議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成21年 3月第3回定例会 (第 4日 3月 9日)




平成21年 3月第3回定例会 (第 4日 3月 9日)





 
─────────────────────────────────────────────


      第3回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第4日)


                         平成21年3月9日(月曜日)


─────────────────────────────────────────────


                   議事日程


                        平成21年3月9日 午前9時開議


 日程第1 議案第19号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第7号)


 日程第2 議案第20号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第3 議案第21号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第4 議案第22号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第5 議案第23号 平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(


            第2号)


 日程第6 議案第24号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第7 議案第25号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第8 議案第26号 平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1


            号)


 日程第9 議案第27号 地方自治法第96条第2項の規定による北栄町議会の議決すべき


            事件に関する条例の制定について


 日程第10 議案第28号 北栄町企業立地等を重点的に促進すべき区域における固定資産


            税の課税免除に関する条例の制定について


 日程第11 議案第29号 北栄町低開発地域工業開発地区における固定資産税の課税免除


            に関する条例を廃止する条例の制定について


 日程第12 議案第30号 北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


 日程第13 議案第31号 北栄町防災行政無線連絡施設の設置及び管理に関する条例の一


            部を改正する条例の制定について


 日程第14 議案第32号 北栄町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第15 議案第33号 北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正す


            る条例の制定について


 日程第16 議案第34号 北栄町町長等の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例


            の制定について


 日程第17 議案第35号 北栄町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す


            る条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第18 議案第36号 北栄町隣保館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第19 議案第37号 北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第20 議案第38号 北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第21 議案第39号 北栄町学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を


            改正する条例の制定について


 日程第22 議案第40号 北栄町立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定に


            ついて


 日程第23 議案第41号 北栄町中央公民館条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第24 議案第42号 北栄町特別医療費助成条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第25 議案第43号 北栄町介護予防事業・介護保険地域支援事業手数料の徴収に関


            する条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第26 議案第44号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 議案第45号 北栄町健康福祉センター等の設置及び管理に関する条例の一部


            を改正する条例の制定について


 日程第28 議案第46号 北栄町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第29 議案第47号 北栄町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の制定につ


            いて


 日程第30 議案第48号 北栄町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第31 議案第49号 北栄町農業集落排水施設使用料条例の一部を改正する条例の制


            定について


 日程第32 議案第50号 北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第33 議案第51号 指定管理者の指定について


(北栄町社会体育施設並びに北栄町B&G海洋センター)


 日程第34 議案第52号 指定管理者の指定について


(北栄町中央公民館大栄分館)


 日程第35 議案第53号 町道の路線の廃止について


 日程第36 議案第54号 町道の路線の認定について


 日程第37 議案第55号 鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議について


 日程第38 諮問第1号 人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについて


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第19号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第7号)


 日程第2 議案第20号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号


            )


 日程第3 議案第21号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第4 議案第22号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第5 議案第23号 平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(


            第2号)


 日程第6 議案第24号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第4号)


 日程第7 議案第25号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第8 議案第26号 平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1


            号)


 日程第9 議案第27号 地方自治法第96条第2項の規定による北栄町議会の議決すべき


            事件に関する条例の制定について


 日程第10 議案第28号 北栄町企業立地等を重点的に促進すべき区域における固定資産


            税の課税免除に関する条例の制定について


 日程第11 議案第29号 北栄町低開発地域工業開発地区における固定資産税の課税免除


            に関する条例を廃止する条例の制定について


 日程第12 議案第30号 北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


 日程第13 議案第31号 北栄町防災行政無線連絡施設の設置及び管理に関する条例の一


            部を改正する条例の制定について


 日程第14 議案第32号 北栄町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第15 議案第33号 北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正す


            る条例の制定について


 日程第16 議案第34号 北栄町町長等の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例


            の制定について


 日程第17 議案第35号 北栄町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関す


            る条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第18 議案第36号 北栄町隣保館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第19 議案第37号 北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第20 議案第38号 北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第21 議案第39号 北栄町学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を


            改正する条例の制定について


 日程第22 議案第40号 北栄町立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定に


            ついて


 日程第23 議案第41号 北栄町中央公民館条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第24 議案第42号 北栄町特別医療費助成条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第25 議案第43号 北栄町介護予防事業・介護保険地域支援事業手数料の徴収に関


            する条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第26 議案第44号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 議案第45号 北栄町健康福祉センター等の設置及び管理に関する条例の一部


            を改正する条例の制定について


 日程第28 議案第46号 北栄町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第29 議案第47号 北栄町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の制定につ


            いて


 日程第30 議案第48号 北栄町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第31 議案第49号 北栄町農業集落排水施設使用料条例の一部を改正する条例の制


            定について


 日程第32 議案第50号 北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条


            例の制定について


 日程第33 議案第51号 指定管理者の指定について


(北栄町社会体育施設並びに北栄町B&G海洋センター)


 日程第34 議案第52号 指定管理者の指定について


(北栄町中央公民館大栄分館)


 日程第35 議案第53号 町道の路線の廃止について


 日程第36 議案第54号 町道の路線の認定について


 日程第37 議案第55号 鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議について


 日程第38 諮問第1号 人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについて


       ───────────────────────────────


                 出席議員(17名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  12番 池 田 捷 昭 君  13番 長谷川 昭 二 君


14番 前 田 正 雄 君  15番 宮 本 幸 美 君  16番 石 丸 美 嗣 君


17番 野 田 久 良 君  18番 阪 本 和 俊 君


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(1名)


11番 磯 江   誠君


       ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ─────── 坂 田   優君  主  事 ─────── 藤 友 理佳子君


主  事 ─────── 小 林 周 平君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ──────── 山 口 秀 樹君


教育長 ──────── 岩 垣 博 士君  会計管理者(兼)出納室長


                               ──── 柿 本   誠君


総務課長 ─────── 道祖尾 広 光君  総務課参事 ────── 小矢野   貢君


企画振興課長 ───── 田 中 精 一君  税務課長 ─────── 坂 本 佐紀恵君


町民課長 ─────── 鎌 田 栄 子君  健康福祉課長 ───── 松 井 慶 徳君


環境政策課長 ───── 別 本 勝 美君  産業振興課長 ───── 杉 谷 博 文君


上下水道課長 ───── 浜 田 登喜治君  教育総務課長 ───── 三 好 秀 康君


生涯学習課長(兼)中央公民館長        人権同和教育課長 ─── 杉 川 弘 行君


        ──── 池 田 康 守君


(併)農業委員会事務局長 ────────────────────── 杉 谷 博 文君


(併)選挙管理委員会事務局長 ──────────────────── 道祖尾 広 光君


      ───────────────────────────────





◎午前9時00分開議





○議長(阪本 和俊君)皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 なお、11番、磯江誠議員から欠席届が提出されております。


 暫時休憩します。(午前9時01分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午前11時16分再開)


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第19号 から 日程第8 議案第26号





○議長(阪本 和俊君) 日程第1、議案第19号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第7号)から、日程第8、議案第26号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上8議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第19号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第7号)の提案理由を申し上げます。


 歳入歳出予算の総額から歳入歳出1億7,294万円を減額し、歳入歳出予算の総額を80億5,615万3,000円といたしました。


 今回の補正は、年度末になりましたので、決算見込みの把握ができるようになりましたので、その調整を図るもの、また、新たに予算措置を必要とする諸事業につきまして所要の額を計上いたしました。


 繰越明許費につきましては、コナン通り整備事業など3事業が年度内に終了しない見込みとなりましたので、必要な措置を講ずることといたしました。


 また、地方債の補正につきましては、広域連合が実施する新斎場の建設が進みませんでしたので、その財源としていた合併特例債を今年度は借り入れしないとすることや、このほか事業費の確定に伴う変更を行うものでございます。


 歳出の主なものを申し上げます。総務費でございます。一般管理費で1,080万7,000円を減額いたしました。人件費、広域連合負担金の調整をするものでございます。


 財産管理費に635万2,000円を計上いたしました。昨年からふるさと納税が始まりましたが、平成20年度に納税いただいたものを翌年度以降に事業充当するために基金に積み立てするのが主なものでございます。


 企画費に352万1,000円を計上いたしました。当初予算において、運転免許試験場跡地にトイレを設置する予算を計上しておりますが、その追加費用の400万円計上が主なものでございます。なお、半額は県からの補助金で賄うことにしております。


 有線テレビ管理費で8,102万円減額いたしました。音声告知機導入や有線テレビの工事請負費など事業費の確定に伴う減額でございます。


 賦課徴収費で914万1,000円減額いたしました。税の過誤納還付金、納税組合運営費の事業費確定に伴う減額でございます。


 民生費では、社会福祉総務費に685万5,000円を計上いたしました。介護保険特別会計繰出金の増、663万9,000円が主なものでございます。


 特別医療費助成事業費で2,518万円減額いたしました。事業の見込みがほぼ確定いたしましたので、調整をするものでございます。


 障害者福祉費に1,272万6,000円を計上いたしました。自立支援給付費、小規模作業所通所負担金、中度心身障害者医療費扶助費などの増額が主なものでございます。


 保育所管理運営費で1,862万1,000円減額いたしました。人件費の調整でございます。


 衛生費でございます。健康支援費で250万円減額いたしました。がん検診委託料の確定などに伴う減額でございます。


 環境衛生費で7,849万5,000円減額いたしました。地方債の補正で申し上げましたとおり、新斎場の建設がストップしておりますので、その負担金の減額でございます。


 農林水産業費では、農業委員会費に229万円を計上いたしました。農地流動化推進事業助成金と過年度分の返還金を計上するものでございます。


 農業振興費で243万6,000円減額いたしました。ブランド野菜価格安定対策補助金など、事業の確定に伴う減額でございます。


 農地費で321万2,000円減額いたしました。県営事業負担金の確定に伴う減額でございます。


 松くい虫防除費で558万1,000円減額いたしました。こちらも事業確定に伴う減額でございます。


 商工費でございます。商工振興費で1,601万2,000円減額いたしました。小口融資の貸付金及び利子補助金の事業確定に伴う減額でございます。


 土木費では、道路維持管理費で381万円減額いたしました。道路の修繕工事など事業確定に伴う減額と、1月の大雪で除雪費用が不足しましたので、その追加計上でございます。


 河川総務費に2,112万1,000円を計上いたしました。北条川放水路の浜川水路橋損失補償金でございます。なお、財源といたしまして県からの補償金を充当することにしております。


 下水道費で1,973万8,000円減額いたしました。下水道特別会計の事業がほぼ確定いたしましたので、それに伴い、繰出金の調整を行うものでございます。


 消防費では、常備消防費で374万9,000円減額いたしました。広域連合負担金の調整でございます。


 教育費でございます。幼稚園運営費で118万2,000円減額いたしました。人件費等の減額が主なものでございます。


 同和教育費で222万4,000円減額いたしました。各種会議等の報償費と進学奨励金の減でございます。


 公債費でございます。元金に9,524万円を計上いたしました。旧大栄町におきまして、平成11年、西高尾ダム周辺事業として行った起債を全額返済するため、今回計上したものでございます。


 歳入につきましては、町税、譲与税や交付金、国・県支出金、寄附金、繰入金、諸収入、町債などを調整し、編成いたしました。


 続きまして、議案第20号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ1,660万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を17億3,992万4,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳入につきましては、国庫支出金及び共同事業交付金の減額、基金繰入金の増額によるものでございます。


 歳出につきましては、高額療養費の増額、共同事業拠出金の減額によるものでございます。


 続きまして、議案第21号、平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2,654万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を14億7万7,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳入につきましては、介護従事者処遇改善臨時特例交付金及び保険給付費の増に伴う国・県負担金と支払基金交付金の増額によるものでございます。


 歳出につきましては、保険給付費及び介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金の増額によるものでございます。


 議案第22号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第4号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ540万円を減額し、歳入歳出予算の総額を1億9,593万6,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳入につきましては、支払基金からの医療費交付金及び国、県からの医療費負担金の減額、一般会計からの繰入金の減額、過年度分の医療費過誤による返納金の増額によるものでございます。


 歳出につきましては、医療給付費の減額によるものでございます。


 議案第23号、平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ146万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ5,224万2,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳出につきましては、貸付金に対し債務者から全額の繰り上げ償還があり、これに係る起債償還金が必要になるもので160万2,000円を追加し、また、償還推進助成事業関係として繰出金300万5,000円を減額いたしました。


 歳入につきましては、償還推進助成事業に伴い、貸付金元利収入154万3,000円を減額いたしました。


 議案第24号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第4号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,426万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ18億9,570万8,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳出につきましては、起債額の確定による償還金利子の減額及び工事請負費などの確定と見込みによる不用額の減額でございます。


 歳入につきましては、一般会計繰入金及び町債を調整し編成いたしました。


 議案第25号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ5,822万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億5,133万5,000円とするものでございます。


 この補正の主なものは、歳入につきましては、売電収入2,222万8,000円及び建物火災共済金3,600万円の減額でございます。


 歳出につきましては、工事請負費4,000万円及び基金積立金1,920万円の減額を行い、公課費185万4,000円を追加いたしました。


 議案第26号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ333万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億4,581万3,000円とするものでございます。


 今回の補正の主なものは、歳入につきましては、電算システム改修に係る国庫補助金の増額によるものでございます。


 歳出につきましては、制度変更に伴う電算システム改修委託料の増額によるものでございます。


 以上8議案、詳細につきましては、担当課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 議案第19号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第7号)について説明を申し上げます。


 平成20年度北栄町の一般会計補正予算(第7号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1億7,294万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ80億5,615万3,000円と定める。以下についてはごらんをいただきたいと思います。


 次のページをごらんいただきたいと思いますけども、1ページに第1表、歳入歳出予算補正の歳入、それから3ページには歳出の表を掲載をいたしております。款項目、補正前の額、補正額、計という形で表を載せておりますけども、これについての読み上げは省略をさせていただきます。


 次に、5ページをごらんをいただきたいと思いますけども、第2表、繰越明許費でございます。まず、2款の総務費、1項の総務管理費でございますが、コナン通り整備事業費で1,500万円の繰り越しを行います。それから5款の農林水産業費では地域改善対策軽減事業といたしまして33万円、県営土地改良事業費負担金事業といたしまして263万9,000円の繰り越しでございます。コナン通りの整備事業費1,500万円の内訳でございますけども、トイレ新設工事費が1,350万円、設計委託料100万円、駐車場区画線整備事業が50万円、それぞれ21年度に繰り越して実施をいたすものでございます。なお、5款の地域改善対策軽減事業につきましては北条中央地区の圃場整備に係るもの、それから、その下は県営土地改良の負担金に係る事業の繰り越しでございます。


 次のページをごらんいただきたいと思います。第3表で地方債補正でございます。起債の目的、補正前、補正後の額を計上いたしておりますけども、ここは事業費の確定などによる補正をするものでございます。まず、合併特例債で情報化推進整備事業費ということで3億2,930万円を2億5,790万円に補正をいたします。7,140万円の減額でございますが、事業の確定によるものでございます。次に、新斎場の建設負担金7,600万円、これを補正後はゼロということでございますが、平成20年度において着手ができなかったために、負担金の必要がなくなったということでございます。あと、県営東伯中央地区広域農道整備事業費280万円を270万円、10万円の減額。県営北条砂丘中北条地区畑地帯総合整備事業費1,410万円を1,300万円、110万円の減額。県営北条中央経営体育成基盤整備事業1,570万円を1,290万円で280万円の減額。これはいずれも事業費の確定でございます。


 次に、7ページの歳入歳出補正予算事項別明細書の1の総括、歳入、それから次のページの歳出につきましては、ごらんをいただきたいと思います。


 9ページの2の歳入から御説明を申し上げます。一般財源につきましては私の方で説明をさせていただきますが、あと特定財源の分につきましては、主なもののみ要点だけ説明をさせていただきたいと思います。


 まず、1款町税でございますけども、町たばこ税231万3,000円の減額でございます。これは見込みによる減額でございます。


 次に、2款地方譲与税でございますが、自動車重量譲与税で115万円の減額でございます。これは自動車販売の低迷によりまして自動車重量税の収入が少なかったというもので、これに伴う減額でございます。


 次に、2款地方譲与税、地方道路譲与税が191万9,000円の減額でございます。ガソリン消費の低迷による地方道路譲与税の減額によるものでございます。


 次に、3款利子割交付金ですが、189万円の減額。それから4款の配当割交付金ですが、405万2,000円の減額。5款の株式等譲渡所得割交付金257万9,000円の減額でございます。これは金融市場の低迷による県税の減額、収入不足ということで減額をいたしたものでございます。


 次に、6款地方消費税交付金566万4,000円の減額、これも消費低迷による減額でございます。


 7款が自動車取得税交付金409万1,000円の減額でございます。自動車販売の低迷による自動車取得税の減による減額ということでございます。このあたりは不況の影響がもろに収入に出てきておるという、そういう状況でございます。


 次に、11款の分担金及び負担金でございますけども、これからは特定財源ということですので、主なもののみ説明をさせていただきたいと思いますが、12款の使用料及び手数料の商工使用料でレークサイド大栄使用料65万円の減額、これは利用者の減によるものでございます。


 次に、13款の国庫支出金、次のページになりますけども、1目の民生費国庫負担金で428万2,000円の増額でございます。これは額の確定あるいは見込みによる調整でございます。それぞれ1節社会福祉費負担金156万9,000円、2節の児童福祉費負担金271万3,000円の増額でございます。


 次に、国庫支出金のうちの国庫補助金で3目の土木費国庫補助金104万3,000円の減額でございますが、住宅・建築物耐震改修等事業費補助金でございます。申込件数が少なかったための減額でございます。


 次に、14款で県支出金の1目の民生費県負担金728万6,000円の減額、社会福祉費負担金が890万2,000円の減額、児童福祉費負担金が161万6,000円の増額でございます。これにつきましては、国庫補助金と連動いたしておりますけども、額の確定、見込みによる調整でございます。


 次のページで県支出金の県補助金でございますが、1目で総務費県補助金208万7,000円の増額でございます。これはバス路線の県補助金が8万7,000円の増額でございますが、栄線の実績による増額でございます。それから7節でコナン通りの整備補助金で200万円、これは提案理由にもありましたけども、トイレの建設に係る県の補助金ということで、事業費の2分の1のものでございます。


 それから、2目の民生費県補助金816万4,000円の減額、それからその下の3目の衛生費県補助金50万5,000円の増額、農林水産業費県補助金571万6,000円の減額、5目の土木費県補助金52万1,000円の減額、これにつきましては、額の確定あるいは見込みによる調整でございます。その中で3目の衛生費県補助金の健康増進事業費補助金でございますけども、健康教育あるいは健康相談事業に対する補助金で、県の基準額の3分の2の補助が新しく発生したものでございます。


 続きまして、次のページですが、14款の総務費県委託金473万8,000円の減額でございます。これにつきましても、事業の確定によるもの、あるいは見込みによる減額でございます。


 次に、15款の財産収入でございますけども、2目の物品売払収入で8万円、金額はちょっと小さいんですが、新しく補正をいたします。物品売払収入ということで、北条庁舎の変圧器が不用となったために、これを売り払ったものでございます。


 16款寄附金、ふるさと北栄基金寄附金653万円の増額、これはふるさと寄附金を基金に積み立てまして、21年度で取り崩して活用するためのものでございます。


 次に、17款繰入金、この中で下の6目の減債基金繰入金1,200万円の増額でございます。これは減債基金の繰り入れとして起債償還に充当するものでございます。


 次のページをごらんください。4目の住宅新築資金等貸付事業特別会計繰入金300万5,000円の減額でございます。これは個人の借り入れ償還の滞納分がございまして、これに対して県からの償還推進助成補助金として補てんをされたということで、この分、一般会計からの繰入金を減額をするものでございます。


 次に、19款の諸収入の1目貸付金元利収入で1,579万3,000円の減額でございます。これは小口融資貸付金の元利収入ということで、預託金の実績による減額でございます。


 次に、弁償金でございますけども、82万4,000円の増額、これは右の方に説明を書いておりますけども、保育所、幼稚園の職員、児童の給食費の弁償金の増額分でございます。


 次に、2の雑入ですけども、2,274万9,000円の増額でございます。この中で、総務費の雑入として390万6,000円増額をいたしております。その他総務費雑入というふうにいたしておりますけども、これは後期高齢者医療の広域連合に北栄町から1人職員を派遣をいたしておりまして、その職員の給与分について当面北栄町が補てんをし、最終的に3月の段階で各町村の負担金部分を確定をして北栄町に返していただくということで、その分390万6,000円の増額でございます。それから、一番下の6節の土木費雑入として2,112万円計上いたしております。浜川水路橋損失補償金ということで、県から北栄町へ支払いをされるものでございます。最終的には土地改良区への補償金という形で歳出として出ていくものでございます。その下の7節の消防費雑入でございますけども、137万5,000円の増額でございます。消防団員が3名、このたび退職ということになりますので、その消防団員に対する報償金でございます。


 次に、20款町債の1目総務債1億4,740万円の減額でございますけども、これにつきましては情報化推進整備事業として7,140万円の減額、それから新斎場建設負担金として7,600万円の減額でございます。これは、事業費の確定に伴うものと、斎場につきましては平成20年度で実施できなかったもので減額をいたすものでございます。


 次に、次のページの16ページの歳出の説明に入らせていただきます。ここからは各担当課長が説明をしますので、よろしくお願いいたします。


 まず、1款の議会費の1目議会費でございますが、補正額42万8,000円の減額でございます。これは3月末までの支出の見込みにより、それぞれ予算を調整いたすものでございます。旅費、交際費、使用料及び賃借料についての減額でございます。


 次に、2款総務費の1目一般管理費で1,080万7,000円の減額でございます。給料、職員手当、共済費につきましては、見込みによる調整でございます。5節の災害補償費15万円の増額でございますが、これは臨時職員が職務中にけがをいたしまして、それの公務災害補償の規定により支払うものでございます。次に、7節の賃金194万9,000円の減額、12節役務費の19万8,000円の減額、委託料の184万1,000円の減額、これにつきましては事業費の見込みによる減額でございます。なお、委託料の職員健康診断委託料で100万円ほど減額をいたしておりますけども、これにつきましては受診者の減ということで100万円の調整をいたしました。19節の負担金、補助及び交付金で115万1,000円の減額をいたしております。鳥取中部ふるさと広域連合の負担金でございます。一般管理の部分と休日急患部分の負担金でございますが、連合からの通知により、事業確定ということで減額をいたすものでございます。


 次に、1つ飛びまして4目の財産管理費で635万2,000円を増額をいたしております。これは、主なものといたしましては、25節の積立金でふるさと北栄基金積立金に653万円を増額をするというものでございます。


 続きまして、ずっと飛んでいただきまして30ページ、一番最後になりますけども、11款の公債費でございます。1目の元金に9,524万円の増額、2目の利子で700万円の減額でございます。元金につきましては、これは西高尾ダムの周辺整備に係る償還金をことしの3月に償還する予定にいたしておりまして、一括して9,524万円を償還するものでございます。それから、その下の利子の町債償還金利子の700万円の減額でございますけども、これは3月末に借り入れ見込みであった起債が5月末借り入れとなったものがございまして、その分の利息が不要になったということで、このたび調整をいたすものでございます。


 次に、次のページですが、給与費明細書をつけております。今回の補正で人件費を調整いたしましたので、この給与費明細をつけておるものでございます。中ほどに一般職の表をつけておりますが、給料で1,230万2,000円の減額と職員手当で632万3,000円をこのたび減額をいたしております。理由といたしましては、一番下の方に書いておりますけども、育児休業者あるいは休職者等の給与の精査をいたしまして、残が出ましたので、このたび人件費を調整をいたしたものでございます。


 以上で総務課の担当を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、企画振興課関係を御説明申し上げます。


 予算書17ページをごらんをいただきたいと思います。2目の広報費でございますが、93万6,000円の減額でございます。不用額調整ということでございます。


 次に、8目企画費でございますが、352万1,000円を追加計上いたしております。追加する主なものとしましては、15節の工事請負費でございますが、これは先ほども説明がありましたように、県運転免許試験場跡に整備をいたしますにぎわい広場兼駐車場の関連施設として、公衆トイレを設置するための費用を今年度の当初予算に計上いたしておりましたが、便器数が少ないのではないかというような御指摘もございまして、検討しました結果、女性用の便器、当初2基から4基へ、それから男性用小便器を2基から3基へ造設することとし、そのための費用400万円を追加計上いたしました。特定財源としましては、県補助金200万円を見込んでおります。なお、今回の補正額に当初予算額を加えました総事業費1,500万円は、県が現在行っております試験場施設の解体整地工事がおくれたために、その全額を繰り越しし平成21年度に実施することとなり、その手続としまして、先ほど総務課長も説明をいたしましたが、5ページ、第2表でございますが、ここに繰越明許費、事業名、コナン通り整備事業1,500万円として計上して繰り越しをいたすということになります。次に、増額分でございますが、19節の負担金、補助及び交付金でございます。生活路線バス維持対策費補助金として91万4,000円を計上いたしておりますが、これは、特に日ノ丸バスが運行しております穴沢経由の倉吉赤碕線の乗客の減少による運行経費の赤字補てんとして支出するものが主なものでございます。


 次に、11目の有線テレビ管理費でございますが、8,102万円を減額をいたしております。これは音声告知デジタル防災行政無線システム導入工事、現在行っておるものでございますが、これの工事請負費の残額7,516万6,000円のほか、宅内引き込み工事請負費や修繕費の残額が主なものでございます。特定財源としまして、合併特例債7,140万円の減額をいたしております。25節の積立金10万円でございますが、これは基金利子を積立金に積み立てるというものでございます。


 次に、12目情報処理費89万4,000円の減額でございますが、不用額調整でございます。


 19ページをごらんいただきたいと思います。5項統計調査費、1目指定統計費17万1,000円の減額でございますが、事業完了に伴うものでございます。


 24ページをごらんをいただきたいと思います。6款商工費、1目商工振興費1,601万2,000円の減額でございますが、これの主なものは、小口融資貸付金の不用額1,579万3,000円でございます。


 次に、8目レークサイド大栄費155万5,000円の減額でございますが、不用額調整によるものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) それでは、税務課関係、説明させていただきます。


 18ページをお開きください。1目税務総務費に267万2,000円の減額です。これは事業の確定によるものほかの減額ですが、主なものでは、13、委託料、住民税年金特徴初期導入委託料に187万1,000円を減額しておりますが、これは9月補正で21年10月から住民税の年金特徴が開始をされるものに伴って、準備段階としてeLTAX、LGWAN、どちらかのシステムを選択をするということで上げておりましたが、LGWANの方を選択したために、この187万1,000円が不用額となりました。それと、19、負担金、補助及び交付金、これの方に住民税年金特徴データ授受事務局運営費負担金ということで、LGWANのシステムの負担ということで8万6,000円を計上しております。


 2目賦課徴収費に914万1,000円を減額しております。主なものは、納税組合の運営費補助金が確定したための減額と、それと過誤納の還付金、これは所得変動による還付が見込みより少なかったための900万円の減額となりました。合わせて県支出金、県税分が456万7,000円の減額としております。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 鎌田町民課長。


○町民課長(鎌田 栄子君) では、町民課関係、説明させていただきます。


 同じページの18ページから19ページをお開きください。戸籍住民基本台帳費は、人件費の減が主ですが、13、委託料につきましては、住民基本台帳カードの無料化によって取得される方がふえたため、70人分さらに増額するものでございます。


 次に、21ページです。3款民生費、2項児童福祉費、1目児童福祉総務費で、こちらがみどり保育園と広域入所の委託料の減額でございます。12月以降の入退所に備えまして12月では補正の増額をお願いしておりましたが、この時期になりまして入退所も確定ほぼできましたので、その見込みによる減と、それから12月で国、県の補助金等も見込めるようになりましたので、財源内訳もあわせて変更させていただくものでございます。一般財源995万6,000円の減は、委託料の160万6,000円と相差になりますところの835万円が一般会計からの国庫の方に財源変更です。


 4目児童手当費につきましても、事業がほぼ確定しましたので250万円の減額でございます。


 町民課関係、以上で説明を終わります。(発言する者あり)


 失礼しました。2目の保育所管理運営費につきましてです。給料、職員手当等につきましては、育休によるもので減額でございます。賃金につきましては、東保育所と由良保育所で入所申し込みをしておられた方が辞退されたことによる減額で、120万円の臨時職員賃金減額でございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 健康福祉課関係を御説明申し上げます。


 19ページをごらんいただきたいと思います。下の方の3款1項の1目社会福祉総務費でございます。3節の職員手当等、時間外手当等に33万1,000円増額をお願いするものでございます。内容といたしましては、緊急生活支援事業におきます小・中学生の医療費助成事業等が主なものでございます。次に、28節の繰出金、国民健康保険の特別会計繰出金に11万5,000円の減額でございます。介護保険特別会計繰出金に663万9,000円の増額でございます。この点につきましては、介護給付費の増額による町負担金の増額によるものでございます。


 次に、2目の特別医療費助成事業費でございますけども、20の扶助費でございます。特別医療費助成費2,518万円の減額でございます。これは20年の2月からことしの1月の1年間の支弁額の決算見込み額によります減額に伴うものでございます。


 はぐっていただきまして3目の老人福祉費でございます。8の報償費でございます。米寿・金婚慶祝報償費8万3,000円の減額でございます。これは米寿・金婚該当者の減に伴うものでございます。13節の委託料でございます。23万5,000円の減額でございます。これは緊急通報システムの委託料でございまして、利用者の減に伴う減額でございます。次に、19節の負担金、補助及び交付金でございますけども、51万1,000円の減額でございます。敬老会及び敬老行事の交付金14万1,000円の減額でございます。これは対象者の減によるものでございます。次に、町老人クラブ補助金14万円の減額でございます。この点につきましては、会員数の減に伴うものでございます。次に、高齢者自立支援普及促進事業補助金でございます。23万円の減額でございます。大谷とみどり1区に事業を行っていただいておりまして、事業費の減に伴う減額でございます。20の扶助費でございます。ホームヘルプサービス利用者負担軽減助成金4万5,000円の減額でございます。これは対象者の減に伴うものでございます。


 次に、4目の介護予防生活支援費でございます。13節の委託料、介護予防地域支え合い事業委託料53万2,000円の減額でございます。これは社会福祉協議会に委託しております生きがい活動支援通所事業でございますけども、利用者の減に伴うものでございます。次に、19節の負担金、補助及び交付金、介護サービス利用軽減補助金でございまして、20万5,000円の減額でございます。この点につきましては、対象者の減に伴うものでございます。


 次に、5目の障害者福祉費でございます。19節の負担金、補助及び交付金でございます。104万6,000円の増額でございます。内訳として、小規模作業所の通所負担金60万3,000円の増額でございます。倉吉市の作業所の方に、あるいは琴浦の方に通所しております、その所在地の応分の負担金の支払いということで、増額を計上しているものでございます。次に、ケアホーム入所支援体制強化補助金40万1,000円の増額でございます。これは倉吉市に重度障がい者の方お二人入所しておられます。支援体制強化の補助金ということで増額を計上しておるものでございます。次に、通所サービス利用促進事業補助金4万2,000円の増額でございます。湯梨浜町の施設にお一人通所しておられまして、その利用回数に応じての負担金でございます。次に、20の扶助費でございます。1,168万円の増額でございます。内訳といたしまして、中度心身障害者医療費扶助費50万円の増額でございます。91人の方が該当しておられますけども、医療費の2分の1を助成するものでございまして、決算見込みとして増額を計上しているものでございます。次に、自立支援給付費でございます。1,268万円の増額でございます。羽合ひかり園の方に9人入所しておられまして、旧法から新法に移行に伴う増額の費用でございます。次に、地域活動支援センター事業費50万円の減額でございます。社会福祉協議会が事業主体でございますけども、利用者11人の方の実績見込みに伴います減額でございます。次に、日中一時支援事業費でございます。100万円の減額でございます。社会福祉協議会ほかが事業主体で取り組んでおられますけども、利用者が15人いらっしゃいまして、実績見込みに伴います見込みで減額したものでございます。


 22ページをごらんいただきたいと思います。4款1項の1目保健衛生総務費でございます。3節の職員手当等37万1,000円の減額でございます。実績に伴う減額でございます。


 次に、3目の健康増進センター費でございます。11の需用費でございます。14万円の増額でございます。光熱水費の増額に伴うものでございます。


 次に、8目の健康支援費でございます。13の委託料でございます。250万円の減額でございます。各種がん検診の委託料に伴うものでございます。実績見込みによります減額と、あわせてセット検診における自己負担金を保健事業団が直接徴収いたしまして、その徴収分を差し引いた額で委託料をお支払いしているために減額が生じたものでございます。


 次に、9目でございます。老人医療給付事務費でございます。28節の繰出金65万9,000円の減額でございます。老人保健の特別会計繰出金でございまして、老人医療給付費の決算見込みによります減額に伴うものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 暫時休憩します。(午後0時05分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午後1時00分再開)


 別本環境政策課長。


○環境政策課長(別本 勝美君) 環境政策課関係について説明をさせていただきます。


 22ページをお開きください。4款衛生費、1項保健衛生費、11目環境衛生費、19節負担金、補助及び交付金7,849万5,000円の減額でございます。中部ふるさと広域連合負担金、火葬ですけども、新斎場建設が係争中のため未着手となったものでございます。それで、これまでの経過といたしましては、20年の3月7日に提訴がされまして、この間、口頭弁論1回、弁論準備手続4回が現在のところ行われているという状況でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) 続きまして、産業振興課、農業委員会関係の御説明を申し上げます。


 同じく22ページでございます。5款農林水産業費、1項農業費、1目の農業委員会費でございます。229万円の追加でございます。負担金、補助及び交付金の中で農地流動化推進事業費助成金215万7,000円ということで、当初の計画に比べまして件数、面積とも大幅に増加いたしました。当初240万円組んでおりましたけども、これが455万6,000円というふうな大きな伸びがあったための追加の補正であります。次の23節の償還金の関係ですけども、流動化の途中解約に伴いまして県の返還金が生じてまいりましたので、13万3,000円の追加でございます。


 次の4目農業総務費29万6,000円の増ですけども、人件費の調整でございます。ごらんください。


 23ページ、5目の農業振興費243万6,000円の減額です。主なものは、負担金、補助及び交付金の就農基盤整備事業補助金でございまして、新規就農の方のハード事業でございますが、この事業の入札減、あるいは事業を途中でやめられた方がございまして、それによる減が主なものであります。


 7目の地産地消推進費、26万3,000円の減であります。印刷製本費26万3,000円の減ですが、味覚めぐりでパンフレットの印刷を予定しておりましたけれども、本年度はすべて手づくりでパンフレットをつくりました。7枚つくりましたけれども、そのための減額でございます。


 11目の農地費321万2,000円の減ですけども、これも負担金、補助及び交付金であります。主なものは、そこにありますように県営事業の負担金、これは事業費の確定による減でございます。313万5,000円。あと、ため池の負担金の減であります。


 13目の有害鳥獣防除費7万5,000円の追加であります。ヌートリアの捕獲奨励金7万5,000円でございます。今年度、農事組合等の取り組みによりまして相当ヌートリアの捕獲が増大いたしております。あと50頭ほど追加したいということで、7万5,000円の事業追加補正でございます。


 次に、15目の農地・水・環境保全向上対策費40万9,000円の減であります。事業の確定に伴います減額であります。


 次に、2項の林業費であります。まず、1目林業振興費125万円の減、未整備森林緊急公的整備導入モデル事業補助金が125万円の減になっておりますけれども、これは放置森林の間伐等の事業でございまして、今年度、当初の計画より相当事業が減りました。そういうことで減額いたすものであります。


 次に、2目の森林整備地域活動支援費58万7,000円の減であります。これも森林整備地域活動支援交付金でございますけれども、境界確認とか作業道等の活動組織に対する1ヘクタール5,000円の補助事業でございますが、結果的に事業量の減、面積、対象事業の減による減額であります。


 3目の松くい虫防除費558万1,000円の減額であります。13の委託料ですが、23ページから24ページにかけまして松くい虫の関係の減額いたしております。事業結果によるものと、主に伐倒駆除、特別伐倒駆除が476万円ということで、これは焼却の関係ですけれども、これらの事業費が大幅に減ったということで減額をいたしております。


 次に、24ページの下の方の7款土木費、1項土木管理費であります。1目の土木総務費206万7,000円の減額であります。主に負担金、補助及び交付金の中で住宅の改修事業の補助金の減額であります。今年度住宅改修、住宅診断あるいは改修の補助に取り組んでまいりましたけれども、結果的に1名の方が耐震診断をされたということで、大幅な減額ということになりました。


 次に、25ページの2項の道路橋梁費、1目の道路維持管理費381万円の減額であります。まず、13の委託料ですけども、ここは、一つは工事設計委託料150万円の減にいたしております。今年度委託をするような大きな町道補修等の工事がございませんでしたので、職員等がすべて設計なり積算をしたということで減額いたしております。除雪委託料295万円の追加であります。提案説明にもありましたように、1月の豪雪に伴います除雪委託料の追加でございます。次の15節の工事請負費503万4,000円の減額であります。町道等の修繕の工事費、あるいは舗装等の工事費、合わせて503万4,000円の事業減、今年度の事業見込みによる事業費の減額でございます。


 2目の道路新設改良費27万円の増額であります。県営道路の負担金の増でありまして、六尾踏切関係の事業が増額したということで、今年度確定した事業の増であります。


 次に、25ページの3項の河川総務費、1目の河川総務費でありますけれども、2,112万1,000円の増であります。これも提案理由でございましたけれども、今回北条川が完成いたしまして、浜川水路の機能補償として水路橋が設置されたところでございますけれども、この水路橋が県から町の方に移管、引き継ぎという形になるようですけども、これに伴いまして施設の維持管理を北条町土地改良区の方に委託したいということで進めております。それの損失補償金2,112万1,000円でございます。歳入の方も提案説明でありましたけれども、14ページです。総務課長の方から説明がございました。14ページの一番下の雑入の中で2,112万円の県の方から歳入を見込むようにいたしております。


 あと、歳入の関係は、総務課長の方から特定財源等説明がございましたので、省略をさせていただきます。以上であります。


○議長(阪本 和俊君) 小矢野総務課参事。


○総務課参事(小矢野 貢君) 続きまして、8款消防費の説明をしたいと思います。1目常備消防費でございます。374万9,000円の減でございます。鳥取中部ふるさと広域連合負担金の額の確定によるものでございます。


 続きまして、2目非常備消防費でございますけども、130万3,000円の主なものにつきましては、はぐっていただきまして26ページ、退職報償費の、3名の退職がございまして、その137万5,000円の計上でございます。財源としまして、共済基金の方から増額を計上しております。


 3目消防施設費でございますけども、200万2,000円の減でございます。これにつきましては、消防ポンプ車の入札残によるものでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 教育総務課所管の補正額について御説明を申し上げます。


 初めに、9款教育費、1項教育総務費、2目の事務局費でございます。小・中学校の複写機のリース料ということで45万8,000円を減額いたしております。確定による減額でございます。


 続きまして、3目の外国青年招致費でございます。11万円の減額でございます。普通旅費として、再契約者の研修の未開催及び見込みによる減額で11万円を減額しております。


 続きまして、2項の小学校費でございます。1目北条小学校管理費で66万4,000円の減額でございます。需用費の水道使用料に48万3,000円、そして下水道使用料に18万1,000円を減額しております。見込みによる減額でございます。


 2目の大栄小学校管理費につきましては、87万9,000円の減額でございます。一般備品購入費といたしまして、机、いすの購入に係ります確定による減額で、87万9,000円を減額いたしております。


 続きまして、4目の北条小学校教育振興費でございます。15万3,000円の減額でございます。報償費の音楽鑑賞指導謝金15万3,000円の減額、そして次の5目の大栄小学校教育振興費では、音楽鑑賞指導謝金といたしまして25万2,000円の減額いたしております。いずれも県費で、落語「寿限無」、あるいは劇団ポプラの演劇などによります芸術鑑賞の事業採択によりまして、それの減額でございます。


 続きまして、27ページ、中学校費でございます。2目の大栄中学校管理費でございます。79万4,000円の減額であります。13委託料、検便・検診・検査委託料といたしまして16万9,000円、受診者数の減による減額でございます。18、備品購入費でございます。一般備品購入費といたしまして62万5,000円の減額でございます。校旗の購入を平成21年度に合併支援交付金を充当いたしまして購入するため、それに伴う減額でございます。


 続きまして、3目の中学校教育振興費、共通でございますが、18万6,000円の減額でございます。生徒派遣費の補助金ということで18万6,000円の減額でございます。事業の確定による減額でございます。


 続きまして、4目の北条中学校教育振興費46万9,000円の減額でございます。それとあわせまして5目の大栄中学校教育振興費の70万3,000円の減額ですが、どちらもバスの借り上げ料として、それぞれ北条中学校でありますれば46万9,000円、そして大栄中学校であれば70万3,000円の減額をいたしております。町バス利用の推進を図ってまいりまして、それにより確定によりますところの減額でございます。


 続きまして、4項の幼稚園費でございます。2目の幼稚園運営費といたしまして118万2,000円の減額でございます。3節の職員手当等ということで35万4,000円、臨時補佐員の六月分の見込みによる減額でございます。7節の賃金、臨時職員の賃金、これもあわせて6カ月分の見込みによる、確定による減額です。続きまして、12節の役務費ですが、児童通学費9万6,000円の減額でございます。通学利用者の減少によります減額でございます。次はぐっていただきまして28ページでございますが、19節の負担金、補助及び交付金で園児の給食費負担金1万7,000円を追加いたしております。1月より1名入園されました。そのことによる増額でございます。これによりまして現在35名の園児でございます。


 続きまして、29ページの下の方をごらんをいただきたいと思いますが、6項の保健体育費でございます。12目の学校給食費でございます。431万9,000円の減額でございます。7節の賃金339万7,000円ということで、両給食センターにおきます臨時調理員あるいは代替調理員賃金及び手当等の見込みによる減額でございます。続きまして、11節の需用費で光熱水費47万4,000円の減額でございます。北条学校給食センターでの下水道なり水道、そしてガス料金等の見込みによる減額でございます。


 続きまして、はぐっていただきまして30ページでございます。委託料でございますが、生ごみの処理委託料ということで44万8,000円の減額をいたしております。大栄学校給食センターにおきますところの生ごみの処理ということで、確定による減額でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼) 中央公民館長(池田 康守君)生涯学習課、中央公民館、図書館の関係について御説明をいたします。


 28ページでございます。9款教育費、5項社会教育費、1目の社会教育総務費につきましては、人件費でございますので省略します。


 2目青少年地域活動費、これにつきましては4,000円の減額でございます。消耗品でございます。事業完了によるものでございます。


 4目成人式費でございます。補正額16万5,000円の減額でございます。事業完了によるものでございます。


 5目公民館費41万円の減額でございます。人件費等の関係と、事業完了及び今後の見込みによる減額でございます。


 6目図書館費48万6,000円の減額でございます。1節の報酬でございます。館長、5月7日付の発令でございましたので、差額の減額処理をしたものでございます。


 10目の歴史民俗資料館費でございます。27万円の減額でございますが、これも事業完了と今後の見込みによるものでございます。


 続きまして、9款教育費、6項保健体育費、1目の保健体育総務費でございます。16万9,000円の減額でございます。1節の報酬でございますが、30人の体育指導委員のうち、1名が6カ月欠になっておりますので、その額2万3,000円の減でございます。続きまして、8節の報償費でございます。体育功労者等の表彰を行ったところでございますが、予定よりかも対象者が少なかったということでの減額でございます。9節の旅費についてでございます。これは費用弁償でございまして、体育指導員の研修等が終わったところでございまして、実績による減でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 杉川人権同和教育課長。


○人権同和教育課長(杉川 弘行君) 人権同和教育課関係について御説明いたします。


 まず、21ページをお開きください。3款民生費、1目同和対策総務費でございます。10万4,000円の減額でございます。これにつきましては人件費の調整でございます。


 次に、29ページをごらんいただきたいと思います。29ページです。9款教育費の7目同和教育費でございます。補正額は222万4,000円の減額でございます。この減額につきましては、見込みによる減額であります。節欄をごらんいただきたいと思います。まず、8節報償費としまして61万6,000円の減額であります。人権同和教育推進指導員会議報償費から小中学校地区進出活動報償費まで、すべてが事業完了による減額であります。次に、19節負担金、補助及び交付金でございます。同和対策進学奨励金といたしまして160万8,000円の減額であります。これにつきましては、所得制限で対象にならなかった方と、見込みによる減額であります。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 特別会計に入ります。


 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) そうしますと、議案第20号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第4号)の説明をいたします。


 今回の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,660万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ17億3,992万4,000円とするものでございます。


 1ページから3ページにつきましては、一般会計と同様に説明を省略させていただきます。


 歳出から御説明をいたしますので、7ページをごらんいただきたいと思います。1款1項1目一般管理費、13節委託料、補正額40万7,000円の増額、これはレセプト件数の当初見込みより多く見込まれたために、国保連に委託しています共同電算委託料に3万9,000円、高齢者医療制度円滑導入事業に伴いますシステム改修に36万8,000円の委託料でございます。19節負担金、補助及び交付金、補正額5,000円の減額、負担金が不要となったものでございます。


 2目の連合会負担金、19節負担金、補助及び交付金、補正額9万4,000円の減額、交通事故等第三者行為の求償事務負担金の額の確定による減額でございます。


 2項1目賦課徴収費、11節の需用費、補正額5万4,000円の増額、国保税の特別徴収と口座振替の選択制実施におきますダイレクトメールの送付対象者のあて名シール印刷費でございます。19節負担金、補助及び交付金、補正額10万1,000円の減額、納税組合運営費補助金の額の確定による減額でございます。


 2款1項3目一般被保険者療養費、19節負担金、補助及び交付金、補正額24万8,000円の増額、補装具の療養費が不足するため増額するものでございます。


 2項1目一般被保険者高額療養費、19節の負担金、補助及び交付金、補正額1,820万2,000円の増額、今後の見込みにより増額するものでございます。


 3款1項1目後期高齢者支援金、19節負担金、補助及び交付金、補正額110万円の減額及び2目の後期高齢者関係事務費拠出金、19節負担金、補助及び交付金、補正額4万4,000円の減額、また、4款1項2目前期高齢者関係事務費拠出金、19節負担金、補助及び交付金、補正額4万4,000円の減額につきましては、いずれも額の確定によるものでございます。


 7款1項1目高額医療費拠出金、19節負担金、補助及び交付金、補正額628万9,000円の減額及び2目の保険財政共同安定化事業拠出金、19節負担金、補助及び交付金、補正額1,662万2,000円の減額につきましては、いずれも額の確定によるものでございます。


 8款1項1目特定健康診査等事業費、13節の委託料、補正額121万4,000円の減額、特定健診に係る自己負担分を健診委託機関で徴収いたしまして、差し引き分を委託料として請求することになったために減額するものでございます。


 11款1項1目予備費補正額1,000万円の減額でございます。


 次に、歳入の説明をいたしますので、4ページをごらんいただきたいと思います。歳入の説明をいたします。1款の国民健康保険税、補正額1,045万2,000円の増額でございます。それぞれ精査し、調定額の1目一般被保険者国民健康保険税につきましては、調定額の97%でもって精査いたしまして198万9,000円の増額でございます。


 2目退職被保険者等国民健康保険税につきましては、調定額の99%でもって精査いたしまして846万3,000円の増額でございます。


 以下、2款国庫支出金、5款の県支出金につきましては、所定の率で予算計上をさせていただきました。


 3款の療養給付費等交付金、6款の共同事業交付金につきましては、額の確定によるもので予算計上をさせていただきました。


 8款1項1目一般会計繰入金、補正額11万5,000円の減額でございます。内訳といたしまして、保険基盤安定繰入金は額の確定によるもので1,742万7,000円の減額、職員給与費等繰入金は一般管理費、事務費等の繰入金によるもので550万7,000円の増額、その他一般会計繰入金につきましては、保険財政共同安定化事業の拠出金に対する交付金の不足などによりまして1,180万5,000円の増額を予算計上させていただきました。


 2項1目財政調整基金繰入金、補正額2,892万2,000円の増額、高額療養費など保険給付費の増、国庫負担金の減などから歳入の不足となりまして、財政調整基金から繰り入れするものでございます。


 10款4項5目雑入、補正額121万4,000円の減額、特定健診に係る自己負担分を検査委託機関で徴収したために不要となり、減額するものでございます。以上で説明を終わります。


 次に、議案第21号、平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第3号)の説明をいたします。


 今回の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,654万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億7万7,000円とするものでございます。


 1、2ページにつきましては、説明を省略させていただきます。


 歳出から説明をいたしますので、8ページをごらんいただきたいと思います。1款1項1目一般管理費、補正額62万7,000円の減額は、要介護認定調査員の賃金を、調査件数が当初より見込みが少なくなったため、58万1,000円減額をいたしたものでございます。また、各種委員会の開催の不用額などによりまして4万6,000円減額いたしております。


 2目の地域包括支援センター運営費、補正額6万1,000円の減額は、予定いたしました研修会等の開催の減によるものでございます。


 4目の要介護認定モデル事業費、補正額20万2,000円は、当初3項の1目介護認定審査会費で支出計上いたしておりましたが、委託料として予算組み替えを行ったものでございます。


 5目の介護報酬改定システム改修事業費、補正額115万5,000円の増額は、平成21年4月実施の介護報酬改定に伴いますシステム改修に係る費用でございます。


 3項1目介護認定審査会費、補正額20万2,000円の減額は、先ほど説明いたしました4目の要介護認定モデル事業費の委託料との予算組み替えでございます。


 9ページでございます。2款1項1目介護サービス等諸費、補正額1,062万3,000円の増額につきましては、今年度の給付見込み額を算定いたしまして、予算の不足が生ずることが予測されるために増額したものでございます。居宅介護サービス給付費で374万6,000円、居宅介護サービス計画給付費で18万9,000円、地域密着型介護サービス給付費で668万8,000円の増額でございます。


 2項1目介護予防サービス等諸費、補正額673万4,000円の増額は、同様に予算の不足が見込まれますので増額補正するもので、介護予防サービス給付費で571万8,000円の増額、地域密着型介護予防サービス給付費で44万4,000円の増額、介護予防サービス計画給付費で57万2,000円の増額でございます。


 3項1目審査支払手数料、補正額5万1,000円の増額、これにつきましても実績を勘案いたしまして増額するものでございます。


 4項1目高額介護サービス費、補正額76万2,000円の増額、これにつきましても同様に増額補正でございます。


 10ページでございます。5項2目特定入所者介護予防サービス費、補正額18万円の減額は、実績を勘案いたしたものでございます。


 4款1項1目介護予防特定高齢者施策事業費、補正額109万7,000円の減額は、主に介護予防事業の開催数が当初見込みより減少する見込みとなるため、委託料を減額したものでございます。また、生活機能評価事業も当初見込みより対象者が減となると見込んだため、減額補正するものでございます。


 2目の介護予防一般高齢者施策事業費、補正額97万7,000円の減額につきましては、講演会あるいは研修会などの開催数、介護予防事業の実施回数が当初見込みより減となったもの、こういった関係で減額補正するものでございます。


 2項の1目任意事業費、補正額18万6,000円の減額は、在宅の要介護4、5の方を介護する場合、非課税世帯を対象に介護用品を支給する事業でございますけども、当初見込みより減となったために減額するものでございます。


 7款1項1目介護従事者処遇改善臨時特例基金積立金、補正額1,035万8,000円の増額につきましては、平成21年4月より介護従事者の処遇改善を目的として実施される介護報酬改定に伴い、介護保険料の上昇分を抑制するため必要な経費として基金を創設するために増額補正を行うものでございます。


 次に、歳入の説明をいたしますので、5ページをごらんいただきたいと思います。1款の1項1目第1号被保険者保険料、1節現年度特別徴収保険料、補正額123万3,000円の減額、2節現年度分普通徴収保険料、補正額113万3,000円の増額は、特別徴収対象見込み者が減少し、普通徴収対象見込み者が増加したための補正でございます。


 3款1項国庫負担金、2項国庫補助金の1目から2目、3目、6ページの4款支払基金交付金、5款県支出金の1項、2項、さらに7ページの6款繰入金、1項一般会計繰入金の1目から3目につきましては、介護サービス給付費の増額及び地域支援事業費の減額などに伴いまして、負担割合に応じた金額をそれぞれ予算計上いたしております。


 5ページの3款2項4目の事務費補助金、補正額31万1,000円は、当初見込んでおりました要介護認定モデル事業の補助対象割合が減少したことによるもので、26万6,000円の減額と、このたびの介護報酬改定に係るシステム改修費の補助額として57万7,000円、合わせて合計31万1,000円の増額補正でございます。


 5目の介護従事者処遇改善臨時特例交付金は、先ほど11ページの歳出の7款基金積立金で説明させていただいたとおりでございますが、一度国から交付されたものを基金として繰り出す予定となっております。6ページの5款3項1目財政安定化基金交付金につきましては、第3期の事業期間の最終年度となる本年度に、保険料の収納額が当初計画より低下した場合に借入金とは別に交付されるものでございます。


 7ページの6款1項4目一般会計繰入金、補正額52万7,000円の増額につきましては、介護報酬改定に伴うシステム改修に係る費用を負担割合に応じて算出した金額を一般財源分として増額するものでございます。


 8款2項1目雑入、補正額11万2,000円の減額につきましては、介護予防事業の利用者が当初見込みより減となるため補正したものでございます。


 9款の1項1目介護保険会計借入金、補正額284万6,000円の減額につきましては、介護保険給付費の増加に伴いまして、この財源となります第1号被保険者介護保険料の収納が今年度1,045万9,000円不足すると見込まれるため、県の財政安定化基金から無利子で借り入れを行い、これに対応するものでございます。この借り入れた金額は、平成21年度から23年度までの3年間で返済するもので、その財源は、第1号被保険者保険料となります。また、介護保険料不足分には、6ページの5款県支出金、3項財政安定化基金交付金で説明いたしました交付金額を加えますと、1,496万6,000円となります。


 3ページに返っていただきまして、この起債について御説明をいたします。第2表、地方債でございます。起債の目的が財政安定化基金貸付金でございまして、当初限度額が1,330万5,000円で計画いたしておりましたが、先ほど説明いたしましたとおりで1,045万9,000円の変更となります。起債の方法は証書借入、利率は無利子、償還の方法は償還期限6年以内、うち据え置き3年以内、元金均等償還でございます。以上で説明を終わります。


 次に、議案第22号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第4号)の説明をいたします。


 今回の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ540万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億9,593万6,000円とするものでございます。


 1ページから2ページにつきましては省略をさせていただきます。


 歳出から御説明をいたしますので、4ページをごらんいただきたいと思います。歳出の説明をいたします。1款1項1目医療給付費、補正額540万円の減額、医療給付費が当初見込みより減少する見込みでございますので、減額補正したものでございます。


 次に、歳入の説明をいたします。3ページをごらんいただきたいと思います。1款支払基金交付金、2款、3款、4款の繰入金につきましては、それぞれ定められました負担割合に応じて計上いたしているところでございます。


 5款1項の2目返納金、補正額250万円の増額、過年度分の医療費過誤によります返納金でございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 杉川人権同和教育課長。


○人権同和教育課長(杉川 弘行君) 議案第23号、平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)を説明いたします。


 平成20年度北栄町の住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ146万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,224万2,000円と定める。以下は省略させていただきます。


 1ページ、2ページにつきましては省略させていただきまして、4ページ、一番最後のページをごらんいただきたいと思います。3の歳出から説明いたします。まず、1款資金貸付事業費、1目住宅新築資金等貸付事業費といたしまして、補正額307万円の減額でございます。これにつきましては、借受人並びに連帯保証人の2名が自己破産により回収不能となった貸付金を、県の償還推進助成補助金制度を活用して回収不能分に充てるものでございますが、当初予算時にこの補助金と貸付元利収入、それぞれ予算化していたため、これに対応するため一般会計繰出金300万5,000円を減額するものでございます。節についてはごらんいただき、説明は省略させていただきます。


 次に、2款諸支出金、1目住宅新築資金等貸付事業基金費といたしまして、補正額1,000円でございます。これにつきましては、基金の利子を積み立てるものでございます。


 次に、3款公債費、1目元金といたしまして、補正額160万2,000円の増額でございます。これは借受人が昨年の12月に全額繰り上げ償還をされたためのものでございます。


 次に、歳入を御説明いたします。1ページ返っていただきまして3ページをごらんください。2、歳入。1款県支出金、1目住宅新築資金等貸付助成事業費県補助金でございますが、補正額6万7,000円の減額でございます。これは回収事務費に係る県補助金の減額であります。


 次に、2款財産収入、1目利子及び配当金といたしまして、補正額1,000円でございます。これは基金の利子が総額7万8,132円となり、1,000円を増額するものでございます。


 次に、3款繰入金、1目基金繰入金といたしまして、補正額14万2,000円の増額でございます。これにつきましては、繰り上げ償還によるものと、回収不能となり県の補助制度を活用したものによるものでございます。


 次に、4款諸収入、1目住宅新築資金等貸付金元利収入といたしまして、補正額154万3,000円の減額でございます。これにつきましても、先ほど申し上げました繰入金で御説明申し上げましたとおり繰り上げ償還によるものと、回収不能となり県の補助制度を活用したものの減額であります。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 議案第24号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第4号)につきまして御説明申し上げます。


 補正予算書4号をごらんいただきたいと思います。平成20年度北栄町の下水道事業特別会計補正予算(第4号)は、次に定めるところによるでございます。第1条でございますが、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,426万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ18億9,570万8,000円といたすものでございます。以下につきましてはごらんいただき、読み上げは省略させていただきます。


 次はぐっていただきまして1ページの第1表、歳入歳出予算補正につきましても省略させていただきまして、2ページの第2表、繰越明許費から御説明申し上げます。1款1項の下水道費につきまして、天神川流域下水道事業の繰り越しに伴います地元負担金の繰越額として、流域下水道建設負担金事業、補助分でございますが、26万3,000円を繰越明許費として設定いたしたものでございます。


 続きまして、3ページの地方債補正でございますが、事業費の確定に伴いまして、起債限度額を1,430万円減額いたしまして3億7,970万円といたすものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては、当初と変わりございませんので説明は省略させていただきます。


 続きまして、4ページの歳入歳出補正予算事項別明細書につきまして御説明申し上げます。1の総括につきましては省略させていただきまして、5ページの2、歳入でございます。事業費の確定により、一般会計繰入金を1,996万3,000円減額いたしました。


 また、6款1項町債の下水道事業債につきましても1,430万円を減額計上いたしました。


 続きまして、6ページの3、歳出でございます。初めに、1款1項1目下水道総務費に補正額20万円減額いたしました。これは水洗便所改造資金利子補助金の利用者の確定によるものでございます。


 次に、2目天神処理区下水道維持管理費に補正額181万円を減額計上いたしました。これは年間の汚水流出量の減少による見込みでございます。


 次に、4目大栄処理区下水道維持管理費に補正額202万円の減額でございます。これは維持管理業務、マンホールポンプ分解整備などの委託料の額の確定分でございます。


 次に、5目下水道管理センター維持管理費に補正額193万円減額いたしました。これは処理場の維持管理業務委託料の額の確定によるものでございます。


 次に、6目浄化センター維持管理費に補正額643万円減額いたしました。11節需用費100万円の減額でございますが、これは汚泥処理に必要な高分子凝集剤などの薬品費の見込みによる減額でございます。また、13節の委託料543万円の減額でございますが、維持管理業務委託料の確定と汚泥処理委託料の見込みによるものでございます。


 次に、8目公共下水道費に補正額1,430万7,000円を減額計上いたしました。これは測量設計委託料と工事請負費の入札差金などによるものでございます。


 次に、2款1項公債費の2目利子として756万6,000円減額しております。これは借入額の確定によるものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 別本環境政策課長。


○環境政策課長(別本 勝美君) 議案第25号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第2号)について説明させていただきます。


 平成20年度北栄町の風力発電事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条、既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ5,822万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ2億5,133万5,000円と定める。以下、省略させていただきます。


 1ページ、第1表、歳入歳出予算の補正は省略をさせていただきます。2ページ、歳入歳出補正予算事項別明細書、総括も省略させていただきます。


 3ページから説明をさせていただきます。2、歳入。1款売電収入、1項売電収入、1目売電収入、補正額2,222万8,000円の減額でございます。1月までの実績と、2月の予想を90%といたしまして減額でございます。


 3款諸収入、1項雑入、1目雑入3,599万8,000円の減額でございます。建物共済金で3,600万円の減額、該当工事がなかったためでございます。それと雷データ取得電気使用料金といたしまして2,000円の増額でございます。私どもの風力発電施設でNEDOが雷の調査をことしの1月から実施をいたしておりますので、その調査に伴います電気料金でございます。


 4ページでございます。3、歳出。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費、補正額5,822万6,000円の減額でございます。9節旅費から12節役務費は、執行残による減額でございます。15節工事請負費4,000万円の減額で、当該工事がなかったことによるものでございます。25節積立金、風力発電基金積立金1,920万円の減額でございます。収入減に伴う減額でございます。最終積立金といたしましては226万4,000円でございます。27節公課費、消費税185万4,000円の増でございます。予定納税に伴う不足分を計上させていただきました。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 議案第26号、平成20年度北栄町後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)の説明をいたします。


 今回の補正につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ333万7,000円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億4,581万3,000円とするものでございます。


 1ページについては省略させていただきます。


 2ページでございます。第2表、繰越明許費でございます。1款1項総務管理費の一般管理事業において315万円を次年度に全額繰り越しするものでございます。


 3ページにつきましては省略をさせていただきます。


 歳出から御説明をいたしますので、4ページをごらんいただきたいと思います。1款の1項1目一般管理費、補正額333万7,000円の増額、需用費に5万5,000円、役務費に13万2,000円増額計上いたしておりますが、制度見直しに伴います広報費用でございます。また、委託料に315万円増額計上しておりますが、4月1日から制度変更に伴います電算システム改修に係る費用で、次年度に全額繰り越しするものでございます。


 次に、歳入の説明をいたします。5款の諸収入、6款の国庫支出金につきましては、先ほど歳出で説明いたしました制度見直しに伴います広報費用並びに電算システム改修に係る費用が全額国費で補てんされるものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 以上で一括議題といたしました8議案の提案説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第27号 から 日程第32 議案第50号





○議長(阪本 和俊君) 日程第9、議案第27号、地方自治法第96条第2項の規定による北栄町議会の議決すべき事件に関する条例の制定についてから、日程第32、議案第50号、北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてまで、以上24議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第27号、地方自治法第96条第2項の規定による北栄町議会の議決すべき事件に関する条例の制定についてでございます。


 平成21年度を目途に倉吉市と締結を予定している定住自立圏形成協定は、本町の将来にかかわる重要事件であるため、協定締結に先立ち、あらかじめ議会の議決すべき事件として条例に定めておくものであります。


 次に、議案第28号、北栄町企業立地等を重点的に促進すべき区域における固定資産税の課税免除に関する条例の制定についてでございます。


 企業立地促進法に基づき、企業立地及び事業高度化を促進し、産業集積の形成及び活性化を図るため、地方税法の規定による固定資産税の課税免除をするものであります。なお、課税免除に伴う減収については、地方交付税等により減収分の75%が補てんされます。


 次に、議案第29号、北栄町低開発地域工業開発地区における固定資産税の課税免除に関する条例を廃止する条例の制定についてでございます。


 低開発地域工業開発促進法に基づく開発指定地区から除外されたため、条例を廃止するものであります。


 次に、議案第30号、北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定についてでございます。


 介護従事者の処遇改善により介護報酬改定が平成21年4月1日に施行されることに伴い、第1号被保険者の介護保険料上昇見込み分の2分の1相当について、国から介護従事者処遇改善臨時特例交付金が交付されることにより、財源を基金積み立てする必要があるため、条例を制定するものであります。


 次に、議案第31号、北栄町防災行政無線連絡施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 今年度実施しております音声告知・デジタル防災行政無線システム導入工事に伴い、無線施設の名称及び設置場所等の所要の改正を行うものでございます。


 次に、議案第32号、北栄町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 統計法が全部改正されたことに伴い、統計法における個人情報の適用除外の規定について改正を行うものでございます。


 次に、議案第33号、北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 国の人事院勧告に基づき、職員の勤務時間を1日15分短縮し、1日7時間45分、1週38時間45分とすることに伴い、関係条例を改正するものでございます。


 次に、議案第34号、北栄町町長等の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 町長、副町長、教育長の給料を平成21年度に限り、町長10%、副町長7%、教育長5%減じるものでございます。


 次に、議案第35号、北栄町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 職員が兼任しておりました隣保館長を地区からの推薦による選任とし、隣保館長の報酬を月16万7,000円とするものでございます。


 次に、議案第36号、北栄町隣保館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 同和対策関連事業の見直しに伴い、北条文化会館と大栄文化センターに置く各運営審議会を統一するため、所要の条例改正を行うものでございます。


 次に、議案第37号、北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 大野児童館と大栄児童館に置く各運営委員会を統一するため、所要の条例改正を行うものでございます。なお、児童館運営委員については、隣保館審議委員が兼ねることとし、隣保館と児童館の運営を審議することとしております。


 次に、議案第38号、北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 健康保険法施行令の一部改正に伴い、国民健康保険税の算定における中間所得者層の負担が過度とならないよう介護納付金課税額の賦課限度額を9万円から10万円に改正するものでございます。


 次に、議案第39号、北栄町学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 学校給食法の一部を改正する法律の施行に伴い、所要の条例改正を行うものでございます。


 次に、議案第40号、北栄町立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 北栄町版緊急生活支援事業により子育て家庭の支援を図るため、本年1月から3月までの間実施しております幼稚園保育料の1割軽減について、平成21年度においても引き続き実施するため、所要の条例改正を行うものであります。


 次に、議案第41号、北栄町中央公民館条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 北栄町中央公民館大栄分館の管理を地域住民によるNPOを指定管理者として行わせるため、所要の条例改正を行うものでございます。


 議案第42号、北栄町特別医療費助成条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 北栄町版緊急生活支援事業により本年1月から3月までの間実施しております、小・中学生等の特別医療費自己負担分の一部助成について、平成21年4月1日からも引き続き助成するものでございます。


 議案第43号、北栄町介護予防事業・介護保険地域支援事業手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 北栄町介護予防事業における生活管理指導短期宿泊事業について、委託先施設の委託料が増額となったことに伴い、手数料の増額をするものでございます。


 議案第44号、北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 第1号被保険者の介護保険料は、3年を1期とする事業期間で健全な財政運営を行うため、条例で定めております。平成12年度にスタートした介護保険制度は、今年度で第3期の事業期間を終了し、平成21年度から平成23年度までの第4期事業期間となります。既に第3期では計画量を上回る実績見込みとなっており、費用の財源となっております第1号被保険者保険料も不足を生じる見込みとなることから、今年度、基金からの借り入れを予定しております。現状では、要介護認定者の増加に伴い、利用量も増加し介護給付費も年々増加している状況で、法で定められた介護給付費の第1号被保険者負担割合も平成21年度より1%増加いたしますし、介護報酬の上昇により介護給付費の上昇も予測されます。


 本町では、介護保険料の低所得者の負担軽減対策として、国の基準である6段階から7段階に広げております。これは、基準段階となる第4段階に新たな段階を設けることで低所得者に配慮した設定としたものでございます。こうした状況を踏まえ、第4期の事業費等を推計し、介護保険料改正を行うものでございます。なお、介護保険料の改定に当たり、北栄町介護保険事業計画、高齢者保健福祉計画策定委員会の審議を経ていることを申し添えておきます。


 次に、議案第45号、北栄町健康福祉センター等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 健康福祉センター2施設に係る利用料は、現在、午前、午後、夜間の区分により利用者から徴収しておりますが、利用者の利便性を図るため、利用の実態にあわせ、区分を時間単位とするものでございます。


 次に、議案第46号、北栄町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第47号、北栄町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 平成19年度の不動産鑑定により全国の土地価格が見直しされ、国、県において国・県道の道路占用料等が改正されたことに伴い、本町における道路占用料等を見直すものでございます。


 次に、議案第48号、北栄町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定について及び議案第49号、北栄町農業集落排水施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について並びに議案第50号、北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 一般財源への依存が高い下水道経営の健全化を進めるため、昨年下水道使用料審議会に諮問し、独立採算制の原則のもと、公平で適正な負担について慎重審議を重ねていただきました。現在の使用料金は、合併時に統一されたものの、平成16年度に改正されてから現在まで5年間にわたり据え置きで運営してまいりましたが、今回、審議会からの答申を尊重するとともに、今後の財政見通しなどを勘案し、下水道使用料の基本料金及び超過料金を平均13%増に改定するものでございます。


 なお、議案第49号及び議案第50号につきましては、公共下水道と同様に生活排水処理を目的として設置された施設であり、同一行政区域内においては同一料金であることが望ましく、公共下水道使用料を基準として料金体系を統一するため、必要な改正を行うものでございます。


 以上24議案、詳細につきましては、担当課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、議案第27号の詳細について御説明を申し上げます。


 議案集の1ページと2ページをお開き願いたいと思います。このほど倉吉市は、本町を含めた中部地区4町とともに、人口定住のために必要な生活機能の確保に向けて役割分担し、連携していくことを目的に定住自立圏構想を推進する取り組みを行うため、国の先行実施団体の指定を受けました。生活機能の強化、結びつきやネットワークの強化、圏域マネジメント能力の強化の3つの視点から、今後連携できるさまざまな取り組みについて、周辺4町と協議しながら、合意できる項目について倉吉市対1町ごとに定住自立圏形成協定を締結し、その締結により形成された定住自立圏域全体の将来像や各協定に基づき推進する具体的取り組みを明記した定住自立圏共生ビジョンを策定することになりました。その共生ビジョンが策定された以降、中心地である倉吉市と協定締結町は、目的遂行のため、そのビジョンにより、ともに行動していくこととなりました。つきましては、この構想を進めるため、まず、定住自立圏域を確定する必要があり、手続上、具体的取り組みを明記した共生ビジョンの策定前に、まず協定締結を先行することとなりました。


 その協定ですが、国の定住自立圏構想推進要綱では、議会の議決を経て定めることとなっており、ここに地方自治法第96条第2項の規定により、議決事件条例を制定するものであります。


 第1条は、条例の趣旨を掲げております。第2条第1項第1号で、その議決すべき事件として定住自立圏形成協定の締結、変更または廃止を掲げております。


 附則として、この条例は、公布の日から施行いたします。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) それでは、議案28号の説明を申し上げます。


 3ページ、4ページとなりますが、新しく企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づき、条例で課税免除制度を制定し、地域経済が自立発展していくことを目的として企業立地を促進するものです。


 内容は、以前課税免除を適用しておりました北栄町低開発地域工業開発地区における固定資産税の課税免除と同様のものでございます。ただ、以前は製造業のみが対象となっておりましたが、幅広い企業か対象となることとなりました。新たに固定資産税を課する年度から3年度分を課税免除するものでございます。町長提案でも説明がありましたが、課税免除によって減収となったものは、独自の施策を展開することによって地方交付税等の支援措置があり、75%の減収補てんが講じられております。


 それでは、条例の制定を、4ページをごらんいただきたいと思いますが、目的は、先ほども説明いたしましたとおりでございます。


 2条につき、課税免除というところですが、法第9条第1項に規定する同意集積区域内、これは北栄町全域という区域に該当しております。法第5条第5項の規定による産業集積の形成または産業集積の活性化に関する基本的な計画の同意の日から起算して5年以内に、法第15条第2項に規定する承認企業立地計画に従って企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第20条の地方公共団体等を定める省令第3条に規定する対象施設を設置した者に対し、当該対象施設の用に供する家屋もしくは構築物またはこれらの敷地である土地について、新たに固定資産税を課することになった年度から3年度分に限り、固定資産税を課さないということです。


 課税免除の届け出は、第3条、前条の規定の適用を受けようとする者は、当該年度の初日の属する年の1月1日現在における当該固定資産について、届け出書を同月31日までに町長に提出しなければならない。(1)所有者の住所及び氏名または名称、(2)当該固定資産の所在地、取得価額及び取得年月日、(3)その他参考事項としております。


 2項は、町長は、前項の届け出があった場合において必要があると認めるときは、当該届け出に係る事項について調査することができる。


 次に、4条、5条ということがありますが、ここは省略させていただきます。


 委任として6条、この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。


 附則ですが、この条例は、公布の日から施行するということです。28号は以上です。


 続いて、議案第29号、北栄町低開発地域工業開発地区における固定資産税の課税免除に関する条例を廃止する条例の制定についてですが、提案理由にありましたとおりで低開発地域工業開発促進法に基づく開発指定地区から除外されたということで、廃止をするものです。


 附則として、この条例は、公布の日から施行する。以上で説明は終わります。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 議案第30号、北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について説明をいたします。


 議案書の8ページでございますけども、ごらんいただきたいと思います。今回の条例制定の趣旨につきましては、先ほど町長が提案理由で申し上げましたが、介護従事者の処遇改善のため、3%増加の介護報酬改定が平成21年4月1日より施行されることになりました。これに伴いまして介護給付費は上昇し、その財源となります第1号被保険者介護保険料も上昇が予測されるところでございます。この上昇分の半額相当分を国の介護従事者処遇改善臨時特例交付金で補うことになり、北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定をするものでございます。


 内容につきましては、設置の目的、第1条でございますが、介護従事者の処遇改善を図るという平成21年度の介護報酬の改定の趣旨等にかんがみ、当該改定に伴う介護保険料の急激な上昇を抑制するため、北栄町介護従事者処遇改善臨時特例基金を設置する。


 基金の額でございますけども、第2条、基金として積み立てる額は、北栄町が交付を受ける介護従事者処遇改善臨時特例交付金の額とする。


 管理につきましては説明を省略させていただきます。


 運用益金の処理でございますけども、第4条、基金の運用から生ずる利益は、介護保険事業特別会計歳入歳出予算に計上して、この基金に編入するものとする。


 第5条につきましても省略をさせていただきます。


 処分でございます。第6条、基金は、次の各号に掲げる場合に限り、これを処分することができる。1号でございますけども、北栄町が行う介護保険に係る第1号被保険者の介護保険料について、平成21年4月施行の介護報酬の改定に伴う増加額を軽減するための財源に充てる場合。2号におきましては、前号の介護保険料の軽減に係る広報啓発、介護保険料の賦課・徴収に係る電算処理システムの整備に要する費用、その他当該軽減措置の円滑な実施のための準備経費等の財源に充てる場合でございます。


 委任につきましては省略させていただきます。


 附則でございますけども、施行期日につきましては、1、この条例は、公布の日から施行と、2につきましては、この条例は、平成24年3月31日に限り、その効力を失うものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、議案31号の説明をいたします。


 今回の一部改正は、現在施工しております音声告知・デジタル防災行政無線システム導入工事に伴い、所要の改正を行うものでございます。


 11ページをお開きください。ここに改正前、改正後で比較をしておりますが、改正後の方で御説明をいたします。第2条、電波法の趣旨にのっとり、従前の設置目的に住民の安全確保を加えております。さらに、無線施設を別表に改めております。別表は議案集の12ページから14ページにわたっております。


 主な改正点は、無線局の遠隔制御局、これを発信子局とも申しますが、従前の2カ所から北条庁舎1カ所とし、また、新たに中継局を蜘ケ家山の山頂に新設をいたしました。さらに受信局として屋外拡声子局を、従前の10カ所、これは旧大栄地区にございましたが、10カ所から31カ所としたものでございます。


 第3条でございますが、12ページでございます。無線施設の業務を規定したものでございますが、従前より、より具体的に規定するものでございまして、第1号と第2号は地域住民の生命、財産の保全等、防災に関する事項でございます。3号と4号は行政広報に関する事項、第5号はその他町長が必要と認めた事項でございます。


 第4条でございますが、業務区域は、改正前の旧大栄地区全域から、改正後は町全域ということでございます。


 附則として、この条例は、公布の日から施行いたします。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 議案第32号、北栄町個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について説明を申し上げます。


 この一部改正につきましては、統計法に基づきまして統計調査に係る個人情報の取り扱いについて、条例第36条の規定により、この条例の適用除外について規定をしておりますけども、今回、統計法が全部改正されましたので、それとあと統計報告調整法の廃止もございまして、これに伴います条例の一部改正でございます。


 16ページをごらんいただきたいと思いますけども、改正後、改正前の表をつけております。下線を引いた部分が改正を行う部分でございます。まず最初に、適用除外で第36条でございますけども、第1号で統計法第2条に規定する指定統計を作成するために集められた個人情報というものを、改正後で統計法第2条第6項に規定する基幹統計調査及び同条第7項に規定する一般統計調査に係る調査票情報に含まれる個人情報その他の同法第52条第1項に規定する個人情報に改めます。


 それから、2号でございますけども、統計法第8条という部分と、その1行あけた一番下ですけども、より集められたという部分を、改正後では第24条、それと、係る調査票情報に含まれると文言を改正をいたします。これは新統計法の条文に合わせた整理をするものでございます。


 次に、第3号として、「統計報告調整法の規定により」という改正前の下線を引いた部分は、統計調査法の廃止によりまして削除をするものでございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行する。以上でございます。


 次に、議案第33号で北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例等の一部を改正する条例の制定についての御説明を申し上げます。


 この条例は、人事院勧告によりまして職員の勤務時間を、現行、1日8時間、1週40時間とありましたものを、改正後、1日7時間45分、1週間で38時間45分に改正をするものでございます。これに伴いまして、北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例、それから北栄町職員の育児休業等に関する条例、それと職員の給与に関する条例、この3つを条例改正をするものでございます。


 まず、18ページの北栄町職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正でございます。改正後、改正前で表をつくっておりまして、下線を引いた部分の改正を行います。少しちょっと見ていただきますと、ごちゃごちゃした改正になっておりますが、1つずつ説明をさせていただきたいというふうに思います。


 まず、1週間の勤務時間でございますけども、改正前の第2条で職員の勤務時間を1週間当たり40時間から、改正後におきましては38時間45分とするものでございます。


 次に、第3項でございますけども、この中で、この規定では再任用短時間勤務職員の勤務時間を1週間当たり16時間から32時間までの範囲というものを、改正後で15時間30分から31時間までの範囲と改めるとするものでございますけども、職員の勤務体制は、まず、一般職で普通の勤務をする職員と、それからここに掲げております再任用短時間勤務職員、これは定年退職によりまして1年を超えない範囲で再任用された職員という職員でございます。この職員の場合には、改正前でこのような勤務体制になっておりましたけども、改正後で先ほど申し上げましたような時間に改正をしていくものでございます。


 それから、次に第4項でございますけども、ここでは任期付短時間勤務職員の勤務について規定をいたしたものでございます。この職員は、育児短時間勤務職員、これは正職員なんですけども、新しく育児をするのに短時間勤務をして育児を並行して行っていく職員の規定でございますけども、この職員が休む場合、休暇をとる場合に、その穴埋めとして職員を雇うことができるという規定がございまして、そういう職員でございます。この職員の勤務時間を1週間当たり32時間までというふうに改正前では規定をいたしておりますけども、これを31時間までの範囲内というふうに改めるものでございます。


 それから、次に第3条でございますけども、週休日及び勤務時間の割振りでございます。第3条で、月曜日から金曜日までの5日間において、1日につき8時間の勤務時間を割り振るものとするというものでございますが、これを改正後で1日につき7時間45分の勤務にというふうに改めるものでございます。


 次のページをごらんをいただきたいと思います。次に、育児短時間勤務職員等についてということで、上から最初のただし書きのところに入っていきますけども、1日につき8時間を超えない範囲というものを、改正後では7時間45分を超えないという範囲といたします。育児短時間勤務職員といいますのは、先ほど申し上げましたけども、育児のために定められた勤務パターンで勤務する職員でございます。またこの部分については次の条例改正の方で出てきます。ということで、この部分を改正をいたします。


 また、同じ3条の中で再任用短時間勤務職員及び任期付短時間勤務職員については、1日8時間を、改正後では7時間45分というふうに改めるものでございます。


 次に、第5条ですけども、週休日の振替等でございます。第5条では、規定によりまして週休日とされた日において特に勤務することを命ずる必要がある場合には、週休日を変更して割り振る場合がありますが、改正前では、4時間を当該勤務日に割り振ることをやめて当該4時間の勤務時間を勤務することが必要である日に割り振ることができると規定をしておりますけども、これを改正後では、始業の時刻から連続し、または終業の時刻まで連続する3時間45分または4時間の勤務を当該勤務に割り振ることはやめてというふうに改めるものでございます。


 次に、育児または介護を行う職員の深夜勤務及び時間外勤務の制限でございます。第10条でございますけども、小学校就学の始期に達するまでの子のある職員の規定でございますが、一月について24時間、これは次のページ、20ページの下の方に下線を引いてある部分でございます。24時間、150時間の部分でございますけども、一月について24時間、1年について150時間を超えて勤務をさせてはならないという部分を、一月について23時間15分、1年について145時間20分を超えてに改めるものでございます。なお、この条例は、先ほど申し上げましたように時間短縮になったために、それぞれの勤務体系にあわせた職員の時間を改正をするものでございます。


 次に、北栄町職員の育児休業等に関する条例の一部改正でございます。これにつきましては、育児休業の職員の勤務時間について改正をしていくというものでございますけども、育児休業法第10条第1項第5号の条例で定める勤務の形態、その中の第11条第1項の第1号、下の部分になりますけども、4週ごとの期間につき8日以上を週休日として、当該期間につき1週間当たりの勤務時間が、下線を引いた部分ですが、改正前で、20時間、24時間、25時間となるよう勤務すること。これは現在この育児休業法で定められております勤務時間でございます。3つのパターンがあります。これを19時間25分、それから19時間35分、それとあと23時間15分または24時間35分と改めるものでございます。


 次のページをごらんをいただきたいと思いますけども、次に第2号でございますけども、この第2号では4週間を超えない場合の規定でございますけども、改正前で下線を引いた部分ですが、20時間、24時間または25時間とあるのを、改正後で19時間25分、19時間35分、23時間15分または24時間35分というふうに改めるものでございます。


 次に、北栄町職員の給与に関する条例の一部改正でございます。これにつきましても、時間が15分勤務時間が短縮されたことによりまして時間外手当の計算方法、あるいはその他夜間勤務手当等の計算方法が変わってきたために、一部改正を行うものでございます。


 第15条の第2項でございますけども、育児短時間勤務職員、再任用短時間勤務職員及び任期付短時間勤務職員につきましては、勤務時間が、真ん中辺にありますけども、改正前で8時間に達するまでと規定しておりますけども、これを7時間45分に達するまでに改正をいたします。


 次に、夜間勤務手当でございますけども、これにつきましては、正規の勤務時間として10時から翌日の5時までのいわゆる夜間勤務に対する規定の改正でございます。次のページをごらんをいただきたいと思いますけども、次条第2項にを第18条2項にと改正をするものでございます。


 次に、端数計算でございますが、第17条の2の規定を新たに設けるものでございます。これまでは8時間という時間で、分まで出ておりませんでしたけども、今回、7時間45分ということで、勤務時間が分の部分まで単位が出てまいります。この部分で、1時間当たりの給与額を計算しますと、規定の方法により計算をいたしますと端数が生じてくるというものでございます。第17条の2の下の方、下から4行目の辺をごらんをいただきたいと思いますけども、当該額に、50銭未満の端数を生じたときはこれを切り捨て、50銭以上1円未満の端数を生じたときはこれを1円に切り上げるものとするというものでございます。


 次に、勤務1時間当たりの給与額の算出で、第18条でございますけども、これにつきましても、1時間当たりの給与の算定方法が勤務時間の短縮によって変わってくるものでありまして、下線を引いた部分をごらんをいただきたいと思いますけども、8時間に18を乗じたものを、改正後では時間数から465分に18を乗じて60で除して得た時間数とするということで、これも一たん分の単位に直して、あと60で除して時間単位に戻していくという操作をするというものでございます。


 それから、その下の第2項では、改正前の前3条を、改正後では第15条から第17条までにと改正をいたします。


 それから、下の方に行きまして、改正前で「及び住居手当の月額の合計額」という部分を、住居手当について削除をいたします。これまで1時間の勤務時間の算定の中に住居手当も加算をしておりましたけども、この部分を削除をいたします。それから、その下ですけども、8時間に18を乗じたものという部分を、時間数から465分に18を乗じて60で除して得た時間数というふうに改正をいたします。


 23ページをごらんいただきたいと思いますけども、附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行するというものでございます。


 なお、先ほど申し上げましたけども、勤務時間の15分短縮につきましては、これは規則にゆだねられておりまして、規則改正によりまして始業時あるいは終業時の時間変更ではなく、現在、昼休憩を0時15分から1時までとしておりますので、この部分を15分延長して、午後0時から午後1時までと改正をいたします。なお、時間短縮によりまして窓口業務などの住民サービスに影響を与えないように、十分に対応していきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。


 次に、議案第34号で北栄町町長等の給料の特例に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 25ページをごらんをいただきたいと思います。これにつきましても、改正前、改正後の表をつけております。下線の部分が改正をする部分でございます。町長及び副町長の給料の減額でございますが、第2条では、これは平成21年3月31日までの間、町長が100分の7、副町長が100分の5に相当する額を減じて得たというふうにいたしておりますが、改正後では、1年延期をいたしまして、平成22年3月31日までの間、町長が100分の10、副町長が100分の7に該当する額といたします。


 次に、第3条では、教育長の給料の減額の規定を行っております。教育長につきましては、100分の3を100分の5に改正をするものでございます。


 附則でございますけども、改正前では、この条例の失効の部分で、平成21年3月31日限りというものを、平成22年3月31日限りと改正をいたします。


 附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行する。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 暫時休憩します。(午後2時38分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午後3時00分再開)


 杉川人権同和教育課長。


○人権同和教育課長(杉川 弘行君) そうしますと、議案書の26ページから31ページまでの議案第35号から36号、37号までの議案について御説明申し上げます。


 まず、26ページをごらんいただきたいと思います。議案第35号、北栄町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 1枚はぐっていただきまして27ページをごらんいただきたいと思います。改正後と改正前を記載しております。太枠の中の下線を引いた部分の改正でございます。この改正につきましては、職員が兼任しておりました隣保館長を地区からの推薦による館長を選任するための一部改正でございます。改正前をごらんいただきたいと思います。別表第2条、第5条関係、太枠の中の隣保館長、下線の部分の月9万8,100円を、改正後は月16万7,000円に改正するものでございます。この改正前の月9万8,100円は、昨年3月までの大栄文化センターの館長の半日勤務の報酬でございます。これを1日勤務の月16万7,000円に改正するものでございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行するものでございます。


 次に、28ページをごらんください。議案第36号、北栄町隣保館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 はぐっていただきまして29ページをごらんいただきたいと思います。改正後と改正前を記載しております。下線を引いた部分の改正でございます。この改正につきましては、これまで北条文化会館と大栄文化センターの運営審議会は、それぞれの施設で審議会を開催していたものを、統一して審議していただくための一部改正でございます。改正前をごらんいただきたいと思います。運営審議会、第6条、隣保館の適正な運営を図るため、各隣保館に運営審議会を置く。この下線の「各」を改正後は削除いたします。


 第2項、審議会の委員の定数は、各隣保館15人以内とし、その任期は2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。下線の「各隣保館」を改正後は削除いたします。


 次に、審議会の役員、第7条、各審議会に会長及び副会長各1人を置き、委員の互選により選任する。この下線の「各」を改正後は削除するものでございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行するものでございます。


 次に、30ページをごらんください。議案第37号、北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 はぐっていただきまして31ページをお開きください。改正後と改正前を記載しております。下線を引いた部分の改正でございます。この改正につきましては、隣保館審議委員が児童館運営委員を兼ね、両隣保館と両児童館の運営について審議していただくための一部改正でございます。改正前をごらんいただきたいと思いますが、児童館運営委員会、第6条、児童館の適正な運営を図るため、各児童館に運営委員会を置く。下線の「各」を改正後は削除いたします。


 第2項、委員会の委員の定数は、各児童館10人以内とし、その任期は2年とする。ただし、補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。この下線の部分の各児童館10人以内を、改正後は15人以内に改正するものでございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) 議案38号、北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について説明申し上げます。


 これは平成21年2月12日に健康保険法施行令の一部を改正する政令の公布に伴い改正するものです。はぐっていただきまして33ページ、改正後、改正前の表をごらんください。変更は、課税額についてですが、4項、介護納付金課税額の限度額の改正です。9万円を超えというところですが、9万円から10万円に改正とするものです。現段階での北栄町の該当者は、41名該当があります。


 附則でございますが、施行期日、この条例は、平成21年4月1日から施行する。経過措置、改正後の北栄町国民健康保険税条例の規定は、平成21年度以後の年度分の国民健康保険税について適用し、平成20年度分までの国民健康保険税については、なお従前の例による。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 議案第39号、北栄町学校給食センターの設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 35ページをお開きいただきたいと思います。右に改正前、左に改正後を記載しています。学校給食法の改正によりまして本条例における引用条項が繰り下げとなりましたので、それに伴い現条例を改正するものでございます。改正前の下線があります第5条の2を、改正後にありましては第6条に改めるものでございます。なお、この条項は、2つ以上の義務教育諸学校の学校給食の実施に必要な施設であります。その設置条文でございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行する。


 続きまして、議案第40号、北栄町立幼稚園保育料徴収条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 提案理由にございましたとおり、緊急生活支援事業に係る子育て家庭の支援といたしまして、本年1月から3月の間におきまして負担の軽減を行ってまいりました。平成21年度におきましても引き続き幼稚園の保育料を1割軽減するために、幼稚園保育料徴収条例の一部を改正するものでございます。


 37ページをごらんをいただきたいと思います。左の改正後、右に改正前を掲げています。改正後におきまして、下線を引いてある部分を追加するものであります。平成21年度保育料の特例といたしまして、4項、平成21年4月から平成22年3月までの間における保育料の額については、第2条第1項中「月額11,000円」とあるのは「月額9,900円」とするというもので、これを追加するものでございます。


 附則。この条例は、平成21年4月1日から施行する。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼) 中央公民館長(池田 康守君)議案第41号、北栄町中央公民館条例の一部を改正する条例の制定について御説明いたします。


 39ページ、40ページをお願いいたします。本年4月から中央公民館大栄分館の管理を指定管理者にお願いすることとしておりまして、そのため適用条項を追加し、整備するものでございます。改正後、改正前、それぞれ載せております。


 第1条についてでございますが、これにつきましては、適用条項に誤りがあったための改正でございまして、改正前の第21条第1項を第24条に改めるものでございます。


 指定管理者による管理ということで、第7条を追加したものでございます。教育委員会は、地方自治法第244条の2第3項に基づき、教育委員会の指定を受けた者に、北栄町中央公民館大栄分館の管理を行わせることができるものとする。


 2項、前項の規定により、指定管理者に大栄分館の管理を行わせる場合の指定管理者が行う業務は、次に掲げる業務とする。1号、法第22条に掲げる業務。2号、大栄分館の利用許可に関する業務。3号、大栄分館の使用料の収受に関する業務。4号、大栄分館の維持管理に関する業務。40ページに移りまして、5号、その他教育委員会が特に必要と認める業務。


 第3項、第1項の規定により、指定管理者に管理を行わせる場合、第4条、第5条及び第6条中「教育委員会」とあるのは、「指定管理者」と読みかえる。


 第4項でございます。指定管理者管理の場合、別表の使用料の額は、指定管理者があらかじめ町長の承認を得て定めるものとし、その使用料は指定管理者にその収入として収受させるものとする。


 なお、第7条につきましては、繰り下げまして第8条とするものでございます。


 附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行する。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 議案第42号、北栄町特別医療費助成条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 議案書の42ページでございますけども、今回の条例改正の趣旨につきましては、北栄町版緊急生活支援事業により、本年1月から3月までの間実施しております小・中学生等の特別医療費自己負担分の一部助成につきまして、平成21年4月1日からも引き続き助成するために改正するものでございます。


 新旧対比を載せておりますけども、3条関係、6条関係、7条関係、8条関係でございますけども、これにつきましての条文の一部改正につきましては、先般の緊急生活支援事業によります附則でうたっていたものを条文化したものでございます。


 43ページの第6項につきましては、健康保険法の施行令の一部改正に伴う条文の条ずれ箇所の改正でございます。


 附則といたしましては、1ですけども、この条例は、平成21年4月1日から施行するというものでございます。2につきましては省略をさせていただきます。以上で説明を終わります。


 次に、議案第43号でございます。北栄町介護予防事業・介護保険地域支援事業手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例の制定についての御説明を申し上げます。


 議案書の46ページでございますけども、今回の条例改正の趣旨につきましては、介護予防事業で実施しております基本的生活習慣、対人関係など社会適応が困難な高齢者の方に対し、養護老人ホーム等の空きベッドを活用して短期間での宿泊を行い、日常生活の指導、支援を行う生活管理指導短期宿泊事業におきまして、長年据え置きでありました老人福祉施設への委託料を増額する施設がありまして、それに伴いまして施設によって差が生じることになりますので、利用した施設の委託料に応じた負担とするために一部改正するものでございます。


 別表の第3条関係でございますけども、生活管理指導短期宿泊事業の1日当たり380円を、1日当たり該当施設の委託料日額の1割に改正するものでございます。


 附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行するものでございます。以上で説明を終わります。


 次に、議案第44号、北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 議案書の48ページでございます。今回の条例改正の趣旨につきましては、2つの事項についての改正が主なものでございます。第1点につきましては、平成21年度から23年度までの3年間の第4期北栄町介護保険事業計画に基づきまして保険料の改定を行うものでございます。第2点につきましては、住民税課税世帯に属する住民税非課税の第1号被保険者のうち、平成20年から平成22年までの各年中の課税年金収入金額及び当該各年の合計所得金額の合計額が80万円以下である方については、当該者の保険料基準額に乗じる割合について、第4期における割合を引き下げるものでございます。現行の介護保険料の基準額につきましては月額で4,437円でございますが、今回の改正では月額4,895円となります。全国平均180円程度の増に比べ大きな増額となりましたが、主な理由につきましては、第3期におけます見込みが低過ぎた点、これに伴いまして新たな借り入れを行ったことなどが上げられます。


 それでは、表の方をごらんいただきたいと思います。改正後、改正前、対比して載せておりますけども、先ほど申し上げました理由によりまして、第2条の保険料率を改正するものでございます。第2条の第1項の対象年度につきましては、第3期事業期間が平成18年度から平成20年度となっておりますが、第4期事業期間におきましては平成21年度から23年度までとし、同様に第2項、第3項につきましても改正するものでございます。


 次に、第1項第1号より7号までを、それぞれ基準段階となります第4号の年額5万8,700円に、それぞれ基準割合を乗じた値で改正するものでございます。


 ここで議案第44号の参考資料の表1をごらんいただきたいと思います。表中の保険料段階、対象者、基準割合に改正はございません。保険料率でございますが、改正前を旧保険料年額として表示、また、改正後を新保険料年額としてそれぞれ表示いたしております。各段階の保険料は、基準段階となります第4段階にそれぞれの基準割合を乗じて100円未満を切り捨てして決定いたしております。この保険料段階が第2条第1項の第1号から7号にそれぞれ対応しております。第1、2号は2万6,600円を2万9,300円に、第3号は3万9,900円を4万4,000円に、第4号は5万3,200円を5万8,700円に、第5号は6万6,500円を7万3,300円に、第6号は7万9,800円を8万8,000円に、第7号は9万3,100円を10万2,700円にそれぞれ改正いたしております。


 次に、49ページの附則でございます。附則といたしまして、施行期日は、1、この条例は、平成21年4月1日から施行する。経過措置につきましては省略をさせていただきます。平成21年度から23年度までにおける保険料率の特例、3でございますけども、介護保険法施行令附則第10条第1項及び第2項に規定する第1号被保険者の平成21年度から23年度までの保険料率は、改正後の第2条の規定にかかわらず、5万5,700円とする。


 この第4期における保険料率の特例でございますが、これが今回の主な改正の2点目に該当するものでございます。平成18年度から平成20年度まで適用されていました税制改正に伴う保険料上昇の激変緩和措置終了にかわりまして、低所得者への負担軽減対策といたしまして、基準段階となります第4段階に課税年金収入金額及び当該各年の合計所得金額の合計額が80万円以下である者について、基準割合を0.95とし設定したものでございます。


 ここで参考資料の表の2をごらんいただきたいと思います。表中、所得段階別加入者数とは、コーホート要因法に基づいて推計いたしました高齢者数を、平成20年度の所得段階別人数割合をもとに推計した数値でございます。第4段階のところに附則3の内容を示す金額を設定いたしております。基準保険料の5万8,700円に、右端でございますけれども、0.95の数字を載せております。これを乗じまして5万5,700円といたしております。以上で説明を終わります。


 次に、議案第45号、北栄町健康福祉センター等の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 議案書の51ページでございます。今回の条例改正の趣旨につきましては、健康福祉センター2施設ございますけども、使用料、納付に係る使用料を実際の利用実態にあわせ、半日単位から時間単位に改正し、利用者の利便性を図るものでございます。表につきましては、改正後、改正前、対比して載せております。別表の第6条関係でございますけども、ホール、機能訓練室、健康指導室、多目的活動室、休憩室、会議室につきましては、午前、午後、夜間、それぞれ区分して各1,050円を1時間当たり各260円に改正するものでございます。また、栄養指導室、調理室、トレーニングルームにつきましても同様に、半日単位各2,100円を1時間単位各520円に改正するものでございます。


 附則といたしまして、この条例は、平成21年4月1日から施行するものでございます。以上で終わります。


○議長(阪本 和俊君) ただいま、議案第37号、北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の中で、改正前の「第6条」が、これが「第9条」の誤りだったということで、31ページですね。北栄町児童館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の改正前の「第6条」という数字がミスプリントであったということで、訂正の申し出がございました。


 お諮りします。申し出のとおり訂正することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。したがって、申し出のとおり訂正することにいたします。


 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) 続きまして、議案第46号、北栄町道路占用料徴収条例の一部を改正する条例の制定について、またあわせまして、関連がございますので、議案第47号、北栄町法定外公共物管理条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 52ページからでございます。議案第46号関係は、町道に該当するもの、議案第47号の法定外公共物は、町内の赤線、青線に関する占用料でございます。提案理由にもございましたけれども、このたびの改正は、国におきまして、平成19年度に道路法による占用料の基準となります全国の土地価格が不動産鑑定により見直されました。これにより道路法の施行令にあります電柱敷地料などの道路占用料が減額改正されたものでございます。これに伴いまして本町の道路等の占用料徴収条例の一部を改正するものでございます。


 53ページをごらんいただきたいと思います。町道の関係でございますけれども、右が改正前、左が改正後ということで、別表第2条関係が53ページから57ページにわたってそれぞれ改正案を上げております。一々読み上げはいたしませんけども、表の説明を若干させていただきますと、改正後の方をごらんいただきたいと思いますが、一番左の列は法第32条第1項第1号に掲げる工作物というふうにありまして、2列目に第1種電柱からずっとそれぞれ施設なり工事の項目がございます。第32条第1項第1号は、2列目にありますように電柱とか電線あるいは変圧器、広告塔、そういった施設の占用料でございます。54ページの上の方に、同じく法第32条の1項2号に掲げる物件とありますけれども、これがずっと水道管とか下水道管あるいはガス管、これらの直径によるもの、直径の大きさによってそれぞれ占用料が決められておるということであります。55ページにわたって32条関係が続いておりますけれども、4号が鉄道関係、次の1項5号関係が地下街とか地下室とか、国の関係ですのでそういった通路とかございます。あと1項6号関係が、ここにありますように露店とか商品置き場といった形でなっております。次の施行令の関係は、一時占用の関係がずっとあと56ページにわたって続いております。


 この占用料ですけども、先ほどありました現在の占用料は、どうも平成8年に改正されてそのまま改正がなかったということで、今回、土地価格も相当下落しとるということで見直しがあったということのようですけども、全国、甲乙丙に分かれておりまして、甲地は東京等の大都市、乙が大都市以外の市ですね。丙が町村ということで、この価格は丙の価格ということで今回改正を、丙の価格で改正させていただくことにいたしております。


 次の58ページの議案第47号、法定外公共物の関係ですけれども、先ほど申し上げましたように町内の赤線、青線の占用料です。59ページをごらんいただきますと、これも右が改正前、左が改正後ということで、別表関係で、こちらの方は区分が工作物の設置を伴うものと伴わないものの2種類でございます。伴うものの方が、ここにありますように電柱とか広告塔、あるいは水道管、ガス管、そういったものでございますし、伴わないものが60ページの最後の方にありますけれども、農地ですね、耕作地とか牧場とか、そういった規定をいたしております。


 別紙で説明資料ということで、議案第46号、47号の説明資料も添付させていただいておりますけども、ごらんいただきたいと思いますが、条例の方ではごらんのとおりたくさんの項目がありますけれども、実際、今、町で占用いたしておりますのがこの表にあります物件であります。一番上の方に、上の表ですけども、32条第1項第1号に掲げる工作物ということで、電柱、電線、変圧器等がございまして、もう一つは32条第1項第2号関係、水道管あるいは下水道管、そういった部分だけでございます。一番多いのが、一番左に第1種電柱とありますけれども、第1種電柱といいますのは、この1種、2種は電線の本数によって決まっておりまして、1種電柱というのは線が3本以内、2種電柱が4本、5本、3種になりますとそれ以上とずっとありますけども、本数で決まっておりまして、一番多いのが1種電柱、3本以内の電柱で1,253本ございます。それぞれ変更前の価格と後を上げておりまして、影響額も上げております。最終的にこの改正で、町道関係で、右の下の方にありますように85万8,793円の影響になるということであります。


 それから、下の表は法定外公共物、いわゆる青線、赤線でございます。ほとんどが工作物の設置を伴いますものの中に入っておりまして、やっぱり多いのが電柱とか管でございます。それもそれぞれ本数なり単価の前と後を上げて比較をいたしております。こちらの方の影響額が5万1,994円ということで、参考にしていただきたいというふうに思います。


 あと附則ですけれども、どちらも平成21年4月1日から施行するということでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) そうしますと、議案第48号、北栄町公共下水道条例の一部を改正する条例の制定につきまして御説明申し上げます。関連がございますので、議案集61ページから66ページ、議案第48号から50号までを一括して御説明申し上げます。


 初めに、下水道事業は、生活環境の改善、公共用水域の水質保全のために、膨大な建設費を投入し平成3年度から整備を進め、現在では82%を超える進捗を見ているところでございます。反面、経営的には、補助残の起債残高が累計して平成19年度末での起債残高は133億円を超える額となっています。そのため、毎年8億円を超える起債償還が必要であり、公債費の占める割合は下水道会計全体の50%を占める額となっております。下水道経営の現状では、使用料収入で賄っている割合は17%であり、残りの83%は不足の状態で運営を続けております。下水道事業の公共性から公費による責任部分も定められていますので、実質的には毎年2億円程度の不足額が生じており、この不足部分は一般会計からの繰入金で補てんしているところでありますが、今後も継続的に負担を続けていくことになれば、将来において一般会計そのものの運営が大変厳しい状態を強いられることが予想されます。


 本来、下水道会計は、地方財政法上、公営企業に位置づけられており、事業に伴う収入によって経費を賄い、自立性をもって事業を継続していく独立採算制の原則が求められている事業であります。効率的経営努力による経費の縮減は当然でありますが、本来の原則である受益と負担の公平性を構築し、安定的に健全な下水道経営を継続していくための改正でございます。


 それでは、条文につきまして御説明申し上げます。議案集の62ページをごらんいただきたいと思います。北栄町公共下水道条例の一部を次のように改正するものでございます。左側が改正後、右側が改正前を表記しています。別表第19条関係の使用料の額でございます。右側の改正前の基本料金2,520円、超過料金1立方メートルにつき157.5円と規定されているものを、左側の改正後に記載しています基本料金2,835円、超過料金1立方メートルにつき178.5円に改正いたすものでございます。


 附則の施行期日でございますが、この条例は、平成21年10月1日から施行する。2の経過措置でございますが、この条例による改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以降の使用料について適用し、施行日の前日までの使用料については、なお従前の例による。以上でございます。


 続きまして、議案第49号、北栄町農業集落排水施設使用料条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 議案集64ページでございますが、北栄町農業集落排水施設使用料条例の一部を次のように改正するものでございます。別表3条関係の使用料の額でございます。表の左欄に改正後、右欄には改正前を記載しております。本条例も下水道条例と同様に料金体系を統一するため、基本料金部分の2,520円を2,835円に、また、超過料金の1立方メートルにつき157.5円を178.5円に改正いたすものでございます。


 附則の1の施行期日でございますが、この条例は、平成21年10月1日から施行する。2の経過措置でございますが、この条例による改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以降の使用料について適用し、施行日の前日までの使用料については、なお従前の例によるでございます。


 続きまして、議案第50号、北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 議案集66ページでございます。北栄町浄化槽の設置及び管理に関する条例の一部を次のように改正するものでございます。別表第18条関係の使用料の額でございます。表の左欄に改正後、右欄には改正前を記載しています。本条例も同様に料金体系を統一するため、基本料金部分の2,520円を2,835円に、また、超過料金の1立方メートルにつき157.5円を178.5円に改正いたすものでございます。


 附則の1の施行期日でございますが、この条例は、平成21年10月1日から施行する。2の経過措置でございますが、この条例による改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以降の使用料について適用し、施行日の前日までの使用料につきましては、なお従前の例による。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 以上で一括議題といたしました24議案の提案説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第33 議案第51号 から 日程第37 議案第55号





○議長(阪本 和俊君) 日程第33、議案第51号、指定管理者の指定についてから、日程第37、議案第55号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議についてまで、以上5議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第51号及び議案第52号、指定管理者の指定についてでございます。


 北栄町社会体育施設及び北栄町B&G海洋センター並びに北栄町中央公民館大栄分館の管理につきまして、指定管理者の指定をするため、地方自治法及び北栄町公の施設における指定管理者の指定手続等に関する条例の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 議案第53号、町道の路線を廃止することについてでございます。


 鳥取県との協議により県道亀谷北条線の路線変更のため、また、由良川河川改修に伴う県道倉吉由良線の路線変更により町道と重複する区間があるため、これらを廃止するものでございます。


 議案第54号、町道の路線を認定することについてでございます。


 鳥取県との協議により北条川放水路側道並びに橋梁、県道亀谷北条線のうち一部区間の管理移管を受けるため、また、宅地開発による新設道路等があり、これらを今回町道に認定するものでございます。


 議案第55号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議についてでございます。


 鳥取中部ふるさと広域連合の介護認定審査費の負担割合について、平成11年の発足時から65歳以上人口を用い運用してきたものを、今回、他の事務と同様に実績割を用い、人口割、実績割、標準財政規模割、標準税収入割、それぞれ25%の負担割合に変更するものでございます。


 以上5議案につきましての詳細につきましては、担当課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼) 中央公民館長(池田 康守君)議案第51号、指定管理者の指定について御説明いたします。


 現在指定管理者に指定しております北条スポーツクラブに続きまして、指定管理をお願いするために御議決をいただきたいものであります。


 1、指定管理者に管理を行わせる施設でございます。北栄町北条体育館、所在地は北栄町土下112番地。北栄町北条ふれあい会館、同じく土下100番地3。北栄町北条野球場、国坂385番地5。北栄町北条運動場、北栄町土下105番地。北栄町北条多目的広場……(発言する者あり)


 以下、記載のとおりでございます。


 続きまして、68ページの方に移りまして、指定管理者に指定する団体についてでございます。団体の名称、財団法人北条スポーツクラブ。代表者名、理事長、林邦臣。所在地、鳥取県東伯郡北栄町田井428−1でございます。なお、この団体につきましては、平成21年4月1日に大栄スポーツクラブと統合し、財団法人北栄スポーツクラブに名称が変更される予定となっておりますので、名称が変更になりましたら、北栄町公の施設における指定管理者の指定手続等に関する条例施行規則の規定によりまして届け出をいただくこととしております。


 3、指定管理期間でございます。平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3カ年でございます。


 続きまして、69ページでございます。議案第52号、指定管理者の指定についてでございます。


 1、指定管理者に管理を行わせる施設。北栄町中央公民館大栄分館、所在地は北栄町由良宿800番地でございます。


 2、指定管理者に指定する団体でございます。団体の名称、特定非営利活動法人まちづくりネット。代表者名、理事長、遠藤玉恵。所在地、鳥取県東伯郡北栄町由良宿1598番地でございます。なお、この団体につきましては、本年3月2日付で県の認証を受けておられます。


 3といたしまして指定管理期間、平成21年4月1日から平成24年3月31日までの3カ年でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) ただいまの説明の中で、議案第51号、52号、逆になっておりましたので、訂正の申し出がございました。この議事日程の方です。


 お諮りします。申し出のとおり訂正することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。したがって、申し出のとおり訂正することにいたしました。


 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) 議案第53号並びに議案第54号、これも町道の認定、廃止の関係ですので、あわせて御説明をさせていただきます。


 70ページ、議案第53号、廃止の関係、廃止路線3路線でございますし、71ページ、新たに認定する路線、7路線でございますけども、説明の方は、お手元にこれもお配りさせていただいております参考資料、議案第53・54号参考資料がございます。こちらの方で説明させていただきたいと思います。


 まず、70ページ、廃止路線ですけども、整理番号の方であわせてごらんいただきたいと思いますが、整理番号218と180、これは、先ほどありましたように県道倉吉由良線新設改良工事に伴います路線延長の減少ということで、六尾踏切が改修されまして、この関係で町道が県道に重複すると、町道の上に県道が重なるというふうな、そういった状況になりました。そういうこともありまして、この路線2路線ですけども、一たん町道を廃止をするということで、次の71ページの方の新しい路線の上から2番目の整理番号218、180、こちらの方で延長等を変えて新たに認定をするというものでございます。


 それと、図面の方で一番左の整理番号346、短い赤い線を引いておりますけれども、これは宅地開発による既存の下線管理道と橋を新規認定するというものでございます。新設される中央高等学校前の、体育館前の前川の管理道を新たに今回町道認定をするというものであります。


 それから、真ん中辺にあります206番と335番、これも関係がございまして、まず整理ナンバー335番は、県道の亀谷北条線が町の方に移管になりました。このために今回町道として認定するものでございまして、約1,250メートルほどの区間でございます。これに伴いまして206は廃止する路線ですけども、ここは町道下神3号線でございます。県道の羽合倉吉線からここの交差点までの短い二、三十メートルの区間ですけども、短い区間が町道でございまして、これを廃止して県道、県の方に格上げをするということで、したがいまして、県道の北条亀谷線が県道の羽合東伯線の交差点までということで、ここは終点になるというふうなことになります。


 それから、整理番号336、これが北条川放水路に伴います新たな道路認定でございます。北条川の左岸側、一番長い線ですけども、ここが側道が今回新設されまして、これを県から移管するということで町道認定いたすようにしておりますし、大体距離が1,800程度だと思います。あわせて、新たにできました橋3本も町道として、この路線と同じ町道として認定をいたすというものであります。


 表の一番右側、337番、これちょっと短い線ですけども、宅地造成、さくら団地が昨年できまして、この団地内の道路を町道に認定する、約100メートル前後だと思いますけども、これを認定するというもので、合わせて廃止3本、新たな認定7本の今回認定の議案でございます。よろしくお願いいたします。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) そういたしますと、議案第55号で鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議についてでございます。


 73ページをごらんをいただきたいと思いますけども、このたびの介護認定審査費の負担の割合、計算の中身が変更になったということで、このように変更をいたすものでございます。改正前、改正後で、別表第18条関係でございますけども、介護認定審査費として、改正前が65歳以上人口割、これは最近の国勢調査人口によるという部分を、実績割、前年の審査判定実績に基づくというふうに改正をするものでございます。


 附則。この規約は、平成21年4月1日から施行する。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 以上で一括議題といたしました5議案の提案説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第38 諮問第1号





○議長(阪本 和俊君) 日程第38、諮問第1号、人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 諮問第1号、人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについて提案理由を申し上げます。


 北栄町の人権擁護委員の定数は6名でございます。平成21年6月30日付で北栄町瀬戸の船木幸治氏が任期満了となりますが、船木氏を引き続いて推薦するものでございます。


 経歴を簡単に申し上げます。船木氏は、北栄町瀬戸にお住まいで、年齢は63歳。現在は瀬戸の自治会長として活躍中であります。なお、人権擁護委員としては2期目となります。


 以上、町民からの信望も厚く、見識も高く、人権擁護委員として適任と思いますので、ここに意見を求めるものでございます。原案どおり、御同意をいただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより、諮問第1号、人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結いたします。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので採決を行います。


 諮問第1号、人権擁護委員の候補者推薦に係る意見を求めることについては、船木幸治さんが適任であるとの意見を付したいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、諮問第1号は、船木幸治さんが適任であるとの意見を付すことに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。


 これにて散会いたします。


                午後3時54分散会


      ───────────────────────────────