議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成22年 5月第3回臨時会 (第 1日 5月11日)




平成22年 5月第3回臨時会 (第 1日 5月11日)





北栄町告示第29号


 平成22年第3回北栄町議会臨時会を次のとおり招集する。


   平成22年5月7日


                                北栄町長 松 本 昭 夫


                     記





1 期  日  平成22年5月11日(火曜日)


2 場  所  北栄町役場議会議場


3 付議事件


   報告第1号 平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書について


   議案第39号 専決処分の承認を求めることについて


         (北栄町税条例等の一部を改正する条例)


   議案第40号 専決処分の承認を求めることについて


         (北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


   議案第41号 専決処分の承認を求めることについて


         (平成21年度北栄町一般会計補正予算(第9号))


   議案第42号 平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


   議案第43号 工事請負契約の締結について


         (北条学校給食センター改修工事)


   議案第44号 工事請負契約の締結について


         (北条学校給食センター改修工事に伴う厨房機器工事)


      ───────────────────────────────


 
    奥 田 伸 行        飯 田 正 征        前 田 栄 治


    井 上 信一郎        青 亀 恵 一        清 水 進 一


    山 下 昭 夫        津 川 俊 仁        浜 本 武 代


    長谷川 昭 二        前 田 正 雄        宮 本 幸 美


    石 丸 美 嗣        阪 本 和 俊        池 田 捷 昭


      ───────────────────────────────


○応招しなかった議員


       な し


      ───────────────────────────────


○議事日程


─────────────────────────────────────────────


      第3回 北 栄 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                         平成22年5月11日(火曜日)


─────────────────────────────────────────────


                   議事日程


                        平成22年5月11日 午前9時開会


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町税条例等の一部を改正する条例)


 日程第5 議案第40号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


 日程第6 議案第41号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成21年度北栄町一般会計補正予算(第9号))


 日程第7 報告第1号 平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書について


 日程第8 議案第42号 平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第43号 工事請負契約の締結について


            (北条学校給食センター改修工事)


 日程第10 議案第44号 工事請負契約の締結について


            (北条学校給食センター改修工事に伴う厨房機器工事)


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


 日程第1 会議録署名議員の指名


 日程第2 会期の決定


 日程第3 諸般の報告


 日程第4 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町税条例等の一部を改正する条例)


 日程第5 議案第40号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)


 日程第6 議案第41号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成21年度北栄町一般会計補正予算(第9号))


 日程第7 報告第1号 平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書について


 日程第8 議案第42号 平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


 日程第9 議案第43号 工事請負契約の締結について


            (北条学校給食センター改修工事)


 日程第10 議案第44号 工事請負契約の締結について


            (北条学校給食センター改修工事に伴う厨房機器工事)


      ───────────────────────────────


                 出席議員(15名)


1番 奥 田 伸 行 君  2番 飯 田 正 征 君  3番 前 田 栄 治 君


4番 井 上 信一郎 君  5番 青 亀 恵 一 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 浜 本 武 代 君


10番 長谷川 昭 二 君  11番 前 田 正 雄 君  12番 宮 本 幸 美 君


13番 石 丸 美 嗣 君  14番 阪 本 和 俊 君  15番 池 田 捷 昭 君


      ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ─────── 坂 田   優君  主  任 ───── 清 水 直 樹君


主  事 ─────── 浜 本 早 苗君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ────── 岡 ?   功君


教育長 ──────── 岩 垣 博 士君  総務課長 ───── 三 好 秀 康君


税務課長 ─────── 松 井 慶 徳君  健康福祉課長 ─── 手 嶋 俊 樹君


生活環境課長 ───── 別 本 勝 美君  産業振興課長 ─── 野 村 良 太君


                       生涯学習課長(兼)中央公民館長


教育総務課長 ───── 杉 川 弘 行君          ── 田 中 英 伸君


      ───────────────────────────────


                午前9時05分開会


○議長(池田 捷昭君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は15名でございます。定足数に達しておりますので、これより平成22年第3回北栄町議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付しておりますとおりでございます。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(池田 捷昭君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、13番、石丸美嗣君、14番、阪本和俊君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(池田 捷昭君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。本臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(池田 捷昭君) 日程第3、諸般の報告を行います。


 地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元の説明員の報告のとおりでございます。


 以上で諸般の報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第39号 から 日程第7 報告第1号





○議長(池田 捷昭君) 日程第4、議案第39号、専決処分の承認を求めることについてから日程第7、報告第1号、平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書についてまで、以上、議案3件及び報告1件を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第39号から議案第41号までは、専決処分の承認を求めることについてでございます。


 議案第39号及び議案第40号につきましては、条例についての専決処分でございます。


 平成22年3月31日に地方税法等の一部を改正する法律が公布されたことに伴い、北栄町税条例及び北栄町国民健康保険税条例を改正する必要が生じたものでございます。


 次に、議案第41号でございます。これは、平成22年3月31日に平成21年度北栄町一般会計補正予算(第9号)を専決処分いたしましたので、その承認をいただくものでございます。


 3月定例会におきまして、一般会計の補正予算を提案いたしましたが、その後に、特別交付税の確定、きめ細かな臨時交付金の増額交付決定などがありましたので、それらを含めた補正予算(第9号)を3月31日に専決処分したものでございます。


 以上、議案第39号から議案第41号につきまして、専決処分について議会の承認をお願いするものでございます。


 詳細につきましては、各担当課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御承認いただきますようよろしくお願いいたします。


 次に、報告第1号、平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書についてでございます。


 資本的経費の建設改良費につきまして、地方公営企業法第26条第1項の規定により繰り越しいたしましたので、同条第3項の規定により議会に報告するものでございます。


 詳細につきましては、生活環境課長に説明をさせますので、よろしくお願いいたします。


○議長(池田 捷昭君) 松井税務課長。


○税務課長(松井 慶徳君) 議案第39号、北栄町税条例の一部改正の専決処分につきまして説明申し上げます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴い、北栄町税条例を改正するものです。改正内容につきましては、本日配付しております議案第39号説明資料で説明申し上げます。


 今回の改正は、個人町民税関係の65歳未満の者の公的年金等所得に係る所得割の徴収方法、非課税口座内の少額上場株式等の配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の創設、たばこ税関係の税率の引き上げなどが主な改正点となっております。


 まず、1番目として個人町民税関係でございます。


 1つ目に、65歳未満の者の公的年金等所得に係る所得割の徴収方法についてでございます。改正の内容につきましては、公的年金からの特別徴収制度の対象とならない65歳未満の公的年金等に係る所得を有する給与所得者について、公的年金等に係る所得に係る所得割額を、給与所得に係る所得割額及び均等割額の合算額に加算して給与から特別徴収の方法により徴収することができるものでございます。現行におきましては普通徴収でございますが、改正におきましては、原則として給与からの特別徴収が可能となるものでございます。関係条文につきましては、右の欄に記載しております。


 2点目に、非課税口座内の少額上場株式等の配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の創設でございます。改正の具体的な内容につきましては、1番目に非課税対象者として、非課税の口座内の少額上場株式等の配当及び譲渡益。2点目として非課税投資額でございますが、毎年、新規投資額で100万円を上限とするもの。3点目として非課税投資総額でございますが、最大3口座として300万円、これは100万円の3年間分まで累積投資が可能となるものでございます。期間につきましては、平成24年から26年度でございます。4点目として保有期間でございます。最長10年間で、途中売却は自由というものでございます。5番目として口座開設数、年間1人1口座。6点目として開設者、居住者等でございますけども、その年1月1日において満20歳以上である者でございます。導入時期につきましては、平成24年から実施される上場株式等の20%本則の税率化にあわせて導入するものでございます。


 裏面でございます。2点目としてたばこ税関係でございます。消費税関係でたばこ税でございますけども、税率の引き上げということで、1本当たりが3.5円でございます。国、地方それぞれ2分の1ずつのものでございます。価格上昇につきましては5円程度のものでございます。具体的な改正内容につきましては、旧3級品以外の製造たばこで、現行が1,000本につき3,298円、改正後におきましては1,000本につき4,618円でございます。平成22年10月1日から適用とするものでございます。


 3点目におきましては、その他につきましては地方税法の一部改正に伴う所要の規定の整備でございます。


 最後に、議案書に戻りまして21ページでございます。附則の施行期日についてですが、この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、次の各号に掲げる規定は、当該各号の定める日から施行する。以下、記載のとおりでございます。以上で説明を終わります。


 続きまして、議案第40号、北栄町国民健康保険税条例の一部改正の専決処分につきまして説明申し上げます。


 地方税法等の一部を改正する法律が平成22年3月31日に公布されたことに伴いまして、北栄町国民健康保険税条例を改正するものでございます。改正内容につきましては、同様に議案第40号説明資料で御説明申し上げます。


 今回の改正につきましては、基礎課税額に係る課税限度額等の引き上げ、非自発的失業者の国民健康保険税の負担軽減に係る特例措置の創設が主な改正点となっております。


 まず第1点目でございますけども、基礎課税額に係る課税限度額等でございます。改正内容につきましては、基礎課税額、これは医療保険分でございますけども、現行が課税限度額は47万円でございますけども、改正後におきましては課税限度額が50万円でございます。次に、後期高齢者支援金等課税額、現行が課税限度額12万円でございますけども、改正後におきましては課税限度額は13万円でございます。関係条文については、右側の欄に記載しているものでございます。


 2番目に、非自発的失業者の国民健康保険税の負担軽減に係る特例措置の創設でございます。リストラなどで職を失った非自発的失業者の国民健康保険税を、おおむね在職中の水準に維持するため、失業時からその翌年度末までの間、前年の給与所得を100分の30として計算した金額とする特例措置を講ずるものでございます。内容につきましては、対象者として、1番目として雇用保険の特定受給資格者、2番目として雇用保険の特定理由離職者でございます。次に軽減でございますけども、前年の給与所得を100分の30として国民健康保険税額を算出することにより実施するものでございます。これに伴いまして、失業者の保険料負担におきましては、在職中と同程度と、これは2分の1でございますけども、試算されているものでございます。次に軽減期間でございますけども、離職の翌日から翌年度末までの期間でございます。そのほかにつきましては、地方税法の一部改正に伴う所要の規定の整備でございます。


 最後に、議案書に戻りまして33ページでございます。附則の施行期日についてでございますが、この条例は、平成22年4月1日から施行する。ただし、附則第15項及び第16項の規定は、同年6月1日から施行する。適用区分についてですが、この条例による改正後の北栄町国民健康保険税条例の規定は、平成22年度以降の年度分の国民健康保険税について適用し、平成21年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例による。以上で説明を終わります。


○議長(池田 捷昭君) 三好総務課長。


○総務課長(三好 秀康君) 議案書の34ページ、ごらんをいただきたいと思います。議案第41号、専決処分の承認を求めることについてでございます。はぐっていただきまして、議案第41号の専決処分書のとおりに平成21年度の一般会計補正予算(第9号)を平成22年3月31日付で専決処分をいたしたものでございます。


 お手元の方に補正予算書をお配りしておりますので、ごらんをいただきたいと思います。はぐっていただきまして、平成21年度北栄町一般会計補正予算(第9号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正でございます。第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,664万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ83億9,422万9,000円と定めるものでございます。以下につきましてはごらんをいただきたいと思います。


 はぐっていただきまして、第1表、歳入歳出予算の補正であります。これにつきましてはごらんをいただきたいと思います。


 はぐっていただきまして2ページ、第2表の繰越明許費補正でございます。


 初めにおわびを申し上げたいと思います。2款1項の事業名、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業と掲げてございます。本年の2月の18日に御議決いただきました平成21年度の一般会計補正予算(第7号)の繰越明許費におきまして、事業名を地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業であるべきものを、地域活性化・経済危機対策臨時交付金事業として記載をしていたもので、このたび訂正をお願いするものでございます。申しわけありませんでした。


 それでは、繰越明許費補正の御説明をさせていただきます。


 初めに、2款総務費の1項総務管理費でございます。地元の中小企業の受注に資するようきめ細かなインフラ整備を行う地域活性化・きめ細かな臨時交付金事業でございます。先ほど申しました2月臨時議会で御審議、御議決いただきました後に、3月の定例議会中におきまして、県から地域活性化・きめ細かな臨時交付金が835万3,000円の追加交付がされるとの連絡が入りました。当議会に計上し御審議いただくことに間に合いませんでしたので、今回補正をお願いしたものでございます。補正前1億3,088万円を、835万3,000円増額いたしまして補正後におきましては1億3,923万3,000円といたすものでございます。


 続きまして、5款農林水産業費、1項農業費でございます。3月の定例議会におきまして、平成21年度の一般会計補正予算(第8号)の繰越明許費として御議決いただいておりました県営土地改良事業負担金事業であります。これは、県営桜池地区ため池整備事業及び県営東伯中央地区広域農道整備事業に係る事業でございまして、その県営桜池地区ため池整備事業の事業費の増に伴う負担金の増額を伴うものでございまして、補正前2,219万1,000円を、97万8,000円増額いたしまして補正後は2,316万9,000円といたすものでございます。


 続きまして、3ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の1の総括につきましては省略させていただきまして、はぐっていただきまして2の歳入でございます。


 初めに、9款地方交付税でございます。このたび地方交付税の確定による追加がございました。2,898万1,000円の追加がございました。それの追加計上をさせていただくものでございます。当初見込みが2億1,600万円でございました。したがいまして、合計が、額の確定が2億4,498万1,000円というものでございます。


 続きまして、11款の分担金及び負担金でございます。そちらの2目の農林水産業費分担金、1節の農業費分担金でございます。県営桜池地区ため池整備事業分担金として19万4,000円を補正をお願いするものでございます。これは事業費の増に伴う地元負担の増額でございます。


 続きまして、13款の国庫支出金、1目の民生費国庫負担金であります。国民健康保険基盤安定制度負担金で129万4,000円の減額でございます。これは保険者の支援分の額の確定による減額であります。


 続きまして、2項の国庫補助金の4目の総務費国庫補助金でございます。地域活性化・きめ細かな臨時交付金でございます。835万3,000円を追加計上いたすものでございます。決定額は1億3,200万円となるものでございます。


 続きまして、7目の衛生費の国庫補助金でございます。全体といたしまして補正額24万6,000円の減額でございます。説明欄に掲げておりますが、初めに、新型インフルエンザワクチン接種費用軽減事業補助金といたしまして198万2,000円の減額を行うものでございます。これにつきましては、次のページ、5ページの14款の県支出金の3目の衛生費県補助金の説明欄の下欄に掲げておりますが、これの財源の組み替えを行うものでございまして、当初、国から直接交付されることになっておりましたが、県を通して交付されるということになったものでございます。


 続きまして、女性特有のがん検診推進事業費補助金であります。137万6,000円の補正でございます。これにつきましては、先ほどもありました5ページの女性特有がん検診推進事業費補助金で109万7,000円を減額しておりますが、県の補助金からの組み替えを行うもので、当初は県を通しての間接補助金との予定でありましたが、国からの直接交付となった109万7,000円に加えまして、実績見込みによります63万9,000円を追加し、173万6,000円の増額といたすものでございます。


 続きまして、14款の県支出金、1目の民生費県負担金でございます。国民健康保険基盤安定制度負担金といたしまして941万9,000円の減額でございます。保険者支援分と保険税の軽減分の額の確定による減額であります。


 続きまして、2項の県補助金、3目の衛生費県補助金でございます。補正額7万8,000円の増額でありますが、説明欄の上段に掲げております妊婦健康診査費補助金で80万7,000円の減額としております。これは妊婦の健康診査の実施に伴う額の確定により減額を行うものでございます。以下2つにつきましては、先ほど御説明を申し上げたものでございます。


 はぐっていただきまして6ページの3の歳出を御説明を申し上げます。


 初めに、2款の総務費でございます。4目の財産管理費でございます。補正額3,924万1,000円でありますが、初めに財政調整基金の積立金3,915万7,000円を追加を行うものでございます。これは、このたびの補正の中におきまして剰余金が発生をいたしましたために積み立てるものであります。これによりまして財政調整基金の残高は8億8,779万7,000円となります。次に、地域活性化積立金8万4,000円でございます。これにつきましては利息分でありまして、地域活性化基金に積み立てるものでございます。


 続きまして、20目のきめ細かな臨時交付金事業でございます。補正額835万3,000円でございます。町では、町道、農道、観光施設、学校あるいは保育所、体育施設、公民館、そして図書館など整備を行うこととしておりまして、このたびそのきめ細かな臨時交付金の追加交付に伴いまして、初めに御説明を申し上げていますが、体育館の整備工事請負費ということで500万円を、そして町道等整備工事請負費に335万3,000円を追加し、整備を行ってまいりたいというふうに思います。なお、体育館の整備工事につきましては、これは勤労者体育センターの雨漏り修繕を行うものであります。それぞれ事業費を追加し、整備を図ってまいりたいというふうに考えております。


 続きまして、4款の衛生費、5目の母子衛生費でございます。200万円の減額でございます。医療機関の検診の委託料でございます。これにつきましては、妊婦の方の健康診査の受診減によるものであります。


 続きまして、5款の農林水産業費、11目の農地費でございます。補正額42万5,000円でございます。これにつきましては、県営桜池地区ため池整備事業の負担金の増によるものでございます。


 続きまして、11款の公債費、2目の利子でございます。1,937万2,000円の減額でございます。説明欄に掲げておりますように、町債償還金の利子ということでございます。当初利率の設定による見込みをしておりましたが、そして情報化推進事業あるいは北条小学校の建設事業などの事業費の減額や、斎場建設事業の見送りによりまして、それらによりまして利子の減額をこのたび行うものでございます。以上であります。


○議長(池田 捷昭君) 別本生活環境課長。


○生活環境課長(別本 勝美君) 報告第1号について御説明申し上げます。平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書について説明申し上げます。


 議案集38ページから39ページをごらんいただきたいと思います。提案理由にございましたが、地方公営企業法第26条第1項の規定により建設改良費を繰り越しいたしましたので報告するものでございます。


 39ページをごらんいただきたいと思います。1款資本的支出、1項建設改良費で、事業名、水道供給整備事業でございます。予算計上額は合計で5,165万円、支払い義務発生額2,457万8,000円、翌年度繰越額は2,173万6,000円でございます。財源の内訳でございますが、企業債1,530万円、過年度分損益勘定留保資金643万6,000円でございます。不用額533万6,000円でございます。繰り越し理由でございますが、説明欄にも記載しておりますとおり、削井工法等の選定に期間を要したため、新水源実施設計がおくれたことにより、その後の用地取得、削井工事の着手がおくれ、完了時期が延びたためでございます。完了は6月30日といたしております。以上で説明を終わります。


○議長(池田 捷昭君) 説明が終わりましたので、これより議案第39号、専決処分の承認を求めることについてに対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第39号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 異議なしと認めます。よって、議案第39号は、原案のとおり承認することに決定いたしました。


 これより、議案第40号、専決処分の承認を求めることについてに対する質疑を許します。


 10番、長谷川昭二君。


○議員(10番 長谷川昭二君) 1点だけお聞きしたいと思います。


 今回、課税限度額が3万円引き上げ、それから後期高齢者支援金等の課税額が1万円引き上げということで、合計した保険税の上限額が73万円と、4万円の引き上げということでありますけれども、この引き上げによる影響額、それと、どのくらいの世帯が対象になるのか、それについてお教え願いたいと思います。


○議長(池田 捷昭君) 松井税務課長。


○税務課長(松井 慶徳君) 長谷川議員の御質問でございますけども、お答えいたします。


 賦課期日は4月1日でございますけども、今後、住民税を算定いたしまして、7月には賦課をするようにしているところでございます。これは御承知のこと等ございますけども、そういった状況がございますので、昨年までの、昨年度の医療保険分の世帯数なりでございますけども、2,592世帯のうち71世帯の方が基礎課税額におきまして課税限度額の対象となっているところでございます。また、後期高齢者支援課税額でございますけども、これも同様に21年度におきまして同じく2,592世帯中143世帯の方が課税限度額となっておるところでございます。したがいまして、今後の賦課の状況におきまして、今のところでは、世帯数の動向としては算定はできないということでございます。以上でございます。


○議長(池田 捷昭君) よろしゅうございますか。


 そのほかございますか。


                   〔質疑なし〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


 まず、原案反対の方の発言を許します。


 10番、長谷川昭二君。


○議員(10番 長谷川昭二君) 私は、議案第40号、北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について反対の立場で討論を行います。


 今回の改正では、非自発的失業者への負担軽減措置という改善策がある一方で、基礎課税額の課税限度額を3万円引き上げ50万円に、後期高齢者支援金等課税額の課税限度額を1万円引き上げ13万円とするものであります。保険税額の合計上限額は73万円にもなり、被保険者への大幅な負担増となっています。所得に対する国保税の負担は、協会けんぽなど社会保険の負担と比べても非常に高いものであります。今でも高過ぎて払えない、払い切れない、そう多くの人が声を上げている国保税を引き上げることは承認をできません。また、国に対して責任を果たすよう強く求めるべきだと考えます。


 以上、理由を申し上げ、討論といたします。


○議長(池田 捷昭君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。


                  〔賛成討論なし〕


○議長(池田 捷昭君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(池田 捷昭君) ほかに討論はありませんか。


                   〔討論なし〕


○議長(池田 捷昭君) 討論を終結いたします。


 本案は、起立により採決をいたします。


 議案第40号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(池田 捷昭君) 起立多数でございます。よって、議案第40号は、原案のとおり承認することに決定いたしました。


 これより、議案第41号、専決処分の承認を求めることについてに対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(池田 捷昭君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第41号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 御異議なしと認めます。よって、議案第41号は、原案のとおり承認することに決定いたしました。


 これより、報告第1号、平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書についてに対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 以上をもって、報告第1号、平成21年度北栄町水道事業会計予算繰越計算書についてを終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第42号





○議長(池田 捷昭君) 日程第8、議案第42号、平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第42号、平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,482万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ74億5,182万円とするものでございます。


 この補正は、緑の分権改革推進事業として北栄町クリーンエネルギーネットワーク推進可能性調査事業を実施する経費4,482万円を計上するものでございます。財源といたしましては、全額県支出金でございます。


 詳細につきましては、総務課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(池田 捷昭君) 三好総務課長。


○総務課長(三好 秀康君) 議案第42号、平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)の御説明を申し上げます。


 平成22年度北栄町の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正でございます。第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,482万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ74億5,182万円と定めるものであります。以下につきましてはごらんをいただきたいと思います。


 はぐっていただきまして1ページの第1表、歳入歳出予算の補正と、次にはぐっていただきまして2ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の1の総括につきましては、ここでの説明は省略をさせていただきます。


 3ページをごらんをいただきたいと思います。2の歳入でございます。14款の県支出金、5目の衛生費県委託金でございます。補正額4,482万円であります。国の緑の分権改革といたしまして、地域資源を活用する地域資源型の社会への転換を進めるものでありまして、地域のクリーンエネルギー資源の把握と、その活用に係る実証調査を国の委託事業として行いまして、全額県からの再委託を受けるものでございます。


 続きまして、3の歳出でございますが、4款の衛生費、10目の環境保全費でございます。補正額4,482万円であります。事業概要でございますが、太陽光等のクリーンエネルギーによります小規模発電システムを組み合わせたネットワークを設置いたしまして、その有効性を検証するとともに、低炭素化効果あるいはエネルギーコスト低減効果のシミュレーション分析等に取り組むものでございます。


 事業費の内容でございますが、8節の報償費から13の委託料まで計上をさせていただいております。技術開発あるいは研究を目指す検討会委員の報償費といたしまして38万5,000円でございます。以下、旅費等事務的経費と計測制御装置のシステムの製作、あるいはデータの収集分析や導入の可能性の検討調査に係る委託料といたしまして4,367万円の補正をお願いを申し上げるものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(池田 捷昭君) 説明が終わりましたので、これより、議案第42号、平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第42号、平成22年度北栄町一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 御異議なしと認めます。よって、議案第42号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第43号 及び 日程第10 議案第44号





○議長(池田 捷昭君) 日程第9、議案第43号、工事請負契約の締結について、日程第10、議案第44号、工事請負契約の締結について、以上2議案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第43号及び議案第44号につきましては、工事請負契約の締結についてでございます。


 まず、議案第43号、北条学校給食センター改修工事につきましてでございます。平成22年4月5日に公募型指名競争入札による公告を行い、4月28日、3社を指名し競争入札を実施いたしましたところ、2億4,255万円で共栄・松本特定建設工事共同企業体が落札いたしました。


 次に、議案第44号、北栄学校給食センター改修工事に伴う厨房機器工事につきましてでございます。平成22年4月28日、5社を指名し競争入札を実施いたしましたところ、1億1,550万円で有限会社中国調理機販売が落札をいたしました。


 以上2件の工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び北栄町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 詳細につきましては、教育総務課長に説明をさせますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(池田 捷昭君) 杉川教育総務課長。


○教育総務課長(杉川 弘行君) 議案書の36ページをごらんいただきたいと思います。議案第43号、工事請負契約の締結について御説明申し上げます。


 まず初めに、1の工事名でございますが、北条学校給食センター改修工事でございます。これにつきましては、大栄学校給食センター施設の老朽化と、両センターは学校給食の衛生管理基準に満たないことから、2カ所あります学校給食センターを北条学校給食センターに統合し、施設の改修を行い、設備の能力アップを図るものでございます。


 改修の概要でございますが、改修面積は784平方メートルでございます。学校給食の衛生管理基準に適合するために汚染作業区域と非汚染作業区域に分けます。建築関係は既存の屋根の改修と外壁塗装改修を行います。電気設備では、照明器具の全面改修、変電設備のキュービクルの改修、それから消防設備の改修を実施いたします。また、機械設備では、換気設備の全面改修、給湯設備と給排水設備の撤去新設を行います。


 次に、2の工事契約金額でございますが、2億4,255万円でございます。予定価格に達する落札率は96.9%でございます。


 3の契約業者でございますが、共栄・松本特定建設工事共同企業体でございます。代表者は、鳥取県東伯郡北栄町亀谷446の1、有限会社共栄組、代表取締役、山崎稔でございます。構成員でございますが、鳥取県東伯郡北栄町東園305番地の3、株式会社松本鉄工所、代表取締役、松本泰典でございます。


 4の契約方法でございますが、公募した者の中から競争入札の参加者を選定して行います競争入札でございます。公募型の指名競争入札で実施いたしました。公募につきましては、4月5日から12日までの間、役場掲示場及びホームページ上等において公告を行いました。入札参加要件でございますが、まず1つといたしまして、2名による共同企業体による共同施工といたしました。そして、そのうちの1名が北栄町内に本店を有する者であること。次に2つ目といたしまして、鳥取県におきます建築工事に係る有資格業者の認定がB級以上で、かつ倉吉市、東伯郡内に建築工事業に関して建設業の許可に係る本店を有する者であること。これらを基本にして定めさせていただきました。公募の結果ですが、応募は3社ありました。入札参加指名等資料の審査結果、4月13日にその3社を指名通知いたしました。そして4月28日に競争入札を行ったところでございます。その3社でございますが、届け出順に、まず1件目ですが、共栄・松本特定建設工事共同企業体、2件目ですが、酒井・北和特定建設工事共同企業体、それから3件目ですが、井木組・石賀建設特定建設工事共同企業体でございます。


 工事の予定でございますが、本会議、議決いただいた日の翌日から平成22年9月30日までの予定としております。


 続きまして、議案第44号、工事請負契約の締結について御説明いたします。


 議案書の37ページをお開きいただきたいと思います。初めに、1の工事名でございますが、北条学校給食センター改修工事に伴う厨房機器工事でございます。


 まず、厨房機器工事の概要でございますが、オール電化、ドライシステム方式を採用いたしまして、調理環境は全室空調設備を設置いたします。調理能力につきましては、1,500食を予定しております。さらに食品庫、野菜下処理室、調理室、あえもの室、コンテナプール、洗浄室を整備するものでございます。


 2の契約金額でございますが、1億1,550万円でございます。落札率は98.1%でございます。


 3の契約業者でございますが、鳥取県米子市福市136番地の3、有限会社中国調理機販売、代表取締役、柴田国夫でございます。


 4の契約方法でございますが、指名競争入札でございます。この厨房機器工事の選定につきましては、学校給食用などの厨房機器を取り扱う専門業者5社を選定し、4月13日に入札参加申請等の資料の審査の結果、5社を指名通知いたしました。4月28日に指名競争入札を行ったところでございます。


 工事の予定でございますが、本議会の議決いただいた日の翌日から平成22年9月30日までを予定しております。


 それから、議員の皆さんに1枚物でカラーの改修平面図を参考に提出させていただいております。中央の紫色が非汚染区域でございます。黄色の色が汚染区域でございます。それから矢印の赤は食品の動き、流れでございます。それから緑色の矢印は食器、食缶の流れと洗浄でございます。それから職員の動きといたしましては青色の矢印でございます。ということでごらんいただきたいと思います。以上で説明を終わります。


○議長(池田 捷昭君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 先ほど議案の提案理由を申し上げましたが、その中で北栄学校給食センター改修事業と申しましたが、北条学校給食センターの改修事業の間違いでございますので、おわびして訂正をさせていただきます。


○議長(池田 捷昭君) 説明が終わりましたので、これより、議案第43号、工事請負契約の締結についてに対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第43号、工事請負契約の締結については、原案のとおり決することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 御異議なしと認めます。よって、議案第43号は、原案のとおり可決されました。


 これより、議案第44号、工事請負契約の締結についてに対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(池田 捷昭君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第44号、工事請負契約の締結については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(池田 捷昭君) 御異議なしと認めます。よって、議案第44号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(池田 捷昭君) 以上をもって本臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて平成22年第3回北栄町議会臨時会を閉会といたします。


                午前9時59分閉会


      ───────────────────────────────





   上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





                北栄町議会議長





                署 名 議 員





                署 名 議 員