議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成20年 6月第3回定例会 (第 7日 6月16日)




平成20年 6月第3回定例会 (第 7日 6月16日)





 
────────────────────────────────────────


      第3回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第7日)


                         平成20年6月16日(月曜日)


────────────────────────────────────────


                   議事日程


                       平成20年6月16日 午前9時開議


 日程第1 議案第47号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町税条例の一部を改正する条例)


 日程第2 議案第48号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町一般会計補正予算(第5号))


 日程第3 議案第49号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第5号))


 日程第4 議案第50号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第3号)


            )


 日程第5 議案第51号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)


            )


 日程第6 議案第52号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


            (第1号))


 日程第7 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第1号))


 日程第8 議案第54号 北栄町監査委員条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第9 議案第55号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第10 議案第56号 北栄町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例の制定について


 日程第11 議案第57号 北栄町介護予防・地域支え合い事業手数料の徴収に関する条例


            の一部を改正する条例の制定について


 日程第12 議案第58号 北栄町肉用繁殖雌牛特別導入事業基金条例を廃止する条例の制


            定について


 日程第13 議案第59号 工事請負契約の締結について


            (音声告知・デジタル防災行政無線システム導入工事)


 日程第14 議案第60号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


 日程第15 議案第61号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号


            )


 日程第16 議案第62号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第17 議案第63号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第18 議案第64号 平成20年度北栄町水道事業会計補正予算(第1号)


 日程第19 平成20年陳情第5号 永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意


                見書を採択しないよう求める陳情


 日程第20 平成20年陳情第6号 最低賃金の引き上げと制度のさらなる改正を求める陳


                情


 日程第21 平成20年陳情第7号 過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機


                資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書


                提出に関する陳情


 日程第22 平成20年陳情第8号 ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情


 日程第23 発委第4号 最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書の


            提出について


 日程第24 発議第4号 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会の設置について


 日程第25 議員派遣の件について


 日程第26 議会運営委員会の閉会中の特定事件の調査について


 日程第27 産業建設常任委員会の閉会中の特定事件の調査について


 日程第28 閉会中の継続調査申出について


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


 日程第1 議案第47号 専決処分の承認を求めることについて


            (北栄町税条例の一部を改正する条例)


 日程第2 議案第48号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町一般会計補正予算(第5号))


 日程第3 議案第49号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第5号))


 日程第4 議案第50号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成19年度北栄町風力発電事業特別会計補正予算(第3号)


            )


 日程第5 議案第51号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第1号)


            )


 日程第6 議案第52号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算


            (第1号))


 日程第7 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて


            (平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第1号))


 日程第8 議案第54号 北栄町監査委員条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第9 議案第55号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


 日程第10 議案第56号 北栄町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正


            する条例の制定について


 日程第11 議案第57号 北栄町介護予防・地域支え合い事業手数料の徴収に関する条例


            の一部を改正する条例の制定について


 日程第12 議案第58号 北栄町肉用繁殖雌牛特別導入事業基金条例を廃止する条例の制


            定について


 日程第13 議案第59号 工事請負契約の締結について


            (音声告知・デジタル防災行政無線システム導入工事)


 日程第14 議案第60号 平成20年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


 日程第15 議案第61号 平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号


            )


 日程第16 議案第62号 平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第17 議案第63号 平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第2号)


 日程第18 議案第64号 平成20年度北栄町水道事業会計補正予算(第1号)


 日程第19 平成20年陳情第5号 永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意


                見書を採択しないよう求める陳情


 日程第20 平成20年陳情第6号 最低賃金の引き上げと制度のさらなる改正を求める陳


                情


 日程第21 平成20年陳情第7号 過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機


                資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書


                提出に関する陳情


 日程第22 平成20年陳情第8号 ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情


 日程第23 発委第4号 最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書の


            提出について


 日程第24 発議第4号 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会の設置について


 追加日程第1 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員の選任について


 追加日程第2 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員長及び副委員長の互選結


        果の報告について


 追加日程第3 議会広報調査特別委員会委員の辞任について


 追加日程第4 議会広報調査特別委員会委員の選任について


 日程第25 議員派遣の件について


 日程第26 議会運営委員会の閉会中の特定事件の調査について


 日程第27 産業建設常任委員会の閉会中の特定事件の調査について


 日程第28 閉会中の継続調査申出について


      ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  11番 磯 江   誠 君  12番 池 田 捷 昭 君


13番 長谷川 昭 二 君  14番 前 田 正 雄 君  15番 宮 本 幸 美 君


16番 石 丸 美 嗣 君  17番 野 田 久 良 君  18番 阪 本 和 俊 君


      ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ─────── 坂 田   優君  主  事 ───── 藤 友 理佳子君


主  事 ─────── 小 林 周 平君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ────── 山 口 秀 樹君


教育長 ──────── 岩 垣 博 士君  会計管理者(兼)出納室長


                           ────── 柿 本   誠君


総務課長 ─────── 道祖尾 広 光君  総務課参事 ──── 小矢野   貢君


企画振興課長 ───── 田 中 精 一君  税務課長 ───── 坂 本 佐紀恵君


町民課長 ─────── 鎌 田 栄 子君  健康福祉課長 ─── 松 井 慶 徳君


環境政策課長 ───── 別 本 勝 美君  産業振興課長 ─── 杉 谷 博 文君


上下水道課長 ───── 浜 田 登喜治君  教育総務課長 ─── 三 好 秀 康君


生涯学習課長(兼)中央公民館長


       ───── 池 田 康 守君  人権同和教育課長 ─ 杉 川 弘 行君


(併)農業委員会事務局長 ──────────────────── 杉 谷 博 文君


(併)選挙管理委員会事務局長 ────────────────── 道祖尾 広 光君


      ───────────────────────────────


                午前9時00分開議


○議長(阪本 和俊君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 議案第47号





○議長(阪本 和俊君) 日程第1、議案第47号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


 まず、原案反対の方の発言を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 13番、長谷川です。私は、議案第47号、北栄町税条例の一部を改正する条例の専決処分を承認することに反対し、その理由を申し上げます。


 この改正は、第1に、65歳以上の公的年金受給者から個人住民税を年金から天引きする特別徴収を導入することであります。行政の徴収事務の効率化にメリットがあるとしておりますが、天引きするためにはシステムの整備が必要になります。年金からは既に所得税、介護保険料に加えて、この4月から国民健康保険税と後期高齢者医療保険料が天引きされています。本人の意向を踏まえないで年金から天引きすることに対して、年金を主たる収入としている受給者を中心に、大きな反対があることが理由であります。


 第2に、上場株式等の配当・譲渡益は、本則20%のところを2003年から税率10%になっている軽減税率を廃止し、改めて経過措置を行うものですが、金融所得に対する分離課税20%は、所得税の累進課税に比べて税率が有利になるもので、今回初めて設けられた上場株式等の譲渡損失と上場株式等の配当との損益通算の仕組みも、その上限はなく、金融資産を持つ富裕層に対する優遇を広げることになるからであります。


 以上、主な問題点を述べ、反対討論といたします。


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案賛成の方の発言を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、原案反対の方の発言を許します。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本案は、御異議がございますので、起立により採決いたします。


 議案第47号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立多数であります。よって、議案第47号は、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 議案第48号





○議長(阪本 和俊君) 日程第2、議案第48号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第48号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 議案第49号





○議長(阪本 和俊君) 日程第3、議案第49号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第49号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第50号





○議長(阪本 和俊君) 日程第4、議案第50号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第50号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第51号





○議長(阪本 和俊君) 日程第5、議案第51号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第51号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第6 議案第52号





○議長(阪本 和俊君) 日程第6、議案第52号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第52号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第53号





○議長(阪本 和俊君) 日程第7、議案第53号、専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第53号、専決処分の承認を求めることについては、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり承認することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第8 議案第54号





○議長(阪本 和俊君) 日程第8、議案第54号、北栄町監査委員条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第54号、北栄町監査委員条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第9 議案第55号





○議長(阪本 和俊君) 日程第9、議案第55号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第55号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第10 議案第56号





○議長(阪本 和俊君) 日程第10、議案第56号、北栄町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第56号、北栄町社会体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第11 議案第57号





○議長(阪本 和俊君) 日程第11、議案第57号、北栄町介護予防・地域支え合い事業手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第57号、北栄町介護予防・地域支え合い事業手数料の徴収に関する条例の一部を改正する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第12 議案第58号





○議長(阪本 和俊君) 日程第12、議案第58号、北栄町肉用繁殖雌牛特別導入事業基金条例を廃止する条例の制定についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第58号、北栄町肉用繁殖雌牛特別導入事業基金条例を廃止する条例の制定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第13 議案第59号





○議長(阪本 和俊君) 日程第13、議案第59号、工事請負契約の締結についてを議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第59号、工事請負契約の締結については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第14 議案第60号





○議長(阪本 和俊君) 日程第14、議案第60号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第60号、平成20年度北栄町一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第15 議案第61号





○議長(阪本 和俊君) 日程第15、議案第61号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第61号、平成20年度北栄町国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第16 議案第62号





○議長(阪本 和俊君) 日程第16、議案第62号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第62号、平成20年度北栄町老人保健事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第17 議案第63号





○議長(阪本 和俊君) 日程第17、議案第63号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第63号、平成20年度北栄町下水道事業特別会計補正予算(第2号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第18 議案第64号





○議長(阪本 和俊君) 日程第18、議案第64号、平成20年度北栄町水道事業会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 これより本案に対する討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第64号、平成20年度北栄町水道事業会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第19 平成20年陳情第5号 及び 日程第20 平成20年陳情第6号





○議長(阪本 和俊君) 日程第19、平成20年陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意見書を採択しないよう求める陳情、日程第20、平成20年陳情第6号、最低賃金の引き上げと制度のさらなる改正を求める陳情、以上2件の陳情を議題といたします。


 総務常任委員会委員長より、審査の結果を報告願います。


 9番、平田秀一君。


○総務常任委員長(平田 秀一君) 委員会の審査結果を御報告申し上げます。


      ───────────────────────────────


                                  平成20年6月16日


 北栄町議会


  議長 阪 本 和 俊 様


                                北栄町議会総務常任委員会


                                 委員長 平 田 秀 一


                  陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条及び第95条の規定により報告します。


      ───────────────────────────────


 受理番号、平成20年陳情第5号。付託年月日、平成20年6月10日。件名、永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意見書を採択しないよう求める陳情。審査の経過、平成20年6月12日、委員会審査。審査結果、不採択とすべきもの。委員会の意見といたしまして、永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める陳情が本町に提出された段階で判断されるものであるから、不採択。措置、なし。


      ───────────────────────────────


                                  平成20年6月16日


 北栄町議会


  議長 阪 本 和 俊 様


                                北栄町議会総務常任委員会


                                 委員長 平 田 秀 一


                  陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条及び第95条の規定により報告します。


      ───────────────────────────────


 受理番号、平成20年陳情第6号。付託年月日、平成20年6月10日。件名、最低賃金の引き上げと制度のさらなる改正を求める陳情。審査の経過、平成20年6月12日、委員会審査。審査結果、採択すべきもの。委員会の意見といたしまして、低賃金労働者の生活改善を図る必要があるため、陳情趣旨に賛同する。措置、政府及び国会に意見書を提出。


○議長(阪本 和俊君) 報告が終わりましたので、これより、平成20年陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意見書を採択しないよう求める陳情に対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 本陳情に対する委員長報告は、不採択です。


 本陳情は、原案について採決します。


 平成20年陳情第5号、永住外国人への地方参政権付与を日本政府に求める意見書を採択しないよう求める陳情を採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立ありません。よって、本陳情は、不採択することに決定いたしました。


 これより、平成20年陳情第6号、最低賃金の引き上げと制度のさらなる改正を求める陳情に対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 本陳情に対する委員長報告は、採択です。


 本陳情は、委員長報告のとおり決定することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、本陳情は、委員長報告のとおり採択することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第21 平成20年陳情第7号 及び 日程第22 平成20年陳情第8号





○議長(阪本 和俊君) 日程第21、平成20年陳情第7号、過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情、日程第22、平成20年陳情第8号、ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情、以上2件の陳情を議題といたします。


 産業建設常任委員会委員長より、審査の結果を報告願います。


 1番、前田栄治君。


○産業建設常任委員長(前田 栄治君) 平成20年陳情第7号の審査報告をいたします。


      ───────────────────────────────


                                  平成20年6月16日


 北栄町議会


  議長 阪 本 和 俊 様


                              北栄町議会産業建設常任委員会


                                 委員長 前 田 栄 治


                  陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条及び第95条の規定により報告します。


      ───────────────────────────────


 受理番号、平成20年陳情第7号。付託年月日、平成20年6月10日。件名、過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情。審査の経過、平成20年6月12日、委員会審査。審査結果、不採択とすべきもの。委員会の意見、地方議会の所管ではなく、担当官庁と交渉すべきことである。措置、なしです。


 続きまして、平成20年陳情第8号の審査報告をいたします。


      ───────────────────────────────


                                  平成20年6月16日


 北栄町議会


  議長 阪 本 和 俊 様


                              北栄町議会産業建設常任委員会


                                 委員長 前 田 栄 治


                  陳情審査報告書


 本委員会に付託された陳情を審査した結果、次のとおり決定したので、会議規則第94条及び第95条の規定により報告します。


      ───────────────────────────────


 受理番号、平成20年陳情第8号。付託年月日、平成20年6月10日。件名、ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情。審査の経過、平成20年6月12日、委員会審査。審査結果、不採択とすべきもの。委員会の意見、ウルグアイ・ラウンド農業合意のルールにより、輸出業とのバランスをとるために国が行っている政策であり、それを阻害することはできない。措置、なし。以上です。


○議長(阪本 和俊君) 報告が終わりましたので、これより、平成20年陳情第7号、過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情に対する質疑を許します。


                   〔質疑なし〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 本陳情に対する委員長報告は、不採択です。


 本陳情は、原案について採決します。


 平成20年陳情第7号、過剰な農薬取締法により、植物からなる、農業用有機資材を締め出す不法な行政指導の改善を求める意見書提出に関する陳情を採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立ありません。よって、本陳情は、不採択することに決定いたしました。


 これより、平成20年陳情第8号、ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情に対する質疑を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 少し審査経過をお聞きしたいと思うんですけれども、本町の基幹産業というふうに私は農業を思っているんですけれども、そういう立場から見ても、この陳情は採択すべきだというふうに思うわけですが、委員会の意見では、国が決めた政策であるからそれを阻害してはいけないということなんですけれども、私はこれは理解できませんが、委員会の賛否の状況、あるいはどんな意見が出たのか、そういう審議状況について具体的にお聞かせいただけないでしょうか。


○議長(阪本 和俊君) 1番、前田栄治君。


○産業建設常任委員長(前田 栄治君) ただいまの長谷川議員さんの御質疑にお答えいたします。


 まず、委員会の中のどういう意見があったのかということですけども、委員会の委員さんの意見の中では、国と国との約束であり、なかなか簡単にはやめれることではないではないかと。また、ミニマムアクセス米が地方に与える影響はどのくらいのものかという質疑もありましたが、対して、米を食べる人が減っているという問題もありますが、この陳情を反対してしまえば、商工業とのバランス、また、国際社会の一員としてウルグアイ・ラウンド農業合意をやはりしっかり考えないといけないのではないかという意見が大半というか、皆さんの意見としてありまして、一同了承のもと、この陳情を不採択とすべきものといたしました。


 なお、この北栄町は基幹産業が農業ということは重々承知しておりますが、やはり北栄町だけで勝手に農業をどうのこうのするということはできないと考えております。やはり国際社会の一員という非常に大事な日本の立場がありますので、ウルグアイ・ラウンド協定の農業合意により、やはりミニマムアクセス米の輸入はしなければならないと考えております。


○議長(阪本 和俊君) ほかにございませんか。


 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


 まず、本陳情の原案に賛成の方の発言を許します。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 13番、長谷川。平成20年陳情第8号、ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情を採択の立場で討論を行います。


 本町の基幹産業である農業の再生にとっても、食糧自給率の向上が図られる必要があると考えます。その中心作目として米は重要であります。食糧価格の高騰や環境問題を考慮しても、また、安全な食糧の安定供給を図る上でも、WTO上も輸入する義務のないミニマムアクセス米の輸入を一時中止し、制度の見直しをWTO交渉の場で強力に働きかけることという本陳情事項は、当然の課題であります。


 以上の理由により、本陳情は採択すべきであると考えます。


○議長(阪本 和俊君) 次に、本陳情の原案に反対の方の発言を許します。ございませんか。


                  〔反対討論なし〕


○議長(阪本 和俊君) 次に、本陳情の原案に賛成の方の発言を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論を終結します。


 本件は、御異議がございますので、起立により採決いたします。


 本陳情に対する委員長報告は、不採択です。


 本陳情は、原案について採決します。


 平成20年陳情第8号、ミニマムアクセス米の輸入停止を求める陳情を採択することに賛成の方の起立を求めます。


                  〔賛成者起立〕


○議長(阪本 和俊君) 起立少数であります。よって、本陳情は、不採択とすることに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第23 発委第4号





○議長(阪本 和俊君) 日程第23、発委第4号、最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書の提出についてを議題といたします。


 総務常任委員会委員長に趣旨の説明を求めます。


 9番、平田秀一君。


○総務常任委員長(平田 秀一君)


      ───────────────────────────────


 発委第4号


        最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書


        の提出について


 地方自治法第109条第7項及び会議規則第14条第3項の規定により、上記の議案を提出する。


   平成20年6月16日提出


                                北栄町議会総務常任委員会


                                 委員長 平 田 秀 一


 理由


 低賃金労働者の生活改善を図る必要があるため、陳情趣旨に賛同する。


      ───────────────────────────────


        最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書


 昨年の臨時国会で約40年ぶりに最低賃金法が改正され、「労働者の生計費を考慮するに当たっては、労働者が健康で文化的な最低限度の生活を営むことができるよう、生活保護に係る施策との整合性に配慮するものとする」(第9条の3)との規定が盛り込まれた。


 現在の地域別最低賃金は、鳥取県では621円にとどまり、フルタイム(8時間×22日間)で働いても月収11万円弱にしかならない。これではまともな生活もできない水準であり、働く貧困層が生まれる温床にすらなっている。そこで、少なくとも年収200万円・平均賃金の約50%水準にあたる「時給1000円以上」を保障すべきとの声が国民各層からあがっている。


 また、発達した資本主義国では、ほとんどが全国一律最低賃金制を採用しているのに対し、日本では47の地域別最低賃金をバラバラに決定しており、地域ごとの最低賃金の大きな格差は、賃金の低位標準化や青年雇用の流出を招き、地域の活力をますます奪っている。


 よって国並びに国会においては、暮らしが成り立つ賃金の確立と地域格差解消のため下記の事項を実現するよう強く要望する。


                     記


 1 最低賃金の大幅引き上げと中小企業対策の強化をすること。


 2 地域格差をなくすための全国一律最低賃金制度を確立すること。


 以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。


   平成20年6月16日


                                 鳥取県東伯郡北栄町議会


      ───────────────────────────────


 提出先、内閣総理大臣、厚生労働大臣、衆・参両院議長。以上であります。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 発委第4号、最低賃金の大幅引き上げとさらなる制度改正を求める意見書の提出については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第24 発議第4号





○議長(阪本 和俊君) 日程第24、発議第4号、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会の設置についてを議題といたします。


 提出者に趣旨の説明を求めます。


 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君)


      ───────────────────────────────


 発議第4号


         議員定数及び報酬に関する調査特別委員会の設置について


 会議規則第14条第1項及び第2項の規定により、上記の議案を提出する。


   平成20年6月16日提出


                         提出者 北栄町議会議員 青 亀 恵 一


                         賛成者 北栄町議会議員 平 田 秀 一


                         賛成者 北栄町議会議員 前 田 栄 治


 理由


 地方分権が推進されている中、地方自治体の自主的な裁量、決定は不可欠である。そのためには地方自治体の二元代表制の一翼を担い、議決機関である議会の更なる充実が必要な要件である。現在、議会のあり方については議会基本条例制定調査特別委員会の中でも調査、研究されているが、同時に議会環境である議員の定数及び報酬に関する調査、研究も必要であるため設置するものである。


 1 委員会の名称


  議員定数及び報酬に関する調査特別委員会とする。


 2 委員の定数


  18人とする。


 3 調査研究事項


  北栄町議会議員の定数及び報酬についての調査及び研究とする。


 4 調査研究期間


  特別委員会設置の日から調査終了の日までとし、調査終了まで閉会中の継続調査とする。


 5 委員の任期


  調査終了までとする。


 6 経費


  予算の範囲内とする。


      ───────────────────────────────


 以上でございます。


○議長(阪本 和俊君) 説明が終わりましたので、これより本件に対する質疑を許します。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 討論がないようですので、採決を行います。


 発議第4号、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会の設置については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(阪本 和俊君) お諮りします。ただいま設置されました、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員の選任について並びに委員長及び副委員長の互選結果の報告についてを日程に追加し、それぞれ追加日程第1、追加日程第2として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員の選任について並びに委員長及び副委員長の互選結果の報告についてを日程に追加し、それぞれ追加日程第1、追加日程第2として、日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 暫時休憩します。(午前9時39分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時41分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第1 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員の選任について





○議長(阪本 和俊君) 追加日程第1、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りいたします。委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、全議員18人を指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました、全議員18人を選任することに決定いたしました。


 暫時休憩いたします。(午前9時41分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時41分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第2 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員長及び副委員長の互選結果の報告について





○議長(阪本 和俊君) 追加日程第2、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員長及び副委員長の互選結果の報告についてを議題といたします。


 委員会条例第8条第2項の規定により、委員長及び副委員長が互選され、決定しましたので報告します。


 議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員長に4番、青亀恵一君、副委員長に9番、平田秀一君と決定いたしました。


 暫時休憩します。(午前9時42分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時43分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第3 議会広報調査特別委員会委員の辞任について





○議長(阪本 和俊君) ただいま議会広報調査特別委員会の磯江誠委員から、議会広報調査特別委員会委員の辞任願が提出されました。


 お諮りします。議会広報調査特別委員会委員の辞任についてを日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議会広報調査特別委員会委員の辞任についてを日程に追加し、追加日程第3として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 追加日程第3、議会広報調査特別委員会委員の辞任についてを議題といたします。


 地方自治法第117条の規定により、11番、磯江誠君の退場を求めます。


 暫時休憩します。(午前9時45分休憩)


            〔11番 磯江 誠君退場 午前9時45分〕


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時45分再開)


 辞職願を事務局長に朗読させます。


○事務局長(坂田  優君) それでは、辞職願を朗読いたします。


 辞職願。北栄町議会広報調査特別委員会委員、磯江誠。このたび一身上の都合により議会広報調査特別委員会委員を辞任いたしたく、ここにお願い申し上げます。平成20年6月16日。北栄町議会議長、阪本和俊様。以上です。


○議長(阪本 和俊君) お諮りします。磯江誠君の議会広報調査特別委員会委員の辞任を許可することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、磯江誠君の議会広報調査特別委員会委員の辞任を許可することに決定いたしました。


 11番、磯江誠君の入場を求めます。


 暫時休憩します。(午前9時46分休憩)


            〔11番 磯江 誠君入場 午前9時46分〕


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午前9時46分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎追加日程第4 議会広報調査特別委員会委員の選任について





○議長(阪本 和俊君) お諮りします。ただいま議会広報調査特別委員会委員に欠員が生じましたので、議会広報調査特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、直ちに議題としたいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議会広報調査特別委員会委員の選任についてを日程に追加し、追加日程第4として日程の順序を変更し、直ちに議題とすることに決定いたしました。


 追加日程第4、議会広報調査特別委員会委員の選任についてを議題といたします。


 お諮りします。委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長において、1番、前田栄治君を指名したいと思いますが、これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました1番、前田栄治君を選任することに決定いたしました。


 もとの日程に戻ります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第25 議員派遣の件について





○議長(阪本 和俊君) 日程第25、議員派遣の件についてを議題といたします。


 お諮りします。本件については、皆さんのお手元に配付しておりますとおり、研修会に出席し、研修する必要があると認めますので、7月17日に、米子市「弓ヶ浜荘」で開催されます鳥取県町村議会女性議員研修会に議員2名を派遣したいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第26 議会運営委員会の閉会中の特定事件の調査について





○議長(阪本 和俊君) 日程第26、議会運営委員会の閉会中の特定事件の調査についてを議題といたします。


 本件については、皆さんのお手元に配付しておりますとおり、議会制度や運営の改革等により議会活性化に取り組む先進地の事例を調査研究するとともに、観光資源等を生かした町づくりについて調査研究し、行政施策に資する必要があるため、9月20日までの間、予算の範囲内で、委員6人及び議長で調査研究を行う旨、議会運営委員会委員長から閉会中の継続調査の申し出がございました。


 お諮りします。委員長からの申し出のとおり、閉会中において継続調査することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第27 産業建設常任委員会の閉会中の特定事件の調査について





○議長(阪本 和俊君) 日程第27、産業建設常任委員会の閉会中の特定事件の調査についてを議題といたします。


 本件については、皆さんのお手元に配付しておりますとおり、地域の食品産業と農業等の連携強化を通じて、地域経済活性化を目指す食料産業クラスターの取り組み及び資源循環型の地域づくりを進める菜の花エコプロジェクトの経過と現状について調査研究し、行政施策に資する必要があるため、9月20日までの間、予算の範囲内で、委員6人で調査研究を行う旨、産業建設常任委員会委員長から閉会中の継続調査の申し出がございました。


 お諮りします。委員長からの申し出のとおり、閉会中において継続調査することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。


 暫時休憩します。(午前9時50分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(阪本 和俊君) 休憩前に引き続き再開いたします。(午前9時52分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第28 閉会中の継続調査申出について





○議長(阪本 和俊君) 日程第28、閉会中の継続調査申出についてを議題といたします。


 お手元に配付しておりますとおり、教育民生常任委員会委員長、議会運営委員会委員長、議会広報調査特別委員会委員長、運転免許試験場跡地利用調査特別委員会委員長、議会基本条例制定調査特別委員会委員長、議員定数及び報酬に関する調査特別委員会委員長から閉会中の継続調査の申し出がありました。


 お諮りします。各委員会の委員長からの申し出のとおり、閉会中において継続調査することに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(阪本 和俊君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(阪本 和俊君) 以上をもって本定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて平成20年第3回北栄町議会定例会を閉会いたします。御苦労さんでございました。


                午前9時53分閉会


      ───────────────────────────────





   上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。





                北栄町議会議長





                署 名 議 員





                署 名 議 員