議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成19年 2月第2回臨時会 (第 1日 2月20日)




平成19年 2月第2回臨時会 (第 1日 2月20日)





 
────────────────────────────────────────


      第2回 北 栄 町 議 会 臨 時 会 会 議 録(第1日)


                         平成19年2月20日(火曜日)


────────────────────────────────────────


                   議事日程


                        平成19年2月20日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第2号 指定管理者の指定について


日程第5 議案第3号 工事請負変更契約の締結について


日程第6 議案第4号 工事請負変更契約の締結について


      ───────────────────────────────


                本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 諸般の報告


日程第4 議案第2号 指定管理者の指定について


日程第5 議案第3号 工事請負変更契約の締結について


日程第6 議案第4号 工事請負変更契約の締結について


       ───────────────────────────────


                 出席議員(18名)


1番 前 田 栄 治 君  2番 神 宮 弘 幸 君  3番 井 上 信一郎 君


4番 青 亀 恵 一 君  5番 町 田 貴 子 君  6番 清 水 進 一 君


7番 山 下 昭 夫 君  8番 津 川 俊 仁 君  9番 平 田 秀 一 君


10番 浜 本 武 代 君  11番 磯 江   誠 君  12番 池 田 捷 昭 君


13番 長谷川 昭 二 君  14番 宮 本 幸 美 君  15番 石 丸 美 嗣 君


16番 阪 本 和 俊 君  17番 野 田 久 良 君  18番 前 田 正 雄 君


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(なし)


       ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


       ───────────────────────────────


                事務局出席職員職氏名


事務局長 ────── 永 田 良 則 君   係  長 ── 磯 江 恵 子 君


主  事 ────── 岩 垣   歩 君


      ───────────────────────────────


              説明のため出席した者の職氏名


町長 ──────── 松 本 昭 夫 君   助役 ──── 山 口 秀 樹 君


総務課長 ────── 金 信 正 明 君   産業振興課長  石 井 功 一 君


上下水道課長 ──── 三 好 秀 康 君


      ───────────────────────────────


                午前9時02分開会


○議長(前田 正雄君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は18名であります。定足数に達しておりますので、これより平成19年第2回北栄町議会臨時会を開会いたします。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(前田 正雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、10番、浜本武代さん、11番、磯江誠君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第2 会期の決定





○議長(前田 正雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。今回の臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第3 諸般の報告





○議長(前田 正雄君) 日程第3、諸般の報告をいたします。


 地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元の報告書のとおりでございます。


 次に、議員派遣報告については、お手元に配付したとおりです。


 以上で諸般の報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





◎日程第4 議案第2号 から 日程第6 議案第4号





○議長(前田 正雄君) 日程第4、議案第2号、指定管理者の指定についてから、日程第6、議案第4号、工事請負変更契約の締結についてまで、以上3議案を一括議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第2号、指定管理者の指定についてでございます。


 北栄町北条海浜広場、北栄町お台場公園、北栄町蜘ケ家山山菜の里を一括管理する指定管理者を指定するため、地方自治法第244条の2第6項及び北栄町公の施設における指定管理者の指定手続等に関する条例第5条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 議案第3号、工事請負変更契約の締結についてでございます。


 平成18年9月定例議会で御審議いただき、御議決をいただいております下水道事業、亀谷管渠新設(4−1工区)工事につきまして、変更の要素が発生してまいりましたので、地方自治法第96条第1項第5号及び北栄町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 変更いたします内容は、当初、請負契約金額9,240万円を90万3,000円減額し、9,149万7,000円とするものでございます。


 続きまして、議案第4号、工事請負変更契約の締結についてでございます。平成18年9月定例議会で御審議いただき、御議決をいただいております下水道事業、亀谷管渠新設(4−2工区)工事につきまして、変更の要素が発生してまいりましたので、地方自治法第96条第1項第5号及び北栄町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の御議決をお願いするものでございます。


 変更いたします内容は、当初請負契約金額9,030万円を376万2,150円減額し、8,653万7,850円とするものでございます。


 以上3議案、詳細につきましては担当課長に説明させますので、御審議の上、御議決をいただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 議案第2号、指定管理者の指定について、御説明を申し上げます。


 1、指定管理者に管理を行わせる施設は、北栄町北条海浜広場、北栄町田井488番地1、北栄町お台場公園、北栄町由良宿1458番地16、北栄町蜘ケ家山山菜の里、北栄町曲1270番地の2の3施設の一括管理であります。


 指定管理者に指定する団体です。団体の名称、株式会社チュウブ、代表者名、代表取締役、大田英二氏、所在地、鳥取県東伯郡琴浦町逢束1061の6であります。指定管理期間は、平成19年4月1日から平成22年3月31日までの3年間でございます。この御議決をいただきますと、協定書の締結、そして細部協議等を行いまして、4月1日からスムーズに移行できるよう準備に入りたいというふうに考えておるところでございます。


 なお、指定管理者選考までの経過等につきましては、別添参考資料を御参照いただきたいというふうに思います。


 説明、以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 三好上下水道課長。


○上下水道課長(三好 秀康君) 議案第3号、工事請負変更契約の締結について、御説明を申し上げます。


 下水道事業の亀谷管渠新設(4−1工区)工事の請負契約につきまして、契約金額9,240万円を9,149万7,000円に減額変更いたすものでございます。


 お手元の方に参考資料といたしまして、施工箇所図を配付させていただいておりますので、ごらんをいただきたいと思います。工事場所でございますが、亀谷自治区で青色で着色しております区間でございます。工事内容は、推進工法により、直径が350ミリの鉄筋コンクリート管を138.85メートル、直径500ミリの鋼製さや管を23.35メートル布設するものでございます。請負業者は有限会社共栄組でございます。


 変更内容でございますが、増額理由といたしまして1点、また減額理由といたしまして1点ございます。まず、増額理由でございますが、ごらんの参考図の中ほどですけども、Aという地点でございます。このAの地点の立て坑ですけども、いわゆるマンホールを築造し、推進器を設置して、発進に到達する箇所でございます。その立て坑を設置するに当たりまして、現地精査しました結果、水道管、ガス管等の支障物件について、施工管理等を検討しました。その結果、その位置を上流側、4−2工区側に約3メートル移動するものでございます。


 次に、減額の理由でございますが、本工事箇所における立て坑を築造するに当たりまして、掘削底面が泥岩等の硬質土でございました。再度、底盤圧の検討を行いまして、岩着仕様、いわゆるコンクリート打設の余掘りをしないで、コンクリートを直接打設するということでございます。その岩着仕様としまして、必要最小の厚さといたすものでございます。そのほか、現場におきまして、受電設備等の精査によるものでございます。


 以上の理由によりまして、90万3,000円の減額といたすものでございます。


 次に、議案第4号、工事請負変更契約の締結について、御説明を申し上げます。


 下水道事業の亀谷管渠新設(4−2工区)工事の請負契約につきまして、契約金額9,030万円を8,653万7,850円に減額変更いたすものでございます。


 同じように、参考資料といたしまして、施工箇所図を配付させていただいておりますので、ごらんをいただきたいと思います。工事場所でございますが、同じく亀谷自治区で、赤い色で着色しておる区間でございます。工事内容は、推進工法によりまして、直径が350ミリの鉄筋コンクリート管を184.40メートル布設するものでございまして、請負業者は株式会社北和でございます。


 変更内容でございますが、減額の理由といたしまして3点、大きく分けて3点ございます。まず1点目でございますが、先ほどの議案第3号で御説明申し上げましたAの地点の立て坑の位置の変更が生じたことによるものでございます。


 2点目といたしまして、左側にBという、緑で印しておりますけども、そのBの立て坑の上にNTTの架空線がございました。その箇所に設置するには、そのNTTの移転に多額の費用と期間が必要となりますので、下流側、西側といいましょうか、4−1工区側に位置を変更するものでございます。これは2カ所の位置変更によりまして、路線の延長が5.9メートルの減となりました。


 次に、3点目でございますが、先ほどの議案3号で御説明申し上げましたとこでございますが、立て坑の築造に当たりまして、底盤圧の検討によりまして、岩着仕様によることにした減額でございます。そのほか現場におきまして、受電設備等の精査によるものでございます。


 以上によりまして、376万2,150円の減額とするものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 説明が終わりましたので、これより議案第2号、指定管理者の指定についての質疑を許します。


 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君) 1点だけお伺いします。


 参考資料によりますと、指定管理料の上限が設けてありますけども、この上限の算出根拠というものを説明していただきたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 青亀議員の御質疑にお答えをいたします。


 算出根拠ということでございますけれども、基本的には収入を指定管理者の方で収入していただいて、こちらでここに上げております管理料、3年間の分でございますけれども、1年間に直しますと1,091万9,000円という金額でございますけれども、を管理料として払って管理をしていただくということになろうかと思いますが、その中でこの管理料の上限を決めますのには、収入の方はほとんどお渡しするということでございますけれども、支出の方の人件費部分を若干抑えさせてもらって管理料を指定したということもございますし、海浜広場の部分で、土地の賃借料がございます。この部分は町の方で払わないけんなあというようなことで落として、差し引きしたものがこの指定管理料の上限ということで決めさせてもらって、提案をしているということでございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


○議員(4番 青亀 恵一君) もう1点だけ。


○議長(前田 正雄君) 4番、青亀恵一君。


○議員(4番 青亀 恵一君) 施設の管理ですけども、補修等はできてくると思います。大規模な補修等は町の持ち物ですので、町の支出になろうと思いますけども、軽微な補修といいますか、例えば壁がはがれてペンキを塗りかえるとか、部分的に塗りかえるとか、そういうような小さな軽微な補修の関係については、どちらの負担になるでしょうか。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 管理者に移行する前に基本的にはある程度町の方で修繕をしておこうという基本的なスタンスでおりますし、簡単な修理、いわゆる50万円以下の簡単な修理については、管理者の方で順次その修繕を行っていただくということでございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 ほかにございませんか。


 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 3番。先ほど担当課長の方が、土地の賃借料は町の方で負担をしなくてはいけないというふうにお答えになったと思うんですけども、この施設の収入は、この指定管理者の方の収益になるわけですから、そういう使用料は当然収益の上がるこの管理者が負担すべきではないのでしょうか。その辺のお考えを。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 井上議員の御質疑にお答えをいたします。


 収入の中に、あそこに今は焼き芋をしておられるグルメっていう、土地を貸して焼き芋をやっておられる。そして、アイスクリームっていうでしょうか、ああいう施設もございますんで、その収益っていうか、その土地で使用料が入りますんで、その部分については町の方の収入にして、それでその土地の代金の一部に充てたいというようなことも考えてるところでございます。


○議長(前田 正雄君) 3番、井上信一郎君。


○議員(3番 井上信一郎君) 確認ですけども、要は、町が貸しているその2つの業者さんの使用料は町に入るということでよろしいでしょうか。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) その部分の収入は、町の方に入れていただくというような予定にしております。


○議長(前田 正雄君) ほかにございませんか。


 8番、津川俊仁君。


○議員(8番 津川 俊仁君) 2点お尋ねしたいと思いますが、まず1点目は、今回の指定管理者制度導入に伴いまして、今まで直営でやってたものが指定管理者の管理に移行するということで、指定管理料の金額も出てきたという中で、直営で行ってた今までのいわゆる町の持ち出し分とこの管理料との相差ですね、年間にどれぐらいの相差があって、どれだけの財政効果があるのかということを、まず1点お尋ねしたいと。これは管理運営が順調にいってといいますか、契約どおりにいってという意味での質問でございます。


 もう1点につきましては、募集があって、それぞれ現地の説明会等と申請書の受け付けがあったりして、適切な選考委員会等の選考があり、適切な選考がされたというふうには思っておりますが、選考委員さんが5名、うち内部の助役、職員含めて3人、外部からということで2人というふうな形で選考がなされたわけですが、いわゆるその選考に当たっての講評等もついてますが、企業名をわかった上でこの企業はこうだというふうな採点をされたのか、あるいは企業名を伏せた中で条件だけを並べて選考されたかということだけをお聞きしたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 津川議員の御質疑にお答えをいたします。


 どれぐらいな効果があったんかということでございますけれども、細かい数字ではなくして、過去3年間の平均値で御説明を申し上げたいと。15年、16年、17年の歳入、それと歳出で、とりあえず御説明を申し上げたいというふうに思います。


 歳入ですけども、15年、16年、17年度の3施設の歳入ですけども、平均しますと997万3,000円ほど、決算の数字でございますけれども、収入があります。歳出の方でございますけども、15、16、17の3年間で平均にしますと2,657万9,000円という状況でございました。差し引きしますと、1,660万円ほどになろうかと思います。これが町費で補っとるというんでしょうか、出して運営をしたという数字でございますけれども、これが単純に見ますと、1,030万円になるということですんで、その差し引き額600万円ほど減になると。


 これは修繕料とかいろんな要素が入っておりますけども、検討した数字とは若干違いますけども、おおむねこういうことの効果があるんだろうというふうに思ってるところでございます。


 次に、応募された方の選考方法についてでございますけれども、選考につきましては、面接の上、その企業がこういう思いで指定管理者をやりたい、募集に応募したというような意向を聞きながら、その都度、評点、採点をして、決定をしたということでございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 8番、津川俊仁君。


○議員(8番 津川 俊仁君) 8番。いわゆる差額分については、600万円強の差額がある可能性あるということですが、適切な管理がなされての結果ですんで、ぜひとも適切な管理がされるような指導がされるよう期待しております。


 それから、選考につきましては重々わかりましたんで、何ら問題ないと思います。以上です。


○議長(前田 正雄君) ほかに。


 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 13番。3点ほどお聞きしたいと思います。


 まず1点は、説明資料によりますと、応募された4団体のうちの一番低い管理費を出された方ではなく、2番目に低いチュウブさんということでなっておられます。それで、採点方法が示されておるんですけれども、この中見ますと、事業計画についての比重というものがかなり大きく上げられているように思うんですけれども、その点を重視された理由を1点お聞きしたいと思います。


 それからもう一つは、利用料についてでありますけれども、これは今の現行の利用料というものがこの指定管理者制度にのっとって指定された管理者になると、変更することがあるのかどうか。その辺をお聞きしたいと思います。


 それから最後に、施設利用についてでありますけれども、指定管理者に指定したとはいえ、町民のための公の施設であります。その利用については十分な配慮がなされるべきだと思うんですけれども、今と比べて、利用者に対しての制限が加わるようなことがあってはならないと思うんですけれども、その辺はどのように考えておられるのか。この3点をお聞きしたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 長谷川議員の御質疑にお答えをいたします。


 選考方法の中で、事業計画の部分に大きなウエートがということでございますけれども、やはり民間活力といいますか、そういったノウハウを持っておられる方々の思い、イベント等もあるわけですけども、そういった計画性を重視して選ばせていただいたということでございますけれども、その管理料の低い人に、2番目のチュウブさんにということでございますけれども、収入を見込むスタンスも今より何か落としたような計画でありましたし、歳出の出す方も少な目に、例えば人件費であるとか、修繕は前もってしといてくださいよとか、そういった歳出の方も抑え込んだような計画で、何か将来に向けた発展性が感じられんかったというようなことで、選考の結果、2番目の業者の方になったというようなことでございますし、利用料についてでございますけれども、利用料につきましては、利用者が払う収入については指定管理者の方の収入になるということでございますし、利用料の料金につきましては条例がございまして、条例で定める基準、いわゆる上限額、それを上限額として、指定管理者がそれを最高額にして町の承認を得て決められるということですんで、今の基準より超えるということはございます。


 3点目の施設利用についてでございますけれども、それぞれの設置条例、管理条例ございますけれども、それにのっとって管理をしていただくということでございますんで、当然、今とっております減免等の規定につきましても従前と同じということでございます。町が使用しております、すいかマラソンであるとか、海浜広場でやっております北栄砂丘まつり、こういったものにつきましても原則無料というようなことで、施設予約なり設備の確保それと他の利用との調整等について、業者の方に協力をいただくというような話もしてるところでございますし、特に指定管理者になったからといって、一般の町民の方の利用を妨げるようなことはないというふうに御理解をいただきたいというふうに思います。


○議長(前田 正雄君) 13番、長谷川昭二君。


○議員(13番 長谷川昭二君) 今ちょっと聞きづらかった点がありまして、利用料についてですけれども、上限を設けて、それの範囲内でということなんですけれども、その今の料金よりも超えることがあるとおっしゃったんですか、ないとおっしゃったんでしょうか、ちょっとそこ聞きづらかったもんですから。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 再度の御質疑にお答えをいたします。


 利用料金は町が条例で定める額を基準、上限として指定管理者が町の承認を得て決められるということですんで、今の条例が上限ということで。


○議長(前田 正雄君) ほかにございませんか。


 12番、池田捷昭君。


○議員(12番 池田 捷昭君) 池田でございます。参考資料の中で、選考委員会における指定管理者候補の総評と、本当にいいことが書いてあります。3施設における四季の多彩なイベントの提案とか、あるいは施設を有効活用すると。これは非常に大事なことでございます。


 そこで、どのような多彩なイベントという提案という、どういうふうな提案がなされたかということ、それから好循環サイクル、サービスの向上、利用者の増加、収益改善というふうにつながっていって、施設の改善と。あるいはファンづくりということで、やはりあの白砂青松の拠点というあそこの今の地区というものを踏まえたものを考えるときに、どのような提案に基づいてそういう好循環とか、あるいはファンをふやすと。この提案というものの内容をお聞かせ願ったらというふうに思います。


○議長(前田 正雄君) 石井産業振興課長。


○産業振興課長(石井 功一君) 池田議員の御質疑にお答えをいたします。


 応募の申請計画によりますと、年間の事業の中で、例えば海浜広場でございますけれども、アウトドア講習会を開くとか、みそ汁の無料サービスをしたりして、ファンを増に結びつけようかとか、花の苗、自分ところで花の苗をつくっておられる、こういったもんも配布するようなイベントをやったらというようなことでございますし、ライトアップをしてやってみたいなあというようなこととか、お台場公園の方では、チューリップの植えつけ、きれいな花を咲かせたいなあというような計画もあるようですし、親子でのテニス教室だとか、たこづくりだとか、そういったこと、それと蜘ケ家山山菜の里では、ごみ拾いをしたり、山菜狩りをやるようなイベントをやってみたらというようなことですし、星座を見るような鑑賞会みたいなもんも思いついてみたいなあというようなことでございます。それと、あそこの施設を使いまして、写真コンテスト等もやったらというようなことでございます。


 やはり、まずここの好循環サイクルというふうに書いてございますけれども、まずはサービス向上に努めることによって、利用者がふえるであろうと。ふえることによって収益も上がる。そして、そういった収益の上がったもんを施設の改善なりにつなげていきたい、いけるじゃないか。こういった循環を繰り返すことによって、ますますファンがふえる、そしてふえることによって収益も上がっていくと。この循環をサイクルをうまく利用して収入の増を目指したいんだというような提案でございました。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 ほかにございませんか。


                   〔質疑なし〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第2号、指定管理者の指定については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


 これより、議案第3号、工事請負変更契約の締結についての質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第3号、工事請負変更契約の締結については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


 これより、議案第4号、工事請負変更契約の締結についての質疑を許します。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                   〔討論なし〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第4号、工事請負変更契約の締結については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(前田 正雄君) 以上をもって本臨時会に付議されました案件の審議は、すべて終了いたしました。


 これにて平成19年第2回北栄町議会臨時会を閉会いたします。御苦労さんでございました。


                午前9時36分閉会


      ───────────────────────────────





   上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。








                北栄町議会議長





                署 名 議 員





                署 名 議 員