議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成21年 9月第8回定例会 (第11日 9月17日)




平成21年 9月第8回定例会 (第11日 9月17日)





 
─────────────────────────────────────────────


      第8回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第11日)


                         平成21年9月17日(木曜日)


─────────────────────────────────────────────


                   議事日程


                       平成21年9月17日 午前9時開議


 日程第1 議案第82号 平成20年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


 日程第2 議案第83号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第3 議案第84号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第4 議案第85号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第5 議案第86号 平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算の認定について


 日程第6 議案第87号 平成20年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会


            計歳入歳出決算の認定について


 日程第7 議案第88号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


            いて


 日程第8 議案第89号 平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第9 議案第90号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第10 議案第91号 平成20年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


 日程第11 議案第92号 平成20年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第12 議案第93号 平成20年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第13 議案第94号 平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第14 議案第95号 平成20年度北栄町水道事業会計決算の認定について


 日程第15 議案第101号 北栄町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関


            する条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第16 議案第102号 北栄町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につい





            て


 日程第17 議案第103号 北栄町介護保険条例及び北栄町後期高齢者医療に関する条例





            の一部を改正する条例の制定について


 日程第18 議案第104号 北栄町レークサイド大栄の設置及び管理に関する条例の一部





            を改正する条例の制定について


 日程第19 議案第105号 北栄町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部





            を改正する条例の制定について


 日程第20 議案第96号 平成21年度北栄町一般会計補正予算(第4号)


 日程第21 議案第97号 平成21年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号


            )


 日程第22 議案第98号 平成21年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第23 議案第99号 平成21年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第24 議案第100号 平成21年度北栄町栄財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第25 発委第6号 「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意


            見書の提出について


 日程第26 発議第7号 北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 産業建設常任委員会の所管事務の調査報告について


 日程第28 教育民生常任委員会の所管事務の調査報告について


 日程第29 閉会中の継続審査及び調査申出について


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第82号 平成20年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


 日程第2 議案第83号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第3 議案第84号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第4 議案第85号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第5 議案第86号 平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算の認定について


 日程第6 議案第87号 平成20年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会


            計歳入歳出決算の認定について


 日程第7 議案第88号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


            いて


 日程第8 議案第89号 平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第9 議案第90号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第10 議案第91号 平成20年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


 日程第11 議案第92号 平成20年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第12 議案第93号 平成20年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第13 議案第94号 平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第14 議案第95号 平成20年度北栄町水道事業会計決算の認定について


 日程第15 議案第101号 北栄町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関





            する条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第16 議案第102号 北栄町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定につい





            て


 日程第17 議案第103号 北栄町介護保険条例及び北栄町後期高齢者医療に関する条例





            の一部を改正する条例の制定について


 日程第18 議案第104号 北栄町レークサイド大栄の設置及び管理に関する条例の一部





            を改正する条例の制定について


 日程第19 議案第105号 北栄町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部





            を改正する条例の制定について


 日程第20 議案第96号 平成21年度北栄町一般会計補正予算(第4号)


 日程第21 議案第97号 平成21年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号


            )


 日程第22 議案第98号 平成21年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第23 議案第99号 平成21年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第24 議案第100号 平成21年度北栄町栄財産区特別会計補正予算(第1号)


 日程第25 発委第6号 「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意


            見書の提出について


 日程第26 発議第7号 北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 産業建設常任委員会の所管事務の調査報告について


 日程第28 教育民生常任委員会の所管事務の調査報告について


 日程第29 閉会中の継続審査及び調査申出について


      ───────────────────────────────


                 出席議員(17名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  12番 池 田 捷 昭 君  13番 長谷川 昭 二 君


14番 前 田 正 雄 君  15番 宮 本 幸 美 君  16番 石 丸 美 嗣 君


17番 野 田 久 良 君  18番 阪 本 和 俊 君


      ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                 欠  員(1名)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ─────── 坂 田   優君  主  事 ───── 藤 友 理佳子君


主  事 ─────── 小 林 周 平君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ────── 山 口 秀 樹君


教育委員長 ────── 吉 田 助三郎君  教育長 ────── 岩 垣 博 士君


会計管理者(兼)出納室長


        ──── 柿 本   誠君  総務課長 ───── 三 好 秀 康君


総務課参事 ────── 小矢野   貢君  企画振興課長 ─── 田 中 精 一君


税務課長 ─────── 松 井 慶 徳君  町民課長 ───── 鎌 田 栄 子君


健康福祉課長 ───── 手 嶋 俊 樹君  健康福祉課参事 ── 佐 伯 淳 子君


環境政策課長 ───── 別 本 勝 美君  産業振興課長 ─── 杉 谷 博 文君


上下水道課長 ───── 浜 田 登喜治君  教育総務課長 ─── 杉 川 弘 行君


生涯学習課長(兼)中央公民館長


          ── 田 中 英 伸君  人権同和教育課長 ─ 池 田 康 守君





農業委員会長 ───── 近 藤 貞 裕君


(併)農業委員会事務局長 ──────────────────── 杉 谷 博 文君


(併)選挙管理委員会事務局長 ────────────────── 三 好 秀 康君


代表監査委員 ───── 前 田 茂 樹君


      ───────────────────────────────


                午前9時02分開議


○議長(阪本 和俊君)皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第82号





○議長(阪本 和俊君) 日程第1、議案第82号、平成20年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


 まず、反対の方の討論を認めます。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 私は、議案第82号、平成20年度北栄町一般会計決算の認定に反対をし、理由を述べます。


 第1に、同和対策費と同和教育費で国の特別措置法も終結しているもとで地域を限定した手厚い保護政策が続けられていることは、公平性という観点からも部落問題の解決に逆行するものであります。個人給付の一定の見直しが前進したことは評価できるものの、生活、住環境、教育、就業などにおいて周辺地域との格差がほぼ解消している現状では、同和行政は終結されるべきであります。しかし、依然として継続されており他の町民施策抑制の要因ともなっていること。


 第2に、住民の健康を守るためには予防医療を進めることが重要です。しかし、各種健康健診費の自己負担はその障害となるもので、健診施策の充実が不十分であること。


 第3に、公共施設の使用料負担は施設の利用を抑制するものであり、町民の文化活動やスポーツ振興を推進する町の責任が果たされていないこと。


 第4に、特別医療費助成事業では、生活実態を無視した身体及び知的障がい者等の所得制限と一部負担が実施されていること。


 なお、妊婦健診の助成拡大などの子育て支援策、教育の充実施策、農家支援策等の町民の暮らしを支える施策については賛成するものであります。


 以上、討論を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。


                  〔賛成討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本案は、起立により採決いたします。


 議案第82号、平成20年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立多数であります。よって、議案第82号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 議案第83号





○議長(阪本 和俊君) 日程第2、議案第83号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


 まず、原案反対の方の発言を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 私は、議案第83号、平成20年度北栄町国民健康保険特別会計決算の認定に反対し、理由を述べます。


 被保険者の負担能力を超える保険税を強いられる中、被保険者への自己負担の強化や年金からの保険税の天引きが行われ、命綱とも言える被保険者証の取り上げも行われています。こうした状況は、住民の生命、財産を守るという自治体の責任からも、被保険者の医療を受ける権利を保障する方向からも逆行しています。国保税や一部負担の軽減を行い、安心して医療を受けられる施策が求められています。以上、終わります。


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。


                  〔賛成討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本案は、起立により採決いたします。


 議案第83号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立多数であります。よって、議案第83号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第84号





○議長(阪本 和俊君) 日程第3、議案第84号、平成20年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


 まず、原案反対の方の発言を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 私は、議案第84号、平成20年度北栄町介護保険特別会計決算の認定に反対し、その理由を申し上げます。


 現在の介護保険制度は、利用がふえたり労働条件を改善すれば直ちに低所得者まで含めて保険料、利用料が連動して値上げされるという根本的な矛盾を抱えています。その上、制度改悪によりサービスの抑制と急激な自己負担増となっています。高い保険料、利用料を負担できず、制度を利用できない低所得者も少なくありません。保険料、利用料を減免して、経済的理由で介護を受けられない人をなくすことが求められています。しかし、そうした施策は行われておりません。以上、討論を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。


                  〔賛成討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本案は、起立により採決いたします。


 議案第84号、平成20年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立多数であります。よって、議案第84号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第85号





○議長(阪本 和俊君) 日程第4、議案第85号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第85号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第85号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第86号





○議長(阪本 和俊君) 日程第5、議案第86号、平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第86号、平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第86号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第87号





○議長(阪本 和俊君) 日程第6、議案第87号、平成20年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第87号、平成20年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第87号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第88号





○議長(阪本 和俊君) 日程第7、議案第88号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第88号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第88号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第89号





○議長(阪本 和俊君) 日程第8、議案第89号、平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第89号、平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第89号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第90号





○議長(阪本 和俊君) 日程第9、議案第90号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第90号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第90号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第91号





○議長(阪本 和俊君) 日程第10、議案第91号、平成20年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第91号、平成20年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第91号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第92号





○議長(阪本 和俊君) 日程第11、議案第92号、平成20年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第92号、平成20年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第92号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第93号





○議長(阪本 和俊君) 日程第12、議案第93号、平成20年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第93号、平成20年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第93号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第94号





○議長(阪本 和俊君) 日程第13、議案第94号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


 まず、原案反対の方の発言を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 私は、議案第94号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計の決算の認定に反対し、理由を述べます。


 後期高齢者医療制度は、75歳以上の人を後期高齢者として他の医療から追い出し、負担増と治療制限を強いる仕組みに囲い込むという世界に例のない差別医療制度であります。


 後期高齢者医療制度の廃止を求める立場から、本案に反対するものであります。以上。


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。


                  〔賛成討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本案は、起立により採決いたします。


 議案第94号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計歳入歳出決算の認定については、原案のとおり認定することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立多数であります。よって、議案第94号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第95号





○議長(阪本 和俊君) 日程第14、議案第95号、平成20年度北栄町水道事業会計決算の認定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第95号、平成20年度北栄町水道事業会計決算の認定については、原案のとおり認定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第95号は、原案のとおり認定することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第101号





○議長(阪本 和俊君) 日程第15、議案第101号、北栄町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第101号、北栄町議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第101号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第102号





○議長(阪本 和俊君) 日程第16、議案第102号、北栄町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第102号、北栄町国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第102号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第103号





○議長(阪本 和俊君) 日程第17、議案第103号、北栄町介護保険条例及び北栄町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第103号、北栄町介護保険条例及び北栄町後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第103号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第104号





○議長(阪本 和俊君) 日程第18、議案第104号、北栄町レークサイド大栄の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第104号、北栄町レークサイド大栄の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第104号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第19 議案第105号





○議長(阪本 和俊君) 日程第19、議案第105号、北栄町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第105号、北栄町消防賞じゅつ金及び殉職者特別賞じゅつ金条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第105号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 議案第96号





○議長(阪本 和俊君) 日程第20、議案第96号、平成21年度北栄町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第96号、平成21年度北栄町一般会計補正予算(第4号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第96号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第21 議案第97号





○議長(阪本 和俊君) 日程第21、議案第97号、平成21年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第97号、平成21年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第97号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第22 議案第98号





○議長(阪本 和俊君) 日程第22、議案第98号、平成21年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第98号、平成21年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第98号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 議案第99号





○議長(阪本 和俊君) 日程第23、議案第99号、平成21年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第99号、平成21年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第99号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第24 議案第100号





○議長(阪本 和俊君) 日程第24、議案第100号、平成21年度北栄町栄財産区特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第100号、平成21年度北栄町栄財産区特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議案第100号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第25 発委第6号





○議長(阪本 和俊君) 日程第25、発委第6号、「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 総務常任委員会委員長に趣旨の説明を求めます。


 9番、平田秀一君。


○総務常任委員長(平田 秀一君) 


      ───────────────────────────────


 発委第6号


        「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書の提出について


 地方自治法第109条第7項及び会議規則第14条第3項の規定により、上記の議案を提出する。


   平成21年9月17日提出


                                北栄町議会総務常任委員会


                                 委員長 平 田 秀 一


 理由


 仕事をおこし、地域再生を図る有効な制度であるため、法制定が必要である。


      ───────────────────────────────


       「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書


 日本社会の急速な少子高齢化により、労働環境に大きな変化の波が押し寄せている。


 2000年以降の急速な構造改革は、「ワーキングプア」「ネットカフェ難民」「偽装請負」など、新たな貧困や問題を生み、経済や雇用、産業や地方に様々な格差を生じさせた。また、障がいを抱える人々や社会のつながりがつくれない若者など、働きたくても働けない人々の増加は、日本全体を覆う共通した課題となっている。


 こうした課題を解決するために、住民自身が協同で地域に必要な仕事をみずから起こし、社会に貢献する喜びや尊厳を大切にして働き、人と人とのつながりとコミュニティーの再生を目指す、自立的で新しい働き方が、今、日本の社会に着実に広がりつつある。労働者協同組合(ワーカーズコープ)、ワーカーズコレクティブ、農村女性ワーカーズ、障がい者団体など、「協同労働」という新しい働き方を求めている団体や人々を含めると10万人以上存在すると言われている。しかしながら、「協同労働の協同組合」の制度を承認する他のG7各国と異なり、日本には、働く人、利用者及び支援者が協同して新しい事業とその経営組織を生み出そうとする法制度を承認し、また振興する法の仕組みがないのである。


 既に欧州などでは、法整備がなされており、失業や社会的排除、貧困に苦しむ人々や仕事を求めている人々にとって、仕事をおこし、地域再生を図る有効な制度となっている。また日本においても「協同労働の協同組合」の法制度を求める取り組みが広がり、8,000を超える団体がこの法制化に賛同し、国会でも超党派の議員連盟が発足して法制化の検討が始まっている。


 だれもが希望と誇りを持ち、安心と豊かさを実感できるコミュニティーをつくり、人とのつながりや社会とのつながりを感じることができる新しい働き方と、これに基づく非営利の事業体は、働くこと・生きることに困難を抱える人々自身が、社会連帯の中で仕事をおこし、社会に参加する道を開くものである。


 よって、政府ならびに国会におかれては、社会の実情を踏まえ、少子高齢化社会に対応する有力な制度として、「協同労働の協同組合法(仮称)」を速やかに制定されるよう強く要望する。


 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。


   平成21年9月17日


                                 鳥取県東伯郡北栄町議会


      ───────────────────────────────


 提出先、内閣総理大臣、総務大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣、衆・参両院議長。以上であります。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 発委第6号、「協同労働の協同組合法(仮称)」の速やかな制定を求める意見書の提出については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、発委第6号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第26 発議第7号





○議長(阪本 和俊君) 日程第26、発議第7号、北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 提出者に提案理由の説明を求めます。


 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 


      ───────────────────────────────


 発議第7号


        北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について


 北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第112条及び北栄町議会会議規則(平成17年北栄町議会規則第1号)第14条第2項の規定により提出します。


   平成21年9月17日提出


                         提出者 北栄町議会議員 池 田 捷 昭


                         賛成者 北栄町議会議員 野 田 久 良


                         賛成者 北栄町議会議員 平 田 秀 一


                         賛成者 北栄町議会議員 前 田 栄 治


                         賛成者 北栄町議会議員 長谷川 昭 二


                         賛成者 北栄町議会議員 青 亀 恵 一


 理由


 改選後の議員定数改正に伴い常任委員会の委員定数を改正し、また新たに広報広聴常任委員会を設置するため、北栄町議会委員会条例を改正する。


      ───────────────────────────────


 改正内容の説明でございます。これは平成21年3月定例会において北栄町議会の議員の定数を定める条例を制定し、議員定数を18人から15人に削減したことに伴って、常任委員会の委員定数について改正するものでございます。


 また、議会基本条例に基づき、議会における積極的な情報の公開と共有、政策活動への多様な町民参加の推進、公正性と透明性の確保を実践することを目的に、新たに広報広聴常任委員会を設置するものでございます。


 改正の内容について説明いたします。


 北栄町議会委員会条例の第2条は、常任委員会の名称、委員の定数及び所管について定めています。


 改正前の別表を削除し、改正後は第1号から第4号を新たに規定いたしました。


 改正後の第1号から第3号、総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育民生常任委員会については、名称、所管事項は変わりません。それぞれの定数を、改正前「6人」から改正後「5人」とするものでございます。


 また、第4号に広報広聴常任委員会を新たに加え、定数は6人、所管事項は議会広報及び広聴の実施に関する事項と定めるものでございます。


 第2項では「議員は、前項第1号から第3号までの常任委員会のいずれかの委員とならなければならない」と新たに定めております。これは、議員は今までと同じく必ず総務常任委員会、産業建設常任委員会、教育民生常任委員会のいずれかの委員となることを定めたものでございます。そのため、広報広聴常任委員会委員は必ずその他の常任委員会委員と兼務になります。


 なお、議会運営委員会の委員の定数については改正は行わず、現在と同じく6人といたします。


 附則、この条例は、次の一般選挙により選出される議員の任期の初日から施行するものです。


 以上、発議第7号の提案説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 発議第7号、北栄町議会委員会条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、発議第7号は、原案のとおり可決されました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第27 産業建設常任委員会の所管事務の調査報告について





○議長(阪本 和俊君) 日程第27、産業建設常任委員会の所管事務の調査報告について、委員長より報告願います。


 1番、前田栄治君。


○産業建設常任委員長(前田 栄治君) 産業建設常任委員会の報告をいたします。


 平成21年9月17日、北栄町議会議長、阪本和俊様。北栄町議会産業建設常任委員会委員長、前田栄治。委員会調査報告書。本委員会は、次の事件について先進地の調査を終了いたしましたので、会議規則第77条の規定により調査結果を次のとおり報告します。


 1、調査事件。(1)砂丘地農業及び地域ブランド農産物の取り組みについて。調査地、石川県金沢市、金沢市農業センター。(2)三里浜砂丘地域のラッキョウ栽培及び加工品について。調査地、福井県坂井市、三里浜特産農業協同組合。


 2、調査期間。平成21年7月28日から30日の3日間であります。


 3、調査結果。(1)砂丘地農業及び地域ブランド農産物の取り組みについて(金沢市農業センター)。金沢市農業センターは、施設総面積2万4,409平方メートルあり、加工調理実習館1つ、温室8、ハウス12棟、農舎3、種苗保存センター1などがあり、農業大学校も設立されています。


 主な業務としては、1つ、加賀野菜など特産農産物の栽培技術確立、ブランド化推進。2つ、金沢農業大学校を通じた就農支援、担い手の育成指導。3つ、園芸作物の栽培試験や新品種開発。4つ、地場農産物を利用した加工品や料理の研究開発等。ほかにも多様な業務を行っておられます。


 金沢市立農業大学校は新たな担い手育成のため設立され、18歳から65歳までが入学できます。農業研修を週1回、年50回程度、2年間実施して、加賀野菜や果実、野菜等の栽培技術を習得し、修了後に初期投資軽減(土地賃借料・基盤整備費・土地改良資材費など)の支援として10分の10の補助、生産施設や機械整備などの支援として2分の1の補助など、修了生に対する支援事業がしっかりサポートされています。


 砂丘地農業の取り組みについては、スイカやサツマイモ、大根など販売金額1億円以上の品物が6品目あり、今後は若手農家を中心として県が育成したブドウの新品種ルビーロマン、1房1万円くらいに取り組まれる予定であります。


 加賀野菜ブランド化の取り組みとしては、江戸時代から受け継がれた地域固有種の伝統野菜が生産農家の減少により存続の危機になったため、平成9年、金沢市農産物ブランド協会を設立し、郷土の財産として生産、消費を図り、後世に伝える活動を実施しています。15品目の認定作物にはブランドシールを張ることで付加価値の向上を図り、伝統野菜の存続のため認定農家などは設定していません。だれでも取り組めるようになっています。農協や直売所、市場などで積極的に販売促進を行っています。


 (2)三里浜砂丘地域のラッキョウ栽培及び加工品について(三里浜特産農業協同組合)ですが、昭和25年に三里浜特産農業協同組合を設立、昭和40年代に農業構造改善等によりラッキョウ加工場を逐次建設していっておられます。平成11年に加工場を改装し、浅漬け、弁当、総菜加工施設を増設して、ブランド「三年子花らっきょう」の加工品化に次々と取り組んでおられます。ラッキョウ加工品は、味つけが約5.5億円、塩蔵約2億円の販売実績を上げておられます。組合員が359名、正職員38名、加工パート15名で経営しているが、近年生産量が減少し、加工原材料の確保が課題となっています。


 4、所感といたしまして、砂丘地農業及び地域ブランド農産物の取り組みについてですが、砂丘畑の作物の生産振興や加賀野菜のブランド化推進に向けては、金沢市(人口45万人)や近い大消費地である京阪神や中京地区を利用し、工夫して作成したパンフレットやポスター、ホームページなどで積極的な宣伝活動を行い、販路開拓をうまくやっておられると感じました。


 北栄農産物のブランド化の取り組みに向けて、都市圏への販路開拓を行うことは当然であります。問題としては、ブランド野菜の手間や費用が普通の野菜よりもかかり、安い販売価格だと赤字になってしまい、高い販売価格だと売れません。そのため、品質を保持し量が安定生産できる生産者の確保が難しく、大きな課題となります。しかし、大栄スイカを見てもわかるように、販売価格安定や生産量、所得確保のためにはブランド化が必要であり、金沢市のように予算を計上し、推進すべき政策であると考えています。


 農業大学では、人数は少ないですが幅広い年代が勉強に励んでおられます。現就農者の生産品目の転換や新規就農者に対する手厚い研修、体験学習があり、行政の支援制度強化などが農業従事者の増加や所得確保につながると感じました。


 三里浜砂丘地域のラッキョウ栽培及び加工品についてですが、花らっきょうは既に全国ブランドになっています。しかし、三年ラッキョウは粒が小さいため洗いや根切りに手間がかかる割には生産者の販売金額が1キロ265円とかなり安いため、生産量が低下し、加工原料の確保に苦慮しておられました。産地の衰退傾向が見られ、他人事でない気がしました。


 その中で、たくさんつくっても買ってもらえ安心して生産できる、また年間を通じて雇用があるという加工事業のメリットも強く感じました。ラッキョウの産地づくりの振興や所得安定のためには、加工事業の推進や支援を考えていく必要性を痛感しました。


 以上で報告を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 以上で調査報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第28 教育民生常任委員会の所管事務の調査報告について





○議長(阪本 和俊君) 日程第28、教育民生常任委員会の所管事務の調査報告について、委員長より報告願います。


 13番、長谷川昭二君。


○教育民生常任委員長(長谷川昭二君) 教育民生常任委員会の調査についての報告を申し上げます。


 報告書の朗読をもって報告とかえさせていただきます。


 平成21年9月17日、北栄町議会議長、阪本和俊様。北栄町議会教育民生常任委員会委員長、長谷川昭二。委員会調査報告書。本委員会は、次の事件について先進地の調査を終了しましたので、会議規則第77条の規定により調査結果を次のとおり報告します。


                     記。


 1、調査事件。介護予防事業の取り組みについて、調査地、岡山県津山市。


 2、調査期間、平成21年7月13日の1日間。


 3、調査結果。津山市は、平成17年2月に加茂町、阿波村、勝北町、久米町と合併し、新生津山市としてスタートしました。岡山県北東部に位置し、北は中国産地、南は中部吉備高原に接しています。面積は506.36平方キロメートルで、県全面積の約7.1%を占めており、人口は11万569人です。平成21年3月31日現在の津山市の高齢者人口は2万6,678人、高齢化率は24.50%です。そのうち特定高齢者数は1,022人で、高齢者の3.83%です。


 津山市は、介護予防事業として特定高齢者事業や一般高齢者事業を実施しています。


 特定高齢者事業では、通所型介護予防デイサービスとして、特定高齢者を対象に運動器の機能向上の体操、栄養改善、口腔機能の向上のためのデイサービスを4カ所の委託事業所で実施しています。めくっていただきまして、また、介護予防講座として栄養改善の講話や調理実習、口腔機能向上の講話などを実施しています。


 一般高齢者事業では、健康教育としてふれあいサロンなどを実施しているほか、健康相談、訪問指導、地域参加型リハビリ教室、めざせ元気!!こけないからだ講座普及事業、認知症ささえあえるまちづくり事業を実施しています。今回の調査研究は、めざせ元気!!こけないからだ講座普及事業について、新しく取り組みを始めた地域の皆さんと一緒に講座を実体験することを中心に実施しました。


 この事業の目的は、介護予防や閉じこもり防止のため各町内会の公会堂を単位としためざせ元気!!こけないからだ講座を実施する組織を育成すること、高齢者が住みなれた地域でいつまでも自分らしく生き生きと生活を送ることができるようにしていくことです。


 津山市は、講座を推進するため体操に必要なウェイトバンドや冊子、音楽CDを貸し出すなどの物的支援と、介護予防インストラクターの派遣などの人的支援をしています。また、講座実施組織が活動を継続できるように、定期的に体力測定を実施しています。


 めざせ元気!!こけないからだ講座は、平成16年に高知市のいきいき百歳体操を参考に考案され、参加者12人、介護予防サポーター12人により1カ所でスタートしました。平成17年には施設版モデル事業としてデイサービス事業所3カ所で実施、またモデル事業での介護予防サポーター経験がきっかけとなり、地域版めざせ元気!!こけないからだ講座が2カ所で始まりました。その後、次々と実施地域がふえ、平成20年度には97カ所、参加者数2,100人となりました。そのうち、75歳以上の参加率は58.7%、参加者の認定率は6.3%、男女比は男性18.4%、女性81.6%です。平成21年7月現在ではさらに実施箇所がふえ、115カ所、参加者数は2,550人になっています。この講座の広がりの要因は、講座で行われる体操の効果が口コミで広がっていることであり、未実施地域から積極的に講座開設の声がかかるようになっているとのことであります。


 4、所感。めざせ元気!!こけないからだ講座を実施した結果、講座参加者の85%以上に下肢筋力の向上や歩行スピードの改善が認められ、体調や生活によい変化を感じている人は85%を超えています。統計学上の根拠となるほどの積み上げはないとしながらも、平成20年度の医療費についての調査では1年以上講座に参加している人たちは低下傾向にあり、参加していない人たちは増加傾向にあるということであり、注目すべき点です。


 また、講座は住民参加の自主的運営で行われています。市はそれを支援するという立場ですが、講座実施のための支援として派遣される介護予防インストラクターは住民から募集し、養成講座を開いています。こうした人づくりも、講座の広がりを保障していると感じました。


 さらに、津山市の職員の方からは、長く続けるためには講座を楽しくすることが大切である。津山市では高知市のいきいき百歳体操を津山バージョンにしたように、試行錯誤の努力を重ねてきた。北栄町の介護予防事業の歴史を踏まえて北栄バージョンにすることが大事であり、津山市のものをそのまま当てはめても難しいとの御意見をいただき、北栄町におけるそうした努力が望まれると感じました。


 以上でありますが、この後にめざせ元気!!こけないからだ講座の資料を載せておりますので、ごらんをいただきたいと思います。以上、報告を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 以上で調査報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第29 閉会中の継続審査及び調査申出について





○議長(阪本 和俊君) 日程第29、閉会中の継続審査及び調査申出についてを議題といたします。


 お手元に配付しておりますとおり、産業建設常任委員会委員長、教育民生常任委員会委員長、議会運営委員会委員長、議会広報調査特別委員会委員長から閉会中継続審査及び調査の申し出がありました。


 お諮りします。各委員会の委員長からの申し出のとおり、閉会中において継続審査及び調査することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続審査及び調査とすることに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって本定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。


 今期最後の議会定例会が、議員の皆さん、そして執行部の皆さんの御協力によりまして無事終了することができました。心から敬意と感謝を申し上げたいと思います。


 振り返ってみますと、一昨年、鳥取県町村議長会の北海道の夕張市、それから栗山町の調査研究を行ったわけでございますが、その事例をもとに、北栄町議会でもその事例を参考にしながら大きな改革をすることができました。言いかえますと、議会本来の姿に帰ったなというような思いでいっぱいでございます。


 地方自治法に基づいた北栄町版議員必携とも言える議会基本条例の制定を行うことができましたことは非常にうれしく思うわけでございますが、その件に関しましては議員の皆さんはもとよりでございますが、多くの町民の皆さんの御協力をいただき、22回もの検討を重ねて、3月議会でこの条例が制定をされました。町民を巻き込んだ開かれた議会、そして町民の幸せと安心、安全のための手段として、この議会基本条例が有効に活用されることを願うものであります。


 終わりに当たり、議員の皆様、そして執行部の皆様の御健勝と御多幸、そして町民皆様の御多幸、さらには北栄町のさらなる御発展を御祈念申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。本当にありがとうございました。(拍手)


 これにて平成21年第8回北栄町議会定例会を閉会いたします。


                午前9時59分閉会


      ───────────────────────────────





   上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





                北栄町議会議長





                署 名 議 員





                署 名 議 員