議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成20年 9月第6回定例会 (第 9日 9月25日)




平成20年 9月第6回定例会 (第 9日 9月25日)





 
────────────────────────────────────────


      第6回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第9日)


                         平成20年9月25日(木曜日)


────────────────────────────────────────


                   議事日程


                       平成20年9月25日 午前9時開議


 日程第1 議案第70号 平成19年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


 日程第2 議案第71号 平成19年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第3 議案第72号 平成19年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第4 議案第73号 平成19年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第5 議案第74号 平成19年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算の認定について


 日程第6 議案第75号 平成19年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会


            計歳入歳出決算の認定について


 日程第7 議案第76号 平成19年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


            いて


 日程第8 議案第77号 平成19年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第9 議案第78号 平成19年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第10 議案第79号 平成19年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


 日程第11 議案第80号 平成19年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第12 議案第81号 平成19年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第13 議案第82号 平成19年度北栄町水道事業会計決算の認定について


 日程第14 報告第6号 健全化判断比率について


 日程第15 報告第7号 資金不足比率について


 日程第16 議案第83号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第3号)


 日程第17 議案第84号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号


            )


 日程第18 議案第85号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第19 議案第86号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第20 議案第87号 平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号


            )


 日程第21 議案第88号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第22 議案第89号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理


            に関する条例の制定について


 日程第23 議案第90号 北栄町認可地縁団体印鑑条例の一部を改正する条例の制定につ


            いて


 日程第24 議案第91号 北栄町税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第25 議案第92号 北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第26 議案第93号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 議案第94号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第28 議案第95号 二級河川の指定に関する意見について


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第70号 平成19年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


 日程第2 議案第71号 平成19年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第3 議案第72号 平成19年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第4 議案第73号 平成19年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第5 議案第74号 平成19年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決


            算の認定について


 日程第6 議案第75号 平成19年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会


            計歳入歳出決算の認定について


 日程第7 議案第76号 平成19年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につ


            いて


 日程第8 議案第77号 平成19年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認


            定について


 日程第9 議案第78号 平成19年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


 日程第10 議案第79号 平成19年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


 日程第11 議案第80号 平成19年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第12 議案第81号 平成19年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の


            認定について


 日程第13 議案第82号 平成19年度北栄町水道事業会計決算の認定について


 日程第14 報告第6号 健全化判断比率について


 日程第15 報告第7号 資金不足比率について


 日程第16 議案第83号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第3号)


 日程第17 議案第84号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号


            )


 日程第18 議案第85号 平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第19 議案第86号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)


 日程第20 議案第87号 平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号


            )


 日程第21 議案第88号 平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第1号)


 日程第22 議案第89号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理


            に関する条例の制定について


 日程第23 議案第90号 北栄町認可地縁団体印鑑条例の一部を改正する条例の制定につ


            いて


 日程第24 議案第91号 北栄町税条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第25 議案第92号 北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定につい


            て


 日程第26 議案第93号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第27 議案第94号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第28 議案第95号 二級河川の指定に関する意見について


      ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  11番 磯 江   誠 君  12番 池 田 捷 昭 君


13番 長谷川 昭 二 君  14番 前 田 正 雄 君  15番 宮 本 幸 美 君


16番 石 丸 美 嗣 君  17番 野 田 久 良 君  18番 阪 本 和 俊 君


      ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ─────── 坂 田   優君  主  事 ───── 藤 友 理佳子君


主  事 ─────── 小 林 周 平君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ────── 山 口 秀 樹君


教育長 ──────── 岩 垣 博 士君  会計管理者(兼)出納室長


                           ────── 柿 本   誠君


総務課長 ─────── 道祖尾 広 光君  総務課参事 ──── 小矢野   貢君


企画振興課長 ───── 田 中 精 一君  税務課長 ───── 坂 本 佐紀恵君


町民課長 ─────── 鎌 田 栄 子君  健康福祉課長 ─── 松 井 慶 徳君


環境政策課長 ───── 別 本 勝 美君  産業振興課長 ─── 杉 谷 博 文君


上下水道課長 ───── 浜 田 登喜治君  教育総務課長 ─── 三 好 秀 康君


生涯学習課長(兼)中央公民館長


       ───── 池 田 康 守君  人権同和教育課長 ─ 杉 川 弘 行君


(併)農業委員会事務局長 ──────────────────── 杉 谷 博 文君


(併)選挙管理委員会事務局長 ────────────────── 道祖尾 広 光君


      ───────────────────────────────


                午前9時00分開議


○議長(阪本 和俊君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 なお、石丸議員から遅刻届が提出されております。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 暫時休憩します。(午前9時01分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午前10時15分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第70号 から 日程第13 議案第82号





○議長(阪本 和俊君) 日程第1、議案第70号、平成19年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定についてから、日程第13、議案第82号、平成19年度北栄町水道事業会計決算の認定についてまで、以上13議案を一括議題とし、本日は質疑のみにとどめておきます。


 これより、議案第70号、平成19年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。なお、質疑に当たっては、必ずページ数を示してください。


 15番、宮本幸美君。


○議員(15番 宮本 幸美君) 宮本でございます。歳出について1点伺います。主要施策の成果についてですけれども、54ページの教育費、学校給食について、先ほどいろいろ論議がありましたが、その中で、小学校も中学校もすべて給食回数が表示してありますが、北条幼稚園については、4月に1回と翌年の1月に1回というような簡単な表記になっておりますが、その以外の月は全部米飯もパンもゼロという記入の仕方になっている。これはどういうことなのか。


 それから、55ページの地産地消の推進についてでございます。先ほどの全員協議会でかなり今の事故米についての論議がなされましたが、この表を見ますと、やはりそういう内容がはっきり出とるような気がしてなりません。北条給食センターと大栄の給食センターの取り組みが、かなりの差があるということでございます。特に今、北条給食センターは地元産とか国内産、すべて身近な食材を使って調理をなされておりますが、大栄の給食センターにおきましては、外国産が随分多いということ、特に冷凍食品もかなり使っておられるということでございます。大栄地区には、特に野菜類については豊富な資源もありますので、なぜ外国産の野菜類まで使用されるのか、そういった中身を若干ちょっと教えていただきたいと思います。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 宮本議員の御質疑にお答えいたします。


 初めに、54ページの北条幼稚園の給食の中で、米飯、パンが上がってないということですけども、基本的に北条幼稚園の場合はそれぞれ副食のみを供給させていただいているために、米飯、パンが上がってきてないと。ただ、その課程の中で、行事の中で米飯を、御飯をお出しするときはありますけども、それが3回だということでございます。


 それから、次、55ページのそれぞれ北条学校給食センター、大栄学校給食センターの、外国産が倍違うんじゃないかということでございますが、まず、この内容、内訳でございますが、北条の学校給食センターにおきまして、豆類で128キログラム出ておりますが、これは、しょうゆの購入をしておりますけれども、その原材料であります大豆が、これがアメリカ産であります。それが上がってきとるということです。その他につきましては、それぞれ油揚げ等が上がってきている。これはカナダ産でございますが、そういうことで上がってきているのが現状でございます。


 大栄学校給食センターにつきましては、まず野菜類でございますが、これはカボチャとブロッコリーでございます。それぞれニュージーランドなりとか、それから魚介類につきましても、イカ、アジ、これは揚げられたところがそれぞれの産地ということで表示するようになっておりますので、イカの場合は北太平洋、それからアジの場合はニュージーランドでございますが、そういうことでございます。豆類でございます。これは27キログラムでございますが、先ほどありましたとおりカナダ産で油揚げでございます。それからその他でございますが、しょうゆで、これアメリカ産だということで、それぞれ地産地消には努めておりますが、それぞれの、1年の中において子供たちに給食を副食で供給する場合に、食べさせたいものの中にそういうものが、お店で買うにしても、それが境港産ではなくて、お店に出ているものを購入した場合に、それが産地として外国の方から揚げられたものだったということでございます。


 ちなみに、先回の9月の12日だったと思いますけれども、このときは県民の日だったわけですけれども、これはサバを子供たちに副食としてお出しさせていただきましたが、それは境港産を購入させていただきましたけども、そういうことで、極力県内産あるいは地元産を供給するようにしておりますけども、それぞれの品ごとにする場合に、その品物の中にそういうふうに外国産も入ってきているのが現状で、そういうものを累計としてあらわしたらこういう結果になったということでございます。


 なお、北条なり大栄の学校給食センターで、それぞれ地元産、県内合わせますと60数%に上るわけですけども、県の平均が、いつぞやもお話しさせていただきましたが、県の平均が54%でございます。一方、北栄町の給食センターにおきましては63%ということで上位に位置しとるわけですが、今後もそれぞれ地産地消の品物を子供たちに供給するように努力してまいりたいというふうに考えております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 15番、宮本幸美君。


○議員(15番 宮本 幸美君) 再度伺います。課長の説明では、十分検討しながらやってきたという経過がございますが、合併してもう3年もなりますから、やはり話し合いの中で、北条地区はかなり努力した経過も見られます。ですから、今後このような大きな問題の中に、渦の中に巻き込まれないように十分検討して、やはり外国産となれば経費も若干安くなる、調理の仕方にもいろいろ違うと思いますけども、同じ北栄町の教育学校ですから、やはり話し合いをして、今後こういう問題のないよう、なるべく地産地消で地元の食材、県内の食材を十分に活用して、子供たちに元気な体力づくりをできますように努力していただきたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 宮本議員の再度の御質疑にお答えいたします。


 もとより北条学校給食センターは女性会がとっても充実しておられまして、せんだっても私、その場に出させていただきまして、それぞれの地産の状況、提供の状況を一生懸命真剣に協議しておられることをつぶさに見させていただいたわけですけども、そういう団体を大栄学校給食センターの中にも、一緒になってこれからは大きな組織が構築できるようにこれから邁進していきたいと思いますが、それぞれ大栄学校給食センターの中の大栄地区におきましては、これまでもそういう経過がございますけども、なかなかそういう組織を構築することが難しいときもございました。そういうことの中で、先ほど申しました北条地区の女性会を核として、大栄地区の給食センターにおきましてのそういう地産地消の会も実施するように、構築してまいりたいというふうに思っております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) まず私はトップにお聞きします。これは町長か副町長で答えていただきたい。


 決算は予算どおりに執行されたかどうかということも重要でございますが、その執行されていく段階におきまして、効果、効率性、そういうものの行政課題がどのように出たかどうか、こういうことを踏まえて、この主要施策の成果というものの中で決算の事後評価をどのようにされたか。それから、この事後評価というものを来年度の予算編成にどういうふうに生かしていくかというのが私は一番重要でなかろうかと、このように思うわけでございまして、その辺の問題につきまして、まず最初にお聞きしたいというふうに思います。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 池田議員の御質問にお答えいたします。


 この決算の効果なり効率性、そしてその評価はどうだったかということでございますが、それぞれ予算を立てて、それを事業を執行していくわけでございますが、19年度におきましては、その予算を立て、そして事業をする中で大きな効果があっただろうと、こう思っております。


 歳入につきましては、19年度から税制が変わりまして住民税が10%になったというようなこともありますし、その中で、大変効率的に徴収活動もしてくれまして、県下でも一、二を争うようなトップの徴収成績になっておるところでございます。また、これも職員だけでなくて、やはり住民の皆さんのそういう納税意識も若干高まってきておるんだろうと、こう思っておるところであります。


 また、歳出につきましても、先ほど言いましたように予算に沿った執行をさせていただきました。ただ、それを予算全部使うということでなくて、十分精査した中で予算執行しておりまして、その中で残高につきましては翌年度繰り越しということをしておるところでございます。


 19年度のものより財政の健全化報告等もありますし、やはりその年の予算の範囲で最大限のものをするということが寛容だろうと、こう思いますので、いい成果が上がったんではないかなと、こう思っておるところでございますし、また、20年度におきましても、さらに今ある成果を生かしながら、歳入の税収の徴収、そしてまた歳出も効率的な運用を図ってまいりたいと、こう考えておるところであります。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 私が申し上げたのは、この主要成果という中で、これまとめられる過程におきまして、やはり事後評価ということと、それぞれの各課、それをまたまとめられた。これを次の来年にどうつなげていくかと、ここに意識改革というものが働くというふうに思います。今、これからの行財政改革の中で一番大事な問題は、この職員の意識改革でございます。ですから、今、税収の問題もおっしゃいましたが、執行される過程において各課長さんあたりもその辺は十分承知されただろうと、また、されとるということを思いますので、順次これから質問させていただきます。主要成果の方でございます。ずるずるずるっといきますので、それぞれ順番にお答え願いたいというふうに思います。


 まず、3ページでございます。職員の研修旅費でございます。それぞれ研修を行っておられますが、非常に研修は私は重要な事項だというふうに思います。実務研修の県外ということは、どのような目的を持って、どこにどういうふうに行かれ、どのような成果というものがあったかということをひとつお願いしたいと思います。実務研修についてお聞きします。


 それからもう一つ、町長、いろいろ上京等をされるわけでございますが、私は県の職員と町の職員というものに、能力的なもともとの差は私はないと思います、大きな違いは、一部の人は除いて。そうすると、町村の場合は、視野が狭いということが大きな私は問題点になっとらせんかと思います。そういう意味で研修というもののとらえ方も含めてお聞きしたいというふうに思います。


 次に、13ページでございます。砂丘地振興基金の積み立て事業というものでございます。これをこれからどのようなとらえ方をされるのか、そういうことをどのように検討されてここに載せておられるかという問題でございます。


 続いて、17ページでございます。きょうレークサイドで大きな事業があるというふうに先ほど同僚議員からお聞きしましたが、レークサイドの利用者というものも減ってます。こういうことを踏まえて、来年度どのような方針というものを検討なさってここに数字上げておられるか、これをお聞きします。


 次に、18ページでございます。中部ふるさと広域連合負担金事業でございます。これは税務課長の方から説明いただきましたが、この中部ふるさと広域連合に対する費用対効果というものを踏まえて、来年度どのように対応されようとしておるのか、この点でございます。


 次に、45ページでございます。本町は環境政策というものを町長は特に標榜されて元気出されとるわけでございますが、環境政策の、今、風車というものが大きなシンボルになっております。環境政策にいろいろ今、世界じゅう、日本、大きな問題になっとるわけでございますが、本町の環境政策の今後の目標というものをどのようにとらえとるか、これをお聞きしたいと思います。


 それから、ここの同じページでございますが、畜産団地の問題でございますが、臭気測定の目的、結果、その対応についてお願いいたしたいと思います。


 次に、46ページでございます。ごみの減量の問題です。ごみの減量と費用の関係を質問いたします。ごみを減量しても費用というものは余り安くならない。この辺と今後の問題についてお答え願いたいというふうに思います。


 それから、先ほど同僚議員がおっしゃいました55ページの給食の問題でございます。学校給食会と本町の給食とのかかわりをお答え願いたいというふうに思います。


 それから、69ページでございます。公民館問題でございます。公民館の今後の運営はどうあるべきかと、これは私も前に一般質問しております。そういうことも踏まえて、今後の公民館のあり方論というものを、この数字から説明とあわせて方向性をお願いしたいというふうに思います。


 それから、73ページでございます。図書館のあるべき姿をどのように思うか、担当課長の御所見をお願いしたいという、以上で説明を求めます。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 池田議員の御質問にお答えいたします。


 3ページの職員研修についてでございますけども、まず、実務研修をどこに行ったかということでございますが、これは、ここにも書いておりますように市町村職員中央研修ということで、市町村アカデミーが千葉県にございます。これは全国の市町村の職員、トップから職員までの研修所でございますけども、そこで研修をする研修。それから全国市町村国際文化研究所、これは滋賀県にございますけども、ここでも同じような研修をいたしております。あと鳥取県の自治研修所につきましては県の施設としてございますし、あと実務研修としては県外にそれぞれテーマに応じた参加をしておるということでございます。


 特に中央研修でございますけども、具体的に科目を申し上げますと、財政運営ということで、これは総務課の財政担当者が行っております。約10日間でございます。それからあとこれからのトップマネジメントということで副町長も参加をいたしておりますし、これからの管理職ということで新任の管理職が出席をいたしております。それから、パワーアップ女性管理職ということで女性の管理職が参加をいたしておりますし、あと危機管理と災害に強い地域づくりということで、これは防災担当者が参加をいたしております。これは市町村アカデミーでございますけども、そのほかに文化研修所といたしましても、はばたけ女性リーダーとか、あるいは市町村税の徴収事務等についても参加をいたしております。


 どのような成果があったかということでございますけども、中央研修は講師陣がすごく、中央の講師陣ということで総務省の直接の講師とか、あるいは中央の大学の教授、そういう方が来ていろいろな研修をしていただく。それからあと全国の北海道から沖縄までの担当者などが集まりまして、自分たちでグループをつくってそれぞれの情報交換をしたり研究をしていくというふうなことで、スキルアップの部分につきましては相当効果があるというふうに考えております。研修から帰りまして復命書を書きますけども、参考資料も含めますとこれくらいの分厚い復命書が回ってきますけども、すべていい勉強になったと、これから頑張りたいというふうな、そういう職員の意気込みが伝わってくる復命書ばかりでございます。そういう面からいいますと、大変研修というのは、職員の資質の向上にとって、いわゆるいいものだなあというふうに考えておりまして、これからも、研修旅費も確かに要りますけども、やはり職員の育成ということからいいますと、それくらいの投資をしてもいいのではないかというふうに考えております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、企画課のを2点お答えをさせていただきます。


 まず1点目が13ページでございますが、砂丘地振興基金の積立金についてでございます。今後これをどう活用していくかという、今後の考え方を問われたものだというふうに思っております。


 御承知のとおり合併前に旧北条町で、1億円の基金を砂丘地を振興しようということで積み立てられまして、そういう経過は御承知のとおりだというふうに思います。その後合併をしまして、平成17年度末に砂丘地振興計画が策定をされました。その中の計画の中で、御承知のとおり、いわゆる今の北条の道の駅のあたりをどうにかせないかんということで計画がなされたわけでございますが、町内2カ所にあります道の駅が、類似施設としてバッティングをするのでないかという問題点もありまして、差別化が図られるんであればその計画に従って取り組んでもという回答もございましたが、そうはいっても、なかなか差別化が図れないということで現在に来ております。


 合併後につきましては、ここをどうするかということでございまして、町の方針としましては、できれば官民が一体となって、要するに民間活力であのあたりを開発をしたらという思いがございまして、しかるべき進出企業等を当たってきたわけでございますが、先般の一般質問等でも報告しましたように、都市計法の関係で1万平米以上の施設の大規模集客施設についてはもう無理だということがわかりましたので、今後については、砂丘地振興計画に沿いながら、民間と一緒になってできる、身の丈に合ったような施設を持ち込んできて砂丘地振興を図ろうかという考えになっております。当初の基本的な考えは変わっておりませんが、施設の規模等、もう一度考え直して、しかるべき進出企業、もしくは町内企業も含めまして、新たな考えのもとに振興計画の再構築といいますか、そういうものをしながらこの基金を有効に活用したらというふうに思っております。


 次に、17ページでございますが、レークサイド大栄の運営のことでございます。説明をしましたとおり、なかなか最近の経済情勢もございまして観光施設等が苦戦をしております。指定管理者に出しました施設についても、ふえたところもありますし、減ったところもあります。県内のいろんな観光施設を聞いてみますと、やはり今苦しいという状態が続いておるようでございます。旅館あたりに宣伝、誘客活動に行きましても、やはりもともと旅館に来られるお客さんも減ってきたということがありまして、そういうことでなかなか施設運営が大変になったなというのが現状でございます。


 そういう中で、レークサイドを今後どういうふうにするかということでございますが、これも以前の議会で話しましたように、基本的には、これは指定管理者にすべき施設だろうというふうに考えております。ただ、これも経緯がございまして、地元集落との話し合いを詰めながらせねばならんということがございまして、現在も地元と話し合いを続けておる次第でございます。先般は、休みに職員を動員しまして、地元と一緒にレークサイドの遊具のペンキ塗り等を一緒にやって、和気あいあいとやったわけでございますが、その中でもちらほらそういう話も話題も出しております。なかなかこのまま町直営では難しいだろうというような話もしておりますが、いずれにしても、地元の理解が必要でございますので、今後もその話し合いを進めていきまして、できましたら近いうちに、レークサイド大栄の指定管理者に向けて皆さん方と御相談できればというふうに思っております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) 池田議員の御質疑にお答えいたします。


 ふるさと連合の費用対効果と来年度どのように対応するかという御質問だったと思いますが、19年度は職員が連合から帰ってきたこともあり、委託をするものを少なくして費用を抑えるように計画しました。例年の3分の1ぐらいの委託で抑えました。しかし、広域連合の負担の計算が委託件数1件で1,000円、100件少なくしても10万円ほどの軽減ですし、収入の金額の30%、1,000万円で300円ぐらいということの軽減しかなりませんで、費用対効果の面ではどうしても負担が、基本負担金の均等割、人口割の部分が大きく占めている関係で、費用が高くなったということです。これは中部全部そういう状況にありまして、今年度、担当者の会を持ちまして状況を把握したところですが、北栄町では20年度は取り組みとしては、少なく委託してもそんなに変わらないのでしたら、滞納整理をするためには一応広域連合の方に送って、現在の現年度の滞納を出さないような取り組みをしようということで、20年度についてはたくさん送っております。1年おくれで計算は出てきますけども、今年度の取り組みとしては現年度分を滞納額を出さないように取り組みを始めました。それと、現在連合に送ってない北栄町で抱えております滞納額の整理、不納欠損等調査の時間が大分かかりますので、落とすということも簡単ですが、それに落とすまでの調査というものがすごく事務がかかりますので、その辺の事務を充実させようということで、本年度はそういう取り組みをしております。


 来年度につきまして、中部の担当者全員で各町村の取り組みを現在把握しながら、来年度どういうふうに、広域連合の存続等もありますので、現在は検討をしながら協議を重ねているところです。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 別本環境政策課長。


○環境政策課長(別本 勝美君) 池田議員の質疑にお答えをいたします。


 3点であったというふうに思っておりますが、まず1点目の環境政策の今後の目標ということでございますが、議員御承知のとおり、平成18年に環境基本条例、そして同じく18年度の3月に環境基本計画、そして……。45ページでございます。19年度に新エネルギー、省エネルギーのビジョンを策定をいたしました。この目標に沿って、その目標達成に向けて進めてまいりたいというふうに考えておるところでございます。


 そして、ごみの減量等については、ごみ、一般廃棄物の基本計画等も今後策定をしていきながら、一つの明確な目標のもとに進んでいきたいというふうに思っております。新エネルギー、省エネルギービジョンにおいては、2016年でロードマップとしてエネルギーの消費量を24%削減するんだという目標を掲げております。これに向かって、少しでも早く達成ができるような施策を今後やっていきたいなというふうに考えておるところでございます。いかんせん環境問題というのは住民の方々の協力なしにはできません。ですので、住民の方々に事あるごとにいろんな情報提供、啓発等を行いながら進めてまいりたいなというふうに考えておるところでございます。


 2点目の臭気測定のことでございますが、これにつきましては、大栄地区にあります後口谷の畜産団地の臭気測定を毎年1回行っておるところでございます。これについては、以前から臭気についての苦情等もあるということで、測定をいたしております。結果については、一応悪臭防止法に基づく指定区域というものはなされておりません。しかし、一つの目安として、住宅地に密接をした施設ではこの程度の基準を守りなさいというのがございます。そこのA区域というものに当てはめますと、調査項目、表の中の右側の方の調査項目なんですけども、ノルマル酪酸、イソ吉草酸、ノルマル吉草酸、メチルメルカプタンというものが基準を超えておるようでございます。臭気のもととなるものということです。それについて今後いうのをどうしているかということなんですけども、普及所とか関係機関と協議の機会を持っておりまして、そこの中でいろいろ話をしとるところなんですけども、現在の段階では、施設の置かれている状況等でやむを得ないのではないか、様子を見ていこうというところでございます。今後毎年測定をしながら、経過を見守りたいというふうに思います。


 3点目、ごみ減量についてでございますけども、ごみにつきましては、平成9年にごみの有料化を北条地区等から始めております。しかし、ごみの減量については、有料化してすぐにごみが減量せずに、平成15年ごろから徐々にでございますけども、今、減量傾向にあるというところでございます。しかしながら、その処理費用については、施設の維持等もあってほとんど変わっていない、若干ふえたり、ちょっと減ったりということを繰り返しているというところでございます。今後、施設の管理者であります連合、そして1市3町と北栄町と、この関係機関の中で話し合いを持ちながら、ごみの減量、そして維持管理費の低減に向けた話を進めて、少しでも経費が安くなるような形で検討してまいりたいというふうに考えておるところでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 主要なる成果の54ページ、55ページで学校給食事業に伴います学校給食会と本町における学校給食との関係という御質疑でございます。


 まず、学校給食会でございますが、昭和33年に公益法人として県内の市町村の出資と、それからPTA団体等の寄附等を仰ぎながら設立をなされている、そういう法人でございます。業務といたしましては、安全な学校給食食材を供給する、そして学校給食の発展とか充実のために、衛生管理の講習会とか、そして各種研修会を開催されております。その中で取り扱い物資としては、パン、それから米穀、米飯、それからおかず材料、そして衛生管理用品を取り扱っておられます。


 そこの中で、北栄町の北条学校給食センターなり大栄学校給食センターは、その主食となりますパンとか米をそちらの方から購入をさせていただいておると。あわせてさまざまな各種普及事業の会合等を開催しておられまして、そちらにも参加しながら、食育の推進にも一緒になってさせていただいておるという関係でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 池田議員の御質疑にお答えいたします。


 まず初めにですが、69ページでございます。公民館の今後の運営のあり方についてどういうぐあいに考えとるかということでございます。これにつきましては、以前にも一般質問等でいろいろと御示唆いただいたところでございますが、実はこの間、うちの社会教育委員と、これは公民館運営審議会の委員、これは同じ人が兼ねてもらっておるわけですが、6月に会ったときにこのことについて、運営について、こういう話が出とるけどもということでお話し、ざっと御意見を伺いました。次回については、これについて時間をかけてもらっていろいろと御協議いただきたいということにしたわけですが、とりあえずその時点では、公民館のあり方についてはそれぞれ御承知の方ばかりでございますが、館の運営ということになりますと、施設、それから事業、それから教室等で定期的にグループでお使いの方もありますし、いろんな形態がございます。それで、おっしゃるには、そういうことを志向していくのも確かにいいことだけども、どうしても行政でやらなくてはいけないこと、それから利用者で組織的に考えてみること等々について仕分けをしながら、一緒になって考えていかないけんでないかというようなことでございました。


 実はこのことにつきましては、いろいろと町村合併等もありまして、公民館のあり方、形態、運営について、全国的にもですけども、ここの県内、特に中部のあたりでもいろいろと形態が変わったりとか運営が変わったりする経過も承知しとるところでございますが、そういうことも踏まえまして、実は今度10月24日でございますが、中部地区の生涯学習実践研究交流会というのがございまして、毎年やっておるところでございますが、このたび北栄町が当番町になっておりまして、そこの中でも、そういうことに見識のあり、実際に取り組んでおられますNPO法人の専務理事の方でございますが、若者による公民館運営への挑戦ということで、この方は元公務員でございましたけども、それからこういう形で公民館の運営に携わっとるということがございますので、こういう話も聞きたいということでしておるところでございますし、県内でも東の方、西の方にもそういう運営をしとるところもございますので、機会をとらえて研修をしたいというぐあいには思っておるところでございます。


 次に、73ページでございます。図書館のあるべき姿について担当課長どのように考えとるかということでございます。図書館につきましては、システムを導入して、利用等についてはその実を上げつつあるというぐあいに理解しとるところでございます。また、従来の図書館のイメージといいますと、言えばただで本が借りれる便利なところだということでございます。それを、ただそれだけでなくて開かれた図書館ということでございます。ただ、今時点、これからの図書館のあり方につきましては、やはり生活が高度化して多種多様な中で生きていく中で、情報の収集、自分の生活、それから趣味も含めた上ですけども、現状なり将来に向かって、どういう方向性を見出していくかということについての情報を入手する場所であるということを前面に出していかないけんということでございます。そういうことで、職員の研修もそうですが、そういう向きのことをやっていますということをアピールしていくというようなことも大切だというぐあいに思っておりますし、それから地域との連携といいますか、例えば読書振興を担うボランティアの養成とかも今後も拡大していきたいというぐあいに話しておるところでございますし、図書館を語る会ということで、利用者を初め、関心を持っておられる町民の方々の御意見も伺い、また、館として、町として考えとることをお伝えし合う会というのを実はこの間持ったところでございます。そういうことを参考にしながら、これからまたいろいろと検討を加え、皆さんの御意見も、御指導もいただきながら進めてまいりたいと、このように考えておるところでございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) さっきの税金といい、ごみといい、中部ふるさと広域連合というものがこれからますます大きなウエートを占めてくるわけです、いろんな分野において。また、広域連合のあり方というものが非常に、ちょっと時代とともに変化していかざるを得ない状況だろうと思います。この辺につきまして、広域連合の税金、あるいは環境問題も、いろんな分野も含めて広域連合についての御所見を願いたい、こういうふうに思います。


 それから、さっきの学校給食センターでございますが、地元産の、例えば米飯給食の場合の米というものを給食センターを通じないけんのか、あるいはここの中央農協で地元産の米を食べさせたらどうかと、そんな思いがいたします。これ野菜もしかりですけど。とにかく地産地消を基本的に持っていくべきだろうと。それで、給食センターをなぜ、米飯あたり、利用して、どこの米が来るですか、お聞きします。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 池田議員の御質問にお答えいたします。


 広域連合のあり方でございますが、確かに議員おっしゃるように、広域連合のあり方もやっぱり考えていかなければならないだろうと、こう思っております。特に先ほど質問がありました滞納整理でございますが、これは広域で、滞納がたくさんあるということで、滞納整理を広域でやっていこうということでやったわけです。当初はかなりの成果がありました。そして、そこにそれぞれの町あるいは市から職員を派遣して、そういう滞納の徴収のノウハウも学んでまいりました。今こうやって残っておるのが、大変難しいものばかり残っておるというのが実態でございまして、北栄町の場合はそういうのがかなり残っておるというようなことでございます。そしてまた、北栄町の職員も滞納整理に3名ほど広域連合に行って、そういう徴収事務を行いましたが、今すべて帰ってきております。大変優秀な職員でございまして、今、北栄町では、町でそういう滞納整理事務ができるというような状況までなっております。先ほど課長がありましたように、1件出すと1,000円、そして徴収額の30%を連合に支払うというようなシステムの中で、入ってくるより負担の方が今多いような状況でありまして、今、連合の方に、この滞納整理何とか検討せないけんだないかということも私の方も言っておるところでございます。今年度中に、今、担当課長が言いましたが、そういう担当課長の中で話をして、それでまたそれを上げてきて判断していくということになろうかと思いますが、そういう意味で、滞納問題、今、あり方を検討されておるところであります。


 また、ごみの問題につきましても、連合の方もかなり、直営でしておったものを今委託というような形でやっております。そして職員も引き揚げて、民間の業者に委託してやらせるというような努力はしておるわけでございますが、ただ、施設の更新というようなことがありまして、なかなか効果があらわれてきていないというのが実態でございますし、我々が一生懸命ごみを減らしても、またほかの町のこともあるということで、やっぱり中部が一つになってそういう減量作戦をやっていかなければ、これは難しい問題だろうと、こう思っております。これも担当課長会の中でも話をされておるようでございますが、連合の会議の中でも十分議論して、ごみの減量化、そしてコスト削減を図っていくようにとり進めてまいりたいと、こう思っております。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 米飯に伴います米でございますが、北栄町におきましては、両学校給食センターにおきましても、すべて地元産を供給させていただいております。そこの中で、学校給食会において衛生面の管理とか健康管理、それから施設の管理を、それぞれ学校給食会が仕入れ先であります農協と契約して、そちらの方の管理をしておられるということでございます。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


 1番、前田栄治君。(発言する者あり)


 三好教育総務課長、どうぞ。


○教育総務課長(三好 秀康君) 流れ図をお話しさせていただきますと、それぞれの学校給食センターは学校給食会から購入しています。学校給食会と契約している中で、学校給食会は農協、それぞれのJAと契約しておられます。JAさんのそれぞれの施設管理、それから職員の管理、米の管理を実施しておられるということです。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 答弁漏れがありますか。


○議員(12番 池田 捷昭君) 学校給食センターにマージンはどのくらいになるですか、直接農協から買った場合と。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 先ほどのこの米飯のフロー、図についてはまた後ほど議員の皆様にお示ししますが、学校給食会と契約するに当たりまして、1食当たり1.9円の事務費をお支払いしております。そこの中には、先ほど申しましたとおり学校給食会がその責任において衛生面の管理、あわせて業者の、この場合であれば農協なんですけども、健康管理、その携わる職員の健康管理、施設の管理をやっておられます。実はこれはことしの6月ですけども、どことは言いませんけども、隣町の学校給食、これは町の給食会ですけども、町の給食会も、それぞれでそこの給食会が単独で米飯の米を仕入れておられましたけども、なかなか衛生面管理とか施設の管理を、その場合であればそこの単独で実施する必要がございます。そういうことはなかなか難しいということで、この6月に学校給食会と契約されて、今、私ども北栄町と同じようにそういうフローの中で米飯の給食を供給しているということでございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 次に進みます。


 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 決算書の方でします。42ページの2款総務費の8目企画費のところに、お座敷列車で8万2,000円ほど支出しておりますけども、これ毎年、大分しておられますし、徐々にマンネリ化してきたのか、参加者の方も少ないと。これふやすためにどういうふうな対策を今後考えられるのかということをお聞きします。


 次ですけども、44ページ、12目の情報処理費、ホームページ委託しておられますけども、北栄町のホームページになって、最初のころは書き込みの広場のところによく書き込めてたんですけど、今、書き込みの広場、非常に書きにくいのか、全然書き込まれることがないんですよね、ホームページに。僕の見方が悪くて、ほかにどこかに書き込まれているのかもしれないですけど、ずうっといろいろ見ているんですけども、ホームページに書き込みがないと。非常に書き込みの仕方か難しくなっちゃったんじゃないかなと思います。この辺、委託しておられますんで、ホームページの、やっぱり町民の声というのは非常に大事だと思いますんで、ホームページの書き込みをしやすくする方法を考えていただきたいと思いますけども、そこの答弁をお願いします。


 次ですけども、84ページ、一番下の非常備消防費のところに、9番、旅費、非常に多くの不用額が出ておりますけども、148万5,742円という非常に多く出ていますけど、ここの内容を説明がなかったもので、それを教えてください。


 最後ですけども、90ページ、教育費の中のスクールバス購入費、スクールバス整備事業費で1,459万8,000円ほどで購入できたということですけども、非常に安くついているんですけども、当初の予算と実際の購入額が非常に請け差がすごかったんですけども、ここの不用額のところが、請け差が多かった割には不用額のところに余り載ってないような気がするんですけども、ちょっとそこの内容をもう一度教えてやってください。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、前田議員の御質問にお答えします。


 まず、決算書でいきますと42ページでございますが、企画費の中のお座敷列車の関係でございます。参加者がマンネリ化して減っておるのではないか、新しい方法を何か考えとるかということでございましたが、ちなみに18年度は1月の8日に実施をしまして80人でございました。この決算書にあります19年度は1月の5日に実施をしまして73人ということでございます。前年度からいきますと7人ほど減ったわけでございます。19年度までに9回を実施しておりまして、大体のお座敷列車で3両、マックスが90人ということでございまして、なかなか90人が埋まらないということがありますけども、逆に言うと90人が入られるとかなり狭くなるということで、80人とか七十五、六人程度というのは適正規模じゃないかなというふうに思っております。


 そうはいっても減っておりますので、今後どうするかということでございます。もちろん今年度も当初予算にもう既に計上しておりまして、今計画中でございますが、実はことしが第10回目に当たりますので、10回目ですと、ちょっと何か変わったことをしようということで、今計画をしております。こちらが考えておりますのは、またこれも著作権の関係との協議もございますが、できましたら今回は対象範囲を広げて、中部一円で参加者を募ってみようかというふうに思っております。10回目ですから、多分そういうぐらいのことはできるじゃないかというふうに思っておりますが、小学館との協議次第ということもありますが、そういうことを計画をしておりまして、できましたら近隣の市町村の方と一緒に出雲大社にお参りをできたらという計画にしております。ただ、日程が非常に込んでおりまして、今度の明けて21年の1月の、例えば正月の松の内でいきますと3日とか4日あたりに土日とかがぶつかってしまいまして、それぞれ成人式とか出初め式等がぶつかっておりますので、実施時期については1週間ずれるということになります。そういうことになりますと、参加者の方がちょっと松の内から外れるんでどうかということもありますので、その辺は若干心配しておりますが、いずれにしても町の行事とあわせながらやれば当然1週おくれになりますので、早いうちからPRをかけて、魅力あるお座敷列車にしたいということで、PRをどんどんしていきたいというふうに思っております。


 次でございますが、44ページの情報関係の中のホームページでございます。最近書き込みがなくなったという御質問でございますが、これにつきましては、実は以前は無条件に町民の広場に書き込みができるようになっておりましたが、御承知のとおり湯梨浜町とか三朝町、特に三朝町あたりでは、勝手に無責任に営業というか、商売の関係で書き込みをされたりして、それにまた反応するということで、本来の目的ではないところで書き込みが非常に使われておるということがございまして、やはりこちらの方としてもそういうことがないようにということで、今現在では登録制にしておる、これが非常にややこしいというか、登録してあると言いたいことが言いにくいということがあって、今少のうなっただろうというふうに思っております。これを外せばまたもとのもくあみで、そこがターゲットになって、どんどん県外とか町外から出てくるという可能性もありますので、またここらについて、そうはいっても自由に皆さん方が意見が述べれる場、ツールでもありましたので、また考えてみたいというふうに思っております。とりあえず以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 小矢野総務課参事。


○総務課参事(小矢野 貢君) 前田議員の御質疑にお答えします。


 84ページの2の非常備消防費の9の旅費の不用額の件でございますけども、これにつきましては、主なものは災害、それから火災等につきましての出動旅費が主なものでございます。予定しておりましたものよりも災害なり、それから火災出動が少なかったということでございまして、不用額が出たわけでございます。


 ちなみに19年度の火災等の状況を見ますと、出動回数は10回、それから延べ309名の出動でございます。それから火災が8件、非火災が2件ということでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 決算書の90ページでスクールバスの整備事業で、とても安くついたでないかと、その不用額はどうなっとるかということですけども、これにつきましては、補正予算で1,460万円、補正額を承認させていただきました。そこの中でスクールバスの購入が1,438万5,000円でありました。残り30万円でございますが、それにつきましては、当初見込んでおりませんでしたスクールバスの登録代行費用等手数料、それからリサイクル料金委託料、そちらの方に流用しながら支出させていただいたということで、決算としましては、1,459万8,000円ということでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 私の方は成果の方で7ページ、期日前投票所の設置の見直しでございます。説明によりますと、町内全体のバランス及び過去の選挙の実績に基づく投票者数と費用の効果を検討して、見直しを実施されたということで、町内2カ所あったものが1カ所、平成19年の参議院通常選挙から適用されたことであります。そもそもこの期日前投票は投票率を上げるために弾力化もされておりますし、その点で2カ所を1カ所にされて、その参議院選挙、どうだったのか。投票率が上がったのか下がったのか、お聞きしたいと思います。


 続きまして、10ページ、災害対策事業費の中にあります備蓄備品購入でクラッカー、アルファ米でありますけども、何人分の購入だったのかお伺いしたいと思います。


 その横のページ、11ページであります。町報の事業であります。この町報が、1年間、ページ単価でいうと1ページ1万8,900円というふうに支払われております。このことについて、現在入稿については、記事と、それから写真、表を山本印刷に渡されて入稿されておられると思いますが、先ほど同僚議員さんから研修のことでありましたが、例えばレイアウトをこちらの方で組んで、それで直接入稿した場合、その費用は大体1ページ当たり5,000円ぐらい安くなるのではないかと、そのように思います。ということは、平均ページ26ページでありますから、1年間で156万円ぐらい削減できるのではないかというふうに思うのでありますけども、そういうことも踏まえて、そういうものを取得するための講座を受講させることはできないのかというようなことをお聞かせ願いたいと思います。


 続きまして、13ページでございます。由良宿再発見事業で301万9,000円決算がありました。この主たる事業は、PRビデオ、4カ国版の作成、299万円使われておられます。このビデオを作成することによって、どのような効果があったのか、生まれたのか、まずそこを伺いたいと思います。


 それと、今度は決算書の方で申し上げたいと思います。111ページ、郡民体育大会事業であります。148万3,660円の事業であります。ここの中に、これ平成19年度までは保険料が単独で掛けてあったというふうに思うんです。本年度、市町村の共済保険でしたっけ、そういうものでかえられたということでありますけども、実際この平成19年度の保険の実績、保険対応はどのぐらいの数があったのかお聞かせ願いたいと思います。


 あと32ページ、感染症等予防事業であります。これは委員会で申し上げましたけれども、町長の答弁を聞きたく、お聞かせ願いたいと思います。この事業ですね、中に、去年も申し上げましたが、32ページです。乳幼児のインフルエンザの半額助成というものが入っております。委員会で聞いたところ、2回接種できるうちの1回分を町で補助するものでありまして、執行率といいますか、60%であるようであります。120万円の予算に対して、執行では79万1,300円と50万円の残があります。私、去年も申し上げましたけども、こういうものは、残が出るのであれば、例えば枠を広げてやるとか、小学校3年生まで枠を広げてやるとか、そういうことも必要ではないかと、この事業に関しては、そのように思います。このことについて町長にお伺いしたいと思います。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 神宮議員の御質問にお答えいたします。


 7ページの期日前投票を2カ所から1カ所にした、これの影響についてどうかということでございますが、次のページをごらんをいただきたいというふうに思いますけども、一番上が鳥取県知事・議会議員選挙の投票率71.36%でございます。それから、1つ置きまして参議院議員通常選挙の投票率76.32%。県知事の方は2カ所置きました、参議院の方は1カ所でしたというふうな形で、これ単純に比較はできませんけども、この結果から見ても影響はなかったというふうに考えておるところでございます。


○議長(阪本 和俊君) 小矢野総務課参事。


○総務課参事(小矢野 貢君) 神宮議員の御質疑にお答えします。


 主要施策の10ページの備蓄品の何食分かということでございますけども、200食の3回分が1ユニットになっておりまして、600食分でございます。


○議員(2番 神宮 弘幸君) ごめんなさい、もう一度。


○総務課参事(小矢野 貢君) 200食掛ける3が1ユニットになっておりまして、1ユニット買っておりまして、ですから600食ということでございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、神宮議員の御質問にお答えをします。


 まず、11ページの町報の関係でございます。御質問は、ページ単価が、データ入稿すれば若干でも安くなるでないかという御質問だったというふうに思いますが、現在私どものところが、そこの掲げておりますように、これは成果の中で掲げておりますが、ページ当たり1万8,900円ということでございます。同じくでございますが、議会だよりの、多分第11号だったと思います。7月発行の議会だよりの中に、議会だよりは1万三千四百数十円ということが記載をされておりまして、私どももこのことについては非常に気にしておりまして、担当者の方とよく話を当時からしております。


 要は、現在のやり方を言いますと、まず取材をして記事を書きます。書いた記事と写真はフロッピーに入れてデータにして印刷屋に渡しておりますが、問題は、そのレイアウトは要するに手書きでやっておりまして、印刷屋に持ち込むと、この手書きのレイアウトで、この写真とこの記事をここに埋めてくださいということで持ち込むわけでございます。質問は、そのレイアウトもデータにちゃんと入れてやればすべて入り込むから、向こうの手が省けて、結果的にいわゆる印刷単価が安くなるでないかということでございます。言われるとおりでございまして、確かに、現在では、特に大都市を中心にこういうふうなデータ入稿といいますか、すべてをデータで持ち込むようになりつつあります。ただ、現状を言いますと、私どものところは、北栄町は1人の担当者で取材からすべて編集も何もやらせて持ち込むということになっておりまして、しかも毎月発行でございます。なかなか、聞いてみますと、このデータ入力がかなりの技術が要るようでございまして、その技術の習得に時間がかかるということで、それに入り込みますと1カ月とか2カ月ぐらい広報紙がほとんど発行できないような状態になるでないかということで、担当者の方も非常に悩んでおります。そのお金との問題もありますし、やらねばならんと、ただ、その技術がなかなか習得できないということでございまして、ちょうど悩みでございまして、できましたら、担当がいつまでやっているかでございますが、新しい担当になるときには、あらかじめそういうようなことも習得をさせながら人事異動を考えたらというふうに思っておりますが、今時点では、やはり私どもとしては編集を第一に考えておりまして、データ入稿は次の段階にさせていただいたらというふうに考えております。


 次に、由良宿再発見事業のPRビデオの件でございますが、この効果はどうかということでございます。これにつきましては、海外版をつくったということで、特に内容については8分程度にまとめておりまして、主には青山剛昌ふるさと館のPRと、それから北栄町のPRということで、8分にまとめてコンパクトなものにしております。これを、特に現在ではいろんな観光宣伝、誘客活動に使っておりまして、もちろんふるさと館が、県内、県外、いろんなところに活動をしておりますが、直接エージェントさんに持ち込んできて、こういうようなことだということで、しゃべるよりは見てもらう方が早いだろうということで活用しております。


 それから、今後につきましては、まだ町民の皆様に余りこのPRビデオが目に触れてないようでございますので、機会をとらえましていろんなところで見ていただこうかと、例えば図書館とか中央公民館あたりでも備えて、皆さん方が気楽に見ていただければというふうに思います。いずれにしましても、主たる目的は宣伝、誘客活動でございますので、外の方にどんどん使っていきたいというふうに思っております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 神宮議員の御質疑にお答えいたします。


 郡民体育大会での保険対応についてでございます。確かにおっしゃるとおり町村会保険の方に移行しておりまして、19年度、対応が何件あったかということでございますが、今ここで何件か覚えておりませんが、確かにけがをされた方があったということについては確認をしておりますので、後ほどその件数についてはお答えさせていただきます。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 神宮議員の御質問にお答えいたします。


 感染症等の予防事業についての御質問でございますが、今、三種混合なり二種混合、そしてポリオ、風疹、麻疹、あるいは日本脳炎、インフルエンザ、BCGという形で感染症の予防事業をやっておるところでございます。現在集団でやっておるのが、ポリオとBCGということでございます。あとは個別接種ということでやっておりますが、これが、以前は集団でやっておられましたが、今、個別で受診ということになりましたし、それがまた任意ということになっておりまして、予算を組んでも、行かれない方があるということでございます。大変必要な感染の接種でございますので、たくさんの方に行っていただくように声かけをしてまいらないかんなと、こう思っておるところでございます。予算が余っとるからそれをほかにということも、枠を広げてということもあるわけですが、やはりそれぞれの接種の時期というのがあると思いますんで、接種をされてない方に、任意ですので、されてない方に声をかけて、たくさんの方にその時期にしていただくということを考えてまいりたいと、こう思っております。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 2番、神宮です。まずは、先ほど、投票の方ですけれども、説明受けましたが、期日前が書いてないんですよね、これ。違いますか。期日前は投票率に含まれとるんですけれども、期日前は何人だったかということの説明じゃないと、答えてもらってないと、そのように思います。ちょっとその数ですね、後でいいですからお聞かせ願いたいと思います。


 ただ、実際この期日前投票というのは、民主主義の大もとなんですよ。だから、やっぱり便宜を図るという、投票率を上げるというために出してますんで、これはやはり2カ所に戻してでも投票率を上げていくというぐらいのやっぱり気概でないとだめだと、そのように私は思うので、今回質問させていただきました。このことに関しては、資料はまた後でよろしいですので、よろしくお願いいたします。


 あと、アルファ米とクラッカーですね。これ備蓄はされたのですか、それともその場で消費されたのかということをお聞かせ願いたいと思います。


 次に、11ページの町報のことでありますけれども、そもそも1人で大変だと思うんですよ。写真からですよね。やはりこの町報、住民に対して説明しなきゃいけない一番、自治基本条例でもそうですし、何でもがそうなんですけれども、ここが一番根幹なんですよ、広報が。だから、これの充実をしなきゃいけないにもかかわらず、1人ということ自体がいかがなもんかと、そのように思います。そのことについて、これは町長に伺います。


 あと13ページですね。由良宿のPRビデオ、4カ国の版でありますけれども、今の話によると手渡すということでありますけれども、対外の誘致活動で使われとるということでありますけど、こういう299万円も使って、対外の事業でということでありますが、二次利用、例えばホームページで、コナン館のホームページに使ってみたりとか、我が町のホームページに掲載してみたりとか、こういう必要がありはしないかと。これがまさしく二次利用で、使い切りじゃない、むだのない施策だと、そのように思いますが、そういうこともちょっと考えていただけ、そのことについてできるかできないか伺いたいと思います。


 郡体の件で、保険料があったということでありますけれども、この基本的な違いは、以前の平成18年度やっている保険は1日目から出るんですよ。ですよね。今年度実施した保険は、6日間傷害でかからなければ出ないんです、保険がですね。このことによって、関係者いわく、なかなか参加してくれって言いにくくなったという声も聞いております。19年度の成果で十分いいと思いますけれども、そのことについて伺いたいと思います。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 小矢野総務課参事。


○総務課参事(小矢野 貢君) 神宮議員の再度の御質疑にお答えします。


 備蓄米について、新たに購入したわけですけども、期限が切れたものについてはどうだったのかということですね。訓練に使っております。訓練で実際に炊いて使ったということです。期限の切れるまでです。


○議長(阪本 和俊君) 町報について。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 神宮議員の広報紙についての御質問でございます。1人では少ないのではないかなということでございますが、広報、町のいろんな施策を町民の皆さんに知っていただく上で大変重要なことだと認識しております。そういう中で、今、1人でやっておるわけでございますが、担当は1人でございますが、広報委員会等を設けまして、次の翌週はこういうことをやりたいという、それぞれの担当の課の方からまたこういうことを載せたいというようなこともございますし、また、こちらの方も、こういうことがあるがこれを載せようというようなこともある中で、じゃあ何月はこういうことを載せようということを決めております。そういう中にあって、記事についてはそれぞれの担当が、担当課です、これが書いていくというようなことをしておりまして、レイアウトは彼女1人がやっているというような状況であります。このレイアウト、あるいはまた文章もコンパクトにせないかん。文字数が決めてあるわけですが、表現的なものとか、あるいはもうちょっと簡潔にとかいうようなこともありますので、大変だろうと思いますが、一生懸命今やっていただいておるところであります。今後は、ほかの担当課ともまた十分そういう広報能力を持たせて、スムーズにできるような体制をとっていきたいなと、こう思っているところであります。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) PRビデオの関係でございますが、ホームページを別に否定するものではございませんので、当然ホームページにも載せないけませんし、ただ、今回こういうものをつくったのは、やはり宣伝、誘客活動、特にエージェントさんを中心にやるわけでございますが、どうしても足を運んで何ぼのものでございまして、だから、見てくださいということでなくて、押しかけていって宣伝をするという、ここにかかっとるわけでございまして、そのためのツールとしてこのPRビデオをつくらせてもらったということでございます。これを中心に活用させていただくということでございます。ホームページについては、今後また掲載するとか、その活用するというのは、当然せないかんことでございますので、この辺も今後活用していきたいというふうに思います。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 郡民体育大会の保険対応について、神宮議員の再度の御質疑でございましたが、ちょっと私、議員おっしゃいますように、以前入っていたものについては1日目から保険が出たけども、次の町村会の保険については6日経過した後の部分でないと出ないけどもということについては聞かせてもらったですけども、そのことについて効果をお尋ねだったでしょうか、そこのところがちょっとよくわからなかったですけど。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 効果も含めて全般的にもとに戻した方がいいでないですか、そのことについてどう思われますかということです。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) はい。申しわけございません。


 18年度の対応について私が承知しておりませんでした。19年度がこのような対応になって、こういう結果が出とるということでございますので、調べてみまして、どういう向きがいいのかということについて、後ほど答弁させていただきたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 2番。この備蓄米、アルファ米とクラッカーのことですけれども、そしたら、今の在庫は何人分あるのか、それから何日間分あるのかということをお聞かせ願いたいと思います。


 というのが、これは、今、我が町だけが被害を受けるような災害というのはまずないわけでして、例えば隣町も含めて中部全域で災害があると思うんです。そうした場合に、隣の町から例えば中部広域連合からアルファ米やクラッカーというものがもらえるけえということの観点では、だめだと思うんです。ですから、こういうものは何日分あって、それから何人分あるかということをPRすることによって、町民に安心を与えることでもありますし、それから全部が全部町が備蓄する必要はないと思うんですよ。そういうデータをちゃんと情報公開すれば、あとは町民の皆さん、何日分ほかのものを集めといてください、備蓄しといてくださいということにもなるわけですから、そういうこともちゃんとお知らせする必要はないか。これ必要があると思うんです。ですから、まずそこら辺をお願いいたします。


 あと、広報委員会とですね。ただ、今見ておるには、やはり1人というのはなかなか難しいのではないか。記事も実際書かれておられますし、そういうもので、仕事をシェアしてできるかというところもやっぱり問題点があると思うんです。


 あと、話をもとに戻しますけど、その研修費で、やはりだれかエキスパートをつくる必要がありはしないかと、そのように思います。毎月のことですから、1号について、1年間で150幾ら削減ができるんです。例えば新任者で、例えばスキルアップをさせるために講習を受ける。それが有料であったとしても40万円、また、町村のレイアウトの関係の講習に行けばもっと安易に、2万円ぐらいでできるんですわ。ですから、そういうスキルアップをさせるために受講させるということもやはり必要ではないかと、今後、これからの広報を考える中でそのように思います。


 あと、今、感染予防のことについてですけれども、受けていただくというのもそうですけども、2年間同じ質問をして、一向に、同じぐらいの額でしか執行されてないと。やはりこれは大もとを変えて、それで、例えば小学校3年生まで枠を広げるとかというふうに視点を切りかえた方が僕はいいと思います。


 それと、これで気になるのは、今はインフルエンザのことなんですけれども、また新型インフルエンザの対応もこれから考えられると思うんです。このことについて、二、三日前のニュースで厚生労働省は、25枚のマスクを用意しなきゃいけないという報道がされました。そのことについてお聞かせ願いたいと思います。


 あと、PRビデオのことに関して言いますと、誘致企業のためにつくった、エージェントに誘致するためにつくったとは言っときながらでも、ただ、そういうものの二次加工というものはやはりすべきだと思うんです。例えばユーチューブなど動画サイトにアップするというのも、年間利用者は今や1,111万4,000人あるということでありますから、こういうものを使わない手はないと思うんですけれども、そのことについて最後お伺いしたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 小矢野総務課参事。


○総務課参事(小矢野 貢君) 再度の神宮議員の御質疑にお答えします。


 備蓄の総数はどうなるかという考え方の問題ですけども、基本的に備蓄につきましては、各市町村、それから県が備蓄しております。当然町が被災、災害があったときは町で使うわけですけども、それで足りない場合は、やはり他町村なり県から応援が来ると、県全体が被災した場合は他県からということになるわけでございまして、先ほど申し上げましたように、1ユニットが600食になっておりまして、3ユニット現在備蓄をしてあります。ですから、1,800食ということでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) それでは、広報関係のお答えをさせていただきますが、確かに1人は大変でございます。私も実は5年ほど担当しておりまして、非常に大変だったというのはよくわかっております。ただ、大変ではありますけども、結果が出れば、またそれはそれでやりがいがあるということで、今の担当者にはもう少し頑張れと、さらに上を目指すということを言っておりますので、現在はこのまま進ませていただこうかというふうに思っておりますが、今後につきましては、やはり完全データ入稿の件もございますので、そういう職員を育てながら、またしかるべき対応を考えたいというふうに思っております。


 それから、PRビデオの件でございますが、他の活用についても検討してまいりたいというふうに思いますので、この点についてもよろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 神宮議員さんの再度の御質問にお答えいたします。


 乳幼児のインフルエンザの件でございますけども、19年度が243人の方に助成をいたしております。1回、上限が1,500円ということがありまして、2回までということでございます。それぞれ3,000円とか、接種料がございますけども、お医者さんによっては若干低いところもございます。当初の予算が120万円でございましたけども、決算としては79万1,300円ということで決算をいたしているところでございます。今後につきましては、多くの方に接種をしていただきたいということで、これは強制ではございませんけども、広報とか町放送、そういったものも毎年やっておるところでございますけども、またいろいろと検討しながら、周知をしてまいりたいというふうに考えておるところでございます。以上で説明を終わります。


○議長(阪本 和俊君) 16番、石丸美嗣君。


○議員(16番 石丸 美嗣君) 16番、石丸です。私は、主要なる成果の中で3点ちょっと質問をいたしたいと思います。


 まず最初に、38ページ、先ほど来、全協等でも食の安全・安心、いろいろと論議されたところでございますが、地産地消の問題もこの中で取り上げなければならんだろうなというふうに思いますが、ここで地産地消の学校給食、地元産味噌供給事業補助金、非常に長ったらしい補助金になっておりますが、これは北条側で、北条幼稚園、小学校、中学校に地元産みそを提供するJA女性会に対し、給食センターの仕入れ値と給食会の卸値の価格差額の補助を行い、地産地消の普及を図ったとなって、すごい生産者で、すごい納入をされたんだろうなと思っておりますが、北条側の豆類の地元産は、55ページ、先ほど来論議されました給食の推進の中で375キロ納入されているわけですが、この女性会はどのくらい納められたのか。また、こういう地産地消の推進を図るんであれば、他の納入業者にも、他の生産者にも、こういう事業を補助金を出す必要がありはしないか。そうでなければ地産地消が進まないというふうに思います。地産地消で完全に安心・安全なものが100%提供されるとは限らないとは思いますけれども、その点をひとつ簡単にお答えいただけたらと思います。


 続いて、68ページの郡民体育大会、先ほどは保険の件が出ましたが、私は郡民体育大会、現在郡では4町になりましたね。旧町村単位で選手の参加を募って行う内容ですが、できたら東、中、西と分かれております中部体育大会というような、ひとつ倉吉市を巻き込んだ大きな大会にしたらどうでしょうかなというふうに思いますし、北栄町では、何かの機会に申し上げましたが、強化費と弁当代ということで700円の補助が出ました。非常に過酷な金額でございます。これは前年度に関しても1,000円です。ただし、琴浦では2,500円出されていた。ことしの費用対効果からすれば、北栄町、優秀なものだったですね。700円出していただいて総合優勝するわけですから、費用対効果というようなことからすりゃ、すばらしい町民だろうと思います。この勤勉性に免じて、来年度は倍額に増額されるような努力をしていただきたいなと。そうでないと、スポーツの推進なんていう言葉は全くないのと一緒だというふうに思います。やれやれやれやれ言っておいて、金は出さん出さん出さんというようなことでは、やっぱり町民の喚起にはならんというふうに思いますので、もう少しその点は考えていただきたいと思います。


 それとあと1点は、73ページ、移動図書館の問題、来年度から移動図書館車については廃止されるというようなことを聞いたように思うんですけれども、そうであるならば過去の問題を言っても仕方ないんですが、移動図書館の貸出数については、確かに1割強が移動図書館で出ておるわけですけれども、その出た先をチェックした内容では、ある施設でまとめて借り上げてもらってるんですね。施設ですよ。そりゃあ便利でしょう。公共的な施設、町以外の施設で、移動図書館からまとめて貸し出しして、そしたら実績は上がるかもしれませんが、一町民の役には立ってなかった貸出数だというふうに感じます。そういう点では、本当にそういう内容でよかったのかということをお聞きして、簡単に答弁をいただければ結構ですので、お願いをいたします。


○議長(阪本 和俊君) 暫時休憩します。(午前11時58分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午後1時00分再開)


 質疑に入る前に、先ほどの会議において資料の提出を求められた件及び答弁を保留していた件について、関係課長の説明を求めます。


 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 先ほどの神宮議員の御質問の中で資料提出を求められておりましたので、皆さん方の方にお手元にお配りをいたしております。平成17年10月23日の町長選挙、それから19年4月8日の県知事選挙、それと19年7月29日の県の参議院の県の選出議員の選挙の期日前投票の状況を記載したものでございます。


 それぞれ中ほど、町長選の場合の中ほどに合計というのがありますけども、北条庁舎、大栄庁舎、439人、1,008人、合計1,447人で、投票率10.76%。それから県知事選につきましては、下の方にありますが、合計が北条庁舎249、大栄庁舎804、合計1,053で7.88%。それから参議院選挙につきましては、これも下の方にありますが、大栄庁舎一本で1,590で11.79%という、こういう数字でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 以上で終わります。


 引き続き、16番、石丸議員の質問に対する執行部の答弁を求めます。


 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) それでは、石丸議員の御質問にお答えいたします。


 38ページの地産地消、みそ補助金の関係でございます。石丸議員おっしゃいましたように、内容的には、加工グループの皆さんがみそをつくられまして、その加工経費と、それから市販で売っておりますみその経費との相差を補助するという、そういった補助金でございまして、昨年度は北条小学校の方で、年間を通して毎月30キロで11カ月、これは1カ月夏休みがございますので11カ月、年間通してみその供給をいたしておりますし、大栄小学校の方でも、ちょっと数量が25キロと少ないですけども、同じように年間を通して、夏休みも外して11カ月ということで、みそを学校の方に供給いたしております。


 この問題、昨年から監査委員さんの方からも御意見等もございまして、地産地消という大きな看板の中で、みそだけでええのかという話は出ております。ここであります学校給食の地産地消と上げておりますけども、私どもで今考えておりますのは、加工品を中心にした、そういった学校給食に何とか使ってもらえんだろうかなというふうな取り組みをいたしておりまして、北栄町で今、10の加工グループさんがございまして、ことしの春、会を持ちまして、皆さん方にこのことも提案をさせていただきました。


 問題は、なかなか年間を通して量をつくることが大変だということが一つございますし、あと価格の問題もございますけども、もう一つは、年間を通して量をつくることが難しいということになれば、人も、人数も要るということも一つの大きな課題のようであります。例えばケチャップ等をつくるということになりますと、トマトの栽培から始めて、地産地消ですので、地元のトマトから栽培を始めて、それを収穫して加工するというふうなことになりますから、なかなか年間を通して会員さんがそういった活動もできないというふうなこともございますし、あと、焼き肉のたれ等も使えんだろうかなということも考えております。以前も大栄小学校の方で焼き肉のたれも使われたようでありますけれども、やっぱり量がなかなかそろわないというふうなこともございまして、なかなかこのみそを超えて、加えて新しい加工品を学校給食に供給していくということが今難しい体制ではございます。そうはいいましても、ありますように、みそを含めて地元からの加工がたくさんあるわけですので、1つでも2つでも商品として学校の方で使っていただくような、そういった取り組みをこれからも加工グループの皆さんにお願いをしていかないけんなというふうに思っておりますので、現状として今のとおりでございます。以上であります。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 石丸議員の御質疑にお答えいたします。


 初めに、68ページでございますが、郡民体育大会についてでございます。倉吉市も含めて中部体育大会とか、そういう形にしていってはという御意見がございました。この件につきましては、私どもが一存でこういう向きにということについてはお答えすることではないと思いますが、ただ、担当課長として考えまするに、運営上、広域になって、今でも、町の数は少なくなったわけですが、郡体の場合、非常にその大会運営に、会場地を求めるにしても大変なことがありますので、その辺につきましては、社会体育の担当者の会でもありましたら、このような向きもあるということについては話としては出してもとは思いますが、ちょっと難しいではないかと。そういう向きにするについては、決定については私どもが云々ということにはならんと思いますので、その点を申し上げます。


 次に、強化費のことについてでございます。確かに700円ということで、議員おっしゃいますように、近隣と比較しましても高いものではありませんし、にもってきて昨年よりかも減額しているという状況については事実でございます。ただ、体力づくり、健康増進ということからしますと、チャレンジデー初め、そのほかのいろいろな催しをもちまして、町民の方の体力づくり、健康保持ということには努めておるところでございますし、それに賛同いただきまして、各事業にたくさん参加していただいております。


 また、郡民体育大会につきましても、この強化費でもって御理解をいただいて、非常にいい成績をおさめていただいとるということにつきましては、大変うれしく思っておりますし、感謝申し上げております。この御理解のもとに今後とも進めていってもらったらというぐあいに考えておるところでございます。


 次に、73ページの図書館事業のうちの移動図書館車のことにつきましてでございます。これにつきましては、現在のところ37ステーション。といいますのが、自治会で21、小・中学校で4、幼稚園、保育所で8カ所、それから文化センター1、それから町内にあります福祉施設が3でございます。こういうところに出かけていきまして、対面で貸し借りの対応をしておるのが現状でございまして、合併してから北条地区の自治会も加わってもらったりとかということで、貸出冊数につきましては増加の傾向にあるというぐあいに考えております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


 16番、石丸美嗣君。


○議員(16番 石丸 美嗣君) 16番。ただいま加工食品の件についても答弁をいただきました。30キログラムの11カ月ということで定期的に納めておられるんですが、残念なことに、この1団体だけにこういう補助金が使われて、地産地消の普及を図ったというようないい言葉で締めくくってあるもんだから、非常に町全体がこういうものに取り組んでおられるのかなというような錯覚を受けるところでございます。10団体もあるということですから、できる限りそれを使えるような方向に指導いただくというのが行政の役目だろうと思いますから、そのような指導を今後お願いしておきたいと思います。


 郡民体育大会については、担当課長も強化費用は他町村の最低であったということの認識ははっきりとされておるようでございますから、それ以上は申しませんが、この言葉の締めくくりが、今言った同じような内容で、「世代間の交流や親睦が深まり、元気な町づくりと健康づくりができた」。郡民体育大会だけでできたもんじゃないんですね。これはふだんのスポーツ活動がこういう健康づくりだろうと思うんです。世代間の交流じゃなくて、近隣町村との交流ができたということが郡民体育大会は正しいだろうというふうに思います。


 それと、図書館については、私の指摘したところでは、まとめてある施設等にぽんぽんと出ていっているから、こういう移動図書館からの貸出数がふえてるということを指摘したんであって、それを云々というわけではございませんので、気のついたところを申し上げただけということにとどめておきたいと思います。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 答弁はいいですか。


○議員(16番 石丸 美嗣君) いいです。


○議長(阪本 和俊君) 11番、磯江誠君。


○議員(11番 磯江  誠君) 私は2点ばかりお伺いします。


 70ページの展示・鑑賞・発表経費事業が81万2,000円で、3回北栄町美術展、第2回公民館まつり、一緒に81万2,000円ですが、これは配分というか、別々の費用はどうなっているかお聞きしたいんですわ。


 といいますのが、北条美術展のころ非常に権威ある美術展でした。合併して北栄町となっているんですが、我々北条側の美術愛好家にとっては、県展か倉吉市展か北条町美術展かと、そのぐらいの3大美術展にのし上がっていたわけですが、最近、下の公民館とごっちゃになったような展示の方法、その辺の迫力が少ないと美術愛好家の方から言われております。ですから、その辺、どのぐらい80万が下と上で配分されているか、その辺をお伺いしたいんです。


 それから、もう1点は、38ページのチャレンジプラン支援事業2,526万4,000円の件ですが、支援プランとして、スイカ、抑制シンテッポウユリ、土づくり、非常に大きな予算ですが、これは何件くらいでどのような配分になっとるか。その辺を2点をお聞きしたいんです。以上。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 磯江議員の御質疑にお答えいたします。


 公民館での展示・鑑賞・発表の経費のうち美術展と公民館まつりについての費用配分を含めたことと、それから美術展が以前と違って迫力がなくなっておるでないかという御指摘でございます。この予算の配分、81万2,000円についてでございますが、大部分美術展の方に要しております。これは奨励賞とかいう賞がございます。それから運営委員、それから審査員等にかかった経費等でございます。もちろんポスター等にも要した経費でございます。


 公民館まつりの方につきましては、ロビーの展示、それから舞台発表等につきましては、特に照明等についてとか音響の関係については使っておりますけども、大部分が美術展の方だというぐあいに御理解いただきたいと思います。


 それから、出展数等につきましても、ここに載せておりますように推移をしておりまして、特に以前と違って内容が貧困になったというようなことにつきましては、議員のお言葉なり議員におっしゃられた方の御意見もあると思いますけども、担当といたしましてはそこまでは考えておりませんが、今後ますます盛んになるように啓発、努力をしていって、実行委員にもこのようなお話をしまして、盛り上げていきたいと思いますので、皆さんにもよろしくお願いいたします。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) 磯江議員の御質問にお答えいたします。


 38ページのチャレンジプランの内容についてでございます。ここで事業費が2,526万4,000円となっておりまして、これは県と町の補助金の額でございます。県が3分の1、町が6分の1、半額でございます。したがいまして、事業費ベースでいきますと、この倍になります5,052万8,000円が事業費としてのベースの金額であります。


 内容ですけれども、ここに3プランございまして、一番大きいのがスイカのプランであります。パイプハウスを35棟、約1.1ヘクタール整備いたしまして、これの事業費ベースでいいますと4,443万8,000円、約4,400万円ほどですか、あとシンテッポウユリが、これは電照施設をハウス13棟に整備しておりますけれども、それに予冷庫、合わせまして事業費ベースで233万円。あと土づくりですけど、これはハウスを導入しております。376万円ということで、合わせまして5,052万8,000円の事業費でございます。町の一般財源は6分の1でございますので、トータルとして842万3,000円が一般財源という、そういった事業でございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 11番、磯江誠君。


○議員(11番 磯江  誠君) 11番。最初の件ですが、どちらが大事というわけじゃなくて、公民館まつりも非常に大切なものなんですが、せっかく育ってきた北条美術展、日展の彫刻家もおられるぐらいの、他町村に比べてスケールの大きい美術家がそろっております。そうしますと、県内外から出品を求めるような、そういう大きな展示会。将来、県立美術館を持ってくるぐらいの美術展に発展してほしいと願っているわけです。これに対しては返答はいいですが。


 それから、2番目のチャレンジプランの件です。これは私ども産建の委員会でこれは質疑したわけですが、それで返答はいただいとったんですけども、大概この予算の本会議が終わりますと、もうそれで終わりと、その後、シンテッポウユリがどうなったのか、その辺のチェックがないじゃないかという質問に達しました。それで課長に突き詰めたんですが、その辺、今後どのようにしましょうか。(発言する者あり)以上。


○議長(阪本 和俊君) 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) お答えいたします。


 3つのプランの中で、特にシンテッポウユリの話を出されましたので、その点について御説明をさせていただきます。シンテッポウユリ、最近スイカの裏作として大変面積もふえてきております。一つの産地になろうというふうになっておりますけども、昨年のプランがスタートいたしまして、平成21年度を目標にプランを立てております。これ昨年ですけども、実績といたしますと、今、13戸の方が130アール、1反3畝ぐらいの栽培しておられまして、これを21年度には15戸で200アール、2ヘクタールを目指しておられます。そういうこともありまして、着実に面積は伸びておりますし、販売額も昨年、平成19年が2,600万円になりましたけども、その前の平成18年は1,800万円ということですので、面積ももちろんふえますし、収量もふえていく、収穫もふえていくというふうな状況で、非常に楽しみなプランだろうと私は思っております。


 先ほどおっしゃいましたように結果として見えないわけでございますので、先回もちょっと申し上げましたけれども、現場を見ていただく、こういったことも必要でないかなというふうに考えておりまして、ぜひ産業建設の常任委員の皆さんと一緒に現場を回って、成果の説明をさせていただきたいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


○議長(阪本 和俊君) 次ございませんか。


 10番、浜本武代さん。


○議員(10番 浜本 武代君) 10番、浜本でございます。4点ほどお聞きしたいと思います。


 まず最初に3ページ、同僚議員も既に質問をなさっていますけども、ちょっと私も質問をさせていただきたいと思います。一般管理費の職員研修の件でございます。委員会でもちょっとお聞きをいたしました。委員会でちょっとお聞きしましたら、平成23年3月末で、今現在の管理職の方が8名はめでたく定年をお迎えになるということをお聞きしました。そうしますと、やっぱりずっと継続していく意味でも職員さんを育てて、今現在、課長さん方にもぜひ育てていただきたいなという思いを持っているわけですが、去年、18年度の研修を受けられた方が73名、19年が87名ということで、19年度は14名の方が多く研修をなさっておられまして、それはやはり行政の方で本当にそういう危機感も持って、職員の研修ということに取り組んでおられるんじゃないかなと思って推察しますけども、それで平成20年度、今年度はもう既に研修は終わられてるんじゃないかなと思いますけども、その点でも生かされているんではないかなと思います。


 それと、女性のパワーアップ研修ということで、お二人の女性の職員さん、今既に管理職になっておられるお二人が研修を受けられたということで、大変よかったなと思っています。それで、先を見越して、これからも自薦、他薦、本当に積極的に、男女共同参画の面からも、女性の方にも積極的に参加をいただいて、今の行政職の方が本当に引き続き行政担当になっていただけるように、多分そういうふうにしていただけるだろうとは思いますけども、その思いを、お考えをお聞きをしたいと思います。これはみんな19年度の成果の方でページ数言っております。


 それから、次に成果の方の18ページです。18ページの、これも既に御質問をなさいましたけれども、私、平成18年度、19年度のちょっと比較をして数字を出してみました。そうしますと、ふるさと広域連合の方の滞納整理で19年は880万9,000円払っています。18年度は779万9,000円、ことしのが101万円多く払ってます。回収金額なり委託額、委託件数、徴収率、皆ちょっと出してみました。そうしますと、回収金額でいきますと、354万5,000円、回収金額はマイナスです。それから委託額も519万6,000円少なくなってます。委託件数も367件少なくなってます。それから徴収率も4.5%少なくなってます。これは18年度の担当課長さんと19年度の担当課長さんがかわっておられますので、やり方が恐らく変わったんではないかなとは思いますけども、先ほどの説明で私ちょっとぴんときませんでしたので、これはどういうふうに解釈をすればいいのかなということでお聞きをしたいと思います。


 それに続きまして、賦課徴収費の、同じく18ページのところですね。これを見ますと、平成19年が1,332万2,000円、それから18年は624万4,000円ってなってます。それから職員さんの回収状況ですけども、ここに表が載ってます。平成18年度を比較してみまして、やはり件数なり金額なり、管理職員さんが対応された分なんかもやはりそれなりに違った数字が出てます。延べの、ここに催告書の発送ですね、3,266件になっています。18年は4,059件になってます。ざっと、793件ですから、800件ほど催告状も少なくなっています。だから、課長さんかわられて、徴収のその方法を変えられたのではないだろうかとは思いますけど、そういうところのちょっと説明をいただきたいかなと思ってます。


 それと、一般質問でなさってたときに、町長答弁で毎期ごとに1,000件の催告状を出しておるというお話がありました。それは平成20年度なのかということと、ここの延べのこれとの説明をお願いしたいし、それから、金融機関で農協なり銀行なり郵便局なり、それぞれ引き落としされますね、引き落としで。それは金額ではなくて1件幾らなのかということも、私ちょっと理解してませんので、その引き落とし金額、1件につき幾ら手数料が払われてるのかなということのちょっと金額もお聞きをしたいと思います。


 それから、21ページですね。21ページの戸籍の届け書の取扱件数の表です。これを見ますと、18年度と比べますと、合併1周年記念に資料をいただいたのを見てもそうですけども、北栄町は離婚率というのがすごく高いんです。合併のときの1周年の資料も、たしか県で一、二だったと思います。それで、これを見ますと、やっぱり18年度が離婚率が23%ですね。昨年、19年度が29.6%ということで、18年が54件、19年度、昨年が72件ということで、件数ふえてます。結婚された件数は18年の方が8件ほど多いんですね。それで、私が思うのは、担当課長さんの方としてどういうふうな現状把握をなさっているのかな。それで、私たちのような一応経験者、高齢者というんですか、経験者で、何かお役に立つというか、何か、あくまでも個人的なことではあるんですけれども、でも本当に憂慮すべきことではないだろうかな。いろんなことに波及してきてますと思うんですよ。それで、そういうところをどういうふうな認識を持っておられるのかなということもお聞きをしたいと思います。


 それから、46ページです。ごみのお話もありましたですが、8月に県の主催のごみ減量のフォーラムがありました。行かせていただきました。うちの町の、計算すればいいんですけど、あれですけども、1人当たりのごみの搬出量のグラムですね。日野市、掛川市は資料でわかりますけど、北栄町の1人当たりのごみの搬出量がわかればな。金額でいくと、計算して1万500円くらいかなとは把握しておりますけども、グラム数を教えていただけたらと思います。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 浜本議員の御質問にお答えをいたします。


 職員研修のあり方と、それから特に女性管理職の今後の研修のあり方ということの将来の考え方をということでございますけども、以前の質問にもお答えをいたしておりますけども、ここに研修体制という形で、中央研修から県の自治研というふうな形で掲載をいたしておるところでございます。先ほど申し上げましたが、女性管理職として2名の管理職が19年度研修に参加をしたということでございます。今後女性管理職というのがだんだんと多くなってくる、あるいは必要性は十分に今後もあるということで、次の女性管理職をいかに育てていくかということであるというふうに思います。


 実はこの研修の中には、県の研修所で階層別の研修というのをやっておりまして、新採用の職員から、係長とか、あるいは課長補佐とか管理職という、そういう階層別の研修をやっております。したがいまして、継続的には、特に役場の職員の資質を高めるためには、そういう階層的な形での研修をまずやっていくということが1点あります。それから、先ほど申し上げましたように特別に自分で自分の職務を勉強したいという、いわゆるプロフェッショナル的な、そういう研修というのもございますので、今後、男性職員、女性職員に限らず、管理職という、そういう研修を将来を目指してやはりどんどんと参加をさせていきたいというふうに考えておるところであります。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) 浜本議員の御質疑にお答えいたします。


 まず最初に、広域連合の委託の件ですが、前にもお話しいたしましたが、19年度、職員が広域連合から帰ってまいりましたので、それに伴って徴収の体制を少し見直して、広域連合に送る滞納者の中身を検討して、本町でできるものは整理をしようということで、難しいものを広域連合に委託をさせていただきました。件数も少なくして委託をした関係で、徴収率も、徴収の金額も少なくなっていると思います。それと、既に委託しているものも大変に徴収に難しいものが残っておりますので、北栄町の徴収は難しいものだけが残ってしまっているという状況なので、今後考えていかなければならないというふうに思っております。


 それと、賦課徴収事務事業の1,332万2,000円、昨年と比べてこれがふえているという御指摘ですが、18年度と比べてふえているということですが、19年度は固定資産税の住宅用地の課税ミスがありました。これは過年度還付ということで、現年度で返せるものはその年で返しておりますが、八百五、六十万円、過年度還付で返しております金額がふえているものと思われます。あとは法人の決算の決定によりまして、過年度で返さなければならないものが、ここの賦課徴収事務事業の金額としては上がってまいります。


 それから、次に徴収の関係ですが、平成18年度、19年に入ってから4月、5月の間に特別徴収を行いました。会計閉鎖期までの2カ月間に行ったものですが、昨年と比べては少し落ちてはおりますが、滞納者に対する催告書とか、そういうものは年間延べの件数は落ちておりますが、徴収の方がふだんからできているという状況だったと、結果としては、件数としては少なくなっておりますが、毎月の徴収ができておったということだと思っております。


 それから、毎月の1,000件を超す督促状の件ですが、昨年度、住民税がふえた関係で件数が大変にふえてまいっております。今月、8月分の状況でいいますと1,100件ほどありました。税ごとに出しておりますので、同じ滞納者が重なっている場合があります。税ごとに精査をしながら、また、打ち出してから、件数が多いですので1週間前ぐらいに打ち出して、それを毎日入ってきたものは除きながら発送までに点検をして、最終的には800通ほど、全部、重複した人は合わせながら発送はしております。


 それと、金融機関の支払いの件ですが、税の納付書は、現在でしたら住民税が8期ですので8枚、それから一括徴収で支払われる方と、それをセットで賦課をする月に全部送っておりますが、1枚納付をしていただくごとに必ず5円という手数料は、窓口で払っていただいた場合は5円の手数料を支払っております。また、口座振替で納付の場合につきましては、1件につき、1枚につき10円ということになりますので、1人について8回払われたら80円は必ず要るということです。件数が多くなれば多くなるほど、その手数はふえていくということになります。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 鎌田町民課長。


○町民課長(鎌田 栄子君) 浜本議員の御質疑にお答えいたします。


 21ページの戸籍届書の取扱件数で、離婚が多いではないか、ふえてきているではないか、これは憂慮すべきことだとおっしゃいまして、私も同感に考えております。ただ、この件数は、即住民の件数ではないということを頭に入れておいていただきたいと思います。これは本町に戸籍を置いていて県外とか町外とかにいらっしゃる方の件数も含んでおりますので、その点はお考えいただきたいと思いますが、やはり増加の傾向にあることは否めない事実でございます。行政としましては、特に保育所では、何か最近お母さんの様子がおかしいなとかいうふうに感じる場面も多いようで、相談に乗ってあげていたりしておりますし、子育て支援室の方でも、子供を抱えて生きていくと決断された方には、支援の方向でしっかり相談に乗れる体制にしていこうと考えておりますので、御理解をお願いいたしたいと思います。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 別本環境政策課長。


○環境政策課長(別本 勝美君) 浜本議員の御質疑にお答えをいたします。


 1人当たりどれだけごみを出しているかという問いであったというふうに思いますけども、昨年度の町民1人当たり、1日当たりでございますが、排出量は742グラムでございます。ちなみに、毎年一般廃棄物の処理計画というものを策定をしておるわけですけども、今年度の目標は720グラムを立てて、現在、鋭意努力をしておるというところでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 10番、浜本武代さん。


○議員(10番 浜本 武代君) 10番、浜本です。最初に職員研修のことですけども、女性の方が管理職になられる年齢のときに、両親がちょうどそれぞれ高齢になられて、その介護と重なってなかなか女性の方が管理職に、すばらしい方でもなかなかつきにくいという場合がやっぱり、私もたくさん見てきていますし、現にそういう方が多いと思うんです。そうすると、家庭でやはりそこは男女共同参画というか、家庭の役割というものもやはり協力していただいて、せっかくここに女性職員の立派な女性職員さんがたくさんおられるわけですから、そういうようなことでもやっぱり皆さんで、それはあくまで個人のことですけれども、そういうことも啓発していただいて、やっぱり職場で、家庭で、地域で男女共同参画を進めることによって、女性も職場で本当に力量を発揮して仕事ができると思いますので、そういうことの啓発はぜひお願いしたいと思いますが、そのお考えもお聞きしたいと思います。


 それから、賦課徴収費ですけども、最初の税務総務費の方は大体言われたことを理解できました。それで賦課徴収費の方ですけども、今、ことしの8月のを聞いて、1,100件が800件になったって言われたですけども、19年度も今の体制と同じように発生して、収納期が済んで20日以内に、やはり19年度から実施をしておられたのでしょうか。


 それから、金融機関に5円なり10円なり払っておられる金額、総額にしてどれくらいの金額になるかということがもしわかれば、すべての金融機関に対してどれだけの費用がかかっているのかということがもしわかれば教えていただきたいと思います。


 それから、出生数なり離婚件数なんですけども、そういうふうに身近な保育所の先生方、お忙しい中を子供を見ながら保護者のことまで気を配っていただいて、本当に大変ありがたいなと思いました。大変な仕事だのに、その上に保護者にまで配慮いただいて本当にありがたいなと思いました。大変かと思いますけど、地域がやっぱりできることもあるんじゃないかなと思うんです。まず家庭が一番ですけどね。そういうことで、引き続きそういう大変な中でもサポートがお願いしたいなと思います。


 さっき言ったかもしれません。日野市が780グラム、それから掛川市が531グラムということでこの間お聞きをいたしましたので、本当言えばもうちょっと少ないかなとちょっと思ってました。やはりみんなが努力していかないと、町民一人一人がやっぱり努力していかないといけないなということを改めて思いました。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 浜本議員の再度の御質問にお答えをしたいと思います。


 特に女性管理職と、それから家庭での介護等の問題でございますけども、確かにおっしゃるように、大体管理職は50代から登用というのがこれまでの経過でございますけども、そういう中でやっぱり家庭の介護というのはこれからも大きな問題になってくるだろうというふうに考えております。介護休暇制度とか、そういうので大分制度自体は充実はされてきておりますけども、なかなか、管理職の方で家庭の介護と両立というのは多分難しいのではないかなというふうに思っていますけども、極力職場での支援とか、そういう体制を整えるということと、そういうことを考える組織も総務課を中心として組織を立ち上げておりますので、そういう中で推進をしていきたいというふうに考えております。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


 坂本税務課長。


○税務課長(坂本佐紀恵君) 督促状の発送でございますが、ずっと前から全部の税の関係はあわせて送付はしております。19年度の7月に滞納整理対策本部を設けましたときから、他の使用料等も同じ督促があれば一緒にまとめて発送のときに、上下水道使用料とかそういうものも一緒に、持ってきていただいて同じ封筒で発送するという体制をとっております。


 それと、金融機関の支払いなんですが、これは決算書の方でちょっと見ていただきますと、実は総務費の方に入っておりまして、総務費の40、41ページでございます。上から2段目に役務費がございます。口座の手数料等、税務だけでなくって、ほかのものの使用料も銀行扱いになっておるものはまとめて総務課の方で支払いをしておりますので、内容は、どこが幾らということはちょっと今すぐにはお答えできませんが、合銀とかそれぞれございますが、金融機関、それとゆうちょ銀行につきましては手数料が少し現在のところ高い状態です。倍ぐらいはかかっているんではないかと思いますが、毎月まとめて総務費の方から支払っております。以上です。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君) 1点だけお伺いします。主要施策の成果72ページ、教育費、地域子ども教室推進事業でありますけども、60万円余りの予算で、子供の育成に関してさまざまな事業がなされております。内容を見ますと、地域別に見ますと、大栄地域の活動が非常に多く見受けられます。これはもともとそのような素地があって、この活動は多くのボランティアによって支えられていると思いますけども、そのような素地があってその活動がなされていると思います。となりますと、やはりこれも、北条地区もこのように活動が活発であればよいというような思いもございますし、この活動を全町的に進めていくためには、北条地区にも何らかのアプローチ、仕掛けをしていくことが必要でないかと思いますけども、現在この成果を見てどのように考えておられるのか、また、今後どのような方法で推進を図られていくのかお伺いします。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 青亀議員の御質疑にお答えいたします。


 主要な成果72ページのうちの、今、大栄地区と北条地区の状況をおっしゃいましたのは、ここの中の前段の教室でなく、地域活動のことについてでしょうか。このことにつきましては、合併以前、大栄地区におきましては、ボランティアカードというものをつくりまして、ボランティアした場合にシールを張っていって、それが何個かまとまった場合に表彰ということを以前からやっておられたようでございます。合併と同時に、やはり子供たちは善行を褒めて、そういうことでやっていくのがいいことだということでされとったようでございます。そのことは以前聞きまして、北条地区の方についても、このような形で大栄地区の方はやっておられるけどもどうなのかということで、大栄地区で実践されておられます方を中心にしてそういうことがありましたので、お話しする機会があってしたようでございます。ところが、北条地区につきましては、御案内のように、大栄地区もそうでしょうけども、PTAの、いわゆる学校PTAとそれから地域PTAといいますか、子ども会と一体となった地域活動が以前から行われておりまして、実際のところ、古紙等の資源ごみの回収を初め、自分たちの自治会の中の清掃活動とか、それから例えば花壇等についてお年寄りの方たちと一緒にしたりとか、そのほか村のいろんな行事については保護者と一緒になってとか、青年と一緒になってとか、中学生とも一緒になって小学生が行事に参加したりとか、運営にもある程度携わるというようなことで定着しとる面がございまして、こういう大栄地区の方でのことがあるということであって説明をしましたところが、それは大栄地区の方のやり方がそれがいいということでやっておられるんであって、特にそういうことをして活動を進めるということについては、特にそういう面はそぐわないというようなお話を、小学校のPTAの中からありました。でありますので、こういう制度といいますか、こういう形でやられているので、取り入れてやっていくことについては、やるところについてはやりましょうよということでしたけども、無理強いしていってという形ではなくてということで理解しております。


 ここにあります数字はこういうことでございますんで、これはこういうことをやりましたよと報告があったものが上がってきておりますので、ない部分について、北条地区の方の子供たちの地域活動、ボランティア活動が低調なのかというと、ここに上がっとる数字では判断できんところでございまして、同じような形でやっているように理解しておるところでございます。


○議長(阪本 和俊君) 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君) 非常に消極的な答弁だったと思います。いいと思ったらやっぱり推進していく。1回、2回それは断られるかもしれませんけども、いいと思ったことは粘り強く推進していって成果を上げていくというのが本来の筋だろうと思います。この点に関して教育委員会はどのように考えておられるのか、教育委員会の見解も聞きたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 岩垣教育長。


○教育長(岩垣 博士君) ボランティア活動につきましては、それぞれ自主的に活動するというのが本筋であろうというふうに考えております。その中で、ボランティアカードを発行して、より盛んにしていこうというのがこの取り組みだったように聞いております。先ほど課長が答弁しましたように、話は持ちかけておったわけでございますけども、カードまでもらわでもやるわいやということもございましたので、そのやり方でもいいじゃないか、とにかく地域の活動の中で子供たちが大人と一緒になって活動していくということで進めていただければそれでいいんじゃないか、そういうふうに考えております。


○議長(阪本 和俊君) 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君) ということは、この表にあらわれてない活動がたくさんあるというように認識をお持ちなんでしょうか。確認しておきます。


○議長(阪本 和俊君) 岩垣教育長。


○教育長(岩垣 博士君) ここに上げておりますのは発行した数でございますんで、それ以外にも地域での活動はやっておるというふうに認識しております。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 1点、決算書の方の13の財産に関する調書の中で、運転免許センターというものはどういう位置づけになっているんか、あるいは北溟中学……。


○議長(阪本 和俊君) ちょっと待ってください。12番、池田議員の質疑は既に3回終わっております。会議規則第55条、同一議員の同一議題について3回までとなっておりますので、次に進行いたします。


 16番、石丸美嗣君。


○議員(16番 石丸 美嗣君) 16番。ただいま同僚議員が質問しようとした件に関して、この決算書に基づいて、財産に関する調書の中に、残念だけども、今まで運転免許試験場の跡地利用云々と、いろいろと会議だ、いろいろな場で発案、発言されてまいりましたが、財産目録の中には載っていない土地でございます。北栄町の財産でないものを、何でいろいろな委員会をつくって審議したり、あれをつくるこれをつくると言ってきたのか、その点を明らかにしておかないと、これずうっと決算書に載ってこなかったんですよ。だから、運転免許試験場、返してもらったいうけども、まだ返してもらってないし、昔から北栄町の財産ではなかったということが言えるんじゃないかなと思うんですが、その点、町長はどのようにお考えですか。(発言する者あり)


 関連いいですか。


○議長(阪本 和俊君) どうぞ。


○議員(16番 石丸 美嗣君) それと、北溟中学の敷地の中に土地が3分の1、この合併前の北条町が権利を有していたという問題もございます。現在では北栄町がその財産を継続すべき内容だと思いますけれども、その案件も明文化されていないのが現状です。こういうことは、後々の世に関係することですから、わかった段階で明らかにしておくのが筋だと思いますが、今、2点について町長の答弁を求めたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 石丸議員の御質問にお答えいたします。


 まさにその運転免許試験場の跡地も、それから北溟中学校の土地も載っていないのが現状でございます。運転免許試験場につきましては、当初、寄附採納するというような形で県の方に出されたというような中で、登記がしてない部分があったということで、そのままちょっと宙ぶらりんになっているんだろうと思います。気がついた時点でやはり載せるべきだろうと、こう思います。


 また、北溟中学校の土地につきましても、旧北条町が分離独立するときに、土地の分のみ、持ち分が3分の1あるということで覚書を結んでおるところであります。全体の面積の中で、その土地の3分の1ということでございますので、それも精査して、やはり載せるべきだろうと、こう思っておりますので、そういう措置をまた関係町あるいはそういうところととりながら善処してまいりたいと、こう思います。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 2点ほどちょっとお聞きしたいと思います。


 主要なる施策のページ4の財産管理の関係なんですが、駅前広場の管理についてちょっとお聞きしたいと思います。40万6,000円という執行でありますけれども、これは駅前の駐車場あるいは看板、そういうものも含めて管理をされているのかどうか、その管理の内容についてお聞きをいたしたいと思います。


 それと付随しまして、大栄体育館の前の、今、空き地になっておりますけれども、これも町の財産だと思いますけれども、非常に荒れてきております。これについてはどんな管理をされてきたのか、その点をお聞きしたいと思います。


 それから、もう1点は、広報事業にかかわることでありますけれども、いろんな町の業務について町民の方から相談といいますか、この問題はどこへ行ったらいいのかという、いわゆる業務の内容についての実態というのは、相談の受け付けというのはどうなっているのか、広報として各家庭に一目瞭然に、この問題は、例えば保育行政であればどこに行くとか、そういう案内がきちっとされているのかどうか。なかったならば必要ではないかと思うんですけれども、その点についてお聞きしたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 長谷川議員の御質問にお答えをいたします。


 4ページの由良駅前の広場の管理事業40万6,000円の内容でございますけども、これ駅前広場、あるいはそのトイレの維持管理ということで、シルバー人材センターに委託いたしまして、トイレの清掃あるいは広場の清掃というものでございます。それが24万円。それとあと電気代と水道代で約10万円。それからあと、その他維持管理費ということで、大体40万円ほどの金額になってくるということで、特にこの2つが大きなものでございます。


 それから、もう1点は、中央公民館の前の西側の広場の財産の管理のことでございますけども、あれは以前、大栄町の健康増進センターが建っておりました。移転をいたしまして、その後、そのままの形になって、土地の白地の状態のままになっておりまして、普通財産ということで管理をいたしております。長谷川議員さんが御指摘のとおりちょっと草が生えたり、ふだんは駐車場として中央公民館に来られた方、特に大きな大会があったり、それから中央体育館で大きな大会があったときの駐車場として使用しておりますけども、そのほかのときにはあそこは全く使用がないということで、草が生えたりしておるという状態もあります。今後ちょっと気をつけてあそこも管理をしていきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 駅前広場の件なんですけれども、清掃に恐らく大部分費やされているんじゃないかと思います、シルバー人材センターに委託というの。そのことも大事だと思いますけれども、何といっても町の一つの顔になる場所でもありますんで、実をいうと、いすですね、ベンチがあります、木製のね。これが壊れて一部が欠損しているという状況があります。やはりそういうこともきちっと見ながら管理がされなければ、管理をしたというふうにはならないと思うんで、そういうこともきちっと委託されるんであれば内容に入れていくべきではないかと思いますけども、お聞きいたします。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 先ほど申し上げましたようにシルバー人材センターに委託をして清掃していただいとるということで、清掃の報告とかはしていただいておりますけども、多分その辺の器具の壊れとるとかという部分までについては、こちらの方もあるいは指示をしとらんかというふうに思いますので、今後気をつけて、清掃したときにはきちっと見ていただいて、壊れとれば報告をしていただきたいと、あるいは担当者の方も時々行って、その状況を見たいというふうに思いますので、よろしくお願いします。


○議長(阪本 和俊君) よろしいですか。


 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。先ほどの財産に関する調書の免許試験場の跡地の件につきまして、先ほど町長、今後掲載するとおっしゃったと思うんですけども、免許試験場の中には、いわゆる民地がございます。今度掲載される場合には、その民地部分を除いた部分で財産として上げられるのか、すべてを、約2万6,000平米ですか、上げられるのか、どちらなんでしょうか。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 井上議員の御質問にお答えをしたいと思います。


 やっぱり未登記地は町有地ではございませんので、それを外した形で財産台帳に載せていきたいと。あと解決した時点で、それについてはまた追加をして上げていきたいというふうに考えております。


○議長(阪本 和俊君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 未登記地の部分については、そういうことで除いた部分でということなんですけど、これまでの町からの説明では、その部分について過去にお金が支払ってあるということで、何か金が支払ってあるけど登記がしてないんだと、本来はもうすべて町有地であっただろうというふうな説明がなされてると思うんですけども、今回その未登記地の部分については除いた部分で今後財産として上げるということであれば、当然その未登記地の部分については、やはり登記がされてないということから、今の所有者の方とそういう補償問題等に関して協議をするんだということで理解してよろしいですね。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) そういうふうな形で今後進めていきたいというふうに思います。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第70号の質疑を終結します。


 これより、議案第71号、平成19年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第71号の質疑を終結します。


 これより、議案第72号、平成19年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第72号の質疑を終結します。


 これより、議案第73号、平成19年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第73号の質疑を終結します。


 これより、議案第74号、平成19年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第74号の質疑を終結します。


 これより、議案第75号、平成19年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第75号の質疑を終結します。


 これより、議案第76号、平成19年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


 7番、山下昭夫君。


○議員(7番 山下 昭夫君) 平成19年度の歳入歳出決算の監査委員さんの資料ですけど、7ページを開いてもらいたいんですけど、ここで59万9,847円不納欠損額が出ております。それと下水道事業で不用額で2,940万4,411円という不用額が出ています。この内容をちょっと教えてもらいたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 暫時休憩します。(午後2時13分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午後2時25分再開)


 質疑に入る前に、先ほどの会議におきまして、13番、長谷川議員の質問に対する答弁漏れがございましたので、関係課長の説明を求めます。


 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 長谷川議員の御質問の答弁漏れになっておったところについてを答弁を申し上げたいと思います。


 町の組織の状況を町民にわかりやすいもので町民に知らせるという、そういう方法はどうかということでございますが、合併時にそういうものをつくっておりまして、その後、町の組織も統廃合したりして大分変わっておりますので、その点については、今後検討して早い時期に町民の皆さんにお知らせをするような、そういう手だてをしていきたいというふうに思っております。よろしくお願いします。


○議長(阪本 和俊君) 以上で終わります。


 引き続き、7番、山下議員の質問に対する執行部の答弁を求めます。


 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 山下議員の御質疑に対しお答えいたします。


 意見書の7ページをごらんいただきたいと思います。7ページの上の表でございます。歳入の不納欠損額59万9,847円、この内容につきまして御説明申し上げます。これは、不納欠損といたしまして分担金、使用料合わせて10件でございます。うち分担金部分が8件で46万3,998円、それから使用料部分が2件ございまして、13万5,849円ということでございます。


 不納欠損の内容につきましては、自己破産による方、自己破産で財産もないという方が4件あるわけでございます。それと、死亡なり、それから所在不明、そういった方が4件、分担金部分で4件あるわけでございます。それから使用料につきましても、死亡された方、また、所在不明のための5年間の時効が経過したもの、そういったものを集計いたしまして、合計で10件で59万9,847円ということでございます。


 それから、2点目の下の歳出の表でございますが、不用額2,940万4,411円、この件につきましては、予算額に対しまして特に大きい不用額と申しますと工事請負費、これのすべての入札差金、全体額で5億5,000万円程度あるわけでございますけれども、これの入札差金ということで1,136万3,000円。それと、その工事に伴います水道管とかガス管、そういった移転補償費が伴うわけでございまして、これの不用額430万円ほどあるわけでございます。大きい不用額につきましては、そういった工事中の最終的な確定額ということでございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


 7番、山下昭夫君。


○議員(7番 山下 昭夫君) それと、この主要施策の成果の108ページですが、下水道特別会計債ちゅうことで、いつかだれか一般質問でもしとられたと思うですけど、133億円ほどあるということです。これは補助金か何か、今ちょっと聞いたら補助金なんかはないということらしいです。それでこれからは一般会計なりから振り込まないけんようなことを聞いたわけですけど、町長はこういうものをこれからどういうぐあいな考えを持っておられるか、ちょっと聞かせてください。


 やはり一般会計からこれから補ってきている範囲内かどがなかというようなことも含めて。利用料だけではちょっと賄えんでないかというやはり不安を持っとられる方もあるわけですわ、町民の方で。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 山下議員の御質問でございますが、起債の残高、19年度末で133億5,500万円あるということでございます。その中で、使用料、分担金等でこれが賄っていけないじゃないかと、一般会計からもということでありますが、やはり今の状況では特別会計だけでは賄っていけないというような状況にあるところでございます。一般会計の中から手当てをしながら償還していくということになろうかと思います。


○議長(阪本 和俊君) 7番、山下昭夫君。


○議員(7番 山下 昭夫君) それで賄っていけるという自信があるということですな。自信ちゅうか、確かなあれがあるということですな。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 再度の御質問でございますが、下水道会計、そしてまた一般会計の中で償還していくということでございます。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 下水道会計の歳出眺めてみますところ、委託料が、結構膨大な数の委託料があるんですわ。そこの中で、委託料といいますと一般的には工事に係る建設の費用ということでの委託料だということでありますけれども、その中で、例えば運用に関する委託料の件数であったりとかが知りたいんです。


 といいますのは、随契とかが結構ありはしないかと、そのように思うのでありますけれども、その点、お答え願いたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 神宮議員の御質疑にお答えいたします。


 委託料、それぞれ管理センター維持管理費についての委託料とか、浄化センターの委託料があるわけでございます。これは、それぞれ北条地区の管理センターの下水道処理場の運転管理委託料、これが主なものでございます。それから浄化センター委託料、浄化センター維持管理費のうちの委託料でございますけれども、これも大栄地区の下水処理場の維持管理、運転に対する委託料が主なものでございます。その委託料の中には、汚泥処理委託料、それから水質検査委託料、そういったものもお互いに北条、大栄とも入っておるわけでございまして、一番大きなウエートを占めているのが運転管理委託料ということでございます。


 それから、総務費の関係の委託料でございますけれども、これは、毎年工事が完成いたしますと下水道台帳を整備するための委託料、下水道台帳を数値化したパソコンに入力するための委託料でございます。


 それから、天神処理区の委託料なり、北条下水道管理委託料、この委託料につきましては、天神部分につきましてはテレビカメラ調査、工事が進みますと従来のテレビカメラ調査で再度管に破損がないかどうか調査しているわけでございまして、それが主なものでございます。それから北条処理区、大栄処理区関係の委託料でございますけれども、これはマンホールポンプの保守点検、それぞれ大栄処理区につきましても北条処理区もマンホールポンプが設置してありますので、それの維持管理といいますか、保守点検委託料、そういったものが主な内容でございます。以上が大体重立った委託料の内容でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) それで、先ほど、わかりました、その汚泥管理、水質管理、台帳管理、多々あるということでありますけれども、では、これ毎年更新のそれこそ契約なのか、それとも2年に1回契約を見直しての契約更新なのかということを僕はお聞きしたかったんですけど。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 神宮議員の再度の質問にお答えいたします。


 下水道の処理場の運転管理につきましては、毎年更新で、1年更新で行っております。契約につきましては、随意契約ということでさせていただいております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) もう一つ、ちょっと質問の前に、ほかのやつはどうですか。台帳管理やマンホールポンプ、それから水質管理に関してはどうですか。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 再度の質問にお答えいたします。


 水質検査につきましても1年ごとの契約でしております。それから、汚泥処理につきましても単年でしております。そのほかのマンホールポンプの維持管理、これもすべて単年で契約をいたしております。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 2番、神宮弘幸君。


○議員(2番 神宮 弘幸君) 2番、神宮です。そこで、毎年更新されておられるわけですわ。そこで、結局その入札の条件に当たって、毎年同じような、随契でしょう。随契にしても、競争入札ができないから随契でする。更新するにしても、例えば更新内容が年々と改善、よくなって、町民から見てよくなっている更新なのかお伺いしたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 再度の質問にお答えいたします。


 設備そのものが毎年よくなっているんではないかということでございますし、毎年設備の増設、例えば大栄処理区につきましてはOD槽の1系列増設ということになりますと、規模自体も大きくなります。そういった総合的なものを検討しながら、維持管理に必要ない費用については削減するし、規模的に大きくなれば増嵩という形でさせていただいています。以上です。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第76号の質疑を終結します。


 これより、議案第77号、平成19年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第77号の質疑を終結します。


 これより、議案第78号、平成19年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第78号の質疑を終結します。


 これより、議案第79号、平成19年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第79号の質疑を終結します。


 これより、議案第80号、平成19年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第80号の質疑を終結します。


 これより、議案第81号、平成19年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算の認定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第81号の質疑を終結します。


 これより、議案第82号、平成19年度北栄町水道事業会計決算の認定についての質疑を許します。


 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。決算書270ページ、2款の営業外収益の2目雑収益の不用品売却収益その他雑収益62万6,962円、大部分は流水補償費44万3,000円ということで上げてありますが、その他の内訳についてお聞きいたします。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 井上議員の御質問にお答えいたします。


 270ページの雑収益でございます。先ほど流水補償費関係が44万3,000円と、それにその他コピー代金、工事入札資料などのコピー代金、それを2万6,352円。それから、さつきケ丘の水道使用料を、これをJAさんの方に情報提供しております。これが2万1,110円と、それから消火栓不正使用の過料ということで、1件ございましたので、5万円の過料をいただいているところでございます。合計して62万6,962円でございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 今の課長の答弁の中の消火栓不正使用の過料5万円について、詳しい説明をお願いします。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 井上議員の再度の御質問にお答えいたします。


 消火栓の不正使用ということでございますけれども、実は昨年9月の10日ごろ、初めごろであったと思いますけれども、実は町民の方から、消火栓を不正に使用しとるところがあるという投書が参ったわけでございます。それで、早速事実関係を調査して、聞き取りなり、現地の状況を調査いたしましたところ、実際に、知らなかったとはいえ、不正使用されていた状況が判明いたしました。


 その不正使用に対しまして、町といたしましては、本人さんも全く、消火栓の位置自体が道路の横しにあるような消火栓であれば消火栓と気がつくんだけども、実際は個人といいますか、庭園の中にある消火栓があるわけでございまして、町の消火栓とは知らずに使っていたということを言われまして、大変申しわけないことをしたと重々反省されておるわけでして、申しわけないでしたということでは町としても困りますからということで、条例どおり過料を5万円いただくということで、5万円の過料をちょうだいして、この営業外収益の方に計上させていただいたところでございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。悪意ではなく、悪気があって使ったわけではないということで、町の条例で過料ということで5万円。多分5万円が上限というか、そうだと思うんですけど、後でお答えいただければいいんですけども、町長にお伺いしたいと思うんですけど、悪意を持ってしたんじゃないからということで、この5万円の過料は条例でも規定がしてあるので、これ以上はいただけないかとは思うんですけども、幾ら悪気があってやったわけではないといいながらも、普通は消火栓の水を個人的に使うということはいかがなものか。私はせめて使われた水道代は別途請求をしてもいいと、いいというか、すべきだと思いますが、その点について町長のお考えをお伺いいたします。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 井上議員の御質問にお答えいたします。


 5万円以上のものをというようなお話も、使ったものだけというようなお話もありましたが、メーターもないわけでございまして、なかなかどのぐらい使用されたかということがちょっとわからないような状況でございまして、条例に従って最大のものをいただいたということでございます。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 井上議員の再度の質問にお答えいたします。


 水道の給水条例第37条で過料というところがございまして、これは、町長は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、5万円以下の過料を科することができるということでございまして、その中で、使用水量の不正使用も該当項目にございますので、そういう給水条例37条に従いまして処置させていただいたということでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 今お聞きしますと、その消火栓は民有地にあるんですか。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) はい。消火栓の設置位置については民有地内に、以前からある消火栓でしょう、民有地内にある消火栓でございます。


○議長(阪本 和俊君) 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) そうすると、民有地に対しては、町としては借地料を払っておられるんですか。


○議長(阪本 和俊君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 借地料というものは町としては支出いたしておりません。以前からの経過があるんではないか。ちょっとそこのあたりまでは究明していませんけれども、以前からの経過があるんではないかなと思っておりますが、町としては借地料は計上いたしておりません。以上です。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第82号の質疑を終結します。


 以上で一括議題といたしました13議案の質疑を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 報告第6号 及び 日程第15 報告第7号





○議長(阪本 和俊君) 日程第14、報告第6号、健全化判断比率について、日程第15、報告第7号、資金不足比率について、以上2件の報告を一括議題といたします。


 これより、報告第6号、健全化判断比率についての質疑を許します。


 10番、浜本武代さん。


○議員(10番 浜本 武代君) 浜本でございます。今の分ですが、町長説明を、説明資料の3ページですが、それと、これはことしの成果の分の106ページ、一番最後の方ですね。財政健全化法が施行になりまして、2007年度分から町民皆様に公表するということで御説明をいただきました。ここの106ページに実質公債費比率19.7という、18年はたしか18ですね、18でした。そこから19.7、1.7上がっているわけです。18を超えますと、ここに説明してあるように地方債を発行する際に許可が必要となるわけです。説明をいただいた中で、本当に平成22年度では21%となる見通しということで御説明をいただきました。実際には、ここでいきますと、標準財政規模の、説明資料でいきますと25%以内であるから、高いんではあるけれども、まあまあですよみたいな、案外そう、心配はしておられても、実際のところどうなのかなって、私、大変こんな状態で、先、見通しもないわけですし、平成20年2月のいただきました財政見通しにしましても、平成20年度は実質はマイナスですし、基金も23年度にはマイナスになっていくって、本当に説明のとおりの大変厳しい財政状況になっていくわけですね。


 それで、それを町民の方にお示しをするわけですけども、実際のこの厳しい状況をどのようにして町民の方に、今の議会の様子も町民の方はもちろん見られますわけですけども、毎年11月号の町報に載せていかれますね、決算状況を。その中で、やはりこの財政健全化法に基づく情報公開ということでも、きちんとこの見通しも踏まえたところで、私は町民の方に啓発、啓発というか、当たり前のことですけども、状況がこういうことであるということを皆様にお示ししていただきたいと思いますが、どのようにして皆様にお知らせをされる予定にしておられますでしょうか。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 浜本議員の御質問にお答えをいたします。


 現在の北栄町の健全化指数の状況と、それをどういうふうに町民の皆さんにお知らせをしていくかということでございますが、これは法律の中で議会に報告をして公表しなければならないという、そういう規定がございます。したがいまして、現在の数字と、それから将来見通し、そういうものを含めたものを町報あるいはTCC、あるいはホームページ、そういうふうな形で町民の皆さん方にはお知らせをしていきたいというふうに考えております。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 以上をもって、報告第6号、健全化判断比率についてを終わります。


 これより、報告第7号、資金不足比率についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 以上をもって、報告第7号、資金不足比率についてを終わります。


 以上で一括議題といたしました2件の報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第83号 から 日程第21 議案第88号





○議長(阪本 和俊君) 日程第16、議案第83号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第3号)から、日程第21、議案第88号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第1号)まで、以上6議案を一括議題とし、本日は質疑のみにとどめておきます。


 これより、議案第83号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第3号)に対する質疑を許します。


 10番、浜本武代さん。


○議員(10番 浜本 武代君) 10番です。6ページお開きいただきたいと思います。ここの報償費で事業仕分け評価者謝礼ということで6名の方に3万円、これ金額のことでお尋ねをするわけではないですけども、先ほどの決算のとこでも説明を求めたわけですけども、事業仕分けをどのようにして、この評価を具体的にどのように評価を求められるのか、そしてそれをどのように実際の行政に反映していかれるのかということをまず説明をいただきたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 浜本議員の御質問にお答えをいたします。


 事業仕分けの件でございますけども、これにつきましては、行政改革の一環という形で、北栄町で取り組んでいきたいと、取り組んでみたいということで、今回導入をするものでございます。これ、構想日本という組織が全国の自治体の中で行っているもので、それを北栄町としても北栄町版という形で実施をしていきたいというふうに考えております。


 行政改革プランの対象事業の中から10事業程度を具体的に抽出をいたしまして、それに対して評価者、一応6名程度の方の評価者で事業ごとに評価をしていただくという、そういうものでございます。具体的に言いますと、一つの具体的な事業を評価をしていただいて、それが、今の北栄町にはこれは必要なものではないというもの、あるいは少し手直しをして北栄町でやっていきなさいとか、あるいはこれは業者委託をした方がいいでないかとか、あるいは廃止をすべき事業であるというふうな、そういう形で、評価時間も大体1事業について20分程度で評価をしていただいて、結論を出していくということで、1日かけて10事業を行っていきたいというふうに考えております。


 メンバーといたしましては、県外からおいでいただく方、専門の方においでいただいたり、それから北栄町の中の行政改革の検討委員会の委員さんとか、そういう方にメンバーになっていただいて実施をしていきたいというふうに考えております。


 これの評価結果につきましては、これはもちろん絶対的なものでもありませんし、今後のその取り組み方、あるいは考え方について一つの示唆をいただくというものでございます。一応そういうふうなことで取り組みをしていきたいというものでございます。


○議長(阪本 和俊君) 10番、浜本武代さん。


○議員(10番 浜本 武代君) 10番です。今、実際にその10事業というのはどういう事業であるかということは、まだ今の現在ではわからん。たしか委員会で10月20日ごろからということでしたから、その事業名はわからないということ。結局事業ということは、この行政の中の事務事業は含まってないということでしょうか。


 といいますのは、私がちょっと申したいのは、さっきの決算の説明を求めたのも、今、私がちょっと把握しているのは、平成20年の職員数が178人って私書いてるんですけども、平成19年、87人研修受けていますね、職員が。そうすると、2年に1遍はみんなが受けているということですよね。そうすると、私は、やっぱり職員が自分の担当をしてて、研修を受けて帰って、そうすると自分の事業と、実際に知っている仕事ともちろん照らし合わせ、検証しますよね。本当に自分が仕事をしているのが、これでいいのかどうかということで、やはりこういうふうにやっていかなきゃということで、課内で検討して、それを持ち上げていかれるんだろうと思うわけですが、これだけ職員が皆さん研修してて、外部の力とかそういうのをいただくのも本当にいいんですけどね、本当に一生懸命になって職員が研修を受けて、それなりでスキルアップされて、それをやっぱり信頼関係というんでしょうか、職員をやっぱりそういう信頼関係でもって事業の中にぜひ入れていただきたいなと思ってね。その事業がまだわからないということですけども、事務事業が入っているのかどうかということもわからなくて言ってるんですけどね、やっぱり研修を受けてたらそういうことはどうなんでしょうかということをちょっとお聞きしたいです。


○議長(阪本 和俊君) 山口副町長。


○副町長(山口 秀樹君) 事業仕分けにつきましてちょっと私の方からお話し、お答えをいたします。これはちょっと私が今提案してやるようにしているものですから、私の方からお答えします。


 ちょっと研修で研修して帰って、それでスキルアップして云々というのと、ふだんの仕事をやっているものを見直すというのは、ちょっとまた別の観点だと思います。この構想日本の事業仕分けというのは、全国で取り組まれているということですが、外部の目で、ふだん自分たちがやっていると、なかなかその事業を持ってやっていくということに目をとられて、なかなか別の視点で見ることが欠けることが多いものですから、外部の評価者、専門の評価者がこれをその場で、30分の時間の中で、本当に町がやるべき事業か、そもそも民間にやっていただくものか、全くこれ時代と合わないから廃止すべきなのか、若干見直ししてでもやるべきなのかという4つの分類で、その場で直ちに判定をするという、かなり厳しいやりとりになると思います。ただ、その専門の評価者をお願いすると何百万、何十万もかかりますので、今回は研修に行ってまいりました私と、それから県の職員にもお願いして、それから県の研究機関の職員なんかにもお願いをして、ある意味自前で、それから行革の委員の皆さんと、自前でちょっと一回やってみようかということでやります。


 事務事業を10事業ということを今、総務課長から話がありましたが、今考えているのが、例えば自治会の防犯灯に出している補助金、これを具体的には上げようとしています。それから体育館が町内に10個あるんですが、これのあり方をどうするかというようなこと。具体的な施設や補助金の事業名を上げまして、それをその場で判定をしようという、ちょっとかなり大胆な試みであります。これを一つのきっかけとして、今、行革プランに新しいメニューを上げようとしていますので、それを本当に個別の議論に入っていくためのきっかけにしたいということで考えていますので、ぜひ御注目をお願いします。


○議長(阪本 和俊君) よろしいでしょうか。


 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 2点お伺いします。


 最初に、金額的には少ないんですけども、6ページの一般管理費で需用費、牛乳消費拡大だということで3万円ということなんですけども、会議等に牛乳使っていくということで、それはいいんですけど、今まで、お茶をやめて牛乳を使うというのか、お茶プラス牛乳も出すということなのか、それちょっと教えてください。


 あと、次ですけども、これが11ページ、一番下の教育費の社会教育費、時間外手当10万5,000円、それでさらに次のページの保健体育費、時間外手当18万3,000円、そこに行くまでの時間外手当、税務課さんの時間外手当もふえているんですけど、こんなのは大体なぜかわかりますし、一般管理費は減額になっていますけども、ここの2つ、課長さんの説明によりますと、今まで当初予算組んだんだけど足りなくなったので、今後事業を考えて、もっと時間外が出るだろう、そういうことが見込まれるということで組むということを説明だったんですけども、今まで毎年同じようなことを繰り返ししているんですけども、当初でなぜ足りなくなってしまったのか。また、さらに言わせていただくと、今後、何でこの10万5,000円、さらにもう一つは18万3,000円必要になるのか、どういうことで必要なのか、その説明をお願いします。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 前田議員の御質問にお答えをいたします。


 需用費の食糧費、これは一般管理ですけど、3万円の牛乳の件でございますが、先ほどおっしゃいましたように牛乳の消費拡大ということで、今回、会議に牛乳を出していこうという取り組みをしていくということでございます。それをお茶と併用するのかどうかという問題ですけども、その会議の長さによって、お茶を出すのがいいのかなということであればお茶を出したり、これ、ペットボトルとかそういうものではなしに、町の方でお茶葉を買ってますので、そういうのでコップに入れて出すとか、そういう形にするのか、それは臨機応変に対応していきたいというふうには考えております。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 前田栄治議員の御質疑にお答えいたします。2点ありましたけども、時間外手当のことについて2点ございました。関連がございますので、あわせて御説明をさせていただきます。


 実は私ども社会教育総務の係につきましては、社会教育、生涯学習課の中で生涯学習係と文化振興係がございます。それから、次の保健体育総務費につきましては社会体育係があるわけでございます。そのほかに、御案内のように中央公民館なり分館等あるわけでございまして、この3つの係、それから公民館ともに、いろんな多彩な事業を行います。それで、その事業といいますのが、土曜日とか日曜日、祝祭日に開催するものが、体育関係につきましても文化振興につきましてもございます。公民館の事業についてもしかりでございます。


 そこの中で、先ほど言いました生涯学習の社会教育総務費に係る職員の数でございますが、今年度1名減ということで、臨時職員対応はしてもらっとるわけですけれども、そういうことでございます。それから公民館につきましても1名の減でございまして、これも臨時職員対応はしてもらっておるわけでございますが、日々の業務なり、行事等の大きな事前の準備につきましてはそれぞれがやっておりますが、事業の当日の運営なり、直近の準備等につきましては、少人数がばらばらしておりますので総がかりでやることになります。そういう関係がございまして、このたびお願いするわけでございますが、なお、時間外手当につきましては、給与に対しましての定率ということで配分いただいておりますので、そういうことからしますと、私どもが所管しておりますところの事業につきましては、会合につきましても夜の会合、事業についても夜の分もありますし、特に日曜、祝祭日のものが多うございまして、もちろん振りかえ等で4時間なり8時間なりについては振りかえをしておりますけども、その分につきましても、休日ですと100分の35とか、通常の場合ですと100分の25部分については超勤手当を出すことになっておりますので、事業精査してみまして、事業ごとの要する人数、時間等を積み上げたところの状況でお願いしたところでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 牛乳の方はいいです。


 今の時間外のことで説明を受けたんですけども、さっき聞いたのは、そういうね、毎年のことじゃないですか。生涯学習課さん、確かに土日、祝祭日多いのは、皆さん、僕もわかっています。ですけど、何で当初、多分たくさん組まれたと思うんですけども、何で足りんようになったのかということを聞いたのと、あと、それで足りんようになったんでどんどん組まないといけないということなんでしょう。どうして当初の予算が足りなくなってしまったのかということをお聞きしたです、先ほど。


○議長(阪本 和俊君) 池田生涯学習課長。


○生涯学習課長(兼)中央公民館長(池田 康守君) 前田栄治議員の再度の御質疑にお答えいたします。


 私の説明不足であったようでございますが、実は職員手当、時間外手当につきましては、所属部署の人件費のうち、給与の定率、例えば3%とか、保健体育の方の関係ですと3.6%ということで、定率で配分をいただいておるものでございまして、そういう関係でございますので、事業の積み上げで積算して要求してという形になっておらんもんでございますので、このようなことになったところでございます。


○議長(阪本 和俊君) 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 今の説明で非常によくわかりましたけども、ということは、当初予算組むときというのは、単純に数字だけでええかげんに組んじゃっとるということですよね、パーセントで。積み上げていって、こういうことをやっていくから、こんな土日に出ないけん、こんな祭日に出ないけん、こんな残業がかかるけえ、去年までは何ぼ組んどった、予算も何ぼ要った、そういうことで組んでいくわけじゃなくて、単純に計算で、人件費がこんだけかかるのに、生涯学習課はたくさん出るから単純に何%掛けて予算組みます。それじゃ確かにいつも出ますし、不用額も逆に言えばたくさん出てくる。不用額も出ますし、しょっちゅう補正予算も組まないけんようになってしまう。そういうやり方というのは変えれんもんですか、町長。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 前田議員の再度の御質問にお答えをいたしたいと思います。


 実はこの人件費、特に超過勤務手当につきましては、一応職員の給与ということで総務課の方で一括して処理をいたしております。今ありましたように、いわゆる超勤手当というのは、その人の、職員の給与に対して一番、例えば年間を通してそんなに超勤手当が必要ないというところについては大体1.2%とか3%、それから、先ほどありましたように社会体育のように年間を通してずっとイベントみたいなものがあって多く要る場合には3.6%というふうな、ある程度の幅は持たせております。ただ、そうはいいましても、なかなか、年間の事業の集中するところは、ここの生涯学習課にしても、それから税務課にいたしましても、オーバーするというのは大体予想はついておりますけども、とりあえずといいますか、当初予算では一応最高で3.6%ぐらいまでということで抑えながら配当をしておるということであります。ただ、逆に、やっぱりあるからといってどんどんどんどん超勤をしていくということではなしに、職員が工夫をしながら業務をしていくという考え方も必要ですので、その辺のところとのかみ合わせがあるということでございます。今回は、特に夏のイベントがたくさん教育委員会の方にはありましたので、どうしても超勤手当が少なくなってきたと、足らなくなったというのが実情でございます。以上です。


○議長(阪本 和俊君) そのほかございますか。


 16番、石丸美嗣君。


○議員(16番 石丸 美嗣君) 16番、石丸です。6ページ、財産管理費、4目で、備品購入ということで公用車の購入というのがございますね。これ253万2,000円ですが、19年度には、全体、この決算、年度中途で6台ばかり車検切れということで終わってる車があるわけですが、それの補充という形で、これは軽なんでしょうか、普通車なんでしょうか。それともよくリースで契約されているケースがあるんですが、リースよりは、物によっては買い取ってしまった方が、使用年数考えると非常に得だというような場合もございますが、今回のケースはどういうケースで買われてるんでしょうか。


○議長(阪本 和俊君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 石丸議員の御質問にお答えをいたします。


 まず、今回の車、この2台につきましては、買い取りということで、備品という形で購入をしていきたいというふうに考えております。内訳でございますけども、2台とも軽自動車でございます。1台は4輪駆動の軽自動車、それからもう1台は普通の箱バンの軽自動車というふうなことで、2台を予定をいたしております。4輪駆動の方の軽自動車につきましては、これは冬場とかそういうときに、あるいは山の奥の方に行く産業振興課とか、あるいは上下水道課、こういうところの要求というふうな形で出てきましたので、これは購入する必要があるだろうということであります。それからもう1台の方は、これは老朽化によりまして1台廃車いたしましたので、それの補充というふうな形で考えております。


○議員(16番 石丸 美嗣君) わかりました。


○議長(阪本 和俊君) そのほかございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第83号の質疑を終結します。


 これより、議案第84号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第2号)に対する質疑を許します。


 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。6ページの出産育児一時金420万円、たしか1件当たり35万円ですから、12人分だと思いますが、当初何人分計上してあったのか、ちょっと私忘れましたので、それも、当初何人分だったのに、さらに今回12人分ということで、ある程度年間の出生数はおおよそ見込みが立つと思うんですけども、12人分ということは、北栄町、新生児の出生数が増加傾向にあるのか。それだったら大変喜ばしいことなので、こういうものがふえるのは私は結構だと思うんですけども、当初何人分を予定しておられて、なぜ今回12人分になったのか説明をお願いします。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 井上議員の質問にお答えいたします。


 出生者の見込み数でございますけども、当初が15人でございます。今回の補正に上げた来年3月までの見込み数でございますけども、27名ということで、12名分今回補正ということでございます。なお、数値につきましては、母子保健手帳等、そういったもので健康福祉課の方に出てまいりますので、そういった面で、それも含めまして推定ということで今回計上させていただいたものでございます。


○議長(阪本 和俊君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 北栄町の今後の出生数について、今回12人分ですよね。傾向として、流れとして、若干でもふえるような傾向にあると考えておられますか。今回12人分ですよね。当初15人ですから、おおよそ倍を補正に組んでおられるということは、かなり見込みとは違うわけですよ。最初も申し上げたように、この一時金がふえることは大変いいことなんでいいんですけども、ただ、その見込みが当初と余りにも差があるので、その辺についての認識と、今後さらに補正を組まんといけんような方向にあるんであれば、今回当初の15人の倍ぐらいを補正に組んでもいいかと思うんですよね。だから、今後の、もうこの12人でおおよそ大丈夫だろうかとか、そのあたりの今後の見通しも含めてお答えください。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 井上議員の再度の質問にお答えいたします。


 数値でございますけども、この点につきましては、私どもの方で1年間の推計というような、何といいますか、科学的なといいますか、数値は持ち合わせてはいませんけども、この3月までの見込みは、この27名で推定としておるところでございます。今後につきましては、このあたり十分関係課といいますか、協議といいますか、調査しながら、適正な数値に改めていく必要があるかなということも現時点では思っておるところでございます。


○議長(阪本 和俊君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。過去の実績に基づいてということですんで、過去北栄町でこの一時金が何件、わかる範囲、過去3年ぐらいで結構ですんで、18年、17年は何件ということを出していただけば、当然この20年度は何人ぐらいと、おおよそわかると思うんですね。それから当然当初の予算に計上されるべきものですし、あと、今年度は27人ぐらいでいけるだろうというお話ですが、この27人というのは、人口増になる傾向になっているのか、やはりまだまだ少子化の方になるのか、その辺をお聞きいたします。


○議長(阪本 和俊君) 松井健康福祉課長。


○健康福祉課長(松井 慶徳君) 井上議員の再度の質問にお答えします。


 今、過去の数値ですね、資料として持ち合わせておりませんので、また改めてそちらの方の資料は出させていただきたいと思います。


 それから、見込みの数でございますけども、出生の方ですね、町内の方もおられますし、あるいは町外から来られた方、そういった要因もあろうかと思いますので、そのあたりを十分精査しながら取り組んでまいりたいというふうに考えます。


○議長(阪本 和俊君) そのほかございますか。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第84号の質疑を終結します。


 これより、議案第85号、平成20年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第85号の質疑を終結します。


 これより、議案第86号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第3号)に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第86号の質疑を終結します。


 これより、議案第87号、平成20年度北栄町農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第87号の質疑を終結します。


 これより、議案第88号、平成20年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第1号)に対する質疑を許します。


 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 先般、風サミットというものがあったと、出席されたと。これの状況というものをちょっとお話し願いたいと思います。


○議長(阪本 和俊君) 別本環境政策課長。


○環境政策課長(別本 勝美君) 池田議員の御質疑にお答えをいたします。


 9月23日、24日の2日間の日程で富山県朝日町で、今年度は風サミットではなしに、風シンポジウムinあさひが開催をされました。それで、町長、議長以下8名で、22日の日に出発をいたしまして、22日は協議会の役員会が開催されましたので、それに間に合うように参加をさせていただきました。


 そして、23日から2日間の日程でシンポジウムが開催されたわけでございますが、まず、初日の午前中は開会セレモニー、そして基調講演ということで、風力発電とか経済産業省、そしてNEDOといいますか、新エネルギー・産業技術総合開発機構の職員等の専門的な講演等が6名の方でございまして、関係者、そして町民150名の方々が参加をされて、熱心に基調講演を聞かれたと。そして午後、今度は小学生の町の紹介であるとか、特別講演としてパーソナリティーの落合恵子さんのお話、そして学校の子供たちが学校での取り組みを劇にしたことを発表をされました。これには関係者及び町民の方々で、ざっとした感じですけども、約500人から600人ぐらい参加をされて、熱心に発表を見られたという状況でございました。


 そして最後に、来年度北栄町の方で、今度は第14回風サミットの開催をということでお引き受けをしてきたというところでございます。以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 先ほど別本課長が、先般の風シンポジウムinあさひの内容を説明いたしましたが、補足させていただきます。


 この風サミットでございますが、風力発電の普及啓発を目的に、平成8年、9年ごろから開催されております。一番最初が、最初に風力発電に取り組んだ山形県の立川町というところが開催をしております。その中で2回ほどちょっと飛んでおります。平成18年と今年度は、シンポジウムという形でなっております。そして来年がいよいよ第14回ということになるわけでございます。本町も旧北条時代に、平成16年から、この全国市町村風力発電推進協議会という会に加盟をしておりまして、16年から風サミットに参加をしております。まだ建てる前の段階でこうやってサミットに参加したわけでございますが、そういう計画の中で、平成16年から参加させていただいております。


 そういう中にあって、やはりこれから環境の時代でございますし、また、先般の洞爺湖サミット等でも、環境問題、大変大きなテーマになっておるところでございます。本町もそういう中でいち早く県下でも風力発電に取り組んできたところでございます。本町といたしましても、さらにこういう環境問題についていろいろ関心を持っていただく、そしてまた、この北栄町は環境の町として大きくPRする。そして二酸化炭素の削減なり、あるいはそういう枯渇したエネルギー、持続可能な社会づくりに向けて取り組んでいきたいなということで、来年、平成21年度、北栄町でぜひ開催したいということでおるところでございます。議員の皆様にも、ぜひこの風サミット、協力していただきまして、本当に立派な会ができるようにお願いをしたいなと、こう思うところでございます。


 全国市町村風力発電推進協議会、今、59市町村が加盟しておりまして、その協議会と、それから日本風力協会ですか、そしてNEDO等が協力してこういう会をつくっておるところでございます。これから、21世紀は環境の時代と言われておりますが、こういう中で、ぜひ北栄町といたしましても、この風サミットを開いて啓蒙、啓発を図ってまいりたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。


○議長(阪本 和俊君) そのほかございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第88号の質疑を終結します。


 以上で一括議題といたしました6議案の質疑を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第22 議案第89号 から 日程第28 議案第95号





○議長(阪本 和俊君) 日程第22、議案第89号、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてから、日程第28、議案第95号、二級河川の指定に関する意見についてまで、以上7議案を一括議題とし、本日は質疑のみにとどめておきます。


 これより、議案第89号、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第89号の質疑を終結します。


 これより、議案第90号、北栄町認可地縁団体印鑑条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第90号の質疑を終結します。


 これより、議案第91号、北栄町税条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第91号の質疑を終結します。


 これより、議案第92号、北栄町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第92号の質疑を終結します。


 これより、議案第93号、北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第93号の質疑を終結します。


 これより、議案第94号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第94号の質疑を終結します。


 これより、議案第95号、二級河川の指定に関する意見についての質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって議案第95号の質疑を終結します。


 以上で一括議題といたしました7議案の質疑を終わります。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。


 これにて散会いたします。


 26日から28日まで休会とし、本会議は29日の午前9時から開きますので、御参集ください。


                午後3時32分散会


      ───────────────────────────────