議事ロックス -地方議会議事録検索-


鳥取県 北栄町

平成18年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 2日)




平成18年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 2日)





 
 ───────────────────────────────────────


    第1回 北 栄 町 議 会 臨 時 会 会 議 録 (第1日)


                          平成18年2月2日(木曜日)


 ───────────────────────────────────────


                  議事日程


                        平成18年2月2日 午前9時開会


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第1号 鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議について


日程第4 議案第2号 平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


日程第5 議員派遣の件について


       ───────────────────────────────


               本日の会議に付した事件


日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第1号 鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議について


日程第4 議案第2号 平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)


日程第5 議員派遣の件について


       ───────────────────────────────


                 出席議員(17名)


      1番 前 田 栄 治 君      2番 神 宮 弘 幸 君


      3番 井 上 信一郎 君      4番 青 亀 恵 一 君


      5番 町 田 貴 子 君      6番 清 水 進 一 君


      7番 山 下 昭 夫 君      8番 津 川 俊 仁 君


      9番 平 田 秀 一 君     10番 浜 本 武 代 君


     11番 磯 江   誠 君     12番 池 田 捷 昭 君


     13番 長谷川 昭 二 君     14番 宮 本 幸 美 君


     15番 石 丸 美 嗣 君     16番 阪 本 和 俊 君


     18番 前 田 正 雄 君


       ───────────────────────────────


                 欠席議員(1名)


     17番 野 田 久 良 君


       ───────────────────────────────


                 欠  員(なし)


       ───────────────────────────────


               事務局出席職員職氏名


事務局長 ──── 永 田 良 則 君  局長補佐 ──── 佐 伯 淳 子 君


主任 ────── 磯 江 恵 子 君


       ───────────────────────────────


             説明のため出席した者の職氏名


町長 ────── 松 本 昭 夫 君  助役 ────── 山 口 秀 樹 君


総務課長 ──── 金 信 正 明 君  健康福祉課長 ── 杉 谷 博 文 君


分庁統括課長 ── 石 井 功 一 君  地域整備課長 ── 東 地 重 義 君


       ───────────────────────────────


                午前9時02分開会


○議長(前田 正雄君) 皆さん、おはようございます。


 ただいまの出席議員は17名であります。定足数に達しておりますので、これより平成18年第1回北栄町議会臨時会を開会いたします。


 なお、野田久良議員から欠席届が提出されております。


 直ちに本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。


 日程に先立ち諸般の報告をいたします。


 地方自治法第121条の規定により、本日の会議に説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元の報告書のとおりでございます。


 以上で諸般の報告を終わります。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第1 会議録署名議員の指名





○議長(前田 正雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、会議規則第118条の規定により、議長において、7番、山下昭夫君、8番、津川俊仁君を指名いたします。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第2 会期の決定





○議長(前田 正雄君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りします。今回の臨時会の会期は、本日1日としたいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、会期は、本日1日と決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第3 議案第1号





○議長(前田 正雄君) 日程第3、議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議についてを議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議についての提案理由を申し上げます。


 障害者基本法の規定に基づき、身体障害者福祉法、知的障害者福祉法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律、児童福祉法により、それぞれ行っている福祉サービスの一元化に向けて、障害者自立支援法が平成18年4月1日から施行されるのに伴いまして、鳥取中部ふるさと広域連合で障害者自立支援の介護給付等の支給に係る事務のうち、審査及び判定に関する事務を行うため、本広域連合規約の変更が必要でありますので、地方自治法第291条の11の規定により、本議会の議決を求めるものでございます。


 詳細につきましては総務課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(前田 正雄君) 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) 議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議について説明を申し上げます。


 めくっていただきまして、1ページの方をごらんをいただきたいと思います。


 鳥取中部ふるさと広域連合規約の一部改正でございます。障害者自立支援法が平成18年4月1日から施行されることに伴いまして、広域連合の広域事務の中に取り入れまして、障害者自立支援法の介護給付等の支給に係る審査、判定業務を行うために、規約の一部改正を行うものでございます。


 1ページをごらんをいただきますと、右側が改正前、左が改正後でございます。第4条の方で広域連合の処理する事務として規定をしておりますが、その第10号に、現在行っております介護認定の審査、判定事務を規定をしておりますが、今回新たに障害者自立支援の審査、判定事務をイという形にさせていただきまして、それを加えまして条文の整理を行うものでございます。


 次に、第5条の広域連合が作成する広域計画の項目につきましても、第4条と同様の理由によりまして、イという形で追加をするものでございます。


 続きまして、2ページをごらんをいただきたいと思います。ここでは、介護認定審査費はごらんのとおりの負担割合でございますが、これに準じまして同じ考え方のもとに、障害者自立支援の認定審査費の負担割合を人口割、それから実績割、標準財政規模割、標準税収入額割、そういったことにいたしまして、それぞれ25%とするものでございます。


 続きまして、附則でございますが、1といたしまして、施行期日でございますが、この規約は平成18年4月1日から施行するということでございます。2といたしまして、経過措置でございますが、ここには7行にわたって規定をしておりますが、ここに書いてありますのは、実績割の別表の方では、この規定では括弧書きといたしまして、前年の審査、判定実績に基づく負担割合というぐあいになっておりますが、ことしの4月1日から行うわけでございますので、広域連合としての前年の審査、判定実績というものはございませんので、この部分につきましては、平成17年の各市町でそれぞれ行った件数を実績にすると、そういったものでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 説明が終わりましたので、これより本案に対する質疑を許します。


 ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第1号、鳥取中部ふるさと広域連合規約を変更する協議については、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第4 議案第2号





○議長(前田 正雄君) 日程第4、議案第2号、平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。


 提案理由の説明を求めます。


 松本町長。


○町長(松本 昭夫君) 議案第2号、平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し上げます。


 歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ829万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ44億6,079万6,000円とするところでございます。


 今回の補正につきましては、気象庁の長期予報ではこの冬は暖冬であるということでありましたが、実際は予報とは違いまして非常に寒い日が続き、除雪を要する積雪も数回を数えております。また、今後もこのような気象状況が予想されますので、既定予算では既に不足を来しており、今後も費用がかさむことが見込まれますので、除雪費用として所要の額を計上いたしたところでございます。


 詳細につきましては総務課長に説明させますので、慎重に御審議の上、御議決いただきますようよろしくお願いいたします。


○議長(前田 正雄君) 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) 議案第2号、平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)の説明を申し上げます。


 平成17年度北栄町の一般会計補正予算(第1号)は、次に定めるところによる。歳入歳出予算の補正でございます。第1条、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ829万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ44億6,079万6,000円とする。2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表、歳入歳出予算による。


 めくっていただきまして、1ページの第1表の歳入歳出予算補正でございますが、ここでは数字の読み上げは省略をさせていただきたいと思います。


 続きまして、事項別明細書でございますが、2ページの方の1の総括は省略をさせていただきまして、3ページの歳出から説明を申し上げます。下の方でございますが、3の歳出ということで、今回は提案理由の説明にもございましたように、そのほとんどが除雪に要する経費ということでございます。7款の土木費でございますが、1目の土木総務費、ここでは職員手当等ということで、時間外勤務手当34万1,000円を計上いたしております。それから11節の需用費でございますが、燃料費といたしまして6万5,000円計上いたしております。これはガソリン代でございますが、除雪時の確認等の部分もひっくるめて通常分も合わせまして、年度内の見込みによる不足分を計上させていただきました。


 続きまして、道路橋梁費、2項の関係で1目の道路維持管理費でございますが、委託料といたしまして除雪委託料を789万2,000円を計上いたしております。この内訳につきましては、1月10日までの実績による既に使用した額でございますが、360万5,904円といったことでございまして、既定の予算が220万円ということでございますから、ここで不足をいたしますのが140万5,904円といったことになります。それと今後の見込みでございますが、町全体という形で2回を見込んでおります。1回が291万7,683円ということでございまして、この全体の分が合計で583万5,366円ということでございます。もう一つ、県道、これは旧大栄町側でございますが、県道倉吉東伯線の南側、いわゆる山沿いの方でございますが、1回を予定をいたしまして65万円と、以上、申し上げました部分が789万2,000円の内訳でございます。


 それから続きまして、上の方の2の歳入の関係でございますが、この財源は財政調整基金からの繰入金で充てるということでございます。


 以上で説明を終わります。


○議長(前田 正雄君) 説明が終わりましたので、これより本案に対する質疑を許します。


 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 1番です。2点お伺いしたいんですけども、まず、1目土木総務費、人件費34万1,000円も出てるんですけども、その34万1,000円も出すには、たくさん雪が降ったんですけども、その仕事の内容ですね、どんだけ時間外でどういう仕事をされたのかということを1つ。


 あともう一つ、道路維持管理費の方で一般財源から789万2,000円出すということですけども、この大雪で国とかの方から大分助成が出てると思うんですけども、この北栄町に対する助成というものは金額的にもう決定してるんでしょうか。それともまた今後こういう形で、今回は出ないにしても、今後3月の予算のときにでも幾ら出ましたという形で出てくるんでしょうか。2点お願いします。


○議長(前田 正雄君) 東地地域整備課長。


○地域整備課長(東地 重義君) 前田議員の御質問にお答えします。


 まず、第1点、時間外手当の34万1,000円につきます仕事の内容についてでございます。これにつきましては、除雪するに当たりまして積雪深の観測をするために、町内を午前1時から巡視するということで、除雪令を3時に出すようにしておりますので、その間に要する巡視の時間並びに早朝の5時、6時あたりの雪の状況等を再度、町内一円巡視するために要する時間外経費が主でございます。それとあわせまして、由良駅の南側に歩道橋があるわけでございますけど、その状況等のチェック並びに今後の除雪作業の状況並びに除雪の結果の巡視等に充てる時間外勤務手当が主でございます。


 次に、2点目につきましては特交の方でございますので、総務課長よりお願いしたいと思います。


○議長(前田 正雄君) 金信総務課長。


○総務課長(金信 正明君) 2つ目の質問にお答えをいたしますが、いわゆる除雪に要する費用が県等から補助とされないかという関係でございます。具体的に申し上げますと、特別地方交付税という形で、こういった除雪費用はそちらの方から交付をされるということでございますが、今回の部分につきましては、これだけということは、具体的にはまだ数字はわかっておりません。ただ一般的に申し上げておきますが、今回のような、特に北日本の方の豪雪地帯の方が非常に厳しい、何回も雪が降ったというようなことで、一般的には特別地方交付税というのはそちらの方にほとんどが回されるというのが算定の状況でございまして、あわせましてもう一つ申し上げておきますと、地方六団体も既に今回のこの豪雪に対して、国の方にその除雪費用を少しでも多く配分をするようにという要請も既になされておりますので、どのような結果になるか今のところわかりませんが、特別地方交付税は3月の中旬に大体なりますと県の方から具体的な数字が示されるということでございますので、そのようにひとつ御理解をいただきたいと思います。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) 1番、前田栄治君。


○議員(1番 前田 栄治君) 2問目の質問の方はわかりました。


 最初の人件費の方ですけども、夜の1時等に出て観測したりとかということで大変なんですけども、ほぼ夜中じゅう出とられると、朝までずっと出とられるということだと思いますけども、時間と延べ人数、大体どのくらいになるかということはわかりますでしょうか。


○議長(前田 正雄君) 東地地域整備課長。


○地域整備課長(東地 重義君) 前田議員の再度の御質疑にお答えします。


 除雪に要する時間外の時間数とそれにかかわる延べ人員についてでございます。これにつきましては、延べ人員につきましては、係の者3名が当たることとなっております。時間については、時間数にしますと128時間に及ぶもので計算しております。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 ほかにございませんか。


 6番、清水進一君。


○議員(6番 清水 進一君) 6番。それに関連することですけども、燃料費の6万5,000円ということで、確認に回ったときのガソリン代だということですけども、これは公用車なのですか、それとも個人的な車の燃料費なんですか、ちょっとお尋ねいたします。


○議長(前田 正雄君) 東地地域整備課長。


○地域整備課長(東地 重義君) 清水議員の御質疑にお答えいたします。


 公用車に要する燃料費のことでございます。個人使用か公用車かということでございますけど、主に公用車でございます。地域整備課が管理しておりますバンが1台ありますので、普通車でございますけど、それに要する燃料費でございます。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


 ほかにございませんか。


 9番、平田秀一君。


○議員(9番 平田 秀一君) 9番。先ほどの清水議員さんの質問と同じ内容の件ですけども、軽のバンに6万5,000円もの燃料費を、ということは何キロ走れば6万5,000円になるのか、お聞きしたいと思います。何時間を費やされたのか。


○議長(前田 正雄君) 東地地域整備課長。


○地域整備課長(東地 重義君) 平田議員の御質疑にお答えします。


 需用費の燃料費6万5,000円についての根拠でございますけど、先ほども総務課長が申し上げましたように、この中には除雪にかかわる費用と通常の道路維持管理費で町内を巡視するに当たります経費が含まれておりまして、除雪に係るものといたしましては3万9,000円、通常の勤務に要する経費といたしまして2万6,000円、合計6万5,000円を予定しております。以上でございます。


○議長(前田 正雄君) よろしゅうございますか。


○議員(9番 平田 秀一君) はい。


○議長(前田 正雄君) そのほかございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 質疑を終結します。


 これより討論に入ります。ございませんか。


                〔「なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 討論がないようですので、採決を行います。


 議案第2号、平成17年度北栄町一般会計補正予算(第1号)は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、原案のとおり可決いたしました。


      ─────────────・───・─────────────





 ◎日程第5 議員派遣の件について





○議長(前田 正雄君) 日程第5、議員派遣の件についてを議題といたします。


 お諮りします。本件につきましては、皆さんのお手元に配付しておりますとおり、2月9日に、当面の課題である下水道汚泥処理に関して知識と情報を得るため、先進地を視察し、研修する必要があると認めますので、全議員18人を日吉津村に派遣したいと思います。これに御異議ございませんか。


               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(前田 正雄君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣することに決定いたしました。


      ─────────────・───・─────────────


○議長(前田 正雄君) 以上をもって本臨時会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。


 これにて平成18年第1回北栄町議会臨時会を閉会いたします。御苦労さんでございました。


                午前9時25分閉会


      ───────────────────────────────





   上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。








                北栄町議会議長





                署 名 議 員





                署 名 議 員