例及び伯耆町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についての議案でございますが、先ほど町長からは79万円月額町長給料を73万と、6万円引き下げるということで、引き下げに関しましては一定の評価はしております。


 しかしながら、このあたりで非常に財政が大変だということで、以前から境港市のほうでは報酬審議会の答申を尊重して、条例では報酬審議会の答申どおりの報酬となっているわけですが、それを市長は100分の20引き下げる、そして助役は100分の15引き下げるという形でやっているわけです。境港市は市長が94万5千円の報酬審議会の答申でありまして、これをそのまま条例にしているわけでありますが、これに対しまして特例措置をしておりまして、その20%カットしますと、境港市の市長の給料は約76万円となっているわけです。


 これを伯耆町の給与のいわゆる報酬審議会の答申でいきますと79万、これを当てはめてみますと伯耆町では63万2千円と、20%カットであれば。という形になるわけです。


 報酬審議会ではそれぞれの自治体の行政規模、そういったことによりまして報酬の答申をしているわけでありまして、従いましてそれをまず尊重し、その上でじゃあ、どれだけカットするかということのやり方は私は正しいと思いますし、境港市の例に倣うべきであるとこう考えます。従いましてこの度の条例案でありますけど、私は反対であります。以上です。


○議長(西村 忠君) 次に賛成の方の発言を許します。


 次に原案の反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。田中議員。


○24番(田中 宏君) 賛成の立場で発言いたします。答申に基づいたこの提案は妥当であると。反対者は境港市の例をとってこれに見習うべきだと、こういった発言がございました。


 色々自治体によってはそれぞれの事情がありましょうし、あるいは財政的な面がありましょう。


 例えば、倉吉市、あるいは智頭町。色々ございますけど、まず答申どおりこの規定に基づいて提案され、そしてこれが諮られたということにつきましては提案どおり賛成するものです。以上。


○議長(西村 忠君) 次に原案の反対の方の発言を許します。17番、幅田議員。


○17番(幅田 千富美君) 本町の新町におけます専決処分で国保税、保育料、そして介護保険料の引き上げが決定されております。障害者の特別医療費の助成条例も大幅な削減がなされています。介護予防のふれあいデイサービス、それへの参加の交通費も徴収すると、本来の趣旨によって介護を予防していこうと、こうした方々への負担が大きくかけられている。


 その一方で、三役の給料が値上げされる。こういった町民の怒りがございました。


 今回、改正の減額の提案はありました。この姿勢についてはよしとするものの、その金額において本当に妥当なのかということであります。


 鳥取県の給与水準は全国でも下から1番目、2番目という状況にあります。


 だがしかし、報酬審議会の答申は全国でも農村地域、中山間地域の県を見ますと最高ランクのほうになっているわけです。そういった審議会の方針に沿って条例がなされた。


 その中での本町の独自の減額の提案でありますから、住民の不況の下で苦しんでいる。


 倒産で路頭に迷っている。農業も台風被害で大変な実態にある。この町民の所得状況から見ましていかがなものかと、そういった点が十分に推察されて検討された提案というふうに見受けられませんので反対であります。


○議長(西村 忠君) 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり可決されました。


────────────────────────────────────────





◎日程5 「議案第193号 教育委員会委員の任命について」





○議長(西村 忠君) 日程第5、議案第193号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。


 休憩いたします。


              (中野 喜弘君退場)


○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第193号 教育委員会委員の任命について、本案は教育委員に中野喜弘君を任命したいと存じますので議会の同意を求めるものであります。任期は1年でございます。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。以上です。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。14番、奥野議員。


○14番(奥野 弘君) 私は、教育委員会の委員の任命につきまして、全員協議会のとき資料もいただきましたが、反対の立場でさせていただきたいと思います。


 皆さんもご承知のように安全な学校におきまして、とんでもない悲劇が起きていることはご承知だと思いますが、日本中がこの事件に関心を持っているわけです。


 このような時に、社会教育に関し重要な組織の教育委員会委員の任命を行政側の案により一方的に承認を求められて同意出来ないわけでございます。


 合併後も旧体制なやり方は如何なものかと私は思っております。何故なら、精選された委員がどんな重要な働きをしているのか、委員会でどのような議論や発言をしているのかよく分からないものでございます。私は顔も知らない人もございました。そんな状況で議員として無責任な行動はとれないと私自身思っているわけでございます。


 また、一般的に地縁、血縁の強い地域ほど委員会や審議会等に女性の進出がしにくい傾向があると思いますが、したがって、年齢層も考えて公募するなど、発想の転換を図ってもらいたいと、もらわなければならないと私自身は思っているわけでございます。参考までに申し上げますが、3年ほど前に、行政市町村の行政先進度調査というのがございまして、その時も県の平均の女性の占める割合は17.8%でございましたけど、私が当時おりました岸本町では、11.0%でございました。非常に女性の占める審議会等が非常に立ち遅れしていると思います。それから以後、そんなに進んでいないように私自身思います。


 一応そういうことで反対の立場で申し上げました。


○議長(西村 忠君) 次に賛成の方の発言を許します。25番、西郷議員。


○25番(西郷 一義君) ただいま提案になっております教育委員、中野喜弘委員について私は賛成の立場で討論させていただきます。


 ご承知のとおり、私、日野農林時代の5年中学をでております。その後日野産校ということでございますが、中野先生は恩師でございます。中学時代、高校時代と。


 年はどうも80歳になられるようでございますが、私は教育行政においては大変なベテラン。


 こないだからも話が出ていますが、教育委員には女性も必要だという意見やら、年齢の問題も出ていますが、私は、年齢や男性、女性にはこだわる必要はないと。やはり教育行政は、そうした経験豊富な、中野先生みたいな先生が教育行政を担っていただくということは、まことにしゅとうな考え方であると思っております。ただいま提案になっております中野委員につきましては私は全面的な賛成をしたいと思います。みなさんよろしくお願いいたします。


○議長(西村 忠君) 次に原案に反対の方の発言を許します。17番、幅田議員。


 幅田議員、これからは番号を言ってください。


○17番(幅田 千富美君) 17番、幅田です。反対の立場から討論をさせていただきます。


 まず第1点、伯耆町が新しく誕生いたしまして、これからの未来を担う子どもたちを健やかに成長させていく大事な部門であります。


 そして、過去から現在、未来にわたって人づくり、これへの大きな責任のある部局でもあるわけです。先ほど17年度の予算編成への継続分の一覧表が出されました。今、当面この教育委員会に求められておりますのは、新しい町でどのようにこうした条件を整備していくのか、問題を解決していくのか、ここに審決注がなければならない役割があるわけであります。


 しかし、住民の皆さんやPTAの皆さんから教育施設の整備、様々な要望があがっておりました。新しい町はそれを受けてこのように変えるんだよという展望が示されていいわけでありますけども、今年度の教育予算の骨格予算が提示されておりますけども、その中には128万だったと思いますけど、改修だけが予定されているような状況になっております。


 まちづくりの骨格に教育の予算の反映ができないような委員さんがおられてもかなわない。


 このように思うわけです。先ほど奥野議員が発言されましたけど、まずこの教育委員の選任にあたってどのような基本姿勢があったのか。女性の参画も必要でしょうし、今子どもを育てておられるPTAの皆さん、父母の方々の反映もあっていいでしょうし、年齢も然るべきというふうに思っております。


 今、教育界は大変な状況にあります。そして、教育基本法をも変えようというような動きもあるわけであります。本当に今、歴史の転換になっているこの教育委員の選任については、町民の皆さんの本当に安心につながる委員選任が必要であると思いますので、その点からも、そこまで踏み込んである人選と言えないと思いますので、反対の立場を表明させていただきます。


○議長(西村 忠君) 次に賛成の方の発言を許します。


 次に原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


 休憩いたします。


              (中野 喜弘君入場)


────────────────────────────────────────





◎日程6 「議案第194号 教育委員会委員の任命について」





○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 日程第6、議案第194号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第194号 教育委員会委員の任命について、本案は教育委員に大前 直君を任命したいと存じますので議会の同意を求めるものであります。任期は2年であります。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。以上です。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 これより賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程7 「議案第195号 教育委員会委員の任命について」





○議長(西村 忠君) 日程第7、議案第195号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。


 休憩いたします。


              (妹尾 千秋君退場)


○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第195号 教育委員会委員の任命について、本案は教育委員に妹尾 千秋君を任命したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。任期は3年であります。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


 休憩いたします。


              (妹尾 千秋君入場)


────────────────────────────────────────





◎日程8「議案第196号 教育委員会委員の任命について」





○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 日程第8、議案第196号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第196号 教育委員会委員の任命について、本案は教育委員に勝部 馨市君を任命したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。任期は4年でございます。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程9 「議案第197号 教育委員会委員の任命について」





○議長(西村 忠君) 日程第9、議案第197号 教育委員会委員の任命についてを議題といたします。町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第197号 教育委員会委員の任命について、本案は教育委員に伊藤 浩君を任命したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。任期は4年でございます。よろしくご審議いただきますようお願いを申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程10 「議案第198号 固定資産評価審査委員会委員の選任について」





○議長(西村 忠君) 日程第10 議案第198号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第198号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、本案は田中 隆君を固定資産評価審査委員会委員に選任したいと思いますので議会の同意を求めるものでございます。任期は3年でございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程11 「議案第199号 固定資産評価審査委員会委員の選任について」





○議長(西村 忠君) 日程第11 議案第199号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第199号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、本案は田村 辰祥君を固定資産評価審査委員会委員に選任したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。任期は3年でございます。よろしくご審議いただきますようお願いをいたします。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程12 「議案第200号 固定資産評価審査委員会委員の選任について」





○議長(西村 忠君) 日程第12 議案第200号 固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第200号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、本案は奥田 晃彦君を固定資産評価審査委員会委員に選任したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。任期は3年でございます。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立全員であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程13 「議案第201号 監査委員の選任について」





○議長(西村 忠君) 日程第13 議案第201号 監査委員の選任についてを議題といたします。


 本件については、下村 有象議員は地方自治法第117条の規定に該当し、除斥されますので退場を求めます。


              (下村 有象議員退場)


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第201号 監査委員の選任について、本案は議会選出の監査委員に下村 有象君を選任したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。


 任期は議員の任期であります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


 休憩いたします。


              (下村 有象議員入場)


────────────────────────────────────────





◎日程14 「議案第202号 監査委員の選任について」





○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 日程第14 議案第202号 監査委員の選任についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


○町長(住田 圭成君) 議案第202号 監査委員の選任について、本案は識見を有するの監査委員に遠藤 政明君を選任したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。


 任期は4年であります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 17番、幅田議員。幅田議員そのときに番号を言ってください。発言の前に。これから。


○17番(幅田 千富美君) 17番、幅田です。議案第202号の監査委員の選任について町長に質疑いたします。


 まず、第1点、両町が旧両町の会計監査、これもこの監査委員の大きな任務になっていると思います。合併に伴う会計の閉鎖、そして新しい町への会計の開始。こういう大きな歴史的な流れの中での監査であります。そして、多くの条例の改正もあるわけでありまして、このような場合においては専門職を廃止していく、外部監査をする、そのような条例改正をしてでも町民の信頼を得ていく。これが大事ではなかったのかなというふうに思いますが、この任命にあたりましての町長の見識を伺いたいと思います。


○議長(西村 忠君) 町長、答弁。


○町長(住田 圭成君) ただいま提案いたしました遠藤 政明君につきましては、既に溝口町の監査委員として行政監査におきまして十分経験済みでありますし、合併いたしましてもその任を十分果たしていただけるものと私は確信をし、提案させていただいたところであります。よろしくお願いいたします。


○議長(西村 忠君) これにて質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は、原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


────────────────────────────────────────





◎日程15 「議案第203号 助役の選任について」





○議長(西村 忠君) 日程15 議案第203号 助役の選任についてを議題といたします。


 町長に提案理由の説明を求めます。住田町長。


 町長(住田 圭成君) 議案第203号 助役の選任について、本案は伯耆町助役に石田 保君を選任したいと存じますので議会の同意を求めるものでございます。


 任期は4年であります。よろしくご審議いただきますようお願い申し上げます。


○議長(西村 忠君) 説明が終わりましたので、これより質疑を許します。


 6番、高塚議員。


○6番(高塚 禮二君) ただいま提案されました助役さんの件につきまして、4点ほど町長さんにお伺いをさせていただきます。


 まず、助役さんの資質についてお尋ねいたします。第1点は、昨年でありますが、元職員の退職挨拶時に助役らしからぬ暴言があったと承っております。このような方が新町の助役として適任であるかどうか。まず1点。


 次に昨年から町長選挙にからみ、色々な噂が流れておりました。住田町政になれば石田助役という既成概念が情報として飛び回っていたのも事実であります。


 そのことに関しましては私も町民も理解は出来るわけではありますが、退任後に、この1月に私ども議員に挨拶状がありました。これは昨年末から自分は岸本町としての助役は退任させていただき、行政から身を引く旨のご丁寧な手紙をいただきました。そのときに私は、助役はもう行政に復帰されないものと理解しておったわけです。


 それから選挙がありました。町民の方々から次の人事で助役さんはどなたになられるのかと色々お聞きいたしました。


 しかし、選挙後、まだそういう話は出来ず、3日前の全協で初めて助役さんという、旧岸本町助役が新しい伯耆町の助役として再任されるという話を聞き、その旨町民の方にご連絡いたしました。その時に町民の方の質問ですので、私も含めて町長にお考えをお聞きしたいと思います。


 今回の助役の人事につきましては、給料の条例改正も含め、約年間1千万円もの所得があるわけです。しかし、住所は米子市であります。米子市の住所がある以上、1円の納税義務も生じてまいりません。そういう方が助役になられるとお聞きいたしまして、新町、約1万2千人の中で本当に住田町政の片腕になられるような人材がおられなかったのかどうか、それをお聞きしたいと思います。


 こういうことで、新しく誕生した新町、行財政非常に厳しい中で、立ち上げて行く。


 本当に厳しい町政運営を担われるわけです。こういうような形でですね行財政改革を住田町長が出来るのかどうかひとつお聞きをさせていただきたい。こう思います。以上で終わります。


○議長(西村 忠君) 町長、答弁。


○町長(住田 圭成君) ただいま高塚議員から数点にわたりますご質問をいただきましたが、まず1点目の、資質の関係について退職時の経緯等のお話がありましたが、これは旧岸本町内での関係のことでありまして、私がこのことについて言をはさむ余地はございませんのでコメントを差し控えさせていただきます。


 それから、町長選挙に絡みまして噂があったと。当然色んな噂は当然だと受け止めておりますが、助役選任にあたりまして私、前回の全員協議会の場でも申し上げたわけですが、まず、合併のまちづくりを円滑に進めていかなければならない、合併第1期の町政運営というのは非常に重要な時期でもありますし、多くの課題も抱えています。その中で私は溝口町長として溝口町内のことはよく知っておりますけれども、旧岸本町内の状況につきましては、あまり承知していない部分が非常に多いわけでして、1つの町として垣根がなくなった新しい町であります。そのためには、岸本町のこれまでの経過、岸本町の状況を十分把握した人でなければ私の片腕として町政の円滑な運営が出来ない、そういう面で人選を色々検討してまいった経過がございます。


 それと、ひとつには、町民の皆様に今回町長選挙を通じて訴えましたことは、合併をしたまちづくりを、合併してよかったと、そのように言われるような町を推進してまいらなければならない。そのためには、責任を負っているひとりとして立候補した。まちづくり計画を着実に推進してまいるということを申し上げて、町民のご支援をいただいたというふうに私は認識をいたしておりまして、今回、提案さしていただいております石田前岸本町助役につきましては、合併の実務、合併協議会の事務局長としてこれまでの経過を十分把握をしておりますし、これからのまちづくりはやはり合併協議会の協議をベースにしながらまちづくりを進めていくということがまず求められ、必要なことだと判断しております。


 それから、今ひとつには、やはり助役は町長の片腕として、新しいまちづくりに町長の思いを支えていただいて、そして町民の皆様のご協力をいただいてまちづくりが出来る。


 そういう立場の人を選任していかなければならないとこのように思っておりまして、石田前助役につきましては、人間性におきましても信頼しうる人材であり、私の片腕として、しっかりと支えていただけるものと、このような確信をいたしまして今回提案させていただいた。


────────────────────────────────────────


 応えていかなければならない、そういう強い決意のもとから今回提案させていただいております。


 また、行政改革等につきましては、これは当然のことでありまして、今後、組織の見直しとかそういうものを含めながら、事務事業の見直しとか、これまでの経験豊富な助役であります。


 旧岸本町の職員、そして収入役、助役として幹部職員としても十分働いてこられた方ですので応えていただけると思います。


 また、住所が米子、これは私はあまりそういうことは考えておりませんで、先ほど申し上げましたように、町政運営が円滑に推進できる中から最善に人選をさしていただいて今回提案させていただいたものでありますのでご理解をいただきたいと思います。


 以上で答弁といたします。


○議長(西村 忠君) これにて質疑を終結します。


 これより討論に入ります。原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。7番、長谷川議員。


○7番(長谷川 盟君) 私は町長の提案に賛成の立場で発言いたします。


 スタートしたばかりの役場業務を一日も早く起動に乗せ、山積する数多くの事業を円滑に進めることが今時点では急務であります。


 助役は、その体制の要として強力な指導力、経験を踏まえた知識、多くの人から信頼される人柄を備えた人でなければならないということは言うまでもありません。


 私は、いずれも備えた人だと評価しております。特に、合併協議にあたっては、調整の総括としてすべての調整に関わってこられたことはご承知のとおりで、新町の事業展開を円滑に進めるためには石田氏が最適任者と考えます。


 最後に、私の想像では、石田氏は一度は辞退されたと思いますが、町長の熱心な説得が伝わり受けられたと信じております。


 町長の熱意と、石田氏の決断に敬意を表するとともに、選任されました暁には、町長の補佐役として、まちづくり計画を着実に進めていただき、町民から合併してよかったと言われるような伯耆町になることを期待して賛成討論を終わります。


○議長(西村 忠君) 次に原案に反対の方の発言を許します。


 次に賛成の方の発言を許します。


 これにて討論を終結いたします。


 これより採決をいたします。


 本案は原案のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。


 起立多数であります。


 よって、本案は原案のとおり同意されました。


 暫時休憩いたします。


           (休憩)


○議長(西村 忠君) 再開いたします。


 お諮りいたします。


 本臨時会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。


 よって、会議規則第7条の規定により閉会いたしたいと思います。


────────────────────────────────────────


 これにご異議ございませんか。


          (「異議なし」との声あり)


 ご異議なしと認めます。


 よって、本臨時会は、これをもって閉会することに決しました。


 以上をもって、本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成17年第2回伯耆町議会臨時会を閉会いたします。


             午前10時02分  閉会


     ───────────────────────────────