議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成19年 9月第6回定例会 (第 1日 9月11日)




平成19年 9月第6回定例会 (第 1日 9月11日)





北栄町告示第112号


 平成19年第6回北栄町議会定例会を次のとおり招集する。


   平成19年9月7日


                            北栄町長 松 本 昭 夫


1 期  日  平成19年9月11日(火)


2 場  所  北栄町役場議会議場


      ───────────────────────────────


〇開会日に応招した議員


   前 田 栄 治        神 宮 弘 幸        井 上 信一郎


   青 亀 恵 一        町 田 貴 子        清 水 進 一


   山 下 昭 夫        津 川 俊 仁        平 田 秀 一


   浜 本 武 代        磯 江   誠        池 田 捷 昭


   長谷川 昭 二        宮 本 幸 美        石 丸 美 嗣


   阪 本 和 俊        野 田 久 良        前 田 正 雄


      ───────────────────────────────


〇応招しなかった議員


       な し


      ───────────────────────────────





 
────────────────────────────────────────


      第6回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第1日)


                         平成19年9月11日(火曜日)


────────────────────────────────────────


                  議事日程


                       平成19年9月11日 午前9時開会


日程第 1 会議録署名議員の指名


日程第 2 会期の決定


日程第 3 諸般の報告


日程第 4 陳情の付託


日程第 5 議案第 71号 工事請負契約の締結について


日程第 6 議案第 72号 財産の取得について


日程第 7 議案第 73号 平成18年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


日程第 8 議案第 74号 平成18年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


日程第 9 議案第 75号 平成18年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 10 議案第 76号 平成18年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 11 議案第 77号 平成18年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算の認定について


日程第 12 議案第 78号 平成18年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別


             会計歳入歳出決算の認定について


日程第 13 議案第 79号 平成18年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定に


             ついて


日程第 14 議案第 80号 平成18年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


日程第 15 議案第 81号 平成18年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 16 議案第 82号 平成18年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につ


             いて


日程第 17 議案第 83号 平成18年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


日程第 18 議案第 84号 平成18年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算


             の認定について


日程第 19 議案第 85号 平成18年度北栄町水道事業会計決算の認定について


日程第 20 議案第 86号 消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整


             理に関する条例の制定について


日程第 21 議案第 87号 北栄町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例


             の制定について


日程第 22 議案第 88号 北栄町行政手続条例の一部を改正する条例の制定について


日程第 23 議案第 89号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


日程第 24 議案第 90号 北栄町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定につ


             いて


日程第 25 議案第 91号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を変更する協議について


日程第 26 議案第 92号 平成19年度北栄町一般会計補正予算(第2号)


日程第 27 議案第 93号 平成19年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


      ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第 1 会議録署名議員の指名


日程第 2 会期の決定


日程第 3 諸般の報告


日程第 4 陳情の付託


日程第 5 議案第 71号 工事請負契約の締結について


日程第 6 議案第 72号 財産の取得について


日程第 7 議案第 73号 平成18年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


日程第 8 議案第 74号 平成18年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


日程第 9 議案第 75号 平成18年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 10 議案第 76号 平成18年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 11 議案第 77号 平成18年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出


             決算の認定について


日程第 12 議案第 78号 平成18年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別


             会計歳入歳出決算の認定について


日程第 13 議案第 79号 平成18年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定に


             ついて


日程第 14 議案第 80号 平成18年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の


             認定について


日程第 15 議案第 81号 平成18年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算の認定


             について


日程第 16 議案第 82号 平成18年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定につ


             いて


日程第 17 議案第 83号 平成18年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算


             の認定について


日程第 18 議案第 84号 平成18年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算


             の認定について


日程第 19 議案第 85号 平成18年度北栄町水道事業会計決算の認定について


日程第 20 議案第 86号 消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整


             理に関する条例の制定について


日程第 21 議案第 87号 北栄町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例


             の制定について


日程第 22 議案第 88号 北栄町行政手続条例の一部を改正する条例の制定について


日程第 23 議案第 89号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について


日程第 24 議案第 90号 北栄町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定につ


             いて


日程第 25 議案第 91号 鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を変更する協議について


日程第 26 議案第 92号 平成19年度北栄町一般会計補正予算(第2号)


日程第 27 議案第 93号 平成19年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)


      ───────────────────────────────


                出席議員(18名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  11番 磯 江   誠 君  12番 池 田 捷 昭 君


13番 長谷川 昭 二 君  14番 宮 本 幸 美 君  15番 石 丸 美 嗣 君


16番 阪 本 和 俊 君  17番 野 田 久 良 君  18番 前 田 正 雄 君


      ───────────────────────────────


                欠席議員(なし)


      ───────────────────────────────


                欠  員(なし)


      ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ────── 坂 田   優 君  係  長 ─── 磯 江 恵 子 君


主  事 ────── 岩 垣   歩 君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ──────── 松 本 昭 夫 君  副町長 ──── 山 口 秀 樹 君


教育長 ─────── 岩 垣 博 士 君  会計管理者(兼)出納室長





                           ──── 大 西   博 君


総務課長 ────── 道祖尾 広 光 君  企画振興課長 ─ 田 中 精 一 君


税務課長 ────── 坂 本 佐紀恵 君  町民課長 ─── 小矢野   貢 君


健康福祉課長 ──── 池 田 雅 文 君  環境政策課長 ─ 永 田 洋 子 君


産業振興課長 ──── 杉 谷 博 文 君  上下水道課長 ─ 浜 田 登喜治 君


教育総務課長 ──── 三 好 秀 康 君  生涯学習課長(兼)中央公民館長


                             ── 池 田 康 守 君


人権同和教育課長 ── 岡 崎 輝 明 君


(併)農業委員会事務局長 ────────────────── 杉 谷 博 文 君


(併)選挙管理委員会事務局長 ──────────────── 道祖尾 広 光 君


代表監査委員 ──── 前 田 茂 樹 君


      ───────────────────────────────


                午前9時00分開会


○議長(前田 正雄君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成19年第6回北栄町議会定例会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(前田 正雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 本会期中の会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、1番、前田栄治君、2番、神宮弘幸君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(前田 正雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。今回の定例会の会期は、本日から21日までの11日間としたいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日から21日までの11日間と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(前田 正雄君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 地方自治法第121条の規定により、本会期中の会議に説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元の報告書のとおりでございます。次に、監査委員から報告のありました例月出納検査並びに定期監査の結果報告書につきましては、その都度お手元に送付している写しのとおりであります。次に、議員派遣結果については、お手元に配付のとおりでございます。以上で諸般の報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 陳情の付託





○議長(前田 正雄君) 日程第4、陳情の付託を行います。


 本日までに受理した陳情は、会議規則第92条第1項の規定により、議長において、お手元に配付の陳情文書表のとおりそれぞれ所管の常任委員会に付託いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第5 議案第71号 及び 日程第6 議案第72号





○議長(前田 正雄君) 日程第5、議案第71号、工事請負契約の締結について、日程第6、議案第72号、財産の取得について、以上2議案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第71号、工事請負契約の締結についてでございます。


 亀谷管渠新設(4−3工区)工事につきまして、9月4日、10社を指名し指名競争入札を実施いたしましたところ、5,118万7,500円で株式会社北和が落札いたしました。


 この工事請負契約を締結するに当たり、地方自治法第96条第1項第5号及び北栄町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 続きまして、議案第72号、財産の取得についてでございます。


 取得する財産は大栄小学校スクールバス1台でございまして、8月20日、6社を指名し競争入札を実施いたしましたところ、1,483万5,000円で三菱ふそうトラック・バス株式会社中国ふそう倉吉営業所が落札いたしました。


 このスクールバスを取得するに当たり、地方自治法第96条第1項第8号及び北栄町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 以上2議案、詳細につきましては担当課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(前田 正雄君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 議案第71号、工事請負契約の締結について詳細説明を申し上げます。


 初めに、議案内容、1の工事名につきましては、亀谷管渠新設(4−3)工区工事でございます。この工事は下水道工事でございます。


 お手元に参考資料といたしまして工事施工箇所図を配付させていただいておりますので、ごらんいただきたいと思います。


 工事場所でございますが、北栄町亀谷地区でございます。町道高千穂西穂波線のマンホールを起点とし、上流に県道上大立大栄線と隣接している二級河川亀谷川を横断する区間と、また県道倉吉東伯線までの二級河川野田川を横断する区間で、赤色で着色している部分でございます。また、青色で着色している部分につきましては、昨年度工事が完了している箇所でございます。


 議案に返っていただきまして、2の契約金額でございますが、5,118万7,500円でございます。落札率は97.7%でした。


 次に、3の契約業者でございますが、鳥取県東伯郡北栄町由良宿2031番地、株式会社北和、代表取締役、伊藤孝一であります。


 次に、4の契約方法でございますが、指名競争入札でございます。9月4日に10社を指名いたしまして入札を実施いたしました。指名業者は、町の指名基準に従いまして県格付のA、B級クラスの業者を選定いたしました。


 次に工事の概要でございますが、二級河川であります亀谷川、野田川をそれぞれ横断させるため、河川法の許可が必要であります。そのため、河川管理者であります県土整備局と協議を重ねた結果、許可基準に従い方法としては河川管理断面の支障を生じさせないため、河川の上越しまた下越しの2つの方法がありますが、河川を上越しする場合には圧送ポンプにより動力送水しなければならず、将来的に維持管理をしていかなくてはなりません。


 耐用年数の50年で経済比較をした表を参考資料2として添付いたしておりますので、ごらんください。表の最下段に記載していますが、推進工法による自然流下方式のトータルコストでは5,069万3,000円に対し、表中の右最下段でございますが、圧送ポンプ方式では工事金そのものは安価でありますが、将来的な維持管理を試算しますと圧送ポンプ2カ所分で1億5,591万6,000円となり、3倍の格差が生じることになります。トータルコストにおいて、自然流下方式は圧送ポンプ方式に比べまして経済的な観点から自然流下方式を採用させていただきました。


 その結果、施工箇所に記載していますとおり推進工法により直径40センチの鋼製さや管を84.1メートル布設し、その中に下水道管である15センチの塩ビ管を挿入し、モルタル注入により布設いたすものでございます。また、4カ所の変化点にはそれぞれマンホールを設置いたします。


 工期の予定でございますが、本会議の議決をいただいた日の翌日から来年2月20日までの予定といたしております。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 三好教育総務課長。


○教育総務課長(三好 秀康君) 議案書の2ページをお開きいただきたいと思います。議案第72号、財産の取得について御説明を申し上げます。


 初めに1の取得財産ございますが、スクールバス1台であります。現在、大栄小学校にあります2台のスクールバスのうちの1台を更新いたすものでございます。スクールバスの型式でございますが、三菱ふそうの標準乗車定員83人乗りで、エンジンは220キロワットの大型自家用のバスでございます。バスのデザインは現有バスのデザインと同じものにしたいと考えております。なお、納期の予定でございますが、平成19年の12月20日と考えています。


 2の取得金額でございます。1,438万5,000円でございます。


 次に、3の取得業者でございますが、鳥取県倉吉市清谷2丁目113番地、三菱ふそうトラック・バス株式会社、中国ふそう倉吉営業所長、松本哲也でございます。


 4の取得方法でございます。指名競争入札で実施いたしました。8月20日に6社を指名いたしまして、落札率は82.5%でございました。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 説明が終わりましたので、これより議案第71号、工事請負契約の締結についての質疑を許します。


 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。議案第71号について質問いたします。


 参考資料の裏面のトータルコストといいますか、その自然流下方式の維持管理費がゼロとなっておりますが、こんなことはまずないと思うんですけども、当然保守点検と何年かに一度の清掃は発生するんじゃないでしょうか。それにしても電力費等は全く要らないのでその分は安くなるんでしょうけど、この参考資料のこの記載は間違ってはいないんでしょうか、確認をいたします。


○議長(前田 正雄君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 井上議員の御質疑にお答えいたします。


 この比較表でございますけれども、維持管理費ゼロと推進工法の場合上げております。これはそのパイプそのものの維持管理については経費的にそう多額ではないということで、圧送ポンプの維持管理の費用についてもお互いに計上してないということで、トータル的に概算的に電気代と自然流下の場合は施設そのものの費用はかかってないんだと。単純に電気代、それからポンプの機械の保守点検ですね。パイプそのものの保守点検はお互いに相殺させていただいております。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 そのほか、ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第71号、工事請負契約の締結については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


 これより議案第72号、財産の取得についての質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第72号、財産の取得については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第7 議案第73号 から 日程第19 議案第85号





○議長(前田 正雄君) 日程第7、議案第73号、平成18年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定についてから、日程第19、議案第85号、平成18年度北栄町水道事業会計決算の認定についてまで以上13議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第73号から議案第85号まで13議案、各会計ごとの決算の認定につきまして提案理由を申し上げます。


 各会計の決算につきましては、既に監査委員の審査を得ておりますので、地方自治法第233条第3項及び地方公営企業法第30条第4項の規定により、監査委員の意見を付して決算の認定をお願いするものでございます。


 決算審査で御指摘いただきました事項や意見につきましては、今後の町政執行におきまして十分に配慮を行ってまいる所存でございます。各会計の説明は私から総括的な事項を申し上げ、概要につきましては各担当課長に説明させますので、御審議の上、認定いただきますようお願いいたします。


 それでは、議案第73号、平成18年度北栄町一般会計歳入歳出決算について申し上げます。


 まず、一般会計全体の状況ですが、歳入総額83億5,429万4,493円、歳出総額82億1,935万8,111円、歳入歳出差し引き額1億3,493万6,382円。翌年度へ繰り越すべき財源1,202万1,589円、実質収支額1億2,291万4,793円となりました。


 歳入について主なものを申し上げますと、町税につきましては12億9,599万1,786円で、対前年比3.7%減、地方交付税は31億6,969万8,000円で1.5%の減となりました。次に、県支出金が6億6,387万4,916円で対前年比33.7%の増額となっております。これは強い農業づくり交付金3億1,177万3,000円の収入が主なものでございます。また、町債では17億8,410万円で、対前年比281.7%の大幅な増額となりました。合併特例事業債による基金造成と、大栄中学校大規模改造事業による起債が主なものとなっております。


 次に、歳出の主なものについて申し上げます。総務費では、まちづくり振興基金積立金事業として11億4,000万円の支出。民生費では、介護保険事業特別会計への繰出金1億6,430万7,432円、施設訓練等支援費支給事業1億3,655万3,306円の支出。衛生費では、老人保健事業特別会計への繰出金1億3,632万1,647円、広域連合負担金(ごみ)事業に対しまして1億2,670万7,000円、北条地区水道供給整備事業、繰越明許費を含めまして9,010万円の支出。農林水産業費では、強い農業づくり交付金事業3億1,164万8,000円、チャレンジプラン支援事業補助金事業2,806万1,000円の支出。土木費の下水道費では下水道特別会計への繰出金6億4,128万6,964円の支出。消防費では広域連合負担金事業2億1,186万7,000円の支出。教育費では大栄中学校耐震補強大規模改造事業3億4,901万9,252円の支出。公債費では町債元利償還に10億7,481万1,391円を支出いたしました。以上、主な事業と実績を申し上げたところでございます。


 次に、議案第74号、平成18年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入につきましては、国民健康保険税、国、県支出金、療養給付費等交付金及び繰越金が主なものでございます。また、歳出につきましては保険給付費、老人保健拠出金及び介護納付金が主なものでございます。実質収支は3,710万776円の黒字となりました。


 次に、議案第75号、平成18年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入につきましては、介護保険料、国、県支出金、支払基金交付金が主なものでございます。歳出は、介護認定審査会費等の総務費、介護サービス等諸費や介護予防サービス等諸費などの保険給付費が主なものでございます。実質収支は3,394万5,286円の黒字となりました。


 次に、議案第76号、平成18年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入につきましては、支払基金交付金、国、県支出金及び繰入金が主なものでございます。また、歳出につきましては医療給付費や医療費支給費が主なものでございます。実質収支は948万7,231円の黒字となりました。


 次に、議案第77号、平成18年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入につきましては、資金借入者からの償還金が主なものでございます。歳出につきましては、起債の償還金と平成17年度決算時における繰り上げ充用分が主なものでございます。実質収支は2,418万2,076円の赤字となり、翌年度歳入繰り上げ充用金として処理をいたしました。


 次に、議案第78号、平成18年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入につきましては、借入者からの償還金が主なものでございます。歳出につきましては、起債の償還金が主なものでございます。


 次に、議案第79号、平成18年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入総額21億8,498万3,727円に対し歳出総額22億334万5,001円で、歳入歳出差し引き、歳入不足額が1,836万1,274円生じました。このため、翌年度歳入繰り上げ充用金として翌年度へ繰り越す事業の財源と合わせ1,858万10円の処理をいたしました。


 次に、議案第80号、平成18年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入歳出決算の総額はそれぞれ1,985万927円となりました。主な事業は、クリーンセンター島の維持管理費と起債償還金でございます。


 次に、議案第81号、平成18年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入歳出決算の総額はそれぞれ2億5,522万1,460円となりました。歳入は、売電収入、県支出金が主なものでございます。また、歳出は風力発電施設維持管理費、起債の償還でございます。


 次に、議案第82号、平成18年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入総額82万6,112円に対し歳出総額18万2,147円で、実質収支64万3,965円の黒字となりました。栄財産区の財産管理に要した経費でございます。


 次に、議案第83号、平成18年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入歳出決算の総額はそれぞれ3,980万107円となりました。主な事業は、合併処理浄化槽の設置費でございます。


 次に、議案第84号、平成18年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算について申し上げます。


 歳入総額1億9,584万1,971円、歳出総額1億9,501万9,296円、歳入歳出差し引き82万2,675円となりますが、これは翌年度へ繰り越すべき財源の繰越明許費繰越額に充当するものでございます。平成19年3月18日に青山剛昌ふるさと館をオープンし、町の観光の目玉として県内外及び外国からのお客様の誘致に努力をしてまいりました。


 次に、議案第85号、平成18年度北栄町水道事業会計決算について申し上げます。


 主な事業につきましては、北条地区水道供給整備事業配水管改良工事で、当該収益的経費におきましては純利益が7,278円となりました。また、資本的収支におきましては不足する額が1億2,710万4,918円発生しており、これを過年度分損益勘定留保資金で補てんをいたしました。


 以上、詳細につきましては各担当課長に説明させますので、御審議の上、御認定いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(前田 正雄君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) そういたしますと決算関係の御説明を申し上げたいと思いますが、別添の平成18年度北栄町歳入歳出決算書をごらんをいただきたいと思います。


 まず最初ですが、議案第73号、平成18年度北栄町一般会計歳入歳出決算の認定について御説明を申し上げます。


 2ページをごらんいただきたいと思います。


 歳入歳出の決算書でございますが、この表につきましては決算の状況の数字の読み上げについては省略をさせていただきまして、合計の金額を申し上げたいというふうに考えております。


 まず歳入ですが、2ページ、3ページとございまして、4ページをごらんをいただきたいと思います。一番下の欄に歳入の合計を入れております。予算現額が84億9,487万2,220円、調定額が84億2,515万49円、収入済み額が83億5,429万4,493円、不納欠損額886万8,671円、収入未済額が6,198万6,885円、予算現額と収入済み額との比較がマイナスの1億4,057万7,727円でございます。


 次に歳出でございますが、歳出につきましても6ページ、7ページと表がございまして、8ページの一番最後のところをごらんいただきたいと思います。歳出合計で、予算現額84億9,487万2,220円、支出済み額82億1,935万8,111円、翌年度繰越額1億952万8,589円、不用額が1億6,598万5,520円、予算現額と支出済み額との比較ですが、2億7,551万4,109円となっております。


 歳入歳出差し引き残額ですが、1億3,493万6,382円でございます。


 次に、10ページをごらんをいただきたいと思います。歳入歳出の決算事項別明細書について御説明を申し上げます。


 まず歳入でございますけども、これにつきましては主なものについて説明をさせていただきます。


 まず、1款の町税でございますが、収入済み額が12億9,599万1,786円ございます。これは町民税、固定資産税、軽自動車税、町たばこ税の合計でございます。予算現額に対しまして99.3%の収入でありました。次に、下の方に行きまして2款の地方譲与税でございます。収入済み額は2億3,743万7,290円で予算現額に対しまして99.9%の収入となっております。


 次に、12ページをごらんいただきたいと思います。3款利子割交付金ですが、収入済み額556万8,000円で予算現額に対して100%の収入。4款配当割交付金ですが、収入済み額442万4,000円に対して97.1%の収入。5款株式等譲渡所得割交付金でございますが、409万3,000円で100.4%の収入。それから6款地方消費税交付金でございますが、1億4,459万7,000円で100%の収入。7款自動車取得税交付金ですが、4,764万7,000円でほぼ100%の収入。8款地方特例交付金ですが、2,671万円で100%の収入となっております。


 次に14ページでございますが、9款地方交付税でございます。収入済み額が31億6,969万8,000円でございまして、100.3%の収入となっております。地方交付税と、それから特別交付税の内訳につきましては備考欄をごらんをいただきたいと思います。次に10款の交通安全対策特別交付金でございますが、283万7,000円で91.5%の収入。11款分担金及び負担金ですが、1億2,883万563円で99.4%の収入。12款使用料及び手数料8,119万3,607円で、102.4%の収入でございます。


 次のページ飛んでいただきまして、18ページをごらんください。13款の国庫支出金でございます。収入済み額が3億2,073万7,744円で78.7%の収入となりました。これは繰り越し事業に係る収入が未収入になっておりまして、その分につきましては平成19年度で収入となる予定であります。


 次に、次のページを飛んでいただきまして22ページでございます。14款の県支出金ですが、6億6,387万4,916円で98.2%の収入。


 それから、次は飛んでいただきまして28ページをごらんください。15款の財産収入でございます。収入済み額3,555万6,259円で126.1%の収入。16款寄付金ですが、5万円ということで83.3%の収入。17款繰入金が6,825万9,311円で102.3%となっております。


 次に30ページ、次のページをごらんいただきたいと思いますが、18款繰越金ですけども、収入済み額1億3,422万8,042円、100%の収入。19款諸収入1億9,846万975円で99.2%でございます。


 次に、ずっと飛んでいただきまして36ページをごらんください。20款の町債でございます。収入済み額が17億8,410万円ということで、97.2%の収入でございます。これにつきましては、一部繰越明許による19年度に収入する金額があるということで、若干低くなっております。


 以上が歳入に対する説明でございます。


 次に、次のページをごらんをいただきたいと思いますが、歳出について御説明を申し上げたいと思いますが、歳出につきましては款ごとの目ごとの主な事業内容のみを申し上げさせていただきたいと思います。


 1款議会費の1目の議会費でございますが、これにつきましては議員報酬あるいは職員人件費あるいは議会活動に要した経費でございます。なお、一番右の方に備考としてそれぞれの主な事業と金額を記載しておりますので、これも参考にしていただきたいと思います。


 次に、2款の総務費、1項総務管理費の1目一般管理費でございますが、職員人件費と一般管理事業に要する経費でございます。次のページに行きまして、2目の広報費でございますが、これは広報北栄の発行に要した経費などでございます。次に、1つ飛びまして4目の財産管理費でございますが、大栄庁舎の管理あるいは基金積み立てが主な経費でございます。5目の北条庁舎管理費につきましては、北条庁舎の管理に要したものでございます。次のページですが、6目北条改善センターそれから7目の大栄改善センター費につきましては、それぞれの施設の管理に要した経費でございます。8目の企画費でございますが、コナンの里づくり事業、大栄歴史文化学習館特別会計繰出金、由良宿再発見事業等に要した経費が主なものでございます。次に44ページでございますが、9目の自治会活動促進費、これは自治会の公民館建設に対する利子補給が主なものでございます。次に10目の交通安全対策費は交通安全に関する経費、それから11目有線テレビ管理費につきましては有線テレビの管理に関する経費でございます。12目の情報処理費でございますが、パソコンによる両庁舎、出先機関を結ぶネットワークの維持管理費が主なものでございます。


 46ページですが、3つ飛んでいただきまして2項の徴税費の1目税務総務費ですが、職員人件費と中部ふるさと広域連合への負担金が主なものでございます。2目賦課徴収費につきましては賦課徴収に要する経費と納税協力団体への補助金が主なものでございます。


 次のページで、3項の1、戸籍住民基本台帳費でございますが、これは職員の人件費でございます。


 次に選挙費ですけども、1の選挙管理委員会費と2の選挙啓発費につきましては委員会の運営と啓発に関する経費でございます。次に、3目の農業委員会委員選挙でございますが、4月23日に執行予定でありまして、無投票となりましたこの選挙の経費でございます。次、50ページですが、4目、5目につきましてはそれぞれの土地改良区の総代選挙費でございます。大栄土地改良区につきましては12月14日、大倉土地改良区につきましては12月13日の執行予定でございましたが、いずれも無投票となっております。6目の鳥取県知事選挙ですが、ことしの平成19年4月8日に執行のあった分の18年度分の経費でございます。次のページですが、7目の鳥取県議会議員選挙についても知事選挙と同じ経費でございます。それから、8目の鳥取海区漁業調整委員会委員選挙費につきましては、4月の18日に執行予定でございましたが、これも無投票になっております。


 それから、あと統計調査費は飛びまして3款の民生費の1項社会福祉費の1目社会福祉総務費でございますが、54ページの方をごらんいただきたいと思いますけども、職員人件費、社会福祉協議会負担金、あるいは国民健康保険事業特別会計繰出金等が主なものでございます。2目の特別医療費助成事業につきましては、対象者に対する医療助成費でございます。3目の老人福祉費ですが、老人保護措置としてホームへの入所措置費、あるいはシルバー人材センターへの負担金が主なものでございます。次のページですが、4目の介護予防生活支援事業ですが、認知症の予防事業あるいは外出支援サービスが主なものでございます。(「議長、ちょっといいですか」と呼ぶ者あり)


○議長(前田 正雄君) はい。


○議員(1番 前田 栄治君) 済みません、発言途中なんですけど暫時休憩してもらって。


○議長(前田 正雄君) 暫時休憩します。(午前9時42分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午前9時43分再開)


○総務課長(道祖尾広光君) そういたしますと、引き続き説明を申し上げます。


 5目の障害者福祉費でございますが、施設訓練等支援費支給事業が主なものでございます。6目の地域介護・福祉空間整備費ですが、小規模多機能型居宅介護施設の設置費の補助金でございます。


 次に、2項の児童福祉費の1目児童福祉総務費ですが、職員人件費に係る経費が主なものでございます。次のページですが、2目の保育所管理運営費につきましては町営の6保育所の運営費でございます。3目放課後児童健全育成事業費ですが、放課後児童クラブ2学級の運営費でございます。4目児童手当費ですが、手当の支給事業でございます。次のページに行きまして、5目の母子父子福祉費でございますが、福祉資金の貸し付けが主なものでございます。6目の地域子育て支援事業費は子育て支援に要した経費でございます。


 3項同和対策費、1目の同和対策総務費につきましては人件費が主なものでございます。2目の隣保館運営費、それから次のページの集会所運営費あるいは児童館運営費につきましては、それぞれ北条、大栄の施設の管理運営に要した経費でございます。


 64ページをごらんいただきたいと思いますけども、4款の衛生費、1項の保健衛生費、1目の保健衛生総務費でございますが、職員の人件費が主なものでございます。2目の健康福祉センター費につきましては、健康福祉センターの管理運営に要した経費でございます。次の66ページですが、3つ飛んでいただきまして6目の感染症等予防費でございますが、感染症予防接種に要した経費。7目の母子衛生費につきましては、妊婦それから乳幼児の検査に要した経費。次の68ページですが、8目の老人保健対策費は健康相談事業に要したもの。9目につきましては、老人医療給付事務費ですが、老人保健特別会計への繰出金が主なものでございます。10目の環境衛生費につきましては、広域連合への負担金が主なものでございます。次のページに行きまして11目後期高齢者医療対策費、これにつきましては広域連合への負担金でございます。


 2項の清掃費、1目の塵芥処理費でございますが、広域連合への負担金とごみ対策に要した経費が主なものでございます。それから、し尿処理費につきましては広域連合への負担金でございます。


 3項上水道費の1目上水道施設費、これは旧2町を統合するための事業費の2分の1を出資するものでございます。


 5款農林水産業費、1項農業費、1目農業委員会費ですが、委員報酬あるいは職員人件費等に要した経費が主なものでございます。次のページに行きまして、2つ飛んでいただきまして4目の農業総務費につきましては職員人件費と農業集落排水特別会計の繰出金が主なものでございます。5目の農業振興費ですが、強い農業づくり交付金事業あるいはチャレンジプラン支援事業の補助に要する経費が主なものでございます。次の74ページに行きまして、4つ飛んでいただきまして10目の農林業地域改善対策費でございますが、これは地域改善対策負担軽減事業に要した経費が主なものでございます。11目の畜産振興費ですが、肉用牛繁殖雌牛の特別導入基金への償還金が主なものでございます。次のページに行きまして13目の農地費でございますが、県営土地改良事業負担金あるいは土地改良区地元負担金の軽減補助金が主なものでございます。14目の単県農業農村整備事業費は単県野田地区のため池改修工事に要した経費でございます。15目中山間地等直接支払事業費ですが、中山間地の農業対策に要した経費。16目の地域農業支援検討事業費につきましては、農地、農用施設の適正管理に要した経費でございます。次のページをごらんいただきたいと思いますが、18目の地籍調査費につきましては職員の人件費と調査に関した経費でございます。


 2項の林業費、1目の林業振興費ですが、農道敷地の登記と枯れ松伐採事業に要した経費が主なものでございます。2目の森林整備地域活動支援事業費ですが、山林所有者の森林施業に関する啓発支援に関する事業に要した経費でございます。3目の松くい虫防除事業費ですが、松くい虫防除に要した経費でございます。


 次のページに行きまして、6款の商工費、1項の商工費、1目の商工振興費ですが、小口融資等事業貸し付けが主なものでございます。2目の観光費につきましては、観光事業に要する経費でございます。次の82ページでございますが、3目のお台場公園サービスエリア費から次のページのレークサイド大栄費までの経費につきましては、それぞれの施設の管理運営あるいは維持管理に関する経費でございます。


 84ページの7款土木費、1項土木管理費、1目土木総務費でございますが、職員の人件費が主なものでございます。


 86ページの2項道路橋梁費の1目道路維持管理費は町道の修繕あるいは補修工事に関する経費。2目の道路新設改良費につきましては、町道の改良工事に要した経費です。


 3項の河川総務費の1目河川総務費ですが、北条川放水路事業に要した経費が主なものでございます。


 4項住宅費、1目町営住宅管理費につきましては、町営住宅の維持管理費に要した経費でございます。88ページですが、2目の県営住宅団地費につきましては、これは県の被災者住宅再建支援基金への寄附に要した経費。


 5項の都市計画費の2目の下水道費ですが、下水道事業特別会計への繰出金が主なものでございます。


 次に、8款の消防費、1項の消防費、1目の常備消防費につきましては広域連合への負担金。2目の非常備消防費につきましては、消防団活動に要した経費でございます。次のページの3目ですが消防施設費、これは消火栓新設、修繕が主なものでございます。4目の災害対策費ですが、これは県が実施する衛星通信ネットワークシステム整備のための負担金が主なものでございます。


 次に、9款の教育費、1項教育総務費、1目教育委員会費でございますが、これは委員の報酬。そして2の事務局費につきましては、職員人件費等が主なものでございます。92ページで3目の外国青年招致費、これは英語指導助手の招聘に係る経費でございます。


 次に、2項の小学校費の1目北条小学校管理費から96ページの5目の大栄小学校教育振興費まででございますが、これにつきましては北条小学校、大栄小学校の施設管理あるいは児童の教育に関する経費でございます。次に、96ページをごらんください。7目の北条小学校改築建設事業費でございますが、北条小学校改築に伴う設計に係る経費。それから8目の大栄小学校体育館耐震補強事業費、これにつきましては大栄小学校耐震調査に係る経費で、これはいずれも繰り越し事業でございます。


 次に、3項の中学校費の1目北条中学校管理費から100ページの5目の大栄中学校教育振興費までは北条中あるいは大栄中学校の施設管理と生徒の教育に関する経費でございます。次に100ページをごらんください。7目の大栄中学校耐震補強・大規模改造等事業でございますが、繰り越し事業で行った大栄中学校の耐震・大規模改造事業の経費でございます。


 次に、4項の幼稚園費、1目の幼稚園管理費と2目の幼稚園運営費につきましては、北条幼稚園の管理あるいは運営に要した経費でございます。


 次のページで、5項の社会教育費、1目の社会教育総務費につきましては職員人件費ほかの経費でございます。3つ飛んでいただきまして5目の公民館費ですが、これは職員人件費あるいは公民館の管理費が主なものでございます。次のページで、6目の図書館費につきましては職員の人件費と館の運営、それから図書の購入に係るものでございます。7目の同和教育費ですが、職員の人件費あるいは進学奨励金に関する経費が主なものでございます。次のページで、9目の文化財保護対策費、それから町内遺跡発掘調査費につきましては、それぞれ文化財に関する経費でございます。11目の歴史文化学習館費につきましては、館の運営に要した経費でございます。次のページですが、12目の歴史民俗資料館につきましても維持管理に関する経費でございます。あと、13目以下については説明を省略をさせていただきまして、110ページの16目由良川イカダレース大会費につきましては大会に要した経費でございます。


 6項1目の保健体育総務費につきましては、職員の人件費が主なもの。2目の保健体育振興費につきましては、北条スポーツクラブの補助金あるいはスポーツイベントに関する経費が主なものでございます。次のページに行きまして、3目の大栄体育館費からずっと運動場費あるいは体育館費というふうな形で上がっておりますけども、次のページの勤労者体育センター費まではそれぞれの施設の維持管理費でございます。114ページのすいか・ながいも健康マラソン大会、町駅伝大会、郡民体育大会につきましては各大会に要した経費となっております。次に、13目の学校給食費につきましては、職員人件費と給食センターの運営に関する経費でございます。


 116ページで10款1項1目でございます。道路橋りょう災害復旧費ですが、これは平成18年7月17日から19日の梅雨前線豪雨による被災の復旧に要した経費でございます。次に、下の2つ飛びまして2目の農地・農業用施設災害復旧費でございますが、これも同じく平成18年7月豪雨の復旧に要した経費となっております。


 次のページをはぐっていただきまして、11款の公債費でございます。1目の元金ですが、利息ともに町債の償還に充てた元金と利子でございます。以上、簡単ですけども、この部分についての説明を終わらせていただきます。


 次のページをごらんをいただきたいと思います。実質収支に関する調書でございます。


 1として、収入総額が83億5,429万4,493円。2、歳出総額が82億1,935万8,111円。3、歳入歳出差し引き額が1億3,493万6,382円。4の翌年度へ繰り越すべき財源でございますが、(2)の繰越明許費繰越額が1,202万1,589円でございます。5の実質収支額が1億2,291万4,793円でございまして、翌年度への繰越金といたします。なお、実質収支額のうちの基金の繰入金につきましてはございません。


 続きまして、次のページの財産に関する調書をごらんをいただきたいと思います。


 まず最初に公有財産でございますけども、異動のみの説明をさせていただきたいと思います。


 まず、土地及び建物で旧北条町の分でございますが、土地でございますけども、中ほどに決算年度中の増減高という項目がございます。この中の行政財産で、その他の施設で1,055.12平方メートル減額となっておりますが、これは北条デイサービスセンターへの譲渡と、それから北条民芸実習館の敷地の取得ということで、デイサービスセンターへの譲渡が1,258.05平米、それから取得の方が202.93平米ということで、それの差額ということになります。


 それから、普通財産で田畑とありますが、田でございまして、2,004平米減額となっております。それから、その他の項で204平米の減額となっておりますが、上の2,004平米は田、その他は公園でございますけども、米里スポーツ広場でございまして、米里自治会が地縁団体となられましたので、自治会に移管をしたものでございます。


 それから、あと建物の方で非木造のところの増減がございます。その他の施設の非木造で756.21平方メートルありますが、北条デイサービスセンターへの譲渡でございます。


 次のページをごらんいただきたいと思いますが、旧大栄町でございます。これにつきましては123ページの上から2段目ですけども、町営住宅六尾北団地で470.09平米でございますが、これは宅地の売却でございます。県道の道路拡張に伴って、町が個人に売却をしたものでございます。


 次に、一番下の方に行きましてその他で△の77平米ございます。これは湯谷水利組合へ譲渡したものでございます。


 次に、晩登育英会寄附による普通財産につきましては244.64のマイナスでございますが、これは売却でございます。


 それから、栄財産区で山林でマイナスの494平米、原野で623平米となっておりますが、これは以前からの記載誤りによるものということで、このたび調整をさせていただいたものでございます。


 そうしますと、次のページをごらんください。2の有価証券、それから3の出資による権利についてはごらんをいただきたいと思います。


 それから、次の2の物品ですけども、(1)自動車、(2)無線機、(3)動物、(4)電話というふうに記載をしております。これについてもごらんをいただきたいと思います。


 次のページの基金ですけども、これにつきましては基金の状況をあらわしたものでございまして、前年度末の残高あるいは決算年度中途の増減、そして決算年度末の現在高という形で、財政調整基金からそれぞれの基金を上げております。これにつきましても、ごらんをいただきたいというふうに思います。


 なお、別冊で決算に係る主要施策の成果説明書を添付をいたしております。これにつきましては、主な事業について各課ごとあるいは目ごとに記載をしておりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 また、その中で資料編としまして97ページに各会計ごとの18年度の合計金額を入れた表、あるいは98ページには一般会計の款ごとなどでまとめた金額、そして99から104ページまでは各特別会計ごとの歳入歳出の款ごとの金額、そして105ページから109ページまでは普通会計の決算状況、110ページから113ページまでは財政状況あるいは財政指標の推移、そして114ページには地方債の状況を表にしておりますので、ごらんをいただきたいと思います。以上、説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 暫時休憩いたします。(午前10時02分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午前10時19分再開)


 小矢野町民課長。


○町民課長(小矢野 貢君) では、議案第74号、平成18年度北栄町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定につきまして御説明申し上げます。


 決算書の128ページでございます。一般会計同様、歳入歳出決算書につきましては合計欄のみの説明とさせていただきます。


 歳入合計、予算現額17億7,847万円、調定額17億2,747万135円、収入済み額16億7,427万7,630円、不納欠損額85万9,940円、収入未済額5,233万2,565円、予算現額と収入済み額との比較、マイナス1億419万2,370円でございます。


 はぐっていただきまして、歳出合計でございます。予算現額17億7,847万円でございます。支出済み額16億3,360万6,854円、翌年度繰越額357万円、不用額1億4,129万3,146円、予算現額と支出済み額額との比較、1億4,486万3,146円でございます。


 歳入歳出差し引き残額4,067万776円。うち、基金繰入額はゼロ円でございます。


 はぐっていただきまして、132ページでございます。歳入歳出決算事項別明細書につきましては、主なものだけを御説明させていただきます。


 まず歳入でございますが、1款の国保税でございます。これは全体の31.2%の率でございますが、収入済み額が5億2,207万3,145円でございます。不納欠損額85万9,940円。この内訳につきましては、時効完成が5件、52万2,070円。それから、3年経過しての執行停止につきましては1件、33万7,870円でございます。収入未済額の4,977万5,565円の内訳でございますけども、現年が1,543万3,490円、約97.06%の徴収率でございます。滞納につきましては3,434万2,075円、25.87%の徴収率でございます。8月末現在につきましては現在197名の未納者がございまして、4,267万4,268円ということで、閉鎖後の収納につきましては710万1,297円の収納になっております。


 次の国庫支出金でございますけども、2款でございます。全体の29.6%を占めておりまして、4億9,475万850円でございます。


 次の3款の療養給付費等の交付金でございますけども、これは支払い基金からの交付金でございまして、全体の18.4%を占めております。3億729万975円の収入でございます。


 はぐっていただきまして県の支出金、4款でございます。これにつきましては、平成17年度から本来一般国保の5割が税、5割が国庫という状況であったわけですけども、5割の中の7%が県の方に移行してまいりました。特に特別調整交付金とこれは普通調整交付金ということになるわけでございますけども、4款2項の特別調整交付金につきましては本町ではレセプト点検等行って医療分析を行っているとか収納率が非常に高いということで、2,031万2,000円と多くいただいておるということでございます。


 次の5款につきましては、それぞれの共同事業の交付金でございまして全体の6%を占めております。1億164万154円でございます。


 7款でございますけども、繰入金、これは一般会計からの繰入金でございますけども、9,751万7,017円ということで、全体の5.8%を占めております。明細につきましては、137ページのとおりでございます。


 それから、9款の3項でございます。ここで収入未済額255万7,000円が出ておりますが、これにつきましては高額療養費の資金貸し付けということで、高額医療費の9割を担保に貸し付けているものでございまして、現在5件255万7,000円の未納額になっております。以上が歳入でございます。


 140ページ、歳出でございますけども、1款1目の一般管理費の中の繰越明許につきましては、後期高齢者医療制度移行のためのシステム改修のための357万円でございます。


 それから2款の保険給付費、これは国保の歳出の全体の62.2%を占めておりますけども、10億1,737万7,576円。特に一般被保険者療養給付費につきましては、18年度一般と退職を含めての平均を見ますと1人当たり23万4,039円の医療費がかかっておりまして、県下でも一番低い医療費の状況になっております。ちなみに、県の平均につきましては27万8,376円でございます。


 次、はぐっていただきまして2款2項の高額療養費につきましては、それぞれ限度額を超えた部分の一般国保の方と退職の方につきましての支出でございまして、4.7%全体で占めております。7,762万487円でございます。


 それから、2款4項の出産育児一時金につきましては24名、785万円支出しております。


 それから、3款の老人保健拠出金でございますけども、老人保健会計の方へ3億3,350万1,950円です。全体の20.4%の支出をしております。


 次の144ページでございますが、4款の介護納付金につきましては介護の方の会計に1億959万6,328円、全体の6.7%で支出をしております。


 5款につきましては、それぞれのところへ拠出をしている額で1億2,774万2,094円でございます。


 はぐっていただきまして146ページ、7款の諸支出金でございますけども、これの主なものにつきましては3目の償還金でございまして、多くいただいていたものを精査して療養給付費として返還をした1,691万9,123円でございます。以上が歳出でございます。


 はぐっていただきまして、実質収支に関する調書でございます。歳入総額16億7,427万7,630円、歳出総額16億3,360万6,854円。歳入歳出差し引き額4,067万776円。継続費についてはありません。繰越明許費については357万円でございます。実質収支額が3,710万776円、実質収支のうち基金繰入額についてはございません。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 池田健康福祉課長。


○健康福祉課長(池田 雅文君) 議案第75号、平成18年度北栄町介護保険事業特別会計歳入歳出決算の説明をいたします。


 150ページです。この表につきましては、歳入合計のみの説明とさせていただきます。


 予算現額12億9,066万6,000円、調定額12億6,677万2,257円、収入済み額12億6,405万8,357円、不納欠損額51万9,500円、収入未済額219万4,400円、予算現額と収入済み額との比較につきましては、2,660万7,643円のマイナスです。


 はぐっていただきまして歳出で、歳出合計につきましては予算現額12億9,066万6,000円、支出済み額12億2,881万2,071円、翌年度繰越額216万3,000円、不用額5,969万929円、予算現額と支出済み額との比較6,185万3,929円ということで、歳入歳出差し引き残額は3,524万6,286円であります。


 はぐっていただきまして事項別明細書ですけれど、これにつきましては主なもののみの説明とさせていただきます。


 1款の介護保険料、収入済み額2億1,868万3,600円であります。それから不納欠損額につきましては、これは14、15、16年度、時効2年でありますので、これの関係で15人、114カ月分として51万9,500円の計上です。それから収入未済額としましては、2節の現年度分普通徴収保険料で42人、133万1,200円、それから3節の滞納繰越分で35人、86万3,200円であります。


 それから、3款の国庫支出金、それから4款の支払基金交付金、はぐっていただきまして5款の県支出金につきましては、これはそれぞれ負担区分に応じた金額が収入となっているところであります。


 7款の繰入金につきましては、1目介護給付費繰入金、これも負担割合によるものであります。それから4目の一般会計繰入金につきましては、これは事務費の繰入金であります。


 それから、8款は繰越金を計上しております。


 はぐっていただきまして、9款の1項の延滞金・加算金及び過料につきましては、これは7人の方から1,800円から1万8,900円の間でそれぞれ延滞金を払っていただいとるところです。それから3項の雑入の2目の雑入で、これは運動向上事業利用料また認知症の予防事業利用料、これらを計上させていただいております。


 次に、はぐっていただきまして歳出の説明です。


 1款1項2目の地域包括支援センター運営費でありますけれど、これの主なものは包括支援センターへ社協から職員を派遣していただいとる人件費であります。500万であります。


 それから、はぐっていただきまして2款の保険給付費、これは歳出の88.5%、ここでほとんどの金額は出とるところでありますけれど、1項の介護サービス等諸費につきましては、居宅介護サービスが4億7,253万7,465円、それから施設介護サービス費が4億8,207万4,352円、それから地域密着型サービスが、これが1億3,359万8,979円ということで、合計10億8,821万796円を支出しとるところであります。


 それから、2項の介護予防サービス等諸費につきましては、これは居宅介護サービスで1,794万1,314円の支払いとなっております。


 それから、4項の高額介護サービス費でありますけれど、これは高額介護サービス費としまして1,216件ありまして、これが1,073万6,283円。また、審査費用としまして国保連の方に112万1,192円を支出したところであります。


 はぐっていただきまして164ページ、4款の地域支援事業費であります。これは自立と認定された方の事業を行った経費でありまして、介護予防特定高齢者施策事業費につきましては、これは地域支援事業としましてシニアファイト教室であるとかパワーリハビリ教室、それからリフレッシュ教室などを社協、ル・サンテリオン北条に委託して実施しているところであります。それと、2目の介護予防一般高齢者施策事業費につきましても、これはいきいきサロンであるとかそれから介護予防運動指導事業、それからパワーリハビリ教室、これらを各自治会などで実施している経費であります。


 はぐっていただきまして、6款の公債費、財政安定化基金償還金、これにつきましては介護保険の第1期及び第2期で借り入れしました借入金の返済であります。


 それから、7款の諸支出金、2目の償還金につきましては、これは前年度にかかわる償還金であります。


 はぐっていただきまして、実質収支に関する調書です。歳入総額12億6,405万8,357円、歳出総額12億2,881万2,071円、歳入歳出差し引き額3,524万6,286円、それから繰越明許費繰越額、これは繰越額216万3,000円のうち一般財源分でありまして、130万1,000円です。実質収支額は3,394万5,286円でした。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 小矢野町民課長。


○町民課長(小矢野 貢君) 議案第76号、平成18年度北栄町老人保健事業特別会計歳入歳出決算の承認につきまして御説明申し上げます。


 170ページでございます。合計欄のみ説明させていただきます。


 予算現額18億4,013万5,000円、調定額17億9,287万3,353円、収入済み額17億9,287万3,353円、不納欠損額、収入未済額はございません。予算現額と収入済み額との比較につきましては、マイナス4,726万1,647円でございます。


 歳出、172ページでございます。歳出合計、予算現額18億4,013万5,000円、支出済み額17億8,338万6,122円、翌年度繰越額ゼロ、不用額5,674万8,878円、予算現額と支出済み額との比較5,674万8,878円。


 歳入歳出差し引き残額948万7,231円。うち、基金繰入額はゼロでございます。


 初めに事項別明細書、歳入でございます。説明に入るまでに、老人保健事業につきまして平成14年の9月に法改正がありまして、歳入全体から見ますと平成14年の9月には支払い基金が70%、公費、国、県、町が公費でございますけども、これが3割ということから、平成18年の10月までにこの支払い基金を5割、公費を5割という形に歳入額が変わってきております。これが平成20年度から後期高齢者医療に変わっていくという状況でございます。


 歳入の1款でございますけども、支払い基金から現在まだ4年間かけて移行中でございますんで53.3%、9億5,732万6,549円入ってきております。それから、国につきましては2款でございます、31.04%で5億5,611万887円。県につきましては7.9%、3款でございます、1億4,262万5,828円でございます。町からの繰り入れにつきましては4款、7.6%、1億3,632万1,647円でございます。5款の第三者行為につきましては3名、交通事故等によっての返ってくる部分でございます。48万8,442円でございます。


 歳出、176ページでございます。1款が一番大きい医療諸費でございますけども、全体の99%17億6,709万9,515円支出しております。一般国保の老人で1人当たり81万690円、県下では、大体中間ぐらいというふうに思っていただいたらいいと思います。御存じのように対象年齢が70歳から75歳に引き上がっておりまして、年々70、71、72と上がっていきまして、ことしの10月から75歳以上というふうに対象になっていきます。ですから当然人数が減ってまいりまして、現在2,396人の老人の方がいらっしゃるということでございます。


 それから、医療費の1款の2目でございます。これにつきましては現金でお支払いしております補装具とかそういった形のものを支払っておりまして、2,214件、1,652万4,817円支払っております。


 実質収支でございます。178ページでございますけども、歳入総額が17億9,287万3,353円、歳出総額が17億8,338万6,122円、歳入歳出差し引き額948万7,231円、4はございません、実質収支が948万7,231円、6はございません。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 岡崎人権同和教育課長。


○人権同和教育課長(岡崎 輝明君) 議案第77号、平成18年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計歳入歳出決算の承認について詳細を説明させていただきます。他の会計と同様、主な点のみ説明させていただきます。


 まず歳入ですが、一番下の歳入合計でございます。予算現額5,713万3,000円、調定額5,712万4,704円、収入済み額3,294万2,628円、不納欠損はございません、収入未済額2,418万2,076円、予算現額と収入済み額との比較はマイナスの2,419万372円でございます。


 次に、1枚はぐっていただきまして歳出の方でございます。一番下の歳出合計、予算現額5,713万3,000円、支出済み額5,712万4,704円、翌年度繰越額はございません、不用額8,296円、予算現額と支出済み額との比較は8,296円でございます。


 歳入歳出差し引き、歳入不足額2,418万2,076円が生じたために、翌年度歳入繰り上げ充用金2,418万2,076円をもって充当したところでございます。


 次に、1枚はぐっていただきまして事項別明細でございます。


 まず、歳入につきましてでございますが、主な点だけ御説明申し上げます。


 1款1目の住宅新築資金等貸付助成事業費県補助金でございますが、備考欄に掲げておりますように特定助成312万2,000円。これをちょっと説明させていただきますと、昭和53年度から61年度において貸付金の償還期間なり起債の償還期間が延長になったことによりまして、借り受け人からの償還額と起債の償還額との差額を生じることになった、これについての補てんの補助金でございます。それから償還推進助成、これは事務費に対する4分の3の助成でございます、21万3,000円。


 次に、3款1目の基金繰入金でございますが、調定額424万5,419円、収入済み額424万5,419円、未済額はございません。ここに収入のあったそれぞれの資金別に掲げておるそれぞれの金額を基金から取り崩して、起債の償還に充てたということでございます。この基金は、年度によって起債の償還額と借り受け人からの返還額、これに差が生じますので、返還額が上回った場合は基金に積み立てし、下回った場合は基金を取り崩して充当するという調整のための基金でございます。それから、次に4項1目の住宅新築資金等貸付金元利収入でございます。調定額4,942万4,883円、収入済み額2,524万2,807円、51.1%の収納率でございます。収入未済額2,418万2,076円を出しております。この備考欄に掲げておるのが収入済み額の内訳でございます。収入未済額、いわゆる滞納額の内訳でございます。住宅新築資金が21件で1,970万3,361円、住宅改修資金、これが1件で23万2,452円、それから宅地取得資金、これが8件で424万6,263円、合わせまして30件、実質はダブっておられる方がありますので21人、2,418万2,076円でございます。借り受け人本人なり連帯保証人に文書なり家庭訪問、電話によって督促したところでございますけども、いわゆる失業なり会社倒産、病気あるいは自己破産、生活保護、行方不明や死亡といったようなことがそれぞれに事情がありまして、思うように回収できなかったということでございます。この中で、分納いただいている方が8人ございます。それから、約束をとれてる方が6人、それから保証人の方が返済しておられるものが1件、それから借り受け人の死亡などにより家族が返済されておるものが3件でございます。ことしの8月までに118万7,165円の返済があっております。


 それから、次はぐっていただきまして歳出でございます。2款1目の住宅新築資金等貸付事業基金費でございます。これは基金積み立てでございます。439万1,647円、この金額につきましては先回の議会、6月定例会で平成19年度3月30日の専決処分として承認いただきました旧両町ごとに予算編成しておったものを一本化して、決算における貸付金の償還滞納額、これを明らかにするために予算調整として一たん基金に積み立てた金額でございます。18年度末現在の基金積立額が1,769万1,973円でございます。


 それから、次に3款1目の公債費、起債償還でございます。元金2,924万909円。18年度末の起債元金の残高は1億1,087万円でございます。それから利子ですが、702万5,588円でございます。それから、前年度繰り上げ充用金1,615万4,460円、これは前年度決算における歳入不足額を繰り上げ充用した金額でございます。


 それから、次の188ページごらんください。実質収支に関する調書でございます。1、歳入総額3,294万2,628円、2、歳出総額5,712万4,704円、3、歳入歳出差し引き額マイナスの2,418万2,076円、翌年度へ繰り越すべき財源はございません。5、実質収支額マイナスの2,418万2,076円、6の基金繰入額はございません。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 池田健康福祉課長。


○健康福祉課長(池田 雅文君) 議案第78号、平成18年度北栄町高齢者・障害者住宅整備資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の説明をいたします。


 190ページお願いします。初めに歳入で、歳入合計、予算現額58万5,000円、調定額58万3,726円、収入済み額58万3,726円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、予算現額と収入済み額との比較、マイナスの1,274円です。


 はぐっていただきまして、歳出。合計、予算現額58万5,000円、支出済み額58万3,726円、翌年度繰越額ゼロ、不用額1,274円、予算現額と支出済み額との比較1,274円。歳入歳出差し引き残額ゼロであります。


 はぐっていただきまして194ページ、事項別明細書について説明いたします。


 歳入、1款諸収入、1目高齢者住宅整備資金貸付金元利収入、これは1件でありまして21万4,421円の収入。それから2目の障害者住宅整備資金貸付金元利収入、これは3件で36万9,305円の収入がありました。


 はぐっていただきまして、歳出です。2款の公債費です。これは事業債の還元金としまして元金で53万4,698円、それから利子としまして3万1,870円を支出したところでありますし、1款の資金貸付事業費につきましては歳入から先ほどの公債費を引きました残りの1万7,158円を繰出金として一般会計に入れているところです。


 はぐっていただきまして、実質収支に関する調書です。歳入総額58万3,726円、歳出総額58万3,726円ということで、歳入歳出差し引き額ゼロであります。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 議案第79号、平成18年度北栄町下水道事業特別会計歳入歳出決算書の説明を申し上げます。


 200ページをお開きいただきたいと思います。合計額のみの説明とさせていただきます。


 初めに歳入でございますが、歳入合計といたしまして予算現額22億4,521万4,000円、調定額22億538万836円、収入済み額21億8,498万3,727円、不納欠損額181万7,099円、収入未済額1,858万10円でございます。予算現額と収入済み額との比較は、マイナスの6,023万273円となります。


 次に、はぐっていただきまして202ページをごらんいただきたいと思います。


 歳出でございますが、歳出合計といたしまして予算現額22億4,521万4,000円、支出済み額22億334万5,001円、翌年度繰越額21万8,736円、不用額4,165万263円、予算現額と支出済み額との比較4,186万8,999円でございます。


 歳入歳出差し引き、歳入不足額は1,836万1,274円でございます。このため、平成19年度の歳入から繰り上げ充用金といたしまして1,858万10円を充てました。


 次に、はぐっていただきまして204ページの事項別明細書でございます。初めに歳入でございます。重立ったもののみ説明とさせていただきます。


 まず1款、下水道事業費分担金といたしまして現年度分と滞納繰り越し分を合わせまして4,773万1,332円の収入済み額でございます。また、不納欠損額といたしまして173万4,580円でございます。この内訳は、企業倒産によるものが4件と自己破産、所在不明により支払い見込みのないものが4件でございます。次に、2款1目の下水道使用料につきましても、現年度分と滞納分とで収入済み額が1億4,838万5,765円でございます。また、不納欠損額といたしまして8万2,519円でございます。この内訳といたしまして、企業倒産によるもの、また所在不明、自己破産により5年間の時効消滅が経過したものなど4件でございます。次に、3款国庫支出金でございますが、下水道事業補助金として5億5,145万円でございます。次に、4款繰入金は一般会計からの繰入金でございます。次に、5款諸収入の還付金、これは消費税の還付金であります。はぐっていただきまして、206ページの6款町債であります。公共下水道事業債、資本費平準化債は合計で7億6,910万円でございます。歳入合計といたしまして、収入済み額は21億8,498万3,727円でございます。


 次をはぐっていただきまして、208ページの歳出でございます。重立ったもののみの説明とさせていただきます。


 1目の下水道総務費の8、報償費の支出済み額245万8,605円でございますが、これは受益者分担金の前納報奨金と納税奨励金でございます。13、委託料1,050万2,660円につきましては、下水道台帳作成及び北条処理区の下水道計画変更業務委託料等でございます。


 2目の天神処理区下水道維持管理費、19の負担金、補助及び交付金の支出済み額2,329万3,314円でございますが、これは天神処理区の維持管理費負担金でございます。


 3目の北条処理区下水道維持管理費の11、需用費、支出済み額298万9,551円でございますが、これは光熱費、マンホールポンプなどの修繕費などでございます。


 4目大栄処理区下水道維持管理費の11、需用費、支出済み額611万4,006円につきましては、マンホールポンプ等の光熱水費403万6,161円ほか修理費等でございます。次に210ページをはぐっていただきまして13、委託料、支出済み額635万3,550円につきましては、中継ポンプ場及びマンホールポンプ場の維持管理委託料605万5,350円などでございます。


 次に、5目下水道管理センター維持管理費の11、需用費496万2,904円でございますが、処理場の光熱費、修繕費などでございます。13、委託料の支出済み額1,542万6,075円でございますが、これは処理場の維持管理費661万5,000円、また汚泥処理委託料748万8,856円などでございます。


 6目浄化センター維持管理費の11、需用費では、光熱水費とか処理水の消毒滅菌のための薬品費などでございます。13、委託料の3,514万1,573円では、浄化センターの運転管理費1,977万4,650円と汚泥処理委託料1,227万5,982円などでございます。


 7目の流域下水道費、19、負担金、補助及び交付金の187万2,528円は、流域下水道事業建設費の負担金でございます。


 次に、8目の公共下水道費、13、委託料の4億4,582万3,450円につきましては、北条下水道管理センター及び大栄浄化センターの水処理建設の建設工事委託料と下水道管の測量設計委託料などでございます。14の使用料及び賃借料269万793円は、土木積算システムなどの使用料でございます。次に212ページをはぐっていただきまして15、工事請負費でございますが、下水道管渠などの建設費といたしまして6億8,676万4,050円でございます。22、補償、補填及び賠償金でございますが、下水道工事に関連します水道管、ガス管などの移転補償費で6,142万6,246円であります。


 次に、2款公債費でございます。それぞれ元金、利子の償還額といたしまして合計7億9,785万3,843円でございます。次に、3款の諸支出金の1目消費税でございますが、中間申告消費税328万6,100円でございます。次に、4款の前年度繰上充用金でございます。1,309万6,075円でございます。以上、歳出合計といたしまして、支出済み額22億334万5,001円でございます。


 はぐっていただきまして、214ページの実質収支に関する調書でございます。


 歳入総額21億8,498万3,727円、歳出総額22億334万5,001円で、歳入歳出差し引き額マイナスの1,836万1,274円であります。翌年度へ繰り越すべき財源の繰越明許費の繰越額は21万8,736円でございまして、実質収支額はマイナスの1,858万10円でございます。以上で説明を終わります。


 続きまして、議案第80号、平成18年度北栄町農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算書の説明を申し上げます。


 216ページをごらんください。合計額のみの説明とさせていただきます。


 初めに歳入でございます。歳入合計といたしまして、予算現額1,992万4,000円、調定額1,985万927円、収入済み額1,985万927円、不納欠損額、収入未済額ともにゼロでございます。予算現額と収入済み額との比較は、マイナス7万3,073円でございます。


 次に、はぐっていただきまして218ページの歳出でございます。こちらも合計額のみの説明とさせていただきます。


 予算現額1,992万4,000円、支出済み額1,985万927円、翌年度繰越額はございません。不用額は7万3,073円でございます。予算現額と支出済み額との比較は7万3,073円でございます。歳入歳出差し引き残額はゼロでございます。


 はぐっていただきまして、220ページの事項別明細書でございます。


 初めに、歳入でございます。1款の使用料及び手数料でございますが、クリーンセンター島の施設使用料といたしまして、収入済み額338万3,535円でございます。次に2款の繰入金でありますが、一般会計からの繰入金と集落排水事業推進基金からの繰り越し分、合わせまして1,646万7,392円でございます。歳入合計といたしまして、収入済み額1,985万927円でございます。


 はぐっていただきまして、222ページの歳出でございます。2款事業費の支出済み額261万9,491円でございますが、これは施設の維持管理に伴います支出でございます。11、需用費の84万8,242円、これは光熱水費並びに施設修繕費などでございます。12、役務費94万6,789円は汚泥抜き取り処分手数料などでございます。13、委託料81万7,500円は処理施設の維持管理業務委託料などでございます。3款公債費は償還金の元金、利子合わせまして1,721万1,436円でございます。歳出合計といたしましては、支出済み額1,985万927円でございます。


 次に、はぐっていただきまして224ページの実質収支に関する調書でございます。歳入総額といたしまして1,985万927円、歳出総額1,985万927円、歳入歳出差し引き額はゼロでございます。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 永田環境政策課長。


○環境政策課長(永田 洋子君) 議案第81号、平成18年度北栄町風力発電事業特別会計歳入歳出決算について御説明いたします。


 初めに歳入です。合計額のみ申し上げます。予算現額3億1,003万6,000円、調定額2億5,522万1,460円、収入済み額2億5,522万1,460円、不納欠損額ゼロ、収入未済額ゼロ、予算現額と収入済み額との比較マイナス5,981万4,540円でございます。


 はぐっていただきまして、歳出。歳出合計、予算現額3億1,003万6,000円、支出済み額2億5,522万1,460円、翌年度繰越額ゼロ、不用額5,981万4,540円、予算現額と支出済み額との比較5,981万4,540円でございます。歳入歳出差し引き残額はございません。


 はぐっていただきまして230ページ、歳入歳出決算事項別明細書でございます。


 歳入、1款売電収入、収入済み額2億2,947万3,405円、当初予算に対して90.2%の売電収入となりました。これは6月のケーブル損傷事故と12月から2月までが暖冬であったことの影響と思われます。2款県支出金、収入済み額1,971万1,814円、県からの償還金利子に対する補助金でございます。3款諸収入、収入済み額523万542円、下水道工事による損失補償金と消費税の還付金でございます。雑入として保険金収入を見ておりましたが、該当する事故はありませんでしたので収入にはなっておりません。4款財産収入、収入済み額31万2,900円、土地売り払い収入でございます。6款繰越金、収入済み額49万2,799円、前年度繰越金でございます。


 はぐっていただきまして歳出、1款総務費、1目一般管理費、支出済み額2億1,579万7,830円、不用額5,926万4,170円、風力発電施設の管理運営に係る経費で、主なものは施設点検委託料892万5,000円、基金積立金1億7,422万5,057円でございます。2款公債費、1目利子、支出済み額3,942万3,630円、不用額55万370円でございます。風力発電事業起債の利子支払い分です。


 はぐっていただきまして実質収支に関する調書、歳入総額2億5,522万1,460円、歳出総額2億5,522万1,460円、歳入歳出差し引き額ゼロです。以下、ゼロでございます。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 議案第82号、平成18年度北栄町栄財産区特別会計歳入歳出決算の認定について御説明を申し上げます。他会計同様、歳入歳出につきましては合計額を説明させていただきます。


 歳入合計ですが、予算現額66万6,000円、調定額82万6,112円、収入済み額82万6,112円、不納欠損額、収入未済額についてはゼロでございます。予算現額と収入済み額との比較につきましては、16万112円でございます。


 次に、歳出でございます。歳出合計、予算現額66万6,000円、支出済み額18万2,147円、翌年度繰越額ゼロ、不用額48万3,853円、予算現額と支出済み額との比較48万3,853円。歳入歳出差し引き残額64万3,965円でございます。


 次のページをごらんいただきたいと思います。歳入歳出事項別明細書の歳入でございますが、まず財産収入でございます。ここは土地貸し付け収入として収入済み額が23万6,320円ございます。これは区有地の貸し付けの収入ということで、地元の有限会社ウエストヒルズファームに対する土地の貸し付け等でございます。次に利子及び配当金でございますけども、3万5,911円ございます。これは財政調整積立金の利子でございまして、財政調整積立金の18年度末の残高が5,633万9,000円ございます。それの利息でございます。次に、2款の繰越金51万8,076円の収入未済額につきましては、前年度の繰越金でございます。次に3款諸収入ですが、その中の2項の雑入でございます。3万5,805円の収入済み額がございますが、これにつきましては中部森林組合からの交付金ということで交付金が入っておるものでございます。


 次に、歳出の方をごらんをいただきたいと思います。1款総務費の中の1目財産管理費でございますけども、支出済み額が18万2,147円ございます。その中で報酬が8万7,000円で不用額が10万1,000円というふうに出ておりますが、これは管理会の1年間の回数を4回にしておりましたが実際には2回で終わったということで、それの不用額ということになっております。それから下の方の19、負担金、補助及び交付金の3万5,175円ですが、これにつきましては土地貸し付け収入に対しその15%を西高尾自治会に交付するというものでございます。


 次のページをごらんいただきたいと思います。実質収支に関する調書でございます。歳入総額82万6,112円、歳出総額18万2,147円、歳入歳出差し引き額64万3,965円、実質収支額が64万3,965円でございます。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 議案第83号、平成18年度北栄町合併処理浄化槽事業特別会計歳入歳出決算書の説明を申し上げます。


 これは公共下水道処理区域外の地域、65基の合併処理浄化槽を計画しているもののうち、18年度実施済みの22基につきましての決算でございます。


 246ページをごらんいただきたいと思います。合計額のみの説明とさせていただきます。


 初めに、歳入でございます。歳入合計といたしまして、予算現額4,776万1,000円、調定額3,980万107円、収入済み額3,980万107円、不納欠損額、収入未済額ともにゼロでございます。予算現額と収入済み額との比較はマイナス796万893円でございます。


 次、はぐっていただきまして248ページの歳出でございます。こちらも合計額のみを説明させていただきます。


 予算現額4,776万1,000円、支出済み額3,980万107円、翌年度繰越額はございません。不用額は796万893円でございます。予算現額と支出済み額との比較は796万893円でございます。歳入歳出差し引き残額はゼロでございます。


 次、はぐっていただきまして250ページの事項別明細書でございます。


 初めに、歳入であります。まず1款の分担金及び負担金でございますが、1目の浄化槽分担金といたしまして収入済み額202万円でございます。次に2款の使用料及び手数料でございますが、1目の浄化槽使用料といたしまして収入済み額6万5,901円でございます。次に3款の国庫支出金でございますが、浄化槽設置事業に対する国庫補助金として879万円でございます。4款繰入金の62万4,206円は一般会計からの繰入金でございます。6款の町債は補助残分と単独分を合わせまして283万円でございます。歳入合計といたしまして、収入済み額は3,980万107円でございます。


 次をはぐっていただきまして、252ページの歳出でございます。重立ったもののみの説明とさせていただきます。


 1目浄化槽総務費の8、報償費の支出済み額29万2,500円は受益者分担金の前納報奨金でございます。2目浄化槽維持管理事業費の13、委託料5万3,550円につきましては、浄化槽法の規定による保守点検委託料でございます。次に、3目の浄化槽建設費の13、委託料188万5,800円は、浄化槽建設のための測量設計委託料でございます。15、工事請負費の3,613万6,800円でございますが、先ほども申しましたように浄化槽22基の設置費用でございます。歳出合計といたしまして、支出済み額3,980万107円でございます。


 次、はぐっていただきまして254ページの実質収支に関する調書でございます。歳入総額といたしましては3,980万107円、歳出総額3,980円107円であり、歳入歳出差し引き額はゼロでございます。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 田中企画振興課長。


○企画振興課長(田中 精一君) 議案第84号、平成18年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計歳入歳出決算について御説明を申し上げます。


 256ページ、257ページをお開き願いたいと存じます。歳入の合計欄でございますが、予算現額1億9,810万円に対しまして調定額と収入済み額は同額の1億9,584万1,971円でした。不納欠損額と収入未済額はありませんでした。予算現額と収入済み額との比較でございますが、マイナスの225万8,029円でございまして、主なものにつきましては一般会計からの繰入金を減じたものでございます。


 次のページをお開き願いたいと思います。歳出の合計欄をごらんいただきたいと思いますが、予算現額1億9,810万円に対し支出済み額1億9,501万9,296円、翌年度繰越額でございますが82万2,675円、不用額225万8,029円、予算現額と支出済み額との比較でございますが、308万704円でございました。歳入歳出差し引き残額82万2,675円ということでございます。


 次のページをお開き願いたいと思います。260ページでございます。


 事項別明細書の歳入でございますが、まず1款使用料、収入済み額299万5,500円ということでございます。これは今年3月18日に開館してから3月31日までの入場料収入ということでございます。2款の県支出金でございます。収入済み額2,000万円、これは青山剛昌ふるさと館建設のために鳥取県からいただきました補助金でございます。3款の繰入金ということで、収入済み額3,374万6,471円、これは一般会計からの繰入金でございます。5款の町債でございます。収入済み額1億3,910万円。内訳でございますが、この建設のための借入金でございまして、住民公募債が1億3,000万円と、それから縁故債として910万円でございます。


 次のページをお開き願いたいと思います。事項別明細書の歳出でございますが、1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の支出済み額1,271万619円でございます。臨時職員の賃金、共済費及び一般事務費ということでございます。なお、繰越明許費としまして82万2,675円を翌年度に繰り越しましたが、これはテレビ、ラジオによる広報宣伝業務委託費ということで、ゴールデンウイークに向けて支出をしたものでございます。次に3款でございますが、事業費、1項施設整備費、1目施設整備費の支出済み額1億8,230万8,677円で、施設整備事業費、工事請負費等と合わせましてリニューアルをしましたので、その移転事業費をここで支出をしております。


 次のページをごらんいただきたいと思います。実質収支に関する調書でございます。1、歳入総額が1億9,584万1,971円、2の歳出総額が1億9,501万9,296円、歳入歳出差し引き額82万2,675円、4の翌年度へ繰り越すべき財源のうちの2の繰越明許費繰越額でございますが、82万2,675円ということでございます。以上です。


○議長(前田 正雄君) 浜田上下水道課長。


○上下水道課長(浜田登喜治君) 議案第85号、平成18年度北栄町水道事業会計決算の認定につきましての御説明を申し上げます。


 266ページをお開きいただきたいと思います。水道事業の決算報告書であります。


 (1)であります。収益的収入及び支出でございます。これは維持管理費用に当たるものでございまして、この表では消費税込みの額を記載しております。


 初めに収入でございます。決算額のみの説明を申し上げます。第1款の水道事業収益、決算額は2億6,596万2,093円でございます。次に、支出でございます。第1款水道事業費用2億6,202万525円でございます。


 次、はぐっていただきまして267ページをごらんください。(2)の資本的収入及び支出でございます。これは資本を構成する費用に当たるものでございまして、ここでも決算額のみの説明を申し上げます。


 初めに収入でございますが、第1款資本的収入の決算額は2億1,802万7,000円でございます。次に支出でございます。第1款の資本的支出の決算額は3億4,513万1,918円でございます。資本的収入が資本的支出に不足する額1億2,710万4,918円は、過年度損益勘定留保資金で補てんいたしました。


 次に、268ページの(3)水道事業損益計算書でございます。ここでは消費税抜きの額を記載しています。1の営業収益で収益合計が2億5,320万1,848円でございます。2の営業費用では、費用合計が1億8,638万2,189円でございます。営業利益といたしまして、6,681万9,659円でございます。次に3の営業外収益で、収益合計が24万3,494円でございます。4の営業外費用でございます。費用合計が6,471万2,659円であります。営業外利益といたしまして、マイナスの6,446万9,165円でございます。差し引き、経常利益は235万494円であります。次に、5の特別損失といたしまして234万3,216円でございます。これは水道料金の不納欠損処分によるものでございます。これの内訳といたしまして、企業倒産によるものが2件で189万3,981円、所在不明により職権停止しているものが10件で37万6,174円と破産によるものが1件で7万3,061円であります。当年度純利益といたしまして7,278円であり、当年度未処理欠損金は2,559万8,107円でございます。


 続きまして、269ページの剰余金計算書でございます。初めに、利益剰余金の部であります。1の欠損金であります。当年度未処理欠損金は2,559万8,107円でございます。次に、資本剰余金の部でございます。2の工事負担金の当年度発生高5,332万2,239円、これは下水道工事に伴います配水管の移転工事でございます。一番下の翌年度繰越資本剰余金でございますが、10億6,161万5,571円でございます。


 次に、270ページの欠損金の処理計算書でございます。当年度未処理欠損金といたしまして2,559万8,107円であり、翌年度繰越欠損金として同額の2,559万8,107円でございます。


 次に、271ページの貸借対照表でございます。初めに資産の部といたしまして、1の固定資産でございます。(1)有形固定資産といたしまして、合計が25億6,438万9,397円でございます。次に、(2)無形固定資産でございます。管路情報システムソフトでございまして、合計が297万5,556円であり、固定資産の合計といたしまして25億6,736万4,953円でございます。次に、流動資産でございます。現金預金といたしまして5,918万990円でございます。未収金といたしまして1億2,225万1,818円であります。この内訳でございますが、3条関係では水道料金といたしまして1,338万1,123円などでございます。4条関係では、下水道工事に伴います負担金として2,772万6,000円と一般会計からの出資金などでございます。なお、4条関係につきましては、すべて入金となっております。また、残りの水道料金でございますが、8月末現在における未納額は1,008万3,952円となっております。流動資産の合計は1億8,233万181円であり、資産合計といたしましては27億4,969万5,134円でございます。


 次に、272ページの負債の部でございます。3の流動負債の未払い金といたしまして、3,235万1,701円でございます。これは工事請負代金、修繕費などでございますが、支払い済みとなっております。次に、資本の部でございます。4の資本金の合計といたしまして、16億8,060万3,222円でございます。5の剰余金でございますが、資本剰余金と利益剰余金とで合計が10億3,601万7,464円でございます。したがいまして、資本合計が27億1,662万686円でございます。負債資本の合計といたしまして、27億4,969万5,134円でございます。


 次をはぐっていただきまして、273ページの水道事業会計の附属明細書でございます。このページから277ページにわたりまして、(1)の収益費用及び(2)の資本的収支明細書を記載しております。説明は省略させていただきたいと思います。


 次に、278ページをお開きいただきたいと思います。固定資産の明細書でございます。下の合計欄の一番右側の額が年度末の償却未済額でございます。25億6,736万4,953円でございます。


 次に、279ページの企業債明細書でございます。表の中ほどに未償還残高を記載しております。下の合計欄をごらんいただきたいと思いますが、14億6,654万3,806円でございます。


 次に、280ページをごらんいただきたいと思います。平成18年度の北栄町水道事業報告書でございます。このページから284ページにわたりまして、総括的な事項とか工事の概要、業務の内容などを記載しております。全般にわたりましての説明は省略させていただきたいと思います。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 次に、前田代表監査委員の決算審査意見をお願いいたします。


 前田代表監査委員。


○代表監査委員(前田 茂樹君) 監査委員を代表いたしまして、決算審査の結果を報告します。


 平成18年度北栄町一般会計及び11件の特別会計並びに水道事業会計の歳入歳出につきましては、去る7月18日から20日までの3日間と24日、25日の2日間、計5日間にわたり審査を行ったところであります。


 今回の決算は、北栄町となって1年間を通しての初めての決算であります。審査に当たりましては、まず予算の執行が効率的かつ合理的に行われているか、会計経理は適正に執行されているか、また計数は正確であるか等について関係諸帳簿及び証書を照査し、別途実施いたしました例月検査も検討しながら審査いたしました。各会計に関する意見及び共通する意見につきましては、歳入歳出決算意見書に記載しているとおりであります。


 1点、補足の意見を述べさせていただきます。土地開発公社が所有している東園地内の土地についてであります。土地開発公社の経営状況報告書によりますと、北栄町東園字稲場の土地1万1,610.35平方メートルの簿価は、購入価格に利息が加わり平成18年度末で2億3,774万4円となっております。土地開発公社の定款上、この土地の処分に伴って生じる利益または損失は北栄町に帰属するものと考えられます。また、平成19年度は簿価の増加を下げるため一般会計から土地開発公社へ貸付金として2億3,786万円支出することとなっています。当該土地の処分及び利活用を考えた適切な土地所有方法、このことについて検討が必要と考えております。


 なお、意見書の中の土地の面積が単位が少し間違っておりました。正しい面積は1万1,610.35平方メートルです。訂正させていただきます。


 今後、厳しい財政のもとではありますが、より一層の健全財政を堅持し、町民福祉の向上に努力されますよう要望申し上げ、報告を終わります。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 以上で一括議題といたしました13議案の提案説明を終わります。


 暫時休憩いたします。(午前11時43分休憩)


      ───────────────────────────────


○議長(前田 正雄君) 休憩前に引き続き再開します。(午後0時59分再開)


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第20 議案第86号 から 日程第25 議案第91号





○議長(前田 正雄君) 日程第20、議案第86号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてから、日程第25、議案第91号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を変更する協議についてまで以上6議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第86号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてでございます。


 この条例は、消防組織法の一部を改正する法律が平成18年6月14日に施行されたことに伴い、北栄町消防団の設置等に関する条例、北栄町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例及び北栄町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の各条例の一部を改正するものでございます。


 続きまして、議案第87号、北栄町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 この条例は、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が平成19年10月1日から施行されること、及び証券取引法等の一部を改正する法律が平成19年9月30日から施行されることに伴い、改正をするものでございます。


 議案第88号、北栄町行政手続条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 この条例は、行政手続法の一部が改正され、平成18年4月1日から施行されたことに伴い改正をするものでございます。


 次に、議案第89号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは都市計画法に基づく開発行為の許可等について、ことし8月より鳥取県から事務移譲となったことに伴って、北栄町手数料条例にこれらの事務手数料に関する事項を加えるものでございます。


 次に、議案第90号、北栄町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定についてでございます。


 これは都市計画審議会を組織する委員の追加と、庶務を処理する幹事について変更するものでございます。審議会の組織については政令に基づき審議会委員に町議会議員を追加するもので、幹事については機構改革による変更でございます。


 次に、議案第91号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を変更する協議についてでございます。


 地方自治法第291条の3第1項の規定により、鳥取県後期高齢者医療広域連合から同連合規約の一部を変更することについて協議がありましたので、同法第291条の11の規定により議会の御議決をお願いするものでございます。


 以上6議案、詳細につきましては担当課長に説明させますので、御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願い申し上げます。


○議長(前田 正雄君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 議案集の16ページをごらんいただきたいと思います。議案第86号、消防組織法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についての御説明を申し上げます。


 17ページをごらんいただきたいと思いますが、今回のこの改正は消防組織法の一部改正が行われまして、条項が移動いたしました。いわゆるこの法律と条例との間で条ずれができましたので、これを整理するものでございます。


 まず、改正前と改正後の表をつけておりますが、その中の一番上で北栄町消防団の設置等に関する条例の一部改正についてでございますが、これにつきましては改正前の第1条「第15条第1項」の規定に基づきという部分を改正後の「第18条第1項」の規定に基づきというふうに改正をするものでございます。


 次に、北栄町消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正についてでございますが、これにつきましても改正前の第1条で「第15条の2」及び「第15条の6」という規定を「第19条」及び「第23条」の規定というふうに改正をいたします。


 次に、北栄町非常勤消防団員に係る退職報償金の支給に関する条例の一部改正でございます。これにつきましては、同じく第1条で「第15条の8」の改正前の規定を改正後で「第25条」のというふうに改正するものでございます。附則、この条例は公布の日から施行する。


 次、はぐっていただきまして議案第87号、北栄町長の資産等の公開に関する条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 このたびの改正は、郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律により郵便貯金法が廃止をされ、郵便貯金に係る規定が削除されるという点、それと証券取引法等の一部を改正する法律により「証券取引法」の名称が「金融商品取引法」に改められること等により、改正をするものでございます。これにつきましても改正前と改正後の表をつけておりますが、下線を引いた部分を改めるものでございます。


 第2条の4号のところで、改正前で「貯金」、これは普通貯金を除く。及び「郵便貯金」、これは通常郵便貯金を除く。それと預金、「貯金及び郵便貯金」の額という部分と、それから5号の「金銭信託 金銭信託の元本の額」という部分を左の改正後のように改めるものでございます。(4)として下線を引いた部分で「及び貯金」、これは普通貯金を除く、それと預金「及び貯金」の額というふうに改正をいたします。


 なお、5号につきましては、法律も削除しておりまして、この部分の削除を行うものでございます。


 それから、6号につきましては「証券取引法」という部分を「金融商品取引法」というふうにしていくいというそういうことでございます。


 具体的な改正の内容でございますが、郵政民営化に伴いまして郵便貯金の新たな取り扱いが行われなくなるということから、資産等報告書に記載する資産等から郵便貯金を削るというもの、それから証券取引法の一部改正に伴いまして有価証券の範囲が拡大されることにより、有価証券とみなされる金銭信託を資産等報告書に記載する資産等から削るとともに、条例で引用する法律名を証券取引法から金融商品取引法に改めるというもの。それと、あと株券が発行されていない場合についても、株券が発行されていたとすれば当該株券に表示されるべき権利を資産等報告書に記載する資産とするという、そういうものでございます。


 次のページをごらんをいただきたいと思いますが、あと改正前の7号から10号については、これは号の繰り上げということで6号から9号といたします。


 附則。施行日、1、この条例は平成19年9月30日から施行する。ただし、第2条第1項第4号の改正については平成19年10月1日から施行するということで、平成19年9月30日の施行は証券取引法の一部改正の施行日でございますし、19年10月1日につきましては郵便貯金法の廃止の施行日でございます。


 次に、経過措置でございますが、2として改正後の第2条第1項第4号の規定の適用については、この条例の施行前に有していた郵便貯金(通常郵便貯金を除く)及び旧郵便貯金(郵政民営化法等の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律附則第3条第10号に規定する旧郵便貯金をいい、通常郵便貯金を除く)は預金とみなすというものでございます。


 次に、22ページで議案第88号、北栄町行政手続条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 次のページをごらんをいただきたいと思いますけども、このたびの改正は行政手続法の一部が改正されまして、この条例とのいわゆる条ずれができましたので調整をするものでございます。


 改正前、改正後であらわしておりますけども、第1条の「第38条」という表現を第1条の改正後の「第46条」のというふうに改正をいたします。附則、この条例は公布の日から施行する。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 杉谷産業振興課長。


○産業振興課長(杉谷 博文君) 議案第89号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について御説明を申し上げます。


 提案理由にもありましたように、ことし8月に都市計画法に基づく開発行為の認可等について鳥取県からの事務移譲となりました。これに伴いまして手数料条例の一部を改正するものでございまして、したがいまして許可に係る手数料の額はすべて県と同様のものを現北栄町手数料条例に別表3として追加するものであります。


 25ページをお開きください。表の説明をいたします。条文等、少しわかりにくい表現もございますので、参考資料をお手元に配付いたしておると思います。議案第89号説明資料、横長の資料でございますけども、表現等の説明をしておりますので、あわせてごらんをいただけたらというふうに思います。


 まず、表の左の列の1ですけども、都市計画法、括弧は省きまして第29条第1項または第2項の規定に基づく開発行為の許可の関係でございます。資料の方にも上げておりますけども、都市計画法の第29条では一定基準以上の建築を伴います開発行為を行う場合には許可が必要というふうになっております。ここにあります第29条1項といいますのは、都市計画区域内における開発行為の規定であります。北栄町の中では旧北条町全域、そして旧大栄町では海側、北側といいますか、亀谷地区から大体日本海側が都市計画区域になります。それでこの都市計画区域内の開発行為を行う場合は、3,000平方メートル以上で許可が必要になります。3反以上であります。


 もう一つの第29条の2項といいますのは、都市計画区域外の開発行為でございます。北栄町でいいますと先ほどの区域内から外れた場所、亀谷あたりから奥部といいますか、南側、このあたりがこの区域外というふうになります。ここの開発行為を行う場合には1万平方メートル以上、1ヘクタール以上の開発行為を行う場合には申請、許可が必要ということであります。1はそういった区域を設定しておりまして、2列目にその都市開発区域外か内かでそれぞれ違いますけども、そういう中で面積に応じて目的別に区分をしております。(1)、(2)、(3)というふうに3つ区分しておりまして、(1)は主として自己の居住の用に供する住宅の建築の用に供する云々とありますけれども、これは個人住宅を建築する場合がこの(1)であります。それから、(2)は主として自己の業務の用に供する建築物云々とありますが、これも資料の方に詳しくちょっと上げておりますけども、工場あるいは事業所、特定工作物。特定工作物とは何ぞやということなんですけども、ここにありますように1種と2種とございまして、1種はアスファルトプラント、クラッシャープラント、あるいは2種の方が野球場、陸上競技場以下運動場ですとか、そういった施設がここの枠に該当するということで、あと(3)がその他の開発行為とあります。これは宅地分譲を行うための土地開発行為、これが(3)に当たるということで、その区分ごとにそれぞれ面積に応じて手数料を設定いたしております。例えば(1)の個人住宅の場合は、アの開発区域の面積が0.1ヘクタール未満のものは1件につき8,600円、イ、ウとずっと来まして、最高1件につき30万円、10ヘクタール以上ということになりますけども、そういった基準で次の(2)、(3)というふうに面積でそれぞれの開発行為の区分に応じて規定をしておるということであります。


 次に、左の列の第2、法第35条関係であります。26ページの中ほどにございますけども、法第35条の2第1項の規定に基づく開発行為の変更の許可とありますけども、これは一たん許可を受けた開発行為を変更する場合の手続の規定であります。これも(1)、(2)、(3)というふうに区分は分けてありますけども、(1)は開発行為に関する設計の変更、(2)に掲げる変更のみに該当するものを除くということで、(2)を除くと。(2)は新たな土地の開発区域への編入に係る法第30条からありますけども、(2)の方から説明しますと、(2)は新たに編入をされる開発区域。ですから編入に伴う開発面積の増加をする場合は、ここの規定を適用します。(1)の方は(2)の変更を除くということですので、どういうのがあるかといいますと、例えば面積の増加を伴わない。同じ変更でも内容はそのままで面積は変わらない、そういった変更。あるいは一たん許可を受けた面積が減る場合、面積を縮小して変更する場合、そういう場合はここに該当いたします。それの手数料は(1)の方が前号に定める額の10分の1の額ということで、最初の1の方からこの上の表になりますけども、住宅の場合あるいは工場、事業所の場合、宅地分譲の場合というふうにありますけども、それぞれその目的、用途に従ってその10分の1の額の手数料ということであります。


 次の(2)の方は、新たに編入される開発区域の面積に応じ前号に定める額ということですので、それぞれ面積がふえたらふえた面積の上の表に当たる面積と同じ額ということであります。


 あと、(3)その他の事項の変更は1万円ということであります。


 次に、第42条、26ページの下の方から2行目になりますが、ただし書きの規定に基づく建築物の建築等の許可、1件につき2万6,000円でございますけども、これは一たん許可を受けた開発行為、この法の中ではそれ以外の新築、増築は原則禁止されておるということになっておるんですけども、ただし書きの中で周辺の状況を考慮し、支障のない場合は許可するということでありまして、支障がない場合は許可ができるというただし書きの申請があった場合には2万6,000円ということであります。


 一番下の法第45条の規定に基づく開発許可を受けた地位の継承の承認。これは許可を受けた後に所有者がかわる場合がございまして、所有者のみの変更がある場合の規定であります。表現的には(1)、(2)、主として自己の居住の用に供する、ずっとありますけども、同じ表現でございまして、これは何かといいますと、最初申し上げました一般の個人住宅の開発行為を行う場合、あるいは工場、事業所を行う場合、それから特定工作物の開発行為を行う場合。その場合に、所有者がかわって変更届をされる場合は、この(1)と(2)の規定に当てます。(1)の方が、それ面積だけの基準でして1ヘクタール未満が1件につき1,700円、1ヘクタール以上になれば1件につき2,700円ということであります。(3)はその他の開発行為で1件につき1万7,000円ということであります。


 最後の法第47条第5項の規定に基づく、これは開発登録簿の写しを交付した場合に1枚につき470円という規定でございます。


 以上のことで、この条例は公布の日から施行するというものであります。


 続きまして、議案第90号の北栄町都市計画審議会条例の一部を改正する条例の制定について御説明申し上げます。


 北栄町の都市計画審議会条例は、合併後の平成18年3月に制定いたしたところでございますけども、提案理由にもありましたとおり政令に基づきまして今回委員の中に議会議員を追加するものであります。また、4月の機構改革によりまして幹事を地域整備課から産業振興課に変更するというものでございまして、29ページをお開きいただきたいと思います。右が改正前、左が改正後であります。


 第3条の委員でございますけども、左の改正後(2)に先ほど申し上げました「町議会議員」を追加いたします。


 第7条の幹事でございますけれども、改正前が「地域整備課」、改正後が「産業振興課」ということであります。


 この条例は公布の日から施行するというものであります。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 小矢野町民課長。


○町民課長(小矢野 貢君) 議案第91号、鳥取県後期高齢者医療広域連合規約を変更する協議について御説明申し上げます。


 初めに、この変更に至りました経緯でございますけども、現在、広域連合議会議員の定数は13名でございます。これは圏域ごとに市議会議長または町村議会議長から推薦を行って選挙をするようになっていました。ところが、全市町村の住民意思がこれでは反映されないということで、そういった多くの意見がございまして、議員定数を構成する市町村から1名以上の選出するようにという改正要望がなされたことで改正に至ったということでございます。


 初めに31ページの第7条、広域連合の議会の組織ということでございますけども、はぐっていただきまして32ページに別表2がございます。別表第2でございますが、改正前は圏域ごと、東部、中部、西部という形でそれぞれ13名の議員さんが出ていらっしゃいましたけども、これでは住民の声が届かないということで、改正後の1万人以上の後期高齢者ということで、鳥取市につきましては3名、米子市につきましては2名、そのほか倉吉市ほか17市町村につきましては各1名ということで、22名というふうに改正になりました。


 それから選挙の方法、第8条でございますけども、これにつきましては現在は市町村議会議長から推薦後に圏域ごとの市町村議会で選挙をするということになっていたものを、改正後は各市町村議会で選挙を行うということに改正になりました。


 附則としまして、この規約は地方自治法第291条の3第1項の規定により、鳥取県知事の許可のあった日から施行する。


 経過措置としまして、2、この規約の施行の際、現に広域連合議員となっている者は、この規約の施行の日にこの規約による改正後の鳥取県後期高齢者医療広域連合規約第8条第1項の規定により選挙され、広域連合議員となったものとみなす。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 以上で一括議題といたしました6議案の提案説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第26 議案第92号 及び 日程第27 議案第93号





○議長(前田 正雄君) 日程第26、議案第92号、平成19年度北栄町一般会計補正予算(第2号)、日程第27、議案第93号、平成19年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、以上2議案を一括議題とし、本日は説明のみにとどめておきます。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第92号、平成19年度北栄町一般会計補正予算(第2号)の提案理由を申し上げます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,373万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ71億4,080万6,000円といたしました。今回の補正は、新たに予算措置を必要とする諸事業につきまして所要の額を計上いたしました。以下、主なものを申し上げます。


 初めに、歳出、第2款総務費でございます。総額で1,225万円計上いたしました。財産管理費に144万円計上いたしました。大栄庁舎身障用トイレの扉を修繕し、非常用ブザーを設置するための経費63万円が主なものでございます。


 交通安全対策費に148万円計上いたしました。道路反射鏡新設、通学路街灯設置工事請負費が主なものでございます。地域における交通安全対策を図り、事故のない明るい町づくりを推進するものでございます。


 税務総務費に592万2,000円計上いたしました。平成21年度に行う固定資産評価がえのための標準宅地鑑定委託料でございます。


 賦課徴収費に240万円計上いたしました。法人町民税の前年度予定納税額に対する確定申告額の差額還付金でございます。


 第3款民生費でございます。総額で1,541万8,000円計上いたしました。障害者福祉費に1,496万円計上いたしました。生活保護者の自立支援医療給付費が主なものでございます。


 第4款衛生費でございます。総額で168万7,000円計上いたしました。塵芥処理費で不法投棄処理委託料91万4,000円、自治会に対するごみ収集所整備補助金32万3,000円を計上いたしました。


 第5款農林水産業費では総額で672万2,000円計上いたしました。農業委員会費に臨時職員賃金として96万7,000円計上いたしました。農業振興費に192万4,000円計上いたしました。農家負担の軽減を図るための農業用廃ビニール、廃缶処理補助金90万円、就農基盤整備事業費補助金75万5,000円が主なものでございます。農地費に214万9,000円計上いたしました。県営土地改良事業費増額に伴う負担金105万円、国営東伯地区維持管理事業の負担割合変更に伴う負担金90万4,000円でございます。林業振興費に117万1,000円計上いたしました。松林保護樹林帯緊急造成事業費補助金55万5,000円が主なものでございます。


 第7款土木費では総額で1,500万円計上いたしました。道路新設改良費で町道江北7号線橋梁改修工事に伴う経費でございます。


 第9款教育費では、総額で319万8,000円計上いたしました。北条小学校改築建設事業費に117万6,000円計上いたしました。校舎改築に伴う地質試験調査委託料でございます。大栄中学校管理費に72万9,000円計上いたしました。プールの漏水修繕工事によるものでございます。学校給食費に98万3,000円計上いたしました。大栄学校給食センターの器具消毒保管庫購入費82万5,000円が主なものでございます。


 第11款公債費では、総額で1,897万7,000円計上いたしました。北条小学校プール建設費補助金返還に伴う繰り上げ償還金でございます。


 歳入につきましては、町税、地方交付税、国県支出金、繰越金、町債等を調整し編成をいたしました。


 なお、鳥取中部ふるさと広域連合に負担する新斎場建設負担金事業が合併特例債で実施できることになり、今回財源充当のため歳入に計上いたしました。


 続きまして、議案第93号、平成19年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,074万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を12億6,160万4,000円とするものでございます。


 この補正の内容といたしまして、歳入につきましては過年度分支払い基金交付金及び前年度繰越金が主なものでございます。歳出につきましては、国、県への返還金及び介護予防サービス費が主なものでございます。


 以上2議案、詳細につきましては担当課長に説明させますので、御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(前田 正雄君) 道祖尾総務課長。


○総務課長(道祖尾広光君) 議案第92号、平成19年度北栄町一般会計補正予算(第2号)について御説明を申し上げます。


 平成19年度北栄町の一般会計補正予算(第2号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ7,373万円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ71億4,080万6,000円とする。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。債務負担行為の補正。第2条、既定の債務負担行為は、第2表、債務負担行為補正による。地方債の補正。第3条、既定の地方債は、第3表、地方債補正による。


 次のページをごらんください。第1表、歳入歳出予算補正の歳入の説明を申し上げます。


 補正額のみ読み上げさせていただきたいと思いますが、第1款町税、第1項町民税3,035万円の減額、2項固定資産税117万8,000円の減額、3項軽自動車税209万8,000円の減額。8款地方特例交付金、1項地方特例交付金471万4,000円の追加、2項特別交付金548万1,000円の減額。9款地方交付税、1項地方交付税3,516万9,000円の追加。13款国庫支出金、1項国庫負担金599万9,000円の追加、2項国庫補助金825万円の追加。14款県支出金、1項県負担金299万9,000円の追加、2項県補助金108万2,000円の追加、3項委託金19万円の減額。15款財産収入、1項財産運用収入540万円の減額。17款繰入金、1項基金繰入金6,500万円の減額。18款繰越金、1項繰越金1億1,791万4,000円の追加。19款諸収入、5項雑入50万3,000円の追加。20款町債、はぐっていただきまして1項町債679万7,000円の追加。歳入合計70億6,707万6,000円が補正前の額でございます。補正額が7,373万円、計71億4,080万6,000円でございます。


 次に、歳出でございます。2款総務費、1項総務管理費、これも補正額のみ申し上げます。392万8,000円の追加、2項徴税費832万2,000円の追加。3款民生費、1項社会福祉費1,527万円の追加、2項児童福祉費14万8,000円の追加。4款衛生費、1項保健衛生費45万円の追加、2項清掃費123万7,000円の追加。5款農林水産業、1項農業費555万1,000円の追加、2項林業費117万1,000円の追加。6款商工費、1項商工費42万6,000円の減額。7款土木費、2項道路橋梁費1,500万円の追加。8款消防費、1項消防費72万6,000円の追加。9款教育費、2項小学校費117万6,000円の追加、3項中学校費72万9,000円の追加、5項社会教育費31万円の追加、6項保健体育費98万3,000円の追加。11款公債費、1項公債費1,897万7,000円の追加。12款予備費、1項予備費17万8,000円の追加。歳出合計、補正前の額70億6,707万6,000円、補正額7,373万円、計71億4,080万6,000円でございます。


 次に、5ページの第2表、債務負担行為補正でございます。


 まず追加でございますが、平成18年度県営一般、これは東高尾第2の二期ですが、農道整備事業でございます。期間が平成19年度から平成33年度、限度額が341万9,000円でございます。


 次に変更でございますが、平成18年度県営畑地総合整備事業の北条砂丘地区でございます。補正前で期間につきましては変わりはございませんが、限度額が85万4,000円を補正後152万6,000円で67万2,000円の追加でございます。


 次のページをはぐっていただきまして第3表、地方債補正でございます。


 まず追加でございますが、先ほど提案理由にも申し上げましたように新斎場の建設負担金が合併特例債に充当することが確定しましたので、今回補正を追加をいたすものでございます。限度額として810万円の追加でございます。


 次に、臨時地方道整備事業で600万円の追加でございます。起債の方法、利率、償還の方法等についてはごらんください。


 続きまして、変更でございます。まず、補正前と補正後を上げておりますが、臨時財政対策債でございますが、限度額2億7,000万円に対して補正後2億7,209万7,000円で、209万7,000円の追加でございます。


 次に、減税補てん債1,000万円ですが、これは補正後は限度額ゼロということで、1,000万円の減額でございます。


 次に、県営北条中央経営体育成基盤整備事業でございますが、限度額1,410万円に対して補正後1,470万円で60万円の追加でございます。そのほかの項については、変更はございません。


 次に7ページですが、歳入歳出補正予算事項別明細書でございますが、1の総括につきましては省略をさせていただきます。


 13ページの歳出から御説明を申し上げますので、13ページをごらんいただきたいと思います。


 歳出でございますが、まず総務費でございます。4目の財産管理費でございますが、これにつきましては需用費で消耗品と本庁舎の修繕費を上げております。本庁舎の修繕費につきましては、提案理由で申し上げました。消耗品につきましては、北条地区の町有施設で電気設備保安の点検に要する町で実施するものの消耗品代でございます。それから、委託料で49万3,000円計上しておりますが、これは北条地区の7施設の電気設備の保安点検の委託料でございます。次に、北条改善センターの需用費ですが、修繕費38万円、北条庁舎の電話屋外ケーブルの修繕費でございます。7目として大栄改善センターの需用費、修繕費を上げております。62万8,000円。これは改善センター入り口の自動ドアの修繕等でございます。10目で交通安全対策費の需用費40万円。交通安全施設補修工事請負費ということで、道路反射鏡の修繕でございます。その下の工事請負費108万円につきましては、提案理由のとおりでございます。下の通学路の街灯設置工事費でございますけども、これは大栄小学校に行く歩道橋がございまして、そこの街灯が老朽化したということで、これの取りかえでございます。


 次に、徴税費の1目で税務総務費でございます。委託料592万2,000円、標準宅地鑑定委託料、これにつきましては提案理由で申し上げました。それから、賦課徴収費の償還金、利子及び割引料、過誤納還付金についても提案理由で申し上げました。


 次のページでございます。民生費の社会福祉費でございます。繰出金が31万円ということで、これは介護保険特別会計への繰出金でございます。5の障害者福祉費でございますが、8の報償費と11の需用費につきましては、障害者自立支援に係る経費でございます。それから、19の負担金、補助及び交付金で11万1,000円、これは地域生活体験事業費補助金ということで、障害者の自立支援のための補助金でございます。それから20節の扶助費でございますが、1,199万9,000円、これは生活保護者の医療費の支援のための支出でございます。それから、その下の償還金、利子及び割引料279万2,000円、これは事業費の確定に伴う国庫支出金等の精算金でございます。


 次に、2の児童福祉費の2目で保育所管理運営費でございますが、需用費で修繕費7万1,000円、これは食器消毒保管庫の修繕でございます。下の備品購入費につきましては、4人乗りのベビーカーの購入ということで7万7,000円計上しております。


 次に衛生費でございますが、3の健康増進センター費、需用費として22万1,000円計上いたしております。敷地内にある外灯の修繕費でございます。次に7の母子衛生費の旅費でございますが、これは県外研修のための旅費でございます。9の老人医療給付事務費、償還金、利子及び割引料でございますが、これは事業費の確定に伴うものの返還ということで1万5,000円計上します。10の後期高齢者医療対策費ですが、役務費で16万1,000円。これは通信運搬費として新しい制度を導入するための啓発に係る郵送料ということでございます。


 次に、同じく衛生費の1の塵芥処理費でございますが、不法投棄処理委託料とそれからごみ収集所整備補助金、これにつきましては提案理由の中にございました。


 次に、農林水産業費の1、農業委員会費、臨時職員賃金、これにつきましては農家台帳の整備等の業務に係る賃金でございます。96万7,000円でございます。それから5の農業振興費でございますが、負担金、補助及び交付金でございます。初めの鳥取県野菜価格安定基金協会の負担金ということで、特定野菜の産地育成価格差補給事業に係るものでございます。あと、農業用廃ビニールにつきましては提案理由にございました。下の就農基盤整備事業費でございますが、新規就農者に対する支援の補助金でございます。次に7目の地産地消推進費でございますが、これにつきましては全国和牛共進会に関する経費ということで、需用費それから使用料及び賃借料、原材料費を計上いたしております。とっとり大地と海のフェスタ出店のためのテントのリース料、あるいは原材料費につきましてはお好み焼きを出店するということで、これの経費でございます。それから9目の畜産振興費でございますが、委託料で73万5,000円を計上いたしております。この上のものと関係をしてきますけども、北栄町をアピールするパネルを作成する委託料ということで、このテントの中に置いてアピールをするということでございます。それと、その下の負担金、補助及び交付金の第9回全国和牛能力共進会出品牛の支援対策助成金ですが、これはこの共進会に北栄町から出品牛がなかったということで減額をいたしております。32万4,000円の減額でございます。次に11目の農地費ですが、負担金、補助及び交付金でございます。それぞれ改良区等の補助金を上げておりますが、各種事業に対する補助金あるいは負担金を計上いたしております。


 次に、同じく農林水産業費の1の林業振興費でございますが、負担金、補助及び交付金ということで117万1,000円を計上いたしております。それぞれ林業振興に対する補助金の補正額でございます。


 次に商工費ですが、1目の商工振興費で負担金、補助及び交付金6万1,000円を計上いたしております。地域産業活性化協議会の負担金でございます。それと、22の補償、補填及び賠償金でありますが48万7,000円の減額、代位弁済損失補償金ということで、小口融資の代位弁済の事務が必要なくなったための減額補正でございます。


 7款の土木費、2目道路新設改良費でございます。これは提案理由にもありましたが、江北7号線の橋梁改修工事に係る経費でございます。


 次に、8款消防費、2目の非常備消防費でございます。報償費で退職報償費として1名の退団者がございますので42万8,000円計上しました。負担金、補助及び交付金につきましては、消防団員の退職報償金の掛金が改正になったということで、20万の金額を補正しております。3目の消防施設費でございますが、委託料で消防用無線管理委託料を9万8,000円計上いたしました。4年に一度行われる検査を実施することが必要であるということでございます。


 次のページに行きまして、教育費の7目北条小学校改築建設事業費、これは提案理由にもございましたけども地質調査でございます。次に大栄中学校管理費、これにつきましても提案理由でございましたプールの修繕でございます。次に図書館費でございますが、備品費として50万円計上いたしております。書架の購入費ということで、AVコーナーを移転をいたしましてその後に書架を設置をするということで、それの購入代でございます。13目子育て学習講座費でございますが、これは事業を町の協議会で行うこととなったために、一般会計ではなしにそちらの協議会の方の予算で組むということで、今回減額をいたしております。次に13目の学校給食費でございますが、需用費の修繕費につきましてはこれはシャッターの修繕費、備品購入費につきましては消毒保管庫の購入でございます。


 次に、11款公債費の1目元金でございますが、町債の償還元金として1,897万7,000円計上いたしております。提案理由のとおりでございます。


 次に、歳入の方に返っていただきまして9ページをごらんをいただきたいと思います。


 まず、1款の町税でございますが、1の個人分で個人町民税現年課税分を3,035万円減額をいたします。今年度の収入を試算した結果、収入減となることが見込まれるために、この今回の補正で減額をするものでございます。それから同じく固定資産税ですが、117万8,000円の減額。これについても同じ理由でございます。次に軽自動車税でございますが、209万8,000円の減額。これは税収入の確定による減額でございます。次に8の地方特例交付金の1、地方特例交付金471万4,000円、それから下の1の特別交付金の548万1,000円の減額につきましては、これは交付金の確定による処理でございます。次に9款の地方交付税でございますが、地方交付税につきましては3,516万9,000円の増額ということでございます。交付税の確定によるものでございます。


 次に、13款の国庫支出金でございますが、1目の民生費国庫負担金、これにつきましては599万9,000円の増額、それから同じく土木費国庫補助金の825万円の増額、これにつきましては歳出に合わせてのそれぞれから入ってくる収入額を補正したものでございます。それから、同じく14款の県支出金の1目民生費県負担金、それから同じく県補助金の中の2目民生費県補助金、あるいは衛生費県補助金、農林水産業費県補助金、これにつきましてもそれぞれの事業費に応じた金額の収入の補正でございます。それから同じく14款の県支出金の教育費県委託金、これにつきましては家庭教育支援事業委託金ということで19万円の減額でございます。


 次に、15款の財産収入の2目利子及び配当金でございます。540万円の減額でございます。これはまちづくり振興基金積立金利子を減額するものでございます。次に17款繰入金、1目財政調整基金繰入金でございますが、6,500万円の減額ということにいたしております。このたびの補正で収入の余剰が6,500万円出ましたので、調整するものでございます。なお、現在の財政調整基金積立金は6億3,138万9,000円となっております。次に18款繰越金の1目繰越金につきましては、これは前年度繰越金の確定によるものでございます。同じく雑入でございますけども、衛生費雑入あるいは消防費雑入ということでそれぞれ計上いたしました。


 次に、20款の町債でございますが、1の総務債でございます。臨時財政対策債に209万7,000円の増額、減税補てん債に1,000万円の減額、それと合併特例債事業費で810万円の増額をいたしております。これは新斎場建設に伴うものでございます。次に2目の農林水産業債でございますけども、県営北条中央経営体育成基盤整備事業債として60万円の計上でございます。3目の土木債ですけども、道路整備事業債ということで600万円の補正でございます。臨時地方道整備事業債でございます。


 それから、この予算書の一番後ろをごらんいただきたいと思います。給与費明細書をつけておりますけども、一部人件費の補正がございましたので、それに伴う表でございます。これについてはごらんをいただきたいと思います。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 池田健康福祉課長。


○健康福祉課長(池田 雅文君) 議案第93号、平成19年度北栄町介護保険事業特別会計補正予算(第1号)について説明いたします。


 平成19年度北栄町の介護保険事業特別会計補正予算(第1号)は次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正。第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ4,074万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ12億6,160万4,000円とする。2項、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算補正による。


 はぐっていただきまして、第1表、歳入歳出予算補正です。補正額についてのみ説明いたします。


 3款国庫支出金、1項国庫負担金49万1,000円増、2項国庫補助金17万4,000円増。4款支払基金交付金、1項支払基金交付金551万7,000円増。5款県支出金、1項県負担金30万7,000円増。7款繰入金、1項一般会計繰入金31万円増。8款繰越金、1項繰越金3,394万4,000円増。歳入合計、補正前の額12億2,086万1,000円、補正額4,074万3,000円増。合計12億6,160万4,000円。


 歳出の説明です。2款保険給付費、2項介護予防サービス等諸費245万9,000円増。7款諸支出金、1項償還金及び還付加算金1,865万円増。8款予備費、1目予備費1,963万4,000円増。歳出合計、補正前の額12億2,086万1,000円、補正額4,074万3,000円、計12億6,160万4,000円です。


 2ページの事項別明細書の1の総括については省略させていただきます。


 初めに歳出の説明をいたしますので、5ページお願いします。


 2款保険給付費、1目介護予防サービス等諸費245万9,000円の増額です。これは2月10日、江北に開所しました小規模多機能施設のなごみの郷の利用者増によるものであります。当初予算におきましては、この施設の利用は主に認知症、中・重度の在宅で生活されている者の利用を主に想定していたところですけれど、現時点で利用登録されています方が要介護が4名、要支援が4名、それから認定待ちが1人という状況になっておりまして、要支援者のサービスが増額しているということで、補正をさせていただいております。当初では36万円ということでほんのわずかな計上でしたけれど、現在要支援1の方につきましてのサービス利用限度額が月額4万4,690円、要支援2の方が7万9,950円ですので、その辺を換算しましてトータル的に245万9,000円を計上させていただいております。


 それから、7款の諸支出金につきましては、これは介護給付費及び地域支援事業にかかわります過年度分国庫支出金等の返済金で、1,865万円の計上です。


 それから、8款の予備費につきましては、繰越金から返還金等を差し引きました金額であります。第1号被保険者保険料前年度繰越金として2,005万569円、また介護予防サービス給付費にかかわります第1号被保険者の負担割合に応じた金額41万5,000円を減額して計上しておりまして、1,963万4,000円の増額です。


 返っていただきまして歳入、3ページお願いします。


 3款の国庫支出金、1目介護給付費負担金、それと同じく3款国庫支出金、1目調整交付金、それから4款支払基金交付金の1目介護給付費交付金の1節現年度分、それから5款の県支出金、7款の一般会計繰入金、これらにつきましてはそれぞれ負担割合に応じてサービス給付費245万9,000円のそれぞれの負担金額を出しておるところであります。


 それから、4款の支払基金交付金の2節過年度分につきましては、これは前年度精算分としまして487万5,000円の追加です。また、2項の地域支援事業交付金につきましては、これは前年度返還金が12万円生じてますけれど、これは現年度分で充当したことによりまして12万円の減額をするものです。


 はぐっていただきまして8款繰越金につきましては、前年度繰越金としまして3,394万4,000円を増額するものです。以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 以上で一括議題といたしました2議案の提案説明を終わります。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(前田 正雄君) 以上をもって本日の日程はすべて終了いたしました。


 これにて散会いたします。


 あす12日は午前9時から本会議を開きますので、御参集ください。御苦労さんでございました。


                午後2時02分散会


      ───────────────────────────────